じょう真要しんようしょう ほん

 

【1】 それ*一向いっこう専修せんじゅ*念仏ねんぶつは、 けつじょうおうじょう*肝心かんじんなり。 これすなはち ¬*だいきょう¼ (上) のなかに*弥陀みだ如来にょらい*じゅうはちがんくなかに、 *だいじゅうはちがん念仏ねんぶつ*信心しんじんをすすめて*しょぎょうかず、 「ないじゅうねんぎょうじゃかならずおうじょうべし」 とけるゆゑなり。 しかのみならず、 おなじき ¬きょう¼ (下)*三輩さんぱいおうじょうもんに、 みなつうじて 「一向いっこう専念せんねんりょう寿じゅぶつ」 ときて、 「一向いっこうにもつぱらりょう寿じゅぶつねんぜよ」 といへり。 「*一向いっこう」 といふはひとつにむかふといふ、 ただ念仏ねんぶつ*いちぎょうにむかへとなり。 「*専念せんねん」 といふはもつぱらねんぜよといふ、 ひとへに弥陀みだ一仏いちぶつねんじたてまつるほかにふたつをならぶることなかれとなり。

これによりて、 とう (中国)こう*善導ぜんどうしょうは、 *正行しょうぎょう*ぞうぎょうとをたてて、 ぞうぎょうをすてて正行しょうぎょうすべきことわりをあかし、 *しょうごう*助業じょごうとをわかちて、 助業じょごうをさしおきてしょうごうをもつぱらにすべきはんぜり。

ここにわがちょう*ぜんしき*黒谷くろだに*源空げんくうしょうにん*かたじけなく如来にょらいのつかひとして*末代まつだい*へんしゅう*しゅじょう*きょうしたまふ。 そののぶるところ*しゃくそん*じょうせつにまかせ、 そのひろむるところもつぱらこう (善導)しゃくをまもる。 かのしょうにん (源空) のつくりたまへる ¬*せんじゃくしゅう¼ にいはく、 「*速欲そくよくしょう しゅしょうぼうちゅう 且閣しゃかくしょうどうもん せんにゅうじょうもん よくにゅうじょうもん しょうぞうぎょうちゅう 且抛しゃほうしょぞうぎょう せんおう正行しょうぎょう 欲修よくしゅ正行しょうぎょう しょうじょごうちゅう ぼう助業じょごう 選応せんおうせん正定しょうじょう 正定しょうじょうごうしゃ そくしょうぶつみょう 称名しょうみょう必得ひっとくしょう ぶつ本願ほんがん」 といへり。

このもんのこころは、 「すみやかに*しょうをはなれんとおもはば、 しゅしょうぼうのなかに、 しばらく*しょうどうもんさしおきて、 えらんで*じょうもんれ。 じょうもんらんとおもはば、 *しょうぞうぎょうのなかに、 しばらくもろもろのぞうぎょうなげすてて、 えらんで正行しょうぎょうすべし。 正行しょうぎょうしゅせんとおもはば、 *しょうじょごうのなかに、 なほ助業じょごうをかたはらにして、 えらんで正定しょうじょうをもつぱらにすべし。 正定しょうじょうごうといふはすなはちこれぶつみょうしょうするなり。 みなしょうすればかならずうまるることをぶつ本願ほんがんによるがゆゑに」 となり。

すでに*南無なも弥陀みだぶつをもつて正定しょうじょうごうづく。 「正定しょうじょうごう」 といふは、 まさしくさだまるたねといふこころなり。 これすなはち*おうじょうのまさしくさだまるたねは念仏ねんぶついちぎょうなりとなり。 自余じよ一切いっさいぎょうおうじょうのためにさだまれるたねにあらずときこえたり。 しかれば、 けつじょうおうじょうのこころざしあらんひとは、 念仏ねんぶついちぎょうをもつぱらにして、 *専修せんじゅ*専念せんねん*一向いっこう*一心いっしんなるべきこと、 *祖師そししゃくはなはだあきらかなるものをや。

しかるにこのごろじょういっしゅうにおいて、 面々めんめんをたてぎょうろんずる*家々いえいえ、 みなかの黒谷くろだに (源空)ながれにあらずといふことなし。 しかれども、 *ぎょうみなおなじからず。 おのおのしんをあらそひ、 たがひにじゃしょうろんず。 まことに是非ぜひをわきまへがたしといへども、 *つらつらそのしょうをうかがふに、 もろもろのぞうぎょうをゆるししょぎょうおうじょうだんずる、 とほくは善導ぜんどうしょうしゃくにそむき、 ちかくは源空げんくうしょうにんほんにかなひがたきものをや。

しかるにわが親鸞しんらんしょうにんいちは、ぼん*まめやかにしょうをはなるべきをしへ、 しゅじょうのすみやかにおうじょうをとぐべきすすめなり。 そのゆゑは、 ひとへにもろもろのぞうぎょうなげすてて、 もつぱら一向いっこう専修せんじゅいちぎょうをつとむるゆゑなり。 これすなはち一切いっさいぎょうはみなとりどりに*めでたけれども、 弥陀みだ*本願ほんがんにあらず、 *しゃくそんぞくきょうにあらず、 *諸仏しょぶつ証誠しょうじょうほうにあらず。 念仏ねんぶついちぎょうはこれ弥陀みだ*せんじゃく本願ほんがんなり、 しゃくそん*ぞくぎょうなり、 諸仏しょぶつ*証誠しょうじょうほうなればなり。

しゃ弥陀みだおよび十方じっぽう諸仏しょぶつおんこころにしたがひて念仏ねんぶつしんぜんひと、 かならずおうじょう大益だいやくべしといふこと、 うたがいあるべからず。 かくのごとく一向いっこうぎょうじ、 一心いっしんしゅすること、 わがりゅうのごとくなるはなし。 さればこのりゅうしてしゅぎょうせんひと、 ことごとくけつじょうおうじょうぎょうじゃなるべし。 しかるにわれらさいはひにそのながれをくみて、 もつぱらかのをしへをまもる。 *宿しゅくいんのもよほすところ、 よろこぶべし、 たふとむべし。 まことに*恒沙ごうじゃしんみょうをすてても、 かの*恩徳おんどくほうずべきものなり。

しゃくそん善導ぜんどうこのほうきあらはしたまふとも、 源空げんくう親鸞しんらんしゅっしたまはずは、 われらいかでか*じょうをねがはん。 たとひまた源空げんくう親鸞しんらんでたまふとも、 だい*そうじょう*ぜんしきましまさずは、 真実しんじつ信心しんじんをつたへがたし。

善導ぜんどうしょうの ¬*般舟はんじゅさん¼ にいはく、 「にゃくほんしきかん 弥陀みだじょううんにゅう」 といへり。 もんのこころは、 「もしほん*しきのすすめにあらずは、 弥陀みだじょうにいかんしてからん」 となり。 しきのすすめなくしては、 じょううまるべからずとみえたり。

また*ほっしょうぜんの ¬*五会ごえほうさん¼ にいはく、 「*曠劫こうごうらいろう 随縁ずいえん六道ろくどうじゅりん ぐうおうじょうぜんしき 誰能すいのう相勧そうかんとく回帰えき」 といへり。 このもんのこころは、 「*曠劫こうごうよりこのかたろうせしことひさし、 *六道ろくどうしょうにめぐりてさまざまの*りんくるしみをけき。 おうじょうぜんしきはずは、 たれかよくあひすすめて弥陀みだじょううまるることをん」 となり。

しかれば、 かつは*仏恩ぶっとんほうぜんがため、 かつはとくしゃせんがために、 このほう十方じっぽうにひろめて、 一切いっさいしゅじょうをして*西方さいほういちにすすめれしむべきなり。

¬*おうじょう礼讃らいさん¼ にいはく、 「しんきょう人信にんしん なんちゅうてんきょうなん だいでん普化ぷけ しんじょうほう仏恩ぶっとん」 といへり。 こころは、 「みづからもこのほうしんじ、 ひとをしてもしんぜしむること、 かたきがなかに*うたたさらにかたし。 弥陀みだだいつたへてあまねくしゅじょうする、 これまことに仏恩ぶっとんほうずるつとめなり」 といふなり。

肝心 かなめとなるもの。 最も大切なことがら。
かたじけなく 有難くも。 恐れ多くも。
誠説 まことの説法。 真実の教説。
速欲離生死… ¬せんじゃくしゅう¼ 十六章の内容を要約した文。 「三選の文」 また 「略選文」 などと呼ばれる。 なお、 三選とは、 浄土門を選びとる第一選、 正行を選びとる第二選、 正定しょうじょうごうを選びとる第三選を指していう。
祖師の解釈 善導ぜんどう大師および法然ほうねん上人の解釈を指す。
家々 親鸞聖人の一流以外の浄土他流を指していう。
まめやかに 本当に。 真に。
めでたけれども すばらしいけれども。
釈尊付属の教 ¬観経¼ のずうぶんにおいて、 釈尊がなんに称名念仏を一経の結論として、 授け与えたことを指す。
諸仏証誠の法 ¬小経¼ において、 六方の諸仏が念仏の法の真実であることを証明したことを指す。
宿因 「むかしのたね」 (左訓)
曠劫以来流浪久… 「曠劫以来、 流浪せしこと久し。 縁に随ひ六道に輪廻を受く。 往生の善知識に遇はずは、 たれかよくあひ勧めて回帰することを得ん」
うたた いよいよ。 ますます。

【2】 うていはく、 *しょりゅう異義いぎまちまちなるなかに、 おうじょう一道いちどうにおいて、あるいは*平生へいぜいごうじょうだんじ、 あるいはりんじゅうおうじょうののぞみをかけ、 あるいは*来迎らいこうしゅうし、 あるいは*来迎らいこうのむねをじょうず。 いまわがりゅうだんずるところ、これらののなかにはいづれのぞや。

諸流 親鸞聖人の一流以外の浄土他宗を指していう。

 こたへていはく、 親鸞しんらんしょうにん*いちりゅうにおいては、 平生へいぜいごうじょうにしてりんじゅうおうじょうののぞみをほんとせず、 来迎らいこうだんにして来迎らいこうしゅうせず。 ただし平生へいぜいごうじょうといふは、 平生へいぜい仏法ぶっぽうにあふにとりてのことなり。 もし*りんじゅうほうにあはば、 そのりんじゅう*おうじょうすべし。 平生へいぜいをいはず、 りんじゅうをいはず、 ただ信心しんじんうるときおうじょうすなはちさだまるとなり。 これを*即得そくとくおうじょうといふ。

これによりて、 わがしょうにん (親鸞) のあつめたまへる ¬*教行きょうぎょうしょう文類もんるい¼ のだい(*行巻)、 「しょうしん」 のもんにいはく、 「能発のうほつ一念いちねんあいしん だん煩悩ぼんのうとくはん ぼんじょうぎゃくほうさいにゅう にょ衆水しゅすいにゅうかいいち」 といへり。 このもんのこころは、 「よく*一念いちねんかん信心しんじんおこせば、 *煩悩ぼんのうだんぜざる*ばく*ぼんながらすなはち*はんぶんぼんしょうにん*ぎゃく*謗法ほうぼうもひとしくうまる。 たとへばもろもろのみずうみりぬれば、 ひとつうしおあじはひとなるがごとく、 善悪ぜんあくさらにへだてなし」 といふこころなり。

ただ*一念いちねん信心しんじんさだまるとき、 *しゅ*とんしん*まん煩悩ぼんのうだんぜずといへども、 *おう*三界さんがい六道ろくどうりんほうをとづるあり。 しかりといへども、 いまだ凡身ぼんしんをすてず、 なほばくたいなるほどは、 *摂取せっしゅこうみょうのわがらしたまふをもしらず、 ぶつさつのまなこのまへにましますをもみたてまつらず。 しかるに*いちのいのちすでにきて、 いきたえ、 まなことづるとき、 かねてしょうとくしつるおうじょうのことわりここにあらはれて、 ぶつさつ*相好そうごうをもはいし、 じょう*しょうごんをもみるなり。

これさらにりんじゅうのときはじめておうじょうにはあらず。 さればしんしんぎょう信心しんじんをえながら、なほおうじょうをほかにおきて、 りんじゅうのときはじめてとはおもふべからず。 したがひて*信心しんじん開発かいほつのとき、 摂取せっしゅ光益こうやくのなかにありておうじょうしょうとくしつるうへには、 いのちをはるとき、 ただそのさとりのあらはるるばかりなり。 ことあたらしくはじめて*しょうじゅ来迎らいこうにあづからんことをすべからずとなり。

さればおなじき次下つぎしもしゃく (正信偈) にいはく、 「摂取せっしゅ心光しんこうじょうしょう のうすいみょうあん 貪愛とんない瞋憎しんぞううん じょう真実しんじつ信心しんじんてん にょ日光にっこううん うんみょうあん」 といへり。 このもんのこころは、 「弥陀みだ如来にょらい摂取せっしゅ*心光しんこうはつねにぎょうじゃらしまもりて、 すでによく*みょうやみすといへども、 *貪欲とんよく*しんとう悪業あくごうくもきりのごとくして*真実しんじつ信心しんじんてんおおへり。 たとへばひかりくもきりおおはれたれども、 そのしたはあきらかにしてくらきことなきがごとし」 となり。

されば信心しんじんをうるとき摂取せっしゅやくにあづかる。 摂取せっしゅやくにあづかるがゆゑに*正定しょうじょうじゅじゅうす。 しかれば、 *三毒さんどく煩悩ぼんのうはしばしばおこれども、 まことの信心しんじんはかれにも*さへられず。 *顛倒てんどう*妄念もうねんはつねにたえざれども、 さらにらい悪報あくほうをばまねかず。 かるがゆゑに、 もしは平生へいぜい、 もしはりんじゅう、 ただ信心しんじんのおこるときおうじょうさだまるぞとなり。 これを 「正定しょうじょうじゅじゅうす」 ともいひ、 「*退たいくらいる」 ともなづくるなり。

このゆゑにしょうにん (親鸞) またのたまはく、 「来迎らいこう*しょぎょうおうじょうにあり、 *りきぎょうじゃなるがゆゑに。 りんじゅうまつことと来迎らいこうたのむことは、 しょぎょうおうじょうのひとにいふべし。 真実しんじつ信心しんじんぎょうにんは、 *摂取せっしゅしゃのゆゑに正定しょうじょうじゅじゅうす。 正定しょうじょうじゅじゅうするがゆゑにかならず*めついたる。 めついたるがゆゑにだいはんしょうするなり。 かるがゆゑにりんじゅうまつことなし、 来迎らいこうたのむことなし」 (御消息・一意) といへり。

これらのしゃくにまかせば、 真実しんじつ信心しんじんのひと、 一向いっこう専念せんねんのともがら、 りんじゅうをまつべからず、 来迎らいこうすべからずといふこと、 そのむねあきらかなるものなり。

一念歓喜の信心 本願を聞いてふたごころなくよろこぶ信心のこと。 親鸞聖人は、 一念とは信心を得る時のきわまり、 歓は身を、 喜は心をよろこばせることであるという。
信心開発 他力こうの信心がしゅじょうの心中にはじめてひらきおこること。
聖衆の来迎に… 聖衆の来迎をまちもうけ、 たのみにしてはならない。

【3】 うていはく、 しょうにん (親鸞)*りょうけんはまことにたくみなり。 あおいでしんずべし。 ただしきょうもんにかへりてをうかがふとき、 いづれのもんによりてか、 来迎らいこうせずりんじゅうをまつまじきをこころうべきや。 たしかなるもんをききて、 いよいよけん信心しんじんをとらんとおもふ。

料簡 ここでは教義的解釈のことをいう。

 こたへていはく、 ぼんあさし。 いまだきょうしゃくのおもむきをわきまへず。 *聖教しょうぎょう万差まんじゃなれば、 方便ほうべんせつあり、 真実しんじつせつあり。 たいすれば、 いづれもそのやくあり。 一偏いっぺんをとりがたし。 ただ祖師そし (親鸞) のをしへをききて、 わが信心しんじんをたくはふるばかりなり。 しかるにのなかにひろまれるしょりゅう、 みなりんじゅうをいのり来迎らいこうす。 これをせざるは、 ひとり*わがいえなり。 *しかるあひだ、 これをきくものは*ほとほとみみをおどろかし、 これをそねむものははなはだあざけりをなす。 しかれば、 たやすくこのだんずべからず。 にん謗法ほうぼうつみをまねかざらんがためなり。

それ親鸞しんらんしょうにんは、 じん*博覧はくらんにして*内典ないてん*てんにわたり*慧解えげ高遠こうおんにしてしょうどうじょうをかねたり。 ことにじょうもんりたまひしのちは、 もつぱらいっしゅうのふかきみなもとをきはめ、 あくまでめい (源空) のねんごろなるをしへをうけたまへり。 あるいはそのゆるされをかうぶりて*製作せいさくをあひつたへ、 あるいはかのあはれみにあづかりて*真影しんねいをうつしたまはらしむ。 としをわたりをわたりて、 そのをしへをうくるひと千万せんばんなりといへども、 したしきといひ、 うときといひ、 製作せいさくをたまはり真影しんねいをうつすひとはそのかずおほからず。

したがひて、 *このもんりゅうのひろまれることしゅうしゅうにならびなく、 そのやくのさかりなること田舎でんしゃへんにおよべり。 どうのとほくあまねきは、 智慧ちえのひろきがいたすところなり。 しかれば、 そうじょうさだめてぶつにそむくべからず。 ながれをくむやから、 ただあおいでしんをとるべし。 無智むち末学まつがく*なまじひにきょうしゃくについてろんぜば、 そのあやまりをのがれがたきか。 よくよくつつしむべし。

ただし、 一分いちぶんなりとも*しんじゅするところのいち*どうぎょうのなかにおいてこれをはばかるべきにあらず。 いまこころみに*りょうけんするに、 まづじょう一門いちもんをたつることは*さんみょうでんせつでたり。 そのなかに弥陀みだ如来にょらい*いん本願ほんがんきてぼんおうじょうけっすること、 ¬だいきょう¼ のせつこれなり。 そのせつといふはじゅうはちがんなり。

じゅうはちがんのなかに、 念仏ねんぶつおうじょう一益いちやくくことはだいじゅうはちがんにあり。 しかるにだいじゅうはちがんのなかに、 りんじゅう平生へいぜい沙汰さたなし、 *しょうじゅ来現らいげんをあかさず。 かるがゆゑに、 じゅうはちがんして念仏ねんぶつしゅおうじょうをねがふとき、 りんじゅうをまたず来迎らいこうすべからずとなり。

すなはちだいじゅうはちがんにいはく、 「せつ得仏とくぶつ 十方じっぽうしゅじょう しんしんぎょう よくしょうこく ないじゅうねん にゃくしょうじゃ しゅしょうがく(大経・上) といへり。 このがんのこころは、 「たとひわれぶつたらんに、 十方じっぽうしゅじょうしんいたしんぎょうしてわがくにうまれんとおもうて、 *ないじゅうねんせん。 もしうまれずは、 しょうがくらじ」 となり。

この願文がんもんのなかに、 まつたくりんじゅうかず平生へいぜいといはず、 ただしんしんぎょうにおいてじゅうねんおうじょうをあかせり。 しかれば、 りんじゅうしんぎょうせばりんじゅうおうじょうじょうすべし、 平生へいぜいしんせば平生へいぜいおうじょう決得けっとくすべし。 さらに平生へいぜいりんじゅうとによるべからず、 ただ仏法ぶっぽうにあふせつ*分斉ぶんざいにあるべし。 しかるにわれらはすでに平生へいぜい*もんみょうよくおうじょうあり。 ここにしりぬ、 りんじゅうにあらず平生へいぜいなりといふことを。 かるがゆゑにふたたびりんじゅうにこころをかくべからずとなり。

しかのみならず、 おなじきだいじゅうはちがんじょうじゅもん (大経・下) にいはく、 「しょしゅじょう もんみょうごう 信心しんじんかん ない一念いちねん しんこう がんしょうこく 即得そくとくおうじょう じゅ退転たいてん」 といへり。 このもんのこころは、 「あらゆるしゅじょう、 その*みょうごうきて*信心しんじんかんし、 *ない一念いちねんせん。 しんこうしたまへり。 かのくにうまれんとがんずれば、 すなはちおうじょう退転たいてんじゅうす」 となり。 こころは、 「一切いっさいしゅじょう無礙むげこう如来にょらいみなをききて、 しょうしゅつ*強縁ごうえんひとへに念仏ねんぶつおうじょう一道いちどうにあるべしと、 よろこびおもふこころの一念いちねんおこるときおうじょうさだまるなり。 これすなはち弥陀みだ如来にょらい*いんのむかし、 しんこうしたまへりしゆゑなり」 となり。

この一念いちねんについて*隠顕おんけんあり。 *けんには、 じゅうねんたいするとき一念いちねんといふは称名しょうみょう一念いちねんなり。 *おんには、 真因しんいんけつりょうする安心あんじん一念いちねんなり。 これすなはち相好そうごうこうみょうとうどく観想かんそうするねんにあらず、 ただかの如来にょらいみょうごうをききて、 *きょう分限ぶんげんをおもひさだむるくらいをさすなり。 されば親鸞しんらんしょうにんはこの一念いちねんしゃくすとして、 「*一念いちねんといふは信心しんじん*ぎゃくとくするせつ極促ごくそくあらわす」 (信巻・意)はんじたまへり。

しかればすなはち、 いまいふところのおうじょうといふは、 あながちに命終みょうじゅうのときにあらず。 無始むしらい*輪転りんでん六道ろくどう*妄業もうごう一念いちねん南無なも弥陀みだぶつ*みょうする*ぶっしょうみょう願力がんりきにほろぼされて、 *はんひっきょう真因しんいんはじめてきざすところをさすなり。

すなはちこれを 「即得そくとくおうじょうじゅ退転たいてん」 ときあらはさるるなり。 「即得そくとく」 といふは、 すなはちうとなり。 すなはちうといふは、 ときをへだてずをへだてずねんをへだてざるなり。 されば*一念いちねんみょうりょうたつとき、 おうじょう*やがてさだまるとなり。 うるといふはさだまるこころなり。 この一念いちねんみょう信心しんじんは、 ぼんりき迷心めいしんにあらず、 如来にょらい清浄しょうじょう本願ほんがんしんなり。

しかれば、 *二河にが譬喩ひゆのなかにも、 ちゅうげんびゃくどうをもつて、 一処いっしょには如来にょらい*願力がんりきにたとへ、 一処いっしょにはぎょうじゃ信心しんじんにたとへたり。 「如来にょらい願力がんりきにたとふ」 といふは、 「念々ねんねんゆいじょう願力がんりきどう(*散善義) といへるこれなり。 こころは、 「*貪瞋とんじん煩悩ぼんのうにかかはらず、 弥陀みだ如来にょらい願力がんりきびゃくどうじょうぜよ」 となり。 「ぎょうじゃ信心しんじんにたとふ」 といふは、 「しゅじょう貪瞋とんじん煩悩ぼんのうちゅう のうしょう清浄しょうじょうがんおうじょうしん(散善義) といへるこれなり。 こころは、 「貪瞋とんじん煩悩ぼんのうのなかによく清浄しょうじょうがんおうじょうしんしょうず」 となり。

されば、 「すい二河にがしゅじょう貪瞋とんじんなり。 これ清浄しょうじょうしんなり。 「ちゅうげんびゃくどう」 は、 あるときはぎょうじゃ信心しんじんといはれ、 あるときは如来にょらい願力がんりきどうしゃくせらる。 これすなはちぎょうじゃのおこすところの信心しんじんと、 如来にょらい願心がんしんとひとつなることをあらはすなり。 したがひて、 清浄しょうじょうしんといへるも如来にょらいしんなりとあらはすこころなり。 もしぼんしゅうしんならば、 清浄しょうじょうしんとはしゃくすべからず。

このゆゑに ¬きょう¼ (大経・上) には、 「しょうしょしゅじょうどくじょうじゅ」 といへり。 こころは、 「弥陀みだ如来にょらいいん*むかし、 もろもろのしゅじょうをしてどくじょうじゅせしめたまふ」 となり。 それ弥陀みだ如来にょらいさん諸仏しょぶつねんぜられたまふ*覚体かくたいなれば、 *おんじつじょうぶつなれども、 十劫じっこうらいじょうどうをとなへたまひしは*果後かご方便ほうべんなり。 これすなはち 「しゅじょうおうじょうすべくはわれもしょうがくらん」 とちかひて、しゅじょうおうじょうけつじょうせんがためなり。 しかるにしゅじょうおうじょうさだまりしかば、 ぶつしょうがくりたまひき。

そのしょうがくいまだりたまはざりしいにしへ、 *法蔵ほうぞう比丘びくとしてなんぎょうぎょうしゃく累徳るいとくしたまひしとき、 らいしゅじょうじょうおうじょうすべきたねをばことごとくじょうじゅしたまひき。 そのことわりをききて、 一念いちねんりょうしんおこれば、 仏心ぶっしん凡心ぼんしんとまつたくひとつになるなり。 このくらい無礙むげこう如来にょらいこうみょう、 かのみょう信心しんじん摂取せっしゅてたまはざるなり。

これを ¬*かんりょう寿じゅきょう¼ には、 「こうみょうへんじょう 十方じっぽうかい 念仏ねんぶつしゅじょう 摂取せっしゅしゃ」 とき、 ¬*弥陀みだきょう¼ には、 「皆得かいとく退転たいてん のく多羅たらさんみゃくさんだい」 とけるなり。 「摂取せっしゅしゃ」 といふは、 弥陀みだ如来にょらいこうみょうのなかに念仏ねんぶつしゅじょうおさりててたまはずとなり。 これすなはちかならずじょうしょうずべきことわりなり。 「退転たいてん」 といふは、 ながく三界さんがい六道ろくどうにかへらずして、 かならず*じょうだいべきくらいさだまるなり。

聖教万差 さまざまな聖教にさまざまな法義が説かれていること。
わが家 親鸞聖人の一流を指す。
しかるあひだ それゆえ。
ほとほと あらかた。 ほとんど。
博覧 広く書物を読んで物事に通じているさま。
慧解高遠 智慧ちえをもって事理をりょうすることがすぐれていること。
製作 著作。 ¬せんじゃくしゅう¼ を指す。
この門流 親鸞上人の一流を指す。
料簡する 考察検討する。 道理を考えて判断する。
三部妙典 ¬大経¼ ¬観経¼ ¬小経¼ の浄土三部経のこと。
聖衆来現 聖衆来迎らいこうに同じ。
分斉 もののけじめ。 くぎり。
聞名欲往生の義 みょうごうを聞信し、 浄土往生をまちもうけるという意趣。
因位のむかし 法蔵ほうぞうさつであった時のこと。
隠顕の義 経の文の表にあらわれた意 (顕) と文の下にかくれた意 (隠)。 この場合の隠顕はともに真実の説意で、 「化身土巻」 でいうような真仮 (真実・方便) の義を分別する意味ではない。
 「うへにあらはしては」 (左訓)
 「したにかくしては」 (左訓)
一念… 信心が開けおこる最初の時をあらわす。 →補註7
輪転 しょうを繰り返すこと。 りんに同じ。
妄業 迷う原因となるいつわりの行い。
仏智無生の名願力 さとるための智慧ちえをそなえたみょうごう願力。
涅槃畢竟の真因 この上ないさとりを得るまことの因種 (たね)。
むかし 「ちかひ」 とする異本がある。
覚体 阿弥陀如来は完全に真理を体得されたかたであることをいう。
果後の方便 久遠の昔に成仏した阿弥陀仏が、 しゅじょうを救うためのてだてとして、 法蔵ほうぞう菩薩の発願ほつがん修行、 十劫じっこうの昔のじょうどうの相を示したことをいう。

 

じょう真要しんようしょう ほん

 

じょう真要しんようしょう まつ

 

【4】 うていはく、 念仏ねんぶつぎょうじゃ一念いちねん信心しんじんさだまるとき、 あるいは 「*正定しょうじょうじゅじゅうす」 といひ、 あるいは 「*退転たいてん」 といふこと、 はなはだおもひがたし。 そのゆゑは、 正定しょうじょうじゅといふは、 かならず*じょうぶっにいたるべきくらいさだまるなり。 退転たいてんといふは、 ながく*しょうにかへらざるをあらはすことばなり。 そのことばことなりといへども、 そのこころおなじかるべし。 これみな*じょううまれてくらいなり。 しかれば、 「即得そくとくおうじょうじゅ退転たいてん(大経・下) といへるも、 じょうにしてべきやくなりとみえたり。 いかでか*穢土えどにしてたやすくこのくらいじゅうすといふべきや。

無上の仏果 この上ない仏のさとり。

 こたへていはく、 につきにつきて退たい退たいろんぜんときは、 まことに穢土えどぼん退たいにかなふといふことあるべからず。 じょう退たいなり、 穢土えど退たいなり。 *さつくらいにおいて退たいろんず、 ぼんはみな退たいなり。 しかるに*はくていぼんなれども、 弥陀みだみょうごうをたもちて*金剛こんごう信心しんじんをおこせば、 よこさまに三界さんがい*てんほうをはなるるゆゑに、 その退たいるにあたれるなり。 これすなはちさつくらいにおいてろんずるところのぎょうねん*さん退たいとうにはあらず。

いまいふところの退たいといふは、 これ*しん退たいなり。 されば善導ぜんどうしょうの ¬おうじょう礼讃らいさん¼には、 「光触こうそくしゃしん退たい」 としゃくせり。 こころは、 「弥陀みだ如来にょらい摂取せっしゅ光益こうやくにあづかりぬれば、 しん退たい」 となり。

まさしくかの ¬弥陀みだきょう¼ のもんには、 「よくしょう弥陀みだ仏国ぶっこくしゃ 諸人しょにんとう 皆得かいとく退転たいてん のく多羅たらさんみゃくさんだい」 といへり。 「がんをおこして弥陀みだぶつくにうまれんとおもへば、 このもろもろのひとらみな退転たいてん」 といへる、 げんしょうにおいて*がんしょう信心しんじんをおこせば、 すなはち退たいにかなふといふこと、 そのもんはなはだあきらかなり。

またおなじき ¬きょう¼の次上つぎかみもんに、 念仏ねんぶつぎょうじゃるところのやくくとして、 「しょぜんなん ぜん女人にょにん かい一切いっさい諸仏しょぶつ しょねん 皆得かいとく退転たいてん のく多羅たらさんみゃくさんだい」 といへり。 もんのこころは、 「このもろもろのぜんなんぜん女人にょにん、 みな一切いっさい諸仏しょぶつのためにともに*ねんせられて、 みな*退転たいてん*のく多羅たらさんみゃくさんだい」 となり。

しかれば、 弥陀みだぶつくにうまれんとおもふまことなる信心しんじんのおこるとき、 弥陀みだ如来にょらいへんじょうこうみょうをもつてこれをおさり、 諸仏しょぶつはこころをひとつにしてこの信心しんじんねんしたまふがゆゑに、 一切いっさい悪業あくごう煩悩ぼんのう*さへられず、 このしんすなはち退たいにしてかならずおうじょうるなり。

これを 「即得そくとくおうじょうじゅ退転たいてん(大経・下)くなり。 「すなはちおうじょう」 といへるは、 *やがておうじょう*といふなり。 ただし、 「即得そくとくおうじょうじゅ退転たいてん」 といへるは、 じょうおうじょうして退たいべきしゃせんとにはあらず。 まさしくおうじょうののちさん退たいをも*しょ退たいにもかなはんことはしかなり。 処々しょしょ*きょうしゃく、 そのこころなきにあらず、 *だつのこころあるべきなり。

しかりといへども、 いま 「即得そくとくおうじょうじゅ退転たいてん」 といへるほんには、 しょうとくおうじょう*げんしょう退たい*密益みつやくきあらはすなり。 これをもつて*わがりゅうごくとするなり。

かるがゆゑにしょうにん (親鸞)、 ¬教行きょうぎょうしょう文類もんるい¼ のなかに、 処々しょしょにこのをのべたまへり。 かの ¬文類もんるい¼ のだい(行巻) にいはく、 「憶念おくねん弥陀みだぶつ本願ほんがん ねんそくにゅうひつじょう 唯能ゆいのう常称じょうしょう如来にょらいごう 応報おうほうだいぜいおん(正信偈) といへり。 こころは、 「弥陀みだぶつ本願ほんがん憶念おくねんすれば、 ねんにすなはちのときひつじょうる。 ただよくつねに如来にょらいみなしょうして、 だいぜいおんほうずべし」 となり。 「すなはちのとき」 といふは、 信心しんじんをうるときをさすなり。 「ひつじょうる」 といふは、 正定しょうじょうじゅじゅう退たいにかなふといふこころなり。 このぼんながら、 かかるめでたきやくることは、 *しかしながら弥陀みだ如来にょらいだい願力がんりきのゆゑなれば、 「つねにそのみょうごうをとなへてかの恩徳おんどくほうずべし」 とすすめたまへり。

またいはく、 「十方じっぽう*ぐんじょうかい、 この*ぎょうしんみょうするものを摂取せっしゅしててず。 かるがゆゑに弥陀みだぶつづけたてまつる。 これを*りきといふ。 ここをもつて*りゅうじゅだいは ªそくにゅうひつじょうº といひ、 *曇鸞どんらんだいは ªにゅう正定しょうじょうじゅº といへり。 あおいでこれをたのむべし。 もつぱらこれをぎょうずべし」 (行巻) といへり。

りゅうじゅだいそくにゅうひつじょうといふ」 といふは、 ¬*十住じゅうじゅう毘婆びばしゃろん¼ に 「にん能念のうねんぶつ りょうりきどく そくにゅうひつじょう 是故ぜこじょうねん」 といへるもんこれなり。 このもんのこころは、 「ひとよくこのぶつりょうりきどくねんずれば、 すなはちのときひつじょうる。 このゆゑにわれつねにねんず」 となり。 「このぶつ」 といへるは弥陀みだぶつなり。 「われ」 といへるはりゅうじゅさつなり。 さきにいだすところの 「憶念おくねん弥陀みだぶつ本願ほんがんりき」 のしゃくも、 これりゅうじゅ論判ろんぱんによりてのべたまへるなり。

曇鸞どんらんだいにゅう正定しょうじょうじゅといへり」 といふは、 ¬ちゅうろん¼ (*論註)じょうかんに 「たん信仏しんぶつ因縁いんねん がんしょうじょう じょうぶつ願力がんりき 便得べんとくおうじょう しょうじょう 仏力ぶつりきじゅう そくにゅうだいじょう正定しょうじょうじゅ」 といへるもんこれなり。 もんのこころは、 「ただぶつしんずる因縁いんねんをもつてじょううまれんとねがへば、 ぶつ願力がんりきじょうじて、 すなはちかの清浄しょうじょうおうじょうすることを仏力ぶつりきじゅうしてすなはちだいじょう正定しょうじょうじゅる」 となり。

これももん顕説けんぜつは、 じょううまれてのち正定しょうじょうじゅじゅうするくにたりといへども、 そこにはがんしょうしんしょうずるとき退たいにかなふことをあらはすなり。 なにをもつてかしるとならば、 この ¬ちゅうろん¼ (論註)しゃくは、 かの ¬十住じゅうじゅう毘婆びばしゃろん¼ のこころをもつてしゃくするがゆゑに、 本論ほんろんのこころ現身げんしんやくなりとみゆるうへは、 いまのしゃくもかれにたがふべからず。 しょうにん (親鸞) ふかくこのこころをたまひて、 信心しんじんをうるとき正定しょうじょうくらいじゅうするしゃくしたまへり。 「すなはち」 といへるは、 ときをうつさず、 ねんをへだてざるなり。

またおなじき第三だいさん (信巻) に、 りょうしんちゅうをのべたまふとして、 「*愛欲あいよく広海こうかい沈没ちんもつし、 *みょう太山たいせん迷惑めいわくして、 じょうじゅかずることをよろこばず、 しんしょうしょうにちかづくことをたのしまず」 といへり。 これすなはちじょうじゅかずることをばげんしょうやくなりとて、 これをよろこばずと、 わがこころをはぢしめ、 しんしょうのさとりをばしょうなりとて、 これにちかづくことをたのしまずと、 かなしみたまふなり。 「じょうじゅ」 といへるはすなはち退たいくらい、 またひつじょうなり。 「しんしょうのさとり」 といへるはこれめつなり。 また*じょうらくともいふ、 *ほっしょうともいふなり。

またおなじきだい (証巻) に、 だいじゅういちがんによりて真実しんじつしょうをあらはすに、 「*煩悩ぼんのうじょうじゅぼんしょうざいじょく群萌ぐんもう*往相おうそうこう*しんぎょうれば、 すなはちのときにだいじょう正定しょうじょうじゅかずる。 正定しょうじょうじゅじゅうするがゆゑに、 かならずめついたる。 かならずめついたるはすなはちこれじょうらくなり。 じょうらくはすなはちこれ*ひっきょうじゃくめつなり。 じゃくめつはすなはちこれ*じょうはんなり。 じょうはんはすなはちこれ*無為むい法身ほっしんなり。 無為むい法身ほっしんはすなはちこれ*実相じっそうなり。 実相じっそうはすなはちこれほっしょうなり。 ほっしょうすなはちこれ*真如しんにょなり。 真如しんにょはすなはちこれ*一如いちにょなり」 といへる、 すなはちこのこころなり。

しょうにん (親鸞)りょう*じょう所談しょだんにおなじからず。 甚深じんじんきょう、 よくこれをおもふべし。

心不退 信心が退転しないことで、 げんしょう退たいのこと。 正定しょうじょうじゅの位に定まることをいう。
不退転を… 通常は 「阿耨多羅三藐三菩提を退転せざることを得ん」 と読む。 本文での読みは、 不退転という位の名を明示しようとするもの。
 ここでは定まるという意。
処不退 浄土に生れて、 そこから退転しないこと。
与奪 他の教義をいったん承認した上で、 それを超える自宗の教義を打ちだし、 他の教義の本質的意義を奪いとること。
密益 行者の表面に明らかにあらわれないやく。 信心の徳としての利益をいう。 顕益に対する語。
わが流 親鸞聖人の一流を指す。
愛欲の広海 愛執・恩愛が深いことを海に喩えていう。
名利の太山 名誉心や、 物質的欲望が大きいことを山に喩えていう。
煩悩成就 あらゆる煩悩を欠くことなくそなえていること。
往相回向の心行 仏より回向された信心と称名のこと。
畢竟寂滅 煩悩を滅した究極的なさとりの境地。
常途 親鸞聖人の一流以外の一般的な浄土教の教義。

【5】 うていはく、 ¬かんぎょう¼ の*はいをいふに、 みなりんじゅう一念いちねんじゅうねんによりておうじょうとみえたり。 まつたく平生へいぜいおうじょうかず、 いかん。

 こたへていはく、 ¬かんぎょう¼ のはいは、 みなこれ*いっしょう造悪ぞうあくなるがゆゑに、 うまれてよりこのかた仏法ぶっぽうみょうをきかず、 ただ*悪業あくごうつくることをのみしれり。 しかるにりんじゅうのときはじめてぜんしきにあひて一念いちねんじゅうねんおうじょうをとぐといへり。 これすなはちつみふかくあくおもきぎょうごう*いたりてすくなけれども、 願力がんりき思議しぎによりて*せつおうじょうをとぐ。 これ*あながちにりんじゅうしょうせんとにはあらず、 ほう思議しぎをあらはすなり。 もしそれ平生へいぜい仏法ぶっぽうにあはば、 平生へいぜい念仏ねんぶつ、 そのちからむなしからずしておうじょうをとぐべきなり。

いたりて きわめて。 いたって。

【6】 うていはく、 じゅうはちがんについて、 いんがんには 「じゅうねん」 とがんじ、 がんじょうじゅもんには 「一念いちねん」 とけり。 もんそういかんがこころうべきや。

 こたへていはく、 いんがんのなかに 「じゅうねん」 といへるは、 まづ*三福さんぷくとう諸善しょぜんたいしてじゅうねんおうじょうけり。 これぎょうをあらはすことばなり。 しかるにじょうじゅもんに 「一念いちねん」 といへるは、 ぎょうのなかになほぎょうをえらびとるこころなり。

そのゆゑは ¬かんぎょう¼ のだい (*序分義) に、 じゅうさんじょうぜんのほかに三福さんぷく諸善しょぜんくことをしゃくすとして、 「にゃく定行じょうぎょう 即摂そくせつしょうじん 是以ぜい如来にょらい方便ほうべん 顕開けんかい三福さんぷく おう散動さんどうこん」 といへり。 もんのこころは、 「もし*定行じょうぎょうによれば、 すなはち*しょうせっするにきず。 ここをもつて如来にょらい方便ほうべんして三福さんぷく顕開けんかいして散動さんどうこんおうず」 となり。 いふこころは、 「¬かんぎょう¼ のなかにじょうぜんばかりをば、 *じょうばかりをせっすべきゆゑに、 *さんおうじょうをすすめんがために散善さんぜんく」 となり。

これに*なずらへてこころうるに、 さんのなかにしゅしなあり。 ひとつには善人ぜんにん、 ふたつには悪人あくにんなり。 その善人ぜんにん三福さんぷくぎょうずべし。 悪人あくにんはこれをぎょうずべからざるがゆゑに、 それがためにじゅうねんおうじょうくとこころえられたり。 しかるにこの悪人あくにんのなかにまた長命じょうみょうたんみょうるいあるべし。 長命じょうみょうのためにはじゅうねんをあたふ。 ごくたんみょうのためには一念いちねん*しょうじょうじゅすとなり。 これりきのなかのりきぎょうのなかのぎょうをあらはすなり。 一念いちねん信心しんじんさだまるときおうじょうしょうとくせんこと、 これそのしょうなり。

定行 じょうぜんの行。
生を摂するに尽きず すべてのしゅじょうをおさめとることはできない。
なずらへて 準じて。 比べて。
利生 しゅじょうやくすること。

【7】 うていはく、 因願いんがんには 「じゅうねん」 とき、 じょうじゅもんには 「一念いちねん」 とくといへども、 処々しょしょしゃくおほくじゅうねんをもつてほんとす。 いはゆる ¬*ほうさん¼ (下) には 「じょうじんいちぎょうじゅうねん」 といひ、 ¬*礼讃らいさん¼ には 「しょうみょうごう下至げしじっしょう」 といへるしゃくとうこれなり。 したがひて、 つね念仏ねんぶつぎょうじゃをみるに、 みなじゅうねんをもつてぎょうようとせり。 しかるに一念いちねんをもつてなほ 「ぎょうのなかのぎょうなり」 といふこと*おぼつかなし、 いかん。

おぼつかなし 不審である。

 こたへていはく、 処々しょしょしゃく、 「じゅうねん」 としゃくすること、 あるいは因願いんがんのなかに じゅうねん」 ときたれば、 そのもんによるとこころえぬればそうなし。 つねぎょうじゃのもちゐるところ、 またこのなるべし。 「一念いちねん」 といへるもまたきょうしゃく明文めいもんなり。

いはゆるきょうには ¬だいきょう¼ (下)じょうじゅもん、 おなじきはいもん、 おなじきずうもんとうこれなり。 じょうじゅもんさきにいだすがごとし。 はいもんといふは、 「ない一念いちねんねんぶつ」 といへるもんこれなり。 ずうもんといふは、 「其有ごう得聞とくもん ぶつみょうごう かんやく ない一念いちねん とうにん とくだい そくそく じょうどく」 といへるもんこれなり。 このもんのこころは、 「それかのぶつみょうごうをきくことをて、 *かんやくしてない一念いちねんすることあらん。 まさにるべし、 このひとは*だいとす。 すなはちこれじょうどくそくするなり」 となり。

しゃくには、 ¬礼讃らいさん¼ のなかに、 あるいは 「弥陀みだほんぜいがん ぎゅう称名しょうみょうごう 下至げしじっしょういっしょうとう じょうとくおうじょう ない一念いちねん 無有むうしん」 といひ、 あるいは 「かん一念いちねん皆当かいとうとくしょう」 といへるしゃくとうこれなり。 おほよそ 「ない」 のことばをおけるゆゑに、 じゅうねんといへるもじゅうねんにかぎるべからず、 一念いちねんといへるも一念いちねんにとどまるべからず。 一念いちねんのつもれるはじゅうねんじゅうねんのつもれるはいちぎょういちぎょうをつづむればじゅうねんじゅうねんをつづむれば一念いちねんなれば、 ただこれしゅぎょうちょうたんなり。 かならずしもじゅうねんにかぎるべからず。

しかれば ¬せんじゃくしゅう¼ にしょ善導ぜんどうしょうと、 だいじゅうはちがんにおいてをたてたることのかはりたるようしゃくするとき、 このこころあきらかなり。 そのことばにいはく、 「しょべっしてじゅうねんおうじょうがんといへるは、 そのこころすなはちあまねからず。 しかるゆゑは、 かみいちぎょうしも一念いちねんつるがゆゑなり。 善導ぜんどうそうじて念仏ねんぶつおうじょうがんといへるは、 そのこころすなはちあまねし。 しかるゆゑは、 かみいちぎょうり下一念いちねんるがゆゑなり」 となり。

しかのみならず、 ¬教行きょうぎょうしょう文類もんるい¼ のだい (行巻) に ¬安楽あんらくしゅう¼ (上)きていはく、 「じゅうねん相続そうぞくといふは、 これ*しょうじゃのひとつのかずならくのみ。 すなはちよくねんみ、 おもいらして他事たじえんぜざれば、 *業道ごうどうじょうべんせしめてすなはちみぬ。 また*いたはしくこれを*しゅしるさじ」 といへり。 「じゅうねん」 といへるは、 りんじゅう仏法ぶっぽうにあへるについていへることばなり。

さればきょうもんのあらはなるについて、 ひとおほくこれをもちゐる。 これすなはちりんじゅうをさきとするゆゑとみえたり。 平生へいぜいほうをききて*ひつみょうとせんひと、 あながちにじゅうねんをこととすべからず。 さればとてじゅうねんするにはあらず。 ただおほくもすくなくも、 ちからのへんにしたがひてぎょうずべし。 かならずしもかずさだむべきにあらずとなり。

いはんやしょうにん (親鸞)しゃくのごとくは、 一念いちねんといへるについて、 *ぎょう一念いちねん*しん一念いちねんとをわけられたり。 いはゆるぎょう一念いちねんをば真実しんじつぎょうのなかにあらはして、 「ぎょう一念いちねんといふは、 いはく、 称名しょうみょう遍数へんじゅについてせんじゃくぎょうごく顕開けんかいす」 (行巻) といひ、 しん一念いちねんをば真実しんじつしんのなかにあらはして、 「しんぎょう一念いちねんあり。 一念いちねんといふはこれ*しんぎょう開発かいほつこく極促ごくそくあらわし、 *広大こうだいなんきょうしんあらわす」 (信巻) といへり。

かみにいふところのじゅうねん一念いちねんは、 みなぎょうについてろんずるところなり。 信心しんじんについていはんときは、 ただ一念いちねん開発かいほつ信心しんじんをはじめとして、 一念いちねんしんをまじへず、 念々ねんねん相続そうぞくしてかの願力がんりきどうじょうずるがゆゑに、 みょうごうをもつてまつたくわがぎょうたいさだむべからざれば、 じゅうねんとも一念いちねんともいふべからず、 ただりき思議しぎあおぎ、 *ほうおうじょうどうにまかすべきなり。

大利 大きなやく、 すなわち無上はん (仏のさとり) に至ること。
聖者 仏のこと。
業道成弁 ごうじょうべんに同じ。
いたはしく わずらわしく。
頭数 念仏の回数の意。
信楽開発の時剋の極促 信心が開けおこる最初の時。
広大難思の慶心 広大で思いはかることのできない法をいただいたよろこびの心。
法爾往生 阿弥陀仏の願力にはからわれ往生すること。

【8】 うていはく、 *来迎らいこう念仏ねんぶつやくなるべきこと、 きょうしゃくともに*歴然れきぜんなり。 したがひて、 しょりゅうみなこのそんせり。 しかるに来迎らいこうをもつてしょぎょうやくとせんこと、 すこぶるじょうしゅうほんにあらざるをや。

歴然なり はっきりしているさま。

 こたへていはく、 あにさきにいはずや、 このはこれわがいちりゅう所談しょだんなりとは。 りゅうをもつて*とうりゅうなんずべからず。 それきょうしゃくもんにおいてはともにようす。 ただ*りょうけんのまちまちなるなり。 まづ来迎らいこうくことは、 だいじゅうがんにあり。 かの願文がんもん*あきらめてこころうべし。

そのがんにいはく、 「せつ得仏とくぶつ 十方じっぽうしゅじょう ほつだいしん しゅしょどく しん発願ほつがん よくしょうこく りん寿じゅじゅ りょう不与ふよ 大衆だいしゅにょう げん人前にんぜんしゃ しゅしょうがく(大経・上) といへり。 このがんのこころは、 「たとひわれぶつたらんに、 十方じっぽうしゅじょうだいしんおこし、 もろもろのどくしゅして、 しんいたがんおこしてわがくにうまれんとおもはん。 寿いのちおわるときにのぞみて、 たとひ大衆だいしゅ*にょうしてそのひとまえげんぜずは、 しょうがくらじ」 となり。 「修諸しゅしょどく」 といふはしょぎょうなり。 「げん人前にんぜん」 といふは来迎らいこうなり。 しょぎょう修因しゅいんにこたへて来迎らいこうにあづかるべしといふこと、 そのあきらかなり。

さればとくしょうじゅうはちがんやく来迎らいこうじゅうがんやくなり。 このりょうがんのこころをなば、 きょうもんにもしゃくにも来迎らいこうをあかせるは、 みなじゅうがんやくなりとこころうべきなり。 ただし念仏ねんぶつやく来迎らいこうあるべきやうにみえたるもんしょう、 ひとすぢにこれなきにはあらず。 しかれども、 聖教しょうぎょうにおいて、 方便ほうべんせつあり真実しんじつせつあり、 *一往いちおうあり*再往さいおうあり。 念仏ねんぶつにおいて来迎らいこうあるべしとみえたるは、 みな*せんいんせんがための一往いちおう方便ほうべんせつなり。 じんをあらはすときの再往さいおう真実しんじつにあらずとこころうべし。 とうりゅうりょうけんかくのごとし。

善導ぜんどうしょうしゃくにいはく、 「どうすいよう去時こじ一念いちねん即到そくとう(序分義) といへり。 こころは、 「じょう穢土えどと、 そのさかひはるかなるにたりといへども、 まさしくるときは、 一念いちねんにすなはちいたる」 といふこころなり。 おうじょうぶん一念いちねんなれば、 そのあひだにはさらに来迎らいこうしきもあるべからず。 まどひをひるがへしてさとりをひらかんこと、 ただ*たなごころをかへすへだてなるべし。 かくのごときの、 もろもろの有智うちのひと、 そのこころをつべし。

料簡 ここでは教義的解釈のことをいう。
あきらめて 明らめて。 はっきり判別して。
一往の義 ひととおりみた意味。
再往の義 再び深く考えてみた意味。
浅機 仏道を修める素質能力が劣っている者。
たなごころをかへすへだて 手のひらをひっくりかえすほどのわずかな時間。

【9】 うていはく、 きょうもんについて、 じゅうはちじゅうりょうがんをもつてとくしょう来迎らいこうとに*わかちあつるいちりゅう所談しょだんほぼきこえをはりぬ。 ただししゃくについてなほしんあり。 しょしゃくはしばらくこれをさしおく。 まづ善導ぜんどういっしゃくにおいて処々しょしょ来迎らいこうしゃくせられたり。 これみな念仏ねんぶつやくなりとみえたり。 いかがこころうべきや。

わかちあつる わりあてる。 配当する。

 こたへていはく、 しょう (善導)しゃく来迎らいこうしゃくすることはしかなり。 ただし一往いちおう念仏ねんぶつやくたれども、 これみな方便ほうべんなり。 じつにはしょぎょうやくなるべし。 そのゆゑは、 さきにのぶるがごとく念仏ねんぶつおうじょうのみちをくことはだいじゅうはちがんなり。 しかるにしょう (善導)処々しょしょじゅうはちがんしゃくせらるるに、 まつたく来迎らいこうしゃくせられず。 じゅうがんくところの来迎らいこう、 もしじゅうはちがん念仏ねんぶつやくなるべきならば、 *もつともじゅうはちがんくところに来迎らいこうしゃくせらるべし。 しかるにそのもんなし。 あきらかにしりぬ、 来迎らいこう念仏ねんぶつやくにあらずといふことを。 よくよくこれをおもふべし。

もつとも 当然。

【10】うていはく、 だいじゅうはちがんしゃくせらるる処々しょしょしゃくといふは、 いづれぞや。

 こたへていはく、 まづ ¬かんぎょう¼ の 「げんぶん」 にしょあり。 いはゆる序題じょだいもんじょうもんしゃくこれなり。

まづ序題じょだいもんしゃくには、 「ごんがんしゃ にょだいきょうせつ 一切いっさい善悪ぜんあく ぼんとくしょうしゃ まくかいじょう 弥陀みだぶつ 大願だいがん業力ごうりき ぞうじょうえん」 といへり。 こころは、 「*がんといふは ¬だいきょう¼ にくがごとし。 一切いっさい善悪ぜんあくぼんうまるることをるものは、 みな弥陀みだぶつ*大願だいがん業力ごうりきじょうじて*ぞうじょうえんとせずといふことなし」 となり。 これじゅうはちがんのこころなり。

つぎにじょうもんしゃくには、 「にゃく得仏とくぶつ 十方じっぽうしゅじょう しょうみょうごう がんしょうこく 下至げしじゅうねん にゃくしょうじゃ しゅしょうがく」 といへり。

また ¬おうじょう礼讃らいさん¼ には、 「*にゃくじょうぶつ 十方じっぽうしゅじょう しょうみょうごう 下至げしじっしょう にゃくしょうじゃ しゅしょうがく」 といひ、 ¬*観念かんねん法門ぼうもん¼ には 「にゃくじょうぶつ 十方じっぽうしゅじょう がんしょうこく しょうみょう 下至げしじっしょう じょう願力がんりき にゃくしょうじゃ しゅしょうがく」 といへり。

これらのもん、 そのことばすこしきげんありといへども、 そのこころおほきにおなじ。 もんのこころは、 「もしわれじょうぶつせんに、 十方じっぽうしゅじょう、 わがくにしょうぜんとがんじて、 わがみょうしょうすること、 しもじっしょういたらん、 わが願力がんりきじょうじて、 もしうまれずは、 しょうがくらじ」 となり。 あるいは 「しょうみょうごう」 といひ、 あるいは 「じょう願力がんりき」 といへる、 これらのことばはほんぎょう (大経) になけれども、 としてあるべきがゆゑに、 しょう (善導) このをくはへられたり。

しかれば、 来迎らいこうやくも、 もしまことに念仏ねんぶつやくにしてこのがんのなかにあるべきならば、 もつともこれらの引文いんもんのなかにこれをのせらるべし。 しかるにそのもんなきがゆゑに、 来迎らいこう念仏ねんぶつやくにあらずとしらるるなり。 処々しょしょしゃくにおいては、 来迎らいこうしゃくすといふとも、 じゅうはちがんやくしゃくせられずは、 そのそうあるべからず。

【11】うていはく、 念仏ねんぶつぎょうじゃじゅうはちがんしておうじょうしょぎょうぎょうにんじゅうがんをたのみて来迎らいこうにあづかるといひて、 *各別かくべつにこころうることしかるべからず。 そのゆゑは、 念仏ねんぶつぎょうじゃおうじょうるといふは、 おうじょうよりさきには来迎らいこうにあづかるべし。 しょぎょうぎょうにん来迎らいこうにあづかるといふは、 来迎らいこうののちにはおうじょうべし。 なんぞ各別かくべつにこころうべきや。

各別に 別々に。

 こたへていはく、 親鸞しんらんしょうにんぎょをうかがふに、 念仏ねんぶつぎょうじゃおうじょうるといふは、 ぶつ来迎らいこうにあづからず。 もしあづかるといふは、 *報仏ほうぶつ来迎らいこうなり。 これ摂取せっしゅしゃやくなり。 しょぎょうぎょうにん来迎らいこうにあづかるといふは、 真実しんじつおうじょうをとげず。 もしとぐるといふも、 これ*たいしょうへんおうじょうなり。 念仏ねんぶつしょぎょうとひとつにあらざれば、 おうじょう来迎らいこうとまたおなじかるべからず。 しかれば、 りき真実しんじつぎょうにんは、 だいじゅうはちがん信心しんじんをえて、 だいじゅういちひっめつがんるなり。 これを*念仏ねんぶつおうじょうといふ。 これ*真実しんじつほうおうじょうなり。 このおうじょう一念いちねんみょうのとき、 さだまりてかならずめついたるべきくらいるなり。

このゆゑにしょうにん (親鸞) の ¬*じょう文類もんるいじゅしょう¼ にいはく、 「ひっじょう*じょうしんぎょう さんしょううんじょう 清浄しょうじょう無礙むげ光耀こうようろう 一如いちにょ法界ほうかい真身しんしんけん」 といへり。 このもんのこころは、 「かならずじょうじょうしんあかつきいたれば、 *さんしょうくもる。 清浄しょうじょう無礙むげ光耀こうようほがらかにして、 一如いちにょ*法界ほうかい*真身しんしんあらわる」 となり。

さんしょうくもる」 といふは、 三界さんがいてん業用ごうゆうよこさまにたえぬとなり。

一如いちにょ法界ほうかい真身しんしんあらわる」 といふは、 *じゃくめつ無為むいいち*ひそかにしょうすとなり。 しかれども煩悩ぼんのうにおほはれ*業縛ごうばくにさへられて、 いまだそのをあらはさず。

しかるにこの一身いっしんをすつるとき、 このことわりのあらはるるところをさして、 しょう (善導) は、 「このしんててかのほっしょうじょうらくしょうす」 (玄義分)しゃくしたまへるなり。 さればおうじょうといへるも、 *しょうそくしょうのゆゑに、 じつには*しょうめつなり。 これすなはち弥陀みだ如来にょらい清浄しょうじょう本願ほんがんしょうしょうなるがゆゑに、 ほっしょう清浄しょうじょうひっきょうしょうなり。

さればとて、 このしょうどうをここにして、 あながちにさとらんとはげめとにはあらず。 無智むちぼんほっしょうしょうのことわりをしらずといへども、 ただぶつみょうごうをたもちおうじょうをねがひてじょううまれぬれば、 かのはこれしょうのさかひなるがゆゑに、 けんしょうのまどひ、 ねんめっしてしょうのさとりにかなふなり。

このくはしくは曇鸞どんらんしょうの ¬ちゅうろん¼ (論註) にみえたり。 しかれば、 ひとたび*あんにょうにいたりぬれば、 ながく*しょうめつらいとうのまどひをはなる。 そのまどひをひるがへしてさとりをひらかん一念いちねん*きざみには、 じつには来迎らいこうもあるべからずとなり。 来迎らいこうあるべしといへるは方便ほうべんせつなり。

このゆゑにこう善導ぜんどうしょうしゃくにも、 「弥陀みだにょらい*しゃきたりたまふ」 とみえたるところもあり、 また 「じょうをうごきたまはず」 とみえたるしゃくもあり。 しかれどもとうりゅうのこころにては、 「きたる」 といへるはみな方便ほうべんなりとこころうべし。

¬ほうさん¼ (下) にいはく、 「いち無移むいやくどう てつさいほう身光しんこう れい相好そうごうしん金色こんじき 巍々ぎぎどくしゅじょう」 といへり。 もんのこころは、 「ひとたびしてうつることなく、 またうごきたまはず。 *さいてつして身光しんこうはなつ。 *れい相好そうごうしん金色こんじきなり。 *巍々ぎぎとしてひとしてしゅじょうしたまふ」 となり。

このもんのごとくならば、 ひとたびしょうがくりたまひしよりこのかた、 まことの報身ほうじんうごきたまふことなし。 ただじょうしてひかりを十方じっぽうはなちて摂取せっしゅやくをおこしたまふとみえたり。 おほよそしりぞいてしゅうのこころをうかがふにも、 まことにきたるとしゅうするならば、 だいじょう甚深じんじんにはかなひがたきをや。

されば真言しんごん祖師そし*ぜん無畏むい三蔵さんぞうしゃくにも、 「弥陀みだ真身しんしんそうしゃくす」 として、 「*理智りち不二ふに みょう弥陀みだしん じゅうほう 来迎らいこういんじょう」 といへり。 こころは 「法身ほっしん*しょう報身ほうじん*ぼんと、 このふたつきはまりてひとつなるところを弥陀みだぶつづく。 ほうより来迎らいこういんじょうせず」 となり。 真実しんじつ報身ほうじんたい来迎らいこうなしとみえたり。

りき真実しんじつぎょうにんは、 だいじゅうがんちかひましますところの 「しゅしょどく ない げん人前にんぜん(大経・上)もんをたのみて、 のぞみを*極楽ごくらく*かく。 しかれどももとより諸善しょぜん本願ほんがんにあらず、 じょうしょういんにあらざるがゆゑに、 ほうおうじょうをとげず。 もしとぐるも、 これたいしょうへんおうじょうなり。 こののためにはりんじゅう来迎らいこうをたのむべしとみえたり。 これみな方便ほうべんなり。

されば願文がんもんの 「*りょう」 のは、 *げん人前にんぜん*いちじょうやくにあらざることをきあらはすことばなり。 このしょうじゅ来迎らいこうにあづからず。 りんじゅうしょうねんならずしてはへんたいしょうおうじょうもなほじょうなるべし。 しかれば、 本願ほんがんにあらざるじょうへんおうじょうしゅうせんよりは、 ぶつ本願ほんがんじゅんじてりんじゅうせず来迎らいこうをたのまずとも、 一念いちねん信心しんじんさだまれば平生へいぜいけつじょうおうじょうごうじょうじゅする念仏ねんぶつおうじょうがんして、 如来にょらいりきをたのみ、 かならず真実しんじつほうおうじょうをとぐべきなり。

寂滅無為の一理 煩悩ぼんのうが消滅したところにあらわれるしょうめつを超えた一如いちにょの理。
ひそかに証す みょうごうの徳として与えられていることをいう。
業縛 迷いの世界にしばりつける業のはたらき。
生滅去来等のまどひ 生滅去来は、 ¬中論¼ に説かれる八不の中の不生・不滅・不去・不来に対する言葉。 えんを否定し、 現象を分別によって捉えようとする迷い。
きざみ とき。
後際を徹窮して 未来際を尽して。 未来永劫に。
霊儀の相好 (阿弥陀仏の) 尊く威厳のあるすがた。
巍々 気高くすぐれているさま。
理智不二… 「理智不二なるを弥陀身と名づく、 他方より来迎引接せず」
理性 真如しんにょほっしょうの理。
智品 真如法性をさとる智慧ちえ
かく 懸ける。 托す。
仮令 「たとひ」 と訓読する。
現其人前 臨終にその人の前に仏が現れる。 来迎らいこうの意。
一定の益 たしかなやく

【12】うていはく、 しょぎょうおうじょうをもつてへんおうじょうといふこと、 いづれのもんしょうによりてこころうべきぞや。

 こたへていはく、 ¬だいきょう¼ (下) のなかにたいしょうしょうしゅおうじょうくとき、 「あきらかにぶっしんずるものは*しょうし、 ぶっわくして善本ぜんぽんしゅじゅうするものは*たいしょうする」 けり。 しかれば、 「あきらかにぶっしんずるもの」 といふはだいじゅうはちがん、 これしんしんぎょうぎょうじゃなり。 その 「しょう」 といふはすなはちほうおうじょうなり。

つぎに 「ぶっわくして善本ぜんぽんしゅじゅうするもの」 といふは、 だいじゅうがんしゅしょどくぎょうにんなり。 その 「たいしょう」 といへるはすなはちへんなり。 このもんによりてこころうるに、 しょぎょうおうじょうたいしょうなるべしとみえたり。

さればじゅうはちがんして念仏ねんぶつぎょうぶっしんずるものは、 とくしょうやくにあづかりてほうしょうし、 じゅうがんをたのみてしょぎょうしゅするひとは、 来迎らいこうやく化土けどたいしょうすべし。 「化土けど」 といふはすなはちへんなり。

【13】うていはく、 いかなるをか 「たいしょう」 といひ、 いかなるをか 「しょう」 となづくるや。

 こたへていはく、 おなじき ¬きょう¼ (大経・下) に、 まづたいしょうそうくとしては、 「しょう殿でん 寿じゅひゃくさい じょうけんぶつ もんきょうぼう けんさつ しょうもんしょうじゅ 是故ぜここく たいしょう」 といへり。 もんのこころは、 「かの極楽ごくらく殿でんうまれて寿いのちひゃくさいのあひだ、 つねにぶつたてまつらず、 きょうぼうかず、 さつしょうもんしょうじゅず。 このゆゑに、 かのこくにおいてこれをたいしょうといふ」 となり。 これわくのもののしょうずるところなり。

つぎにしょうそうくとしては、 「七宝しっぽうちゅう ねんしょう 跏趺かふ而坐にざ しゅきょう 身相しんそうこうみょう 智慧ちえどく にょしょさつ そくじょうじゅ」 といへり。 もんのこころは、 「*七宝しっぽうはなのなかにおいてねんしょうし、 *跏趺かふしてしかもす。 *しゅのあひだに身相しんそうこうみょう智慧ちえどく、 もろもろのさつのごとくにしてそくじょうじゅす」 となり。 これぶっしんずるもののしょうずるところなり。

跏趺してしかも坐す 結跏趺坐のこと。 足の甲を左右のももの上に置く坐法。

【14】うていはく、 なにによりてかいまいふところのたいしょうをもつてすなはちへんとこころうべきや。

 こたへていはく、 「たいしょう」 といひ 「へん」 といへる、 そのことばことなれどもべつにあらず。 ¬りゃくろん¼ (*略論安楽浄土義) のなかに、 いまくところの ¬だいきょう¼ のもんいだして、 これをけっするに 「へん亦曰やくわつたいしょう」 といへり。 「かくのごとく殿でんのなかにしょするをもつて、 これをへんともいひ、 またはたいしょうともなづく」 となり。

またおなじきしゃくのなかに 「へんごんなんたいごんあん」 といへり。 こころは、 「へんはそのなんをいひ、 たいはそのあんをいふ」 となり。 これすなはちほうのうちにあらずして、 その*かたはらなるをもつてはへんといふ。 これそのなんをあらはすことばなり。 またぶつをみたてまつらずほうをきかざるについてはたいしょうといふ。 これそのくらきことをいへるなりといふなり。

さればへんうまるるものは、 ひゃくさいのあひだ、 ぶつをもみたてまつらず、 ほうをもきかず、 諸仏しょぶつにも*りゃくようせず。 ほううまるるものは、 一念いちねんしゅのあひだにもろもろのどくをそなへて如来にょらい相好そうごうをみたてまつり、 甚深じんじん法門ほうもんをきき、 一切いっさい諸仏しょぶつりゃくようして、 こころのごとくざいるなり。 しょぎょう念仏ねんぶつと、 そのいんおなじからざれば、 たいしょうしょうしょうれつはるかにことなるべし。

しかればすなはち、 そのぎょういんをいへば、 しょぎょうなんぎょうなり、 念仏ねんぶつぎょうなり。 はやくなんぎょうをすててぎょうすべし。 そのやくろんずれば、 来迎らいこう方便ほうべんなり、 とくしょう真実しんじつなり。 もつとも方便ほうべんにとどまらずして真実しんじつをもとむべし。

いかにいはんや来迎らいこう*じょうやくなり、 「りょう不与ふよ大衆だいしゅにょう(大経・上)くがゆゑに。 とくしょう*けつじょうやくなり、 「にゃくしょうじゃしゅしょうがく(同・上) といふがゆゑに。 その*しょをいへば、 たいしょう化土けどおうじょうなり、 しょうほうおうじょうなり。 もつぱら化土けどおうじょうせずして、 じきほうしょうべきものなり。

されば真実しんじつほうおうじょうをとげんとおもはば、 ひとへに弥陀みだ如来にょらい思議しぎぶっしんじて、 もろもろのぞうぎょうをさしおきて、 専修せんじゅ専念せんねん一向いっこう一心いっしんなるべし。 だいじゅうはちがんにはしょぎょうをまじへず、 ひとへに念仏ねんぶつおうじょう一道いちどうけるゆゑなり。

かたはらなる義 もうひとつの意味。
不定の益 ふたしかなやく
決定の益 たしかに定まった利益。
果処 往生する場所。

【15】うていはく、 いちりゅうきこえをはりぬ。 それにつきて、 信心しんじんをおこしおうじょうんことは、 *ぜんしきのをしへによるべしといふこと、 かみにきこえき。 しからばぜんしきといへるたいをばいかがこころうべきや。

 こたへていはく、 そうじていふときは、 しんぜんしきといふは諸仏しょぶつさつなり。 べっしていふときは、 われらにほうをあたへたまへるひとなり。

いはゆる ¬*はんぎょう¼ (*徳王品) にいはく、 「諸仏しょぶつさつみょうしき ぜんなんにょせん ぜんにん みょうだいせん 諸仏しょぶつさつ やくにょ しょしゅじょう しょう大海だいかい 是義ぜぎ みょうぜんしき」 といへり。 このもんのこころは、 「もろもろのぶつさつぜんしきづく。 ぜんなん、 たとへばせんのよくひとわたすがごとし。 かるがゆゑにだいせんづく。 もろもろのぶつさつもまたまたかくのごとし。 もろもろのしゅじょうをしてしょう大海だいかいす。 このをもつてのゆゑにぜんしきづく」 となり。

されば真実しんじつぜんしきぶつさつなるべしとみえたり。 しからばぶつさつのほかにはぜんしきはあるまじきかとおぼゆるに、 それにはかぎるべからず。

すなはち ¬だいきょう¼ のかんに、 仏法ぶっぽうのあひがたきことをくとして、 「如来にょらいこう なんなんけん 諸仏しょぶつきょうどう なんとくなんもん さつしょうぼう しょ波羅はらみつ 得聞とくもんやくなん ぐうぜんしき 聞法もんぼうのうぎょう やくなん」 といへり。 このもんのこころは、 「如来にょらい*こうひがたく、 たてまつりがたし。 諸仏しょぶつきょうどうがたくきがたし。 さつしょうぼうしょ波羅はらみつくことをることまたかたし。 ぜんしきひて、 ほうき、 よくぎょうずること、 これまたかたしとす」 となり。

されば 「如来にょらいにもひたてまつりがたし」 といひ、 「さつしょうぼうきがたし」 といひて、 「そのほかにぜんしきほうくこともかたし」 といへるは、 ぶつさつのほかにもしゅじょうのためにほうをきかしめんひとをば、 ぜんしきといふべしときこえたり。 またまさしくみづからほうきてきかするひとならねども、 ほうをきかするえんとなるひとをもぜんしきとなづく。

いはゆる 「*みょうしょうごんおう雲雷うんらい音王おんのうぶつにあひたてまつり、 邪見じゃけんをひるがへし仏道ぶつどうをなり、 二子にしにん*引導いんどうによりしをば、 かの三人さんにんをさしてぜんしきけり」 (*法華経・意)

また*ほっ三昧ざんまいぎょうにん*えんそくのなかにとくぜんしきといへるも、 ぎょうじゃのために*依怙えことなるひとをさすとみえたり。

さればぜんしき諸仏しょぶつさつなり。 諸仏しょぶつさつ総体そうたい弥陀みだ如来にょらいなり。 その智慧ちえをつたへ、 そのほうをうけて、 じきにもあたへ、 またしられんひとにみちびきてほうをきかしめんは、 みなぜんしきなるべし。 しかれば、 仏法ぶっぽうをききてしょうをはなるべきみなもとは、 ただぜんしきなり。

このゆゑに ¬教行きょうぎょうしょう文類もんるい¼ のだいろく (化身土巻)しょきょうもんきてぜんしきとくをあげられたり。 いはゆる ¬はんぎょう¼ (*迦葉品) には、 「一切いっさい*ぼんぎょういんぜんしきなり。 一切いっさいぼんぎょういんりょうなりといへども、 ぜんしきけば、 すなはちすでに*しょうざいしぬ」 といひ、 ¬*ごんぎょう¼ には、 「なんぢぜんしきねんぜよ。 われをしょうずること父母ぶものごとし、 われをやしなふことにゅうのごとし、 *だいぶんぞうじょうす」 といへり。 このゆゑに、 ひとたびそのひとにしたがひて仏法ぶっぽうぎょうぜんひとは、 ながくそのひとをまもりてかのをしへをしんずべきなり。

興世 世に現れること。
妙荘厳王 ¬法華ほけきょう¼ 「妙荘厳王本事品」 に出る国王。 婆羅門の教えを信受していたが、 じょうぞうじょうげんの二子、 じょうとく夫人の導きによって仏道に帰依きえし、 雲雷音宿王華智仏のもとを訪ねて出家したという。
法華三昧 天台てんだい法華宗で説くかんの行法を指す。
五縁具足 止観の行法を修める行者がととのえるべき五種の常見。 かい清浄しょうじょう、 衣食具足、 閑居静処 (静かな場所に閑居すること)、 息諸縁務 (縁務をしないこと)、 得善知識 (善い師友に近づくこと) の五をいう。
依怙 たより。 よりどころ。
摂在 ¬はんぎょう¼ の原文には 「摂尽」 とある。 摂尽はおさめ尽すこと。
菩提分 菩提 (さとり) にかかわるすべてのどく

じょう真要しんようしょう こうのまつ

  *えいきょうじゅうねんつちのえうま八月はちがつじゅうにちこれを書写しょしゃしたてまつりをはりぬ。

永享十年 1438年。 蓮如上人二十四歳。

                             *右筆ゆうひつ*蓮如れんにょ

右筆 父、 存如上人に代わって書写したものであることを示す。

  *大谷おおたに*本願ほんがんしょうにん (親鸞) のりゅう聖教しょうぎょうなり。

                       本願ほんがん*じゅう*ぞんにょ (花押)

ˆ*註記ˇ *元亨げんこうさいきのえしょうがつむゆこれをきしるしてしゃく*りょうげんじゅしをはりぬ。 そもそも、 このふみをしるすおこりは、 ごろ ¬*じょう文類もんるいしゅう¼ といふしょあり。 これとうりゅう先達せんだつきのべられたるものなり。 平生へいぜいごうじょう来迎らいこうのおもむき、 ほぼかのしょにみえたり。

しかるにそのことば、 くはしからざるあひだ、 初心しょしんのともがら、 こころをえがたきによりて、 なほ要文ようもんへ、 かさねてりょうけんをくはへて、 しるしあたふべきよし、 りょうげん所望しょもうのあひだ、 浅才せんさい、 しきりに固辞こじをいたすといへども、 連々れんれん懇望こんもうのむね、 もだしがたきによりて、 いささかりょうするおもむきをしるしをはりぬ。 かのしょ*たいとして、 文言もんごんをくはふるものなり。

またそのをあらたむるゆゑは、 しょうにん(親鸞)のさくのなかに ¬*じょう文類もんるいじゅしょう¼ といへるふみあり。 その題目だいもく、 あひまがひぬべし。 これさだめて作者さくしゃだいするにあらじ。 にんのちにこれをあんずるのあひだ、 わたくしに、 いまこれを ¬じょう真要しんようしょう¼ とづくるものなり。

おほよそいまのぶるところのしゅは、 とうりゅういちなり。 しかれどもじょうせいにあらざるがゆゑに、 いちりゅうのなかにおいてなほこのおもむきをぞんぜざるひとあり。 いはんやにんこれにどうずべからざれば、 左右さうなくいちをのぶるじょう*こうりょうたり。

かたがた、 そのはばかりありといへども、 *願主がんしゅ (了源) のめいのさりがたきによりて、 これをしるすものなり。 もんにうとからん (一本いっぽんにくらからんにつくる) ひとのこころえやすからんことをさきとすべきよし、 本主ほんしゅ (了源) ののぞみなるゆゑに、 重々じゅうじゅうことばをやはらげて、 一々いちいちくんしゃくをもちゐるあひだ、 ただりょうしやすからんをむねとして、 さらに文体ぶんたいのいやしきをかへりみず、 みんひといよいよあざけりをなすべし。 かれにつけ、 これにつけ、 ゆめゆめ外見がいけんあるべからず。

*あなかしこ、 あなかしこ。

註記 以下は ¬真宗法要¼ 所収本の校異の跋文。
元亨四歳 1324年。
浄土文類集 一説によれば、 ¬しゅ抄出しょうしゅつ¼ ではないかと推定される。 この書は (1) 浄土文類集曰、 (2) 相伝云、 (3) 般舟はんじゅさん云、 (4) りゅうじゅ云、 (5) はんぎょう曰、 (6) ごんぎょう曰という展開になっていて、 主として臨終来迎らいこうに対して、 平生へいぜいごうじょう、 不来迎の義が説き示されている。
地体 基礎。 おおもと。
荒涼 途方もないこと。 とんでもないこと。

                              しゃく存覚ぞんかく