0625じょう0577さんぎょうおうじょう文類もんるい

 

大経往生
  略明義
   

【1】 ^*だいきょうおうじょうといふは、

一 Ⅰ
      明往生体
       

^如来にょらいせんじゃく本願ほんがん*不可ふか思議しぎ願海がんかい、 これをりきもうすなり。

一 Ⅰ ⅱ a

^これすなはち*念仏ねんぶつおうじょう願因がんいんによりて、 *ひっめつがんをうるなり。

一 Ⅰ ⅱ 明往生相
        約即往生

^げんしょう正定しょうじょうじゅくらいじゅうして、 かならず真実しんじつほうにいたる。

一 Ⅰ ⅱ b 約証大涅槃

^これは弥陀みだ如来にょらい往相おうそうこう真因しんいんマコトノなるインナリがゆゑに、 じょうはんのさとりをひらく。

一 Ⅰ

^これを ¬だいきょう¼ のしゅうムネトストナリ。 このゆゑにだいきょうおうじょうもうす、 またなんおうじょうもうすなり。

広引文
    正約往相回向
      正引
        経文
          (一)列引
            (Ⅰ)顕真実行文
              (ⅰ)標挙

05782】 ^この如来にょらい往相おうそうこうにつきて、 真実しんじつぎょうごうあり。 すなはち諸仏しょぶつ称名しょうみょうがん (第十七願) にあらはれたり。

一 Ⅱ ⅰ a イ (一)(Ⅰ)(ⅱ)引文
                (a)称名悲願文

^称名しょうみょうがんは ¬*だいりょう寿じゅきょう¼ (上) にのたまはく、

^たとひわれぶつんに、 十方じっぽうかいりょう諸仏しょぶつ、 ことごとくしゃし、 わがしょうせずは、 しょうがくらじ」 と。

たとわれむにぶち、十ぱうかいりやう諸仏しよぶちことごとしやヨロヅノしようホトケニホメラルヽナリ しやうがく↡。」

一 Ⅱ ⅰ a イ (一)(Ⅰ)(ⅱ)(b)行信成就文

 ^称名しょうみょうしんぎょうがん (第十七・十八願) じょうじゅもん、 ¬きょう¼ (大経・下) にのたまはく、

^十方じっぽう恒沙ごうじゃ諸仏しょぶつ如来にょらい、 みなともにりょう寿じゅぶつじんどく不可ふか思議しぎなるを0626讃嘆さんだんしたまふ。 ^あらゆるしゅじょう、 そのみょうごうきて信心しんじんかんして、 ない一念いちねんせん。 しんこうしたまへり。 かのくにうまれんとがんずれば、 すなはちおうじょう退転たいてんじゅうせん。 ただぎゃくしょうぼうほうするをのぞ」 と。

「十ぱう恒沙ごうじや諸仏しよぶち如来によらいみなともさんだんしたまふりやう寿じゆぶちじんどく不可ふか思議しぎなるを↡。諸有あらゆるしゆじやうきゝみやうがう信心しんじむくわんしてないねむせむしむかうしたまへりぐわんずればむまれむとくに↡、すなわわうじやう↡、ぢゆせむ退転たいてん↡。たゞのぞくとぐゐやくソシリはうソシルるをしやうぼふ↡。」

一 Ⅱ ⅰ a イ (一)(Ⅱ)顕真実信文
              (ⅰ)標挙

【3】 ^また真実しんじつ信心しんじんあり。 すなはち念仏ねんぶつおうじょうがん (第十八願) にあらはれたり。

一 Ⅱ ⅰ a イ (一)(Ⅱ)(ⅱ)引文
                (a)大経

^しんぎょうがんは ¬だいきょう¼ (上) にのたまはく、

^たとひわれぶつたらんに、 十方じっぽうしゅじょうしんしんぎょうして、 わがくにうまれんとおもうて、 ないじゅうねんせん。 もしうまれずは、 しょうがくらじと。 ただぎゃくしょうぼうほうせんをのぞかん」 と。

たとわれ0579たらむにぶち、十ぱうしゆじやうしむ信楽しんげうしておもふてむまれむとくに↡、ないねむせむむましやうがく↡。たゞのぞかむとぐゐやくはうせむをしやうぼふ↡。」

一 Ⅱ ⅰ a イ (一)(Ⅱ)(ⅱ)(b)寿会

 ^同本どうほんやくの ¬*りょう寿じゅ如来にょらい¼ (上) にのたまはく、

^もしわれじょうかくしょうとくせんとき、 ぶっせつのうちのもろもろのじょうるい、 わがきをはりて、 しょ善根ぜんごん心々しんしんこうして、 わがくにうまれんとがんじて、 ないじゅうねんせん。 もしうまれずは、 だいらじと。 ただけん悪業あくごうつくり、 しょうぼうおよびもろもろのしょうにんほうせんをのぞかん」 と。

われしようとくせむじやうかくとき仏刹ぶちせちうちクニトイフもろもろじやうるいきゝおはりてしよ善根ぜんごん心心しむしむかうしてぐわんじてむまれむとくに↡、ないねむせむむまだい↡。たゞのぞかむとつくけん悪業あくごふ↡、はうせむをしやうぼふおよもろもろしやうにん↥。」

一 Ⅱ ⅰ a イ (一)(Ⅲ)顕真実証文
              (ⅰ)標挙

【4】 ^また真実しんじつしょうマコトノサトリり。 ヲイフナリすなはちひっめつがん (第十一願) にあらはれたり。

一 Ⅱ ⅰ a イ (一)(Ⅲ)(ⅱ)引文
                (a)因願
                  (イ)大経

^しょうマコトノホトケがんトナルナリ ¬だいきょう¼ (上) にのたまはく、

^たとひわれぶつたらんに、 くにのうちの人天にんでんじょうじゅじゅうし、 かならずめついたらずは、 しょうがくらじ」 と。 0627

たとわれたらむにぶちくにうち人天にんでんぢゆじやうじゆ↡、かならいためち0580しやうがく↡。」

一 Ⅱ ⅰ a イ (一)(Ⅲ)(ⅱ)(a)(ロ)寿会

 ^同本どうほんやくの ¬りょう寿じゅ如来にょらい¼ (上) にのたまはく、

^もしわれじょうぶつせんに、 くにのうちのじょう、 もしけつじょうして*とうしょうがくだいはんしょうせずは、 だいらじ」 と。

われじやうぶちせむにくにうちじやう決定くゑちぢやうしてとうしやうがくしようだい涅槃ねちはんだい↡。」

一 Ⅱ ⅰ a イ (一)(Ⅲ)(ⅱ)(b)成就
                  (イ)寿会本願成就

 ^¬りょう寿じゅ如来にょらい¼ (下) にのたまはく、

^ほう仏国ぶっこくしょしゅじょうりょう寿じゅ如来にょらいみょうごうきてよく一念いちねんじょうしんおこして*かんあいぎょうせん。 あらゆる善根ぜんごんこうしてりょう寿じゅこくうまれんとがんぜば、 がんしたごうてみなうまれて、 退転たいてんないじょうしょうとうだいんと。 けんしょうぼうほうし、 およびしょうじゃほうぜんをばのぞかん」 と。

はう仏国ぶちこくしよしゆじやうきゝりやう寿じゆ如来によらいみやうがうおこして↢一ねむじやうしんくわん愛楽あいげうせむ善根ぜんごんかうしてぐわんむまれむとりやう寿じゆこくしたがふてぐわんみなむまれてむと退転たいてんないじやうしやうとうだい↡。のぞかむとけんはうしやうぼふ↡、およはうぜむをばしやうじや↥。」

一 Ⅱ ⅰ a イ (一)(Ⅲ)(ⅱ)(b)(ロ)大経証願成就

 0581^ひっめつしょうだいはんがん (第十一願) じょうじゅもん、 ¬だいきょう¼ (下) にのたまはく、

^それしゅじょうあつて、 かのくにうまれんもの、 みなことごとく正定しょうじょうじゅじゅうせん。 ゆゑはいかんとなれば、 かの仏国ぶっこくのうちにはもろもろの邪聚じゃじゅおよびじょうじゅはなければなり」。

しゆじやう↡、むまれむくにものみなことごとぢゆせむ正定しやうぢやうじゆ↡。所以ゆへいかんとなれば仏国ぶちこくうちにはければなりもろもろ邪聚じやじゆジリキノおよモロモロノゼンニンナリぢやうじゆジリキノネムブチシヤナリ↡。」

一 Ⅱ ⅰ a イ (一)(Ⅲ)(ⅱ)(b)(ハ)寿会証願成就

 ^また ¬如来にょらい¼ (下) にのたまはく、

^かのくにしゅじょうと、 もしまさにうまれんものは、 みなことごとくじょうだいきょうし、 はんところいたらん。 なにをもつての0628ゆゑに。 もしじゃじょうじゅおよびじょうじゅは、 かのいんこんりゅうせることをりょうすることあたはざるがゆゑなり」 と。 以上抄要

くにしゆじやうたうマサむまれむものみなことごときやうじやうだい↡、いたらむ涅槃ねちはんところ↡。なにてのゆへじやぢやうじゆおよぢやうじゆるがあたれうすることこんりふせることをいんゆへなりと。」 已上抄要

一 Ⅱ ⅰ a イ (二)釈成
            (Ⅰ)直就大経釈

【5】 ^この真実しんじつ称名しょうみょう真実しんじつしんぎょうをえたるひとは、 すなはち正定しょうじょうじゅくらいじゅうせしめんとちかひたまへるなり。

一 Ⅱ ⅰ a イ (二)(Ⅱ)転就寿会釈
              (ⅰ)正釈

^この正定しょうじょうじゅじゅうするを、 とうしょうるとものたまへるなり。 とうしょうがくもうすは、 0582なはちしょろくさつとおなじくらいとなるきたまへり。

一 Ⅱ ⅰ a イ (二)(Ⅱ)(ⅱ)引証

^しかれば、 ¬だいきょう¼ (下) には 「にょろくツイデミロクノゴトシトナリのたまへり。

一 Ⅱ ⅰ a 論文
          (一)妙声眷属功徳

 ^¬じょうろん¼ (*論註・下) にいはく

^ªしょうごん妙声みょうしょうどくじょうじゅは、 に «ぼんしょう深遠じんのん みょうもん十方じっぽう» とのたまへるがゆゑにº と。

しやうごむめうしやうどくじやうじゆのたまへるがぼむしやう深遠じむおんめうもんぱうゆへにと

^これいかんぞ思議しぎなるや。 ¬きょう¼ にのたまはく、 ªもしひと、 ただかのこく清浄しょうじょう安楽あんらくなるをきて、 剋念こくねんしてうまれんとがんずると、 またおうじょうると、 すなはち正定しょうじょうじゅるº。 これはこれ、 こくみょうぶつをなす。 いづくんぞ思議しぎすべきや。

これ云何いかん不思議ふしぎなるやきやうのたまはくひとたゞきゝこく清浄しやうじやう安楽あんらくなるを↡、剋念こくねむしてぐわんずるとむまれむとまたるとわうじやう↡、すなわ正定しやうぢやうじゆ↡。これこれこくみやうぶち↡。いづくんぞきや思議しぎ↡。

^ªしょうごん眷属けんぞくどくじょうじゅは、 に «如来にょらいじょうしゅ しょうがくしょう》とのたまへるがゆゑにº と。

しやうごむくゑんぞくどくじやうじゆのたまへるが如来によらいじやうくゑしゆしやうがくくゑくゑしやうゆへにと

^これいかんぞ思議しぎなるや。 おほよそこれざっしょうかいは、 もしはたいもしはらんもしは湿しつもしは眷属けんぞくそこばくなり。 らく万品まんぼんなり。 雑業ぞうごうをもつてのゆゑに。 かの安楽あんらくこくは、 これ弥陀みだ如来にょらいしょうがくじょうしょうするところにあらざるこ0629となし。 同一どういつ念仏ねんぶつしてべつどうなきがゆゑに。 とおつうずるにそれかいのうちみなきょうだいとするなり。 眷属けんぞくりょうなり。 いづくんぞ思議しぎすべきや」。

これ云何いかん不思議ふしぎなるやおほよこれざふしやうかいしはたいしはらんしは湿しちしはくゑくゑんぞく若干そこばくなりらく万品まんぼむなりての雑業ざふごふゆへ安楽あんらくこくあらざることこれ弥陀みだ如来によらいしやうがくじやうくゑところくゑしやうする↡。どう念仏ねむぶちしてきがべちだうゆへとおつうずるにかいうちみなくゐやうアニ だいオトヽなりくゑん0583ぞくりやうなりいづくんぞきや思議しぎ↡。」

一 Ⅱ ⅰ a ロ (二)大義門功徳

 ^またのたまはく (論註・下)

^おうじょうがんずるもの、 もとはすなはち三三さんざんほんなれども、 いまはいちことなることなし。 またじょういちなるがごとし。 いづくんぞ思議しぎすべきや」。

ぐわんずるわうじやうものもとすなわ三三ほむなれどもいま↢一二ことなること↡。またごとミヅナリじようミヅナリ じきれうかへしなるが↡。いづくんぞきや思議しぎ↡。」

一 Ⅱ ⅰ a ロ (三)清浄功徳

 ^また ¬ろん¼ (論註・下) にいはく、

^ªしょうごん清浄しょうじょうどくじょうじゅは、 に «かんかいそう しょう三界さんがいどう» とのたまへるがゆゑにº と。

しやうごむ清浄しやうじやうどくじやうじゆのたまへるがくわんかいさうしようぐわがいだうゆへにと

^これいかんぞ思議しぎなるや。 ぼんにん煩悩ぼんのうじょうじゅせるあつて、 またかのじょうしょうるに、 三界さんがいごうひっきょうじてかず。 すなはちこれ煩悩ぼんのうだんぜずしてはんぶん いづくんぞ思議しぎすべきや」。 以上抄要

これ云何いかん不思議ふしぎなるやぼむにん煩悩ぼむなうじやうじゆせる↡、またるにしやうじやう↡、三がいごふひちきやうじてすなわこれしてだん煩悩ぼむなう涅槃ねちはんぶん↡。いづくんぞきや思議しぎ↡。」 已上抄要

一 Ⅱ ⅰ 結示

【6】 ^この弥陀みだ如来にょらい往相おうそうこうせんじゃく本願ほんがんをみたてまつるなり。 これをなんおうじょうもうす。 これをこころえて、 りきにはなきをとすとしるべ0584し。

一 Ⅱ 因約還相回向
      論文
       

【7】 ^ふたつに還相げんそうこうといふは、

一 Ⅱ ⅱ a

¬*じょうろん¼ にいはく、

^本願ほんがんりきこうをもつてのゆゑに、 これを*しゅつだいもんづく」 といへり。

てのほんぐわんりきかうゆへこれづくといへりしゆつだいもん↡。」

一 Ⅱ ⅱ a

^これは還相げんそうこうなり。

一 Ⅱ ⅱ 経文
       

いっしょうしょがん (第二十二願) にあらはれたり。

一 Ⅱ ⅱ b

 ^0630だいだいがん (第二十二願) 、 ¬だいきょう¼ (上) にのたまはく、

^たとひわれぶつたらんに、 ほうぶつのもろもろのさつしゅ、 わがくにらいしょうすれば、 きょうしてかならずいっしょうしょいたる。 その本願ほんがんざいしょしゅじょうのためのゆゑに、 ぜいがいて、 徳本とくほんしゃくるいし、 一切いっさいだつし、 諸仏しょぶつくにあそびて、 さつぎょうしゅし、 十方じっぽう諸仏しょぶつ如来にょらいようし、 恒沙ごうじゃりょうしゅじょうかいしてじょうしょうしんどうりゅうせしめんをばのぞかんと。 じょうりん超出ちょうしゅつし、 しょぎょう現前げんぜんし、 げんとくしゅじゅうせん。 もししからずは、 しょうがくらじ」 と。

たとわれたらむにぶちはうぶちもろもろさちしゆらいしやうキタリムマルすればくに↡、きやうしてかならいた↢一しやうしよ↡。のぞかむとほんぐわんざいしよくゑためしゆじやうゆへぜいがいヨロイ↡、しやくるい徳本とくほん↡、だちさい↡、あそびて諸仏しよぶちくに↡、しゆさちぎやう↡、やうぱう諸仏しよぶち如来によらい↡、かいくゑして恒沙ごうじやりやうしゆじやう使めむをばりふじやうしやうしんだう↡。てうしゆつじやうりん↡、しよぎやう現前げんぜんしゆじふせむげんとく↡。しかしやうがく↡。」

一 Ⅱ ⅱ b

 ^このがんは、 如来にょらい還相げんそうこうおんちかひなり。

一 Ⅱ 通結他力回向
      正明

【8】 ^如来にょらいしゅこうによりて、 真実しんじつ*しんぎょうをうるひと0585、 かならず正定しょうじょうじゅくらいじゅうするがゆゑにりきもうすなり。

一 Ⅱ ⅲ 引証

^しかれば、 ¬*りょう寿じゅきょう優婆うば提舎だいしゃがんしょう¼ にいはく、

^いかんがこうしたまへる。 一切いっさいのうしゅじょうてずして、 しんにつねにがんすらく、 こうしゅとしてだいしんじょうじゅすることをたまへるがゆゑに」 とのたまへり。

云何いかんかうしたまへるして↢一さいのうしゆじやう↡、しむつねぐわんすらくかうしゆたまへるがじやうじゆすることをだいしむゆへにとのたまへり。」

総結

 ^これは ¬だいりょう寿じゅきょう¼ のしゅうムネトストナリしたまへり。 これをなんおうじょうもうすなり。

観経往生
  略明義
   

【9】 ^*かんぎょうおうじょうといふは、

二 Ⅰ
      約発願

^しゅしょどくがん (第十九願) により、 しん発願ほつがんのちかひ0631にいりて、 万善まんぜんしょぎょうぜんこうしてじょうごんネガフせしシタフコヽロむるなり。

二 Ⅰ ⅱ 約開説

^しかれば、 ¬*りょう寿じゅぶつかんぎょう¼ には、 じょうぜん散善さんぜん三福さんぷくぼん諸善しょぜん あるいはりき称名しょうみょう念仏ねんぶつきて、 ぼんおうじょう0586をすすめたまへり。

二 Ⅰ ⅱ 示宗致

^これはりきのなかにりきしゅうムネトス としたまへり。

二 Ⅰ

^このゆゑにかんぎょうおうじょうもうすは、 これみな方便ほうべん化土けどおうじょうなり。 これを双樹そうじゅりんおうじょうもうすなり。

広引文
    経文
      至心発願之願
        因願
          (一)大経

【10】^しん発願ほつがんがん (第十九願)、 ¬だいきょう¼ (上) にのたまはく、

^たとひわれぶつんに、 十方じっぽうしゅじょうだいしんおこし、 もろもろのどくしゅして、 しん発願ほつがんしてわがくにうまれんとおもはん。 寿いのちおわらんときのぞまんに、 たとひ大衆だいしゅにょうしてそのひとまえげんぜずは、 しょうがくらじ」 と。

たとわれむにぶち、十ぱうしゆじやうおこだいしむ↡、しゆしてもろもろどく↡、しむほちぐわんしておもはむむまれむとくに↡。のぞまむに寿いのちおはらむとき↡、仮令たとひ大衆だいしゆねうしてカコミメグルげんひとまへしやうがく↡。」

二 Ⅱ ⅰ a イ (二)悲華経

 ^また ¬*悲華ひけきょう¼ 「*だいぼん」 にのたまはく、

^ねがはくは、 われのく多羅たらさんみゃくさんだいりをはらんに、 そのりょうへんそう諸仏しょぶつかいしょしゅじょう、 もしのく多羅たらさんみゃくさんだいしんおこし、 もろもろの善根ぜんごんしゅして、 わがかいうまれんとおもはば、 りんじゅうとき、 われまさに大衆だいしゅにょうしてそのひとまえげんずべし。 そのひと、 われをて、 すなはちわがまえにしてしんかんて、 われをるをもつてのゆゑに、 もろもろのしょうはなれてすなはちててわがかいらいしょうせし0632めん」 と。

ねがはくはわれ阿耨わあのく多羅たらさむみやくさむだいおはらむにりやうへんわあそう諸仏しよぶちかいしよしゆじやうおこ阿耨わあのく多羅たらさむみやくさむだいしむ↡、しゆしてもろもろ善根ぜんごん↡、おもむまれむとかい臨終りむじゆときわれまさ大衆だいしゆねうしてげんひとまへ↥。ひとわれすなわまへしむくわん↡、てのるをわれゆへ0587はなれてもろもろしやう即便すなわてゝらいしやうせしめむとかい↡。」

二 Ⅱ ⅰ a 成就

 ^しん発願ほつがんがん (第十九願) じょうじゅもん、 ¬だいきょう¼ (下) にのたまはく、

^ぶつなんげたまはく、 ª十方じっぽうかい諸天しょてん人民にんみん、 それしんいたしてかのくにうまれんとがんずることあらん。 おほよそ三輩さんぱいあり。 そのじょうはいは、 いえよくてて沙門しゃもんとなり、 だいしんおこして一向いっこうにもつぱらりょう寿じゅぶつねんじ、 もろもろのどくしゅしてかのくにうまれんとがんぜん。 これらのしゅじょう寿いのちおわらんときのぞみて、 りょう寿じゅぶつ、 もろもろの大衆だいしゅとそのひとまえげんぜん。 なん、 それしゅじょうあつて、 こんにおいてりょう寿じゅぶつたてまつらんとおもうて、 じょうだいしんおこどくしゅぎょうしてかのくにうまれんとがんずべし。º

ぶちげたまはく阿難わあなん↡、十ぱうかいしよてん人民にんみんらむいたしてしむぐわんずることむまれむとくに↡。おほよ↢三ぱい↡。じやうはいトモガラいゑよく沙門しやもん↡、おこしてだいしむ↡一かうもはねむりやう寿じゆ↡、しゆしてもろもろどくぐわんぜむむまれむとくに↡。これしゆじやうのぞみて寿いのちおはらむとき↡、りやう寿じゆぶちもろもろ大衆だいしゆげんぜむひとまへ↡。 阿難わあなんしゆじやう↡、おもふておいこむたてまつらむとりやう寿じゆ↥、おこじやうだいしむ↡、しゆぎやうしてどくぐわんむまれむとくに↡。

^ぶつなんかたりたまはく、 ªそれちゅうはいは、 十方じっぽうかい諸天しょてん人民にんみん、 それしんいたしてかのくにうまれんとがんずることあらん。 ぎょうじて沙門しゃもんとなり、 おおきにどくしゅすることあたはずといへども、 まさにじょうだいしんおこして一向いっこうにもつぱらりょう寿じゅぶつねんじ、 しょうぜんしゅし、 斎戒さいかい奉持ぶじし、 塔像とうぞうりゅうし、 沙門しゃもん飯食ぼんじきせしめ、 ぞうとうともし、 はなさんこうくべし。 これをもつてこうしてかのくにうまれんとがんぜん。 そのひとおわりにのぞみて、 つぶさに真仏しんぶつのごとく、 もろもろの大衆だいしゅとそのひとまえげんぜん。º 0633

ぶちかたりたまはく阿難わあなん↡、ちゆうはい、十ぱうかい諸天しよてん人民にんみんらむいたしてしむぐわんずることむまれむとくに↡。いゑどあたぎやうじて沙門しやもん↡、おほきにしゆ0588することどく↥、まさおこしてじやうだいしむ↡、一かうもはねむりやう寿じゆぶち↡、せうしゆぜん斎戒さいかい↡、りふ塔像たうざう↡、ぼむじきせしめ沙門しやもん↡、ぞうともとうさんはなかうこれかうしてぐわんぜむむまれむとくに↡。ひとのぞみておはり つぶさごと真仏しんぶち↡、もろもろ大衆だいしゆげんぜむひとまへ↡。

^ぶつなんげたまはく、 ªそれはいは、 十方じっぽうかい諸天しょてん人民にんみん、 それしんいたしてかのくにうまれんとおもふことあらん。 たとひもろもろのどくをなすことあたはずとも、 まさにじょうだいしんおこして一向いっこうこころをもつぱらにして、 ないじゅうねんりょう寿じゅぶつねんじて、 そのくにうまれんとがんずべし。 もし深法じんぽうきてかんしんぎょうしてわくしょうぜず、 ない一念いちねん、 かのほとけねんじて、 じょうしんをもつてそのくにうまれんとがんぜん。 このひとおわりにのぞみて、 *ゆめにかのぶつたてまつり、 またおうじょうん。 どく智慧ちえいでちゅうはいのもののごとくならんとなりº」 と。 以上略抄

ぶちげたまはく阿難わあなん↡、はい、十ぱうかい諸天しよてん人民にんみんらむいたしてしむおもふことむまれむとくに↡。仮使たとひともあたすこともろもろどく↡、まさおこしてじやうだいしむ↡、一かうもはらにしてこゝろないねむねむじてりやう寿じゆぶち↡、ぐわんむまれむとくに↡。若きゝ深法じむぼふフカキミノリくわん信楽しんげうしてしやうウタガフわくマドフ↡、ないねむねむじてほとけ↡、じやうしむぐわんぜむむまれむとくに↡。ひとのぞみておはりゆめたてまつりぶち↡、またわうじやう↡。どく智慧ちゑいでごとくならむとちゆうはいものなり。」 已上略抄

二 Ⅱ ⅰ 道場樹願
        因願

 0589^¬だいきょう¼ (上) にのたまはく、

^たとひわれぶつたらんに、 くにのうちのさつないしょうどくのもの、 そのどうじょうじゅりょう光色こうしきあつて、 たかひゃくまんなるをけんすることあたはずは、 しょうがくらじ」 と。

たとわれたらむにぶちくにうちさちないせうどくものあたけんすることだうぢやうじゆりやうくわうしきあてたか四百まんなるをしやうがく↡。」

二 Ⅱ ⅰ b 成就

 ^どうじょうじゅがん (第二十八願) じょうじゅもん、 ¬きょう¼ (大経・上) にのたまはく、

^またりょう寿じゅぶつ、 そのどうじょうじゅたかひゃくまんならん。 そのもとしゅうじゅうじゅんならん。 ようよもきてじゅうまんならん。 一切いっさい衆宝しゅぼうねんごうじょうせり。 月光がっこう摩尼まにかい輪宝りんぼう衆宝しゅぼうおうたるをもつてして、 これをしょうごんせり。 えだのあひだにしゅうそうして、 ほう瓔珞ようらくれたり。 ひゃく千万せんまんじきにして種々しゅじゅへんす。 りょうこうえん0634しょう耀ようきわまりなし。 ちんみょう宝網ほうもうそのうえ羅覆らふせり。 * 一切いっさいみな*甚深じんじん法忍ほうにん退転たいてんじゅうせん。 仏道ぶつどうるにいたるまで、 六根ろっこんしょうてつにしてもろもろの悩患のうげんなけん」 と。 以上略出

またりやう寿じゆぶちだうぢやうじゆたか四百まんならむもとしゆ五十じゆんならむエダえふ よもきて二十まんならむ。一さい衆宝しゆぼうねんがうじやうせり月光ぐわちくわう摩尼まにかい輪宝りんぼう衆宝しゆぼうわうたるをしてしやうごむせりこれ↡。しゆさうしてえだあひだ↡、れたりほう瓔珞やうらく↡。百千万色まんじきにして種種しゆじゆへんりやうくわうえむ照耀せうえうきわまり珍妙ちんめう宝網ほうまうコメせりオホエリうえ↡。さいみな甚深じむじむ法忍ほうにんぢゆせむ退たい0590てん↡。いたるまでるに仏道ぶちだう↡、六こんしやうキヨクてちにしてトホリテ けむともろもろなうぐゑん↡。」 已上略出

二 Ⅱ 釈文

 ^しゅりょうごんいん (*源信) の ¬*ようしゅう¼ (下) に、 かんぜん (*懐感)しゃく (*群疑論)きていはく、

^ふ。 ¬*さつ処胎しょたいきょう¼ の*だいきたまへり。 ª^西方さいほうこの*えんだいることじゅうおく*那由なゆ*まんがいありと。 こころおこしゅじょう弥陀みだ仏国ぶっこくうまれんとおもふもの、 ふかまんこくじゃくして、 前進すすみて弥陀みだ仏国ぶっこくうまるることあたはず。 おく千万せんまんしゅうとき一人いちにんあつて、 よく弥陀みだ仏国ぶっこくしょうずº といへり。 ^このきょうをもつて*じゅんなんするに、 しょうべしや。

。¬さち処胎しよたいきやう¼だいきたまへり西方さいはうることえむだい↡十二おく那由なゆりとまんがい↡。 おここゝろしゆじやうおもむまれむとわあ弥陀みだぶちこくものふかぢやくしてまんこく↡、あた前進 すゝ みてむまるゝことわあ弥陀みだぶちこく↡。おく千万せんまんしゆとき↢一人↡、しやうずとわあ弥陀みだぶちこく云云 いへ ウンウンきやうじゆんなんナズラヘナするにンズトイフしやしやう

^こたふ。 ¬ぐんろん¼ に善導ぜんどうしょうさきもんきて、 このなんしゃくせり。 またみづからじょじょうしていはく、 ª^このきょうもんにのたまはく、 «なにをもつてのゆゑに、 みなまんしてしゅうしんろうならざるによつてなり»。 ここにりぬ、 雑修ざっしゅのものはしゅうしんかたからざるのひととす。 かるがゆゑにまんこくしょうずるなり。 もし雑修ざっしゅせずして、 もつぱらこのごうぎょうずるは、 これすなはちしゅうしんろうにして、 さだめて極楽ごくらくこくしょうず。 またほうじょうしょうはきはめてすくなし。 じょうのなかにしょうずるものはすくなからず。 か0635るがゆゑにきょう別説べつせつ、 まことにそうせざるなり」 と。 以上略出

こた。¬ぐんろん¼善導でんだうくわしやうさきもんしやくせりなん↡。またみづか じよじやうしていはきやうしももんのたまはくなにてのゆへみな0591てなりまんしてしふしむるにらうならカタクカタシ↡。こゝりぬ雑修ざふしゆものしふしむかたからひと↡。かるがゆへしやうずるまんこくなりして雑修ざふしゆ↡、もはぎやうずるはごふ↡、これすなわしふしむらうにしてさだめてしやう極楽ごくらくこく↡。 またほうじやうしやうきわめてわあ弥陀みだぶちすくなくゑじやうなかしやうずるものすくなからかるがゆへきやう別説べちせちまことさうなり。」 已上略出

結示

【11】^これらのもんのこころにて、 双樹そうじゅりんおうじょうもうすことを、 よくよくこころえたまふべし。

小経往生
  略明義
   

【12】^*弥陀みだきょうおうじょうといふは、

三 Ⅰ
      修因
        挙法体

^じきしょ徳本とくほん誓願せいがん (第二十願) によりてすいしゃハタシトゲズハトイフナリ真門しんもんにいり、 *善本ぜんぽん徳本とくほんみょうごうえらびて万善まんぜんしょぎょうしょうぜんをさしおく。

三 Ⅰ ⅱ a 明機失

^しかりといへども、 じょうさんりきぎょうにんは、 不可ふか思議しぎぶっわくして信受しんじゅせず。 如来にょらい尊号そんごうをおのれが善根ぜんごん0592して、 みづからじょうこうしてすいツイニハのちタスベシかひトナリ をたのむ。

三 Ⅰ ⅱ 感果

^不可ふか思議しぎみょうごうしょうねんしながら、 *不可ふかしょう不可ふかせつ不可ふか思議しぎだい誓願せいがんうたがふ。 そのつみふかくおもくして、 七宝しっぽう牢獄ろうごくにいましめられて、 いのちひゃくさいのあひだ、 ざいなることあたはず、 三宝さんぼうをみたてまつらず、 つかへたてまつることなしと、 如来にょらいきたまへり。

三 Ⅰ 結釈名義

^しかれども、 如来にょらい尊号そんごうしょうねんするゆゑに、 たいにとどまる。 徳号とくごうによるがゆゑになんおうじょうジリキノネムブチシもうヤナリ すなり。 不可ふか思議しぎ誓願せいがんウタガフわくマドフ つみによりてなんおうホングワンタリキじょうとはノワウジヤウトもうマフス ずとるべきなり。

広引文
    経文
      因願
        大経

【13】^じきしょ徳本とくほん願文がんもん、 ¬だいきょう¼ (上) にのたまはく、

^たとひわれぶつんに、 十方じっぽうしゅじょう、 わがみょうごうきて、 おもいをわがくにけて、 もろもろの徳本とくほん0636ゑて、 しんいたこうしてわがくにうまれんとおもはん。 すいせずは、 しょうがくらじ」 と。

たとわれたらむにぶち、十ぱうしゆじやうきゝみやうがう↡、けておもひくに↡、えてもろもろ徳本とくほん↡、いた0593しむかうしておもはむむまれむとくに↡。果遂くわすいハタシトゲズハトイフハツイニハタサムしやうトナリがく↡。」

三 Ⅱ ⅰ a 寿会

 ^同本どうほんやくの ¬りょう寿じゅ如来にょらい¼ (上) にのたまはく、

^もしわれじょうぶつせんに、 りょうこくのうちのしょしゅじょう、 わがかんをきて、 おのれが善根ぜんごんをもつて極楽ごくらくこうせん。 もしうまれずは、 だいらじ」 と。

われじやうぶちせむにりやうこくうちしよしゆじやうきゝかむを↡、おのれ善根ぜんごんかうせむ極楽ごくらく↡。むまだい↡。」

三 Ⅱ ⅰ 成就
        大経

 ^がん (第二十願) じょうじゅもん、 ¬きょう¼ (大経・下) にのたまはく、

^それたいしょうのもののしょするところの殿でん、 あるいはひゃくじゅん、 あるいはひゃくじゅんなり。 おのおのそのなかにして、 もろもろのらくくること、 とうてんじょうのごとし。 またみなねんなり。

たいしやうものところしよヰルする殿でむあるいじゆんあるい五百じゆんなりおのおのなか↡、くることもろもろくゑらくごとたうてんじやう↡。またみなねんなり

^そのときに、 慈氏じしさつ (*弥勒)ぶつにまうしてまうさく、 ªそん、 なんのいんなんのえんにか、 かのくに人民にんみんたいしょうしょうなるº と。

とき慈氏じしさちまふしてぶちまふさくそんなんいんなんえんにかくに人民にんみんたいしやうくゑしやうなると

^ぶつ慈氏じしげたまはく、 ªもししゅじょうあつて、 わくしんをもつてもろもろのどくしゅし、 かのくにうまれんとがんじて、 ぶっ思議しぎ不可ふかしょうだいじょうこうとうりんさいじょうしょうさとらずして、 このしょにおいてわくしてしんぜず。 しかるになほ罪福ざいふくしんじて、 善本ぜんぽんしゅじゅうして、 そのくにうまれんとがんぜん。

ぶちげたまはく慈氏じし↡、しゆじやう↡、わくしむしゆもろもろどく↡、ぐわんじてむまれむとくに↡、してさとぶち思議しぎ不可ふかしようだいじやうくわうとうりんさいじやうしよう↡、おい0594しよ ウタガフわくしてマドフ しんしかるなほしんじて罪福ざいふく↡、しゆじふして善本ぜんぽん↡、ミダノミヤウガウぐわんぜむむまれむとくに↡。

^このもろもろのしゅじょう、 かの殿でんうまれて、 寿いのちひゃくさいならん。 つねにぶつたてまつらず、 きょうぼう0637ず、 さつしょうもんしょうじゅず。 このゆゑにかのこく、 これをたいしょうといふ。

もろもろしゆじやうむまれて殿でむ↡、寿いのち五百さいならむつねたてまつらぶちきやうぼふ↡、さちしやうもんしやうじゆ↡。ゆへこくこれたいしやう↡。

^ろくまさにるべし、 かのしょうのものは智慧ちえすぐれたるがゆゑに。 そのたいしょうのものはみな智慧ちえなしº。

ろくまさくゑしやうもの智慧ちゑすぐれたるがゆへたいしやうものみな智慧ちゑ↡。

^ぶつろくげたまはく、 ªたとへば転輪てんりんじょうおう七宝しっぽう牢獄ろうごくあり。 種々しゅじゅしょうごん床帳じょうちょうちょうせつし、 もろもろの繒幡ぞうばんけたらん。 もしもろもろのしょうおうつみおうたらん、 すなはちかのごくのうちにれて、 つなぐにこがねくさりをもつてせんがごとしº。

ぶちげたまはくろく↡、たとえばごと転輪てんりんじやうわう↢七ぽう牢獄らうごく↡。種種しゆじゆしやうごむちやうせち床帳じやうちやう↡、けたらむもろもろ繒幡ぞうばん↡。もろもろせうわうたらむつみわうすなわれてごくうち↡、つなぐにてせむがこがねくさり↥。

^ぶつろくげたまはく、 ªこのもろもろのしゅじょう、 またまたかくのごとし。 ぶっわくするをもつてのゆゑに、 かのたいしょうず。

ぶちげたまはくろく↡、もろもろしゆじやう亦復 また ごとかくてのわくするをぶちゆへしやうたい↡。

^もしこのしゅじょう、 そのもとつみりて、 ふかくみづからしゃくしてかのところはなれんともとめよ。

しゆじやうりてもとつみ↡、ふかみづかくゑクヰしやくセメテしてもとめよはなれむとところ↡。

^ろくまさにるべし、 それさつあつてわくしょうずるは、 だいうしなふとすº」 と。

ろくまささちしやうずれわく↠失ふとだい↡。」ネチハンノサトリ

三 Ⅱ ⅰ b 寿会

 0595^また ¬りょう寿じゅ如来にょらい¼ (下) にのたまはく、

^ぶつろくげたまはく、 ªもししゅじょうあつて、 疑悔ぎけしたごうて善根ぜんごん積集しゃくじゅうして、 ぶっへん思議しぎとうとく広大こうだい希求けぐせんに、 みづからの善根ぜんごんにおいてしんしょうずることあたはず。 この因縁いんねんをもつて、 ひゃくさいにおいて殿でんのうちにじゅうすと。

ぶちげたまはくろく↡、しゆじやう↡、したがふてくゑウタガフコヽロしやくじふツミアツム して善根ぜんごん↡、せむにぶちへん思議しぎとうとくくわうだい↡、おいみづか善根ぜんごんあたしやうずることしん因縁いんねん↡、おい↢五百さいぢゆすと殿でむうち↡。

^いっ (弥勒)、 なんぢしゅしょうのものをそなはすに、 かのこうちからによるがゆゑ0638に、 *かのしょうく。 れんのなかにおいてけっ趺坐ふざす。 なんぢれつともがらそなはすに、 もろもろのどくしゅじゅうすることあたはざるがゆゑに、 いんなくしてりょう寿じゅぶつ奉事ぶじせん。 このもろもろのひと、 みなむかし疑悔ぎけせんによつていたすところとするなりº と。

阿逸わあいちミロクボサチナリなんぢみそなはすにしゆしようもの↡、るがくわうちからゆへくゑしやうおい蓮華れんぐゑなかけち趺坐ふざなんぢみそなはすにれちともがら↡、 るがあたしゆじふすることもろもろどくゆへくしていんせむりやう寿じゆぶち↡。もろもろひとみなするるなりとむかし ウタガフくゑせしにところいた

^ぶつろくげたまはく、 ªかくのごとし、 かくのごとし。 もし疑悔ぎけしたごうて、 もろもろの善根ぜんごんゑて、 ぶっない広大こうだい希求けぐすることあらん。 みづからの善根ぜんごんにおいてしんしょうずることあたはず。 ぶつみなきて信心しんじんおこすによるがゆゑに、 かのくにうまるといへども、 れんのうちにおいてしゅつげんすることをず。 かれらのしゅじょうたいのうちにしょすること、 園苑おんえん殿でんおもいのごとしº」。 ない略出

ぶちげたまはくろく↡、ごとかくごとかくらむしたがふてくゑ↡、えてもろもろ善根ぜんごん↡、することぶちないくわうだい↥。おいみずからの善根ぜんごんあたしやうずることしんるがきゝぶちみな0596おこすにしんじむゆへいゑどむまるとくに↡、おい蓮華れんぐゑうちしゆつげんすることを↡。かれしゆじやうしよすること華胎くゑたいうち↡、猶↢如  ごと   おんウシロノソノ おんマヘノソノ殿でむおもひ↡。」 ない略出

三 Ⅱ 釈文
      光明

 ^こうみょう (善導)しゃく (*定善義) にいはく、

^はなふくんでいまだでず。 あるいは辺界へんかいしょうじ、 あるいはたい」 と。

ふうんではないまあるいしやう辺界へんがい↡、あるいすとたい↡。」

三 Ⅱ ⅱ 憬興

 ^*きょうごう (*述文賛) のいはく、

^ぶっうたがふによつて、 かのくにうまるといへども、 へんにあつてしょうかぶらず。 もしたいしょうせば、 よろしくこれをおもつべし」 と。

うたがふにぶち↡、いゑどむまるとくに↡、而へんかぶしやうくゑ↡。たいしやうせばよろしベ シトこれおも↡。」

結示

【14】^これらの真文しんもんにて、 なんおうじょうもうすことを、 よくよくこころえさせたま0639ふべし。

  南無なも弥陀みだぶつ 南無なも弥陀みだぶつ 南無なも弥陀みだぶつ

 

*康元こうげんねん三月さんがつふつこれを書写しょしゃす。

禿とく*親鸞しんらんはちじゅうさい

 

底本は興正派興正寺蔵伝宗祖真筆本ˆ聖典全書と同一ˇ。
不可思議の願海 本願がしゅじょうの思慮を超えたものであることを広大な海に喩えていう。
念仏往生の願因 念仏往生の願 (第十八願) に誓われている往生の因。 すなわち真実のぎょうしんをいう。
必至滅度の願果 必至滅度の願 (第十一願) に誓われている証果。 すなわちだいはんのさとりをいう。
等正覚 →とうしょうがく
歓喜…回向して 「信巻」 では如来回向の義をあらわして 「歓喜せしめ、 諸有の善根回向したまへるを愛楽して」 と読んでいる。
大施品 引用の文は 「大施品」 になく 「しょさつほんじゅぼん」 にある。
夢に ¬三経往生文類¼ (略本) では 「夢のごとくに」 と読んでいる。
甚深の法忍 しょうぼうにんのこと。
乃至 略本では省略せず全文引用
第二 「西方…生ず」 の文は現行の ¬さつ処胎しょたいきょう¼ では第三 (巻三) にある。
弥陀経往生 ¬小経¼ に説かれる自力念仏の往生。 →さんおうじょう補註15
善本徳本 自力の念仏のこと。 みょうごうにはいん法蔵ほうぞう菩薩の万善をおさめるから善本といい、 果位の阿弥陀仏の万徳を具するから徳本という。 自力念仏の人は名号の善根ぜんごん性にとらわれ、 多く称えて善根を積み、 救われようとするからとくにこの名を立てる。
かの化生…結跏趺坐す 「化身土巻」 では 「かの蓮華のなかに化生することを受けて結跏趺坐せん」 と読んでいる。 結跏趺坐は足の甲を左右のももの上に置く作法。
聖化の事を被らず 阿弥陀仏の教化、 導きを受けることがない。