仏説ぶっせつかんりょう寿じゅきょう

*そうのげんちゅうに*畺良きょうりょうしゃやくす

序分
  証信序

【1】 ^*かくのごとく、 われきたてまつりき。

↠是我聞マツリキ

発起序
    化前序

^*ひとときぶつ*王舎おうしゃじょう*しゃ崛山くっせんのうちにましまして、 だい*比丘びくしゅうせんひゃくじゅうにんともなりき。 *さつ三万さんまんせんありき。 *もんじゅ師利しり*ほうおう*じょうしゅとせり。

一時仏在シテ↢王舎耆闍崛山↡、与↢大比丘衆千二百五十人↡倶ナリキ。菩薩三万二千アリ文殊師利法王子、而↢上首↡。

一 Ⅱ 禁父縁
      起化処

【2】 ^そのとき王舎おうしゃだいじょう

時王舎大城

一 Ⅱ ⅱ 闍世因縁

^ひとりのたいあり、 *じゃづく。 調じょうだつ (*提婆達多) あくおしえずいじゅんして、

↢一太子↡、名↢阿闍世↡。随↢順調達悪友之教↡、

一 Ⅱ ⅱ 闍世禁父

^ちちおう*びんしゃ収執しゅうしゅうし、 幽閉ゆうへいしてしちじゅうしつないき、 もろもろの群臣ぐんしんせいして、 ひとりもくことをざらしむ。

収↢執王頻婆娑羅↡、幽閉↢於七重室内↡、制↢諸群臣↡、一シム↠得↠往コトヲ

一 Ⅱ ⅱ 夫人献食

^くにだいにんあり、 *だいづく。 大王だいおうぎょうし、 *澡浴そうよく清浄しょうじょうにして、 *みつをもつて*しょうしてもつてそのり、 もろもろの*瓔珞ようらくのなかにどう*漿しょうれて、 ひそかにもつておうにたてまつる

大夫人アリ、名↢韋提希↡。恭↢敬大王↡、澡浴清浄ニシテ、以酥蜜↡和↠麨、用↢其↡、諸瓔珞イレ蒲桃漿↡、密↠王

一 Ⅱ ⅱ 父王請法

^そのときに、 大王だいおうしょうじき漿しょうんで、 みずもとめてくちすすぐ。 くちすすぎをはりて*がっしょうぎょうし、 しゃ崛山くっせんかひ、 はるかに*そんらいしてこのごんをなさく、 「*大目だいもく犍連けんれんはこれわがしんなり。 ねがはくは慈悲じひおこして、 われに*八戒はっかいさずけたまへ」 と。

大王食↠麨↠漿、求↠水↠口。漱↠口畢已 ヲハリ 、合掌恭敬、向↢耆闍崛山↡、遥↢世尊↡而作↢是↡、大目犍連、是吾親友ナリ。願クハ↢慈悲↡、授タマヘト↢我八戒↡。

一 Ⅱ ⅱ 父王受法

^とき目犍連もくけんれんたかはやぶさぶがごとくして、 おうところいたる。 日々にちにちにかくのごとくして、 おう八戒はっかいさずく。 そんまた、 尊者そんじゃ*富楼那ふるなつかはしておうのためにほうかしめたまふ。

犍連如クシテ↢鷹・隼↡、疾↢王↡。日日クシテ↠是、授↢王八戒↡。世尊亦遣↢尊者富楼那↡、為↠王シメタマフ↠法

一 Ⅱ ⅱ 父王法悦

^かくのごときのときのあひだに三七さんしちにちたり。 おうしょうみつじきほうくことをるがゆゑに顔色げんしきえつなり。

↠是↢三七日↡。王食↢麨蜜↡、得↠聞コトヲ↠法、顔色和悦ナリ

一 Ⅱ 禁母縁
      父王猶存

【3】 ^ときじゃ守門しゅもんのものにはく、 「ちちおう、 いまになほ存在ぞんざいせりや」 と。

阿闍世問↢守門↡、父今者 イマニ 猶存在

一 Ⅱ ⅲ 門家具答

^とき守門しゅもんひとまうさく、 「大王だいおうくにだいにんしょうみつり、 瓔珞ようらく漿しょうれて、 もつておうにたてまつる。 *沙門しゃもん目連もくれんおよび富楼那ふるなそらよりきたりておうのためにほうく。 禁制きんぜいすべからず」 と。

守門人白、大王、国大夫人、身麨蜜↡、瓔珞↠漿持用 モテ ↠王。沙門目連及富楼那、従↠空而来、為↠王↠法。不↠可↢禁制↡。

一 Ⅱ ⅲ 闍王瞋怒

^ときじゃ、 このきをはりて、 そのははいかりていはく、 「わがはははこれぞくなり。 ぞくともなればなり。 沙門しゃもん悪人あくにんなり。 *幻惑げんわくしゅじゅつをもつて、 この悪王あくおうをしてにちせざらしむ」 と。 すなはちけんりて、 そのははがいせんとほっす。

阿闍世聞↢此↡已、怒↢其↡曰、我是賊ナリ。与↠賊為バナリ↠伴。沙門悪人ナリ。幻惑呪術ヲモテ、令バナリ↢此悪王ヲシテ多日不↟死。即↢利剣↡、欲↠害ムト↢其↡。

一 Ⅱ ⅲ 二臣切諌

^ときひとりのしんあり。 *月光がっこうといふ。 そうみょうにして多智たちなり。

↢一臣↡、名↢月光↡。聡明ニシテ多智ナリ

および*耆婆ぎばおうのためにらいをなしてまうさく、 「大王だいおう*しんく、 ª*毘陀びだろんきょうº にかく、 ª*劫初こうしょよりこのかたもろもろの悪王あくおうありて、 こくむさぼるがゆゑにそのちち殺害せつがいせること一万いちまん八千はっせんなりº と。 いまだかつてどうははがいすることあるをかず。 おういまこのせつぎゃくをなさば、 *せつしゅけがさん。 しんくにしのびず。 これ*せん陀羅だらなり。 よろしくここにじゅうすべからず」 と。

及↢与 トモニ 耆婆↡、為↠王↠礼、大王、臣聞、毘陀論経カク、劫初ヨリ已来↢諸悪王↡、貪↢国位↡故、殺↢害コト↡、一万八千ナリト。未↢曽↟有↢無道コト↟母。王今為サバ↢此殺逆之事↡、汚↢刹利種↡。臣不↠忍↠聞。是栴陀羅ナリ↠宜↠住↠此

ときにふたりの大臣だいじん、 このきをはりて、 をもつて*けんおさへて*却行きゃくぎょうして退しりぞく。

大臣説↢此↡竟、以↠手↠剣、却行而退

一 Ⅱ ⅲ 闍王惶懼

^ときじゃきょう*おうして耆婆ぎばげていはく、 「なんぢわがためにせざるや」 と。

阿闍世驚怖惶懼、告↢耆婆↡言、汝不↠為ニセ↠我

一 Ⅱ ⅲ 二臣重諌

^耆婆ぎばまうさく、 「大王だいおう、 つつしんでははがいすることなかれ」 と。

耆婆白、大王、慎ミテレト↠害コト↠母

一 Ⅱ ⅲ 闍王悔恨

^おう、 このき、 さんしてたすけんことをもとむ。 すなはちけんて、 とどまりてははがいせず。

王聞↢此↡、懴悔↠救ケムコトヲ。即便↠剣、止リテ不↠害↠母

一 Ⅱ ⅲ 余瞋禁母

^*内官ないかんちょくじんへいして、 またいださしめず。

勅↢語内官↡、閉↢置深宮↡、不↠令↢復出↡。

一 Ⅱ 厭苦縁
      韋提憔悴

【4】 ^ときだい幽閉ゆうへいせられをはりてしゅう*しょうすいす。

韋提希被↢幽閉↡已、愁憂憔悴

一 Ⅱ ⅳ 韋提請仏

^はるかにしゃ崛山くっせんかひて、 ぶつのためにらいをなしてこのごんをなさく、 「如来にょらいそん在昔むかしとき、 つねに*なんつかはしきたらしめて、 われをもんしたまひき。 われいましゅうす。 そん*じゅうにして、 たてまつることをるによしなし。 ねがはくは目連もくれん尊者そんじゃなんつかはして、 われとあひまみえしめたまへ」 と。

ヒテ↢耆闍崛山↡、為↠仏↠礼而作↢是↡、如来世尊、在昔 ムカシ 之時、恒↢阿難↡来リテ慰↢問シメタマフ↡。我今愁憂。世尊威重ニシテ、無↠由↠得↠見マツルコトヲ。願クハ↢目連尊者阿難↡、与↠我相マミエシメタマヘト

^このをなしをはりてきゅうるいして、 はるかにぶつかひてらいしたてまつる。 いまだこうべげざるあひだに、

↢是↡已、悲泣雨涙、遥ヒテ↠仏マツル。未↠挙↠頭

一 Ⅱ ⅳ 世尊降臨

^そのときそんしゃ崛山くっせんにましまして、 だいこころ所念しょねんろしめして、 すなはち大目だいもく犍連けんれんおよびなんしょくして、 そらよりきたらしめ、 ぶつしゃ崛山くっせんよりもっしておうでたまふ。

時世尊在↢耆闍崛山↡、知↢韋提希心之所念↡、↢大目犍連及以 オヨビ 阿難↡、従↠空而来シメ、仏従↢耆闍崛山↡没、於↢王宮↡出タマヘリ

ときだいらいしをはりてこうべげ、 そん*しゃ牟尼むにぶつたてまつる。 しん*金色こんじきにしてひゃっぽうれんしたまへり。 目連もくれんひだりはべり、 なんみぎにあり。 *しゃくぼん護世ごせ諸天しょてんくうのなかにありて、 あまねくてんあめふらしてもつて*ようしたてまつる。

韋提希礼↠頭、見マツル↢世尊釈迦牟尼仏↡。身紫金色ニシテ、坐タマヘリ↢百宝蓮華↡。目連↠左、阿難↠右。釈・梵・護世天、在↢虚空↡、普ラシテ↢天華↡、持用 モテ 供養マツル

一 Ⅱ ⅳ 韋提傷歎

^ときだいぶつそんたてまつりて、 みづから瓔珞ようらくち、 げてげ、 ごうきゅうしてぶつかひてまうさく、 「そん、 われ宿むかし、 なんのつみありてか、 このあくしょうずる。 そんまた、 なんらの因縁いんねんましましてか、 だいだっとともに*眷属けんぞくたる。

韋提希見マツリテ↢仏世尊↡、自瓔珞↡、挙↠身↠地、号泣ヒテ↠仏、世尊、我宿ムカシアリテカズル↢此悪子↡。世尊復有シテカ↢何等因縁↡、与↢提婆達多↡、共↢眷属↡。

一 Ⅱ 欣浄縁
      通請所求

【5】^*やや、 ねがはくはそん、 わがためにひろのうなきところきたまへ。 われまさに*おうじょうすべし。 *えんだいじょくあくをばねがはざるなり。

唯願クハ世尊、為↠我タマヘ↧無↢憂悩↡処↥。我当↢往生↡。不↠楽閻浮提濁悪↡也。

一 Ⅱ ⅴ 厭苦欣浄

^このじょくあくところ*ごく餓鬼がきちくしょう*盈満ようまんし、 ぜんともがらおおし。 ねがはくは、 われらいあくこえかじ、 悪人あくにんじ。

濁悪地獄・餓鬼・畜生盈満、多↢不善聚↡。願クハ我未来ラム↠聞↢悪ラム↠見↢悪↡。

一 Ⅱ ⅴ 夫人懴悔

^いまそんかひて、 *たいげ、 あわれみをもとめて*さんす。

今向ヒテ↢世尊↡五体↠地↠哀ミヲ懴悔

一 Ⅱ ⅴ 通請去行

^やや、 ねがはくは*仏日ぶつにちわれにおしへて*清浄しょうじょう業処ごっしょかんぜしめたまへ」 と。

唯願クハ仏日、教↠我シメタマヘト↢於清浄業処↡。

一 Ⅱ ⅴ 応請現土【光台現国

^そのときそんけんひかりはなちたまふ。 そのひかり金色こんじきなり。 あまねく十方じっぽうりょうかいらし、 かえりてぶついただきとどまりてしてこがねうてなとなる。 ˆそのかたちはˇ *しゅせんのごとし。 十方じっぽう諸仏しょぶつ浄妙じょうみょうこく、 みななかにおいてげんず。

時世尊放タマフ↢眉間↡。其光金色ナリ。徧↢十方無量世界↡、還リテ↢仏↡、化↢金↡。如↢須弥山↡。十方諸仏浄妙国土、皆於↠中

あるいはこくあり、 *七宝しっぽうごうじょうせり。 またこくあり、 もつぱらこれ*れんなり。 またこくあり、 *ざいてんのごとし。 またこくあり、 *玻瓈はりきょうのごとし。 十方じっぽうこく、 みななかにおいてげんず。 かくのごときらのりょう諸仏しょぶつこくあり。 *厳顕ごんけんにしてつべし。 だいをしてせしめたまふ。

↢国土↡、七宝合成セリ。復有↢国土↡、純是蓮華ナリ。復有↢国土↡、如↢自在天宮↡。復有↢国土↡、如玻瓈鏡↡。十方国土、皆於↠中。有↢如↠是無量諸仏国土↡厳顕ニシテ↠観。令タマフ↢韋提希ヲシテ↡。

一 Ⅱ ⅴ 感荷仏恩

^ときだいぶつにまうしてまうさく、 「そん、 このもろもろのぶつ、 また清浄しょうじょうにしてみなこうみょうありといへども、

韋提希白↠仏、世尊、是仏土、雖↣復清浄ニシテ皆有↢光明↡、

一 Ⅱ ⅴ 別選所求

^われいま*極楽ごくらくかい*弥陀みだぶつみもとしょうぜんことをねがふ。

我今楽↠生ムコトヲ↢極楽世界阿弥陀仏↡。

一 Ⅱ ⅴ 別請去行

^やや、 ねがはくはそんわれに*ゆいおしへたまへわれに*しょうじゅおしへたまへ」 と。

唯願クハ世尊、教タマヘ↢我思惟↡、教タマヘト↢我正受↡。

一 Ⅱ 散善顕行縁
      光益父王

【6】 ^そのときそん、 すなはちしょうしたまふに、 しきひかりありてぶつくちよりづ。 一々いちいちひかりびんしゃいただきらす。 そのとき大王だいおう幽閉ゆうへいにありといへども心眼しんげんさわりなく、 はるかにそんたてまつりて*めんをもってらいをなし、 ˆおうこころはˇ ねん増進ぞうしんして*阿那あなごんる。

時世尊、即便微笑タマフニ、有↢五色光↡、従↢仏口↡出。一一光照↢頻婆娑↡。爾時大王雖↠在↢幽閉↡、心眼無↠障、遥マツリテ↢世尊↡、頭面ヲモテ↠礼、自然増進↢阿那含↡。

一 Ⅱ ⅵ 答別求行【去此不遠】

【7】 ^そのときそんだいげたまはく、 「なんぢいま、 れりやいなや。 弥陀みだぶつ*ここることとおからず。 なんぢまさに*ねんして、 あきらかに*かのくにじょうごうじょうじたまへるひとをかんずべしわれいまなんぢがためにひろ*もろもろのたとへを

時世尊告タマハク↢韋提希↡、汝今知。阿弥陀仏去コト↠此不↠遠カラ。汝当↣繋念↢彼浄業成タマヘル↡。我今為↠汝、広↢衆↡、

一 Ⅱ ⅵ 挙機勧修

^またらい一切いっさいぼんの、 浄業じょうごうしゅせんとおもはんものをして西さいほう極楽ごくらくこくしょうずることをしめん。

亦令メム↧未来世一切凡夫↠修ムト↢浄業↡者ヲシテ得↞生コトヲ↢西方極楽国土↡。

一 Ⅱ ⅵ 勧修三福

 ^かのくにしょうぜんとおもはんものは、 まさに*三福さんぷくしゅすべし。

↠生ムト↢彼↡者、当↠修↢三福↡。

ひとつには父母ぶも*きょうようし、 ちょう奉事ぶじしんにしてころさず*じゅう善業ぜんごうしゅす。

者孝↢養父母↡、奉↢事師長↡、慈心ヲモテ不↠殺、修↢十善業↡。

ふたつには*さんじゅし、 *衆戒しゅかいそくし、 *威儀いぎおかさず。

者受↢持三帰↡、具↢足衆戒↡、不↠犯↢威儀↡。

つには*だいしんおこし、 ふか*いんしんじ、 *だいじょう読誦どくじゅし、 ぎょうじゃ*勧進かんじん

者発↢菩提心↡、深↢因果↡、読↢誦大乗↡、勧↢進行者↡。

かくのごときのさんづけて*じょうごうとす」 と。

↠此三事↢浄業↡。

一 Ⅱ ⅵ 引聖励凡

^ぶつだいげたまはく、 「なんぢいま、 れりやいなや。 この三種さんしゅごうは、 過去かこらい現在げんざいさん諸仏しょぶつじょうごう*しょういんなり」 と。

仏告タマハク↢韋提希↡、汝今知。此三種過去・未来・現在三世諸仏浄業正因ナリト

一 Ⅱ 定善示観縁
      勅聴許説

【8】 ^ぶつなんおよびだいげたまはく、 「あきらかにけ、 あきらかにけ、 よくこれをねんせよ。 如来にょらい、 いまらい一切いっさいしゅじょうの、 煩悩ぼんのうぞくのためにがいせらるるもののために、 清浄しょうじょうごうかん。

仏告タマハク↢阿難及韋提希↡、諦、善思↢念↡。如来今者 イマ 、為↧未来世切衆生↢煩悩↡之↠害↥、説↢清浄↡。

一 Ⅱ ⅶ 問当聖意

^いかなだいこころよくこのへり。

善哉韋提希、快↢此↡。

一 Ⅱ ⅶ 勧持勧説

^なん、 なんぢまさにじゅして、 ひろしゅのためにぶつ宣説せんぜつすべし。

阿難、汝当↧受持↢多衆↡宣↦説仏語↥。

一 Ⅱ ⅶ 勧修得益

^如来にょらい、 いまだいおよびらい一切いっさいしゅじょうおしへて西方さいほう極楽ごくらくかいかんぜしむ。

如来今者 イマ 、教↢韋提希及未来世一切衆生↡、観シム↢於西方極楽世界↡。

^仏力ぶつりきをもつてのゆゑに、 まさにかの清浄しょうじょうこくること、 明鏡みょうきょうりてみづから面像めんぞうるがごとくなるをべし。 かのこくごくみょうらくて、 しんかんするがゆゑに、 ときおうじてすなはち*しょう法忍ぼうにんん」 と。

↢仏力↡故、当コト↢彼清浄国土↧執↢明鏡↡自↦面像↥。見↢彼国土極妙楽事↡、心歓喜ルガ、応↠時ムト↢無生法忍↡。

一 Ⅱ ⅶ 韋提実凡

^ぶつだいげたまはく、 「なんぢはこれ*ぼんなり。 *心想しんそう羸劣るいれつにしていまだ*天眼てんげんざれば、 とおることあたはず。 諸仏しょぶつ如来にょらい*方便ほうべんましまして、 なんぢをしてることをしむ」 と。

仏告タマハク↢韋提希↡、汝是凡夫ナリ。心想羸劣ニシテレバ↠得↢天眼↡、不↠能↢遠コト↡。諸仏如来シテ↢異方便↡、令ムト↢汝ヲシテ得↟見コトヲ

一 Ⅱ ⅶ 牒恩起問

^ときだいぶつにまうしてまうさく、 「そん、 わがごときは、 いま仏力ぶつりきをもつてのゆゑにかのこくる。

韋提希白↠仏、世尊、如キハ↠我今者 イマ ↢仏力↡故、見↢彼国土↡。

一 Ⅱ ⅶ 韋提為物

^もし仏滅ぶつめつもろもろのしゅじょうとうじょくあくぜんにして*五苦ごくめられん。 いかんしてか、 まさにぶつ極楽ごくらくかいたてまつるべき」 と。

キハ仏滅後衆生等、濁悪不善ニシテ五苦ナレバ↠逼ムル、云何キト↠見マツル↢阿弥陀仏極楽世界↡。

正宗分
  定善
    日観
      総告総勧

【9】 ^ぶつだいげたまはく、 「なんぢおよびしゅじょうまさにこころをもつぱらにしおもい一処いっしょけて、 西方さいほうおもふべし。

仏告タマハク↢韋提希↡、汝及衆生応↧専ニシ↠心、繋↢念一処↡、想↦於西方↥。

二 Ⅰ ⅰ 牒所観事

^いかんが*そうをなす。 おほよそそうをなすといふは、 一切いっさいしゅじょう*しょうもうにあらざるよりは、 もくともがら、 みな日没にちもつよ。

云何↠想。凡トイフ↠想者、一切衆生、自リハ↠非↢生盲↡、有目之徒、皆見↢日没↡。

二 Ⅰ ⅰ 正教観察

^まさに想念そうねんおこし、 しょう西向さいこうし、 あきらかにかんじ、 こころをして*けんじゅうならしめ、 専想せんそうしてうつらざれば、 もっせんとほっして、 かたちつづみけたるがごとくなるをるべし。

↧起↢想念↡、正坐西、諦↢於↡、令↢心ヲシテ堅住ナラ↡専想レバ↠移、見↦日↠没ムト状如クナルヲ↞懸タルガ↠鼓

二 Ⅰ ⅰ 弁観成相

^すでにることおわらば、 閉目へいもく開目かいもくに、 みな明了みょうりょうならしめよ。

ルコト↠日、閉目・開目、皆令↢明了ナラ↡。

二 Ⅰ ⅰ 総結

^これを日想にっそうとし、 づけてはじめのかんといふ。

↢日想↡、名↢初↡。

二 Ⅰ 水観
      総標地体

【10】^つぎ水想すいそうをなせ。 みず*澄清ちょうしょうなるをて、 また明了みょうりょうにして分散ふんさんこころなからしめよ。

↢水↡。見↢水澄清ナルヲ↡、亦令↣明了ニシテ↢分散意↡。

^すでにみずをはりなば、 まさにひょうそうおこすべし。 こおり*映徹ようてつせる*瑠璃るりそうをなせ。

見↠水、当↠起氷想↡。見映徹ルヲ↡、作瑠璃↡。

^このそうじょうじをはりて、 瑠璃るりない映徹ようてつせるをん。

想成、見瑠璃地内外映徹ルヲ↡。

二 Ⅰ ⅱ 地下荘厳

^した金剛こんごう七宝しっぽうこがねはたぼこありて瑠璃るりささぐ。 そのはたぼこ*八方はっぽうにしてはちりょうそくせり。 一々いちいち方面ほうめんひゃっぽうしょじょうなり。 一々いちいち宝珠ほうしゅせんこうみょうあり。 一々いちいちこうみょう八万はちまんせんしきなり。 瑠璃るりようずること億千おくせんのごとし。 つぶさにるべからず。

↢金剛七宝幢↡、ササ瑠璃地↡。其幢八方ニシテ、八楞具足セリ。一一方面百宝所成ナリ。一一宝珠、有↢千光明↡。一一光明、八万四千色アリテズルコト瑠璃地↡、如↢億千↡。不↠可↢具↡。

二 Ⅰ ⅱ 地上荘厳

^瑠璃るりうえ黄金おうごん*なわをもつて*ざっ間錯けんざくし、 七宝しっぽうをもつてさかひて*分斉ぶんざいぶんみょうなり

瑠璃地、以↢黄金↡、雑廁間錯、以↢七宝サカヒ、分斉分明ナリ

二 Ⅰ ⅱ 空裏荘厳

^一々いちいちたからのうちにひゃくしきひかりあり。 そのひかりはなのごとし。 またしょうがつたり。 くう懸処けんしょしてこうみょううてなとなる。 *楼閣ろうかく千万せんまんにしてひゃっぽうごうじょうす。 うてなりょうへんにおいて、 おのおのひゃくおく*どうあり。 りょうがっをもつてしょうごんとす。

一一、有↢五百色光↡。其光如↠華。又似タリ↢星月↡。懸↢処虚空↡、成↢光明↡。楼閣千万ニシテ、百宝合成。於↢台両辺↡、各↢百億華幢無量楽器、以↢荘厳↡。

二 Ⅰ ⅱ 光明説法

^*八種はっしゅしょうふうこうみょうよりでてこのがっつに、 **くう*じょう*無我むがこえ演説えんぜつす。

八種清風、従↢光明↡出、鼓↢此楽器↡、演↢説苦・空・無常・無我之音↡。

二 Ⅰ ⅱ 総結

^これを水想すいそうとし、 だいかんづく。

↢水想↡、名↢第二↡。

二 Ⅰ 地観
      結前生後

【11】^このそうじょうずるとき

想成時、

二 Ⅰ ⅲ 弁観成相

^一々いちいちにこれをかんじて、 きはめて了々りょうりょうならしめよ。 閉目へいもく開目かいもく散失さんしつせしめざれ。 ただすいのぞきて、 つねにこのおもへ。

一一↠之、極↢了了ナラ↡。閉目・開目、不↠令↢散失↡。唯除睡時↡、恒↢此↡。

^かくのごとくおもふものを、 づけてほぼ極楽ごくらくこくるとす。 もし*三昧さんまいば、 かのこくること了々りょうりょうぶんみょうなり。 つぶさにくべからず。

↠此セバ、名↢極楽国↡。若↢三昧↡、見コト↢彼↡、了了分明ナリ。不↠可↢具↡。

二 Ⅰ ⅲ 総結

^これをそうとし、 第三だいさんかんづく」 と。

↢地想↡、名クト↢第三↡。

二 Ⅰ ⅲ 勧発流通

^ぶつなんげたまはく、 「なんぢぶつたもちて、 らい一切いっさい大衆だいしゅの、 まぬかれんとおもはんもののために、 このかんほうけ。

仏告タマハク↢阿難↡、汝持↢仏語↡、為↢未来世一切大衆↠脱レムト↠苦↡、説↢是観地↡。

二 Ⅰ ⅲ 顕観利益

^もしこのかんずるものは、 はちじゅう億劫おくこうしょうつみのぞき、 てて他世たせかならずじょうこくしょうぜん。 こころうたがいなきことをよ。

ズレバ↢是↡者、除↢八十億劫生死之罪↡、捨テテ他世↢浄国↡。心↠無コトヲ↠疑。

二 Ⅰ ⅲ 弁観邪正

^このかんをなすをば、 づけてしょうかんとす。 もしかんするをば、 づけて邪観じゃかんとす」 と。

↢是↡者、名↢正観↡。若他観者、名↢邪観↡。

二 Ⅰ 宝樹観
      総挙観名

【12】^ぶつなんおよびだいげたまはく、 「そうじょうじをはりなば、 つぎ宝樹ほうじゅかんぜよ。

仏告タマハク↢阿難及韋提希↡、地想成、次↢宝樹↡。

二 Ⅰ ⅳ 重牒観名

^宝樹ほうじゅかんずとは、 一々いちいちにこれをかんじてしちじゅう*ごうじゅそうをなせ。

ズト↢宝樹↡者、一一↠之、作七重行樹↡。

二 Ⅰ ⅳ 樹之体量

^一々いちいちたか八千はっせん*じゅんなり。

一一、八千由旬ナリ

二 Ⅰ ⅳ 宝樹異相

^そのもろもろの宝樹ほうじゅ七宝しっぽうようそくせざることなし。 一々いちいちようことなれる宝色ほうしきをなす。 瑠璃るりしきのなかより金色こんじきひかりいだし、 *玻瓈はりしきのなかよりしきひかりいだし、 *のうしきのなかよりしゃひかりいだし、 *しゃしきのなかよりろく真珠しんじゅひかりいだす。 さんはく一切いっさい衆宝しゅぼうをもつて映飾ようじきとす。

宝樹、七宝華葉、無↠不↢具足↡。一一華葉、作↢異宝色↡。瑠璃色ヨリ↢金色↡、玻瓈色ヨリ↢紅色↡、碼碯色ヨリ硨磲↡、硨磲色ヨリ↢緑真珠珊瑚・琥珀、一切衆宝、以↢映飾↡。

二 Ⅰ ⅳ 空裏荘厳

^みょう真珠しんじゅもうは、 じゅじょう*弥覆みふせり。 一々いちいちじゅじょうしちじゅうあみあり。 一々いちいちあみのあひだにひゃくおくみょう殿でんあり。 *梵王ぼんのうのごとし。 諸天しょてんどうねんになかにあり。 一々いちいちどうひゃくおく*しゃりょう摩尼まにほうをもつて瓔珞ようらくとす。 その摩尼まにひかりひゃくじゅんらす。 なほひゃくおく日月にちがつごうせるがごとし。 つぶさにづくべからず。 *衆宝しゅほう間錯けんざくして、 いろのなかにすぐれたるものなり。

妙真珠、弥↢覆樹上↡。一一樹上、有↢七重網↡。一一、有↢五百億妙華宮殿↡。如↢梵王宮↡。諸童子、自然↠中。一一童子五百億釈迦毘楞伽摩尼アリテ、以↢瓔珞↡。其摩尼光、照↢百由旬↡。猶如↣和↢合ルガ百億日月↡。不↠可↢具↡。衆宝間錯、色スグレタルナリ

二 Ⅰ ⅳ 自然而有

^このもろもろの宝樹ほうじゅ行々ごうごうあひあたり、 葉々ようようあひちかし。 もろもろののあひだにおいて、 もろもろのみょうしょうず。 はなうえねん七宝しっぽうこのみあり。

樹、行行相、葉葉相↢衆↡生↢諸妙華自然↢七宝果↡。

二 Ⅰ ⅳ 華葉色相

^一々いちいち樹葉じゅよう*じゅうこうしょうとうにしてじゅうじゅんなり。 その千色せんじきにしてひゃくしゅあり。 てん瓔珞ようらくのごとし。 もろもろのみょうあり。 *えんだん金色ごんじきをなし、 *せんりんのごとくのあひだに*婉転えんでん

一一樹葉、縦広正等ニシテ二十五由旬ナリ。其葉千色ニシテ↢百種画↡。如↢天瓔珞↡。有↢衆妙華↡。作↢閻浮檀金色↡、如↢旋火輪婉↢転↡。

二 Ⅰ ⅳ 菓有徳用

^もろもろのこのみしょうすること、 *たいしゃくかめのごとし。 だいこうみょうあり、 して*幢幡どうばんりょう*宝蓋ほうがいとなる。 この宝蓋ほうがいのなかに*三千さんぜん大千だいせんかい一切いっさい*ぶつ映現ようげんす。 十方じっぽう仏国ぶっこくもまたなかにおいてげんず。

涌↢生コト↡如↢帝釈↡。有↢大光明↡、化シテ↢幢旛・無量宝蓋宝蓋映↢現三千大千世界一切仏事↡。十方仏国亦於↠中

二 Ⅰ ⅳ 弁観成相

^このをはりて、 またまさにだい一々いちいちにこれをかんずべし。 じゅきょうよう華果けか観見かんけんして、 みなぶんみょうならしめよ。

見↢此↡已、亦当↢次第一一↟之。観↢見樹茎・枝葉・華果↡、皆令↢分明ナラ↡。

二 Ⅰ ⅳ 総結

^これを樹想じゅそうとし、 だいかんづく。

↢樹想↡、名↢第四↡。

二 Ⅰ 宝池観
      総挙観名

【13】^つぎにまさにみずおもふべし。 みずおもふとは、

↠想↠水フト↠水者、

二 Ⅰ ⅴ 池数出処

^極楽ごくらくこくつのすいあり。 一々いちいちすい七宝しっぽうしょじょうなり。 そのたからにゅうなんなり。 *にょ珠王しゅおうよりしょうじ、

極楽国土↢八池水↡。一一池水、七宝所成ニシテ柔軟ナリ。従↢如意珠王↡生

二 Ⅰ ⅴ 支溜旋還

^わかれてじゅうとなる。 一々いちいち七宝しっぽういろをなす。 黄金おうごんみぞとし、 みぞしたにみな雑色ざっしき金剛こんごうをもつて、 もつてそこいさごとす。

↢十四支↡。一一支作↢七↡。黄金ミゾ、渠、皆以↢雑色金剛↡、以↢底↡。

二 Ⅰ ⅴ 水有妙用

^一々いちいちみずのなかにろくじゅうおく七宝しっぽうれんあり。 一々いちいちれん*団円だんえんしょうとうにしてじゅうじゅんなり。 その*摩尼まにすいはなのあひだにながそそぎ、 めぐりてじょうす。

一一↢六十億七宝蓮華↡。一一蓮華、団円正等ニシテ十二由旬ナリ。其摩尼水流↢注↡、メグリ↠樹上下

二 Ⅰ ⅴ 水有妙徳

^そのこえみょうにして、 くうじょう無我むがしょ*波羅はらみつ演説えんぜつす。 また諸仏しょぶつ*相好そうごう讃歎さんだんするものあり。

声微妙ニシテ、演↢説苦・空・無常・無我・諸波羅蜜復有↧讃↢歎諸仏相好↡者↥。

二 Ⅰ ⅴ 摩尼神徳

^にょ珠王しゅおうより金色こんじきみょうこうみょうすいす。 そのひかりしてひゃっぽうしきとりとなる。 ˆそのこえˇ みょうあいにして、 つねにぶつねんじ、 ほうねんじ、 そうねんずることをたたふ。

如意珠王ヨリ涌↢出金色微妙光明↡。其光、化シテ↢百宝色和鳴哀雅ニシテ、常↢念↠仏↠法コトヲ↟僧↡。

二 Ⅰ ⅴ 総結

^これを*はっどくすいそうとし、 だいかんづく。

↢八功徳水想↡、名↢第五↡。

二 Ⅰ 宝楼観
      総挙観名
      宝楼住処
      正顕其数

【14】^衆宝しゅぼうこく一々いちいち*かいじょうひゃくおくほう楼閣ろうかくあり。

衆宝国土一一界上、有↢五百億宝楼閣↡。

二 Ⅰ ⅵ 閣内荘厳

^その楼閣ろうかくのうちに、 りょう諸天しょてんありててんがくをなす。

楼閣、有↢無量諸天↡、作↢天伎楽↡。

二 Ⅰ ⅵ 楼外荘厳

^またがっありてくう懸処けんしょし、 *てん宝幢ほうどうのごとく、 たざるにおのづからる。

又有↢楽器↡、懸↢処虚空↡、如↢天宝幢↡、不ルニ↠鼓

二 Ⅰ ⅵ 楽能説法

^この衆音しゅおんのなかに、 みなぶつねんじ、 ほうねんじ、 比丘びくそうねんずることをく。

衆音、皆説↣念↠仏↠法コトヲ↢比丘僧↡。

二 Ⅰ ⅵ 顕観成相

^このそうじょうじをはるを、 づけてほぼ極楽ごくらくかい宝樹ほうじゅほうほうるとす。

想成ルヲ、名↢極楽世界宝樹・宝地・宝池↡。

二 Ⅰ ⅵ 総結

^これを*総観そうかんそうとし、 第六だいろくかんづく。

↢総観想↡、名↢第六↡。

二 Ⅰ ⅵ 牒前生後
      此観利益

^もしこれをるものは、 りょう億劫おくこうごくじゅう*悪業あくごうのぞき、 命終みょうじゅうのちにかならずかのくにしょうず。

↠此、除↢無量億劫極重悪業↡、命終之後↢彼↡。

二 Ⅰ ⅵ 弁観邪正

^このかんをなすをば、 づけてしょうかんとす。 もしかんするをば、 づけて邪観じゃかんとす」 と。

↢是↡者、名↢正観↡。若他観者、名↢邪観↡。

二 Ⅰ 華座観
      勅聴許説

【15】^ぶつなんおよびだいげたまはく、 「あきらかにけ、 あきらかにけ、 よくこれをねんせよ。 ぶつ、 まさになんぢがためにのうのぞほう分別ふんべつせつすべし。

仏告タマハク↢阿難及韋提希↡、諦思↢念↡。仏当↫為↠汝分↩別解↪説↢苦悩↡法↨。

二 Ⅰ ⅶ 勧発流通

^なんぢら*おくして、 ひろ大衆だいしゅのために分別ふんべつせつすべし」 と。

汝等憶持、広↢大衆↡、分別解説

二 Ⅰ ⅶ 二尊許応【住立空中尊】

^きたまふとき*りょう寿じゅぶつくうちゅう住立じゅうりゅうしたまふ。 *かんおん*だいせい、 この*だい左右さうりゅうしたまふ。 こうみょうじょうにしてつぶさにるべからず。 ひゃくせんえんだん金色ごんじきとすることをず。

タマフ↢是↡時、無量寿仏住↢立タマフ空中↡。観世音・大勢至、是二大士侍↢立タマフ左右↡。光明熾盛ニシテ不↠可↢具↡。百閻浮檀金色、不↠得↠為コトヲ↠比

二 Ⅰ ⅶ 韋提実凡

^ときだいりょう寿じゅぶつたてまつりをはりて、 *接足せっそくらいして

韋提希見マツリ↢無量寿仏↡已、接足作礼

二 Ⅰ ⅶ 仏恩領荷

^ぶつにまうしてまうさく、 「そん、 われいま仏力ぶつりきによるがゆゑに、 りょう寿じゅぶつおよびさつたてまつることをたり。

↠仏、世尊、我今因ルガ仏力↡故、得↠見マツルコトヲ↢無量寿仏及二菩薩↡。

二 Ⅰ ⅶ 為物置請

^らいしゅじょうまさにいかんしてか、 りょう寿じゅぶつおよびさつたてまつるべき」 と。

未来衆生当キト↣云何マツル↢無量寿仏及二菩薩↡。

二 Ⅰ ⅶ 総告許説

^ぶつだいげたまはく、 「かのぶつたてまつらんとおもはんものは、 まさに想念そうねんおこすべし。

仏告タマハク↢韋提希↡、欲↠観マツラムト↢彼↡者、当↠起↢想念↡。

二 Ⅰ ⅶ 教観方便

^七宝しっぽうじょうにおいてれんそうをなせ。

↢七宝地上↡、作↢蓮華↡。

二 Ⅰ ⅶ 宝華荘厳

^そのれん一々いちいちはなびらをしてひゃっぽういろ ˆありとのそうˇ をなさしめよ。 ˆそのはなびらにˇ 八万はちまんせんすじあり、 なほてんのごとし。 すじ八万はちまんせんひかりあり、

↣其蓮華一一ヲシテ↢百宝↡。有↢八万四千脈↡、猶如↢天↡。↢八万四千光↡、

二 Ⅰ ⅶ 弁観成相

^了々りょうりょうぶんみょうに、 みなることをしめよ。

了了分明、皆令↠得↠見コトヲ

二 Ⅰ ⅶ 葉葉荘厳

^華葉はなびらちいさきは、 じゅうこうひゃくじゅうじゅんなり。 かくのごときのれん八万はちまんせんはなびらあり。 一々いちいちはなびらのあひだにおのおのひゃくおく*摩尼まに珠王しゅおうありて、 もつて映飾ようじきとす。 一々いちいち摩尼まにせんこうみょうはなつ。 そのひかり ˆてんˇ がいのごとく七宝しっぽうごうじょうせり。 あまねくじょうおおへり。

華葉者、縦広二百五十由旬ナリ。如↠是↢八万四葉↡。一一↢百億摩尼珠王↡、以↢映飾↡。一一尼、放↢千光明↡。其光如↠蓋七宝合成↢地上↡。

二 Ⅰ ⅶ 台上荘厳

^*しゃりょうほうをもつてそのうてなとす。 このれんうてなは、 八万あちまん金剛こんごう*けんしゅくほう*ぼん摩尼まにほうみょう真珠しんじゅもうをもつてきょうじきす。

釈迦毘楞伽宝、以↢其蓮華八万金剛・甄叔迦宝・梵摩尼宝・妙真珠アリテ、以交飾↡。

二 Ⅰ ⅶ 幢上荘厳

^そのうてなうえにおいてねんにしてちゅう宝幢ほうどうあり。 一々いちいち宝幢ほうどうひゃく千万せんまんおくしゅせんのごとし。

↢其↡、自然ニシテ而有↢四柱宝幢↡。一一宝幢、如↢百千万億須弥山↡。

^どうじょう*宝幔ほうまんは、 *夜摩やまてんのごとし。 またひゃくおくみょう宝珠ほうしゅありて、 もつて映飾ようじきとす。

幢上、如↢夜摩天宮↡。↢五百億微妙宝珠↡、以↢映飾↡。

二 Ⅰ ⅶ 珠光徳用

^一々いちいち宝珠ほうしゅ八万はちまんせんひかりあり。 一々いちいちひかり八万はちまんせんしゅ金色こんじきをなす。

一一宝珠↢八万四千光↡。一一光作↢八万四千異種金色↡。

^一々いちいち金色こんじき、 そのほうへんし、 処々しょしょへんして、 おのおのそうをなす。 あるいは金剛こんごううてなとなり、 あるいは真珠しんじゅもうとなり、 あるいは*ざっうんとなる。 十方じっぽうめんにおいて、 こころしたがひて変現へんげんしてぶつ施作せさす。

一一色徧↢其宝土↡、処処変化、各↢異相↡。或↢金剛↡、或↢真珠↡、或↢雑華雲↢十方面↡、随↠意変現施↢作仏事↡。

二 Ⅰ ⅶ 総結

^これを華座けざそうとす、 第七だいしちかんづく」 と。

↢華↡、名↢第七↡。

二 Ⅰ ⅶ 得成所由

^ぶつなんげたまはく、 「かくのごときのみょうは、 これもと*法蔵ほうぞう比丘びく*願力がんりきしょじょうなり。

仏告タマハク↢阿難↡、如↠此妙華、是本法蔵比丘願力ナリ

二 Ⅰ ⅶ 重顕観儀

^もしかのぶつねんぜんとおもはんものは、 まさにまづこの華座けざそうをなすべし。 このそうをなさんとき*雑観ざっかんすることをざれ。 みな一々いちいちにこれをかんずべし。 一々いちいちはなびら一々いちいちたま一々いちいちひかり一々いちいちうてな一々いちいちはたぼこ、 みなぶんみょうならしめて、 かがみのなかにおいてみづから面像めんぞうるがごとくせよ。

セバ↠念ムト↢彼↡者↣先↡。作↢此↡時、不↠得↢雑観コトヲ↡。皆応↢一一↟之一一葉・一一珠・一一光・一一台・一一幢、皆令↢分明ナラ↡、如クセヨ↧於↢鏡↡自↦面像↥。

二 Ⅰ ⅶ 観成利益

^このそうじょうずるものは、 万劫まんごうしょうつみ滅除めつじょし、 ひつじょうしてまさに極楽ごくらくかいしょうずべし。

想成レバ、滅↢除万劫生死之罪↡、必定↠生↢極楽世界↡。

二 Ⅰ ⅶ 弁観邪正

^このかんをなすをば、 づけてしょうかんとす。 もしかんするをば、 づけて邪観じゃかんとす」 と。

↢是↡者、名↢正観↡。若他観者、名↢邪観↡。

二 Ⅰ 像観
      結前生後

【16】^ぶつなんおよびだいげたまはく、 「このをはらば、 つぎにまさにぶつおもふべし。

仏告タマハク↢阿難及韋提希↡、見↢此↡已、次↠想↠仏

二 Ⅰ ⅷ 応心即現【法界身】

^ゆゑはいかん。 諸仏しょぶつ如来にょらいこれ*法界ほうかいしんなり。 一切いっさいしゅじょう心想しんそうのうちにりたまふ。

所以者何。諸仏如来、是法界身ナリタマフ↢一切衆生心想↡。

二 Ⅰ ⅷ 結勧利益

^このゆゑになんぢらしんぶつおもときこのしんすなはちこれ ˆぶつのˇ *さんじゅうそう*はちじゅうずいぎょうこうなれば、 *このしんぶつす、 このしんこれぶつなり*諸仏しょぶつしょうへんかい心想しんそうよりしょうず。

汝等心↠仏時、是心即是三十二相・八十随形好ナレバ、是心作仏心是仏ナリ。諸仏正徧知海↢心想↡生

二 Ⅰ ⅷ 勧観彼仏

^このゆゑにまさに一心いっしんねんして、 あきらかにかのぶつ*多陀阿ただあ伽度かど*阿羅訶あらか*さんみゃくさんぶっかんずべし。

↣一心繋念、諦↢彼仏・多陀阿伽度・阿羅訶・三藐三仏陀↡。

二 Ⅰ ⅷ 牒前生後

^かのぶつおもはんものは、 まづまさにぞうおもふべし。

↢彼↡者、先↠想↠像

二 Ⅰ ⅷ 弁観成相

^閉目へいもく開目かいもくひとつの宝像ほうぞうえんだん金色ごんじきのごとくにして、 かのじょうせるをよ。

閉目・開目、見↧一宝像ニシテ↢閻浮檀金色↡、坐ルヲ↦彼華上↥。

^ぞうせるををはらば、 心眼しんげんひらくることをて、 了々りょうりょうぶんみょう極楽ごくらくこく七宝しっぽうしょうごんほうほう宝樹ほうじゅ行列ごうれつし、 諸天しょてん宝幔ほうまんそのうえ弥覆みふし、 衆宝しゅぼう*もうくうのなかにてるをん。 かくのごときのること、 きはめて明了みょうりょうにして、 たなごころのうちをるがごとくならしめよ。

見↢ルヲ↡已、心眼得↠開コトヲ、了了分明↧極楽国七宝荘厳宝地・宝池・宝樹行列、諸幔弥↢覆↡、衆宝羅網満ルヲ↦虚空↥。見コト↢如↠此↡、極↢明了ニシテクナラ↟観↢掌↡。

二 Ⅰ ⅷ 結上生後
      二菩薩観

^このをはらば、 またまさにさらにひとつのだいれんをなしてぶつへんにおくべし。 さきれんのごとくしてひとしくしてあることなし。 またひとつのだいれんをなしてぶつへんにおけ。 ひとつのかんおんさつぞうひだり華座けざすとおもへ。 また金光こんこうはなつこと、 さきˆぶつのˇ ごとくしてなし。 ひとつのだいせいさつぞうみぎ華座けざすとおもへ。

見↢此↡已、復当↧更↢一大蓮華↦仏左辺↥。如クシテ↢前蓮華↡、等クシテ↠有コト↠異コト。復作↢一大蓮華↡在↢仏右辺↡。想↣一観世音菩薩、坐華座↡。亦コト↢金↡、如クシテ↠前↠異コト。想↣一大勢至菩薩、坐華座↡。

二 Ⅰ ⅷ 成多身観

^このそうじょうずるときぶつさつぞうはみなこうみょうはなつ。 そのひかり金色こんじきにしてもろもろの宝樹ほうじゅらす。 一々いちいちじゅにまたつのれんあり。 もろもろのれんうえにおのおの一仏いちぶつさつぞうましまして、 かのくに遍満へんまんす。

ズル時、仏・菩薩、皆放光明↡。其光金色ニシテ↢諸宝樹↡。一一樹下復有↢三蓮華↡。諸蓮華、各↢一仏・二菩薩像↡、徧↢満↡。

二 Ⅰ ⅷ 因定得見

^このそうじょうずるときぎょうじゃまさにすいこうみょうおよびもろもろの宝樹ほうじゅ*がん*鴛鴦えんおうのみな*みょうほうくをくべし。 *出定しゅつじょう*入定にゅうじょうにつねにみょうほうく。

想成ズル時、行者当↠聞↣水流・光明、及宝樹・鳧・鴈・鴛鴦皆説クヲ↢妙法↡。出定・入定、恒↢妙法↡。

^ぎょうじゃˆ入定にゅうじょうちゅうにˇ きしところのもの、 出定しゅつじょうときおくしててず、

行者↠聞ケル、出定之時憶持不↠捨

二 Ⅰ ⅷ 弁観邪正

^*しゅ多羅たらがっせしめよ。 もしがっせざるをば、 づけて妄想もうぞうとす。もしがっすることあるをば、 づけてそう極楽ごくらくかいるとす。

↧与↢修多羅↡合↥。若↠合者、名↢妄想↡。若↠合コト者、名↣麁想↢極楽世界↡。

二 Ⅰ ⅷ 総結

^これを像想ぞうそうとし、 第八だいはちかんづく。

像想↡、名↢第八↡。

二 Ⅰ ⅷ 現蒙利益

^このかんをなすものは、 りょう億劫おくこうしょうつみのぞき、 現身げんしんのなかにおいて*念仏ねんぶつ三昧ざんまい」 と。

↢是↡者、除↢無量億劫生死之罪↡、於↢現身↡得↢念仏三↡。

二 Ⅰ 真身観
      告命生後

【17】^ぶつなんおよびだいげたまはく、 「このそうじょうじをはらば、 つぎにまさにさらにりょう寿じゅぶつ身相しんそうこうみょうとをかんずべし。

仏告タマハク↢阿難及韋提希↡、此想成、次↣更タテマツル↢無量寿仏身相光明トヲ↡。

二 Ⅰ ⅸ 真仏身相

^なんまさにるべし、 りょう寿じゅぶつしんひゃく千万せんまんおく夜摩やまてんえんだん金色ごんじきのごとし。

阿難、当↠知、無量寿仏↢百千万億夜摩天閻浮檀金色↡。

二 Ⅰ ⅸ 身量大小

^仏身ぶっしんたかろくじゅう万億まんおく*由他ゆた*ごうしゃじゅんなり。

仏身、六十万億那由他恒河沙由旬ナリ

二 Ⅰ ⅸ 総観身相

^けん*びゃくごうは、 みぎめぐりて婉転えんでんして、 ˆおおきさˇ いつつのしゅせんのごとし。 仏眼ぶつげん*だい海水かいすいのごとし。 *青白しょうびゃくぶんみょうなり。 しんのもろもろのもうよりこうみょう演出えんすいす。 ˆおおきさˇ しゅせんのごとし。

眉間白毫、右婉転、如↢五須弥山↡。仏↢四大海水青白分明ナリ。身毛孔ヨリ演↢出ルコト光明↢須弥山↡。

^かのぶつ*円光えんこうは、 ˆひろさˇ ひゃくおく三千さんぜん大千だいせんかいのごとし。 円光えんこうのなかにおいて、 ひゃく万億まんおく由他ゆたごうしゃぶつまします。 一々いちいちぶつにまたしゅしゅさつありて、 もつてしゃたり。

円光↢百億三千大千世界↡。於↢円光↡、有↢百万億那由他恒河沙化仏↡。一一化仏亦有↢衆多無数化菩薩↡、以↢侍者↡。

二 Ⅰ ⅸ 光益有縁【摂取不捨】

^りょう寿じゅぶつ八万はちまんせんそうまします。 一々いちいちそうにおのおの八万はちまんせん*ずいぎょうこうあり。 一々いちいちこうにまた八万はちまんせんこうみょうあり。 一々いちいちこうみょうは、 あまねく十方じっぽうかいらし、 念仏ねんぶつしゅじょう*摂取せっしゅしててたまはず。

無量寿仏↢八万四千相↡。一一、各↢八万四千随形好↡。一一復有↢八万四千光明↡。一一光明、徧↢十方世界念仏衆生、摂取不↠捨タマハ

二 Ⅰ ⅸ 結少顕多
      荘厳微妙

^そのこうみょう相好そうごうと、 およびぶつとは、 つぶさにくべからず。 ただまさに*憶想おくそうして、 心眼しんげんをしてたてまつらしむべし。

相好及与化仏トハ、不↠可↢具↡。但当↣憶想、令↢心ヲシテマツラ↡。

二 Ⅰ ⅸ 観益得成

^このるものは、 すなはち十方じっぽう一切いっさい諸仏しょぶつたてまつる。 諸仏しょぶつたてまつるをもつてのゆゑに念仏ねんぶつ三昧ざんまいづく。

↢此↡者、即マツル↢十方一切諸仏↡。以↠見マツルヲ↢諸仏↡故、名↢念仏三昧↡。

^このかんをなすをば、 一切いっさい仏身ぶっしんかんずとづく。 仏身ぶっしんかんずるをもつてのゆゑにまた*仏心ぶっしんたてまつる。 仏心ぶっしんとはだい慈悲じひこれなり。 *えんをもつてもろもろのしゅじょうせっしたまふ。

↢是↡者、名↠観ズト↢一切仏身↡。以↠観ルヲ↢仏身↡故亦見マツ↢仏心↡。仏心者大慈悲是ナリ。以↢無縁↡摂↢諸衆生↡。

二 Ⅰ ⅸ 得生彼益

^このかんをなすものは、 てて他世たせ諸仏しょぶつみまえしょうじて*しょうにんん。

↢此↡者、捨他世↢諸仏↡、得↢無生忍↡。

二 Ⅰ ⅸ 結勧利益

^このゆゑにしゃまさにこころけて、 あきらかにりょう寿じゅぶつかんずべし。

智者、応↣繋↠心、諦マツル↢無量寿仏↡。

 ^りょう寿じゅぶつかんぜんものは、 ˆぶつのˇ ひとつの*相好そうごうよりれ。 ただけんびゃくごうかんじて、 きはめて明了みょうりょうならしめよ。 けんびゃくごうたてまつれば、 八万はちまんせん相好そうごうねんにまさにげんずべし。

マツラム↢無量寿仏↡者↢一相好↡入。但観↢眉間白毫↡極↢明了ナラ↡。見マツレバ↢眉間↡者、八万四千相好、自然

^りょう寿じゅぶつたてまつれば、 すなはち十方じっぽうりょう諸仏しょぶつたてまつる。 ^りょう諸仏しょぶつたてまつることをるがゆゑに、 諸仏しょぶつ現前げんぜん*じゅしたまふ

マツレバ↢無量寿仏↡者、即マツル↢十方無量諸仏↡。得↠見マツルコトヲ↢無量諸仏↡故、諸仏現前授記タマフ

二 Ⅰ ⅸ 総結

^これをあまねく*一切いっさい*色身しきしんかんずるそうとし、 だいかんづく。

↧徧ズル↢一切↥、名↢第九↡。

二 Ⅰ ⅸ 弁観邪正

^このかんをなすをば、 づけてしょうかんとす。 もしかんするをば、 づけて邪観じゃかんとす」 と。

↡者名↢正観↡。若他観者名↢邪観↡。

二 Ⅰ 観音観
      結前生後

【18】^ぶつなんおよびだいげたまはく、 「りょう寿じゅぶつたてまつること、 了々りょうりょうぶんみょうなることおわりて、 つぎにまたまさにかんおんさつかんずべし。

仏告タマハク↢阿難及韋提希↡、見マツルコト↢無量寿仏↡、了了分明ナルコト、次復当↠観マツル↢観世音菩薩↡。

二 Ⅰ ⅹ 総標身相

^このさつたけはちじゅう万億まんおく由他ゆたじゅんなり。 しん金色こんじきなり。 いただき*肉髻にくけいあり。 うなじ円光えんこうあり。 *おもておのおのひゃくせんじゅんなり。

菩薩、身長八十万億那由他由旬ナリ。身紫金色ナリ。頂↢肉髻↡↢円光↡面各百千由旬ナリ

^その円光えんこうのなかにひゃくぶつましまして、 しゃ牟尼むにぶつのごとし。 一々いちいちぶつひゃくさつりょう諸天しょてんありて、 もつてしゃたり。

円光シテ↢五百化仏↡、如↢釈迦牟尼↡。一一化仏↢五百化菩薩無量諸天↡、以↢侍者↡。

^*しんひかりのなかに*どうしゅじょう一切いっさい色相しきそう、 みななかにおいてげんず。

挙身五道衆生一切色相アリテ、皆於↠中

二 Ⅰ ⅹ 天冠殊異

^頂上ちょうじょう*りょう摩尼まにほうあり、 もつて*天冠てんがんとす。 その天冠てんがんのなかに、 ひとりの*りゅうぶつまします。 たかじゅうじゅんなり。

頂上毘楞伽摩尼宝アリ、以↢天冠↡。其天冠シテ↢一立化仏↡二十五由旬ナリ

二 Ⅰ ⅹ 身色不同

^かんおんさつおもては、 えんだん金色ごんじきのごとし。

観世音菩薩、如↢閻浮檀金色↡。

二 Ⅰ ⅹ 毫光転変

^けん*毫相ごうそう七宝しっぽういろそなへ、 八万はちまん千種せんしゅこうみょうすいす。 一々いちいちこうみょうに、 りょうしゅひゃくせんぶつまします。 一々いちいちぶつは、 しゅさつをもつてしゃとす。 変現へんげんざいにして十方じっぽうかいてり。 たとへばれんしきのごとし。

眉間毫相↢七宝↡流↢出八万四千種光明↡。一一光明↢無量無数百千化仏↡。一一化仏無数化菩薩アリテ、以↢侍者↡。変現自在ニシテ↢十方世界↡。↢紅蓮華色↡。

二 Ⅰ ⅹ 身服光瓔

^はちじゅうおくこうみょうありて、 もつて瓔珞ようらくとす。 その瓔珞ようらくのなかに、 あまねく一切いっさいのもろもろのしょうごんげんず。

↢八十光明↡、以↢瓔珞↡。其瓔珞↢一切荘厳↡。

二 Ⅰ ⅹ 手有慈用

^しゅしょうひゃくおくぞうれんしきをなす。 じっはし一々いちいちゆびはし八万はちまんせんあり。 なほ*印文いんもんのごとし。 一々いちいち八万はちまん千色せんしきあり。 一々いちいちいろ八万はちまんせんひかりあり。 そのひかりにゅうなんにしてあまねく一切いっさいらし、 この宝手ほうしゅをもつてしゅじょう*しょういんしたまふ。

手掌↢五百億雑蓮華色十指端、一一↢八万四千画↡。猶如↢印文↡。一一↢八万四千色↡。一一↢八万四千光↡。其光柔軟ニシテ↢一切↡、以↢此宝手↡接↢引タマフ衆生↡。

二 Ⅰ ⅹ 足有徳用

^あしげたまふときあしした*せん輻輪ぷくりんそうあり、 ねんしてひゃくおくこうみょううてなとなる。 あしろしたまふとき*金剛こんごう摩尼まにはなあり、 一切いっさいさんして*まんせずといふことなし。

タマフ↠足時、足↢千輻輪相↡、自然↢五百億光明↡。下タマフ↠足時、有↢金剛摩尼華↡、布↢散一切↡莫↠不ルハ↢弥満↡。

二 Ⅰ ⅹ 指同於仏
      師徒位別

^その身相しんそう*衆好しゅこうそくせることぶつのごとくしてなし。 ただ頂上ちょうじょう肉髻にくけいおよび*けんちょうそうそんおよばず。

身相・衆好具足コトクシテ↠仏↠異コト。唯頂上肉髻及無見頂ノミ、不↠及↢世尊↡。

二 Ⅰ ⅹ 総結

^これをかんおんさつ真実しんじつ色身しきしんかんずるそうとし、 だいじゅうかんづく」 と。

↧観ズル↢観世音菩薩真実色身↥、名クト↢第十↡。

二 Ⅰ ⅹ 生其後益

^ぶつなんげたまはく、 「もしかんおんさつかんぜんとほっすることあらんものは、 まさにこのかんをなすべし。

仏告タマハク↢阿難↡、若↠欲コト↠観マツラム↢観世音菩薩、当↠作↢是↡。

二 Ⅰ ⅹ 勧観利益

^このかんをなすものはもろもろのはず、 *ごっしょうじょうじょし、 しゅこうしょうつみのぞく。 かくのごときのさつは、 ただそのくだにりょうふく。 いかにいはんやあきらかにかんぜんをや。

↢是↡者、不↠遇↢諸↡、浄↢除業障↡、↢無数劫生死之罪↡。如↠此菩薩、但聞スラ↢其↡獲↢無量↡。何ズルヲヤ

二 Ⅰ ⅹ 重顕観儀

^もしかんおんさつかんぜんとほっすることあらんものは、 まづ頂上ちょうじょう肉髻にくけいかんじ、 つぎ天冠てんがんかんぜよ。 その衆相しゅそう、 まただいにこれをかんじて、 また明了みょうりょうなること、 たなごころのうちをるがごとくならしめよ。

↠欲コト↠観マツラム↢観世音菩薩↡者↢頂上肉髻↡、次↢天冠↡。其衆相亦次第↠之亦令↢明了ニシテクナラ↟観↢掌↡。

二 Ⅰ ⅹ 弁観邪正

^このかんをなすをば、 づけてしょうかんとす。 もしかんするをば、 づけて邪観じゃかんとす。

↢是↡者名↢正観↡。若他観者名↢邪観↡。

二 Ⅰ 勢至観
      総挙観名

【19】^つぎにまただいせいさつかんずべし。

復応↠観マツル↢大勢至菩薩↡。

二 Ⅰ ⅺ 弁観相
      不同相

^このさつしんりょうだいしょうは、 またかんおんのごとし。 円光えんこう*おもては、 おのおのひゃくじゅうじゅんなり。 ひゃくじゅうじゅんらす。

菩薩身量大小、亦如↢観世音↡。円光百二十五由旬ニシテ↢二百五十由旬↡。

二 Ⅰ ⅺ 身光照益

^しんこうみょう十方国じっぽうこくらし、 こんじきをなす。 えんしゅじょうは、 みなことごとくることを

挙身光明↢十方国↡、作↢紫金色↡。有縁衆生皆悉得↠見コトヲ

^ただこのさついちもうひかりれば、 すなはち十方じっぽうりょう諸仏しょぶつ浄妙じょうみょうこうみょうる。 このゆゑにこのさつなづけて*へんこうづく。 智慧ちえひかりをもつてあまねく一切いっさいらして、 *さんはなれしむるにじょうりきたまへり。 このゆゑにこのさつなづけてだいせいづく。

但見↢此菩薩一毛孔↡、即↢十方無量諸仏浄妙光明↡。是↢此菩薩↡名↢無辺光↡。以↢智慧↡普↢一切↡、令↠離↢三塗↡得タマヘリ↢無上力↡。是↢此菩薩↡名↢大勢至↡。

二 Ⅰ ⅺ 天冠荘厳

^このさつ天冠てんがんひゃくほうあり。 一々いちいちほうひゃく宝台ほうだいあり。 一々いちいちうてなのうちに十方じっぽう諸仏しょぶつ浄妙じょうみょうこく*こうじょうそうみななかにおいてげんず。

菩薩天冠↢五百宝華↡。一一宝華↢五百宝台↡。一一、十方諸仏浄妙国土広長之相、皆於↠中

二 Ⅰ ⅺ 肉髻宝瓶

^頂上ちょうじょう肉髻にくけい*鉢頭はず摩華まけのごとし。 肉髻にくけいうえにおいてひとつのほうびょうあり。 もろもろのこうみょうれて、 あまねくぶつげんず。

頂上肉髻↢鉢頭摩華↡。於↢肉髻↡有↢一宝瓶↡。イレ↢諸光明↡、普↢仏事↡。

二 Ⅰ ⅺ 指同観音

^のもろもろの身相しんそうは、 かんおんのごとく、 ひとしくしてあることなし。

身相↢観世音↡、等クシテ↠有コト↠異コト

二 Ⅰ ⅺ 行相

^このさつきたまふとき十方じっぽうかい一切いっさい震動しんどうす。 うごところあたりてひゃくおくほうあり。 一々いちいちほうしょうごん*たかあらわれて極楽ごくらくかいのごとし。

菩薩タマフ時、十方世界一切震動。当↢地↢五百億宝華↡。一一宝華荘厳、高↢極楽世界↡。

二 Ⅰ ⅺ 坐相

^このさつしたまふとき七宝しっぽうこくいち動揺どうようし、 ほう金光こんこうぶつ*せつよりないじょうほうこうみょう王仏おうぶつせつまで ˆおよびˇ^その*ちゅうげんにおいてりょう*塵数じんじゅ分身ぶんしんりょう寿じゅぶつ分身ぶんしんかんおんだいせい、 みなことごとく極楽ごくらくこくうんじゅうしたまふ。 くうちゅう*側塞しきそくしてれん華座げざし、 みょうほう演説えんぜつしてしゅじょうしたまふ。

菩薩タマフ時、七宝国土一時動揺、従↢下方金光仏刹↡、乃マデ上方光明王仏、於↢其中間↡無量塵数分身無量寿仏、分身観世音・大勢至、皆悉雲↢集タマ極楽国土↡側↢塞空中↡坐↢蓮華座↡、演↢説妙法↡度タマフ↢苦衆生↡。

二 Ⅰ ⅺ 弁観邪正

^このかんをなすをば、 づけてしょうかんとす。 もしかんするをば、 づけて邪観じゃかんとす。 だいせいさつたてまつる。 これをだいせい色身しきしんかんずるそうとし、 だいじゅういちかんづく。

↢此↡者、名正観↡。若他観者、名↢邪観↡。見マツル↢大勢至菩薩↡、是↧観ズル↢大勢至色身↥、↢第十一↡。

二 Ⅰ ⅺ 修観利益

^このさつかんずるものは、 しゅこう*そうしょうつみのぞく。

マツレバ↢此菩薩↡者、除↢無数劫阿僧祇生死之罪↡。

二 Ⅰ ⅺ 重生後益

^このかんをなすものは*胞胎ほうたいしょせず、 つねに諸仏しょぶつ浄妙じょうみょうこくあそぶ。

サバ↢是↡者、不↠処胞胎↡、常↢諸仏浄妙国土↡。

二 Ⅰ ⅺ 弁観成相

^このかんじょうじをはるをば、 づけて*そくしてかんおんだいせいかんずとす。

観成、名↣具足ズト↢観世音・大勢↡。

二 Ⅰ 普観
      牒前生後
      凝心入観

【20】^このときまさに*しんおこして西方さいほう極楽ごくらくかいしょうじて、 れんのなかにして*けっ趺坐ふざし、 ^れんがっするそうをなし、 れんひらくるそうをなすべし。

↢此↡時、当↧起自心↡、生↢於西方極楽世界↡、於↢蓮華↡結跏趺坐、作↢蓮華↡、作↦蓮華↥。

れんひらくるときひゃくしきひかりあり。 きたりてらし、 ˆこころのˇ 眼目げんもくひらくとおもへ。 ぶつさつくうのなかにてるをるとおもへ。 すいちょう樹林じゅりん、 および諸仏しょぶつ所出しょすいおんじょう、 みなみょうほうˆとおもへˇ

蓮華時有↢五百色光↡。来スト↠身眼目開クト↡。↣仏・菩薩タマヘル↢虚空↡。水・鳥・樹林及与諸仏所出音声、皆演↢妙法

二 Ⅰ ⅻ 無遺常憶

^*じゅうきょうがっして、 ^出定しゅつじょうとき ˆおもいをˇ おくしてうしなはざれ。

与↢十二部経↡合出定之時、憶持↠失

二 Ⅰ ⅻ 観成之益

^このをはるをりょう寿じゅぶつ極楽ごくらくかいるとづく。

見↢此↡已ルヲ、名↠見ルト↢無量寿仏極楽世界↡。

二 Ⅰ ⅻ 総結

^これをかんそうとし、 だいじゅうかんづく。

↢普観想↡、名↢第十二↡。

二 Ⅰ ⅻ 弥陀護念

^りょう寿じゅぶつしんしゅにして、 かんおんだいせいとともに、 つねにこのぎょうにんところらいしたまふ」 と。

無量寿仏化身無数ニシテ、与トモニ↢観世音・大勢至↡来↢至タマフト行人之↡。

二 Ⅰ 雑想観
      告命結勧
      観像表真

【21】^ぶつなんおよびだいげたまはく、 「もしこころいたして西方さいほうしょうぜんとほっせんものは、 まづまさにひとつの*じょうろくぞうすいうえにましますをかんずべし。

仏告タマハク↢阿難及韋提希↡、若↣至↠心ムト↢西方↡者、先↠観↣於一丈六↢池水↡。

二 Ⅰ ⅼ 勧観於小
      凡小聖寛
      比校顕勝

^さき所説しょせつのごとき、 りょう寿じゅぶつしんりょうへんにして、 これぼん心力しんりきおよぶところにあらず。 しかるを、 かの如来にょらい*宿しゅくがんりきのゆゑに憶想おくそうすることあらば、 かならずじょうじゅすることをただ仏像ぶつぞうおもふにりょうふく。 いかにいはんやぶつそくせる身相しんそうかんぜんをや。

↢先所説↡無量寿仏身量無辺ニシテ、非↢是凡夫心力↟及。然如来宿願力、有↢憶想コト↡者必得↢成就コトヲ↡。但想スラ↢仏像↡得↢無量↡。ズルヲヤ↢仏具足セル↡。

二 Ⅰ ⅼ 仏像大小

^弥陀みだぶつ*神通じんずうにょにして、 十方じっぽうくににおいて変現へんげんざいなり。 あるいは大身だいしんげんじてくうのなかにち、 あるいはしょうしんげんじて*じょうろくはっしゃくなり。

阿弥陀仏神通如意ニシテ、於↢十方↡変現自在ナリ。或タマヒ↢大身↡満↢虚空↡、或タマヒ↢小身↡丈六八尺ナリ

二 Ⅰ ⅼ 光相無異

^所現しょげんかたちは、 みなしん金色こんじきなり。 円光えんこうぶつおよびほうれんは、 かみ所説しょせつのごとし。

所現之形皆真金色ナリ。円光化仏及宝蓮華↢上所説↡。

二 Ⅰ ⅼ 指同前観
      勧観二別
      三尊相随

^かんおんさつおよびだいせい一切いっさいしょにおいてしんおなじ。 しゅじょうただ*首相しゅそうて、 これかんおんなりとり、 これだいせいなりとる。 このさつ弥陀みだぶつたすけてあまねく一切いっさいしたまふ。

観世音菩薩及大勢至、於↢一切処↡身同。衆生但↢首相↡、知↢是観世音ナリト↡、知↢是大勢至ナリト↡。此二菩薩助↢阿弥陀仏↡普タマフ↢一切↡。

二 Ⅰ ⅼ 総結

^これを雑想ざっそうかんとし、 だいじゅうさんかんづく」 と。

↢雑想観↡、名クト↢第十三↡。

散善
    上輩
      上上品
        告命
       

【22】^ぶつなんおよびだいげたまはく、 「*じょうぼん上生じょうしょうといふは、

仏告タマハク↢阿難及韋提↡、上品上生トイフ者、

二 Ⅱ ⅽ a 有縁

^もししゅじょうありて、 かのくにしょうぜんとがんずるものは、 三種さんしゅしんおこして**即便すなわちおうじょう

↢衆生↡願↠生ムト↢彼↡者、発↢三種↡即便往生

二 Ⅱ ⅽ a 三心

^なんらをかつとする。 ひとつには*じょうしんふたつには*深心じんしんつには*こう発願ほつがんしんなり。 三心さんしんするものは、 かならずかのくにしょう

何等ヲカ↠三。一者至誠心、二者深心、三者廻向発願心ナリ。具↢三心↡者↢彼↡。

二 Ⅱ ⅽ a

^また三種さんしゅしゅじょうありて、 まさにおうじょうべし

復有↢三種衆生↡、当↠得↢往生↡。

二 Ⅱ ⅽ a 受法

^なんらをかつとする。 ひとつにはしんにしてころさず、 もろもろの*かいぎょうす。 ふたつにはだいじょう*方等ほうどうきょうてん読誦どくじゅす。 つには*六念ろくねんしゅぎょう

何等ヲカ↠三。一者慈心ヲモテ不↠殺、具↢諸戒行↡。二者読↢誦大乗方等経典↡。三者修↢行六念↡。

二 Ⅱ ⅽ a 回向
        時節

^こう発願ほつがんしてかのくにしょうぜんとがんず。 ^このどくすること、 一日いちにちない七日しちにちしてすなはちおうじょう

廻向発願↠生ムト↡。具コト↢此功徳↡一日乃至七日シテ得↢往生↡。

二 Ⅱ ⅽ a リ-1 迎接

^かのくにしょうずるときこのひとしょうじんゆうみょうなるがゆゑに、 弥陀みだ如来にょらいは、 かんおんだいせいしゅぶつひゃくせん比丘びく*しょうもん大衆だいしゅしゅ諸天しょてん七宝しっぽう殿でんとともに ˆ現前げんぜんすˇかんおんさつ金剛こんごううてなりて、 だいせいさつとともにぎょうじゃまえいたりたまふ。

ズル↢彼↡時、此人精進勇ナルガ、阿弥陀如来トモニ↢観世音・大勢至、無数化仏、百千比丘・声聞大衆、無諸天、七宝宮殿↡観世音菩薩↢金剛↡、与トモニ↢大勢至菩薩↡、至タマフ↢行者↡。

^弥陀みだぶつは、 だいこうみょうはなちてぎょうじゃらし、 もろもろのさつとともにみてさずけて*こうしょうしたまふ。 かんおんだいせいは、 しゅさつとともにぎょうじゃ讃歎さんだんして、 そのこころ勧進かんじんしたまふ。

阿弥陀仏↢大光明↡照↢行者↡、与トモニ↢諸菩薩↡授↠手迎接タマフ。観世音・大勢至トモニ↢無数菩薩↡讃↢歎行者↡、勧↢進タマフ↡。

二 Ⅱ ⅽ a リ-2 去時

^ぎょうじゃをはりて*かんやくし、 みづからそのれば、 金剛こんごううてなじょうぜり。 ぶつしりえずいじゅうして、 *だんのあひだのごとくに、 かのくにおうじょう

行者見已歓喜踊躍、自↢其↡、乗↢金剛随↢従↡、如↢弾指↡往↢生↡。

二 Ⅱ ⅽ a 華開
        得益

^かのくにしょうじをはりて、 ぶつ色身しきしん衆相しゅそうそくせるを、 もろもろのさつ色相しきそうそくせるをる。 こうみょう宝林ほうりんみょうほう演説えんぜつす。 きをはりてすなはちしょう法忍ぼうにんさとる。

↢彼↡已、見↢仏色身衆相具足ルヲ↡、見マツ↢諸菩薩色相具足ルヲ↡。光明宝林演↢説妙法↢無生法忍↡。

*しゅのあひだを諸仏しょぶつ*りゃくし、 十方じっぽうかいへんして、 諸仏しょぶつみまえにおいてだいじゅせらる。 本国ほんごくかえいたりてりょうひゃくせん*陀羅だらもん

↢須臾↡歴↢事マツリ諸仏↡、徧↢十方界↡、於諸仏↡次第授記ラル。還本国↡、得↢無量百千陀羅尼門↡。

二 Ⅱ ⅽ a 総結

^これをじょうぼん上生じょうしょうのものとづく。

↢上品上生↡。

二 Ⅱ ⅽ 上中品
       

【23】^*じょうぼん中生ちゅうしょうといふは、

上品中生トイフ者、

二 Ⅱ ⅽ b 回向

^かならずしも方等ほうどうきょうてんじゅ読誦どくじゅせざれども、 よくしゅさとり、 *第一だいいちにおいてしんきょうどうせず。 ふかいんしんじて*だいじょうそしらず。 このどくをもつてこうして極楽ごくらくこくしょうぜんとがんす。

ドモ↤必シモ受↢持読↣誦方等経典↡、善シテ↢義趣↡、於↢第一義↡心不↢驚動↡。深↢因果↡不↠謗↢大乗↡。以↢此功徳↡廻向願↣求ムト↢極楽国↡。

二 Ⅱ ⅽ b 迎接

^このぎょうぎょうずるもの、 いのちおわらんとするとき弥陀みだぶつは、 かんおんだいせいりょう大衆だいしゅとともに*眷属けんぞく*にょうせられて、 こんうてなたしめて、 ぎょうじゃまえいたりたまひ、 めてのたまはく、 ª*ほう、 なんぢだいじょうぎょう第一だいいちさとる。 このゆゑに、 われいまきたりてなんぢをこうしょうすº と。

↢此↡者命欲↠終ムト時、阿弥陀仏トモニ↢観世音・大勢至、無量大衆眷属囲繞ラレテ、持シメテ↢紫金↡至タマヒ↢行者↡、讃、法子、汝行↢大乗↡解↢第一義↡。是我今来迎↢接スト↡。

二 Ⅱ ⅽ b 去時

^せんぶつとともにいちみてさずけたまふ。 ^ぎょうじゃみづからればこんうてなせり。 がっしょう*叉手しゃしゅして諸仏しょぶつ讃歎さんだんしたてまつる。 *一念いちねんのあひだのごとくに、 すなはちかのくに七宝しっぽういけのなかにしょうず。

トモニ↢千化仏↡一時タマフ↠手。行者自、坐↢紫金↡。合掌叉手讃↢歎マツ諸仏↢一念↡、即↢彼七宝↡。

二 Ⅱ ⅽ b 華開

^このこんうてなだいほうのごとし。 *宿しゅくてすなはちひらく。 ぎょうじゃ紫磨しま金色こんじきになれり。 あししたにまた七宝しっぽうれんあり。

紫金↢大宝華↡。経↠宿。行者↢紫磨金色亦有↢七宝蓮華↡。

二 Ⅱ ⅽ b 得益

^ぶつおよびさつ*倶時くじこうみょうはなちてぎょうじゃらしたまふに、 すなはちひらけてあきらかなり。 *さき宿習しゅくじゅうによりて、 あまねく ˆじょうのˇ もろもろのこえくに、 もつぱら甚深じんじん*第一だいいちたいく。 すなはち金台こんだいよりりて、 ぶつらいがっしょうしてそん讃歎さんだんしたてまつる。

仏及菩薩、倶↢光↡照タマフニ↢行者↡、目即カナリ。因リテ↢前宿習↡普↢衆↡、純↢甚深第一義諦↡。即↢金台ヨリ↡、礼↠仏合掌讃↢歎マツル世尊↡。

^七日しちにちて、 ときおうじてすなはち*のく多羅たらさんみゃくさんだいにおいて*退たいてん

↢於七日↡、応↠時↢阿耨多羅三藐三菩提↡得↢不退転

二 Ⅱ ⅽ b 他方得益

^ときおうじてすなはちよくぎょうして、 あまねく十方じっぽういた諸仏しょぶつりゃくす。 諸仏しょぶつみもとにしてもろもろの三昧さんまいしゅす。 いちしょうこうしょうにん現前げんぜんじゅせらる。

↠時、徧↢十方歴↢事マツリ諸仏↢諸仏↡修↢諸三昧↡。経↢一小劫↡得↢無生忍↡、現前授記ラル

二 Ⅱ ⅽ b 総結

^これをじょうぼん中生ちゅうしょうのものとづく。

↢上品中生↡。

二 Ⅱ ⅽ 上下品
       

【24】^*じょうぼんしょうといふは、

上品下生トイフ者、

二 Ⅱ ⅽ c 受法
        回向

^またいんしんだいじょうそしらず。 ただ*じょう道心どうしんおこす。 このどくをもつてこうして極楽ごくらくこくしょうぜんとがんす。

亦信↢因果↡不↠謗↢大乗但発↢無上道心↢此功徳↡廻向願↣求ムト↢極楽国↡。

二 Ⅱ ⅽ c ニ-1 迎接

^ぎょうじゃいのちおわらんとするときに、 弥陀みだぶつ、 およびかんおんだいせい、 もろもろの眷属けんぞくとともに金蓮こんれんたしめて、 ひゃくぶつ化作けさしてこのひと*来迎らいこうしたまふ。 ひゃくぶつは、 いちみてさずけてめてのたまはく、 ªほう、 なんぢいま清浄しょうじょうにしてじょう道心どうしんおこせり。 われきたりてなんぢをむかふº と。

行者命欲↠終ムト、阿弥陀仏及観世音・大勢至、与トモニ↢諸眷属↡持シメテ↢金蓮華↡、化↢作五百化仏↡来リテタマフ此人↡。五百化仏、一時↠手、讃、法子、汝今清浄ニシテ↢無上道心↡。我来フト↠汝

二 Ⅱ ⅽ c ニ-2 去時

^このとき、 すなはちみづかられば金蓮こんれんす。 しをはればはながっす。 そんしりえしたがひて、 すなはち七宝しっぽういけのなかにおうじょうすることを

↢此↡時、即↠身、坐↢金蓮華↡。坐華合↢世尊↡、即得↣往↢生コトヲ七宝↡。

二 Ⅱ ⅽ c 華開
        得益

^一日いちにちいちにしてれんすなはちひらけ、 七日しちにちのうちにすなはちぶつたてまつることを仏身ぶっしんたてまつるといへども、 もろもろの相好そうごうにおいてしん明了みょうりょうならず。 三七さんしちにちのちにおいて、 すなはち了々りょうりょうたてまつる。 もろもろのおんじょうくにみなみょうほうぶ。

一日一夜ニシテ蓮華乃、七日之中得↠見マツルコトヲ↠仏。雖↠見マツルト↢仏身↡、於↢衆相好↡心不↢明了ナラ↡。於↢三七日↡、乃了了マツル。聞↢衆音声↡皆演↢妙法↡。

二 Ⅱ ⅽ c 他方得益

^十方じっぽうりゃくして諸仏しょぶつようす。 諸仏しょぶつみまえにして甚深じんじんほうく。 さんしょうこう*ひゃっぽうみょうもん*かんじゅうす。

遊↢歴十方↡供↢養マツリ諸仏↢諸仏↡聞↢甚深↡。経↢三小劫↡得↢百法明門↡、住↢歓喜地↡。

二 Ⅱ ⅽ c 総結

^これをじょうぼんしょうのものとづく。

↢上品下生↡。

^これを*じょうはいしょうそうづけ、 だいじゅうかんづく」 と。

↢上輩生想↡、名クト↢第十四↡。

二 Ⅱ 中輩
      中上品
        告命
       

【25】^ぶつなんおよびだいげたまはく、 「*ちゅうぼん上生じょうしょうといふは、

仏告タマハク↢阿難及韋提希↡、中品上生トイフ者、

二 Ⅱ ⅾ a 受法
        回向

^もししゅじょうありて、 *かいじゅし、 *はっ戒斎かいさいたもち、 諸戒しょかいしゅぎょうして、 *ぎゃくつくらず、 もろもろの*げんなからん。 この善根ぜんごんをもつてこうして西方さいほう極楽ごくらくかいしょうぜんとがんす。

↢衆生↡受↢持五戒↡、持↢八戒斎↡、修↢行諸戒↡不↠造↢五逆↡、無ラム↢衆患↡。以↢此善根↡廻向願↣求ムト↢於西方極楽世界↡。

二 Ⅱ ⅾ a ホ-1 迎接

^いのちおわときのぞみて、 弥陀みだぶつは、 もろもろの比丘びくとともに眷属けんぞくにょうせられて、 金色こんじきひかりはなちて、 そのひとところいたる。 **くう*じょう*無我むが演説えんぜつし、 *しゅっしゅはなるることをることを讃歎さんだんしたまふ。

↢命終↡、阿弥陀仏トモニ↢諸比丘・眷属囲繞ラレテ、放↢金色↡至タマヒ↢其演↢説苦・空・無常・無我↡、讃↢歎タマフ出家コトヲ↟離コトヲ↢衆苦↡。

二 Ⅱ ⅾ a ホ-2 去時

^ぎょうじゃをはりてしんおおきにかんす。 みづからしんればれんうてなせり。 *じょうがっしょうしてぶつのためにらいをなす。 いまだこうべげざるあひだに、 すなはち極楽ごくらくかいおうじょうすることをて、

行者見已、心大歓喜。自↢己身↡、坐↢蓮華↡。長跪合掌↠仏↠礼。未↠挙↠頭、即↣往↢生コトヲ極楽世界↡、

二 Ⅱ ⅾ a 華開
        得益

^れんすなはちひらく。 はなひらくるときあたりて、 もろもろのおんじょうくに*たい讃歎さんだんす。 ときおうじてすなはち*阿羅あらかんどう*さんみょう*六通ろくつうありて*はちだつす。

蓮華尋。当↢華↡、聞↢衆音声↡讃↢歎四諦↡。応↠時得↢阿羅漢道↡。三明・六通アリテ↢八解脱↡。

二 Ⅱ ⅾ a 総結

^これをちゅうぼん上生じょうしょうのものとづく。

↢中品上生↡。

二 Ⅱ ⅾ 中中品
       

【26】^*ちゅうぼん中生ちゅうしょうといふは、

中品中生トイフ者、

二 Ⅱ ⅾ b 受法
        回向

^もししゅじょうありて、 もしは一日いちにちいちはっ戒斎かいさいじゅし、 もしは一日いちにちいち*しゃかいたもち、 もしは一日いちにちいち*そくかいたもちて、 *威儀いぎくることなし。 このどくをもつてこうして極楽ごくらくこくしょうぜんとがんす。

↢衆生↡、若一日一夜受↢持八戒斎↡、若一日一夜↢沙弥戒↡、若一日一夜↢具足戒↡、威儀無ラム↠欠コト。以↢此功徳↡廻向願↣求ムト↢極楽国↡。

二 Ⅱ ⅾ b ニ-1 迎接

^*戒香かいこうくんじゅせる、 かくのごときのぎょうじゃは、 いのちおわらんとするとき弥陀みだぶつの、 もろもろの眷属けんぞくとともに金色こんじきひかりはなち、 七宝しっぽうれんたしめて、 ぎょうじゃまえいたりたまふをる。

戒香熏修↠此行者、命欲↠終ムト時、見↧阿弥陀仏トモニ↢諸眷属↡、放↢金色↡持シメテ↢七宝蓮華↡、至タマフヲ↦行者↥。

ぎょうじゃみづからけば、 くうちゅうこえありてめてのたまはく、 ª善男ぜんなん、 なんぢがごときは善人ぜんにんなり。 さん諸仏しょぶつきょうずいじゅんするがゆゑに、 われきたりてなんぢをむかふº と。

行者自、空中↠声讃、善男子、如↠汝善人ナリ。随↢順ルガ三世諸仏↡故、我来フト↠汝

二 Ⅱ ⅾ b ニ-2 去時

^ぎょうじゃみづかられば、 れんうえせり。 れんすなはちがっし、 西方さいほう極楽ごくらくかいしょうじてほうのなかにあり。

行者自、坐↢蓮華↡。蓮華即、生↢於西方極楽世界↡在↢宝池↡。

二 Ⅱ ⅾ b 華開

^七日しちにちれんすなはちひらく。

↢於七日↡蓮華乃

二 Ⅱ ⅾ b 得益

^はなすでにひらけをはりてひらき、 がっしょうしてそん讃歎さんだんしたてまつり、 ほうきてかんし、 *しゅおん半劫はんこうをはりて阿羅あらかんる。

華既↠目、合掌讃↢歎マツリ世尊↡、聞↠法歓喜、得↢須陀洹↡、経↢半劫↡已↢阿羅漢↡。

二 Ⅱ ⅾ b 総結

^これをちゅうぼん中生ちゅうしょうのものとづく。

↢中品中生↡。

二 Ⅱ ⅾ 中下品
       

【27】^*ちゅうぼんしょうといふは、

中品下生トイフ者、

二 Ⅱ ⅾ c 受法

^もし善男ぜんなんぜん女人にょにんありて、 父母ぶもきょうようし、 にんぎょうぜん。

↢善男子・善女人↡、孝↢養父母↡、行↢世

二 Ⅱ ⅾ c 時節

^このひといのちおわらんとするとき*ぜんしきの、 それがためにひろ弥陀みだぶつこくらくき、 また*法蔵ほうぞう比丘びくじゅうはちがんくにはん。

人命欲↠終ムト時、遇↧善知識↠其↢阿弥陀仏国土楽事↡、亦説↦法蔵比丘四十八願↥。

二 Ⅱ ⅾ c 去時

^このきをはりて、 すなはちいのちおわる。 たとへば*しょうひじ屈伸くっしんするあひだのごとくに、 すなはち西方さいほう極楽ごくらくかいしょうず。

↢此↡已、尋即命終。譬↧壮士屈↢↡頃↥、即↢西方極楽世界↡。

二 Ⅱ ⅾ c 華開
        得益

^しょうじて七日しちにちて、 かんおんおよびだいせいひてほうきてかんし、 いちしょうこう阿羅あらかんる。

↢七↡、遇↢観世音及大勢至↡、聞↠法↢一小劫↡成↢阿羅漢↡。

二 Ⅱ ⅾ c 総結

^これをちゅうぼんしょうのものとづく。

↢中品下生↡。

^これを*ちゅうはい生想しょうそうづけ、 第十五だいじゅうごかんづく」 と。

↢中輩生想↡、名クト↢第十五↡。

二 Ⅱ 下輩
      下上品
        告命
       

【28】^ぶつなんおよびだいげたまはく、 「*ぼん上生じょうしょうといふは、

仏告タマハク↢阿難及韋提希↡、下品上生トイフ者、

二 Ⅱ ⅿ a

^あるいはしゅじょうありて、 もろもろの悪業あくごうつくらん。 方等ほうどうきょうてん*ほうせずといへども、 かくのごときのにんおお衆悪しゅあくつくりて*ざんあることなけん。

↢衆生↡、作↢衆悪業↠不↣誹↢謗方等経典↡、如↠此愚人、多衆悪↡無クシテ↠有コト↢慚愧↡

二 Ⅱ ⅿ a 受法

^いのちおわらんとするときぜんしきの、 ためにだいじょう*じゅう二部にぶきょう*首題しゅだいみょうさんずるにはん。 かくのごときのしょきょうくをもつてのゆゑに、 千劫せんごうごくじゅう悪業あくごうじょきゃくす。 *しゃまたおしへて、 がっしょう叉手しゃしゅして*南無なも弥陀みだぶつしょうせしむ。 *ぶつみょうしょうするがゆゑに、 じゅう億劫おくこうしょうつみのぞく。

命欲↠終ムト時、遇↣善知識ルニ↢大乗十二部経首題名字↡。以↠聞↢如↠是諸経↡故、除↢却千劫極重悪業↡。智者復教合掌叉手、称シム↢南無阿弥陀仏↡。称ルガ↢仏名↡故↢五十億劫生死之罪↡。

二 Ⅱ ⅿ a ホ-1 迎接

^そのときかのぶつ、 すなはちぶつかんおんだいせいつかはしてぎょうじゃまえいたらしめ、 ˆぶつとうのˇ めてのたまはく、 ª善男ぜんなん、 なんぢぶつみょうしょうするがゆゑにもろもろのつみしょうめつす。 われきたりてなんぢをむかふº と。 このをなしをはりて、 ぎょうじゃすなはちぶつこうみょうの、 そのしつ遍満へんまんせるをたてまつる。

時彼仏、即↢化仏・化観世音・化大勢至↡至シメ↢行者↡、讃ジテ善男子、汝称ルガ↢仏名↡故罪消滅。我来フト↠汝。作↢是、行者即マツ↣化仏光明徧↢満ルヲ↡。

二 Ⅱ ⅿ a ホ-2 去時

^をはりてかんしてすなはちいのちおわる。 ほうれんじょうじ、 ぶつしりえしたがひてほうのなかにしょうず。

見已歓喜即便命終↢宝蓮華↡、随↢化仏↡生↢宝池↡。

二 Ⅱ ⅿ a 華開

^七七しちしちにちれんすなはちひらく。

↢七七日↡蓮華乃

二 Ⅱ ⅿ a 得益

^はなひらくるときあたりて、 だいかんおんさつおよびだいせいだいこうみょうはなちてそのひとまえじゅうして、 ために甚深じんじんじゅう二部にぶきょうきたまふ。

↢華↡、大悲観世音菩薩及大勢至、放↢大光明↡住↢其↡、為タマフ↢甚深十二部経↡。

^きをはりてしんして、 *じょう道心どうしんおこす。 じっしょうこうひゃっぽうみょうもんし、 *しょることを

信解、発↢無上道心↢十小劫↡具↢百法明門↡、得↠入コトヲ↢初地↡。

二 Ⅱ ⅿ a 総結

^これをぼん上生じょうしょうのものとづく。

↢下品上生↡。

二 Ⅱ ⅿ a 挙益

^ぶつみょうほうみょうき、 およびそうみょうくことを三宝さんぼうみなきて、 すなはちおうじょう」 と。

↢仏名・法名↡及↢僧名コトヲ三宝、即↢往生↡。

二 Ⅱ ⅿ 下中品
        告命
       

【29】^ぶつなんおよびだいげたまはく、 「*ぼん中生ちゅうしょうといふは、

仏告タマハク↢阿難及韋提希↡、下品中生トイフ者、

二 Ⅱ ⅿ b

^あるいはしゅじょうありて、 かい八戒はっかいおよびそくかい*ぼんせん。 かくのごときのにん*そうもつぬすみ、 現前げんぜん僧物そうもつぬすみ、 *じょう説法せっぽうして、 ざんあることなく、 もろもろの悪業あくごうをもつてみづからしょうごんす。 かくのごときの罪人ざいにん悪業あくごうをもつてのゆゑにごくすべし。

↢衆生↡、毀↢犯五戒・八戒及具足戒↡。如↠此愚人、偸↢僧祇物↡、盗↢現前僧物↡、不浄説法↠有コト↢慚愧↡、以↢諸↡而自荘厳。如↠此罪人、以↢悪業↡故↠堕↢地獄↡。

二 Ⅱ ⅿ b 去時

^いのちおわらんとするときごく*しゅいちにともにいたる。 ぜんしきの、 だい慈悲じひをもつて、 ために弥陀みだぶつ*じゅうりきとくき、 ひろくかのぶつこうみょう神力じんりきき、 また*かいじょうだつだつけんさんずるにはん

命欲↠終ムト時、地獄火、一時↧善知識↢大慈↢阿弥陀仏十力威徳↡、広↢彼光明神力↡、亦讃ルニ↦戒・定・慧・解脱・解脱知見↥。

^このひときをはりてはちじゅう億劫おくこうしょうつみのぞく。 ごくみょうして清涼しょうりょうかぜとなり、 もろもろのてんく。 はなうえにみなぶつさつましまして、 このひとこうしょうしたまふ。 一念いちねんのあひだのごとくに、 すなはちおうじょう

人聞↢八十億劫生死之罪↡。地獄猛火、化清涼↡、吹↢諸天華↡。華皆有シテ↢化仏・菩薩↡、迎↢接↡。如↢一念↡、即得↣往↢生

二 Ⅱ ⅿ b 華開
        得益

^七宝しっぽういけのなかのれんのうちにして六劫ろっこうれんすなはちひらけん。 はなひらくるときあたりて、 かんおんだいせい*梵音ぼんのんじょうをもつてかのひとあんし、 ためにだいじょう甚深じんじんきょうてんきたまふ。 このほうきをはりて、 ときおうじてすなはちじょう道心どうしんおこす。

七宝蓮華之内シテ↢於六劫↡蓮華乃↢華↡、観世音・大勢至以↢梵音声↡安↢慰↡、為タマフ↢大乗甚深経典↡。聞↢此↡已、応↠時↢無上道心↡。

二 Ⅱ ⅿ b 総結

^これをぼん中生ちゅうしょうのものとづく」 と。

↢下品中生↡。

二 Ⅱ ⅿ 下下品
        告命
       

【30】^ぶつなんおよびだいげたまはく、 「*ぼんしょうといふは、

仏告タマハク↢阿難及韋提希↡、下品下生トイフ者、

二 Ⅱ ⅿ c

^あるいはしゅじょうありて、 善業ぜんごうたるぎゃく*じゅうあくつくり、 もろもろのぜんせん。 かくのごときのにん悪業あくごうをもつてのゆゑに悪道あくどうし、 こう*経歴きょうりゃくしてくることきわまりなかるべし。

↢衆生↡、作↢不善業タル五逆・十悪↡、具↢諸不善↡。如↠此愚人、以↢悪業↡故↧堕↢悪道↡、経↢歴多劫↡受コト↠苦カル↞窮

二 Ⅱ ⅿ c ニ-1 受法

^かくのごときのにんいのちおわらんとするときのぞみて、 ぜんしきの、 種々しゅじゅあんして、 ためにみょうほうき、 おしへて念仏ねんぶつせしむるにはんこのひとめられて念仏ねんぶつするにいとまあらず。 *ぜんげていはく、 ªなんぢもしねんずるあたはずは、 まさにりょう寿じゅぶつ ˆのみなˇしょうすべしº と。

↠此愚人臨↢命終↡、遇↧善知識種種安慰↢妙法↡、教ルニ↦念仏↥。人苦ラレテ不↠遑アラ↢念仏ルニ↡。善友告、汝若↠能コト者、応シト↢無量寿仏↡。

くのごとくこころいたして、 こえをしてえざらしめて、 *じゅうねんそくして南無なも弥陀みだぶつしょうせしむ仏名ぶつみょうしょうするがゆゑに、 念々ねんねんのなかにおいてはちじゅう億劫おくこうしょうつみのぞく。

↠是↠心、令↢声ヲシテ↟絶、具↢足十念↡称↢南無阿弥陀仏ルガ↢仏名↡故、於↢念念↡除↢八十億劫生死之罪↡。

二 Ⅱ ⅿ c ニ-2 去時

^いのちおわとき金蓮こんれんるに、 なほ日輪にちりんのごとくしてそのひとまえじゅうせん。 一念いちねんのあひだのごとくに、 すなはち極楽ごくらくかいおうじょうすることを

命終時、見ルニ蓮華猶如クシテ↢日輪↡住ルヲ↥、↢一念↡、即得↣往↢生コトヲ極楽世界↡。

二 Ⅱ ⅿ c 華開

^れんのなかにしてじゅう大劫だいこうてて、 れんまさにひらく。

↢蓮華↡満↢十二大劫↡、蓮華方

二 Ⅱ ⅿ c 得益

^かんおんだいせいだいおんじょうをもつて、 それがためにひろ*諸法しょほう実相じっそうつみ除滅じょめつするのほうきたまふ。 きをはりてかんし、 ときおうじてすなはちだいしんおこさん。

観世音・大勢至、以↢大悲音声↡、↠其タマフ諸法実相除↢滅↡法↥。聞、応↠時↢菩提之心↡。

二 Ⅱ ⅿ c 総結

^これをぼんしょうのものとづく。

↢下品下生↡。

^これを*はいしょうそうづけ、 だいじゅうろくかんづく」 と。

↢下輩生想↡、名↢第十六↡。

得益分
  牒前生後
  明能聞人
  見極楽相

【31】^このきたまふときだいひゃくにょとともにぶつ所説しょせつき、 ときおうじてすなはち極楽ごくらくかいこうじょうそうたてまつる。

タマフ↢是↡時、韋提希与トモニ↢五百侍女↡聞マツリ↢仏所説↡、応↠時マツル↢極楽世界広長之相↡。

得無生益

^*仏身ぶっしんおよびさつたてまつることをて、 しんかんしょうじて未曽有みぞうなりとたんず。 *廓然かくねんとしてだいしてしょうにんたり。

↠見マツルコトヲ↢仏身及二菩薩↡、心↢歓喜↡歎↢未曽有ナリト廓然トシテ大悟↢無生忍↡。

侍女発心

^ひゃくにょのく多羅たらさんみゃくさんだいしんおこして、 かのくにしょうぜんとがんず。

五百侍女発↢阿耨多羅三藐三菩提心↡、願↠生ムト↢彼↡。

侍女授記
  諸天聞法

^そん、 ことごとく、 「みなまさにおうじょうすべし。 かのくにしょうじをはりて、 *諸仏しょぶつ現前げんぜん三昧ざんまいん」 としたまへり。 りょう諸天しょてんじょう道心どうしんおこせり。

世尊悉タマ↧皆当↢往生↢彼ムト↦諸仏現前三昧無量諸天↢無上道心↡。

流通分
  王宮会
    阿難請発

【32】^そのときなん、 すなはちよりち、 すすみてぶつにまうしてまうさく、 「そん、 まさにいかんがこのきょうづくべき。 このほうようをば、 まさにいかんがじゅすべき」 と。

時阿難、即↠座起ミテ↠仏、世尊、当↣何↢此↡。此法之要ヲバ、当キト↢云何受持↡。

四 Ⅰ 正説経名

^ぶつなんげたまはく、 「このきょうをば ª極楽ごくらくこくりょう寿じゅぶつかんおんさつだいせいさつかんずº とづく。 また ªごっしょうじょうじょ諸仏しょぶつみまえしょうずº とづく。

仏告タマハク↢阿難↡、此↠観ズト↢極楽国土・無量寿仏・観世音菩薩・大勢至菩薩亦名↧浄↢除業障↡生ズト↦諸仏↥。

四 Ⅰ 汝当受持

^なんぢまさにじゅすべし。 忘失もうしつせしむることなかれ。

汝当↢受持↡。無↠令コト↢忘失↡。

四 Ⅰ 比挍顕勝

^この三昧さんまいぎょうずるものは、 現身げんしんりょう寿じゅぶつおよび*だいることを^もし善男ぜんなんぜん女人にょにんただぶつみょうさつみょうくだに、 りょうこうしょうつみのぞく。 いかにいはんや憶念おくねんせんをや。

↢此三昧↡者、現身得↠見マツルコトヲ↢無量寿仏及二大士↡。若善男子・善女人、但聞スラ↢仏名・二菩薩名↡除↢無量劫生死之罪↡。何憶念ヲヤ

四 Ⅰ 念仏功能

^もし念仏ねんぶつするものは、 まさにるべし、 このひとこれにんちゅう*ふん陀利だりなり。 かんおんさつだいせいさつ、 その*しょうとなる。 まさに*どうじょう*諸仏しょぶついえしょうずべし」 と。

念仏、当↠知是人中分陀利華ナリ。観世音菩薩・大勢至菩薩、為↢其勝友シト↧坐↢道場↡生↦諸仏↥。

四 Ⅰ 付属流通【付属持名】

^ぶつなんげたまはく、 「*なんぢよくこのたもて。 このたもてといふは、 すなはちこれりょう寿じゅぶつみなたもてとなり」 と。

仏告タマハク↢阿難↡、汝、↢是↡。持テトイフ↢是↡者、即是持テトナリト↢無量寿仏↡。

四 Ⅰ 聖衆歓喜

^ぶつ、 このきたまふとき尊者そんじゃ目犍連もっけんれんなんおよびだいとうぶつ所説しょせつきたてまつりて、 みなおおきにかんす。

仏説タマフ↢此↡時、尊者目犍連・阿難及韋提希等聞マツリテ↢仏所説↡、皆大歓喜

耆闍会
    序分

【33】^そのときに、 そんみあしくうあゆみてしゃ崛山くっせんかえりたまふ。

世尊、足歩↢虚空↡還タマフ↢耆闍崛山↡。

四 Ⅱ 正宗分

^そのときに、 なんひろ大衆だいしゅのために、 かみのごときのくに、

阿難、広↢大衆↡説↢如↠上↡、

四 Ⅱ 流通分

^りょう*諸天しょてんおよびりゅうしゃぶつ所説しょせつきたてまつりて、 みなおおきにかんし、 ぶつらいして退しりぞきぬ。

無量諸天及竜・夜叉、聞マツリテ↢仏所説↡、皆大歓喜、礼↠仏而退

仏説ぶっせつかんりょう寿じゅきょう

 

延書の底本は兵庫県勝福寺蔵本。
宋元嘉 424-453。 りゅうそうの三代、 文帝ぶんていの年代。
澡浴 身体を洗うこと。
酥蜜 牛乳を精製してつくった乳酥に蜂蜜を加えたもの。
 炒った麦をひいた粉。 むぎこがし。
漿 汁。
幻惑の呪術 呪文などをとなえて、 人をまどわす魔術。
臣聞く わたくしどもの聞くところでは。
劫初 成住じょうじゅうくうの四劫の中の成劫 (世界の成立期) のはじめ。 世界の成立当初。
刹利種 刹利は梵語クシャトリヤ (kṣatriya) の音写。 種は家柄のこと。 古代インドのしょう制度の第二階級。 婆羅ばらもんにつぐもので、 王侯・貴族・武士の階級。
却行 あとずさりすること。
惶懼 おそれおののくこと。
内官 宮中に奉仕する役人。
憔悴 やつれること。
威重 威徳が高く、 重々しいこと。
紫金色 紫金は紫磨しま黄金おうごんの略。えん檀金だんごんのこと。
釈梵護世の諸天 釈はたいしゃくてん、 梵は梵天ぼんてん、 護世の諸天は天王てんのうのこと。
やや 相手に恭順きょうじゅんの意を示しつつ応諾する語。 「はい」 とか 「どうぞ」 にあたる。
地獄餓鬼畜生 これらを三悪趣さんまくしゅ (三悪道さんまくどう) という。
自在天宮 欲界よくかいの天の最高処である他化たけざいてんの宮殿。 この天に生れた者は、 他の者がつくりだした欲望の対象を自在に受け用いて、 自分の楽とすることができるという。
玻瓈鏡 水晶でできた鏡。
厳顕 おごそかなありさまがはっきりと顕れていること。
繋念 心を一つの対象に集中すること。
かの国の… 「浄業成じたまへるひと」 は、 きよらかな行を完成して仏になった阿弥陀仏のこと。 延書底本には「かの国を観ずべし。 浄業成ずるものなり」とある。 この場合は浄土を観ずることによって往生の業因ごういんが成就するという意味になる。
もろもろの譬へ 以下に明かすじょうぜん十三観をいう。
十善業 じゅうぜんのこと。
衆戒 もろもろの戒め。 かい八戒はっかいさい十戒じっかいそくかいなど。
因果を信じ 善悪ぜんあく煩悩ぼんのうの因によって迷いの苦果を生じ、 善業ぜんごうの因によってさとりの果を得ると信じるという意。
大乗 大乗教典のこと。
心想羸劣 心が弱く劣っていること。
生盲 →補註14
堅住 かたくとどまって、 動揺しないこと。
八方… 方は側面、 楞は角の意。 幢が八角柱の形をしているということ。
 道をまっすぐにひかれた縄に喩える。
雑廁間錯 縦横に交わり合っていること。
華幢 華で飾られた幢幡どうばん (はたぼこ)。
八種の清風 四方四隅から吹きよせる清涼な風。 また八種の特性をもった清らかな風。
梵王宮 色界しきかい初禅天しょぜんてんの王である大梵天の住む宮殿。
衆宝間錯 種々の宝の飾りが互いに入りまじっていること。
縦広正等 長さ広さがすべて等しいこと。
婉転 美しくしなめやかにめぐっていること。
帝釈の瓶 帝釈天の所持する容器で、 求めるものを意のままに出すという。
幢幡 はたぼこ。 のぼりの一種。
如意珠王 如意珠は梵語チンター・マニ (cintā-maṇi) の漢訳。 如意宝珠、 無価宝珠、 摩尼宝珠ともいい、 意のままに宝や衣服、 食物を出す徳をもつ宝珠のこと。 あらゆる宝石の王である如意珠。
団円正等 完全な円形で大きさが等しいこと。
摩尼水 如意宝珠より流れ出る水。
界上 境界きょうがい。 地域。
天の宝幢 兜率天の宝幢大神の楽器。
総観想 浄土のすべてを見る観相の意。 宝楼観ほうろうかんを成就する時、 宝樹・宝地・宝池がおのずから一時に見られるので、 宝楼観を総観想という。
憶持 心におもいたもつこと。 心にとどめて忘れないこと。
摩尼珠王 前出の如意珠王のこと。
梵摩尼宝 梵は清浄しょうじょうの意。 きよらかな摩尼宝珠 (如意珠王) のこと。
夜摩天宮 夜摩やまてんにある宮殿。
雑華雲 種々の色をした花で飾られた雲。
雑観 観察かんざつの次第順序を乱して観ずること。
諸仏正遍知海 正遍知は梵語サムヤック・サンブッダ (samyak-saṃbuddha) の漢訳で、 如来十号の一。 とうしょうがくともいう。 仏の智慧ちえが広大であることを海に喩えていう。 正しく完全に真理をさとったあらゆる仏の意。
阿羅訶 梵語アルハット (arhat) の音写。 おう阿羅あらかんともいう。 如来にょらい十号の一。
三藐三仏陀 梵語サムヤック・サンブッダ (samyak-saṃbuddha) の音写。 等正覚、 正遍知と漢訳する。 正しいさとりを得た者。 最高至上の仏。 如来にょらい十号の一。
鳧雁 かもとかり。
鴛鴦 おしどり。 鴛は雄、 鴦は雌を指す。
修多羅と合せしめよ 修多羅は梵語スートラ (sūtra) の音写。 経と漢訳する。 経の説に違わぬようにせよ。
青白分明 青い瞳と白い部分とがくっきりとわかれているという意。
無縁の慈 平等にして無差別な仏の大慈悲。 →三縁さんえん
一切の色身 阿弥陀仏がそなえている一切の色身とする説と、 一切諸仏の色身とする説がある。
 ここでは円光の縦横。 身色不同中、 「観世音菩薩の面」 の 「面」 は顔の意。
挙身の光 全身をあげて輝いている光。 頭部から放たれる円光 (身光) に対する。
毘楞伽摩尼宝 前出の釈迦毘楞伽摩尼宝のこと。
天冠 瓔珞ようらくの飾りをつけた宝冠。
立化仏 阿弥陀仏のしん
印文 印判で押した文様。
接引 しゅじょうを浄土に導き迎えとること。
金剛摩尼の華 無漏むろ (煩悩ぼんのうのない状態) 堅固なる摩尼宝珠の花。
衆好 随形好ずいぎょうこうのこと。 仏や菩薩の身体にそなわっているすぐれた容貌形相のうち、 顕著なものを相といい、 微細なものを随形好という。
無見頂の相 肉髻にくけいの頂点はだれもみることができないので、 この称がある。
 ここでは円光の縦横。
無辺光 阿弥陀仏の十二光の一に無辺光がある。 勢至は阿弥陀仏の徳をあらわす菩薩だから、 この称がある。
広長の相 広大無辺なすがた。
高く顕れて 気高く、 すぐれているという意。
中間 上方から下方に至るすべての国土。
側塞 満ちみちているということ。
胞胎に処せず 胞胎は母胎内で胎児をつつんでいる膜 (えな) をいい、 たいしょうのこと。 りんの迷いの生存をくりかえす胎生をとらないという意。
具足して ここではあますところなく、 のこらずの意。
自心 みずからが往生する想い。
丈六の像 一丈六尺の阿弥陀仏の像。
宿願力 阿弥陀仏が法蔵ほうぞう菩薩といわれたいんの時にしゅじょう救済のためにおこした本願の力。
神通如意 思うがままに、 何事もできる不思議なはたらき。
首相 頭首のすがた、 特徴。 觀音の天冠にはりゅうぶつがあり、 勢至の肉髻にくけいにはほうびょうがある。
即便往生 経文の上でいえば即と便は分けず 「すなはち」 と読むが、 親鸞聖人は、 「即便」 という文字によって、 他力の往生を即往生、 自力による往生を便往生とした。
戒行 戒を持つこと。
歴事 あまねく十方に至って諸仏につかえ、 ようすること。
陀羅尼門 陀羅尼は梵語ダーラニー (dhāraṇī) の音写。 そう能持のうじと漢訳する。 種々の善法ぜんぼうを保持し、 悪法を起さしめない力のこと。 門は法門、 教えのこと。
法子 仏法の導きによって生れた子という意味で、 仏弟子のこと。
宿 一夜。
倶時に 同時に。
前の宿習 前世において習い身につけたもの。 ここでは生前に第一義諦を解したことをいう。
無上道心 この上ないさとりを求める心。 だいしんのこと。
過患 つみとが。 あやまち。
戒香の熏修せる かいの徳が香のように身にそなわっているという意。
壮士の臂… 力のある若者が臂をまげのばしする間にという意で、 きわめてはやいことの喩え。
首題名字 経典の題名。
智者 ここではぜんしきをいう。
衆火 もろもろの猛火。
戒定慧解脱解脱知見 最高のさとりの境地に至ったものが具備する五つのどくのこと。 すなわち、 戒律を持ち、 禅定ぜんじょうに入り、 智慧ちえを磨き、 あらゆる煩悩ぼんのうから解放されて、 心の安らかさを自覚するという五つの功徳。 その功徳を具備するものを五分法身という。
梵音声 清らかな声。
経歴 ここではてんを繰り返すこと。
仏身および二菩薩 阿弥陀仏の仏身と観音・勢至の二菩薩。
廓然 明るくひらけるさま。 からりと迷いがはれたことをいう。
二大士 観音・勢至の二菩薩。
諸仏の家 極楽浄土のこと。 阿弥陀仏の浄土は諸仏のさとりの本源であるから、 このようにいう。
なんぢ… 「この語を持て」 とは、 阿弥陀仏のみょうごうを常に心にとどめよということで、 阿弥陀仏のみなを信じ、 称えよということである。
諸天および竜夜叉 仏教を守護する八部衆のうち、 代表的なものをあげる。 →はちじん
底本は◎本派本願寺蔵版本。 Ⓐ高麗版(再雕本)¬大蔵経¼所収本、 Ⓑ金版¬大蔵経¼所収本、 Ⓒ宋版(思溪版)¬大蔵経¼所収本、 Ⓓ元版(善寧寺版)¬大蔵経¼所収本、 Ⓔ明版(万歴版)¬大蔵経¼所収本、 Ⓕ京都府清浄華院蔵平安時代書写本、 Ⓖ本派本願寺蔵正平六年書写本 と対校。
→Ⓑ
→Ⓐ
蒲桃→ⒶⒷ葡萄→Ⓔ蒲萄
→Ⓐ→ⒷⒸⒹⒻ
→Ⓕ
→Ⓐ
→Ⓐ
麨蜜→Ⓑ蜜麨
瓔珞→Ⓔ纓絡
 Ⓑになし
→Ⓑ王[言]
→ⒷⒸⒹⒺ
不宜住→ⒶⒸⒹⒺ我等不宜復住於
→Ⓑ世[聞此語已]
 Ⓑになし
→ⒶⒷⒸⒹⒻ
→ⒷⒸⒹⒺ
→Ⓑ天[王等]
→Ⓑ
→Ⓔ
玻瓈→ⒶⒻ頗梨→Ⓑ頗黎
→ⒶⒷⒸⒹⒺ羅[王]
→ⒶⒸⒹⒺ[乃是]過
→Ⓑ所[苦]
→ⒸⒹⒺ日[欲没之処]
→Ⓐ観[作是観者名為正観若他観者名為邪観]
→Ⓐ[仏告阿難及韋提希初観成已]次
→Ⓐ想[想見西方一切皆是大水]
→ⒷⒻ
→Ⓕ
→ⒶⒷⒻⒼ
→ⒶⒷⒼ
→Ⓖ
→ⒶⒷⒸⒹ
如此想者→Ⓐ作此観者名為正観若他観者名為邪観仏告阿難及韋提希水想成已
→Ⓔ
→ⒶⒷⒸ
玻瓈→ⒶⒷⒸ頗梨
碼碯→ⒶⒷ馬脳→Ⓕ瑪瑙
硨磲→ⒶⒷⒻ車
琥珀→Ⓕ虎魄
→ⒶⒷ[有]五
 ⒸⒹⒺになし
 Ⓑになし
→Ⓒ
→Ⓐ
→ⒶⒹⒺ
→ⒶⒷ
→Ⓐ観[作是観者名為正観若他観者名為邪観]
→Ⓐ[仏告阿難及韋提希樹想成已]次
→ⒶⒷⒸⒺ[欲]想
→ⒸⒹⒺ宝[妙]
→ⒶⒷ[従]如
[仏告阿難及韋提希]衆
 ⒶⒷⒸⒹⒺになし
 Ⓔになし
→ⒶⒸⒹⒺ
→ⒶⒷ
→Ⓑ仏[神]
→ⒸⒹⒺ葉[上]
→Ⓐ[一一]脈→Ⓑ脈[一一]
 Ⓑになし
→ⒸⒹⒺ華[具]
→ⒶⒸ千[大]
 ⒶⒷⒸⒹⒺになし
→Ⓑ有[五]
→ⒶⒷⒸⒹⒺ尼[珠]
→ⒶⒷ伽[摩尼]
→ⒹⒺ
→ⒶⒷⒻ
→ⒶⒸⒹⒺⒼ[復]有
→Ⓑ
→Ⓒ
当先作 Ⓒになし
→Ⓐ此[妙]
→Ⓒ座[当先作]
→Ⓑ[一一花]一
→Ⓐ百億→ⒷⒸⒹⒺ万[億]
→ⒶⒷⒸ[遍]入
→ⒶⒷⒻ
 ⒶⒷになし
→Ⓐ像[既]→Ⓑ既見
→ⒶⒷⒸⒻ
→Ⓐ
→Ⓑ左[蓮]
→ⒸⒹⒺⒼ
→ⒸⒹⒺⒼ
→Ⓑ右[蓮]
光明→Ⓐ妙光→Ⓑ金光
→ⒶⒷⒸⒹⒺⒼ
→ⒶⒷⒹⒺⒼ→Ⓑ
像想→ⒶⒷ想像
→Ⓐ昧[作是観者名為正観若他観者名為邪観]
→Ⓐ眼[清浄]
→ⒶⒷ
→ⒶⒸⒹⒺ相[中]
→ⒶⒸⒹⒺ好[中]
 ⒶⒸⒹⒺになし
→ⒶⒷⒸ
→ⒶⒸ[諸]仏
→Ⓑ[但]従
→ⒶⒸⒹⒺ毫[相]
→ⒶⒷ
→ⒶⒷ
 ⒶⒷになし
→ⒷⒺ
→ⒶⒷⒸⒹⒺ
復当→ⒶⒸⒹⒺ亦応
→Ⓑ
 ⒶⒷになし
→ⒶⒷ他[恒河沙]
 ⒶⒷⒸⒹⒺになし
 ⒶⒷになし
→Ⓐ尼[妙]
世界 ⒶⒷになし
→ⒶⒷⒸⒹⒺ
→ⒶⒸⒹⒺ億[微妙]
→Ⓖ
→ⒶⒷⒸⒹⒺⒻ
 ⒶⒷⒸⒹⒺになし
 ⒶⒷになし
→Ⓑ除[劫]
→ⒶⒷ[当]先
→ⒶⒸⒹⒺ
→Ⓐ[仏告阿難及韋提希]次
復応 ⒶⒷⒸⒹⒺになし
→Ⓐ各[二]
→Ⓐ宝[蓮]
→Ⓕ
→Ⓐ有[各]
→ⒹⒺ
正観若他観者名為邪 ⒶⒸⒹⒺになし
名第十一観観此菩薩者→ⒶⒸⒹⒺ観此菩薩者名第十一観→Ⓑ観此菩薩者名第十一観観此菩薩已
→Ⓕ
→Ⓐ音[及]
→Ⓐ至[作此観者名為正観若他観者名為邪観]
→Ⓐ[仏告阿難及韋提希]見
自心→Ⓐ想作心自見
→ⒸⒹⒺ
→Ⓑ想[見]
→ⒶⒸⒹⒺ[若]出
 ⒶⒸになし
→ⒶⒸⒹⒺ音[及]
→Ⓕ
→Ⓐ所[作是観者名為正観若他観者名為邪観]
何況→ⒶⒷⒸⒹⒺ況復
→Ⓒ
想観→ⒷⒻ観想
→Ⓐ観[作是観者名為正観若他観者名為邪観]→Ⓓ観[仏]
→Ⓐ希[凡生西方有九品人]
 ⒶⒷになし
→ⒶⒸ彼[仏]
→Ⓒ猛[力]
→ⒶⒸ音[及]
→ⒶⒷⒸⒹⒺ
→Ⓕ
→ⒶⒸⒹⒺ
→ⒶⒷⒸⒹⒺ
→ⒶⒷⒻ
 ⒶⒷになし
 ⒸⒹⒺⒼになし
行徧 Ⓐになし
 Ⓑになし
→ⒶⒷ生[法]
→ⒶⒷⒸⒹⒺ
→Ⓐ[彼]行
→ⒶⒸ音[并]
眷属→ⒸⒹⒺ菩薩
 ⒹⒺになし
→Ⓐ観[作是観者名為正観若他観者名為邪観]
仏告→Ⓒ復次
→ⒶⒷ
→ⒶⒷ[行者]臨
 ⒶⒸⒹⒺになし
→Ⓐ
→ⒶⒷⒸ八[大]
→ⒶⒷ
 ⒸⒹⒺになし
→ⒸⒹⒺ日[已]
→ⒶⒷⒸⒹⒺ喜[得須陀洹]
→ⒶⒷⒸⒹⒺ
→Ⓑ輩[下]
衆悪→ⒶⒷⒸⒹⒺ悪法
→ⒸⒹⒺ
→Ⓐ[善哉]善→Ⓑ[善哉善哉]善
→ⒸⒹⒺ子[以]
→Ⓔ
→ⒶⒷⒸⒹⒺ至[菩薩]
「得…生」18字 ⒸⒹⒺになし
→ⒶⒷ
→ⒶⒸⒹⒺ悲[即]
→ⒶⒸⒹⒺ為[讃]
→ⒶⒷⒸⒹⒺ
 ⒶⒸになし
当華敷時 ⒷⒸⒹⒺⒼになし
→ⒶⒷⒸⒹⒺ
→ⒶⒸⒹⒺ念[彼仏]
→ⒶⒸ称[帰命]
→Ⓒ
→Ⓒ
→Ⓓ
→ⒶⒷ[当花敷時]観→Ⓒ[時]観
→Ⓒ音[及]
為其→ⒶⒸ[即]為其[人]
諸法 ⒶⒸになし
→ⒶⒷ[爾時世尊]説
→ⒶⒷⒸⒹⒺ
→ⒸⒹⒺ
→ⒶⒸⒹⒺ已[獲]
 ⒸⒹⒺになし
→ⒶⒷⒸⒹⒺ子[及]
→ⒶⒷ人[即]→ⒸⒹⒺ人[則]
→ⒶⒷ
→Ⓒ好[受]
→Ⓒ是[受]
→ⒸⒹⒻ Ⓐになし
→ⒶⒸⒹⒺ[尊者]阿
→ⒶⒸ
→ⒶⒸ竜[神]