たんしょう

 

 ^ひそかにあんめぐらして、 ほぼ*こんかんがふるに、 せん (*親鸞)*でん真信しんしんことなることをなげ*後学こうがく相続そうぞくわくあることをおもふにさいわひに*えんしきによらずは、 いかでか*ぎょう一門いちもんることをんや。 *まつたく*けんかくをもつて*りき*しゅうみだことなかれ。

して↢愚案↡、ほぼふるに↢古今↡、歎↠異ることを↢先師口伝之真信↡、思ふに↠有ことを↢後学相続之疑惑↡、幸↠依↢有縁知識↡者、いかで↠入ことを↢易行一門。全↢自見之覚語↡、莫↠乱こと↢他力之宗旨↡。

^よつて、 *親鸞しんらんしょうにんおんものがたりおもむきみみそことどむるところ、 いささかこれをしるす。 ひとへに同心どうしんぎょうじゃしんさんぜんがためなりと云々うんぬん

、故親鸞聖人御物語之趣、所↠留むる↢耳↡、いさゝか↠之。偏ため↠散むが↢同心行者之不審↡也

 

(1)

一 ^*弥陀みだ*誓願せいがん思議しぎにたすけられまゐらせて、 *おうじょうをばとぐるなりとしんじて*念仏ねんぶつもうさんとおもひたつこころのおこるとき、 *すなはち*摂取せっしゅしゃやく*あづけしめたまふなり。

^弥陀みだ*本願ほんがんには、 ろうしょう善悪ぜんあくのひとを*えらばれず、 ただ*信心しんじんようとすとしるべし。 そのゆゑは罪悪ざいあくじんじゅう*煩悩ぼんのう*じょう*しゅじょうをたすけんがためのがんにまします。

^しかれば、 本願ほんがんしんぜんにはぜんようにあらず、 念仏ねんぶつにまさるべきぜんなきゆゑに。 あくをもおそるべからず、 弥陀みだ本願ほんがんをさまたぐるほどのあくなきゆゑに云々うんぬん

 

(2)

一 ^*おのおののじゅうこくのさかひをこえて、 *しんみょうをかへりみずして、 たづねきたらしめたまふおんこころざし、 ひとへにおうじょう*極楽ごくらくのみちをひきかんがためなり。 しかるに念仏ねんぶつよりほかにおうじょうのみちをもぞんし、 また法文ほうもんとうをもしりたるらんと、 *こころにくくおぼしめしておはしましてはんべらんは、 おほきなるあやまりなり。 もししからば、 *なん北嶺ほくれいにも*ゆゆしきがくしょうたちおほくおわせられてそうろふなれば、 かのひとにもあひたてまつりて、 おうじょうようよくよくきかるべきなり。

^親鸞しんらんにおきては、 ただ念仏ねんぶつして、 弥陀みだにたすけられまゐらすべしと、 よきひと (*法然)おおせを*かぶりて、 しんずるほかに*べつさいなきなり。

^念仏ねんぶつは、 まことに*じょううまるるたねにてやはんべらん、 また*ごくにおつべきごうにてやはんべるらん、 *そうじてもつてぞんせざるなり。 たとひ法然ほうねんしょうにん*すかされまゐらせて、 念仏ねんぶつしてごくにおちたりとも、 *さらに後悔こうかいすべからずそうろふ。

^そのゆゑは*自余じよぎょうもはげみて*ぶつるべかりけるが、 念仏ねんぶつもうしてごくにもおちてそうらはばこそ、 すかされたてまつりてといふ後悔こうかいそうらはめ。 いづれのぎょうもおよびがたきなれば、 *とてもごく*いちじょうすみかぞかし

^*弥陀みだ本願ほんがんまことにおはしまさば、 *しゃくそんせっきょう虚言きょごんなるべからず。 仏説ぶっせつまことにおはしまさば、 *善導ぜんどうおんしゃく虚言きょごんしたまふべからず。 善導ぜんどうおんしゃくまことならば、 *法然ほうねんおおせそらごとならんや。 法然ほうねんおおせまことならば、 親鸞しんらんもうすむね、 またもつてむなしかるべからずそうろふか。

^せんずるところ、 しん信心しんじんにおきてはかくのごとし。 このうへは、 念仏ねんぶつをとりてしんじたてまつらんとも、 またすてんとも、 *面々めんめんおんはからひなりと云々うんぬん

 

(3)

一 ^善人ぜんにんなほもつておうじょうをとぐ。 *いはんや悪人あくにんをや。

^しかるをのひとつねにいはく、 「悪人あくにんなほおうじょうす。 いかにいはんや善人ぜんにんをや」。 このじょう*一旦いったんそのいはれあるにたれども、 *本願ほんがん*りきしゅにそむけり。 そのゆゑは*りきぜんのひとは、 ひとへにりき*たのむこころ*かけたるあひだ、 弥陀みだ本願ほんがんにあらず。 しかれども、 りきのこころをひるがへして、 りきをたのみたてまつれば、 *真実しんじつほうおうじょうをとぐるなり。

^*煩悩ぼんのうそくのわれらは、 いづれのぎょうにても*しょうをはなるることあるべからざるを、 あはれみたまひてがんをおこしたまふほん悪人あくにんじょうぶつのためなれば、 りきをたのみたてまつ悪人あくにんもつとも*おうじょうしょういんなり

^よつて善人ぜんにんだにこそおうじょうすれ、 まして悪人あくにんはと、 おおそうらひき

 

(4)

一 ^*慈悲じひしょうどうじょう*かはりめあり。

^しょうどう慈悲じひといふは、 *ものをあはれみ、 *かなしみ、 はぐくむなり。 しかれども、 おもふがごとく*たすけとぐること、 きはめてありがたし。

^じょう慈悲じひといふは、 念仏ねんぶつして、 いそぎぶつりて、 だいだいしんをもつて、 おもふがごとくしゅじょうやくするをいふべきなり。

^こんじょうに、 いかに*いとほし便びんとおもふとも、 *ぞんのごとくたすけがたければ、 この慈悲じひ*じゅうなし。 しかれば、 念仏ねんぶつもうすのみぞ、 *すゑとほりたるだい慈悲じひしんにてそうろふべきと云々うんぬん

 

(5)

一 ^親鸞しんらん父母ぶも*きょうようのためとて、 一返いっぺんにても念仏ねんぶつもうしたること、 いまだそうらはず。

^そのゆゑは、 一切いっさい*じょうはみなもつて*世々せせ生々しょうじょう父母ぶもきょうだいなり。 いづれもいづれも、 この*じゅんしょうぶつりてたすけそうろふべきなり。

^わがちからにてはげむぜんにてもそうらはばこそ、 念仏ねんぶつ*こうして父母ぶもをもたすけそうらはめ。

^ただ*りきをすてて、 いそぎじょうのさとりをひらきなば、 *六道ろくどう*しょうのあひだ、 いづれの*ごっにしづめりとも*神通じんずう方便ほうべんをもつて、 まづ*えん*すべきなり云々うんぬん

 

(6)

一 ^*専修せんじゅ念仏ねんぶつのともがらの、 わが弟子でし、 ひとの弟子でしといふ*相論そうろんそうろふらんこと、 *もつてのほかのさいなり。

^親鸞しんらん弟子でし一人いちにんももたずそうろふ。 そのゆゑは、 わがはからひにて、 ひとに念仏ねんぶつもうさせそうらはばこそ、 弟子でしにてもそうらはめ。 弥陀みだおんもよほしにあづかつて念仏ねんぶつもうそうろふひとを、 わが弟子でしもうすこと、 きはめたる*こうりょうのことなり。

^つくべきえんあればともなひ、 はなるべきえんあればはなるることのあるをも、 をそむきて、 ひとにつれて念仏ねんぶつすれば、 おうじょうすべからざるものなりなんどいふこと、 *不可ふかせつなり。 如来にょらいよりたまはりたる信心しんじんを、 わがものがほに、 とりかへさんともうすにや。 *かへすがへすもあるべからざることなり。

^*ねんのことわりにあひかなはば、 仏恩ぶっとんをもしり、 またおんをもしるべきなりと云々うんぬん

 

(7)

一 ^*念仏ねんぶつしゃ無礙むげ一道いちどうなり。 そのいはれいかんとならば、 信心しんじんぎょうじゃには、 *天神てんじん地祇じぎきょうぶくし、 かい*どうしょうすることなし。 罪悪ざいあく*業報ごうほうかんずることあたはず、 諸善しょぜんもおよぶことなきゆゑなりと云々うんぬん

 

(8)

一 ^念仏ねんぶつ*ぎょうじゃのために、 ぎょうぜんなり。 わがはからひにてぎょうずるにあらざれば、 ぎょうといふ。 わがはからひにてつくるぜんにもあらざれば、 ぜんといふ。 ひとへに*りきにして、 *りきをはなれたるゆゑに、 ぎょうじゃのためには、 ぎょうぜんなりと云々うんぬん

 

(9)

一 ^念仏ねんぶつもうそうらへども、 *やくかんのこころおろそかにそうろふこと、 またいそぎじょうへまゐりたきこころのそうらはぬは、 いかにとそうろふべきことにてそうろふやらんと、 *もうしいれてそうらひしかば、 ^親鸞しんらんもこのしんありつるに、 *唯円ゆいえんぼうおなじこころにてありけり。

^よくよくあんじみれば、 てんにをどりにをどるほどによろこぶべきことをよろこばぬにて、 いよいよおうじょういちじょう*おもひたまふなり。 よろこぶべきこころをおさへてよろこばざるは、 *煩悩ぼんのうしょなり。 しかるにぶつかねてしろしめして、 煩悩ぼんのうそくぼんおおせられたることなれば、 りき*がんはかくのごとし、 われらがためなりけりとしられて、 いよいよたのもしくおぼゆるなり。

^またじょうへいそぎまゐりたきこころのなくて、 いささか*所労しょろうのこともあれば、 なんずるやらんとこころぼそくおぼゆることも、 煩悩ぼんのうしょなり。 *おんごうよりいままで*てんせる*のうきゅうはすてがたく、 いまだうまれざる*あんにょうじょうはこひしからずそうろふこと、 まことによくよく煩悩ぼんのう*こうじょうそうろふにこそ。 なごりをしくおもへども、 *しゃえんきて、 ちからなくしてをはるときに、 かのへはまゐるべきなり。 いそぎまゐりたきこころなきものを、 ことにあはれみたまふなり。 これにつけてこそ、 いよいよだい大願だいがんはたのもしく、 おうじょうけつじょうぞんそうらへ。

^やくかんのこころもあり、 いそぎじょうへもまゐりたくそうらはんには、 煩悩ぼんのうのなきやらんと、 *あやしくそうらひなまし云々うんぬん

 

(10)

一 ^念仏ねんぶつには*無義むぎをもつてとす *不可ふかしょう不可ふかせつ不可ふか思議しぎのゆゑにとおおそうらひき。

 ^*そもそも、 かのざいしょうのむかし、 おなじくこころざしをして*あゆみをりょうえん洛陽らくようにはげまし、 しんをひとつにして、 こころ*当来とうらい*ほうにかけしともがらは、 どう*しゅをうけたまはりしかども、 そのひとびとにともなひて念仏ねんぶつもうさるるろうにゃく、 そのかずをしらずおはしますなかに、 しょうにん (親鸞)おおせにあらざる*異義いぎどもを、 近来きんらいはおほくおおせられあうてそうろふよし、 つたへうけたまはる。 いはれなき条々じょうじょうさいのこと。

 

(11)

一 ^*一文いちもんつうのともがらの念仏ねんぶつもうすに*あうて、 「*なんぢは*誓願せいがん思議しぎしんじて念仏ねんぶつもうすか、 また*みょうごう思議しぎしんずるか」 といひおどろかして、 ふたつの思議しぎさいをもぶんみょう*いひひらかずして、 ひとのこころをまどはすこと。

^このじょう、 かへすがへすもこころをとどめて、 *おもひわくべきことなり。

 ^*誓願せいがん思議しぎによりて、 やすくたもち、 となへやすき*みょうごう*あんじいだしたまひて、 このみょうをとなへんものをむかへとらんとおん約束やくそくあることなれば、 まづ弥陀みだだい大願だいがん思議しぎにたすけられまゐらせて、 しょうづべししんじて、 念仏ねんぶつもうさるる如来にょらいおんはからひなりとおもへば、 すこしもみづからのはからひまじはらざるがゆゑに、 本願ほんがん相応そうおうして、 *じっぽうおうじょうするなり。

^これは誓願せいがん思議しぎ*むねとしんじたてまつれば、 みょうごう思議しぎそくして、 誓願せいがんみょうごう思議しぎひとつにして、 さらにことなることなきなり。

^つぎにみづからのはからひをさしはさみて、 善悪ぜんあくのふたつにつきて、 おうじょうのたすけ・さはり、 二様ふたようにおもふは、 誓願せいがん思議しぎをばたのまずして、 *わがこころにおうじょうごうをはげみてもうすところの念仏ねんぶつをも*ぎょうになすなり。 このひとは、 みょうごう思議しぎをもまたしんぜざるなり。 しんぜざれども、 *へん*まん*じょうたいにもおうじょうして、 *すいがん (第二十願) のゆゑに、 つひにほうしょうずるは、 みょうごう思議しぎのちからなり。 これすなはち、 誓願せいがん思議しぎのゆゑなれば、 ただひとつなるべし。

 

(12)

一 ^経釈きょうしゃくをよみがくせざるともがら、 おうじょうじょうのよしのこと。

^このじょう、 すこぶる*そくごんといひつべし

 ^りき真実しんじつのむねをあかせるもろもろの*正教しょうぎょう本願ほんがんしん念仏ねんぶつもうさばぶつる。 そのほか、 *なにの学問がくもんかはおうじょうようなるべきや。

^まことに、 このことわりに*まよへらんひとは、 いかにもいかにも学問がくもんして、 本願ほんがんのむねをしるべきなり 経釈きょうしゃくをよみがくすといへども、 聖教しょうぎょうほんをこころえざるじょう、 もつとも便びんのことなり。

^一文いちもんつうにして、 経釈きょうしゃく*もしらざらんひとの、 となへやすからんためのみょうごうにおはしますゆゑに、 ぎょうといふ。 学問がくもんをむねとするはしょうどうもんなり、 なんぎょうとなづく。 あやまつて学問がくもんして*みょうもん*ようのおもひにじゅうするひと、 じゅんおうじょう、 いかがあらんずらんといふ*しょうもんそうろふべきや

^*とう専修せんじゅ念仏ねんぶつのひととしょうどうもんのひと、 法論ほうろんをくはだてて、 「わがしゅうこそすぐれたれ、 ひとのしゅうはおとりなり」 といふほどに、 法敵ほうてきできたり、 謗法ほうぼうもおこる。 これ*しかしながら、 みづからわがほうほうするにあらずや。

^たとひ諸門しょもんこぞりて、 「念仏ねんぶつ*かひなきひとのためなり、 そのしゅうあさし、 いやし」 といふとも、 さらにあらそはずして、 「われらがごとく*こんぼん一文いちもんつうのものの、 しんずればたすかるよし、 うけたまはりてしんそうらへば、 さらに*じょうこんのひとのためにはいやしくとも、 われらがためにはさいじょうほうにてまします。 たとひ*自余じよきょうぼうすぐれたりとも、 みづからがためには*りょうおよばざれば、 つとめがたし。 われもひとも、 しょうをはなれんことこそ、 諸仏しょぶつほんにておはしませば、 おんさまたげあるべからず」 とて、 *にくいせずは、 たれのひとかありて、 *あだをなすべきや。

かつはじょうろんのところにはもろもろの煩悩ぼんのうおこる、 しゃおんすべきよしの*しょうもんそうろふにこそ

^しょうにん (親鸞)おおせには、 「このほうをばしんずるしゅじょうもあり、 そしるしゅじょうもあるべしと、 ぶつきおかせたまひたることなれば、 われはすでにしんじたてまつる。 またひとありてそしるにて、 仏説ぶっせつまことなりけりとしられそうろふ。 しかれば、 おうじょうはいよいよいちじょうおもひたまふなり*あやまつてそしるひとのそうらはざらんにこそ、 いかにしんずるひとはあれども、 そしるひとのなきやらんともおぼえそうらひぬべけれ。

かくもうせばとて、 かならずひとにそしられんとにはあらず。 ぶつの、 かねて*信謗しんぼうともにあるべきむねをしろしめして、 ひとのうたがいをあらせじと、 きおかせたまふことをもうすなり」 とこそそうらひしか。

^いまには、 学文がくもんしてひとのそしりをやめ、 ひとへにろん問答もんどう*むねとせんと*かまへられそうろふにや。 学問がくもんせば、 いよいよ如来にょらいほんをしり、 がん広大こうだいのむねをもぞんして、 いやしからんにておうじょうはいかがなんどあやぶまんひとにも、 本願ほんがんには善悪ぜんあくじょうなきおもむきをもききかせられそうらはばこそ、 がくしょうのかひにてもそうらはめ。 たまたまなにごころもなく、 本願ほんがん相応そうおうして念仏ねんぶつするひとをも、 学文がくもんしてこそなんどいひおどさるること、 ほうしょうなり、 ぶつ怨敵おんてきなり。 みづからりき信心しんじんかくるのみならず、 あやまつてまよはさんとす。

^つつしんでおそるべし、 せん (親鸞)おんこころにそむくことを。 かねてあはれむべし、 弥陀みだ本願ほんがんにあらざることを。

 

(13)

一 ^弥陀みだ本願ほんがん思議しぎにおはしませばとて、 あくをおそれざるは、 また*本願ほんがんぼこりとて、 おうじょうかなふべからずといふこと。

^このじょう*本願ほんがんうたがふ、 善悪ぜんあく*宿しゅくごうをこころえざるなり。

 ^よきこころのおこるも、 *宿しゅくぜんのもよほすゆゑなり。 あくのおもはれせらるるも、 *悪業あくごうのはからふゆゑなり。 しょうにん (親鸞)おおせには、 「*もう羊毛ようもうのさきにゐるちりばかりもつくるつみの、 宿しゅくごうにあらずといふことなしとしるべし」 とそうらひき。

 ^またあるとき、 「唯円ゆいえんぼうはわがいふことをばしんずるか」 と、 おおせのそうらひしあひだ、 「*さんそうろふ」 と、 もうそうらひしかば、 「さらば、 *いはんことたがふまじきか」 と、 かさねておおせのそうらひしあひだ、 つつしんで*領状りょうじょうもうしてそうらひしかば、 「*たとへばひと千人せんにん*ころしてんや、 しからばおうじょういちじょうすべし」 と、 おおそうらひしとき、 「おおせにてはそうらへども、 一人いちにんもこのりょうにては、 *ころしつべしともおぼえずそうろふ」 と、 もうしてそうらひしかば、 「さてはいかに親鸞しんらんがいふことをたがふまじきとはいふぞ」 と。

^「これにてしるべし。 なにごとも*こころにまかせたることならば、 おうじょうのために千人せんにんころせといはんに、 すなはちころすべし。 しかれども、 一人いちにんにても*かなひぬべき業縁ごうえんなきによりて、 がいせざるなり。 わがこころのよくてころさぬにはあらず。 またがいせじとおもふとも、 ひゃくにん千人せんにんをころすこともあるべし」 と、 おおせのそうらひしかば、 われらがこころのよきをばよしとおもひ、 しきことをばしとおもひて、 がん思議しぎにてたすけたまふといふことをしらざることを、 おおせのそうらひしなり。

^*そのかみ*邪見じゃけんにおちたるひとあつて、 あくをつくりたるものをたすけんといふがんにてましませばとて、 わざとこのみてあくをつくりて、 おうじょうごうとすべきよしをいひて、 *やうやうにあしざまなることのきこえそうらひしとき、 しょうそくに、 「くすりあればとて、 どくをこのむべからず」 と、 *あそばされてそうろふはかのじゃしゅうをやめんがためなり。 まつたく、 あくおうじょうのさはりたるべしとにはあらず。

^*かいりつにてのみ本願ほんがんしんずべくは、 われらいかでかしょうをはなるべきやと。 かかるあさましきも、 本願ほんがんにあひたてまつりてこそ、 *げにほこられそうらへ。 さればとて、 *にそなへざらん悪業あくごうは、 よもつくられそうらはじものを。

^また、 「うみかわあみをひき、 つりをして、 をわたるものも、 やま*ししをかり、 とりをとりて、 *いのちをつぐともがらも、 あきなひをし、 田畠でんぱくをつくりてぐるひとも、 ただおなじことなり」 と。 「さるべき*業縁ごうえん*もよほさばいかなるふるまひもすべし」 とこそ、 しょうにん (親鸞)おおそうらひしに、 ^とう*後世ごせしゃぶりして、 よからんものばかり念仏ねんぶつもうすべきやうに、 あるいは*どうじょう*はりぶみをして、 *なんなんのことしたらんものをば、 どうじょうるべからずなんどといふこと、 ひとへに*賢善けんぜんしょうじんそうほかにしめして、 うちには*虚仮こけをいだけるものか。

^がんにほこりてつくらんつみも、 宿しゅくごうのもよほすゆゑなり。 さればきこともしきことも*業報ごうほうにさしまかせて、 ひとへに本願ほんがんをたのみまゐらすればこそ、 りきにてはそうらへ。 ¬唯信ゆいしんしょう¼ にも、 「*弥陀みだいかばかりのちからましますとしりてか、 *罪業ざいごうなればすくはれがたしとおもふべき」 とそうろふぞかし。

^本願ほんがんにほこるこころのあらんにつけてこそ、 りきをたのむ信心しんじんけつじょうしぬべきことにてそうらへ。

^おほよそ悪業あくごう煩悩ぼんのうだんつくしてのち、 本願ほんがんしんぜんのみぞ、 がんにほこるおもひもなくてよかるべきに、 煩悩ぼんのうだんじなば、 すなはちぶつり、 ぶつのためには、 *こうゆいがん、 その*せんなくやましまさん。

^本願ほんがんぼこりといましめらるるひとびとも、 煩悩ぼんのうじょうそくせられてこそそうろうげなれ。 それはがんにほこらるるにあらずや。 いかなるあく本願ほんがんぼこりといふ、 いかなるあくかほこらぬにてそうろふべきぞや。 *かへりて、 こころをさなきことか。

 

(14)

一 ^*一念いちねんはちじゅう億劫おくこうじゅうざいめっすとしんずべしといふこと。

^このじょうは、 *じゅうあく*ぎゃく罪人ざいにんごろ念仏ねんぶつもうさずして、 命終みょうじゅうのとき、 はじめて*ぜんしきのをしへにて、 一念いちねんもうせばはちじゅう億劫おくこうつみめっし、 じゅうねんもうせばはちじゅう億劫おくこうじゅうざいめっしておうじょうすといへり。 これはじゅうあくぎゃく*けいちょうをしらせんがために、 一念いちねんじゅうねんといへるか、 滅罪めつざいやくなり。 いまだわれらがしんずるところにおよばず。

^そのゆゑは弥陀みだこうみょうらされまゐらするゆゑに一念いちねんぽっするとき金剛こんごう信心しんじんたまはりぬれば、 すでに*じょうじゅくらいにをさめしめたまひて、 命終みょうじゅうすれば、 もろもろの煩悩ぼんのうあくしょうてんじて、 *しょうにんさとらしめたまふなり このがんましまさずは、 かかるあさましき罪人ざいにん、 いかでかしょうだつすべきとおもひて、 いっしょうのあひだもうすところの念仏ねんぶつは、 みなことごとく如来にょらいだいおんほうじ、 とくしゃすとおもふべきなり。

^念仏ねんぶつもうさんごとに、 つみをほろぼさんとしんぜんは、 すでに*われとつみして、 おうじょうせんとはげむにてこそそうろふなれ。 もししからば、 いっしょうのあひだおもひとおもふこと、 みな*しょうのきづなにあらざることなければ、 いのちきんまで念仏ねんぶつ退転たいてんせずしておうじょうすべし。 ただし業報ごうほう*かぎりあることなれば、 いかなる*思議しぎのことにもあひ、 また*びょうのうつうせめて、 *しょうねんじゅうせずしてをはらん。 念仏ねんぶつもうすことかたし。 そのあひだのつみをば、 いかがしてめっすべきや。 つみえざれば、 おうじょうはかなふべからざるか。

^摂取せっしゅしゃがんをたのみたてまつらば、 いかなる思議しぎありて、 罪業ざいごうををかし、 念仏ねんぶつもうさずしてをはるとも、 すみやかにおうじょうをとぐべし。 また*念仏ねんぶつもうされんも、 ただいまさとりをひらかんずるのちかづくにしたがひても、 いよいよ弥陀みだをたのみ、 おんほうじたてまつるにてこそそうらはめ。

^つみめっせんとおもはんは、 りきのこころにして、 りんじゅうしょうねんといのるひとのほんなれば、 りき信心しんじんなきにてそうろふなり。

 

(15)

一 ^煩悩ぼんのうそくをもつて、 *すでにさとりをひらくといふこと。

^このじょう、 もつてのほかのことにそうろふ。

 ^*即身そくしんじょうぶつ*真言しんごんきょうほん*三密さんみつぎょうごうしょうなり。 *六根ろっこん清浄しょうじょうはまた*ほっいちじょう所説しょせつ*安楽あんらくぎょう*感徳かんとくなり。 これみななんぎょうじょうこんのつとめ、 *観念かんねんじょうじゅのさとりなり。 らいしょう開覚かいかくりきじょうしゅう信心しんじんけつじょう*つうなり。 これまたぎょうこんのつとめ、 *けん善悪ぜんあくほうなり。

^おほよそこんじょうにおいては、 煩悩ぼんのうあくしょうだんぜんこと、 きはめてありがたきあひだ、 真言しんごんほっぎょうずる*じょうりょ、 なほもつてじゅんしょうのさとりをいのる。 いかにいはんや、 *かいぎょう慧解えげともになしといへども弥陀みだ願船がんせんじょうじて、 しょうかいをわたり、 ほうきしにつきぬるものならば、 煩悩ぼんのう黒雲こくうんはやくれ、 ほっしょう*覚月かくげつすみやかにあらはれて、 じん十方じっぽう無礙むげこうみょういちにして、 一切いっさいしゅじょうやくせんときにこそ、 さとりにてはそうらへ。

^このをもつてさとりをひらくとそうろふなるひとは、 しゃくそんのごとく、 種々しゅじゅおうをもげんじ、 *さんじゅうそう*はちじゅうずいぎょうこうをもそくして、 説法せっぽうやくそうろふにや。 これをこそ、 こんじょうにさとりをひらくほんとはもうそうらへ。 ¬さん¼ (*高僧和讃) にいはく、 「金剛こんごうけん信心しんじんの さだまるときをまちえてぞ 弥陀みだ心光しんこうしょうして ながくしょうをへだてける」 とそうろふは、 信心しんじんさだまるときに、 ひとたび摂取せっしゅしててたまはざれば、 六道ろくどうりんすべからず。 しかれば、 ながくしょうばへだてそうろふぞかし。 かくのごとくしるを、 さとるとはいひまぎらかすべきや。 あはれにそうろふをや。

^*じょうしんしゅうには、 こんじょう本願ほんがんしんじて、 かのにしてさとりをばひらくとならひそうろふぞ」 とこそ、 しょうにん (親鸞)おおせにはそうらひしか。

 

(16)

一 ^信心しんじんぎょうじゃねんにはらをもたて、 あしざまなることをもをかし、 *同朋どうぼう同侶どうりょにもあひて口論こうろんをもしては、 かならず*しんすべしといふこと。

^このじょう*断悪だんあく修善しゅぜんのここちか。

 ^*一向いっこう専修せんじゅのひとにおいては、 *しんといふこと、 ただひとたびあるべし。 そのしんは、 ごろ本願ほんがんりきしんしゅうをしらざるひと、 弥陀みだ智慧ちえをたまはりて、 ごろのこころにてはおうじょうかなふべからずとおもひて、 *もとのこころをひきかへて、 本願ほんがんをたのみまゐらするをこそ、 しんとはもうそうらへ。

^一切いっさいに、 あしたゆふべにしんして、 おうじょうをとげそうろふべくは、 ひとのいのちは、 づるいきるほどをまたずしてをはることなれば、 しんもせず、 *にゅう忍辱にんにくのおもひにもじゅうせざらんさきにいのちˆなˇ ば、 摂取せっしゅしゃ誓願せいがんはむなしくならせおはしますべきにや。

^くちには願力がんりきをたのみたてまつるといひて、 こころには*さこそ悪人あくにんをたすけんといふがん思議しぎにましますといふとも、 *さすがよからんものをこそたすけたまはんずれと*おもふほどに、 願力がんりきうたがひ、 りきをたのみまゐらするこころかけて、 へんしょうをうけんこと、 もつともなげきおもひたまふべきことなり。

^信心しんじんさだまりなば、 おうじょう弥陀みだにはからはれまゐらせてすることなれば、 わがはからひなるべからず。 わろからんにつけても、 いよいよ願力がんりきあおぎまゐらせば、 ねんのことわりにて、 にゅう忍辱にんにくのこころもでくべし。 すべてよろづのことにつけて、 おうじょうには*かしこきおもひをせずして、 ただほれぼれと弥陀みだおんじんじゅうなること、 つねはおもひいだしまゐらすべし。 しかれば、 念仏ねんぶつ*もうされそうろふ。 これねんなり。 わがはからはざるを、 ねんもうすなり。 これすなはちりきにてまします。

^しかるを、 ねんといふことのべつにあるやうに、 *われものしりがほにいふひとのそうろふよしうけたまはる、 あさましくそうろふ。

 

(17)

一 ^へんおうじょうをとぐるひと、 つひにはごくにおつべしといふこと。

^このじょう、 なにのしょうもんにみえそうろふぞや。 *がくしょうだつるひとのなかに、 いひいださるることにてそうろふなるこそ、 あさましくそうらへ。 きょうろん正教しょうぎょうをば、 いかやうにみなされそうろふらん。

 ^信心しんじんかけたるぎょうじゃは、 本願ほんがんうたがふによりて、 へんしょうじて、 うたがいつみをつぐのひてのち、 *ほうのさとりをひらくとこそ、 うけたまはりそうらへ。

^信心しんじんぎょうじゃすくなきゆゑに、 *化土けどにおほくすすめいれられそうろふを、 つひに*むなしくなるべしとそうろふなるこそ、 *如来にょらいもうもうしつけまゐらせられそうろふなれ

 

(18)

一 ^*仏法ぶっぽうかたに、 *にゅうもつしょうにしたがつてだいしょうぶつになるべしといふこと。

^このじょう不可ふかせつなり、 不可ふかせつなり。 *きょうのことなり。

 ^まづ、 ぶつだいしょうぶんりょうさだめんこと、 あるべからずそうろふか。 かのあんにょうじょうきょうしゅ (阿弥陀仏)*しんりょうかれてそうろふも、 それは*方便ほうべん報身ほうじんのかたちなり。 ほっしょうのさとりをひらいて、 ちょうたん方円ほうえんのかたちにもあらず、 しょうおうしゃくびゃくこくのいろをもはなれなば、 なにをもつてかだいしょうさだむべきや。

^念仏ねんぶつもうすに、 ぶつをみたてまつるといふことのそうろふなるこそ、 「大念だいねんには大仏だいぶつしょうねんにはしょうぶつる」 (*大集経・意) といへるが、 もし*このことわりなんどにばし、 ひきかけられそうろふやらん。

^かつはまた、 *だん波羅はらみつぎょうともいひつべし。 いかにたからもの仏前ぶつぜんにもなげ、 しょうにもほどこすとも、 信心しんじんかけなば、 そのせんなし。 いっ半銭はんせん仏法ぶっぽうかたれずとも、 りきにこころをなげて信心しんじんふかくは、 それこそがんほんにてそうらはめ。

^すべて仏法ぶっぽう*ことをよせて、 けん欲心よくしんもあるゆゑに、 同朋どうぼうをいひおどさるるにや。

 

後序

 ^*みぎ条々じょうじょうは、 みなもつて信心しんじんことなるよりことおこりそうろふか。 しょうにん (親鸞)おんものがたりに、 法然ほうねんしょうにん御時おんときおん弟子でしそのかずおはしけるなかに、 おなじく信心しんじんのひともすくなくおはしけるにこそ、 親鸞しんらんおん同朋どうぼう御中おんなかにして相論そうろんのことそうらひけり。

^そのゆゑは、 「善信ぜんしん (親鸞)信心しんじんも、 しょうにん (法然)信心しんじんひとつなり」 とおおせのそうらひければ、 *勢観せいかんぼう*念仏ねんぶつぼうなんどもうおん同朋どうぼうたち*もつてのほかにあらそひたまひて、 「いかでかしょうにん信心しんじん善信ぜんしんぼう信心しんじんひとつにはあるべきぞ」 とそうらひければ、 「しょうにんおん智慧ちえ*才覚さいかくひろくおはしますに、 ひとつならんともうさばこそ*ひがごとならめ。 おうじょう信心しんじんにおいては、 まつたくことなることなし、 ただひとつなり」 と返答へんとうありけれども、 なほ 「いかでかそのあらん」 といふなんありければ、 せんずるところ、 しょうにんおんまへに*自他じた是非ぜひさだむべきにて、

^このさいもうしあげければ、 法然ほうねんしょうにんおおせには、 「源空げんくう信心しんじんも、 如来にょらいよりたまはりたる信心しんじんなり。 善信ぜんしんぼう信心しんじんも、 如来にょらいよりたまはらせたまひたる信心しんじんなり。 さればただひとつなり。 べつ信心しんじんにておはしまさんひとは、 源空げんくう*まゐらんずるじょうへは、 *よもまゐらせたまひそうらはじ」 とおおそうらひしかば、 ^*とう一向いっこう専修せんじゅのひとびとのなかにも親鸞しんらん信心しんじんひとつならぬおんこともそうろふらんとおぼえそうろふ。

^いづれもいづれも*ごとにてそうらへども、 きつけそうろふなり。 *めいわづかに*そうにかかりてそうろふほどにこそ、 あひともなはしめたまふひとびと〔の〕しんをもうけたまはり、 しょうにん (親鸞)おおせのそうらひしおもむきをももうしきかせまゐらせそうらへども、 *閉眼へいがんののちは、 *さこそ*しどけなきことどもにてそうらはんずらめと、 なげぞんそうらひて、

*かくのごとくのども、 おおせられあひそうろふひとびとにも、 いひまよはされなんどせらるることのそうらはんときは、 しょうにん (親鸞)おんこころにあひかなひておんもちゐそうろ*おん聖教しょうぎょうどもを、 よくよくらんそうろふべし。 おほよそ聖教しょうぎょうには、 *真実しんじつ*ごんともにあひまじはりそうろふなり。 ごんをすててじつをとり、 をさしおきてしんをもちゐるこそ、 しょうにん (親鸞)ほんにてそうらへ。 *かまへてかまへて聖教しょうぎょうをみ、 みだらせたまふまじくそうろふ。

*大切たいせつしょうもんども、 少々しょうしょうぬきいでまゐらせそうろうて、 *やすにして、 このしょへまゐらせてそうろふなり

^しょうにん (親鸞) のつねのおおせには、 「弥陀みだこうゆいがんをよくよくあんずれば、 ひとへに親鸞しんらん一人いちにんがためなりけり。 されば*それほどのごうをもちけるにてありけるを、 たすけんとおぼしめしたちける本願ほんがんのかたじけなさよ」 とじゅっかいそうらひしことを、 いままたあんずるに、 善導ぜんどうの 「しんはこれげん罪悪ざいあくしょうぼん曠劫こうごうよりこのかたつねにしづみつねにてんして、 しゅつえんあることなきとしれ」 (*散善義) といふ金言きんげんに、 すこしもたがはせおはしまさず。 さればかたじけなく、 わがおんにひきかけて、 われらが罪悪ざいあくのふかきほどをもしらず、 如来にょらいおんのたかきことをもしらずしてまよへるを、 おもひしらせんがためにてそうらひけり。

^まことに如来にょらいおんといふことをば沙汰さたなくして、 われもひとも、 よしあしといふことをのみもうしあへり。

しょうにんおおせには、 「善悪ぜんあくのふたつ、 そうじてもつてぞんせざるなり。 そのゆゑは、 如来にょらいおんこころにしとおぼしめすほどにしりとほしたらばこそ、 きをしりたるにてもあらめ、 如来にょらいしとおぼしめすほどにしりとほしたらばこそ、 しさをしりたるにてもあらめど煩悩ぼんのうそくぼん*たくじょうかいは、 よろづのこと、 みなもつてそらごとたはごと、 まことあることなきに、 ただ念仏ねんぶつのみぞまことにておはします」 とこそおおせはそうらひしか。

まことに、 われもひともそらごとをのみもうしあひそうろふなかに、 ひとついたましきことのそうろふなり。 そのゆゑは、 念仏ねんぶつもうすについて、 信心しんじんおもむきをもたがひに問答もんどうし、 ひとにもいひきかするとき、 ひとのくちをふさぎ、 相論そうろんをたたんがために、 まつたくおおせにてなきことをもおおせとのみもうすこと、 あさましくなげぞんそうろふなり。 このむねをよくよく*おもひとき、 こころえらるべきことにそうろふ。

^これさらに*わたくしのことばにあらずといへども、 経釈きょうしゃくもしらず、 法文ほうもん浅深せんじんをこころえわけたることもそうらはねば、 さだめてをかしきことにてこそそうらはめども、 *親鸞しんらんおおせごとそうらひしおもむきひゃくぶんひとつ、 *かたはしばかりをもおもひいでまゐらせて、 きつけそうろふなり。 かなしきかなや、 さいはひに念仏ねんぶつしながら、 じきほううまれずして、 へん宿やどをとらんこと。 *一室いっしつぎょうじゃのなかに、 信心しんじんことなることなからんために、 なくなくふでめてこれをしるす。 なづけて ¬たんしょう¼ といふべし。 ^*外見あるべからず。

 

流罪記録

 ^*後鳥ごとばのいん*ぎょ法然ほうねんしょうにんりき本願ほんがん念仏ねんぶつしゅうこうぎょうす。 ときに、 *興福こうぶく僧侶そうりょ*敵奏てきそううえおん弟子でしのなか、 *狼籍ろうぜきさいあるよし、 *じつ風聞ふうぶんによりてざいしょせらるる人数にんじゅこと

一 ^法然ほうねんしょうにんならびにおん弟子でし七人しちにんざい。 またおん弟子でしにんざいにおこなはるるなり。

^しょうにん (法然)*さのくに 幡多はた といふところざいざいみょう*ふじいの元彦もとひこおとこ云々うんぬんしょうねん*しちじゅう六歳ろくさいなり。

 ^親鸞しんらんえちごのくにざいみょう*ふじいの善信よしざね云々うんぬんしょうねんさんじゅうさいなり。

 ^*じょうもんぼう びんごのくに *ちょう西さい禅光ぜんこうぼう 伯耆ほうきのくに *こうかくぼう ずのくに *ぎょうくう法本ほうほんぼう どのくに

 ^*幸西こうさいじょうかくぼう*ぜんぼうにんおなじくおんさだまる。 しかるに*どう善題ぜんだいだいそうじょう、 これをもうしあづかると云々うんぬんおん人々ひとびとじょう八人はちにんなりと云々うんぬん

 ^ざいおこなはるる人々ひとびと

 一番いちばん 西さい*ぜんしゃくぼう

 ばん *しょうがんぼう

 三番さんばん *じゅうれんぼう

 ばん *安楽あんらくぼう

 *いの法印ほういんそんちょう沙汰さたなり。

 ^親鸞しんらんそうあらためてぞくみょうたまふ。 よつて*そうにあらずぞくにあらず、 しかるあひだ、 禿とくをもつてしょうとなして、 奏聞そうもんられをはんぬ。 かのおんもうじょう、 いまに*きのちょうおさまると云々うんぬん^ざい以後いご*禿とく親鸞しんらんかしめたまふなり。

親鸞、改↢僧儀↡賜↢俗名↡。仍↠僧↠俗、然間、以↢禿↡為して↠姓、被↠経↢奏聞↡了。彼御申状、于今外記庁に納と。 流罪以後、愚禿親鸞令↠書給也。

^みぎこの聖教しょうぎょうは、 *とうりゅうだい聖教しょうぎょうとなすなり。 *宿しゅくぜんにおいては、 *左右さうなく、 これをゆるすべからざるものなり。

右斯聖教者、為当流大事聖教也。於無宿善機、無左右、不可許之者也。

                         しゃく*蓮如れんにょ (花押)

古今 親鸞聖人在世の昔と滅後の今。
口伝の真信 口から直接に伝えられた真実の信心。
後学相続の疑惑 後の者が教えを受け継いでゆくについての疑いや惑い。
有縁の知識 深い因縁いんねんに結ばれた仏道の師。
易行の一門 ぎょうどうのこと。
まったく 決して。
自見の覚語 自分勝手な見解の意で、 口伝の真信に対し、 自己の見解をもって信心を定めることをいう。 「自見の覚悟」 とする異本もあるが、 意は同じ。
序の漢文は本願寺蔵蓮如上人書写本より。
すなはち ただちに。 即時に。
あづけしめたまふなり (摂取せっしゅしゃやくを) お与えくださるという意。
えらばれず わけへだてなさらない。
熾盛 はげしくさかんなこと。
おのおの あなた方。 関東から京都の親鸞聖人のところへ信仰上の疑問をただしに来た人々。
身命をかへりみずして 命がけで。
こころにくく はっきりと知りたく。
ゆゆしき学生 すぐれた学僧。
かぶりて いただいて。
別の子細 格別なわけ。
総じて 全く。
自余の行 念仏以外のぎょうごう
仏に成るべかりける身 仏になれたはずの身。
とても どうあっても。
善導の御釈 ¬観経疏¼ 等を指す。
面々の御はからひ 各自のお考え。
いはんや悪人をや まして悪人 (が往生するの) はいうまでもない。 悪人とはどのような行によってもしょうを離れることのできないぼんのう具足のわれら。 →悪人正機補註3
自力作善のひと 自力で修めた善によって往生しようとする人。
かけたるあひだ 欠けているから。
煩悩具足 あらゆる煩悩を身にそなえているという意。
往生の正因 他力をたのむこころが往生の正因であるとする説、 他力をたのむ悪人が往生の正機であるとする説などがある。
かはりめ 区別。 ちがい。
もの しゅじょうのこと。
かなしみ いとおしみ。 かわいがり。
たすけとぐること 完全に救いとること。
いとほし かわいそうだ。
存知のごとく 思い通りに。
始終なし 終始一貫しない。 徹底しない。
すゑとほりたる 最後まで一貫した。 徹底した。
世々生々の 何度となく生れ変る間の。
順次生 現在の命が終って、 次に受ける生。
神通方便 自由自在で不可思議なはたらき。
度す さいする。 迷いの世界 (此岸) のしゅじょうをさとりの世界 (彼岸) にわたすこと。
相論 言い争い。
もつてのほかの子細 とんでもないこと。
荒涼 途方もないこと。 とんでもないこと。
不可説 とんでもないこと。
かへすがへすも 決して。
念仏者は… 念仏の行者は無礙の一道 (何ものにもさまたげられないひとすじの道) を歩む者という意。 「念仏者は」 の 「は」 を 「者」 に添えたみ仮名とみて、 「念仏は」 と読む説がある。 その場合、 念仏は無礙の一道であるという意になるが、 いずれにしても念仏の法が無礙道であるから、 念仏者は何ものにもさまたげられないことを明かしている。
業報 善悪の業を因としてそれに応ずる結果としての苦楽の報い。 →補註5
行者のために 念仏を行ずる人にとって。
踊躍歓喜 おどりあがってよろこぶこと。
申しいれて ここではお尋ねしてという意。
おもひたまふなり ここでの 「たまふ」 は謙譲の補助動詞ともいわれるが、 その場合、 通常は 「おもひたまふるなり」 となる。 底本以外の多くの古写本には 「おもひたまふべきなり」 とある。 この場合の 「たまふ」 は尊敬の補助動詞である。
所労 病気。
苦悩の旧里 苦悩にみちた故郷。 迷いの世界をいう。
興盛 つよく盛んなこと。
あやしく候ひなまし 疑わしく思われるであろう。
そもそも… 第十条の後半は親鸞聖人の滅後に異義の生じたことを歎くものであり、 第十一条以下の序の体裁をとっている。 また、 底本以外のすべての古写本に改行がみられないので、 この箇所を含む第十条全体を第十一条以下の序説とみる説もある。
あゆみを…はげまし はるかに遠い京都まで足を運び。 遼遠ははるかに遠いこと。 洛陽は京都の別称。
当来 来世。 来生。
御意趣 (親鸞聖人の) お考え。
一文不通 文字のひとつも知らない。
あうて 向かって。 対して。
なんぢは…信ずるか 本来は一つである本願とみょうごうを別物のように分別して、 誓願せいがん不思議を信ずるものは往生できるが、 名号不思議を信じて念仏するものは往生できないと主張した誓名別信の異議。
いひひらかずして 説き明かさないで。
おもひわく 考え定める。
案じいだし 考えだす。 工夫してつくりだす。
むねと ひとすじに。 もっぱら。
わがこころに 自分のはからいでもって。
自行 阿弥陀如来より与えられた念仏を、 自分の力でなしている行とみなすこと。
果遂 はたしとげるという意。 親鸞聖人は、 一には方便化土けど往生を、 二には第十八願 (がん) への転入をはたしとげさせる意とするが、 ここでは方便化土から真実報土への転入をはたしとげさせる意となっている。
不足言の義 論じるまでもない誤った考え。
なにの学問かは… 浄土に往生するために、 どのような学問が必要であろうか、 (いや必要ではない)。
迷へらんひと 迷っている人。
往く路 筋道。
証文 証拠となる文。
かひなきひと 能力のない人。
上根 根はこんの意。 仏道を修める能力のすぐれた者。
自余の教法 念仏以外の教え。
器量 才能。 力量。
にくい気せずは 憎らしい様子 (態度・風情) をしなければ。
あだ ここではさまたげ。
証文 ¬おうじょうようしゅう¼ (中) 所引の ¬宝積経¼ の文、 同文にもとづく 「七箇条制誡」 第二条の文。 ここではとくに後者の文を指す。
あやまつて まかり間違って。
信謗 仏法を信じる者とそしる者。
むねとせん 一番大切なこととしよう。 主目的にしよう。
かまへられ候ふにや 心がけておられるのであろうか。
本願を疑ふ善悪の… 本願を疑うことであり、 それはまた善悪の宿業を心得ていないことである。
卯毛羊毛の… きわめて微細なものの喩え。
さん候ふ さようでございます。 ここでは 「はい、 信じます」 という意。
いはんことたがふまじきか (私が) いうことに背かないか。
領状 承諾すること。 領掌、 領承とも書く。
たとへば まずもって。
ころしてんや 殺してくれないか。
ころしつべしとも… 殺すことなどできるとは思えません。
こころにまかせたる 思い通りになる。
かなひぬべき業縁 思い通りに (殺すことのできる) 縁。
そのかみ かつて。 その昔。
やうやうに 次第に。
あそばされて ここではお書きになってという意。
持戒持律 戒律を守って犯さないこと。
げにほこられ候へ 本当に (本願を) ほこり甘えることができるのである。
身にそなへざらん悪業… まさか自分に縁のない行いをすることなどできないであろう。
しし その肉を食用とする獣の総称。 猪、 鹿など。
いのちをつぐ 命をつなぐ。 生活する。
もよほさば  「もよほせば」 とする異本がある。
はりぶみをして (禁制を記した) 張紙。
なんなん 何々。 これこれ。
弥陀・罪業 ¬唯信鈔¼ の原文には 「仏」 「罪悪」 とある。
五劫思惟の願 阿弥陀仏がいん法蔵ほうぞう菩薩の時、 一切しゅじょうを平等に救うために、 五劫という長い間思惟をめぐらし立てた誓願せいがん
詮なく かいがなく。 無意味で。
かへりて (本願ぼこりはよくないというのは) むしろ考えが幼いのではないか。
一念に… 一声の念仏で八十億劫という長い間、 しょうてんしなければならないほどの重罪を消すということ。 ¬観経¼ の下下品に 「十念を具足して南無阿弥陀仏と称せしむ。 仏名を称するがゆゑに、 念々のなかにおいて八十億劫の生死の罪を除く」 とある。
軽重 (罪の) 重さ。
われと 自分の力で。
生死のきづな 生死てんの迷いの世界につなぎとめる綱。
かぎり 制限された定まり。
不思議のこと 不慮のこと。 思いがけないこと。
病悩苦痛せめて 病気に悩まされ苦痛に責められて。
正念 臨終正念の意。 死に臨んで、 妄念を起すことなく、 正しく阿弥陀仏を念じていること。
念仏の申されんも (臨終の時) 念仏することができるとしても。
すでに この世ですでにという意。
真言秘教 みっきょうのこと。
三密行業 しん口意くい三密さんみつの実践法。
六根清浄 げんぜつしん六根ろっこんが清浄となること。 ¬法華ほけきょう¼ をじゅどくじゅせつ・書写する五種の行を修めることによって得られるという。
法華一乗 ¬法華経¼ に説く一仏乗の教え、 つまりてんだいの教えを指す。
四安楽の行 ¬法華経¼ 「安楽行品」 に説かれる四種の行法。 身安楽行・口安楽行・意安楽行・誓願せいがん安楽行の四をいう。 身口意のはたらきにおいてあやまちを離れ、 すべてのしゅじょうをさとりに導こうという慈悲の誓願をおこすこと。
感徳 修行の結果、 得られるどく。 「威徳」 とする異本がある。
通故 例外のない道理の意。 「道なるがゆゑ」 「通ずるゆゑ」 とする異本がある。
不簡善悪の法 善人と悪人とをわけへだてしない教法。
浄侶 清僧。 徳の高い僧。
戒行慧解 戒律を持つことと、 智慧ちえによって仏法のりょうすること。
覚月 ほっしょうのさとりを月に喩える。 前の 「煩悩の黒雲」 の対句。
同朋同侶 同じ教えを奉ずる仲間。 →補註13
回心 ここでは悪心を改悔する回心さんの意。
断悪修善のここち 悪を断ち切り、 善を修めて浄土に往生しようという考え。
もとのこころをひきかへて 自力のこころをひるがえして。
柔和忍辱のおもひ やすらかで、 落ち着いた思い。
さこそ…いふとも いくら…といっても。
さすが そうはいうものの。 それでもやはり。
おもふほどに 思うから。
かしこきおもひ こざかしい考え。
申され 自然に称えられる。
われ物しりがほにいふひと 自分だけがいかにも知っているかのようにふるまう人。
学生だつるひと 学者ぶった人。
むなしくなる いたずらごとになる。 むだになる。
如来に虚妄を… 釈尊が嘘いつわりをいわれたと取りざたするという意。
仏法の方 仏事関係、 あるいは寺院や道場のこと。
施入物 布施ふせとして寄進する金品。
比興のこと 不具合なこと。 道理にあわないこと。
御身量 ¬観経¼ の真身観に 「仏身ぶっしんの高さ六十万億由他ゆたごうしゃじゅんなり」 とある。
方便報身 真実報身に対したもので方便の報身、 すなわち方便しんのこと。
このことわりなんどにばし この説などにでも。
檀波羅蜜 梵語ダーナ・パーラミター (dāna-pāramitā) の音写。 布施ふせ波羅密のこと。 →ろっ波羅ぱらみつ
ことをよせて かこつけて。
右条々 第十一条以下の各条を指す。
もつてのほかに 意外なことに。
才覚 学才。 学識。
自他の是非を定むべき 自分と他人とどちらの主張が正しいかを決めよう。
まゐらんずる 参るであろう。
よも まさか。
繰り言 同じことを繰り返し言うこと。 つまらないこと。
露命 消えやすい露のようにはかない命。
枯草の身 枯れ草のように老い衰えた身。
閉眼 死ぬこと。
さこそ さぞかし。 きっと。
しどけなきこと しまりがないこと。 ここでは異議がはびこるさまを指していう。
かくのごとくの義 先にあげたような異議。
御聖教ども ¬唯信鈔¼ ¬自力他力事¼ ¬後世物語¼ 等を指す。
かまへてかまへて よくよく注意して。
大切の証文 すでに散逸して存しないとする説、 第一条から第十条までの法語とする説、 すぐ後に出る 「弥陀の五劫思惟の願…」 と 「善悪のふたつ…」 の二文とする説、 末尾の流罪記録が散逸した証文の残欠であるとする説などがある。
目やす 箇条書きにした文書。 または標準の意。
それほどの 底本およびせんしょうぼん以外の多くの古写本では 「そくばくの」 とありる。 その場合は 「多くの」 の意。
おもひとき よく考えて理解し。
わたくしのことば 自分ひとりの勝手なことば。
古親鸞 「いにしへ親鸞」 とする異本がある。
かたはし ほんのすこし。
一室の行者 同じ念仏の教えをうけた同門の人々。
外見あるべからず 同門の人以外に見せないでほしい。
御宇 御治世。 在位期間。
敵奏の上 仏敵として朝廷にそうじょうをもって訴え出た上に。
狼籍子細あるよし 道にはずれた行為に糾弾されるべき理由があるということ。
無実の風聞 事実無根の風評。
土佐国 現在の高知県。 ほうねん上人は実際には讃岐さぬき (現在の香川県) に留まった。
七十六歳 建永二年 (承元元年・1207) は法然上人七十五歳であった。
無動寺の善題大僧正 無動寺はえいざんの東塔にあった寺。 善題大僧正はえん (慈鎮) を指す。
二位法印尊長 正二位権中納言いちじょう能保よしやすの子。 法勝寺などの執行となった。 「法印」 は法印だいしょう位の略で、 僧位の最高位。
外記庁 詔勅しょうちょくの起草・上奏文の記録などをつかさどる役所。
無宿善の機 宿善のない者。 仏の教えを聞く機縁が熟していない者。
左右なく たやすく