教行信証(証巻)

標挙

ひっめつがん

*なん思議じぎおうじょう

 

題号

けんじょう真実しんじつしょう文類もんるい 四

*禿とくしゃく*親鸞しんらんしゅう

往相の真証を明かす【真実証釈】
  正しく証果を明かす
    釈義
      果体を定む【果体出願】

【1】 ^つつしんで*真実しんじつしょうあらわさば、 すなはちこれ*利他りた円満えんまんみょう*じょうはんごくなり

*↢真実、則是利他円満之妙位、无上涅槃之極果也。

一 Ⅰ ⅰ 出拠を指す

^すなはちこれ*ひっめつがん (第十一願) よりでたり。

是出タリ↠於↢必至滅度之願↡。

一 Ⅰ ⅰ 義意を述ぶ【証果徳相】

^またしょうだいはんがんづくるなり。

亦名クル↢証大涅槃之願↡也。

・挙因弁果

^しかるに*煩悩ぼんのうじょうじゅ*ぼん*しょうざいじょく*群萌ぐんもう*往相おうそうこう*しんぎょうれば、 そくのときに*だいじょう*正定しょうじょうじゅかずるなり。 正定しょうじょうじゅじゅうするがゆゑに、 かならず*めついたる。

煩悩成就凡夫、生死罪濁群萌、獲レバ↢往相回向心行↡、即ナリ↢大乗正定聚之数↡。住ルガ↢正定聚↡故↢滅度↡。

・転釈滅度

^かならずめついたるはすなはちこれ*じょうらくなり。 じょうらくはすなはちこれ*ひっきょうじゃくめつなり。 *じゃくめつはすなはちこれ*じょうはんなり。 じょうはんはすなはちこれ*無為むい法身ほっしんなり。 無為むい法身ほっしんはすなはちこれ*実相じっそうなり。 実相じっそうはすなはちこれ*ほっしょうなり。 ほっしょうはすなはちこれ*真如しんにょなり。 真如しんにょはすなはちこれ*一如いちにょなり。

↢滅度↡即是常楽ナリ。常楽是畢竟寂滅ナリ。寂滅是无上涅槃ナリ。无上涅槃是无為法身ナリ。无為法身是実相ナリ。実相是法性ナリ。法性是真如ナリ。真如是一如ナリ

・主伴同証

^しかれば、 *弥陀みだ如来にょらい*にょよりらいしょうして、 *ほうおう種々しゅじゅしんしめげんじたまふなり

弥陀如来↠如来生、示↢現タマフ報・応・化種種↡也。

一 Ⅰ 引文
      経説
        因願
          (一)¬大経¼

【2】 ^ひっめつ願文がんもん、 ¬*だいきょう¼ (上) にのたまはく、

必至滅度願文、¬大経¼言

^たとひわれぶつたらんに、 くにのうちの*人天にんでん*じょうじゅじゅうし、 かならずめついたらずは、 *しょうがくらじ」 と。

我得タラムニ↠仏、国人天、不↧住↢定聚↡、必↦滅度↠取↢正覚↡。」

一 Ⅰ ⅱ a イ (二)¬如来会¼

【3】 ^¬*りょう寿じゅ如来にょらい¼ (上) にのたまはく、

¬无量寿如来会¼言

^もしわれじょうぶつせんに、 くにのうちの*じょう、 もしけつじょうして*とうしょうがくり、 だいはんしょうせずは、 *だいらじ」 と。

「若我成仏ムニ、国有情、若不↧決定↢等正覚↡証↦大涅槃↥者、不↠取↢菩提↡。」

一 Ⅰ ⅱ a 成就
          (一)¬大経¼二文

【4】 ^がん (第十一願) じょうじゅもん、 ¬きょう¼ (大経・下) にのたまはく、

願成就文、¬経¼言

^それしゅじょうありて、 かのくにうまるれば、 みなことごとく正定しょうじょうじゅじゅうす。 ゆゑはいかん。 かの仏国ぶっこくのうちにはもろもろの*じゃじゅおよび*じょうじゅなければなり」 と。

「其↢衆生↡、生ルレ↢彼、皆悉↢於正定之聚↡。所以。彼仏国ニハレバナリト↢諸邪聚及不定聚↡。」

【5】 ^またのたまはく (大経・上)

又言

^かの仏こくは、 清浄しょうじょう安穏あんのんにしてみょうらくなり。 *無為むい*ないおんどうちかし。

「彼仏国土、清浄安穏ニシテ微妙快楽ナリ。次↢於无為泥洹之道↡。

^それもろもろの*しょうもん*さつてんにん智慧ちえこうみょうにして、 *神通じんずう*洞達どうだつせり。 ことごとくおなじく一類いちるいにして、 かたちじょうなし。 *ただほういんじゅんするがゆゑに、 人天にんでんあり。 げんみょうたんじょうにしてえて希有けうなり。 容色ようしきみょうにして、 てんにあらずにんにあらず。 みな*ねん虚無こむしんごくたいけたるなり」 と。

声聞・菩薩・天・人、智慧高明ニシテ、神通洞達セリ。咸一類ニシテ、形无↢異状↡。但因↢順ルガ余方↡故、有↢人天之名↡。顔貌端政ニシテ↠世希有ナリ。容色微妙ニシテ、非↠天↠人。皆受タルナリト↢自然虚无之身、无極之体↡。」

一 Ⅰ ⅱ a ロ (二)¬如来会¼

【6】 ^またのたまはく (如来会・下)

又言

^かのくにしゅじょう、 もしまさにうまれんもの、 みなことごとく*じょうだいきょうし、 はんところいたらしめん。 なにをもつてのゆゑに。 もしじゃじょうじゅおよびじょうじゅは、 *かのいんこんりゅうせることをりょうすることあたはざるがゆゑなり」 と。 以上抄要

「彼衆生、若者、皆悉究↢竟无上菩提↡、到シメム↢涅槃↡。何。若邪定聚及不定聚、不ルガ↠能↤了↣知コト建↢立コトヲ↡故ナリト。」 已上

一 Ⅰ ⅱ 師釈
        雁門(¬論註¼五文)
          (一)妙声功徳釈文

・正定現益

【7】 ^¬じょうろん¼ (*論註・下) にいはく、

¬浄土論¼曰

^ªしょうごん*妙声みょうしょうどくじょうじゅとは、 偈に、 «^*ぼんしょう深遠じんのん みょうもん十方じっぽう» といへるがゆゑにº (浄土論) と。

荘厳妙声功徳成就者、偈リト↢梵声悟深遠微妙聞十方ニト

^これいかんぞ思議しぎなるや。 きょうにのたまはく、 ªもしひとただかのこく清浄しょうじょう安楽あんらくなるをきて、 *剋念こくねんしてしょうぜんとがんぜんものと、 また*おうじょうるものとは、 すなはち正定しょうじょうじゅº と。 これはこれ、 *こくみょうぶつをなす。 いづくんぞ思議しぎすべきやと。

此云何不思議ナルヤ。経、若人但聞↢彼国土清浄安楽ナルヲ↡、剋念ムモノト↠生ムト、亦得ルモノトハ↢往生↡、即↢正定聚。此是国土名字為↢仏事↡。安ヤト↢思議↡。

一 Ⅰ ⅱ b イ (二)主功徳釈文

・滅度当益・果相

 ^ªしょうごん*しゅどくじょうじゅとは、 偈に、 «^*しょうがく弥陀みだ 法王ほうおうぜんじゅう» といへるがゆゑにº (浄土論) と。

荘厳主功徳成就者、偈↢正覚阿弥陀法王善住持ニト

^これいかんが思議しぎなるや。 しょうがく弥陀みだ不可ふか思議しぎにまします。 かの*安楽あんらくじょうしょうがく弥陀みだ善力ぜんりきのために*じゅうせられたり。 いかんが思議しぎすることをべきや。

此云何不思議ナルヤ。正覚阿弥陀、不可思議ニマシマス。彼安楽浄土↢正覚阿弥陀善力↡住持ラレタリ。云何↠得↢思議コトヲ

^ªじゅうº は不異ふいめつづく、 ªº はさんしつづく。 *きゅうやくをもつてしゅりて、 みずくにみだれず、 くにこがれず。 *因縁いんねんてすなはちしょうずるがごとし。 なにをもつてのゆゑに。 きゅうやくちからなるがゆゑなり。

↢不異不滅↡、持↢不散不失↡。如↧以↢不朽薬↡塗↢種子↡、在クニ↠水不↠蘭、在クニ↠火不↠燋、得↢因縁↡即ルガ↥。何。不朽薬ナルガナリ

^もしひとひとたび安楽あんらくじょうしょうずれば、 のちときこころ*三界さんがいうまれてしゅじょう*きょうせんとがんじて、 じょういのちててがんしたがひてしょうて、 三界さんがい*ざっしょうのなかにうまるといへども、 じょうだい*しゅひっきょうじてちず。 なにをもつてのゆゑに。 しょうがく弥陀みだのよくじゅうるをもつてのゆゑにと。

人一タビレバ↢安楽浄土↡、後↧生↢三界↡教↦化ムト衆生↥、捨テヽ↢浄土↡随↠願↠生、雖↠生ルト↢三界雑生↡、无上菩提種子、畢竟不↠朽。何。以↠逕ルヲ↢正覚阿弥陀住持↡故ニト

一 Ⅰ ⅱ b イ (三)眷属功徳釈文

・滅度当益 ・果相

 ^ªしょうごん*眷属けんぞくどくじょうじゅとは、 偈に、 «^*如来にょらいじょうしゅ しょうがくしょう» といへるがゆゑにº (浄土論) と。

荘厳眷属功徳成就者、偈↢如来浄華衆正覚華化生ニト

^これいかんぞ思議しぎなるや。 おほよそこれ*ざっしょうかいには、 もしはたいもしはらんもしは湿しつもしは*眷属けんぞく*そこばくなり。 *らく万品まんぼんなり。 *雑業ぞうごうをもつてのゆゑに。

此云何不思議ナルヤ。凡是雑生世界ニハ、若胎若卵、若湿若化、眷属若干ソコバクナリ。苦楽万品ナリ。以↢雑業↡故

^かの安楽あんらくこくこれ弥陀みだ如来にょらい*しょうがくじょうしょうするところにあらざることなし。 *同一どういつ念仏ねんぶつしてべつどうなきがゆゑに。 とおつうずるに、 それ*かいのうちみなきょうだいとするなり。 *眷属けんぞくりょうなり。 いづくんぞ思議しぎすべきや」 と。

安楽国土↠非コト↣是阿弥陀如来正覚浄華之所↢化生↡。同一念仏キガ↢別道↡故。遠ズルニ、夫四海之内皆為↢兄弟↡也。眷属无量ナリ。焉キヤ↢思議↡。」

一 Ⅰ ⅱ b イ (四)大義門功徳釈文

・滅度当益 ・果相

【8】 ^またいはく (論註・下)

又言

^おうじょうねがふもの、 もとはすなはち*三三さんざんほんなれども、 いまはいちしゅなし。 また*じょういちなるがごとし。 いづくんぞ思議しぎすべきや」 と。

「願↢往生↡者、本三三之品ナレドモ、今↢一二之殊↡。亦如↢溜澠 食陵 一味ナルガ↡。焉キヤ↢思議↡。」

一 Ⅰ ⅱ b イ (五)清浄功徳釈文

・滅度当益 ・結

【9】 ^また ¬ろん¼ (論註・下) にいはく、

又¬論¼曰

^ªしょうごん*清浄しょうじょうどくじょうじゅとは、 偈に、 «^*かんかいそう しょう三界さんがいどう» といへるがゆゑにº (浄土論) と。

「荘厳清浄功徳成就者、↢観彼世界相勝過三界道ニト

^これいかん思議しぎなるや。 ぼんにん煩悩ぼんのうじょうじゅせるありて、 またかのじょうしょうずることをれば、 三界さんがい*ごうひっきょうじてかず。 すなはちこれ*煩悩ぼんのうだんぜずして*はんぶん。 いづくんぞ思議しぎすべきや」 と。 以上抄要

此云何不思議ナルヤ。有↢凡夫人煩悩成就↡、亦得レバ↠生コトヲ↢彼浄土↡、三界繋業畢竟不↠牽。則是不シテ↠断↢煩悩↡得↢涅槃分↡。焉キヤ↢思議↡。」 已上抄要

一 Ⅰ ⅱ b 西河
          (一)¬安楽集¼

・仏徳平等力

【10】^¬*安楽あんらくしゅう¼ (下) にいはく、

¬安楽集¼云

^しかるに*ぶつ*神力じんりきまた斉等さいとうなるべし。 ただし*しゃ如来にょらいおのれがのうべずして、 ことさらにかのちょうぜるをあらわしたまふことは、 一切いっさいしゅじょうをしてひとしくせざることなからしめんとおぼしてなり。 このゆゑにしゃ処々しょしょたんせしめたまへり。 すべからくこのこころるべしとなり。

二仏神力応↢亦斉等ナル↡。但釈迦如来不シテ↠申↢己↡、コトサラタマフコトハ↢彼ゼルヲ↡、欲テナリ↠使メムト↢一切衆生ヲシテ↟不コト↢斉↡。是釈迦処処嘆帰シメタマヘリ。須シト↠知↢此↡也。

^このゆゑに曇鸞どんらんほっしょう西にしするがゆゑに、 ¬だいきょう¼ にへてさんしていはく (*讃阿弥陀仏偈)、 ª^安楽あんらくしょうもんさつしゅにんてん智慧ちえことごとく洞達どうだつせり。 身相しんそうしょうごんしゅなし。 ただほうじゅんずるがゆゑにつらぬ。 顔容げんようたんじょうにしてくらぶべきなし。 *しょうみょうにしてにんてんにあらず。 虚無こむしんごくたいなり。 このゆゑに*びょうどうりきちょうらいしたてまつるº」 と。

曇鸞法師正意、帰ヘル↠西↢¬大経¼↡奉讃

安楽声聞・菩薩衆・人・天 智慧咸洞達セリ
身相荘厳无↢殊異↡但順ルガ↢他方↡故↠名
顔容端政ニシテ↠可↠比精微妙躯ニシテ↢人天
虚无之身 无極ナリ頂↢礼マツルト平等力↡」

一 Ⅰ ⅱ b 終南(¬観経疏¼二文)(西方は涅槃界なることを明かす)
          (一)「玄義分」

・往生即成仏

【11】^こうみょう (善導) の ¬しょ¼ (*玄義分) にいはく、

光明寺

^がんといふは、 ¬だいきょう¼ のせつのごとし。 一切いっさい善悪ぜんあくぼんしょうずることをるは、 みな弥陀みだぶつ*大願だいがん業力ごうりきじょうじて*ぞうじょうえんとせざることなしとなり。

↢弘願↡者如↢¬大経¼説↡。一切善悪凡夫、得↠生コトヲ、莫シト↠不↧皆乗↢阿弥陀仏大願業力↡為↦増上縁↥也。

^またぶつ*みつじんなれば、 きょうもんをしてさとりがたし*三賢さんげん*じっしょうはかりてうかがふところにあらず。 いはんやわれ*しんきょうもうなり。 あへてしゅらんや。

又仏密意弘深レバ、教門ヲシテ↠暁。三賢・十聖弗↢惻↟闚。況我信外軽毛ナリ。敢ムヤ↢旨趣↡。

^あおいでおもんみれば、 しゃはこのほうより*発遣はっけんし、 弥陀みだはすなはちかのくにより*来迎らいこう。 かしこにびここにつかはす。 あにかざるべけんや。

、釈迦ヨリ発遣、弥陀ヨリ来迎、豈ケム↠不↠去

^ただねんごろにほうつかへて、 *ひつみょうとして、 この*しんててすなはちかのほっしょうじょうらくしょうすべし」 と。

唯可シト↧懃↠法、畢命↠期、捨テヽ↢此穢身↡、即↦彼法性之常楽↥。」

一 Ⅰ ⅱ b ハ (二)「定善義」

・果徳具用

【12】^またいはく (*定善義)

又云

^西方さいほう*寂静じゃくじょう無為むいみやこには、 ひっきょう*しょうようして*有無うむはなれたり。 *だいこころくんじて*法界ほうかいあそぶ。 *分身ぶんしんして*ものすることひとしくしてことなることなし。 ^あるいは神通じんずうげんじてほうき、 あるいは*相好そうごうげんじて*無余むよる。 変現へんげんしょうごんこころしたがひてづ。 *ぐんじょうるものつみみなのぞこると。

「西方寂静无為ミヤコニハ畢竟逍遥タリ↢有无
大悲熏↠心↢法界分身シテコト↠物クシテ↠殊コト
↢神通↠法↢相好↡入↢无余
変現荘厳 随↠意群生見者罪皆除コルト

^またさんじていはく、 ^*きょらい*きょうにはとどまるべからず*曠劫こうごうよりこのかた*六道ろくどう*てんして、 ことごとくみなたり。 ^いたところたのしみなし。 ただしゅうたんこえく。 この*生平しょうびょうへてのち、 かのはんみやこらん」 と。

又賛

帰去来 イザイナム 魔郷ニハ不↠可↠停
曠劫ヨリ流↢転六道↡ 尽皆逕タリ
↢余楽↡唯聞愁歎
↢此↡後ムト↢彼涅槃↡」

通じて四法を結す【四法結釈】

【13】^それ*しんしゅう*きょうぎょうしんしょうあんずれば、 如来にょらいだいこうやくなり。

↢真宗教行信証、如来大悲回向之利益ナリ

^ゆゑに、 もしはいん、 もしはいちとして弥陀みだ如来にょらい*清浄しょうじょう願心がんしんこうじょうじゅしたまへるところにあらざることあることなし。 *いんじょうなるがゆゑに、 またじょうなりるべしとなり。

因若果、无↠有コト↤一事トシテコト↣阿弥陀如来清浄願心之所↢回向成就タマヘル↡。因浄ナルガ、果亦浄也、応トナリ↠知

還相の悲用を明かす【還相回向釈】
  正釈
    直明

【14】^ふたつに*還相げんそうこうといふは、 すなはちこれ*利他りたきょうやくなり

↢還相回向↡者、則是利他教化地益也。

二 Ⅰ 出拠

^すなはちこれ*ひっしょがん (第二十二願) よりでたり。 またいっしょうしょがんづく。 また還相げんそうこうがんづくべきなり。

是出タリ↠於↢必至補処之願↡。亦名↢一生補処之願↡。亦可↠名↢還相回向之願↡也。

引文
    経説は註を指す

^¬ちゅうろん¼ (論註)あらわれたり。 ゆゑに願文がんもんいださず。 ¬ろんちゅう¼ をひらくべし。

タリ↢¬註論¼↡。故不↠出↢願文↡。可↠披↢¬論¼↡。

二 Ⅱ 広く師釈を引く
      略して別に還相回向あることを示す
        還相の義を挙ぐ(¬浄土論¼)

【15】^¬*じょうろん¼ にいはく、

¬浄土論¼曰

^*しゅつだいもんとは、 だい慈悲じひをもつて一切いっさいのうしゅじょう観察かんざつして、 *おうしんしめす。 しょうその煩悩ぼんのうはやしのなかににゅうして、 神通じんずう遊戯ゆげしてきょういたる。 *本願ほんがんりきこうをもつてのゆゑに。 これをしゅつだいもんづく」 と。

「出第五門者、以↢大慈悲↡観↢察一切苦悩衆生↡、示↢応化↡。回↢入生死園、煩悩↡、遊↢戯神通↡至↢教化地↡。以↢本願力回向↡故。是クト↢出第五門↡。」

二 Ⅱ ⅱ a 還相の名を出す(¬論註¼)

【16】^¬論註¼ (下) にいはく、

¬論註¼曰

^*還相げんそうとは、 かのしょうじをはりて、 *しゃ摩他また*毘婆びばしゃ方便ほうべんりきじょうじゅすることをて、 *しょうちゅうりんにゅうして、 一切いっさいしゅじょうきょうして、 ともに仏道ぶつどう*かへしむるなり。

「還相者生↢彼↡已、得↢奢摩他・毘婆舎那・方便力成就コトヲ↡、回↢入生死稠林↡、教↢化一切衆生↡、共シムルナリ↢仏道↡。

^もしはおう、 もしはげん、 みなしゅじょういて*しょうかいせんがためなり。 このゆゑに、 ªこうしゅとしてだいしんじょうじゅすることを*たまへるがゆゑにº (浄土論) とのたまへり」 と。

往若還、皆為ナリ↧抜↢衆生↡渡ムガ↦生死海↥。是リト↧回向↠首タマヘルガ↣成↢就コトヲ大悲心↡故ニト↥。」

二 Ⅱ ⅱ 広く還相摂化の徳相を顕す(¬論註¼)
        摂化の徳相を顕す
          (一)願の大義を明かす(観察体相)
            (Ⅰ)一生補処を釈す

【17】^またいはく (論註・下)

又言

^ªすなはちかのぶつたてまつれば、 *しょうじょうしんさつひっきょうじて*びょうどう法身ほっしんとくしょうす。 *じょうしんさつと、 *じょうのもろもろのさつと、 ひっきょうじておなじく*じゃくめつ*びょうどうるがゆゑにº (浄土論) とのたまへり。

「即マツレバ↢彼↡、未証浄心菩薩、畢竟得↢証平等法身↡。↢浄心菩薩↡、↢上地菩薩↡、畢竟↢寂滅平等↡故ニトノタマヘリ

^ªびょうどう法身ほっしんº とは、 はちじょう*ほっしょうしょうじんさつなり。 ªじゃくめつびょうどうº とは、 すなはちこの法身ほっしんさつしょしょうじゃくめつびょうどうほうなり。 このじゃくめつびょうどうほうるをもつてのゆゑに、 づけてびょうどう法身ほっしんとす。 びょうどう法身ほっしんさつ所得しょとくなるをもつてのゆゑに、 づけてじゃくめつびょうどうほうとするなり。

平等法身者、八地已上法性生身菩薩也。寂滅平等者、即法身菩薩所証寂滅平等之法也。以↠得ルヲ↢此寂滅平等↡故、名為↢平等法身↡。以↢平等法身菩薩所得ナルヲ↡故、名↢寂滅平等↡也。

^このさつ*ほうしょう三昧ざんまい三昧さんまい神力じんりきをもつて、 よく一処いっしょ一念いちねんいちに、 十方じっぽうかいへんして、 種々しゅじゅ一切いっさい諸仏しょぶつおよび諸仏しょぶつだいしゅかいようす。 よくりょうかい*ぶっぽうそうましまさぬところにして、 種々しゅじゅ*げんし、 種々しゅじゅ一切いっさいしゅじょうきょう*だつして、 つねに*ぶつをなす。 *はじめに往来おうらい*おもいようおもいだつおもいなし。

菩薩得↢報生三昧↡。以↢三昧神力↡、能一処・一念・一時、徧↢十方世界↡、種種供↢養一切諸仏及諸仏大会衆海↡。能↧无量世界サヌ↢仏法僧↡処↥、種種示現、種種教↢化度↣脱一切衆生↡、常↢仏事↡。初↢往来想・供養想・度脱想↡。

^このゆゑにこのしんづけてびょうどう法身ほっしんとす。 このほうづけてじゃくめつびょうどうほうとす。

為↢平等法身↡。此為↢寂滅平等↡。

^ªしょうじょうしんさつº とは、 *しょじょうしちげんのもろもろのさつなり。 このさつ、 またよくげんずること、 もしはひゃくもしはせん、 もしはまんもしはおく、 もしはひゃくせんまんおくぶつこくにしてぶつ施作せさす。 かならずこころをなして*三昧さんまいりて、 いましよく*しんせざるにあらず。 しんをもつてのゆゑに、 づけてしょうじょうしんとす。

未証浄心菩薩者、初地已上七地以還菩薩也。此菩薩、亦能コト↠身、若百若千、若万若億、若百千万億、无仏国土ニシテ施↢作仏事↡。要シテ↠心↢三昧↡、乃↠不ルニ↢作心↡。以↢作心↡故、名為↢未証浄心↡。

^このさつあんらくじょうしょうじてすなはち弥陀みだぶつんとがんず。 弥陀みだぶつとき*じょうのもろもろのさつと、 ひっきょうじてしんひとしくほうひとしと。 *りゅうじゅさつ*ばんさつ (天親)ともがら、 かしこにしょうぜんとがんずるは、 まさにこのためなるべしならくのみと。

菩薩、願↧生↢安楽浄土↡即ムト↦阿弥陀仏↥。見↢阿弥陀仏↡時、↢上地菩薩↡、畢竟身等法等シト。龍樹菩薩・婆藪槃頭菩薩輩、願↠生ムト者、当↠為ナル↠此

 ^うていはく、 ¬*じゅうきょう¼ をあんずるに、 さつ*進趣しんしゅかいきゅう、 やうやくりょうくんあり。 おおくの劫数こうしゅ。 しかうしてのち、 いましこれを。 いかんぞ弥陀みだぶつたてまつるときひっきょうじてじょうのもろもろのさつと、 しんひとしくほうひとしきやと。

、案ルニ↢¬十地経¼↡、菩薩進趣階級漸↢无量功勲↡。逕↢多劫数↡。然後乃得↠此。云何マツル↢阿弥陀仏↡時、畢竟↢上地菩薩↡、身等法等

 ^こたへていはく、 ª*ひっきょうº はいまだすなはちひとしといふにはあらずとなりと。 ひっきょうじてこのひとしきことをしっせざるがゆゑに、 ªひとしº といふならくのみと。

、畢竟者未↠言ニハ↢即シト↡也。畢竟ルガ↠失↢此キコトヲ↡故、言↠等シト

 ^うていはく、 もしすなはちひとしからずは、 またなんぞさつといふことをん。 ただしょのぼれば、 もつてやうやく増進ぞうしんして、 ねんにまさにぶつひとしかるべし。 なんぞかりじょうさつひとしといふやと。

、若↢即シカラ↡、復何↠言コトヲ↢菩薩↡。但登↢初地↡、以増進、自然↠仏等カル↡。何↢上地菩薩↡等シト↥。

 ^こたへていはく、 *さつしちのなかにして*だいじゃくめつれば、 かみ諸仏しょぶつもとむべきをず、 しもしゅじょうすべきをず。 仏道ぶつどうてて*実際じっさいしょうせんとほっす。 そのときに、 もし十方じっぽう諸仏しょぶつ*神力じんりきかんずは、 すなはちめつして*じょうなけん。 さつもし安楽あんらくおうじょうして弥陀みだぶつたてまつるに、 すなはちこの*なんけん。 このゆゑにすべからく ªひっきょうびょうどうº といふべし。

、菩薩↢七地↡得レバ↢大寂滅↡、上不↠見↢諸仏キヲ↟求、下不↠見↢衆生キヲ↟度。欲↧捨テヽ↢仏道↡証ムト↦於実際↥。爾↠得↢十方諸仏神力加勧↡、即便滅度↢二乗↡无ケム↠異。菩薩、若往↢生安楽↡見マツルニ↢阿弥陀仏↡、即ケム↢此難↡。是↠言↢畢竟平等↡。

^またつぎに ¬*りょう寿じゅきょう¼ (上) のなかに、 弥陀みだ如来にょらい本願ほんがん (第二十二願) にのたまはく、 ª^たとひわれぶつたらんに、 ほうぶつのもろもろのさつしゅ、 わがくにらいしょうして、 きょうしてかならず*いっしょうしょいたらん。 その本願ほんがんざいしょしゅじょうのためのゆゑに、 *ぜいよろいて、 *徳本とくほんしゃくるいし、 一切いっさいだつせしめ、 諸仏しょぶつくにあそびて、 さつぎょうしゅし、 十方じっぽう諸仏しょぶつ如来にょらいようし、 恒沙ごうじゃりょうしゅじょうかいして*じょうしょうしんどうりゅうせしめんをばのぞ*じょうりん超出ちょうしゅつし、 *しょぎょう現前げんぜんし、 *げんとくしゅじゅうせん。 もししからずは、 しょうがくらじº と。

復次¬无量寿経¼中、阿弥陀如来本願我得タラムニ↠仏、他方仏土菩薩衆、来↢生我国↡、究竟↢一生補処↡。除↧其本願自在化、為↢衆生↡故、被↢弘誓↡、積↢累徳本↡、度↢脱シメ一切↡、遊↢諸仏↡、修↢菩薩↡、供↢養十方諸仏如来↡、開↢化恒砂无量衆生↡使メムヲバ↞立↢无上正真之道↡。超↢出常倫↡、諸地之行現前、修↢習普賢之徳↡。若不↠爾者、不↠取↢正覚↡。

^この ¬きょう¼ をあんじて、 かのくにさつすいするに、 あるいはいちよりいちいたらざるべし。 じゅうかいといふは、 これしゃ如来にょらい*えんだいにしてひとつの*おうどうならくのみと。 ほうじょうは、 なんぞかならずしもかくのごとくせん。 *しゅ思議しぎのなかに、 仏法ぶっぽうもつとも不可ふか思議しぎなり。 もしさつかならずいちよりいちいたりて、 ちょうおつなしといはば、 いまだあへてつまびらかならざるなり。

↢此¬経¼↡推ルニ↢彼菩薩↡、或↠不↧従↢一地↡至↦一地↥。言↢十地階次↡者、是釈迦如来↢閻浮提↡一応化道。他方浄土、何シモクセム↠此。五種不思議、仏法最不可思議ナリ。若菩薩必↢一地↡至↢一地↡、无シト↦超越之理↥、未↢敢カナラ↡也。

^たとへばあり、 づけて*好堅こうけんといふ。 この*よりしょうじてひゃくさいならん。 いましつぶさに一日いちにちたけたかくなることひゃくじょうなるがごとし。 日々にちにちにかくのごとし。 ひゃくさいたけはかるに、 あに*しゅしょうるいせんや。 まつ生長しょうちょうするをるに、 すんぎず。 かの好堅こうけんきて、 なんぞよく即日そくじつうたがはざらん。

↧有↠樹、名↢好堅樹、地ヨリ百歳ナラム一日長高ナルコト百丈ナルガ↥。日日↠此。計↢百歳之タケ↡、豈セムシユウナガシ。見ルニ↢松生長ルヲ↡、日不↠過↠寸。聞↢彼好堅↡、何ラム↠疑↢即日↡。

^ひとありて、 しゃ如来にょらい*かんいっちょうしょうし、 *しょう終朝しゅうちょうせいすとのたまへるをきて、 これ*しょうゆうみことにして*しょうじつせつにあらずとおもへり。 このろんきて、 またまさにしんぜざるべし。 それ*じょうことばは、 じょうにんみみらず。 これをしからずとおもへり。 またそれよろしかるべきなりと。

↠人聞↧釈迦如来証↢羅漢於一聴↡、制ストノタマヘルヲ↦无生於終朝↥、謂↣是接誘之言ニシテズト↢称実之説↡。聞↢此論事↡、亦当↠不↠信。夫非常之言、不↠入↢常人之耳↡。謂↢之↟然。亦可↢其カル↡也

 ^ªりゃくして*はっきて、 如来にょらい*自利じり利他りた*どく*しょうごんだいじょうじゅしたまへるをげんしたまへるなりと、 るべしº (浄土論) と。

↢八句↡、示↢現タマヘルナリト如来自利利他功徳荘厳、次第成就タマヘルヲ↡、応↠知

^これはいかんがだいなるとならば、 さきじゅうしちは、 これしょうごんこくどくじょうじゅなり。 すでにこくそうんぬ、 *こくしゅるべし。 このゆゑにつぎぶつしょうごんどくかんず。

云何次第ナルトナラバ、前十七句是荘厳国土功徳成就ナリ。既↢国土↡、応↠知↢国土之主↡。是↢仏荘厳功徳↡。

^かのぶつもししょうごんをなして、 いづれのところにしてかすると。 このゆゑにまづ*かんずべし。

仏若シテ↢荘厳↡、↢何↡座ルト。是ベシ↠座

^すでにんぬ、 すでによろしくしゅるべし。 このゆゑにつぎぶつ*身業しんごうしょうごんしたまへるをかんず。

↠座、已↠知↢座主↡。是↣仏荘↢厳タマヘルヲ身業↡。

^すでに身業しんごうんぬ、 いかなる声名しょうみょうかましますとるべし。 このゆゑにつぎぶつ*ごうしょうごんしたまへるをかんず。

↢身業↡、応↠知↠有スト↢何ナル声名↡。是↣仏荘↢厳タマヘルヲ口業↡。

^すでに*みょうもんんぬ、 よろしくとくみょうのゆゑをるべし。 このゆゑにつぎぶつ*心業しんごうしょうごんしたまへるをかんず。

↢名聞↡、宜↠知↢得名所以↡。是↣仏荘↢厳タマヘルヲ心業↡。

^すでに*三業さんごうそくしたまへるをんぬ、 人天にんでんだいなつてくるにへたるひとは、 これたれぞとるべし。 このゆゑにつぎ*大衆だいしゅどくかんず。

↢三業具足タマヘルヲ↡、応↠知↢人天大師↡堪タル↠受ルニ↠化ヒト是誰ゾト↥。是↢大衆功徳↡。

^すでに大衆だいしゅりょうどくいますことをんぬ、 よろしくじょうしゅはたれぞとるべし。 このゆゑにつぎ*じょうしゅかんず。 じょうしゅはこれぶつなり。

↣大衆イマスコトヲ↢无量功徳↡、宜↠知↢上首者誰ゾト↡。是↢上首↡。上首是仏ナリ

^すでにじょうしゅんぬ、 おそらくは*ちょうようおなじことを。 このゆゑにつぎ*しゅかんず。

上首恐クハコトヲ↢長↡。是↠主

^すでにこのしゅんぬ、 しゅいかなるぞうじょうかましますと。 このゆゑにつぎしょうごん*虚作こさじゅうかんず。 はっだいじょうぜるなり。

↢是↡、主有スト↢何ナル増上↡。是↢荘厳不虚作住持↡。八句次第成ゼル也。

二 Ⅱ ⅱ b イ (一)(Ⅱ)自在摂化を釈す

 ^さつかんぜば、

↢菩薩

^ªいかんがさつしょうごんどくじょうじゅ観察かんざつする。 さつしょうごんどくじょうじゅ観察かんざつせば、 かのさつかんずるに、 しゅしょうしゅぎょうどくじょうじゅしたまへることありと、 るべしº (浄土論) と。

云何観↢察菩薩荘厳功徳成就↡。観↢察菩薩荘厳功徳成就、観ズルニ↢彼菩薩↡、有リト↢四種正修行功徳成就タマヘルコト↡、応↠知

^*真如しんにょはこれ諸法しょほうしょうたいなり。 *たい*にょにしてぎょうずればすなはちこれ*ぎょうなり。 *ぎょうにしてぎょうずるを如実にょじつしゅぎょうづく。 たいはただ*一如いちにょにしてをしてわかちてつとす。 このゆゑにぎょう*いちをもつてまさしくこれをぬ。

真如是諸法正体ナリ。体、如シテレバ是不行ナリ。不行シテルヲ、名↢如実修行↡。体唯一如シテヲシテ為↠四。是四行、以↠一↠之

 ^ªなにものをかつとする。 ひとつには、 いちぶつにおいて動揺どうようせずして十方じっぽうへんす、 種々しゅじゅおうしてじつのごとくしゅぎょうしてつねにぶつをなす。 偈に、 «^安楽あんらくこく清浄しょうじょうにして、 つねに*無垢むくりんてんず、 ぶつさつは、 しゅじゅうするがごとし» といへるがゆゑに。 ^もろもろのしゅじょう*でいひらくがゆゑにº (浄土論) とのたまへり。

何者ヲカ↠四。一者於↢一仏土↡身不↢動揺シテ↢十方↡、種種応化↠実修行↢仏事↡。偈↧安楽国清浄ニシテ、常↢无垢↡、化仏・菩薩、日キノ↢須弥住持ルガ↡故。開クガ↢諸衆生淤泥華↡故ニトノタマヘリ

^はちじょうさつは、 つねに三昧さんまいにありて、 三昧さんまいりきをもつて本処ほんじょどうぜずして、 よくあまねく十方じっぽういたりて、 諸仏しょぶつようし、 しゅじょうきょうす。

八地已上菩薩、常↢三昧↡、以↢三昧力↡身不↠動↢本処シテ↢十方↡、供↢養諸仏↡、教↢化衆生↡。

^ª無垢むくりんº は*ぶつどくなり。 ぶつどく*じっ煩悩ぼんのうあかましまさず。 ぶつ、 もろもろのさつのためにつねにこの法輪ほうりんてんず。 もろもろの*だいさつ、 またよくこの法輪ほうりんをもつて、 一切いっさい開導かいどうしてざんそくなけん。 ゆゑに ªじょうてんº といふ。

无垢輪者仏地功徳也。仏地功徳サズ↢習気・煩悩垢↡。仏為↢諸菩薩↡常↢此法輪↡。諸大菩薩、亦能↢此法輪↡、開↢導一切↡无ケム↢蹔時休息↡。故↢常転↡。

^法身ほっしんのごとくして、 *おうしんひかりもろもろのかいへんするなり。 ªº といはばいまだもつてどうかすにらざれば、 また ªにょしゅじゅうº といふなり。

法身↠日シテ応化身光徧↢諸世界↡也。↠日レバ↠足↣以スニ↢不動↡、復言↢如須弥住持↡也。

^ªでいº とは、 ¬きょう¼ (*維摩経) にのたまはく、 ª高原こうげんろくには*れんしょうぜず。 *湿しゅうでいにいましれんしょうずº と。 これはぼん煩悩ぼんのうどろのなかにありて、 さつのために開導かいどうせられて、 よくぶつしょうがくはなしょうずるにたとふ。 まことにそれ三宝さんぼう紹隆しょうりゅうして、 つねにえざらしむと。

淤泥華者、¬経¼言、高原陸地ニハ不↠生↢蓮華↡。卑湿淤泥↢蓮華↡。此↧凡夫在↢煩悩↡、為↢菩薩↡開導ラレテルニ↦仏正覚↥。マコト紹↢隆三宝↡、常使ムト↠不↠絶

 ^ªふたつには、 かのおうしん一切いっさいときぜんならずならず、 一心いっしん一念いちねんだいこうみょうはなちて、 ことごとくよくあまねく十方じっぽうかいいたりて、 しゅじょうきょうす。 種々しゅじゅ方便ほうべんし、 しゅぎょうしょして、 一切いっさいしゅじょう滅除めつじょするがゆゑに。 偈に、 «^無垢むくしょうごんひかり一念いちねんおよびいちに、 あまねく諸仏しょぶつ*らして、 もろもろのぐんじょうやくす» といへるがゆゑにº (浄土論) と。

者彼応化身、一切時、不↠前ナラ不↠後ナラ、一心一念↢大光明↡、悉↢十方世界↡、教↢化衆生↡。種種方便、修行所作、滅↢除ルガ一切衆生↡故。偈↧无垢荘厳光、一念及一時、普↢諸仏↡、利↢益群生↡故ニト

^かみに ª*どうにしていたるº といへり。 あるいはいたるにぜんあるべし。 このゆゑに、 また 一念いちねんいちぜんº とのたまへるなり。

↢不動シテルト↡。容↣或ルニ↢前後↡。是復言↢一念一時无前无後↡也。

 ^ªつには、 かれ一切いっさいかいにおいて、 なくもろもろのぶつらす。 *大衆だいしゅなく広大こうだいりょうにして、 諸仏しょぶつ如来にょらいどくよう*ぎょう*讃嘆さんだんす。 偈に、 «^てんがくみょうこうとうあめふりて、 諸仏しょぶつどくようさんずるに、 *分別ぶんべつしんあることなし» といへるがゆゑにº (浄土論) と。

者彼於↢一切世界↡、无↠余照↢諸仏会↡。大衆无↠余広大无量ニシテ供↢養恭↣敬賛↤嘆諸仏如来功徳↡。偈↧雨↢天楽・華・衣・妙香等↡、供↢養ルニ↣諸仏功徳↡、无キガ↠有コト↢分別心↡故

^ªなくº とは、 あまねく一切いっさいかい一切いっさい諸仏しょぶつだいいたりて、 いちかいいちぶつとしていたらざることあることなきことをかすなり。

者、明↧徧↢一切世界、一切諸仏大会↡、无キコトヲ↞有コト↢一世界・一仏会トシテコト↟至也。

^*じょうこうのいはく、 ª^*法身ほっしんかたちなくしてかたちことにす。 ならびに*いんおうず。 ことばなくして*玄籍げんせきいよいよき、 *みょうごんはかりごとなくしてどうじてすº と。 ^けだしこのこころなり。

肇公、法身↠像シテニス↠形。並↢至韻↡。无↠言シテ玄籍弥、冥権无ハカリゴトシテ↠事会スト。蓋意也。

 ^ªつには、 かれ十方じっぽう一切いっさいかい三宝さんぼうましまさぬところにおいて、 仏法ぶっぽう僧宝そうぼう*どく大海だいかいじゅうしょうごんして、 あまねくしめして如実にょじつしゅぎょうさとらしむ。 偈に、 «^なんらのかいにか、 仏法ぶっぽうどくほうましまさざらん。 われねがはくはみなおうじょうて、 仏法ぶっぽうしめしてぶつのごとくせん» といへるがゆゑにº (浄土論) と。

者彼於↧十方一切世界サヌ↢三宝↡処↥、住↢持荘↣厳仏法僧宝功徳大海↡、徧↠解↢如実修行↡。偈ルガ↧何等世界ニカ、无サザラム↢仏法功徳宝↡我願クハ皆往生、示↢仏法↡如クセムト↞仏

^かみさんは、 あまねくいたるといふといへども、 みなこれぶつこくなり。 もしこのなくは、 すなはちこれ法身ほっしんところとしてほうならざることあらん。 じょうぜんところとしてぜんならざることあらん。 *かんぎょう体相たいそうおわりぬ。

三句↠言↢徧ルト↡、皆是有仏国土ナリ。若クハ↢此句↡、便是法身有↢所トシテコト↟法ナラ。上善有↢所トシテコト↟善ナラ。観行体相

二 Ⅱ ⅱ b イ (二)願の由来を示す(浄入願心)
            (Ⅰ)願心荘厳を明かす

 ^以下いげはこれ、 解義げぎのなかのだいじゅうなり。 づけて*浄入じょうにゅう願心がんしんとす。

已下是解義第四重ナリ。名為↢浄入願心↡。

^浄入じょうにゅう願心がんしんとは、

浄入願心者、

^ªまたさき観察かんざつしょうごんぶつどくじょうじゅしょうごんぶつどくじょうじゅしょうごんさつどくじょうじゅとをきつ。 この三種さんしゅじょうじゅ*願心がんしんしょうごんしたまへるなりと、 るべしº (浄土論) といへり。

又向↢観察荘厳仏土功徳成就・荘厳仏功徳成就・荘厳菩薩功徳成就↡。此三種成就願心荘厳タマヘルナリト、応トイヘリ↠知

^ªおうº とは、 この三種さんしゅしょうごんじょうじゅは、 もと*じゅうはちがんとう清浄しょうじょう願心がんしんしょうごんせるところなるによりて、 いんじょうなるがゆゑにじょうなり。 *いんなくしていんのあるにはあらずとるべしとなり。

応知者、応↠知↧此三種荘厳成就、由↣本四十八願等清浄願心之所ナルニ↢荘厳セル↡、因浄ナルガ果浄ナリズト↦无クシテ↠因他ルニハ↥也。

二 Ⅱ ⅱ b イ (二)(Ⅱ)広略相入を明かす

 ^ªりゃくして*にゅう一法いっぽっくがゆゑにº (浄土論) とのたまへり。

クガ↢入一法句↡故ニトノタマヘリ

^かみこくしょうごんじゅうななと、 如来にょらいしょうごんはっと、 さつしょうごん四句しくとをこうとす。 にゅう一法いっぽっりゃくとす。

国土荘厳十七句、如来荘厳八句、菩薩荘厳四句トヲ為↠広。入一法句者為↠略

^なんがゆゑぞ*こうりゃくそうにゅうげんするとならば、 諸仏しょぶつさつしゅ法身ほっしんあり ひとつには*ほっしょう法身ほっしんふたつには*方便ほうべん法身ほっしんなり。 ほっしょう法身ほっしんによりて方便ほうべん法身ほっしんしょうず。 方便ほうべん法身ほっしんによりてほっしょう法身ほっしんいだす。 この法身ほっしんは、 にしてわかつべからず。 いつにしておなじかるべからず。 このゆゑにこうりゃくそうにゅうして、 ぬるにほうをもつてす。

示↢現ルトナラバ広略相入↡、諸仏・菩薩↢二種法身↡。一者法性法身、二者方便法身ナリ。由↢法性法身↡生↢方便法身↡。由↢方便法身↡出↢法性法身↡。此法身、異シテ不↠可↠分、一シテ不↠可↠同カル。是広略相入カヌルニテス↢法↡。

^さつ、 もしこうりゃくそうにゅうらざれば、 すなはち自利じり利他りたするにあたはず。

菩薩若レバ↠知↢広略相入↡、則不↠能↢自利利他スルニ↡。

 ^ª*一法いっぽっとは、 いはく*清浄しょうじょうなり。 清浄しょうじょうとは、 いはく*真実しんじつ智慧ちえ無為むい法身ほっしんなるがゆゑにº (浄土論) とのたまへり。

一法句者、謂清浄句ナリ。清浄句者、謂真実智慧无為法身ナルガニトノタマヘリ

^このさん展転てんでんしてあひる。 なんのによりてかこれをづけてほうとする、 清浄しょうじょうをもつてのゆゑに。 なんのによりてかづけて清浄しょうじょうとする、 真実しんじつ智慧ちえ無為むい法身ほっしんをもつてのゆゑなり。

三句展転。依テカ↢何↡名↠之↠法、以↢清浄↡故。依テカ↢何↡名↢清浄↡、以↢真実智慧无為法身↡故ナリ

^真実しんじつ智慧ちえ実相じっそう智慧ちえなり。 実相じっそう*そうなるがゆゑに、 *しん無知むちなり。

真実智慧者実相智慧也。実相无相ナルガ、真智无知也。

^無為むい法身ほっしんほっしょうしんなり。 ほっしょうじゃくめつなるがゆゑに法身ほっしんそうなり。

无為法身者法性身也。法性寂滅ナルガ法身无相也。

^そうのゆゑによくそうならざることなし。 このゆゑに*相好そうごうしょうごんすなはち法身ほっしんなり。

无相↠不コト↠相ナラ。是相好荘厳即法身也。

^無知むちのゆゑによくらざることなし。 このゆゑに*一切いっさいしゅすなはち真実しんじつ智慧ちえなり。

无知↠不コト↠知。是一切種智即真実智慧也。

^真実しんじつをもつてして智慧ちえづくることは、 智慧ちえにあらず非作ひさにあらざることをかすなり。

↢真実シテナヅクルコトハ↢智慧↡、明↣智慧↠作コトヲ↢非作↡也。

^無為むいをもつてして法身ほっしんつることは、 法身ほっしんしきにあらずしきにあらざることをかすなり。

↢无為シテコトハ↢法身↡、明↣法身↠色コトヲ↢非色↡也。

^*にあらざれば、 あにのよくなるにあらざらんや。 けだしなき、 これをといふなり。 おのづからにして、 またにあらざることをつことなきなり。 にあらずにあらず、 *ひゃったとへざるところなり。

ザレ↠非、豈ザラム↢非之能ナルニ。蓋↠非之↠是也。ニシテ↠待コト↢復非コトヲ↟是也。非↠是↠非、百非之所ナリ↠不↠喩

^このゆゑに清浄しょうじょうといへり。 清浄しょうじょうとは、 いはく真実しんじつ智慧ちえ無為むい法身ほっしんなり。

↢清浄句↡。清浄句者、謂真実智慧无為法身也。

 ^ªこの清浄しょうじょうしゅあり、 るべしº (浄土論) といへり。

清浄↢二種↡、応シトイヘリ↠知

^かみてんにゅうのなかに、 一法いっぽうつうじて清浄しょうじょうる、 清浄しょうじょうつうじて法身ほっしんる、 いままさに清浄しょうじょうわかちてしゅいだすがゆゑなり。 ゆゑに ªるべしº といへり。

転入句、通↢一法↡入↢清浄↡、通↢清浄↡入↢法身今将↢清浄↡出スガ↢二種↡故ナリ。故↠応シト↠知

 ^ªなんらかしゅひとつには*けん清浄しょうじょうふたつには*しゅじょうけん清浄しょうじょうなり。

何等二種。一者器世間清浄、二者衆生世間清浄ナリ

^けん清浄しょうじょうとは、 さきくがごときのじゅうしちしゅしょうごんぶつどくじょうじゅ、 これをけん清浄しょうじょうづく。

器世間清浄者、如キノ↢向クガ↡十七種荘厳仏土功徳成就、是↢器世間清浄↡。

^しゅじょうけん清浄しょうじょうとは、 さきくがごときのはっしゅしょうごんぶつどくじょうじゅと、 しゅしょうごんさつどくじょうじゅと、 これをしゅじょうけん清浄しょうじょうづく。

衆生世間清浄者、如キノ↢向クガ↡八種荘厳仏功徳成就、四種荘厳菩薩功徳成就、是↢衆生世間清浄↡。

^かくのごときの一法いっぽっしゅ清浄しょうじょうせっすと、 るべしº (浄土論) とのたまへり。

キノ↠是一法句スト↢二種清浄↡、応シトノタマヘリ↠知

^それしゅじょう*別報べっぽうたいとす、 こく*共報ぐうほうゆうとす。 体用たいゆういつならず。 このゆゑに ªるべしº。

^しかるに*諸法しょほうしんをして無余むよきょうがいじょうず。 しゅじょうおよび、 またにしていつならざることをず。 すなはちをしてわかつにならず、 おなじく清浄しょうじょうなり。

衆生為↢別報之体↡、国土為↢共報之用↡。体用不↠一ナラ所以コノユヘニ↠知。然諸法ヲシテ↢无余境界↡。衆生及器、復不↠得↢異ニシテコトヲ↟一ナラ。則ヲシテツニ不↠異ナラ、同清浄ナリ

^ゆうなり。 いはくかのじょうは、 これかの清浄しょうじょうしゅじょう受用じゅゆうするところなるがゆゑに、 づけてとす。 じょうじきじょうもちゐれば、 じょうなるをもつてのゆゑに、 じきまたじょうなり。 じょうじきじょうもちゐれば、 じきじょうなるがゆゑに、 またじょうなるがごとし。 かならずふたつともにいさぎよくして、 いましじょうしょうすることをしむ。 ここをもつてひとつの清浄しょうじょう、 かならずしゅせっす。

器者用也。謂浄土、是彼清浄衆生之所ナルガ↢受用↡故為↠器。如↧浄食レバ↢不浄↡、以↢器不浄ナルヲ↡故食亦不浄ナリ、不浄レバ↢浄器↡、食不浄ナルガ、器亦不浄ナルガ↥。要二倶クシテ、乃シム↠称コトヲ↠浄。是清浄名、必↢二種↡。

 ^うていはく、 しゅじょう清浄しょうじょうといへるは、 すなはちこれぶつさつとなり。 かのもろもろの人天にんでん、 この清浄しょうじょうかずることをんやいなやと。

、言ルハ↢衆生清浄↡、則是仏ナリ↢菩薩↡。彼人天、得ムヤ↠入コトヲ↢此清浄↡不

 ^こたへていはく、 清浄しょうじょうづくることをるは、 じつ清浄しょうじょうにあらず。

、得ルハ↠名コトヲ↢清浄↡、非↢実清浄↡。

^たとへば*しゅっしょうにんは、 煩悩ぼんのうぞくころすをもつてのゆゑにづけて*比丘びくとす、 ぼんしゅっのものをまた比丘びくづくるがごとし。

↧出家聖人、以↠殺スヲ↢煩悩↡故為↢比丘↡、凡夫出家亦名ルガ↦比丘↥。

^また*かんじょうおうしょしょうとき*さんじゅうそうして、 すなはち*七宝しっぽうのためにぞくせらる。 いまだ*転輪てんりんのうをなすことあたはずといへども、 また転輪てんりんのうづくるがごとし。 それかならず転輪てんりんのうたるべきをもつてのゆゑに。

又如↧潅頂王子初生之時、具↢三十二相↡、即↢七宝↡所↠属↠未↠能↠為スコト↢転輪王↡、亦名ルガ↦転輪王↥。以↣其タルベキヲ↢転輪王↡故

^かのもろもろの人天にんでんもまたまたかくのごとし。 みなだいじょう正定しょうじょうじゅりて、 ひっきょうじてまさに清浄しょうじょう法身ほっしんべし。 まさにべきをもつてのゆゑに、 清浄しょうじょうづくることをるなりと。

人天亦復如↠是。皆入↢大乗正定之聚↡、畢竟↠得↢清浄法身↡。以↠当キヲ↠得故ナリト↠名コトヲ↢清浄↡。

二 Ⅱ ⅱ b 摂化の始末を証す
          (一)
            (Ⅰ)因体を挙示す(善巧摂化)

 ^*ぜんぎょうせっとは、

善巧摂化者、

^ª*かくのごときのさつは、 しゃ摩他また毘婆びばしゃこうりゃくしゅぎょうじょうじゅして*にゅうなんしんなりº (浄土論) とのたまへり。

キノ↠是菩薩、奢摩他・毘婆舎那、広略修行成就軟心ナリトノタマヘリ

^ªにゅうなんしんº とは、 いはくこうりゃく*かんそうじゅんしゅぎょうして、 *不二ふにしんじょうぜるなり。 たとへばみずをもつてかげるに、 しょうじょうとあひたすけてじょうじゅするがごとしとなり。

軟心者、謂広略止観、相順修行、成ゼル↢不二↡也。譬シト↧以↠水ルニ↠影、清成就ルガ↥也。

 ^ªじつのごとくこうりゃく諸法しょほうるº (浄土論) とのたまへり。

↠実ルトノタマヘリ↢広略諸法↡。

^ª如実にょじつº といふは、 実相じっそうのごとくしてるなり。 こうのなかのじゅうりゃくのなかのいっ実相じっそうにあらざることなきなり。

如実知イフ者、如↢実相シテ也。広二十九句、略一句、莫↠非コト↢実相↡也。

 ^ªかくのごとき*ぎょう方便ほうべんこうじょうじゅしたまへりº (浄土論) とのたまへり。

↠是成↢就タマヘリトノタマヘリ巧方便回向↡。

^ªかくのごときº といふは、 ぜんこうりゃくみな実相じっそうなるがごときなり。 実相じっそうるをもつてのゆゑに、 すなはち三界さんがいしゅじょうもうそうるなり。 しゅじょうもうれば、 すなはち真実しんじつ*慈悲じひしょうずるなり。 真実しんじつ法身ほっしんるは、 すなはち真実しんじつ*帰依きえおこすなり。 慈悲じひ帰依きえぎょう方便ほうべんとは、 しもにあり。

シトイフ↠是者、如↢前後広略皆実相ナルガ↡也。以↠知ルヲ↢実相↡故↢三界衆生虚妄↡也。知レバ↢衆生虚妄↡、則ズル↢真実慈悲↡也。知ルハ↢真実法身↡、則↢真実帰依↡也。慈悲↢帰依巧方便↡在↠下

 ^ªなにものかさつぎょう方便ほうべんこうさつぎょう方便ほうべんこうとは、 いはく、 *礼拝らいはいとうしゅしゅぎょうく、 しょしゅう一切いっさいどく*善根ぜんごんは、 しんじゅうらくもとめず、 一切いっさいしゅじょうかんとおぼすがゆゑに、 *がんして一切いっさいしゅじょう*摂取せっしゅして、 ともにおなじくかの安楽あんらく仏国ぶっこくしょうぜしむ。 これをさつぎょう方便ほうべんこうじょうじゅづくº (浄土論) とのたまへり。

何者菩薩巧方便回向。菩薩巧方便回向者、謂↢礼拝等五種修行↡、所集一切功徳善根、不↠求↢自身住持之楽↡、欲スガ↠抜ムト↢一切衆生↡故、作願摂↢取一切衆生↡、共シム↢彼安楽仏国↡。是クトノタマヘリ↢菩薩巧方便回向成就↡。

^*王舎おうしゃじょう所説しょせつの ¬りょう寿じゅきょう¼ をあんずるに、 *三輩さんぱいしょうのなかに、 ぎょうれつありといへども、 みなじょうだいしんほっせざるはなけん。 この*じょうだいしんは、 すなはちこれ*がんぶつしんなり。 がんぶつしんは、 すなはちこれ*しゅじょうしんなり。 しゅじょうしんは、 すなはちこれしゅじょう摂取せっしゅしてぶつこくしょうぜしむるしんなり。 このゆゑに、 かの安楽あんらくじょうしょうぜんとがんずるものは、 かならずじょうだいしんほっするなり。

ルニ↢王舎城所説¬无量寿経¼↡、三輩生、雖↣行リト↢優劣↡、莫ケム↠不ルハ↠発↢皆无上菩提之心↡。此无上菩提心是願作仏心ナリ。願作仏心是度衆生心ナリ。度衆生心是摂↢取衆生↡生シムル↢有仏国土↡心ナリ。是↠生ムト↢彼安楽浄土、要スル↢无上菩提心↡也。

^もしひとじょうだいしんほっせずして、 ただかのこくじゅらくけんなるをきて、 らくのためのゆゑにしょうぜんとがんずるは、 またまさにおうじょうざるべきなり。 このゆゑに、 ªしんじゅうらくもとめず、 一切いっさいしゅじょうかんとほっすがゆゑにº とのたまへり。

人不シテ↠発↢无上菩提心↡、但聞↢彼国土受楽无間ナルヲ↡、為↠楽ルハ↠生ムト、亦当↠不↠得↢往生↡也。是↧不↠求↢自身住持之楽↡、オボスガ↠抜ムト↢一切衆生↡故↥。

^ªじゅうらくº とは、 いはく、 かの安楽あんらくじょうは、 弥陀みだ如来にょらい本願ほんがんりきのためにじゅうせられて、 らくくることひまなきなり。

住持楽者、謂安楽浄土、為↢阿弥陀如来本願力之↡所レテ↢住持↡、受コト↠楽↠間也。

^おほよそ ªこうº のみょうしゃくせば、 いはく、 おのれがしょしゅう一切いっさいどくをもつて、 一切いっさいしゅじょう施与せよして、 ともに仏道ぶつどう*かへしめたまふなりと。

↢回向名義↡、謂↢己所集一切功徳↡、施↢与一切衆生↡、共シメタマフナリト↢仏道↡。

^ªぎょう方便ほうべんº とは、 いはく、 さつがんずらく、 おのれが智慧ちえをもつて一切いっさいしゅじょう煩悩ぼんのう草木そうもくかんと、 もしいちしゅじょうとしてじょうぶつせざることあらば、 われぶつにならじと。 しかるにしゅじょういまだことごとくじょうぶつせざるに、 さつすでにみづからじょうぶつせんは、 たとへば*てんして、 一切いっさい草木そうもく (ちゃくはらのぞくなり) んできてつくさしめんとほっするに、 草木そうもくいまだきざるに、 てんすでにきんがごとし。 そののちにしてさきにするをもつてのゆゑに、 ぎょう方便ほうべんづく。

方便者、謂菩薩願ラク↢己智慧↡焼ムト↢一切衆生煩悩草木↡、若↣一衆生トシテコト↢成仏↡、我不↠作↠仏。而衆生未ルニ↢尽成仏↡、菩薩已成仏ムハ、譬↩火テンシテ 聴念反 擿字 他暦反 排也 トル ツム オク タクルニ↧擿聴歴反 一切草木↡焼令↦使メムト↥、草木未ルニ↠尽、火擿已ムガ↨。以↧後↢其シテニスルヲ↥故、名方便↡。

^このなかに ª方便ほうべんº といふは、 いはく*がんして一切いっさいしゅじょう摂取せっしゅして、 ともにおなじくかの安楽あんらく仏国ぶっこくしょうぜしむ。 かの仏国ぶっこくはすなはちこれひっきょうじょうぶつどうじょう方便ほうべんなり。

↢方便↡者、謂作願摂↢取一切衆生↡、共シム↢彼安楽仏国↡。彼仏国是畢竟成仏道路、无上方便也。

二 Ⅱ ⅱ b ロ (一)(Ⅱ)菩提心の義を示す

・障菩提門

 ^*しょうだいもんとは、

障菩提門者、

^ªさつかくのごとくよく*こうじょうじゅしたまへるをれば、 すなはちよく三種さんしゅだいもんそうほうおんするなり。 なんらか三種さんしゅ

菩薩如↠是レバ↢回向成就タマヘルヲ↡、即遠↢離ルナリ三種菩提門相違↡。何等三種。

^ひとつには智慧ちえもんによりて、 らくもとめず、 わがこころしん*とんじゃくするをおんせるがゆゑにº (浄土論) とのたまへり。

者依↢智慧門↡、不↠求↢自楽↡、遠↣離ルガ心貪↢著ルヲ自身↡故ニトノタマヘリ

^*すすむをりて退しりぞくをまもるを ªº といふ。 *くう*無我むがるを ªº といふ。 によるがゆゑにらくもとめず、 によるがゆゑにわがこころしんとんじゃくするをおんせり。

↠進ルヲ↠退↠智。知ルヲ↢空无我↡曰↠慧。依↠智不↠求↢自楽↡、依↠慧遠↣離セリ心貪↢著ルヲ自身↡。

 ^ªふたつには慈悲じひもんによれり。 一切いっさいしゅじょういて、 *あんしゅじょうしんおんせるがゆゑにº (浄土論) とのたまへり。

者依レリ↢慈悲門↡。抜↢一切衆生↡、遠↢離ルガ无安衆生心↡故ニトノタマヘリ

^くを ªº といふ。 らくあたふるを ªº といふ。 によるがゆゑに一切いっさいしゅじょうく。 によるがゆゑにあんしゅじょうしんおんせり。

クヲ↠苦↠慈。与ルヲ↠楽↠悲。依↠慈↢一切衆生↡。依↠悲遠↢離セリ无安衆生心↡。

 ^ªつには方便ほうべんもんによれり。 一切いっさいしゅじょう*憐愍れんみんしたまふこころなり。 しんようぎょうするこころおんせるがゆゑにº (浄土論) とのたまへり。

者依レリ↢方便門↡。憐↢愍タマフ一切衆生↡心ナリ。遠↧離ルガ供↢養恭↣敬自身↡心↥故ニトノタマヘリ

^*しょうじきを ªほうº といふ。 *おのれをほかにするを ª便べんº といふ。 しょうじきによるがゆゑに一切いっさいしゅじょう憐愍れんみんするこころしょうず。 おのれをほかにするによるがゆゑにしんようぎょうするこころおんせり。

正直↠方。外↠便。依↢正直↡故↧憐↢愍一切衆生↡心↥。依↢外↡故遠↧離セリ供↢養恭↣敬自身↡心↥。

^ªこれを三種さんしゅだいもんそうほうおんすとづくº (浄土論) と。

↣遠↢離スト三種菩提門相違↡。

・順菩提門

 ^*じゅんだいもんとは、

順菩提門者、

^ªさつはかくのごとき三種さんしゅだいもんそうほうおんして、 *三種さんしゅずいじゅんだいもんほう満足まんぞくすることをたまへるがゆゑに。 なんらか三種さんしゅ

菩薩遠↢離↠是三種菩提門相違↡、得タマヘルガ↢三種随順菩提門法満足コトヲ↡故。何等三種。

^ひとつには*ぜん清浄しょうじょうしんしんのためにもろもろのらくもとめざるをもつてのゆゑにº (浄土論) とのたまへり。

者无染清浄心。以↠不ルヲ↧為↢自身↡求↦諸↥故ニトノタマヘリ

^だいはこれぜん清浄しょうじょうところなり。 もしのためにらくもとめば、 すなはちだいしなん。 このゆゑにぜん清浄しょうじょうしんは、 これだいもんじゅんずるなり。

菩提是无染清浄ナリ。若↠身↠楽ナム↢菩提↡。是无染清浄心、是順ルナリ↢菩提門↡。

 ^ªふたつにはあん清浄しょうじょうしん一切いっさいしゅじょうくをもつてのゆゑにº (浄土論) とのたまへり。

者安清浄心。以↠抜クヲ↢一切衆生↡故ニトノタマヘリ

^だいはこれ一切いっさいしゅじょう安穏あんのんする清浄しょうじょうところなり。 もししんしていっさいしゅじょうきてしょうはなれしめずは、 すなはちだいしなん。 このゆゑに一切いっさいしゅじょうくは、 これだいもんじゅんずるなりと。

菩提是安↢穏一切衆生↡清浄ナリ。若↧作心↢一切衆生↡離シメ↦生死↥、即便ナム↢菩提↡。是クハ↢一切衆生↡、是順ルナリト↢菩提門↡。

 ^ªつにはらく清浄しょうじょうしん一切いっさいしゅじょうをしてだいだいしむるをもつてのゆゑに、 しゅじょう摂取せっしゅしてかのこくしょうぜしむるをもつてのゆゑにº (浄土論) とのたまへり。

者楽清浄心。以↠令ルヲ↣一切衆生ヲシテ得↢大菩提↡故、以↧摂↢取衆生↡生シムルヲ↦彼国土↥故ニトノタマヘリ

^だいはこれ*ひっきょうじょうらくところなり。 もし一切いっさいしゅじょうをしてひっきょうじょうらくしめずは、 すなはちだいしなん。 このひっきょうじょうらくはなにによりてかる、 だいじょうもんによるなり。 だいじょうもんとは、 いはくかの安楽あんらくぶっこくこれなり。 このゆゑにまた ªしゅじょう摂取せっしゅしてかのこくしょうぜしむるをもつてのゆゑにº (浄土論) とのたまへり。

菩提是畢竟常楽ナリ。若↠令↣一切衆生ヲシテ得↢畢竟常楽↡、則ナム↢菩提↡。此畢竟常楽テカ↠何而得、依ナリ↢大乗門↡。大乗門者、謂安楽仏国土是也。是又言↩以↧摂↢取衆生↡生シムルヲ↦彼国土↥故↨。

^ªこれを三種さんしゅずいじゅんだいもんほう満足まんぞくせりとづくと、 るべしº (浄土論) と。

クト↢三種随順菩提門法、満足リト↡、応シト↠知

・名義摂対

 ^*みょう摂対せったいとは、

名義摂対者、

^ªさき智慧ちえ慈悲じひ方便ほうべん三種さんしゅもん*般若はんにゃ摂取せっしゅす。 般若はんにゃ方便ほうべん摂取せっしゅすときつ、 るべしº (浄土論) とのたまへり。

↧智慧・慈悲・方便三種摂↢取般若般若摂↦取スト方便↥、応シトノタマヘリ↠知

^ª般若はんにゃº とはにょたっするのなり。 ª方便ほうべんº とは*ごんつうずるのしょうなり。 にょたっすればすなはち*しんぎょうじゃくめつなり。 ごんつうずれば、 すなはちつぶさに*しゅはぶく。 *はぶくの、 つぶさにおうじて*無知むちなり。 じゃくめつ、 また無知むちにしてつぶさにはぶく。

般若者達↠如之慧ナリ。方便者通ズル↠権之智ナリ。達レバ↠如心行寂滅ナリ。通ズレバ↠権、則↢衆機。省↠機之智ナリ、備无知ナリ。寂滅之慧、亦无知シテ

^しかればすなはち、 智慧ちえ方便ほうべんと、 あひえんじてどうじ、 あひえんじてじょうなり。 どうじょうしっせざることは智慧ちえこうなり。 じょうどうはいせざることは方便ほうべんちからなり。 このゆゑに智慧ちえ慈悲じひ方便ほうべんと、 般若はんにゃ摂取せっしゅす。 般若はんにゃ方便ほうべん摂取せっしゅす。

智慧方便、相、相ナリ。動不コトハ↠失↠静智慧之功也。静不コトハ↠廃↠動方便之力也。是智慧慈悲方便摂↢取般若↡。般若摂↢取方便↡。

^ªおうº とは、 いはく、 智慧ちえ方便ほうべんはこれさつ父母ぶもなり、 もし智慧ちえ方便ほうべんとによらずは、 さつ*法則ほうそくじょうじゅせざることをるべし。 なにをもつてのゆゑに。 もし智慧ちえなくしてしゅじょうのためにするときには、 すなはち*顛倒てんどうせん。 もし方便ほうべんなくしてほっしょうかんずるときには、 すなはち実際じっさいしょうせん。 このゆゑにるべしと。

応知者、謂↠知↧智慧方便是菩薩父母ナリ、若↠依↢智慧方便トニ↡、菩薩法則不コトヲ↦成就↥。何。若クシテ↢智慧↡為ニスル↢衆生↡時ンバ、則↢顛倒↡。若クシテ↢方便↡観ズル↢法性↡時ンバ、則↢実際↡。是シト↠知

 ^ªさきおんしんとんじゃくしんおんあんしゅじょうしんおんようぎょう身心しんしんきつ。 この三種さんしゅほうは、 しょうだいしんおんするなりと、 るべしº (浄土論) とのたまへり。

↢遠離我心貪著自身・遠離无安衆生心・遠離供養恭敬自身心↡。此三種、遠↢離ルナリト障菩提心↡、応シトノタマヘリ↠知

^諸法しょほうにおのおのしょうそうあり。 かぜはよくじょうふ。 つちはよくみずふ。 湿しつはよくふ。 *こく*じゅうあく人天にんでんふ。 *顛倒てんどうしょうもんふるがごとし。 このなかの*三種さんしゅだいふるしんおんせずと。

諸法↢障相↡。如↧風↠静↠水湿↠火黒・十悪↢人天四顛倒ルガ↦声聞↥。此三種↧遠↦離↢菩提↡心↥。

^ªおうº とは、 もししょうんとおもはば、 まさにこの三種さんしゅしょうおんすべきなり。

応知者、若ハヾ↠得ムト↢无障↡、当シト↣遠↢離三種障↡也。

 ^ªさきぜん清浄しょうじょうしんあん清浄しょうじょうしんらく清浄しょうじょうしんきつ。 この三種さんしゅしんりゃくして一処いっしょにして、 *みょうらくしょう真心しんしんじょうじゅしたまへりと、 るべしº (浄土論)のたまへり。

↢无染清浄心・安清浄心・楽清浄心↡。此三種一処ニシテ、成↢就タマヘリト妙楽勝真心↡、応シトノタマヘリ↠知

^らく三種さんしゅあり。 ひとつには*らく、 いはく*しきしょしょうらくなり。 ふたつには*内楽ないらく、 いはく*初禅しょぜんぜん三禅さんぜん*しきしょしょうらくなり。 つには*法楽ほうがくらく、 いはく智慧ちえしょしょうらくなり。

↢三種↡。一者外楽、謂五識所生ナリ。二者内楽、謂初禅・二禅・三禅意識所生ナリ。三者法楽 五角反魯各反智慧所生ナリ

^この智慧ちえしょしょうらくは、 ぶつどくあいするよりおこれり。 これはおんしんおんあんしゅじょうしんおんようしんと、 この三種さんしゅしん清浄しょうじょう増進ぞうしんして、 りゃくしてみょうらくしょう真心しんしんとす。

智慧所生、従↠愛↢仏功徳↡起レリ。是遠離我心遠離无安衆生心遠離自供養心、是三種心、清浄増進、略為↢妙楽勝真心↡。

^みょうごんはそれこうなり。 このらくぶつえんじてしょうずるをもつてのゆゑに。 しょうごん三界さんがいのうちのらく勝出しょうしゅつせり。 しんごん虚偽こぎならず、 顛倒てんどうせざるなり。

其好ナリ。以↢此↠仏ズルヲ↡故。勝勝↢出セリ三界↡。真不↢虚偽ナラ↡、不ルナリ↢顛倒↡。

二 Ⅱ ⅱ b ロ (一)(Ⅲ)因徳を挙示す(願事成就)

 ^*がんじょうじゅとは、

願事成就者、

^ªかくのごときさつ智慧ちえしん方便ほうべんしんしょうしんしょう真心しんしんをもつて、 よく清浄しょうじょうぶっこく*しょうぜしめたまへりと、 るべしº (浄土論) とのたまへり。

↠是菩薩智慧心・方便心・无障心・勝真心ヲモテ、能シメタマヘリト↢清浄仏国土↡、応シトノタマヘリ↠知

^ªおうº とは、 いはく、 このしゅ清浄しょうじょうどく、 よくかの清浄しょうじょうぶっこくしょうずることをしむ、 これえんをしてしょうずるにはあらずとるべしとなり。

応知者、謂シト↠知↧此四種清浄功徳、能シム↠生コト↢彼清浄仏国土↡、非ズト↦是他縁シテズルニハ↥也。

 ^ªこれをさつ*摩訶まかさつしゅ法門ほうもんずいじゅんして、 しょこころしたがひてざい*じょうじゅしたまへりとづく。 さき所説しょせつのごとき身業しんごうごうごうごう方便ほうべんごう法門ほうもんずいじゅんせるがゆゑにº (浄土論) とのたまへり。

↧菩薩摩訶薩、随↢順五種法門↡、所作随↠意自在成就タマヘリト↥。如↢向所説↡身業・口業・意業・智業・方便智業、随↢順ルガ法門↡故ニトノタマヘリ

^ªずいざいº とは、 いふこころは、 このしゅどくりき、 よく清浄しょうじょうぶつ*しょうぜしめて、 *しゅつもつざいなるなり。 ª身業しんごうº とは*礼拝らいはいなり。 ªごうº とは*讃嘆さんだんなり。 ªごうº とは*がんなり。 ªごうº とは*観察かんざつなり。 ª方便ほうべんごうº とは*こうなり。 このしゅごうごうせり、 すなはちこれおうじょうじょう法門ほうもんずいじゅんして、 ざいごうじょうじゅしたまへりとのたまへりと。

随意自在者、イフコヽロ五種功徳力、能シメテ↢清浄仏土↡、出没自在ナル也。身業者礼拝也。口業者讃嘆也。意業者作願也。智業者観察也。方便智業者回向也。言リト↧此五種業和合セリ、則是随↢順往生浄土法門↡、自在業成就タマヘリト↥。

二 Ⅱ ⅱ b ロ(二)果(通じて上因に酬ゆるの果徳を明かす)(利行満足)

 ^*ぎょう満足まんぞくとは、

利行満足者、

^ªまたしゅもんありて、 ぜん*しゅどくじょうじゅしたまへりと、 るべし。 なにものかもんひとつには近門ごんもんふたつにはだいしゅもんつには宅門たくもんつには屋門おくもんいつつには園林おんりん遊戯ゆげもんなりº (浄土論) とのたまへり。

復有↢五種門↡、漸次成↢就タマヘリト五種功徳↡、応↠知。何者五門。一者近門、二者大会衆門、三者宅門、四者屋門、五者園林遊戯地門ナリトノタマヘリ

^このしゅは、 *入出にゅうしゅつだいそう*げんせしむ。

五種、示↢現シム入出次第↡。

^にゅうそうのなかに、 はじめにじょういたるは、 これ近相ごんそうなり。 いはくだいじょう正定しょうじょうじゅるは、 *のく多羅たらさんみゃくさんだいちかづくなり。 じょうりをはるは、 すなはち如来にょらい*だいしゅかずるなり。 しゅうかずりをはりぬれば、 まさにしゅぎょう安心あんじんたくいたるべし。 たくりをはれば、 まさにしゅぎょうしょおくいたるべし。 しゅぎょうじょうじゅしをはりぬれば、 まさに*きょういたるべし。 きょうはすなはちこれさつ*らくなり。

入相、初ルハ↢浄土↡、是近相ナリ。謂ルハ↢大乗正定聚↡、近クナリ↢阿耨多羅三藐三菩提↡。入↢浄土↡已ルハ、便ナリ↢如来大会衆↡。入↢衆↡已ヌレバ、当↠至↢修行安心之宅↡。入↠宅レバ、当↠至↢修行所居屋宇↡。 尤挙反 修行成就ヌレバ、当↠至↢教化地↡。教化地是菩薩自娯楽ナリ

^このゆゑにしゅつもん園林おんりん遊戯ゆげもんしょうすと。

出門スト↢園林遊戯地門↡。

 ^ªこのしゅもんは、 はじめのしゅもんにゅうどくじょうじゅしたまへり、 だいもんしゅつどくじょうじゅしたまへりº (浄土論) とのたまへり。

五種、初四種成↢就タマヘリ功徳↡、第五門成↢就タマヘリトノタマヘリ功徳↡。

^この入出にゅうしゅつどくは、 なにものかこれや。

入出功徳、何者

 ^しゃくすらく、

スラク

^ªにゅう第一だいいちもんといふは、 弥陀みだぶつ礼拝らいはいしてかのくに*しょうぜしめんがためにするをもつてのゆゑに、 安楽あんらくかいしょうずることを*しむ。 これをにゅう第一だいいちもんづくº (浄土論) と。

↢入第一門↡者、以↧礼↢拝阿弥陀仏↡為ニスルヲ↞生シメムガ↢彼↡故、得シム↠生コトヲ↢安楽世界↡。是↢第一門↡。

^ぶつらいして仏国ぶっこくしょうぜんとがんずるは、 これはじめのどくそうなりと。

↠仏ルハ↠生ムト↢仏国↡、是初功徳ナリト

 ^ªにゅうだいもんとは、 弥陀みだぶつ讃嘆さんだんし、 *みょうずいじゅんして如来にょらいみな*しょうせしめ、 如来にょらい*こうみょうそうによりてしゅぎょうせるをもつてのゆゑに、 だいしゅかずることをしむ。 これをにゅうだいもんづくº (浄土論) とのたまへり。

入第二門者、以↧賛↢嘆阿弥陀仏↡、随↢順名義↡称シメ↢如来↡、依↢如来光明智相↡修行セルヲ↥故シム↠入コトヲ↢大会衆↡。是クトノタマヘリ↢入第二門↡。

^如来にょらいみょうによりて讃嘆さんだんする、 これだいどくそうなりと。

↢如来名義↡讃嘆、是第二功徳ナリト

 ^ªにゅう第三だいさんもんとは、 一心いっしん専念せんねんがんして、 かしこにしょうじてしゃ摩他また寂静じゃくじょう三昧ざんまいぎょうしゅするをもつてのゆゑに、 *れんぞうかいることをしむ。 これをにゅう第三だいさんもんづくº (浄土論)

入第三門者、以↣一心専念作願、生ルヲ↢奢摩他寂静三昧↡故シム↠入コトヲ↢蓮華蔵世界↡。是↢入第三門↡。

^寂静じゃくじょうしゅせんためのゆゑに、 一心いっしんにかのくにしょうぜんとがんずる、 これ第三だいさんどくそうなりと。

↠修↢寂静止↡故一心ズル↠生ムト↢彼↡、是第三功徳ナリト

 ^ªにゅうだいもんとは、 かのみょうしょうごん専念せんねん観察かんざつして、 毘婆びばしゃしゅせしむるをもつてのゆゑに、 かのところいたることをて、 種々しゅじゅ*ほうらく受用じゅゆうせしむ。 これをにゅうだいもんづくº (浄土論) とのたまへり。

入第四門者、以↧専↢念観↣察妙荘厳↡、修シムルヲ↦毘婆舎那↥故↠到コトヲ↢彼↡、受↢用シム種種法味↡。是クトノタマヘリ↢入第四門↡。

^ª種々しゅじゅほうらくº とは、 毘婆びばしゃのなかに、 *観仏かんぶつこく清浄しょうじょう*しょうじゅしゅじょうだいじょう*ひっきょうじゅう虚作こさ*るいぎょう願取がんしゅぶつあり。 かくのごときらのりょうしょうごん仏道ぶつどうあるがゆゑに、 ª種々しゅじゅº とのたまへり。 これだいどくそうなりと。

種種法味者、毘婆舎那、有↢観仏国土清浄味・摂受衆生大乗味・畢竟住持不虚作味・類事起行願取仏土味↡。有ルガ↢如↠是无量荘厳仏道味↡故↢種種↡。是第四功徳ナリト

 ^ªしゅつだいもんとは、 だい慈悲じひをもつて一切いっさいのうしゅじょう観察かんざつして、 おうしんしめして、 しょうその煩悩ぼんのうはやしのなかににゅうして、 神通じんずう遊戯ゆげし、 きょういたる。 *本願ほんがんりきこうをもつてのゆゑに。 これをしゅつだいもんづくº (浄土論) とのたまへり。

出第五門者、以↢大慈悲↡観↢察一切苦悩衆生↡、示↢応化身↡、回↢入生死園、煩悩↡、遊↢戯神通↡、至↢教化地↡。以↢本願力回向↡故。是クトノタマヘリ↢出第五門↡。

^ªおうしんしめすº といふは、 ¬*法華ほけきょう¼ の*もんげんるいのごときなり。

応化身イフ者、如↢¬法華経¼普門示現之類↡也。

^ª遊戯ゆげº にふたつのあり。 ひとつにはざいさつしゅじょうす。 たとへば獅子しし鹿しかつに、 しょはばからざるがごときは、 遊戯ゆげするがごとし。 ふたつには*しょなり。 さつしゅじょうかんずるに、 ひっきょうじて*所有あらゆるところなし。 りょうしゅじょうすといへども、 じついちしゅじょうとしてめつるものなし。 しゅじょうすとしめすこと遊戯ゆげするがごとし。

遊戯↢二義↡。一者自在義。菩薩度↢衆生↡。譬キハ↢師子鹿、所為不ルガ↟難、如↢似遊戯ルガ↡。二者度无所度ナリ。菩薩観ズルニ↢衆生↡畢竟↠所↠有ユル。雖↠度スト↢无量衆生↡、実↧一衆生トシテ↢滅度↡者↥。示コト↠度↢衆生↡如↢似遊戯ルガ↡。

^ª本願ほんがんりきº といふは、 だいさつ法身ほっしんのなかにおいて、 つねに三昧さんまいにましまして、 種々しゅじゅしん種々しゅじゅ神通じんずう種々しゅじゅ説法せっぽうげんずることをしめこと、 みな本願ほんがんりきよりおこるをもつてなり。 たとへば*しゅきんするものなしといへども、 しかもいんぎょくねんなるがごとし。 これをきょうだいどくそうづくとのたまへり」 と。 以上抄出

↢本願力↡者、示コト↧大菩薩於↢法身↡、常↢三昧コトヲ↦種種身、種種神通、種種説法↥、皆以テナリ↢本願力ヨリルヲ↡。譬↧阿修羅↠无シト↢鼓者↡、而音曲自然ナルガ↥。是クトノタマヘリ↢教化地第五功徳↡。」 已上抄出

総じて往還の義を結ぶ【往還結釈】

【18】^しかれば、 *だいしょう (釈尊)真言しんごん、 まことにんぬ、 だいはんしょうすることは願力がんりきこうによりてなり。 還相げんそうやく利他りたしょうあらわすなり。 ここをもつて論主ろんじゅ (天親)広大こうだい無礙むげ一心いっしんせんして、 あまねく*雑染ぞうぜん*堪忍かんにん群萌ぐんもうかい しゅう (曇鸞)だい*往還おうげんこうけんして、 ねんごろに*他利たり利他りたじんせんしたまへり。 あおいで奉持ぶじすべし、 ことにちょうだいすべしと。

大聖真言、誠コトハ↢大涅槃↡籍テナリ↢願力回向↡。還相利益ナリ↢利他正意↡。是論主宣↢布広大无一心↡、普徧開↢化雑染堪忍群萌↡宗師顕↢示大悲往還回向↡、弘↢宣タマヘリ他利利他深義↡。仰↢奉持↡、特シト↢頂戴↡矣。

けんじょう真実しんじつしょう文類もんるい 四

 

真実の証 →補註2
利他円満の妙位 他力より与えられたどくの欠けめのないすぐれた仏の位。
無上涅槃の極果 この上ない仏のさとりの果。
煩悩成就 あらゆる煩悩を欠くことなくそなえていること。
畢竟寂滅 煩悩を滅した究極的なさとりの境地。
報応化 報身ほうじん応身おうじんしんのこと。
洞達 深く熟達していること。
ただ余方に… 浄土のしょうじゃを他方世界に順じて天とか人と呼ぶのみで実の天でも人でもないという意。
かの因を… 阿弥陀仏が浄土往生の因をたてたことを明らかに信知することができないからという意。
梵声悟深… 「梵声の悟深遠にして微妙なり。 十方に聞ゆ」 梵声は清浄な仏の声のこと。
剋念して…入る ¬論註¼ の当分では 「剋念して生ぜんと願ずれば、 また往生を得て、 すなはち正定聚に入る」 と読む。 剋念願生する者が浄土に往生して正定聚に入る義であるが、 親鸞聖人は原文を読みかえて、 剋念往生する者 (此土) と浄土に往生した者 (彼土) との二種の正定聚があることを示した。 剋念は心を専注して一心になること。 ここは信心の異名。
国土の名字… 浄土の名がしゅじょうやくのはたらきをするということ。
正覚阿弥… 「正覚の阿弥陀法王、 よく住持したまへり」 住持はとどめたもち、 ささえること。
不朽薬 ちることをなくするはたらきをもつ薬。
雑生 有漏うろの善悪の雑業により胎・卵・湿・化のしょうを受けること。 迷いのきょうがいに生れること。
如来浄華… 「如来浄華の衆は、 正覚の華より化生す」
そこばく 相等の数量。
苦楽万品 苦も楽も千差万別であること。
正覚浄華の化生 阿弥陀仏と同体のさとりをひらくこと。 浄華とは仏の座のことで、 如来正覚の仏座に化生するという意。
観彼世界… 「かの世界の相を観ずるに、 三界の道に勝過せり」
二仏 釈尊と阿弥陀仏。
精微妙躯 不可思議ですぐれた身体。
寂静無為の楽 煩悩を滅し尽したしょうめつ変化のない絶対のさとりの世界。 じょうのこと。
逍遥 何ものにもとらわれず、 あるがままにあること。
分身して 仮に身を分ちすがたを変えて。
帰去来 さあ帰ろう。 陶淵とうえんめい (365-427) の 「きょらいのじ」 の中の言葉。 故郷に帰る決意を述べたものであるが、 ここでは浄土に生れたいという意をあらわす。
還相の回向 →還相げんそうこう
出第五門 出は利他教化に出ること。 第五門は五功徳門の中の園林おんりん遊戯地ゆげじもんのこと。 さとりの世界より迷いの世界にたちかえって、 自由自在にしゅじょうを救済するのを楽しみとすることを出第五門という。 →しゅどく
生死の稠林 迷いの世界を密林に喩えていう。
向かへしむる・得たまへる 通常は 「向かふ」 「得んとする」 と読む。
上地のもろもろの菩薩 九地・十地の菩薩。 →じゅう
法性生身の菩薩 法性真如しんにょから生じた身をもっている菩薩。
初めに 通常は 「初めより」 と読む。
 とらわれ心。
作心 心 (意志力) をはたらかして努力すること。
上地 ここでは八地以上の菩薩のこと。 →じゅう
進趣階級 菩薩の階級が進むこと。
畢竟 ここではついには、 最終的にはの意。
菩薩七地… 菩薩の陥るしち沈空ちんくうなんをいう。
大寂滅 一切の法は本来くうじゃくであるという空理。
神力加勧 諸仏が不可思議な力を加えて菩薩をすすめはげますこと。
 しち沈空ちんくうなんのこと。
弘誓の鎧 しゅじょうさいせいがんが堅固なことをよろいに喩える。
無上正真の道 のくさんみゃくさんだいのこと。
常倫に…現前し 通常は 「常倫諸地の行を超出し、 現前に」 と読む。 常倫はつねなみ、 普通一般の意。
諸地の行 じゅうの菩薩が行う自利利他の行。
応化道 説法の対象に適応した教え方。
地より…高くなること 通常は 「地に生ずるに百歳 (百囲) すなはち具せり。 一日に長ずること高さ」 と読む。
修松 高い松の木。
羅漢を… 一度の説法でたちまち阿羅あらかんの果を得させたことをいう。 ¬だい智度ちどろん¼ 巻八十八に出る。
無生を… 終朝は夜明けから朝食までの時間のこと。 朝食前のひとときに無生法忍に至らせる。
接誘の言 誘引の言葉、 すなわち方便説。
称実の説 実際の話。
八句  ¬浄土論¼ に浄土のしょうごんどくについて、 三厳さんごんじゅうしゅしょうごんを説く中の仏八種荘厳のこと。
国土の主 浄土の主人、 阿弥陀仏のこと。
名聞 みょうごうのいわれがあらゆるところに聞えること。
おそらくは長幼に… 仏を上首としただけでは、 仏とだいしゅの関係が長幼の序 (年長者と年少者の順序) と混同される恐れがあるので、 次に主功徳をあらわして仏が主、 大衆が伴 (付き従う者) であることを示す。
体如にして 通常は 「如を体して」 と読む。
不行 とらわれを離れた修業。
一を…統ぬ 通常は 「一の正をもってこれをぶ」 と読む。
習気 煩悩の体が断ぜられてもなお習慣となって残る煩悩のはたらきのこと。
卑湿の淤泥… 湿地の泥沼に蓮の花が咲くようにしゅじょう煩悩ぼんのうの泥の中に如来こうの信心が生ずることを喩えたもの。
不動にして至る 身体を動かさないまま、 十方世界にあらわれること。
分別の心 わけへだてをする心。
法身は…布き 通常は 「法身は像なくしてしゅぎょう並び応じ、 至韻は言なくして玄籍ひろく布けり」と読む。
至韻 至極のひびき。 説法の声。
玄籍 深遠な意義をもつ典籍。 仏典を指す。
冥権 はかりしることのできない衆生さいのはたらき。
観行の体相 観察かんざつの対象となる国土・仏・菩薩のしょうごんそうを明かす。
浄入願心 浄土の荘厳のすべてが法蔵ほうぞう菩薩の清浄しょうじょう願心におさまることを示す。
因なくして…知るべしとなり 通常は 「無因と他因の有にはあらざるを知るべしとなり」 と読む。
入一法句 真如しんにょほっしょうにおさまり入ること。
真智は無知なり 真智はじっ、 如実智ともいい、 ふんべっのこと。 ものの本質のありのままが平等で不二であることをさとる智。 無知とはすべて因縁いんねんによって生じたものは実体がなくくうであるから、 対象的に知るということもないとの意。
相好荘厳… 仏のすがたも実体的にあるのではなく、 それがそのまま色も形もない絶対の真理そのものにかなっていること。
非にあらざれば…待つことなきなり ¬論註¼ の原文は 「非を非するは、 あに非を非するのよく是ならんや。 けだし非をみする、 これを是といふ。 みづから是にしてたいすることなきも、 また是にあらず」 とも読める。
百非 固執した見解をうちやぶるために、 論理的に否定をどこまでも重ねていくこと。
諸法は…成ず 通常は 「諸法は心をもって成ず。 余の境界なし」 と読む。
潅頂王子 転輪てんりんのうの王子。 王子はやがて潅頂の式 (頭に水を濯ぎかける即位の儀式) を受けて、 転輪王の位に昇ることに定まっているから、 この称がある。
七宝のために属せらる 通常は 「七宝の属するところとなる」 と読む。 →七宝しっぽう
かくのごときの菩薩 ¬論註¼ の当分では、 願生行者のことであるが、 親鸞聖人はげんそう (従果還因の相状) の菩薩のこととし、 その根源に法蔵ほうぞう菩薩の修行成就があることを示唆する。
不二の心 観ぜられる対象 (境) の徳すなわち実相じっそう (絶対の真理) と、 観ずる心とが境智不二となった心をいう。
巧方便回向 巧みな手だてをもってしゅじょうを救済すること。 →方便ほうべん
礼拝等の五種の修行 念門ねんもんのこと。
作願して…生ぜしむ 通常は 「一切衆生を摂取して、 ともに同じくかの安楽仏国に生ぜんと作願するなり」 と読む。
向かへしめたまふなり 通常は 「向かふなり」 と読む。
火 木の火ばし。
回向…知れば 通常は 「回向を知りて成就すれば」 と読む。
無安衆生心 衆生を安らかにすることのない心。
憐愍したまふ心なり 通常は 「憐愍する心なり」 と読む。
正直 かたよりなく平等なこと。
おのれを外にする 自己を捨てて、 相手の立場にたつこと。
三種の…ゆゑに 通常は 「三種の菩提門に随順する法の満足を得るがゆゑなり」 と読む。
無染清浄心 煩悩ぼんのうのけがれを離れた清浄心。
畢竟常楽 究極的な常住じょうじゅう安楽の境地。
衆機に省く・機に省く 衆機はすべてのしゅじょう、 省くは分かち与えるの意。 通常は 「衆機を省みる」 「機を省みる」 と読む。 省みるは省察する、 知るの意。
法則 「法すなわち」 とも読む。
五黒 あくのこと。
三種は…遠離せずと 通常は 「三種の不遠離は、 菩提を障ふる心なり」 と読む。
外楽 色声香味触の外境によって起る楽。
内楽 内なる意識によって起る楽。
初禅二禅… 色界の四禅天のうちはじめの三には楽があるが、 第四禅天になると不苦不楽であるという。 →ぜん
意識 六識ろくしきの一。
法楽楽 無漏むろ (煩悩ぼんのうのない状態) の智慧ちえより生ずる楽で、 法音 (説法等のおんじょう) を聞く楽しみである。
生ぜしめたまへり 通常は 「生ず」 と読む。
成就したまへり 通常は 「成就す」 と読む。 いかに出る場合も同じ。
生ぜしめて 通常は 「生ずれば」 と読む。
出没自在 しゅじょうを救うために、 自由自在に十方世界へあらわれることができるということ。 また自利利他が自在であるということ。
入出 入とは浄土に入ること。 出とは衆生を救うために他方世界に出ること。 入は自利、 出は利他にあたる。
示現せしむ 通常は 「示現す」 と読む。
大会衆 浄土で阿弥陀仏が説法するときの集会 (広大会) に参列し聞法するだいしゅ
自娯楽の地 しゅじょうの教化をみずからの楽しみとする地位。
生ぜしめんがためにする 通常は 「生ぜんとなすを」 と読む。
得しむ 通常は 「」 と読む。
称せしめ 通常は 「称し」 と読む。
光明智相 光明の本質はであり、 智慧のすがたは光明であることをいったもの。 智慧を本質とする光明が、 十方を照らして衆生の迷いを除く。
観仏国土清浄味 ほっしょうにかなった浄土の清浄な徳 (清浄功徳) を観ずる法味。
摂受衆生大乗味 しゅじょうをおさめ取って大乗のさとりを得させる徳 (大義門功徳) を観ずる法味。
畢竟住持不虚作味 浄土に生れた者が仏のもうならざる力用りきゆうによって安らかに保持されている徳 (不虚作住持功徳) を観ずる法味。
類事起行願取仏土味 諸仏をようし、 衆生を教化し、 無仏の世界に三宝さんぽうをひろめる菩薩の徳 (菩薩四種功徳) を観ずる法味。
普門示現 ¬法華ほけきょう¼ 「かんおんさつもんぼん」 の教説。 観世音菩薩が三十三身をあらわして、 衆生の諸難を救い、 諸願を満たすことをいう。
度無所度 大菩薩は、 衆生が本来くうであることをさとるから、 さいしても済度しているというとらわれの思いが全くないということ。
所有なし 通常は 「しょなし」 と読む。
阿修羅の琴 しゅのもっている琴。 その福徳ふくとくによって、 聞こうと思えば弾かなくてもねんに意にしたがってたえなる音を出すといわれる。
大聖の真言 上に引かれた ¬大経¼ 「如来会」 の教説を指す。
往還の回向 →往相おうそうこう還相げんそうこう
 Ⓐ「十一必至滅度願」と右傍註記
 Ⓐ「難思議往生成就」と右傍註記
 Ⓑに無し
 Ⓐ「難思議往生成就」と右傍にあり
 Ⓐ「難思議往生成就」と右傍にあり
 Ⓐ「難思議往生成就」と右傍にあり
愁歎 ◎Ⓑ或本生死字也と上欄註記→Ⓐ歎愁生死→Ⓓ生死愁
 Ⓑ」と左傍註記
 Ⓐ「難思議往生成就」と左傍にあり
 Ⓐ「廿二一生補処之願還相廻向之願」と右傍註記
→Ⓐ
 ◎と上書訂記
上首 Ⓑに無し
 Ⓑエウと上欄註記 Ⓒイウと上欄註記
四行 Ⓑ「如大経説」と左傍に貼紙
→Ⓒ
言日不動 Ⓑ「日イマダタラザレドモアキラカナルヲモテフドウトイフイ本」と左傍註記
→Ⓒ
 Ⓒと下欄に貼紙
 Ⓒと上欄に貼紙
 ◎に無し
→Ⓓ Ⓒ「玉ニイハク他念切木杖ナリ広ニイハク火杖ナリ」と上欄註記
8字 ◎上欄註記 ⒶⒷⒸⒹに無し
→Ⓓ Ⓒ「玉ニイハク雉戟反投也棄也広イハク投也掻也振也」と下欄註記
ⒶⒷⒸⒹ
 Ⓑと上欄註記
鹿 ◎一字抹消し鹿と上欄註記