安楽あんらくぎょうどうてんぎょうがんしょうじょうほうさん かん

*沙門しゃもん*善導ぜんどうしゅう

転経分
  第一段
   

【43】^*こうにゅうもん

 高座入文。

 ^*かくのごとくわれきたてまつりき。 *いちぶつ*しゃこく*じゅきっどくおんにましまして、 だい*比丘びくしゅうせんひゃくじゅうにんとともなりき。

「如↠是我聞マツリキ。一時、仏在シテ↢舎衛国祇樹給孤独園↡、与↢大比丘衆千二百五十人↡倶ナリキ

^みなこれだい*阿羅あらかんなり。 しゅうしきせらる。

皆是大阿羅漢ナリ。衆↢知識↡。

^*ちょうろう*しゃほつ*摩訶まかもくけんれん*摩訶まかしょう*摩訶まか旃延せんえん*摩訶まか倶絺くち*婆多はた*しゅはん陀伽だが*なん*なん*睺羅ごら*きょうぼんだい*びん頭盧ずる羅堕らだ*迦留かる陀夷だい*摩訶まか劫賓こうひん*拘羅くら*楼駄るだ、 かくのごときのもろもろのだい弟子でし

長老舎利弗・摩訶目犍連・摩訶迦葉・摩訶迦旃延・摩訶倶絺羅・離婆多・周利槃陀伽・難陀・阿難陀・羅睺羅・憍梵波提・賓頭盧頗羅堕・迦留陀夷・摩訶劫賓那・薄拘羅・阿楼駄、如↠是大弟子、

^ならびにもろもろの*さつ摩訶まかさつ*文殊もんじゅ師利しり法王ほうおう*いつさつ (弥勒)けんだいさつじょうしょうじんさつ、 かくのごときのもろもろの*だいさつ

菩薩摩訶薩、文殊師利法王子・阿逸多菩薩・乾陀訶提菩薩・常精進菩薩、与↢如↠是大菩薩、

^および*しゃくだい桓因かんいんとうりょう諸天しょてん大衆だいしゅとともなりき」 と。

釈提桓因等無量諸天大衆↡倶ナリキト。」

二 ⅰ
      其一

【44】^*こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくは*おうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^諸仏しょぶつだいしん無二むになり *方便ほうべん*もんひとしくしてことなることなし

諸仏大悲心無二ナリ方便化門等クシテ↠殊コト

^ˆ*しゃくそんはˇ かの*しょうごんしょうてて *八相はっそうげんして*えんでたまふ

テテ↢彼荘厳無八相示現タマフ↢閻浮

^あるいは*しんぎょうげんじて*ものし あるいは*雑類ぞうるいどうじてぼん

↢真形而利↠物↢雑類↡化↢凡愚

^*六道ろくどうわかちてじょうそくすることなし 変現へんげんよろしきにしたがひて*有流うる

チテ↢身六道↡無↢停息コト変現随↠宜キニ↢有流

^有流うるけんしんいちにあらず ゆゑに八万はちまんせんもんあり

有流見解心非↠一↢八万四千門↡

^門々もんもんどうにしてまたべつにあらず 別々べつべつもんかえりてこれどうなり

門門不同ニシテ亦非↠別別別之門還是同ナリ

^どうなるゆゑはすなはちこれ如来にょらい*なり べつなるゆゑはまたこれ慈悲じひしんなり

ナル是如来ナリナル復是慈悲ナリ

^しんをもつて念々ねんねん*三界さんがいえんずるに 人天にんでん*しゅ罪根ざいこんふか

悲心ヲモテ念念ルニ↢三界人天四趣罪根深

^げん諸仏しょぶつみなきたりてすれども *みょう*ごっしょうをもつてあひはず

過現諸仏皆来ドモ無明業障ヲモテ不↢相

^*ざんしゃぜいおもくして *しゃ*じゅうあくそうてたまはざることを

慚愧 釈迦弘誓重クシテコトヲ↠捨タマハ↢娑婆十悪

^まれどうじょうひて*じょうく *じんげてながきて*煩篭ぼんろうでん

↢道場↡聞↢浄土↠神↢煩篭

^衆等しゅとう しょうしんしともにたんして こうりてつねに*ようしたてまつれ

衆等傷心悲嘆↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。

 高接↠下

二 ⅰ Ⅱ 其二

【45】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^しゃ如来にょらい*しょうがくじょうじてより *じゅうさい*しゅじょうしたまふ

釈迦如来成テヨリ↢正覚四十九載度タマフ↢衆生

^天竺てんじくこく (印度) にみなぎょうずるに じゃ**どうことごとく*しゅう

五天竺国皆行ルニ↠化邪魔・外道尽帰宗

^てんじょうてんぶつぎたるはなし *慈悲じひをもつてすくひたまふ じつひがたし

天上天下↠過タルハ↠仏慈悲ヲモテタマフ↠苦↠逢

^あるいは*神光じんこうはなちて六道ろくどうへんす *光触こうそくこうむるものはしんおこ

↢神光↡遍↢六道↢光触↡者↢慈心

^あるいはじゅうし あるいはきたるに みなことごとくやくす *さんながえて*追尋ついじんだん

ルニ 皆尽三塗永↢追尋

^あるいはだいせんかいふるふ *もうみょうしんいまだふかからざるをかくせしめんがためなり

↢大地・山・河・海ナリ↠覚シメムガ↢萌冥信未ルヲ↟深カラ

^あるいはみづからほうきておしへてあひすすめ 展転てんでんしてあひ*法林ほうりんらしむ

↠法展転シム↢法林

^法林ほうりんはすなはちこれ弥陀みだこくなり しょうようらくしてあひおかさず

法林是弥陀国ナリ逍遥快楽不↢相

^衆等しゅとう しんかたむけてみなかんとがんじて こうりてつねにようしたてまつれ

衆等傾↠心皆願↠往ムト↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。

 高接↠下

二 ⅰ Ⅱ 其三

【46】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^如来にょらいきょうぼうもと無二むになり まさしくしゅじょう*どうなるがために

如来教法元無二ナリ↢衆生機不同ナルガ

^*一音いっとんをもつて演説えんぜつしたまふに *えんしたがひてさとる *残結ざんけつとどめずして*しょうくうしょう

一音ヲモテ演説タマフニ↠縁シテ↠留↢残結↡証↢生空

^あるいは*神通じんずうげんじ あるいはほうく あるいはどうぶくしてしょうめっ

↢神通↡ 或↠法↢外道↡滅↢魔蹤

^みづから一身いっしんして*ばくまぬかるといへども しんのあまねくやくすることえてこうなし

↢一身↡雖↠免ルト↠縛悲心コト↠功

^*しんめっ無余むよしょうなれども まん*ごうきてまたしんしょう

灰身滅智無余ナレドモ二万劫尽復生↠心

^しょうしん覚動かくどうしてまたげんずれば 諸仏しょぶつおしへて*だいじょうおこさしむ

生心覚動身還レバ諸仏先シム↢大乗

^*衆等しゅとう しんしてじょうしょうぜんとして こうりてつねにようしたてまつれ

衆等廻↠心ムトシテ↢浄土↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

二 ⅰ Ⅱ 其四

【47】^こうぎてさんじていへ。

 高接↠下

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^*さつ大衆だいしゅ*央数おうしゅなり 文殊もんじゅ師利しりもつともそんたり

菩薩大衆無央数ナリ文殊師利最↠尊

^だい慈悲じひおこしてぎょうぎょうじ *がんせずしてしゅじょう

↢大慈悲↡行↢苦行シテ↠違↢弘願↡度↢衆生

^あるいはじょうこうしょうごんそうげんじ あるいはじょうこうしょうごんげん

↢上好荘厳↢上好荘厳

^*含霊がんれい*けんしてみなよろこびをしょうず ためにみょうほうきて*真門しんもんらしむ

含霊覩見皆生↠喜ビヲ↢妙法↡入シム↢真門

^十方じっぽう仏国ぶっこくみないたり ぶつ神光じんこうたすけて*法輪ほうりんてん

十方仏国身皆到↢仏↡転↢法輪

^衆等しゅとう しんしてじょうしょうぜんとして こうりてつねにようしたてまつれ

衆等廻↠心ムトシテ↢浄土↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。

 高接↠下

二 ⅰ Ⅱ 其五

【48】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^ぶつ*しょうもんさつしゅ おなじく*しゃあそ*おんじゅう

与↠仏声聞・菩薩衆↢舎衛↡住↢祇園

^さん六道ろくどうたんとがんじて *しょうじょうもん開顕かいけんしたまふ

↧閉↢三塗↡絶ムト↦六道開↢顕タマフ無生浄土

^人天にんでん大衆だいしゅみならいじゅうして 尊顔そんげん*瞻仰せんこうして*もん

人天大衆皆来集瞻↢仰尊顔↡聴↢未聞

^ぶつたてまつりきょうきておなじくさとり *ひつみょうしんかたむけて宝蓮ほうれん

マツリ↠仏↠経得↠悟畢命↠心↢宝蓮

^ちかひて弥陀みだ*あんにょうかいいたり *こく還来げんらいして人天にんでんせん

↢弥陀安養界還↢来穢国↡度人天

^ねがはくはわが慈悲じひ際限さいげんなくして じょうじょうごう*おんほうぜん

クハ慈悲無クシテ↢際限↡長時長劫↢慈恩

^衆等しゅとう しんしてじょうしょうぜんとして こうりてつねにようしたてまつれ

衆等廻↠心ムトシテ↢浄土↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。 こうぎてさんじていへ。

 高接↠下。 下接↠高

第二段
   

【49】^こうにゅうもん

 高座入文。

 ^そのときぶつちょうろうしゃほつげたまはく、 これより西方さいほう*じゅう万億まんおくぶつぎてかいあり、 づけて*極楽ごくらくといふ。 そのぶつまします、 *弥陀みだごうす。 いまげんにましましてほうきたまふ。

「爾仏告タマハク↢長老舎利弗↡、従↠是西方↢十万億仏土↡有↢世界↡、名↢極楽↡。其↠仏、号↢阿弥陀↡。今現シテタマフ↠法

^しゃほつ、 かのをなんがゆゑぞづけて極楽ごくらくとなす。 そのくにしゅじょう、 もろもろのあることなく、 ただもろもろのらくく。 ゆゑに極楽ごくらくづく」 と。

舎利弗、彼↢極楽↡。其衆生無↠有コト↢衆苦↡、但受↢諸↡。故クト↢極楽↡。」

二 ⅱ

【50】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^人天にんでん大衆だいしゅみな*にょうして しんかたむけて*がっしょうしてきょうかんとがん

人天大衆皆囲繞↠心合掌↠聞ムト↠経

^ぶつ (釈尊) *ぼんしょうとをりたまひて すなはち*しゃげて用心ようじんしてかしめたまふ

仏知タマヒテ↢凡聖トヲ↢舎利↡用心シメタマフ

^一切いっさいぶつみなごんじょうなれども ぼん乱想らんそうおそらくはしょうじがたければ

一切仏土皆厳浄ナレドモ凡夫乱想恐レバ↠生

^如来にょらい (釈尊) べっして西方さいほうくにしたまふ 「これよりじゅう万億まんおくちょうせり

如来別タマフ↢西方↠是超↢過セリ十万億

^*七宝しっぽう*しょうごんもつともしょうたり *しょうじゅ人天にんでん寿じゅみょうなが

七宝荘厳最↠勝聖衆人天寿命長

^ぶつ弥陀みだごうす つねにほうきたまふ 極楽ごくらくしゅじょうさわりおのづからもうず」 と

↢弥陀↡ 常タマフ↠法極楽衆生障自ズト

^衆等しゅとう しんしてかしこにしょうぜんとがんじて こうりてつねにようしたてまつれ

衆等廻↠心↠生ムト↠彼↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。 こうぎてさんじていへ。

 高接↠下。 下接↠高

第三段
   

【51】^こうにゅうもん

 高座入文。

 ^またしゃほつ極楽ごくらくこくにはしちじゅう*らんじゅんしちじゅう*もうしちじゅう*行樹ごうじゅあり。 みなこれ*ほうをもつて*しゅうそうにょうせり。

「又舎利弗、極楽国土ニハ七重欄楯・七重羅網・七重行樹アリ。皆是四宝ヲモテ周帀囲繞セリ

^このゆゑにかのくにづけて極楽ごくらくといふ」 と。

フト↢極楽↡。」

二 ⅲ
      其一

【52】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^三界さんがいしゅじょう智慧ちえなし *惛々こんこんとして六道ろくどうのうちに

三界衆生↢智慧↡惛惛トシテ六道↠身

^諸仏しょぶつしんをもつてためにほうきたまへども *聾盲ろうもう*觝突たいとつともかず

諸仏慈心ヲモテタマヘドモ↠法聾盲觝突不↠聞

^たちまちにじょうきたむれば しょうじん錯乱さくらんしてはじめて*きょうもう

忽爾タチマチ無常苦来レバ精神錯乱驚忙

^*まんさんみなしゃし 専心せんしん*発願ほつがんして西方さいほうかへ

万事家生皆捨離専心発願↢西方

^弥陀みだ*みょうごう相続そうぞくしてねんずれば ぶつさつ眼前げんぜんつらなりたまふ

弥陀名号相続レバ化仏・菩薩眼前ツラナリタマフ

^あるいは*だいあたへ あるいはさずけ *しゅいのちきぬれば ぶつむかたまふ

↢華台↡ 或↠手須臾命尽ヌレバ 仏迎タマフ

^衆等しゅとう しんしてみなかんとがんじて こうりてつねにようしたてまつれ

衆等廻↠心皆願↠往ムト↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。

 高接↠下

二 ⅲ Ⅱ 其二

【53】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^*りゃくこうよりこのかたいまだ聞見もんけんせず 西方さいほうじょうほうしょうごん

歴劫ヨリ已来↢聞見西方浄土宝荘厳

^じょうくうにみな*遍満へんまんして *しゅ宝網ほうもうひゃくせんじゅうなり

地上・虚空皆遍満珠羅宝網百千重ナリ

^一々いちいち*もう珍宝ちんぽうむすび *玲瓏れいろうたる雑色ざっしきことごとくひかりかがやかす

一一網羅結↢珍宝玲瓏タル雑色尽カス↠光

^宝樹ほうじゅじょうそうまじはり *行々ごうごうしょうじきにしてたくみにあひあたれり

宝樹枝条異相マジハ行行整直ニシテレリ

^これはこれ弥陀みだがんりきなり すいへんにして*湛然たんねんとしてじょうなり

是弥陀悲願力ナリ無衰無変ニシテ湛然トシテナリ

^衆等しゅとう しんしてみなかんとがんじて こうりてつねにようしたてまつれ

衆等廻↠心皆願↠往ムト↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。 こうぎてさんじていへ。

 高接↠下。 下接↠高

第四段
   

【54】^こうにゅうもん

 高座入文。

 ^またしゃほつ極楽ごくらくこくには七宝しっぽういけあり。 *はっどくすいそのなかにじゅうまんせり。 いけそこにはもつぱら金沙こんしゃをもつてけり。

「又舎利弗、極楽国土ニハ↢七宝池↡。八功徳水充↢満セリ↡。池ニハ↢金沙↡布↠地

^へん*階道かいどうこんごん*瑠璃るり*玻瓈はりをもつてごうじょうせり。 うえ*楼閣ろうかくあり。 また*こんごん瑠璃るり玻瓈はり*しゃ*しゃくしゅ*のうをもつて、 これを*厳飾ごんじきす。

四辺階道金・銀・瑠璃・玻瓈ヲモテ合成セリ。上↢楼閣↡。亦以↢金・銀・瑠璃・玻瓈・硨磲・赤珠・碼碯↡而厳↢飾↡。

^いけのなかの*れんおおきさ車輪しゃりんのごとし。 しょうしきにはしょうこうおうしきにはおうこうしゃくしきにはしゃくこうびゃくしきにはびゃくこうあり。 みょう香潔こうけつなり。

蓮華大↢車輪↡。青色ニハ青光、黄色ニハ黄光、赤色ニハ赤光、白色ニハ白光アリ。微妙香潔ナリ

^しゃほつ極楽ごくらくこくにはかくのごときどくしょうごんじょうじゅせり」 と。

舎利弗、極楽国土ニハ成↢就セリ↠是功徳荘厳↡。」

二 ⅳ

【55】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^極楽ごくらくかいひろくして清浄しょうじょうなり じょうしょうごんはかるべきことかた

極楽世界クシテ清浄ナリ地上荘厳難↠可キコト↠量

^*はっこうながれて*遍満へんまんす そこける金沙こんしゃ らすにこうあり

八功香池流遍満金沙 照スニ異光アリ

^へん階道かいどう一色いっしきにあらず がんじょう*じゅうろうひゃくまんごうなり

四辺階道非↢一色岸上重楼百万行ナリ

^真珠しんじゅのうあひ*映飾ようじきし しゅれんひらけてすなはちこうばし

真珠・碼碯相映飾四種蓮華開バシ

^十方じっぽう人天にんでんしょうずることをるものは おのおの*いっして*しんじょう

十方人天得↠生コトヲ↢一箇↡聴↢真常

^このゆゑにかのくに極楽ごくらくづく 衆等しゅとう はなしてきたりてようしたてまつれ

↢極楽衆等持↠華供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。 こうぎてさんじていへ。

 高接↠下。 下接↠高

第五段
   

【56】^こうにゅうもん

 高座入文。

 ^またしゃほつ、 かの仏国ぶっこくにはつねに*てんがくをなす。

「又舎利弗、彼仏国土ニハ↢天↡。

^黄金おうごんをもつてとなし、 ちゅう*ろくてん*まん陀羅だらあめふらす。

黄金ヲモテ↠地、昼夜六時ラス↢天曼陀羅華↡。

^そのくにしゅじょう、 つねに*しょうたんをもつて、 おのおの*こくをもつてもろもろのみょうれて、 ほうじゅう万億まんおくぶつようしたてまつる。 すなはち*じきをもつて本国ほんごくかえいたりて、 飯食ぼんじき*経行きょうぎょうす。

衆生常↢清旦↡、各↢衣裓イレ↢衆妙華↡、供↢養マツル他方十万億↡。即↢食時↡還↢到本国↡、飯食経行

^しゃほつ極楽ごくらくこくにはかくのごときどくしょうごんじょうじゅせり」 と。

舎利弗、極楽国土ニハ成↢就セリト↠是功徳荘厳↡。」

二 ⅴ

【57】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^弥陀みだ仏国ぶっこくはもつともしょうたり 広大こうだい*かんぴょうにしてじつにこれ*しょうなり

弥陀仏国↠勝広大寛平ニシテ是精ナリ

^天楽てんがくおんじょうつねに遍満へんまんす 黄金おうごんをもつてとなしてちんまじへたり

天楽音声常遍満黄金ヲモテシテ↠地マジヘタリ↢奇珍

^ちゅうろくはなおのづからさんず 法音ほうおんつねにきてねん

昼夜六時華自法音常自然

^かのくにしゅじょうはさらになし こくはなれて十方じっぽうけい

衆生↠事衣裓↠華↢十方

^*一々いちいちしんじょうしてようしゅするに *塵労じんろうじゅうながしょうもう

一一親承ルニ↢供養塵労垢習永消亡

^種々しゅじゅしんしたがひみなこころかなひて やくせざるはなし これしんじょうなり

種種↠心皆称↠意↠不ルハ↢利益↡ 是真常ナリ

^たちまちに*とうして本国ほんごくかえり 飯食ぼんじきして七宝しっぽうだい経行きょうぎょう

欻爾タチマチ飛騰↢本国飯食経↢行七宝

^衆等しゅとう しんかたむけてみなかんとがんじて こうりてつねにようしたてまつれ

衆等傾↠心 皆願↠往ムト↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。 こうぎてさんじていへ。

 高接↠下。 下接↠高

第六段
   

【58】^こうにゅうもん

 高座入文。

 ^またつぎしゃほつ、 かのくににはつねに種々しゅじゅみょうなる雑色ざっしきとりあり。 *びゃっこうじゃくおう*しゃ*りょうびん*みょうとりなり。 このもろもろのしゅちょうちゅうろく*和雅わげこえいだす。 そのこえ*こん*りき*しちだいぶん*はっしょうどうぶん、 かくのごときほう*えんちょうす。

「復次舎利弗、彼ニハ↢種種奇妙ナル雑色之鳥↡。白鵠・孔雀・鸚鵡・舎利・迦陵頻伽・共命之鳥ナリ。是衆鳥昼夜六時↢和雅↡。其音演↢暢根・五力・七菩提分・八聖道分、如↠是↡。

^そのしゅじょうこのこえきをはりて、 みなことごとくぶつねんほうねんそうねんず。

衆生聞↢是↡已、皆悉↠仏↠法↠僧

^しゃほつ、 なんぢこのとりじつにこれ罪報ざいほうしょしょうなりとおもふことなかれ。 所以ゆえんはいかん。 かの仏国ぶっこくには*さん悪趣まくしゅなければなり。 しゃほつ、 その仏国ぶっこくにはなほ*さん悪道まくどうすらなし、 いかにいはんや*じつあらんや。 このもろもろのしゅちょうは、 みなこれ弥陀みだぶつ法音ほうおん*せんせしめんとほっして、 へんしてなしたまふところなり。

舎利弗、汝勿↠謂コト↢此是罪報所生ナリト↡。所以者何。彼仏国土ニハレバナリ↢三悪趣↡。舎利弗、其仏国土ニハ尚無↢三悪道之名スラ↡、何ムヤ↠実。是衆鳥、皆是阿弥陀仏欲↠令ムト↢法音宣流↡、変化ナリ↠作タマフ

^しゃほつ、 かの仏国ぶっこくにはふうきて、 もろもろの*ほう行樹ごうじゅおよび*ほうもううごかすに、 みょうこえいだす。 たとへばひゃくせんじゅがくどうにともになすがごとし。

舎利弗、彼仏国土ニハ微風吹、動スニ↢諸宝行樹及宝羅網↡出↢微妙↡。譬↢百千種同時スガ↡。

^このこえくもの、 みなねんぶつねんほうねんそうねんずるしんしょうず。

↢是↡者、皆自然↢念↠仏↠法↠僧之心↡。

^しゃほつ、 その仏国ぶっこくにはかくのごときどくしょうごんじょうじゅせり」 と。

舎利弗、其仏国土ニハ成↢就セリト↠是功徳荘厳↡。」

二 ⅵ
      其一

【59】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^どうじょう清浄しょうじょうにしてまれにしてがたし 弥陀みだじょうはなはだきがたし

道場清浄ニシテニシテ↠見弥陀浄土甚↠聞

^きがたくがたくしていまふことをり *如説にょせつしゅぎょうしてこころをもつぱらにしてもつぱらにせん

↠聞クシテ↠見今得タリ↠会コトヲ如説修行ニシテ↠意ニセム

^ねがはくはぶつ慈悲じひはるかに*しょうじゅして りんじゅうほうそのまえげんじたまへ

クハ慈悲遥摂受臨終宝座現タマヘ↢其

^すでにだいしんやくし ぶつしたがひて*しょうようしてねん

↢華台↡心踊躍↠仏逍遥↢自然

^ねんはすなはちこれ弥陀みだこくなり 無漏むろしょうにしてまたすなはちしんなり

自然是弥陀国ナリ無漏無生ニシテナリ

^*ぎょうらいしん つねにぶつしたがひて *無為むいほっしょうしんしょうとく

行来進止 常↠仏証↢得無為法性

^衆等しゅとう しんしてみなかんとがんじて こうりてつねにようしたてまつれ

衆等廻↠心皆願↠往ムト↢香華供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。

 高接↠下

二 ⅵ Ⅱ 其二

【60】 ^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^極楽ごくらくしょうごん雑宝ざっぽうまじへたり じつにこれ*希奇けきにしてもん

極楽荘厳マジヘタリ↢雑宝是希奇ニシテ↢未聞

^*ほうちょう くうのぞみて*ぶつさんず 文々もんもん句々くく あひおな

宝鳥臨↠空↢仏会文文句句 理相

^ちゅうこえつらねてむことあることなし *哀婉あいえんりょうにして人心にんしんおこ

昼夜↠声↠有コト↠息コト哀婉雅亮ニシテ↢人心

^あるいはこんしち覚分かくぶんき あるいは*はっしょう慈悲じひもん

↢五根・七覚分↢八聖慈悲門

^あるいはほう悪道あくどうはなるることをき あるいはごく人天にんでんふうずることを

↣他方コトヲ↢悪道↣地獄コトヲ↢人天

^あるいはじょうぎょうしゅすることをき あるいは*じょうだいいん

↣長時コトヲ↢苦行↢無上菩提

^あるいは*散善さんぜん波羅はらみつき あるいは*じょうをもつて深禅じんぜんることを

↢散善波羅蜜↣定慧ヲモテコトヲ↢深禅

^さつしょうもんこのほうきて 処々しょしょ分身ぶんしんして*法輪ほうりんてん

菩薩・声聞聞↢此処処分身↢法輪

^衆等しゅとう しんしてみなかんとがんじて こうりてつねにようしたてまつれ

衆等廻↠心皆願↠往ムト↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。

 高接↠下

二 ⅵ Ⅱ 其三

【61】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^極楽ごくらくしょうごん三界さんがいで にんてん雑類ぞうるいひとしくして*無為むいなり

極楽荘厳↢三界人天雑類等クシテ無為ナリ

^*法蔵ほうぞう*いんこうがんぎょうじ もしわれぶつ希奇けきげんぜんと

法蔵↢因広弘願モシ我得↠仏ムト↢希奇

^あるいは*ちょうしんげんじてよくほうき あるいは*しょうげんじてよくおう

↢鳥身↡能↠法↢無請↡能↠機

^あるいは*微波みはをしてみょうこういださしめ あるいは林樹りんじゅをして慈悲じひさんぜしめ

使↣微波ヲシテ↢妙響使↣林樹ヲシテ↢慈悲

^あるいは風光ふうこうをしてあひおうじてどうぜしめ あるいはもうをしておんかしめん

使↢風光ヲシテメム↣羅網ヲシテ↢音辞

^一切いっさいしょうごんこえ*遍満へんまんし 恒沙ごうじゃ*天楽てんがくおのづからときによる

一切荘厳声遍満恒沙天楽自↠時

^*ほうぼんしょうたぐいかんがために ことさらにぶつこの思議しぎげんじたまふ

↠引ムガ↢他方凡聖

ラニ仏現タマフ↢此不思議

^われらこれをきていよだつ ほねくだきて*阿弥あみ*慚謝ざんしゃ

我等聞↠之イヨダ↠骨慚↢謝阿弥師

^一たびけてせんしょうにしていのちしまざれば しゅにすなはち ˆじょうにˇ いたる あにおそしとせんや

タビ専精ニシテレバ↠惜↠命須臾ムヤ↠遅シト

^衆等しゅとう しんしてみなかんとがんじて こうりてつねにようしたてまつれ

衆等廻↠心皆願↠往ムト↢香華↡常供養マツレ

二 ⅵ Ⅱ 其四

 ^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

【62】^こうぎてさんじていへ。

 高接↠下

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^弥陀みだ仏国ぶっこくはまことにごんじょうなり *三悪さんまく六道ろくどうながすらなし

弥陀仏国厳浄ナリ三悪・六道永↠名スラ

^事々じじしょうごんるべきことかたし 種々しゅじゅみょうにしてはなはだしょうたり

事事荘厳難↠可キコト↠識種種妙微ニシテ↠精

^はるかに*かんぴょうにして衆宝しゅほうまじはり 一々いちいちおなじく耀かがやきてひゃくひかりあり

地迥寛平ニシテ衆宝マジハ一一耀五百アリ

^一々いちいちひかりほうだいとなる 一々いちいちじょうひゃくせんどうあり

一一光成↢宝台座一一座上百千アリ

^千堂せんどうぶつ *塵沙じんじゃあり しゅじょうるものともにあひはか

千堂化仏 塵沙アリ衆生入者共

^しゅおんじょうくうあそびててんじ *てんどうこうさん

無数音声遊↠空化天童子散↢華香

^ちゅうろく間息けんそくすることなし じょうくうはかるべきことかた

昼夜六時↢間息コト地上・虚空難↠可キコト↠量

^*八徳はっとくこうこころしたがひてる *かんちゅうすることひとによりて浅深せんじんなし

八徳香池↠意潅注コト↠人↢浅深↡

^あるいはで あるいはもっ*三禅さんぜんらくなり *徐々じょじょとしてあひばひて*檀林だんりん

三禅ナリ徐徐トシテヒテ↢檀林

^檀林だんりんにはほう行々ごうごうとしてわかれたり しょうじゅはなほ日月にちがつゆるがごとし

檀林ニハ宝座行行トシテレタリ聖衆猶若↠超ルガ↢日月

^日月にちがつはすなはちこれじょうこうなり あるいはし あるいはりゅうし あるいはほうするに

日月是長時劫ナリ遊方ルニ

^いたところにはただじょうほうのみをきて ながぼんしょうわざわい

ニハ唯聞↢無上ノミヲ↢凡夫生死

^このゆゑにかのくに安楽あんらくづく 衆等しゅとう しんしておうじょうがんぜよ

↢安楽衆等廻↠心↢往生

^かのくにおうじょうしぬればなし こうりてつねにようしたてまつれ

往↢生ヌレバ↡無↢余事↡↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。 こうぎてさんじていへ。

 高接↠下。 下接↠高

第七段
   

【63】^こうにゅうもん

 高座入文。

 ^しゃほつ、 なんぢがこころにおいていかん、 かのぶつをなんがゆゑぞ弥陀みだごうする。

「舎利弗、於↢汝↡云何、彼スル↢阿弥陀↡。

^しゃほつ、 かのぶつこうみょうりょうにして十方じっぽうくにらすに、 *しょうするところなし。 このゆゑにごうして弥陀みだとなす。

舎利弗、彼光明無量ニシテスニ↢十方↡、無↠所↢障礙↡。是↢阿弥陀↡。

^またしゃほつ、 かのぶつ寿じゅみょうおよびその人民にんみん ˆの寿じゅみょうˇりょうへん*そうこうなり。 ゆゑに弥陀みだづく。

又舎利弗、彼寿命及人民無量無辺阿僧祇劫ナリ。故↢阿弥陀↡。

^しゃほつ弥陀みだぶつは、 じょうぶつよりこのかたいまに*十劫じっこうなり。

舎利弗、阿弥陀仏、成仏ヨリ於今十劫ナリ

^またしゃほつ、 かのぶつりょうへんしょうもん弟子でしあり、 みな阿羅あらかんなり。 これ*算数さんじゅのよくるところにあらず。 もろもろのさつしゅもまたかくのごとし。

又舎利弗、彼↢無量無辺声聞弟子↡、皆阿羅漢ナリ。非↣是算数之所↢能↡。諸菩薩衆亦復如↠是

^しゃほつ、 かのぶつこくには、 かくのごときどくしょうごんじょうじゅせり」 と。

舎利弗、彼国土ニハ成↢就セリト↠是功徳荘厳↡。」

二 ⅶ
      其一

【64】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^ˆ弥陀みだぶつはˇ はんてつねにじゅうす 寿じゅみょうえんちょうにしてはかるべきことかた

果得↢涅槃↡常↠世寿命延長ニシテ↠可キコト↠量

^千劫せんごう万劫まんごう恒沙ごうじゃこう・ *ちょうさい永劫ようごうにしてまた*おうなり

千劫・万劫・恒沙劫・兆載永劫ニシテ亦無央ナリ

^ひとたびしてうつることなくまたどうなり *さいてつして身光しんこうはな

タビ↠移コト亦不動ナリ徹↢窮後際↡放↢身光

^*りょう相好そうごうしん金色こんじきなり *巍々ぎぎとしてひとしてしゅじょう

霊儀相好真金色ナリ巍巍トシテ↢衆生

^十方じっぽうぼんしょう専心せんしんかへば ˆ弥陀みだぶつはˇ わかつかはしてきてあひむかへしめたまふ

十方凡聖専心ヘバ↠身シテ↠化シメタマフ

^一念いちねんくうじょうじて*ぶつれば 身色しんじき寿じゅみょうことごとくみなひと

一念↠空↢仏会身色・寿命尽ヒト

^衆等しゅとう しんしてみなかんとがんじて こうりてつねにようしたてまつれ

衆等廻↠心皆願↠往ムト↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。

 高接↠下

二 ⅶ Ⅱ 其二

【65】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^かのぶつ*いんよりぎょうぎょうじ *ゆうみょうせんしょうにして退たいするときなし

↠因行↢苦行勇猛専精ニシテ↢退時↡

^ひとたびしてひゃくこうじょうこう なしがたきをよくなしてつかれをしょうぜず

タビ百劫・長時劫キヲ↠作不↠生↠疲

^*自利じり利他りたおなじくあくだんず 怨憎おんぞうてざるはだいによる

自利利他同↠悪ルハ↠捨↢怨憎↡由↢大悲

^*しき含霊がんれいみなあまねくす 同因どういんどうぎょうだいいた

有識含霊皆普同因同行至↢菩提

^誓願せいがんして清浄しょうじょうしょうごんす 見聞けんもんかんして無為むいしょう

誓願荘↢厳清浄見聞歓喜↢無為

^衆等しゅとう しんしてみなかんとがんじて こうりてつねにようしたてまつれ

衆等廻↠心皆願↠往ムト↢香華↡常供養マツレ

二 ⅶ Ⅱ 其三

【66】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^弥陀みだ*しゅ*しんあたりて だいひとりはるかにもつとも*しょうたり

弥陀化主当↠心華台独↠精

^ひゃくおく*摩尼まに 雑宝ざっぽうまじへたり *葉々ようようしょうごんそうおのづからなる

百億摩尼マジヘタリ↢雑宝葉葉荘厳相

^*しょうよりこのかた十劫じっこうたり しん*法界ほうかいえんじてこうらす

正坐ヨリ已来タリ↢十劫↢法界↡照↢慈光

^光触こうそくこうむるものは塵労じんろうめっし りんじゅうぶつたてまつりて西方さいほう

↢光触↡者塵労滅臨終マツリテ↠仏↢西方

^かしこにいたりてはなひらけて*だいる みょう*煩悩ぼんのうねんもう

↠彼華開ケテ↢大会無明煩悩自然

^*さんみょうねんなるは仏願ぶつがんじょうずればなり しゅがっしょうして神通じんずう

三明自然ナルハレバナリ↢仏願須臾合掌得↢神通

^かのぶつしょうもんさつしゅは *塵沙じんじゃのごとくして*算数さんじゅまたきわめがたし

声聞・菩薩衆塵沙ノゴトクシテ算数亦難↠窮

^ねがはくはわれこんじょうにつとめてこころおこして ひつみょうにかのしょうにんあつまりかん

クハ我今生メテ↠意畢命↢彼聖人アツマリ

^衆等しゅとう しんかたむおうじょうがんじて こうりてつねにようしたてまつれ

衆等傾↠心↢往生↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。 こうぎてさんじていへ。

 高接↠下。 下接↠高云。

第八段
   

【67】^こうにゅうもん

 高座入文。

 ^またしゃほつ極楽ごくらくこくにはしゅじょうしょうずるもの、 みなこれ*阿鞞あびばっなり。

「又舎利弗、極楽国土ニハ衆生生者、皆是阿鞞跋致ナリ

^そのなかにおお*いっしょうしょ ˆのさつˇ あり。 そのかずはなはだおおし。 これ算数さんじゅのよくこれをるところにあらず。 ただりょうへんそうこうをもつてくべし。

↢一生補処↡。其数甚。非↣是算数↢能↟之。但可↧以↢無量無辺阿僧祇劫↡説↥。

^しゃほつしゅじょうくものは、 まさに発願ほつがんしてかのくにしょうぜんとがんずべし。 所以ゆえんはいかん。 かくのごときもろもろのじょう善人ぜんにん*とも一処いっしょすることをればなり。

舎利弗、衆生聞、応↢発願↟生ムト↢彼↡。所以者何。得レバナリ↧与↢如↠是上善人↡倶コトヲ↦一処↥。

^しゃほつ*しょう善根ぜんごん福徳ふくとく因縁いんねんをもつてかのくにしょうずることをべからず」 と。

舎利弗、不↠可↧以↢少善根福徳因縁↡得↞生コトヲ↢彼↡。」

二 ⅷ
      其一

【68】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^しゃ如来にょらい しん (舎利弗)げたまふは すなはちこれあまねくしゅじょうげたまふなり

釈迦如来告タマフハ↢身子是普タマフナリ↢苦衆生

^しゃ六道ろくどうやすところにあらず 冥々みょうみょうたる*じょうやみのなかに

娑婆六道↢安冥冥タル長夜

^*しょうどうすれどもあひらず ややもすれば*瞋毒しんどくしょうじてみょうたたかはしむ

聖化同居レドモ不↢相ヤヤモスレ↢瞋毒↡闘シム↢無明

^このみょうのために六道ろくどうつながれ 愛憎あいぞうこうしていづれのときにかたいらかならん

↢此無明↡繋↢六道愛憎高下ニカナラム

^すでに善業ぜんごうしょうはらふなし *とんによりてつみつくりていまだしんおどろかず

↣善業↢生死↠貪↠罪↢心驚

^このにんつつめる*こつたぶらかされて さんにみづからることあらそふべからず

タブラカサレテ↢此人皮ツツメ驢骨三塗コト不↠須↠争

^われらこれをきて心髄しんずいいたむ 誓願せいがんしてたちまちにけんえいてん

我等聞↠之心髄痛誓願↢世間

^あまねくねがはくはしんしてじょうしょうぜんとして こうりてつねにようしたてまつれ

クハ↠心ムトシテ↢浄土↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。

 高接↠下

二 ⅷ Ⅱ 其二

【69】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^しゃはきはめてにして*しょうじょにあらず 極楽ごくらく無為むいにしてじつにこれ*しょうなり

娑婆ニシテ↢生処極楽無為ニシテ是精ナリ

^ぼんともにして退たい 阿鞞あびばっはすなはちしょうなり

九品倶↢不退阿鞞跋致無生ナリ

^ただ*しょしょう*限極げんごくなきのみにあらず じゅう以下いげ*こうにもきわめがたし

↣直初生キノミニ↢限極↡十地已下ニモ↠窮

^かくのごときものだい海塵かいじん恒沙ごうじゃなり えんいたればそのなかに

キモノ↠此大海塵恒沙ナリ有縁到者入↢其

^*しゅ威儀いぎにつねにぶつたてまつり *ぎょうらいしん 神通じんずう

四種威儀マツリ↠仏行来進止駕↢神通

^*六識ろくしきじゅうおうにしてねんさとり いまだりょう一念いちねんこうによらず

六識縦横ニシテ自然↠藉↢思量一念

^あまねく*どうしょうぜんしきすすむ 専心せんしんせんちゅうして西方さいほう

↢同生善知識専心専注↢西方

^衆等しゅとう しんしてみなかんとがんじて こうりてつねにようしたてまつれ

衆等廻↠心皆願↠往ムト↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

第九段
   

【70】^こうにゅうもん

 高座入文。

 ^しゃほつ、 もし善男ぜんなん善女ぜんにょにんありて、 弥陀みだぶつくをきて、 みょうごう*しゅうすること、 もしは一日いちにち、 もしはにち、 もしは三日さんにち、 もしはにち、 もしはにち、 もしは六日ろくにち、 もしは七日しちにち一心いっしんにしてみだれざれば、

「舎利弗、若↢善男子・善女人↡、聞↠説クヲ↢阿弥陀仏↡、執↢持コト名号↡、若一日、若二日、若三日、若四日、若五日、若六日、若七日、一心ニシテレバ↠乱

^そのひと命終みょうじゅうときのぞみて、 弥陀みだぶつ、 もろもろのしょうじゅげんじてそのまえにまします。 このひとおわときしん顛倒てんどうせずして、 すなはち弥陀みだぶつ極楽ごくらくこくおうじょうすることを

人臨↢命終↡、阿弥陀仏、与↢諸聖衆↡現↢其↡。是人終時、心不シテ↢顛倒↡即得↣往↢生コトヲ阿弥陀仏極楽国土↡。

^しゃほつ、 われこのるがゆゑに、 このごんく。 もししゅじょうありてこのせつかんものは、 まさに発願ほつがんしてかのこくしょうずべし」 と。

舎利弗、我見ルガ↢是↡故↢此↡。若↢衆生↡聞↢是↡者、応↣発願↢彼国土↡。」

二 ⅸ
      其一

【71】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^極楽ごくらく無為むいはんさかいなり *随縁ずいえんぞうぜんおそらくはしょうじがたし

極楽無為涅槃ナリ随縁雑善恐↠生

^ゆゑに如来にょらい (釈尊) *要法ようぼうえらびて おしへて弥陀みだねんぜしむることもつぱらにしてまたもつぱらならしむ

使↧如来選↢要法シムルコト↢弥陀↡専ニシテ復専ナラ

^七日しちにちしち しん*けんに じょう*ぎょうもますますみなしかなり

七日七夜心無間長時起行皆然ナリ

^りんじゅうしょうじゅ はなしてげんず 身心しんしん*やくして金蓮こんれん

臨終聖衆持↠華身心踊躍↢金蓮

^するときすなはち*しょうにん 一念いちねんむか仏前ぶつぜんいた

時即得↢無生忍一念↢仏前

^*法侶ほうりょころもをもつてきおきたりてしむ 退たいしょうとくして*三賢さんげん

法侶↠衣シム証↢得不退↡入↢三賢

^衆等しゅとう しんしてみなかんとがんじて こうりてつねにようしたてまつれ

衆等廻↠心皆願↠往ムト↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。

 高接↠下

二 ⅸ Ⅱ 其二

【72】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^弥陀みだしゃさつを ごうしてへん (大勢至)かんおんといふ

弥陀侍者二菩薩↢無辺・観世音

^一切いっさいちゅう*ぶったすけて 六道ろくどう分身ぶんしんしてしんおこ

一切時中↢仏化分↢身六道↡起↢慈心

^念々ねんねんしたがひて ためにほうきたまふ *惛々こんこんとしてさとりがたきは罪根ざいこんふかければなり

念念↠機タマフ↠法惛惛トシテキハ↠悟罪根ケレバナリ

^ひゃく千万せんまんじゅでたまふも まんがなかにいち*煩篭ぼんろうづるものなし

百計千万数出タマフモ↠世↣一ルモノ↢煩篭

^なんぢしゅじょう*じょうごうおもふに 諸仏しょぶつ対面たいめんすれどもあひはず

フニ↢汝衆生長劫諸仏対面レドモ不↢

^人天にんでんしょうぜんなほべんじがたし いかにいはんや無為むいにして*六通ろくつうしょうせんをや

人天少善尚難無為ニシテムヲヤ↢六通

^*希有けうほう見聞けんもんすることをたりといへども しん *だいにしてますますこうなし

↠得タリト↣見↢聞コトヲ希有麁心懈怠ニシテマス↠功

^たと連年れんねんにほしいままにきゃくそうして もとんとするも *貪瞋とんじんないきょうてり

縦使連年ホシイママ脚走モトムトスルモ 貪瞋満↢内胸

^貪瞋とんじんはすなはちこれ三業さんごうなり なんぞじょうのうちの*真空しんくうひらかん

貪瞋是身三業ナリ↢浄土真空

^*どうしょうぜんしきぶつ慈悲じひねんじてしょうあつまり

↢語同生善知識↡dd 念↢仏慈悲↡入↢聖アツマリ

^衆等しゅとう しんかたむけてみなかんとがんじて こうりてつねにようしたてまつれ

衆等傾↠心皆願↠往ムト↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。 こうぎてさんじていへ。

 高接↠下。 下接↠高

第十段
   

【73】^こうにゅうもん

 高座入文。

 ^しゃほつ、 われいま弥陀みだぶつ*不可ふか思議しぎどく讃歎さんだんするがごとく、 東方とうぼうにまた*しゅくぶつしゅそうぶつだいしゅぶつしゅこうぶつみょうおんぶつ、 かくのごとき*ごうしゃしゅ諸仏しょぶつましまして、 おのおのそのくににおいて*こうじょう舌相ぜっそういだして、 あまねく*三千さんぜん大千だいせんかいおおひて、 じょうじつごんきたまはく、 ªなんぢらしゅじょう、 まさにこのしょうさん不可ふか思議しぎどく一切いっさい諸仏しょぶつしょねんぎょうしんずべしº」 と。

「舎利弗、如↣我今者 イマ 讃↢歎ルガ阿弥陀仏不可思議功徳↡、東方亦有シテ↢阿閦鞞仏・須弥相仏・大須弥仏・須弥光仏・妙音仏、如↠是恒河沙数諸仏↡、各↢其↡出↢広長舌相↡徧↢三千大千世界↡説タマハク↢誠実↡、汝等衆生、当シト↠信↢是称讃不可思議功徳一切諸仏所護念経↡。」

二 ⅹ

【74】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^しゃ如来にょらいつねに 東方とうぼう恒沙ごうじゃ*等覚とうがくそん讃嘆さんだんしたまふ

釈迦如来常讃↢歎タマフ東方恒沙等覚尊

^だいおなじくしてしん無二むになり 一仏いちぶつこうほどこせば もまたしかなり

大悲同心無二ナリ一仏施↠功亦然ナリ

^ぼんけんしゅうだんぜんがために みな舌相ぜっそうべて*三千さんぜんおおひて

↠断ムガ↢凡夫疑見皆舒↢舌相↡覆↢三千

^とも七日しちにちみょうごうしょうすることをしょうし またしゃ言説ごんせつしんなることをひょう

↣七日称コトヲ↢名号又表↢釈迦言説ナルコトヲ

^*じゅうしょうにして弥陀みだねんずれば ぶつこうきたりてらすを

終時正意ニシテレバ↢弥陀↢仏慈光来スヲ

^この弥陀みだ*本願ほんがんりきじょうじて 一念いちねんのあひだに*宝堂ほうどう

↢此弥陀本願力一念之間↢宝堂

^宝堂ほうどうしょうごんきょくげんなし ぶつしょうじゅ してりょう

宝堂荘厳無↢限極↡化仏・聖衆 坐思量

^しんしょうひゃくせんよりもあきらかなり *悲智ひちそうぎょうほうとしてつねなり

心性カナリ↢於百千ヨリモ悲智双行法爾トシテナリ

^われいますでに無為むいところいたる あまねく含霊がんれいのこのほうすることをがん

我今既↢無為↣含霊コトヲ↢此

^衆等しゅとう しんかたむけてみなかんとがんじて こうりてつねにようしたてまつれ

衆等傾↠心皆願↠往ムト↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。 こうぎてさんじていへ。

 高接↠下。 下接↠高

第十一段
   

【75】^こうにゅうもん

 高座入文。

 ^しゃほつ南方なんぽうかいに、 日月にちがつとうぶつみょう聞光もんこうぶつだい焔肩えんけんぶつしゅとうぶつりょうしょうじんぶつ、 かくのごときごうしゃしゅ諸仏しょぶつましまして、 おのおのそのくににおいてこうじょう舌相ぜっそういだして、 あまねく三千さんぜん大千だいせんかいおおひて、 じょうじつごんきたまはく、 ªなんぢらしゅじょう、 まさにこのしょうさん不可ふか思議しぎどく一切いっさい諸仏しょぶつしょねんぎょうしんずべしº」 と。

「舎利弗、南方世界、有シテ↢日月灯仏・名聞光仏・大焔肩仏・須弥灯仏・無量精進仏、如↠是恒河沙数諸仏↡、各↢其↡出↢広長舌相↡徧↢三千大千世界↡、説タマハク↢誠実↡、汝等衆生、当シト↠信↢是称讃不可思議功徳一切諸仏所護念経↡。」

二 ⅺ

【76】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^南方なんぽう諸仏しょぶつ恒沙ごうじゃのごとし また舌相ぜっそうべて*三千さんぜんおおひて

南方諸仏如↢恒沙亦舒↢舌相↡覆↢三千

^その本国ほんごくぼんしょうしゅうのために しゃ変現へんげんしん讃嘆さんだんしたまふ

↢其本国凡聖讃↢歎タマフ釈迦変現

^しゃ*じょくのうちにしゅつげんしたまふは しんひょうして罪根ざいこんひとせんがためなり

出↢現タマフハ娑婆五濁↠心ナリ↠化ムガ↢罪根

^*けん*邪貪じゃとん*ぞうじょうまん おしへていださしめんとしたまふに かへりていかりをしょう

我見・邪貪・増上慢ムトシタマフニ↠出ダサ↠世 ↠瞋

^「なんぢしゅじょう*ろうひさしきことをおもふに 諸仏しょぶつじょうごんしんならずとおもへばなり」 と

フニ↢汝衆生流浪キコトヲ諸仏誠言謂バナリ↠不↠真ナラ

^衆等しゅとう しんしてじょうしょうぜんとして こうりてつねにようしたてまつれ

衆等廻↠心ムトシテ↢浄土↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。 こうぎてさんじていへ。

 高接↠下。 下接↠高

第十二段
   

【77】^こうにゅうもん

 高座入文。

 ^しゃほつ西方さいほうかいに、 りょう寿じゅぶつりょうそうぶつりょうどうぶつ大光だいこうぶつだいみょうぶつ宝相ほうそうぶつじょうこうぶつ、 かくのごときごうしゃしゅ諸仏しょぶつましまして、 おのおのそのくににおいてこうじょう舌相ぜっそういだして、 あまねく三千さんぜん大千だいせんかいおおひて、 じょうじつごんきたまはく、 ªなんぢらしゅじょう、 まさにこのしょうさん不可ふか思議しぎどく一切いっさい諸仏しょぶつしょねんぎょうしんずべしº」 と。

「舎利弗、西方世界シテ↢無量寿仏・無量相仏・無量幢仏・大光仏・大明仏・宝相仏・浄光仏、如↠是恒河沙数諸仏↡、各↢其↡出↢広長舌相↡徧↢三千大千世界↡、説タマハク↢誠実↡、汝等衆生、当シト↠信↢是称讃不可思議功徳一切諸仏所護念経↡。」

二 ⅻ

【78】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^西方さいほう諸仏しょぶつ恒沙ごうじゃのごとし おのおの本国ほんごくにおいて如来にょらい (釈尊)さん

西方諸仏如↢恒沙↢本国↡讃↢如来

^ひゃくおくえんのうちに分身ぶんしんして *八相はっそうだい希奇けきげん

分↢身百億閻浮示↢現八相大希奇

^じょくぼんまさにじつなりとおもへり 六年ろくねんぎょうして無為むいしょう

五濁凡夫将↠実ナリト六年苦行↢無為

^*ごう*じょうどうしてみょうほうきたまふ 種々しゅじゅ方便ほうべん思議しぎなり

降魔成道タマフ↢妙法種種方便不思議ナリ

^あまねくしゅじょうすすめてじょうせしめたまふに すすみておもしりぞきておもんぱかりてさらにうたがいしょう

↢衆生↡帰シメタマフニ↢浄土↠疑

^われいま*したべてもつてしょうをなす 「西方さいほう極楽ごくらくかならずすべからくよるべし」 と

我今舒↠舌↠証西方極楽必シト↠依

^衆等しゅとう しんしてみなかんとがんじて こうりてつねにようしたてまつれ

衆等廻↠心皆願↠往ムト↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。 こうぎてさんじていへ。

 高接↠下。 下接↠高

第十三段
   

【79】^こうにゅうもん

 高座入文。

 ^しゃほつ北方ほっぽうかいに、 焔肩えんけんぶつさいしょうおんぶつ難俎なんしょぶつにっしょうぶつもうみょうぶつ、 かくのごときごうしゃしゅ諸仏しょぶつましまして、 おのおのそのくににおいてこうじょう舌相ぜっそういだして、 あまねく三千さんぜん大千だいせんかいおおひて、 じょうじつごんきたまはく、 ªなんぢらしゅじょう、 まさにこのしょうさん不可ふか思議しぎどく一切いっさい諸仏しょぶつしょねんぎょうしんずべしº」 と。

「舎利弗、北方世界シテ↢焔肩仏・最勝音仏・難俎仏・日生仏・網明仏、如↠是恒河沙数諸仏↡、各↢其↡出↢広長舌相↡徧↢三千大千世界↡、説タマハク↢誠実↡、汝等衆生、当シト↠信↢是称讃不可思議功徳一切諸仏所護念経↡。」

二 ⅼ

【80】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^北方ほっぽう諸仏しょぶつ恒沙ごうじゃのごとし みな舌相ぜっそうべて*牟尼むにしょう

北方諸仏如↢恒沙皆舒↢舌相↡証↢牟尼

^われぼんのためにきたりてで えんしたがひてほう時機じきおう

↢我凡夫↡来↠世↠縁↠法↢時機

^時機じきあひかんずればきてすなはちさとる せつのごとくしゅぎょうしてうたがいいたさざれ

時機相感レバ↠説修行↠致↠疑

^七日しちにちみなしょうして*間雑けんぞうすることなく 身心しんしん*やくしてよろこびまたかなししむ

七日称↠名↢間雑コト身心踊躍

^よろこばしきかな まれ*自家じけこくくことをたり 諸仏しょぶつげんすることをしょうはんしたまふ

キカナタリ↣希コトヲ↢自家国諸仏証↣判タマフ↢還帰コトヲ

^衆等しゅとう しんしてみなかんとがんじて こうりてつねにようしたてまつれ

衆等廻↠心皆願↠往ムト↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。 こうぎてさんじていへ。

 高接↠下。 下接↠高

第十四段
   

【81】^こうにゅうもん

 高座入文。

 ^しゃほつほうかいに、 師子ししぶつみょうもんぶつみょうこうぶつだつぶつ法幢ほうどうぶつほうぶつ、 かくのごときごうしゃしゅ諸仏しょぶつましまして、 おのおのそのくににおいてこうじょう舌相ぜっそういだして、 あまねく三千さんぜん大千だいせんかいおおひて、 じょうじつごんきたまはく、 ªなんぢらしゅじょう、 まさにこのしょうさん不可ふか思議しぎどく一切いっさい諸仏しょぶつしょねんぎょうしんずべしº」 と。

「舎利弗、下方世界シテ↢師子仏・名聞仏・名光仏・達摩仏・法幢仏・持法仏、如↠是恒河沙数諸仏↡、各↢其↡出↢広長舌相↡徧↢三千大千世界↡、説タマハク↢誠実↡、汝等衆生、当シト↠信↢是称讃不可思議功徳一切諸仏所護念経↡。」

二 ⅽ

【82】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^ほう諸仏しょぶつ恒沙ごうじゃのごとし おのおの本国ほんごくにおいてしゅじょう

下方諸仏如↢恒沙↢本国↡度↢衆生

^しゃじょくでて よくなんをなして*群萌ぐんもうすることをしょうさんしたまふ

証↧讃タマフ釈迦↢五濁↢難事↡化コトヲ↦群萌

^*ぜんぎょうよろしきにしたがひてあくたしめ *偏心へんしん*じゅして西にしかひてかしむ

善巧随↠宜キニ↠断↠悪偏心指授↠西シム

^一切いっさい福業ふくごうみなこうすれば *じゅうぶつみづから来迎らいこうしたまふ

一切福業皆廻向レバ終時化仏自来迎タマフ

^*こんしゃきてかんし たちまちにさんおくしてしんすなはちおどろ

利根智者歓喜↢三塗↡心即

^しんおどろかせば いよだちてつとめてさんす おそらくはつみめっせずして*じんきょうすることを

セバ↠心イヨダ懴悔罪不シテ↠滅コトヲ↢深坑

^衆等しゅとう しんしてじょうしょうぜんとして こうりてつねにようしたてまつれ

衆等廻↠心ムトシテ↢浄土↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。 こうぎてさんじていへ。

 高接↠下。 下接↠高

第十五段
   

【83】^こうにゅうもん

 高座入文。

 ^しゃほつじょうほうかいに、 梵音ぼんのんぶつ宿しゅくおうぶつこうじょうぶつ香光こうこうぶつだい焔肩えんけんぶつ雑色ざっしきほう厳身ごんしんぶつしゃ樹王じゅおうぶつほうとくぶつけん一切いっさいぶつにょしゅせんぶつ、 かくのごときごうしゃしゅ諸仏しょぶつましまして、 おのおのそのくににおいてこうじょう舌相ぜっそういだして、 あまねく三千さんぜん大千だいせんかいおおひて、 じょうじつごんきたまはく、 ªなんぢらしゅじょう、 まさにこのしょうさん不可ふか思議しぎどく一切いっさい諸仏しょぶつしょねんぎょうしんずべしº」 と。

「舎利弗、上方世界シテ↢梵音仏・宿王仏・香上仏・香光仏・大焔肩仏・雑色宝華厳身仏・娑羅樹王仏・宝華徳仏・見一切義仏・如須弥山仏、如↠是恒河沙数諸仏↡、各↢其↡出↢広長舌相↡徧↢三千大千世界↡、説タマハク↢誠実↡、汝等衆生当シト↠信↢是称讃不可思議功徳一切諸仏所護念経↡。」

二 ⅾ

【84】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^じょうほう諸仏しょぶつ恒沙ごうじゃのごとし また舌相ぜっそうべたまふことはしゃのためにす

上方諸仏如↢恒沙タマフコトハ↢舌相↡為ニス↢娑婆

^じゅうあくぎゃく おお*ほうし *じゃしん*つかじん*

十悪・五逆 多疑謗↠邪↠鬼↢神魔

^妄想もうぞうをもつて*おんもとふくあらんとおもへり *さいしょうおううたたいよいよおお

妄想ヲモテ↠恩↠有ムト↠福災障禍横転

^連年れんねん みてじょうちんす *聾盲ろうもう あし攣撅れんけつ

連年臥↢病ミテ於床枕聾盲 脚折 手攣撅

^*じんみょう*じょうしてこのほう いかんぞてて弥陀みだねんぜざる

承↢事神明↡得↢此如何↣捨テテ↢弥陀

^弥陀みだ願力がんりきはみなびょうどうなり ただしんしてはなみづからささ

弥陀願力皆平等ナリ但使 タダ ↠心華自

^一念いちねん*らくくに*しょうようすれば *ひっきょうじょうあんにして退動たいどうすることなし

一念逍↢遥レバ快楽畢竟常安ニシテ↢退動コト

^衆等しゅとう しんしてかしこにしょうぜんとがんじて こうりてつねにようしたてまつれ

衆等廻↠心↠生ムト↠彼↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。 こうぎてさんじていへ。

 高接↠下。 下接↠高

第十六段
   

【85】^こうにゅうもん

 高座入文。

 ^しゃほつ、 なんぢがこころにおいていかん。 なんがゆゑぞづけて一切いっさい諸仏しょぶつしょねんぎょうとなす。

「舎利弗、於↢汝↡云何。何↢一切諸仏所護念経↡。

^しゃほつ、 もし善男ぜんなん善女ぜんにょにんありて、 この諸仏しょぶつ所説しょせつみなおよびきょうくもの、 このもろもろの善男ぜんなん善女ぜんにょにん、 みな一切いっさい諸仏しょぶつのためにともに*ねんせられて、 みな*のく多羅たらさんみゃくさんだい退転たいてんせざることをん。

舎利弗、若↢善男子・善女人↡、聞↢是諸仏所説名及↡者、是善男子・善女人皆為↢一切諸仏↡共レテ↢護念↡、皆得↠不コトヲ↣退↢転於阿耨多羅三藐三菩提↡。

^このゆゑにしゃほつ、 なんぢらみなまさにわがことばおよび諸仏しょぶつ所説しょせつ*信受しんじゅすべし。

舎利弗、汝等皆当↣信↢受語及諸仏所説↡。

^しゃほつ、 もしひとありて、 すでに発願ほつがんし、 いま発願ほつがんし、 まさに発願ほつがんして、 弥陀みだ仏国ぶっこくしょうぜんとほっするものは、 このもろもろのひとみなのく多羅たらさんみゃくさんだい退転たいてんせざることをて、 かのこくにおいて、 もしはすでにしょうじ、 もしはいましょうじ、 もしはまさにしょうずべし。

舎利弗、若↠人、已発願、今発願、当発願、欲↠生ムト↢阿弥陀仏国↡者、是人等皆得↠不コトヲ↣退↢転於阿耨多羅三藐三菩提↡、於国土↡、若、若今生、若

^このゆゑにしゃほつ、 もろもろの善男ぜんなん善女ぜんにょにん、 もししんあるものは、 まさに発願ほつがんしてかのこくしょうずべし」 と。

舎利弗、諸善男子・善女人、若↠信者、応↣発願↢彼国土↡。」

二 ⅿ

【86】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^しゃ如来にょらいだい慈悲じひ しゃ応現おうげんしてえんしたまふ

釈迦如来大慈悲応↢現娑婆↡度タマフ↢有縁

^えん*三千さんぜんかい*遍満へんまんせり したがひて*示悟じごして*とん*だんぜしめ

有縁遍↢満三千界↠機示悟シメ↢貪痴

^そうじてすすめてこの人天にんでんらくいとはしめたまふ じょう*はっ ひとけども

シメタマフ↢此人天無常・八苦火 焼ドモ↠人

^念仏ねんぶつ*じゅきょうすればざいしょうのぞ 諸仏しょぶつはるかにしてねんしたまふ

念仏誦経スレバ↢罪障諸仏遥護↢念タマフ

^ちゅうろくにつとめて発願ほつがんして しんたもちてさんぜざれば*ごうまたじょう

昼夜六時ツトメ発願↠心レバ↠散業還

^ごうじょうずれば *ぶつだいしゅたてまつる しゅへんじてこんだいとなり

業成レバマツル↢仏華台主須臾↢紫金台

^ぶつしたがひてしょうようして*宝国ほうこくり *ひっきょうじてながしゅうこえ

↠仏逍遥↢宝国畢竟↢愁憂

^衆等しゅとう しんしてみなかんとがんじて こうりてつねにようしたてまつれ

衆等廻↠心皆願↠往ムト↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。 こうぎてさんじていへ。

 高接↠下。 下接↠高

第十七段
   

【87】^こうにゅうもん

 高座入文。

 ^しゃほつ、 われいま諸仏しょぶつ不可ふか思議しぎどくしょうさんするがごとく、

「舎利弗、如↣我今者 イマ 称↢讃ルガ諸仏不可思議功徳↡、

^かの諸仏しょぶつとうもまた、 わが不可ふか思議しぎどくしょうせつして、 このごんをなしたまはく、 ªしゃ牟尼むにぶつ、 よく*甚難じんなん希有けうをなし、 よくしゃこくじょくあくこうじょくけんじょく煩悩ぼんのうじょくしゅじょうじょくみょうじょくのなかにおいて、 のく多羅たらさんみゃくさんだいて、 もろもろのしゅじょうのために、 この*一切いっさいけん難信なんしんほうきたまふº と。

諸仏等亦、称↢説不可思議功徳↡而作タマハク↢是↡、釈迦牟尼仏能↢甚難希有之事↡、能娑婆国土五濁悪世劫濁・見濁・煩悩濁・衆生濁・命濁↡得↢阿耨多羅三藐三菩提↡、為↢諸衆生↡説タマフト↢是一切世間難信之法↡。

^しゃほつ、 まさにるべし、 われじょくあくにおいて、 このなんぎょうじてのく多羅たらさんみゃくさんだいて、 一切いっさいけんのためにこの難信なんしんほうく。 これを甚難じんなんとなす。

舎利弗、当↠知、我於↢五濁悪世↡行↢此難事↡得↢阿耨多羅三藐三菩提↡、為↢一切世間↢此難信之法↡。是↢甚難↡。

^ぶつ (釈尊) このきょうきをはりたまふに、 しゃほつおよびもろもろの比丘びく一切いっさいけんてんにん*しゅとうぶつ所説しょせつきて、 かん信受しんじゅして、 らいをなしてりぬ」 と。

仏説↢此↡已タマフニ、舎利弗及比丘、一切世間天・人・阿修羅等、聞↢仏所説↡、歓喜信受、作↠礼而去ヌト。」

二 ↀ
      其一

【88】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^そん*慇懃おんごんしん (舎利弗)げて 諸仏しょぶつだいおなじきことをひょうせしめたまふ

世尊慇懃↢身子表↢知シメタマフ諸仏大悲キコトヲ

^たがひにとくさんじてしんことなることなく たくみに時機じきおうじておのおのこうあり

互相↠徳心無↠異コト↢時機↡各↠功

^六方ろっぽう如来にょらいみな讃嘆さんだんしたまふ 「しゃしゅつげんはなはだひがたし」 と

六方如来皆讃嘆タマフ釈迦出現甚↠逢

^まさしくじょくときこうじょうなるをす みょうがんぎょうにしてこうたり

↢五濁興盛ナルヲ無明頑硬ニシテタリ↢高峰

^こうじょくときうつりてやうやくしょうなり しゅじょうじょくあくにしてじゃりゅうひと

劫濁時移身漸ナリ衆生濁悪ニシテ↢蛇竜

^*のうじょく遍満へんまんして*塵数じんじゅぎ *愛憎あいぞうじゅんして岳山がくせんのごとし

悩濁遍満↢塵数愛憎違順丘山

^けんじょく*叢林そうりんこくのごとし みょうじょく*ちゅうようせつのあひだなり

見濁叢林如↢棘刺命濁中夭刹那ナリ

^*しょうほうどうめっし しょうそむじゃしてよこさまあだおこ

依正二報同時↠正↠邪↠怨

^*じゅうしゅみなけがす ただぶつ一道いちどうのみひと*しょうげんなり

九十五種皆汚↠世唯仏一道ノミナリ

^でてだいいたらばしんくることなく *たく還来げんらいして人天にんでん

↢菩提↡心無↠尽コト還↢来火宅↡度↢人天

^衆等しゅとう しんしてみなかんとがんじて こうりてつねにようしたてまつれ

衆等廻↠心皆願↠往ムト↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。

 高接↠下

二 ↀ Ⅱ 其二

【89】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^如来にょらい (釈尊) じょくしゅつげんして よろしきにしたがひて方便ほうべんして群萌ぐんもうしたまふ

如来出↢現於五濁↠宜キニ方便タマフ↢群萌

^あるいは*もんにして*とくすとき あるいはしょうをもつてさんみょうしょうすと

↢多聞ニシテ而得度スト↣少解ヲモテスト↢三明

^あるいは*ふくならべてさわりのぞくとおしへ あるいは*禅念ぜんねんしてしてりょうせよとおし

↢福慧双クト↟障↢禅念思量ヨト

^種々しゅじゅ法門ほうもんみなだつれども 念仏ねんぶつして西方さいほうくにぎたるはなし

種種法門皆解脱ドモ↠過ルハ↣念仏クニ↢西方

^かみ*いちぎょうつくじゅうねんいたり 三念さんねんねんまでぶつ来迎らいこうしたまふ

上尽↢一形↡至↢十念三念・五念マデ来迎タマフ

^ただに弥陀みだぜいおもきがために ぼんをしてねんずればすなはちしょうぜしむることをいた

↢弥陀弘誓重キガ↠使コトヲ↢凡夫ヲシテレバ

^衆等しゅとう しんしてみなかんとがんじて こうりてつねにようしたてまつれ

衆等廻↠心皆願↠往ムト↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

二 ↀ Ⅱ 其三

【90】^こうぎてさんじていへ。

 高接↠下

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^そんほうきたまふこと ときまさにおわりなんとして *慇懃おんごん弥陀みだみな*ぞくしたまふ

世尊説タマフコト↠法 時将↠了ナムト慇懃付↢属タマフ弥陀

^*じょくぞうときおおほうし *道俗どうぞくあひきらひてくことをもちゐず

五濁増疑謗道俗相不↠用↠聞コトヲ

^しゅぎょうすることあるをては*瞋毒しんどくおこし *方便ほうべん破壊はえしてきおひてあだしょう

テハ↠有ルヲ↢修行コト↡起↢瞋毒方便破壊↠怨

^かくのごとき*しょうもう闡提せんだいともがらは とんぎょう*めつしてなが*沈淪ちんりん

↠此生盲闡提毀↢滅頓教↡永沈淪

^*だいじんごうちょうすとも いまださんはなるることをべからず

超↢過トモ大地微塵劫↠可↠得↠離コトヲ↢三塗

^大衆だいしゅ同心どうしんにみな あらゆる*ほうざい因縁いんねんさんせよ

大衆同心皆懴↢悔所有破法罪因縁

^衆等しゅとう しんしてじょうしょうぜんとして こうりてつねにようしたてまつれ

衆等廻↠心ムトシテ↢浄土↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。 こうぎてさんじていへ。

 高接↠下。 下接↠高

後行法分
  懴悔
    懴文
      標示

【91】^こう下座げざこえくるをちて、 すなはち大衆だいしゅのためにそうじてさんしていへ。

 高座待↢下座ルヲ↡、即↢大衆↡総懴悔

三 ⅰ Ⅰ 正明
        挙所対尊境

 ^弟子でしどうじょう衆等しゅとう、 そこばくのひと、 おのおのにしんひょうしてしゃす。

弟子道場衆等、爾許多ソコバクノ人、各各↠心愧謝

^諸仏しょぶつみょうくう幽顕ゆうけんしたまへる得道とくどうしょうにん*さんじゅうさんてんとう一切いっさい天神てんじんじんくう山林せんりん海神かいじんとう*天曹てんそう地府じふ*えん*みょう*どう*太山たいせん*さんじゅうろくおうごくてんりょう一切いっさいりょうとう、 およびこのどうじょうそんぎょうしゃ*ぎょうぞうりょうとう、 ただねがはくはだいこうじんをもつて、 今日こんにちどうじょうしゅ某甲それがしおよびそこばくのひとしんひらさんするを*加備かびねんしょうじゅ証明しょうみょうしたまへ。

諸仏、冥空幽顕タマヘル得道聖人、三十三天等一切天神・地神、虚空・山林・河海神等、天曹・地府・閻羅・伺命・五道・太山三十六王・地獄典領・一切霊祇等、及道場尊経・舎利・形像・霊儀等、唯願クハ大悲光威神ヲモテ、加↢備護↣念摂↤受証↯明タマヘ今日道場某甲ソレガシ爾許多ソコバクノ人、披↠心懴悔ルヲ↡。

三 ⅰ Ⅰ b 正懴十悪
          (一)総明造時等

^弟子でし某甲それがしとう*しんしんしきしきよりこのかた、 すなはち今日こんにちいたこんいたるまで、 そのちゅうげんにおいて、 しょしん口意くいごうじゅうあくつみりょうへんなり。

弟子某甲ソレガシ等、自↢従無身有身・無識有識↡已来、乃↢今日↡至マデ↢於今時↡、於↢其中間↡、所作身口意業十悪之罪無量無辺ナリ

三 ⅰ Ⅰ b ロ (二)別明
            (Ⅰ)殺生

^あるいは身業しんごうをほしいままにして、 一切いっさいごくちくしょうしゅじょうすいろくくう*蠕動ねんどうたぐい殺害せつがい劫奪こうだつせることかずるべからず。 あるいは一切いっさいしゅじんしゅじょうすいろくくう蠕動ねんどうたぐい殺害せつがい劫奪こうだつせることかずるべからず。 あるいは一切いっさい人天にんでん三宝さんぼうそう父母ぶも六親ろくしん眷属けんぞくぜんしき法界ほうかいしゅじょう殺害せつがい劫奪こうだつせることかずるべからず。

放↢縦ホシイママニシテ身業↡、殺↢害劫↣奪コト一切地獄・畜生衆生、水・陸・虚空蝡動之類↡不↠可↠知↠数。或殺↢害劫↣奪コト一切修羅・鬼衆生、水・陸・虚空蠕動之類↡不↠可↠知↠数。或殺↢害劫↣奪コト一切人天・三宝・師僧・父母・六親眷属・善知識・法界衆生↡不↠可↠知↠数

^あるいは*せつせつ*しょうせつせつきょうせつ*ずいせつ相続そうぞくせつけんせつ愛憎あいぞうじゅんせつ放逸ほういつせつとんざいせつ、 かくのごときせつつみりょうへんなり。 いまどうじょうぼんしょうたいして*ほつさんす。 ながつくしてなからん。

故殺・悞殺・戯笑殺・自殺・教他殺・随喜殺・相続殺・無間殺・愛憎違順殺・放逸殺・貪味為財殺、如↠是罪無量無辺ナリ。今対↢道場凡聖↡発露懴悔。永ラム↠余。

^*さんしをはりて、 しんいたして弥陀みだぶつみょうしたてまつる。

懴悔、至シテ↠心帰↢命マツル阿弥陀仏↡。

 ^こうぎてしていへ。

 下接↠高和云。

 ^さんしをはりて、 しんいたして弥陀みだぶつみょうしたてまつる。

懴悔、至シテ↠心帰↢命マツル阿弥陀仏↡。

三 ⅰ Ⅰ b ロ (二)(Ⅱ)偸盗

【92】^こうぎてさんしていへ。

 高接↠下

 ^弟子でし衆等しゅとうつぎにまさに*ちゅうとうつみさんすべし。

弟子衆等、次↣懴↢悔偸盗↡。

^あるいは身業しんごうをほしいままにして、 一切いっさいごくちくしょうしゅじょうすいろくくう蠕動ねんどうたぐいちゅうとう*劫奪こうだつせることかずるべからず。 あるいは一切いっさいしゅじんしゅじょうすいろくくう蠕動ねんどうたぐいちゅうとう劫奪こうだつせることかずるべからず。 あるいは一切いっさい人天にんでん三宝さんぼうそう父母ぶも六親ろくしん眷属けんぞくぜんしき法界ほうかいしゅじょうちゅうとう劫奪こうだつせることかずるべからず。

放↢縦ホシイママニシテ身業↡、偸↢盗劫↣奪コト一切地獄・畜生衆生、水・陸・虚空蠕動之類↡不↠可↠知↠数。或偸↢盗劫↣奪コト一切修羅・鬼神衆生、水・陸・虚空蠕動之類↡不↠可↠知↠数。或偸↢盗劫↣奪コト一切人天・三宝・師僧・父母・六親眷属・善知識・法界衆生↡不↠可↠知↠数

^あるいはとうとうしょうとうとう*きょうとうずいとう*放逸ほういつとう*けんとう愛憎あいぞうとうじゅんとう*とんざいとう、 かくのごときちゅうとうつみりょうへんなり。 いまどうじょうぼんしょうたいしてほつさんす。 ながつくしてなからん。

故盗・悞盗・戯笑盗・自盗・教他盗・随喜盗・放逸盗・無間盗・愛憎盗・違順盗・貪味為財盗、如↠是偸盗罪無量無辺ナリ。今対↢道場凡聖↡発露懴悔。永ラム↠余。

^さんしをはりて、 しんいたして弥陀みだぶつみょうしたてまつる。

懴悔已、至シテ↠心帰↢命マツル阿弥陀仏↡。

 ^こうぎてしていへ。

 下接↠高和云。

 ^さんしをはりて、 しんいたして弥陀みだぶつみょうしたてまつる。

懴悔、至シテ↠心帰↢命マツル阿弥陀仏↡。

三 ⅰ Ⅰ b ロ (二)(Ⅲ)邪淫

【93】^こうぎてさんしていへ。

 高接↠下

 ^弟子でし衆等しゅとうつぎにまさに*邪婬じゃいん顛倒てんどうつみさんすべし。

弟子衆等、次↣懴↢悔邪婬顛倒↡。

^あるいは身業しんごうをほしいままにして邪婬じゃいんおこし、 あるいは一切いっさいちくしょうしゅじょうすいろくくう蠕動ねんどうたぐい*ひつりょうせることかずるべからず。 あるいはいんおこして一切いっさいじんしゅじょうすいろくくう蠕動ねんどうたぐいひつりょうせることかずるべからず。 あるいは婬心いんしんおこして一切いっさいそう父母ぶも六親ろくしん眷属けんぞくぜんしき法界ほうかいしゅじょうひつりょうせることかずるべからず。

放↢縦ホシイママニシテ身業↡起↢於邪婬↡、或逼↢掠コト一切畜生衆生、水・陸・虚空蠕動之類↡不↠可↠知↠数。或↠婬逼↢掠コト一切鬼神衆生、水・陸・虚空蠕動之類↡不↠可↠知↠数。或↢婬心↡逼↢掠コト一切師僧・父母・六親眷属・善知識・法界衆生↡不↠可↠知↠数

^あるいは放逸ほういつ故作こさ誤作ごさしょう自作じさきょうずい*ざん作・相続そうぞくけん*邪貪じゃとん悪貪あくとん、 かくのごとき邪婬じゃいんつみりょうへんなり。 いまどうじょうぼんしょうたいしてほつさんす。 ながつくしてなからん。

放逸作・故作・悞作・戯笑作・自作・教他作・随喜作・無慚愧作・相続作・無間作・邪貪悪貪作、如↠是邪婬罪無量無辺ナリ。今対↢道場凡聖↡発露懴悔。永尽無↠余。

^さんしをはりて、 しんいたして弥陀みだぶつみょうしたてまつる。

懴悔、至シテ↠心帰↢命マツル阿弥陀仏↡。

 ^こうぎてしていへ。

 下接↠高和云。

 ^さんしをはりて、 しんいたして弥陀みだぶつみょうしたてまつる。

懴悔、至シテ↠心帰↢命マツル阿弥陀仏↡。

三 ⅰ Ⅰ b ロ (二)(Ⅳ)妄語

【94】^こうぎてさんしていへ。

 高接↠下

 ^弟子でし衆等しゅとうつぎにまさにごう*おうつみさんすべし。

弟子衆等、次↣懴↢悔口業虚誑↡。

^あるいはごうをほしいままにして、 一切いっさいごくちくしょうしゅじょうすいろくくう蠕動ねんどうたぐい*おうせることかずるべからず。 あるいは一切いっさいしゅじんしゅじょうすいろくくう蠕動ねんどうたぐいおうせることかずるべからず。 あるいは一切いっさい人天にんでん三宝さんぼうそう父母ぶも六親ろくしん眷属けんぞくぜんしき法界ほうかいしゅじょうおうせることかずるべからず。

放↢縦ホシイママニシテ口業↡、欺↢誑コト一切地獄・畜生衆生、水・陸・虚空蠕動之類↡不↠可↠知↠数。或欺↢誑コト一切修羅・鬼神衆生、水・陸・虚空蠕動之類↡不↠可↠知↠数。或欺↢誑コト一切人天・三宝・師僧・父母・六親眷属・善知識・法界衆生↡不↠可↠知↠数

^あるいはじょうけん故作こさ誤作ごさしょう自作じさきょうずい邪貪じゃとん悪貪あくとん、 かくのごときおうつみりょうへんなり。 いまどうじょうぼんしょうたいしてほつさんす。 ながつくしてなからん。

常作・無間作・故作・悞作・戯笑作・自作・教他作・随喜作・邪貪悪貪作、如↠是欺誑罪無量無辺ナリ。今対↢道場凡聖↡発露懴悔。永ラム↠余。

^さんしをはりて、 しんいたして弥陀みだぶつみょうしたてまつる。

懴悔、至シテ↠心帰↢命マツル阿弥陀仏↡。

 ^こうぎてしていへ。

 下接↠高和云。

 ^さんしをはりて、 しんいたして弥陀みだぶつみょうしたてまつる。

懴悔、至シテ↠心帰↢命マツル阿弥陀仏↡。

三 ⅰ Ⅰ b ロ (二)(Ⅴ)綺語

【95】^こうぎてさんしていへ。

 高接↠下

 ^弟子でし衆等しゅとうつぎにまさに*調じょうつみさんすべし。

弟子衆等、次↣懴↢悔調戯之↡。

^あるいはごうをほしいままにして、 一切いっさいごくちくしょうしゅじょうすいろくくう蠕動ねんどうたぐい調じょうきょうろうせることかずるべからず。 あるいは一切いっさいしゅじんしゅじょうすいろくくう蠕動ねんどうたぐい*調じょうろうせることかずるべからず。 あるいは一切いっさい人天にんでん三宝さんぼうそう父母ぶも六親ろくしん眷属けんぞくぜんしき法界ほうかいしゅじょう調じょうろうせることかずるべからず。

放↢縦ホシイママニシテ口業↡調↢戯軽↣弄コト一切地獄・畜生衆生、水・陸・虚空蠕動之類↡不↠可↠知↠数。或調↢弄コト一切修羅・鬼神衆生、水・陸・虚空蝡動之類↡不↠可↠知↠数。或調↢弄コト一切人天・三宝・師僧・父母・六親眷属・善知識・法界衆生↡不↠可↠知↠数

^あるいはじょうけん故作こさ誤作ごさしょう自作じさきょうずい、 かくのごとき調じょうろうつみりょうへんなり。 いまどうじょうぼんしょうたいしてほつさんす。 ながつくしてなからん。

常作・無間作・故作・悞作・戯笑作・自作・教他作・随喜作、如↠是調弄之罪無量無辺ナリ。今対↢道場凡聖↡発露懴悔。永ラム↠余。

^さんしをはりて、 しんいたして弥陀みだぶつみょうしたてまつる。

懴悔、至シテ↠心帰↢命マツル阿弥陀仏↡。

 ^こうぎてしていへ。

 下接↠高和云。

 ^さんしをはりて、 しんいたして弥陀みだぶつみょうしたてまつる。

懴悔、至シテ↠心帰↢命マツル阿弥陀仏↡。

三 ⅰ Ⅰ b ロ (二)(Ⅵ)悪口

【96】^こうぎてさんしていへ。

 高接↠下

 ^弟子でし衆等しゅとうつぎにまさに*あっつみさんすべし。

弟子衆等、次↣懴↢悔悪口↡。

^あるいはごうをほしいままにして、 一切いっさいごくちくしょうしゅじょうすいろくくう蠕動ねんどうたぐい*にくほう*毀呰きしせることかずるべからず。 あるいは一切いっさいしゅじんしゅじょうすいろくくう蠕動ねんどうたぐいにくほう毀呰きしせることかずるべからず。 あるいは一切いっさい人天にんでん三宝さんぼうそう父母ぶも六親ろくしん眷属けんぞくぜんしき法界ほうかいしゅじょうにくほう毀呰きしせることかずるべからず。

放↢縦ホシイママニシテ口業↡、罵↢辱誹↣謗毀↤呰コト一切地獄・畜生衆生、水・陸・虚空蝡動之類↡不↠可↠知↠数。或罵↢辱誹↣謗毀↤呰コト一切修羅・鬼神衆生、水・陸・虚空蝡動之類↡不↠可↠知↠数。或罵↢辱誹↣謗毀↤呰コト一切人天・三宝・師僧・父母・六親眷属・善知識・法界衆生↡不↠可↠知↠数

^あるいはじょうけん故作こさ誤作ごさしょう自作じさきょうずい邪貪じゃとん悪貪あくとん、 かくのごときあっつみりょうへんなり。 いまどうじょうぼんしょうたいしてほつさんす。 ながつくしてなからん。

常作・無間作・故作・悞作・戯笑作・自作・教他作・随喜作・邪貪悪貪作、如↠是悪口罪無量無辺ナリ。今対↢道場凡聖↡発露懴悔。永ラム↠余。

^さんしをはりて、 しんいたして弥陀みだぶつみょうしたてまつる。

懴悔、至シテ↠心帰↢命マツル阿弥陀仏↡。

 ^こうぎてしていへ。

 下接↠高和云。

 ^さんしをはりて、 しんいたして弥陀みだぶつみょうしたてまつる。

懴悔、至シテ↠心帰↢命マツル阿弥陀仏↡。

三 ⅰ Ⅰ b ロ (二)(Ⅶ)両舌

【97】^こうぎてさんしていへ。

 高接↠下

 ^弟子でし衆等しゅとうつぎにまさに*りょうぜつつみさんすべし。

弟子衆等、次↣懴↢悔両舌↡。

^あるいはごうをほしいままにして、 りょうぜつをもつて一切いっさいちくしょうしゅじょうすいろくくう蠕動ねんどうたぐい闘乱とうらん破壊はえせることかずるべからず。 あるいは一切いっさいしゅじんしゅじょうすいろくくう蠕動ねんどうたぐい闘乱とうらん破壊はえせることかずるべからず。 あるいは一切いっさい人天にんでん三宝さんぼうそう父母ぶも六親ろくしん眷属けんぞくぜんしき法界ほうかいしゅじょう闘乱とうらん破壊はえせることかずるべからず。

放↢縦ホシイママニシテ口業↡、両舌ヲモテ闘↢乱破↣壊コト一切畜生衆生、水・陸・虚空蝡動之類↡不↠可↠知↠数。或闘↢乱破↣壊コト一切修羅・鬼神衆生、水・陸・虚空蝡動之類↡不↠可↠知↠数。或闘↢乱破↣壊コト一切人天・三宝・師僧・父母・六親眷属・善知識・法界衆生、不↠可↠知↠数

^あるいはじょうけん故作こさ誤作ごさしょう自作じさきょうずい邪貪じゃとん悪貪あくとん、 かくのごときりょうぜつつみりょうへんなり。 いまどうじょうぼんしょうたいしてほつさんす。 ながつくしてなからん。

常作・無間作・故作・悞作・戯笑作・自作・教他作・随喜作・邪貪悪貪作、如↠是両舌罪無量無辺ナリ。今対↢道場凡聖↡発露懴悔。永ラム↠余。

^さんしをはりて、 しんいたして弥陀みだぶつみょうしたてまつる。

懴悔、至シテ↠心帰↢命マツル阿弥陀仏↡。

 ^こうぎてしていへ。

 下接↠高和云。

 ^さんしをはりて、 しんいたして弥陀みだぶつみょうしたてまつる。

懴悔、至シテ↠心帰↢命マツル阿弥陀仏↡。

三 ⅰ Ⅰ b ロ (二)(Ⅷ)後三業道

【98】^こうぎてさんしていへ。

 高接↠下

 ^弟子でし衆等しゅとうつぎにまさにごうつみさんすべし。

弟子衆等、次↣懴↢悔意業↡。

^あるいは邪貪じゃとん悪貪あくとんおこしん口意くいごうどうぜることかずるべからず。 あるいは*邪瞋じゃしんおこしん口意くいごうどうぜることかずるべからず。 あるいは*じゃ顛倒てんどう悪見あくけん顛倒てんどうおこしん口意くいごうどうぜることかずるべからず。 あるいはごうによりて身業しんごうじゅうあくつみぞうして、 ぼんしょう六道ろくどうしゅじょうしん人畜にんちくとうしゅじょうえらばざることかずるべからず。

↢邪貪・悪貪↡動コト↢身口意業↡不↠可↠知↠数。或↢邪瞋↡動コト↢身口意業↡不↠可↠知↠数。或↢邪痴顛倒・悪見顛倒↡動コト↢身口意業↡不↠可↠知↠数。或↢意業↡造↢作身業十悪之罪↡、不コト↠簡↢凡聖六道衆生、親疎人畜等衆生↡不↠可↠知↠数

^あるいは故作こさ誤作ごさじょうけん自作じさきょうずい作、 かくのごときごうつみりょうへんなり。 いまどうじょうぼんしょうたいしてほつさんす。 ながつくしてなからん。

故作・悞作・常作・無間作・自作・教他作・随喜作、如↠是意業罪無量無辺ナリ。今対↢道場凡聖↡発露懴悔。永ラム↠余。

^そうじてじゅうあくつみさんしをはりて、 しんいたして弥陀みだぶつみょうしたてまつる。

総懴↢十悪罪↡竟、至シテ↠心帰↢命マツル阿弥陀仏↡。

 ^こうぎてしていへ。

 下接↠高和云。

 ^さんしをはりて、 しんいたして弥陀みだぶつみょうしたてまつる。

懴悔、至シテ↠心帰↢命マツル阿弥陀仏↡。

三 ⅰ Ⅰ 結示

 ^このじゅうあくはすなはち一切いっさいあくせっつくす。 いまじゅうあくつみさんすれば、 すなはち一切いっさいつみさんつくすなり、 るべし。

十悪↢一切↡尽。今懴↢悔レバ十悪↡者、即↢一切↡尽スナリ、応↠知

三 ⅰ 後懴
      明如来偏勧教旨

【99】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^三界さんがいやすきことなし たくのごとし 六道ろくどう*周慞しゅうしょうたり きおひてもんでよ

三界↠安キコト↢火宅六道周慞ナリ↠門

^門々もんもんどうにして*八万はちまんなり おのおのみな心眼しんげんまえあたれり

門門不同ニシテ八万四ナリ各各皆当レリ↢心眼

^*棄々ききしてでんとほっすれどもまためぐく このみょうためにあやまりてひところ

棄棄ドモ↠出ムト↢箇無明↡悞↠人

^ざいむさぼしきでて*厭足えんそくすることなし *虚華こけ幻惑げんわくいつわりてあひしたしむ

↠財デテ↠色↢厭足コト虚華幻惑詐

^ざいしきちぬればあひきらひてうらむ しゅえておんのごとし

財尽色落ヌレバ須臾義断↢屠

^おん しゃのうちに遍満へんまんす *しきがんじょうみなまたしかなり

屠怨遍↢満娑婆有識含情皆亦然ナリ

^これがために如来にょらい (釈尊) ひとへに*じゅして すすめてもつぱらじょういんしゅせしむ

↠此如来偏指授使↣専↢浄土

^じょういん じょうじぬればねんいたる おわときがっしょうして香煙こうえんをたてまつる

浄土因成ヌレバ自然合掌↢香煙

^香煙こうえんただちに弥陀みだぶつそそぐ しょうじゅはなしてわがむか

香煙直↢弥陀仏聖衆持↠華↢我

^すなはちだいするにこんじきなり かの*無漏むろいたりぬれば しんにしてまたしんなり

ルニ↢華台↡紫金色ナリヌレバ↢彼無漏↡ 真ニシテ復真ナリ

^衆等しゅとう してみなかんとがんじて こうりてつねにようしたてまつれ

衆等悲流皆願↠往ムト↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。

 高接↠下

三 ⅰ Ⅱ 明曠劫希聞慶心

【100】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^*こうきんとほっするときじょくさかりなり しゅじょう邪見じゃけんにしてはなはだしんじがたし

劫欲↠尽ムト時五濁盛ナリ衆生邪見ニシテ↠信

^もつぱらにしてもつぱらなれとじゅして*西さいせしむれども のために破壊はえせられてまたもとのごとし

ニシテナレト指授シムレドモ↢西路↠他破壊ラレテモト

^*曠劫こうごうよりこのかたつねにかくのごとし これこんじょうにはじめてみづからさとるにあらず

曠劫ヨリ已来↠此↢是今生ルニ

^まさしく*強縁ごうえんはざるによりて *りんしてとくしがたからしむることをいた

↠不ルニ↠遇↢好強縁↠使コトヲ↣輪廻シテカラ↢得度

^今日こんにちこん要法ようぼうき ひつみょうとなして ちかひてけんなれ

今日今時聞↢要法畢命↠期堅固ナレ

^けんしんたもちてしまずして しゃ諸仏しょぶつおんざんすべし

堅固↠心シテ↠惜↠身慚↢愧ベシ釈迦諸仏

^しんひょうしてために西方さいほうらくきて ひとしくしてしょうもんらしめんとほっ

↠心↢西方↠使メムト↣斉↢正門

^しょうもんはすなはちこれ弥陀みだかいなり *きょうだつして*根源こんげんだん

正門是弥陀界ナリ究竟解脱↢根源

^去来いざいなん *きょうにはとどまるべからず

去来イザイナム他郷ニハ不↠可↠停

^ぶつ帰家きけしたがひて本国ほんごくかえりぬれば 一切いっさいぎょうがんねんじょう

↢仏帰家↡還ヌレバ↢本国一切行願自然

^衆等しゅとうおのおのじょうしょうぜんとして こうりてつねにようしたてまつれ

衆等各各生ムトシテ↢浄土↢香華↡常供養マツレ

三 ⅰ Ⅱ 結勧慚謝廻願

【101】^こうぎてさんじていへ。

 高接↠下

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^大衆だいしゅ人々ひとびとみながっしょうして くだきてしゃおん慚謝ざんしゃせよ

大衆人人皆合掌↠身慚↢謝釈迦

^よく*慈悲じひぎょう方便ほうべんて 西方さいほうらくもんじゅしたまふ

↢慈悲巧方便指↢授タマフ西方快楽

^どうじょうさんぜんとほっしてひとまさにわかれんとす ゆめあひすすめて貪瞋とんじんだんぜよ

道場欲↠散ムト人将↠別ムト努力ユメユメ↢貪瞋

^貪瞋とんじん因縁いんねん*しょうふ みづからさとることをずしてなが*沈淪ちんりん

貪瞋因縁障↢聖土シテ↠得↢自コト↡永沈淪

^*どうぎょうあひしたしみてあひ*しゃくれいし ひつみょうとなして仏前ぶつぜんいたらん

同行相ミテ策励畢命↠期↢仏前

^ねがはくはこの*法輪ほうりん相続そうぞくしててんじ どうじょう*しゅますますじょうねんならん

クハ法輪相続道場施主益マス長年ナラム

^大衆だいしゅことごとくおなじく安楽あんらくけ 見聞けんもんずいもまたみなしかならん

大衆咸↢安楽見聞随喜亦皆然ナラム

^あまねくねがはくはしんしてじょうしょうぜんとして こうりてつねにようしたてまつらん

クハ↠心ムトシテ↢浄土↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。 こうぎてさんじていへ。

 下接↠高。 高接↠下

行道
    先示作法

【102】^またきょうじゅさんとなふることをはりて、 こうすなはち一人いちにんをしてぎょうこうせしめ、 大衆だいしゅ*ぎょうせよ。 つぎにまさに*讃人さんにんとう*ぎょうどうところかひてりゅうすべし。 またしょうしゃをしてらいようおよび如法にょほうぎょうどうとなへしめよ。 となへをはりてそのさんほう、 もつてもつぱらかみのごとくせよ。 あるいは*三帀さんぞうしあるいは*七帀しちそうしをはりて、 すなはち仏前ぶつぜんあたりてちてつぎさんとなへよ。

又誦↠経コト↠讃、高座即↢一人ヲシテ行香↡、与↢大衆↡行華。次↧讃人等向↢行道↡立↥。又令↣小者ヲシテ↢礼供養及如法行道↡。唱散華法、用クセヨ↠上。或三帀七帀、即↢仏前↡立↢後讃↡。

三 ⅱ 行道懴悔讃

【103】^こうしょうさんし、 下座げざしていへ。

 高座唱讃、 下座和

^*般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

大衆だいしゅ人々にんにんみながっしょうせよ りょうらく

大衆人人皆合掌無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

*どうじょうしょうじゅ*げんせんとほっす りょうらく

道場聖衆欲↢帰還ムト無量楽

^衆等しゅとうしんいためともにしょうたんして がんおうじょう

衆等傷↠心傷歎願往生

ただしゃおん*慚謝ざんしゃすることをれ りょうらく

唯知↣慚↢謝コトヲ釈迦無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

悲喜ひききょうしてふかくみづからよろこ りょうらく

悲喜交流無量楽

^しゃぶつかいによらずは がんおうじょう

↠因↢釈迦仏開悟願往生

弥陀みだ*みょうがんいづれのときにかかん りょうらく

弥陀名願何ニカ無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

ぶつ (釈尊)*おんになひてじつほうじがたし りょうらく

↢仏慈恩↡実↠報無量楽

^じゅうはちがん*慇懃おんごんばふ がんおうじょう

四十八願慇懃願往生

ぶつ (阿弥陀仏)願力がんりきじょうじて西方さいほうかん りょうらく

↢仏願力↡往↢西方無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

しゃながわかれなばさらになにをかうれへん りょうらく

娑婆永ナバヲカ無量楽

^ざいふくとのしょうふことなく がんおうじょう

↠問コト↢罪トノ多少願往生

心々しんしん念仏ねんぶつしてうたがいしょうずることなかれ りょうらく

心心念仏↠生コト↠疑無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

六方ろっぽう如来にょらい*不虚ふこしょうしたまふ りょうらく

六方如来証タマフ↢不虚無量楽

^三業さんごう専心せんしんにして雑乱ぞうらんなければ がんおうじょう

三業専心ニシテレバ↢雑乱↡願往生

ひゃっぽうれんときおうじてあらわる りょうらく

百宝蓮華応↠時アラハ無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

りんじゅう*しょうじゅみづから来迎らいこうしたまふ りょうらく

臨終聖衆自来迎タマフ無量楽

^ぎょうじゃぶつたてまつりてしんかんす がんおうじょう

行者見マツリテ↠仏心歓喜願往生

弥陀みだりてだいせしむ りょうらく

弥陀接↠手シム↢華台無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

しをはればおなじく金色こんじきなり りょうらく

身同紫金色ナリ無量楽

^ぶつしたがひてしゅ*宝国ほうこくいたり がんおうじょう

↠仏須臾↢宝国願往生

ただちに*弥陀みだだいのなかにる りょうらく

↢弥陀大会無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

ぶつしょうごんしゅおくなるをる りょうらく

↢仏荘厳無数億ナルヲ無量楽

^*さんみょう六通ろくつうみなそくして がんおうじょう

三明六通皆具足願往生

わが*えんどうぎょうにんおもふ りょうらく

↢我閻浮同行人無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

どうぎょうあひしたしみてねがはくは退たいすることなかれ りょうらく

同行相ミテクハ↠退コト無量楽

^しちしゅうぎょうどうさんしをはりて がんおうじょう

七周行道散華願往生

みょうくう諸仏しょぶつようしたてまつる りょうらく

供↢養マツル冥空諸仏会無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

だい*ちょうらいして弥陀みだわかれたてまつる りょうらく

大会頂礼マツル↢弥陀無量楽

三 ⅱ 行道竟立讃

【104】 ^ぎょうどうさんしちしゅうしをはりて、 つぎ仏前ぶつぜんかひてちてさんとなへていへ。

 行道散華七周、次↢仏前↡立↠讃

^弥陀みだともろもろのしょうじゅとにざんす がんおうじょう

慚↢愧弥陀聖衆トニ願往生

われとしゅしゅじょうとのしょうけたまへ りょうらく

タマヘ↢我施主衆生トノ無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

慈悲じひびょうどうにしてしゅじょうし りょうらく

慈悲平等ニシテ↢衆生無量楽

^どく証明しょうみょうざいしょうのぞきたまへ がんおうじょう

証↢明功徳↡除タマヘ↢罪障願往生

*存亡そんもうやく思議しぎしがたし りょうらく

存亡利益難↢思議無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

*ぎょうみょうだん仏前ぶつぜんす りょうらく

形枯命断仏前無量楽

^ようしょうごん如法にょほうならざれども がんおうじょう

供養荘厳不ドモ↢如法ナラ願往生

しゅじょうかんしん布施ふせしたまへ りょうらく

布↢施タマヘ衆生歓喜無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

見聞けんもんするものなみだながしておなじくさんせよ りょうらく

見聞ルモノ↠涙懴悔無量楽

^さんぎょうどうおわりぬ がんおうじょう

散華行道訖願往生

諸仏しょぶつえんしたがひて本国ほんごくかえりたまふ りょうらく

諸仏随↠縁タマフ↢本国無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

あまねくこうさんじてしんぶつおくりたてまつる りょうらく

↢香華↡心マツル↠仏無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

ねがはくはぶつしんはるかにねんしたまへ りょうらく

クハ慈心遥護念タマヘ無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

*どうしょうあひすすむことごとくすべからくきたるべし りょうらく

同生相↠来無量楽

嘆仏呪願
    先示作法

【105】 ^つぎ*けいちて、 「*きょうらい常住じょうじゅう三宝さんぼう」 をとなへよ。

 次↢磬子↡、唱↢敬礼常住三宝↡。

 ^つぎ歎仏たんぶつ呪願しゅがんとなへよ。

 次↢歎仏呪願↡。

 ^歎仏たんぶつしをはりて、 すなはちほうによりてしちらいきょうとなへ、 ずいとなへよ。

 歎仏、即↠法↢七礼敬↡、唱↢随意↡。

三 ⅲ 正明
      嘆仏
        総嘆

【106】^ひそかにおもんみれば、 弥陀みだみょうごうしてじょうはんといふ。

レバ、弥陀妙果↢無上涅槃↡。

三 ⅲ Ⅱ a 別顕
          (一)国土荘厳

^こくはすなはち広大こうだいにしてしょうごん*遍満へんまんす。 ねん衆宝しゅぼうなり。

国土広大ニシテ荘厳遍満。自然衆宝ナリ

三 ⅲ Ⅱ a ロ (二)三尊儀相

^*観音かんのんだいひだりして*りょうし、 *せいそんすなはちへんようす。 *さんひとりはるかにして*宝縵ほうまんのぞむ。 たまうちひかりかがやかし、 *てんこえほかめぐれり。

観音大士左霊儀、勢至慈尊則右辺供養。三華独ニシテ縵臨↠躯。珠↠光、天レリ

三 ⅲ Ⅱ a ロ (三)広大会相

^しょうもんさつかず塵沙じんじゃえ、 ちょうてんおなじく*へんせざるはなし。 *ほうしょうじゅおこりてくもはしるがごとく、 *凡惑ぼんわくおなじくしょうずることさかりなるあめ*過踰かゆせり。 十方じっぽうよりきたるものみな仏辺ぶっぺんいたりて、 がくいよいようたひ、 こうをもつてめぐさんず。 ようあまねくおわりて、 ところしたがひてへんりゃくしんじょうす。

声聞・菩薩数越↢塵沙↡、化鳥・天同↠不ルハ↠遍↠会。他方聖衆起↢雲ルガ↡、凡惑同コト過↢踰ナル↡。十方ヨリ者皆到↢仏辺↡、鼓楽弥、香華ヲモテ。供養周、随↠処遍歴親承

^あるいはひゃっぽう*池渠ちこり、 あるいは*宝楼ほうろう殿でんり、 あるいは宝林ほうりん宝樹ほうじゅり、 あるいはくうのぼり、 あるいは大衆だいしゅ*しょう法食ほうじきる。 かくのごとき清浄しょうじょうしょうごんだいしょうじゅとうおなじくぎょうじ、 おなじくし、 おなじくり、 おなじくきたる。 一切いっさいちゅうしょうせざるはなし。

↢百宝池渠↡、或↢宝楼・宮殿↡、或↢宝林・宝樹↡、或↢虚空↡、或↢大衆無生法食↡。如↠是清浄荘厳大会聖衆等、同、同、同、同。一切時中↠不ルハ↢証悟↡。

三 ⅲ Ⅱ a 結嘆

^西方さいほう極楽ごくらく種々しゅじゅしょうごんたんずとも、 よくつくすことなし。

西方極楽種種荘厳歎トモ、莫↢能コト↡。

三 ⅲ Ⅱ 呪願
        明立道場由
          (一)深念輪廻苦故

【107】^しかるにいましょうしん弟子でし某甲それがしとう、 そこばくのひとはかりにだいがっしてともにじょうぜりとり、 いのち浮危ふきなること、 たとへば厳霜ごんそうむかへるにたりとる。 十方じっぽう六道ろくどうおなじくこれりんして*さいなり。 *循々じゅんじゅんとして*あいしずみてかいしずむ。

今清信弟子某甲ソレガシ等、爾許多ソコバクノ人、知↧身↢四大↡共ゼリト↥、識↣命浮危ナルコト、譬タリト↢厳霜ヘルニ↟日。十方六道同此輪廻無際ナリ。循循トシテ↢愛波↡而沈↢苦海↡。

三 ⅲ Ⅱ b イ (二)慶已得三事故

^仏道ぶつどう人身にんじんがたくしていますでにたり。 じょうきがたくしていますでにけり。 信心しんじんおこしがたくして、 いますでにおこせり。

仏道人身難クシテ↠得、今已タリ。浄土難クシテ↠聞、今已。信心難クシテ↠発、今已セリ

三 ⅲ Ⅱ b イ (三)畏無上迅速故

^あおぎておもんみれば、 こん*どうしょうしきとう、 そこばくのひと、 おそらくはいのち*せきおなじ、 ひさらすことしがたし。 *しきしょうじょうなり、 くことふうしょくえたり。

レバ、今時同生知識等、爾許多ソコバクノ人、恐畏↢石火↡、久コト↠期。識性無常ナリ、逝コトタリ↢風燭↡。

三 ⅲ Ⅱ b イ (四)修誦経念仏故

^ゆゑに人々にんにんおなじくがんじてともにおうじょうごうむすぶ。 おのおの『弥陀みだきょう』をじゅすることそこばく万遍まんべん弥陀みだねんずることそこばく万遍まんべん

人人同↢往生之業↡。各コト↢¬弥陀経¼↡爾許ソコバク遍、念コト↢弥陀爾許ソコバク遍、

三 ⅲ Ⅱ b イ (五)所造福業周備故

^またなにがしどくとうつくりてあまねくみなしゅうす。

又造↢某功徳等↡普皆周備

三 ⅲ Ⅱ b 明修其事儀

^ゆゑになにがし月日がつにち*いんしょうごんし、 どうじょう*瑩飾ようじきし、 そう*じょうして、 *宿宵しゅくしょう*ぎょうどうす。 また*おうひゃく種々しゅじゅ甘香かんこうをもつてぶつおよびそうにたてまつりて、 同心どうしんきょうす。

月日荘↢厳院宇↡、瑩↢飾道場↡、奉↢請僧尼↡、宿宵行道。又以↢廚皇百味・種種甘香↡奉↢仏及以僧徒↡、同心慶喜

三 ⅲ Ⅱ b 正明呪願
          (一)願施主同行獲益
            (Ⅰ)挙所修善

^またねがはくはかい*じゅきょう念仏ねんぶつぎょうどうし、 およびもろもろのどくとうつくらん。

又願クハ持戒・誦経・念仏・行道、及↢諸功徳等↡。

三 ⅲ Ⅱ b ハ (一)(Ⅱ)挙所為人

^当今とうこんしゅおよび*どうぎょう諸人しょにん法界ほうかいしゅじょう

当今施主及同行諸人、法界衆生、

三 ⅲ Ⅱ b ハ (一)(Ⅲ)正願獲得

^いまより以去いこ天神てんじんようして万善まんぜん扶持ぶじし、 ふくみょうごうにしてもろもろののうはなれ、 六方ろっぽう諸仏しょぶつ信心しんじんねんし、 じょう弥陀みだしんをもつて*しょうじゅしたまへ。

↠今已去、天神影衛万善扶持、福命休強ニシテ↢諸憂悩↡、六方諸仏護↢念信心↡、浄土弥陀慈心ヲモテ摂受タマヘ

^またねがはくは観音かんのんしょうじゅ*駱駅らくえきとして往来おうらいして、 念々ねんねんわするることなくはるかにしあまねくそなへて、 春秋しゅんじゅうとう*だいつねにやすく、 ざいめっふくじょうじて、 *してじょうしょうぜん。

又願クハ観音・聖衆駱駅トシテ往来、念念↠遺ルルコト、春秋冬夏四大常、罪滅福成、廻↢浄土↡。

^またねがはくはりんじゅうやまいなくしょうねん堅強けんごうにして、 *しょうじゅ来迎らいこうしたまひ、 だいあまねくあつまり、 弥陀みだこうしょうし、 さつたすけ、 ぶつしんひとしくして、 どうしょうひとしくさんじ、 うてなじょうじて一念いちねんすなはち西方さいほういたり、 ぶつ尊顔そんげんたてまつりてしょうにんさとらん。

又願クハ臨終↠病正念堅強ニシテ、聖衆来迎タマヒ、華台普、弥陀光照、菩薩扶↠身、化仏斉クシテ↠心同声、乗↠台一念即↢西方↡、見マツリテ↢仏尊顔↡悟↢無生忍↡。

三 ⅲ Ⅱ b ハ (一)(Ⅳ)結願

^あおねがはくはおうじょうどうぎょうにんとう、 かくのごときぜんん。

クハ往生同行人等、得↢如↠此↡。

三 ⅲ Ⅱ b ハ (二)願皇家万福

^またねがくはこのどく

 *大唐だいとう皇帝こうてい*やくしたてまつり、 ふくながかたく、 *しょうきわまることなからん。

又願クハ功徳、資↢益マツリ

 大唐皇帝↡、福基永、聖化無ラム↠窮コト

^またねがはくは、

 皇后こうごうしんびょうどうにして*ろっ*哀愍あいみんしたまはん。

又願クハ

 皇后慈心平等ニシテ哀↢愍タマハム六宮↡。

^またねがはくは、

 皇太こうたいˆてんのˇ おんくることよりもあつく、 山岳せんがくうつることなきにおなじく、 ふくみょう唐々とうとうとして*そうるいしてきたまふことなからん。

又願クハ

 皇太子、承コト↠恩↠地ヨリモ、同↢山岳之莫キニ↟移コト、福命唐唐トシテ↢滄波↡而無ラム↠尽タマフコト

三 ⅲ Ⅱ b ハ (三)願冥衆祐助

^またねがはくは天曹てんそう地府じふえんみょうざいしょう滅除めつじょして*ぜんみょうちゅうせん。

又願クハ天曹・地府・閻羅・伺命、滅↢除罪障↡注↢記善名↡。

三 ⅲ Ⅱ b ハ (四)願幽衆得脱

^またねがはくはしゅせんじょうめ、 餓鬼がき飢虚きこのぞき、 ごくちくしょう倶時くじだつん。

又願クハ修羅息↢戦諍↡、餓鬼除↢飢虚↡、地獄与↢畜生↡倶時↢解脱↡。

三 ⅲ Ⅱ b ハ (五)総結普願一切往生

^しゅには三界さんがいつうおうには*九居くこくくりて、 ひとしくしゃでておなじくじょうせざるはなからん。

ニハ↢三界↡横ニハ↢九居↡、莫ラム↠不ルハ↧等↢娑婆↡同↦於浄土↥。

七唱礼

【108】 ^下座げざ七礼しちらいとなへよ。

 下座唱↢七礼↡。

 ^ほんしゃ牟尼むにぶつとう一切いっさい三宝さんぼう南無なもしたてまつる。 われいま*稽首けいしゅしてらいし、 してりょう寿じゅこくおうじょうせんとがんじたてまつる。

南↢無マツル本師釈迦牟尼仏等一切三宝↡。我今稽首、廻マツル↣往↢生ムト無量寿国↡。

 ^十方じっぽうさん*じんくうへん法界ほうかい*じんせつのなかの一切いっさい三宝さんぼう南無なもしたてまつる。 われいま稽首けいしゅしてらいし、 してりょう寿じゅこくおうじょうせんとがんじたてまつる。

南↢無マツル十方三世尽虚空遍法界微塵刹土一切三宝↡。我今稽首、廻マツル↣往↢生ムト無量寿国↡。

 ^西方さいほう極楽ごくらくかい弥陀みだぶつ南無なもしたてまつる。 ねがはくはもろもろのしゅじょうとともに安楽あんらくこくおうじょうせん。

南↢無マツル西方極楽世界阿弥陀仏↡。願クハ↢諸衆生↡往↢生楽国↡。

 ^西方さいほう極楽ごくらくかいかんおん*さつ摩訶まかさつ南無なもしたてまつる。 ねがはくはもろもろのしゅじょうとともに安楽あんらくこくおうじょうせん。

南↢無マツル西方極楽世界観世音菩薩摩訶薩↡。願クハ↢諸衆生↡往↢生安楽国↡。

 ^西方さいほう極楽ごくらくかいだいせいさつ摩訶まかさつ南無なもしたてまつる。 ねがはくはもろもろのしゅじょうとともに安楽あんらくこくおうじょうせん。

南↢無マツル西方極楽世界大勢至菩薩摩訶薩↡。願クハ↢諸衆生↡往↢生安楽国↡。

 ^西方さいほう極楽ごくらくかいのもろもろのさつ摩訶まかさつ*清浄しょうじょう大海だいかいしゅ南無なもしたてまつる。 ねがはくはもろもろのしゅじょうとともに安楽あんらくこくおうじょうせん。

南↢無マツル西方極楽世界菩薩摩訶薩、清浄大海衆↡。願クハ↢諸衆生↡往↢生安楽国↡。

 ^あまねくおんさん帝王たいおう人王にんのうそう父母ぶもぜんしき法界ほうかいしゅじょうさんしょう断除だんじょして、 おなじく弥陀みだ仏国ぶっこくおうじょうすることをんがために、 一切いっさい*げんじょうじょうし、 してりょう寿じゅこくおうじょうせんとがんじたてまつる。

↤四恩・三友・帝王・人王・師僧・父母・善知識・法界衆生、断↢除三障↡、同ムガ↣往↢生コトヲ阿弥陀仏国↡、和↢上一切賢聖↡、廻マツル↣往↢生ムト無量寿国↡。

随意

【109】 ^となへをはりてすなはちずいをいへ。

 唱↢随意↡。

 ^ぎょうじゃとうにまうす。 一切いっさいときにつねにこのほうによりて、 もつてつねしきとなせ、 るべし。 きょうおくりていづれの処にかいたす。 おくりて*摩尼まに宝殿ほうでんのなかにいたらしめん。 きょうおくりていづれのところにかいたす。 おくりて*りゅう大蔵だいぞうのなかにいたらしめん。 きょうおくりていづれのところにかいたす。 おくりて西方さいほう石窟せっくつ宝函ほうかんのなかにいたらしめん。

↢行者等↡。一切↢此↡、以↢恒↡、応↠知。送↠経↢何ニカ↡。送シメム↢摩尼宝殿↡。送↠経↢何ニカ↡。送シメム↢竜宮大蔵↡。送↠経↢何ニカ↡。送シメム↢西方石窟宝函↡。

安楽あんらくぎょうどうてんぎょうがんしょうじょうほうさん かん

 

高座 道場の高座の導師。
菩薩摩訶薩 菩薩に同じ。 摩訶薩は梵語マハーサットヴァ (mahāsattva) の音写。 摩訶まかさっとも音写する。 偉大な人の意。 →さつ
下高 下は道場の下座、 高は道場の高座。
化門 しゅじょうを教化しやくする法門。 「信文類」 の引用では 「仮門」 となっている。
荘厳無勝の土 無勝荘厳国。 西方四十二ごうしゃの諸仏の国土の彼方にある釈迦仏の浄土。
真形 真の仏身。
 しゅじょうの意。
雑類 さまざまな機類。
有流 有漏うろに同じ。 煩悩ぼんのう (漏) のある存在。
 趣意。 おぼしめし。
煩篭 煩悩によってとじこめられた迷いの世界をかごに喩えていう。
四十九載 載は年の意。 釈尊の説法の年数。 ¬しゅぎょうほんきょう¼ などによれば、 釈尊じょうどうは三十歳とする。 その成道から八十歳のにゅうめつに至る五十一年間のうち成道と入滅の年を除いた四十九年間をいう。 なお、三十五歳成道が一般的。
帰宗 帰依きえし仕えること。
追尋 おいもとめることで、 しょうてんの意。
萌冥 まよっている人々。
法林 仏の教えが遍満していることを林に喩える。
一音を…悟る 仏の教えは本来ただ一つであるのに、 しゅじょうはそれぞれの素質能力に応じてさとるという意。 ¬ゆいぎょう¼ 「仏国品」 等に出る。
残結を留めず 小乗の阿羅あらかんは少しも煩悩ぼんのう (結) をとどめないという意。
生空 人空に同じ。 実体としての自我は存在しないということ。
 煩悩ぼんのうのこと。
灰身滅智…また現ずれば 小乗のさとりは身心ともに全くの無に帰した境地であるけれども、 二万ごうという時を経て、 再び心が生じ、 その心が動いて身体がまた現れるという意。
大乗を発さしむ 小乗を捨てて大乗に帰入する心をおこさせる。
衆等 大衆のこと。 道場に参集している人々。
真門 真如しんにょに至る門。
祇園 じゅきっどくおんの略称。 →おんしょうじゃ
未聞 いままでに聞いたことのない尊い教え。
舎利 しゃほつのこと。
欄楯 装飾をほどこした垣。
行樹 並木。
四宝 こんごん瑠璃るり
周帀し囲繞せり あまねくめぐり、 とりかこんでいること。
惛々 道理に暗いさま。
聾盲 →補註10
觝突 角でつくものの意で、 牛などの畜類のこと。
驚忙 おどろきあわてること。
万事の家生 すべての家業。
珠羅宝網 宝珠をつらねた飾りあみ。
網羅 羅網 (あみ) に同じ。
玲瓏 すきとおって美しく光り輝くさま。
行々整直 規則正しく並んでいるさま。
湛然 静かに落ち着いているさま。
階道 階段状になった道。
玻瓈 水晶のこと。
金銀… →七宝しっぽう
八功の香池 はっどくすいの池。
重楼 楼閣に同じ。
映飾 照らし合うこと。
一箇 ひとつのれんの台。
真常 変わることのないまことの法。
天の楽 すぐれた音楽。
清旦 すがすがしい朝。
衣裓 花を盛る器。
食時をもつて 食事の時までにの意。
一々に親承して 十方世界の各々の仏に親しく仕えて。
飛騰 空間を自由自在に移動すること。
白鵠 鶴の一種。 白鳥またはてんともいう。
和雅の音 調和のとれた優雅な声。
 実体。
宣流 のべひろめること。
宝行樹 宝でできている並木。
宝羅網 宝珠をつらねた飾りあみ。
如説 経説のとおり。
行来進止 行くのもとどまるのも。
無為法性の身 すべての限定を超えたさとりの身。
宝鳥 阿弥陀仏の変化であるところの宝の鳥。
哀婉雅亮 深い情趣をたたえて、 しなやかに響きわたり、 優雅・明澄であること。
八聖慈悲門 はっしょう道分どうぶんのこと。
因の広弘願 因位の時の広大な誓願。 →じゅうはちがん
鳥身 びゃっこうじゃく等の鳥のすがた。
無請に 誰も懇請こんせいしないのに。
微波 さざ波。
他方の凡聖 極楽以外の世界のぼんと聖者。
阿弥師 阿弥陀大師の略。
三悪 三悪さんまくどうのこと。
塵沙の会 数限りない説法の会座。
八徳の香池 はっどくすいの香池。
潅注 (宝池の水を) そそぐこと。
徐々 静かにおちついているさま。
檀林 栴檀せんだん (香木) の林。
無央 そうの漢訳である無央数の略。
後際を徹窮して 未来際を尽して。 未来永劫に。
霊儀の相好 (阿弥陀仏の) 尊く威儀のあるすがた。
巍々 けだかくおごそかに輝くさま。
仏会 阿弥陀仏の説法の会座。 ここでは極楽浄土のこと。
因より いんの法蔵菩薩の時から。
勇猛専精 いさましく一筋にはげむこと。
有識含霊 有識も含霊もともに心のはたらきを有するものの意。 しゅじょうじょうに同じ。
 浄土の中央。
葉々 蓮華のはなびら。
正坐 華台に座してしょうがくを得ること。
聖化同居すれども 聖者の教化とともにありながら。
驢骨 ろばのように愚かな性質。
生処 生れるべきところ。
初生 新たに往生した者。
限極なき 数に限りがない。
劫にも… 一劫の間数えても、 きわめ尽すことができない。
同生の善知識 同じく往生を願う者。
仏化 阿弥陀仏の教化。
惛々 道理に暗いさま。
希有の法 尊くすぐれた教え。
真空 真実の空。 この上ないさとり。
広長の舌相を出して 仏の説くところがもうでないという証誠しょうじょうの意を示す。 広長の舌相は仏の三十二相の一。
等覚尊 一如いちにょ平等の理をさとられた方。 仏の意。
終時正意 臨終正念。 臨終の時に心が乱れないこと。
悲智双行… おのずから常に智慧ちえと慈悲との二つをならべて行ずるという意。
我見 実態的な自我の存在を認め、 それに執着する見解。
邪貪 道理にはずれた欲望。
増上慢 いまださとりを得ていないのに、 さとったと思っておごりたかぶること。
八相大希奇 →八相はっそう
舌を舒べて… 仏の説くところがもうでないというしょうじょうの意を示す。 「広長の舌相を出して」 に同じ。
牟尼 梵語ムニ (muni) の音写。 聖者の意。 ここでは釈迦牟尼仏のこと。
間雑 他の想がまじわること。
自家国 往生者の本国。
善巧 善巧方便。 衆生を導くためのたくみな手段、 方法。
偏心に ひとえに。
終時 臨終時。 いのちがおわる時。
利根 素質能力のすぐれた者。
深坑 深いあな。 さんを喩えていう。
疑謗 仏法を疑いそしること。
 仏法以外の謝った教え。
 鬼神。
餧ふ もつを与える。
 恩恵。
災障禍横 災難。 わざわい。
聾盲脚折れ手攣撅す →補註10
神明 前出の鬼・神魔のこと。
承事 つかえること。
快楽の国 極楽浄土。
逍遥 安らかにおもむくこと。
畢竟常安 究極的な常住安楽。
示悟 教え導いて、 さとりを得させること。
 往生浄土の業因。
仏華台主 れんだいの仏。
甚難希有の事 世にもまれなむずかしい事。
一切世間難信の法 ¬小経¼ の教説は、 世間の道理を超越しているから、 はなはだ信じ難いということ。 それはまたこの教説の尊高をあらわしている。
悩濁 煩悩ぼんのうじょく
叢林棘刺 くさむら・はやし・いばら・とげ。
中夭 不慮の死。 または早死のこと。
清閑 清浄しょうじょう、 静寂であること。
禅念 六波羅蜜のうちの禅定と智慧。
五濁増の時 じょくの増大した時代。
方便破壊 種々の手段で仏徳をこわすこと。
生盲闡提の輩 仏の教えに目がひらかれず、 仏になる因をもたないもの。 しょうぼうを疑いそしるもののこと。 →補註10
毀滅 うちこわし、 ほろぼすこと。
破法罪 仏法を破壊する罪。
伺命 司命。 人の生命を司る神。
五道 閻羅王に仕える冥官。 五道 (地獄・餓鬼がきちくしょう・人・天) のしゅじょうの罪を裁く。
太山 太山たいせんくん。 太山は中国の五岳のうちの東岳とうがく泰山たいざんのこと。 中国では閻羅王と同一視された。
三十六王 ¬かんじょうきょう¼ に説かれる三十六の善神。
形像 仏像。
加備 不思議な力を加え与えること。 加被とも書く。
無身有身無識有識 無身有身と無識有識のこと。 無身無識は身体・心識がいまだ現れない時、 有身有識は身体・心識が現れた後をいう。
故殺 わざと殺すこと。
戯笑殺 たわむれに殺すこと。
随喜殺 人が殺すのを見聞して喜ぶこと。
教他盗 他を教えて盗ませること。
放逸盗 ほしいままに盗むこと。
無間盗 ひまなく盗むこと。
貪味為財盗 味をむさぼり財のために盗むこと。
逼掠 せめおびやかすこと。
無慚愧作 ざんの心なくおこなうこと。
邪貪悪貪作 邪悪な欲望の心でなすこと。
虚誑 もうのこと。 いつわりの言葉。
調戯 綺語きごのこと。 まことのないかざった言葉。
邪瞋 よこしまないかり。 →しん
邪痴顛倒悪見顛倒 さとりにそむくよこしまな愚痴とさとりにそむく悪い考え。 →愚痴ぐち悪見あくけん
周慞 あわてふためくこと。
八万四 八万四千の略。 多数の意。
棄々 すてること。
虚華 空中にうかぶまぼろしの華。 くうともいう。
有識含情 情識を有するもの。 じょうしゅじょう
無漏 ここでは煩悩ぼんのうのけがれのない浄土のこと。
劫尽きん… ここでの劫は減劫げんこうの意。 減劫は人間の寿命が次第に減じていく期間。 減劫が終りに近づくにしたがって、 じょくの世の相はますますはげしくなっていくという。
西路 西方浄土への往生を勧める教え。
好き強縁 しょうりんしゅつするすぐれた縁。
究竟解脱 この上ないさとりを得ること。
根源 (迷いの世界にとどまる) 根本的原因。
他郷 しゃ世界のこと。 しゅじょうにとって真実の故郷というべきは阿弥陀仏の浄土であるから、 娑婆を他郷という。
慈悲巧方便 慈悲のたくみな手段。
聖土 浄土。
同行 同じく浄土を願う者。
策励 つとめはげむこと。
法輪相続して転じ 仏の教えがつづいてひろまり。 仏の説かれた教えは、 衆生の煩悩ぼんのうをうちくだき、 次々とひろまってゆくので、 これを車輪に喩えていう。
行華 華を配ること。
讃人 和讃のもの。 ともに和して讃文を唱える人。
三帀・七帀 (仏座の周囲を) 三周、 七周すること。
般舟三昧楽 「般舟三昧楽」 は讃文の発声の句として、 「願往生」 「無量楽」 等は唱和の句として用いられたもの。 →般舟はんじゅ三昧ざんまい
道場の聖衆 浄土から道場に来臨した聖者たち。
帰還 (本国である極楽に) かえること。
名願 名号願力。
不虚 (念仏往生が) もうでなく、 真実であるということ。
聖衆 阿弥陀仏と観音・勢至等の菩薩たち。
弥陀大会 阿弥陀仏の説法の会座。
閻浮の同行人 えんだいの念仏の行者。
存亡の利益 現存者と亡者の利益の意。
形枯命断 身体がくちはて命がおわること。
同生 同じく往生を願う者。
磬子 梵唄ぼんばい読誦どくじゅの際に用いる梵音具 (鳴器)。 主に銅でつくり、 打棒で鳴らす。
敬礼常住三宝 常住の三宝を敬礼したてまつる。
霊儀 威厳があるすがたを示すこと。
天の声 諸天が阿弥陀仏をほめたたえる声。
 阿弥陀仏の説法の会座。
他方の聖衆 他方の世界より来訪した菩薩衆。
凡惑 ぼんのこと。
過踰 超えていること。
無生法食 法にかなった無生のさとりを食するという意。
無際 きわまるところがない。
循々 長くめぐるさま。
愛波 貪愛とんないを波に喩えていう。
同生知識 同じく往生を願う者。
石火 火打ち石をうって出す火。 非常に短い時間をいうときの喩え。
識性 心識。
院宇 寺院の建物。
瑩飾 美しく飾ること。
奉請 道場への来入を懇請こんせいすること。
宿宵 徹夜。
行道 道場の仏座の周囲をまわり歩くこと。
廚皇 料理場。
同行 同じく往生を願う者。
駱駅 往来が引き続いて絶え間ないさま。
四大 身体のこと。 身体はすいふうの四大よりなると考えられていた。
聖衆 阿弥陀仏と観音・勢至等の菩薩たち。
大唐の皇帝… へいしゅつの書式。 皇帝等の称号を書く場合、 戒行表記をするのが通例であった。
資益 たすけやくすること。
聖化 尊い導き。
六宮 こうきゅうの異称。
滄波 あおあおとした波。
善名を注記せん 善根ぜんごんを名簿に記録する。
九居 三界さんがいのうちでしゅじょうが喜びねがう九種の居処。 よくかいの人天・梵衆天ぼんしゅてん極光ごくこうじょうてんへんじょうてんそうてんくうへんしょしきへんしょしょしょそう非非ひひそうしょの九種。
微塵刹土 微塵は仏教でいう物質の最小単位。 刹は梵語クシェートラ (kşetra) の音写で国土の意。 微塵のように無数の国土。
清浄大海衆 清浄で海のように広大な浄土の聖者たち。
摩尼宝殿 そつてんにあるろく菩薩の座処。
竜宮大蔵 大海中の竜王の宮にある仏のたくさんの遺法をおさめた蔵のこと。
→◎ⒶⒷ
→Ⓒ
与仏→Ⓒ仏与
硨磲→Ⓒ璖
雨天→Ⓒ而雨
→Ⓒ
→Ⓒ
→Ⓒ
→◎
 Ⓑになし
→Ⓑ
→Ⓑ
→Ⓒ
→Ⓒ
→◎ⒶⒷ
→Ⓒ
→Ⓒ
→Ⓒ