てんぎょうぎょうどうがんおうじょうじょうほうさん かんじょう

*沙門しゃもん*善導ぜんどうしゅう

前行法分
  請護会衆

【1】 ^*天王てんのう*じょうす。 ただちに*どうじょうのなかにりたまへ。

奉↢請四天王タマヘ↢道場

^*師子ししおうじょうす。 師子ししまたひがたし。

奉↢請師子王師子亦難↠逢

^もう奮迅ふんじんするに、 しゅ*退散たいさんしてる。

奮↢迅ルニ毛衣衆魔退散

^こうべして*ほっしょうず。 ただちに*はんみやこらん。

↠頭↢法師↡直↢涅槃

法事大綱
    標章

【2】 ^じょしていはく、

 序

一 Ⅱ 正叙
      明所化流転
        総明衆生流転

 ^ひそかにおもんみれば、 *しゃ広大こうだいにして*たくへんなり。 *六道ろくどうにあまねくして*じゅうこんようなり。 *しょうもうもくにしてしょういまだせず。 *引導いんどうほうなれども、 ともに死地しじくだく。 *じゅんかんらいして逝水せいすい長流ちょうりゅうひとし。 *たくみょう投神とうじんして、 たれかこれをよくすくはん。 これすなはち*識含しきがんさいにして、 *じんこうさらにえたり。 自爾じに悠々ゆうゆうとして*しょうえんふこと、 これいづれのぞ。

レバ、娑婆広ニシテ火宅無辺ナリ。六道重昏永夜ナリ。生盲無目ニシテ慧照未。引導無方ナレドモ、倶↢死地↡。循還来去↢逝水長流↡。託命投神、誰。斯乃識含無際ニシテ、窮塵之劫更タリ。自爾悠悠トシテコト↢勝縁↡、之何

一 Ⅱ ⅱ a 別示自身障重

 ^かみ*海徳かいとく初際しょさい如来にょらいよりすなはちこん*しゃいた諸仏しょぶつ、 みな*ぜいじょうじて悲智ひちそうぎょうし、 *がんじょうてずして*三輪さんりんあまねくしたまふ。 しかるにわれ*みょうさわりおもくして、 ぶつでたまへどもはず。 たとひ*どうしょうすれどもまた覆器ふきのごとし。 *神光じんこうひとしくらして*しょう*えらばず。 およびてへんなく、 みな*法潤ほうにんす。 法水ほうすいしずむといへども、 じょうごうかたくななるによりて*じゅうあひより、 どくときのぞみてまたおこる。

上従↢海徳初際如来↡乃↢今時釈迦↡諸仏、皆乗↢弘誓↡悲智双行、不シテ↠捨↢含情↡三輪普タマフ。然我無明障重クシテ、仏出タマヘドモ不↠逢。設使同生レドモ↢覆器↡。神光等不↠簡↢四生↡。慈及↠偏、皆資↢法潤↡。雖↠沈ムト↢法水↡、長劫↠頑ナルニ苦集相、毒火臨↠時

一 Ⅱ ⅱ 明能化悲済
        略明一代摂化

 ^あおぎておもんみれば、 *だいおんおもくしてひとしく*身田しんでんうるおし、 智慧ちえみょうして*どうぞうじょうす。 *慈悲じひ*方便ほうべんをもつて*きょうよろしきにしたがひ、

レバ大悲恩重クシテ↢身田↡、智慧冥道芽増長。慈悲方便ヲモテ教随↠宜キニ

一 Ⅱ ⅱ b 正顕今経宗趣
          (一)略明勧帰

^すすめて*弥陀みだねんぜしめ、 *じょうせしめたまふ。

シメ↢弥陀↡、帰シメタマフ↢乎浄土↡。

一 Ⅱ ⅱ b ロ (二)広明可欣妙境

^はすなはち衆珍しゅちん雑間ぞうけんして、 光色こうしききおかがやき、 *徳水とくすいみ、 はな*玲瓏れいろうとしてかげとおる。 *宝楼ほうろう重接じゅうしょうしてひとしく神光じんこうかがやかし、 林樹りんじゅ*ようれて風塵ふうじんきょくあり。 だい*厳瑩ごんようして種々しゅじゅ*希奇けきなり。 *しょうじゅおなじくして、 あきらかなること*千日せんにちえたり。 はすなはちこんいろ*相好そうごう儼然ごんねんたり。 しん往来おうらいくうじょうじて*無礙むげなり。 もし*ほうろんずれば、 すなはち*十方じっぽうちょうぜつす。 じょうくうひとしくしてみなことなることなし。 *ほう*ぼんしょうがんじょうじて往来おうらいす。 かしこにいたりぬれば、 ことなることなく*斉同さいどう退たいなり。

衆珍雑間、光色競、徳水澄、華玲瓏トシテ影徹。宝楼重接カシ↢神光↡、林樹垂↠瓔風塵雅曲アリ。華台厳瑩種種希奇ナリ。聖衆同、明ナルコトタリ↢千日↡。身紫金之色、相好儼然タリ。進止往来、乗↠空無礙ナリ。若レバ↢依報↡、則超↢絶十方↡。地上・虚空等クシテ皆無↠異コト。他方凡聖、乗↠願往来。到ヌレバ↠彼、無↠殊コト斉同不退ナリ

一 Ⅱ ⅱ b ロ (三)正明勧修生因

 ^ただおもんみれば、 如来にょらい*ぜんぎょうそうじてしょうすすめ、 このしゃてて*極楽ごくらくしょうずることをねがはしめ、 もつぱら*みょうごうしょうし、 ねて ¬*弥陀みだきょう¼ をじゅせしめたまふ。 かの ˆじょうのˇ *しょうごんり、 この ˆしゃのˇ 苦事くじいとひて、 *三因さんいんねん*ひつみょうとなし、 *しょうじょ*しゅすなはち*せつひまなく、 このごうしてあまねく*含霊がんれいそなへて、 寿いのちくればだいじょうじてひとしくかのくにのぞましめんとほっすればなり。

但以レバ如来善巧総↢四生↡、棄テテ↢此娑婆↡忻シメ↠生コトヲ↢極楽↡、専↢名号↡、兼シメタマフ↦¬弥陀経¼↡。欲レバナリ↠令メムト↧識↢彼荘厳↡、厭↢斯苦事↡、三因・五念畢命↠期、正助・四修則刹那ヒマ、廻↢斯功業↡普↢含霊↡、寿尽レバ↠台↦彼↥。

一 Ⅱ 因示作法

【3】 ^おほよそのためにせんとほっし、 のためにせんとほっしてどうじょうりゅうせば、 づすべからく堂舎どうしゃ*厳飾ごんじきして尊像そんぞう*ばんあんしをはりて、 衆等しゅとうしょうふことなく、 ことごとく洗浴せんよくしてじょうじゃくし、 どうじょうりてほうかしむべし。 もし*召請しょうしょうせんとほっするひとおよび*さんのものはことごとくりゅうし、 *大衆だいしゅせしめて、 一人いちにんをして*しょうこう*さんもちゐ、 *しゅうそう一遍いっぺんせしめをはりて、 しかしてのち*ほうによりてしょうをなして召請しょうしょうしていへ。

↠為ニセムト↠自、欲↠為ニセムト↠他セバ↢道場↡者、先↧厳↢飾堂舎↡安↢置尊像幡華↡竟、衆等無↠問コト↢多少↡、尽↦洗浴↢浄衣↡、入↢道場↡聴↞法。若↢召請ムト↡人及和讃、大衆↠坐、使↧一人ヲシテ↢焼香散華↡、周帀一徧↥竟、然後依↠法↠声召請

略請三宝
    先勧厭欣

【4】 ^*般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

大衆だいしゅしんおなじくして*三界さんがいいとへ りょうらく

大衆同クシテ↠心↢三界無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

*さんながえてねがはくはすらなからん りょうらく

三塗永クハラム↠名スラ無量楽

^三界さんがいたくにして居止こししがたし がんおうじょう

三界火宅ニシテ↢居止願往生

ぶつ願力がんりきじょうじて西方さいほうかん りょうらく

↢仏願力↡往↢西方無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

*おんほうずることをねんじてつねにちょうだいせよ りょうらく

↠報コトヲ↢慈恩↡常頂戴無量楽

一 Ⅲ 正請三仏主伴
      弥陀

【5】 ^大衆だいしゅはなして*ぎょうしてりゅうし がんおうじょう

大衆持↠華恭敬願往生

弥陀みだしょうじたてまつるどうじょうりたまへ りょうらく

マツル↢弥陀↡入タマヘ↢道場無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

*がんせずときおうじてむかへたまへ りょうらく

不↠違↢弘願↡応↠時タマヘ無量楽

^*観音かんのん*せい*塵沙じんじゃしゅう がんおうじょう

観音・勢至・塵沙願往生

ぶつ (*阿弥陀仏)したがはなじょうじてきたりて*りたまへ りょうらく

↠仏↠華タマヘ↠会無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

観音かんのんりて*だいらしめたまへ りょうらく

観音接↠手シメタマヘ↢華台無量楽

一 Ⅲ ⅱ 釈迦

^*しょうしょうごんしゃぶつ がんおうじょう

無勝荘厳釈迦仏願往生

わが*しんけてどうじょうりたまへ りょうらく

↢我微心↡入タマヘ↢道場無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

くだきてもしゃおん*慚謝ざんしゃせん りょうらく

テモ↠身慚↢謝釈迦無量楽

^*かのくにしょうごん大海だいかいしゅ がんおうじょう

荘厳大海衆願往生

ぶつ (釈尊)したがはなじょうじてきたりてりたまへ りょうらく

↠仏↠華タマヘ↠会無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

ぶつ*じんたすけてしゅじょうす りょうらく

↢仏神化↡度↢衆生無量楽

一 Ⅲ ⅱ 十方

^十方じっぽう恒沙ごうじゃぶつ*したべて がんおうじょう

十方恒沙仏舒↠舌願往生

われ*ぼん*安楽あんらくしょうずることをしょうしたまふ りょうらく

タマフ↣我凡夫コトヲ↢安楽無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

しん*もつだいしんなり りょうらく

悲心利物大悲心ナリ無量楽

^*ざん恒沙ごうじゃだいしん がんおうじょう

慚愧恒沙大悲心願往生

わがしんけてどうじょうりたまへ りょうらく

↢我微心↡入タマヘ↢道場無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

専心せんしんじょう仏前ぶつぜんす りょうらく

専心浄土仏前無量楽

^一々いちいち如来にょらい大海だいかいしゅ がんおうじょう

一一如来大海衆願往生

ぶつしたがはなじょうじてきたりてりたまへ りょうらく

↠仏↠華タマヘ↠会無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

ことごとくこれ*おうじょう*ぞうじょうえんなり りょうらく

是往生増上縁ナリ無量楽

一 Ⅲ 別請二十五菩薩

^ぶつ*じゅうさつをして がんおうじょう

仏使タマフ↢二十五菩薩ヲシテ願往生

一切いっさいとききたりてつねに*ねんせしめたまふ りょうらく

一切護念無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

ひつみょうしてただちにはんみやこらん りょうらく

畢命↢涅槃無量楽

^ぶつおそれたまふしゅじょう*四魔しまさわりありて がんおうじょう

仏恐タマフ衆生四魔アリテ願往生

いまだ極楽ごくらくいたらずしてさんすることを りょうらく

シテ↠至↢極楽↡堕コトヲ↢三塗無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

*直心じきしんをもつてじつぎょうずればぶつ迎来こうらいしたまふ りょうらく

直心ヲモテレバ仏迎来タマフ無量楽

^われいま*衆等しゅとうふか慚謝ざんしゃす がんおうじょう

我今衆等深慚謝願往生

わがしんけてきたりてりたまへ りょうらく

↢我微心↡来タマヘ↠会無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

心々しんしんせんちゅうしてしゃでん りょうらく

心心専注↢娑婆無量楽

一 Ⅲ 明受請降坐相
      正明

【6】 ^*本国ほんごく弥陀みだもろもろの*しょうじゅ がんおうじょう

本国弥陀諸聖衆願往生

びょうどうにともにきたりてどうじょうしたまへ りょうらく

平等タマヘ↢道場無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

どうじょうしょうじゅじつひがたし りょうらく

道場聖衆実↠逢無量楽

^衆等しゅとう*弥陀みだ*ちょうらいして がんおうじょう

衆等頂↢礼弥陀会願往生

あまねくこうさんじておなじく*ようしたてまつらん りょうらく

↢香華↡同供養マツラム無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

弥陀みだひかりおうじょうにんせっす りょうらく

弥陀光摂↢往生人無量楽

一 Ⅲ ⅳ 対仏発願

【7】 ^ぶつ弥陀みだはんたいして がんおうじょう

↢仏弥陀涅槃会願往生

おのおの*誓願せいがんおこしてだいしょうず りょうらく

↢誓願↡請↢華台無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

極楽ごくらくしょうごんもんことごとくひらけたり りょうらく

極楽荘厳門尽ケタリ無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

専心せんしん*念仏ねんぶつすればだいす りょうらく

専心念仏レバ↢華台無量楽

^般舟はんじゅ三昧ざんまいらく がんおうじょう

般舟三昧楽願往生

はなじょうじてただちにることうたがふべからず りょうらく

↠華コト不↠須↠疑無量楽

一 Ⅲ 請高座転経

【8】 ^衆等しゅとうしんひとしくして*こうしょうず おうじょうらく

衆等斉クシテ↠心↢高座往生楽

*慇懃おんごん*ようして*そんぎょうけ おうじょうらく

慇懃智影↢尊経往生楽

*なん思議じぎ おうじょうらく *双樹林そうじゅりん おうじょうらく *なん おうじょうらく

難思議 往生楽  双樹林下 往生楽  難思 往生楽

^どうじょうときひがたくひがたし おうじょうらく

道場時逢↠遇往生楽

*じょう迅速じんそくにしていのちとどまりがたし おうじょうらく

無常迅速ニシテ命難↠停往生楽

なん思議じぎ おうじょうらく 双樹林そうじゅりん おうじょうらく なん おうじょうらく

難思議 往生楽  双樹林下 往生楽  難思 往生楽

^眼前げんぜん*業道ごうどう人々にんにんる おうじょうらく

眼前業道人人見往生楽

みな*三毒さんどくによりて*因縁いんねんをなす おうじょうらく

皆由↢三毒↡作↢因縁往生楽

なん思議じぎ おうじょうらく 双樹林そうじゅりん おうじょうらく なん おうじょうらく

難思議 往生楽  双樹林下 往生楽  難思 往生楽

^人身にんじんたりといへどもつねに闇鈍あんどんにして おうじょうらく

↠得タリト↢人身↡常闇鈍ニシテ往生楽

*貪瞋とんじん*邪見じゃけん*うたたせんにしてせんなり おうじょうらく

貪瞋・邪見転ニシテナリ往生楽

なん思議じぎ おうじょうらく 双樹林そうじゅりん おうじょうらく なん おうじょうらく

難思議 往生楽  双樹林下 往生楽  難思 往生楽

^にち惛々こんこんとして*しょうせず おうじょうらく

日夜惛惛トシテ不↢惺悟往生楽

かえりてこれさん*ろうするいんなり おうじょうらく

是流↢浪三塗↡因ナリ往生楽

なん思議じぎ おうじょうらく 双樹林そうじゅりん おうじょうらく なん おうじょうらく

難思議 往生楽  双樹林下 往生楽  難思 往生楽

^たちまちに*じょうごう*りんしなば おうじょうらく

忽爾タチマチ輪↢廻ナバ長劫往生楽

弥陀みだじょういづれのときにかかん おうじょうらく

弥陀浄土何ニカ往生楽

なん思議じぎ おうじょうらく 双樹林そうじゅりん おうじょうらく なん おうじょうらく

難思議 往生楽  双樹林下 往生楽  難思 往生楽

^大衆だいしゅしんおなじくしてこうしょうず おうじょうらく

大衆同クシテ↠心↢高座往生楽

*ぐんじょうせんがために*法輪ほうりんてんぜよ おうじょうらく

↠度ムガ↢群生↡転↢法輪往生楽

なん思議じぎ おうじょうらく 双樹林そうじゅりん おうじょうらく なん おうじょうらく

難思議 往生楽  双樹林下 往生楽  難思 往生楽

^衆等しゅとうしんかたむけてほうくことをねがひて おうじょうらく

衆等傾↠心↠聞コトヲ↠法往生楽

こうりてつねにようしたてまつらん おうじょうらく

↢香華↡常供養マツラム往生楽

なん思議じぎ おうじょうらく 双樹林そうじゅりん おうじょうらく なん おうじょうらく

難思議 往生楽  双樹林下 往生楽  難思 往生楽

広請三宝
    三敬礼

【9】 ^どうじょう*大衆だいしゅあひともにしんいたして*きょうらいし、

道場大衆裏、相シテ↠心敬礼

*常住じょうじゅう*ぶつ*南無なもしたてまつる。

南↢無マツル常住↡。

^どうじょう大衆だいしゅあひともにしんいたしてきょうらいし、

道場大衆裏、相シテ↠心敬礼

常住じょうじゅう*ほう南無なもしたてまつる。

南↢無マツル常住↡。

^どうじょう大衆だいしゅあひともにしんいたしてきょうらいし、

道場大衆裏、相シテ↠心敬礼

常住じょうじゅう*そう南無なもしたてまつる。

南↢無マツル常住↡。

一 Ⅳ 正請三宝
      請仏宝
        高座敬白
          (一)勧至誠帰依

【10】^うやまひてまうす。 どうじょう衆等しゅとうおのおのしんおさめて*だんがっしょうこうべたたきて、 *ほんしゃぶつげんらいのもろもろの*そん*みょうらいしたてまつる。

。道場衆等各各斂↠心弾指合掌、叩↠頭、帰↢命マツル↣本師釈迦仏、過・現・未来世尊↡。

一 Ⅳ ⅱ a イ (二)明応帰所以
            (Ⅰ)略嘆

^ぶつ*帰依きえしたてまつる所以ゆえんは、 ぶつはこれしゅじょうだい慈悲じひちち、 またこれ*しゅっぞうじょうりょうえんなればなり。 その恩徳おんどくをはかりみれば、 *塵劫じんごうぎてこれをぶともつくしがたし。

所↣以帰↢依マツル↡者、仏是衆生大慈悲父、亦是出世増上良縁ナレバナリ。計レバ↢其恩徳↡、過↢於塵劫↡述トモ↠之↠尽

一 Ⅳ ⅱ a イ (二)(Ⅱ)広嘆
              (ⅰ)通嘆因行果徳恩
                (a)因行

^¬*げんきょう¼ (意) にのたまはく、 「一々いちいち諸仏しょぶつしょほっよりおわ*だいいたるまで、 専心せんしんほうもとめて、 身財しんざいかえりみず、 *悲智ひちそうぎょうして、 かつて退念たいねんなし」 と。

¬賢愚経¼言、「一一諸仏従↢初発意↡終マデ↢菩提↡、専心↠法、不↠顧↢身財↡、悲智双行、曽シト↢退念↡。」

^あるいは*ひとこころみるにひてにくぶんちょうゆるし、 あるいは*みづからきて鴿はといのちべ、 あるいは*せんててもつてほうもとむ。

ユル↧逢↢人ルニ↡皮肉分張↥、或↠身而延↢鴿↡、或テテ↢千頭↡以

^あるいは*せんくぎちて四句しくもとめ、 あるいは*身血しんけつしてもつて*しゃすくひ、 あるいは*さいててもつて*せつつ。

↢千↡而求↢四句↡、或↢身血↡以↢夜叉↡、或テテ↢妻子↡以↢羅刹↡。

^あるいは*慈悲じひ方便ほうべんもうけて、 して禽魚きんぎょとなりてもつて*そうしょうすくひてそのなんまぬかれしむ。

↢慈悲方便↡、化↢禽魚↡用↢蒼生↡免シム↢其飢難↡。

^あるいは*金毛こんもう獅子ししとなりてもつてりょうすすめ、 あるいは*びゃくぞうとなりてきばき、 だいもとめんがために ˆりょうにˇ 奉施ぶせす。

↢金毛師子↡以スス↢猟師↡、或↢白象↡抽↠牙、為↠求ムガ↢菩提↡而奉施

^あるいは*おんることなほしゃくのごとく、 あるいは*どうることたとへばしんのごとし。 彼我ひがことなることなし。 しょうぼんなんぞことならん。

コト↢怨家ナホ↢赤子↡、或コト↢外道タトヘ↢親児↡。彼我無↠殊コト。聖凡何ナラム

一 Ⅳ ⅱ a イ (二)(Ⅱ)(ⅰ)(b)果徳

^*さん*ぎょうみな*無漏むろ相応そうおうす。 *地々じじこうおさめて、 はじめてまどかなることをるをぶつなづく。 はすなはち*えんこん光色こうしき千日せんにちきおかがやくにたとふ。 相好そうごうぶんみょうなり。 たとへばしゅしょうよるほがらかなるがごとし。 *跏趺かふしょうして*はいそうえんみょうなり。

三祇起行皆与↢無漏↡相応。地地↠功、始ルヲ↢果円カナルコトヲナヅ↠仏。身閻浮金光色、喩↢千日クニ↡。相好分明ナリ。譬↢衆星夜朗カナルガ↡。跏趺正坐不背之相円明ナリ

^*法界ほうかいおなじくして、 おのおの如来にょらい面相めんそうたてまつる。 身心しんしんたんじゃくにして、 *ゆう時機じきしっせず。 るいしたがひて変通へんずうすれども、 *報体ほうたいすなはちもとよりどうなり。 ただおもんみれば如来にょらいとくこれをたんずるにつくしがたし。

法界同、各マツル↢如来面相↡。身心湛寂ニシテ、化用不↠失↢時機↡。随↠類変通レドモ、報体則元来モトヨリ不動ナリ。但以レバ如来智徳嘆ルニ↠之↠尽

一 Ⅳ ⅱ a イ (二)(Ⅱ)(ⅰ)(c)勧知恩慚謝

^どうじょう衆等しゅとうおのおの慚謝ざんしゃしんしょうずべし。 よく諸仏しょぶつのわがために捨身しゃしんせしめたまふこと、 塵劫じんごうよりもぎたり。 かなしきかな、 そんよくなんをなして、 じょうごう勤々ごんごんとしてろうつうしのびたまふ。 また*しょうのためにぎょうすといへども、 しょうおんもとめず、 ひとしく*塵労じんろうだいして*がんすることを望欲もうよくしたまふ。

道場衆等各ベシ↢慚謝之心↡。能使タマフコト↢諸仏↠我捨身↡、過タリ↢於塵劫ヨリモ↡。哀哉、世尊能↢難事↡、長劫勤勤トシテタマフ↢疲労之苦痛↡。雖↢復為↠生苦行スト↡、不↠覓↢小恩↡、望↧欲タマフ↢塵労↡会↢菩提↡而帰コトヲ↦彼岸↥。

一 Ⅳ ⅱ a イ (二)(Ⅱ)(ⅰ)(d)勧報恩奉請

^衆等しゅとうしんひとしくしていまの*しゅ某甲それがしのために、 十方じっぽう諸仏しょぶつ一切いっさいそんじょうす。

衆等斉クシテ↠心↢今施主某甲ソレガシ↡、奉↢請十方諸仏一切世尊↡。

一 Ⅳ ⅱ a イ (二)(Ⅱ)(ⅱ)別嘆指授西方恩
                (a)明指授元由
                  (イ)仏境甚深

【11】^弟子でしとううやうやしく諸仏しょぶつきょうがいたずぬるに、 ただぶつのみよくこくしょうりたまへり。 ぼんはかるところにあらず。 *三身さんしんゆうみなじょうりゅうして、 もつてぐんじょうみちびきたまふ。 法体ほったいことなることなければ、 *しきこれにしてさとり

弟子等敬ヌルニ↢諸仏境界↡、唯仏ノミタマヘリ↢国土精華↡。非↢凡↟測。三身化用皆立シテ↢浄土↡、以タマフ↢群生↡。法体無レバ↠殊コト、有識帰↠之得↠悟

一 Ⅳ ⅱ a イ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(a)(ロ)摂生悲懐

^ただぼん乱想らんそうたくするによしなきがためのゆゑに、 しゃ諸仏しょぶつ慈悲じひてずして、 ただちに西方さいほうじゅう万億まんおくせつさしむ。

但為↢凡夫乱想寄託ルニキガ↟由故、使↧釈迦・諸仏不シテ↠捨↢慈悲↡、直↦西方十万億刹↥。

一 Ⅳ ⅱ a イ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(a)(ハ)極楽勝徳

^くに極楽ごくらくづけ、 ぶつ弥陀みだなづく。 げんましまして説法せっぽうしたまふ。 そのくに清浄しょうじょうにして*とく*しょうごんせり。 なが*げんち、 ひとしくしてのうなし。 人天にんでん善悪ぜんあくみなおうじょう。 かしこにいたりぬれば、 ことなることなく*斉同さいどう退たいなり。

↢極楽↡、仏↢弥陀↡。現シテタマフ。其国清浄ニシテ↢四徳荘厳↡。永↢譏嫌↡、等クシテ↢憂悩↡。人天善悪皆得↢往生↡。到ヌレバ↠彼、無↠殊コト斉同不退ナリ

一 Ⅳ ⅱ a イ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(b)明三経説相
                  (イ)徴起
                  (ロ)正明
                    [一]大経

^なんのこころかしかるとならば、 すなはち*弥陀みだいんに、 *にょうおうぶつみもとにしてくらいををてて*いえで、 すなはち*悲智ひちしんこう*じゅうはちがんおこしたまふ。 ぶつ願力がんりきをもつて*ぎゃく*じゅうあくつみめっしてしょうずることを*謗法ほうぼう*闡提せんだいしんしてみなくによる。

ルトナラバ者、乃↧弥陀因地、世饒王仏ニシテテテ↠位↠家、即タマフ↢悲智之心広弘四十八願↢仏願力↡五逆之与↢十悪↡罪滅得↠生コトヲ、謗法闡提廻心皆往クニ↥。

一 Ⅳ ⅱ a イ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(ロ)[二]観経

^また*だいしょういたしてしゃつることをちかひ、 念々ねんねんわするることなくけつじょうして極楽ごくらくしょうずることをもとめ、 如来にょらい (釈尊) そのしょうによるがゆゑに、 すなはち*じょうさんりょうもん*三福さんぷく*しょうきて、 ひろ*もんやくをなすによる。

復因↧韋提致↠請↠捨コトヲ↢娑婆↡、念念ワスルコト決定↠生コトヲ↢極楽↡、如来因ルガ↢其↡故、即↢定散両門、三福九章↡、広スニ↦未聞之益↥。

一 Ⅳ ⅱ a イ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(ロ)[三]小経

^十方じっぽう恒沙ごうじゃ諸仏しょぶつともにしゃさんじてしたべてあまねく*三千さんぜんおおひておうじょうることのあやまりにあらざることをしょうしたまふ。

十方恒沙諸仏共↢釈迦↡舒↠舌↢三千↡証タマフ↧得コトノ↢往生↡非コトヲ↞謬リニ

一 Ⅳ ⅱ a イ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(c)願受請証明

^かくのごとき諸仏しょぶつそん慈悲じひををてずしていまのしゅ某甲それがしおよびしゅじょうしょうけて、 このどうじょうりてどく証明しょうみょうしたまへ。

↠是諸仏世尊、不シテ↠捨↢慈悲↡受↢今施主某甲ソレガシ衆生↡、入↢此道場↡証↢明タマヘ功徳↡。

一 Ⅳ ⅱ a イ (三)結勧

^じょうしをはりぬ。 いますすむ、 しゅじょうとうおのおのしんおさめて帰依きえがっしょうしたてまつれ。

奉請。今勧、衆生等各各斂↠心帰依合掌マツレ

一 Ⅳ ⅱ a 下座讃請

【12】^下座げざこうぎてさんじていへ。

 下座接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。 *衆等しゅとうことごとくほんしゃぶつ十方じっぽうかいのもろもろの如来にょらいみょうしたてまつる。

クハ往生、願クハ往生。衆等咸帰↢命マツル本師釈迦仏・十方世界如来↡。

^ねがはくはしゅしゅじょうしょうけて 慈悲じひををてずしてどうじょうりて

クハ↢施主衆生シテ↠捨↢慈悲↡入↢道場

^どく証明しょうみょう諸罪しょざいめっしたまへ しんめぐらしねんいつにして弥陀みだたてまつらん

証↢明功徳↡滅タマヘ↢諸罪↠心ニシテ↠念マツラム↢弥陀

^衆等しゅとう身心しんしんみな*やくして こうりてつねにようしたてまつれ

衆等身心皆踊躍↢香華↡常供養マツレ

 ^*こうぎてさんじていへ。

 高接↠下

一 Ⅳ ⅱ 請法僧等
        敬白
          (一)至誠帰依

【13】^こうぎて請召しょうしょうしていへ。

 高接↠下請召

 ^かさねてまうす。 どうじょう大衆だいしゅとうおのおのしんおさめてだんがっしょうし、 *こうべたたきて一心いっしんみょうし、

。道場大衆等各各斂↠心弾指合掌、叩↠頭一心帰命

一 Ⅳ ⅱ b イ (二)列請
            (Ⅰ)法宝

^いまのしゅおよびしゅじょうのために、 つぎにまさに十方じっぽう法界ほうかい諸仏しょぶつ所説しょせつ*しゅ多羅たらぞう八万はちまんせんじょうし、

↢今施主衆生↡、次↧奉↢請十方法界諸仏所説修多羅蔵八万四千↡、

一 Ⅳ ⅱ b イ (二)(Ⅱ)舎利

^また*全身ぜんしん散身さんしんしゃとうしょうじたてまつるべし。 ただねがはくはだい神光じんこうはなちて、 このどうじょうりてどく証明しょうみょうしたまへ。

又請マツル↦全身・散身舎利等↥。唯願クハ↢大神光↡、入↢此道場↡証↢明タマヘ功徳↡。

一 Ⅳ ⅱ b イ (二)(Ⅲ)小乗僧

^また十方じっぽう*しょうもん*縁覚えんがく得道とくどうしょうにんしょうじたてまつる。 ただねがはくは慈悲じひてず、 だい神通じんずうげんじて、 このどうじょうりてどく証明しょうみょうしたまへ。

又請マツル↢十方声聞・縁覚・得道聖人↡。唯願クハシテ↠捨↢慈悲↡、現↢大神通↡、入↢此道場↡証↢明タマヘ功徳↡。

一 Ⅳ ⅱ b イ (二)(Ⅳ)大乗僧
              (ⅰ)正請

^またまさにもろもろのさつしゅ*げん*文殊もんじゅ観音かんのんせいとうじょうすべし。 ただねがはくは慈悲じひををてず、 しゅじょうがんてしめて、 このどうじょうりてどく証明しょうみょうしたまへ。

又当↣奉↢請菩薩衆、普賢・文殊・観音・勢至等↡。唯願クハシテ↠捨↢慈悲↡、満シメテ↢衆生↡、入↢此道場↡証↢明タマヘ功徳↡。

一 Ⅳ ⅱ b イ (二)(Ⅳ)(ⅱ)明請所以
                (a)総嘆

^帰依きえじょうする所以ゆえんは、 このもろもろのさつ*しょほっよりすなはちだいいたるまで、 つねにびょうどうぎょうじて*しょういんへんなく、 *自利じり利他りたときとしてしばらくもむことなし。

所↢以帰依奉請↡者、此菩薩従↢初発意↡乃マデ↢菩提↡、常↢平等↡接引無↠偏、自利利他無↢時トシテコト↡。

一 Ⅳ ⅱ b イ (二)(Ⅳ)(ⅱ)(b)別嘆
                  (イ)約六度嘆
                    [一]約法施嘆利他

^つねに法音ほうおんをもつてもろもろのけんかくせしむ。 こうみょうあまねくりょうぶつらし、 一切いっさいかい*六種ろくしゅ震動しんどうす。 そうじてかいせっ殿でんうごかす。 *邪網じゃもう掴裂かくれつし、 *諸見しょけんしょうめつし、 もろもろの塵労じんろうさんじ、 もろもろの*欲塹よくぜんす。 法門ほうもん開闡かいせんして*清白しょうびゃくけんみょうし、 仏法ぶっぽうこうしてしょうせんす。

↢法音↡覚シム↢諸世間↡。光明普↢無量仏土↡、一切世界六種震動。総↢魔界↡動↢魔宮殿↡。掴↢裂邪網↡、消↢滅諸見↡、散↢諸塵労↡、壊↢諸欲塹↡。開↢闡法門↡顕↢明清白↡、光↢融仏法↡宣↢流正化↡。

一 Ⅳ ⅱ b イ (二)(Ⅳ)(ⅱ)(b)(イ)[二]就五度嘆自利

^つねにぜん*しん口意くいごうをなし、 つねに退たいしん口意くいごうぎょうじ、 つねにどうしん口意くいごうぎょうじ、 つねに讃嘆さんだんしん口意くいごうぎょうじ、 つねに清浄しょうじょうしん口意くいごうぎょうじ、 つねにのうしん口意くいごうぎょうじ、 つねに智慧ちえしん口意くいごうぎょうじ、

↢不染身口意業↡、常↢不退身口意業↡、常↢不動身口意業↡、常↢讃歎身口意業↡、常↢清浄身口意業↡、常↢離悩身口意業↡、常↢智慧身口意業↡、

一 Ⅳ ⅱ b イ (二)(Ⅳ)(ⅱ)(b)(イ)[三]結二利成就

^かくじょうじゅし、 *じょうじょうじゅしたまへばなり。

覚悟成就、定慧成就タマヘバナリ

一 Ⅳ ⅱ b イ (二)(Ⅳ)(ⅱ)(b)(ロ)重嘆二利成益

^このもろもろのさつは、 つねにもろもろの*てんりゅうはち人王にんのう梵王ぼんのうとうのためにしゅぎょうようせられたまへり。 一切いっさいしゅじょうとなり、 となり、 *みょうとなり、 そんとなり、 しょうとなり、 じょうとなりたまふ。 りょう*ぎょうがん*にょうやくするところおおし。 てんにん安穏あんのんにし一切いっさいやくす。

菩薩、常↢諸天竜八部・人王・梵王等↡守護・恭敬・供養ラレタマヘリ。一切衆生↠救、為↠帰、為、為↠尊、為↠勝、為タマフ↠上。具↢無量行願↡多↠所↢饒益↡。安↢穏ニシ天・人↡利↢益一切↡。

一 Ⅳ ⅱ b イ (二)(Ⅳ)(ⅱ)(b)(ハ)結嘆権実徳

^十方じっぽう遊歩ゆぶして*ごん方便ほうべんぎょうじ、 *仏法ぶっぽうぞうりてがんきょうす。 智慧ちえ聖明しょうみょうなること不可ふか思議しぎなり。 ぶつ*法輪ほうりんてんじ、 如来にょらい*一切いっさいしゅじょうじゅす。 一切いっさいほうにおいてことごとくざいたまへり。

遊↢歩十方↡行↢権方便↡、入↢仏法蔵↡究↢竟彼岸↡。智慧聖明ナルコト不可思議ナリ。転↢仏法輪↡、成↢就如来一切種智↡。於↢一切↡悉タマヘリ↢自在↡。

一 Ⅳ ⅱ b イ (二)(Ⅳ)(ⅱ)(c)結数

^かくのごときさつだいしょうすべからず。

↠是菩薩大士不↠可↢称計↡。

一 Ⅳ ⅱ b イ (二)(Ⅳ)(ⅲ)重請

^ただねがはくは慈悲じひををてずして、 しゅじょうしょうけて一らいして、 このどうじょうりていまのしゅ某甲それがしのためにどく証明しょうみょうしたまへ。

唯願クハシテ↠捨↢慈悲↡、受↢衆生↡一時来会、入↢此道場↡為↢今施主某甲ソレガシ↡証↢明タマヘ功徳↡。

一 Ⅳ ⅱ b イ (三)結勧

^いますすむ、 どうじょう衆等しゅとう人等にんとうしんおさめて帰依きえがっしょうしてらいしたてまつれ。

今勧、道場衆等・人等斂↠心帰依合掌マツレ

一 Ⅳ ⅱ b 讃請
          (一)法宝
            (Ⅰ)竜宮経藏

【14】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^衆等しゅとうまれ諸仏しょぶつほうく *りゅう八万はちまんせんぞう

衆等希↢諸仏竜宮八万四千蔵

^すでに神光じんこうほどこしてどうじょうりて どく証明しょうみょうしまたがんてたまへ

↢神光↡入↢道場証↢明功徳↡復満タマヘ↠願

^これによりてはなれて弥陀みだたてまつらん 法界ほうかい含霊がんれいもまたさわりのぞかん

↠茲↠苦マツラム↢弥陀法界含霊亦除↠障

^われら身心しんしんみなやくして こうりてつねにようしたてまつらん

我等身心皆踊躍↢香華↡常供養マツラム

一 Ⅳ ⅱ b ロ (一)(Ⅱ)十方仏法

【15】^こうぎてさんじていへ。

 高接↠下

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^りゅうきょうぞう恒沙ごうじゃのごとし 十方じっぽう仏法ぶっぽうまたこれにぎたり

竜宮経蔵如↢恒沙十方仏法復過タリ↠是

^われいましんひょうしてあまねくみなしょうじたてまつる だい神光じんこうはなちてどうじょうりて

我今標↠心皆請マツル↢大神光↡入↢道場

^どく証明しょうみょうしまたつみのぞきて しゅだいぞうじょうせしめたまへ

証↢明功徳↡復除↠罪増↢長シメタマヘ施主菩提

^衆等しゅとうおのおの心念しんねんひとしくし こうりてつねにようしたてまつれ

衆等各各斉クシ↢心念↢香華↡常供養マツレ

一 Ⅳ ⅱ b ロ (一)(Ⅲ)総結嘆

【16】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^今日こんにちどうじょうふことをることかたし じょう仏法ぶっぽうまたきがたし

今日道場難↠得コト↠遇コトヲ無上仏法亦難↠聞

^*ひつみょうぎょうまでに諸悪しょあくだんぜん これより念々ねんねんつみみなのぞこり

畢命形枯マデニ諸悪↠是念念罪皆除コリ

^*六根ろっこんあきらかなることを*しょうすることをて *かいじょう慈悲じひちかひてむなしからじ

六根得↠了カナルコトヲ、得↢惺悟コトヲ戒・定・慈悲誓不↠虚カラ

^*衆等しゅとう身心しんしんみなやくして こうりてつねにようしたてまつれ

衆等身心皆踊躍↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。

 高接↠下

一 Ⅳ ⅱ b ロ (二)小乗僧宝

【17】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^ひさしくしゃじゅうしてつねに*没々もつもつたり *三悪さんまくしゅことごとくみなとどまる

↢娑婆↡常没没タリ三悪四趣尽皆停マル

^こうむつのいただきてしゅく いまだかつてしょうにん聞見もんけんせず

↠毛↠角↢衆苦↣曽聞↢見聖人

^この*ろうじょうごうおもひて 誓願せいがんす、 しゃみょうして弥陀みだたてまつらんと

ヒテ↢此疲労長劫誓願、捨命マツラムト↢弥陀

^衆等しゅとう身心しんしんみなやくして こうりてつねにようしたてまつれ

衆等身心皆踊躍↢香華↡常供養マツレ

一 Ⅳ ⅱ b ロ (三)重請舎利
            (Ⅰ)重白

【18】^こうぎてさんじていへ。

 高接↠下

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^衆等しゅとうことごとくみょうして、 いましゅおよびしゅじょうのために、 すでに十方じっぽう法界ほうかいの、 *全身ぜんしんしゃ*砕体さいたい金剛こんごうしょうじたてまつる。 *もつよろしきにしたがひてかたちわかちて*ようしたまふ。 またかたちだいしょうわかれたりといへども、 *じん一種いっしゅにしてことなることなし。 だいはすなはちるいするに山岳せんがくおなじく、 しょうはすなはちするにじんのごとし。 ひつみょうまでしんじょうしんひとしくしてようしたてまつれば、 ちかくはすなはち人天にんでんほうらくじょうごうしたがひ、 とおくはすなはちじょうしょうこっす。 すなはちはんじょうらくなり。 またねがはくはどうじょう衆等しゅとうおのおのしんひとしくして、 こうりてつねにようしたてまつれ。

衆等咸帰命、今為↢施主及衆生↡、已マツル↢十方法界全身舎利、砕体金剛↡。物利随↠宜キニチテ↠形影赴タマフ。雖↣復形分タリト↢大小↡、神化一種ニシテ↠殊コト。大ルニ↢山岳↡、小ルニ芥塵↡。畢命マデ真誠クシテ↠心供養マツレバ、近クハ人天↠報富楽長劫↠身、遠クハ浄土無生剋果。則涅槃之常楽ナリ。又願クハ道場衆等各各斉クシテ↠心、手↢香華↡常供養マツレ

一 Ⅳ ⅱ b ロ (三)(Ⅱ)讃請

【19】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^*真身しんしんしゃだいしょうしたがひて 見聞けんもんかんしてようおさ

真身舎利随↢大小見聞歓喜↢供養

^みづからつく*善根ぜんごんにんふく 一切いっさいごうじゅうしてみなこう

善根、他一切合集皆廻向

^ちゅう*しょうごんしてあへて退たいせず 専心せんしんけつじょうして弥陀みだたてまつらん

昼夜精勤不↢敢退専心決定マツラム↢弥陀

^衆等しゅとう身心しんしんみなやくして こうりてつねにようしたてまつれ

衆等身心皆踊躍↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。

 高接↠下

一 Ⅳ ⅱ b ロ (四)大乗僧宝
            (Ⅰ)上首二大士

【20】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^げん文殊もんじゅ*ぜいがんあり 十方じっぽう*ぶっみなまたしかなり

普賢・文殊弘誓願アリ十方仏子皆亦然ナリ

^*一念いちねん*分身ぶんしんして六道ろくどうへんし *したがひて*化度けどして*因縁いんねんだんぜしむ

一念分身↢六道↠機化度シム↢因縁

^ねがはくはわれ生々しょうじょう親近しんごんすることをて *にょうしてほうきて*真門しんもんさと

クハ我生生↢親近コトヲ囲繞↠法↢真門

^ながみょうしょうごうきて ちかひて弥陀みだじょうにんとならん

↢無明生死ラム↢弥陀浄土

^衆等しゅとうおのおの身心しんしんひとしくして こうりてつねにようしたてまつれ

衆等各各クシテ↢身心↢香華↡常供養マツレ

一 Ⅳ ⅱ b ロ (四)(Ⅱ)十方摩訶薩

【21】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^十方じっぽうさつだい慈悲じひ *しんみょうしまずしてしゅじょうしたまふ

十方菩薩大慈悲シテ↠惜↢身命↡度タマフ↢衆生

^六道ろくどう分身ぶんしんしてるいしたがひてげんじ ためにみょうほうきて*しょうしょうせしめたまふ

六道分身↠類↢妙法↡証シメタマフ↢無生

^しょうじょうひとしたがひてる 広大こうだい*かんぴょうにして*りょうなし

無生浄土随↠人広大寛平ニシテ↢比量↡

^*しゅ威儀いぎつねにぶつたてまつる *法侶ほうりょたずさ*宝堂ほうどう

四種儀常マツル↠仏法侶携↢宝堂

^衆等しゅとう身心しんしんみなやくして こうりてつねにようしたてまつれ

衆等身心皆踊躍↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

一 Ⅳ ⅱ b ロ (四)(Ⅲ)一切賢聖衆

【22】^こうぎてさんじていへ。

 高接↠下

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^いまのしゅおよびしゅじょうのために *げんじょうじょうどうじょうりて

↢今施主及衆生奉↢請賢聖↡。入↢道場

^どく証明しょうみょうしたまへ ようしゅしたてまつらん

証↢明タマヘ功徳マツラム↢供養

^*三毒さんどく煩悩ぼんのうこれによりてめっし みょう黒闇こくあんつみみなのぞこる

三毒煩悩因↠茲無明黒闇罪皆除コル

^ねがはくはわれ生々しょうじょう諸仏しょぶつひたてまつりて 念々ねんねんどうしゅして*無余むよいたらん

クハ我生生マツリテ↢諸仏念念↠道↢無余

^このこんじょうどくごうし *当来とうらい*ひつじょうして*こんにあらん

↢此今生功徳業当来畢定↢金渠

^衆等しゅとうおのおの身心しんしんひとしくして こうりてつねにようしたてまつれ

衆等各各斉クシテ↢身心↢香華↡常供養マツレ

一 Ⅳ ⅱ b ロ (四)(Ⅳ)総結嘆

【23】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^さつしょうじゅしんべつなりといへども 慈悲じひ智慧ちえひとしくしてことなることなし

菩薩聖衆、身雖↠別ナリト慈悲・智慧等クシテ↠殊コト

^*身財しんざいしまずしてみょうほうもとめ なんぎょうぎょうしていまだかつてやすまず

シテ↠惜↢身財↡求↢妙法難行苦行↢曽

^ちかひてだいいたがんのぼりて だいこうはなちて*有流うるしたまふ

↢菩提↡登↢彼岸↢大慈光↡度タマフ↢有流

^有流うるしゅじょうとはわがこれなり ひかりじょうじてひつみょう西方さいほうらん

有流衆生トハ身是ナリ↠光畢命↢西方

^衆等しゅとう身心しんしんみなやくして こうりてつねにようしたてまつれ

衆等身心皆踊躍↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。

 高接↠下

一 Ⅳ 受請降臨

【24】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^いまのしゅのために、 みなすでに 十方じっぽう諸仏しょぶつしょうじたてまつる どうじょうりたまふ

↢今施主↡皆已マツル十方諸仏↡ 入タマフ↢道場

^*りゅう法蔵ほうぞう*しんしゃ すでに神光じんこうはなちてどうじょうりたまふ

竜宮法蔵・真舎利↢神光↡入タマフ↢道場

^*かんびゃく*つうざいなり 一念いちねんはなじょうじてどうじょうりたまふ

羅漢・辟支、通自在ナリ一念↠華タマフ↢道場

^げん文殊もんじゅしょさつ 一切いっさいともにきたりてどうじょうりたまふ

普賢・文殊・諸菩薩一切倶タマフ↢道場

^このもろもろのしょうじゅくものごとくにあつまりて じょうくうはかるべきことかた

聖衆如クニ↠雲地上・虚空難↠可キコト↠量

^のおの*れんひゃっぽうして どく証明しょうみょうこうはなちたまふ

↢蓮華百宝証↢明功徳↡放タマフ↢慈光

^かくのごときしょうじゅ逢遇ふことかたし どう*発願ほつがんして西方さいほうらん

↠此聖衆逢遇 アフ コト同時発願↢西方

^衆等しゅとうしんひとしくしてみなやくして こうりてつねにようしたてまつれ。

衆等斉クシテ↠心皆踊躍↢香華↡常供養マツレ

一 Ⅳ 別請観音

【25】^かんおんしょうじたてまつるさんにいはく、

 請マツル↢観世音↡讃

^かんおんじょうす さんらく

奉↢請観世音散華楽

慈悲じひをもつてどうじょうりたまへ さんらく

慈悲ヲモテタマヘ↢道場散華楽

^みかおおさめて*くうげんじ さんらく

ミカホ空裏散華楽

*忿ふんをもつておうぶくす さんらく

忿怒ヲモテ↢魔王散華楽

^げて*ほうふるひ さんらく

↠身↢法鼓散華楽

ゆうみょうにしてこうげんず さんらく

勇猛ニシテ↢威光散華楽

^*のなかに香色こうしきにゅうあり さんらく

香色アリ散華楽

まゆのあひだに*びゃくごうひかりあり さんらく

白毫アリ散華楽

^*宝蓋ほうがいしたがひててんじ さんらく

宝蓋随↠身散華楽

れんあゆみをひてさかゆ さんらく

蓮華逐↠歩ミヲサカ散華楽

^いけにはめぐれり*はちみず さんらく

ニハレリ八味散華楽

はな*かいじょうこうわかてり さんらく

テリ↢戒定散華楽

^ゑては*じょうじきさん さんらく

テハ↢九定散華楽

かっしては*ぜん漿しょうむ さんらく

テハ↢四禅漿散華楽

^西方さいほう七宝しっぽうじゅ さんらく

西方七宝散華楽

*しょういん宮商きゅうしょうかなふ さんらく

声韻合↢宮商散華楽

^えだのなかに実相じっそうかし さんらく

カシ↢実相散華楽

ようのほかにじょうげんず さんらく

↢無常散華楽

^ねがはくは*えんほうてて さんらく

クハテテ↢閻浮散華楽

発願ほつがんして西方さいほうらん さんらく

発願↢西方散華楽

一 Ⅳ 広請供具
      標至誠運想

【26】^こうぎてこうしょうじていへ。

 高接↠下↢香華↡云

 ^かさねてまうす。 どうじょう衆等しゅとうおのおのしんおさめてだんがっしょうし、 *こうべたたきてしんひょうおもいはこび、

。道場衆等各各斂↠心弾指合掌、叩↠心↠想

一 Ⅳ ⅴ 正列
        総列四物

^いましゅ某甲それがしのために、 十方じっぽう法界ほうかい人天にんでん*ぼんしょうすいろくくう一切いっさいこう音楽おんがくこうみょう宝蔵ほうぞう香山こうせんこう香樹こうじゅ香林こうりんこう香水こうすいじょうす。 このどうじょうりたまへ。

今為↢施主某甲ソレガシ↡、奉↢請十方法界人天、凡聖、水・陸・虚空一切香華・音楽・光明・宝蔵・香山・香衣・香樹・香林・香池・香水↡。入タマヘ↢此道場↡。

^また一切いっさい宝樹ほうじゅ宝林ほうりんほうほう宝水ほうすい*宝幢ほうどう宝蓋ほうがいほう*宝網ほうもう宝楼ほうろう宝閣ほうかくしょうじたてまつる。 このどうじょうりたまへ。

又請マツル↢一切宝樹・宝林・宝衣・宝池・宝水・宝幢・宝蓋・宝華・宝網・宝楼・宝閣↡。入タマヘ↢此道場↡。

^また一切いっさいりんじゅどうがいろうかく華宮けく殿でん華衣けえしょうじたてまつる。 このどうじょうりたまへ。

又請マツル↢一切華林・華樹・華幢・華蓋・華楼・華閣・華宮・華殿・華衣↡。入タマヘ↢此道場↡。

一 Ⅳ ⅴ b 別明四物雲

^また一切いっさい光雲こううんじゅ光雲こううんりん光雲こううんもう光雲こううん光雲こううんがい光雲こううんどう光雲こううんだい光雲こううんろう光雲こううんかく光雲こううんがく光雲こううんこう光雲こううん光雲こううんすい光雲こううんせんしょうじたてまつる。 このどうじょうりたまへ。

又請マツル↢一切光雲樹・光雲林・光雲網・光雲衣・光雲蓋・光雲幢・光雲台・光雲楼・光雲閣・光雲楽・光雲香・光雲池・光雲水・光雲山↡。入タマヘ↢此道場↡。

^また一切いっさい香雲こううんせん香雲こううん香雲こううんじゅ香雲こううんりん香雲こううんもう香雲こううんがい香雲こううんどう香雲こううんろう香雲こううんかく香雲こううん香雲こううんすい香雲こううんこう香雲こううんがく香雲こううん香雲こううんだいしょうじたてまつる。 このどうじょうりたまへ。

又請マツル↢一切香雲山・香雲衣・香雲樹・香雲林・香雲網・香雲蓋・香雲幢・香雲楼・香雲閣・香雲池・香雲水・香雲光・香雲楽・香雲華・香雲台↡。入タマヘ↢此道場↡。

^また一切いっさい宝雲ほううんせん宝雲ほううんじゅ宝雲ほううん宝雲ほううん宝雲ほううん宝雲ほううんどう宝雲ほううんがい宝雲ほううんもう宝雲ほううんばん宝雲ほううんがく宝雲ほううんろう宝雲ほううんかく宝雲ほううんこうみょう宝雲ほううんてん宝雲ほううんようかいしょうじたてまつる。 このどうじょうりたまへ。

又請マツル↢一切宝雲山・宝雲樹・宝雲華・宝雲果・宝雲衣・宝雲幢・宝雲蓋・宝雲網・宝雲幡・宝雲楽・宝雲楼・宝雲閣・宝雲光明・宝雲天衣・宝雲供養海↡。入タマヘ↢此道場↡。

^また一切いっさいうんせんうん林樹りんじゅうん幢蓋どうがいうんぶくうんもううん音楽おんがくうんだいしょうじたてまつる。 このどうじょうりたまへ。

又請マツル↢一切華雲山・華雲林樹・華雲幢蓋・華雲衣服・華雲羅網・華雲音楽・華雲台座↡。入タマヘ↢此道場↡。

一 Ⅳ ⅴ b 請凡聖変化荘厳

^また一切いっさいてんにんへんしょうごんようかい一切いっさいしょうもんへんしょうごんようかい一切いっさいさつへんしょうごんようかい一切いっさい諸仏しょぶつへんしょうごんようかいしょうじたてまつる。

又請マツル↢一切天人変化荘厳供養海、一切声聞変化荘厳供養海、一切菩薩変化荘厳供養海、一切諸仏変化荘厳供養海↡。

一 Ⅳ ⅴ 結請

^かくのごときりょうへん恒沙ごうじゃよう種々しゅじゅしょうごんことごとくみなじょうす。 このどうじょうりたまへ。

↠是無量無辺恒沙供養、種種荘厳悉皆奉請。入タマヘ↢此道場↡。

一 Ⅳ ⅴ 供養

^一切いっさいぶつ*しゃならびに*真法しんぽうさつしょうもんしゅようしたてまつる。 このこううんしょうごんようかいけたまへ。 しゅしゅじょうがんてんがためにしんしたがひて変現へんげんし、 *受用じゅゆうして*ぶつをなしたまへ。

供↢養マツル一切舎利並真法薩・声聞衆↡。受タマヘ↢此香華雲荘厳供養海↡。為↠満ムガ↢施主衆生↡随↠心変現、受用タマヘ↢仏事↡。

一 Ⅳ ⅴ 総結

^ようしをはりぬ。 ひとおのおのしんいたして帰依きえがっしょうしてらいしたてまつれ。

供養。人各シテ↠心帰依合掌マツレ

一 Ⅳ 結讃

【27】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。 ねがはくは*弥陀みだのなかにありてし、 こうりてつねにようしたてまつらん。

クハ往生、願クハ往生。願クハ↢弥陀会↡坐、手↢香華↡常供養マツラム

前行道
    因示作法

【28】^じょうすでにおわりて、 すなはちすべからく*ぎょうどう七遍しちへんすべし。

奉請既↢行道七↡。

^また一人いちにんをしてはなをもつて西南せいなんすみにありてたいち、 ぎょうどうひといたるをちてすなはちことごとく*ぎょうしてぎょうどう衆等しゅとうあたへしめよ。 すなはちはなけをはりてすなはちさんずることをざれ。 しばらくちておのおのみづからしんひょうしてようしたてまつれ。 ぎょうどうして仏前ぶつぜんいたるをちて、 すなはちこころしたがひてこれをさんぜよ。

又使↧一人ヲシテ↠華↢西南↡立、待↢行道ルヲ↡即行華↦行道衆等↥。即↠華↠得↢即コトヲ↡。且↠心供養マツレ。待↣行道ルヲ↢仏前↡、即↠意↠之

^さんじをはりてすなはちぎて、 ぎょうひとところいたりてさらにはなくることまたさきほうのごとくせよ。 すなはち七遍しちへんいたるまでまたかくのごとし。

、至↢行華↡更コト↠華亦如クセヨ↢前↡。乃マデ↢七↡亦如↠是

^もしぎょうどうしをはらば、 すなはちおのおの*ほんしょによりてち、 *しょうぼんしょうくるをちてすなはちせよ。

行道、即↢本坐処↡立、待↢唱梵ルヲ↡即

一 Ⅴ 正明行道
      先勧衆

【29】^こうぎてしゅうぎょうどうすすめてすなはちいへ。

 高接↠下↢衆行道↡即

 ^一切いっさいこうじょうしてようすでにおわりぬ。 一切いっさいぎょうしてどうじょう衆等しゅとうおのおのこうりてほうのごとくぎょうどうせよ。

奉↢請一切香華↡供養已。一切恭敬道場衆等各↢香華↡如↠法行道セヨ

一 Ⅴ ⅱ 讃梵偈
        三奉請

【30】^ぎょうどう*讃梵さんぼんにいはく、

 行道讃梵

^弥陀みだそんじょうどうじょうりたまへ さんらく

奉↢請弥陀世尊↡入タマヘ↢道場散華楽

^しゃ如来にょらいじょうどうじょうりたまへ さんらく

奉↢請釈迦如来↡入タマヘ↢道場散華楽

^十方じっぽう如来にょらいじょうどうじょうりたまへ さんらく

奉↢請十方如来↡入タマヘ↢道場散華楽

一 Ⅴ ⅱ b 正偈讃
          (一)標道場清浄

【31】 ^どうじょうしょうごんきはめて清浄しょうじょうなり。 *てんじょう人間にんげん*りょうなし。

道場荘厳極清浄ナリ天上・人間↢比量↡

一 Ⅴ ⅱ b ロ (二)挙已請三宝

^*げん諸仏しょぶつとうりょうとうにんてんりゅうのなかの*法蔵ほうぞう*全身ぜんしん砕身さいしんしんしゃ

過現諸仏等人・天・竜・鬼法蔵
全身・砕身真舎利

一 Ⅴ ⅱ b ロ (三)示至誠展供
            (Ⅰ)明散華行道

^大衆だいしゅはなしてそのうえさんじ、

大衆持↠華↢其

尊顔そんげん*瞻仰せんごうしてめぐること*七帀しちそう*梵響ぼんこうしょうとうをもつてみなようしたてまつる。

瞻↢仰尊顔↡繞コト七帀梵響声等ヲモテ皆供養マツラム

一 Ⅴ ⅱ b ロ (三)(Ⅱ)表三輪清浄

^ねがはくはわがきよきこと*こうのごとく、 ねがはくはわがしん智慧ちえのごとくして、

クハ身浄キコト↢香炉クハ心如クシテ↢智慧

念々ねんねん*かいじょうこうぼんじょうして、 十方じっぽうさんぶつようしたてまつらん。

念念焚↢焼戒定供↢養マツラム十方三世

一 Ⅴ ⅱ b ロ (四)嘆三仏恩徳
            (Ⅰ)嘆能讃仏恩

^ざんしゃだいしゅ十方じっぽう恒沙ごうじゃしょそん

慚愧釈迦大悲主十方恒沙諸世尊

*慈悲じひぎょう方便ほうべんてずして、 ともに*弥陀みだぜいもんさんじたまへり。

シテ↠捨↢慈悲巧方便タマヘリ↢弥陀弘誓門

一 Ⅴ ⅱ b ロ (四)(Ⅱ)嘆所讃仏徳

^ぜいもんにして*じゅうはちなれども、 ひとへに念仏ねんぶつひょうしてもつとも*しんとなす。

弘誓多門ニシテ四十八ナレドモ↢念仏↡最↠親

ひとよくぶつ (阿弥陀仏)ねんずれば、 ぶつまたねんじたまふ。 専心せんしんぶつおもへばぶつひとりたまふ。

人能レバ↠仏仏還タマフ専心↠仏仏知タマフ↠人

一切いっさいしんして安楽あんらくかへば、 すなはち*真金しんこんどくしんる。

一切廻↠心↢安楽↢真金功徳

^じょうしょうごん・もろもろのしょうじゅ*篭々ろうろうとしてつねにぎょうにんまえにまします。

浄土荘厳・諸聖衆篭篭トシテ↢行人

ぎょうじゃをはりてしんかんし、 おわときぶつしたがひて金蓮こんれんし、

行者見已心歓喜↠仏↢金蓮

一念いちねんはなじょうじて*ぶついたり、 すなはち退たいしょうして*三賢さんげんる。

一念↠華↢仏会↢不退↡入↢三賢

一 Ⅴ ⅱ b 立讃文
          (一)嘆道場希過

【32】^*梵人ぼんにんしょうぎてりゅうしてさんじていへ。

 下接↢梵人↡立

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。 どうじょう衆等しゅとう、 そこばくのひと

クハ往生、願クハ往生。道場衆等、爾許多ソコバクノ人、

^*りゃくこうよりこのかた三界さんがいめぐり 六道ろくどうりんして休止くしすることなし

歴劫ヨリ已来↢三界輪↢廻六道↡無↢休止コト

^まれどうじょう*しょうぶつて しんじょうしてようしたてまつる 思議しぎしがたし

↢道場請仏会親承供養マツル↢思議

^しちしゅうぎょうどうしてはなさんじをはりぬ 悲喜ひききょうして滅罪めつざいがん

七周行道↠華悲喜交流↢滅罪

^この善根ぜんごんじょうじて極楽ごくらくしょうじ はなひらけてぶつたてまつりて*無為むいしょうせん

↢此善根↡生↢極楽華開ケテマツリテ↠仏↢無為

^衆等しゅとうしんたもちて*ほんにつき こうりてつねにようしたてまつれ

衆等持↠心↢本座↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。

 高接↠下

一 Ⅴ ⅱ b ハ (二)嘆教主因行

【33】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^しゃ如来にょらいはじがんおこせしより たちまちに塵労じんろうををててぎょうしゅ

釈迦如来初セシヨリ↠願テテ↢塵労↡修↢苦行

^念々ねんねんしょうごんして退しりぞくことあることなし 日月にちがつおよび歳年さいねんかぎらず

念念精勤↠有コト↠退コト不↠限↢日月及歳年

^大劫だいこうしょうこう*そうこう だいとう*じん*過踰かゆせり

大劫・小劫・僧祇劫過↢踰セリ大地等微塵

^身財しんざいしまずしてみょうほうもとめ 慈悲じひ誓願せいがんをもつてしゅじょう

シテ↠惜↢身財↡求↢妙法慈悲誓願ヲモテ↢衆生

^あまねくすすめて西にしのかたあんにょうこくせしめ *しょうようらくにして*さんみょうしめたまふ

シメ↢西ノカタ安養国逍遥快楽ニシテシメタマフ↢三明

^衆等しゅとうおのおの身心しんしんかたむけて こうりてつねにようしたてまつれ

衆等各各傾↢身心↢香華↡常供養マツレ

一 Ⅴ ⅱ b ハ (三)嘆教法難逢

【34】^こうぎてさんじていへ。

 高接↠下

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^衆等しゅとうしんひとしくして*渇仰かつごうしょうじ *慇懃おんごんちょうらいしてねがひてきょう

衆等斉クシテ↠心↢渇仰慇懃頂礼↠経

^しょうにんおもんずるところいのちぎざるに *おうむさぼらずしてせん

聖人所↠重ズルルニ↠命シテ↠貪↢王位↡捨↢千頭

^*七寸しちすん長釘じょうちょうたいへんしてれども しんひょうして*もののためにうれひをしょうぜず

七寸長釘遍↠体ドモ↠心↠物不↠生↠憂

^*みづからしんりてきょううつし あまねくぐんじょうをして*ほうらしめんとがん

↢身皮↡写↢経偈、普↣群生ヲシテシメムト↢法流

^*千灯せんとう炎々えんえんとして身血しんけつながせば 諸天しょてんきゅうるいしてはなさんじてめぐ

千灯炎炎トシテセバ↢身血諸天泣涙↠華

^*だい身心しんしんいたみをかんしょうすれば 微々みみみをふくがんじていかりなし

感↢傷レバ大士身心ミヲ微微含↠笑↠瞋

^あおねがはくは、 おなじくきておなじくあくだんぜん ひがたくひがたし。 ちかてまさにもつぱらなるべし

クハ↠悪↠逢↠遇。誓↠専ナル

^念々ねんねんしんしてじょうしょうぜんとすれば、  ひつみょうにかの*はんもん

念念↠心ムトスレバ↢浄土畢命↢彼涅槃

^おのおのしんかたむけてそうなく こうりてつねにようしたてまつれ

各各傾↠心↢異想↡↢香華↡常供養マツレ

一 Ⅴ ⅱ b ハ (四)明楽聞誠意

【35】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^*曠劫こうごうよりこのかたしょうして さんにつねにもっしてみなたり

曠劫ヨリ已来↢生死三塗苦皆逕タリ

^はじめて人身にんじんけてしょうぼうく なほ渇者かつしゃしょうせんたるがごとし

ウケ↢人身↡聞↢正法ナホ↣渇者タルガ↢清泉

^念々ねんねんじょうきょうもんして 文々もんもん句々くくちかひてまさにつとむべし

念念思↢聞浄土文文句句↠勤

^じょうろう憶想おくそうして 専心せんしんほうきて*真門しんもんらん

憶↢想長時流浪専心↠法↢真門

^じょうしょうまたべつなし *きょうだつ金剛こんごうしんなり

浄土無生亦無↠別究竟解脱金剛身ナリ

^この因縁いんねんをもつて*こうしょうじたてまつる ぶつ*おんほうじて*法輪ほうりんてんぜよ

↢是因縁↡請マツル↢高座↢仏慈恩↡転↢法輪

^衆等しゅとう身心しんしんみなやくして こうりてつねにようしたてまつれ

衆等身心皆踊躍↢香華↡常供養マツレ

 ^こうぎてさんじていへ。

 高接↠下

一 Ⅴ ⅱ b ハ (五)示謗罪深重

【36】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。

クハ往生、願クハ往生

^しゅじょうぶつたてまつればしんかいす 発願ほつがんしておなじく*諸仏しょぶついえしょうぜよ

衆生見マツレバ↠仏心開悟発願↢諸仏

^このしゃじゅうしてよりこのかたひさしく こうなくしてしゃみょうすることこう*塵沙じんじゃなり

テヨリ↢此娑婆↡已来クシテ↠功捨命コト劫塵沙ナリ

^みづからさとるに、 しんつたな*神識じんしきにぶきは まことにごくにして銅車どうしゃせしによりてなり

ルニ心頑神識キハテナリ↣地獄ニシテセシニ↢銅車

^銅車どうしゃ*炎々えんえんとして居止こししがたし 一念いちねんのあひだにももたびたび

車炎炎トシテ↢居止一念之間タビタビ

^ただこのなかのみつうおおきにあらず 一切いっさい*ないもまたかくのごとし

↣直此ノミキニ↢苦痛↡一切泥犂亦如↠是

^ないひとたびりぬれば塵劫じんごうぐ *ちくしょう*どうもまたかくのごとし。

泥犂タビヌレバ↢塵劫畜生・鬼道↠此

^いま人身にんじんれどもむさぼりてつみつくり 諸仏しょぶつ聖教しょうぎょう*非毀ひきしょう

今得ドモ↢人身↡貪↠罪諸仏聖教↢非毀

^聖教しょうぎょう非毀ひきすれば罪根ざいこんふかし りょうぜん謗説ほうせつしてにつねにしず

非↢毀レバ聖教↡罪根深謗↢説良善↡苦

^だいしょう神通じんずうりきましますといへども よくあひすくふことなくしてますますしんしたまふ

大聖雖↠有スト↢神通力↡クシテ↢能コト↡益マス悲心タマフ

^いまどうじょう*しゅとうすすむ つみぐうなるを*ほつさんせよ

今勧↢道場時衆等発↢露懴↣悔無窮ナルヲ

^衆等しゅとうしんをかのじょうおなじくして こうりてつねにようしたてまつれ

衆等同クシテ↢心浄土↢香華↡常供養マツレ

前懴悔
    総懴六障
      挙所対尊境
        先挙三宝

【37】^こう下座げざしょうくるをちてすなはちさんしていへ。

 高座待↢下座ルヲ↡即

 ^うやまひてどうじょうのもろもろの衆等しゅとうにまうす。 いましゅ某甲それがしおよびもろもろのしゅじょうのために、 十方じっぽう諸仏しょぶつりゅう法蔵ほうぞうしゃしんぎょうさつだい縁覚えんがくしょうもんとうみょうしたてまつる。 げんどうじょうにましまして*さん証明しょうみょうしたまへ。

↢道場衆等↡。今為↢施主某甲ソレガシ衆生↡、帰↢命マツル十方諸仏・竜宮法蔵・舎利・真形菩薩大士・縁覚・声聞等↡。現↢在シテ道場↡証↢明タマヘ懴悔↡。

一 Ⅵ ⅰ a 次挙一切神祇

^また*天曹てんそう*地府じふ*えんてん*どう*太山たいせん*さんじゅうろくおうごくてんりょう天神てんじんじんくうじん山林せんりんかい一切いっさいりょうおよびもろもろのげんじょうとうかく*天通てんつう*道眼どうげん*しん宿命しゅくみょうじんあるひとにまうす。 げんどうじょうにましまして、 弟子でし今日こんにちしゅ某甲それがしおよびもろもろのしゅじょうしんひらきてさんするを証明しょうみょうしたまへ。

又白↧天曹・地府・閻天子・五道・太山三十六王・地獄典領・天神・地神・虚空神・山林河海一切霊祇及賢聖等、各↢天通・道眼・他心・宿命・漏尽智↡人↥。現シテ↢道場↡、証↢明タマヘ弟子今日施主某甲及衆生、披↠心懴悔ルヲ↡。

一 Ⅵ ⅰ 被陳罪障
        正明被陳

^弟子でしどうじょう衆等しゅとうないそこばくのひと過去かこより過去かこさい現在げんざいさいらいさいつくしてしん口意くいごう*行住ぎょうじゅう坐臥ざがに、 一切いっさい*三宝さんぼうそう父母ぶも*六親ろくしん*眷属けんぞく*ぜんしき法界ほうかいしゅじょううえにおいてつぶさに一切いっさいあくつくる。 つねに一切いっさいあくおこし、 相続そうぞくして一切いっさいあくおこし、 *方便ほうべんして一切いっさいあくしょう*ごっしょうほうしょう煩悩ぼんのうとうしょうしょうざいしょう仏法僧ぶっぽうそう見聞けんもんすることをざるさわりおこす。

弟子道場衆等、内外爾許多ソコバクノ人、自↢従過去↡尽↢過去際・現在際・未来際↡、身口意業行住坐臥、於↢一切三宝・師僧・父母・六親眷属・善知識・法界衆生↡具↢一切↡。常↢一切↡、相続↢一切↡、方便↧一悪障・業障・報障・煩悩等障、生死罪障、不↠得↣見↢聞コトヲ仏法僧↡障↥。

一 Ⅵ ⅰ b 示其果相
          (一)承上起下

^弟子でし衆等しゅとう曠劫こうごうよりこのかたすなはち今身こんじんいた今日こんにちいたるまで、 そのちゅうげんにおいてかくのごときつみつくる。 *楽行ぎょうぎょう多作たさりょうへんなり。 よくわれらをしてごくせしめて、 づるあることなし。

弟子衆等、自↢従曠劫↡已来↢今身↡至マデ↢今日↡、於↢其中間↡作↢如↠是↡。楽行多作無量無辺ナリ。能↣我等ヲシテ↢於地獄↡、無↠有コト↢出期↡。

一 Ⅵ ⅰ b ロ (二)依経広明
            (Ⅰ)総列阿鼻大小獄名

^このゆゑに ¬きょう¼ (*観仏三昧経・意) にのたまはく、 「^*阿鼻あびごくじゅうはちかんぴょうごくじゅうはち黒闇こくあんごくじゅうはちしょうねつごくじゅうはち刀輪とうりんごくじゅうはち剣輪けんりんごくじゅうはちしゃごくじゅうはち沸屎ひしごくじゅうはち鑊湯かくとうごくじゅうはち灰河けがごくひゃくおく刀林とうりんごくひゃくおく剣林けんりんごくひゃくおくりんごくひゃくおくどうちゅうごくひゃくおくてっごくひゃくおく鉄網てつもうごくじゅうはちてっくつごくじゅうはち鉄丸てつがんごくじゅうはちじゃくごくじゅうはち飲銅おんどうごく、 かくのごときしゅごくあり。

¬経¼言、「阿鼻地獄、十八寒氷地獄、十八黒闇地獄、十八小熱地獄、十八刀輪地獄、十八剣輪地獄、十八火車地獄、十八沸屎地獄、十八鑊湯地獄、十八灰河地獄、五百億刀林地獄、五百億剣林地獄、五百億刺林地獄、五百億銅柱地獄、五百億鉄鐖地獄、五百億鉄網地獄、十八鉄窟地獄、十八鉄丸地獄、十八火石地獄、十八飲銅地獄、如↠是衆多地獄アリ

一 Ⅵ ⅰ b ロ (二)(Ⅱ)別明大地獄相
              (ⅰ)獄城苦具相

^ぶつのたまはく、 ª阿鼻あびごく*じゅうこうしょうとうにしてはちまん*じゅんなり。 しちじゅうてつじょう七層しちそう鉄網てつもうあり。 しもじゅうはちへだてありて、 *しゅうそうせることしちじゅう、 みなこれ刀林とうりんなり。 しちじゅうじょうないにまた剣林けんりんあり。 しもじゅうはちへだてありて、 八万はちまんせんじゅうあり。 そのすみ*だいどうあり。 そのこうじょうにしてじゅうじゅんなり。 まなこ*掣電せいでんのごとく、 きば剣樹けんじゅのごとく、 刀山とうせんのごとく、 したてっのごとし。 一切いっさい身毛しんもうよりみなみょういだす。 そのけむりしゅうあくにしてけんくさもの、 もつてたとふべきなし。

仏言、阿鼻地獄広正等ニシテ八万由旬ナリ。七重鉄城、七層鉄網アリ。下十八アリテ、周帀コト七重、皆是刀林ナリ。七重城内復有↢剣林↡。下十八アリテ、有↢八万四千重↡。於↢其四角↡有↢大銅狗↡。其身広長ニシテ四十由旬ナリ。眼↢掣電↡、牙↢剣樹↡、歯↢刀山↡、舌↢鉄刺↡。一切身毛ヨリ皆出↢猛火↡。其煙臭悪ニシテ世間物、無↢以↟譬

^じゅうはち獄率ごくそつあり。 こうべ*せつこうべのごとく、 くち*しゃくちのごとし。 ろくじゅうまなこあり。 まなこより鉄丸てつがん*散迸さんぺいすることじゅうしゃのごとし。 まがれるきばかみざまでて、 たかじゅんなり。 きばはしよりながれて、 まえ鉄車てっしゃく。 鉄車てっしゃりん一々いちいち*輪輞りんもうをしてして一億いちおくとうにんけんきゃくとならしむ。 みなよりでたり。 かくのごとき流火るか阿鼻あびじょうき、 阿鼻あびじょうをしてあかきこと*どうのごとくならしむ。

↢十八獄率↡。頭↢羅刹↡、口↢夜叉↡。六十四アリ。眼ヨリ散↢迸コト鉄丸↡如↢十里車↡。鉤レルカミサマ、高四由旬ナリ。牙ハシヨリ、焼↢前鉄車↡。令↣鉄車輪一一輪輞ヲシテ↢一億火刀・鋒刃・剣戟↡。皆従↠火出タリ。如↠是流火焼↢阿鼻城↡、令↣阿鼻城ヲシテキコトクナラ↢融銅↡。

^獄率ごくそつこうべうえはち牛頭ごずあり。 一々いちいち牛頭ごずじゅうはちつのあり。 一々いちいちつのはしよりみな*じゅいだす。 じゅまたしてじゅうはちもうとなり、 もうまたへんじて刀輪とうりんとなる。 車輪しゃりんばかりのごとし。 輪々りんりんあひいで、 えんのあひだにありて阿鼻あびじょうてり。

獄率↢八牛頭↡。一一牛頭↢十八角↡。一一ハシヨリ皆出↢火聚↡。火聚復化↢十八↡、火輞復変↢火刀輪↡。如↢車輪バカリ↡。輪輪相、在↢火炎↡満↢阿鼻城↡。

^どうくちり、 したきてく。 したてっのごとし。 したづるときりょうした阿鼻あびじょうてり。

銅狗張↠口、吐↠舌↠地。舌↢鉄刺↡。舌出之時、化↢無量↡満↢阿鼻城↡。

^しちじゅうじょうない*鉄幢てつどうあり。 どうはしよりながれて*沸涌ひゆせんのごとし。 そのてつながほとばしりて阿鼻あびじょうてり。 阿鼻あびもんあり。 *門閫もんこんうえはちじゅうかまあり。 *どうでて、 もんよりながれて阿鼻あびじょうてり。

七重城内↢四鉄幢↡。幢ハシヨリ火流↢沸涌泉↡。其鉄流↢阿鼻城↡。阿鼻四門アリ。於↢門閫↡有↢八十釜↡。沸銅涌、従↠門漫↢阿鼻城↡。

^一々いちいちへだてのあひだに八万はちまんせん*鉄蟒てつもう大蛇だいじゃありて、 どくき、 じょうないてり。 そのじゃ*こうすることてん震雷しんらいのごとし。 鉄丸てつがんあめふらして阿鼻あびじょうてり。 このしろ苦事くじ八万はちまん億千おくせんなり。 のなかのなるものあつまりて、 このしろにあり。

一一↢八万四千鉄蟒・大蛇↡、吐↠毒↠火、身満↢城内↡。其蛇哮吼コト↢天震雷↡。雨ラシテ↢火鉄丸↡満↢阿鼻城↡。此苦事八万億千ナリ。苦ナル者集、在↢此↡。

^ひゃくおくむしあり。 むし八万はちまんせんくちばしあり。 くちばしはしよりながれて、 あめのごとくしてくだりて阿鼻あびじょうてり。 このむしくだとき阿鼻あびみょうそのほのおおおきにさかりなり。 しゃくこうえん八万はちまんせんじゅんらす。 阿鼻あびごくよりかみ大海だいかい*おくしょうせんしたくに、 大海だいかいみずしただりて車軸しゃじくばかりのごとし。 だい鉄炎てつえんとなりて阿鼻あびじょうてりº と。

五百億アリ。虫八万四千アリ。嘴ハシヨリ火流クシテ↠雨而下↢阿鼻城↡。此虫下時、阿鼻猛火其炎大サカリナリ。赤光火炎照↢八万四千由旬↡。従↢阿鼻地獄↡上、衝クニ↢大海沃燋山↡、大海水渧↢車軸バカリ↡。成↢大鉄↡満↢阿鼻城↡。

一 Ⅵ ⅰ b ロ (二)(Ⅱ)(ⅱ)罪人受苦相
                (a)約造一逆人明
                  (イ)挙所造罪

^ぶつのたまはく、 ªもししゅじょうありて、 三宝さんぼう殺害せつがいし、 三宝さんぼう*ちゅうこうし、 三宝さんぼうぜんし、 三宝さんぼう*おうし、 三宝さんぼう*ほうし、 三宝さんぼう破壊はえし、 父母ぶも殺害せつがいし、 父母ぶもちゅうこうし、 父母ぶもぜんし、 父母ぶもおうし、 父母ぶもほうし、 父母ぶも破壊はえし、 六親ろくしん*にくす。 かくのごときせつぎゃくざいつくるものは、

仏言、若↢衆生↡、殺↢害三宝↡、偸↢劫三宝↡、汚↢染三宝↡、欺↢誑三宝↡、謗↢毀三宝↡、破↢壊三宝↡、殺↢害↡、偸↢劫父母↡、汚↢染↡、欺↢誑↡、謗↢毀↡、破↢壊↡、罵↢辱六親↡。作↢如↠是殺逆罪↡者

一 Ⅵ ⅰ b ロ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(a)(ロ)火車迎相

^命終みょうじゅうときどうくちじゅうはちくるます。 かたち金車こんしゃのごとし。 宝蓋ほうがいうえにあり、 一切いっさいえんしてぎょくにょとなる。 罪人ざいにんはるかにしんかんしょうじ、 われなかかんとほっし、 われなかにじゅうせんとほっす。 *風刀ふうとうくるとき*かんきゅうにしてこえうしなふ。 «むしろこうくるまうえにありてし、 やしてみづからあぶらん» と。 このねんをなしをはりてすなはち命終みょうじゅうす。 *かくのあひだにすでに金車こんしゃして、 ぎょくにょ*せんすれば、 みなてつおのりてその*斬截ざんせつす。 しんおこること*せんりんのごとし。

命終之時、銅狗張↠口↢十八↡。状如↢金車↡。宝蓋在↠上、一切火炎↢玉女↡。罪人遥↢歓喜↡、我欲↠往ムト↠中、我欲↠住ムト↠中。風刀解時、寒急ニシテ↠声。寧↢好火↡在↢車↡坐モヤシ↠火アブラムト。作↢是↡已即便命終。揮霍之間↢金車↡、顧↢瞻レバ玉女↡、皆捉↢鉄↡斬↢截↡。身下火起コト↢旋火輪↡。

一 Ⅵ ⅰ b ロ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(a)(ハ)生後苦相
                    [一]初生相

^たとへば*しょうひじ屈伸くっしんするがごときあひだに、 ただちに阿鼻あびだいごくのなかにつ。 かみへだてよりせんりんのごとくしてしもへだてきわいたる。 へだてのうちにへんす。 どうおおきにえてほねみ、 ずいふ。 獄率ごくそつせつおおきなる*鉄叉てっしゃる。 しゃくびよりたいへんするえんおこさしめて阿鼻あびじょうつ。 鉄網てつもうよりかたなあめふらしてもうよりる。

↣壮士屈↢伸ルガ↡頃、直↢阿鼻大地獄↡。従↢於上隔↡如クシテ↢旋火輪↡至↢下↡。身遍↢隔↡。銅狗大↠骨、唼↠髄。獄率・羅刹捉↢大ナル鉄叉↡。叉頚ヨリ↠起↢遍↠体火炎↡満↢阿鼻城↡。鉄網ヨリラシテ↠刀↢毛孔↡入

一 Ⅵ ⅰ b ロ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(a)(ハ)[二]化王呵

^*えんおうだいしょうをもつてごうちょくす。 «にん*獄種ごくしゅなり。 なんぢにありしとき父母ぶもきょうせず、 *邪慢じゃまんどうなり。 なんぢがいまのしょうじょ*阿鼻あびごくづく。 なんぢおんらず、 ざんあることなくしてこののうく。 たのしみとなすやいなや» と。 このをなしをはりてすなはちめっしてげんぜず。

化閻羅王大声ヲモテ告勅。痴人獄種ナリ。汝在リシ↠世時、不↠孝↢父母↡、邪慢無道ナリ。汝生処↢阿鼻獄↡。汝不↠知↠恩、無クシテ↠有コト↢慚愧↡受↢此苦悩↡。為スヤ↠楽ミト不耶。作↢是↡已不↠現

一 Ⅵ ⅰ b ロ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(a)(ハ)[三]長時苦相

^そのとき獄率ごくそつまた罪人ざいにんりて、 しもへだてよりすなはちかみへだていたるまで、 八万はちまんせんへだてのなかを経歴きょうりゃくして、 りてぎて鉄網てつもうきわいたる。

時獄率復駆↢罪人↡、従↢於下隔↡乃マデ↢上↡、経↢歴八万四千↡、↠身而過↢鉄網↡。

一 Ⅵ ⅰ b ロ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(a)(ハ)[四]寿量多少

^一日いちにちいちはこのえんだい日月にちがつ歳数さいしゅろくじゅうしょうこうあたれり。 かくのごとくして寿じゅみょういち大劫だいこうつくす。

一日一夜レリ↢此閻浮提日月歳数六十小劫↡。如クシテ↠是寿命尽↢一大劫↡。

一 Ⅵ ⅰ b ロ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(b)約具造五逆明
                  (イ)挙所造罪

^ぎゃく罪人ざいにん*ざん無愧むぎにしてぎゃくざいぞうするがゆゑに

五逆罪人無慚無愧ニシテ造↢作ルガ五逆罪↡故

一 Ⅵ ⅰ b ロ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(ロ)火車迎相

^命終みょうじゅうときのぞみて、 じゅうはち風刀ふうとうてつしゃのごとくしてそのり、 ねつせまるをもつてのゆゑにすなはちこのごんをなす。 «好色こうしきはな清涼しょうりょう大樹だいじゅて、 もと遊戯ゆげせん。 またたのしからずや» と。

↢命終↡時、十八風刀如クシテ↢鉄火車↡解↢截↡、以テノ↢熱逼ルヲ↡故便↢是↡。得↢好色華清涼大樹↡、於遊戯。不↢亦楽カラ↡乎

^このねんをなすとき阿鼻あびごく八万はちまんせんのもろもろのあく剣林けんりんして宝樹ほうじゅとなる。 華菓けかじょうし、 行列ごうれつしてまえにあり。 大熱だいねつえんしてれんとなりて、 かのじゅにあり。 罪人ざいにんをはりて、 «わが所願しょがんはいますでにはたすことをたり» と。

↡時、阿鼻地獄八万四千悪剣林化↢宝樹↡。華菓茂盛、行列↠前。大熱火炎化↢蓮華↡、在↢彼樹下↡。罪人見已、我所願者今已リト↠果コトヲ

^このをなすときぼうよりもくしてれんうえす。 しをはればしゅてつくちばしあるもろもろのむし火華かけよりおこりて、 ほね穿うがちてずいり、 しんとおりてのう穿うがつ。 じゅぢてのぼれば、 一切いっさいけんにくけずほねとおす。 りょう刀林とうりんうえよりしてくだらんとするにあたり、 しゃたんじゅうはち苦事くじいち来迎らいこうす。

↢是↡時、疾クシテ↢於暴雨ヨリモ↡坐↢蓮華↡。坐須臾アル虫従↢火華↡起、穿↠骨↠髄、徹↠心穿↠脳。攀↠樹而上レバ、一切剣枝削↠肉↠骨。無量刀林当↢上ヨリシテ而下ムトスルニ↡、火車・炉炭十八苦事一時来迎

一 Ⅵ ⅰ b ロ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(ハ)生後苦相
                    [一]正明

^このそうげんずるとき地下じげ陥墜かんついして、 しもへだてよりのぼらんとすれば、 はなひらくがごとくにしもへだて*遍満へんまんす。 しもへだてよりおこえんみょうにしてかみへだていたる。 かみへだていたりをはりて、 そのなかにてり。 熱悩ねつのうきゅうなるがゆゑに、 まなこしたく。 このひとつみのゆゑに万億まんおく*どうひゃくせん刀輪とうりんくうちゅうよりくだりてこうべよりりてあしよりづ。

相現時、陥↢墜地下↡、従↢下隔↡上ムトスレバ、身クニ↢華クガ↡遍↢満↡。従↢下隔↡起火炎猛熾ニシテ↢於上↡。至↢上↡已、身満↢其↡。熱悩急ナルガ、張↠眼↠舌。此人罪万億融銅、百千刀輪従↢空中↡下リテヨリヨリ

一 Ⅵ ⅰ b ロ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(ハ)[二]挍顕

^一切いっさい苦事くじかみせつぎたることひゃく千万せんまんばいなり。

一切苦事過タルコト↢於上↡百千万倍ナリ

一 Ⅵ ⅰ b ロ (二)(Ⅱ)(ⅱ)(b)(ハ)[三]寿量

^ぎゃくせるもの、 そひとくることこう足満そくまんすº」 と。

セル↢五逆↡者、其人受コト↠苦足↢満スト五劫↡。」

一 Ⅵ ⅰ b ロ (三)結前生後

^弟子でしどうじょう衆等しゅとう元身げんしんよりこのかたすなはち今身こんじんいた今日こんにちいたるまで、 そのちゅうげんにおいて三業さんごうをほしいままにしてかくのごときつみつくる。 楽行ぎょうぎょう多作たさりょうへんなり。 いまぶつの、 阿鼻あびごくきたまふをくに、 しんおどろいよだちて、 怖懼ふくりょうにしてざんりょうなり。

弟子道場衆等自↢従元身↡已来↢今身↡至マデ↢於今日↡、於↢其中間放↢縦ホシイママニシテ三業↡作↢如↠是↡。楽行多作無量無辺ナリ。今聞クニ↣仏タマフヲ↢阿鼻地獄↡、心驚イヨダチ、怖懼無量ニシテ慚愧無量ナリ

一 Ⅵ ⅰ 正懴

^いまどうじょうぼんしょうたいしてほつさんす。 ねがはくはつみしょうめつしてながきてなからん。 さんしをはりぬ。 しんいたしてみょうし阿弥陀みだぶつらいしたてまつる。

今対↢道場凡聖↡発露懴悔。願クハ罪消滅ラム↠余。懴悔。至シテ↠心帰命マツル↢阿弥陀仏↡。

 ^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^さんしをはりぬ。 しんいたしてみょう弥陀みだぶつらいしたてまつる。

懴悔。至シテ↠心帰命マツル↢阿弥陀仏↡。

一 Ⅵ 別懴諸罪
      被陳諸罪
        正陳
          (一)造罪時業

【38】^こうぎてさんしていへ。

 高接↠下

 ^弟子でしどうじょう衆等しゅとう曠劫こうごうよりこのかたすなはち今身こんじんいた今日こんにちいたるまで、 そのちゅうげんにおいてしん口意くいごうをほしいままにして一切いっさいつみつくる。

弟子道場衆等自↢従曠劫↡已来↢今身↡至マデ↢於今日↡、於↢其中間放↢縦ホシイママニシテ身口意業↡造↢一切↡。

一 Ⅵ ⅱ a イ (二)正出罪体
            (Ⅰ)拠経正列

^あるいは*かい*八戒はっかい*十戒じっかい*さんかい*不壊ふえしんかい*三業さんごうかい*じゅうじんかい*しょうもんかい*だいじょうかいおよび*一切いっさい威儀いぎかい*じゅう八戒はっかいとうし、 むなしく*しんみ、 ほう邪見じゃけんにしていんらず、 *がくにゃだんじ、 十方じっぽうぶつそしり、 *そうもつぬすみ、 *婬妷いんいつどうにしてじょうかいのもろもろの*比丘びくまいしんしゃく*ひつりょうしてざんらず、 所親しょしん*にくしもろもろのあくつくる。

↢五戒・八戒・十戒・三帰戒・四不壊信戒・三業戒・十無尽戒・声聞戒・大乗戒及一切威儀戒・四重八戒等↡、虚↢信施↡、誹謗邪見ニシテ不↠識↢因果↡、断ッジ↢学波若↡、毀↢十方仏↡、偸↢僧祇物↡、婬妷無道ニシテ逼↢掠浄戒比丘尼・姉妹親戚↡不↠知↢慚愧↡、毀↢辱所親↡造↢衆悪事↡。

一 Ⅵ ⅱ a イ (二)(Ⅱ)依義広明

^あるいは*じゅうあく楽行ぎょうぎょうして*じゅうぜんしゅせざるさわり

楽↢行十悪↡不↠修↢十善↡障、

^*はっ楽行ぎょうぎょうして*八戒はっかいたもたざるさわり

楽↢行八苦↡不↠持↢八戒↡障、

^*三毒さんどく楽行ぎょうぎょうして*さんけざるさわり

楽↢行三毒↡不↠受↢三帰↡障、

^*ぎゃく楽行ぎょうぎょうして*かいたもたざるさわり

楽↢行五逆↡不↠持↢五戒↡障、

^ごくごくごう楽行ぎょうぎょうしてじょう極楽ごくらくしゅせざるさわり

楽↢行地獄極苦↡不↠修↢浄土極楽↡障、

^ちくしょう愚痴ぐちごう楽行ぎょうぎょうして智慧ちえ慈悲じひしゅせざるさわり

楽↢行畜生・愚痴↡不↠修↢智慧・慈悲↡障、

^*慳貪けんどん餓鬼がきしっごう楽行ぎょうぎょうして*布施ふせ*利他りたぎょうぜざるさわり

楽↢行慳貪・餓鬼・嫉妬↡不↠行↢布施利他↡障、

^*諂曲てんごく*虚詐こさしゅごう楽行ぎょうぎょうして真実しんじつごん*しんそうぎょうぜざるさわり

楽↢行諂曲・虚詐・修羅↡不↠行↢真実言信不相違↡障、

^瞋悩しんのう殺害せつがいどくりゅうごう楽行ぎょうぎょうしてかんしんぎょうぜざるさわり

楽↢行瞋悩・殺害・毒竜↡不↠行↢歓喜慈心↡障、

^*まんだいせんざいごう楽行ぎょうぎょうしてけん敬上きょうじょうそんぎょうぜざるさわり

楽↢行我慢・自大・下賎・不自在↡不↠行↢謙下・敬上・尊貴↡障、

^邪見じゃけんかいけん悪見あくけんにして修善しゅぜんふくなく造悪ぞうあくおうなしとおもへる*どう*闡提せんだいごう楽行ぎょうぎょうしてしょうけんきんぎょうしゅっおうじょうじょうぎょうぜざるさわり

楽↧行邪見・破戒・破見・悪見ニシテヘル↢修善無↠福造悪無シト↟殃外道・闡提↥不↠行↢正見禁行出世往生浄土↡障、

^三宝さんぼうめつひとぜんするあくごう楽行ぎょうぎょうして三宝さんぼうしゃくひとどくじょうそくすることをぎょうぜざるさわり

楽↧行破↢滅三宝↡壊↢人善事↡悪鬼↥不↠行↧護↢惜三宝↡成↢人功徳↡具コトヲ↥障、

^三界さんがい人天にんでんじょうばくごうぎょうじゅしてじょう*しょうだつねがはざるさわり

楽↢受三界人天長時縛繋↡不ネガ↢浄土無生解脱↡障、

^*じょうきょうれつごうぎょうじゅしてさつ広大こうだい慈悲じひぎょうぜざるさわり

楽↢受二乗狭劣↡不↠行↢菩薩広大慈悲↡障、

^あく親近しんごんするごう楽行ぎょうぎょうして諸仏しょぶつさつぜんしき親近しんごんすることをねがはざるさわり

楽↧行親↢近悪友↡業↥不↠楽↣親↢近コトヲ諸仏・菩薩・善知識↡障、

^*六貪ろくとん*六弊ろくへいごう楽行ぎょうぎょうして*ろく*しょうぎょうぜざるさわり

楽↢行六貪・六弊↡不↠行↢六度・四摂↡障、

^*いんらざる*觝突たいとつごう楽行ぎょうぎょうしてしんちゅう如来にょらい*ぶっしょうあることをらざるさわり

楽↧行↠識↢因果↡觝突↥不↠知↣身中コトヲ↢如来仏性↡障、

^一切いっさいしゅじょうしゅにく*しん*貪噉とんだんするびょうたんみょうごう楽行ぎょうぎょうしてしん*ぶっぽうそうぎょうもんこうようぎょうぜざるさわり

楽↧行貪↢噉一切衆生酒・肉・五辛↡多病短命↥不↠行↧慈心楽↢聞仏法僧↡香華供養↥障、

一 Ⅵ ⅱ a イ (三)結示造罪無辺
            (Ⅰ)明能作多類

^かくのごときしょうざいみづからなしおしへ、 ずいし、 もしはことさらになし、 あやまりてなし、 しょうしてなし、 *瞋嫌しんけんしてなし、 *じゅん愛憎あいぞうしてなすこと

↠是障罪自↠他、見↠作随喜、若ラニ、悞、戯笑、瞋嫌、違順愛憎コト

一 Ⅵ ⅱ a イ (三)(Ⅱ)正示無辺

^りょうへんなり。 りょうすともつくすべからず、 つくすべからず。 くともくべからず。

無量無辺ナリ。思量トモ不↠可↠尽、不↠可↠尽。説トモ不↠可↠説

一 Ⅵ ⅱ a イ (三)(Ⅲ)況顕無辺

^また*だいじんしゅくうへん法界ほうかいへんほっしょうへん方便ほうべんへんなるがごとく、 われおよびしゅじょう造罪ぞうざいもまたかくのごとし。

亦如↢大地微塵無数、虚空無辺、法界無辺、法性無辺、方便無辺ナルガ↡、我及衆生造罪亦復如↠是

一 Ⅵ ⅱ a イ (三)(Ⅳ)約能知結

^かくのごときつみかみしょさついたしもしょうもん縁覚えんがくいたるまで、 ることあたはざるところなり。 ただぶつぶつとのみすなはちよくわがつみしょうりたまへり。

↠是罪、上至↢諸菩薩↡下至マデ↢声聞・縁覚↡、所ナリ↠不↠能↠知コト。唯仏ノミ↠仏乃タマヘリ↢我罪之多少↡。

一 Ⅵ ⅱ a 明其果相
          (一)引文広明
            (Ⅰ)正感阿鼻
              (ⅰ)標牒業因

【39】^¬*ごくきょう¼ にのたまはく、 「もししゅじょうありてこのつみつくるものは、

¬地獄経¼云、「若↢衆生↡作↢是↡者

一 Ⅵ ⅱ a ロ (一)(Ⅰ)(ⅱ)火車迎相

^命終みょうじゅうときのぞみて風刀ふうとうく。 *えんさだまらず、 *たつこうむるがごとし。 そのしん*荒越こうおつにしてきょうおもいおこす。 おのが室宅しったくれば、 男女なんにょだいしょう一切いっさいみなこれじょうものなり。 尿にょうしゅうしょほかに*ようす。

↢命終↡風刀解↠身。偃臥不↠定、如↠被ルガ↢楚撻↡。其心荒越ニシテ↢狂痴↡。見レバ↢己室宅↡、男女大小一切皆是不浄之物ナリ。屎尿臭処盈↢流于外↡。

^そのとき罪人ざいにんすなはちこのをなす。 ªいかんがこのところじょうかくおよび山林せんりんのわれをして遊戯ゆげせしむるものなくして、 すなはちかくのごときじょうもつのあひだにしょせしむるº と。

^このをなしをはれば、 獄率ごくそつせつおおきなる*鉄叉てっしゃをもつて阿鼻あびごくおよびもろもろの刀林とうりんぐるに、 して宝樹ほうじゅおよび清涼しょうりょういけとなる。 えんして金葉こんようれんとなる。 もろもろのてつくちばしあるむしは、 して*がんとなる。 ごくつうしょうようおんのごとし。

↢是↡已レバ、獄率・羅刹以↢大ナル鉄叉↡擎ルニ↢阿鼻獄及刀林↡、化↢宝樹清涼↡。火炎↢金葉蓮華↡。諸アル↢鳧鴈↡。地獄痛声↢歌詠↡。

^罪人ざいにんきをはりて、 ªかくのごとき好処こうしょにわれまさになかにあそぶべしº と、 ねんじをはればじんれんす。 もろもろのてつくちばしあるむしもうよりそのくらひ、 ひゃくせん鉄輪てつりん頂上ちょうじょうよりる。 恒沙ごうじゃ鉄叉てっしゃをもつてその*げんしょうくじる。 ごく*どうひゃくおく*てっ化作けさして、 きおひてそのわかしんりてらふ。

罪人聞、如↠此好処吾当↠遊↠中尋時↢火蓮華↡。諸アル虫従↢身毛孔↡唼↢食↡、百千鉄輪従↢頂上↡入。恒沙鉄叉ヲモテクジ↢其眼精↡。地獄銅狗化↢作百億鉄狗↡、競↢其↡取↠心而食

一 Ⅵ ⅱ a ロ (一)(Ⅰ)(ⅲ)生後苦相

^*俄爾がじのあひだに、 てっのごとくしてじゅうはちへだてのなかにてり。 一々いちいちよう八万はちまんせんなり。 一々いちいちよう身手しんしゅせつなり。 いちへだてのあひだにあり。 ごくだいならず、 このしょうならず、 かくのごときだいごくのなかに*遍満へんまんす。 これらの罪人ざいにんこのごくして八万はちまんせん大劫だいこう経歴きょうりゃくす。

俄爾之間身如クシテ↢鉄華↡満↢十八↡。一一華葉八万四千ナリ。一一葉頭、身手支節ナリ。在↢一↡。地獄不↠大ナラ、此不↠小ナラ、遍↢満↠此大地獄↡。此等罪人堕↢此地獄↡経↢歴八万四千大劫↡。

^この*ないめっして、 また東方とうぼうじゅうはちへだてのなかにりてさきのごとくく。 この阿鼻あびごくみなみにまたじゅうはちへだて西にしにまたじゅうはちへだてきたにまたじゅうはちへだてあり。

泥犂、復入↢東方十八↡如↠前↠苦。此阿鼻獄亦十八隔、西亦十八隔、北亦十八アリ

^*方等ほうどうきょうそしり、 ぎゃくざいし、 *そう破壊はえし、 比丘びくけがし、 もろもろの善根ぜんごんだんずるかくのごとき罪人ざいにん衆罪しゅざいせるもの、 阿鼻あびごくち、 *四支ししはまたじゅうはちへだてのなかにつ。 この阿鼻あびごくはただかくのごとき*獄種ごくしゅしゅじょうく。

↢方等経↡、具↢五逆罪↡、破↢壊僧祇↡、汚↢比丘尼↡、断↢諸善根↡如↠此罪人、具↢衆罪↡者、身↢阿鼻獄↡、四支復満↢十八↡。此阿鼻獄但焼↢如↠此獄種衆生↡。

^こうきんとほっするとき東門とうもんすなはひらく。 東門とうもんそとれば、 しょうせんすい華菓けか林樹りんじゅ一切いっさいともにげんず。 このもろもろの罪人ざいにんしもへだてよりるに、 まなこしばらくむ。 しもへだてよりちて*婉転えんでんふくぎょうして、 りてかみはしりてかみへだてのなかにいたり、 刀輪とうりんづ。 ときくうのなかにねつ鉄丸てつがんあめふらす。 東門とうもんはしおもむきてすでに*門閫もんこんいたれば、 獄率ごくそつせつ鉄叉てっしゃりて、 ぎゃくにそのまなこし、 *てっしんむ。 悶絶もんぜつしてす。 しをはりてまたしょうず。

劫欲↠尽ムト時、東門即。見↢東門↡、清泉・流水・華菓・林樹一切倶。是罪人従↢下隔↡見ルニ、眼火暫。従↢下隔↡起婉転腹行、↠身↢上↡、手↢刀輪↡。時虚空ラス↢熱鉄丸↡。走↢趣東門↡既↢門閫↡、獄率・羅刹手↢鉄叉↡、逆↢其↡、鉄狗齧↠心。悶絶而死。死復生

^南門なんもんればひらけたり。 さきのごとくしてことならず。 かくのごとくして西門さいもん北門ほくもんもまたみなかくのごとし。 かくのごときときのあひだに半劫はんこう経歴きょうりゃくす。

↢南門↡開タリ。如クシテ↠前不↠ナラ。如クシテ↠是西門・北門亦皆如↠此。如↠此経↢歴半劫↡。

一 Ⅵ ⅱ a ロ (一)(Ⅱ)後受余報

^阿鼻あびごくしてかんぴょうのなかにしょうじ、 かんぴょうごくして黒闇こくあんしょしょうず。 はち千万せんまんざいるところなし。 大蛇だいじゃしんけて婉転えんでんふくぎょうし、 *しょじょう闇塞あんそくにして解知げちするところなし。 ひゃくせんろう*牽掣けんせいしてこれをらふ。 命終みょうじゅうのちちくしょうのなかにしょうじて、 千万せんまんじん鳥獣ちょうじゅうぎょうく。 またにんちゅうしょうじて、 *聾盲ろうもうおんらいようびんせんにして、 一切いっさい諸衰しょすい、 もつて*厳飾ごんじきとなす。 この賎身せんしんけてひゃくしんのちにまた餓鬼がきのなかにしょうずることを

阿鼻獄↢寒氷↡、寒氷獄↢黒闇処↡。八千万歳目↠所↠見。受↢大蛇↡婉転腹行、諸情闇塞ニシテ↠所↢解知↡。百千狐狼牽掣↠之。命終之後↢畜生↡、五千万身受↢鳥獣↡。還↢人中↡、聾盲瘖瘂・疥癩癰疽・貧窮下賎ニシテ、一切諸衰、以↢厳飾↡。受↢此賎身↡経↢五百身↡、後得↠生コトヲ↢餓鬼之中↡。

一 Ⅵ ⅱ a ロ (一)(Ⅲ)結示無窮

^かくのごとき*三悪さんまくりんすることりょうへんなり」 と。

↠是輪↢廻コト三悪↡無量無辺ナリト。」

一 Ⅵ ⅱ a ロ (二)結前生後

^弟子でし衆等しゅとういまごくきて、 しんおどろいよだちて、 *怖懼ふくりょうなり。 おそらくは*残殃ざんおうきずしてまた*ろうすることを。 こんじょうよりこのかた三業さんごうをほしいままにして、 もろもろのじゅうざいつくる。 もしさんせずは、 さだめてこのまねきてづるあることなからん。

弟子衆等今聞↢地獄↡、心驚イヨダチ、怖懼無量ナリ恐畏オソラク残殃不シテ↠尽復還 マタ 流浪コトヲ。今生ヨリ已来縦↢暴ホシイママニシテ三業↡造↢衆重罪↡。若↢懴悔↡、定↢此↡無ラム↠有コト↢出期↡。

一 Ⅵ ⅱ 正懴

【40】^いま三宝さんぼうどうじょう大衆だいしゅまえたいしてほつさんす。 すなはち安楽あんらくならん。 りてあへて*ぞうせず。

今対↢三宝・道場大衆↡発露懴悔。即安楽ナラム。知而不↢敢覆蔵↡。

一 Ⅵ ⅱ 発願
        正発願

【41】^ただねがはくは十方じっぽう三宝さんぼう法界ほうかいしゅじょうだい慈悲じひ広大こうだい慈悲じひおこして、 わがあくはからずして、 くさおおへるがごとく布施ふせかんし、 わがさんけ、 わが清浄しょうじょうおくしたまへ。

唯願クハ十方三宝、法界衆生、発↢大慈悲広大慈悲↡、不シテ↠計↢我↡、如↢草ルガ↟地布施歓喜、受↢我懴悔↡、憶タマヘ↢我清浄↡。

^ただねがはくは慈悲じひををてずしてわれらを*しょうし、 已作いさつみねがはくは除滅じょめつし、 未起みきつみねがはくはしょうぜしめず。 已作いさぜんねがはくはぞうじょうし、 未作みさぜん方便ほうべんしてしょうぜしめたまへ。

唯願クハシテ↠捨↢慈悲↡摂↢護我等↡、已作之罪クハ除滅、未起之罪クハ不↠生シメ。已作之善クハ増長、未作之善方便タマヘ↠生

^ねがはくは今日こんにちよりすなはち*不起ふきにんいたるまでこのかた、 ちかひてしゅじょうとともにじゃををててしょうし、 だいしんおこしてしんをもつてあひかひ、 仏眼ぶつげんをもつてあひて、 だいまで眷属けんぞくとして、 しんぜんしきとして、 おなじくじょうしょうじ、 すなはちじょうぶついたるまで、 かくのごときつみなが相続そうぞくだんじて、 さらにあへてぞうせざらん。

クハ↢今日↡乃マデ↢不起忍↡已来、誓↢衆生↡捨テテ↠邪↠正、発↢菩提心↡慈心ヲモテ、仏眼ヲモテ、菩提マデ眷属トシテ、真善知識トシテ、同↢浄土↡乃マデ↢成仏↡、如↠是罪永↢相続↡、更↢敢覆蔵↡。

一 Ⅵ ⅱ c 結帰正業

^発願ほつがんしをはりてしんいたして阿弥陀あみだぶつみょうしたてまつる。

発願シテ↠心帰↢マツル阿弥陀仏↡。

一 Ⅵ 結讃

【42】^こうぎてさんじていへ。

 下接↠高

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。 ねがはくは弥陀みだぶつみまえにありてりゅうし、 こうりてつねにようしたてまつらん。

クハ往生、願クハ往生。願クハ↢弥陀仏↡立、手↢香華↡常供養マツラム

 ^こうぎてさんじていへ。

 高接↠下

 ^ねがはくはおうじょうせん、 ねがはくはおうじょうせん。 ねがはくは*弥陀みだのなかにありてし、 こうりてつねにようしたてまつらん。

クハ往生、願クハ往生。願クハ↢弥陀会↡坐、手↢香華↡常供養マツラム

西方さいほうじょうほうさん かんじょう

 

奉請 道場への来入を懇請こんせいすること。
師子王 仏法を守護する獣中の王。
重昏永夜 非常に暗く永遠につづく夜。
生盲無目 →補註10
引導無方なれども 聖者の導きは自在ではあるが。
循還来去して… りん転生を繰り返すことを、 とどまることのない水の流れに喩えていう。
託命投神 しょうを繰り返すこと。
識含無際 識含はじょうのこと。 有情の輪廻は無始以来のものであるという意。
窮塵の劫 非常に長い時間。
勝縁 仏法のすぐれた縁。
海徳初際如来 「ぎょうぼん」 に出る過去仏の名。 十方十仏の師仏。 →海徳かいとくぶつ
含情 情識を有するもの。 識含に同じ。 じょうしゅじょう
同生すれども (仏と) 同じ世に生れても。
簡ばず 区別しない。
法潤に資す 仏法のうるおいにめぐまれる。
苦集 たい滅諦めったい。 →たい
身田 善悪の行為のもととなる身体を田地に喩える。
道芽 さとりの芽。
視教 教え導くこと。
徳水 →はっどくすい
玲瓏 すきとおって美しく光り輝くさま。
 瓔珞ようらくのこと。
厳瑩 すぐれて美しいこと。
他方 極楽以外の世界。
斉同に不退なり すべてみな等しく、 さとりより退くことがない。
善巧 たくみなてだて。
三因五念 往生の因であるところの三心さんしん念門ねんもんの行。
正助 正定しょうじょうごう (称名) とじょごう (読誦どくじゅ観察かんざつ礼拝さいはいさんだんよう)。 →正行しょうぎょう
幡華 幢幡どうばん (はたぼこ) と供華。
召請せんと欲する人 召請人。 讃文を唱える人々。
和讃のもの ともに和して讃文を唱える人々。
大衆 道場に参集している人々。
周帀一遍 道場の仏座の回りを一周すること。
 行儀作法。
般舟三昧楽… 「般舟三昧楽」 は讃文の発声の句として、 「願往生」 「無量楽」 等は唱和の句として用いられたもの。 →般舟はんじゅ三昧ざんまい
塵沙の衆 数限りない浄土の聖者たち。
 法事讃の会座。
微心 ささやかな心。
かの国の荘厳大海衆 無勝荘厳国の大海のような無量の聖者たち。
神化 不可思議な教化、 導き。
利物 物はしゅじょうの意。 衆生をやくすること。
直心 二心なく純粋な心。
衆等 大衆のこと。 道場に参集している人々。
本国 極楽浄土を指す。
弥陀会 阿弥陀仏の説法の会座。 ここでは法事讃の儀礼を指していう。
誓願 往生浄土を願う心。
高座 道場の高座の導師。
智影 影は光の意。 智慧ちえの光をもってということ。 高座の導師の智慧を指していう。
尊経 尊い経典。 ¬小経¼ を指していう。
難思議・双樹林下・難思 親鸞聖人はこの三種のみょうもくを転用して、 第十八願がんの往生をなん思議じぎおうじょう、 第十九願要門の往生を双樹そうじゅりんおうじょう、 第二十願真門の往生をなんおうじょうと分判された。
惺悟 めざめ、 さとること。
法輪を転ぜよ 仏の教えを説かれよ。 仏の説かれた教えは、 衆生の煩悩ぼんのうをうちくだき、 次々とひろまってゆくので、 これを車輪に喩えていう。 ここでは下の ¬阿弥陀経¼ 読誦どくじゅを指す。
大衆裏 大衆に同じ。 道場に参集している人々。
出世増上の良縁 迷いの世界を離れ出るすぐれた縁。
塵劫 塵点じんでんおんごうの略。
悲智双行 慈悲じひ智慧ちえをともに行ずること。
人の逼め… ¬げんきょう¼ 巻一のうっ多羅たら仙人の因縁いんねん
みづから身を… ¬賢愚経¼ 巻一の尸毘しび王の因縁。
千頭を… ¬賢愚経¼ 巻五の月光がっこう王の因縁。
千の釘を… ¬賢愚経¼ 巻一のりょうかつ王の因縁。
身血を… ¬賢愚経¼ 巻二のきゃばつ王の因縁。
妻子を… ¬みょう色王しきおうぎょう¼ の妙色王の因縁。
慈悲方便を… ¬賢愚経¼ 巻七のせつ健寧こんねい王の因縁。
蒼生 しゅじょうのこと。
金毛の… ¬賢愚経¼ 巻十三のだい王の因縁。
白象と… ¬だい智度ちどろん¼ 巻十二・九三、 ¬ぞう宝蔵ほうぞうきょう¼ 巻二の釈迦の本生。
怨家を… ¬賢愚経¼ 巻十の釈迦・だいの因縁。
外道を現る… 典拠未詳。
三祇 三阿僧祇劫。 →そう
地々 じゅうの各地。
閻浮金光色 閻浮金は紫色を帯びた最高の金のこと。
跏趺正坐 けっ趺坐ふざに同じ。
不背の相 仏はしゅじょうに背を向けることがないという意。
化用 衆生を教化やくするはたらき。
報体 報身ほうじんの体。
 衆生のこと。
有識 心のはたらきを有するもの。 じょう、 衆生に同じ。
譏嫌 そしりきらわれる名。
弥陀の因地 阿弥陀仏のいんであるところの法蔵ほうぞうさつ
悲智 慈悲と智慧ちえ
定散両門 じょうぜん散善さんぜん
九章 →ぼん
未聞の益 いままでに聞いたことのないすぐれたやく
三千 三千さんぜん大千だいせんかいの略。
高下 高は道場の高座、 下は道場の下座。
頭を叩きて 頭を地につけてという意。
修多羅蔵八万四千 八万四千 (多数の意) の経典。 →しゅ多羅たら
全身散身の舎利 舎利は梵語シャリーラ (śarīra) の音写。 全身は仏の全身の遺骨、 散身は仏の分骨を指していう。
初発意 はじめてだいしんをおこすこと。
接引偏なく かたよることなくしゅじょうを導くという意。
邪網を掴裂し よこしまな教えの網を破りさき。
諸見 悪しき見解。
欲塹 貪欲とんよくの心を越えがたい塹 (ほり) に喩えたもの。
清白 煩悩のけがれを離れた清浄しょうじょうな道。
定慧 ぜんじょう智慧ちえ
天竜八部 はちじんのこと。
 異本には 「朋」 (とも) とある。
饒益 しゅじょうやくし救うこと。
権方便 たくみな手段。
仏法蔵 仏の教えの蔵。
竜宮の八万四千蔵 大海中の竜王の宮にある仏のたくさんの遺法をおさめている蔵のこと。
畢命形枯 命がおわり、 体がくちること。
戒定 かいぜんじょうのこと。
没々 深く沈んでいるさま。
三悪四趣 三悪は地獄・ちくしょうの三悪趣、 四趣はこれにしゅを加えた四悪趣のこと。 →悪趣あくしゅ
疲労長劫の事 きわめて長い間、 迷いの世界をてんして受けた苦しみ。
全身の舎利 舎利は梵語シャリーラ (śarīra) の音写。 仏の全身の遺骨。
砕体の金剛 金剛は仏の金剛身のこと。 ここでは仏の分骨を指して砕体の金剛という。
物利 物はしゅじょうの意。 衆生をやくすること。
影赴 すがたを現して (衆生のもとに) おもむくこと。
神化 不可思議な教化利益。
真身舎利 舎利は梵語シャリーラ (śarīra) の音写。 仏の真身の遺骨。
弘誓願 広弘の誓願。 ひろき誓い。
仏子 ここでは菩薩を指す。
因縁 迷いの世界につなぎとめる原因。
真門 真如しんにょそのものを指していう。
比量なし たぐいない。
畢定して 必ず定めて。
金渠 浄土の宝池。
身財 身命と財産。
有流 有漏うろに同じ。 煩悩ぼんのう (漏) のある存在。
竜宮の法蔵 大海中の竜王の宮にある仏のたくさんの遺法をおさめている蔵のこと。
真舎利 舎利は梵語シャリーラ (śarīra) の音写。 仏の真身の遺骨。
羅漢辟支 阿羅あらかんびゃくぶつのこと。
空裏 空中。
忿怒 魔を降伏ごうぶくさせるためのいかりの形相。
法鼓 仏法のつづみ。 法を説くことを進軍の太鼓に喩えていう。
手の… ¬しょう観音かんのんぎょう¼ によると、 観音は餓鬼がきどうおもむいては、 手より香色乳を出し、 その飢渇を救うという。
八味の水 はっどくすいのこと。
戒定の香 かいぜんじょうどくの香り。
声韻… (七宝の樹より) 流れ出る音楽は、 きゅうしょうかくの音階にかなっている。
頭を叩きて 頭を地につけてという意。
宝網 宝珠をつらねた飾りあみ。
真法 真実の教え。
弥陀会 阿弥陀仏の説法の会座。 ここでは法事讃の儀礼を指していう。
行華 花を配ること。
本坐処 もとの座席。
唱梵の声 梵唄ぼんばいの声。 すなわち、 次下の讃文を唱える声。
讃梵の偈 讃詠歌嘆の偈文。
天上人間 天の世界と人間の世界。
過現 過去と現在。
法蔵 仏の教えの蔵。
全身砕身の真舎利 舎利は梵語シャリーラ (śarīra) の音写。 全身は仏の全身の遺骨、 砕身は仏の分骨を指していう。
七帀 七周。
梵響の声 讃詠歌嘆の声。
香炉 香をたく器。
慈悲巧方便 慈悲のたくみな手段。
弥陀弘誓門 阿弥陀仏の広弘の誓願。 ひろき誓い。
四十八 →四十八しじゅうはちがん
 親昵しんじつの意。 称名念仏が阿弥陀仏と最も親しい行であるということ。
真金功徳の身 阿弥陀仏を指す。
篭々 おぼろげに。
梵人 梵唄ぼんばい人。 讃文の歌嘆を担当する者。
請仏会 仏の来入を懇請こんせいする会座。 法事讃の儀礼のこと。
本座 もとの座席。
僧祇劫 そうこうのこと。
過踰 超えていること。
逍遥快楽 心のままに楽しむこと。
王位を… ¬賢愚経¼ 巻五の月光がっこう王の因縁いんねん
七寸の長釘… ¬賢愚経¼ 巻一のりょうかつ王の因縁。
 しゅじょうの意。
みづから… ¬賢愚経¼ 巻一のうっ多羅たら仙人の因縁。
法流 仏法の流れ。
千灯炎々… ¬賢愚経¼ 巻一の虔闍けんじゃ婆梨ばり大国王の因縁。
真門 真如しんにょに至る門。
究竟解脱の金剛身 さとりをきわめた金剛のように堅固な身体。
高座 道場の高座の導師。
諸仏の家 阿弥陀仏の浄土のこと。
神識 意識。 心のはたらき。
炎々 盛んに燃えるさま。
鬼道 餓鬼道。 →餓鬼がき
非毀 非難し、 そしること。
時衆 現在、 道場に参集している人々。
天曹 梵天ぼんてんたいしゃくてん等の天の神々。
閻天子 えんおうのこと。
五道 閻羅王に仕える五道の冥官。
太山 太山たいせんくん。 太山は中国の五岳のうちの東岳とうがく泰山たいざんのこと。 中国では閻羅王と同一視された。
三十六王 ¬かんじょうきょう¼ に説かれる三十六の善神。
天通 天眼てんげんつうてんつうじんそくつうのこと。 →ろく神通じんずう
道眼 修行によって得たすぐれた眼。
他心宿命漏尽智 しんつう宿命しゅくみょうつうじんずうのこと。 →ろく神通じんずう
方便して 手段をめぐらして。
業障報障煩悩等の障 →さんしょう
楽行多作 (罪悪を) 好んで行い、 多くなすという意。
縦広正等 縦横の長さが同じであること。
周帀 とりかこむこと。
大銅狗 大きな銅の犬。
掣電 きらめくいなずま。
散迸 散らしとばすこと。
輪輞 車輪のたが。
融銅 溶けた銅汁。
鉄幢 鉄の支柱。
沸涌泉 にえたって湧き出る泉。
門閫 門のしきい。
沸銅 煮えたぎる銅汁。
鉄蟒 巨大な鉄の蛇。
哮吼 たけりほえること。
沃燋山 沃燋石のある山。 沃燋は、 大海の底にあって水を吸うという石の名。 地獄の火炎によって、 この石は常に熱気をもつという。
偸劫 与えられていないものを盗みとること。
謗毀 そしること。
寒急 突然、 寒気がすること。
揮霍 きわめてはやいこと。
顧瞻 ふりかえって見ること。
斬截 切りさくこと。
旋火輪 回転する火の輪。
壮士の臂を… 力のある人が臂をまげのばしする間にという意で、 きわめてはやいことの喩え。
鉄叉 獲物を突き刺す鉄製の道具のこと。
化閻羅王 えんおうの化身。
獄種 地獄に属すべき者。
邪慢 邪見じゃけんきょうまん慢。
無慚無愧 ざんの心がないこと。
三業戒 三聚戒 (三聚さんじゅじょうかい) のこと。
声聞戒 比丘びくの二百五十戒、 比丘尼びくにの三百四十八戒など。
大乗戒 三聚浄戒、 十重じゅうじゅうじゅうはちきょうかいなど。
一切の威儀戒 威儀は仏弟子の行動規定のこと。 小乗では三千の威儀、 大乗では八万の威儀を説く。
四重八戒 比丘のじゅうきんと比丘尼の八重禁。 八重禁は四重禁に、 女子として慎むべきそくはちふくずい芯蒭びっしゅを加えたもの。
学波若 波若を学修すること。 波若は梵語プラジュニャー (prajñā) の音写。 般若とも音写し、 智慧ちえみょうなどと漢訳する。 →般若はんにゃ
婬妷 邪婬じゃいんに同じ。 よこしまな性のまじわりをすること。
逼掠 迫りおびやかすこと。
毀辱 そしりはずかしめること。
諂曲 へつらうこと。
虚詐 いつわりあざむくこと。
信不相違 信頼を裏切らないこと。
我慢自大 おごりたかぶること。
無生解脱 さとりのこと。
觝突 角でつくものの意で、 牛などの畜類のこと。
貪噉 むさぼりくらうこと。
瞋嫌 いかりきらうこと。
違順愛憎して 心にしたがうものには貪愛とんないの心をいだき、 心に違うものには瞋憎しんぞうの思いをいだくこと。
大地微塵 大地を微塵 (物質の最小単位) にくだいたほどの数という意。
地獄経 ¬観仏かんぶつ三昧ざんまいきょう¼ からの取意の文。 同経は地獄のありさまを詳述しているのでこの称がある。
偃臥定まらず 横になって休むことができない。
楚撻 むちで打つこと。
荒越 荒れ乱れること。
盈流 あふれ流れること。
鳧雁 かも・かり。
眼精 目玉。
銅狗・鉄狗 銅の犬、 鉄の犬。
俄爾 たちまち。
僧祇 僧伽そうぎゃに同じ。
四支 両手両足。
獄種の衆生 地獄の罪人。
婉転腹行 体をくねらせ腹ばいになって進むこと。
諸情闇塞 もろもろの認識能力がくらくふさがっていること。
牽掣 ひきよせること。
聾盲瘖瘂疥癩癰疽 →補註10
厳飾 身を飾ること。
三悪 →三悪趣さんまくしゅ
怖懼 おそれおののくこと。
不起忍 しょう法忍ぼうにんに同じ。
底本は◎高田派専修寺蔵鎌倉時代刊本。 Ⓐ大谷大学蔵鎌倉時代刊本、 Ⓑ龍谷大学蔵(写字台旧蔵)室町時代刊本、 Ⓒ本派本願寺蔵版¬七祖聖教¼所収本 と対校。
→Ⓑ
→Ⓒ
→Ⓒ
→Ⓑ
→Ⓑ
往生→Ⓑ無量
→Ⓒ
→Ⓒ
→Ⓐ
→Ⓑ
→◎ⒶⒷ
→Ⓒ
→Ⓒ
→Ⓑ
→Ⓒ
→Ⓒ
→Ⓒ