0329

^¬しようさんじやうきやう¼のたま はく玄奘グヱンジヤウ三蔵サムザウノヤクナリ

^仮使 たとひ ひゃくせんてい那由他なゆたこふ↡、もてそれりゃうひゃくせんてい那由なゆたのした一一ゐちゐちしたうへいだしてりゃうこゑほめむにそのどくまたあたつく。」 ること

註釈版の底本は◎龍谷大学蔵文明五年蓮如上人開版本(文明本)ˆ聖典全書上段ˇであるが、 対照のため○高田派専修寺蔵国宝本(国宝本)ˆ聖典全書中段ˇを収録した。 なお◎の左訓のうち、 註釈版の脚註および英訳版の註で触れられているものは採録し、 で示した。 さらに●高田派専修寺蔵正応三年顕智上人書写本(顕智本)ˆ聖典全書下段ˇの左訓も適宜採録し、 灰色で示している。

 

浄 土 和 讃

(10330)

弥陀の名号となえつゝ

信心まことにうるひとは

憶念の心つねにして

仏恩報ずるおもひあり

(2)

誓願不思議をうたがひて

御名を称する往生は

宮殿のうちに五百歳

むなしくすぐとぞときたまふ

  0331

^¬讃0332阿弥陀仏偈¼曰 曇鸞御造

^南无阿弥陀仏 釈名↢¬无量寿傍経¼↡奉↠讃亦曰↢安養↡

 ^成仏已来歴十劫

 寿命方将无有量

 法身光輪徧法界

 照世盲冥故頂礼

^ 1又号无量光

 2真 実 明

 3又号无辺光

 40333平 等 覚

 5又号无光

 6難 思 議

 7又号无対光

 8畢 竟 依

 9又号光炎王

 10大 応 供

 11又号清浄光

 12又号歓喜光

 13大 安 慰

 14又号智慧光

 15又号不断光

 16又号難思光

 17又号无称光

 18号超日月光

^190334无 等 等

 20広 大 会

 21大 心 海

 22无 上 尊

 23平 等 力

 24大 心 力

 25无 称 仏

 26婆 伽 婆

 27講   堂

 28清浄大摂受

 29不可思議尊

 30道 場 樹

 31真 无 量

 32清 浄 楽

 33本願功徳聚

 340335清 浄 勲

 35功 徳 蔵

 36無 極 尊

 37南无不可思議光

^¬十住毘婆娑論¼曰

自在人  清浄人 無量徳

0336阿弥陀仏偈和讃

愚禿親鸞作

南无阿弥陀仏

(3)

弥陀成仏のこのかたは

いまに十劫をへたまへり

法身の光輪きはもなく

世の盲冥をてらすなり

メシヰノクラキトナリ

(40337)

智慧の光明はかりなし

ヱハコノオモヒノサダマリテトモカクモハタラカヌニヨリテフドウニナヅク フドウザムマイナリ

チハアレハアレコレハコレトフンベチシテオモヒハカラフニヨリテシユイニナヅク

有量の諸相ことごとく

ヨロヅノシユジヤウナリ

ウリヤウハセケンニアルコトハミナハカリアルニヨリテウリヤウトイフ ブチポフハキワホトリナキニヨリテムリヤウトイフナリ

光暁かぶらぬものはなし

ヒカリニテラサルヽナリ

真実明に帰命せよ

シントイフハイツワリヘツラワヌヲシントイフ

ジチトイフハカナラズモノヽミトナルヲイフナリ

(5)

解脱の光輪きわもなし

クダク

ゲダツトイフハサトリヲヒラキホトケニナルヲイフ ワレラガアクゴフボムナウヲアミダノオムヒカリニテクダクトイフコヽロナリ

光触かぶるものはみな

ヒカリヲミニフルヽトイフコヽロナリ

有無をはなるとのべたまふ

ジヤケンヲハナルヽトナリ

平等覚に帰命せよ

アミダハホフシンニテマシマスアヒダビヤウドウカクトイフナリ

(60338)

光雲无如虚空

ヒカリクモノゴトクシテサハリナキコトコクノゴトシ

一切の有にさはりなし

サワル

ヨロズノコノヨノコトナリ

光沢かぶらぬものぞなき

ヒカリニアタルユヘニチヱノイデクルナリ

難思議に帰命せよ

コヽロノオヨバヌニヨリテナンジギトイフ

(7) 無対光

清浄光明ならびなし

スミ

キヨシ

トムヨクノツミヲケサムレウニシヤウジヤウクワウミヤウトイフナリ

遇斯光のゆえなれは

ミダ仏ニマウアヒヌルユヘニ

コノヒカリニアフモノハ

一切の業繋ものぞこりぬ

ツミノナハニシバラルヽナリ

ゴフニツナガル

畢竟依に帰命せよ

オワリ反ツイニ反 メシニ反

オワル反キワム反

ヨル反シタガフ反

ホフシンノサトリノコルトコロナクキワマリタマヒタリトイフコヽロナリ

(80339)

仏光照曜最第一

サイハコトニモトモスグレタリトイフコヽロナリ

光炎王仏となづけたり

三塗の黒闇ひらくなり

クラキヤミナリ

ジゴクガクヰチフシヤウ

大応供に帰命せよ

カナウ反コタフ

一サイシユジヤウノクヤウヲウケマシマスニコタエタマフニヨリテダイオウグトイフ

(9)

道光明朗超絶せり

ミダノヒカリアキラカニスグレタリトナリ

ホガラカナリ反

ダイクワウミヤウラウテウゼチトイフハアミダニヨライナリ

タエタリ反タエタリトイフハスグレタルニヨリテマフスナリ

清浄光仏となづけたり

ひとたび光照かぶるもの

ヒカリニテラサルトナリ

業垢をのぞき解脱をう

アクゴフボムナウナリ

サトリ反サトル反

アクゴフボムナウオモノゾキゲダチオモウ ゲダチトイフハブチクワニイタリホトケニナルヲイフ

(100340)

慈光はるかにかぶらしめ

アワレムヒカリ

ジハチヽノジヒニタトフルナリ

ひかりのいたるところには

法喜をうとぞのべたまふ

ミノリヲヨロコブナリ

ヨロコビ反

クワンギクワウブチヲホフキトイフ コレハトムヨクシンイグチノヤミヲケサムレウナリ

大安慰に帰命せよ

ダイアンヰハミダノミナナリ 一サイシユジヤウノヨロヅノナゲキウレエワルキコトヲミナウシナフテヤスクヤスカラシム

(11)

无明の闇を破するゆへ

ヤブルナリ

ヤミニテクラシ

智慧光仏となづけたり

一サイノシヨブチノチヱヲアツメタマエルユヘニチヱクワウトマフス ヰチサイシヨブチノ仏ニナリタマフコトハコノアミダノチヱニテナリタマフナリ

一切諸仏・三乗衆

シヤウモンエンガクボサチコレヲ三ジヨウトイフナリ

ともに嘆誉したまへり

ホメホムルナリ

(120341)

光明てらしてたえざれば

不断光仏となづけたり

聞光力のゆへなれば

ミダノオンチカヒヲシンジマヒラスルナリ

モントイフハキクトイフ キクトイフハコノホフヲキヽテシンジテツネニタエヌコヽロナリ

心不↠断にて往生す

ミダノセイグワンヲシンゼルコヽロタヘズシテワウジヤウストナリ

 ズ タエ

ボダイシムノタエヌニヨリテフダントイフ

(13)

仏光測量なきゆへに

ハカルニキワナシ

リヤウハカズヲシルヲイフナリ

ハカリ反シキハハカライノキワナキヲイフ

難思光仏となづけたり

スベテコヽロノオヨバヌニテナンジクワウブチトイフナリ

諸仏は往生嘆じつゝ

ホムルナリ

弥陀の功徳を称せしむ

シヨウ反ハカリ反ヨム反トナウ反

(140342)

神光の離相をとかざれば

ハナル反

カタチ反

ヒカリハカタチノナキナリ

ジンクワウトイフハアミダ スベテミダノカタチトキアラハシガタシトナリ

无称光仏となづけたり

スベテコトバオヨバヌニヨリテムシヨウクワウブチトマフスナリ

因光成仏のひかりおば

ヒカリキハナカラントチカヒタマイテムゲクワウブチトナリテオハシマストシルベシ

ヒカリヲタネトシテホトケニナリタマヒタリ

諸仏の嘆ずるところなり

ホメタマフナリ

(15)

光明月日に勝過して

ムゲクワウニヨライハツキヒニハスグレタマヘルヒカリナルガユヘニ

超日月光となづけたり

釈迦嘆じてなほつきず

ホメタマフナリ

无等等に帰命せよ

ヒトシクヒトシキ人ナシ

(160343)

弥陀初会の聖衆は

ハジメ反  オムシトイフ反

アツマリタマフ

アミダブチノホトケニナリタマヒシトキノミデシノオホクオハシマスコトナリ

算数のおよぶことぞなき

アンラクジヤウドノシヤウジユカズキワナクオホシトナリ

浄土をねがはむひとはみな

広大会に帰命せよ

十方のシユジヤウミナゴクラクニテ仏ニナルコトヲホフシントイフナリ

(17)

安楽无量の大菩薩は

一生補処にいたるなり

トコロ反コトハリ反

ゴクラクニマイリナバミダノ一ノオムデシトナルコヽロナリ

普賢の徳に帰してこそ

ワレラシユジヤウゴクラクニマイリナバダイジダイヒヲオコシテ十方ニイタリテシユジヤウヲリヤクスルナリ 仏ノシゴクノジヒヲフゲントマフスナリ

穢国にかならず化するなれ

ケガル反

メグム反アワレム反オシフ反マボロシ反

(180344)

十方衆生のためにとて

如来の法蔵あつめてぞ

ヨロヅノ仏ノクドクナリ

本願弘誓に帰せしむる

大心海に帰命せよ

仏ノオムコヽロヒロクフカクキワホトリナキユヘニアミダオバダイシムカイトイフナリ

(19)

観音・勢至もろともに

慈光世界を照曜し

アハレミカナシムヒカリ

テラシカヾヤク

ツキノヒカリノカヾヤクニカク

有縁を度してしばらくも

エンアルヲ ワタス

休息あることなかりけり

ヤスムコトナシトナリ

(200345)

安楽浄土にいたるひと

五濁悪世にかへりては

釈迦牟尼仏のごとくにて

利益衆生はきわもなし

メグミ反アワレム反

(21)

神力自在なることは

測量すべきことぞなき

ハカリハカルコトナシトナリ

不思議の徳をあつめたり

タスク反

コヽロモコトバモオヨバズ

无上尊に帰命せよ

(220346)

安楽声聞・菩薩衆

人天智慧ほがらかに

身相荘厳殊異なし

カザリ反

カザル反イツクシ反

他方に順じて名をつらぬ

シタガヒテニンアリテンアリトイフ

(23)

顔容端政たぐひなし

ナオク反

オムカホバセ反

ジヤウドノヒトノカタチノヨキコトナリ

精微妙躯非人天

ヨシ  ミ «テンニアラズニンニアラズ»

タエナル

コトニヨシ

虚无之身无極体

ホフシンニヨライナリ

コムシシントイフハキワモナキホフシンノタイナリ

平等力に帰命せよ

(240347)

安楽国をねがふひと

正定聚にこそ住すなれ

マサシク

トモガラ

サダマル

邪定・不定聚くにゝなし

ジヤヂヤウハマンギヤウマンゼンジリキノワウジヤウ観経ノコヽロ

フヂヤウジユハアミダキヤウノコヽロ ギヤウハフカシギナレドモワレラジリキニシユギヤウスルアヒダフヂヤウジユトトク

諸仏讃嘆したまへり

(25)

十方諸有の衆生は

アラユル

シヨウハ二十五ウノシユジヤウトイフワレラシユジヤウハ廿五ウニスギテムマルヽトイフコヽロナリ

阿弥陀至徳のみなをきゝ

真実信心いたりなば

ミトナル

ジチハコナラズムナシカラズ

マコト

シンハグヰナラズケナラズグヰハイツワル反ヘツラウ反シンハカリナラズ

おほきに所↠聞を慶喜せん

シンズルコトヲエテヨロコブナリ

 キク

トコロ

シヨモントイフハシンズルココロトイフココロナリ

(260348)

若不生者のちかひゆへ

ワガチカヒヲシンゼムモノモシムマレズハホトケニナラジトイフココロナリ

信楽まことにときいたり

ネガフ

コムガウノシンジムナリ コノタリキコムガウノシンジムノサダマルトキアミダホトケノオンコヽロニハカナフトシルベシ

一念慶喜するひとは

シンヲエテノチニヨロコブトナリ

往生かならずさだまりぬ

(27)

安楽仏土の依正は

エホウハヨロヅノホウジユホウチヨロヅノカザリナリ スベテノカザリノナナリ

シヤウボウハワレラガゴクラクニマイリナバジンヅウジザイニナルヲイフナリ

法蔵願力のなせるなり

天上天下にたぐひなし

大心力に帰命せよ

ヨリ反タノム反

ミヤウノコトバナリ

オホセニシタガフメシニカナフトイフナリ

(280349)

安楽国土の荘厳は

釈迦无の大弁才

とくともつきじとのべたまふ

无称仏に帰命せよ

コトバニテハイヒツクシガタキニヨリテムシヨウブチトマフスナリ

(29)

已今当の往生は

クワコニムマルコムジヤウニムマルミライニムマルヽナリ

ミライ

スデニ反クワコ

コムジヤウ反イマ反

この土の衆生のみならす

十方仏土よりきたる

无↠量无数不可計なり

ハカリナシ

 カズウ

 カゾフベカラズトナリ

(300350)

阿弥陀仏のみなをきゝ

歓喜讃仰せしむれば

ヨロコビホメアフグトイフ

ホメアオグ

ヨロコブ

キハココロヲヨロコバシムルヲイフナリ

ヨロコビ

クワンハミヲヨロコバシムルヲイフナリ

功徳の宝を具足して

一念大利无上なり

ネチハンニイルヲダイリトイフナリ

(31)

たとひ大千世界に

みてらむ火おもすぎゆきて

仏のみなをきくひとは

ながく不退にかなふなり

ホトケナルベキミトサダマルナリ

(320351)

神力无極の阿弥陀は

タマシヒ

ジンヅウジザイニマシマスコトノキワマリナキナリ

无量の諸仏ほめたまふ

東方恒沙の仏国より

ヒムガシノハウニガウガノイサゴノゴトク仏国アリトナリ

无数の菩薩ゆきたまふ

カズキワナシトナリ

(33)

自余の九方の仏国も

コヽノツノハウノブチドヨリゴクラクニムマルヽナリ

菩薩の往覲またおなじ

ワウジヤウシホトケヲミタテマツル

十方ヨリボサチノゴクラクヘマイリテミダヲミタテマツルコヽロナリ

釈迦牟尼如来偈をときて

無量の功徳をほめたまふ

(340352)

諸来の无量菩薩衆

徳本うえむためにとて

クドクノホンナリ

恭敬をいたし歌嘆す

ツヽシミウヤマウ

コヽロモオヨバズウヤマウコヽロナリ

ホメ

«コヱニアゲテホムルヲカトイフ»

ホム

«コヽロノウチニホムルヲタントイフ»

みなひと婆伽婆に帰命せよ

テンジクニハ仏ヲバガバトイフナリ

(35)

«サウジユリムゲノ往生ナリ»

七宝講堂道場樹

クヱ

ナラウ ブチダウノニハニハ

方便化身の浄土なり

ヘンヂケマンコクナリ ギハクタイシヤウノジヤウドナリ

十方来生きわもなし

ジヤウドニムマルヽトイフナリ

講堂道場礼すべし

(360353)

妙土広大超数限

本願荘厳よりおこる

清浄大摂受に

稽首帰命せしむべし

カウベ

イタス反

(37)

自利々他円満して

ジリハアミダノホトケニナリタマヒタルコヽロ

リタハシユジヤウヲワウジヤウセシムルコヽロ

ヱンハゼンアクスベテワカズヨキコトニナシテマシマスコヽロノミチタルコヽロナリ

ミヅカラモホトケニナリシユジヤウモホトケニナルコトヲヱンマンストイフナリ

帰命方便巧荘厳

タクミ反

ハウベンゲウシヤウゴムニクヰミヤウシタテマツルト

こゝろもことばもたえたれば

不可思議尊に帰命せよ

コヽロモコトバモオヨバレズ

(380354)

神力本願及満足

明了堅固究竟願

アキラカナリ反

サトルトイフ反

コムガウシムナリ

シンノカタキヲケントイフ

コヽロノカタキヲコトイフ

慈悲方便不思議なり

真无量に帰命せよ

(39)

宝林・宝樹微妙音

キノシゲキニヨリテハヤシトイフ

オト

コマカナリ反

ヨシトタヘタリ

«キノエダイケノミヅハタラキウゴクモノミナノリノコヱナラヌモノナシ»

自然清和の伎楽にて

アヤツル

«一キウ二シヤウ三カク四チ五ウノコヱノヤワラギタルコヽロナリ»

哀婉雅亮すぐれたり

アハレニスミタヾシクサエタリ

アワレニタワヤカナルヒヾキタワヤカナリ

リヤウハタスクトヨム マタハヒトノナニハナンノスケトヨムナリ

清浄楽に帰命せよ

(400355)

七宝樹林くにゝみつ

光耀たがひに映発す

華・菓・枝・葉またおなじ

コノミ オホエダ ハ

本願功徳聚に帰命せよ

(41)

清風宝樹をふくときは

いつゝの音声いだしつゝ

宮商和して自然なり

清浄勲を礼すべし

ニホウ

(420356)

一一のはなのなかよりは

三十六百千億の

光明てらしてほがらかに

いたらぬところはさらになし

(43)

一一のはなのなかよりは

三十六百千億の

仏身もひかりもひとしくて

相好金山のごとくなり

カウハコカタチ

サウハオホカタチ

(440357)

相好ごとに百千の

ひかりを十方にはなちてぞ

つねに妙法ときひろめ

タエナルノリ

衆生を仏道にいらしむる

(45)

七宝の宝池いさぎよく

八功徳水みちみてり

无漏の依果不思議なり

ボムナウノナキヲイフ

ゴクラクノシヤウゴムナリ

功徳蔵に帰命せよ

(460358)

三塗苦難ながくとぢ

ヂゴクガクヰチウシヤウナリ

但有自然快楽音

タノシミノコヱノミアリ

このゆへ安楽となづけたり

无極尊に帰命せよ

(47)

十方三世の无量慧

おなじく一如に乗じてぞ

二智円満道平等

ヒトシト反

ヒトシク反タイラカナリト反

ニチヱンハコノシヤバセカイノチヱブチダウノチヱミナサトリタマフコトビヤウドウナリ

摂化随縁不思議なり

オサメクヱスルコト

エンニシタガフテ

(480359)

弥陀の浄土に帰しぬれば

すなはち諸仏に帰するなり

一心をもちて一仏を

ほむるは无人をほむるなり

アミダノホフシンノタイナリ

(49)

信心歓喜慶所聞

エテノチニヨロコブナリ

シンジムヲカネテヨロコブ

乃曁一念至心者

イタス

イマシ一念ニイタルマデシンジチナルヒトハ

南无不可思議光仏

頭面に礼したてまつれ

(500360)

仏恵功徳をほめしめて

ダイジダイヒトクドクトヲ

十方の有縁にきかしめむ

信心すでにえむひとは

コムガウシムノヒトハ

つねに仏恩報ずべし

已上四十八首

愚禿釈親鸞作

0361弥陀如来   観世音菩薩
大勢至菩薩

釈迦牟尼仏   富楼那尊者
大目犍連
阿難尊者

頻婆娑羅王   韋提夫人
耆婆大臣
月光大臣

提婆尊者     阿闍世王
雨行大臣
守門者

 

0362土和讃 愚禿親鸞作

¬大経¼意 二十二首

(51)

尊者阿難座よりたち

世尊の威光を瞻仰し

ミタテマツル

オホセヲアオグ

生希有心とおどろかし

アリガタキコヽロトイフ

未曽見とぞあやしみし

イマダムカシモカヽルオムカホバセミタテマツラズ

(520363)

如来の光瑞希有にして

ニヨライノオムヒカリコトニヨキオムカタチケウニマシマストナリ

阿難はなはだこゝろよく

如是之義ととえりしに

カクノゴトキノギイカナルオムコトトトイタテマツルニトナリ

出世の本意あらはせり

(53)

大寂定にいりたまひ

シヅカニシヅカニマシマスコトコトニヒゴロニスグレマシマシタマフユヘハタヾアミダノミヤウガウヲトキタマハムトテヨニイデマシマスコトコトニスグレメデタクマシマスオムカタチナリ

如来の光顔たえにして

オムカホバセオムカタチナリ

阿難の慧見をみそなはし

問斯慧義とほめたまふ

(540364)

如来興世の本意には

ヨニイデタマフコヽロハトイフ

本願真実ひらきてぞ

難値難見とときたまひ

マウアヒガタクミタテマツリガタシ

猶霊瑞華としめしける

ウドムジユノハナヲレイズイクヱトイフ レイズイクヱノトキアテトキニイマシイヅルガゴトシ ウドムジユハミハツネニナレドモハナノサクコトキワメテマレナルニヨリテホトケノヨニイデタマフコトキワメテマレニマシマスアヒダタトエニヒカレタリ

(55)

弥陀成仏のこのかたは

いまに十劫とときたれど

塵点久遠劫よりも

一大三千界ヲスミニシテコノスミヲフデノサキニチトツケテクニヒトツニチトツケクニヒトツニチトツケテツケツクシテコノチリノカズヲカズヘツモリタルヲヂンデンクオンゴフトイフナリ

ひさしき仏とみへたまふ

(560365)

南无不可思議光仏

饒王仏のみもとにて

十方浄土のなかよりぞ

本願選択摂取する

エラビ反

シユハキラヒトルコヽロナリ

エラブ反キラフ反

セウハコトニエラビトルコヽロナリ

(57)

无光仏のひかりには

サワルコトナキヒカリノニヨライナリ アクゴフボムナウニサエラレヌニヨリテムゲトマフスナリ

清浄・歓喜・智慧光

グチノボムナウヲタスケムレウニチヱトナヅク

シンイノボムナウヲタスケムレウニクワンギトナヅクナリ

トムヨクノボムナウヲタスケトムヨクノツミヲケサムレウニシテシヤウジヤウクワンギトナヅク

その徳不可思議にして

十方諸有を利益せり

シヨウシユジヤウトイフハ廿五ノ衆生也

(580366)

ª本願ノコヽロ第十八ノ選択本願ナリº

至心・信楽・欲生と

シンジチナリ

ムマレムトオモフナリ

コムガウノシン

十方の諸有をすゝめてぞ

シヨウシユジヤウトイフハ二十五ウノシユジヤウナリ

不思議の誓願あらわして

真実報土の因とする

アンラクジヤウドニムラルヽタネナリ

(59)

真実信心うるひとは

シシムシンゲウノシンハシンジムハシンナリ シンジチハシシムノコヽロナリ

すなわち定聚のかずにいる

ホトケニナルクラヰ也

不退のくらゐに住すれば

かならず滅度にいたらしむ

ネチハンノサトリヲヒラクナリ

(600367)

ª三十五ノ願ノコヽロナリº

諸仏の大悲ふかければ

ミダヲシヨブチトマフス クワドニンダウノコヽロナリ

仏智の不思議をあらわして

変成男子の願をたて

女人成仏ちかひたり

(61)

ª十九ノ願ノコヽロ諸行往生ナリº

至心・発願・欲生と

十九のグワン コノグワンオバゲンゼンダウシヤウノグワントイフコトアリ リムジユゲンゼンノグワントモアリ ライカウインゼウノグワントモアリ

ワワミダニヨライノオムコヽロザシナリ ムマレムトオモフヒトノコヽロヲスヽムル也

十方衆生を方便し

ノリ反カタドル反

タヨリ反スナワチト反

衆善の仮門ひらきてぞ

ハウベンノゼンナリ

現其人前と願じける

リムジユノトキニソノヒトノマヘニアラワレタマフベシトナリ

(620368)

臨終現前の願により

ノゾム反

オワリニ反

アラワレム

釈迦は諸善をことごとく

¬観経¼一部にあらわして

アツム反

ワカツ反

定散諸機をすゝめけり

シユジヤウ反ハタモノ反

(63)

諸善万行ことごとく

至心発願せるゆへに

アミダニヨライノオムコヽロザシナリ ヨロヅノゼン人ヲスヽメタマフチカヒ也

往生浄土の方便の

善とならぬはなかりけり

(640369)

ª二十ノ願ノコヽロナリ自力ノ念仏ヲ願ジタマヘリº

至心・回向・欲生と

アミダニヨライノオムスヽメナリ ムマレムトオモフシユジヤウノコヽロザシヲスヽメタマフチカヒ也

十方衆生を方便し

名号の真門ひらきてぞ

アンラクジヤウドニイルマコトノオシヘナリ

不果遂者と願じける

ツヰニハタシトゲントナリ

(65)

果遂の願によりてこそ

ツイニハタシトゲムトナリ

釈迦は善本徳本を

インヰヲゼンポントイフ

クワヰノヲトクホントイフ

¬弥陀経¼にあらわして

一乗の機をすゝめける

ヰチジヨウキトハホウドニシヤウトセシメン

(660370)

定散自力の称名は

果遂のちかひに帰してこそ

ジリキノコヽロニテミヤウガウヲトナヘタルオバツヒニハタシトゲムトチカヒタマフナリ

おしえざれとも自然に

真如の門に転入する

ホフシンノサトリヲヒラクミトウツリイルトマフスナリ

(67)

安楽浄土をねがひつゝ

他力の信をえぬひとは

仏智不思議をうたがひて

辺地懈慢にとまるなり

ギワクタイシヤウヲヘンヂトイフ コレハ五百歳ヲヘテホウドニハマイルナリ

シヨギヤウワウジヤウノヒトハケマンニオツ コレラハオクセンマンノトキマレニ一人ホウドヘハスヽムナリ

(680371)

如来の興世にあひがたく

ヨニイデタマフコトカタシトナリ

諸仏の経道きゝがたし

ヨロヅノホトケノオシヘニモアヒガタシトナリ

菩薩の勝法きくことも

スグレタルホフ

シヨウボフトイフハ六ドハラミチナリ コレラニアフコトモワレラハアリガタシトナリ

无量劫にもまれらなり

(69)

善知識にあふことも

おしふることもまたかたし

よくきくこともかたければ

信ずることもなほかたし

(700372)

一代諸教の信よりも

ヒトヨ

弘願の信楽なほかたし

ヒロクヒロマル

シンジム

ネガフコトナホカタシ

難中之難とときたまひ

カタキガナカニカタシトナリ

无過此難とのべたまふ

コレニスギテカタキコトナシトナリ

(71)

念仏成仏これ真宗

シンジチホングワンナリ

万行諸善これ要門

ハウベンケモンナリ

権実真仮をわかずして

ハウベンノゼントシンジチノセイグワンヲワカズトイフ

自然の浄土をえぞしらぬ

(720373)

聖道権仮の方便に

カリニ

カリナリ

衆生ひさしくとゞまりて

諸有に流転の身とぞなる

サソラフ反

ウツリウツル

悲願の一乗帰命せよ

已上¬大経¼意

 

¬観経¼意 九首

(730374)

恩徳広大釈迦如来

韋提夫人に勅してぞ

光台現国のそのなかに

ウテナ反

シヤカニヨライノオムヒカリノナカニサマザマノ国ヲゲンジタマフナリ

安楽世界をえらばしむ

(74)

頻婆娑羅王勅せしめ

宿因その期をまたずして

マツ反

シウ反ムカシトヨム

仙人殺害のむくひには

コロシ

ソコナウ

七重のむろにとぢられき

カサナル

(750375)

阿闍世王は瞋怒して

イカリ

オモテニイカルヲシントイフ

イカル

コヽロニイカルヲヌトイフ

我母是賊としめしてぞ

ワガハヽハコレアダナリトイフ

無道にはゝを害せむと

ソコナフトイフ

つるぎをぬきてむかひける

(76)

耆婆・月光ねむごろに

是旃陀羅とはぢしめて

不宜住此と奏してぞ

マウス反

コヽニトヾマルベカラズトマフシケルナリ

闍王の逆心いさめける

(770376)

耆婆大臣おさへてぞ

却行而退せしめつゝ

シリゾキサラシム

闍王つるぎをすてしめて

韋提をみやに禁じける

イマシム

(78)

弥陀・釈迦方便して

阿難・目連・富楼那・韋提

達多・闍王・頻婆娑羅

耆婆・月光・行雨等

(790377)

大聖おのおのもろともに

凡愚底下のつみびとを

ソコ

オホヨソ

タヾウド

ワレラハダイカイノソコニシズメルトナリ

逆悪もらさぬ誓願に

アクハジフアクナリ

グヰヤクトイフハゴグヰヤクナリ

方便引入せしめけり

コシラフ

ミチビク

(80)

釈迦韋提方便して

浄土の機縁熟すれば

ウム反カナウ反

雨行大臣証として

カナウ反サトル反

闍王逆悪興ぜしむ

オコス反

(810378)

定散諸機各別の

センマンナリ

ヨロヅノシユジヤウ

自力の三心ひるがへし

如来利他の信心に

ホングワンシンヂチノシンジムナリ

通入せむとねがふべし

カヨフ反ミチト反

已上¬観経¼意

 

¬弥陀経¼意 五首

(820379)

十方微塵世界の

コマカナルチリ

念仏の衆生をみそなはし

摂取してすてざれば

シユハムカエトル

オサメトル

ヒトタビトリテナガクステヌナリ

セフハモノヽニグルヲオワエトルナリ セフハオサメトル

阿弥陀となづけたてまつる

(83)

恒沙塵数の如来は

万行の少善きらいつゝ

名号不思議の信心を

ひとしくひとえにすゝめたり

(840380)

十方恒沙の諸仏は

極難信ののりをとき

五濁悪世のためにとて

証誠護念せしめたり

(85)

諸仏の護念証誠は

悲願成就のゆへなれば

金剛心をえむひとは

ツヨシ反

コムガウハヤブレズタヾレズウゲズ

弥陀の大恩報ずべし

(860381)

五濁悪時悪世界

濁悪邪見の衆生には

弥陀の名号あたえてぞ

恒沙の諸仏すゝめたる

已上¬弥陀経¼意

 

諸経意弥陀仏和讃 九首

(870382)

无明の大夜をあはれみて

オホキナルヤミノヨ

ボムナウノワウヲムミヤウトイフナリ

法身の光輪きわもなく

ヒカリ

メグル

ホフシンハスベテコヽロモコトバモオヨバヌナリ コクニミチタマヘリ

无光仏としめしてぞ

安養界に影現する

アラハレタマフ

(88)

久遠実成阿弥陀仏

ムカシヨリマコトニアミダトナリタマヘルナリ

五濁の凡愚をあわれみて

釈迦牟尼仏としめしてぞ

迦耶城には応現する

ジヤウボムダイワウノワタラセタマイシトコロヲガヤジヤウトイフナリ

(890383)

百千倶胝の劫をへて

百千倶胝のしたをいだし

マンオクヲクテイトイフ クテイトイフハテンヂクノコトバナリ

したごと无量のこゑをして

弥陀をほめむになほつきじ

(90)

大聖易往とときたまふ

シヤカ仏ナリ

ユキヤスシトナリ

浄土をうたがふ衆生おば

無眼人とぞなづけたる

マナコナキヒトヽナヅク

モクレンシヨモンギヤウノモンナリ

*クワンネンボフモンニヒカレタリ

無耳人とぞのべたまふ

ミヽナキヒトヽイフ

観念法門に… ¬観念法門¼に引用はない。 ¬安楽集¼(上)、 ¬往生要集¼(上)に見られる。

(910384)

无上上は真解脱

マコトニサトリヒラクナリ

ホフシンヲムジヤウジヤウトモイヒシンゲダチトモイフ

真解脱は如来なり

真解脱にいたるにぞ

无愛无疑とはあらはるゝ

ヨクノコヽロナシウタガフコヽロナシトナリ

(92)

平等心をうるときを

ホフシンノ心ヲウルトキトナリ

一子地となづけたり

三ガイノシユジヤウヲワガヒトリゴトオモフコトヲウルヲヰチシヂトイフナリ

一子地は仏性なり

安養にいたりてさとるべし

(930385)

如来すなわち涅槃なり

ニヨライトマフスハスナワチネチハントマフスミコトナリ ネチハントマフスハスナワチマコトノホフシントマフス仏性ナリシルベシ コノボムブハコノセカイニシテサトラズ候ヘバタリキヲタノミマイラセテアンラクジヤウドニシテサトルベシトナリ

涅槃を仏性となづけたり

凡地にしてはさとられず

ボムブノヰドコロ

安養にいたりて証すべし

(94)

歓喜信心無疑者おば

与諸如来等ととく

大信心は仏性なり

ワレラガミダノホングワンタリキヲシンジタルヲダイシンジムトイフ ムジヤウボダイニイタルヲダイシントイフナリ

仏性すなわち如来なり

(950386)

衆生有のさとりにて

ヨロヅノコトサヘラルヽコヽロナリ

无の仏智をうたがへば

サワリナキ

曽婆羅頻陀羅地獄にて

ムケンヂゴクノシユジヤウヲミテハアラタノシゲヤトミルナリ ブチポフヲシシリタルモノコノヂゴクニオチテハチマンゴフヂユス ダイクナウヲウク

多劫衆苦にしづむなり

已上諸経意

 

現世の利益和讃 十五首

ヤワラゲホメ

(960387)

«東方ヤクシ南方クヱカイ西方ムリヤウジユブチ北方ニシヤカノトキタマフ»

阿弥陀如来来化して

キタリテアハレミタマフ

息災延命のためにとて

シチナンヲトヾメイノチヲノベタマフナリ

¬金光明¼の「寿量品」

«四クワンノキヤウ也 コレヲサイシヨウワウキヤウトイフ 十巻也»

ときおきたまへるみのりなり

(97)

山家の伝教大師は

ヒエノヤマナリ

国土人民をあわれみて

七難消滅の誦文には

キエホロブ

ソラニウカベヨムヲジユトイフ

南无阿弥陀仏をとなえしむ

(980388)

一切の功徳にすぐれたる

南无阿弥陀仏をとなふれば

三世の重障みなながら

オモキツミナリ

かならず転じて軽微なり

カロクナシスクナクナスウスクナスイ

(99)

南无阿弥陀仏をとなふれば

この世の利益きわもなし

流転輪回のつみきえて

定業中夭のぞこりぬ

(1000389)

南无阿弥陀仏をとなふれば

梵王・帝釈帰敬す

テンノカミタチナリ

諸天善神ことごとく

よるひるつねにまもるなり

(101)

南无阿弥陀仏をとなふれば

四天大王もろともに

よるひるつねにまもりつゝ

よろづの悪鬼をちかづけず

アシキオニナリ

(1020390)

南无阿弥陀仏をとなふれば

堅牢地祇は尊敬す

タウトミウヤマフ

コノヂニアルカミヂヨリシタナルカミヲケンラウヂギトイフ

かげとかたちとのごとくにて

よるひるつねにまもるなり

(103)

南无阿弥陀仏をとなふれば

難陀・跋難大竜等

無量の竜神尊敬し

よるひるつねにまもるなり

(1040391)

南无阿弥陀仏をとなふれば

炎魔法王尊敬す

タウトミウヤマフ

五道の冥官みなともに

よるひるつねにまもるなり

(105)

南无阿弥陀仏をとなふれば

他化天の大魔王

釈迦牟尼仏のみまへにて

まもらむとこそちかひしか

(1060392)

天神・地祇はことごとく

善鬼神となづけたり

これらの善神みなともに

念仏のひとをまもるなり

(107)

願力不思議の信心は

大菩提心なりければ

天地にみてる悪鬼神

みなことごとくおそるなり

(1080393)

南无阿弥陀仏をとなふれば

観音・勢至はもろともに

恒沙塵数の菩薩と

チリノカズノゴトク

イサゴノカズノゴトク

かげのごとくにみにそへり

(109)

无光仏のひかりには

無数の阿弥陀ましまして

化仏おのおの无数の

光明无量无辺なり

(1100394)

南无阿弥陀仏をとなふれば

十方无量の諸仏は

百重千重囲繞して

アマタ反

カコム反

メグル反

カサナル反

よろこびまもりたまふなり

已上現世利益

已上弥陀一百八首 釈親鸞作

 

¬首楞厳経¼によりて大勢至菩薩和讃したてまつる

(1110395)

勢至念仏円通して

マドカニカヨフ

五十二菩薩もろともに

すなわち座よりたゝしめて

仏足を頂礼せしめつゝ

ホトケノミアシ

(112)

教主世尊にまふさしむ

シヤカニヨライナリ

往昔恒河沙劫に

ムカシトイフ

仏よにいでたまへりき

无量光となづけたり

(1130396)

十二の如来あひつぎて

十二劫をへたまへり

最後の如来をなづけてぞ

超日月光とまふしける

(114)

超日月光このみには

念仏三昧おしえしむ

十方の如来衆生を

一子のことくに憐念す

アワレミオボシメス

(1150397)

子の母をおもふごとくにて

衆生仏を憶すれば

オモヒマイラストナリ

現前当来とおからず

如来を拝見うたがはず

ミタテマツルナリ

(116)

染香人のそのみには

カウバシキカミニソメルガゴトシトイフ

香気あるがごとくなり

カウバシキカノアルガトトシト

これをすなはちなづけては

香光荘厳とまふすなり

ネムブチハチヱナリ

(1170398)

われもと因地にありしとき

念仏の心をもちてこそ

无生忍にはいりしかば

フタイノクラヰトマフスナリ カナラズホトケニナルベキミトナルトナリ

いまこの娑婆界にして

(118)

念仏のひとを摂取して

浄土に帰せしむるなり

大勢至菩薩の

大恩ふかく報ずべし

0399已上大勢至菩薩

源空聖人之御本地也

 

¬経¼言、

 「我本因地  以念仏心

 入↢无生忍↡ 今於↢此界↡

 摂↢念仏人↡ 帰↠於↢浄土↡」