禿とくしょう じょう

・述意

【1】 ^*賢者けんじゃしんきて、  *禿とくしんあらわす。 ↢賢者↡ 顕↢愚禿
^賢者けんじゃしんは、   うちけんにしてほかなり。 賢者    内ニシテ愚也
^禿とくしんは、   *うちにしてほかけんなり。 愚禿    内ニシテ賢也

大判略説
  列標

【2】 ^*しょうどうじょうきょうについて、 きょうあり。 ↢聖道・浄土↡有↢二教↡
一にはだいじょうきょう 二には小乗しょうじょうきょうなり。 ニハ大乗 ニハ小乗ナリ

正判
    分判
      大乘
        総示

【3】 ^*だいじょうきょうについて、 きょうあり。 ↢大乗教↡有↢二教↡
一にはとんぎょう 二にはぜんぎょうなり。 ニハ頓教 ニハ漸教ナリ

一 Ⅱ ⅰ a 別明【二双四重
          (一)頓教
            (Ⅰ)標挙

【4】 ^*とんぎょうについて、 またきょうちょうあり。 ↢頓教↡復有↢二教・二超↡

一 Ⅱ ⅰ a ロ (一)(Ⅱ)牒判
              (ⅰ)二教

^きょうとは、 二教
^一には*なんぎょうしょうどう*じっきょうなり。 いはゆる*ぶっしん*真言しんごん*ほっ*ごんとうきょうなり。 ニハ難行聖道之実教ナリ↠謂仏心・真言・法華・華厳等之教也
^二には*ぎょうじょう本願ほんがん真実しんじつきょう、 ¬*だいりょう寿じゅきょう¼ とうなり。 ニハ易行浄土本願真実之教、¬大无量寿経¼等也

一 Ⅱ ⅰ a ロ (一)(Ⅱ)(ⅱ)二超

^ちょうとは、 二超
^一には*しゅちょう *即身そくしんぶつ*即身そくしんじょうぶつとう*しょうなり。 ニハ竪超 即身是仏・即身成仏等之証果也
^二には*おうちょう *せんじゃく本願ほんがん*真実しんじつほう*即得そくとくおうじょうなり。 ニハ横超 選択本願・真実報土・即得往生也

一 Ⅱ ⅰ a ロ (二)漸教
            (Ⅰ)標挙

【5】 ^*ぜんぎょうについて、 またきょうしゅつあり。 ↢漸教↡復有↢二教・二出↡

一 Ⅱ ⅰ a ロ (二)(Ⅱ)牒釈
              (ⅰ)二教

^きょうとは、 二教
^一には*なんぎょうどうしょうどう*ごんきょう*法相ほっそうとう*りゃくこうしゅぎょうきょうなり。 ニハ難行道聖道権教、法相等、歴劫修行之教也
^二には*ぎょうどうじょう*要門ようもん、 ¬*りょう寿じゅぶつかんぎょう¼ のこころ*じょうさん*三福さんぷく*ぼんきょうなり。 ニハ易行道浄土要門、¬无量寿仏観経¼之意、定散三福九品之教也

一 Ⅱ ⅰ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅱ)二出

^しゅつとは、 二出
一には*しゅしゅつ しょうどうりゃくこうしゅぎょうしょうなり。 ニハ竪出聖道、歴劫修行之証也
二には*おうしゅつ じょう*たい*へん*まん*おうじょうなり。 ニハ横出浄土、胎宮・辺地・懈慢之往生也

一 Ⅱ ⅰ 小乗
       

【6】 ^*小乗しょうじょうきょうについて、 きょうあり。 ↢小乗教↡有↢二教↡

一 Ⅱ ⅰ b 正明
          (一)縁覚乗

^一には*縁覚えんがくきょう ニハ縁覚教
一に*りんどくかく、 二に*ぎょうどくかく 麟喩独覚部行独覚

一 Ⅱ ⅰ b ロ (二)声聞乗

^二には*しょうもんぎょうなり。 ニハ声聞教ナリ
*しょ預流よるこうだい一来いちらいこう第三だいさんげんこうだい阿羅あらかんこう*八輩はっぱいなり。 初果  預流向 第二果 一来向第三果 不還向 第四果 阿羅漢向 八輩也

一 Ⅱ 結成

【7】 ^ただ弥陀みだ如来にょらいせんじゃく本願ほんがんのぞきて以外いげの、 だいしょう権実ごんじつ顕密けんみつしょきょうは、 みなこれなんぎょうどう*しょうどうもんなり。 またぎょうどう*じょうもんきょうは、 これを*じょうこう発願ほつがんりき方便ほうべんもんといふなりと、 るべし。 唯除↢阿弥陀如来選択本願↡已外、大小・権実・顕密諸教、皆是難行道、聖道門ナリ。又易行道、浄土門之教、是↢浄土廻向発願自力方便仮門↡也、応↠知

別釈広陳
  示三経宗致【三経宗致】
    正明
      正約三経一致
        大経
          (一)

【8】 ^¬*だいきょう¼ に、 *せんじゃく三種さんしゅあり。 ¬大経¼選択三種アリ

二 Ⅰ ⅰ a イ (二)列釈
            (Ⅰ)法蔵菩薩

^*法蔵ほうぞうさつ 一 蔵菩薩
せんじゃく本願ほんがん せんじゃくじょう 選択本願 選択浄土
せんじゃくせっしょう せんじゃくしょう 選択摂生 選択証果

二 Ⅰ ⅰ a イ (二)(Ⅱ)世饒王仏

^*にょうおうぶつ 二 饒王仏
せんじゃく本願ほんがん せんじゃくじょう 選択本願 選択浄土
せんじゃく讃嘆さんだん せんじゃく*証成しょうじょう 選択讃嘆 選択証成

二 Ⅰ ⅰ a イ (二)(Ⅲ)釈迦如来

^*しゃ如来にょらい 三 迦如来
せんじゃく*ろくぞく 選択弥勒付属

二 Ⅰ ⅰ a 観経
          (一)

【9】 ^¬*かんぎょう¼ に、 せんじゃくしゅあり。 ¬観経¼選択二種アリ

二 Ⅰ ⅰ a ロ (二)列釈
            (Ⅰ)釈迦選択

^ しゃ如来にょらい 一 迦如来
せんじゃくどく せんじゃく摂取せっしゅ 選択功徳 選択摂取
せんじゃく讃嘆さんだん せんじゃくねん 選択讃嘆 選択護念
せんじゃく*なんぞく 選択阿難付属

二 Ⅰ ⅰ a ロ (二)(Ⅱ)韋提選択

^*だいにん 二 提夫人
せんじゃくじょう せんじゃくじょう 選択浄土 選択浄土

二 Ⅰ ⅰ a 小経
          (一)

【10】^¬*小経しょうきょう¼ に、 勧信かんしんに二、 *証成しょうじょうに二、 *ねんに二、 *讃嘆さんだんに二、 なんに二あり。 ¬小経¼勧信、証成、護念二、讃嘆二、難易アリ

二 Ⅰ ⅰ a ハ (二)列釈
            (Ⅰ)正釈
              (ⅰ)勧信

^勧信かんしんに二とは、 勧信
一にはしゃ勧信かんしんなり、 *しゃに二あり。 ニハ釈迦勧信ナリ 釈迦アリ
二には諸仏しょぶつ勧信かんしんなり、 *諸仏しょぶつに二あり。 ニハ諸仏勧信ナリ 諸仏アリ

二 Ⅰ ⅰ a ハ (二)(Ⅰ)(ⅱ)証誠

^証成しょうじょうに二とは、 証成
一にはどく証成しょうじょう 二にはおうじょう証成しょうじょうなり。 ニハ功徳証成 ニハ往生証成ナリ

二 Ⅰ ⅰ a ハ (二)(Ⅰ)(ⅲ)護念

^ねんに二とは、 護念
一にはしゅうねん しゃねんなり。 ニハ執持護念 釈迦護念ナリ
二には発願ほつがんねん 諸仏しょぶつねんなり。 ニハ発願護念 諸仏護念ナリ

二 Ⅰ ⅰ a ハ (二)(Ⅰ)(ⅳ)讃嘆

^讃嘆さんだんに二とは、 讃嘆
一にはしゃ讃嘆さんだんに二あり。 二には諸仏しょぶつ讃嘆さんだんに二あり。 ニハ釈迦讃嘆アリ ニハ諸仏讃嘆アリ

二 Ⅰ ⅰ a ハ (二)(Ⅰ)(ⅴ)難易

^なんに二とは、 難易
一にはなん*じょうなり。 二には*信心しんじんなり。 疑情ナリ 信心ナリ

二 Ⅰ ⅰ a ハ (二)(Ⅱ)追釈

^*しゅうに三あり。 *こんとうなり。 *発願ほつがんに三あり。 こんとうなり。 執持アリ 已今当ナリ 発願アリ 已今当ナリ

二 Ⅰ ⅰ 因約三経差別

【11】^¬*ほうさん¼ に*さんおうじょうあり。 ¬法事讃¼有↢三往生↡
一には、 *なん思議じぎおうじょうは、 ¬だいきょう¼ の*しゅうなり。 難思議往生  ¬大経¼宗ナリ
二には、 *双樹そうじゅりんおうじょうは、 ¬かんぎょう¼ のしゅうなり。 双樹林下往生 ¬観経¼宗ナリ
三には、 *なんおうじょうは、 ¬*弥陀みだきょう¼ のしゅうなり。 難思往生   ¬弥陀経¼宗ナリ

二 Ⅰ 追釈

【12】^¬だいきょう¼ (意) にのたまはく、 「本願ほんがん証成しょうじょうしたまふに、 *三身さんしんまします」 と。 ¬大経¼言 証↢成タマフニ本願↡三身マシマス
*法身ほっしん証成しょうじょう ¬きょう¼ (大経・上) にのたまはく、 「くうちゅうにしてさんじてのたまはく、 ªけつじょうしてかならずじょうしょうがくじょうじたまふべしº」 と。 文 法身証成 ¬経¼言、「空中ニシテ、決定タマフベシト↢无上正覚↡」文
*報身ほうじん証成しょうじょう 十方じっぽう如来にょらいなり。 報身証成 十方如来ナリ
*しん証成しょうじょう にょうおうぶつなり。 化身証成 世饒王仏ナリ

論身土差別【仏身仏土】
    総標

【13】^ぶつについてしゅあり。 ↢仏土↡有↢二種↡
一にはぶつ 二にはなり。 者仏 者土ナリ

二 Ⅱ 別釈
      示仏
        標列

【14】^ぶつについてしゅあり。 ↠仏↢四種↡
一には*法身ほっしん 二には*報身ほうじん ニハ法身 ニハ報身
三には*応身おうじん 四には*化身なり。 ニハ応身 ニハ化身ナリ

二 Ⅱ ⅱ a 分判
          (一)明法身

【15】^*法身ほっしんについてしゅあり。 ↢法身↡有↢二種↡
一には*ほっしょう法身ほっしん 二には*方便ほうべん法身ほっしんなり。 ニハ法性法身 ニハ方便法身ナリ

二 Ⅱ ⅱ a ロ (二)明報身

【16】^報身ほうじんについてさんしゅあり。 ↢報身↡有↢三種↡
一には弥陀みだ 二にはしゃ ニハ弥陀 ニハ釈迦
三には十方じっぽうなり。 ニハ十方ナリ

二 Ⅱ ⅱ a ロ (三)合示応化

【17】^おうについてさんしゅあり。 ↢応・化↡有↢三種↡
一には弥陀みだ 二にはしゃ ニハ弥陀 ニハ釈迦
三には十方なり。 ニハ十方ナリ

二 Ⅱ ⅱ 明土
        標列

【18】^についてしゅあり。 ↠土↢四種↡
一には法身ほっしん 二には報身ほうじん 法身 報身
三には応身おうじん 四にはしんなり。 応身 化身ナリ

二 Ⅱ ⅱ b 分判
          (一)報土

【19】^ほうについてさんしゅあり。 ↢報土↡有↢三種↡
一には弥陀みだ 二にはしゃ 弥陀 釈迦
三には十方じっぽうなり。 十方ナリ

二 Ⅱ ⅱ b ロ (二)化土

【20】^弥陀みだ化土けどについてしゅあり。 ↢弥陀化土↡有↢二種↡
一には*じょうたい 二には*まん*へんなり。 ニハ疑城胎宮 ニハ懈慢辺地ナリ

明一乗機法【一乗機教】
    顕一乗法
      約絶対明
        正明

【21】^*本願ほんがんいちじょうは、 *頓極とんごく*頓速とんそく*えんにゅう*円満えんまんきょうなれば、 *絶対ぜったい不二ふにきょう*一実いちじつ*真如しんにょどうなりと、 るべし。 せんがなかのせんなり、 とんがなかのとんなりしんのなかのしんなり、 えんのなかのえんなり。 いちじょう一実いちじつだい誓願せいがんかいなり。 *第一だいいち希有けうぎょうなり。 本願一乗、頓極・頓速・円融・円満之教ナレ、絶対不二之教、一実真如之道也、応↠知。専中之専ナリ、頓中之頓ナリ、真中之真ナリ、円中之円ナリ。一乗一実大誓願海ナリ 第一希有之行也
【22】^金剛こんごう*真心しんしんは、 *無礙むげ信海しんかいなりと、 るべし。 金剛真心、无信海ナリト、応↠知

二 Ⅲ ⅰ a 引証

【23】^¬しょ¼ (*玄義分) にいはく、 「われ*さつぞう*とんぎょう*いちじょうかいとによる」 と。 ¬疏¼云、「我依ルトイヘリ↢菩薩蔵頓教一乗海トニ↡。」
【24】^¬さん¼ (*般舟讃) にいはく、 「¬*瓔珞ようらくきょう¼ のなかには*ぜんぎょうく。 万劫まんごうこうしゅして*退たいしょうす。 ¬かんぎょう¼・¬弥陀みだきょう¼ とうせつは、 すなはちこれとんぎょう*だいぞうとなり」 と。 ¬讃¼云、「¬瓔珞経¼中ニハ↢漸教↡。万劫修↠功↢不退↡。¬観経¼・¬弥陀経¼等、即頓教菩提蔵トナリ。」

二 Ⅲ ⅰ a 釈字

【25】^*円頓えんどんとは、 えんえんにゅう円満えんまんづく。 とん頓極とんごく頓速とんそくづく。 円頓↢円融・円満↡頓↢頓極・頓速

二 Ⅲ ⅰ 約相対論
        総示
          (一)標挙

【26】^きょうたい 二教対

二 Ⅲ ⅰ b イ (二)指定

^本願ほんがんいちじょうかいは、 頓極とんごく頓速とんそくえんにゅう円満えんまんきょうなりと、 るべし。 本願一乗海、頓極・頓速・円融・円満之教也、応↠知
^じょう*要門ようもんは、 *じょうさんぜん*方便ほうべん*もん*三福さんぷく*ぼんきょうなりと、 るべし。 浄土要門、定散二善・方便仮門・三福九品之教也、応↠知

二 Ⅲ ⅰ b 別列

1なんたい        3横竪おうじゅたい 難易対    横竪対
 2頓漸とんぜんたい       *4超渉ちょうしょうたい 頓漸対    超渉対
40しんたい     5順逆じゅんぎゃくたい    15じゅんぞうたい 真仮対  順逆対  純雑対
じゃしょうたい        8しょうれつたい 邪正対    勝劣対
 9しんたい        6だいしょうたい 親疎対    大小対
 7しょうたい       13重軽じゅうきょうたい 多少対    重軽対
*18通別つうべつたい      *16きょうたい 通別対    径迂対
*17しょうたい       14こうきょうたい 捷遅対    広狭対
10近遠ごんおんたい      *37りょうりょうきょうたい 近遠対    了不了教対
42だいしょうたい    *27じょうじょうたい 大利小利対  无上有上対
*32不回ふえこうたい     31せつせつたい 不廻廻向対  自説不説対
*44がんがんたい     せいせいたい 有願无願対  有誓无誓対
39せんせんたい      35さんさんたい 選不選対   讃不讃対
34しょうしょうたい      33不護ふごたい 証不証対   護不護対
*20いんみょう直弁じきべんたい     22じんじんたい 因明直辨対  理尽非理尽対
24けんけんたい     26相続そうぞくぞくたい 無間有間対  相続不続対
19退たい退たいたい      25だんだんたい 退不退対   断不断対
*30いんぎょうとくたい     42法滅ほうめつめつたい 因行果徳対  法滅不滅対
43りきりきたい     45摂取せっしゅせつたい 自力他力対  摂取不摂対
*46にゅうじょうじゅにゅうたい   *29思議しぎたい 入定聚不入対 思不思議対
*47ほう二土にどたい 報化二土対

二 Ⅲ ⅰ b 結文

 ^じょうじゅうたい きょうぼうくと、 るべし。  已上四十二対 クト↢教法↡応↠知

二 Ⅲ 明一乗機
      就絶対明
        顕其機

【27】^真実しんじつじょう信心しんじんは、 *内因ないいんなり。 真実浄信心 内因ナリ
摂取せっしゅしゃは、 *えんなり。 摂取不捨 外縁ナリ

二 Ⅲ ⅱ a 釈其相

【28】^本願ほんがん信受しんじゅするは、 *前念ぜんねん命終みょうじゅうなり。 信↢受ルハ本願↡、前念命終ナリ
すなはち*正定しょうじょうじゅかず(*論註・上意) と。 文 ↢正定聚之数↡」文
^即得そくとくおうじょうは、 *ねんそくしょうなり。 即得往生、後念即生ナリ
そくとき*ひつじょう(*易行品) と。 文 「即時入↢必定↡」文
また 「*ひつじょうさつづくるなり(*地相品・意) と。 文 又「名↢必定菩薩↡也」文

二 Ⅲ ⅱ a 結具徳

【29】^*りき*金剛こんごうしんなりと、 るべし。 他力金剛心也、応↠知
^*すなはち*ろくさつおなじ。 便↢弥勒菩薩
*りき金剛こんごうしんなりと、 るべし。 自力金剛心也、応↠知
¬だいきょう¼ (下) には 「*にょろく」 とのたまへり。 文 ¬大経ニハ¼言↢「次如弥勒」↡文

二 Ⅲ ⅱ 約相対弁
        総標

【30】^たい 二機対
^いちじょう円満えんまんは、 りきなり。 一乗円満他力ナリ
^*ぜんぎょうしんは、 りきなり。 漸教廻心自力ナリ

二 Ⅲ ⅱ b 別明

1しんたい       けんたい 信疑対    賢愚対
* 2善悪ぜんあくたい        3しょうじゃたい 善悪対    正邪対
 4是非ぜひたい        5じつたい 是非対    実虚対
 6しんたい        7じょうたい 真偽対    浄穢対
こうしゅたい       みょうたい 好醜対    妙麁対
 8どんたい      * 9奢促しゃそくたい 利鈍対    奢促対
*じょうたい       ごうにゃくたい 希常対    強弱対
上上じょうじょう下下げげたい     しょうれつたい 上々下々対  勝劣対
*じきにゅうしんたい    *11みょうあんたい 直入廻心対  明闇対

二 Ⅲ ⅱ b 結文

 ^じょう じゅうはちたい 二機にきくと、 るべし。  已上 十八対 クト↢二機↡応↠知

二 Ⅲ ⅱ 広明機類
        標列

【31】^またしゅについて、 またしゅ*しょうあり。 又就↢二種↡復有↢二種性↡
^二機にきとは、 二機
一には*ぜん 二にはあくなり。 ニハ善機 ニハ悪機ナリ
^しょうとは、 二性
一にはぜんしょう 二にはあくしょうなり。 ニハ善性 ニハ悪性ナリ

二 Ⅲ ⅱ c 別釈
          (一)明善機

【32】^またぜんについてしゅあり 又復就↢善機↡有↢二種↡
また*ぼうしょうあり。 又有↢傍正↡
一には*じょう 二には*さんなり。 ニハ定機 ニハ散機ナリ
¬しょ¼ (*序分義) に 「一切いっさいしゅじょうしゅあり、 一にはじょう、 二にはさんなり」 といへり。 文 ¬疏¼云↢「一切衆生二種、一者定二者散ナリ」↡文
【33】^またぼうしょうありとは、 又有リト↢傍正↡者
一には*さつ*だいしょう 二には*縁覚えんがく ニハ菩薩 大小 ニハ縁覚
三には*しょうもん*びゃくとう ニハ声聞・辟支等
じょうぼうなり。 浄土之傍機也
四にはてん 五には人等にんとうなり。 ニハ ニハ人等ナリ
じょうしょうなり。 浄土之正機也

二 Ⅲ ⅱ c ロ (二)明善性

【34】^またぜんしょうについてしゅあり。 又復就↢善性↡有↢五種↡
一にはぜんしょう 二にはしょうしょう ニハ善性 ニハ正性
三にはじつしょう 四にはしょう ニハ実性 ニハ是性
五にはしんしょうなり。 ニハ真性ナリ

二 Ⅲ ⅱ c ロ (三)明悪機

【35】^またあくについて七種しちしゅあり。 又復就↢悪機↡有↢七種↡
一には*じゅうあく 二には*じゅう ニハ十悪 ニハ四重
三には*けん 四には*かい ニハ破見 ニハ破戒
五には*ぎゃく 六には*謗法ほうぼう ニハ五逆 ニハ謗法
七には*闡提せんだいなり。 ニハ闡提ナリ

二 Ⅲ ⅱ c ロ (四)明悪性

【36】^またあくしょうについてしゅあり 又復就↢悪性↡有↢五種↡
一にはあくしょう 二にはじゃしょう ニハ悪性 ニハ邪性
三にはしょう 四にはしょう ニハ虚性 ニハ非性
五にはしょうなり。 ニハ偽性ナリ

二 Ⅲ 結引諸文【引証成義】
      玄義分

【37】^こうみょうしょう (善導) のいはく (玄義分) 光明寺和尚ノタマハ
*道俗どうぞく*しゅとう 「道俗時衆等
 おのおのじょうしんおこせども、  各ドモ↢無上
*しょうはなはだいとひがたく、  生死甚↠厭
 仏法ぶっぽうまたねがひがたし。  仏法復難↠忻
 ともに金剛こんごうこころざしおこして、  共↢金剛
 おう*四流しるちょうだんせよ。  横超↢断セヨ四流
 弥陀みだかい*かんにゅうして、  観↢入弥陀界
 帰依きえがっしょうらいしたてまつ*れ。  帰依合掌マツレ
*相応そうおう一念いちねんのち  相応一念
 はんんひ」 といへりと。  果得↢涅槃ヒトトイヘリ

二 Ⅲ ⅲ 浄土論

【38】^¬*じょうろん¼ にいはく、 ¬浄土論¼曰
そん、 われ一心いっしんに、 「世尊我一心
*じん十方じっぽう無礙むげこう如来にょらい  帰↢命マツリテ尽十方
*みょうしたてまつりて、  無光如来
*安楽あんらくこくしょうぜんとがんず。  願↠生ムト↢安楽国
われ*しゅ多羅たら  我依↢修多羅
*真実しんじつどくそうによりて、  真実功徳相
*がんそうきて、  説↢願偈総持
 ぶっきょう相応そうおうせり」 と。  与↢仏教↡相応セリトノタマヘリ

二 Ⅲ ⅲ 無量寿経

【39】^¬*仏説ぶっせつりょう寿じゅきょう¼ (下) にのたまはく、 *こう僧鎧そうがい三蔵さんぞうやく ¬仏説無量寿経¼言 康僧鎧三蔵訳
^ªわが*めつのちをもつて、 またわくしょうずることをることなかれ。 *当来とうらい*きょうどう滅尽めつじんせんに、 われ慈悲じひ*哀愍あいみんをもつて、 *こときょうとどめてじゅうすることひゃくさいせん。 それしゅじょうありて、 このきょうもうあふもの、 こころ所願しょがんしたがひてみな*とくすべしº と。 「無↠得コト↧以↢我滅度之後↡、復生コトヲ↦疑惑↥。当来之世、経道滅尽ムニ、我以↢慈悲哀愍↡、特↢此↡、止住ルコト百歳セム。其↢衆生↡、値↢斯↡者、随↢意所願↡、皆可シト↢得度↡。
^ぶつろくかたりたまはく、 ª如来にょらいこうもうあひがたくたてまつりがたし。 諸仏しょぶつきょうどうがたくきがたし。 さつ*しょうぼうしょ*波羅はらみつくをることまたかたし。 *ぜんしきひ、 ほうき、 よくぎょうずること、 これまたかたしとす。 もしこのきょうきてしんぎょうじゅすること、 なんのなかのなん、 このなんぎたるはなけん。 仏語タマハク↢弥勒如来興世、難↠値↠見マツリ。諸仏経道、難↠得難↠聞。菩薩勝法、諸波羅密、得コト↠聞クヲ亦難。遇↢善知識↡、聞↠法ルコト、此亦為↠難シト。若↢斯↡、信楽受持コト、難中之難、無ケム↠過タルハ↢此↡。
^このゆゑにわがほうかくのごとくなしき、 かくのごとくき、 かくのごとくおしふ。 まさにしんじゅんしてほうのごとくしゅぎょうすべしº」 と。 法、如↠是シキ、如↠是、如↠是シト↢当信順↠法修行↡。」

二 Ⅲ ⅲ 如来会

【40】^¬*りょう寿じゅ如来にょらい¼ (下) にのたまはく、 *だい流志るし三蔵さんぞうやく ¬無量寿如来会¼言 菩提流支三蔵訳
*如来にょらいしょうへんくう 「如来勝智徧虚空
 所説しょせつごんは、 ただぶつのみのさとりなり。  所説義言唯仏ノミナリ
 このゆゑにひろ*しょきて、  是↢諸智土
 わがきょう如実にょじつごんしんずべし」 と。  応シト↠信↢我教如実↡」

二 Ⅲ ⅲ 平等覚経

【41】^¬*りょう清浄しょうじょうびょうどうがくきょう¼ (二) にのたまはく、 *帛延はくえん三蔵さんぞうやく ¬無量清浄平等覚経¼言 帛延三蔵訳
速疾そくしつえてすなはち、 「速疾便↠到
 安楽あんらくこくかいいたるべし。  安楽国之世界
*りょうこうみょういたりて、  至↢無量光明土
 しゅぶつようしたてまつれ」 と。  供↢養マツレト於無数↡」

二 Ⅲ ⅲ 大阿弥陀経

【42】^¬**諸仏しょぶつ弥陀みださん三仏さんぶつ薩楼さるぶつだん過度かど人道にんどうきょう¼ (下) にのたまはく、 *けん三蔵さんぞうやく ¬諸仏阿弥陀三耶三仏薩楼仏檀過度人道経¼言 支謙三蔵訳
^われ*はつ泥洹ないおんしてきてのちきょうどう留止るしせんこと千歳せんざいせん。 千歳せんざいのちきょうどう断絶だんぜつせん。 われみなあいして、 ことにこのきょうぼうとどめてじゅうせんことひゃくさいせん。 ひゃくさいのうちにおわらん。 いまし休止くし断絶だんぜつせん。 こころしょがんにありてみなどうべし」 と。 「我般泥洹後、経道留止セムコト千歳セム。千歳後、経道断絶セム。我皆慈哀、特↢是経法↡、止住ムコト百歳セム。百歳。乃休止断絶セム。在↢心所願↡、皆可シト↠得↠道。」

二 Ⅲ ⅲ 照師義疏

【43】^*がんじょうりっ ¬*弥陀みだきょうしょ¼ にいはく、 だいりっなり 元照律師¬阿弥陀経義疏¼云 大智律師也
^「ª*せいしょうº にいはく、 ª十方じっぽう如来にょらいしゅじょう憐念れんねんしたまふこと、 ははおもふがごとしº と。 ¬大論だいろん¼ (*大智度論) にいはく、 ªたとへばぎょのもしおもざれば、 すなはちらんするとうのごとしº と。 「勢至章、十方如来、憐↢念タマフコト衆生↡、如シト↢母フガ↟子。¬大論¼云、譬シト↢魚母レバ↠念↠子、子即壊爛
^のく多羅たら、 ここにはじょうほんず、 さんみゃくしょうとうといふ、 さんだいしょうがくといふ。 すなはち*ぶっごうなり。 阿耨多羅、此ニハ↢无上↡。三藐↢正等↡。三菩提↢正覚↡。即仏果ナリ
^*はく*ぼん業惑ごうわく*纏縛てんばくせられて*どう*てんせることひゃく千万せんまんごうなり。 たちまちにじょうきて、 がんしてしょうもとむ。 一日いちにちみなしょうすればすなはちかのくにゆ。 諸仏しょぶつねんしてただちに*だいおもむかしむ。 薄地凡夫、業惑纏縛ラレテ、流↢転コト五道↡、百千万劫ナリ。忽↢浄土↡、志願↠生。一日称レバ↠名、即↢彼↡。諸仏護念、直シム↢菩提↡。
^おもふべし、 万劫まんごうにももうあひがたし。 せんしょうひとたびちかいもうあへり。 今日こんにちよりらいしゅうじんすとも、 在所ざいしょにして讃揚さんようし、 ほうにして勧誘かんゆうせん。 所感しょかんしんしょえん弥陀みだひとしくしてあることなけん。 このしんきわまりなし、 ただぶつしょうしたまへ。 ↠謂、万劫ニモ↠逢、千生タビヘリ↠誓。従↢今日↡終↢尽トモ未来↡、在処ニシテ讃揚、多方ニシテ勧誘。所感身土・所化機縁、与↢阿弥陀↡等クシテ、无ケム↠有コト↠異。此心罔↠極、唯仏証知タマヘ
^このゆゑにしもたびしんすすむ。 わがことばしんずるものは、 おしえしんずといふなり。 *わが十方じっぽう諸仏しょぶつしんぜざるがごとしと、 あにもうなるをや」 と。 、下タビ↠信。信↢我↡者、謂↠信ズト↠教也。如シト↠不ルガ↠信↢我十方諸仏↡、豈虚妄ナルヲ。」
 *ほんにいはく  本
   *けんちょう七年しちねんきのとのうはちがつじゅう七日しちにちこれをく。    建長七年 八月廿七日書
禿とく*親鸞しんらんはちじゅうさんさい 愚禿親鸞 八十三歳

禿とくしょう 

・述意

【44】^*賢者けんじゃしんきて、  *禿とくしんあらわす。 ↢賢者↡ 顕↢愚禿
^賢者けんじゃしんは、   うちけんにしてほかなり。 賢者    内ニシテ愚也
^禿とくしんは、   *うちにしてほかけんなり。 愚禿    内ニシテ賢也

重引弁心相
    【略標疏文】
      科釈

【45】^*とうちょう*こうみょうしょう (*善導) の ¬かんぎょう¼ (*散善義) にいはく、 唐朝光明寺和尚¬観経義¼云
^まづ*じょうぼん上生じょうしょうくらいのなかについて、 一には ª仏告ぶつごうなんº より以下いげは、 すなはちならべてひょうす。 一にはごうみょうかす。 二にはそのくらいべんじょうすることをかす。 これすなはち*だいじょうじょうぜん修学しゅがくするぼんにんなり。 「先↢上品上生↡、 ニハ↢仏告阿難↡以下、即↢二↡。一ニハ↢告命↡、二ニハ↣辨↢定コトヲ↡。此修↢学大乗上善↡凡夫人也。
^三には ªにゃくしゅじょうº よりしも ª即便そくべんおうじょうº にいたるまでこのかたは、 まさしくそうじて*しょうるいぐることをかす。 すなはちそれにあり。 一には*能信のうしんにんかす。 二にはおうじょうがんすることをかす。 三には*発心ほっしんしょうかす。 四には*とくしょうやくかす。 ニハ↢若有衆生↡下、至マデ↢即便往生↡已来タハ、正↣総コトヲ↢有生之類↡。即↢其四↡。一ニハ↢能信之人ニハ↣求↢願コトヲ往生ニハ↢発心多少ニハ↢得生之益↡。
^四には ªとうさんº よりしも ªひっしょうこくº にいたるまでこのかたは、 まさしく三心さんしんべんじょうしてもつてしょういんとなすことをかす。 すなはちあり。 一には*そん*したがひてやくあらわすこと、 *みつにしてりがたし。 ぶつみづからひてみづからあらわしたまふにあらざれば、 るによしなきことをかす。 二には如来にょらいかえりてみづからさき三心さんしんかずこたへたまふことをかす。 ニハ↢何等為三↡下、至マデ↢必生彼国↡已来タハ、正↧辨↢定三心↡、以スコトヲ↦正因↥。即↠二。一ニハ↧世尊随↠機コト↠益、意密ニシテ↠知レバ↢仏タマフニ↡、无キコトヲ↞由↠得ルニ↠解。二ニハ↣如来還タマフコトヲ↢前三心之数↡。

二 Ⅳ ⅰ 正釈
        牒経

 ^¬きょう¼ (観経) にのたまはく、 ª一にはじょうしんº。 ¬経¼云、一者至誠心。

二 Ⅳ ⅰ b 釈字

^とはしんなり、 じょうとはじつなり。 者真ナリ、誠者実ナリ

二 Ⅳ ⅰ b 釈義
          (一)総釈
            (Ⅰ)直弁

^一切いっさい*しゅじょう*しん口意くいごうしゅするところの*ぎょう*かならず*真実しんじつ心のうちになしたまへるをもちゐんことをかさんとおもふ。 ↠明ムト↣一切衆生、身口意業↠修解行、必ムコトヲ↢真実心タマヘルヲ↡。

二 Ⅳ ⅰ b ハ (一)(Ⅱ)簡非

^ほか*賢善けんぜんしょうじんそうげんずることをざれ、 うち*虚仮こけいだければなり。 *貪瞋とんじんじゃかんひゃくたんにして*あくしょうめがたし、 こと*蛇蝎じゃかつおなじ。 *三業さんごうおこすといへども、 づけて*雑毒ぞうどくぜんとなす、 また虚仮こけぎょうづく、 真実しんじつごうづけざるなり。 ↠得↣外ルコトヲ↢賢善精進之相↡、内レバナリ↢虚仮↡。貪瞋・邪偽・奸詐百端ニシテ、悪性難。事同↢蛇蝎↡。雖↠起スト↢三業↡、名↢雑毒之善↡、亦名↢虚仮之行↡、不↠名↢真実↡也。
^もしかくのごとき*安心あんじん*ぎょうをなすは、 たとひ身心しんしんれいしてにちじゅう二時にじきゅうもときゅうになすこと、 *ねんはらふがごとくするは、 すべて雑毒ぞうどくぜんづく。 この雑毒ぞうどくぎょうしてかのぶつじょうしょうせんとおもふは、 これかならず不可ふかなり。 ↢如↠此安心・起行↡者、縦使苦↢励身心↡、日夜十二時、急モトコトクスル↠灸フガ↢頭燃↡者、衆↢雑毒之善↡。欲↧廻↢此雑毒之行↡、求↦生ムト浄土↥者、此不可也。

二 Ⅳ ⅰ b ハ (一)(Ⅲ)示由

^なにをもつてのゆゑに、 まさしくかの*弥陀みだぶつ*いんちゅうさつぎょうぎょうじたまひしときない*一念いちねんいち*せつも、 三業さんごう所修しょしゅみなこれ真実しんじつしんのなかに*なしたまひしによりてなり。 おほよそほどこしたまふところしゅをなす、 またみな真実しんじつなりと。 テナリ↧彼阿弥陀仏、因中タマ↢菩薩↡時、乃至一念一刹那、三業所修、皆是真実心タマヒシニ↥。凡所↠施タマフ↢趣求↡、亦皆真実ナリト

二 Ⅳ ⅰ b ハ (二)別釈
            (Ⅰ)標二種

^また真実しんじつしゅあり、 一には*自利じり真実しんじつ、 二には*利他りた真実しんじつなり」 と。 又真実↢二種↡者自利真実、二者利他真実ナリト。」

二 Ⅳ ⅰ b ハ (二)(Ⅱ)別釈
              (ⅰ)助釈利他

【46】^利他りた真実しんじつについて、 またしゅあり。 ↢利他真実↡亦有↢二種↡
^一には、 「おほよそほどこしたまふところしゅをなすは、 またみな真実しんじつなり」 と。 者凡所↠施タマフスハ↢趣求↡、亦皆真実ナリト
^二には、 「*ぜん三業さんごうは、 かならず真実しんじつしんのなかにてたまひしをもちゐよ。 またもしぜん三業さんごうおこさば、 かならず真実しんじつしんのなかになしたまひしをもちゐて、 *ないみょうあんえらばず、 みな真実しんじつもちゐるがゆゑにじょうしんづく」 と。 者不善三業↢真実心タマヒシヲ↡、又若↢善三業、必↢真実心タマヒシヲ↡、不↠簡↢内外明闇↡、皆須ルガ↢真実↡故クト↢至誠心

二 Ⅳ ⅰ b ハ (二)(Ⅱ)(ⅱ)引自利文
                (a)

【47】^自利じり真実しんじつといふは、 またしゅあり。 「言↢自利真実↡者、復有↢二種↡。

二 Ⅳ ⅰ b ハ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(b)
                  (イ)竪出真実

^一には、 真実しんじつしんのなかに自他じた諸悪しょあくおよび*こくとう*制捨せいしゃして、 *行住ぎょうじゅう坐臥ざがに ª一切いっさいさつ諸悪しょあく制捨せいしゃするにおなじく、 われもまたかくのごとくせんº とおもへとなり。 ^二には、 真実しんじつしんのなかに自他じた*ぼんしょうとうぜん勤修ごんしゅすべしと。 者真実心、制↢捨自他諸悪及穢国等↡、行住坐臥、想↧同↣一切菩薩制↢捨ルニ諸悪↡、我亦如クセムト↞是也。二者真実心、勤↢修スベシト自他凡聖等↡。

二 Ⅳ ⅰ b ハ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(ロ)横出真実
                    [一]口業

^真実しんじつしんのなかの*ごうに、 かの弥陀みだぶつおよび*しょうほう*讃嘆さんだんすべし。 また真実しんじつしんのなかのごうに、 *三界さんがい*六道ろくどうとう自他じた*しょうほうあく*えんし、 また一切いっさいしゅじょう三業さんごうしょぜん讃嘆さんだんすべし。 もし善業ぜんごうにあらずは、 つつしみてこれをとおざかれ、 また*ずいせざれとなり。 真実心口業、讃↢嘆ベシ阿弥陀仏及依正二報↡。又真実心口業、毀↢厭三界六道等自他依正二報、苦悪之事↡、亦讃↢嘆ベシ一切衆生三業所為↡。若↢善業↡者、敬カレ↠之、亦不レト↢随喜↡也。

二 Ⅳ ⅰ b ハ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(ロ)[二]身業

^また真実しんじつしんのなかの*身業しんごうに、 *がっしょうらいきょうして、 *四事しじとうをもつてかの弥陀みだぶつおよびしょうほう*ようしたてまつれ。 また真実しんじつしんのなかの身業しんごうに、 この*しょう三界さんがいとう自他じたしょうほうきょうまん厭捨えんしゃすべし。 又真実心身業、合掌礼敬、四事等ヲモテ供↢養マツレ阿弥陀仏及依正二報↡。又真実心身業、軽↢慢厭↣捨ベシ生死三界等自他依正二報↡。

二 Ⅳ ⅰ b ハ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(ロ)[三]意業

^また真実しんじつしんのなかの*ごうに、 かの弥陀みだぶつおよびしょうほうそう*観察かんざつ*憶念おくねんして、 まえげんぜるがごとくすべし。 また真実しんじつしんのなかのごうに、 このしょう三界さんがいとう自他じたしょうほうきょうせん厭捨えんしゃすべし」 となり。 又真実心意業、思↢想観↣察憶↤念阿弥陀仏及依正二報↡、如クスベシ↠現ゼルガ↢目↡。又真実心意業、軽↢賎厭↣捨ベシトナリ生死三界等自他依正二報↡。」

二 Ⅳ 広明三心
      正明三心
        至誠心
          (一)就文略定
          (二)就義広判
            (Ⅰ)正明二種

【48】^一にはじょうしん」 といふは、 とはしんなり、 じょうとはじつなり。 すなはち真実しんじつなり。 真実しんじつしゅあり。 者至誠心トイフ者 至者真ナリ、誠者実ナリ真実也 真実二種
^一には自利じり真実しんじつなり。 者自利真実ナリ
*なんぎょうどう *しょうどうもん 難行道 聖道門
*しゅちょう *即身そくしんぶつ*即身そくしんじょうぶつ*りきなり。 *しゅしゅつ りきのなかの*ぜんぎょう*りゃくこうしゅぎょうなり。 竪超 即身是仏即身成仏自力也 竪出 自力中之漸教歴劫修行也
^二には利他りた真実しんじつなり。 者利他真実ナリ
*ぎょうどう *じょうもん 易行道 浄土門
*おうちょう 如来にょらい誓願せいがん*りきなり。 *おうしゅつ りきのなかのりきなり。 *じょうさんしょぎょうなり。 横超 如来誓願他力也 横出 他力中之自力ナリ定散諸行也

二 Ⅳ ⅱ a イ (二)(Ⅱ)別釈自利
              (ⅰ)分別二門

【49】^自利じり真実しんじつについて、 またしゅあり。 ↢自利真実↡復有↢二種↡
^一には*えん真実しんじつなり。 者厭離真実ナリ
しょうどうもん なんぎょうどう 聖道門 難行道
しゅしゅつ りき 竪出 自力
しゅしゅつとは*なんぎょうどうきょうなり、 えんをもつてほんとす、 りきしんなるがゆゑなり。 竪出者難行道之教ナリ、以↢厭離↡為↠本、自力之心ナルガ故也
^二には*ごん真実しんじつなり。 者忻求真実ナリ
じょうもん ぎょうどう 浄土門 易行道
おうしゅつ りき 横出 他力
おうしゅつとは*ぎょうどうきょうなり、 ごんをもつてほんとす、 なにをもつてのゆゑに、 願力がんりきによりてしょう厭捨えんしゃせしむるがゆゑなりと。 横出者易行道之教ナリ、以↢忻求↡為↠本、何、由↢願力↡令ルガ↣厭↢捨生死↡之故也

二 Ⅳ ⅱ a イ (二)(Ⅱ)(ⅱ)弁明横出

【50】^またおうしゅつ真実しんじつについて、 またさんしゅあり。 又就↢横出真実↡、復有↢三種↡
^一にはごうごん真実しんじつ 者口業忻求真実
ごうえん真実しんじつなり、    口業厭離真実ナリ
^二には身業しんごうごん真実しんじつ 者身業忻求真実
身業しんごうえん真実しんじつなり、    身業厭離真実ナリ
^三にはごうごん真実しんじつ 者意業忻求真実
ごうえん真実しんじつなり。    意業厭離真実ナリ

二 Ⅳ ⅱ a イ (二)(Ⅱ)(ⅲ)指示文段

【51】^しゅう (善導)しゃくもんあんずるに、 一者いっしゃ真実しんじつしんちゅう以下いげより、 「自他じたぼんしょうとうぜん」 にいたるまでは、 えんさきとしごんのちとす。 すなはちこれなんぎょうどうりきしゅしゅつなり。 真実しんじつしんちゅうごう以下いげより、 「自他じたしょうほう」 にいたるまでは、 すなはちこれぎょうどうりきおうしゅつなり。 ルニ↢宗師釈文↡、従↢「一者真実心中」已下↡、至マデ↢「自他凡聖等善」↡者、厭離為↠先、忻求為↠後。則是難行道・自力・竪出之義也。従↢「真実心中口業」已下↡、至マデ↢「自他依正二報」者、則是易行道・他力・横出之義也。

二 Ⅳ ⅱ a 深信
          (一)略標疏文
            (Ⅰ)本疏
              (ⅰ)牒経釈名

【52】^二には*深心じんしん深心じんしんといふは、 すなはちこれ深信じんしんしんなり。 またしゅあり。 「二者深心。言↢深心↡者、即是深信之心也。亦有↢二種↡。

二 Ⅳ ⅱ a ロ (一)(Ⅰ)(ⅱ)弁深信相

^一には、 けつじょうして ª*しんげんにこれ*罪悪ざいあくしょうぼん*曠劫こうごうよりこのかたつねにもっし、 つねに*てんして、 *しゅつえんあることなしº と深信じんしんす。 者決定深↢信自身是罪悪生死凡夫、曠劫ヨリ已来、常流転、无シト↟有コト↢出離之縁↡。
^二には、 けつじょうして ªかの弥陀みだぶつ*じゅう八願はちがんをもつてしゅじょう*しょうじゅしたまふ、 うたがいなくおもんぱかりなく、 *願力がんりきじょうずれば、 さだめておうじょうº と深信じんしんせよ」 となり。 者決定深↧信ヨトナリ阿弥陀仏四十八願ヲモテ、摂↢受タマフ衆生↡、无↠疑无↠慮、乗ズレバ↢彼願力↡、定↦往生↥。」

二 Ⅳ ⅱ a ロ (一)(Ⅱ)私釈

 ^いまこの深信じんしんりきごく*金剛こんごうしん*いちじょうじょう真実しんじつしんかいなり。 今斯深信者、他力至極之金剛心、一乗无上之真実信海也

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)案文分別
            (Ⅰ)総列二種
              (ⅰ)

【53】^もんこころあんずるに、 深信じんしんについて*しち深信じんしんあり、 *ろくけつじょうあり ルニ↢文↡、就↢深信↡有↢七深信↡、有↢六決定↡

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅰ)(ⅱ)
                (a)七深信

^しち深信じんしんとは、 七深信
^だい一の深信じんしんは、 「けつじょうしてしん深信じんしんする」 と、 すなはちこれ*自利じり信心しんじんなり。 第一深信、決定深↢信自身↡、即是自利信心也
^だい深信じんしんは、 「けつじょうしてじょう願力がんりき深信じんしんする」 と、 すなはちこれ利他りた信海しんかいなり。 第二深信、決定深↢信乗彼願力↡、即是利他信海也
^だいさんには、 「けつじょうして ¬*かんぎょう¼ を深信じんしん」 と。 第三ニハ決定深↢信¬観経¼↡
^だいには、 「けつじょうして ¬*弥陀みだきょう¼ を深信じんしん」 と。 第四ニハ決定深↢信¬弥陀経¼↡
^だいには、 「ただ*ぶつしんけつじょうしてぎょうによる」 と。 第五ニハ唯信↢仏語↡決定↠行
^だいろくには、 「この ¬きょう¼ (観経) によりて深信じんしん」 と。 第六ニハ↢此¬経¼↡深信
^だいしちには、 「また深心じんしん深信じんしんけつじょうして*しんこんりゅうせよ」 となり。 第七ニハ又深心深信者、決定建↢立セヨトナリ自心

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅰ)(ⅱ)(b)六決定

^*ろくけつじょうとは、 じょう*いでのごとし、 るべし。 六決定已上如↠次デノ↠知

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)別顕後三
              (ⅰ)明第五信
                (a)

【54】^*だいの「唯信ゆいしんぶつ」 について、 三遣さんけんさんずいじゅんさんみょうあり。 利他信心第五唯信仏語↡、有↢三遣・三随順・三是名↡

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅰ)(b)

^*三遣さんけんとは、 三遣
一には、 「ぶつめたまふをば、 すなはち」 と。 ニハタマフヲ↠捨
二には、 「ぶつぎょうめたまふをば、 すなはちぎょう」 と。 ニハタマフヲ↠行
三には、 「ぶつめたまふところをば、 すなはち」 となり。 ニハタマフ↠去ヲバルトナリ
^*さんずいじゅんとは、 三随順
一には、 「これぶっきょうずいじゅんすとづく」 と。 ニハ↣随↢順スト仏教
二には、 「ぶつずいじゅん」 と。 ニハ随↢順仏意
三には、 「これ仏願ぶつがんずいじゅんすとづく」 となり。 ニハクトナリ↣随↢順スト仏願
^*さんみょうとは、 三是名
一には、 「これ*しんぶつ弟子でしづく」 となり。 ニハトナリ↢真仏弟子
かみみょうとこれとがっしてさんみょうなり。 是名与↠此合三是名也

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅱ)明第六信
                (a)

【55】^*だいろくに「この ¬きょう¼ (観経) によりてじんしんする」 について、 六即ろくそく三印さんいんさんろくしょうりょうあり。 依¬観経¼第六↢此¬経¼↡深信ルニ↥、有↢六即・三印・三無・六正・二了↡

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(b)

^*六即ろくそくとは、 六即
一には、 「もしぶつかなへば、 すなわ*いんして ªにょにょº とのたまふ」 と。 ニハカナヘ↢仏意↡、即印可シテ↢如是如是
二には、 「もしぶつかなはざれば、 すなわち ªなんぢらがくところ、 このにょº とのたまふ」 と。 ニハカナ↢仏意、即↢汝等所説是義不如是
三には、 「いんせざるは、 すなわ*無記むきやくおな」 と。 ニハ↠印者、即ジト↢无記・无利・无益之語
四には、 「ぶついんしたまふは、 すなわぶつ正教しょうきょうずいじゅんするなり」 と。 ニハ印可タマフ者、即随↢順ルナリ仏之正教
五には、 「もしぶつしょ言説ごんせつは、 すなわちこれ正教しょうきょうなり」 と。 ニハ所有言説、即是正教ナリ
六には、 「もしぶつ所説しょせつは、 すなわちこれ了教りょうきょうなり」 となり。 ニハ所説、即是了教ナリトナリ
^三印さんいんとは、 三印
一にはそくいん 二にはいん ニハ即印可 ニハ不印
三にはぶついんなり。 三印さんいんかみ六即ろくそくもんのなかにあり。 ニハ仏印可ナリ 三印者有↢上六即
^さんとは、 三無
一には無記むき 二には無利むり ニハ无記 ニハ无利
三にはやくなり。 さん六即ろくそくもんのなかにあり。 ニハ无益ナリ 三無者有↢六即
^*ろくしょうとは、 六正
一には正教しょうきょう 二にはしょう ニハ正教 ニハ正義
三には正行しょうぎょう 四にはしょう ニハ正行 ニハ正解
五にはしょうごう 六にはしょうなり。 ニハ正業 ニハ正智ナリ
^*りょうとは、 二了
一には、 「もしぶつ所説しょせつは、 すなはちこれ了教りょうきょうなり」 と。 ニハ所説、即是了教ナリ
二には、 「さつとうせつは、 ことごとく了教りょうきょうづくるなり」 と、 るべし。 ニハ菩薩等、尽クル↢不了教↡也、応↠知

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅲ)明第七信
                (a)就人立信
                  (イ)総明
                    [一]

【56】^*だいしちの「また深心じんしん深信じんしん」 については、 けつじょうしてしんこんりゅうするに、 べつさんいち問答もんどうあり。 自利信心第七又深心深信↡者、決定建↢立ルニ自心↡、有↢二別・三異・一問答↡

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅲ)(a)(イ)[二]
                      [Ⅰ]明二別三異

^*べつとは、 二別
一には*べつ 二には*べつぎょうなり。 ニハ別解 ニハ別行ナリ
^*さんとは、 三異
一には*がく 二には*けん ニハ異学 ニハ異見
三には*しゅうなり。 ニハ異執ナリ

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅲ)(a)(イ)[二][Ⅱ]明一問答
                        [ⅰ]

【57】^*いち問答もんどうのなかに、 べつしんあり。 一問答↢四別・四信↡

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅲ)(a)(イ)[二][Ⅱ][ⅱ]
                          [a]四別

^*べつとは、 四別
一には処別しょべつ 二にはべつ ニハ処別 ニハ時別
三にはたいべつ 四にはやくべつなり。 ニハ対機別 ニハ利益別ナリ

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅲ)(a)(イ)[二][Ⅱ][ⅱ][b]四信

^*しんとは、 四信
一にはおうじょう信心しんじんぼん*なんなり。 ニハ往生信心 凡夫疑難也
二には清浄しょうじょう信心しんじん*ぜんさつ*かん*びゃくぶつとうなんなり。 ニハ清浄信心 地前菩薩・羅漢・辟支仏等疑難也
三には上上じょうじょう信心しんじんなり、 しょじょうじゅうこのかたのなんなり。 ニハ上々信心ナリ 初地已上十地已来タノ疑難也
四にはひっきょうじて一念いちねん退たいしんおこさざるなり。 報仏ほうぶつぶつなんなり。 ニハ畢竟↠起↢一念疑退之心↡也 報仏・化仏疑難也

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅲ)(a)(ロ)別示
                    [一]上々信心
                      [Ⅰ]

【58】^上上じょうじょう信心しんじんについて、 じつ二異にいあり。 ↢上々信心↡、有↢五実・二異↡

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅲ)(a)(ロ)[一][Ⅱ]

^*じつとは、 五実
一には真実しんじつけつりょうなり、 二にはじっ ニハ真実決了義ナリ ニハ実知
三にはじつ 四には実見じっけん ニハ実解 ニハ実見
五にはじっしょうなり。 ニハ実証ナリ
^二異にいとは、 二異
一にはけん 二には異解いげなり。 ニハ異見 ニハ異解ナリ

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅲ)(a)(ロ)[二]報化疑難
                      [Ⅰ]

【59】^ほうぶつなんについて、 ¬弥陀みだきょう¼ をいてしんすすむるに、 せんどうしょ六悪ろくあくどう三所さんしょあり。 ↢報化二仏疑難↡、引↢¬弥陀経¼↡勧ルニ↠信、有↢二専・四同・二所化・六悪・二同・三所↡

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅲ)(a)(ロ)[二][Ⅱ]

^*せんとは、 二専
一には専念せんねん 二には専修せんじゅなり。 *しゅなり。 ニハ専念 ニハ専修ナリ 五種也
^*どうとは、 四同
一には同讃どうさん 二には同勧どうかん ニハ同讃 ニハ同勧
三にはどうしょう 四には*同体どうたいなり。 ニハ同証 ニハ同体ナリ
^*しょとは、 二所化
一には、 「一仏いちぶつしょはすなはちこれ一切いっさいぶつなり」 と、 ニハ一仏所化、即是一切仏ナリ
二には、 「一切いっさいぶつしょはすなはちこれ一仏いちぶつなり」 となり。 ニハ一切仏所化、即是一仏ナリトナリ
^*六悪ろくあくとは、 六悪
一にはあく 二にはあくかい ニハ悪時 ニハ悪世界
三にはあくしゅじょう 四には*悪見あくけん ニハ悪衆生 ニハ悪見
五にはあく煩悩ぼんのう 六には*悪邪あくじゃしんじょうなり。 ニハ悪煩悩 ニハ悪邪无信盛時也
^*どうとは、 二同
一には十方じっぽうぶつとう同心どうしんなり、 ニハ十方仏等同心ナリ
二にはどうにおのおの*舌相ぜっそういだす。 ニハ同時↢舌相
^*三所さんしょとは、 三所
一には所説しょせつ 二には所讃しょさん ニハ所説 ニハ所讃
三にはしょしょうなり。 ニハ所証ナリ

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅲ)(a)(ロ)[二][Ⅲ]

【60】^一仏いちぶつ所説しょせつは、 すなはち一切いっさいぶつおなじくその*証成しょうじょうしたまふなり。 これを*にんいてしんつとづくるなり」 と、 るべし。 一仏所説、即一切仏同証↢成タマフ↡也。此クル↢就↠人ツト↟信、応↠知

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅲ)(b)就行立信
                  (イ)総標二行

【61】^つぎ*ぎょういてしんつとは、 しかるにぎょうしゅあり。 ↠行ツト↠信者、然↢二種↡
一には*正行しょうぎょう、 二には*ぞうぎょうなり」 と。 ニハ者正行 ニハ者雑行ナリ

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅲ)(b)(ロ)別釈二行
                    [一]

【62】^正行しょうぎょうについて、 *正行しょうぎょうろく一心いっしん*ろく専修せんじゅあり。 ↢正行↡、有↢五正行・六一心・六専修↡

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅲ)(b)(ロ)[二]

^*正行しょうぎょうとは、 五正行
一には一心いっしんせん読誦どくじゅ 二には一心いっしんせんかんざつ ニハ一心専読誦 ニハ一心専観察
三には一心いっしんせん礼仏らいぶつ 四には一心いっしんせんしょうぶつみょう ニハ一心専礼仏 ニハ一心専称仏名
五には一心いっしんせん讃嘆さんだんようなり。 ニハ一心専讃嘆供養ナリ
^またこのしょうのなかについて、 またしゅあり。 又就↢此↡復有↢二種↡
一には、 「一心いっしん弥陀みだみょうごう専念せんねんする、 これを*正定しょうじょうごうづく」 と。 者一心専↢念弥陀名号↡、是↢正定之業
二には、 「もし礼誦らいじゅとうによるはすなはちづけて*助業じょごうとなす」 となり。 者若ルハ↢礼誦等↡、即ストナリ↢助業
^*ろく一心いっしんとは、 いでのごとく一心いっしんなり。 六一心↠次デノ一心也
^*ろく専修せんじゅとは、 いでのごとく専修せんじゅなり。 六専修↠次デノ専修也

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅲ)(b)(ハ)広明正雑
                    [一]双開二種

【63】^またしょうぞうぎょうについて、 またぎょうあり。 又復就↢正雑二行↡、復有↢二行↡
一には*定行じょうぎょう 二には*さんぎょうなり。 者定行 者散行也
【64】^またしょうぞうについて、 またしゅあり。 又復就↢正雑↡復有↢二種↡
一には*念仏ねんぶつ 二には*観仏かんぶつなり。 ニハ念仏 ニハ観仏ナリ

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅲ)(b)(ハ)[二]錯綜別釈
                      [Ⅰ]念仏正雑

【65】^また念仏ねんぶつについて、 またしゅあり。 又就↢念仏↡復有↢二種↡
一には弥陀みだ念仏ねんぶつ 二には諸仏しょぶつ念仏ねんぶつなり。 ニハ弥陀念仏 ニハ諸仏念仏ナリ
*法身ほっしん   *報身ほうじん   *応身おうじん   *しん 法身 報身 応身 化身

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅲ)(b)(ハ)[二][Ⅱ]正念仏定散

【66】^また弥陀みだ念仏ねんぶつについて、 しゅあり。 又復就↢弥陀念仏↡、有↢二種↡
一には正行しょうぎょう*じょうしん念仏ねんぶつ ニハ正行定心念仏ナリ
二には正行しょうぎょう*散心さんしん念仏ねんぶつなり。 ニハ正行散心念仏ナリ
 弥陀みだじょうさん念仏ねんぶつ、 これをじょう*真門しんもんといふ、 また*一向いっこう専修せんじゅづくるなりと、 るべし。  弥陀定散念仏、是↢浄土真門↡、亦名クル↢一向専修↡也、応↠知

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅲ)(b)(ハ)[二][Ⅲ]雑念仏定散

【67】^また諸仏しょぶつ念仏ねんぶつについて、 しゅあり。 又復就↢諸仏念仏↡、有↢二種↡
一にはぞうぎょうじょうしん念仏ねんぶつ ニハ雑行定心念仏
二にはぞうぎょう散心さんしん念仏ねんぶつなり。 ニハ雑行散心念仏ナリ
 諸仏しょぶつじょうさん念仏ねんぶつは、 これぞうちゅうせんぎょうなりと、 るべし。  諸仏定散念仏、是雑中之専行也、応↠知

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅲ)(b)(ハ)[二][Ⅳ]観仏正雑

【68】^また観仏かんぶつについて、 またしゅあり。 又復就↢観仏↡、復有↢二種↡
一には*しょう観仏かんぶつ 二には*ぞう観仏かんぶつなり。 ニハ正之観仏 ニハ雑之観仏ナリ

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅲ)(b)(ハ)[二][Ⅴ]正観真仮

【69】^またしょう観仏かんぶつについて、 またしゅあり 又復就↢正観仏↡、復有↢二種↡
一には*真観しんかん 二には*かんなり。 ニハ真観ナリ ニハ仮観ナリ
【70】^またしんについて、 じゅうさん観想かんそうあり。 又復就↢真仮↡、有↢十三観想↡
*日想にっそう  *水想すいそう  *そう  *宝樹ほうじゅそう 日想 水想 地想 宝樹想
*ほう  *宝楼ほうろう  *華座けざ  *像想ぞうそう 宝池 宝楼 華座 像想
*真観しんかん  *観音かんのん  *せい  *かん 真観 観音 勢至 普観
*雑観ざっかん 雑観

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅲ)(b)(ハ)[二][Ⅵ]正中散行

【71】^またしょうさんぎょうについて、 しゅあり。 又復就↢正散行↡、有↢四種↡
*読誦どくじゅ   *礼拝らいはい   *讃嘆さんだん   *よう 読誦 礼拝 讃嘆 供養

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅲ)(b)(ハ)[二][Ⅶ]結示雑修

【72】^かみよりこのかた*じょうさん六種ろくしゅけんぎょうするがゆゑに*雑修ざっしゅといふ、 これを*助業じょごうづく、 づけて*方便ほうべん*もんとなす、 またじょう*要門ようもんづくるなりと、 るべし。 ヨリ、定散六種兼行ルガ↢雑修↡、是↢助業↡、名↢方便仮門↡、亦名クル↢浄土要門↡也、応↠知

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅲ)(b)(ハ)[二][Ⅷ]雑観理事

【73】^またぞう観仏かんぶつについて、 しゅあり。 またしんあり。 又復就↢雑観仏↡、有↢二種↡ 又有↢真仮↡
一には*そうねん 二には*立相りっそうじゅうしんなり。 ニハ无相離念 ニハ立相住心ナリ

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅲ)(b)(ハ)[二][Ⅸ]雑中散行

【74】^またぞうさんぎょうについて、 *三福さんぷくあり。 又復就↢雑散行↡、有↢三福↡
一には、 きょうよう父母ぶも奉事ぶじちょうしんせつしゅじゅうぜんごうなり。 ニハ孝養父母、奉事師長、慈心不殺、修十善業ナリ
二には、 じゅさんそく衆戒しゅかいぼん威儀いぎなり。 ニハ受持三帰、具足衆戒、不犯威儀ナリ
三には、 ほつだいしん深信じんしんいん読誦どくじゅだいじょう勧進かんじんぎょうじゃなり。 ニハ発菩提心、深信因果、読誦大乗、勧進行者ナリ

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅲ)(b)(ハ)[二][Ⅹ]結示雑行

【75】^かみよりこのかた一切いっさいじょうさん諸善しょぜんことごとくぞうぎょうづく、 六種ろくしゅしょうたいして六種ろくしゅぞうあるべし。 ぞうぎょうごんにんてんさつとうぎょうぞうするがゆゑにぞうといふなり。 もとよりこのかたじょう業因ごういんにあらず、 これを発願ほつがんぎょうづく、 また*しんぎょうづく、 ゆゑにじょうぞうぎょうづく、 これをじょう方便ほうべんもんづく、 またじょう要門ようもんづくるなり。 ヨリ、一切定散諸善悉↢雑行↡、対↢六種↡応↠有↢六種雑↡。雑行之言、人・天・菩薩等解行雑ルガ↠雑也。自↠元来↢浄土業因↡、是↢発願↡、亦名↢廻心↡、カルガユヱ↢浄土雑行↡、是↢浄土方便仮門↡、亦名↢浄土要門↡也。

二 Ⅳ ⅱ a ロ (二)(Ⅱ)(ⅲ)(b)(ハ)[三]結示分斉

^おほよそしょうどうじょうしょうぞうじょうさん、 みなこれしんぎょうなりと、 るべし。 聖道・浄土、正雑定散、皆是廻心之行也、応↠知

二 Ⅳ ⅱ a 廻向発願心
          (一)引釈疏文
            (Ⅰ)牒釈

【76】^三には*こう発願ほつがんしん」 とは、 こう発願ほつがんしんといふは、 しゅあり。 者廻向発願心者、言↢廻向発願心↡者、有↢二種↡

二 Ⅳ ⅱ a ハ (一)(Ⅱ)後列
              (ⅰ)自利廻向心

^*一には、 「過去かここんじょう自他じたしょ善根ぜんごんをもって、 みな真実しんじつ深信じんしんじんのなかにこうしてかのくにうまれんとがんずるなり」 と。 自利ニハ過去・今生、自他所作善根ヲモテ、皆真実深信心廻向、願ズルナリ↠生ムト↢彼

二 Ⅳ ⅱ a ハ (一)(Ⅱ)(ⅱ)利他廻向心

^二には、 「こう発願ほつがんしてうまるるものは、 *かならずけつじょうして真実しんじつしんのなかにこうせしめたまへるがんもちゐて*とくしょうおもいをなすなり」 となり。 ニハ廻向発願ルヽ、必↢決定真実心廻向シメタマヘル↡、作ナリトナリ↢得生

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)就文広示
            (Ⅰ)先釈信相

【77】^こう発願ほつがんしてうまるるものについて、 信心しんじんあり。 ↢廻向発願ルヽ↡、有↢信心↡
^信心しんじんとは、 信心
とくしょうおもいをなす、 このしん深信じんしんすること、 なほ金剛こんごうのごとし」 となり。 ↢得生↡、此心深信ルコト、由若金剛

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅱ)総就文明
              (ⅰ)

【78】^この深信じんしんについて、 いち譬喩ひゆ二異にいべついち問答もんどうこうあり。 ↢此深信↡、有↢一譬喩・二異・二別・一問答・二廻向↡

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅱ)(ⅱ)
                (a)一譬喩

^いち譬喩ひゆとは、 一譬喩
このしん深信じんしんすること、 なほ金剛こんごうのごとし」 となり。 心深信ルコト、由若金剛

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(b)二異

^二異にいとは、 二異
一にはけん 二にはがくなり。 ニハ異見 ニハ異学ナリ

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(c)二別

^べつとは、 二別
一には*べつ 二にはべつぎょうなり。 ニハ別解 ニハ別行ナリ

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(d)一問答
                  (イ)

【79】^*いち問答もんどうについて、 しちあくろっもんえんしょしょあい欲学よくがくひつあり。 ↢一問答↡、有↢七悪・六譬・二門・四有縁・二所求・二所愛・二欲学・二必↡

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(d)(ロ)
                    [一]七悪

^しちあくとは、 七悪
一には*じゅうあく 二には*ぎゃく ニハ十悪 ニハ五逆
三には*じゅう 四には*かい ニハ四重 ニハ破戒
五には*けん 六には*謗法ほうぼう ニハ破見 ニハ謗法
七には*闡提せんだいなり。 ニハ闡提ナリ

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(d)(ロ)[二]六譬

^ろっとは、 六譬
一には、 みょうよくあんす。 二には、 くうよくふくむ。 ニハ明能 ニハ空能
三には、 よく*載養さいようす。 四には、 すいよく*しょうにんす。 ニハ地能載養 ニハ水能生潤
五には、よく*じょうす。 六には、*二河にが みずかわかわ ニハ火能成壊 ニハ二河 水河火河

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(d)(ロ)[三]二門

^もんとは、 二門
*一には、 「*したがひて一門いちもんづるは、 すなはちいち煩悩ぼんのうもんづるなり」 と、 ニハ出愚痴門ルハ↢一門↡即↢一煩悩門↡也
*二には、 「*したがひて一門いちもんるは、 すなはちいちだつ智慧ちえもんるなり」 となり。 ニハ入智願門ルハ↢一門↡即↢一解脱智慧門↡也トナリ

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(d)(ロ)[四]四有縁

^えんとは、 四有縁
^一には、 「なんぢ、 なにをもつて、 いましまさにえんようぎょうにあらざるをもつて、 われをしょうわくする」 と。 ニハ汝何↠非ルヲ↢有縁之要行↡、障↢惑ルト↟我
^二には、 「しかるにわが*所愛しょあいはすなはちこれわがえんぎょうなり、 すなはちなんぢがしょにあらず」 と。 ニハ之所愛是我有縁之行ナリ、即ズト↢汝所求
^三には、 「なんぢが所愛しょあいはすなはちこれなんぢがえんぎょうなり、 またわがしょにあらず。 このゆゑにおのおの*しょぎょうしたがひてそのぎょうしゅすれば、 かならだつるなり」 と。 ニハ之所愛是汝有縁之行ナリ、亦非↢我所求↢所楽スレ↢其、必↢解脱↡也
^四には、 「もし*ぎょうまなばんとおもはば、 かならえんほうによれ。 すこしきろうもちゐるにおおやく」 となり。 ニハ↠学ムト↠行、必↢有縁之法↡。少シキルニ↢功労↡多トナリ↠益

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(d)(ロ)[五]二所求

^しょとは、 かみもんのごとし。 二所求

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(d)(ロ)[六]二所愛

^所愛しょあいとは、 かみもんのごとし。 二所愛者

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(d)(ロ)[七]二欲学

^欲学よくがくとは、 二欲学
^一には、 「ぎょうじゃまさにるべし、 もし*まなばんとおもはば、 ぼんよりしょういたるまで、 ないぶっまで一切いっさいさわりなくみなまなぶことをんとなり」 と。 ニハ行者当↠知、若ハバ↠学ムト↠解、従↠凡至マデ↠聖、乃至仏果マデ、一切无↠、皆得ムト↠学コトヲ
^二には、 「もしぎょうまなばんとおもはば、 かならえんほうによれ」 となり。 ニハ↠学ムト↠行、必レトナリ↢有縁之法

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(d)(ロ)[八]二必

^ひつとは、 かみもんのごとし。 二必

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(e)二廻向

【80】^この深信じんしんのなかについて、 こうといふは、 ↢此深信↡、二廻向トイフ
^*一には、 「つねにこのおもいをなせ、 つねにこのをなす。 ゆゑにこう発願ほつがんしんづく」 と。 自利ニハ↢此↡、常↢此↡故↢廻向発願心
^*二には、 「またこうといふは、 かのくにうまれをはりてかえりてだいおこしてしょう*にゅうしてしゅじょうきょうするを、 またこうづくるなり」 となり。 ニハ又言利他他力之廻向 ↢廻向↡者、生↢彼↡已、還↢大悲↡廻↢入生死↡教↢化衆生↡、亦名↢廻向↡也トナリ

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅲ)解二河譬【二河譬釈】
              (ⅰ)標説譬意

【81】^*二河にがのなかについて、 「ひとつの譬喩ひゆきて信心しんじんしゅして、 もつてじゃけんなんふせがん」 と。 ↢二河↡ 説↢一譬喩↡守↢護信心↡、以ムト↢外邪異見之難

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅲ)(ⅱ)正釈文義
                (a)釈百歩

このどうひがしきしより西にしきしいたるまで、 またながひゃくなり」 となり。 道従↢東岸↡至マデ↢西↡、亦長百歩ナリトナリ
^ひゃく」 とは、 百歩
人寿にんじゅひゃくさいたとふるなり。 ↢人寿百歳↡也

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅲ)(ⅱ)(b)釈群賊悪獣

^群賊ぐんぞくあくじゅう」 とは、 群賊・悪獣
群賊ぐんぞく」 とは、 *べつ*べつぎょう*けん*しゅう*悪見あくけんじゃしんじょうさんりきしんなり。 群賊者、別解・別行・異見・異執・悪見・邪心・定散自力之心也
あくじゅう」 とは、 *六根ろっこん*六識ろくしき*六塵ろくじん*おん*だいなり。 悪獣者、六根・六識・六塵・五陰・四大也

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅲ)(ⅱ)(c)釈常随悪友

^つねにあくしたが」 といふは、 フトイフ↢悪友↡者
あく」 とは、 ぜんたいす、 雑毒ぞうどく虚仮こけにんなり。 悪友者対↢善友↡、雑毒虚仮之人也

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅲ)(ⅱ)(d)釈無人空迥沢
                  (イ)挙文

^ª*にんくうきょうたくº といふは、 ↢无人空迥↡者
あくなり。 しん*ぜんしきはざるなり」 となり。 悪友也↠値↢真善知識↡也トナリ

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅲ)(ⅱ)(d)(ロ)対顕

^しん」 のごんたいたいす。 「ぜんしき」 とは、 *あくしきたいするなり。 ↠仮↠偽善知識者対↢悪知識↡也
しんぜんしき しょうぜんしき 善知識 善知識
じつぜんしき ぜんしき 善知識 善知識
ぜんぜんしき ぜんしょうにんなり。 々知識 善性人也
^あくしきとは、 ぜんしき 知識 善知識
ぜんしき じゃぜんしき 善知識 善知識
ぜんしき ぜんしき 善知識 善知識
あくぜんしき あくしょうにんなり。 善知識 悪性人也

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅲ)(ⅱ)(e)釈白道
                  (イ)釈譬文

^びゃくどう四五しごすん」 といふは、 ↢白道四五寸↡者
^びゃくどう」 とは、 びゃくごんこくたいす、 *どうごんたいす、 びゃくとは、 すなはちこれろくまんぎょうじょうさんなり。 これすなはちりきしょうぜんなり。 こくとは、 すなはちこれ*六趣ろくしゅ*しょう*じゅう*じゅうるいしょう黒悪ごくあくどうなり。 白道者、白↠黒、道↠路、白者則是六度万行定散也斯則自力小善路也。黒者則是六趣・四生・二十五有・十二類生黒悪道也
^四五しごすん」 とは、 ごん*だい毒蛇どくじゃたとふるなり。 ごん*おんあくじゅうたとふるなり。 四五寸者、四↢四大毒蛇↡也↢五陰悪獣↡也

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅲ)(ⅱ)(e)(ロ)釈合喩文

^*のうしょう清浄しょうじょうがんおうじょうしん」 といふは、 ↢能生清浄願往生
*じょう信心しんじん金剛こんごう真心しんしんほっするなり、 これは如来にょらいこうしんぎょうなり。 発↢起无上信心金剛真心↡也、斯如来廻向之信楽也

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅲ)(ⅱ)(f)釈一分二分

^あるいはくこと一分いちぶんぶん」 といふは、 ↢或コト一分二分スト↡者
*年歳ねんさいせつたとふるなり。 ↢年歳時節↡也

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅲ)(ⅱ)(g)釈悪見人

^悪見あくけんにんとう」 といふは、 ↢悪見人等↡者
*きょうまん*だい*邪見じゃけんしんひとなり 憍慢・懈怠・邪見・疑心之人也

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅲ)(ⅱ)(h)釈西岸上等

【82】^また、 西にしきしうえに、 ひとありてばうていはく、 ªなんじ一心いっしんしょうねんにしてただちにきたれ、 われまもらんº」 といふは、 ↢又西人喚フテ、汝一心正念ニシテ、我能↡者、
^西にしきしうえに、 ひとありてばうていはく」 といふは、 弥陀みだ如来にょらい誓願せいがんなり。 西↠人喚フテクトイフ者、阿弥陀如来誓願也、
^なんじ」 のごんぎょうじゃなり、 これすなはち*ひつじょうさつづく。 りゅうじゅだい ¬十住じゅうじゅう毘婆びばしゃろん¼ (易行品) にいはく、 「*そくにゅうひつじょう」 となり。 曇鸞どんらんさつの ¬ろん¼ (論註・上意) には 「*にゅう正定しょうじょうじゅじゅ」 といへり。 善導ぜんどうしょうは、 「希有けうにんなり、 さいしょうにんなり、 みょうこうにんなり、 好人こうにんなり、 上上じょうじょうにんなり、 しんぶつ弟子でしなり(散善義・意) といへり。 行者也、斯則↢必定菩薩↡。龍樹大士¬十住毘婆沙論¼曰、「即時入必定トナリ。」曇鸞菩薩¬論ニハ¼曰↢「入正定聚之数」↡。善導和尚↢「希有人也、最勝人也、妙好人也、好人也、上々人也、真仏弟子也」↡。
^一心いっしん」 のごんは、 真実しんじつ信心しんじんなり。 一心真実信心也、
^*しょうねん」 のごんは、 せんじゃく摂取せっしゅ本願ほんがんなり。 また*第一だいいち希有けうぎょうなり、 金剛こんごう不壊ふえしんなり。 正念選択摂取本願也又第一希有行也、金剛不壊心也、
^じき」 のごんは、 たいたいするなり。 ^また 「じき」 のごんは、 方便ほうべんもんてて如来にょらい大願だいがんりきするなり、 諸仏しょぶつしゅっ直説じきせつあらわさしめんとおぼしてなり。 ↠廻↠迂又直テヽ↢方便仮門↡帰スルナリ↢如来大願他力↡、欲↠使メムト↠顕↢諸仏出世之直説↡也
^らい」 のごんは、 たいおうたいするなり。 またほう還来げんらいせしめんとおぼしてなり。 ↠去↠往又欲↠令メムト↣還↢来報土↡也
^」 のごんは、 *じん十方じっぽう無礙むげこう如来にょらいなり、 *不可ふか思議しぎこうぶつなり。 尽十方无光如来也、不可思議光仏也
^のう」 のごんは、 かんたいするなり、 しんにんなり。 ↢不堪↡也、疑心之人也
^」 のごんは、 弥陀みだぶつじょうしょうあらわすなり、 また*摂取せっしゅしゃあらわすのかおばせなり、 すなはちこれげんしょうねんなり。 ↢阿弥陀仏果成之正意↡也、亦アラハ↢摂取不捨↡之貌也、則是現生護念也

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅲ)(ⅱ)(i)釈念道言

^念道ねんどう」 のごんは、 りきびゃくどうねんぜよとなり。 念道ヨト↢他力白道↡也

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅲ)(ⅱ)(j)釈慶楽言

^きょうらく」 とは、 「きょう」 のごんいんごんなり、 ぎゃくとくごんなり、 「らく」 のごんえつごんなり、 *かんやくなり。 慶楽者慶印可之言也、獲得之言也、楽悦喜之言也、歓喜踊躍也

二 Ⅳ ⅱ a ハ (二)(Ⅲ)(ⅱ)(k)釈信順言

【83】^あおいでしゃ*発遣はっけんして、 おしへて西方さいほうかへたまふことをかぶ」 といふは、 じゅんなり。 ルトイヘル↣釈迦発遣ヲシヘヘタマフコトヲ↢西方↡者順也
^また弥陀みだしん*しょうかんしたまふによる」 といふは、 しんなり。 又藉ルトイフ↢弥陀悲心招喚タマフニ↡者信也
^いま*そんおんこころしんじゅんして、 すい二河にがかえりみず、 念々ねんねんわするることなく、 かの願力がんりきどうじょう」 といへり。 今信↢順二尊之オンコヽロ↡、不↠顧↢水火二河↡、念々↠遺ルヽコト、乗ズトイヘリ↢彼願力之道

二 Ⅳ ⅱ 【追釈至誠心】
        標列

【84】^じょうしんについて、 なんたい 彼此ひしたい らいたい 毒薬どくやくたい ないたい ↢至誠心↡ 難易対 彼此対 去来対 毒薬対 内外対

二 Ⅳ ⅱ b 解釈
          (一)難易対

^なんたい 難易対
なんとは三業さんごう修善しゅぜん真実しんじつしんなり、 者三業修善不真実之心也
とは如来にょらい願力がんりきこうしんなり。 者如来願力廻向之心也

二 Ⅳ ⅱ b ロ (二)彼此対

^彼此ひしたい 彼此対
とは*じょうほうなり、 とは*こくなり。 者浄邦也、此者穢国也

二 Ⅳ ⅱ b ロ (三)去来対

^*らいたい 去来対
とはしゃぶつなり、 らいとは弥陀みだぶつなり。 者釈迦仏也、来者弥陀

二 Ⅳ ⅱ b ロ (四)毒薬対

^毒薬どくやくたい 毒薬対
どくとは善悪ぜんあく雑心ざっしんなり、 やくとはじゅんいつ専心せんしんなり。 者善悪雑心也、薬者純一専心也

二 Ⅳ ⅱ b ロ (五)内外対

^*ないたい 内外対
ないどうぶっきょう ないしょうどうじょう 外道外仏教 聖道外浄土
ないじょう信心しんじん ないあくしょうぜんしょう 疑情外信心 悪性外善性
ないじゃしょう ないじつ 邪外 虚外
ない ないしん 非外 偽外
ないぞうせん ないけん 雑外 愚外
ないしん *ない退たいしん 仮外 退外
ないしん *ないおんごん 疎外 遠外
ないじき *ないずい 迂外 違外
ないぎゃくじゅん ないきょうじゅう 逆外 軽外
ないせんじん ないらく 浅外 苦外
ないどくやく 毒外
ない*こうにゃく強剛ごうごう ないだいゆうみょう 怯弱外強剛 懈怠外勇猛
*ない間断けんだんけん ないりきりき 間断外無間 自力外他力

二 Ⅳ 【結成旨帰】
      列目

【85】^おほよそしんについて、しゅ三心さんしんあり。 ↠心↢二種三心↡
一には*自利じり三心さんしん 二には*利他りた三信さんしんなり。 者自利三心 者利他三信ナリ
【86】^またしゅおうじょうあり。 又有↢二種往生↡
一には*そくおうじょう 二には*便べんおうじょうなり。 者即往生 者便往生ナリ

二 Ⅳ ⅲ 解釈

【87】^ひそかに ¬かんぎょう¼ の三心さんしんおうじょうあんずれば、 これすなはち*しょりき各別かくべつ三心さんしんなり。 ¬だいきょう¼ の*三信さんしんせしめんがためなり、 しょ勧誘かんゆうして三信さんしんつうにゅうせしめんとおもふなり。 ズレ↢¬観経¼三心往生、是則諸機自力各別之三心也。為↠帰シメムガ↢¬大経¼三信也、勧↢誘諸機↡欲↠使メムト↣通↢入三信↡也。
^三信さんしんとは、 これすなはち金剛こんごう真心しんしん不可ふか思議しぎ信心しんじんかいなり。 三信者、斯則金剛真心、不可思議信心海也。
^また 「そくおうじょう」 とは、 これすなはち*なん思議じぎおうじょうしん*ほうなり。 亦即往生者、斯則難思議往生、真報土也。
^便べんおうじょう」 とは、 すなはちこれしょ各別かくべつ業因ごういんじょうなり、 *たい*へん*まんがい*双樹そうじゅりんおうじょうなり、 また*なんおうじょうなりと、 ^るべし。 便往生者、即是諸機各別業因果成ナリ、胎宮・辺地・懈慢界双樹林下往生ナリ、亦難思往生也、応↠知
 *ほんにいはく  本
   *けんちょう七年しちねんきのとのうはちがつじゅう七日しちにちこれをく。    建長七歳乙卯八月廿七日書
禿とく親鸞しんらんはちじゅうさんさい 愚禿親鸞八十三歳

 

賢者 よきひと。 総じては七高僧に通じ、 別してはほうねん上人を指す。
聖道浄土の教 仏教全体を指す。
即身是仏 この身そのままが仏であること。
麟喩独覚 仲間をもたず一人だけで修行する独覚。 りん (元来はさい。 漢訳者が麒麟と同定) の角が一つであることに喩えていう。
部行独覚 仲間を組んで修行する独覚。
初果預流向… 以下はしょうもん修道しゅどう階位を示したもの。 果に向かって修行している段階 (向) と、 到達した境地 (果) とをそれぞれ四種に分けたもので、 四向四果 (八輩はっぱい) という。
浄土回向発願自力方便の仮門 本願他力をただちに受けいれることのできない者のために、 自力の諸善を積んで往生を願えば仮の浄土に往生させると誓った仮の法門。
証成 所説の法に誤りのないことを証明し、 成立させること。 親鸞聖人の他の聖教にはすべて 「証誠」 とあるので、 「成」 は 「誠」 の音通表記かもしれない。
釈迦に二あり・諸仏に二あり 異本では二行後の 「功徳証成」 の下にある。
化身 応身仏のこと。 →おうじんしん
法身… →補註1
頓極 本願一乗の法は、 他の頓教も及ぶことができない法であるから頓極という。
頓速 底下のぼんを速やかに疾く仏のさとりに至らせるので頓速という。
絶対不二 絶対は比較すべきものがないという意。 不二は唯一無二の意
第一希有の行 じゅうの菩薩が修めるじっ波羅ぱらみつの行。 ここでは本願の大行を指す。
超渉対 念仏は迷いをとびこえる (超) が、 諸善は歩いて渡る (渉) ようなものである。
通別対 念仏は特別のすぐれた法であるが、 諸善は通常の法である。
径迂対 念仏はさとりを得る近道 (径) であるが、 諸善はまわり道 (迂) である。
捷遅対 念仏ははやく成仏できる法であるが、 諸善はおそい法である。
了不了教対 念仏は完全な教えであるが、 諸善は不十分な教えである。
無上有上対 念仏のやくはこの上ないが、 諸善の利益は限りがある。
不回回向対 念仏はしゅじょうから回向する行ではないが (不回向)、 諸善は衆生から回向する行である (回向)。
有願無願対 念仏は本願の行であるが、 諸善は本願の行ではない。
因明直弁対 念仏は往生の要行として直ちに説かれたものであるが、 諸善は自力の機に応じて因みに明かされた法である。
因行果徳対 念仏は阿弥陀仏の果上の徳がおさまる果分の行であるが、 諸善は仏になるために積む因分の行である。
入定聚不入対 念仏はこの世で正定しょうじょうじゅの位に入る法であるが、 諸善はそうではない。
思不思議対 念仏はしゅじょうの思議がおよばない尊い法であるが、 諸善は思いはかることのできる法である。
報化二土対 念仏は真実ほうに往生する法であるが、 諸善は方便化土けどに往生する法である。
前念命終・後念即生 善導ぜんどうだいの ¬礼讃らいさん¼ に出る語。 念仏行者は前念に命が終れば、 後念にただちに浄土に往生するという意であるが、 親鸞聖人は、 現世において信心をぎゃくとくすると同時に、 正定聚の位に入る意とした。
必定の菩薩 必ず仏になると定まった菩薩。 元来はしょ以上の菩薩のことであるが、 親鸞聖人は第十八願の行者のこととする。
自力金剛心 第十八願の行者は、 他力の金剛心 (信心) であるが、 ろく菩薩は自力の金剛心であることをいう。
漸教回心 「漸教回向」 とする異本がある。
善悪対 念仏の行者は本願を信じるから善であるが、 諸善の人はこれを疑うから悪である。
奢促対 念仏の行者はすみやかに (促) さとりに至るが、 諸善の行者はおそい (奢)。
希常対 念仏の行者は希有人 (きわめてまれな人) であるが、 諸善の行者は常有人 (ありふれた人) である。
直入回心対 念仏の行者は直ちに真実ほうに入るが、 諸善の行者は自力の心をひるがえしてから入る。
明闇対 念仏の行者は智明であるが、 諸善の行者は無明の闇である。
時衆 現在、 道場に参集している人々。 また弘く今の世の人々。
 「観の字、 東大寺の覚寿僧都の観経義にこれあり。 世に流布するは願の字なり」 と註記がある。 高田派専修寺蔵宗祖加点 ¬観経疏¼ や本山蔵宗祖真蹟 ¬かんぎょうしっちゅう¼ では 「願」 の字を用いている。
 異本には続けて 「まさしく金剛心を受く」 とある。
相応一念 仏智に相応する信の一念。
修多羅 親鸞聖人は ¬銘文」 で浄土三部経のこととする。
願偈総持を説きて 願偈は ¬浄土論¼ の 「願生偈」 のこと。 総持は親鸞聖人の解釈では 「無礙むげこう智慧ちえ」 (銘文) の意。 阿弥陀仏の智慧を 「願生偈」 として説くということ。
当来の世に… 末法まっぽうの時代が一万年続いた後、 自力成仏を説いたしょうどうもんの教典がすべてこの世界から消え失せることをいう。
如来の勝智…悟なり 通常は 「如来の勝智は、 虚空にあまねし、 所説の義言はただ仏のみ悟りたまへり」 と読む。
諸仏 ¬開元かいげんろく¼ 巻三に示された経名にはこの二字ががる。 ¬浄土和讃¼ (60) の異本左訓には、 ¬諸仏阿弥陀…¼ の経名を釈して 「弥陀を諸仏とまうす。 過度人道 (経) のこころなり」 とある。
般泥洹 仏がにゅうめつすること。
勢至章 ¬首楞厳経¼ 巻五の 「勢至念仏円通章」 を指す。 →しゅりょうごんぎょう
薄地の凡夫 しょうじゃの域に達しない下劣な者。 凡夫を三種に分け、 三賢さんげん (十住・十行・十こう) を内凡ないぼんじっしんぼん、 それ以下を薄地とする。
纏縛 まとわりつかれ、 しばられること。
わが十方… 通常は 「もしわれを信ぜざらんには、 十方諸仏、 あに虚妄ならんや」 と読む。
本にいはく 「本」 とは書写原本のこと。 原本にあった奥書をそのまま転写したことを示す。
建長七年 1255年。
賢者 よきひと。 総じては七高僧に通じ、 別しては法然ほうねん上人を指す。
唐朝の… 以下、 本書下巻では 「散善義」 の文について釈す。
上品上生 ぼんのうちの最上。
有生の類 往生を得る機類。
能信の人 よく教えを信じるもの。
発心 じょうしん深信じんしんこう発願ほつがんしんの三心をおこすこと。
得生の益 ¬観経¼ の即便往生のこと。 親鸞聖人はこれを即往生と便往生の二種往生の益とみた。
かならず…懐ければなり 通常は 「かならずすべからく真実心のうちになすべきことを明かさんと欲す。 外に賢善精進の相を現じ、 内に虚仮を懐くことを得ざれ」 と読む。
貪瞋邪偽奸詐百端 むさぼり、 いかり、 よこしまな心、 いつわりの心、 人をあざむく心が数限りなく起ること。
因中 いんの時。 法蔵ほうぞう菩薩であった時。
なしたまひ…真実なりと 通常は 「なしたまひ、 おほよそ施為・趣求したまふところ、 またみな真実なるによりてなり」 と読む。 「施為」 は利他、 「趣求」 は自利の意。 親鸞聖人は、 如来こうの真実をもちい (領受し) て、 浄土を趣求 (願生) するという意に転じた。
不善の三業は…名づく 通常は 「不善の三業は、 かならずすべからく真実心のうちに捨つべし。 またもし善の三業を起さば、 かならずすべからく真実心のうちになすべし。 内外明闇を簡ばず、 みなすべからく真実なるべし。 ゆゑに至誠心と名づく」 と読む。 親鸞聖人は如来回向の義をあらわすために 「須」 の字を 「もちゐ」 と読んだ。
内外明闇 「散善義」 の当分は内心と外相、 智明と愚闇。 親鸞聖人は内・明は出世 (しょうじゃ)、 外・闇は世間 (ぼん)、 また明は智明 (智者)、 闇は無明 (愚者) の意とする。
制捨 とどめ捨て去ること。
毀厭 厭いきらうこと。
自身は… →補註3
出離の縁 迷いの世界を離れ出る手がかり。
自利の信心 自力の信心の意。 ここでは第二の深信と一具でない第一の深信 (みずからの罪業ざいごうを嘆きおそれている心) を指して自力の信心としたのであろう。
 「力」 とする異本がある。
六決定 七深信の中、 第六深信以外の深信に決定の語が出ているのを数えて六決定という。 決定は明了に決択するという意で、 深信の相を示す語。
次いでのごとし 順次に示されている。
第五 右傍に 「利他信心」 と註記がある。 「七深信」 の第五を指す。
三遣 ぞうぎょう雑修ざっしゅを捨てて、 正行 (念仏) を行じ、 異学異解雑縁乱動のところを去れ、 という仏の仰せ。
三随順 釈尊の教え (仏教)・諸仏の意 (仏意)・阿弥陀仏の願 (仏願) にしたがうこと。
三是名 真実信心の人を称讃する語。 次々行の 「上の是名」 は三随順の一と三を指す。
第六 右傍に 「観経に依る」 と註記がある。 「七深信」 の第六を指す。
六即 六の文を列ねて、 仏の所説を信ずべきことを示す。 文中に即の字が六回出るので六即という。
二了 仏説が了教 (真理の全相が明らかに説き示された教え) であるのに対し、 菩薩等の説がすべて不了教 (真理がまだ十分に説き示されていない教え) であることを示す。
第七 有傍に 「自利信心」 と註記がある。 「七深信」 の第七を指す。
二別 別の見解を持ち、 別の行法を修めること。 ¬一多証文¼ に 「別解」 の語についての釈がある。
三異 異なった見解を持ち、 異なった教えを学び、 異なった思想・見解に執着すること。 ¬一多証文¼ に 「異学」 の語についての釈がある。
一問答 「散善義」 深信釈の 「問ひていはく、 ぼんは智浅く」 以下の問答を指す。
四別 聖道の諸経と浄土の経とは、 その説かれた場所、 時、 教えの対象、 やくが別であることを示す。
疑難 念仏往生の教えを疑い非難すること。 ぼんの疑難は実難 (実際にある難) であるが、 後の三難は仮設の難 (仮に設定した難) である。
地前の菩薩 じゅう以前 (十住・十行・十こう) のさつ
五実 信の対象が真実であることを五種の語で示す。 初めの一は仏の説く教え、 後の四は教えを説く仏についていう。 「散善義」 深信釈の文参照。
二専 釈尊が専念・専修せんじゅを勧めることを示す。 「散善義」 深信釈の文参照。
五種 読誦どくじゅ観察かんざつ礼拝らいはい・称名・讃嘆さんだんよう正行しょうぎょうを指す。
四同 諸仏が釈尊と同じく説くことを示す。 初めの三はその言説が同一であることを示し、 後の一は同体の大悲 (同じ真如しんにょのさとりからおこった大悲) であることを示す。 「散善義」 深信釈の文参照。
所化 教化されるところの法
六悪 釈尊の濁世における教化を諸仏が讃嘆することを示す。 また教化の対象を示す。 「散善義」 深信釈の文参照。
悪邪無信盛時 じょくが盛んになり、 仏法を聞いても疑いそしるばかりで信じないものが多くなる時代のことをいう。
二同 諸仏の証誠しょうじょう (証成) の相を示す。 「散善義」 深信釈の文参照。
舌相を出す 仏の舌は広く長いのでこうじょう舌相ぜっそう (三十二相の一) といわれる。 仏が舌を出すのは教説が真実であることを証明するという意味を持つ。
三所 釈尊が説き讃嘆し証明した法を諸仏が勧めることを示す。 「散善義」 深信釈の文参照。
五正行 ここでは要門の行としての五専修を示したものとみられる。 →専修せんじゅ
六一心・六専修 五専修 (要門の行) の一心とがんの一心とを合わせて六一心とするものか。 六専修も同様。
定行 雑念を払い心をらして修める行。
散行 散乱した心のままで修める行。
定心念仏 思いをとどめ心を一つに集中して称名念仏すること。
散心念仏 散乱した心のままで称名念仏すること。
正の観仏 阿弥陀仏を観想すること。
雑の観仏 諸仏を観想すること。
真観 浄土の真実の荘厳と阿弥陀仏の真身とを観想すること。
仮観 浄土の真実の荘厳を観想するためのてだてとして日没や水を観じ、 阿弥陀仏の真身を観想するためのてだてとして仏像を観ずること。 日観にっかん (日想)・水観 (水想)・像観 (像想) の三をいう。 他の十観は真観。
定散六種兼行 五正行の第五讃嘆さんだんようを開いて六種とし、 この六行を自力心をもって雑え修することを六種兼行といい、 雑修ざっしゅの部類に属する。
助業 六種兼行の場合は称名も正定しょうじょうごうとしての地位を失って助業と同格になるから、 六行すべてを助業という。
回心の行 そのぎょうごうこうして往生を願わなければならない自力行のこと。 あるいは自力の心をひるがえして、 他力に帰さなければならない自力行のこと。
 右傍に 「自利」 と註記がある。
かならず…想をなすなり 通常は 「かならずすべからく決定真実心のうちに回向し願じて、 得生の想をなすべし」 と読む。
得生の想 必ず浄土に往生できるという想い。
一問答 「散善義」 回向発願心釈の 「問ひていはく、 もし解行不同の」 以下の問答を指す。
載養 草木などを載せて育成すること。
生潤 うるおし育てること。
成壊 ものを熟成させたり、 ほろぼしたりすること。
二河 二河にが譬喩ひゆのこと。
 右傍に 「愚痴門を出ず」 と註記がある。
随ひて一門を出づる… それぞれの縁にしたがい、 どれか一つの法門によって出るのは一つの迷いの門を出ることであるという意。
 右傍に 「智願海に入る」 と註記がある。
随ひて一門に入る… それぞれの縁にしたがい、 どれか一つの法門によって入るのは一つのさとりに入る門であるという意。
所愛・所楽 好むところ。 ねがうところ。
行を学ばん 行を修めて迷いの世界をしゅつする。
解を学ばん 仏教を学問的に研究する。
 右傍に 「自利」 と註記がある。
 右傍に 「利他他力の回向」 と註記がある。
回入 めぐり入ること。 ひるがえって入ること。
二河… 以下は 「散善義」 二河譬の文言について釈したもの。 →二河にが譬喩ひゆ
無人空迥の沢 ここでは真のぜんしきにあわないことを無人という。 空迥の沢は広々とした野原。
道の言は路に対す 親鸞聖人は道を大きなみち (大道)、 路を小さなみち (小路) とする。
四大毒蛇・五陰悪獣 四大・五陰は行者の身心をいい、 毒蛇・悪獣は貪瞋とんじん煩悩ぼんのうをいう。
能生清浄… 「よく清浄願往生の心を生ぜしむ」
年歳時節に喩ふる ¬一多証文¼ には 「一分二分ゆくといふは、 一年二年すぎゆくにたとへたるなり」 とある。
即時入必定 「即の時に必定に入る」 信心をぎゃくとくすると同時に、 必ず仏になることに定まった位に入ること。
入正定聚之数 「正定聚の数に入る」
第一希有の行 じゅうの菩薩が修めるじっ波羅ぱらみつの行。 ここでは本願の大行を指す。
浄邦 阿弥陀仏の浄土のこと。
去来対 釈尊は 「け」 と発遣はっけんし、 阿弥陀仏は 「きたれ」 としょうかんすることをいう。
内外対 内心と外相とが相応しない不真実のありさま。
内は退… 内心はたじろいでいながら、 外相には白道を進むふりをしている。
内は遠… 内心は阿弥陀如来から遠ざかりながら、 外相には近づいているような姿を示している。
内は違… 内心は教えに違いながら、 外相では随順しているふりをする。
内は間断… 内心では信心が持続していないのに、 外には持続の姿を示す。
自利の三心 ¬観経¼ の三心 (じょうしん深心じんしんこうほつがんしん) は、 顕説けんぜつ (経文に顕著にあらわれた教え) の意味からいえば自力の心であるので自利の三心と名づける。
利他の三信 ¬観経¼ の三心は、 おんしょう (微かにあらわされた教え) の意味からいえば阿弥陀仏の利他 (他力) 回向の信心であるので利他の三信と名づける。
諸機自力格別の三心 自力の三心は機によって各々異なるので、 このようにいう。
本にいはく 「本」 とは書写原本のこと。 原本にあった奥書をそのまま転写したことを示す。
建長七年 1255年。