^*¬しょうさんじょうきょう¼ にのたまはく、 *げんじょう三蔵さんぞうやくなり

^たとひひゃくせんてい那由他なゆたこうて、 それりょうひゃくせんてい由他ゆたしたをもつて、 一々いちいちしたうえりょうこえいだして、 そのどくめむに、 またくることあたはじと。」

 

0555じょう   さん

 

冠頭讃

(1) 勧信

*弥陀みだみょうごうとなへつつ

信心しんじんまことにうるひとは

憶念おくねんしんつねにして

仏恩ぶっとんほうずるおもひあり

(2) 誡疑

*誓願せいがん思議しぎをうたがひて

御名みなしょうするおうじょう

*殿でんのうちにひゃくさい

むなしくすぐとぞときたまふ

徳号列示

^0556¬*さん弥陀みだぶつ¼ にいはく *曇鸞どんらんぞう

^南無なも弥陀みだぶつ *しゃくして ¬りょう寿じゅぼうきょう¼ とづく、 めたてまつりてまたあんにょうといふ。

^じょうぶつよりこのかた十劫じっこうたまへり、 寿じゅみょうまさにはかりあることなし、 法身ほっしん光輪こうりん法界ほうかいへんして、 もうみょうらしたまふ、 かるがゆゑにちょうらいしたてまつる。

阿弥陀三十七号

^また 1りょうこう2真実しんじつみょうなづく、 また 3へんこう4びょうどうかくなづく、 また 5無礙むげこう6なんなづく、 また 7たいこう8ひっきょうなづく、 また 9光炎こうえんのう10だいおうなづく、 また 11しょうじょうこうなづく、 また 12かんこう13だいあんなづく、 また 14智慧ちえこうなづく、 また 15だんこうなづく、 また 16なんこうなづく、 また 17しょうこうなづく、 18ちょう日月にちがつこうなづけたてまつる。

^19等等とうどう 20広大こうだい 21大心だいしんかい 22じょうそん 23びょうどうりき 24大心だいしんりき 25しょうぶつ 26婆伽婆ばがば 27講堂こうどう 28清浄しょうじょうだいしょうじゅ 29不可ふか思議しぎそん 30どうじょうじゅ 31しんりょう 32清浄しょうじょうがく 33本願ほんがんどくじゅ 34清浄しょうじょうくん 35どくぞう 36ごくそん 37不可ふか思議しぎこう じょう略抄りゃくしょうなり。

^¬*十住じゅうじゅう毘婆びばしゃろん¼ にいはく

ざいにん らい 清浄しょうじょうにん みょう りょうとく しょうさん じょう

讃弥陀偈讃

さん0557弥陀みだぶつさん

禿とく親鸞しんらんさく

南無なも弥陀みだぶつ

  仏の成道

(3) 十劫成道

弥陀みだじょうぶつのこのかたは

いまに十劫じっこうをへたまへり

法身ほっしん光輪こうりんきはもなく

もうみょうをてらすなり

ヨノ  メシヰクラキモノ

  如来の荘厳
   無量光

(4)

智慧ちえこうみょうはかりなし

りょう諸相しょそうことごとく

ヨロヅノ  シユジヤウナリ

こうきょうかぶらぬものはなし

真実しんじつみょうみょうせよ

   無辺光

(5)

だつ光輪こうりんきはもなし

光触こうそくかぶるものはみな

有無うむをはなるとのべたまふ

びょうどうかくみょうせよ

   無礙光

(6)

光雲こううん無礙むげにょくう

ヒカリクモノゴトクシテサハリナキコトコクノゴトシ

一切いっさい有礙うげにさはりなし

ヨロズノサハリアルコト

光沢こうたくかぶらぬものぞなき

なん思議じぎみょうせよ

   無対光

(7)

清浄しょうじょうこうみょうならびなし

こうのゆゑなれば

ミダ仏ニマウアヒヌルユヘニ

一切いっさいごっものぞこりぬ

ツミノナハニシバラルヽナリ

ひっきょうみょうせよ

   光炎王

(80558)

仏光ぶっこうしょうようさい第一だいいち

光炎こうえんのうぶつとなづけたり

さん黒闇こくあんひらくなり

ジゴクガクヰチフシヤウ

クラキヤミナリ

だいおうみょうせよ

ミダニヨライナリ

   清浄光

(9)

道光どうこうみょうろうちょうぜつせり

ミダノヒカリアキラカニスグレタリトナリ

清浄しょうじょうこうぶつとまうすなり

ひとたびこうしょうかぶるもの

ヒカリニテラサルトナリ

ごっをのぞきだつをう

アクゴフボムナウナリ

サトリヲヒラクナリ

   歓喜光

(10)

こうはるかにかぶらしめ

ひかりのいたるところには

ほうをうとぞのべたまふ

ミノリヲヨロコブナリ

だいあんみょうせよ

   智慧光

(11)

みょうあんするゆゑ

ヤミニテクラシ

ヤブルナリ

智慧ちえこうぶつとなづけたり

一切いっさい諸仏しょぶつさんじょうしゅ

ともにたんしたまへり

ホメホムルナリ

   不断光

(12)

こうみょうてらしてたえざれば

だんこうぶつとなづけたり

聞光もんこうりきのゆゑなれば

ミダノオンチカヒヲシンジマヒラスルナリ

しんだんにておうじょう

ミダノセイグワンヲシンゼルコヽロタヘズシテワウジヤウストナリ

   難思光

(13)

仏光ぶっこうしきりょうなきゆゑに

なんこうぶつとなづけたり

諸仏しょぶつおうじょうたんじつつ

ホムルナリ

弥陀みだどくしょうせしむ

   無称光

(140559)

神光じんこうそうをとかざれば

ムゲクワウブチノオンカタチヲイヒヒラクコトバシトナリ

しょうこうぶつとなづけたり

因光いんこうじょうぶつのひかりをば

ヒカリキハナカラントチカヒタマイテムゲクワウブチトナリテオハシマストシルベシ

諸仏しょぶつたんずるところなり

ホメタマフナリ

   超日月光

(15)

こうみょうつきしょうして

スグレタルナリ

ちょう日月にちがつこうとなづけたり

しゃたんじてなほつきず

ホメタマフナリ

等等とうどうみょうせよ

  聖衆の荘厳
   果徳の殊勝

(16)

弥陀みだしょしょうじゅ

ミダノブチニナリタマヒシトキアツマリタマヒシシヤウジユノオホキコトナリ

算数さんじゅのおよぶことぞなき

じょうをねがはんひとはみな

広大こうだいみょうせよ

(17)

安楽あんらくりょうだいさつ

いっしょうしょにいたるなり

げんとくしてこそ

ダイジダイヒヲマフスナリ

こくにかならずするなれ

(18)

じっぽうしゅじょうのためにとて

如来にょらい法蔵ほうぞうあつめてぞ

本願ほんがんぜいせしむる

だい心海しんかいみょうせよ

(19)

観音かんのんせいもろともに

こうかいしょうよう

えんしてしばらくも

そくあることなかりけり

ヤスムコトナシトナリ

(200560)

安楽あんらくじょうにいたるひと

じょくあくにかへりては

しゃ牟尼むにぶつのごとくにて

やくしゅじょうはきはもなし

(21)

神力じんりきざいなることは

しきりょうすべきことぞなき

ハカリハカルコトナシトナリ

思議しぎとくをあつめたり

じょうそんみょうせよ

(22)

安楽あんらくしょうもんさつしゅ

にんでん智慧ちえほがらかに

身相しんそうしょうごんみなおなじ

ほうじゅんじてをつらぬ

シタガヒテニンアリテンアリトイフ

(23)

顔容げんようたんじょうたぐひなし

しょうみょう人天にんでん

タヘナルミナリ

ニンニアラズテンニアラズ

虚無こむしんごくたい

ホフシンニヨライナリ

びょうどうりきみょうせよ

   因法の殊勝

(24)

安楽あんらくこくをねがふひと

正定しょうじょうじゅにこそじゅうすなれ

じゃじょうじょうじゅくにになし

諸仏しょぶつ讃嘆さんだんしたまへり

(25)

じっぽうしょしゅじょう

弥陀みだとく御名みなをきき

真実しんじつ信心しんじんいたりなば

おほきに所聞しょもんきょうせん

シンズルコトヲエテヨロコブナリ

(260561)

にゃくしょうじゃのちかひゆゑ

モシムマレズハトチカヒタマヘルナリ

しんぎょうまことにときいたり

一念いちねんきょうするひとは

シンヲエテノチニヨロコブトナリ

おうじょうかならずさだまりぬ

  国土の荘厳
   国土の讃嘆

(27)

安楽あんらくぶつしょう

法蔵ほうぞう願力がんりきのなせるなり

てんじょうてんにたぐひなし

だい心力しんりきみょうせよ

   超絶の功徳

(28)

安楽あんらくこくしょうごん

しゃ無礙むげのみことにて

とくともつきじとのべたまふ

しょうぶつみょうせよ

   往生の無数

(29)

今当こんとうおうじょう

クワコニムマルコムジヤウニムマルミライニムマルヽナリ

このしゅじょうのみならず

じっぽうぶつよりきたる

りょうしゅ可計かけなり

 カゾフベカラズトナリ

(30)

弥陀みだぶつ御名みなをきき

かん讃仰さんごう*せしむれば

ヨロコビホメアフグトイフ

どくほうそくして

一念いちねんだいじょうなり

(31)

たとひ大千だいせんかい

みてらんをもすぎゆきて

ぶつ御名みなをきくひとは

ながく退たいにかなふなり

(320562)

神力じんりきごく弥陀みだ

りょう諸仏しょぶつほめたまふ

東方とうぼう恒沙ごうじゃ仏国ぶっこくより

しゅさつゆきたまふ

(33)

自余じよほう仏国ぶっこく

コヽノツノハウノブチドヨリゴクラクニムマルヽナリ

さつ往覲おうごんみなおなじ

ワウジヤウシホトケヲミタテマツル

しゃ牟尼むに如来にょらい*をときて

りょうどくをほめたまふ

(34)

じっぽうりょうさつしゅ

徳本とくほんうゑんためにとて

ぎょうをいたしたん

ホメホムルナリ

みなひと婆伽婆ばがばみょうせよ

ホトケノミナナリ

   真化二土

(35)

七宝しっぽう講堂こうどうどうじょうじゅ

方便ほうべんしんじょうなり

ヘンヂケマンコクナリ ギハクタイシヤウノジヤウドナリ

じっぽうらいしょうきはもなし

講堂こうどうどうじょうらいすべし

(36)

みょう広大こうだいちょう数限しゅげん

本願ほんがんしょうごんよりおこる

清浄しょうじょうだいしょうじゅ

稽首けいしゅみょうせしむべし

(37)

自利じり利他りた円満えんまんして

みょう方便ほうべんぎょうしょうごん

こころもことばもたえたれば

不可ふか思議しぎそんみょうせよ

(380563)

神力じんりき本願ほんがんぎゅう満足まんぞく

明了みょうりょうけんきょうがん

慈悲じひ方便ほうべん思議しぎなり

しんりょうみょうせよ

   宝林の讃嘆

(39)

宝林ほうりん宝樹ほうじゅみょうおん

ねんしょうがくにて

哀婉あいえんりょうすぐれたり

アハレニスミタヾシクサエタリ

清浄しょうじょうがくみょうせよ

(40)

七宝しっぽう樹林じゅりんくににみつ

光耀こうようたがひにかがやけり

ようまたおなじ

本願ほんがんどくじゅみょうせよ

(41)

しょうふう宝樹ほうじゅをふくときは

いつつのおんじょういだしつつ

宮商きゅうしょうしてねんなり

清浄しょうじょう*くんらいすべし

   宝蓮の讃嘆

(42)

一々いちいちのはなのなかよりは

*さんじゅうろっぴゃく千億せんおく

こうみょうてらしてほがらかに

いたらぬところはさらになし

(43)

一々いちいちのはなのなかよりは

さんじゅうろっぴゃく千億せんおく

仏身ぶっしんもひかりもひとしくて

相好そうごう金山こんぜんのごとくなり

(440564)

相好そうごうごとにひゃくせん

ひかりをじっぽうにはなちてぞ

つねにみょうほうときひろめ

しゅじょう仏道ぶつどうにいらしむる

   宝池の讃嘆

(45)

七宝しっぽうほういさぎよく

はっどくすいみちみてり

無漏むろ依果えか思議しぎなり

どくぞうみょうせよ

(46)

さんなんながくとぢ

たんねんらくおん

このゆゑ安楽あんらくとなづけたり

ごくそんみょうせよ

   弥陀功徳の結讃

(47)

じっぽうさんりょう

おなじく一如いちにょじょうじてぞ

二智にち円満えんまんどうびょうどう

せっ随縁ずいえん思議しぎなり

(48)

弥陀みだじょうしぬれば

すなはち諸仏しょぶつするなり

一心いっしんをもちて一仏いちぶつ

ほむるは無礙むげにんをほむるなり

(49)

信心しんじんかんきょう所聞しょもん

乃曁ないかい一念いちねんしんしゃ

南無なも不可ふか思議しぎこうぶつ

めんらいしたてまつれ

(500565)

ぶっどくをほめ*しめて

じっぽうえんにきかしめん

信心しんじんすでにえんひとは

つねに仏恩ぶっとんほうずべし

じょうじゅう八首はっしゅ  禿とく親鸞しんらんさく

*にょらい *かんおんさつ
*だいせいさつ
*しゃ牟尼むに如来にょらい *富楼那ふるな尊者そんじゃ
*大目だいもく犍連けんれん
*なん尊者そんじゃ
*びんしゃおう *だいにん
*耆婆ぎば大臣だいじん
*月光がっこう大臣だいじん
*だい尊者そんじゃ *じゃおう
*ぎょう大臣だいじん
 守門しゅもんしゃ

大経讃

じょうさん  禿とく親鸞しんらんさく

¬だいきょうの¼ こころ

じゅうしゅ

  阿難の請問

(51)

尊者そんじゃなんよりたち

そんこう瞻仰せんごう

ミタテマツル

しょう希有けうしんとおどろかし

アリガタキコヽロトイフ

ぞうけんとぞあやしみし

イマダムカシミタテマツラズ

(52)

如来にょらい光瑞こうずい希有けうにして

ヒカリアリガタシトナリ

なんはなはだこころよく

にょ之義しぎととへりしに

*しゅっほんあらはせり

ホトケコノヨニイデタマフトナリ

  釈尊の応答

(530566)

*だい寂定じゃくじょうにいりたまひ

如来にょらい光顔こうげんたへにして

なんけんをみそなはし

もん慧義えぎとほめたまふ

(54)

如来にょらいこうほんには

ヨニイデタマフコヽロハトイフ

本願ほんがん真実しんじつひらきてぞ

なん難見なんけんとときたまひ

マウアヒガタクミタテマツリガタシトナリ

霊瑞れいずいとしめしける

ウドムグノサクコトノマレナルガゴトクトナリ

  本願の超異

(55)

弥陀みだじょうぶつのこのかたは

いまに十劫じっこうとときたれど

塵点じんでんおんごうよりも

ひさしきぶつとみえたまふ

(56)

南無なも不可ふか思議しぎこうぶつ

*にょうおうぶつのみもとにて

じっぽうじょうのなかよりぞ

本願ほんがんせんじゃく摂取せっしゅする

  弥陀真実の利益

(57)

無礙むげこうぶつのひかりには

清浄しょうじょうかん智慧ちえこう

そのとく不可ふか思議しぎにして

じっぽうしょやくせり

(58) ª本願ノコヽロ第十八ノ選択本願ナリº

しんしんぎょうよくしょう

じっぽうしょをすすめてぞ

思議しぎ誓願せいがんあらはして

真実しんじつほういんとする

(590567)

真実しんじつ信心しんじんうるひとは

すなはちじょうじゅのかずにいる

退たいのくらゐにいりぬれば

かならずめつにいたらしむ

ネチハンノサトリヲヒラクナリ

(60) ª三十五ノ願ノコヽロナリº

弥陀みだだいふかければ

ぶっ思議しぎをあらはして

へんじょうなんがんをたて

女人にょにんじょうぶつちかひたり

  第十九願の意

(61) ª十九ノ願ノコヽロ諸行往生ナリº

しん発願ほつがんよくしょう

じっぽうしゅじょう方便ほうべん

*衆善しゅぜんもんひらきてぞ

*げん人前にんぜんがんじける

(62)

りんじゅう現前げんぜんがんにより

しゃ諸善しょぜんをことごとく

¬かんぎょう¼ いちにあらはして

じょうさんしょをすすめけり

(63)

諸善しょぜんまんぎょうことごとく

しん発願ほつがんせるゆゑに

おうじょうじょう方便ほうべん

ぜんとならぬはなかりけり

  第二十願の意

(64) ª二十ノ願ノコヽロナリ自力ノ念仏ヲ願ジタマヘリº

しんこうよくしょう

じっぽうしゅじょう方便ほうべん

*みょうごう真門しんもんひらきてぞ

不果遂者と願じける

ツヰニハタシトゲントナリ

(650568)

*すいがんによりてこそ

しゃ善本ぜんぽん徳本とくほん

¬弥陀みだきょう¼ にあらはして

*いちじょうをすすめける

(66)

じょうさんりき称名しょうみょう

すいのちかひにしてこそ

ハタシトグベシ

をしへざれどもねん

真如しんにょもんてんにゅうする

ウツリイルトイフ

  疑惑の過失

(67)

安楽あんらくじょうをねがひつつ

りきしんをえぬひとは

ぶっ思議しぎをうたがひて

へんまんにとまるなり

  弥陀法の難信

(68)

如来にょらいこうにあひがたく

ヨニイデタマフコトカタシトナリ

諸仏しょぶつきょうどうききがたし

さつしょうぼうきくことも

りょうこうにも*まれらなり

(69)

ぜんしきにあふことも

をしふることもまたかたし

よくきくこともかたければ

しんずることもなほかたし

(70)

*一代いちだいしょきょうしんよりも

がんしんぎょうなほかたし

なんちゅうなんとときたまひ

カタキガナカニカタシトナリ

無過むかなんとのべたまふ

コレニスギテカタキコトナシトナリ

  聖浄の二門

(710569)

ねんぶつじょうぶつこれしんしゅう

まんぎょう諸善しょぜんこれもん

権実ごんじつしんをわかずして

ねんじょう*えぞしらぬ

(72)

しょうどうごん方便ほうべん

しゅじょうひさしくとどまりて

しょてんとぞなる

*がんいちじょうみょうせよ

じょう ¬だいきょうの¼ こころ

観経讃

¬かんぎょうの¼ こころ

しゅ

  韋提の別選

(73)

恩徳おんどく広大こうだいしゃ如来にょらい

だいにんちょくしてぞ

光台こうだい現国げんこくのそのなかに

安楽あんらくかいをえらばしむ

  阿闍世の逆害

(74)

びんしゃおうちょくせしめ

宿しゅくいんそのをまたずして

*仙人せんにん殺害せつがいのむくひには

*しちじゅうのむろにとぢられき

(75)

じゃおうしんして

オモテノイカリ

コヽロノイカリ

我母がもぞくとしめしてぞ

どうははがいせんと

ソコナフトナリ

つるぎをぬきてむかひける

(760570)

耆婆ぎば月光がっこうねんごろに

せん陀羅だらとはぢしめて

不宜ふぎじゅうそうしてぞ

コヽニトヾマルベカラズトマフシケルナリ

闍王じゃおうぎゃくしんいさめける

(77)

耆婆ぎば大臣だいじんおさへてぞ

却行きゃくぎょう退たいせしめつつ

シリゾキユカシメキ

闍王じゃおうつるぎをすてしめて

だいをみやにきんじける

イマシメシナリ

  聖衆の善化

(78)

弥陀みだしゃ方便ほうべんして

なん目連もくれん富楼那ふるなだい

だっ闍王じゃおうびんしゃ

耆婆ぎば月光がっこうぎょうとう

(79)

*だいしょうおのおのもろともに

ぼんていのつみひとを

ぎゃくあくもらさぬ誓願せいがん

方便ほうべんいんにゅうせしめけり

(80)

しゃだい方便ほうべんして

*じょうえんじゅくすれば

*ぎょう大臣だいじんしょうとして

闍王じゃおうぎゃくあくこうぜしむ

  廃立の経意

(81)

じょうさんしょ各別かくべつ

りき三心さんしんひるがへし

如来にょらい利他りた信心しんじん

ホンガンシンジチノシンジムナリ

つうにゅうせんとねがふべし

0571じょう ¬かんぎょうの¼ こころ

弥陀経讃

¬弥陀みだきょうの¼ こころ

しゅ

  弥陀の名称

(82)

じっぽうじんかい

ねんぶつしゅじょうをみそなはし

摂取せっしゅしてすてざれば

オサメトリタマフトナリ

弥陀みだとなづけたてまつる

  諸仏の讃嘆

(83)

恒沙ごうじゃ塵数じんじゅ如来にょらい

*まんぎょうしょうぜんきらひつつ

みょうごう思議しぎ信心しんじん

ひとしくひとへにすすめしむ

(84)

じっぽう恒沙ごうじゃ諸仏しょぶつ

*ごく難信なんしんののりをとき

じょくあくのためにとて

証誠しょうじょうねんせしめたり

(85)

諸仏しょぶつねん証誠しょうじょう

*がんじょうじゅのゆゑなれば

金剛こんごうしんをえんひとは

弥陀みだ大恩だいおんほうずべし

  濁世の出要

(86)

じょくあくあくかい

じょくあく邪見じゃけんしゅじょうには

弥陀みだみょうごうあたへてぞ

恒沙ごうじゃ諸仏しょぶつすすめたる

0572じょう ¬弥陀みだきょうの¼ こころ

諸経讃

しょきょうのこころによりて弥陀みださん

しゅ

  仏徳の讃嘆

(87)

みょうたいをあはれみて

法身ほっしん光輪こうりんきはもなく

ヒカリナリ

無礙むげこうぶつとしめしてぞ

あんにょうかい影現ようげんする

アラハレタマフ

(88)

おんじつじょう弥陀みだぶつ

じょくぼんをあはれみて

しゃ牟尼むにぶつとしめしてぞ

*迦耶がやじょうには応現おうげんする

(89)

ひゃくせんていこうをへて

ひゃくせんていのしたをいだし

したごとりょうのこゑをして

弥陀みだをほめんになほつきじ

  行者の証悟

(90)

だいしょうおうとときたまふ

シヤカ仏ナリ

ユキヤスシトナリ

じょうをうたがふしゅじょうをば

げんにんとぞなづけたる

マナコナキヒトヽイフ

無耳むににんとぞのべたまふ

ミヽナキヒトヽイフ

(91)

じょうじょうしんだつ

マコトニサトリヒラクナリ

しんだつ如来にょらいなり

しんだつにいたりてぞ

あい無疑むぎとはあらはるる

ヨクノコヽロナシウタガフコヽロナシトナリ

(920573)

*びょうどうしんをうるときを

いっ子地しじとなづけたり

いっ子地しじぶっしょうなり

あんにょうにいたりてさとるべし

(93)

如来にょらいすなはちはんなり

はんぶっしょうとなづけたり

ぼんにしてはさとられず

あんにょうにいたりてしょうすべし

(94)

信心しんじんよろこぶそのひとを

如来にょらいとひとしとときたまふ

だい信心しんじんぶっしょうなり

ぶっしょうすなはち如来にょらいなり

(95)

しゅじょう有礙うげ*さとりにて

ヨロヅノコトサヘラルヽコヽロナリ

無礙むげぶっをうたがへば

ぞう婆羅ばらびん陀羅だらごくにて

こうしゅにしづむなり

じょうしょきょうのこころ

現世利益讃

げんやくさん

じゅうしゅ

  鎮護国家の益

(96)

弥陀みだ如来にょらいらいして

キタリテアハレミタマフ

息災そくさい延命えんめいのためにとて

シチナンヲトヾメイノチヲノベタマフナリ

¬*金光こんこうみょう¼ の 「寿じゅりょうぼん

コノジユリヤウホムハミダノトキタマヘルナリ

ときおきたまへるみのりなり

(970574)

さん*でんぎょうだい

こく人民にんみんをあはれみて

*七難しちなんしょうめつ誦文じゅもんには

南無なも弥陀みだぶつをとなふべし

  罪障消滅の益

(98)

一切いっさいどくにすぐれたる

南無なも弥陀みだぶつをとなふれば

さん重障じゅうしょうみなながら

オモキツミナリ

かならずてんじてきょうなり

カロクナシスクナクナスウスクナス

(99)

南無なも弥陀みだぶつをとなふれば

このやくきはもなし

てんりんのつみきえて

*じょうごう*ちゅうようのぞこりぬ

  諸衆護念の益

(100)

南無なも弥陀みだぶつをとなふれば

梵王ぼんてんたいしゃくきょう

諸天しょてん善神ぜんじんことごとく

よるひるつねにまもるなり

(101)

南無なも弥陀みだぶつをとなふれば

*てん大王だいおうもろともに

よるひるつねにまもりつつ

よろづのあくをちかづけず

アシキオニナリ

(102)

南無なも弥陀みだぶつをとなふれば

*堅牢けんろう地祇じぎそんきょう

かげとかたちとのごとくにて

よるひるつねにまもるなり

(1030575)

南無なも弥陀みだぶつをとなふれば

*なん跋難ばつなんだいりゅうとう

りょうりゅうじんそんきょう

よるひるつねにまもるなり

(104)

南無なも弥陀みだぶつをとなふれば

*えん法王ほうおうそんきょう

*どうみょうかんみなともに

よるひるつねにまもるなり

(105)

南無なも弥陀みだぶつをとなふれば

*他化たけてんだいおう

しゃ牟尼むにぶつのみまへにて

まもらんとこそちかひしか

(106)

天神てんじん地祇じぎはことごとく

ぜんじんとなづけたり

これらの善神ぜんじんみなともに

ねんぶつのひとをまもるなり

(107)

願力がんりき思議しぎ信心しんじん

だいだいしんなりければ

てんにみてるあくじん

みなことごとくおそるなり

(108)

南無なも弥陀みだぶつをとなふれば

観音かんのんせいはもろともに

恒沙ごうじゃ塵数じんじゅさつ

かげのごとくににそへり

(1090576)

無礙むげこうぶつのひかりには

しゅ弥陀みだましまして

ぶつおのおのことごとく

真実しんじつ信心しんじんをまもるなり

(110)

南無なも弥陀みだぶつをとなふれば

じっぽうりょう諸仏しょぶつ

ひゃくじゅうせんじゅうにょうして

よろこびまもりたまふなり

じょうげんやく

勢至讃

¬*しゅりょうごんぎょう¼ によりてだいせいさつさんしたてまつる

はっしゅ

  念仏の円通

(111)

せい*ねんぶつ円通えんずうして

*じゅうさつもろともに

すなはちよりたたしめて

仏足ぶっそくちょうらいせしめつつ

(112)

きょうしゅそんにまうさしむ

おうじゃくごうしゃこう

ぶつにいでたまへりき

りょうこうとまうしけり

(113)

*じゅう如来にょらいあひつぎて

じゅうこうをへたまへり

さい如来にょらいをなづけてぞ

ちょう日月にちがつこうとまうしける

  念仏三昧の徳

(1140577)

ちょう日月にちがつこう*このには

ねんぶつ三昧ざんまいをしへしむ

じっぽう如来にょらいしゅじょう

いっのごとく憐念れんねん

(115)

ははをおもふがごとくにて

しゅじょうぶつおくすれば

*現前げんぜん当来とうらいとほからず

如来にょらい拝見はいけんうたがはず

(116)

*染香ぜんこうにんのそのには

こうあるがごとくなり

これをすなはちなづけてぞ

*香光こうこうしょうごんとまうすなる

  自利利他の徳

(117)

われもと*いんにありしとき

ねんぶつこころをもちてこそ

しょうにんにはいりしかば

いまこのしゃかいにして

(118)

ねんぶつのひとを摂取せっしゅして

じょうせしむるなり

だいせいさつ

大恩だいおんふかくほうずべし

じょうだいせいさつ

*源空げんくうしょうにんほんなり。

 

底本は龍谷大学蔵文明五年蓮如上人開版本(文明本)。
称讃浄土教… この引文は註釈版にない。 聖典全書 (中段・国宝本) の原文より有国が書き下した。
弥陀の名号… 冠頭の二首の和讃は、 念仏する者の中に、 本願を信じて称える者と、 疑いながら称える者があることを示して、 信を勧め疑を誡められたものである。
誓願不思議 阿弥陀仏の誓願せいがんは人間の思慮分別や議論を超えているので不思議という。
宮殿 へん (方便化土けど) 七宝の宮殿。 本願疑惑の行者はこの宮殿に生れて五百年の間、 三宝を見聞せず、 じょうやくすることができないという。
釈して…安養といふ 通常は 「釈して無量寿と名づく。 経にへて奉讃す。 また安養ともいふ」 と読む。 ¬讃弥陀偈¼ を経典と同等とみて、 本文のように読み改めたのであろう。
せしむれば したてまつれば。
 ¬大経¼ (下) の 「往覲おうごん」 のこと。
 「薫」 は底本には 「勲」 とある。
三十六百千億 浄土のれんには百千億の花びらがあり、 その花びらに青・白・玄・黄・朱・紫の六光があって相互に照らし合うから六六三十六の百千億の光になる。 一即一切、 一切即一という無礙むげの相をあらわしている。
しめて たてまつりて。
阿弥陀如来… 以下は ¬観経¼ に出る二尊と十三の聖者 (雨行大臣は ¬涅槃経¼ に出る) を列挙したもの。
出世の本意 釈尊がこの世に出現した本意、 真の目的。
饒王仏 →在王ざいおうぶつ
衆善の仮門 諸善万行を修めて往生を願うごんの法門。
現其人前 臨終にその人の前に仏が現れる。 来迎らいこうの意。
名号の真門 名号を自己の善根ぜんごんとして称える自力念仏の法門。
果遂の願 第二十願。 果遂は 「はたしとげる」 という意で、 一には仮土けど往生を、 二には第十八願 (がん) への転入をはたしとげさせるということ。
一乗の機を… 本願一乗の法を受けとることのできるものに育てたという意。
まれらなり めったにない。
一代諸教 釈尊が一生の間に説いた教法。
えぞしらぬ とうてい知ることができない。
悲願の一乗 大悲の願によって成就された、 万人を平等に成仏せしめる唯一絶対の教法。
仙人殺害 仙人は三年後にはびんしゃおうの太子として生れかわるべく定まっていたが、 王は早く太子が欲しいばかりにその時期をまたないで仙人を殺害した。
七重のむろ 七重に囲まれ閉ざされた部屋。
却行而退 「却行して退く」 あとずさりすること。
大聖 前首に列挙した人々が還相げんそうしょうじゃであることを示す。
浄土の機縁 浄土教が説き明かされる機縁。 じゃの逆悪を指す。
雨行… だいだっが阿闍世に語った過去の因縁いんねんが本当であるということを雨行大臣 (第78首の行雨はその異称) が証言して、 阿闍世の逆悪が起った。
万行の少善 念仏を善根ぜんごんどくというのに対し、 それ以外のあらゆる行 (万行) を少善とする。
極難信ののり きわめて信じ難い教法。 →難信なんしんほう
悲願 第十七願を指す。
平等心 愛情をこえた怨親おんしん平等の心をいう。
さとり 了見。 考え。
金光明 →金光こんこう明経みょうきょう
伝教大師 →さいちょう
七難… ¬七難しちなんしょうめつこくじゅ¼ に七難等の滅除に言及して 「依正安穏にして念仏を修せん」 とある。
四天大王 →天王てんのう
難陀跋難 八大竜王の中の二竜王。 竜王は仏法を守護するじん
炎魔法王 えんおうのこと。
五道の冥官 地獄・餓鬼がきちくしょう・人・天の五道の罪をさばく冥界の官吏。
他化天の大魔王 欲界よくかいの最上界である他化たけざいてん (第六天) の魔王。
五十二菩薩 勢至菩薩とともに ¬首楞厳経¼ の会座えざに列なった菩薩たち。
十二の如来 →じゅうこう
この身 勢至菩薩を指す。
現前当来 現在と未来。 この世と浄土。
染香人 仏の智慧ちえの香りに染まった人。 念仏の行者をいう。
香光荘厳 阿弥陀仏よりたまわった智慧の香りと光によって、 念仏者の人生が美しく飾られること。
因地 ここでは勢至菩薩がまだ無生法忍の果を得ていない時の意。
源空聖人… 法然ほうねん上人は勢至菩薩のしんと信じられていた。