仏説ぶっせつりょう寿じゅきょう かんじょう

*そう*てんじくの*三蔵さんぞう*康僧こうそうがいのやく

序分
  証信序
    聞信成就【六事成就】

【1】 ^われきたてまつりき*かくのごとく

我聞マツリキ↠是

一 ⅰ 時主処成就

^*ひとときぶつ*王舎おうしゃじょう*しゃ崛山くっせんのうちにじゅうしたまひき

一時、仏住タマヒ↢王舎城耆闍崛山

一 ⅰ 衆成就
      声聞衆
        略して数を標し徳を嘆ず

^*だい比丘びくしゅうまんせんにんともなりき^一切いっさい*だいしょうにして、 *神通じんずうすでにたっせり。

↢大比丘衆万二千人↡倶リキ。一切大聖ニシテ神通已

一 Ⅰ ⅲ a 別して上首の名を列ぬ

^そのをば、 尊者そんじゃ*りょう本際ほんざい尊者そんじゃ*しょうがん尊者そんじゃ*しょう尊者そんじゃ*大号だいごう尊者そんじゃ*仁賢にんげん尊者そんじゃ*離垢りく尊者そんじゃ*みょうもん尊者そんじゃ*善実ぜんじつ尊者そんじゃ*そく尊者そんじゃ*おう尊者そんじゃ*優楼うるびんしょう尊者そんじゃ*伽耶がやしょう尊者そんじゃ*だいしょう尊者そんじゃ*摩訶まかしょう尊者そんじゃ*しゃほつ尊者そんじゃ*大目だいもく犍連けんれん尊者そんじゃ*劫賓こうひん尊者そんじゃ*だいじゅう尊者そんじゃ*だいじょう尊者そんじゃ*摩訶まかしゅ尊者そんじゃ*満願まんがん尊者そんじゃ*しょう尊者そんじゃ*かん尊者そんじゃ*堅伏けんぶく尊者そんじゃ*面王めんのう尊者そんじゃ*じょう尊者そんじゃ*にんしょう尊者そんじゃ*らく尊者そんじゃ*善来ぜんらい尊者そんじゃ*うん尊者そんじゃ*なんといひき。 みなこれらのごとき*じょうしゅたるものなり。

↢尊者了本際・尊者正願・尊者正語・尊者大号・尊者仁賢・尊者離垢・尊者名聞・尊者善実・尊者具足・尊者牛王・尊者優楼頻蠃迦葉・尊者伽耶迦葉・尊者那提迦葉・尊者摩訶迦葉・尊者舎利弗・尊者大目犍連・尊者劫賓那・尊者大住・尊者大浄志・尊者摩訶周那・尊者満願子・尊者離障・尊者流潅・尊者堅伏・尊者面王・尊者異乗・尊者仁性・尊者嘉楽・尊者善来・尊者羅云・尊者阿難↡。皆如上首者也。

一 Ⅰ ⅲ 菩薩衆
        標列
          (一)

 ^また*だいじょうのもろもろの*さつともなりき。

↢大乗菩薩↡倶リキ

一 Ⅰ ⅲ b イ (二)列名
            (Ⅰ)出家菩薩

^*げんさつ*みょうとくさつ慈氏じしさつ (*弥勒) とうの、 この*賢劫げんごうのなかの一切いっさいさつ

普賢菩薩・妙徳菩薩・慈氏菩薩等賢劫一切菩薩、

一 Ⅰ ⅲ b イ (二)(Ⅱ)居家菩薩

^またげんとうじゅうろく*しょうぜん思議しぎさつしんさつくうさつ神通じんずうさつ光英こうようさつじょうさつどうさつじゃくこんさつがんさつ香象こうぞうさつ宝英ほうようさつ中住ちゅうじゅうさつせいぎょうさつだつさつなり。

又賢護等十六正士、善思議菩薩・信慧菩薩・空無菩薩・神通華菩薩・光英菩薩・慧上菩薩・智幢菩薩・寂根菩薩・願慧菩薩・香象菩薩・宝英菩薩・中住菩薩・制行菩薩・解脱菩薩ナリ

一 Ⅰ ⅲ b 嘆徳
          (一)略嘆

【2】 ^みな*げんだいとくしたがへり。 もろもろのさつりょう*ぎょうがんし、 一切いっさいどくほうあんじゅうす。 十方じっぽう遊歩ゆぶして*権方便ごんほうべんぎょうじ、

↢普賢大士之徳↢諸菩薩無量行願↡、安↢住一切功徳之法↡。遊↢歩十方↡行↢権方便↡、

一 Ⅰ ⅲ b ロ (二)広嘆
            (Ⅰ)八相応化の徳を明す【八相化儀】
              (ⅰ)通標

^*仏法蔵ぶっぽうぞうりて*がんきょうし、 りょうかいにおいて*等覚とうがくじょうずることをげんじたまふ。

↢仏法蔵↡究↢竟彼岸↡、於↢無量世界↡現↠成コトヲ↢等覚↡。

一 Ⅰ ⅲ b ロ (二)(Ⅰ)(ⅱ)正しく八相を叙す
                (a)正しく叙列す
                  (イ)処天相

^*そつてんしょして*しょうぼうせんし、

↢兜率天↡弘↢宣正法↡、

一 Ⅰ ⅲ b ロ (二)(Ⅰ)(ⅱ)(a)(ロ)下生相

^かのてんてて*じんたいくだす。

↢彼天宮↡降↢神母胎↡。

一 Ⅰ ⅲ b ロ (二)(Ⅰ)(ⅱ)(a)(ハ)出生相

^きょうよりしょうじてしちくことをげんず。 *こうみょう*顕耀けんようにして、 あまねく*十方じっぽうらし、 りょうぶつは、 *六種ろくしゅ震動しんどうこえげてみづからとなふ、 「われまさににおいて*じょうそんとなるべし」 と。 *しゃくぼん奉侍ぶじし、 てんにん*ごうす。

↢右脇↡生↠行コトヲ↢七歩光明顕曜ニシテ↢十方↡、無量仏土六種震動。挙↠声、吾当シト↣於↢無上尊↡。釈・梵奉侍、天・人帰仰

一 Ⅰ ⅲ b ロ (二)(Ⅰ)(ⅱ)(a)(ニ)在家相

^さん文芸もんげいしゃげんして、 ひろ*どうじゅつならひ、 ぐんじゃく*貫練かんれんしたまふ。 おんあそびてこうげいこころみる。 ちゅう*しきのあひだにしょすることをげんじ、

示↢現算計・文芸・射御↡博道術↡、貫↢練タマフ群籍↢於後園↡講↠武↠芸↠処コトヲ↢宮中色味之間

一 Ⅰ ⅲ b ロ (二)(Ⅰ)(ⅱ)(a)(ホ)出家相

^ろうびょう*じょうさとる。 ^くにざいくらいててやまりて*どうがくす。 ぶくじょうびゃく宝冠ほうかん*瓔珞ようらく、 これをつかはしてかえさしむ。 ちんみょうころもてて法服ほうぶくちゃくし、 鬚髪しゅほつ剃除たいじょし、 じゅたんし、 ごんすること六年ろくねんぎょう*所応しょおうのごとくまします。

↢老・病・死↡悟↢世非常↢国↡入↠山学↠道。服乗白馬宝冠・瓔珞、遣↠之↠還。捨↢珍妙↡而著↢法服↡、剃↢除鬚髪↡、端↢坐樹下↡、勤苦コト六年、行如↢所応↡。

一 Ⅰ ⅲ b ロ (二)(Ⅰ)(ⅱ)(a)(ヘ)成道相

^*じょく*せつげんじて*ぐんじょうずいじゅんす。 じんありとしめして*こん沐浴もくよくす。 てんえだおさへていけよりづることをしむ。 *りょうきん*よくじゅうして*どうじょう往詣おうげいす。 *きっしょう*かんちょうして*こう*表章ひょうしょうす。 あわれんでそうけて仏樹ぶつじゅもとき、 *跏趺かふしてす。 だいこうみょうふるつて、 *をしてこれをらしむ。 *官属かんぞくひきゐて、 きたりてこころみる。 せいするにりきをもつてして、 みな*降伏ごうぶくせしむ。 みょうほうさいしょうがくる。

↢五濁↡随↢順群生↠有↢塵垢↡沐↢浴金流↡。天ジテ↢樹↡、得シム↣攀↢出コトヲ↡。霊禽翼従往↢詣道場↡。吉祥感徴表↢章功祚↡。哀ミテ↢施草↡敷↢仏樹↡、跏趺而坐、奮↢大光明↡、使↢魔ヲシテ↟之。魔率↢官属↡而来ルニテシテ↢智力↡、皆令↢降伏↡。得↢微妙↡成↢最正覚↡。

一 Ⅰ ⅲ b ロ (二)(Ⅰ)(ⅱ)(a)(ト)転法輪相

^しゃくぼんかんして*てん法輪ぼうりんしょうず。 ˆじょうどうせられしさつはˇ ぶつ遊歩ゆぶをもつてし、 ぶつをもつてす。 ほうたたき、 ほうき、 法剣ほうけんり、 *法幢ほうどうて、 *法雷ほうらいふる法電ほうでんかがやかしほうそそほうぶ。 つねに法音ほうおんをもつて、 もろもろの*けんかくせしむ。

釈・梵祈勧ルニ↢転法輪テシ↢仏遊歩↡、仏ヲモテ而吼。扣↢法鼓↡、吹↢法↡、執↢法剣↡、建↢法↡、震↢法雷↡、曜カシ↢法電↡、↢法雨↡、演↢法施↢法音↡覚シム↢諸世間↡。

^こうみょう、 あまねくりょうぶつらし、 一切いっさいかい*六種ろくしゅ震動しんどうす。 そうじてかいせっし、 殿でんどうず。 しゅ*しょうしてぶくせざるはなし。 邪網じゃもう掴裂かくれつし、 *諸見しょけんしょうめつし、 もろもろの*塵労じんろうさんじ、 もろもろの*欲塹よくぜんやぶる。 *ほうじょうごんして法門ほうもん開闡かいせんす。 垢汚くおせんじょくして清白しょうびゃくけんみょうす。 仏法ぶっぽうこうし、 しょうせんす。

光明↢無量仏土↡、一切世界六種震動。総↢魔界↡、動↢魔宮殿衆魔慴怖シテ↠不ルハ↢帰伏↡。掴↢裂邪網↡、消↢滅諸見↡、散↢諸塵労↡、壊↢諸欲塹↡。厳↢護法城↡開↢闡法門洗↢濯垢汚↡顕↢明清白↡。光↢融仏法↡、宣↢流正化↡。

^くにりて*ぶんして、 もろもろのぜんどくたくわへしめ、 *福田ふくでんしめす。 ほうべんとほっしてごんしょうげんず。 もろもろの法薬ほうやくをもつて*さんりょうし、 *どうりょうどく顕現けんげんす。 さつ*さずけ、 *とうしょうがくらしむ。

↠国分衛獲↢諸豊膳↡、貯シメ↢功徳↡、示↢福田↠宣ムト↠法↢欣笑↢諸法薬↡救↢療三苦顕↢現道意無量功徳↢菩薩↡、成シム↢等正覚↡。

一 Ⅰ ⅲ b ロ (二)(Ⅰ)(ⅱ)(a)(チ)涅槃相

^*めつげんすれども、 *じょうさいすることきわまりなし。 *しょしょうじょして、 もろもろの*徳本とくほんゑ、 *どくそくせしむること、 みょうにしてはかりがたし。

示↢現ドモ滅度↡、拯済コト↠極。消↢除諸漏↡、↢衆徳本↡、具↢足シムルコト功徳↡微妙ニシテ↠量

^諸仏しょぶつくにあそびてあまねく*どうきょうげんず。 そのしゅぎょうするところ、 清浄しょうじょうにしてなし。

↢諸仏↡普↢道教↡。其、清浄ニシテ↠穢。

一 Ⅰ ⅲ b ロ (二)(Ⅰ)(ⅱ)(b)譬を設けて神徳を示す

^たとへば*げんのもろもろのぞうげんじて、 おとことなし、 おんなとなして、 へんぜざるところなく、 *本学ほんがく明了みょうりょうにして*こころしょにあるがごとし。

↧幻師ズルニ↢衆異像↡、為↠男↠女、無↠所↠不↠変、本学明了ニシテ↦意所為↥。

^このもろもろのさつ、 またまたかくのごとし。 一切いっさいほうがくして*貫綜かんそうれんす。 *しょじゅう安諦あんたいにしていたさざることなし。 しゅぶつにみなことごとくあまねくげんず。 いまだかつてまんせず。 *しゅじょうみんしょうす。

菩薩亦復如↠是。学↢一切↡貫綜縷練所住安諦ニシテ↠不↠化。無数仏土皆悉↢曽慢恣愍↢傷衆生↡。

一 Ⅰ ⅲ b ロ (二)(Ⅰ)(ⅲ)総結

^かくのごときのほう一切いっさいそくせり。

↠是之法、一切具足

一 Ⅰ ⅲ b ロ (二)(Ⅱ)重ねて諸徳を列ね広嘆す

・遊化諸仏国

^さつ*きょうてんようみょうちょうし、 名称みょうしょうあまねくいたりて十方じっぽうどうす。 りょう諸仏しょぶつ、 ことごとくともにねんしたまふ。 *ぶつしょじゅうは、 みなすでにじゅうすることをたり。 *だいしょうしょりゅうは、 しかもみなすでにりゅうす。 *如来にょらいどうは、 おのおのよくせんして、 もろもろのさつのために、 しかも*だいとなる。 甚深じんじん*ぜんをもつて衆人しゅにん開導かいどうす。 *諸法しょほう*しょうさとり、 しゅじょう*そうたっせり。 あきらかに諸国しょこくさとりて諸仏しょぶつ*ようしたてまつる。 その*げんすること、 なほ*電光でんこうのごとし。

菩薩経典究↢暢要妙↡、名称普導↢御十方↡。無量諸仏、咸護念タマフ。仏所住者皆已↠住コトヲ大聖所立、而皆已。如来導化宣布、為↢諸菩薩↡、而↢大師↢甚深禅・慧↡開↢導↡。通↢諸法↡、達↢衆生相サトリ↢諸国↡供↢養マツル諸仏↡。化↢現コト↡猶如↢電光↡。

・菩薩自利

^よく*無畏むいもうがくして、 あきらかに*げんほうりょうす。 *もうれつし、 もろもろの*纏縛てんばくく。 *しょうもん*縁覚えんがくちょうおつして、 *くうそうがん三昧ざんまいたり。 よく*方便ほうべんりゅうして*さんじょうけんす。 この*ちゅうにおいて、 しかもめつげんずれども、 ましょなく、 またしょなし。 不起ふきめつにして*びょうどうほうたり。 りょう*そうひゃくせん*三昧さんまいそくじょうじゅす。 *諸根しょこん智慧ちえ*こう寂定じゃくじょうにして、 ふかさつ*法蔵ほうぞうり、 *ぶつごん三昧ざんまい一切いっさいきょうてんせんちょう演説えんぜつ

↢無畏↡、暁サト↢幻化之法壊↢裂↡、解↢諸纏縛↡。超↢越声聞・縁覚之地↡、得↢空・無相・無願三昧↢方便↡顕↢示三乗↡。於↢此中下↡而現ドモ↢滅度↡、亦無↢所作↡、亦無↢所有↡。不起・不滅ニシテ得↢平等具↢足成↣就無量総持、百千三昧諸根↡。広普寂定ニシテ↢菩薩法蔵↡、得↢仏華厳三昧↡宣↢演↣説一切経典↡。

・菩薩利他

^じんじょうもんじゅうして、 ことごとく現在げんざいりょう諸仏しょぶつたてまつること、 一念いちねんのあひだにしゅうへんせざることなし。 もろもろの*ぎゃくなんと、 もろもろのげん*げんとをすくひて、 *真実しんじつさい*分別ふんべつけん。 もろもろの如来にょらい*弁才べんざい、 もろもろの言音ごんのんさとりて一切いっさいかいす。 けんのもろもろの*しょほうちょうして、 こころつねにあきらかに*度世どせどうじゅうす。 一切いっさい万物まんもつにおいて、 しかもずいざいなり。 もろもろの*庶類しょるいのために*しょうともとなる*ぐんじょう荷負かぶしてこれをじゅうたんとす。

↢深定門↡、悉マツルコト↢現在無量諸仏↡、一念之↠不↢周徧↡。済↢諸劇難不閑トヲ↡、分↢別顕↣示真実之際↡。得↢諸如来弁才之智↡、サトリ↢衆言音↡開↢化一切↡。超↢過世間所有↡、心常↢度世之道↡。於↢一切万物而随自在庶類↡作リテ↢不請之友荷↢負群生↡為↢之↡。

^如来にょらい甚深じんじん法蔵ほうぞうじゅし、 *仏種ぶっしゅしょうまもりて、 つねにえざらしむ。 *だいおこしてしゅじょうあわれみ、 べんべ、 *法眼ほうげんさずく。 *三趣さんしゅふさぎ、 善門ぜんもんひらく。 しょうほうをもつてもろもろの*黎庶れいしょほどこすこと、 純孝じゅんきょう父母ぶもあいきょうするがごとし。 もろもろのしゅじょうにおいてそなはすこと、 自己じこのごとし。

受↢持如来甚深法蔵↡、護↢仏種性↡常使↠不↠絶↢大悲↡愍↢衆生↡、演↢慈↡、授↢法眼フサ↢三趣↡、開↢善門↡。以↢不請之法↡施コト↢諸黎庶↡、↣純孝之子愛↢敬ルガ父母↡。於↢諸衆生↡視コト↢自己↡。

一 Ⅰ ⅲ b ロ (二)(Ⅲ)結嘆

^一切いっさい*善本ぜんぽんみながんす。 ことごとく諸仏しょぶつりょうどく智慧ちえ聖明しょうみょうなること不可ふか思議しぎなり。

一切善本ヲモテ皆度↢彼岸シム↢諸仏無量功徳↡。智慧聖明ナルコト不可思議ナリ

一 Ⅰ ⅲ b 総結

^かくのごときらのさつだい*しょうすべからず、 いちらいす。

↠是之等菩薩大士、不シテ↠可↢称計↡一時来会

発起序
    如来現相

【3】 ^そのときに、 *そん*諸根しょこん*えつし、 姿しき清浄しょうじょうにして*光顔こうげん*巍々ぎぎとまします。

世尊、諸根悦予、姿色清浄ニシテ光顔巍巍トマシマス

一 Ⅱ 阿難請問
      進問威徳

^尊者そんじゃなんぶつしょうけてすなはちよりちて、 *ひとへにみぎかたかたぬぎ、 *じょう*がっしょうしてぶつにまうしてまうさく、

尊者阿難承↢仏聖旨↡即↠座起、偏↢右↡、長跪合掌而白↠仏

一 Ⅱ ⅱ 正問
        清見を述ぶ

^今日こんにちそん諸根しょこんえつし、 姿しき清浄しょうじょうにして光顔こうげん巍々ぎぎとましますこと、 *明浄みょうじょうなるかがみかげひょうとおるがごとし。 よう*顕曜けんようにしてちょうぜつしたまへることりょうなり。 いまだかつて*せんせず、 しゅみょうなることきょうのごとくましますをば。

今日世尊、諸根悦予姿色清浄ニシテ光顔巍巍トマシマスコト、如↣明ナル影暢ルガ↢表裏↡。威容顕曜ニシテ超絶タマヘルコト無量ナリ。未瞻覩↡、殊妙コトクマシマスヲ↠今

一 Ⅱ ⅱ b 心念を申す
          (一)

^*やや、 しかなり。 だいしょう、 われこころ念言ねんごんすらく、

唯然ナリ。大聖、我心念言ラク

一 Ⅱ ⅱ b ロ (二)正申
            (Ⅰ)其の所在を推す【五徳瑞現

^今日こんにちそん*どくほうじゅうしたまへり。 今日こんにち*おう*ぶつしょじゅうじゅうしたまへり。 今日こんにち*げん*どうぎょうじゅうしたまへり。 今日こんにち*よう*さいしょうどうじゅうしたまへり。 今日こんにち*天尊てんそん*如来にょらいとくぎょうじたまへり。

今日世尊住タマヘリ↢奇↡。今日世雄住タマヘリ所住↡。今日世眼住タマヘリ↢導↡。今日世英住タマヘリ↢最↡。今日天尊行タマヘリ↢如↡。

一 Ⅱ ⅱ b ロ (二)(Ⅱ)其の所念を推す〔仏仏相念〕

^*来現らいげんぶつぶつぶつとあひねんじたまふ。 いまのぶつ諸仏しょぶつねんじたまふことなきことをんや。

去・来・現仏、仏タマフ。得↠無コトヲ↣今タマフコト↢諸仏↡耶。

一 Ⅱ ⅱ b 結問

^なんがゆゑぞ、 *じん光々こうこうたることいまし、 しかるや」 と。

威神光光タルコトヤト

一 Ⅱ 世尊開示
      所問を嘆ず
        先づ問の所由を訂す
          (一)検問

^ここにおいてそんなんげてのたまはく、 「いかんぞなん諸天しょてんのなんぢをおしへてぶつきたはしむるか。 みづから*けんをもつてげんへるか」 と。

↠是世尊告↢阿難↡曰タマハク、云何阿難、諸天↠汝リテシム慧見↡問↢威顔↡乎

一 Ⅱ ⅲ a イ (二)実答

^なんぶつにまうさく、 「諸天しょてんきたりてわれをおしふるものあることなし。 みづから所見しょけんをもつてこのひたてまつるのみ」 と。

阿難白↠仏、無↠有コト↢諸天↠我者↡。自↢所見↡問マツル↢斯↡耳

一 Ⅱ ⅲ a 正嘆
          (一)総嘆

^ぶつのたまはく、 「いかななんへるところはなはだこころよし。

仏言、善哉阿難、所↠問

一 Ⅱ ⅲ a ロ (二)別嘆
            (Ⅰ)問者の徳を嘆ず

^ふか智慧ちえしんみょう*弁才べんざいおこし、 しゅじょう愍念みんねんせんとしてこの*慧義えぎへり。

↢深慧、真妙弁才↡、愍↢念ムトシテ衆生↡問↢斯慧義↡。

一 Ⅱ ⅲ a ロ (二)(Ⅱ)深き聖心に叶ふを嘆ず
              (ⅰ)出世の本意を明す【出世本懐】

^如来にょらい*がいだいをもつて*三界さんがい*矜哀こうあいしたまふ。 しゅっこうするゆゑは、 *どうきょう*光闡こうせんして、 *群萌ぐんもうすくめぐむに*真実しんじつをもつてせんとおぼしてなり

如来以↢無大悲↡矜↢哀タマフ三界↡。所↣以出↢興於世↡、光↢闡道教レバナリ↢群萌ムニテセムト↦真実之利↥。

一 Ⅱ ⅲ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅱ)譬に約して希有を示す

^りょうおく*こうにもひがたくたてまつりがたきこと、 なほ*霊瑞れいずいの、 ときありて、 ときにいましづるがごとし、

無量億劫ニモ↠値コトマミ、猶↢霊瑞華、時アリテルガ

一 Ⅱ ⅲ a ロ (三)結嘆

^いまへるところは、 *饒益にょうやくするところおおし。 一切いっさい諸天しょてん人民にんみんかいす。

今所↠問者多↠所↢饒益開↢化一切諸天・人民↡。

一 Ⅱ ⅲ 正開示
        其の念言を許し仏の所住を述す

^なん、 まさにるべし、 如来にょらい*しょうがくは、 そのはかりがたくして、 ˆしゅじょうをˇ どうするところおおし。 *けん無礙むげにして、 よく*あつぜつすることなし。

阿難、当↠知、如来正覚、其智難シテ↠量、多↠所↢導御↡。慧見無礙ニシテ↢能遏絶コト↡。

一 Ⅱ ⅲ b 其の所見に応じて仏身の勝れたるを述す
          (一)正に勝相を明す

^*一餐いちざんちからをもつて、 よく*寿じゅみょうとどめたまふこと、 おくひゃく千劫せんごうしゅりょうにして、 またこれよりもぎたまへり。 諸根しょこんえつしてもつて*そんせず。 姿しきへんぜず、 光顔こうげんことなることなし。

↢一餐之力↡、能タマフコト↢寿命↡、億百千劫無数無量ニシテ復過タマ↢於此↡。諸根悦予不↢以毀損↡。姿色不↠変、光顔無↠異コト

一 Ⅱ ⅲ b ロ (二)其の所以を明す

^ゆゑはいかん。 如来にょらいは、 *じょうちょうしたまへることきわまりなし。 一切いっさいほうにおいてざいたまへり。

所以者何。如来究暢タマヘルコト↠極↢一切↡而得タマヘリ↢自在↡。

一 Ⅱ ⅲ b 正説を許開す

^なん、 あきらかにけ、 いまなんぢがためにかん」 と。

阿難、諦、今為↠汝ムト

一 Ⅱ 正衆会楽聞

^こたへてまうさく、 「やや、 しかなり。 *がんぎょうしてきたてまつらんとおも」 と。

唯然ナリ。願楽↠聞マツラムト

正宗分
  法蔵因位の願行を明す
    発願の生起を明す【法蔵発願】
      所値の仏を明す
        過去の仏を挙ぐ【五十三仏】
          (一)最初の仏を標す

【4】 ^ぶつなんげたまはく、 「*乃往ないおう過去かこおんりょう不可ふか思議しぎ*央数おうしゅこうに、 1*じょうこう如来にょらいこうしゅつしてりょうしゅじょう*きょう*だつして、 みなどうしめてすなはちめつりたまひき。

仏告タマハク↢阿難↡、乃往過去久遠無量不可思議無央数劫、錠光如来興↢出於世↡、教↢化度↣脱無量衆生↡、皆令↠得↠道タマヘリ↢滅度↡。

二 Ⅰ ⅰ a イ (二)中間出世仏

^つぎ如来にょらいましましき、 をば2光遠こうおんといふ。 つぎをば3がっこうづく。 つぎをば4栴檀せんだんこうづく。 つぎをば5善山ぜんせんのうづく。

↢如来↡、名↢光遠↡。次↢月光↡。次栴檀香↡。次↢善山王↡。

^つぎをば6しゅ天冠てんがんづく。 つぎをば7しゅ等曜とうようづく。 つぎをば8月色がっしきづく。 つぎをば9しょうねんづく。 つぎをば10離垢りくづく。

↢須弥天冠↡。次↢須弥等曜↡。次↢月色↡。次↢正念↡。次↢離垢↡。

^つぎをば11じゃくづく。 つぎをば12りゅうてんづく。 つぎをば13こうづく。 つぎをば14あん明頂みょうちょうづく。 つぎをば15どうづく。

↢無著↡。次↢龍天↡。次↢夜光↡。次↢安明頂↡。次↢不動地↡。

^つぎをば16瑠璃るりみょうづく。 つぎをば17瑠璃るり金色こんじきづく。 つぎをば18金蔵こんぞうづく。 つぎをば19焔光えんこうづく。 つぎをば20焔根えんこんづく。

瑠璃妙華↡。次瑠璃金色↡。次↢金蔵↡。次↢焔光↡。次↢焔根↡。

^つぎをば21どうづく。 つぎをば22月像がつぞうづく。 つぎをば23日音にっとんづく。 つぎをば24だつづく。 つぎをば25しょうごんこうみょうづく。

↢地↡。次↢月像↡。次↢日音↡。次↢解脱華↡。次↢荘厳光明↡。

^つぎをば26海覚かいかく神通じんずうづく。 つぎをば27水光すいこうづく。 つぎをば28大香だいこうづく。 つぎをば29じんづく。 つぎをば30捨厭しゃえんづく。

↢海覚神通↡。次↢水光↡。次↢大香↡。次↢離塵垢↡。次↢捨厭意↡。

^つぎをば31宝焔ほうえんづく。 つぎをば32妙頂みょうちょうづく。 つぎをば33ゆうりゅうづく。 つぎをば34どく持慧じえづく。 つぎをば35蔽日へいにち月光がっこうづく。

↢宝焔↡。次↢妙頂↡。次↢勇立↡。次↢功徳持慧↡。次↢蔽日月光↡。

^つぎをば36日月にちがつ瑠璃るりこうづく。 つぎをば37じょう瑠璃るりこうづく。 つぎをば38さいじょうしゅづく。 つぎをば39だいづく。 つぎをば40がつみょうづく。

↢日月瑠璃光↡。次↢無上瑠璃光↡。次↢最上首↡。次↢菩提華↡。次↢月明↡。

^つぎをば41日光にっこうづく。 つぎをば42色王しきおうづく。 つぎをば43水月すいがっこうづく。 つぎをば44じょみょうづく。 つぎをば45がいぎょうづく。

↢日光↡。次↢華色王↡。次↢水月光↡。次↢除痴↡。次↢度蓋行↡。

^つぎをば46じょうしんづく。 つぎをば47ぜん宿しゅくづく。 つぎをば48じんづく。 つぎをば49ほうづく。 つぎをば50鸞音らんのんづく。

↢浄信↡。次↢善宿↡。次↢威神↡。次↢法慧↡。次↢鸞音↡。

^つぎをば51師子ししおんづく。 つぎをば52りゅうおんづく。 つぎをば53しょづく。

↢師子音↡。次↢龍音↡。次↢処世↡。

二 Ⅰ ⅰ a イ (三)総結

^かくのごときの諸仏しょぶつ、 みなことごとくすでにぎたまへり。

↠此諸仏、皆悉タマヘリ

二 Ⅰ ⅰ a 正しく所値の仏を明す

【5】 ^そのときに、 つぎぶつましましき。 *ざいおう*如来にょらい1おう2とうしょうがく3明行みょうぎょうそく4善逝ぜんぜい5けん6じょう7調じょうじょう8天人てんにん9ぶつ10そんづけたてまつる。

↠仏マツル↢世自在王如来・応供・等正覚・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天人師・仏・世尊↡。

二 Ⅰ ⅰ 発願の主を明す

^とき国王こくおうありき。 ぶつ (世自在王仏) 説法せっぽうきて、 こころえついだく。 すなはち*じょうしょうしんどうこころおこす。 くにおうてて、 ぎょうじて*沙門しゃもんとなる。 ごうして*法蔵ほうぞうといふ。 *高才こうざい勇哲ゆうてつにして、 ちょうす。

↢国王↡。聞↢仏説法↡、心↢悦予↡。↢無上正真道↡。棄↠国テテ↠王↢沙門↢法蔵↡。高才勇哲ニシテ↠世超異

二 Ⅰ ⅰ 讃偈発願【讃仏偈
        説偈敬儀

^ざいおう如来にょらいみもともうでて*仏足ぶっそく*稽首けいしゅし、 みぎめぐること*三帀さんぞうして、 *じょうがっしょうして*じゅをもつてめてまうさく、

↢世自在王如来↡稽↢首仏足↡、右コト三帀、長跪合掌、以↠頌サク

二 Ⅰ ⅰ c 正頌文
          (一)仏徳を嘆ず
            (Ⅰ)別して三業の徳を嘆ず
              (ⅰ)身業を嘆ず

^ª光顔こうげん巍々ぎぎとして、 じんきわまりなし。

光顔巍巍トシテ威神無↠極

^かくのごときの*えんみょう、 ともにひとしきものなし。

↠是焔明↢与者↡

^にちがつ*摩尼まに珠光しゅこう焔耀えんようも、

日月・摩尼焔耀

^みなことごとく隠蔽おんぺいせられて、 なほ*聚墨じゅもくのごとし。

皆悉隠蔽ラレテ↢聚墨

^如来にょらい容顔ようげんは、 えてたぐいなし。

如来容顔↠世ダグヒ

二 Ⅰ ⅰ c ロ (一)(Ⅰ)(ⅱ)口業を嘆ず

^しょうがく大音だいおんひび十方じっぽうながる。

正覚大音↢十方

二 Ⅰ ⅰ c ロ (一)(Ⅰ)(ⅲ)意業を嘆ず

^*かいもん*しょうじん三昧さんまい智慧ちえとの

精進三昧智慧

^とくは、 ともがらなくして、 しゅしょうにして希有けうなり。

威徳シテトモガラ殊勝ニシテ希有ナリ

^ふかくあきらかに、 よく諸仏しょぶつ*法海ほうかいねんじて、

諸仏法海

^ふかきをきわおくつくして、 その涯底がいたいきわむ。

↠深↠奥↢其涯底

^*みょうよくいかりとは、 そんながくましまさず。

無明トハ世尊サズ

二 Ⅰ ⅰ c ロ (一)(Ⅱ)総じて諸徳を嘆ず

^*人雄にんのう獅子ししにして*神徳じんとくりょうなり。

人雄師子ニシテ神徳無量ナリ

^*くん広大こうだいにして、 智慧ちえじんみょうなり。

勲広大ニシテ智慧深妙ナリ

^こうみょうそうは、 *大千だいせん震動しんどうす。

光明威相震↢動大千

二 Ⅰ ⅰ c ロ (二)志願を述ぶ
            (Ⅰ)総じて願心を立つ
              (ⅰ)成仏を願ず

^ねがはくは、 われぶつとならんに、 *しょう法王ほうおうひとしく、

クハ我作↠仏↢聖法王

^*しょう過度かどして、 *だつせざることなからしめん。

過↢度生死シメム↠不↢解脱

二 Ⅰ ⅰ c ロ (二)(Ⅰ)(ⅱ)功徳を願求す

^*布施ふせ*調じょうかい*にんしょうじん

布施・調意・戒・忍・精進

^かくのごときの三昧さんまい智慧ちえすぐれたりとせん。

↠是三昧智慧トハスグレタリト

二 Ⅰ ⅰ c ロ (二)(Ⅱ)果を期し誓を立つ
              (ⅰ)正誓

^われちかふ、 ぶつたらんに、 あまねくこのがんぎょうじて、

吾誓タラムニ↠仏↢此

^*一切いっさい恐懼くく ˆのしゅじょうˇ に、 ために大安だいあんをなさん。

一切恐懼↢大安

二 Ⅰ ⅰ c ロ (二)(Ⅱ)(ⅱ)徳を述べ其の心を励ます

^たとひぶつましまして、 ひゃくせん億万おくまん

使シテ↠仏百千億万

^りょう*だいしょうかず*恒沙ごうじゃのごとくならんに、

無量大聖数如クナラムニ↢恒沙

^一切いっさいのこれらの諸仏しょぶつようしたてまつらんよりは、

供↢養マツヨリハ一切斯等諸仏

^*どうもとめて、 けんしょうにしてしりぞかざらんにはしかじ。

不↠如↢求ルコト↠道堅正ニシテニハ↟却

二 Ⅰ ⅰ c ロ (二)(Ⅲ)重ねて果上の身土を願ず
              (ⅰ)法身功徳を願ず

^たとへば恒沙ごうじゃのごときの諸仏しょぶつかい

↢恒沙諸仏世界

^またかぞふべからざるしゅ*せつあらんに、

復不↠可↠計無数刹土ルモ

^こうみょうことごとくらして、 このもろもろのくにへんし、

光明悉↢此

^かくのごとしょうじんにして、 じんはかりがたからん。

↠是精進シテ威神難カラム↠量

二 Ⅰ ⅰ c ロ (二)(Ⅲ)(ⅱ)国土荘厳を願ず

^われぶつとならんに、 こくをして第一だいいちならしめん。

↢我作ムニ↠仏国土ヲシテ第一ナラ

二 Ⅰ ⅰ c ロ (二)(Ⅲ)(ⅲ)摂衆生を願ず
                (a)自国を摂す

^そのしゅうみょうにして、 *どうじょうちょうぜつならん。

衆奇妙ニシテ道場超絶

^くに*泥洹ないおんのごとくして、 しかもひとしくならぶものなからしめん。

国如クシテ↢泥洹シメ↢等ブモノ

二 Ⅰ ⅰ c ロ (二)(Ⅲ)(ⅲ)(b)他土を摂す

^われまさに*哀愍あいみんして、 一切いっさいだつすべし。

我当哀愍度↢脱一切

^十方じっぽうよりらいしょうせんもの、 心悦しんえつ清浄しょうじょうにして、

十方ヨリ来生ムモノ心悦清浄ニシテ

^すでにわがくにいたらば、 らく安穏あんのんならん。

↢我快楽安ナラム

二 Ⅰ ⅰ c ロ (三)証明を請ず
            (Ⅰ)別して現在仏に請ず

^ねがはくはぶつ (世自在王仏)*しんみょうしたまへ、 これわが*真証しんしょうなり。

ネガハク信明タマヘ是我真証ナリ

^がんおこして、 *かしこにして所欲しょよく*りきしょうせん。

↠願↠彼力↢精所欲

二 Ⅰ ⅰ c ロ (三)(Ⅱ)広く諸仏に請ず

^十方じっぽうそん智慧ちえ*無礙むげにまします。

世尊智慧無礙ニマシマス

^つねにこのそんをしてわが*しんぎょうらしめん。

↣此ヲシテ↢我心行

二 Ⅰ ⅰ c ロ (四)誓を結して心を立つ

^たとひをもろもろのどくのうちにくとも、

マル苦毒

^わがぎょうしょうじんにして、 しのびてつひにいじº」 と。

行精進シテ↠悔

二 Ⅰ ⅰ 選択摂取の相を明す【思惟摂取】
        菩薩求請

【6】 ^ぶつなんげたまはく、 「*法蔵ほうぞう比丘びく、 このじゅきをはりて、 ぶつ (世自在王仏) にまうしてまうさく、〈やや、 しかなり。 そんわれ*じょうしょうがくしんおこせり。

仏告タマハク↢阿難↡、法蔵比丘説↢此↡已而白↠仏、唯然ナリ。世尊、我発↢無上正覚之心↡。

^ねがはくはぶつ、 わがためにひろきょうぼうべたまへ。 われまさにしゅぎょうして仏国ぶっこく*摂取せっしゅし、 清浄しょうじょうりょうみょう*しょうごんすべし。 われをしてにおいてすみやかにしょうがくりて、 もろもろのしょうごんもとかしめたまへº」 と。

クハ仏為↠我タマヘ↢経法↡。我当↧修行摂↢取仏国↡、清浄荘↦厳無量妙土↥。令タマヘト↧我ヲシテ↠世↢正覚↡、抜↦諸生死勤苦之本↥。

二 Ⅰ ⅰ d 仏其れをして自知せしむ

^ぶつなんかたりたまはく、 「とき*にょう王仏おうぶつ法蔵ほうぞう比丘びくげたまはく、〈しゅぎょうせんところのごときのしょうごんぶつ、 なんぢみづからまさにるべしº と。

タマハク↢阿難↡、時饒王仏タマハク↢法蔵比丘↡、↠所↢修行スル↡荘厳仏土、汝自シト↠知

二 Ⅰ ⅰ d 菩薩重請

^比丘びくぶつにまうさく、〈このじんにしてわが*きょうがいにあらず。 やや、 ねがはくはそんひろくために*諸仏しょぶつ如来にょらいじょうぎょう*えんしたまへ。 われこれをきをはりて、 まさにせつのごとくしゅぎょうして、 所願しょがんじょうまんすべしº と。

比丘白↠仏、斯義弘深ニシテ↢我境界↡。唯願クハ世尊、広敷↢演タマヘ諸仏如来浄土之行↡。我聞シト↣如↠説フガ修行、成↢満所願↡。

二 Ⅰ ⅰ d 仏応請
          (一)其の器を許す

^そのときに、 ざいおうぶつ、 そのこうみょうがん深広じんこうなるをろしめして、 すなはち法蔵ほうぞう比丘びくのために、 しかもきょうきてのたまはく、

世自在王仏知↢其高明志願深広ナルコト↡即↢法蔵比丘↡、而↠経

二 Ⅰ ⅰ d ニ (二)経を説きて其の心を励ます

^ªたとへば大海だいかい一人いちにん*升量しょうりょうせんに、 劫数こうしゅ経歴きょうりゃくせば、 なほそこきわめてそのみょうほうべきがごとし。 ひとしんしょうじんしてどうもとめてまざることあらば、 みなまさに*こっすべし。 いづれのがんをかざらんº と。

↫大海アリテ、一人升量ムニ経↢歴劫数↡、尚可↪窮↠底得↩其妙宝↨。人有↢至精進↠道コト↟止、会↢剋果↡。何ラム↠得。

二 Ⅰ ⅰ d ニ (三)説法現土

^ここにおいてざいおうぶつ、 すなはちためにひろひゃくいちじゅうおく諸仏しょぶつせつ*てんにん善悪ぜんあくこくみょうきて、 その心願しんがんおうじてことごとくげんじてこれをあたへたまふ。

↠是世自在王仏、即↢二百一十億諸仏刹土天人之善悪、国土之麁妙↡、応↢其心願↡悉タマフ↠之

二 Ⅰ ⅰ d 正しく選択摂取の相を明す
          (一)聞法見土

^ときにかの比丘びくぶつ所説しょせつきて、 *ごんじょうこくなことごとく*けんして

比丘聞↢仏所説↡、厳浄国土皆悉覩見

二 Ⅰ ⅰ d ホ (二)正しく勝願を発す
            (Ⅰ)総じて願体を標ず

^*じょうしゅしょうがんちょうほつせり。

超↢発無上殊勝之願↡。

二 Ⅰ ⅰ d ホ (二)(Ⅱ)別して結願の相を明す
              (ⅰ)其の心念を明す

^そのしん寂静じゃくじょうにしてこころざししょじゃくなし。 一切いっさいけんによくおよぶものなけん。

心寂静ニシテ志無↢所著↡。一切世間↢能者↡。

二 Ⅰ ⅰ d ホ (二)(Ⅱ)(ⅱ)其の時量を明す
                (a)直明

^*こうそくし、 ゆいしてしょうごん仏国ぶっこく清浄しょうじょうぎょう摂取せっしゅす」 と。

具↢足五劫↡、思惟摂↢取スト荘厳仏国清浄之行↡。

二 Ⅰ ⅰ d ホ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(b)問答決疑

^なんぶつにまうさく、 「かの仏国ぶっこくˆざい王仏おうぶつのˇ 寿じゅりょういくばくぞや」 と。

阿難白↠仏、彼仏国土寿量幾何ゾヤト

^ぶつのたまはく、 「そのぶつ寿じゅみょうじゅうこうなりき。

仏言、其寿命四十二劫ナリ

二 Ⅰ 正しく誓願を陳説す
      説願威儀
        菩薩敬白

^とき法蔵ほうぞう比丘びくひゃくいちじゅうおく諸仏しょぶつみょう清浄しょうじょうぎょう摂取せっしゅしき。 かくのごとくしゅしをはりて、 かのぶつみもともうで、 稽首けいしゅみあしらいし、 ぶつめぐること三帀さんぞうし、 がっしょうしてじゅうして、 ぶつにまうしてまうさく、〈そん、 われすでにぶつしょうごんすべき清浄しょうじょうぎょう摂取せっしゅしつº と。

法蔵比丘摂↢取二百一十億諸仏妙土清浄之行↡。如↠是、詣↢彼↡、稽首↠足コト↠仏三帀、合掌而住、白、世尊、我已摂↢取セリ厳仏土清浄之行↡。

二 Ⅰ ⅱ a 如来勧説

^ぶつ比丘びくげたまはく、〈なんぢいまくべし。 よろしくるべし、 *これときなり。 一切いっさい大衆だいしゅ*ほっえっせしめよ。 さつきをはりて、 このほうしゅぎょうえんとして、 りょう大願だいがん満足まんぞくすることをいたさんº と。

仏告タマハク↢比丘↡、汝、今可↠説。宜↠知、是時ナリ。発↢起悦↣可シメヨ一切大衆↡。菩薩聞修↢行↡、縁リテムト↣満↢足コトヲ無量大願↡。

二 Ⅰ ⅱ a 菩薩命に応ず

 ^比丘びくぶつにまうさく、〈やや、 *ちょうざつれたまへ。 わが所願しょがんのごとくまさにつぶさにこれをくべし。

比丘白↠仏、唯垂タマヘ↢聴察↡。如↢我所願↡当↢具↟之

二 Ⅰ ⅱ 正しく四十八願を陳説す【四十八願】

1. 三悪趣さんまくしゅの願

【7】 ^たとひわれぶつたらんに、 くに*ごく*餓鬼がき*ちくしょうあらば、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国↢地獄・餓鬼・畜生↡、不↠取↢正覚↡。

2. きょう悪趣あくしゅの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 こくちゅう人天にんでん寿いのちおわりてののちに、 また*さん悪道まくどうかえらば、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国中人天、寿終之後、復更↢三悪道、不↠取↢正覚↡。

3. 悉皆金色しっかいこんじきの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 こくちゅう人天にんでん、 ことごとくしん金色こんじきならずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国中人天、不↢悉真金色ナラ、不↠取↢正覚↡。

4. 無有むう好醜こうしゅの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 こくちゅう人天にんでんぎょうしきどうにして、 好醜こうしゅあらば、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国中人天、形色不同ニシテ↢好醜↡、不↠取↢正覚↡。

5. りょうしき宿命しゅくみょうの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 こくちゅう人天にんでん*宿命しゅくみょうさとらずして、 しもひゃく千億せんおく*由他ゆた諸劫しょこうらざるにいたらば、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国中人天、シテ↠識↢宿命↡、下至↠知↢百千億那由他諸劫、不↠取↢正覚↡。

6. りょう得天眼とくてんげんの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 こくちゅう人天にんでん*天眼てんげんずして、 しもひゃく千億せんおく由他ゆた諸仏しょぶつくにざるにいたらば、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国中人天、不シテ↠得↢天眼↡、下至↠見↢百千億那由他諸仏、不↠取↢正覚↡。

7. てん遥聞ようもんの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 こくちゅう人天にんでん*てんずして、 しもひゃく千億せんおく由他ゆた諸仏しょぶつくところをきて、 ことごとくじゅせざるにいたらば、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国中人天、不シテ↠得↢天耳↡、下至↧聞マツリ↢百千億那由他諸仏↡、不↦悉受持、不↠取↢正覚↡。

8. しんしっの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 こくちゅう人天にんでん*しんずして、 しもひゃく千億せんおく由他ゆた諸仏国中しょぶっこくちゅうしゅじょう心念しんねんらざるにいたらば、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国中人天、不シテ↠得↧見↢他心↡智↥、下至↠知↢百千億那由他諸仏国中衆生心念、不↠取↢正覚↡。

9. 神足じんそくにょの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 こくちゅう人天にんでん*神足じんそくずして、 一念いちねんのあひだにおいて、 しもひゃく千億せんおく由他ゆた諸仏しょぶつくにちょうすることあたはざるにいたらば、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国中人天、不シテ↠得↢神足↡、於↢一念↡、下至↠不↠能↣超↢過コト百千億那由他諸仏、不↠取↢正覚↡。

10. とんしんの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 こくちゅう人天にんでん、 もし想念そうねんおこして、 *とんせば、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国中人天、若↢想念↡、貪↢計、不↠取↢正覚↡。

11. ひっめつの願(住正定聚の願、 証大涅槃の願、 往相証果の願)

 ^たとひわれぶつたらんに、 こくちゅう人天にんでん*じょうじゅじゅうし、 かならず*めついたらずはしょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国中人天、不↧住↢定聚↡、必↦滅度、不↠取↢正覚↡。

12. こうみょうりょうの願*

 ^たとひわれぶつたらんに、 *こうみょうよくげんりょうありて、 しもひゃく千億せんおく由他ゆた諸仏しょぶつくにらさざるにいたらば、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、光明有限量↡、下至↠不↠照↢百千億那由他諸仏、不↠取↢正覚↡。

13. 寿じゅみょうりょうの願*

 ^たとひわれぶつたらんに、 *寿じゅみょうよくげんりょうありて、 しもひゃく千億せんおく由他ゆたこういたらば、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、寿命有限量↡、下至↢百千億那由他劫、不↠取↢正覚↡。

14. しょうもんりょうの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 こくちゅうしょうもん、 よくりょうありて、 *しも*三千大千さんぜんだいせんかいしょうもん縁覚えんがくひゃく千劫せんごうにおいて、 ことごとくともに*きょうして、 そのかずるにいたらば、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国中声聞有↢能計量↡、下至↧三千大千世界声聞・縁覚、於↢百千劫↡、悉計挍、知↦其、不↠取↢正覚↡。

15. 眷属けんぞくちょう寿じゅの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 こくちゅう人天にんでん寿じゅみょうよくげんりょうなからん。 そ本願ほんがん*修短しゅたんざいならんをばのぞく。 もししからずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国中人天、寿命無ラム↢能限量↡。除↢其本願アリテ修短自在↡。若↠爾、不↠取↢正覚↡。

16. しょぜんの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 こくちゅう人天にんでんない*ぜんありとかば、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国中人天、乃至聞↠有↢不善名↡、不↠取↢正覚↡。

17. 諸仏しょぶつ称名しょうみょうの願(諸仏称揚の願 諸仏咨嗟の願 大悲の願 往相回向の願 往相正業の願 選択称名の願)

 ^たとひわれぶつたらんに、 十方じっぽうかいりょう諸仏しょぶつ、 ことごとく*しゃして、 わが*しょうせずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、十方世界無量諸仏、不↣悉咨嗟、称↢我、不↠取↢正覚↡。

18. しんしんぎょうの願(王本願 選択本願 本願三心の願 念仏往生の願 往相信心の願)

 ^たとひわれぶつたらんに、 十方じっぽうしゅじょう*しん*しんぎょうしてわがくに*しょうぜんとおもひて*ないじゅうねんせん。 *もししょうぜずは、 しょうがくらじ。 *ただ*ぎゃく*ほうしょうぼうとをばのぞく。

我得タラムニ↠仏、十方衆生、至信楽、欲↠生ムト↢我↡、乃ルマデセム十念。若不↠生、不↠取↢正覚↡。唯除↢五逆誹謗正法トヲ↡。

19. しん発願ほつがんの願(臨終現前の願 現前導生の願 来迎引接の願 修諸功徳の願)

 ^たとひわれぶつたらんに、 十方じっぽうしゅじょう*だいしんおこし、 *もろもろの*どくしゅして、 しん発願ほつがんしてわがくにしょうぜんとほっせん寿いのちおわるときにのぞんで、 たとひ大衆だいしゅ*にょうしてそのひとまえげんぜずはしょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、十方衆生、発↢菩提心↡、修↢諸功徳↡、至発願、欲↠生ムト↢我↡。臨ミテ↢寿終↡、仮令不↧↢大衆↡囲繞セラレ↦其、不↠取↢正覚↡。

20. しんこうの願(係念定生の願 不果遂者の願 植諸徳本の願)

 ^たとひわれぶつたらんに、 十方じっぽうしゅじょう、 わが*みょうごうきて、 ねんをわがくに*もろもろの*徳本とくほんゑて、 しんこうしてわがくにしょうぜんとほっせん*すいせずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、十方衆生、聞↢我名号↡、↢念↡、徳本↡、至廻向、欲↠生ムト↢我↡。不↢果遂、不↠取↢正覚↡。

21. そく諸相しょそうの願(具三十二相の願)

 ^たとひわれぶつたらんに、 こくちゅう人天にんでん、 ことごとく*さんじゅう大人相だいにんそうじょうまんせずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国中人天、不↣悉成↢満三十二大人相、不↠取↢正覚↡。

22. 還相げんそうこうの願(一生補処の願 必至補処の願)

 ^たとひわれぶつたらんに、 ほうぶつしょさつしゅ、 わがくにらいしょうして、 きょうしてかならず*いっしょうしょいたらん。 その本願ほんがんざいしょしゅじょうのためのゆゑに、 *ぜいよろいて、 徳本とくほんしゃくるい一切いっさいだつし、 諸仏しょぶつくにあそんで、 さつぎょうしゅし、 十方じっぽう諸仏しょぶつ如来にょらいようし、 恒沙ごうじゃりょうしゅじょうかいして*じょうしょうしんどうりゅうせしめんをばのぞく。 *じょうりん超出ちょうしゅつし、 *しょぎょう現前げんぜんし、 *げんとくしゅじゅうせん。 もししからずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、他方仏土菩薩衆、来↢生↡、究竟↢一生補処↡。除↧其本願アリテ、自在スル、為↢衆生↡故、被↢弘誓↡、積↢累徳本↡、度↢脱一切↡、遊ビテ↢諸仏↡、修↢菩薩↡、供↢養タテマツリ十方諸仏如来↡、開↢化恒沙無量衆生↡使↠立↢無上正真之道超↢出常倫諸地之行↡、現前修↦習スルヲ普賢之徳。若不↠爾、不↠取↢正覚↡。

23. よう諸仏しょぶつの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 こくちゅうさつぶつ*神力じんりきけて、 諸仏しょぶつようし、 *一食いちじきのあひだにあまねくしゅりょう由他ゆた諸仏しょぶつくにいたることあたはずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国中菩薩、承↢仏神力↡、供↢養マツリ諸仏↡、一食之不↠能↣徧コト↢無数無量那由他諸仏、不↠取↢正覚↡。

24. ようにょの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 こくちゅうさつ諸仏しょぶつみまえにありて、 その徳本とくほんげんじ、 もろもろのよくせんところのよう、 もしこころのごとくならずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国中菩薩、在↢諸仏↡、現↢其徳本↡、諸欲求↡供養之具、若不↠如クナラ↠意、不↠取↢正覚↡。

25. せつ一切いっさいの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 こくちゅうさつ*一切いっさい演説えんぜつすることあたはずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国中菩薩、不↠能↣演↢説コト一切智、不↠取↢正覚↡。

26. 得金剛身とくこんごうしんの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 こくちゅうさつ*金剛こんごう那羅ならえんしんずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国中菩薩、不↠得↢金剛那羅延、不↠取↢正覚↡。

27. 万物まんもつごんじょうの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 こくちゅう人天にんでん一切いっさい万物まんもつごんじょう光麗こうらいにして、 ぎょうしき殊特しゅどくにして、 窮微ぐみごくみょうなること、 よく*しょうりょうすることなけん。 そのもろもろのしゅじょうない天眼てんげん*逮得たいとくせん。 よく明了みょうりょうにそのみょうしゅわきまふることあらば、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国中人天、一切万物厳浄光麗ニシテ、形色殊特ニシテ、窮微極妙コト、無↢能称量コト↡。其衆生、乃逮↢得ルニ天眼↣能明了コト↢其名数、不↠取↢正覚↡。

28. 道場樹どうじょうじゅの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 こくちゅうさつないしょうどくのもの、 その*どうじょうじゅりょう光色こうしきありて、 たかひゃくまんなるをけんすることあたはずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国中菩薩、乃ルマデ少功徳、不↠能↣知↢見コト道場樹、無量光色アリテ四百万里ナルヲ、不↠取↢正覚↡。

29. 得弁才とくべんざいの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 こくちゅうさつ、 もしきょうぼう受読じゅどく*じゅせつして、 *弁才べんざい智慧ちえずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国中菩薩、若受↢読経法↡諷誦持説而不↠得↢弁才智慧、不↠取↢正覚↡。

30. 弁才べんざいじんの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 こくちゅうさつ智慧ちえ弁才べんざいもしげんりょうすべくは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国中菩薩、智慧弁才若↢限量、不↠取↢正覚↡。

31. こく清浄しょうじょうの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 こく清浄しょうじょうにして、 みなことごとく十方じっぽう一切いっさいりょうしゅ不可ふか思議しぎ諸仏しょぶつかいしょうけんすること、 なほ明鏡みょうきょうにその面像めんぞうるがごとくならん。 もししからずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国土清浄ニシテ、皆悉照↢見コト十方一切無量無数不可思議諸仏世界↡、猶如クナラム↣明鏡↢其面像↡。若不↠爾、不↠取↢正覚↡。

32. みょうこうごうじょうの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 より以上いじょうくういたるまで、 *殿でん*楼観ろうかん池流ちるじゅこくちゅうのあらゆる一切いっさい万物まんもつ、 みなりょう雑宝ざっぽうひゃく千種せんじゅこうをもつてともにごうじょうし、 厳飾ごんじきみょうにしてもろもろの人天にんでんえん。 そのこうあまねく十方じっぽうかいくんじて、 さつがんもの、 みなぶつぎょうしゅせん。 もしかくのごとくならずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、自↠地已上至マデ↢于虚空↡、宮殿・楼観・池流・華樹、国所有一切万物、皆以↢無量雑宝・百千種↡而共合成、厳飾奇妙ニシテ↢諸人天香普↢十方世界↡、菩薩カガ者、皆修↢仏行↡。若不↠クナラ↠是、不↠取↢正覚↡。

33. 触光そくこうにゅうなんの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 十方じっぽうりょう不可ふか思議しぎ諸仏しょぶつかいしゅじょうるい、 わがこうみょうこうぶりてそのれんもの、 *身心しんしんにゅうなんにして人天にんでんちょうせん。 もししからずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、十方無量不可思議諸仏世界衆生之類、蒙↢我光明↡触↡者、身心柔軟ニシテ超↢過人天↡。若不↠爾、不↠取↢正覚↡。

34. もんみょう得忍とくにんの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 十方じっぽうりょう不可ふか思議しぎ諸仏しょぶつかいしゅじょうるいわが*みょうきてさつ*しょう法忍ぼうにん、 もろもろの*じんそうずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、十方無量不可思議諸仏世界衆生之類、聞↢我名字↡、不↠得↢菩薩無生法忍、諸深総持、不↠取↢正覚↡。

35. 女人にょにんおうじょうの願(変成男子の願 転女成男の願 聞名転女の願)

 ^たとひわれぶつたらんに、 十方じっぽうりょう不可ふか思議しぎ諸仏しょぶつかいに、 それ女人にょにんありて、 わがみょうきて、 かんしんぎょうし、 だいしんおこして、 女身にょしんえんせん。 寿いのちおわりてののちに、 また女像にょぞうとならば、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、十方無量不可思議諸仏世界、其↢女人↡、聞↢我名字↡、歓喜信楽、発↢菩提心↡、厭↢悪女身寿終之後、復為↢女像、不↠取↢正覚↡。

36. もんみょうぼんぎょうの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 十方じっぽうりょう不可ふか思議しぎ諸仏しょぶつかいしょさつしゅ、 わがみょうきて、 寿いのちおわりてののちに、 つねに*ぼんぎょうしゅして仏道ぶつどうるにいたらん。 もししからずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、十方無量不可思議諸仏世界菩薩衆、聞↢我名字↡、寿終之後、常↢梵行↡至↠成ズル↢仏道↡。若不↠爾、不↠取↢正覚↡。

37. らいきょうの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 十方じっぽうりょう不可ふか思議しぎ諸仏しょぶつかい諸天しょてん人民にんみんわがみょうきて、 *たいげて、 *けいしゅらいかんしんぎょうして、 さつぎょうしゅせんに、 諸天しょてんにんうやまひをいたさずといふことなけん。 もししからずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、十方無量不可思議諸仏世界諸天・人民、聞↢我名字↡、五体↠地、稽首歓喜信楽、修ムニ↢菩薩↡、諸天・世人、莫カラ↠不ルハ↠致↠敬。若不↠爾、不↠取↢正覚↡。

38. ぶく随念ずいねんの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 こくちゅう人天にんでんぶくんとおもはば、 ねんしたがひてすなはちいたらん。 ぶつ所讃しょさん*応法おうほうみょうぶくのごとく、 ねんにあらん。 もしざい*擣染とうぜん*かんじょくすることあらば、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国中人天、欲↠得ムト↢衣服↡、随↠念。如↢仏所讃応法妙服、自然↠身↢裁縫・擣染・浣濯↡、不↠取↢正覚↡。

39. じょうじゅらくの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 こくちゅう人天にんでんけんところのらく*じん比丘びくのごとくならずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国中人天、所↠受快楽、不↠如クナラ↢漏尽比丘、不↠取↢正覚↡。

40. 見諸仏けんしょぶつの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 こくちゅうさつこころしたがひて十方じっぽうりょうごんじょうぶつんとおもはん。 ときおうじてがんのごとく、 宝樹ほうじゅのなかにして、 みなことごとくしょうけんせんこと、 なほ明鏡みょうきょうにその面像めんぞうるがごとくならん。 もししからずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国中菩薩、随↠意↠見ムト↢十方無量厳浄仏土↠時↠願宝樹↡、皆悉照見コト、猶如クナラム↣明鏡↢其面像↡。若不↠爾、不↠取↢正覚↡。

41. もんみょうこんの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 ほうこくしょさつしゅ、 わがみょうきて、 ぶつるにいたるまで、 *諸根しょこんけつしてそくせずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、他方国土菩薩衆、聞↢我名字↡、至マデ↢于得↟仏、諸根闕陋シテ不↢具足、不取正覚。

42. もんみょうとくじょうの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 ほうこくしょさつしゅ、 わがみょうきて、 みなことごとく*清浄しょうじょうだつ三昧ざんまい逮得たいとくせん。 この三昧さんまいじゅうして、 *ひとたびこころおこさんあひだに、 りょう不可ふか思議しぎ諸仏しょぶつそんようしたてまつりて*じょうしっせじ。 もししからずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、他方国土菩薩衆、聞↢我名字↡、皆悉逮↢得清浄解脱三昧↡。住↢是三昧↡、一タビ↠意、供↢養マツリテ無量不可思議諸仏世尊↡而不↠失↢定意↡。若不↠爾、不↠取↢正覚↡。

43. もん名生みょうしょうの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 ほうこくしょさつしゅ、 わがみょうきて、 寿いのちおわりてののちに、 そんいえしょうぜん。 もししからずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、他方国土菩薩衆、聞↢我名字↡、寿終之後↢尊貴↡。若不↠爾、不↠取↢正覚↡。

44. もんみょうとくの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 ほうこくしょさつしゅ、 わがみょうきて、 かんやくしてさつぎょうしゅ徳本とくほんそくせん。 もししからずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、他方国土菩薩衆、聞↢我名字↡、歓喜踊躍↢菩薩↡具↢足徳本↡。若不↠爾、不↠取↢正覚↡。

45. もんみょう見仏けんぶつの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 ほうこくしょさつしゅわがみょうきて、 みなことごとく*とう三昧ざんまい逮得たいとくせん。 この三昧さんまいじゅうしてじょうぶついたるまで、 つねにりょう不可ふか思議しぎ一切いっさい諸仏しょぶつたてまつらん。 もししからずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、他方国土菩薩衆、聞↢我名字↡、皆悉逮↢得普等三昧↡。住↢是三昧↡、至マデ↢于成仏↡、常マツラム↢無量不可思議一切諸仏↡。若不↠爾、不↠取↢正覚↡。

46. ずい聞法もんぽうの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 こくちゅうさつ、 そのがんしたがひて、 かんとおもはんところのほうねんくことをん。 もししからずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、国中菩薩、随↢其志願↡、所↠欲↠聞ムト法、自然↠聞コトヲ。若不↠爾不↠取↢正覚↡。

47. もんみょう退たいの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 ほうこくしょさつしゅ、 わがみょうきて、 すなはち*退転たいてんいたることをずは、 しょうがくらじ。

我得タラムニ↠仏、他方国土菩薩衆、聞↢我名字↡、不↢即得↟至コトヲ↢不退転、不↠取↢正覚↡。

48. 得三法忍とくさんぼうにんの願

 ^たとひわれぶつたらんに、 ほうこくしょさつしゅ、 わがみょうきて、 すなはち*だいいちだい第三だいさん法忍ぼうにんいたることをず、 *諸仏しょぶつほうにおいて、 すなはち退たいてんることあたはずは、 しょうがくらじº」 と。

我得タラムニ↠仏、他方国土菩薩衆、聞↢我名字↡、不↢即得↟至コトヲ↢第一・第二・第三法忍↡、於↢諸仏↡、不↠能↣即コト↢不退転、不↠取↢正覚↡。

二 Ⅰ ⅱ 偈を説きて重誓し証を請ふ【重誓偈
        結前生後

【8】 ^ぶつなんげたまはく、 「そのときに、 法蔵ほうぞう比丘びく、 このがんきをはりて、 *じゅきていはく、

仏告タマハク↢阿難↡、爾法蔵比丘説↢此↡已而説

二 Ⅰ ⅱ c 正しく偈を説く
          (一)重誓
            (Ⅰ)三誓を立つ

^ªわれちょうがんつ、 かならずじょうどういたらん。

我建↢超世↢無上道

^このがん満足まんぞくせずは、 ちかひてしょうがくらじ。

 斯願不↢満不↠成正覚

^われりょうこうにおいて、 だいしゅとなりて、

我於↢無量劫↧為リテ↢大施主

^あまねくもろもろの*びんすくはずは、 ちかひてしょうがくらじ。

 普↦諸貧苦不↠成正覚

^われ*仏道ぶつどうるにいたりて、 *名声みょうしょう十方じっぽうえん。

我至↠成ズル↢仏道名声超↢十方

^きょうして*きこゆるところなくは、 ちかひてしょうがくらじ。

 究竟所↠聞ユル不↠成正覚

二 Ⅰ ⅱ c ロ (一)(Ⅱ)総じて果上の徳を誓ふ
              (ⅰ)因を挙げ果を求む

^よく*じんしょうねんと、 *じょうとをもつてぼんぎょうしゅ

離欲深正念浄慧トヲモテ↢梵行

^*じょうどう志求しぐして、 しょ天人てんにんとならん。

 志↢求無上↢諸天人

二 Ⅰ ⅱ c ロ (一)(Ⅱ)(ⅱ)正しく果徳を誓ふ
                (a)慈悲徳

^神力じんりき大光だいこうべて、 あまねく*さいらし、

神力演↢大光↢無際

^*さんみょうしょうじょして、 ひろくもろもろの厄難やくなんすくはん。

 消↢除三垢↢衆厄難

^かの智慧ちえまなこひらきて、 この*昏盲こんもうあんめっし、

↢彼智慧↢此昏盲

^もろもろの*悪道あくどう閉塞へいそくして、 善趣ぜんしゅもん通達つうだつせん。

 閉↢塞悪道通↢達善趣

二 Ⅰ ⅱ c ロ (一)(Ⅱ)(ⅱ)(b)智慧徳

^*こうじょう満足まんぞくして、 *よう十方じっぽうほがらかならん。

功祚成満足威曜朗ナラム↢十方

^日月にちがつ*じゅうおさめて、 てんひかりかくれてげんぜじ。

 日月戢↢重不↠現

・万徳回施

^しゅうのために*法蔵ほうぞうひらきて、 ひろ*どくほうせん。

↠衆↢法蔵↢功徳

^つねに大衆だいしゅのなかにして、 ほうきて*獅子吼ししくせん

 常↢大衆↠法師子

二 Ⅰ ⅱ c ロ (一)(Ⅱ)(ⅲ)願を結し師に帰す

^一切いっさいぶつようしたてまつりて、 もろもろの徳本とくほんそくし、

供↢養マツリテ一切具↢足徳本

^がんことごとくじょうまんして、 三界さんがいおうたることをん。

 願成満↠為コトヲ↢三界

^ぶつ (世自在王仏) 無礙むげのごとく、 通達つうだつしてらさざることなけん。

↢仏礙智通達カラ↠不

^ねがはくはわが*功慧くえちから、 このさいしょうそん (世自在王仏) ひとしからん

 願クハカラム↢此最勝尊

二 Ⅰ ⅱ c ロ (二)請証

^このがんもしこっせば、 大千だいせんまさに感動かんどうすべし。

願若剋果大千応↢感動

^くう諸天人しょてんにん、 まさにちんみょうはなあめふらすべしº」 と。

 虚空シト↠雨↢珍妙

二 Ⅰ 現瑞証誠
      結前生後

【9】 ^ぶつなんげたまはく、 「法蔵ほうぞう比丘びく、 このじゅきをはるに、

タマハク↢阿難↡、法蔵比丘説↢此↡已

二 Ⅰ ⅲ 正明

^ときおうじてあまねく*六種ろくしゅ震動しんどうす。 てんよりみょうあめふらして、 もつてそのうえさんず。 ねん音楽おんがくくうちゅうめていはく、〈けつじょうしてかならずじょうしょうがくるべしº と。

↠時地、六種震動。天ヨリ↢妙華↡、以↢其↡。自然音楽、空中、決定ベシト↢無上正覚↡。

二 Ⅰ ⅲ 総じて誓願を結し修因の志を決定す

^ここにおいて法蔵ほうぞう比丘びく、 かくのごときの大願だいがんそく*修満しゅまんして、 *じょうたいにしてむなしからず。 けん超出ちょうしゅつしてふか*じゃくめつねがふ。

↠是法蔵比丘、具↢足修↣満↠是大願↡、誠諦ニシテ不↠虚カラ。超↢出世間↡深↢寂滅↡。

二 Ⅰ 願に依り勝行を起す【法蔵修行】
      結前生後

^なんときにかの比丘びく、 そのぶつみもと諸天しょてん**ぼん*りゅうじんはち大衆だいしゅのなかにして、 この*ぜいおこす。 このがんてをはりて、 一向いっこうせんしてみょうしょうごんす。

阿難、比丘於所、諸天・魔・梵・龍神八部・大衆之中↡発↢斯弘誓↡。建↢此↡已、一向ラニシテ荘↢厳妙土↡。

二 Ⅰ ⅳ 正明
        所修の浄土を讃ず

^所修しょしゅ仏国ぶっこく*恢廓かいかく広大こうだいにして超勝ちょうしょうどくみょうなり。 こんりゅう ˆせられし仏国ぶっこくはˇ じょうねんにして、 すいなくへんなし。

所修仏国、恢廓広大ニシテ超勝独妙ナリ。建立常然ニシテ、無↠衰無↠変。

二 Ⅰ ⅳ b 能修の徳行を讃ず
          (一)挙時総標〔兆載永劫〕

^不可ふか思議しぎ*ちょうさい永劫ようごうにおいて、 さつりょうとくぎょうしゃくじきして、

↢不可思議兆載永劫↡、積↢菩薩無量徳行↡、

二 Ⅰ ⅳ b ロ (二)別明
            (Ⅰ)勝行を明す
              (ⅰ)別して六度の行を挙ぐ

^*欲覚よくかく瞋覚しんかく害覚がいかくしょうぜず。 *欲想よくそう瞋想しんそう害想がいそうおこさず。 *しきしょうこうそくほうじゃくせず。 忍力にんりきじょうじゅしてしゅはからず。 *しょうよくそくにして*ぜんなし。 三昧さんまい常寂じょうじゃくにして智慧ちえ無礙むげなり。

不↠生↢欲覚・瞋覚・害覚不↠起↢欲想・瞋想・害想不↠著↢色・声・香・味・触・法忍力成就不↠計↢衆苦少欲知足ニシテ染・恚・痴↡。三昧常寂ニシテ智慧無礙ナリ

二 Ⅰ ⅳ b ロ (二)(Ⅰ)(ⅱ)総じて広く浄土の行を明す
                (a)直心相

^*虚偽こぎ諂曲てんごくしんあることなし。 ^*げんあいにして、 *こころさきにしてじょうもんす。

↠有コト↢虚偽・諂曲之心↡。和顔愛語シテンジ↠意承問

二 Ⅰ ⅳ b ロ (二)(Ⅰ)(ⅱ)(b)深心相

^ゆうみょうしょうじんにしてがんむことなし。

勇猛精進ニシテ志願無↠倦コト

二 Ⅰ ⅳ b ロ (二)(Ⅰ)(ⅱ)(c)大乗心相

^もつぱら*清白しょうびゃくほうもとめて、 もつてぐんじょう恵利えりす。

↢清白之法↡、以恵↢利群生↡。

二 Ⅰ ⅳ b ロ (二)(Ⅰ)(ⅱ)(d)回向心相

^*三宝さんぼうぎょうし、 ちょう奉事ぶじす。 *だいしょうごんをもつてしゅぎょうそくし、 もろもろのしゅじょうをしてどくじょうじゅせしむ。

恭↢敬三宝↡、奉↢事師長↡。以↢大荘厳↡具↢足↡、令↢諸衆生ヲシテ功徳成就↡。

二 Ⅰ ⅳ b ロ (二)(Ⅰ)(ⅱ)(e)方便心相

^*くうそうがんほうじゅうして、 *なくなく、 *ほうのごとしとかんじて、 ごんがいがいと、 彼此ひしともにがいするをおんし、 ぜん自利じりにんと、 にんねてするをしゅじゅうす。

↢空・無相・無願之法↡、無↠作無↠起、観↢法↟化遠↢離麁言彼此倶ルヲ↡、修↢習善語人我兼ルヲ↡。

^くにおうてて*財色ざいしき、 みづから*ろっ波羅ぱらみつぎょうじ、 ひとおしへてぎょうぜしむ。

↠国テテ↠王↢去財色↡、自↢六波羅蜜↡、教↠人↠行

二 Ⅰ ⅳ b ロ (二)(Ⅱ)勝徳を明す
              (ⅰ)総標

^*央数おうしゅこうこうとくかさぬるに、

央数劫↠功↠徳

二 Ⅰ ⅳ b ロ (二)(Ⅱ)(ⅱ)別明
                (a)生所勝

^その*しょうじょしたがひてこころ所欲しょよくにあり。 りょう宝蔵ほうぞうねん*発応ほっとうし、 しゅしゅじょうきょう*あんりゅうして、 じょうしょうしんどうじゅうせしむ

↢其生処↡在↢意所欲↡。無量宝蔵、自然発応、教↢化安↣立無数衆生↡、住シム↢於無上正真之道↡。

^あるいはちょうじゃ*居士こじ*ごうしょうそんとなり、 あるいは*せつ国君こくくん*転輪てんりんじょうたいとなり、 あるいは*六欲ろくよく天主てんじゅない*梵王ぼんのうとなりて、 つねに*四事しじをもつて一切いっさい諸仏しょぶつようぎょうしたてまつる。 かくのごときのどく*しょうせつすべからず。

↢長者・居士・豪姓・尊貴↡、或↢刹利国君・転輪聖帝↡、或↢六欲天主、乃至梵王↡、常↢四事↡供↢養恭↣敬マツル一切諸仏↡。如↠是功徳、不↠可↢称説↡。

二 Ⅰ ⅳ b ロ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(b)受身勝

^口気くけ香潔こうけつにして、 *鉢羅はらのごとし。 のもろもろのもうより*栴檀せんだんこういだす。 そのこうは、 あまねくりょうかいくんず。 容色ようしきたんじょうにして*相好そうごうしゅみょうなり。 そのよりつねにじんたからぶく飲食おんじきちんみょうこう*繒蓋ぞうがい*幢幡どうばんしょうごんいだす。 かくのごときらの、 もろもろの天人てんにんえたり。

口気香潔ニシテ、如↢優鉢羅華↡。身毛孔ヨリ栴檀香↢無量世界↡。容色端ニシテ相好殊妙ナリ。其ヨリ↢無尽之宝・衣服・飲食・珍妙華香・繒蓋・幢旛、荘厳之具↡。如↠是事、超タリ↢諸天人

二 Ⅰ ⅳ b ロ (二)(Ⅲ)総結

^一切いっさいほうにおいてざいたりき」 と。

↢一切↡而得タリ↢自在↡。

広く本願成就相を明す【弥陀果徳】
    権に問答を設け建立浄土の相を明す
      正問答
        時処名を定む
          (一)

【10】^なんぶつにまうさく、 「法蔵ほうぞうさつ、 すでにじょうぶつしてめつりたまへりとやせん、 いまだじょうぶつしたまはずとやせん、 いまげんにましますとやせん」 と。

阿難白↠仏、法蔵菩薩為↣已成仏而取タマヘリトヤ↢滅度↡、為↠未トヤ↢成仏タマハ↡、為ムト↢今現ストヤ↡。

二 Ⅱ ⅰ a イ (二)仏答

^ぶつなんげたまはく、 「法蔵ほうぞうさつ、 いますでにじょうぶつして、 げん*西方さいほうにまします。 *ここをること*じゅう万億まんおくせつなり。 そのぶつかいをばづけて*安楽あんらくといふ」 と。

仏告タマハク↢阿難↡、法蔵菩薩、今已成仏↢西方↡。去コト↠此十万億刹ナリ。其世界フト↢安楽↡。

二 Ⅱ ⅰ a 成道の久近を定む【十劫成道】
          (一)
          (二)仏答
            (Ⅰ)正しく久近を定む

^なん、 またひたてまつる、 「そのぶつじょうどうしたまひしよりこのかた、 いくばくのときたまへりとやせん」 と。

阿難、又問マツル、其仏成道タマヒシヨリ已来ムトヘリトヤ↢幾↡。

^ぶつのたまはく、 「じょうぶつよりこのかた、 おほよそ*十劫じっこうたまへり。

仏言、成仏ヨリ已来タマヘリ↢十劫↡。

二 Ⅱ ⅰ a ロ (二)(Ⅱ)略して仏土の相を明す〔第32願成就〕
              (ⅰ)総じて体量の相を明す

^その仏国ぶっこくは、 ねん*七宝しっぽうこんごん瑠璃るりさんはくしゃのうごうじょうしてとせり。 *恢廓かいかく曠蕩こうとうにして、 限極げんごくすべからず。

仏国土、自然七宝、金・銀・瑠璃・珊瑚・珀・硨磲・碯合成↠地。恢廓曠蕩ニシテ不↠可↢限極↡。

^ことごとくあひ*ざっし、 うたたあひ*にゅうけんせり。 *光赫こうかく焜耀こんようにしてみょうらいなり。 清浄しょうじょうしょうごんして十方じっぽう一切いっさいかいちょうせり。 衆宝しゅほうのなかのしょうなり。 そのたから、 なほ*だい六天ろくてんたからのごとし。

雑廁、転入間セリ。光赫焜耀ニシテ微妙奇麗ナリ。清浄荘厳超↢踰セリ十方一切世界↡。衆宝ナリ。其宝猶如↢第六天↡。

二 Ⅱ ⅰ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅱ)離穢の相を明す
                (a)無高下相〔第31願成就〕

^またそのこくには、 *しゅせんおよび*金剛こんごうてっ一切いっさい諸山しょせんなし。 また大海だいかいしょうかい*谿けいしょうこくなし。 ぶつ神力じんりきのゆゑに、 んとおもへばすなはちげんず。

又其国土ニハ↢須弥山及金剛鉄囲、一切諸山↡。亦無↢大海・小海・谿渠・井谷↡。仏神力、欲↠見ムト

二 Ⅱ ⅰ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(b)無苦難〔第1願成就〕

^また*ごく*餓鬼がき*ちくしょう*諸難しょなんしゅなし。

亦無↢地獄・餓鬼・畜生、諸難之趣↡。

二 Ⅱ ⅰ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(c)無寒熱

^また四時しじ春秋しゅんじゅうとうなし。 さむからず、 あつからず。 つねにやわらかにして*調適じょうちゃくなり」 と。

亦無↢四時春・秋・冬・夏↡。不↠寒カラ不↠熱カララカニシテ調適ナリ

二 Ⅱ ⅰ a 其の所依を定む
          (一)

^そのときに、 なんぶつにまうしてまうさく、 「そん、 もしかのこくしゅせんなくは、 その*天王てんのうおよび*とうてん、 なにによりてかじゅうする」 と。

阿難白↠仏、世尊、若国土クハ↢須弥山↡、其四天王及忉利天、依テカ↠何而住ルト

二 Ⅱ ⅰ a ハ (二)仏答
            (Ⅰ)反質
              (ⅰ)仏問

^ぶつなんかたりたまはく、 「*第三だいさん焔天えんてんない*しききょうてん、 みななにによりてかじゅうする」 と。

仏語タマハク↢阿難↡、第三焔天ヨリマデ色究竟天、皆依テカ↠何ルト

二 Ⅱ ⅰ a ハ (一)(Ⅰ)(ⅱ)阿難答

^なんぶつにまうさく、 「*ぎょうごう*ほう*不可ふか思議しぎなればなり」 と。

阿難白↠仏、行業果報不可思議ナレバナリト

二 Ⅱ ⅰ a ハ (一)(Ⅱ)正答

^ぶつなんかたりたまはく、 「ぎょうごうほう不可ふか思議しぎならば、 諸仏しょぶつかいもまた不可ふか思議しぎなり。 その*もろもろのしゅじょうどく善力ぜんりきをもつてぎょうごうじゅうす。 ゆゑによくしかるのみ」 と。

仏語ハク↢阿難↡、行業果報不可思議、諸仏世界亦不可思議ナリ。其衆生、功徳善力ヲモテ↢行業之地↡。故

二 Ⅱ ⅰ 疑問の所以を述ぶ

^なんぶつにまうさく、 「われこのほううたがはず。 ただしょうらいしゅじょうのために、 そのわくのぞかんとほっするがゆゑに、 このひたてまつる」 と。

阿難白↠仏、我不↠疑↢此↡。但為↢将来衆生↡、欲シテ↠除ムト↢其疑惑↡、故ラニマツルト↢斯↡。

二 Ⅱ 正しく本願成就の相を明す
      摂法身
        光明無量徳【光明無量】〔第12願成就〕
          (一)総標

【11】^ぶつなんげたまはく、 「りょう寿じゅぶつじんこうみょうは、 最尊さいそん第一だいいちなり。 諸仏しょぶつこうみょうおよぶことあたはざるところなり。

仏告タマハク↢阿難↡、無量寿仏威神光明、最尊第一ニシテ諸仏光明ナリ↠不↠能↠及コト

二 Ⅱ ⅱ a イ (二)広明其徳
            (Ⅰ)比挍顕勝
              (ⅰ)諸仏の有量光明を挙ぐ

^あるいは仏光ぶっこうありて、 ひゃくぶつかいあるいは千仏せんぶつかいらす。 ようりてこれをいはば、 すなはち東方とうぼう恒沙ごうじゃ仏刹ぶっせつらす。 南西なんざい北方ほっぽう*ゆいじょうもまたまたかくのごとし。

↢仏光↡照↢百仏世界、或千仏世界↡。取↠要↠之、乃↢東方恒沙仏刹南西北方・四維・上下亦復如↠是

^あるいは仏光ぶっこうありてしちしゃくらし、 あるいはいち*じゅんさんじゅんらす。 かくのごとく*うたたばいして、 ないいちぶっせつらす。

↢仏光↡、照于七↡、或↢一由旬、二・三・四・五由旬↡。如↠是、乃於一仏刹↡。

二 Ⅱ ⅱ a イ (二)(Ⅰ)(ⅱ)顕勝して徳号を列ぬ【十二光

^このゆゑにりょう寿じゅぶつをば、 *1りょうこうぶつ2へんこうぶつ3無礙むげこうぶつ4たいこうぶつ5焔王えんのうこうぶつ6清浄しょうじょうこうぶつ7かんこうぶつ8智慧ちえこうぶつ9だんこうぶつ10なんこうぶつ11しょうこうぶつ12ちょうにち月光がっこうぶつごうす。

無量寿仏、号↢無量光仏・無辺光仏・無礙光仏・無対光仏・焔王光仏・清浄光仏・歓喜光仏・智慧光仏・不断光仏・難思光仏・無称光仏・超日月光仏↡。

二 Ⅱ ⅱ a イ (二)(Ⅱ)其の徳用を明す
              (ⅰ)光照益
                (a)転悪成善益〔第33願成就〕

^それしゅじょうありて、 このひかりもうあふものは、 *さんしょうめつし、 しん*にゅうなんなり。 *かんやくして善心ぜんしんしょうず。

↢衆生↡、遇↢斯↡者、三垢消滅、身意柔軟ナリ。歓喜踊躍善心生焉。

二 Ⅱ ⅱ a イ (二)(Ⅱ)(ⅰ)(b)脱苦与楽益【三塗見光】

^もし*さんごんところにありて、 このこうみょうたてまつれば、 みなそくてまたのうなし。 寿いのちおわりてののちに、 みな*だつこうぶる。

↢三塗勤苦之処↡、見マツレバ↢此光明↡、皆得↢休息↡無↢復苦悩↡。寿終之後、皆蒙↢解脱↡。

二 Ⅱ ⅱ a イ (二)(Ⅱ)(ⅱ)名称益〔第17願成就〕
                (a)聖衆称嘆益

^りょう寿じゅぶつこうみょう*顕赫けんかくにして、 十方じっぽう諸仏しょぶつこく*しょう耀ようしたまふに、 *きこえざることなし。

無量寿仏光明顕赫ニシテ、照↢燿十方諸仏国土↡、莫↠不↠聞焉。

^ただわれのみいまそのこうみょうしょうするにあらず。 一切いっさい諸仏しょぶつしょうもん縁覚えんがく・もろもろのさつしゅ、 ことごとくともに*たんすること、 またまたかくのごとし。

不↣但我ノミ今称ルニ↢其光明↡。一切諸仏・声聞・縁覚・諸菩薩衆、咸歎誉コト、亦復如↠是

二 Ⅱ ⅱ a イ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(b)能度衆生益
                  (イ)聞名往生益〔第37願成就〕

^もししゅじょうありて、 そのこうみょうじんどくきて、 にちしょうせつしてしんだんなれば、 こころ所願しょがんしたがひて、 そのくにしょうずることをて、 もろもろのさつしょうもん大衆だいしゅのために、 ともにたんしてそのどくしょうせられん。

↢衆生↡、聞↢其光明威神功徳↡、日夜称説、随↢意所願↡得↠生コトヲ↢其↡、為↢諸菩薩・声聞大衆↡、所↣共歎誉↢其功徳↡。

二 Ⅱ ⅱ a イ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(ロ)因光成仏益

^それしかうしてのち仏道ぶつどうときいたりて、 あまねく十方じっぽう諸仏しょぶつさつのために、 そのこうみょうめられんこと、 またいまのごとくならん」 と。

↧其シテ後、得↢仏道↡時↥、普↢十方諸仏・菩薩↡、歎ラルルコト↢其光明↡、亦如クナラムト↠今也。

二 Ⅱ ⅱ a イ (三)結嘆

^ぶつのたまはく、 「われ、 りょう寿じゅぶつこうみょうじん*巍々ぎぎしゅみょうなるをかんに、 ちゅう一劫いっこうすとも、 なほいまだつくすことあたはじ」 と。

仏言、我説ムニ↢無量寿仏光明威神巍巍殊妙ナルヲ↡、昼夜一劫トモ、尚↠能↠尽コト

二 Ⅱ ⅱ a 寿命無量徳【寿命無量】〔第13願成就〕
          (一)総標

【12】^ぶつなんかたりたまはく、 「りょう寿じゅぶつ寿じゅみょうじょうにして*しょうすべからず。 なんぢむしろれりや。

仏語タマハク↢阿難↡、無量寿仏寿命長久ニシテ不↠可称計↡。汝寧ンゾ乎。

二 Ⅱ ⅱ a ロ (二)譬を設けて示す

^たとひ十方じっぽうかいりょうしゅじょう、 みな人身にんじんて、 ことごとくしょうもん縁覚えんがくじょうじゅせしめて、 すべてともにしゅうし、 *ぜん一心いっしんにそのりき*つくし、 ひゃく千万せんまんごうにおいてことごとくともに推算すいさんしてその寿じゅみょうじょうおんかずはからんに、 じんしてその限極げんごくることあたはじ。

仮使十方世界無量衆生、皆得↢人身↡、悉↣成↢就声聞・縁覚↡、都集会、禅思一心↢其智力↡、於↢百千万劫↡悉推算ムニ↢其寿命長遠之数↡、不↠能↣窮尽コト↢其限極↡。

二 Ⅱ ⅱ a ロ (三)主に因りて眷属長寿なるを明す〔第15願成就〕

^しょうもんさつてんにんしゅう寿じゅみょうちょうたんも、 またまたかくのごとし。 算数さんじゅ譬喩ひゆのよくるところにあらざるなり。

声聞・菩薩・天・人之衆寿命長短亦復如↠是。非↣算数・譬喩↢能↡也。

二 Ⅱ ⅱ a 聖衆無量徳【聖衆無量】〔第14願成就〕
          (一)総じて数多を標す

^またしょうもんさつ、 そのかずはかりがたし。 しょうせつすべからず。

又声聞・菩薩↠量不↠可↢称説↡。

二 Ⅱ ⅱ a ハ (二)其の徳を嘆ず〔第26願成就?〕

^*じん洞達どうだつして、 りきざいなり。 よくたなごころのうちにおいて、 一切いっさいかいせり」 と。

神智洞達、威力自在ナリ。能↢掌↡、持リト↢一切世界↡。

二 Ⅱ ⅱ a ハ (三)譬を設けて示す
            (Ⅰ)標起

【13】^ぶつなんかたりたまはく、 「かのぶつ*しょしょうもんしゅかずしょうすべからず。 さつもまたしかなり。 いまの*大目だいもく犍連けんれんのごとき、 ひゃく千万せんまんおくりょうしゅにして、 *そう*由他ゆたこうにおいて、 ないめつまでことごとくともに*きょうすとも、 しょうかずりょうすることあたはじ。

仏語タマハク↢阿難↡、彼初会声聞衆数、不↠可↢称計↡。菩薩亦然ナリ大目犍連↡、百千万億無量無数ニシテ、於↢阿僧祇那由他劫↡、乃ルマデ滅度計挍トモ、不↠能↣究↢了コト多少之数↡。

二 Ⅱ ⅱ a ハ (三)(Ⅱ)正譬
              (ⅰ)問答し譬を設く

^たとへば大海だいかい深広じんこうにしてりょうなるを、 たとひひとありて、 その一毛いちもうくだきてもつてひゃくぶんとなして、 一分いちぶんもうをもつて*一渧いったい*沾取てんしゅせんがごとし。 こころにおいていかん、 そのしただるところのものは、 かの大海だいかいにおいていづれをかおおしとする」 と。

↧大海深広ニシテ無量ナル、仮使↠人クダキ↢其一毛↡以↢百分↡、以↢一分沾↦取一渧↥。於↠意云何シタダ↢彼大海何所イヅレヲカ↠多

^なんぶつにまうさく、 「かのしただるところのみず大海だいかいするに、 しょうりょう*巧暦きょうりゃく算数さんじゅごんるいのよくるところにあらざるなり」 と。

阿難白↠仏、彼↠渧、比ルニ↢於大海↡、多少之量、非↣巧暦・算数・言辞・譬類↢能↡也。

二 Ⅱ ⅱ a ハ (Ⅰ)(Ⅱ)(ⅱ)合譬結嘆

^ぶつなんかたりたまはく、 「目連もくれんとうのごとき、 ひゃく千万せんまんおく由他ゆたこうにおいて、 かのしょしょうもんさつかぞへて、 らんところのかずはなほ一渧いったいのごとし。 そのらざるところは大海だいかいみずのごとし。

仏語タマハク↢阿難↡、如↢目連等↡、於↢百千万億那由他劫↡、計ムニ↢彼初会声聞・菩薩↡、所↠知数者猶如クシテ↢一渧↠不↠知↢大海↡。

二 Ⅱ ⅱ 摂浄土
        宝樹荘厳を明す【宝樹荘厳】〔第32(・40)願成就〕
          (一)総じて諸樹を列ぬ
            (Ⅰ)総標

【14】^また、 そのこく七宝しっぽうのもろもろのかいしゅうまんせり。 金樹こんじゅ銀樹ごんじゅ瑠璃るりじゅ玻瓈はりじゅさんじゅのうじゅしゃじゅなり。

又其国土七宝樹、周↢満世界↡。金樹・銀樹・瑠璃樹・玻瓈樹・珊瑚樹・碯樹・硨磲樹ナリ

二 Ⅱ ⅱ b イ (一)(Ⅱ)別列
              (ⅰ)二宝三宝等合成

^あるいはほう三宝さんぼうない七宝しっぽう、 うたたともにごうじょうせるあり。

↢二宝・三宝、乃至七宝合成セル↡。

^あるいは金樹こんじゅしろがねはなこのみなるあり。 あるいは銀樹ごんじゅこがねはなこのみなるあり。

↢金樹葉・華・果ナル↡。或↢銀樹葉・華・果ナル↡。

^あるいは瑠璃るりじゅ玻瓈はりとす、 はなこのみまたしかなり。 あるいは*すいしょうじゅ瑠璃るりとす、 はなこのみまたしかなり。 あるいはさんじゅのうとす、 はなこのみまたしかなり。 あるいはのうじゅ瑠璃るりとす、 はなこのみまたしかなり。 あるいはしゃじゅ衆宝しゅぼうとす、 はなこのみまたしかなり。

瑠璃樹アリ玻瓈↠葉、華・果亦然ナリ。或水精樹アリ瑠璃↠葉、華・果亦然ナリ。或珊瑚樹アリ↠葉、華・果亦然ナリ。或碯樹アリ瑠璃↠葉、華・果亦然ナリ。或硨磲樹アリ、衆宝↠葉、華・果亦然ナリ

二 Ⅱ ⅱ b イ (一)(Ⅱ)(ⅱ)七宝合成

^あるいは宝樹ほうじゅあり、 *こん*もととし、 びゃくごん*くきとし、 瑠璃るりえだとし、 すいしょうこえだとし、 さんとし、 のうはなとし、 しゃとす。

↢宝樹↡、紫金↠本、白銀↠茎瑠璃↠枝、水精↠条、珊瑚↠葉↠華、硨磲↠実

^あるいは宝樹ほうじゅあり、 びゃくごんもととし、 瑠璃るりくきとし、 すいしょうえだとし、 さんこえだとし、 のうとし、 しゃはなとし、 こんとす。

↢宝樹↡、白銀↠本瑠璃↠茎、水精↠枝、珊瑚↠条↠葉、硨磲↠華、紫金↠実

^あるいは宝樹ほうじゅあり、 瑠璃るりもととし、 すいしょうくきとし、 さんえだとし、 のうこえだとし、 しゃとし、 こんはなとし、 びゃくごんとす。

↢宝樹↡、瑠璃↠本、水精↠茎、珊瑚↠枝↠条、硨磲↠葉、紫金↠華、白銀↠実

^あるいは宝樹ほうじゅあり、 すいしょうもととし、 さんくきとし、 のうえだとし、 しゃこえだとし、 こんとし、 びゃくごんはなとし、 瑠璃るりとす。

↢宝樹↡、水精↠本、珊瑚↠茎↠枝、硨磲↠条、紫金↠葉、白銀↠華瑠璃↠実

^あるいは宝樹ほうじゅあり、 さんもととし、 のうくきとし、 しゃえだとし、 こんこえだとし、 びゃくごんとし、 瑠璃るりはなとし、 すいしょうとす。

↢宝樹↡、珊瑚↠本↠茎、硨磲↠枝、紫金↠条、白銀↠葉瑠璃↠華、水精↠実

^あるいは宝樹ほうじゅあり、 のうもととし、 しゃくきとし、 こんえだとし、 びゃくごんこえだとし、 瑠璃るりとし、 すいしょうはなとし、 さんとす。

↢宝樹↡、↠本、硨磲↠茎、紫金↠枝、白銀↠条瑠璃↠葉、水精↠華、珊瑚↠実

^あるいは宝樹ほうじゅあり、 しゃもととし、 こんくきとし、 びゃくごんえだとし、 瑠璃るりこえだとし、 すいしょうとし、 さんはなとし、 のうとす。

↢宝樹↡、硨磲↠本、紫金↠茎、白銀↠枝瑠璃↠条、水精↠葉、珊瑚↠華↠実

二 Ⅱ ⅱ b イ (一)(Ⅲ)略して徳を嘆ず
              (ⅰ)樹相殊異

^このもろもろの宝樹ほうじゅ*行々ごうごうあひひ、 茎々きょうきょうあひのぞみ、 枝々ししあひしたがひ、 葉々ようようあひかひ、 華々けけあひしたがひ、 実々じつじつあひあたれり。 栄色ようしき*光耀こうようたること、 *げてるべからず。

宝樹、行行相、茎茎相、枝枝相、葉葉相、華華相、実実相レリ。栄色光燿不↠可↢勝↡。

二 Ⅱ ⅱ b イ (一)(Ⅲ)(ⅱ)樹声微妙

^しょうふうときおこりて*いつつのおんじょういだす。 みょうにして宮商きゅうしょうねんにあひす。

清風時↢五音声微妙ニシテ宮・商、自然

二 Ⅱ ⅱ b イ (二)別して道場樹を嘆ず【道樹楽音荘厳】
            (Ⅰ)体量荘厳〔第28願成就〕

【15】^また、 りょう寿じゅぶつのその*どうじょうじゅは、 たかひゃくまん、 そのもとしゅうじゅうじゅんなり。 ようよもけることじゅうまんなり。 一切いっさい衆宝しゅぼうねんごうじょうせり。 *月光がっこう摩尼まに*かい輪宝りんぽう衆宝しゅぼうおうたるをもつて、 これをしょうごんせり。

又無量寿仏道場樹、高四百万里ナリ周囲五十由旬ナリ。枝葉四モニコト二十万里ナリ。一切衆宝自然合成↢月光摩尼・持海輪宝衆宝之王タル↡而荘↢厳之

^こえだのあひだに*しゅうそうして、 たから*瓔珞ようらくれたり。 ひゃく千万せんまんじきにして種々しゅじゅへんす。 りょう光焔こうえんしょう耀ようきわまりなし。 ちんみょう宝網ほうもうそのうえ*羅覆らふせり。 一切いっさいしょうごんおうしたがひてげんず。

周↢帀↡、垂タリ↢宝瓔珞↡。百千万ニシテ、種種異変無量光焔、照燿無↠極。珍妙宝網羅↢覆↡。一切荘厳随↠応而現

二 Ⅱ ⅱ b イ (二)(Ⅱ)其の徳用を明す
              (ⅰ)別して妙音益を挙ぐ〔第34・47願成就〕

^ふう*やうやくうごきてもろもろのようくに、 りょうみょうほうおんじょう演出えんすいす。 そのこえ流布るふして諸仏しょぶつくにへんす。 そのこえくものは、 *じん法忍ぼうにん*退たいてんじゅうす。 仏道ぶつどうるにいたるまで、 こんしょうてつにしてげんはず。

微風徐↢諸枝葉↡、演↢出無量妙法↡。其声流布↢諸仏↡。↠音者得↢深法忍↡住↢不退転マデ↠成ルニ↢仏道耳根清徹ニシテ不↠遭↢苦患↡。

二 Ⅱ ⅱ b イ (二)(Ⅱ)(ⅱ)通じて六根益を挙ぐ〔第34・47願成就〕

^そのいろみみにそのこえき、 はなにそのり、 したにそのあじはひをめ、 にそのひかりれ、 こころほうをもつて*えんずるに、 一切いっさいみな甚深じんじん法忍ほうにん退たいてんじゅうす。 仏道ぶつどうるにいたるまで、 六根ろっこんしょうてつにしてもろもろの悩患のうげんなし。

覩↢其↡、↢其↡、鼻↢其↡、↢其↡、身↢其↡、心↠法ルニ一切皆得↢甚深法忍↡住↢不退転マデ↠成ルニ↢仏道↡六根清徹ニシテ↢諸悩患↡。

二 Ⅱ ⅱ b イ (二)(Ⅱ)(ⅲ)別して得忍益を挙ぐ〔第48願成就〕

^なん、 もしかのくに人天にんでん、 このるものはさん法忍ぼうにんひとつには*音響おんこうにんふたつには*柔順にゅうじゅんにんつには*しょう法忍ぼうにんなり。

阿難、若人天、見↢此↡者得↢三法忍↡。一者音響忍、二者柔順忍、三者無生法忍ナリ

二 Ⅱ ⅱ b イ (二)(Ⅲ)徳を結して願力に帰す

^これみなりょう寿じゅぶつ*じんりきのゆゑに、 *本願ほんがんりきのゆゑに、 満足まんぞくがんのゆゑに、 明了みょうりょうがんのゆゑに、 けんがんのゆゑに、 きょうがんのゆゑなり」 と。

此皆無量寿仏威神力、本願力、満足願、明了願、堅固願、究竟願ナリト

二 Ⅱ ⅱ b 楽音殊妙
          (一)顕勝を比挍す

^ぶつなんげたまはく、 「けん帝王たいおうひゃくせん音楽おんがくあり。 転輪てんりんじょうおうより、 ないだい六天ろくてんじょう*がくおんじょう*展転てんでんしてあひすぐれたること、 千億せんおく万倍まんばいなり。 だい六天ろくてんじょう万種まんじゅ楽音がくおんりょう寿じゅこくのもろもろの七宝しっぽうじゅ一種いっしゅおんじょうにしかざること、 千億せんおくばいなり。

仏告タマハク↢阿難↡、世間帝王↢百千音楽↡。自↢転輪聖王↡乃ルマデ第六天上、伎楽音声、展転ルルコト億万倍ナルモ第六天上万種楽音、不コト↠如↢無量寿国七宝樹一種音声↡千億倍也。

二 Ⅱ ⅱ b ロ (二)正明

^またねん万種まんじゅがくあり。 またそのがくこえ法音ほうおんにあらざることなし。 *しょうようあいりょうにしてみょう和雅わげなり。 十方じっぽうかいおんじょうのなかに、 もつとも第一だいいちとす。

亦有↢自然万種伎楽↡。又其声無↠非↢法音↡。清揚哀亮ニシテ微妙和雅ナリ。十方世界音声之中↢第一↡。

二 Ⅱ ⅱ b 宝楼荘厳【講堂宝池荘厳】〔第32願成就〕

【16】^また*講堂こうどう*しょうじゃ殿でん楼観ろうかん、 みな七宝しっぽうしょうごんしてねんじょうす。 また真珠しんじゅ*みょうがつ摩尼まに衆宝しゅぼうをもつて、 もつて*きょうとしてそのうえがいせり。

又講堂・精舎・宮殿・楼観、皆七宝荘厳シテ自然化成。復以↢真珠・明月摩尼衆宝↡、以↢交↡覆↢蓋↡。

二 Ⅱ ⅱ b 宝池荘厳
          (一)池相量

^ない左右さうにもろもろのよくあり。 ˆおおきさˇ あるいはじゅうじゅん、 あるいはじゅうさんじゅうないひゃくせんじゅんなり。 *じゅうこう深浅じんせん、 おのおのみな*一等いっとうなり。

内外左右↢諸浴池↡。十由旬、或二十・三十、乃至百千由旬ニシテ縦広・深浅、皆一等ナリ

二 Ⅱ ⅱ b ニ (二)池水相

^*はっどくすい*湛然たんねんとして盈満ようまんせり。 清浄しょうじょう香潔こうけつにして、 あじはひ*かんのごとし。

八功徳水、湛然トシテ盈満清浄香潔ニシテ味如↢甘露↡。

二 Ⅱ ⅱ b ニ (三)池中荘厳

^黄金おうごんいけには、 そこびゃくごんいさごあり。 びゃくごんいけには、 そこ黄金おうごんいさごあり。 すいしょういけには、 そこ瑠璃るりいさごあり。 瑠璃るりいけには、 そこすいしょういさごあり。 さんいけには、 そこはくいさごあり。 はくいけには、 そこさんいさごあり。 しゃいけには、 そこのういさごあり。 のういけには、 そこしゃいさごあり。 びゃくごくいけには、 そここんいさごあり。 こんいけには、 そこびゃくごくいさごあり。

黄金者、底白銀アリ。白銀者、底黄金アリ。水精者、底瑠璃アリ瑠璃者、底水精アリ。珊瑚者、底琥珀アリ琥珀者、底珊瑚アリ。硨磲者、底碼碯アリ碼碯者、底硨磲アリ。白玉者、底紫金アリ。紫金者、底白玉アリ

^あるいはほう三宝さんぼうない七宝しっぽう、 うたたともにごうじょうせり。

二宝・三宝、乃至七宝、転合成セリ

二 Ⅱ ⅱ b ニ (四)池上荘厳

^そのいけきしうえ栴檀せんだんじゅあり。 ようきて、 こうあまねくくんず。 てん*鉢羅はら*どん*物頭もず*ふん陀利だり*雑色ざっしきこうにして、 ひろみずうえおおへり。

栴檀樹↡。華葉垂、香気普優鉢羅華・鉢曇摩華・拘物頭華・分陀利華、雑色光茂ニシテ、弥セリ↡。

二 Ⅱ ⅱ b ニ (五)池水功徳
            (Ⅰ)浅深称意

^かのしょさつおよびしょうもんしゅ、 もしほうりて、 こころみずをしてあしひたさしめんとおもへば、 みずすなはちあしひたす。 ひざいたらしめんとおもへば、 すなはちひざいたる。 こしいたらしめんとおもへば、 みずすなはちこしいたる。 くびいたらしめんとおもへば、 みずすなはちくびいたる。 そそがしめんとおもへば、 ねんそそぐ。 還復げんぶくせしめんとおもへば、 みずすなはち還復げんぶくす。

諸菩薩及声聞衆、若↢宝池↡、意スレ↠令ムト↢水ヲシテ↟足、水即↠足。欲スレ↠令ムト↠至↠膝、即↢于膝↡。欲スレ↠令ムト↠至↠腰、水即↠腰。欲スレ↠令ムト↠至↠頚、水即↠頚。欲スレ↠令ムト↠潅↠身、自然↠身。欲スレ↠令ムト↢還復↡、水輒還復

二 Ⅱ ⅱ b ニ (五)(Ⅱ)適悦身心

^りょうなん調じょうするに、 ねんこころしたがふ。 ^ˆ水浴すいよくせばˇ たましいひらき、 よろこばしめて、 *しん*蕩除とうじょす。

調↢和スルニ冷煖↡、自然↠意タマシヒ、悦シメテ↠体、蕩↢除心垢↡。

二 Ⅱ ⅱ b ニ (五)(Ⅲ)水性澄潔

^ˆみずはˇ しょうみょうちょうけつにして、 きよきことかたちなきがごとし。 ˆていのˇ 宝沙ほうしゃ*映徹ようてつして、 ふかきをもらさざることなし。

清明澄潔ニシテ、浄コト↠無キガ↠形。宝沙映徹↢深キヲモ↟照

二 Ⅱ ⅱ b ニ (五)(Ⅳ)水声演法〔第46願成就〕

^*らん回流えるしてうたたあひ*かんちゅうす。 *あんじょうとして*やうやくきて、 おそからず、 からず。

微瀾廻流潅注。安詳トシテ、不↠遅カラ不↠疾カラ

^なみあがりてりょうなり。 ねん妙声みょうしょう、 その*所応しょおうしたがひてきこえざるものなし。 あるいはぶっしょうき、 あるいはほうしょうき、 あるいはそうしょうく。 あるいは*寂静じゃくじょうこえ*くう*無我むがこえ*だい慈悲じひこえ*波羅はらみつこえ、 あるいは*じゅうりき*無畏むい*不共ふぐほうこえ、 もろもろの*つうこえ*しょこえ*不起ふきめつこえ*しょうにんこえない*かんかんじょう、 もろもろの*みょうほうこえ、 かくのごときらのこえ、 そのくところにかなひて、 かんすることりょうなり。

波揚無量ナリ自然妙声随↢其所応↡莫↢不↠聞者↡。或↢仏↡、或↢法↡、或↢僧↡。或寂静声、空・無我声、大慈悲声、波羅蜜声、或十力・無畏・不共法声、諸通慧声、無所作声、不起滅声、無生忍声、乃至甘露潅頂妙法声、如↠是声、称ヒテ↢其↟聞、歓喜コト無量ナリ

^ˆくひとはˇ 清浄しょうじょうよくじゃくめつ真実しんじつずいじゅんし、 三宝さんぼうˆじゅうˇ りきしょ不共ふぐほうずいじゅんし、 つうさつしょうもんしょぎょうどうずいじゅんす。

随↢順清浄・離欲・寂滅・真実之義↡、随↢順三宝・力・無所畏・不共之法↡、随↢順通慧菩薩・声聞所行之道↡。

二 Ⅱ ⅱ b ニ (六)因みに処名を解す〔第16願成就〕

^さんなんあることなく、 ただねんらくこえのみあり。 このゆゑに、 そのくにづけて安楽あんらくといふ。

↠有コト↢三塗苦難之名↡、但有↢自然快楽之音ノミ↡。是安楽↡。

二 Ⅱ ⅱ b 双べて依正を嘆ず【眷属荘厳】〔第27・38願成就〕
          (一)総標

【17】^なん、 かの仏国ぶっこくにもろもろの*おうじょうするものは、 かくのごときの清浄しょうじょう*色身しきしん、 もろもろのみょうおんじょう神通じんずうどくそくす。 しょするところの殿でんぶく飲食おんじきしゅみょうこうしょうごんは、 なほだい六天ろくてんねんもののごとし。

阿難、彼仏国土往生具↢足↠是清浄色身、諸妙音声、神通功徳↡。↠処宮殿・衣服・飲食・衆妙華香・荘厳之具、猶↢第六天自然之物↡。

二 Ⅱ ⅱ b ホ (二)別嘆
            (Ⅰ)飲食自然を嘆ず

^もしじきせんとおもときは、 七宝しっぽう*はっねんまえにあり。 こんごん瑠璃るりしゃのうさんはくみょうがつ真珠しんじゅ、 かくのごときの諸鉢しょはつこころしたがひていたる。 *ひゃく飲食おんじきねん*盈満ようまんす。

↠食ムト、七宝鉢器、自然↠前。金・銀・瑠璃・硨磲・碼碯・珊瑚・琥珀・明月真珠、如↠是鉢、随↠意而至百味飲食、自然盈満

^このじきありといへども、 じつじきするものなし。 ただいろぐに、 こころじきをなすとおもへり。 ねん*飽足ほうそくして身心しんしんにゅうなんなり。 *じゃくするところなし。 ことおわればしてり、 ときいたればまたげんず。

↠有↢此食↡、実↢食者↡。但見↠色、聞グニ↠香、意↠為↠食自然飽足、身心柔軟ニシテ↠所↢味著↡。事已、時至復現

二 Ⅱ ⅱ b ホ (二)(Ⅱ)広く聖衆の徳を嘆ず
              (ⅰ)略して所居を嘆ず〔第11願成就〕

^かの仏国ぶっこくは、 清浄しょうじょう*安穏あんのんにしてみょうらくなり。 *無為むい*泥洹ないおんどうちかし。

仏国土清浄安ニシテ微妙快楽ナリ。次↢於無為泥洹之道↡。

二 Ⅱ ⅱ b ホ (二)(Ⅱ)(ⅱ)正しく聖衆を嘆ず
                (a)直嘆〔第3・4・35願成就〕

^そのもろもろのしょうもんさつてんにんは、 智慧ちえこうみょうにして神通じんずう洞達どうだつせり。

声聞・菩薩・天・人、智慧高明ニシテ神通洞達

^ことごとくおなじく一類いちるいにして、 かたちじょうなし。*ただほういんじゅんするがゆゑに、 天人てんにんあり。

ジク一類ニシテ、形↢異状↡。但因↢順ルガ余方↡故、有天・人之名↡。

^げんみょうたんじょうにしてちょう希有けうなり。 容色ようしきみょうにして、 てんにあらずにんにあらず。みな*ねん虚無こむしんごくたいけたり」 と。

顔貌端正ニシテエテ希有ナリ。容色微妙ニシテ、非↠天↠人。皆受タリト↢自然虚無之身、無極之体↡。

二 Ⅱ ⅱ b ホ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(b)顕勝を比挍す
                  (イ)譬を設けて勝劣を定む
                    [一]仏問

【18】^ぶつなんげたまはく、 「*たとへばけんびん乞人こつにんの、 帝王たいおうほとりにあらんがごとし*ぎょうみょう*ようじょう、 むしろるいすべけんや」 と。

仏告タマハク↢阿難↡、譬↣世間貧窮・乞人↢帝王↡。形貌・容状、寧ンゾ↠類乎。

二 Ⅱ ⅱ b ホ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(イ)[二]阿難答
                      [Ⅰ]略答

^なんぶつにまうさく、 「たとひこのひと帝王たいおうほとりにあらんに、 *るいしゅうあくにして、 もつてたとへとすることなきこと、 ひゃく千万せんまんおく*不可計ふかけばいなり。

阿難白↠仏、仮令人在ムニ↢帝王↡、羸陋醜悪ニシテ、無コト↢以コト↟喩、百千万億不可計倍ナリ

二 Ⅱ ⅱ b ホ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(イ)[二][Ⅱ]広く其の所以を弁ず
                        [ⅰ]貧苦相

^しかるゆゑは、 びん乞人こつにん*底極たいごく廝下しげにして、 ころもかたちかくさず。 じきわずかにいのちささふ。 かんこんして*にんほとほときなんとす。

所↢以然↡者、貧窮・乞人底極廝下ニシテ、衣不↠蔽↠形ワヅカ↠命。飢寒困苦シテ、人理殆ナムトス

^みなぜん徳本とくほんゑず、 ざいみてほどこさず、 富有ふうにしてますますしみ、 ただいたづらにんとおもひて、 とんしていとふことなく、 *あへてぜんしゅせず、 あくおかすことやまのごとくにつもるによりてなり。

ヨリテナリ前世ルニ↢徳本↠財不↠施、富有ニシテ、但欲↢唐ムト↡、貪求↠厭コト、不↢↟善、犯コト↠悪ノゴトクニ

^かくのごとくして、 寿いのちおわりて、 財宝ざいほうしょうさんす。 くるしめ、 *じゅしゃくしてこれがためにのうすれども、 おのれにおいてやくなし。 いたづらに*となる。 ぜんとしてたのむべきなし、 とくとしてたのむべきなし。 このゆゑに、 して悪趣あくしゅしてこのじょうく。 つみおわづることをて、 うまれてせんとなり、 *愚鄙ぐひごくにして*人類にんるいどうす。

クシテ↠是寿終財宝消散↠身聚積、為↠之憂悩ドモ、於↠己↠益↢他↡。無↢善トシテ↟怙、無↢徳トシテ↟恃。是、死↢悪趣↡、受↢此長苦↡。罪畢↠出コトヲ、生↢下賎↡、愚鄙廝極ニシテ示↢同人類↡。

二 Ⅱ ⅱ b ホ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(イ)[二][Ⅱ][ⅱ]帝王相

^けん帝王たいおうにんちゅう独尊どくそんなるゆゑは、 みな*宿しゅくとくめるによりていたすところなり。 慈恵じえひろほどこし、 仁愛にんあいねてすくふ。 しんぜんしゅして、 *じょうするところなし。

所↢以世間帝王人中独尊ナル↡、皆由↢宿世ルニ↟徳ナリ↠致。慈ヲモテ、仁愛ヲモテ↠信↠善、無↠所↢違↡。

^ここをもつて寿いのちおわれば、 ふくおうじて*善道ぜんどうのぼることをてんじょう上生じょうしょうしてこの福楽ふくらくく。 *しゃくぜんきょうに、 いまひととなることをて、 たまたまおううまれて、 ねんそんなり。 *ようたんじょうにしてしゅうきょうするところなり。 みょう珍饍ちんぜんこころしたがひて*ぶくす。 *宿しゅくふくふところなるがゆゑに、 よくこれをいたす」 と。

寿終、福応得↠コトヲ↢善道↡、上↢生天上↢茲福楽↡。積善余慶、今得↠為コトヲ↠人↢王家↡、自然尊貴ナリ。儀容端正ニシテナリ↢敬事↡。妙衣・珍饍随↠心服御。宿福ナルガ↠追、能スト↠此

二 Ⅱ ⅱ b ホ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(ロ)合譬正明

【19】^ぶつなんげたまはく、 「なんぢがことばなり。 たとひ帝王たいおうのごとき、 にんちゅうそんにしてぎょうしきたんじょうなりといへども、 これを転輪てんりんじょうおうならぶるに、 はなはだ*鄙陋ひるなりとす。 なほかの乞人こつにん帝王たいおうほとりにあらんがごときなり。

仏告タマハク↢阿難↡、汝言是也。↢帝王↡雖↢人中尊貴ニシテ形色端正ナリト↡、比スル↢之転輪聖王↡、甚↢鄙陋ナリ↡。猶↣彼乞人↢帝王也。

^転輪てんりんじょうおうは、 そうしゅみょうにしててん第一だいいちなれども、 これを*とう天王てんのうならぶるに、 またしゅうあくにしてあひたとふるをざること万億まんおくばいなり。

転輪聖王、威相殊妙ニシテ天下第一ナレドモ、比スル忉利天王↡、又復醜悪ニシテコト↠得↢相コト↡万億倍也。

^たとひ天帝てんたい*第六だいろく天王てんのうならぶるに、 ひゃく千億せんおくばいあひるいせざるなり。

仮令天帝ナレドモ、比スル↢第六天王↡、百千億倍ニシテ↢相↡也。

^たとひ第六だいろく天王てんのうりょう寿じゅ仏国ぶっこくさつしょうもんならぶるに、 光顔こんげん容色ようしきあひ及逮およばざることひゃく千万せんまんおく不可ふかばいなり」 と。

第六天王ナレドモ、比スル↢無量寿仏国菩薩・声聞↡、光顔・容色不コト↢相及逮 オヨ ↡百千万億不可計倍ナリト

二 Ⅱ ⅱ b ホ (二)(Ⅲ)総じて所須の厳浄を嘆ず

【20】^ぶつなんげたまはく、 「りょう寿じゅこくの、 そのもろもろのてんにんぶく飲食おんじきこう瓔珞ようらく繒蓋ぞうがい幢幡どうばんみょうおんじょうしょ舎宅しゃたく殿でん*楼閣ろうかくは、 その*ぎょうしきかなひてこうだいしょうあり。 あるいは一宝いっぽうほうないりょう衆宝しゅぼうこころ所欲しょよくしたがひて、 ねんおうじてすなはちいたる。

仏告タマハク↢阿難↡、無量寿国、其天人衣服・飲食・華香・瓔珞・繒蓋・幢旛、微妙音声、所居舎宅・宮殿・楼閣、称ヒテ↢其形色↡高下大小アリ。或一宝・二宝、乃至無量衆宝、随↢意所欲↡、応↠念

^また衆宝しゅぼうみょうをもつてあまねくそのけり。 一切いっさいてんにんこれをみてく。

又以↢衆宝妙衣↡徧↢其一切天人践↠之而行

二 Ⅱ ⅱ b 虚空荘厳
          (一)宝網

^りょう宝網ほうもうぶつ*弥覆みふせり。 みな*こん真珠しんじゅひゃくせん雑宝ざっぽうみょうちんなるをもつてしょうごん*きょうじきせり。 めんしゅうそうして、 るるにほうりょうをもつてす。 光色こうしき晃耀こうようにして、 ことごとく厳麗ごんらいきわむ。

無量宝網弥↢覆皆以↢金縷・真珠百千雑宝奇妙珍異ナルヲ↡荘厳校飾。周↢帀四面↡、テス↢宝鈴↡。光色晃燿ニシテ、尽↢厳麗↡。

二 Ⅱ ⅱ b ヘ (二)徳風
            (Ⅰ)風質調和

^ねん徳風とくふう*やうやくおこりてどうす。 そのかぜ調じょうにしてさむからず、 あつからず。 おんりょうにゅうなんにして、 おそからず、 からず。

自然徳風徐微動ルニ風調和シテ、不↠寒カラ不↠暑カラ。温涼柔軟ニシテ、不↠遅カラ不↠疾カラ

二 Ⅱ ⅱ b ヘ (二)(Ⅱ)風吹利益
              (ⅰ)妙声流香

^もろもろの*もうおよびもろもろの宝樹ほうじゅくに、 りょうみょう法音ほうおん演発えんぽつし、 万種まんじゅおん徳香とくこう流布るふす。 ^それぐことあるものは、 *塵労じんろうじゅうねんおこらず

↢諸羅網及宝樹↡、演↢発無量微妙法音↡、流↢布万種温雅徳香↡。其↢聞コトアル↡、塵労垢習、自然不↠起

二 Ⅱ ⅱ b ヘ (二)(Ⅱ)(ⅱ)触身生楽〔第39願成就〕

^かぜ、 そのるるに、 みならく。 たとへば比丘びく*滅尽めつじん三昧ざんまいるがごとし。

風触↢其↡、皆得コト↢快楽↣比丘↢滅尽三昧↡。

二 Ⅱ ⅱ b ヘ (二)(Ⅱ)(ⅲ)散華厳土〔第32願成就〕

【21】^またかぜきてはならし、 ぶつ*遍満へんまんす。 いろだいしたがひて雑乱ぞうらんせず。 にゅうなん光沢こうたくにして*きょうこう芬烈ふんれつなり。 あしそのうえむに、 くぼくだることすんあしげをはるにしたがひて、 還復げんぶくすることもとのごとし。

又風吹↠華、徧↢満仏土↡。随↢色次第↡而不↢雑乱柔軟光沢ニシテ馨香芬烈ナリ。足履↢其↡、コト四寸、随↢挙↠足↡、還復コトモト

^はなもちゐることすでにおわれば、 すなはちひらけ、 いでをもつてもつす。 清浄しょうじょうにしてのこりなし。 そのせつしたがひて、 かぜきてはならす。 かくのごとく*六返ろっぺんす。

華用已訖 ヲハレ 地輒、以↠次デヲ化没。清浄ニシテ↠遺。随↢其時節↡、風吹コト↠華↠是

二 Ⅱ ⅱ b 依正互融徳【華光出仏〔第45願成就?〕

^また衆宝しゅぼうれんかいしゅうまんせり。 一々いちいちほうひゃく千億せんおくはなびらあり。 そのはなこうみょうりょうしゅいろあり。 しょうしきしょうこうびゃくしきびゃくこうあり、 げんおうしゅ光色こうしきもまたしかなり。 *よう煥爛かんらんとして日月にちがつよりもみょうようなり

又衆宝蓮華周↢満世界一一宝華百千億ハナビラアリ。其光明無量種アリ。青色青光、白色白光アリ玄・黄・朱・紫光色亦然ナリ暐曄煥爛トシテ明↢曜ナリ日月ヨリモ↡。

^一々いちいちはなのなかより*さんじゅうろっぴゃく千億せんおくひかりいだす。 一々いちいちひかりのなかよりさんじゅうろっぴゃく千億せんおくぶついだす。 身色しんじきこんにして相好そうごう殊特しゅどくなり。 一々いちいち諸仏しょぶつ、 またひゃくせんこうみょうはなちて、 あまねく十方じっぽうのためにみょうほうきたまふ。 かくのごときの諸仏しょぶつ各々かくかくりょうしゅじょうぶつしょうどうあんりゅうせしめたまふ」 と。

一一ヨリ↢三十六百千億一一ヨリ↢三十六百千億↡。身色紫金ニシテ相好殊特ナリ。一一諸仏又放↢百千光明↡、普↢十方↡説タマ↢微妙↠是諸仏、各各安↢立シメタマフト無量衆生於仏正道↡。

仏説ぶっせつりょう寿じゅきょう かんじょう

 

延書の底本は兵庫県毫摂寺蔵本。
曹魏 三国時代の魏 (220-265) の別称。 王室の姓をとって曹魏と呼ぶ。
大比丘の衆 大いなる比丘の集まり。 後に列挙する菩薩衆に対すればしょう聞衆もんしゅである。
妙徳菩薩 文殊もんじゅさつのこと。
普賢大士の徳に遵へり 普賢菩薩のように、 慈悲行を実践するという意。
仏法蔵 真如しんにょほっしょうのこと。
等覚 →とうしょうがく
 神識じんしき。 こころ。
釈梵 帝釈天たいしゃくてん梵天ぼんてん
色味 五欲 (しきしょうこうそくを対象とする欲) の中の二つを挙げて、 欲望を代表的に示す。
金流 清流。 釈尊の場合では、 ブッダガヤー(Buddha-gayā)に近いナイランジャナー(Nairañjanā)河を指す。
霊禽 霊鳥。 不思議な鳥。
翼従 両翼のように左右に従うこと。
感徴 仏が成道するというずいを感得すること。
跏趺して坐す けっ跏趺坐かふざのこと。
官属 一族の者。 配下の者。
法幢 真理の旗。
諸見 もろもろの悪い見解。
分衛 梵語ピンダ・パータ(piṇḍa-pāta)の音写。 こつじき・托鉢の意。
道意 →だいしん
諸漏 もろもろの煩惱。 →
本学 幻師 (幻術者) の学問を指す。
貫綜縷練 徹底的に学び通達すること。
所住安諦 学んだ教えの上に心を落ち着かせて、 安らかになること。
仏の所住 仏のそなえるどく
大聖の所立 大聖は仏のこと。 仏の清浄しょうじょうな行い。
禅慧 禅定ぜんじょう智慧ちえ
幻化の法 すべての事物は因縁いんねんによって生起したもので、 それ自身に固有な本性がないから幻のようである、 という道理。
中下 縁覚えんがくしょうもん
諸根智慧 一切しゅじょうの素質能力を知りわける智慧。
仏華厳三昧 こう寂定じゃくじょうの異名。
劇難 八難処の中で痛苦の最も劇しい三悪趣さんまくしゅをいう。
弁才の智 →四無礙智しむげち
所有の法 有為ういほう。 迷いによって現れたあらゆる世間の事柄。
庶類 しゅじょうのこと。
黎庶 衆生のこと。
明浄なる鏡…ごとし 底本延書には「あきらかなる鏡、 浄き影表裏に暢るがごとし」とある。
ややしかなり 相手に恭順の意を示しつつ応諾する語。「はい、 そうです」と仏のしょうに随順するという意。
希特の法 とくにすぐれたぜんじょう
仏の所住 普遍平等の真理に安住する仏の境地。 とう三昧ざんまい
導師の行 人々を真実の世界へ導く師としての行。
最勝の道 最もすぐれたの境地。
如来の徳 自利利他を円満した徳。
真実の利 真実のやく。 阿弥陀仏の本願みょうごうによって得る利益をいう。
慧見無碍 仏の智慧ちえが自在であること。
一餐 一度の食事。
定と慧 ぜんじょう (三昧さんまい) と智慧ちえ
乃往 昔。 過去。
如来…仏世尊 如来にょらいの十号。
無上正真道の意 この上ないさとりを求める心。 だいしんのこと。
焔明 こうみょうのこと。
聚墨 墨のかたまり。
戒と聞 かいもん
無明と欲と怒り 三毒煩悩ぼんのう無明は真理に対する無知、 欲は貪欲とんよく、 怒はしんの意。
神徳 不可思議などく
聖法王 ここではざいおうぶつを指す。
大聖 仏のこと。
信明 信は誠信、 明は証明。 まことにして偽りなきことを証明すること。
真証 真実の証明。
力精 力を尽して努めはげむこと。
無上正覚の心 だいしんのこと。
無上正覚の心 だいしんのこと。
摂取 選択せんじゃく摂取の義で、 えらびとること。 すなわち、 劣を捨て勝を取ること。
世饒王仏 ざい王仏おうぶつのこと。
境界 能力の範囲。
諸仏如来の浄土の行 諸仏がそれぞれの浄土を建立するための行。
敷演 広く説きのべること。
升量 ますで量を計ること。
無上殊勝の願 この上なくすぐれた本願。 →補註17
これ時なり 今が本願を説くべき時であるという意。
発起し悦可せしめよ 浄土願生の心を起さしめ、 よろこびの心を起さしめなさい。
聴察 聴いて心に察し知ること。
天耳 六神通ろくじんずうの一、 天耳通のこと。
他心を見る智 六神通ろくじんずうの一、 他心通のこと。
神足 六神通ろくじんずうの一つ、 神足通のこと。
補註1
下三千…知るに至らば 底本延書には「乃至三千…知らば」とある。
修短 長短。
不善の名 このましくない言葉。
 称揚の意で、 みょうごうをほめたたえること。
ただ 底本延書には「ただし」とある。
もろもろの功徳 定散の諸善のこと。 →じょうぜん散善さんぜん
もろもろの徳本を植ゑて 名号を称えるという意。
三十二大人相 さんじゅうそうのこと。
無上正真の道 のく多羅たらさんみゃくさんだいのこと。
常倫に…現前し 通常は 「常倫諸地の行を超出し、 現前に」 と読む。 常倫はつねなみ、 普通一般の意。
諸地の行 十地じゅうじの菩薩が行う自利利他の修行。
神力 じんりきのこと。 不思議な力。
一食のあひだ 一度食事をするほどの短い時間。
金剛那羅延の身 金剛とは堅固なこと、 那羅延とは梵語ナーラーヤナ (Nārāyaṇa) の音写で、 大力を有する神。 この神のように何者にも破壊されることのない力強い身体をいう。
楼観 重層の建物。 高殿。
身心柔軟 摂取せっしゅこうみょうにつつまれた者は、 とんしんの三毒の煩悩ぼんのうが消えて、 身も心もやわらぐこと。 我執がしゅうがなくなること。
深総持 深妙なそう
擣染 つやだしのために衣をたたいたり、 染色したりすること。 底本延書には、「染治」とある。
浣濯 洗濯すること。
漏尽比丘 一切の煩悩ぼんのうを断じ尽した修行者。 阿羅あらかんのこと。
諸根闕陋 諸根はげんぜつしん六根ろっこんのこと。 闕陋は不自由であること。 →補註14
清浄解脱三昧 煩悩ぼんのうのけがれと束縛とを離れた禅定ぜんじょう (深い精神統一) の境地。
定意 禅定のこころ。
第一第二第三法忍 三法忍さんぽうにんのこと。
諸仏の法 仏のさとりのこと。 「もろもろの仏法」 と読み、 第一、 第二、 第三法忍の法を指すとする説もある。
頌を説きていはく 底本延書には、 「偈をもって頌していはく」とある。
貧苦 智慧ちえも能力も貧しい者。
聞ゆるところなくは 聞えないところがあるならという意。
深正念 深い禅定ぜんじょう (精神統一) の境地。
無際の土 果てしのない世界。
昏盲の闇 昏盲とは智慧ちえのない暗い状態で、 その暗さを闇に喩える。
威曜 じん光曜こうよう。 すぐれた輝きのこと。
重暉 日と月の光による二重の輝き。
功徳の宝 阿弥陀仏のみょうごうのこと。
誠諦 まこと。 真実。
恢廓広大 限りなく広く大きいさま。
欲覚瞋覚害覚 むさぼり、 いかり、 害を加えようとする分別作用。 →三覚
欲想瞋想害想 想は外界の対称を知覚表象するはたらきで、 欲覚・瞋覚・害覚を生ぜしめる原因となる。 →三想
色声香味触法 感覚器官のはたらく対象。
染恚痴 さんどくのこと。
虚偽諂曲の心 うそいつわりの心、 相手にこびへつらう心。
意を先にして承問す 相手の意思を先んじて知り、 よく受け入れて教え導くこと。
清白の法 清浄潔白な無漏むろ (煩悩ぼんのうのない状態) の善法ぜんぽう
大荘厳 三法さんぽう恭敬くぎょうし、 師長を奉事することによって得られた福徳ふくとく智慧ちえの二つの荘厳。 また、 誓願せいがんを指すという説もある。
空無相無願 さんだつもんのこと。
作なく起なく はからいがないという意。
法は化のごとし もろもろの現象 (法) は、 仮にすがたをとって現れた存在にすぎない。
生処 生を受けたところ。
豪姓 婆羅門のこと。
刹利 梵語クシャトリヤ(kṣatriya)の音写。 古代インドの四姓制度の第二階級。 婆羅門につぐもので、 王侯・貴族・武士の階級。
転輪聖帝 転輪てんりんじょうおうのこと。
六欲天主 ろく欲天よくてんの各々の主。
栴檀香 栴檀せんだんの香気。
ここ しゃ世界。
恢廓曠蕩 果てしなく広々とし、 大きいさま。
雑廁 まじりあうこと。
入間 入りまじること。
光赫焜耀 光り輝くこと。
金剛鉄囲 てっせんのこと。
谿渠井谷 谿は谷、 渠は溝、井は井戸、 谷は水のない谷。
諸難の趣 もろもろの苦しみの世界。
調適 ほどよく整っていること。
もろもろの衆生 浄土のしょうじゃ
うたた倍して 次第に増大して。
無量光仏…超日月光仏 阿弥陀仏の十二種の異名。 →十二光じゅうにこう
柔軟 やわらかでおだやかなこと。
顕赫 盛んに輝くさま。
照耀 照り輝くこと。
聞え 聞はこうみょうやくがそのままみょうごうどくであることを示す。
禅思一心に 思いを静め、 心を一つにして。
神智洞達 神通じんずう智慧ちえ弁才べんざいに通達していること。 あるいは、 不可思議の智慧に深く熟達していること。
一渧 ひとしずく。
沾取 うるおしとること。
巧暦 たくみな算術。
水精樹 水晶でできた樹。
紫金 紫磨しま黄金おうごんの略。 えん檀金だんごんのこと。
 のこと。
 みきのこと。
行々 列と列。
勝げて視るべからず ことごとく見尽すことができない。
五つの音声 きゅうしょうかくの五音階。 →いん七声しちせい
周帀 めぐりまわること。 あまねくゆきわたること。
羅覆 上から覆いめぐらすこと。
深法忍 無生法忍のことで、 これをもって三法忍さんぼうにんを代表させるものとみられる。
縁ずる 対象を認識する。
伎楽 音楽のこと。
展転して 順次に。
清揚哀亮 音がきよらかであり、 あわれにしてさえわたること。「清揚」は底本延書には「清暢」とある。
明月摩尼 みょうがつしゅのこと。
縦広深浅 たてよこと、 ふかさ。
一等 平等。 ひとしいこと。
湛然として盈満せり なみなみとたたえられ、 みちあふれている。
雑色光茂 色とりどりに咲き乱れるさま。
心垢 煩悩ぼんのうのけがれ。
微瀾 さざなみ。
潅注す 流れそそぐこと。
安詳 静かなさま。
所応 ねがい。 望み。
寂静 はんのこと。
不共法 じゅうはち不共ふぐほうのこと。
通慧 神通じんずう智慧ちえ
無所作 とらわれのない修行。
不起滅 しょうめつの真理。 消滅を超えた真理。
甘露潅頂 第十地じゅうじの菩薩。 菩薩が第十地に入る時、 諸仏がその頂に甘露水 (智慧を象徴する) をそそいで法王の職を授けるしるしとするからこういう。
鉢器 応器ともいう。 仏の制規に応じた沙門しゃもんの食器のこと。
飽足 満足すること。
味着 味に執着すること。
ただ余方に… 浄土の聖者しょうじゃを他方世界に順じて天とか人とか呼ぶのみで実の天でも人でもないという意。
たとへば… →補註5
羸陋醜悪 弱々しくみにくいこと。
不可計倍 はかることができないほどの倍数。
底極廝下 最低の暮しをしていること。
人理ほとほと… 人間らしい生活をほとんどしていないという意。
あへて善を修せず 底本延書には、「善を修することを信ぜず」とある。
聚積 集めたくわえること。
他の有 他人の所有。
愚鄙廝極 最低の生活をしていること。
人類に示同す どうにか人間として暮しているというほどの意。
違諍 逆らい争うこと。
積善の余慶 過去に積んだ善の報いとして受ける幸福。
儀容 立居振舞とすがたかたち。
服御 衣服を着、 食事をとること。
宿福 過去世に積んだ福徳ふくとく善根ぜんごん
鄙陋 見劣りすること。
忉利天王 とうてんの主神。
第六天王 欲界よくかい第六天の主である他化自在天王のこと。 →他化たけざいてん
形色 (浄土の聖者しょうじゃの) すがたかたち。
金縷 黄金の糸。
校飾 宝を交えて飾りたてること。
馨香芬烈 香気が強いこと。
六返 昼夜六時 (晨朝じんじょう日中にっちゅう日没にちもつしょ中夜ちゅうや後夜ごや) に行うこと。
三十六百千億 浄土のれんには百千億の花びらがあり、 その花びらに青・白・玄・黄・朱・紫の六光があって相互に照らし合うから、 六六三十六の百千億の光になる。 一即一切、 一切即一という無礙むげの相をあらわしている。
●対照:大阿弥陀経になし
●対照:平等覚経になし
○対照:如来会(一・第48願) p.307-14
○対照:荘厳経(中・第36願) p.357-7
底本は◎本派本願寺蔵版本。 Ⓐ高麗版(再雕本)¬大蔵経¼所収本、 Ⓑ宋版(思溪版)¬大蔵経¼所収本、 Ⓒ元版(普寧寺版)¬大蔵経¼所収本、 Ⓓ明版(万歴版)¬大蔵経¼所収本、 Ⓔ京都府清浄華院蔵平安時代書写本、 Ⓕ本派本願寺蔵正平六年書写本、 Ⓖ愛知県祐誓寺蔵建仁四年刊本 と対校。 ª全部対校º 人天→ⒷⒸⒹ天人、 硨磲→ⒶⒺⒻⒼ車
→Ⓖ
→Ⓐ
碼碯→Ⓐ瑪瑙→ⒺⒻⒼ馬瑙
→ⒶⒺⒻⒼ→ⒷⒸⒹ
→ⒶⒷⒸⒹⒺⒻⒼ
→Ⓐ障[閡]
→Ⓐ
→Ⓐ
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→Ⓐ
→ⒺⒼ
→ⒷⒸⒹ
→Ⓐ
→ⒶⒷⒸⒹⒺⒻⒼ
→Ⓔ
→Ⓐ
→Ⓑ
→ⒶⒼ
→ⒶⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
之網 Ⓐになし
化之 Ⓐになし
→Ⓕ
中下→Ⓓ化終
→Ⓕ
→ⒶⒷⒸⒹⒺⒻⒼ
→Ⓖ
→ⒺⒻⒼ
 Ⓐになし
諸庶→Ⓐ衆生
→Ⓐ
如純→Ⓐ猶如
 Ⓐになし
→Ⓓ
若自己→Ⓐ之若己
→Ⓕ
之等 Ⓐになし
→Ⓐ[無量]大
浄鏡→ⒶⒷⒸⒹ鏡浄
→ⒷⒸ→Ⓓ
→ⒷⒸⒹ特[之]
→ⒷⒸⒹⒺⒻ[諸]仏
→ⒷⒸⒹ師[之]
→ⒷⒸⒹ勝[之]
→ⒷⒸⒹ来[之]
→ⒶⒷⒸⒹ
→Ⓕ
→ⒺⒻⒼ
→ⒶⒷⒸⒹⒺⒻⒼ
欲拯→Ⓐ普令
→ⒷⒸⒹ拯[済]
恵以真実之→Ⓐ獲真法
→Ⓐ
→ⒺⒻⒼ
→Ⓓ
→ⒶⒷⒸⒹ
→ⒶⒷⒸⒹⒼ
→ⒶⒷⒸⒹⒺⒻⒼ
→ⒶⒷⒸⒹ
容顔→ⒷⒸⒹ顔容
→Ⓐ
→Ⓐ
使→ⒶⒷⒸⒹ
哀愍→ⒶⒷⒸⒹ愍哀
→ⒷⒸⒹ
→ⒶⒷⒸⒹ
信明→ⒷⒸⒹ明信
→Ⓐ
→ⒷⒸⒹ使
→ⒺⒻⒼ
→ⒷⒸⒹ
→ⒶⒷⒸⒹ自在
→ⒷⒸⒹ
→ⒺⒻⒼ
→ⒶⒷⒸⒹ
→ⒶⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
 Ⓐになし
→Ⓐ不[悉]
 ⒶⒷⒸⒹになし
→Ⓐ
 ⒷⒸⒹになし
→ⒶⒷⒸⒹ
声聞→Ⓐ衆生→ⒷⒸⒹ衆生悉成
→ⒸⒹ
→ⒶⒷⒸⒺⒻⒼ
→ⒷⒸⒹ
→Ⓐ
→Ⓐ
→Ⓐ数億→ⒷⒸⒹ量[億]
→Ⓕ
欲求→ⒶⒷⒸⒹ求欲
→ⒶⒺ→ⒻⒼ
→Ⓔ→ⒻⒼ
→ⒶⒷⒸⒹ
如是→Ⓐ
 ⒷⒸⒹになし
→Ⓐ
若有→ⒷⒸⒹ有求
擣染→Ⓐ染治
→ⒷⒸⒹ覩[見]
→ⒶⒸⒹ
→Ⓐ
諸仏→Ⓐ如来
→ⒷⒸⒹ一[忍]
而説→ⒷⒸⒹ以偈
→Ⓕと右傍註記
→ⒷⒸ
→ⒷⒸ
→ⒶⒷⒸⒹ
→ⒶⒹ
→ⒷⒸⒹ
→ⒶⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→Ⓔ耀
→Ⓔ
→Ⓐ
→Ⓐ
→ⒶⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→ⒶⒷⒸⒹ
時彼→ⒶⒷⒸⒹ法蔵
→Ⓐ
→ⒶⒷⒸⒹⒼ
→ⒶⒷⒸⒹⒺⒻⒼ
→Ⓐ触[之]
→Ⓖ
→Ⓐ
→Ⓐ
→Ⓐ
→ⒺⒻⒼ
→Ⓓ
→Ⓕ
→ⒶⒷⒸⒺⒻⒼ
天人→Ⓐ人天
→ⒶⒷⒸⒹ
瑠璃→Ⓕ璃瑠
→Ⓐ
琥珀→ⒺⒼ虎魄
→Ⓑ
→Ⓕ
→Ⓑ
碼碯→Ⓐ瑪瑙→ⒷⒺⒻⒼ馬瑙
→Ⓒ
→ⒷⒸⒹ
入間→Ⓓ間入
焜耀→ⒷⒸⒹ煜爍
→ⒺⒻⒼ 
 ⒶⒷⒸⒹになし
→ⒶⒷⒸⒹ
→Ⓖ
有仏光 ⒷⒸⒹになし
→Ⓔ→Ⓖ
→ⒷⒸ
 ⒷⒸⒹになし
 ⒶⒷⒸⒹになし
 ⒶⒷⒸⒹになし
焔王光→ⒷⒸ光炎王
→Ⓓ→Ⓖ
→Ⓐ
→ⒷⒸⒹ
→Ⓐ
→ⒷⒸⒹ[又]無
→ⒺⒻⒼ
→Ⓔ
→Ⓐ
→Ⓐ[能]如
 ⒶⒷⒸⒹになし
→ⒶⒷⒸⒹⒺⒻⒼ
→ⒺⒻⒼ
→ⒶⒺⒻⒼ
→ⒶⒷⒸ
玻瓈→ⒶⒺⒻⒼ頗梨
→ⒷⒸ
→Ⓐ→ⒺⒻⒼ
→ⒶⒷⒸ→ⒺⒻⒼ
→ⒷⒸⒹ磲[之]
→ⒶⒷ→ⒺⒻⒼ
→ⒷⒸ
→ⒶⒺⒻⒼ
→ⒶⒸⒺⒻⒼ
此諸宝樹 ⒶⒷⒸⒹになし
→ⒶⒷⒸⒹⒺⒻⒼ
→ⒶⒷⒸⒹ
→Ⓒ
吹諸枝葉演 Ⓐになし
枝葉→ⒷⒸⒹ宝樹
無量 Ⓐになし
声其声流布徧諸→Ⓐ普流十方一切
其聞→ⒸⒸⒹ聞其
耳根清徹 Ⓐになし
耳聞其音 ⒷⒸⒹになし
→ⒷⒸⒹ
一切 ⒷⒸⒹになし
→ⒷⒸⒹ国[土]
→Ⓔ
→ⒶⒷⒸⒹⒻ
→ⒷⒸⒹ
→Ⓓ
各皆→ⒷⒸⒹ皆各
琥珀→ⒺⒻⒼ虎魄
碼碯→Ⓐ瑪瑙→ⒺⒻⒼ馬脳
→ⒷⒸⒹ或[有]
→Ⓓ
→ⒷⒸⒹ
→Ⓐ
→Ⓐ
琥珀→ⒺⒻⒼ虎魄
→ⒶⒷ
→Ⓐ
→ⒺⒻⒼ
→ⒶⒷⒸⒹ
天人→Ⓐ人天
→Ⓔ
→ⒷⒸⒹⒼ
→ⒶⒷⒸⒺⒻⒼ
→ⒶⒷⒸⒹ
聚積→Ⓐ積聚
→Ⓑ
→ⒶⒷⒸⒸⒼ
→Ⓐ
→ⒷⒸⒹⒺⒻⒼ
→ⒷⒸⒹ
→Ⓑ𧬰
→ⒶⒷⒸⒻ→Ⓓ
→ⒶⒷⒸⒹⒺⒻⒼ
 Ⓐになし
 Ⓐになし
→ⒶⒷⒸⒺⒻⒼ
天人→Ⓐ人天
→Ⓐ
→Ⓐ
→Ⓔ
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→ⒶⒷⒸⒹⒺⒻⒼ
→Ⓐ
→ⒷⒸⒹ
暐曄→ⒶⒷⒸⒹⒺⒼ煒燁