かんぎょうげんぶん かん第一だいいち

*沙門しゃもん*善導ぜんどうしゅう

説偈勧帰【帰三宝偈】
  総標

【1】 ^*大衆だいしゅすすめてがんおこして*三宝さんぽうせしむ。

 ↢大衆↡発↠願シム↢三宝

説偈
    勧他

^*道俗どうぞくしゅとう、 おのおの*じょうしんおこせ。

道俗時衆等↢無上心

^*しょうはなはだいとひがたく、 *仏法ぶっぽうまたねがひがたし。

生死甚↠厭仏法復難↠欣

^ともに*金剛こんごうこころざしおこして、 よこさま*四流しるちょうだんすべし。

↢金剛超↢断ベシ四流

^弥陀みだかいらんとがんじて、 *帰依きえ*がっしょうらいしたてまつれ。

↠入ムト↢弥陀界帰依合掌マツレ

一 Ⅱ 自帰
      帰敬

^*そん、 われ一心いっしん*じん十方じっぽう

世尊我一心帰↧命マツリ尽十方

^*ほっしょう*真如しんにょかいと、 *ほうとう諸仏しょぶつと、

法性真如海報化等諸仏

^一々いちいち*さつしんと、 *眷属けんぞくとうりょうなると、

一一菩薩身眷属等無量ナルト

^*しょうごんおよびへんと、 *じゅう三賢さんげんかいと、

荘厳及変化十地三賢海

^*こうまんまんと、 *ぎょうえんえんと、

時劫未満智行未円

^*しょう使じんじんと、 *じっもうもう

正使未尽習気未亡

^*ゆうゆうと、 *しょうしょうと、

功用無功用証智未証智

^*みょうがくおよび*等覚とうがくの、 まさしく金剛こんごうしんけ、

妙覚及等覚↢金剛心

^*相応そうおうする一念いちねんのち*とくはんのもの*みょうしたてまつる。

相応一念果徳涅槃

一 Ⅱ ⅱ 乞加

^われらことごとく*三仏さんぶつだいそんみょうしたてまつる。

我等咸帰↢命マツル三仏菩提

^*無礙むげ*神通じんずうりきをもつて、 みょうしてねがはくは*しょうじゅしたまへ。

無礙神通力ヲモテクハ摂受タマヘ

^われらことごとく*さんじょうとう*げんじょうの、 ぶつ*だいしんがくして

我等咸帰↧命マツル三乗等賢聖

^じょう退たいすることなきものにみょうしたてまつる。

↢仏大悲心長時↠退コト

^ねがはくははるかに*加備かびしたまへ。 念々ねんねん諸仏しょぶつたてまつらん。

クハ加備タマヘ念念マツラム↢諸仏

一 Ⅱ 述意
      嘆自信法義

^われら*愚痴ぐちしん*曠劫こうごうよりこのかたてんして、

我等愚痴曠劫ヨリ流転

^いま*しゃぶつ*末法まっぽうゆいしゃくたる

今逢↢釈迦仏末法之遺跡タル

^弥陀みだほん誓願ぜいがん極楽ごくらく*要門ようもんへり。

弥陀本誓願極楽之要門

^*じょうさんひとしくこうして、 すみやかに*しょうしんしょうせん。

定散等廻向↢無生

一 Ⅱ ⅲ 標能弘心願

^われ*さつぞう*とんぎょう*いちじょうかいによりて、

我依↢菩薩蔵頓教一乗海

^*きて三宝さんぼうして、 *仏心ぶっしん相応そうおうせん。

↠偈↢三宝与↢仏心↡相応

^十方じっぽう恒沙ごうじゃぶつ*六通ろくつうをもつてわれをしょうしたまへ。

十方恒沙六通ヲモテ照↢知タマヘ

^いまそん (釈尊・阿弥陀仏)きょうじょうじて、 ひろ*じょうもんひらく。

今乗↢二尊↢浄土

一 Ⅱ 廻願

^ねがはくはこの*どくをもつて、 びょうどう一切いっさいほどこし、

クハ↢此功徳平等↢一切

^おなじく*だいしんおこして、 *安楽あんらくこく*おうじょうせん。

↢菩提心往↢生安楽国

文前玄義
  標列【七門料簡】

【2】 ^この ¬*かんぎょう¼ いちのうちに、 七門しちもんつくりて*りょうけんし、 しかしてのちもんによりてしゃくせん。

¬観経¼一部之内、先↢七門↡料簡、然シテ↠文↠義

^第一だいいち序題じょだいひょうす。 だいつぎにそのしゃくす。 第三だいさんもんによりてしゃくし、 ならびに*しゅうどう*きょうだいしょうべんず。 だいにまさしく説人せつにん差別しゃべつあらわす。 だい*じょうさんぜん通別つうべつことなることあることをりょうけんす。 第六だいろくきょうろんそう和会わえするに、 ひろ問答もんどうほどこしてじょう*しゃくす。 第七だいしち*だいの、 ぶつしょうせつきてやく分斉ぶんざいりょうけんす。

第一↢序題↡。第二↢其↡。第三↠文↠義、并↢宗旨不同、教之大小↡。第四↢説人差別↡。第五料↢簡定散二善、通別コトヲ↟異コト。第六和↢会ルニ経論相違↡、広↢問答↡釈↢去疑情↡。第七料↧簡韋提↢仏正説↡得↠益分斉↥。

牒釈
    【序題門】
      牒標

【3】 ^第一だいいち序題じょだいひょうすとは、

第一スト↢序題↡者、

二 Ⅱ ⅰ 正釈
        総明出世利益
          (一)先明出世由
            (Ⅰ)性海平等

^ひそかにおもんみれば、 *真如しんにょ広大こうだいにして*じょうもそのほとりはからず。 *ほっしょう深高じんこうにして*じっしょうもそのきわきわむることなし。 真如しんにょたいりょう量性りょうしょう*蠢々しゅんしゅんしんでず。 ほっしょうへんなり。 辺体へんたいすなはちもとよりこのかたどうぜず。 *じん*法界ほうかい*ぼんしょうひとしくまどかに、 *りょう如々にょにょすなはちあまねく*含識がんしきね、 *恒沙ごうじゃどく*じゃくゆう湛然たんねんなり。

レバ、真如広大ニシテ五乗不↠測↢其↡。法性深高ニシテ十聖↠窮コト↢其↡。真如之体量、量性不↠出↢蠢蠢之心↡、法性無辺ナリ。辺体則ヨリ不↠動。無法界凡聖斉カニ、両垢如如則↢於含識↡、恒沙功徳寂用湛然ナリ

二 Ⅱ ⅰ b イ (一)(Ⅱ)垢障覆深

^ただしょうおおふことふかきをもつて、 *じょうたいけんしょうするによしなし。

但以↢垢障覆コトキヲ↡、浄体無↠由↢顕照ルニ↡。

二 Ⅱ ⅰ b イ (二)正示出世益

^ゆゑに ˆしゃくそんはˇ だいをもつて*西さいかくし、 おどろきて*たくもんり、 *かんそそぎて*群萌ぐんもううるおし、 *智炬ちこかがやかせばすなはち*じゅうこんようよりほがらかならしむ。 *三檀さんだんひとしくそなはり、 *しょうをもつてひとしくおさめて、 じょうごういんかいし、 *ようしょうらくにゅうせしむ

使↧大悲ヲモテ↢於西化↡、驚↢火宅之門↡、灑↢甘露↡潤↢於群萌↡、輝カセバ↢智炬↡則カナラ↦重昏於永夜ヨリ↥。三檀等ハリ、四摂ヲモテ、開↢示長劫之苦因↡、悟↢入シム永生之楽果↡。

二 Ⅱ ⅰ b 別明二門教益
          (一)明化前教益
            (Ⅰ)随類開化

【4】 ^*群迷ぐんめいしょうへだたり、 *ぎょうよくどうをいはず。 一実いちじつなしといへども、 ひとしくじょうゆうあれば、 *うん三界さんがいほうだいよりそそがしむることをいたす。 ひとしく*塵労じんろううるおすに、 あまねくもんやくうるおさざるはなし。 *だいしゅこれによりてもつてしんき、 *しょうがく念々ねんねんにこれによりてぞうじょうす。

不↠謂↢群迷、楽欲不同↡。雖↠無シト↢一実之機↡、等↢五乗之用↡、致↠使コトヲ↧布↢慈雲於三界↡、注↦法雨於大悲ヨリ↥。莫↠不ルハ↧等スニ↢塵労↡普↦未聞之益↥。菩提種子藉↠此↠心、正覚之芽念念↠茲増長

二 Ⅱ ⅰ b ロ (一)(Ⅱ)随宜得益

^しんによりて勝行しょうぎょうおこすに、 もん八万はちまんせんあまれり。 *漸頓ぜんとんすなはちおのおのしょかなふをもつて、 えんしたがふもの、 すなはちみな*だつこうむる。

↠心スニ↢於勝行↡、門余レリ↢八万四千↡。漸頓則フヲモテ↢所宜↡、随↠縁者、則皆蒙↢解脱↡。

二 Ⅱ ⅰ b ロ (二)明今経利益【要弘二門】
            (Ⅰ)正明
              (ⅰ)明教興因縁
                (a)教興因

【5】 ^しかるにしゅじょうさわりおもくして、 さとりるものあきらめがたし。 きょうやくもんなるべしといへども、 *凡惑ぼんわく*遍攬へんらんするによしなし。

衆生障重クシテ、取↠悟之者難↠明。雖↠可シト↢教益多門ナル↡、凡惑無↠由↢遍攬ルニ↡。

二 Ⅱ ⅰ b ロ (二)(Ⅰ)(ⅰ)(b)教興縁

^たまたまだいしょういたして、 「われいま*安楽あんらくおうじょうせんとぎょうよくす。 ただねがはくは如来にょらい、 われに*ゆいおしへたまへ、 われに*しょうじゅおしへたまへ」 といふによりて、

↧韋提致↠請、我今楽↣欲往↢生ムト安楽唯願クハ如来、教タマヘ↢我思惟↡、教タマヘトイフニ↦我正受↥、

二 Ⅱ ⅰ b ロ (二)(Ⅰ)(ⅱ)明一部教義

^しかも*しゃ*しゅ (釈尊) はそのしょうによるがゆゑにすなはちひろじょう*要門ようもんひらき、 *安楽あんらく能人のうにん (阿弥陀仏)べっ*がんけんしょうしたまふ。

娑婆化主ルガ↢其↡故↢浄土之要門↡、安楽能人顕↢彰タマフ別意之弘願↡。

1.要門

^その要門ようもんとはすなはちこの ¬*かんぎょう¼ のじょうさんもんこれなり。 じょう」 はすなはち*おもんぱかりをめてもつてしんらす。 「さん」 はすなはちあくはいしてもつてぜんしゅす。 このぎょう*しておうじょうがんす。

要門者即¬観経¼定散二門是也。定↠慮↠心。散↠悪↠善。廻↢斯二行↡求↢願往生↡也。

2.弘願

^がんといふは ¬*だいきょう¼ (上・意)きたまふがごとし。一切いっさい善悪ぜんあくぼんしょうずることをるものは、 みな*弥陀みだぶつ*大願だいがん業力ごうりきじょうじて*ぞうじょうえんとなさざるはなし」 と。

↡者如↢¬大経¼説タマフガ↡。「一切善悪凡夫得↠生コトヲ、莫↠不ルハ↧皆乗↢阿弥陀仏大願業力↡為↦増上縁↥也。」

二 Ⅱ ⅰ b ロ (二)(Ⅰ)(ⅲ)顕密意所在

^またぶつ*みつじんなり、 きょうもんあきらめがたし。 *三賢さんげん*じっしょうはかりてうかがふところにあらず。 いはんやわれ*しんきょうもうなり、 あへてしゅらんや。

又仏密意弘深ナリ、教門難↠暁。三賢・十聖↢測↟闚。況我信外軽毛ナリ、敢ムヤ↢旨趣↡。

^あおぎておもんみれば、 しゃはこのほうより*発遣はっけんし、 弥陀みだはすなはちかのくにより来迎らいこうしたまふ。 かしこにばひここにつかはす、 あにかざるべけんや。

レバ、釈迦ヨリ発遣、弥陀ヨリ来迎タマフ。彼バヒハス、豈ケム↠不↠去也。

二 Ⅱ ⅰ b ロ (二)(Ⅱ)結勧

^ただ勤心ごんしんほうけて、 *ひつみょうとなして、 この*しんててすなはちかのほっしょうじょうらくしょうすべし。

唯可↧勤心ウケ↠法、畢命↠期、捨↢此穢身↡即↦彼法性之常楽↥。

二 Ⅱ ⅰ 総結

^これすなはちりゃくして序題じょだいひょうしをはりぬ。

此即↢序題↡竟

二 Ⅱ 【釈名門】
      牒標

【6】 ^だいつぎしゃくすとは、

第二スト↠名者、

二 Ⅱ ⅱ 釈義
        標挙

^¬きょう¼ に 「ぶっせつりょう寿じゅかんぎょう一巻いっかん」 とのたまへり。

¬経¼言ヘリ↢「仏説無量寿観経一巻」↡。

二 Ⅱ ⅱ b 正釈
          (一)釈仏字

^*ぶつ」 といふはすなはちこれ*西国さいこく (印度)しょうおんなり。 この (中国) には 「*かく」 とづく。 かくかくかくぎょう窮満ぐうまん、 これをづけてぶつとなす。

↢「仏」↡者乃是西国正音ナリ。此ニハ↠覚。自覚・覚他・覚行窮満、名↠之↠仏

^かく」 といふは*ぼん*けんす。 これ*しょうもんきょうれつにして、 ただよく*自利じりのみありて、 けて*利他りただいなきによるがゆゑなり。

↢自覚↡者簡↢異凡夫↡。此由ルガ↣声聞狭劣ニシテ、唯能自利ノミアリテ、闕キニ↢利他大悲↡故ナリ

^かく」 といふは*じょうけんす。 これ*さつ*あるがゆゑによく自利じりし、 *あるがゆゑによく利他りたし、 つねによく*悲智ひちそうぎょうして有無うむじゃくせざるによる。

↢覚他↡者簡↢異二乗↡。此由↢菩薩ルガ↠智故自利、有ルガ↠悲故利他、常悲智双行ルニ↟著↢有無↡也。

^かくぎょう窮満ぐうまん」 といふはさつけんす。 これ如来にょらい*ぎょうすでにきわまり、 *こうすでにちて、 *さんしゅっせるによるがゆゑにづけてぶつとなす。

↢覚行窮満↡者簡↢異菩薩↡。此由ルガ↣如来智行已、時劫已、出↢過ルニ三位↡故、名↠仏

二 Ⅱ ⅱ b ロ (二)釈説字

^せつ」 といふはおんちんしょうす。 ゆゑにづけてせつとなす。 また如来にょらい*たいして*ほうきたまふことしゅどうなり。 漸頓ぜんとんよろしきにしたがひ、 *おんしょうことなることあり。 あるいは*六根ろっこんつうじてきたまふ。 *相好そうごうもまたしかなり。 *ねんおうじ、 *えんしたがひてみなしょうやくこうむる。

↢「説」↡者口音陳唱。故↠説。又如来対↠機タマフコト↠法多種不同ナリ。漸頓随↠宜キニ、隠彰有↠異コト。或六根通タマフ。相好亦然ナリ。応↠念、随↠縁皆蒙↢証益↡也。

二 Ⅱ ⅱ b ロ (三)釈無量寿
            (Ⅰ)梵漢対釈

【7】 ^りょう寿じゅ」 といふは、 ^すなはちこれこの (中国)漢音かんおんなり。 *ぶつ」 といふは、 またこれ西国さいこく (印度)しょうおんなり。 また 「」 はこれ、 「」 はこれみょう、 「」 はこれ、 「」 はこれりょう、 「」 はこれ寿じゅ、 「ぶつ」 はこれかくなり。 ゆゑに 「*みょうりょう寿じゅかく」 といふ。 これすなはち*梵漢ぼんかん相対そうたいするに、 そのかくのごとし。

↢「無量寿」↡者、乃是此漢音ナリ。言↢南無阿弥陀仏↡者、又是西国正音ナリ。又南者是帰、無者是命、阿者是無、弥者是量、陀者是寿、仏者是覚ナリ。故↢帰命無量寿覚↡。此乃梵漢相対ルニ、其義如↠此

二 Ⅱ ⅱ b ロ (三)(Ⅱ)約人法釈

^いま りょう寿じゅ」 といふはこれほう、 「かく」 とはこれにんなり。 人法にんぼうならあらわす、 ゆゑに弥陀みだぶつづく。

今言↢無量寿↡者是法、覚者是人ナリ。人・法並、故↢阿弥陀仏↡。

二 Ⅱ ⅱ b ロ (三)(Ⅲ)約観境釈

【8】 ^また人法にんぼうといふはこれ所観しょかんきょうなり。 すなはちそのあり。 いちには*ほうには*しょうぼうなり。

又言↢人法↡者是所観之境ナリ。即↢其二↡。一者依報、二者正報ナリ

・依報

^ほうのなかにつきてすなはちそのさんあり。

↢依報↡即↢其三↡。

・依報 ・地下荘厳

^いちには地下じげ*しょうごんすなはち一切いっさい*宝幢ほうどうこうみょうのたがひにあひ*映発ようほつするとうこれなり。

者地下荘厳、即一切宝幢光明映発等是ナリ

・依報 ・地下荘厳

^にはじょうしょうごん、 すなはち一切いっさいほうりん*宝楼ほうろうかくとうこれなり。

者地上荘厳、即一切宝地池林・宝楼・宮閣等是ナリ

・依報 ・地下荘厳

^さんにはくうしょうごん、 すなはち一切いっさいへんほう*もう宝雲ほううん*ちょう風光ふうこう動発どうほつせるしょうがくとうこれなり。

者虚空荘厳、即変化宝宮・華網・宝雲・化鳥・風光動発声楽等是ナリ

^さきのごとく三種さんしゅ差別しゃべつありといへども、 みなこれ弥陀みだじょうこく*無漏むろ*真実しんじつ*しょうそうなり。 これすなはちそうじてほうしょうごんけつじょうす。

↠前↠有リト↢三種差別↡、皆是弥陀浄国無漏真実之勝相ナリ。此即結↢成依報荘厳↡也。

・依報 ・通別

^またほうといふは、 日観にっかんよりしも華座けざかんいたるこのかたは、 そうじてほうかす。 このほうのなかにつきてすなはちつうありべつあり。

又言↢依報↡者、従↢日観↡下至↢華座観↡已来タハ、総↢依報↡。就↢此依報↡即↠通有↠別。

・別依報

^べつといふは、 華座けざ一観いっかんはこれそのべつなり、 ただ弥陀みだぶつぞくす。

↠別者、華座一観是其別依ナリ、唯属↢弥陀仏↡也。

・通依報

^*かみ六観ろっかんはこれそのつうなり、 すなはち法界ほうかいぼんしょうぞくす。 ただしょうずることをれば、 ともにおなじく*受用じゅゆうす。 ゆゑにつうといふ。

六観是其通依ナリ、即↢法界之凡聖↡。但使 タダ レバ↠生コトヲ者、共受用。故↠通也。

^またこの六のなかにつきてすなはちしんありあり。

又就↢此↡、即↠真有↠仮。

・仮依報

^といふはすなはち日想にっそう水想すいそうひょうそうとう、 これその仮依けえなり。 これこのかいちゅうそうけんきょうそうなるによるがゆゑなり。

↠仮者、即日想・水想・氷想等、是其仮依ナリ。由ルガ↢是此界中相似可見境相ナルニ↡故ナリ

・真依報

^しんといふは、 すなはち瑠璃るりよりしも宝楼ほうろうかんいたるこのかたは、 これそのしんなり。 これかのくに真実しんじつ無漏むろけんきょうそうなるによるがゆゑなり。

↢真依↡者、即↢瑠璃地↡下至↢宝楼観↡已来タハ、是其真依ナリ。由ルガ↢是彼真実無漏可見境相ナルニ↡故ナリ

・正報

^にはしょうぼうのなかにつきてまたそのあり。

↢正報↡亦有↢其二↡。

・正報 ・主

^いちにはしゅしょうごん、 すなはち弥陀みだぶつこれなり。

者主荘厳、即阿弥陀仏是ナリ

・正報 ・聖衆

^にはしょうじゅしょうごん、 すなはちげんにかしこにあるしゅうおよび十方じっぽう法界ほうかいどうしょうのものこれなり。

者聖衆荘厳、即↠彼衆及十方法界同生者是ナリ

・正報 ・通別

^またこのしょうぼうのなかにつきてまたつうありべつあり。

又就↢此正報↡亦有↠通有↠別。

・別正報

^べつといふはすなはち弥陀みだぶつこれなり。 すなはちこのべつのなかにまたしんありあり。

↠別者即阿弥陀仏是也。即亦有↠真有↠仮。

・仮正報

^しょうぼうといふはすなはち第八だいはち像観ぞうかんこれなり。 観音かんのんせいとうもまたかくのごとし。 これしゅじょうさわりおも*染惑ぜんわくところふかきによりて、 ぶつ (釈尊)、 たちまちに*真容しんようおもはんに、 顕現けんげんするによしなきことをおそれたまふがゆゑに、 *真像しんぞうりゅうしてもつて*心想しんそうとどめしめ、 かのぶつどうじてもつてきょうしょうせしめたまふ。 ゆゑにしょうぼうといふ。

↢仮正報↡者即第八像観是也。観音・勢至等亦如↠是。此由↢衆生障重染惑処深キニ↡、仏恐タマフガタチマチムニ↢真容↡、無コトヲ↞由↢顕現ルニ↡故、使タマフ↧仮↢立真像↡以シメ↢心想↡、同↢彼↡以↞境。故↢仮正報↡也。

・真正報

^しんしょうぼうといふはすなはちだい真身しんしんかんこれなり。 これさきしょうによりて、 やうやくもつて乱想らんそうめて、 心眼しんげんひらくることをて、 ほぼかのほう清浄しょうじょう*ほう種々しゅじゅしょうごんて、 もつて*昏惑こんわくのぞく。 さわりのぞくによるがゆゑに、 かの真実しんじつきょうそうることを

↢真正報↡者即第九真身観是也。此由↢前仮正↡、漸↢於乱想↡、心眼得↠開コトヲ、粗↢彼清浄二報、種種荘厳↡、以↢昏惑↡。由ルガ↠除クニ↠障、得↠見コトヲ↢彼真実之境相↡也。

・通正報

^つうしょうぼうといふはすなはち観音かんのんしょうじゅとう以下いげこれなり。

↢通正報↡者即観音・聖衆等已下是也。

^さきよりこのかたいふところの通別つうべつしんは、 まさしくしょうほうかす。

ヨリ↠言通別・真仮者、正↢依正二報↡也。

二 Ⅱ ⅱ b ロ (四)釈観字

【9】 ^かん」 といふはしょうなり。 つねにじょう信心しんじんをもつて、 もつて智慧ちえひかりたもち、 かの弥陀みだ*しょうとうらす。

↢「観」↡者照也。常↢浄信心↡、以↢智慧之ヒカリ↡、照↢彼弥陀正依等↡。

二 Ⅱ ⅱ b ロ (五)釈経字

^きょう」 といふは*たてなり。 たてよく*ぬきたもちて*ひつじょうじょうずることをて、 そのじょう*ゆうあり。

↢「経」↡者タテ也。タテヌキ↠成コトヲ疋丈↡、有↢其丈用↡。

^きょうよくほうたもちて*理事りじ相応そうおうし、 じょうさんしたがひて*零落れいらくせず。 よく*修趣しゅしゅのものをして、 かならず教行きょうぎょう縁因えんいんよりて、 がんじょうじておうじょうしてかの*無為むい法楽ほうらくしょうせしむ。 すでにかのくにしょうじぬれば、 さらにおそるるところなし。 じょうぎょうおこして、 だいきわむ。 法身ほっしん*常住じょうじゅうなること、 たとへばくうのごとし。 よくこのやくまねく。 ゆゑにいひてきょうとなす。

経能↠法理事相応、定散随↠機義不↢零落↡。能↧修趣之者ヲシテ、必↢教行之縁因↡、乗↠願往生↦彼無為之法楽↥。既ヌレバ↢彼↡、更↠所↠畏ルル。長時↠行、果極↢菩提↡。法身常住ナルコトタトヘ↢虚空↡。能↢此↡。故↠経

二 Ⅱ ⅱ b ロ (六)釈一巻

^一巻いっかん」 といふは、 この ¬かんぎょう¼ いち*りょうしょうせつなりといふといへども、 そうじてこのいちじょうず。 ゆゑに一巻いっかんづく。

↢「一巻」↡者、此¬観経¼一部↠言フト↢両会正説ナリト↡、総↢斯↡。故↢一巻↡。

二 Ⅱ ⅱ b 総結

^ゆゑに 「仏説ぶっせつりょう寿じゅかんぎょう一巻いっかん」 といふ。

↢「仏説無量寿観経一巻」↡。

二 Ⅱ ⅱ 結示

^これすなはちそのみょうしゃくしをはりぬ。

此即↢其名義↡竟

二 Ⅱ 【宗教門】
      牒標

【10】^さんしゅうどうきょうだいしょう弁釈べんしゃくすとは、

弁↢釈スト宗旨不同、教之大小↡者、

二 Ⅱ ⅲ 正釈
        宗旨不同
          (一)挙他経例

^¬*ゆいぎょう¼ のごときは*思議しぎだつをもつてしゅうとなし、 ¬*大品だいぼんぎょう¼ のごときは*くうをもつてしゅうとなす。 このれいいちにあらず。

キハ↢¬維摩経¼↡以↢不思議解脱↡為↠宗、如キハ↢¬大品経¼↡以↢空慧↡為↠宗。此例非↠一

二 Ⅱ ⅲ b イ (二)正明今経【念観両宗】

^いまこの ¬かんぎょう¼ はすなはち*観仏かんぶつ三昧ざんまいをもつて*しゅうとなし、 また*念仏ねんぶつ三昧ざんまいをもつてしゅうとなす。 一心いっしん*がんしてじょうおうじょうするを*たいとなす。

今此¬観経¼即↢観仏三昧↡為↠宗、亦以↢念仏三昧↡為↠宗一心廻願往↢生ルヲ浄土↡為↠体

二 Ⅱ ⅲ b 教大小

【11】^きょうだいしょうといふは、 ^ひていはく、 この ¬きょう¼ は*ぞうのなかにはいづれのぞうしょうなる。 *きょうのなかにはいづれのきょうしゅうなる。

↢教之大小↡者、問、此¬経¼二蔵之中ニハナル。二教之中ニハナル

^こたへていはく、 いまこの ¬かんぎょう¼ は*さつぞうしゅうなり。 *とんぎょうしょうなり。

、今此¬観¼菩薩蔵ナリ。頓教ナリ

二 Ⅱ 【説人門】
      牒標

【12】^説人せつにん差別しゃべつべんずとは、

ズト↢説人差別↡者、

二 Ⅱ ⅳ 正釈
        挙他経例

^おほよそしょきょうせつしゅぎず。 いちにはぶつせつには*しょう弟子でしせつさんには*天仙てんせんせつには*じんせつには*へんせつなり。

諸経起説不↠過↢五種↡。一者仏説、二者聖弟子説、三者天仙説、四者鬼神説、五者変化ナリ

二 Ⅱ ⅳ b 正明今経

^いまこの ¬かんぎょう¼ はこれぶつせつなり。

今此¬観経¼是仏自説ナリ

二 Ⅱ ⅳ b 処・対告

 ^ひていはく、 ぶついづれのところにかましましてき、 何人なんぴとのためにかきたまへる。

、仏在シテ↢何ニカ↡説、為ニカ↢何人↡説タマヘル

^こたへていはく、 ぶつ*おうにましまして、 だいとうのためにきたまへり。

、仏在シテ↢王宮↡、為↢韋提等↡説タマヘリ

二 Ⅱ 【定散門】
      牒標

【13】^*じょうさんりょうもんりょうけんするにすなはちそのろくあり。

料↢簡ルニ定散両門↡即↢其六↡。

二 Ⅱ ⅴ 正釈
        条録義門

^いちには*のうしょうのひとをかす、 すなはちこれだいなり。 には*しょしょうのひとをかす、 すなはちこれそんなり。 さんには能説のうせつのひとをかす、 すなはちこれ如来にょらいなり。 には所説しょせつかす、 すなはちこれ*じょうさんぜん*じゅうろく観門かんもんなり。 には*のうかす、 すなはちこれ如来にょらいなり。 ろくには*しょかす、 すなはちだいとうこれなり。

ニハ↢能請↡、即是韋提ナリ。二ニハ↢所請↡、即是世尊ナリ。三ニハ↢能説↡、即是如来ナリ。四ニハ↢所説↡、即是定散二善十六観門ナリ。五ニハ↢能為↡、即是如来ナリ。六ニハ↢所為↡、即韋提等是也。

二 Ⅱ ⅴ b 料簡意義
          (一)顕所立
            (Ⅰ)弁定所立

【14】^ひていはく、 じょうさんぜんはたれの*しょうによる。

、定散二善↢誰致請↡。

^こたへていはく、 じょうぜん一門いちもんだいしょうにして、 *散善さんぜん一門いちもんはこれぶつせつなり。

、定善一門韋提致請ニシテ、散善一門是仏自説ナリ

二 Ⅱ ⅴ b ロ (一)(Ⅱ)料簡所由
              (ⅰ)

 ^ひていはく、 いぶかし、 じょうさんぜんでていづれのもんにかある。 いますでにきょうそなはりてむなしからず、 いづれのくることをる。

未審イブカシ、定散二善↢何ニカ↡。今既教備不↠虚カラ、何↠受コトヲ

二 Ⅱ ⅴ b ロ (一)(Ⅱ)(ⅱ)
                (a)標挙

^こたへていはく、 するに二義にぎあり。

、解ルニ↢二義↡。

二 Ⅱ ⅴ b ロ (一)(Ⅱ)(ⅱ)(b)正答
                  (イ)明何機得受

^いちには*謗法ほうぼうしんと、 *八難はちなんおよび*にん、 これらはけず。 これすなはち*りん碩石せきせきしょうにんあるべからず。 これらのしゅじょうはかならずじゅなし。 これをのぞきて以外いげは、 一心いっしんしんぎょうしておうじょうがんすれば、 かみ*いちぎょうつくしも*じゅうねんおさむ。 ぶつ*願力がんりきじょうじてみなかざるはなし。 これすなはちかみのいづれのくることをるのこたへをはりぬ。

者謗法与↢無信↡、八難及非人、此等不↠受也。斯乃朽林・碩石不↠可↠有↢生潤之期↡。此等衆生↢受化之義↡。除↠斯已外、一心信楽求↢願レバ往生↡、上尽↢一形↡下収↢十念↡。乗↢仏願力↡莫↠不ルハ↢皆往↡。此即↢上ルノ↠受コトヲ↡竟

二 Ⅱ ⅴ b ロ (一)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(ロ)明出在何文
                    [一]
                    [二]正釈
                      [Ⅰ]通別

^にはでていづれのもんにかあるとはすなはち*つうあり*べつあり。

ニハルト↢何ニカ↡者即↠通有↠別。

・通

^つう」 といふはすなはちさんどうあり。

↠通者即↢三義不同↡。

^なんとなれば、 いちには 「だいびゃくぶつ唯願ゆいがん為我いが広説こうせつ無憂むう悩処のうしょ」 よりは、 すなはちこれだいしんひょうしてみづからためにつうじてしょふ。

トナレバ者一ニハ↢「韋提白仏唯願為我広説無憂悩処」↡者、即是韋提標↠心↢所求↡。

^には 「唯願ゆいがん仏日ぶつにちきょうかん清浄しょうじょう業処ごっしょ」 よりは、 すなはちこれだいみづからためにつうじて*ぎょう

ニハ↢「唯願仏日教我観於清浄業処」↡者、即是韋提自↢去行↡。

^さんには 「そん光台こうだい現国げんこく」 よりは、 すなはちこれさきつうしょうの 「為我いが広説こうせつ」 のごんむくゆ。

ニハリハ↢「世尊光台現国」↡、即是酬↢前通請「為我広説」之言↡。

^さんどうありといへども、 さきつうこたへをはりぬ。

↠有リト↢三義不同↡、答↢前↡竟

・別

^べつ」 といふはすなはち二義にぎあり。

↠別者則↢二義↡。

^いちには 「だいびゃくぶつこん楽生ぎょうしょう極楽ごくらくかい弥陀みだ仏所ぶつしょ」 よりは、 すなはちこれだいみづからためにべつしてしょえらぶ。

ニハ↢「韋提白仏我今楽生極楽世界弥陀仏所」↡者、即是韋提自↢所求↡。

^には 「唯願ゆいがんきょうゆいきょうしょうじゅ」 よりは、 すなはちこれだいみづからために*べつぎょうしゅせんとふ。

ニハ↢「唯願教我思惟教我正受」↡者、即是韋提自↠修ムト↢別行↡。

^二義にぎどうありといへども、 かみべつこたへをはりぬ。

↠有リト↢二義不同↡、答↢上↡竟

二 Ⅱ ⅴ b ロ (一)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(ロ)[二][Ⅱ]定散
                        [ⅰ]標示

 ^これより以下いげは、 つぎじょうさんりょうもんこたふ。

↠此已下、次↢定散両門之義↡。

二 Ⅱ ⅴ b ロ (一)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(ロ)[二][Ⅱ][ⅱ]正明
                          [a]定定散文処

 ^ひていはく、 いかなるをか*じょうぜんづけ、 いかなるをか*散善さんぜんづくる。

、云何ナルヲカ↢定善↡、云何ナルヲカ↢散善↡。

^こたへていはく、 日観にっかんよりしもじゅう三観さんがんいたるこのかたをづけてじょうぜんとなし、 *さんぷく*ぼんづけて散善さんぜんとなす。

、従↢日観↡下至↢十三観↡已来タヲ↢定善↡、三福九品↢散善↡。

二 Ⅱ ⅴ b ロ (一)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(ロ)[二][Ⅱ][ⅱ][b]明定散差別

 ^ひていはく、 じょうぜんのなかになんの差別しゃべつかある、 でていづれのもんにかある。

、定善之中↢何差別↡、出↢何ニカ↡。

^こたへていはく、 いづれのもんにかづるといふは、 ¬きょう¼ (観経) に 「きょうゆいきょうしょうじゅ」 とのたまへり、 すなはちこれそのもんなり。 差別しゃべつといふはすなはち二義にぎあり。 いちにはいはくゆいにはいはくしょうじゅなり。

、出ルトイフハ↢何ニカ↡者、¬経¼言↢「教我思惟教我正受」↡、即是其ナリ。言↢差別↡者即↢二義↡。一ニハ思惟、二ニハ正受ナリ

・思惟

^ゆい」 といふはすなはちこれかん*ぜん方便ほうべんなり。 かのくにしょうほう総別そうべつそうそうす。 すなはちかんもん (観経) のなかにきて、 「かくのごとくおもふものをづけてほぼ極楽ごくらくこくるとなす」 とのたまへり。 すなはちかみの 「きょうゆい」 のいっがっす。

↢思惟↡者即是観前方便ナリ。思↢想依正二報総別↡也。即地観↤「如↠此スト↣粗ルト↢極楽国土↡。」即↢上「教我思惟」一句↡。

・正受

^しょうじゅ」 といふは、 *想心そうしんすべてみ、 *縁慮えんりょならもうじて、 *三昧さんまい相応そうおうするをづけてしょうじゅとなす。 すなはちかんもんのなかにきて、 「もし三昧さんまいれば、 かのこくること*了々りょうりょうぶんみょうなり」 とのたまへり。 すなはちかみの 「きょうしょうじゅ」 のいっがっす。

↢正受↡者、想心都、縁慮並、三昧相応ルヲ↢正受↡。即地観↧「若↢三昧↡、見コト↢彼国地↡了了分明ナリト」↥。即↢上「教我正受」一句↡。

二 Ⅱ ⅴ b ロ (一)(Ⅱ)(ⅱ)(c)総結

^じょうさん二義にぎどうありといへども、 そうじてかみといこたへをはりぬ。

定散↠有リト↢二義不同↡、総↢上

二 Ⅱ ⅴ b ロ (二)破異解
            (Ⅰ)標示

【15】^またさきよりこのかたのしょどうなり。

又向ヨリタノ解者与↢諸師↡不同ナリ

二 Ⅱ ⅴ b ロ (二)(Ⅱ)正明
              (ⅰ)挙所被

^*しょゆいいっをもつて、 もつて三福さんぷくぼんがっして、 もつて散善さんぜんとなし、 しょうじゅいっ、 もつてつうじてじゅう六観ろっかんがっして、 もつてじょうぜんとなす。

諸師↢思惟一句↡、用↢三福九品↡、以↢散善↡、正受一句、用↢十六観↡、以↢定善↡。

二 Ⅱ ⅴ b ロ (二)(Ⅱ)(ⅱ)述能破
                (a)総非

^かくのごときはまさにおもふにしからず。

↠斯解者将フニ不↠然

二 Ⅱ ⅴ b ロ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(b)正破
                  (イ)引証

^なんとなれば、 ¬*ごんぎょう¼ (意) に、 「ゆいしょうじゅとはただこれ*三昧さんまいみょうなり」 ときたまふがごときは、 このかんもんおなじ。 このもんをもつてしょうす、 あに散善さんぜんつうずることをんや。

トナレバ者如キハ↣¬華厳経¼説タマフガ↢「思惟正受者但是三昧之異名ナリト」↡、与↢此地観文↡同。以↢斯↡証、豈ムヤ↠通コトヲ↢於散善↡。

二 Ⅱ ⅴ b ロ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(ロ)立理

^またさきよりこのかた、 だいかみにはひて、 ただ 「きょうかん清浄しょうじょう業処ごっしょ」 といひ、 次下つぎしもにはまたひて 「きょうゆいしょうじゅ」 といへり。 しょうありといへども、 ただこれじょうぜんなり。

又向ヨリ韋提、上ニハ但言↢「教我観於清浄業処」↡、次下ニハ又請↢「教我思惟正受」↡。雖↠有リト↢二請↡、唯是定善ナリ

^また散善さんぜんもんはすべてへるところなし。 ただこれぶつかいなり。 次下つぎしも*散善さんぜんえんのなかにきて、 「やくりょうらい一切いっさいぼん」 といへる以下いげはすなはちこれそのもんなり。

又散善之文↢請処↡。但是仏自開ナリ。次下散善縁↢「亦令未来世一切凡夫」↡已下是其ナリ

二 Ⅱ 【和会門】
      牒標

【16】^ろくきょうろんそう和会わえするに、 ひろ問答もんどうほどこしてじょう*しゃくすとは、

和↢会ルニ経論相違↡、広↢問答↡釈↢去スト疑情↡者、

二 Ⅱ ⅵ 正釈
        標列

^このもんのなかにつきてすなはちそのろくあり。 いちにはづもろもろのほっにつきてぼんす。 にはすなはち*どうをもつてきたしてこれをす。 さんにはかさねてぼんげて*返対ほんたいしてこれをす。 にはもんいだきたして、 さだめてぼんのためにしてしょうにんのためにせずといふことをしょうす。 には*べつ*つうす。 ろくには*じょうしゅしょうつうす。

↢此↡即↢其六↡。一ニハ↢諸法師↡解↢九品之義↡。二ニハ↢道理↡来シテ↠之。三ニハ↢九品↡返対↠之。四ニハ↠文シテ、証↧定ニシテ↢凡夫↡不トイフコトヲ↞為ニセ↢聖人↡。五ニハ会↢通別時之意↡。六ニハ会↢通二乗種不生之義↡。

二 Ⅱ ⅵ b 随釈
          (一)【諸師解】

【17】^はじめに*しょといふは、

↢諸師↡者

・上品上生

^じょうはい三人さんにんぐ。 ^じょうじょうといふは、 これ*四地しじより*しちいたるこのかたのさつなり。 なんがゆゑぞることをる。 かしこにいたりてすなはち*しょうにんるによるがゆゑなり。

↢上輩三人↡。言↢上↡者、是四地ヨリ↢七地↡已来タノ菩薩ナリ。何↠知コトヲ。由↣到↠彼ルニ↢無生忍↡故ナリ

・上品中生

^じょうちゅうとは、 これ*しょより四地しじいたるこのかたのさつなり。 なんがゆゑぞることをる。 かしこにいたりていちしょうこうしょうにんるによるがゆゑなり。

者、是初地ヨリ↢四地↡已来タノ菩薩ナリ。何↠知コトヲ。由↧到↠彼↢一小劫↡得ルニ↦無生忍↥故ナリ

・上品下生

^じょうとは、 これ*しゅしょうじょうよりしょいたるこのかたのさつなり。 なんがゆゑぞることをる。 かしこにいたりてさんしょうこうてはじめてしょるによるがゆゑなり。

者、是種性以ヨリ↢初地↡已来タノ菩薩ナリ。何↠知コトヲ。由↧到↠彼↢三小劫↡始ルニ↦初地↥故ナリ

^この三品さんぼんひとはみなこれ*だいじょうしょうにんしょうずるくらいなり。

三品皆是大乗聖人ナリ

・中品上生

^つぎちゅうはい三人さんにんげば、 しょのいはく、 ^ちゅうじょうとはこれ*さんひとなり。 なにをもつてかることをる。 かしこにいたりてすなはち*かんるによるがゆゑなり。

↢中輩三人↡者、諸師、中トハ是三果ナリ。何↠知コトヲ。由↣到↠彼ルニ↢羅漢↡故ナリ

・中品中生

^ちゅうちゅうとはこれ*内凡ないぼんなり。 なにをもつてかることをる。 かしこにいたりて*しゅおんるによるがゆゑなり。

者是内凡ナリ。何↠知コトヲ。由↣到↠彼ルニ↢須陀洹↡故ナリ

・中品下生

^ちゅうとはこれ*ぜんぼんにして、 いとひてしょうずることをもとむ。 なにをもつてかることをる。 かしこにいたりていちしょうこうかんるによるがゆゑなり。

者是世善凡夫ニシテ、厭↠苦↠生コトヲ。何↠知コトヲ。由↧到↠彼↢一小劫↡得ルニ↦羅漢果↥故ナリ

^この三品さんぼんはただこれ*小乗しょうじょうしょうにんとうなり。

此之三品唯是小乗聖人等也。

・下輩

^はい三人さんにんはこれ*だいじょうがくぼんなり。 とが軽重きょうじゅうしたがひてわかちて三品さんぼんとなす。 ともにおなじくいちにしておうじょうがんすとは、 いまだかならずしもしからず、 るべし。

下輩三人者是大乗始学凡夫ナリ。随↢過軽重↡分↢三品↡。共一位ニシテ求↢願スト往生↡者、未↢必シモ↡也。可↠知

二 Ⅱ ⅵ b ロ (二)【道理破】

【18】^だいすなはちどうをもつてきたすとは、

第二↢道理↡来スト者、

・初地-七地 (上品中生・上品上生)

^かみに 「しょよりしちいたこのかたのさつ」 といはば、 ¬ごんぎょう¼ (意)きたまふがごとく、

↧「初地ヨリ↢七地↡已来タノ菩薩」↥者、如↢¬華厳経¼説タマフガ↡、

^しょじょうしちらいは、 すなはちこれ*ほっしょうしょうじん*変易へんやくしょうじんなり。 これらはかつて*分段ぶんだんなし。 そのゆうろんずれば、 すでにだい*そう*こうて、 ならべて*ふくしゅし、 *人法にんぼうふたつながらくうず、 ならびにこれ不可ふか思議しぎなり。 神通じんずうざいにして*転変てんぺんほうなり。 *ほうしてつねに*報仏ほうぶつ説法せっぽうき、 十方じっぽう*悲化ひけして*しゅ遍満へんまんす」 と。

「初地已上七地已来、即是法性生身・変易生身ナリ。斯等↢分段之苦↡。論レバ↢其功用↡、已↢二大阿僧祇劫↡、双↢福・智↡、人法両ナガラ、並是不可思議ナリ。神通自在ニシテ転変無方ナリ。身↢報土↡常↢報仏説法↡、悲↢化十方↡須臾遍満

^さらに何事なにごとうれへてかすなはちだいのそれがためにぶつしょうずるによりて安楽あんらくこくしょうずることをもとめんや。 このもんをもつてしょうするに、 しょ所説しょせつあにあやまりにあらずや。 かみこたへをはりぬ。

テカ↢何事↡乃↢韋提↠其ルニ↟仏メム↠生コトヲ↢安楽国↡也。以↢斯↡証ルニ、諸師所説豈↠錯也。答↢上↡竟

・種性-初地 (上品下生)

^じょうとは、 かみに 「しゅしょうよりしょいたるこのかた」 といふは、 いまだかならずしもしからず。

者、上↧「従↢種性↡至↢初地↡已来タト」↥者、未↢必シモ↡也。

^*きょうきたまふがごとく、 「これらのさつづけて*退たいとなす。 しょうして、 しょうのためにぜんせられず。 *おうみずにあるに、 みず湿うるおすことあたはざるがごとし」 と。

↢¬経¼説タマフガ↡、「此等菩薩↢不退↡。身↢生↡、不↧為↢生死↡所↞染。如シト↢鵝鴨ルニ↠水、水不ルガ↟能↠湿コト。」

^¬*大品だいぼんぎょう¼ にきたまふがごとし。 「このくらいのなかのさつは、 しゅしん*ぜんしきしゅるによるがゆゑに退たいなり。 なんとなれば、 いちにはこれ十方じっぽう諸仏しょぶつにはこれ十方じっぽう諸大しょだいさつ、 つねに*三業さんごうをもつてほかにしてもろもろの善法ぜんぽうにおいて退失たいしつあることなし。 ゆゑに退たいくらいづく。

↢¬大品経¼説タマフガ↡。「此菩薩、由↠得ルニ↢二種善知識守護↡故不退ナリ。何トナレバ者一ニハ是十方諸仏、二ニハ是十方諸大菩薩、常↢三業↡外↢諸善法↡無↠有コト↢退失↡。故↢不退↡也。

^これらのさつもまたよく*八相はっそうじょうどうしてしゅじょうきょうす。 そのぎょうろんずれば、 すでにいちだいそうこうて、 ならべてふくとうしゅす」 と。

此等菩薩亦能八相成道教↢化衆生↡。論レバ↢其功行↡、已↢一大阿僧祇劫↡、双スト↢福・智等↡。」

^すでにこのしょうとくあり。 さらに何事なにごとうれへてかすなはちだいしょうによりてしょうずることをもとめんや。 このもんをもつてしょうす。 ゆゑにりぬ、 しょ所判しょはんかえりてあやまりとなる。 これじょうはいめをはりぬ。

↢斯勝徳↡。更テカ↢何事↡乃↢韋提↡求メム↠生コトヲ也。以↢斯↡証。故、諸師所判還↠錯也。此↢上輩↡竟

・三果 (中品上生)

^つぎちゅうはい三人さんにんめば、 しょのいはく、 「ちゅうじょうとはこれさんのひとなり」 と。 しかるにこれらのひと*さんながえ、 *しゅしょうぜず。 現在げんざい*罪業ざいごうつくるといへども、 ひつじょうして*来報らいほうまねかず。 ぶつきて、 「この四果しかひとは、 われとおなじくだつゆかす」 とのたまふがごとし。

↢中輩三人↡者、諸師、「中トハ是三果ナリト。」然此等之人三塗永、四趣不↠生。現在↠造ルト↢罪業↡、必定不↠招↢来報↡。如↤仏説、言フガ↣此四果与↠我同スト↢解脱↡。

^すでにこのりきあり。 さらにまたなにをうれへてかすなはちだいしょうによりて*しょうもとめんや。

↢斯功力↡。更復何テカ↢韋提↡求メムヤ↢生路↡。

・大悲於苦者

^しかるに*諸仏しょぶつだいあるひとにおいてす、 しんひとへに*じょうもつしゅじょう愍念みんねんしたまふ。 ここをもつてすすめてじょうせしむ。 またみずおぼれたるひとのごときは、 すみやかにすべからくひとへにすくふべし、 がんじょうのひと、 なんぞすくふをもちゐるをなさん。 このもんをもつてしょうす。 ゆゑにりぬ、 しょ所判しょはんさきあやまりにおなじ。

諸仏大悲テス↢苦アル↡、心偏愍↢念タマフ常没衆生↡。是シム↢浄土↡。亦如キハ↢溺レタル↠水之人↡、急カニ↢偏↡、岸上之者、何ルヲ↠済フヲサム。以↢斯↡証。故、諸師所判義同↢前↡也。

^以下いげるべし。

以下可↠知

二 Ⅱ ⅵ b ロ (三)【返対破】

【19】^第三だいさんかさねてぼんげて返対ほんたいしてすとは、

第三↢九品↡返対スト者、

・上品上生

^しょのいふ、 「じょうぼん上生じょうしょうひとは、 これ四地しじよりしちいたるこのかたのさつなり」 とならば、

諸師、「上品上生、是四地ヨリ↢七地↡已来タノ菩薩ナリトナラバ」者、

^なんがゆゑぞ、 ¬かんぎょう¼ (意) にのたまはく、 「三種さんしゅしゅじょうまさにおうじょうべし。 何者なにものをかさんとなす。 いちにはただよく*かいたも*しゅす。 にはかいたもしゅすることあたはざれども、 ただよくだいじょう読誦どくじゅす。 さんにはかいたもきょうむことあたはざれども、 ただよく*仏法ぶっぽうそうとうねんず。

¬観経¼云、「三種衆生当↠得↢往生↡。何者ヲカ↠三。一者但能↠戒↠慈。二者不ドモ↠能↢持↠戒コト↟慈、但能読↢誦大乗↡。三者不ドモ↠能↢持↠戒コト↟経、唯能↢仏法僧等↡。

^この三人さんにんおのおのおのがごうをもつてせんしょうこころはげまして、 一日いちにちいちない七日しちにちしち相続そうぞくしてだんぜず、 おのおのしょごう*しておうじょうがんす。

此之三人各↢己↡専精シテ↠意、一日一夜乃至七日七夜相続不↠断、各↢所作之業↡求↢願往生↡。

^いのちおわらんとほっするとき弥陀みだぶつおよびぶつさつ大衆だいしゅひかりはなみてさずけて、 *だんのあひだのごとくにすなはちかのくにしょうず」 と。

命欲↠終ムト時、阿弥陀仏及与↢化仏・菩薩・大衆↡放↠光↠手、如クニ↢弾指↡即ズト↢彼↡。」

^このもんをもつてしょうするに、 まさしくこれぶつりたまひてのちだいじょう極善ごくぜんじょうぼんぼん日数にっしゅすくなしといへども、 ごうをなすときはげし、 なんぞはんじて*上聖じょうしょうどうずることをんや。

↢此↡証ルニ、正是仏去タマヒテ↠世、大乗極善上品凡夫、日数雖↠少シト、作↠業、何↣判コトヲ↢上聖↡也。

^しかるに四地しじよりしちらいさつは、 そのゆうろんずるに不可ふか思議しぎなり。 あに一日いちにち七日しちにちぜんによりて、 *だい授手じゅしゅ*こうしょうせられておうじょうせんや。

四地ヨリ七地已来菩薩、論ルニ↢其功用↡不可思議ナリ。豈↢一日七日之善↡、華台授手迎接ラレテ往生也。

^これすなはちじょうじょう返対ほんたいしをはりぬ。

此即返↢対↡竟

・上品中生

^つぎじょうちゅうたいせば、 しょのいふ、 「これしょより四地しじらいさつなり」 とならば、

↢上↡者、諸師、「是初地ヨリ四地已来菩薩ナリトナラバ」者、

^なんがゆゑぞ、 ¬かんぎょう¼ (意) にのたまはく、 「かならずしもだいじょうじゅせず」 と。 いかんが 「ひつ」 とづくる。 あるいはまず、 ゆゑにひつづく。 ただ*ぜんといひていまだそのぎょうろんぜず。 またのたまはく (観経・意)、 「ふかいんしんだいじょうそしらず、 この善根ぜんごんをもつて*しておうじょうがんず。

¬観経¼云、「不↣必シモ受↢持大乗↡。」云何↢「不必」↡。或不↠読、故↢「不必」↡。但言↢善解↡未↠論↢其↡。又言、「深↢因果↡不↠謗↢大乗↡、以↢此善根↡廻↢往生↡。

^いのちおわらんとほっするとき弥陀みだぶつおよびぶつさつ大衆だいしゅいちみてさずけてすなはちかのくにしょうず」 と。

命欲↠終ムト時、阿弥陀仏及与↢化仏・菩薩・大衆↡一時↠手ズト↢彼↡。」

^このもんをもつてしょうするに、 またこれぶつりたまひてのちだいじょうぼんぎょうごうややよわくして*じゅう迎候こうこうことなることあらしむることをいたす。

↢此↡証ルニ、亦是仏去タマヒテ↠世大乗凡夫、行業ヤヤクシテ↠使コトヲ↢終時迎候↟異コト

^しかるにしょより四地しじらいさつは、 そのゆうろんずるに、 ¬ごんぎょう¼ にきたまふがごとし。 すなはちこれ不可ふか思議しぎなり。 あにだいしょういたすによりて、 まさにおうじょうんや。

初地ヨリ四地已来菩薩、論ルニ↢其功用↡、如↢¬華厳経¼説タマフガ↡。乃是不可思議ナリ。豈↢韋提スニ↟請、方↢往生↡也。

^じょうちゅう返対ほんたいしをはりぬ。

返↢対↡竟

・上品下生

^つぎじょうたいせば、 しょのいふ、 「これしゅしょうじょうしょいたるこのかたのさつなり」 とならば、

↢上↡者、諸師、「是種性以上至↢初地↡已来菩薩ナリトナラバ」者、

^なんがゆゑぞ、 ¬かんぎょう¼ にのたまはく、 「またいんしんず」 と。 いかんが 「亦信やくしん」 なる。 あるいはしんしんぜず、 ゆゑにづけてやくとなす。 またのたまはく (観経)、 「だいじょうそしらず、 ただ*じょう道心どうしんおこす」 と。 ただこのいっ、 もつてしょうごうとなす。 さらにぜんなし。 「このいちぎょうしておうじょうがんす。

¬観経¼云、「亦信ズト↢因果↡。」云何「亦信ナル。」或不↠、故↠亦。又言、「不↠謗↢大乗↡、但発スト↢無上道心↡。」唯此一句、以↢正業↡。更↢余善↡。「廻↢斯一行↡求↢願往生↡。

^いのちおわらんとほっするとき弥陀みだぶつおよびぶつさつ大衆だいしゅいちみてさずけてすなはちおうじょう(観経・意) と。

命欲↠終ムト時、阿弥陀仏及与↢化仏・菩薩・大衆↡一時↠手↢往生↡。」

^このもんをもつてしょうするに、 ただこれぶつりたまひてのち一切いっさい*だいじょうしんおこせるしゅじょうぎょうごうつよからずして*去時こじこうこうことなることあらしむることをいたす。

↢斯↡証ルニ、唯是仏去タマヒテ↠世一切セル↢大乗心↡衆生、行業不シテ↠強カラ↠使コトヲ↢去時迎候↟異コト

^もしこのくらいのなかのさつ力勢りきせいろんぜば、 十方じっぽうじょうこころしたがひておうじょうす。 あにだいそれがためにぶつしょうじて、 すすめて西方さいほう極楽国ごくらくこくしょうぜしむるによらんや。

↢此菩薩力勢↡、十方浄土↠意往生。豈ラム↣韋提為↠其↠仏、勧シムルニ↢西方極楽国↡也。

^じょう返対ほんたいしをはりぬ。

返↢対↡竟

^すなはちこの三品さんぼん去時こじことなることあり。 いかんがことなる。 じょうじょう去時こじは、 ぶつしゅぶついちみてさずく。 じょうちゅう去時こじは、 ぶつせんぶついちみてさずく。 じょう去時こじは、 ぶつひゃくぶついちみてさずく。 ただこれごうごうにゃくありて、 この差別しゃべつあらしむることをいたすのみ。

三品去時↠異コト。云何ナル。上去時、仏与↢無数化仏↡一時↠手。上去時、仏与↢千化仏↡一時↠手。上去時、仏与↢五百化仏↡一時↠手。直是業↢強弱↡、致↠使コトヲ↠有↢斯差別↡耳。

・中品上生

^つぎちゅうはい三人さんにんたいせば、 しょのいふ、 「ちゅうじょうとはこれ小乗しょうじょうさんのひとなり」 とならば、

↢中輩三人↡者、諸師、「中トハ是小乗三果ナリトナラバ、」

^なんがゆゑぞ、 ¬かんぎょう¼ (意) にのたまはく、 「もししゅじょうありて、 *かい*八戒はっかいじゅし、 もろもろのかい修行しゅぎょうして*ぎゃくつくらず、 もろもろの*げんなからんに、

¬観経¼云、「若↢衆生↡、受↢持五戒・八戒↡、修↢行↡不↠造↢五逆↡、無ラムニ↢衆過患↡、

^いのちおわらんとほっするとき弥陀みだぶつ比丘びくしょうじゅひかりはなほうきて、 きたりてそのまえげんじたまふ。 このひとをはりてすなはちおうじょう」 と。

命欲↠終ムト時、阿弥陀仏与↢比丘聖衆↡放↠光↠法、来タマフ↢其↡。此人見已↢往生↡。」

^このもんをもつてしょうするに、 またこれぶつりたまひてのち小乗しょうじょうかいたもてるぼんなり。 なんぞ*小聖しょうしょうならんや。

↢此↡証ルニ、亦是仏去タマヒテ↠世↢小乗戒↡凡夫ナリ。何小聖ナラム也。

・中品中生

^ちゅうちゅうといふは、 しょのいふ、 「*見道けんどうぜん内凡ないぼんなり」 とならば、

トイフ者、諸師、「見道已前内凡ナリトナラバ」者、

^なんがゆゑぞ、 ¬かんぎょう¼ (意) にのたまはく、 「一日いちにちかいじゅして、 しておうじょうがんず。

¬観経¼云、「受↢持一日一夜↡、廻↢往生↡。

^いのちおわらんとほっするときぶつたてまつりてすなはちおうじょう」 と。

命欲↠終ムト時、見マツリテ↠仏↢往生↡。」

^このもんをもつてしょうするに、 あにこれ*内凡ないぼんひとといふことをんや。 ただこれぶつりたまひてのちぜんぼんいのちぶることにち*しょうえんのその*しょうかいさずくるに逢遇ひて、 *しておうじょうがんず。 ぶつ願力がんりきをもつてすなはちしょうずることを

↢此↡証ルニ、豈↠言コトヲ↢是内凡↡也。但是仏去タマヒテ↠世無善凡夫、命延コト日夜、逢↣遇小縁ルニ↢其小戒↡、廻↢往生↡。以↢仏願力↡即得↠生コトヲ也。

・此経為凡

^もし小聖しょうしょうろんぜば、 ることまたさまたげなし。 ただこの ¬かんぎょう¼ は、 ぶつ*ぼんのためにきたまへり、 *しょうのためにせず。

↢小聖↡、去コト亦無↠妨。但此¬観経¼仏為↠凡タマヘリ、不↠タメニ↠聖也。

・中品下生

^ちゅうといふは、 しょのいふ、 「小乗しょうじょう内凡ないぼんぜんぞくぼん、 ただ*ふくしゅしてしゅつもとむ」 とならば、

トイフ者、諸師、「小乗内凡已前世俗凡夫、唯修↢世福↡求ムトナラバ↢出離↡」者、

^なんがゆゑぞ、 ¬かんぎょう¼ (意) にのたまはく、 「もししゅじょうありて、 父母ぶも*きょうようし、 にんぎょうぜんに、

¬観経¼云、「若↢衆生↡、孝↢養父母↡、行ムニ↢世仁慈↡、

^いのちおわらんとほっするときぜんしきの、 ためにかのぶつこくらく*じゅうはちがんとうくにふ。 このひときをはりてすなはちかのくにしょうず」 と。

命欲↠終ムト時、遇↣善知識、為クニ↢彼国土楽事、四十八願等↡。此人聞ズト↢彼↡。」

^このもんをもつてしょうするに、 ただこれ仏法ぶっぽうはざるひときょうようぎょうずといへども、 またいまだしん*しゅつ希求けぐすることあらず。 ただこれ*りんじゅう*ぜんすすめておうじょうせしむるにふ。 このひとすすめによりてしんしてすなはちおうじょう

↢此↡証ルニ、但是不↠遇↢仏法↡之人、雖↠行ズト↢孝養↡、亦未↠有↣心希↢求コト出離↡。直是臨終↣善ルニ↢往生↡。此人因↠勧廻心得↢往生↡。

^またこのひとにありてねんきょうぎょうず、 またしゅつのためのゆゑにきょうどうぎょうぜず。

又此人在↠世自然↠孝、亦不↧為↢出離↡故↦孝道↥也。

・下輩

^つぎはい三人さんにんたいせば、 しょのいふ、 「これらのひとはすなはちこれだいじょうがくぼんなり。 とが軽重きょうじゅうしたがひてわかちて三品さんぼんとなす。 いまだ*どうにあらず。 *階降かいごうわかちがたし」 とは、

↢下輩三人↡者、諸師、「此等之人是大乗始学凡夫ナリ。随↢過軽重↡分↢三品↡。未↠有↢道位↡。難シトワカ↢階降↡」者、

^まさにおもふにしからず。 なんとなれば、 この三品さんぼんひと仏法ぶっぽうぞくしゅ*善根ぜんごんあることなし。 ただあくつくることをるのみ。

フニ不↠然。何トナレバ者此三品人無↠有コト↢仏法・世俗二種善根↡。唯知ルノミ↠作コトヲ↠悪

・下品上生

^なにをもつてかることをる。 じょうもんくがごとし。 「ただぎゃく謗法ほうぼうとをつくらず、 自余じよ諸悪しょあくはことごとくみなつぶさにつくりて、 *ざんすなはち一念いちねんいたるまでもあることなし。

↠知コトヲ。如↢下クガ↡。「但不↠作↢五逆謗法トヲ↡、自余諸悪皆具、無↠有コト↣慚愧乃マデモ↢一念↡。

^いのちおわらんとほっするときぜんしきの、 ためにだいじょうき、 おしへてぶつしょうせしむるにひていっしょうす。 そのとき弥陀みだぶつ、 すなはちぶつさつつかはしてこのひと来迎らいこうし、 すなはちおうじょうしめたまふ」 (観経・意) と。

命欲↠終ムト時、遇↧善知識、為↢大乗↡、教ルニ↞称↠仏一声。爾時阿弥陀仏、即↢化仏・菩薩↡来↢迎↡、即シメタマフト↢往生↡。」

^ただかくのごとき悪人あくにんるるにみなこれなり。 もし*善縁ぜんえんへば、 すなはちおうじょう。 もしぜんはざれば、 さだめてさんりていまだづべからず。

但如↠此悪人触ルニ↠目皆是ナリ。若↢善縁↡、即得↢往生↡。若レバ↠遇↠善、定↢三塗↡未↠出也。

・下品中生

^ちゅうとは、 「このひとさきぶつかいく。 けをはりてたもたずしてすなはち毀破きはす。 また*常住じょうじゅう僧物そうもつ現前げんぜん僧物そうもつぬすみ、 *じょう説法せっぽうして、 ない一念いちねんざんしんあることなし。

者、「此人先↢仏↡。受シテ↠持即便毀破。又偸↢常住僧物・現前僧物↡、不浄説法、乃至無↠有コト↢一念慚愧之心↡。

^いのちおわらんとほっするときごくみょういちにともにいたりて、 げんじてそのまえにあり。 ときあたりて、 すなはちぜんしきの、 ためにかの仏国ぶっこくどくきて、 すすめておうじょうせしむるにふ。 このひときをはりてすなはちぶつたてまつり、 *したがひておうじょう(観経・意) と。

命欲↠終ムト時、地獄猛火一時、現↢其↡。当↢見↠火↡、即↧善知識、為↢彼仏国土功徳↡、勧ルニ↦往生↥。此人聞即便マツリ↠仏、随↠化往生スト。」

^はじぜんはざればごく来迎らいこうし、 のちぜんふがゆゑにぶつ来迎らいこうす。 これすなはちみなこれ弥陀みだ願力がんりきのゆゑなり。

レバ↠遇↠善獄火来迎、後フガ↠善化仏来迎。斯乃皆是弥陀願力故也。

・下品下生

^とは、 「これらのしゅじょう善業ぜんごうたるぎゃく*じゅうあくつくり、 もろもろのぜんす。 このひと悪業あくごうをもつてのゆゑに、 さだめてごくしてこうきわまりなからん。

者、「此等衆生作↢不善業タル五逆・十悪↡、具↢諸不善↡。此人以↢悪業↡故、定↢地獄↡多劫無ラム↠窮

^いのちおわらんとほっするときぜんしきの、 おしへて弥陀みだぶつしょうせしめ、 すすめておうじょうせしむるにふ。 このひとおしえによりてぶつしょうし、 ねんじょうじてすなはちしょうず」 (観経・意) と。

命欲↠終ムト時、遇↧善知識シメ↢阿弥陀仏↡、勧ルニ↦往生↥。此人依↠教↠仏、乗↠念ズト。」

^このひともしぜんはずは、 ひつじょうして*ちんすべし。 おわりにぜんふによりて*七宝しっぽう来迎らいこうす。

人若↠遇↠善、必定下沈ベシ。由↢終フニ↟善七宝来迎

・五濁凡夫

^またこの ¬かんぎょう¼ のじょうぜんおよび*三輩さんぱいじょうもんこころるに、 そうじてこれぶつりたまひてのち*じょくぼんなり。 ただえんふにことなることあるをもつて、 ぼんをして差別しゃべつせしむることをいたす。

又看ルニ↢此¬観経¼定善及三輩上下↡、総是仏去タマヒテ↠世五濁凡夫ナリ。但以↢遇フニ↠縁ルヲ↟異コト、致↠令コトヲ↢九品ヲシテ差別↡。

^なんとなれば、 じょうぼん三人さんにんはこれ*だいへるぼんちゅうぼん三人さんにんはこれ*しょうへるぼんぼん三人さんにんはこれあくへるぼんなり悪業あくごうをもつてのゆゑなり。 おわりにのぞみてぜんによりて、 ぶつ願力がんりきじょうじてすなはちおうじょう。 かしこにいたりてはなひらけてまさにはじめて*発心ほっしんす。 なんぞこれがくだいじょうひとといふことをんや。 もしこのけんをなさば、 みづからしっあやまりてがいをなすことこれはなはだし。

トナレバ者上品三人是遇↠大凡夫、中品三人是遇↠小凡夫、下品三人是遇↠悪凡夫ナリ。以↢悪業↡故ナリ。臨↠終↠善、乗↢仏願力↡乃得↢往生↡。到↠彼華開発心。何↠言コトヲ↢是始学大乗↡也。若↢此↡、自↠他コト↠害茲甚ダシ

^いまもつて一々いちいちもんいだけんしょうして、 いまのとき善悪ぜんあくぼんをしておなじくぼんうるおはしめんとほっす。 しんしょうじてうたがいなければ、 ぶつ願力がんりきじょうじてことごとくしょうずることを

今以一一↠文顕証、欲↠使メムト↣今善悪凡夫ヲシテ↢九品↡。生↠信レバ↠疑、乗↢仏願力↡悉得↠生コトヲ也。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (四)【出文顕証】

【20】^だいもんいだしてけんしょうすとは、

第四↠文顕証スト者、

^ひていはく、 じょうらい返対ほんたい、 いかんがることをる。 「そんさだめてぼんのためにしてしょうにんのためにせず」 といふは、 いぶかし、 ただ*にんじょうをもつてなぞらするや、 はたまた聖教しょうぎょうありてきたしょうするや。

、上来返対之義、云何↠知コトヲ。「世尊定ニシテ↢凡夫↡不トイフ↠為ニセ↢聖人↡」者未審イブカシ、直以↢人情↡準ルヤ為当 ハタ 亦有↢聖教↡来ルヤ

^こたへていはく、 しゅじょう*おもくして智慧ちえ浅近せんごんなり*しょうじんなり。 あにいづくんぞみづからほしいままにせんや。 いま一々いちいちにことごとく仏説ぶっせつりて、 もつて明証みょうしょうとなさん。 このしょうのなかにつきてすなはちそのじっあり。

、衆生垢重クシテ智慧浅近ナリ。聖意弘深ナリ。豈ホシイママニセムヤ今者 イマ 一一↢仏説↡、以サム↢明証↡。就↢此↡即↢其十句↡。

・散善顕行縁文

^なんとなれば、 第一だいいちには ¬かんぎょう¼ にのたまふがごとし。 「ぶつだいげたまはく、 ªわれいまなんぢがためにひろくもろもろのたとへをかん。 またらい一切いっさいぼん*じょうごうしゅせんとほっするものをして、 西方さいほう極楽ごくらくこくしょうずることをしめんº」 とはこれその一のしょうなり。

トナレバ者第一ニハ↢¬観経¼云フガ↡。「仏告タマハク↢韋提↡、我今為↠汝↢衆↡。亦令メムト↧未来世一切凡夫↠修ムト↢浄業↡者ヲシテ、得↞生コトヲ↢西方極楽国土↡」者、是其証也。

・定善示観縁文 一

^には 「如来にょらいいまらい一切いっさいしゅじょう煩悩ぼんのうぞくのためにがいせらるるもののために清浄しょうじょうごうく」 とのたまふは、 これそのしょうなり。

ニハ↪「如来今者為↧未来世一切衆生↢煩悩↡之所ルル↠害↥説クト↩清浄↨」者、是其証也。

・定善示観縁文 二

^さんには 「如来にょらいいまだいおよびらい一切いっさいしゅじょうおしへて西方さいほう極楽ごくらくかいかんぜしめん」 とのたまふは、 これそのさんしょうなり。

ニハ↧「如来今者教↢韋提希及未来世一切衆生↡観シメムト↦於西方極楽世界↥」者、是其証也。

・定善示観縁文 三

^には 「だいぶつにまうさく、 ªわれいま仏力ぶつりきによるがゆゑにかのこくる。 もし仏滅ぶつめつのもろもろのしゅじょうとうは、 じょくあくぜんにして五苦ごくめられん、 いかんがまさにかのぶつこくたてまつるべきº」 とのたまふは、 これそのしょうなり。

ニハ↧「韋提白↠仏、我今因ルガ↢仏力↡故↢彼国土↡。若仏滅後衆生等、濁悪不善ニシテ五苦レム↠逼、云何キト↞見マツル↢彼国土↡」者、是其証也。

・日観文

^には日観にっかんはじめにのたまふがごとし。 「ぶつだいげたまはく、 ªなんぢおよびしゅじょうねんをもつぱらにせよº」 といふより以下いげ、 すなはち 「一切いっさいしゅじょう*しょうもうにあらざるよりはもくともがらよ」 といふにいたるこのかたは、 これそのしょうなり。

ニハ↢日観フガ↡。「仏告タマハク↢韋提↡、汝及衆生専ニセヨトイフヨリ↠念」已下、乃↧「一切衆生自リハ↠非↢生盲↡有目之徒見ヨトイフニ↞日」已来者、是其証也。

・地観文

^ろくにはかんのなかにきてのたまふがごとし。 「ぶつなんげたまはく、 ªなんぢ、 ぶつたもち、 らい一切いっさいしゅじょうのがれんとほっするもののために、 このかんほうけº」 といふは、 これそのろくしょうなり。

ニハ↢地観フガ↡。「仏告タマハク↢阿難↡、汝持↢仏語↡、為↢未来世一切衆生↠脱ムト↠苦↡、説ケトイフ↢是観地↡」者、是其証也。

・華座観文 一

^しちには華座けざかんのなかにきてのたまふがごとし。 「だいぶつにまうさく、 ªわれ仏力ぶつりきによりて弥陀みだぶつおよびさつ (観音・勢至)たてまつることをたり、 らいしゅじょうはいかんがたてまつることをんº」 といふは、 これそのしちしょうなり。

ニハ↢華座観フガ↡。「韋提白↠仏、我因↢仏力↡得タリマツルコトヲ↢阿弥陀仏及二菩薩↡、未来衆生云何ムトイフ↠見マツルコトヲ」者、是其証也。

・華座観文 二

^八には次下つぎしもに、 しょうこたふるなかにきてのたまはく、 「ぶつだいげたまはく、 ªなんぢおよびしゅじょう、 かのぶつかんぜんとほっするもの、 まさに想念そうねんおこすべしº」 といふは、 これそのはちしょうなり。

ニハ次下、答↠請、「仏告タマハク↢韋提↡、汝及衆生欲↠観ムト↢彼↡者、当シトイフ↠起↢想念↡」者、是其証也。

・像観文

^九には像観ぞうかんのなかにきてのたまふがごとし。 ぶつだいげたまはく、 ª諸仏しょぶつ如来にょらい一切いっさいしゅじょう心想しんそうのうちにりたまふ。 このゆゑになんぢらしんぶつ (阿弥陀仏)おもときº」 といふは、 これその九のしょうなり。

ニハ↢像観フガ↡、「仏告タマハク↢韋提↡、諸仏如来タマフ↢一切衆生心想↡。是汝等心↠仏トイフ」者、是其証也。

・九品段文意

^じゅうにはぼんのなかに一々いちいちきて、 「もろもろのしゅじょうのためにす」 といふがごときは、 これそのじゅうしょうなり。

ニハ↢九品之中一一フガ↟「為ニスト↢諸衆生↡」者、是其十証也。

^じょうらいじっどうありといへども、 如来にょらい (釈尊) この*じゅう六観ろっかんほうきたまふは、 ただ*じょうもつしゅじょうのためにして、 *だいしょうしょうのためにせずといふことを証明しょうみょうす。 このもんをもつてしょうするに、 あにこれあやまりならんや。

上来雖↠有↢十句不同↡、証↧明如来説タマフハ↢此十六観↡、但為ニシテ↢常没衆生↡、不トイフコトヲタメニ↢大小↡也。以↢斯↡証ルニ、豈是謬ナラム哉。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (五)【別時意会通】
            (Ⅰ)牒標
            (Ⅱ)正釈
              (ⅰ)正会別時
                (a)標挙

【21】^だい*べつ時意じいつうすといふはすなはちそのあり。

第五会↢通ストイフ別時意↡者即↢其二↡。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (五)(Ⅱ)(ⅰ)(b)正明
                  (イ)釈成仏別時
                    [一]釈論文

^いちには ¬ろん¼ (*摂大乗論・意) にいはく、 「ひと*ほうぶつねんずれば、 すなはちじょうだいにおいて退たいせざることをるがごとし」 とは、

ニハ¬論¼云、「如シト↧人念レバ↢多宝仏↡、即↢無上菩提↡得ルガ↞不コトヲ↢退堕↡」者、

二 Ⅱ ⅵ b ロ (五)(Ⅱ)(ⅰ)(b)(イ)[二]釈義意
                      [Ⅰ]正明別時意

^おほよそ 「だい」 といふはすなはちこれ*ぶっなり、 またこれしょうぼうなり。 どうとしてじょうぶつほうは、 かならずすべからくまんぎょうまどかにそなへてまさにすなはち*こくじょうすべし。 あに念仏ねんぶついちぎょうをもつてせんや。 すなはちじょうずることをのぞまば、 このことわりあることなからん。 いまだしょうせずといふといへども、 まんぎょうのなかにこれそのいちぎょうなり。

フハ↢菩提↡乃是仏果之名ナリ、亦是正報ナリ。道理トシテ成仏之法、要↢万行円カニ剋成↡。豈テセムヤ↢念仏一行↡。即↠成コトヲ者、無ラム↠有コト↢是コトワリ↡。雖↠言フト↠未↠証、万行之中是其一行ナリ

二 Ⅱ ⅵ b ロ (五)(Ⅱ)(ⅰ)(b)(イ)[二][Ⅱ]明念仏一行

^なにをもつてかることをる。 ¬ごんぎょう¼ (意)きたまふがごとし。 「*どくうん比丘びく*善財ぜんざいかたりていはく、 ªわれ仏法ぶっぽう三昧ざんまいかいのなかにおいて、 ただいちぎょうれり。 いはゆる念仏ねんぶつ三昧ざんまいなりº」 と。

↠知コトヲ。如↢¬華厳経¼説タマフガ↡。「功徳雲比丘語↢善財↡言、我於↢仏法三昧海↡、唯知レリ↢一行↡。所謂念仏三昧ナリト。」

^このもんをもつてしょうするに、 あにいちぎょうにあらずや。

↢此↡証ルニ、豈↢一行↡也。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (五)(Ⅱ)(ⅰ)(b)(イ)[二][Ⅲ]釈不退堕義

^これいちぎょうなりといへども、 しょうのなかにおいてすなはちじょうぶついたるまでなが退没たいもつせず。 ゆゑに 「不堕ふだ」 とづく。

↢是一行ナリト↡、於↢生死↡乃マデ↢成仏↡永不↢退没↡。故↢不堕↡。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (五)(Ⅱ)(ⅰ)(b)(イ)[三]釈違文

 ^ひていはく、 もししからば、 ¬*法華ほけきょう¼ にのたまはく、 「ひとたび ª南無なもぶつº としょうすれば、 みなすでに*仏道ぶつどうじょうず」 と。 またじょうぶつしをはるべし。 このもんなんの差別しゃべつかある。

、若者¬法華経¼云、「一タビレバ↢南無仏↡、皆已ズト↢仏道↡。」亦応↢成仏↡也。此之二文有↢何差別↡。

^こたへていはく、 ¬ろん¼ (摂大乗論) のなかの称仏しょうぶつは、 ただみづからぶっじょうぜんとほっす。 ¬きょう¼ (法華経) のなかの称仏しょうぶつは、 *じゅうしゅどう*けんせんがためなり。 しかるに*どうのなかにはすべて称仏しょうぶつひとなし。 ただぶつしょうすることいっすれば、 すなはち仏道ぶつどうのなかにありてせっす。 ゆゑに 「きょう」 といふと。

、¬論¼中称仏、唯欲↣自ムト↢仏果↡。¬経¼中称仏、為ナリ↣簡↢異ムガ九十五種外道↡。然外道之中ニハ↢称仏之人↡。但使 タダ コト↠仏一口スレバ、即↢仏道↡摂。故フト↢已竟↡。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (五)(Ⅱ)(ⅰ)(b)(ロ)会往生別時
                    [一]挙論文

【22】^には ¬ろん¼ (摂大乗論・意) のなかにきていはく、 「ひとありてただ*発願ほつがんするによりて安楽あんらくしょうずるがごとし」 とは、

ニハ¬論¼中、「如シト↧人アリテ唯由↢発願ルニ↡生ルガ↦安楽土↥」者、

二 Ⅱ ⅵ b ロ (五)(Ⅱ)(ⅰ)(b)(ロ)[二]会義意
                      [Ⅰ]破邪執
                        [ⅰ]正破
                          [a]先挙邪計

^ひさしきよりこのかた、 *通論つうろんいえろんこころせずして、 あやまりてぼんしょうじっしょうしょうぶつきて、 これとそうせしめて、 いまだすなはちしょうずることをずといふ。 いち金銭こんせんせんじょうずることるは、 にちにしてすなはち一日いちにちにすなはちせんじょうずることをるにはあらざるがごとし。

キヨリ、通論之家不シテ↠会↢論↡、錯↢下品下生十声称仏↡、与↠此相似シメテ、未トイフ↢即得↟生コトヲ。如↣一金銭↠成コトヲ↠千者、多日ニシテルガ↢一日ルニハ↟成コトヲ↠千

^じっしょうしょうぶつもまたかくのごとし。 ただ*おんしょうのためにいんとなる。 このゆゑにいまだすなはちしょうずることをず。 ぶつただ*当来とうらいぼんのためにあくぶつしょうせしめんとほっして、 *誑言おうごんしてしょうずとのたまふ、 じつにはいまだしょうずることをず、 づけてべつ時意じいとなすといはば、

十声称仏亦復如↠是。但与↢遠生↡作↠因。是↢即得↟生コトヲ。噵↧仏直為↢当来凡夫↡欲↠令メムト↢捨↠悪↟仏、誑言ノタマ↠生ズト、実ニハ↠得↠生コトヲ、名スト↦別時意↥者、

二 Ⅱ ⅵ b ロ (五)(Ⅱ)(ⅰ)(b)(ロ)[二][Ⅰ][ⅰ][b]引証破斥
                            [イ]正引

^なんがゆゑぞ、 ¬*弥陀みだきょう¼ (意) にのたまはく、 「ぶつ*しゃほつげたまはく、 ªもし善男ぜんなんぜん女人にょにんありて弥陀みだぶつくをかば、 すなはち*みょうごうしゅうすべし。 一日いちにちない七日しちにち一心いっしんしょうぜんとがんずれば、 いのちおわらんとほっするとき弥陀みだぶつ、 もろもろのしょうじゅこうしょうして、 おうじょうせしめたまふº」 と。

¬阿弥陀経¼云、「仏告タマフ↢舎利弗↡、若↢善男子・善女人↡聞↠説クヲ↢阿弥陀仏↡、即↣執↢持名号↡。一日乃至七日一心レバ↠生ムト、命欲↠終ムト時、阿弥陀仏与↢諸聖衆↡迎接往生シメタマフト。」

^次下つぎしも(小経・意)、 「十方じっぽうにおのおのごうしゃとうのごとき諸仏しょぶつ、 おのおの*こうじょう舌相ぜっそういだしてあまねく*三千さんぜん大千だいせんかいおおひて、 じょうじつごんきたまふ。 ªなんぢらしゅじょうみな、 この一切いっさい諸仏しょぶつ*ねんしたまふところのきょうしんずべしº」 と。

次下、「十方↢恒河沙等↡諸仏、各↢広長舌相↡遍↢三千大千世界↡、説タマフ↢誠実↡。汝等衆生皆、応シト↠信↧是一切諸仏↢護念タマフ↡経↥。」

二 Ⅱ ⅵ b ロ (五)(Ⅱ)(ⅰ)(b)(ロ)[二][Ⅰ][ⅰ][b][ロ]釈成

^ねん」 といふは、 すなはちこれかみもん一日いちにちない七日しちにちぶつみなしょうするなり。

↢護念↡、者即是上一日乃至七日称↢仏之名↡也。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (五)(Ⅱ)(ⅰ)(b)(ロ)[二][Ⅰ][ⅰ][b][ハ]結破

^いますでにこの聖教しょうぎょうありてもつて明証みょうしょうとなす。 いぶかし、 こん一切いっさいぎょうじゃらずなんのこころぞ、 *ぼんしょうろんにすなはち信受しんじゅくわへ、 諸仏しょぶつ*じょうごんかえりてまさに*もうせんとする。 くるしきかな、 なんぞはげしくよくかくのごとき*にんごんいだす。

今既↢斯聖教↡以↢明証↡。未審イブカシ、今時一切行者不↠知凡小之↢信受↡、諸仏誠言↢妄語セムト↡。苦シキ哉、ナン↢如↠此不忍之言↡。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (五)(Ⅱ)(ⅰ)(b)(ロ)[二][Ⅰ][ⅱ]勧誡

^しかりといへども、 あおねがはくは一切いっさいおうじょうせんとほっする*しきとう、 よくみづからりょうせよ。 むしろこんあやまりをやぶりてぶつしんぜよ。 *さつろんしゅうして、 もつてなんとなすべからず。 もしこのしゅうによらば、 すなはちこれみづからしっあやまらん。

↠然リト、仰クハ一切↢往生ムト↡知識等、善思量セヨ。寧ヤブリ↢今世↡信↢仏語↡。不↠可↧執↢菩薩↡、以↦指南↥。若↢此↡者、即是自↠他也。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (五)(Ⅱ)(ⅰ)(b)(ロ)[二][Ⅱ]立正義
                        [ⅰ]弁論意

 ^ひていはく、 いかんがぎょうおこせるを、 しかもおうじょうずといふ。

、云何セルヲ↠行、而↠不↠得↢往生↡。

^こたへていはく、 もしおうじょうせんとほっせば、 かならずすべからく*ぎょう*がんそくすべし。 まさにしょうずることをべし。 いまこの ¬ろん¼ (摂大乗論) のなかには、 ただ 「発願ほつがん」 といひて、 ぎょうありとろんぜず。

、若↢往生ムト↡者、要↢行願具足↡。方↠得↠生コトヲ。今此¬論¼中ニハ、但言↢発願↡、不↠論↠有リト↠行。

 ^ひていはく、 なんがゆゑぞろんぜざる。

、何↠論

^こたへていはく、 すなはち一念いちねんいたるまでかつていまだしんかず。 このゆゑにろんぜず。

、乃マデ↢一念↡曽↠措↠心。是不↠論

 ^ひていはく、 *がんぎょうになんの差別しゃべつかある。

、願行之義↢何差別↡。

^こたへていはく、 きょうのなかにきたまふがごとし。 ただそのぎょうのみあるは、 ぎょうすなはちにしてまたいたるところなし。 ただそのがんのみあるは、 がんすなはちむなしくしてまたいたるところなし。 かならずすべからくがんぎょうあひたすけてしょみなこくすべしと。 このゆゑにいまこの ¬ろん¼ (摂大乗論) のなかには、 ただ 「発願ほつがん」 といひて、 ぎょうありとろんぜず。 このゆゑにいまだすなはちしょうずることをず。 *おんしょうのためにいんとなるといふは、 そのじつなり。

、如↢経タマフガ↡。但有ルハ↢其ノミ↡、行即ニシテ亦無↠所↠至。但有ルハ↢其ノミ↡、願即クシテ亦無↠所↠至。要シト↢願行相所為皆剋↡。是今此¬論¼中ニハ、直言↢発願↡、不↠論↠有↠行。是↢即得↟生コトヲ、与↢遠生↡作トイフ↠因者、其義実也。

 ^ひていはく、 がんこころいかんぞ、 すなはちしょうぜずといふ。

、願意云何↠不↠生

^こたへていはく、 きて、 「西方さいほうらく不可ふか思議しぎなり」 といふをきて、 すなはちがんをなしていはく、 「われもまたねがはくはしょうぜん」 と。 このをいひをはりてさらに相続そうぞくせず。 ゆゑにがんづく。

、聞↣他、言フヲ↢西方快楽不可思議ナリト↡、即↠願、我亦願クハムト。噵↢此↡已不↢相続↡。故↠願也。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (五)(Ⅱ)(ⅰ)(b)(ロ)[二][Ⅱ][ⅱ]弁経意【六字釈

^いまこの ¬かんぎょう¼ のなかのじっしょうしょうぶつは、 すなはちじゅうがんじゅうぎょうありてそくす。 いかんがそくする。 *南無なも」 といふはすなはちこれ*みょうなり、 またこれ*発願ほつがんこうなり*弥陀みだぶつ」 といふはすなはちこれそのぎょうなり。 このをもつてのゆゑにかならずおうじょう

今此¬観経¼中十声称仏、即↢十願・十行↡具足。云何具足。言↢南無↡者即是帰命ナリ、亦是発願廻向之義ナリ。言↢阿弥陀仏↡者、即是其ナリ。以↢斯↡故得↢往生↡。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (五)(Ⅱ)(ⅱ)重弁分斉
                (a)弁依正差別

【23】^また ¬ろん¼ (摂大乗論) のなかに 「*ほうぶつしょうしてためにぶっもとむる」 とは、 すなはちこれ*しょうぼうにして、 しもに 「ただ発願ほつがんしてじょうしょうぜんともとむる」 とは、 すなはちこれ*ほうなり。 いちしょういち、 あにそうすることをんや。

又来 マタ ¬論¼中「称↢多宝仏↡為ムル↢仏果↡」、即是正報ニシテ、下「唯発願ムル↠生ムト↢浄土↡」、即是依報ナリ。一正、一依、ムヤ↢相似コトヲ↡。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (五)(Ⅱ)(ⅱ)(b)明二種別時

^しかるにしょうぼうしがたし。 いちぎょう*しょうなりといへどもいまだ*こくせず。 ほうもとめやすけれども、 一願いちがんしんをもつてはいまだらざるところなり。

正報↠期。一行雖↠精ナリト↠剋。依報レドモ↠求、所ナリ↧以テハ↢一願之心↡未↞入

二 Ⅱ ⅵ b ロ (五)(Ⅱ)(ⅱ)(c)示浄土易往
                  (イ)約譬明

^しかりといへども、 たとへば*辺方へんぽうとうずるはすなはちやすく、 しゅとなることはすなはちかたきがごとし。 こんおうじょうがんずるものは、 *ならびにこれ一切いっさいとうずるしゅじょうなり。 あにやすきにあらずや。

↠然リト、譬↢辺方投ルハ↠化、為コトハ↠主キガ↡。今時↢往生↡者、並是一切投↠化衆生ナリ。豈↠易キニ也。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (五)(Ⅱ)(ⅱ)(c)(ロ)顕願力

^ただよくかみいちぎょうつくしもじゅうねんいたるまで、 ぶつ願力がんりきをもつてみなかざるはなし。 ゆゑにづく。

但能上尽↢一形↡下至マデ↢十念↡、以↢仏願力↡莫↠不ルハ↢皆往↡。故↠易也。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (五)(Ⅲ)結成

^これすなはちごんをもつてさだむべからず。 りてしんずるもの、 うたがいいだけばなり。 かならず聖教しょうぎょうきてきたかし、 これをくものをしてまさによくまどひをらしめんとほっす。

斯乃不↠可↢以↠言↟義。取之者、懐バナリ↠疑。要↢聖教、欲↠使メムト↢聞↠之ヲシテ↟惑

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)【二乗種不生】
            (Ⅰ)牒標

【24】^第六だいろくじょうしゅしょうつうすとは、

第六会↢通スト二乗種不生↡者、

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)正釈
              (ⅰ)立義
                (a)明報仏報土
                  (イ)正明報義
                    [一]

^*ひていはく、 弥陀みだじょうこくははたこれ*ほうなりやこれ*なりや

、弥陀浄国為当 ハタ 是報ナリヤ是化ナリ也。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅰ)(a)(イ)[二]
                      [Ⅰ]直答【是報非化】

^こたへていはく、 これほうにしてにあらず。

、是報ニシテ↠化

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅰ)(a)(イ)[二][Ⅱ]引証
                        [ⅰ]同性経

^いかんがることをる。 ¬*だいじょうどうしょうきょう¼ (意)きたまふがごとし。 「西方さいほう安楽あんらく弥陀みだぶつはこれ報仏ほうぶつほうなり」 と。

云何↠知コトヲ。如↢¬大乗同性経¼説タマフガ↡。「西方安楽阿弥陀仏是報仏報土ナリト↡。」

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅰ)(a)(イ)[二][Ⅱ][ⅱ]大経
                          [a]正引

^また ¬*りょう寿じゅきょう¼ (上・意) にのたまはく、 「*法蔵ほうぞう比丘びく*にょうおうぶつみもとにましましてさつどうぎょうじたまひしときじゅうはちがんおこしたまへり。 *一々いちいちがんにのたまはく、 ªもしわれぶつたらんに、 十方じっぽうしゅじょう、 わがみょうごうしょうしてわがくにしょうぜんとがんぜんに、 しもじゅうねんいたるまで、 もししょうぜずは、 しょうがくらじº」 と。

又¬無量寿経¼云、「法蔵比丘在シテ↢世饒王仏↡行タマヒシ↢菩薩↡時、発タマヘリ↢四十八願↡。一一、若我得タラムニ↠仏、十方衆生称↢我名号↡願ムニ↠生ムト↢我↡、下至マデ↢十念↡、若↠生者不↠取↢正覚↡。」

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅰ)(a)(イ)[二][Ⅱ][ⅱ][b]釈成

^いますでにじょうぶつしたまへり。 すなはちこれ*しゅういんしんなり。

今既成仏タマヘリ。即是酬因之身也。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅰ)(a)(イ)[二][Ⅱ][ⅲ]観経
                          [a]正引

^また ¬かんぎょう¼ (意) のなかの*じょうはい三人さんにん命終みょうじゅうときのぞみて、 みな 「弥陀みだぶつおよびぶつともにこのひと来迎らいこうす」 とのたまへり。

又¬観経¼中上輩三人、臨↢命終↡、皆言↧「阿弥陀仏及↢化仏↡来↦迎スト↥。」

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅰ)(a)(イ)[二][Ⅱ][ⅲ][b]釈成
                            [イ]正釈成

^しかるにほうじんねてともにきたりてみてさずく。 ゆゑにづけて 「」 となす。 このもんをもつてしょうす。 ゆゑにりぬ、 これほうなり。

報身兼↠化↠手。故↠与。以↢此↡証。故、是報ナリ

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅰ)(a)(イ)[二][Ⅱ][ⅲ][b][ロ]遮伏疑
                              ª一º釈報応名
                                ªⅠº名異

^しかるに*ほうおうしん*眼目げんもくみょうなり。 *さきには 「ほう」 をほんじておうとなし、 のちには 「おう」 をほんじてほうとなす。

報・応二身者眼目之異名ナリ。前ニハ↠報↠応、後ニハ↠応↠報

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅰ)(a)(イ)[二][Ⅱ][ⅲ][b][ロ]ª一ºªⅡº義同

^おほよそほうといふは*いんぎょうむなしからず、 さだめてらいまねく。 をもつていんおうず、 ゆゑにづけてほうとなす。 また*さん大僧だいそう所修しょしゅまんぎょうひつじょうしておうじてだい。 いますでにどうじょうぜり、 すなはちこれ*応身おうじんなり。

↠報者因行不↠虚カラ、定↢来果↡。以↠果↠因、故↠報。又三大僧祇所修万行、必定得↢菩提↡。今既道成ゼリ、即是応身ナリ

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅰ)(a)(イ)[二][Ⅱ][ⅲ][b][ロ]ª二º定三身体

^これすなはち*げん諸仏しょぶつ*三身さんしんべんりゅうす。 これをのぞきて以外いげさらにべつたいなし。 たとひ*ぐう八相はっそうみょうごう*塵沙じんじゃなるも、 たいこくしてろんずれば、 すべてしてせっす。

斯乃過・現諸仏弁↢立三身↡。除↠斯已外更↢別体↡。縦使無窮八相・名号塵沙ナルモ、剋↠体而論レバ、衆↠化

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅰ)(a)(イ)[二][Ⅱ][ⅲ][b][ハ]結所立

^いまかの弥陀みだげんにこれほうなり。

今彼弥陀是報也。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅰ)(a)(ロ)会釈違文
                    [一]

 ^ひていはく、 すでにほうといはば、 報身ほうじん常住じょうじゅうにしてながしょうめつなし。 なんがゆゑぞ、 ¬*観音かんのんじゅきょう¼ (意) に、 「ぶつまた*にゅうはんときあり」 ときたまふ。 このいちいかんがつうしゃくせん。

、既↠報者、報身常住ニシテ↢生滅↡。何¬観音授記経¼説タマフ↣「阿弥陀仏亦有リト↢入涅槃時↡。」此之一義若為イカンガ通釈セム

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅰ)(a)(ロ)[二]
                      [Ⅰ]仰推仏境

^こたへていはく、 にゅうにゅうはただこれ諸仏しょぶつきょうがいなり。 なほさんじょうせんうかがふところにあらず、 あにいはんや*しょうぼんたやすくよくらんや。

、入・不入義者唯是諸仏境界ナリ。尚非↢三乗浅智↟闚、豈小凡輒也。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅰ)(a)(ロ)[二][Ⅱ]引証答釈
                        [ⅰ]標証

^しかりといへども、 かならずらんとほっせば、 あへてぶっきょうきてもつて明証みょうしょうとなさん。

↠然リト↠知ムト者、敢↢仏経↡以サム↢明証↡。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅰ)(a)(ロ)[二][Ⅱ][ⅱ]正引
                          [a]明如化
                            [イ]明諸法如化

^なんとなれば、 ¬大品だいぼんぎょう¼ の 「*はん非化ひけぼん(意) のなかにきてのたまふがごとし。

トナレバ者如↢¬大品経¼「涅槃非化品」中フガ↡。

^ぶつ*しゅだいげたまはく、 ªなんぢがこころにおいていかん。 もし*にんありてにんをなす、 このすこぶるじつにして、 くうならざるものありやいなやº と。

「仏告タマハク↢須菩提↡、於↢汝↡云何。若↢化人↡作↢化人↡、是化頗リヤ↢実事ニシテ↠空ナラ者↡不ヤト

^しゅだいまうさく、 ªいななり、 そんº と。

須菩提言、不也、世尊

^ぶつしゅだいげたまはく、 ª*しきすなはちこれなり。 *じゅそうぎょうしきすなはちこれなり。 ない*一切いっさいしゅすなはちこれなりº と。

仏告タマハク↢須菩提↡、色即是化ナリ。受・想・行・識即是化ナリ。乃至一切種智即是化ナリト

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅰ)(a)(ロ)[二][Ⅱ][ⅱ][a][ロ]約出世間明

^しゅだいぶつにまうしてまうさく、 ªそん、 もし*けんほうこれなり、 *しゅっけんほうもまたこれならば、 いはゆる*念処ねんじょ*しょうごん*にょそく*こん*りき*しち覚分かくぶん*はっしょうどうぶん*さんだつもんぶつ*じゅうりき*しょ*四無しむ礙智げち*じゅうはち不共ふぐほう、 ならびに諸法しょほうおよびげんじょうにん、 いはゆる*しゅおん*斯陀しだごん*阿那あなごん*阿羅あらかん*びゃくぶつさつ*摩訶まかさつ諸仏しょぶつそん、 このほうまたこれなりやいなやº と。

須菩提白↠仏、世尊、若世間法是化ナリ、出世間亦是化ナラバ、所謂四念処・四正勤・四如意足・五根・五力・七覚分・八聖道分・三解脱門・仏力・四無所畏・四無礙智・十八不共法、并諸法果及賢聖人、所謂須陀洹・斯陀含・阿那含・阿羅漢・辟支仏・菩薩摩訶薩・諸仏世尊、是法亦是化ナリヤヤト

^ぶつしゅだいげたまはく、 ª一切いっさいほうみなこれなり。 このほうのなかにおいてしょうもんぼう*へんあり、 びゃく仏法ぶっぽうへんあり、 さつほうへんあり、 しょ仏法ぶっぽうへんあり、 煩悩ぼんのうほうへんあり、 ごう因縁いんねんほうへんあり。 この因縁いんねんをもつてのゆゑに、 しゅだい一切いっさいほうはみなこれなりº と。

仏告タマハク↢須菩提↡、一切法皆是化ナリ。於↢是↡有↢声聞法変化↡、有↢辟支仏法変化↡、有↢菩薩法変化↡、有↢諸仏法変化↡。有↢煩悩法変化↡、有↢業因縁法変化↡。以↢是因縁↡故、須菩提、一切皆是化ナリト

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅰ)(a)(ロ)[二][Ⅱ][ⅱ][a][ハ]約無為法明

^しゅだいぶつにまうしてまうさく、 ªそん、 このもろもろの煩悩ぼんのうだんの、 いはゆるしゅおん斯陀しだごん阿那あなごん阿羅あらかんびゃく仏道ぶつどうの、 もろもろの煩悩ぼんのう*じゅうだんぜるも、 みなこれへんなりやいなやº と。

須菩提白↠仏、世尊、是煩悩断、所謂須陀洹果・斯陀含果・阿那含果・阿羅漢果、辟支仏道ゼルモ↢諸煩悩↡、皆是変化ナリヤヤト

^ぶつしゅだいげたまはく、 ªもしほうしょうめつそうあるは、 みなこれへんなりº と。

仏告タマハク↢須菩提↡、若↢法生滅相↡者、皆是変化ナリト

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅰ)(a)(ロ)[二][Ⅱ][ⅱ][b]示非化

^しゅだいまうさく、 ªそん、 なんらのほうへんにあらざるº と。

須菩提言、世尊、何等ルト↢変化↡。

^ぶつのたまはく、 ªもしほうしょうめつなる、 これへんにあらずº と。

仏言、若無生無滅ナル、是非ズト↢変化↡。

^しゅだいまうさく、 ªなんらかこれしょうめつにしてへんにあらざるº と。

須菩提言、何等是不生不滅ニシテルト↢変化↡。

^ぶつのたまはく、 ª*誑相おうそうなき*はん、 このほうのみへんにあらずº と。

仏言、無↢誑相↡涅槃、是ノミズト↢変化↡。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅰ)(a)(ロ)[二][Ⅱ][ⅱ][c]弁異説

^ªそんぶつのみづからきたまふがごときは、 諸法しょほうびょうどうにしてしょうもんにあらず、 びゃくぶつにあらず、 しょさつ摩訶まかさつにあらず、 諸仏しょぶつにあらず。 ぶつぶつ諸法しょほう*しょうはつねに*くうなり。 しょうくうすなはちこれはんなり。 いかんがはん一法いっぽうのみのごとくにあらざるº と。

世尊、如キハ↢仏タマフガ↡、諸法平等ニシテ↢声聞↡、非↢辟支仏↡、非↢諸菩薩摩訶薩↡、非↢諸仏↡。有仏無仏、諸法ナリ。性空即是涅槃ナリ。云何涅槃一法ノミルト↠如クニ↠化

^ぶつしゅだいげたまはく、 ªかくのごとしかくのごとし。 諸法しょほうびょうどうにしてしょうもんしょにあらず。 ないしょうくうすなはちこれはんなり。 もし*新発しんぽっさつ、 この一切いっさいほうはみなひっきょうじてしょうくうなり、 ないはんもまたみなのごとしとかば、 しんすなはちきょうせん。 この新発しんぽっさつのために、 ことさらにしょうめつのものはのごとく、 しょうめつのものはのごとくにはあらずと分別ふんべつするなりº」 と。

仏告タマハク↢須菩提↡、如↠是↠是。諸法平等ニシテ↢声聞所作↡。乃至性空即是涅槃ナリ。若新発意菩薩聞↢是一切皆畢竟性空ナリ、乃至涅槃亦皆如シト↟化者、心則驚怖セム。 為↢是新発意菩薩↡、故ラニ分↢別ナリト生滅↠化、不生不滅ズト↟如クニハ↠化耶。」

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅰ)(a)(ロ)[二][Ⅱ][ⅲ]結顕

^いますでにこの聖教しょうぎょうをもつてあきらかにりぬ、 弥陀みだはさだめてこれほうなることを。 たとひのちはんるとも、 そのさまたげなし。 もろもろの有智うちのものるべし。

今既↢斯聖教アキラカ、弥陀是報ナルコトヲ也。縦使トモ↢涅槃↡、其義無↠妨。諸有智者応↠知

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅰ)(b)明凡夫往生
                  (イ)

【25】^ひていはく、 かのぶつおよびすでにほうといはば、 報法ほうほうこうみょうにして、 *小聖しょうしょうすらかなひがたし。 しょうぼんいかんがることをん。

、彼仏及土既↠報者、報法高妙ニシテ、小聖スラカナ。垢障凡夫云何↠入コトヲ

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅰ)(b)(ロ)

^こたへていはく、 もししゅじょうしょうろんぜば、 じつ欣趣ごんしゅしがたし。 まさしく仏願ぶつがんたくしてもつて強縁ごうえんとなすによりて、 じょうをしてひとしくらしむることをいたす。

、若↢衆垢障↡、実↢欣趣↡。正↧託↢仏願↡以スニ↦強縁↥、致↠使コトヲ↢五乗ヲシテ↡。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅱ)釈難
                (a)

 ^ひていはく、 もしぼん小聖しょうしょうしょうずることをといはば、 なんがゆゑぞ、 天親てんじんの ¬*じょうろん¼ に、 「*女人にょにんおよび根欠こんけつじょうしゅしょうぜず」 といへる。 いまかのくにのなかにげんじょうあり。 かくのごとき*ろんきょう、 いかんが*消釈しょうしゃくせん。

、若↢凡夫・小聖得↟生コトヲ者、何天親¬浄土論¼、云ヘル↢「女人及根欠、二乗種不↟生。」今彼↢二乗↡。如↠斯論教、若為イカンガ消釈セム

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅱ)(b)
                  (イ)正会論文不生
                    [一]明二乗不生
                      [Ⅰ]呵問標証
                        [ⅰ]呵問

^こたへていはく、 なんぢただそのもんじゅしてうかがはず、 いはんやくわふるに*封拙ふうせつめいをもつてすれば、 *けいするによしなし。

ナンヂ但誦↢其↡不↠闚↠理、況ルニテスレバ↢封拙懐迷↡、無↠由↢啓悟ルニ↡。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(イ)[一][Ⅰ][ⅱ]標証

^いまぶっきょうきてもつて明証みょうしょうとなして、 なんぢがじょうしりぞけん。 なんとなれば、 すなはち ¬かんぎょう¼ のはい三人さんにんこれなり。

今引↢仏教↡以↢明証↡、却ケム↢汝疑情↡。何トナレバ者即¬観経¼下輩三人是也。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(イ)[一][Ⅱ]引証料簡
                        [ⅰ]引証直答

^なにをもつてかることをる。 ぼん上生じょうしょうにのたまふがごとし。 「あるいはしゅじょうありて、 おお悪法あくほうつくりてざんあることなし。 かくのごときにんいのちおわらんとほっするときぜんしきの、 ためにだいじょうき、 おしへて弥陀みだぶつしょうせしむるにふ。

↠知コトヲ。如↢下品上生フガ↡。「或↢衆生↡、多↢悪法↡無↠有コト↢慚愧↡。如↠此愚人命欲↠終ムト時、遇↧善知識、為↢大乗↡、教ルニ↞称↢阿弥陀仏↡。

^ぶつしょうするときあたりてぶつさつげんじてそのまえにまします。 金光こんこう*がいむかへてかのかえる。 かい以後いご観音かんのん、 ためにだいじょうきたまふ。 このひときをはりてすなはちじょう道心どうしんおこす」 (観経・意) と。

↢称↠仏↡化仏・菩薩現↢其↡。金光・華蓋迎↢彼↡。華開已後、観音、為タマフ↢大乗↡。此人聞スト↢無上道心↡。」

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(イ)[一][Ⅱ][ⅱ]料簡義意
                          [a]

 ^ひていはく、 しゅしんとなんの差別しゃべつかある。

、種之与↠心有↢何差別↡。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(イ)[一][Ⅱ][ⅱ][b]
                            [イ]総答

^こたへていはく、 ただ便べんりていふのみ、 差別しゃべつなし。

但以 タダ ↠便而言フノミ、義↢差別↡。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(イ)[一][Ⅱ][ⅱ][b][ロ]別釈
                              ª一º約上品明

^はなひらくるときあたりて、 このひとしん清浄しょうじょうにして、 まさしくほうくにへたり。 また*だいしょう*えらばず、 ただくことをればすなはちしんしょうず。

↢華開之時↡、此人身器清浄ニシテ、正ヘタリ↠聞クニ↠法。亦不↠簡↢大小↡、但使得↠聞コトヲ即便↠信

^ここをもつて観音かんのん、 ためにしょうかず、 づためにだいきたまふ。 だいきてかんしてすなはちじょう道心どうしんおこす。 すなはちだいじょうしゅしょうずとづけ、 まただいじょうしんしょうずとづく。

観音不↢為↟小、先タマフ↠大。聞↠大歓喜↢無上道心↡。即↢大乗種生ズト↡、亦名↢大乗心生ズト↡。

^またはなひらくるときあたりて、 観音かんのんづために小乗しょうじょうきたまはば、 しょうきてしんしょうぜん。 すなはちじょうしゅしょうずとづけ、 またじょうしんしょうずとづけん。

又当↢華開↡、観音先タマハバ↢小乗↡者、聞↠小↠信。即↢二乗種生ズト↡、亦名↢二乗心生ズト↡。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(イ)[一][Ⅱ][ⅱ][b][ロ]ª二º例下二品

^このほん (下品上生) すでにしかなり、 *しももまたしかなり。

品既ナリ、下亦然ナリ

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(イ)[一][Ⅱ][ⅱ][b][ロ]ª三º結成道理

^この三品さんぼんひとはともにかしこにありて発心ほっしんす。 まさしくだいくによりてすなはちだいじょうしゅしょうず。 しょうかざるによるがゆゑに、 ゆゑにじょうしゅしょうぜず。

三品↠彼発心。正↠聞クニ↠大大乗種生。由ルガ↠不ルニ↠聞↠小、所以二乗種不↠

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(イ)[一][Ⅱ][ⅱ][b][ハ]結示

^おほよそしゅといふはすなはちこれそのしんなり。

↠種者即是其心也。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(イ)[一][Ⅲ]総結不生

^じょうらいじょうしゅしょうしをはりぬ。

上来解↢二乗種不生↡竟

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅰ)(b)(イ)[二]例女人根欠

^女人にょにんおよび根欠こんけつはかしこになきがゆゑに、 るべし。

女人及根欠義者彼キガ、可↠知

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅰ)(b)(ロ)就小機往生会

^また十方じっぽうしゅじょう小乗しょうじょうかいぎょうしゅしておうじょうがんずるもの、 いち*ぼうなくことごとくおうじょう。 ただかしこにいたりて*しょうしょうす。 しょうしをはりてすなはちてんじて*だいかふ。 ひとたびてんじてだいかひて以去いこ、 さらに退たいしてじょうしんしょうぜず。 ゆゑにじょうしゅしょうづく。

又十方衆生修↢小乗戒行↡願↢往生↡者、一↢妨礙↡悉得↢往生↡。但到↠彼↢小果↡。証↠大。一タビ↠大以去、更不↣退↢二乗之心↡。故↢二乗種不生↡。

二 Ⅱ ⅵ b ロ (六)(Ⅱ)(ⅰ)(b)(ハ)結成二義差別

^*さきじょうはじめにき、 *のちしょうおわりにく、 るべし。

↢不定之始↡、後↢小果之終↡也、応↠知

二 Ⅱ 【得益門】
      牒標

【26】^第七だいしちだいぶつしょうせつきて*やく分斉ぶんざいりょうけんすとは、

第七料↧簡スト韋提聞↢仏正説↡得↠益分斉↥者、

二 Ⅱ ⅶ 正釈
        定得処
          (一)

^ひていはく、 だいすでに*にんといふ。 いぶかし、 いづれのときにかにんたる、 でていづれのもんにかある。

、韋提既↠得↠忍未審イブカシ、何ニカタル↠忍、出↢何ニカ↡。

二 Ⅱ ⅶ b イ (二)
            (Ⅰ)正答
              (ⅰ)直答

^こたへていはく、 だい得忍とくにんは、 でて*第七だいしちかんはじめにあり。

、韋提得忍、出↢第七観↡。

二 Ⅱ ⅶ b イ (二)(Ⅰ)(ⅱ)出文

^¬きょう¼ (観経・意) にのたまはく、 「ぶつだいげたまはく、 ªぶつまさになんぢがためにのうのぞほう分別ふんべつせつすべしº と。 このきたまふときりょう寿じゅぶつくうちゅう住立じゅうりゅうしたまふ。 観音かんのんせい左右さうりゅうしたまへり。 ときだいときおうじてたてまつることをて、 *接足せっそくらいかん讃歎さんだんしてすなはちしょう法忍ぼうにん」 と。

¬経¼云、「仏告タマハク↢韋提↡、仏当シト↫為↠汝分↩別解↪説↢苦悩↡法↨。説タマフ↢是↡時、無量寿仏住↢立タマフ空中↡。観音・勢至侍↢立タマヘリ左右↡。時韋提応↠時↠見マツルコトヲ、接足作礼歓喜讃歎↢無生法忍↡。」

二 Ⅱ ⅶ b イ (二)(Ⅰ)(ⅲ)証定

^なにをもつてかることをる。 しも*やくぶんのなかにきてのたまふがごとし。 「仏身ぶっしんおよび二さつ (観音・勢至)たてまつることをて、 しんかんしょうじ、 未曽有みぞうなりとたんず。 *廓然かくねんとしてだいしてしょうにん(観経) と。

↠知コトヲ。如↢下利益分フガ↡。「得↠見マツルコトヲ↢仏身及二菩薩↡、心↢歓喜↡、歎↢未曽有ナリト↡。廓然トシテ大悟↢無生忍↡。」

二 Ⅱ ⅶ b イ (二)(Ⅱ) 簡非

^これ*光台こうだいのなかにくにときたるにはあらず。

↢是光台↠国時得タルニハ↡也。

二 Ⅱ ⅶ b 会余文
          (一)

 ^ひていはく、 *かみもんのなかにきてのたまはく (観経)、 「かのこく極妙ごくみょうらくれば、 しんかんするがゆゑに、 ときおうじてすなはちしょう法忍ぼうにん」 と。 この一いかんが通釈つうしゃくせん。

、上、「見レバ↢彼国土極妙楽事↡心歓喜ルガ、応↠時↢無生法忍↡。」此之一義云何通釈セム

二 Ⅱ ⅶ b ロ (二)
            (Ⅰ)総答

^こたへていはく、 かくのごときは、 ただこれそん*さき別請べっしょうむくいて、 やくかんしたまへる方便ほうべんじょなり。

、如↠此義者、但是世尊酬↢前別請↡、挙↢勧タマヘル利益↡方便之由序ナリ

二 Ⅱ ⅶ b ロ (二)(Ⅱ)別釈

^なにをもつてかることをる。 次下つぎしももんのなかにきてのたまはく (観経)、 「諸仏しょぶつ如来にょらい*方便ほうべんましまして、 なんぢをしてることをしめたまふ」 と。

↠知コトヲ。次、「諸仏如来シテ↢異方便↡、令タマフト↢汝ヲシテ得↟見コトヲ。」

^次下つぎしも日想にっそう水想すいそうひょうそうよりすなはちじゅうがんいたるこのかたをことごとく方便ほうべんづく。 しゅじょうをしてこの*観門かんもんにおいて一々いちいちじょうずることをて、 かの妙事みょうじしんかんするがゆゑに、 すなはち*しょうしめんとほっ

次下日想・水想・氷想ヨリ↢十三観↡已来タヲ↢異方便↡也。欲↠使メムト↧衆生ヲシテ↢此観門↡一一↠成コトヲ↢彼妙事↡心歓喜ルガ、即得↦無生↥。

二 Ⅱ ⅶ b ロ (二)(Ⅲ)結成

^これすなはちただこれ如来にょらい末代まつだいあいして、 かんしてしゅすることをはげまし、 しゃくがくのものをしてのこりなく、 *しょうりきみょうして*現益げんやくあらしめんとほっするがゆゑなり。

斯乃直是如来慈↢哀末代↡、挙勧↠修コトヲ、欲ルガ↠令メムト↢積学之者ヲシテ↠遺、聖力冥現益アラ↡故也。

【結証】

【27】^しょうしていはく、 *たなごころ機糸きしにぎること*じゅうゆうさんけつ条々じょうじょうじゅんじて、 もつて玄門げんもんおうじをはりぬ。 このおわりて*たびさきしょうあらわすものなり。

、掌コト↢機絲↡十有三結、条条順↠理、以↢玄門↡訖。此ヲハリタビアラハ↢前↡者矣。

 ^じょうらい七段しちだんどうありといへども、 そうじてこれ*文前もんぜんげんなりきょうろんそう妨難ぼうなんりょうけんするに、 一々いちいちきょうきて証明しょうみょうす。 しんずるものをしてうたがいなく、 もとるものをしてとどこおりなからしめんとほっす、 るべし。

上来雖↠有↢七段不同↡、総是文前玄義ナリ。料↢簡ルニ経論相違妨難↡、一一↠教証明。欲↠使メムト↢信ヲシテ↠疑、求ヲシテ↟滞、応↠知

かんぎょうげんぶん かん第一だいいち

 

道俗の時衆 現在、 道場に参集している出家・在家の人々。
無上心を発せ 無上心は提心だいしんのこと。 親鸞聖人はこれを自力の菩提心の意とし、 「無上の心を発せども」 (信文類訓) と読まれた。
金剛の志 菩提心のこと。 親鸞聖人は他力の菩提心の意とみなされた。
尽十方 十方のすべての世界。
荘厳および変化 荘厳身 (報身) および変化身 (化身) の菩薩。
十地と三賢海 →十聖じっしょうさんげん
時劫 (菩薩としての修行の) 時間。
智行 智慧ちえと修行。
功用と無功用 修行するうえで、 努力を要する者と、 要しない者。
証智と未証智 真如しんにょの理をさとった者と、 さとらない者。
相応 ここでは真如にかなうという意。
果徳涅槃のもの 仏果の徳である涅槃を得た者。
三仏菩提の尊 法身ほっしんほうじんしんの三身。 または弥陀・釈迦・諸仏を指す。
宗旨 経典に説かれた法義の最も肝要なことがら。
教の大小 ¬観経¼ が大乘教か小乗教か。
釈去 解釈して取り去ること。
蠢々 うごめく小さな虫。
無塵 煩悩ぼんのうのけがれのないこと。
両垢の如々 有垢うく真如しんにょ真如しんにょのこと。 煩悩によっておおわれている真如とそうでない真如。
寂用湛然 すぐれたはたらきが常に満ちあふれているという意。
浄体 清浄しょうじょうな真如の本体。
西化を隠し 釈尊はその本国であるところの西方無勝むしょう世界の教化をさしおいてという意。
智炬 智慧ちえの灯火。
重昏 暗闇。
三檀 ざいほう無畏施むいせの三種の布施ふせをいう。
群迷 迷いの衆生。
楽欲 意向。 望み。
凡惑 ぼんのこと。
遍攬 あまねく知ること。
慮りを… 思いをとどめて心をもっぱら一つの対象に注ぐ。
信外の軽毛 ここでの信は十信位のこと。 十信の位にも入ることのできない風に吹<かれる羽毛のようなぼんをいう。 →十信じっしんさつ
簡異 区別すること。
悲智双行 慈悲じひ智慧ちえをともに行ずること。
智行 智慧と修行。
時劫 (菩薩としての修行の) 時間。
隠彰 隠顕おんけんに同じ。 文の表にあらわれた意 (彰) と、 文の裏にかくれた意 (隠)。 善導ぜんどう大師の隠顕 (隠彰) はともに真実の説意で、 親鸞聖人が 「化身土文類」 でいわれるような真仮 (真実・方便) を分別する意味ではない。
梵漢 梵語 (サンスクリット) と漢語 (中国語)。
映発 うつり合うこと。
華網 空中にひろがる飾りあみ。
化鳥 げんの鳥。 阿弥陀仏のへんであるところの鳥。
勝相 すぐれたありさま。
上の六観 日観にっかん・水観・かん・宝樹観・宝池観・宝楼ほうろうかんを指す。
染惑 煩悩ぼんのうのこと。
真容 (阿弥陀仏の) 真身。
真像 真身を写した形像。
心想 観想する心のはたらき。
二報 しょうほうのこと。
昏惑 ぼんの無智。
正依 正報と依報。 →しょうほう
経・緯 たて糸とよこ糸。
疋丈 はく。 織物。
理事相応 教 (事) と教に説かれた法義 (理) とがあい離れないこと。
零落 とりこぼすこと。
修趣のもの 仏道を修め歩む者。
無為の法楽 無為はんのさとりの楽しみ。
両会の正説 仏が王舎おうしゃじょうなんだいのために説法したおうと、 阿難が闍崛山しゃくっせんの大衆のために王宮会での仏の説法を再説したしゃ
不思議解脱 思惟を超えたさとりの境地。
空慧 一切のものには実体がないというくうの道理をさとる智慧ちえ
回願 浄土を願生すること。
 ここでは観仏三昧および念仏三昧の体 (本質) という意。
二教 ぜんぎょうとんぎょう
聖弟子 しゃほつ等の仏弟子。
天仙 梵天ぼんてんたいしゃくてん等の護法の善神や仏法に帰依きえした仙人。
変化 変化身のこと。 仏・菩薩がすがたを変えて仮に現れたもの。
王宮 王舎おうしゃじょうの宮殿。
定散両門 じょうぜん散善さんぜんの二つの立場。
能請のひと 教えを説くよう懇請こんせいした人。
所請のひと 懇請を受けた人。
能為 教化を行った人。
所為 教化を受けた人。
致請 懇請。
散善の… →かい散善さんぜん
非人 人間以外の天・竜・しゃなどの鬼神をいう。 →補註8
朽林碩石… 雨を得てもちた林は芽を出すことがなく、 大きな石は中まで潤うことがないという意。
 一般的な諸仏の国土。
 特別な阿弥陀仏の国土。
去行 仏国土に生れるための行。
別行 阿弥陀仏の浄土に往生するための特別な行。
想心 観想する心の働き。
縁慮 観ずる対象をとらえようと思いはかる心。
了々分明 はっきりとあきらかな。
諸師は… 諸師とはじょうようおん天台てんだい大師智顗ちぎ嘉祥かじょう大師吉蔵きちぞう等であるが、 ここではおもに慧遠の ¬観経義疏¼ に見える説を指す。
散善縁 序分じょぶん散善さんぜん顕行けんぎょうえん
道理を… 筋道を立てて論破する。
返対して… 経の文をあげて論破する。
別時の意 →別時意べつじい
二乗種不生 天親てんじん菩薩の ¬浄土論¼ に出る語。 元来はしょうもん縁覚えんがくの二乗の種 (種類) は浄土に往生しないという意。 善導ぜんどう大師はこれを往生人には二乗の心が生じないという意とされた。
諸師の解 具体的には浄影じょうようおん (523-592) の ¬観経義疏¼ の説を指す。
四地・七地 →じゅう
種性 ここではさつの五十二位のうちの十住じゅうじゅうの位のこと。
内凡 ここでは小乗の内凡をいう。 見道けんどう (たいの道理を明瞭にかんざつする位) 直前の善根ぜんごん (なんちょうにんだい一法いっぽう) のこと。
大乗始学の凡夫 十信じっしんの凡夫。 じょうようおん (523-529) は十住以上を菩薩、 十信以下を凡夫とする。 →さつ
法性生身 ほっしょうより生じた身体。
変易生身 菩薩が願力によって現した身体。
分段の苦 六道にりんするぼんが受ける苦しみ。
人法… 人法二空 (人空・法空) をさとるという意。 人空は実体的な自我は存在しないということ。 法空はすべての事物に実体性がないということ。
転変無方 自由自在にすがたを変えて現れるという意。
悲化 慈悲によって教化すること。
経に説きたまふがごとく… 引用は ¬大智度論だいちどろん¼ の取意の文。 ここでは論の文を経の文として引用している。
鵝鴨 がちょうとあひる。 ともに水鳥。
大品経に説きたまふ… 引用は ¬大品だいぼん般若経はんにゃきょう¼ の処々の文を合集したもの。
四趣 四悪趣のことで、 地獄・餓鬼がき畜生ちくしょうしゅをいう。 →悪趣あくしゅ
罪業 →補註6
来報 来世の果報。
生路 往生浄土の路。
諸仏の大悲は… →補註3
常没 (迷いの世界に) 常に沈んでいること。
仏法僧等を念ず 六念ろくねんのこと。
上聖 上位の聖者。
善解 (大乗経典の意を) よく理解すること。
終時の迎候 臨終の際のらいこうのありさま。
大乗心 大乗の菩提心。
去時の迎候 往生する時の来迎のありさま。
過患 つみとが、 あやまち。
小聖 小乗のさとりを得た聖者。
小縁 小乗の縁。
小戒 小乗の戒。
凡・聖 凡夫、 聖者。
道位 菩薩の位。
階降 上下。
善縁 ぜんしきの縁。
常住僧物現前僧物 僧物は出家教団に属する財物・物資。 常住僧物はすべての比丘尼びくにが受用できる教団の共有物 (寺塔・田地などの不動産)。 現前僧物は同一の結界けっかい内の比丘・比丘尼に所属する衣食などの生活資具。
不浄説法 自己の名誉や利益のために教法を説くこと。
下沈 地獄に堕ちること。
七宝来迎す 七宝の蓮台に迎えとられて往生する。 →来迎らいこう
 大乗の縁。
 小乗の縁。
人情 個人的な考え。
聖意 仏のみこころ。
生盲 →補註10
十六観 ¬観経¼ に説かれるじょうぜん十三観と散善さんぜん三観のこと。
常没 (迷いの世界に) 常に沈んでいること。
大小の聖 だいじょう小乗しょうじょうの聖者。
多宝仏 東方宝浄ほうじょう世界の過去仏のこと。 その誓願により、 にゅうめつ後は宝塔中の全身しゃとなり、 ¬きょう¼ の説かれるところに出現して、 同経の教えを讃嘆さんだんするという。 ¬法華経¼ 「見宝塔品」 などに説かれる。
剋成 (仏果を) 成就すること。
功徳雲比丘 ¬ごんぎょう¼ 「にゅう法界品ほっかいぼん」 に説かれる五十三人のぜんしきの第二。
簡異 区別すること。
通論の家 →通論つうろん
遠生 順次の往生ではなく、 遠い未来の往生。
誑言 いつわること。
凡小 愚かな凡夫。
誠言 いつわりのない真実の言葉。
不忍の言 聞くに耐えないような言葉。
知識 ここではどうぎょう、 法友の意。
菩薩の論 ¬摂大乗論しょうだいじょうろん¼ 等の論書。
遠生 順次の往生ではなく、 遠い未来の往生。
 精勤。 つとめはげむこと。
剋せず (しょうぼうであるところの仏果は) 成就しない。
辺方化に… 僻地の者が帰順して国王の支配下に入ることはたやすいが、 国王となるのはむずかしい。
問ひていはく… →補註1
一々の願に… 善導大師は四十八願のすべてに第十八願の意を認める。
上輩の三人 ぼんのうちの上品上生・上品中生・上品下生のこと。
報応の二身 →報身ほうじん応身おうじん
眼目の異名 同一物の異なった名称の意。
前には… ¬しょうだいじょうろん¼ の真諦しんだい訳 (前訳) で三身中第二身を応身と訳しているのを、 だつぎゅう訳 (後訳) では報身と訳したことを指すものか。
因行 仏果を得るための因となる行。
三大僧祇 三大さんだいそうこうの略。 菩薩が修行して仏になるまでのはかりしれない長い時間。
過現 過去と現在。
無窮の八相 十方世界にくまなく八相成道のすがたを示現するという意。 →八相はっそう
小凡 愚かなぼん
涅槃非化品 現行の ¬だいぼん般若はんにゃきょう¼ では 「如化品」 とある。
化人 まぼろしの人。
色・受想行識 →うん
変化 仮にあらわれているもの。
 じっのこと。
誑相 いつわりのすがた。
 本質。 本性。
女人および… →補註10
論教 天親てんじん菩薩の ¬浄土論¼ と ¬観経¼。
消釈 矛盾点を解消して理解すること。
封拙懐迷 つたない考えに固執して迷いをいだくこと。
啓悟 明らかに理解すること。
簡ばず 区別しない。
下の二 下品中生・下品下生を指す。
妨礙 障害。 さまたげ。
小果 小乗のさとり。
 だいじょうのこと。
前の解 下輩についての解釈。
後の解 中輩についての解釈。
 無生法忍のやくを指す。
第七観 華座けざかんのこと。
接足作礼 両手のてのひらに相手の足を受け、 自らの頭につけて頂き拝する礼拝らいはいほう
利益分 ¬観経¼ の得益分とくやくぶんのこと。
廓然 からりと迷いがはれたさま。
光台の…見し時 ¬観経¼ の序分じょぶん欣浄縁ごんじょうえんを指す。
上の文 ¬観経¼ の序分じょぶんじょうぜん観縁かんえんを指す。
前の別請 だいが浄土を観ずる方法の教示を懇請こんせいしたことを指す。
観門 観察かんざつの法門。 じょうぜんかんのこと。
聖力 仏の威神力。
現益 現在に無生法忍のやくを受けること。
掌に機糸を握る ¬観経¼ の全体にわたるということをいったもの。
十有三結 序題じょだいもん釈名しゃくみょうもん・宗教門・説人せつにんもんじょうさんもんもん得益とくやくもんの七門と第六門のしょ師解しげどう返対ほんたいしゅつもんけんしょうべつ時意じいつうじょうしゅしょうの六項を合わせて十三とする。
三たび前の証 「散善義」 末尾に示される三度の霊証。
文前の玄義 経文の解釈に至る以前の奥義。
底本は◎高田派専修寺蔵鎌倉時代刊本。 Ⓐ大谷大学蔵鎌倉時代刊本、 Ⓑ龍谷大学蔵(写字台旧蔵)室町時代刊本、 Ⓒ本派本願寺蔵版¬七祖聖教¼所収本 と対校。 ª全部対校º 辯→Ⓒ辨
→Ⓒ
→Ⓒ
→Ⓒ
→Ⓒ
→Ⓒ
→Ⓒ
→Ⓒ
→Ⓑ
→Ⓐ
→Ⓐ
→Ⓐ
→Ⓐ
→Ⓐ