尊号そんごう真像しんぞう銘文めいもん ほん

 

尊号銘文
  ¬大経¼
    第十八願文

【1】 ^¬*だいりょう寿じゅきょう¼にのたまわく*せつ得仏とくぶつ 十方じっぽうしゅじょう しんしんぎょう よくしょうこく ないじゅうねん にゃくしょうじゃ しゅしょうがく 唯除ゆいじょぎゃく ほうしょうぼう(上) 文

¬大無量寿経¼言、「設我得仏、十方衆生、至心信楽、欲生我国、乃至十念、若不生者、不取正覚、唯除五逆誹謗正法。」

 ^だいりょう寿じゅきょうごん」 といふは、 *如来にょらい*じゅう八願はちがんきたまへる*きょうなり。

^せつ得仏とくぶつ」 といふは、 もしわれぶつたらんときといふことばなり。

^十方じっぽうしゅじょう」 といふは、 *十方じっぽうのよろづの*しゅじょうといふなり。

^しんしんぎょう」 といふは、 「*しん」 は*真実しんじつもうすなり、 真実しんじつもうすは如来にょらいおんちかひの真実しんじつなるをしんもうすなり。 *煩悩ぼんのうそくしゅじょうは、 もとより真実しんじつしんなし、 清浄しょうじょうしんなし、 *じょくあく邪見じゃけんのゆゑなり。 「*しんぎょう」 といふは、 如来にょらい本願ほんがん真実しんじつにましますを、 *ふたごころなくふかくしんじてうたがはざれば、 しんぎょうもうすなり。 この 「しんしんぎょう」 は、 すなはち十方じっぽうしゅじょうをしてわが真実しんじつなる*誓願せいがんしんぎょうすべしとすすめたまへるおんちかひのしんしんぎょうなり、 *ぼん*りきのこころにはあらず。

^よくしょうこく」 といふは、 *りきしんしんぎょうのこころをもつて、 *安楽あんらくじょううまれんとおもへとなり。

^ないじゅうねん」 ともうすは、 如来にょらいのちかひの*みょうごうをとなへんことをすすめたまふに、 遍数へんじゅさだまりなきほどをあらはし、 せつさだめざることをしゅじょうにしらせんとおぼしめして、 *ないのみことを*じゅうねんのみなにそへてちかひたまへるなり。 如来にょらいよりおんちかひをたまはりぬるには、 *じんじょうせつをとりて*りんじゅうしょうねんをまつべからず、 ただ如来にょらいしんしんぎょうをふかくたのむべしとなり。 この*真実しんじつ信心しんじんをえんとき、 *摂取せっしゅしゃ*心光しんこうりぬれば、 *正定しょうじょうじゅくらいさだまるとみえたり。

^にゃくしょうじゃしゅしょうがく」 といふは、 「*にゃくしょうじゃ」 はもしうまれずはといふみことなり。 「*しゅしょうがく」 はぶつらじとちかひたまへるみのりなり。 このこころは、 すなはちしんしんぎょうをえたるひと、 わが*じょうにもしうまれずは、 ぶつらじとちかひたまへるのりなり。

この本願ほんがん*やうは、 ¬唯信ゆいしんしょう¼ によくよくみえたり。 *唯信ゆいしん」 ともうすは、 すなはちこの真実しんじつしんぎょうをひとすぢにとるこころをもうすなり。

^*唯除ゆいじょぎゃくほうしょうぼう」 といふは、 「唯除ゆいじょ」 といふはただのぞくといふことばなり。 *ぎゃくのつみびとをきらひ*ほうのおもきとがをしらせんとなり。 このふたつのつみのおもきことをしめして、 十方じっぽう一切いっさいしゅじょうみなもれず*おうじょうすべしとしらせんとなり。

一 Ⅰ 第十七願成就文

【2】 ^またのたまわく*ぶつ本願ほんがんりき もんみょうよくおうじょう 皆悉かいしつとうこく 自致じち退転たいてん(大経・下) と。

又言、「其仏本願力 聞名欲往生 皆悉到彼国 自致不退転

 ^ぶつ本願ほんがんりき」 といふは、 弥陀みだ*本願ほんがんりきもうすなり。

^もんみょうよくおうじょう」 といふは、 「もん」 といふは如来にょらいのちかひのなをしんずともうすなり。 「よくおうじょう」 といふは安楽あんらく*じょうせつうまれんとおもへとなり。

^皆悉かいしつとうこく」 といふは、 おんちかひのみなをしんじてうまれんとおもふひとは、 みなもれずかのじょういたるともうことなり。

^自致じち退転たいてん」 といふは、 「」 はおのづからといふ、 おのづからといふはしゅじょうのはからひにあらず、 しからしめて退たいくらいにいたらしむとなり、 *ねんといふことばなり。 「」 といふは、 いたるといふ、 むねとすといふ、 如来にょらい本願ほんがんのみなをしんずるひとは、 ねん退たいくらいにいたらしむるをむねとすべしとおもへとなり。 「*退たい」 といふは、 ぶつにかならずなるるべきさだまるくらいなり。 これすなはち*正定しょうじょうじゅくらいにいたるをむねとすべしときたまへるのりなり。

一 Ⅰ 第十一願成就文

【3】 ^またのたまわく*必得ひっとくちょうぜつ おうじょうあんにょうこく 横截おうぜつ悪趣あくしゅ 悪趣あくしゅねんぺい しょうどうごく おうにん こくぎゃく ねん所牽しょけん(大経・下)

又言、「必得超絶去往生安養国、横截五悪趣悪趣自然閉、昇道無窮極、易往而无人、其国不逆違自然之所牽。」

 ^必得ひっとくちょうぜつおうじょうあんにょうこく」 といふは、 「ひつ」 はかならずといふ、 かならずといふはさだまりぬといふこころなり、 またねんといふこころなり。 「とく」 はえたりといふ。 「ちょう」 はこえてといふ。 「ぜつ」 はたちすてはなるといふ。 「」 はすつといふ、 ゆくといふ、 さるといふなり。 *しゃかいをたちすてて、 *てんしょうをこえはなれてゆきさるといふなり。 *あんにょうじょうおうじょうをうべしとなり。 あんにょう」 といふは、 弥陀みだをほめたてまつるみことと*みえたり、 すなはち安楽あんらくじょうなり。

^横截おうぜつ悪趣あくしゅ悪趣あくしゅねんぺい」 といふは、 「*おう」 はよこさまといふ、 よこさまといふは如来にょらい*願力がんりきしんずるゆゑにぎょうじゃのはからひにあらず、 *悪趣あくしゅねんにたちすて*しょうをはなるるをおうといふ、 *りきもうすなり。 これを*おうちょうといふなり。 おう*しゅたいすることばなり、 *ちょうたいすることばなり。 しゅ*たたさま、 はめぐるとなり。 しゅとはりきしょうどうのこころなり、 おうちょうはすなはちりき*しんしゅうほんなり。 「ぜつ」 といふはきるといふ、 *悪趣あくしゅのきづなをよこさまにきるなり。 「悪趣あくしゅねんぺい」 といふは、 願力がんりきみょうすればどうしょうをとづるゆゑにねんぺいといふ。 「へい」 はとづといふなり。 本願ほんがん*業因ごういんにひかれてねんうまるるなり。

^しょうどうごく」 といふは、 「しょう」 はのぼるといふ、 のぼるといふは*じょうはんにいたる、 これをしょうといふなり。 「どう」 はだいはんどうなり。 「ごく」 といふはきはまりなしとなり。

^おうにん」 といふは、 おう」 はゆきやすしとなり、 本願ほんがんりきじょうずれば本願ほんがん*じっぽううまるることうたがいなければ、 ゆきやすきなり。 「にん」 といふはひとなしといふ、 ひとなしといふは真実しんじつ信心しんじんひとはありがたきゆゑにじっぽううまるるひとまれなりとなり。 しかれば、 *源信げんしんしょうは、 「*ほううまるるひとはおほからず、 *化土けどうまるるひとはすくなからず(*往生要集・下意) とのたまへり。

^こくぎゃくねん所牽しょけん」 といふは、 「こく」 はそのくにといふ、 すなはちあんにょうじょうせつなり。 「ぎゃく」 はさかさまならずといふ、 たがはずといふなり。 「ぎゃく」 はさかさまといふ、 「」 はたがふといふなり。 真実しんじつしんをえたるひとは、 *大願だいがん業力ごうりきのゆゑに、 ねんじょう業因ごういんたがはずして、 かの業力ごうりきにひかるるゆゑにゆきやすく、 じょうだいはんにのぼるにきはまりなしとのたまへるなり。 しかれば、 「ねん所牽しょけん」 ともうすなり。 りきしんしんぎょう業因ごういんねんにひくなり、 これを 「けん」 といふなり。 「ねん」 といふは、 ぎょうじゃのはからひにあらずとなり。

真像銘文
  勢至菩薩
    ¬首楞厳経¼文

【4】 ^*だいせいさつ*銘文めいもん

 ^¬*しゅりょうごんぎょう¼にのたまわく*せいぎゃく念仏ねんぶつ円通えんずう↡ だいせいほうおう 同倫どうりん じゅうさつ そくじゅう ちょうらい仏足ぶっそく びゃくぶつごん おく往昔おうじゃ ごうしゃこう ぶつしゅっ みょうりょうこう じゅう如来にょらい 相継そうけい一劫いっこう さいぶつ みょうちょう日月にちがつこう ぶつきょう 念仏ねんぶつ三昧ざんまい  にゃくしゅじょうしん 憶仏おくぶつ 念仏ねんぶつ 現前げんぜん当来とうらい ひつじょう見仏けんぶつ ぶつおん 方便ほうべん↡ とく心開しんかい にょ染香ぜんこうにん しんこう そくみょうわつ 香光こうこうしょうごん ほんいん 念仏ねんぶつしん にゅうしょうにん こんかい しょう念仏ねんぶつにん じょう以上略出

¬首楞厳経¼言、「勢至獲たり↢念仏円通↡、大勢至法王子、与其同倫五十二菩薩、即従座起、頂礼仏足而白仏言、我憶往昔恒河沙劫、有仏出世名无量光、十二如来相継一劫、其最後仏名超日月光、彼仏教我念仏三昧若衆生心憶仏念仏、現前当来必定見仏、去こと↠仏不↠遠から不↠仮↢方便↡自得心開、如染香人身有香気、此則名曰香光荘厳、我本因地、以念仏心入无生忍、今於此界、摂念仏人帰於浄土。」 已上略出

 ^せいぎゃく*念仏ねんぶつ円通えんずう」 といふは、 せいさつ念仏ねんぶつたまふともうすことなり。 *ぎゃく」 といふはうるといふことばなり。 うるといふはすなはち*いんのとき*さとりをうるといふ。 念仏ねんぶつせいさつさとりうるともうすなり。

^だいせい*ほうおう同倫どうりん」 といふは、 *じゅうさつせいとおなじきともともうす。 ほうおうとそのさつとおなじきともともうすを 「同倫どうりん」 といふなり。

^そくじゅうちょうらい仏足ぶっそくびゃくぶつごん」 ともうすは、 すなはちよりたち、 ぶつあしらいしてぶつにまうしてまうさくとなり。

^おく往昔おうじゃ」 といふは、 われむかし*ごうしゃこうかずのとしをおもふといふこころなり。

^ぶつしゅっみょうりょうこう」 ともうすは、 ぶつでさせたまひしともうことばなり。 でさせたまひしぶつ弥陀みだ如来にょらいなりともうすなり。 *じゅうこうぶつじゅうでさせたまふを 「じゅう如来にょらい相継そうけい一劫いっこう」 ともうすなり。 「じゅう如来にょらい」 ともうすは、 すなはち弥陀みだ如来にょらいじゅうこう御名みななり。 「相継そうけい一劫いっこうといふは、 じゅうこうぶつじゅうでさせたまふをあひつぐといふなり。

^さいぶつみょうちょう日月にちがつこう」 ともうすは、 じゅうこうぶつでさせたまひしをはりのぶつを 「ちょう日月にちがつこうぶつ」 ともうすとなり。

^ぶつきょう念仏ねんぶつ三昧ざんまい」 ともうすは、 かのさいちょう日月にちがつこうぶつ*念仏ねんぶつ三昧ざんまいを、 せいにはおしへたまふとなり。

^にゃくしゅじょうしん憶仏おくぶつ念仏ねんぶつ」 といふは、 もししゅじょうしんぶつおくぶつねんずれば ˆとなりˇ。

げんぜん当来とうらいひつじょう見仏けんぶつぶつおん方便ほうべんとく心開しんかい」 といふは、 こんじょうにもぶつたてまつり、 *当来とうらいにもかならずぶつたてまつるべしとなり。 ぶつもとほざからず、 *方便ほうべんをもからず、 ねんしんにさとりをべしとなり。

^にょ染香ぜんこうにんしんこう」 といふは、 かうばしきにあるひとのごとく、 念仏ねんぶつのこころもてるひとに、 せいのこころをかうばしきひとにたとへまうすなり。 このゆゑに 「そくみょうわつ*香光こうこうしょうごん」 ともうすなり。 せいさつおんこころのうちに念仏ねんぶつのこころをもてるを、 *染香ぜんこうにんにたとへまうすなり。

^かるがゆゑにせいさつのたまはく、 「ほんいん 念仏ねんぶつしん にゅうしょうにん こんかい しょう念仏ねんぶつにん じょう」 といへり。 「ほんいん」 といふは、 われもと*いんにしてといへり。 「念仏ねんぶつしん」 といふは、 念仏ねんぶつしんをもつてといふ。 「にゅうしょうにん」 といふは、 *しょうにんるとなり。 「こんかい」 といふは、 いまこのしゃかいにしてといふなり。 しょう念仏ねんぶつにん」 といふは、 念仏ねんぶつひと*摂取せっしゅしてといふ。 「帰於きおじょう」 といふは、 念仏ねんぶつひと ˆをˇ おさりてじょうせしむとのたまへるなりと。

龍樹菩薩
    ¬十住毘婆沙論¼文

【5】 ^*りゅうじゅさつ銘文めいもん

 ^¬*十住じゅうじゅう毘婆びばしゃろん¼にいわく*にん能念のうねんぶつ りょうりきどく そくにゅうひつじょう 是故ぜこじょうねん にゃくにんがんぶつ 心念しんねん弥陀みだ おう現身げんしん 是故ぜこみょう(易行品) 文

¬十住毘婆沙論¼曰、「人能念是仏 无量力功徳 即時入必定 是故我常念 若人願作仏 心念阿弥陀 応時為現身 是故我帰命」

 ^にん能念のうねんぶつりょうりきどく」 といふは、 ひとよくこのぶつりょうどくねんずべしとなり。

^そくにゅうひつじょう」 といふは、 しんずれば*すなはちのとき*ひつじょうるとなり。 ひつじょうるといふは、 まことにねんずればかならず*正定しょうじょうじゅくらいさだまるとなり。

^是故ぜこじょうねん」 といふは、 われつねにねんずるなり。

^にゃくにんがんぶつ」 といふは、 もしひとぶつにならんとがんぜば ˆとなりˇ。 「心念しんねん弥陀みだ」 といふ ˆはˇ、 しん弥陀みだねんずべしとなり。

ねんずれば 「おう現身げんしん」 とのたまへり。 「おう」 といふはときにかなふといふなり、 「現身げんしん」 ともうすは、 信者しんじゃのために如来にょらいのあらはれたまふなり。

^是故ぜこみょう」 といふは、 りゅうじゅさつのつねに弥陀みだ如来にょらいみょうしたてまつるとなり。

天親菩薩
    ¬浄土論¼二文

【6】 ^*婆藪ばそばんさつ ¬ろん¼ わつ*そん一心いっしん みょうじん十方じっぽう 無礙むげこう如来にょらい がんしょう安楽あんらくこく しゅ多羅たら 真実しんじつどくそう せつがんそう ぶっきょう相応そうおう かんかいそう しょう三界さんがいどう きょうにょくう 広大こうだいへんざい(浄土論) と。

婆藪般豆菩薩¬論¼曰、「世尊我一心 帰命尽十方 无礙光如来 願生安楽国 我依修多羅 真実功徳相 説願偈総持 与仏教相応 観彼世界相 勝過三界道 究竟如虚空 広大无辺際

 ^またいわく*観仏かんぶつ本願ほんがんりき ぐう空過くかしゃ のうりょうそく満足まんぞく どくだい宝海ほうかい(浄土論)

又曰、「観仏本願力 遇无空過者 能令速満足 功徳大宝海」

 ^婆藪ばそばんさつ論曰ろんわつ」 といふは、 「婆藪ばそばん」 は天竺てんじく (印度) のことばなり、 晨旦しんたん (中国) には*天親てんじんさつもうす。 またいまはいはく、 しんさつもうす。 *やくには天親てんじん*新訳しんやくにはしんさつもうす。 「論曰ろんわつ」 は、 しんさつ弥陀みだ本願ほんがんしゃくしあらはしたまへることを 「ろん」 といふなり、 「わつ」 はこころをあらはすことばなり。 このろんをば ¬じょうろん¼ といふ、 また ¬おうじょうろん¼ といふなり。

^そん一心いっしん」 といふは、 「*そん」 はしゃ如来にょらいなり。 「」 ともうすはしんさつのわがとのたまへるなり。 一心いっしん」 といふは、 きょうしゅそんことのりをふたごころなくうたがいなしとなり、 すなはちこれまことの信心しんじんなり。

^*みょうじん十方じっぽう無礙むげこう如来にょらい」 ともうすは、 「*みょう」 は*南無なもなり、 またみょうもうすは如来にょらいちょくめいにしたがふこころなり。 「*じん十方じっぽう無礙むげこう如来にょらい」 ともうすはすなはち弥陀みだ如来にょらいなり、 この如来にょらいこうみょうなり。 じん十方じっぽう」 といふは、 「じん」 はつくすといふ、 ことごとくといふ、 十方じっぽうかいをつくしてことごとくみちたまへるなり。 「*無礙むげ」 といふは、 *さはることなしとなり。 さはることなしともうすは、 しゅじょう煩悩ぼんのう*悪業あくごうにさへられざるなり。 *こう如来にょらい」 ともうすは弥陀みだぶつなり。 この如来にょらいはすなはち不可ふか思議しぎこうぶつもうす。 この如来にょらい智慧ちえのかたちなり十方じっぽう*じんせつにみちたまへるなりとしるべしとなり。

^がんしょう安楽あんらくこく」 といふは、 しんさつ、 かの無礙むげこうぶつしょうねんしんじて安楽あんらくこくうまれんとねがひたまへるなり。

^しゅ多羅たら真実しんじつどくそう」 といふは、 「」 は天親てんじん論主ろんじゅのわれとなのりたまへることばなり。 「」 はよるといふ、 しゅ多羅たらによるとなり。 *しゅ多羅たら」 は天竺てんじく (印度) のことば、 ぶつきょうてんもうすなり。 ぶっきょうだいじょうあり、 また小乗しょうじょうあり。 みなしゅ多羅たらもうす。 いましゅ多羅たらもうすはだいじょうなり、 小乗しょうじょうにはあらず。 いまの*さんきょうてんだいじょうしゅ多羅たらなりこのさんだいじょうによるとなり*真実しんじつどくそう」 といふは、 「真実しんじつどく」 は誓願せいがん*尊号そんごうなり、 「そう」 はかたちといふことばなり。

^せつがんそう」 といふは、 本願ほんがんのこころをあらはすことばを 「*」 といふなり。 *そう」 といふは智慧ちえなり、 無礙むげこう智慧ちえそうもうすなり。

^ぶっきょう相応そうおう」 といふは、 この ¬じょうろん¼ のこころは、 しゃくそん教勅きょうちょく弥陀みだ誓願せいがんにあひかなへりとなり。

^かんかいそうしょう三界さんがいどう」 といふは、 かの安楽あんらくかい*みそなはすに、 ほとりきはなきこと*くうのごとし、 ひろくおほきなることくうのごとしとたとへたるなり。

^観仏かんぶつ本願ほんがんりきぐう空過くかしゃ」 といふは、 如来にょらい本願ほんがんりきをみそなはすに、 願力がんりきしんずるひとは、 むなしくここにとどまらずとなり。

^のうりょうそく満足まんぞくどくだい宝海ほうかい」 といふは、 「のう」 はよしといふ、 「りょう」 はせしむといふ、 「そく」 はすみやかにとしといふ。 よく本願ほんがんりきしんぎょうするひとは、 すみやかにどくだい宝海ほうかいしんずるひとのその満足まんぞくせしむるなり。 如来にょらいどくのきはなくひろくおほきにへだてなきことを、 大海だいかいみずのへだてなくみちみてるがごとしとたとへたてまつるなり。

曇鸞大師
    迦才¬浄土論¼文

【7】 ^*せいちょうの*曇鸞どんらんしょうのしんぞうの銘文めいもん

斉朝ヨノナナリ曇鸞和尚真像銘文

 ^*しゃくの曇鸞どんらんほっ へいしゅう汶水ぼっしいけんのひとなり ぎのすえ高斉こうせいはじめ なおいましき じん高遠こうえん にして さんごくにもん  あきらかに暁↢衆経↡しゅきょうをさとること ひとり出↢人外↡じんがいにいでたり りょうこくのてん蕭王そうおう つねに向↠北きたにむかって 礼↢鸞菩薩↡らんぼさつとらいす 註↢解往生論↡おうじょうろんをちゅうげして 裁↢成両巻↡りょうかんにことわりをなす *こと出↢釈迦才三巻浄土論↡しゃくのかざいのさんかんのじょうどろんにいでたるなり

「釈曇鸞法師、并州汶水県人也。魏末高斉之初、猶いましき。神智高遠にして、三国知聞あきらかさとること↢衆経↡、独たり↢人がい↡。梁国天子そう王、恒↠北、礼↢鸞菩薩↡。註↢解して¬往生論¼↡ことわ ノセ ↢成ナセリ両巻↡。事出たる↢釈迦才三巻¬浄土論¼↡也。」

 ^しゃく曇鸞どんらんほっへいしゅう*汶水ぼっしいけんひとなり」。 へいしゅうはくにのなり、 汶水ぼっしいけんはところのなり。

^ぎのすえ高斉こうせいはじめなおいます」 といふは、 「まつ」 といふは晨旦しんたん (中国)なり。 「まつ」 はすゑといふなり、 *のすゑとなり。 「高斉こうせいしょ」 は*せいといふのはじめといふなり。 「ざい」 はせいとのになほいましきといふなり。

^じん高遠こうえん」 といふは、 しょう (曇鸞)智慧ちえすぐれていましけりとなり。

^三国さんごくもん」 といふは、 「三国さんごく」 はせい*りょうと、 このつのにおはせしとなり。 「もん」 といふはつのにしられきこえたまひきとなり。

^どうぎょうしゅきょう」 といふは、 あきらかによろづのきょうてんをさとりたまふとなり。 「どくしゅつ人外じんがい」 といふは、 よろづのひとにすぐれたりとなり。

^りょうこくてん」 といふは、 りょうおうといふなり、 *蕭王そうおうなり。 「つねに向↠北きたにむこうてらいしたてまつる」 といふは、 りょうおう、 つねに曇鸞どんらんきたのかたにましましけるを、 さつらいしたてまつりたまひけるなり。

^ちゅうおうじょうろん」 といふは、 この ¬じょうろん¼ をくはしうしゃくしたまふを、 ¬ちゅうろん¼ (論註)もうろんをつくりたまへるなり。 「さいじょうりょうかん」 といふは、 ¬ちゅうろん¼ はかんになしたまふなり。

^しゃくのざい三巻さんかんじょうろん」 といふは、 「しゃくのざい」 ともうすは、 「しゃく」 といふはしゃくそん弟子でしとあらはすことばなり。 「*ざい」 は、 じょうしゅう祖師そしなり、 しゃにておはせしひとなり。 かのしょうにん (迦才)三巻さんかんの ¬*じょうろん¼ をつくりたまへるに、 この曇鸞どんらんことばあらはせりとなり。

善導大師
    智栄文

【8】 ^*とうちょう*こうみょうじの*善導ぜんどうしょうのしんぞうの銘文めいもん

唐朝光明寺善導和尚真像銘文

 ^*よう讃↢善導別徳↡ぜんどうのべっとくをほめたもうていわく善導ぜんどうは弥陀みだぶつのしん なり 称↢仏六字↡ぶつのろくじをしょうせば すなわち嘆↠仏ぶつをたんずる なりすなわち懴悔さんげをする なり すなわち発願ほつがんこう なり 一切いっさい善根ぜんごん 荘↢厳浄土↡じょうどをしょうごんする なり

智栄讃たまふて↢善導別徳↡云、「善導阿弥陀仏化身なり。称せば↢仏六字↡、即るなり↠仏、即懴悔るなり、即発願廻向なり。一切善根荘↢厳るなりと浄土↡。」

 ^*ようもうすは、 震旦しんたん (中国)しょうにんなり。 善導ぜんどう*別徳べっとくをほめたまうていはく、 「善導ぜんどう弥陀みだぶつしんなり」 とのたまへり。

^しょうぶつろく」 といふは、 *南無なも弥陀みだぶつろくをとなふるとなり。

^そく嘆仏たんぶつ」 といふは、 すなはち南無なも弥陀みだぶつをとなふるは、 *ぶつをほめたてまつるになるとなり。

^また そくさん」 といふは、 南無なも弥陀みだぶつをとなふるは、 すなはち*無始むしよりこのかたの罪業ざいごう*さんするになるともうすなり

^そく発願ほつがんこう」 といふは、 南無なも弥陀みだぶつをとなふるは、 すなはち安楽あんらくじょうおうじょうせんとおもふになるなり、 また一切いっさいしゅじょうにこのどくをあたふるになるとなり。

^一切いっさい善根ぜんごんしょうごんじょう」 といふは、 弥陀みださん一切いっさい善根ぜんごんををさめたまへるゆゑに、 みょうごうをとなふるはすなはちじょう*しょうごんするになるとしるべしとなりと。 ようぜん善導ぜんどうをほめたまへるなり。

二 Ⅴ 「玄義分」文

【9】 ^善導ぜんどうしょう いわく*ごん南無なもしゃ そくみょう やく発願ほつがんこう之義しぎ ごん弥陀みだぶつしゃ そくぎょう 斯義しぎ 必得ひっとくおうじょう(*玄義分) 文

善導和尚、「言南无者、即是帰命、亦是発願廻向之義。言阿弥陀仏者、即是其行、以斯義故、必得往生。」

 ^ごん南無なもしゃ」 といふは、 すなはちみょうもうすみことばなり。 みょうは、 すなはち*しゃ弥陀みだそんちょくめいにしたがひて、 しにかなふともうすことばなり。 このゆゑに 「そくみょう」 とのたまへり。

^やく発願ほつがんこう之義しぎ」 といふは、 そんしにしたがうて、 安楽あんらくじょううまれんとねがふこころなりとのたまへるなり。

^ごん弥陀みだぶつしゃ」 ともうすは、 「*そくぎょう」 となり。 そくぎょうは、 これすなはち*法蔵ほうぞうさつせんじゃく本願ほんがんなりとしるべしとなり。 あんにょうじょう正定しょうじょう*業因ごういんなりとのたまへるこころなり。

^斯義しぎ」 といふは、 正定しょうじょういんなるこのをもつてのゆゑにといへるおんこころなり。 ^ひつ」 はかならずといふ。 「とく」 はえしむといふ。 「おうじょう」 といふは、 じょううまるといふなり。 かならずといふは、 ねんおうじょうをえしむとなり。 ねんといふは、 *はじめてはからはざるこころなり。

二 Ⅴ 「観念法門」文一

【10】^またいわく*ごんせつしょうぞうじょうえんしゃ にょりょう寿じゅきょう じゅう八願はちがんちゅうせつ 仏言ぶつごんにゃくじょうぶつ 十方じっぽうしゅじょう がんしょうこく しょうみょう 下至げしじっしょう じょう願力がんりき にゃくしょうじゃ しゅしょうがく そくがんおうじょうぎょうにん みょうよくじゅ 願力がんりきしょうとくおうじょう みょうせつしょうぞうじょうえん(*観念法門) 文

又曰、「言摂生増上縁者、如无量寿経四十八願中説。仏言、若我成仏、十方衆生、願生我国、称我名字下至十声、乗我願力、若不生者不取正覚。此即是願往生行人、命欲終時、願力摂得往生、故名摂生増上縁。」

 ^ごん*せつしょうぞうじょうえんしゃ」 といふは、 「せつしょう」 は十方じっぽうしゅじょう誓願せいがんにをさめとらせたまふともうすこころなり。

^にょりょう寿じゅきょうじゅう八願はちがんちゅうせつ」 といふは、 如来にょらい本願ほんがんきたまへるしゃのりなりとしるべしとなり。

^にゃくじょうぶつ」 ともうすは、 法蔵ほうぞうさつちかひたまはく、 もしわれぶつたらんにときたまふ。

^十方じっぽうしゅじょう」 といふは、 十方じっぽうのよろづのしゅじょうなり、 すなはちわれらなり。

^がんしょうこく」 といふは、 安楽あんらくじょうせつうまれんとねがへとなり。

^しょうみょう」 といふは、 われぶつんにわがなをとなへられんとなり。

^下至げしじっしょう」 といふは、 みょうをとなへられんことしもこえせんものとなり。 「下至げし」 といふは、 *じっしょうにあまれるものももんみょうのものをも、 おうじょうにもらさずきらはぬことをあらはししめすとなり。

^じょう願力がんりき」 といふは、 「じょう」 はのるべしといふ、 またなり。 といふは、 願力がんりきにのせたまふとしるべしとなり。 願力がんりきじょうじて安楽あんらくじょうせつうまれんとしるなり。

^にゃくしょうじゃしゅしょうがく」 といふは、 ちかひをしんじたるひと、 もし本願ほんがん*じっぽううまれずは、 ぶつらじとちかひたまへるみのりなり。

^そくがんおうじょうぎょうにん」 といふは、 これすなはちおうじょうねがひとといふ。

^みょうよくじゅ」 といふは、 いのちをはらんとせんときといふ。

^願力がんりきしょうとくおうじょう」 といふは、 *大願だいがん業力ごうりき摂取せっしゅしておうじょうしむといへるこころなり。 すでに*じんじょうのときしんぎょうをえたるひとといふなり、 *りんじゅうのときはじめてしんぎょうけつじょうして摂取せっしゅにあづかるものにはあらず。 ひごろ、 かの心光しんこう*しょうせられまゐらせたるゆゑに、 *金剛こんごうしんをえたるひと正定しょうじょうじゅじゅうするゆゑに、 りんじゅうのときにあらず。 かねてじんじょうのときよりつねにしょうしててたまはざれば、 しょうとくおうじょうもうすなり。 このゆゑに 「せつしょうぞうじょうえん」 となづくるなり。

^またまことにじんじょうのときよりしんなからんひとは、 ひごろのしょうねんこうによりて、 さいりんじゅうのときはじめて*ぜんしきのすすめにあうて信心しんじんをえんとき、 願力がんりきせっしておうじょうるものもあるべしとなり。 りんじゅう*来迎らいこうをまつものは、 いまだ信心しんじんをえぬものなれば、 りんじゅうをこころにかけてなげくなり。

二 Ⅴ 「観念法門」文二

【11】^またいわく*ごんねんぞうじょうえんしゃ たん専念せんねん弥陀みだぶつしゅじょう ぶつ心光しんこう 常照じょうしょうにん しょうしゃ そうろんしょうしょう 雑業ぞうごうぎょうじゃ↡ やく げんしょうねんぞうじょうえん(観念法門) 文

又曰、「言護念増上縁者、 但有専念阿弥陀仏衆生、彼仏心光、常照是人、摂護不捨、総不↠論イハ↣照↢テラシオサムト ノ雑業 ノ行者 ヲ↡、此亦是現生護念増上縁。」

 ^ごん*ねんぞうじょうえんしゃ」 といふは、 まことのしんをえたるひとを、 このにてつねにまもりたまふともうすことばなり。

^たん専念せんねん弥陀みだぶつしゅじょう」 といふは、 ひとすぢにふたごころなく弥陀みだぶつねんじたてまつるともうすなり。

^ぶつ心光しんこう常照じょうしょうにん」 といふは、 「」 はかのといふ。 「ぶつ心光しんこう」 は無礙むげこうぶつおんこころともうすなり。 ^常照じょうしょう」 はつねにてらすともうす。 つねにといふは、 ときをきらはず、 をへだてず、 ところを*わかず、 まことの信心しんじんあるひとをばつねにてらしたまふとなり。 てらすといふは、 かの仏心ぶっしんのをさめとりたまふとなり。 ^ぶつ心光しんこう」 は、 すなはち弥陀みだぶつおんこころにをさめたまふとしるべし。 ^にん」 は信心しんじんをえたるひとなり。 つねにまもりたまふともうすは、 てん*じゅんにやぶられず、 *あく悪神あくじんにみだられず、 しょうしゃしたまふゆゑなり。 「しょうしゃ」 といふは、 をさめまもりてすてずとなり。

^そうろんしょうしょう雑業ぞうごうぎょうじゃぎょうじゃ」 といふは、 「そう」 はすべてといふ、 みなといふ。 ぞうぎょう雑修ざっしゅひとをばすべてみなてらしをさめまもりたまはずとなり。 てらしまもりたまはずともうすは、 摂取せっしゅしゃやくにあづからずとなり。 本願ほんがんぎょうじゃにあらざるゆゑなりとしるべし。 しかれば、 しょうしゃしゃくしたまはず。

^*げんしょうねんぞうじょうえん」 といふは、 このにてまことのしんあるひとをまもりたまふともうすみことなり。 ぞうじょうえん」 はすぐれたる*強縁ごうえんとなり。

聖徳太子

【12】^こうたいしょうとくの銘文めいもん

 ^¬*えんぎに¼ いわく百済はくさいこく聖明せいめいおうたい阿佐あさらいしてもうさく きょうらい救世くせ だい観音かんのんさつ みょうきょうづう 東方とうぼう日本にっぽんこく じゅうさい 伝灯でんとう演説えんぜつ

御縁起、「百済国聖明王太子阿佐礼、敬礼救世大慈観音菩薩、妙教流通東方日本国、四十九歳伝灯演説。」

 ^しんこくのしょうにんにちらいしてもうさく きょうらい救世くせ 観音かんのんだいさつ 伝灯でんとう東方とうぼう 粟散ぞくさんおう

「新羅国聖人日羅礼、敬礼救世観音大菩薩、伝灯東方粟散王。」

 ^えんわつ」 といふは、 *しょうとくたいえんなり。

^*百済はくさいこく」 といふは、 しょうとくたい、 さきのうまれさせたまひたりけるくになり。

^*聖明せいめいおう」 といふは、 百済はくさいこくたい (聖徳太子)*わたらせたまひたりけるときの、 そのくにおうなり。

^たい阿佐あさ礼曰らいわつ」 といふは、 聖明せいめいおうたいなり。 しょうとくたいをこひしたひかなしみまゐらせて、 おんかたちを金銅こんどうにてまゐらせたりけるを、 この*こくしょうとくたいうまれてわたらせたまふとききまゐらせて、 聖明せいめいおう、 わがこの*阿佐あさたいちょく使として、 金銅こんどう*救世くせ観音かんのんぞうをおくりまゐらせしとき、 らいしまゐらすとしてじゅせるもんなり、 「きょうらい救世くせだい観音かんのんさつ」 ともうしけり。

^妙教みょうきょうづう東方とうぼう日本にっぽんこく」 ともうすは、 じょうぐうたい (聖徳太子)仏法ぶっぽうをこのこくにつたへひろめおはしますとなり。

^じゅうさい」 といふは、 じょうぐうたいじゅうさいまでぞ、 このこくにわたらせたまはんずると阿佐あさたいもうしけり。 おくられたまへる金銅こんどう救世くせさつは、 *天王てんのう金堂こんどうにわたらせたまふなり。

^伝灯でんとう演説えんぜつ」 といふは、 *伝灯でんとう」 は仏法ぶっぽうをともしびにたとへたるなり。 「演説えんぜつ」 は、 じょうぐうたいぶっきょうきひろめましますべしと阿佐あさたいもうしけり。

 ^また*しんこくよりじょうぐうたいをこひしたひまゐらせて、 *にちもうしょうにんきたりて、 しょうとくたいらいしたてまつりてまうさく、 「きょうらい救世くせ観音かんのんだいさつ」 ともうすは、 しょうとくたい*救世くせ観音かんのんにておはしますとらいしまゐらせけり。

^伝灯でんとう東方とうぼう」 ともうすは、 仏法ぶっぽうをともしびにたとへて、 「東方とうぼう」 ともうすはこのこくぶっきょうのともしびをつたへおはしますとにちもうしけり。

^粟散ぞくさんおう」 ともうすは、 このくにはきはめてしょうこくなりといふ。 「粟散ぞくさん」 といふは、 あはつぶをちらせるがごとくちいさきくにおうしょうとくたいのならせたまひたるともうしけるなりと。

 

 

尊号そんごう真像しんぞう銘文めいもん まつ

 

源信和尚
    ¬往生要集¼文

【13】^*しゅりょうごんいん*源信げんしんしょう銘文めいもん

 ^*やくざい 摂取せっしゅちゅう 煩悩ぼんのうしょうげん すい能見のうけん だいけん 常照じょうしょうしん(往生要集・中) 文

「我亦在彼摂取之中、煩悩障眼雖不能見、大悲无倦常照我身。」

 ^やくざい摂取せっしゅちゅう」 といふは、 われまたかの*摂取せっしゅのなかにありとのたまへるなり。

^煩悩ぼんのうしょうげん」 といふは、 われら*煩悩ぼんのうにまなこ*さへらるとなり。

^すい能見のうけん」 といふは、 煩悩ぼんのうのまなこにてぶつをみたてまつることあたはずといへどもといふなり。

^だいけん」 といふは、 だいだいおんめぐみ、 *ものうきことましまさずともうすなり。

^常照じょうしょうしん」 といふは、 「じょう」 はつねにといふ、 「しょう」 はてらしたまふといふ。 無礙むげこうみょう信心しんじんひとをつねにてらしたまふとなり。 つねにてらすといふは、 つねにまもりたまふとなり。 「しん」 は、 わがだいだいものうきことなくして、 つねにまもりたまふとおもへとなり。 *摂取せっしゅしゃおんめぐみのこころをあらはしたまふなり。 「*念仏ねんぶつしゅじょう摂取せっしゅしゃ(*観経) のこころをしゃくしたまへるなりとしるべしとなり。

源空上人
    隆寛律師文

【14】^日本にっぽん*源空げんくうしょうにんの*真影しんねい

 ^*めいざん *ごんりっ りゅうかん (*隆寛) さん 「*かん道俗どうぞく ねん弥陀みだぶつ 能念のうねん皆見かいけん ぶつさつ みょう称名しょうみょう おうじょうようじゅつ さい源空げんくう どうもつ 信珠しんじゅ在心ざいしん しんしょうめいきょう うんようじょう 仏光ぶっこうえんちょう *けんりゃく壬申にんしん三月さんがつ一日ついたち

四明山権律師 劉官讃 「普勧道俗念弥陀仏、能念皆見化仏・菩薩。明知、称名往生要術。宜哉源空、慕道化物、信珠在心、心照迷境、疑雲永晴、仏光円頂。建暦壬申三月一日」

 ^かん道俗どうぞくねん弥陀みだぶつ」 といふは、 「かん」 はあまねくすすむとなり。 *道俗どうぞく」 は、 どうにふたりありぞくにふたりあり。 どうのふたりは、 ひとつには*そうふたつには*比丘びくなり。 ぞくにふたり、 ひとつには仏法ぶっぽうしんぎょうずるおとこなり、 ふたつには仏法ぶっぽうしんぎょうずるおんななり。ねん弥陀みだぶつ」 ともうすは、 *尊号そんごうしょうねんするとなり。

^能念のうねん皆見かいけんぶつさつ」 ともうすは、 「能念のうねん」 はよくみょうごうねんずとなり、 よくねんずともうすはふかくしんずるなり。 「皆見かいけん」 といふは、 ぶつさつをみんとおもふひとはみなみたてまつるなり。 「ぶつさつ」 ともうすは、 弥陀みだぶつ*観音かんのん*せいとうしょうじゅなり。

^みょう称名しょうみょう」 ともうすは、 あきらかにしりぬ、 ぶつのみなをとなふれば 「おうじょう」 すといふことを 「ようじゅつ」 とすといふ。 おうじょうようには如来にょらいのみなをとなふるにすぎたることはなしとなり。

^さい源空げんくう」 ともうすは、 「さい」 はよしといふなり。 「源空げんくう」 はしょうにんみょうなり。 「どうもつ」 といふは、 「どう」 は*じょうどうをねがひしたふべしとなり。 「もつ」 といふは、 「もつ」 といふはしゅじょうなり、 「」 はよろづのものをやくすとなり。

^信珠しんじゅ在心ざいしん」 といふは、 金剛こんごう信心しんじんをめでたきたまにたとへたまふ。 信心しんじんたまをこころにえたるひとは、 しょうやみにまどはざるゆゑに、 「しんしょうめいきょう」 といふなり。 信心しんじんたまをもつて、 *愚痴ぐちやみをはらひ、 あきらかにらすとなり。

^うんようじょう」 といふは、 「うん」 は願力がんりきうたがふこころをくもにたとへたるなり。 「ようじょう」 といふはうたがふこころのくもをながくらしぬれば安楽あんらくじょうへかならずうまるるなり。 無礙むげこうぶつ摂取せっしゅしゃ*心光しんこうをもつて信心しんじんをえたるひとをつねにらしまもりたまふゆゑに、 「仏光ぶっこうえんちょう」 といへり。 仏光ぶっこうえんちょうといふは、 仏心ぶっしんをしてあきらかに信心しんじんひといただきをつねにらしたまふとほめたまひたるなり、 これは摂取せっしゅしたまふゆゑなりとしるべし。

二 Ⅷ ¬選択本願念仏集¼三文

【15】^えいざん*えんりゃく *宝幢ほうどういん*黒谷くろだに*源空げんくうしょうにんの真像しんぞう

 ^¬*せんじゃく本願ほんがん念仏ねんぶつしゅう¼ にいわく南無なも弥陀みだぶつ *おうじょうごう 念仏ねんぶつほん

¬選択本願念仏集¼云、「南無阿弥陀仏往生之業念仏為本」

 ^またいわく*そくよくしょう しゅしょうぼうちゅう *且閣しゃかくしょうどうもん せんにゅうじょうもん よくにゅうじょうもん しょうぞうぎょうちゅう 且抛しゃほうしょぞうぎょう 選応せんおう正行しょうぎょう 欲修よくしゅ正行しょうぎょう しょうじょごうちゅう ぼう助業じょごう 選応せんおうせん正定しょうじょう 正定しょうじょうごうしゃ そくしょうぶつみょう 称名しょうみょう必得ひっとくしょう ぶつ本願ほんがん

又曰、「夫速欲離生死、二種勝法中、且閣聖道門、選入浄土門。欲入浄土門、正雑二行中、且抛諸雑行、選応帰正行。欲修於正行、正助二業中、猶傍於助業、選応専正定。正定之業者、即是称仏名、称名必得生、依仏本願故。」

 ^またいわく*とうしょう之家しけ しょ はんじょう しんのうにゅう

又曰、「当知、生死之家以疑為所止、涅槃之城以信為能入。」

 ^¬せんじゃく本願ほんがん念仏ねんぶつしゅう¼ といふは、 しょうにん (源空)製作せいさくなり。

^南無なも弥陀みだぶつおうじょうごう念仏ねんぶつほん」 といふは、 *あんにょうじょうおうじょうしょういん念仏ねんぶつほんとすともうことなりとしるべし。 しょういんといふは、 じょううまれてぶつにかならずるたねともうすなり。

 ^またいはく、 「そくよくしょう」 といふは、 それすみやかにとく*しょうをはなれんとおもへとなり。

^しゅしょうぼうちゅう且閣しゃかくしょうどうもん」 といふは、 「しゅしょうぼう」 は、 しょうどうじょうもんなり。 「且閣しゃかくしょうどうもん」 は、 「且閣しゃかく」 はしばらくさしおけとなり、 しばらく*しょうどうもんをさしおくべしとなり。

^せんにゅうじょうもん」 といふは、 「せんにゅう」 はえらびていれとなり、 よろづの善法ぜんぽうのなかにえらびて*じょうもんるべしとなり。

^よくにゅうじょうもん」 といふは、 じょうもんらんとおもはばといふなり。

^しょうぞうぎょうちゅう且抛しゃほうしょぞうぎょう」 といふは、 しょうぞうぎょうふたつのなかに、 しばらくもろもろの*ぞうぎょうをなげすてさしおくべしとなり。

^選応せんおう正行しょうぎょう」 といふは、 えらびて*正行しょうぎょうすべしとなり。

^欲修よくしゅ正行しょうぎょうしょうじょごうちゅうぼう助業じょごう」 といふは、 正行しょうぎょうしゅせんとおもはば、 正行しょうぎょう助業じょごうふたつのなかに*助業じょごうをさしおくべしとなり。

^選応せんおうせん正定しょうじょう」 といふは、 えらびて*正定しょうじょうごうをふたごころなくしゅすべしとなり。

^正定しょうじょうごうしゃそくしょうぶつみょう」 といふは、 正定しょうじょう業因ごういんはすなはちこれぶつみょうをとなふるなり。 正定しょうじょういんといふは、 かならず*じょうはんのさとりをひらくたねともうすなり。

^称名しょうみょう必得ひっとくしょうぶつ本願ほんがん」 といふは、 御名みなしょうするはかならず安楽あんらくじょうおうじょうるなり、 ぶつ*本願ほんがんによるがゆゑなりとのたまへり。

 ^またいはく、 「とうしょう之家しけ」 といふは、 「とう」 はまさにしるべしとなり、 「しょう之家しけ」 はしょういえといふなり。

しょ」 といふは、 *大願だいがん業力ごうりき思議しぎうたがふこころをもつて、 *六道ろくどう*しょう*じゅう*じゅうるいしょう るいしょうといふは一にらんしょう 二にたいしょう 三に湿しっしょう 四にしょう 五にしきしょう 六にしきしょう 七にそうしょう 八にそうしょう 九にしきしょう 十にしきしょう 十一にそうしょう 十二にそうしょう にとどまるとなり。 いまにひさしくまよふとしるべしとなり。

^はんじょう」 ともうすは、 あんにょう*じょうせつをいふなり、 これを*はんのみやことはもうすなり。

しんのうにゅう」 といふは、 真実しんじつ信心しんじんをえたるひとの、 如来にょらい本願ほんがん*じっぽうによくるとしるべしとのたまへるみことなり。 信心しんじん*だいのたねなりじょうはんをさとるたねなりとしるべしとなり。

二 Ⅷ 聖覚法印文

【16】^法印ほういん*聖覚せいかくしょう銘文めいもん

 ^*こんどんしゃ きょう漸頓ぜんとん 機有きう奢促しゃそくしゃ ぎょうなん とう しょうどう諸門しょもん ぜんぎょう なんぎょう じょう一宗いっしゅしゃ とんぎょう ぎょう しょ真言しんごんかんぎょう こうじょう難学なんがく 三論さんろん法相ほっそうきょう ようげんめい ねんしゅしゃ 弥陀みだ本願ほんがん 定行じょうぎょういんじゅうねん 善導ぜんどうりょうけん けつりょう三心さんしん すい利智りちしょうじん 専念せんねんじつごん すいもん広学こうがく 信力しんりき不備ふび  ねんだいしょうにん しゃくそん使しゃ 念仏ねんぶつ一門いちもん 善導ぜんどう再誕さいたん かん称名しょうみょういちぎょう 専修せんじゅ専念せんねんぎょう 自此じしぜん けん無余むよごん 在今ざいこん始知しち 然則ねんそくかい罪根ざいこんはい けんにゅうおうじょうどう 下智げち浅才せんさいるい しんじょうもん じょう*みょう*じょうだいとう 何悲がひげんあん しょう大海だいかいだい船筏せんばつ ぼんごっしょうじゅう

「夫根有利鈍者、教有漸頓。機有奢促者、行有難易。当知、聖道諸門漸教也、又難行也。浄土一宗者頓教也、又易行也。所謂真言・止観之行、獼猴情難学、三論・法相之教、牛羊眼易迷。然至我宗者、弥陀本願、定行因於十念、善導料簡、決器量於三心、雖非利智精進、専念実易勤、雖非多聞広学、信力何不備。然我大師聖人、為釈尊之使者、弘念仏一門、為善導之再誕、勧称名一行。専修専念之行、自此漸弘、無間無余之勤在今始知。然則破戒罪根之輩、加肩入往生之道、下智浅才之類、振臂赴浄土之門。誠知、无明長夜之大灯炬也、何悲智眼闇、生死大海之大船筏也、豈煩業障重。」

 ^こんどんしゃ」 といふは、 それ*しゅじょう*こんじょうどんありとなり。 「」 といふはこころのときひとなり、 「どん」 といふはこころのにぶきひとなり

^きょう漸頓ぜんとんといふは、 しゅじょうこんじょうにしたがうてぶっきょう*ぜん*とんありとなり。 ぜん」 はやうやく仏道ぶつどうしゅして、 *さんひゃく大劫だいこうをへてぶつるなり。 とん」 はこの*しゃかいにして、 このにてたちまちにぶつるともうすなり。 これすなはち*仏心ぶっしん*真言しんごん*ほっ*ごんとうのさとりをひらくなり。

^機有きう奢促しゃそくしゃ」 といふは、 奢促しゃそくあり。 「しゃ」 はおそきこころなるものあり、 「そく」 はときこころなるものあり。 このゆゑに 「ぎょうなん」 といふは、 ぎょうにつきてなんあり、 ありとなり。 「なん」 は*しょうどうもん*りきぎょうなり、 「」 は*じょうもん*りきぎょうなり。

^とうしょうどう諸門しょもんぜんぎょう」 といふは、 すなはち*なんぎょうなり、 また*ぜんぎょうなりとしるべしとなり。

^じょう一宗いっしゅしゃ」 といふは、 *とんぎょうなり、 また*ぎょうなりとしるべしとなり。

^しょ真言しんごんかんぎょう」 といふは、 「真言しんごん」 は*みっきょうなり、 「*かん」 はほっなり。

*こうじょう難学なんがく」 といふは、 このひとのこころをさるのこころにたとへたるなり。 さるのこころのごとくさだまらずとなり。 このゆゑに真言しんごんほっぎょうは、 しゅしがたくぎょうじがたしとなり。

^三論さんろん法相ほっそうきょうようげんめい」 といふは、 この仏法ぶっぽうしゃのまなこをうしひつじのまなこにたとへて、 *三論さんろん*法相ほっそうしゅうとうしょうどうりききょうにはまどふべしとのたまへるなり。

^ねんしゅしゃ」 といふは、 聖覚せいかくしょうののたまはく、 「わが*じょうしゅうは、 弥陀みだ本願ほんがん*じっぽうしょういんとして、 ないじっしょういっしょうしょうねんすれば、 *じょうだいにいたるとをしへたまふ。 *善導ぜんどうしょうおんをしへには、 *三心さんしんすればかならず*安楽あんらくうまるとのたまへるなり」 (唯信鈔・意) と、 聖覚せいかくしょうののたまへるなり。

^すい利智りちしょうじん」 といふは、 智慧ちえもなく*しょうじんにもあらず、 鈍根どんこん*だいのものも、 専修せんじゅ専念せんねん信心しんじんをえつればおうじょうすとこころうべしとなり。

^ねんだいしょうにん」 といふは、 聖覚せいかくしょうは、 しょうにん (源空) をわがだいしょうにんあおぎたのみたまふことばなり。

^しゃくそん使しゃ念仏ねんぶつ一門いちもん」 といふは、 源空げんくうしょうにんしゃ如来にょらいおんつかひとして念仏ねんぶつ一門いちもんひろめたまふとしるべしとなり。

^善導ぜんどう再誕さいたん かん称名しょうみょういちぎょう」 といふは、 しょうにん*善導ぜんどうしょうしんとして*称名しょうみょういちぎょうすすめたまふなりとしるべしとなり。

^専修せんじゅ専念せんねんぎょう自此じしぜんけん無余むよごん」 といふは、 *一向いっこう専修せんじゅもうすことはこれよりひろまるとしるべしとなり。

^然則ねんそくかい罪根ざいこんはいけんにゅうおうじょうどう」 といふは、 「然則ねんそく」 はしからしめて、 このじょうのならひにて、 かいかいひと罪業ざいごうふかきもの、 みなおうじょうすとしるべしとなり。

^下智げち浅才せんさいるいしんじょうもん」 といふは、 無智むちさいのものはじょうもんおもむくべしとなり。

^じょうみょうじょうだいとう何悲がひげんあん」 といふは、 「じょう」 はまことにしりぬといふ、 弥陀みだ誓願せいがんみょうじょうのおほきなるともしびなり、 なんぞ智慧ちえのまなこくらしとかなしまんやとおもへとなり。

^しょう大海だいかいだい船筏せんばつぼんごっしょうじゅう」 といふは、 弥陀みだ願力がんりきしょう大海だいかいのおほきなるふねいかだなり。 極悪ごくあくじんじゅうなりとなげくべからずとのたまへるなり。

^*つらつら思↢教授恩徳↡きょうじゅのおんどくをおもうに まことに等↢弥陀悲願↡者みだひがんにひとしきもの」 といふは、 しゅのをしへをおもふに、 弥陀みだがんひとしとなり。 だいしょうにん (源空)おんをしへのおんおもくふかきことをおもひしるべしとなり。

^粉骨ふんこつほう摧身さいしんしゃ」 といふは、 だいしょうにんおんをしへの恩徳おんどくのおもきことをしりて、 ほねにしてもほうずべしとなり、 くだきても恩徳おんどくむくふべしとなり。 よくよくこのしょう (聖覚) のこのをしへをらんじしるべしと。

二 Ⅷ 親鸞聖人文

【17】^*ちょう*禿とくしゃくの*親鸞しんらん しょうしんげのもん

 ^*本願ほんがんみょうごう正定しょうじょうごう しんしんぎょうがんいん じょう等覚とうがくしょうだいはん ひっめつがんじょうじゅ 如来にょらいしょこうしゅつ 唯説ゆいせつ弥陀みだ本願ほんがんかい じょくあくぐんじょうかい 応信おうしん如来にょらい如実にょじつごん 能発のうほつ一念いちねんあいしん だん煩悩ぼんのうとくはん ぼんじょうぎゃくほうさいにゅう にょ衆水しゅすいにゅうかいいち 摂取せっしゅ心光しんこうじょうしょう のうすいみょうあん 貪愛とんない瞋憎しんぞううん じょう真実しんじつ信心しんじんてん にょにっこううん うんみょうあん *ぎゃくしんけんきょうとくだいきょう そくおうちょうぜつ悪趣あくしゅ

「本願名号正定業 至心信楽願為因

 成等覚証大涅槃 必至滅度願成就

 如来所以興出世 唯説弥陀本願海

 五濁悪時群生海 応信如来如実言

 能発一念喜愛心 不断煩悩得涅槃

 凡聖逆謗斉廻入 如衆水入海一味

 摂取心光常照護 已能雖破無明闇

 貪愛瞋憎之雲霧 常覆真実信心天

 譬如日光覆雲霧 雲霧之下明無闇

 獲信見敬得大慶 即横超截五悪趣」

 ^本願ほんがんみょうごう正定しょうじょうごう」 といふは、 *せんじゃく本願ほんがんぎょうといふなり。

^しんしんぎょうがんいん」 といふは、 弥陀みだ如来にょらいこう*真実しんじつ信心しんじんなり、 この信心しんじん*のくだいいんとすべしとなり。

^じょう等覚とうがくしょうだいはん」 といふは、 「じょう等覚とうがく」 といふは*正定しょうじょうじゅくらいなり。 このくらいりゅうじゅさつは 「そくにゅうひつじょう(易行品) とのたまへり、 曇鸞どんらんしょうは 「にゅう正定しょうじょうじゅ(*論註・上意) とをしへたまへり、 これはすなはち*ろくくらいとひとしとなり。 ^しょうだいはん」 ともうすは、 ひっめつがん (第十一願) じょうじゅのゆゑにかならずだいはつはんをさとるとしるべし。 「*めつ」 ともうすは、 だいはんなり。

^如来にょらいしょこうしゅつ」 といふは、 諸仏しょぶつでたまふゆゑはともうすみのりなり。

^唯説ゆいせつ弥陀みだ本願ほんがんかい」 ともうすは、 諸仏しょぶつでたまふ*本懐ほんがいは、 ひとへに弥陀みだ願海がんかい*いちじょうのみのりをかんとなり。 しかれば ¬だいきょう¼ (上) には、 「*如来にょらいしょ こうしゅつ於世おせ よくじょう群萌ぐんもう 真実しんじつ之利しり」 ときたまへり。 「如来にょらいしょこうしゅつ於世おせ」 は、 「*如来にょらい」 ともうすは諸仏しょぶつもうすなり。 「しょ」 といふはゆゑといふみことなり。 「こうしゅつ於世おせ」 といふはぶつでたまふともうすみことなり。 「よくじょう群萌ぐんもう」 は、 「よく」 といふはおぼしめすとなり。 「じょう」 はすくはんとなり。 「*群萌ぐんもう」 はよろづのしゅじょうをすくはんとおぼしめすとなり。 ぶつでたまふゆゑは、 弥陀みだおんちかひをきてよろづのしゅじょうをたすけすくはんとおぼしめすとしるべし。

^じょくあくぐんじょうかい応信おうしん如来にょらい如実にょじつごん」 といふは、 *じょくあくのよろづのしゅじょうしゃ如来にょらいのみことをふかく信受しんじゅすべしとなり。

^能発のうほつ一念いちねんあいしん」 といふは、 「のう」 はよくといふ。 「ほつ」 はおこすといふ、 ひらくといふ。 *一念いちねんあいしん」 は*一念いちねんきょう*真実しんじつ信心しんじんよくひらけ、 かならず本願ほんがん*じっぽううまるとしるべし。 *きょうといふは、 しんをえてのちよろこぶこころをいふなり。

^だん煩悩ぼんのうとくはん」 といふは、 「だん煩悩ぼんのう」 は煩悩ぼんのうをたちすてずしてといふ。 「とくはん」 ともうすはじょうだいはんをさとるをうるとしるべし。

^ぼんじょうぎゃくほうさいにゅう」 といふは、 *小聖しょうしょう*ぼん*ぎゃく*謗法ほうぼう*かい*闡提せんだい、 みな*しんして真実しんじつ信心しんじんかいにゅうしぬれば、 衆水しゅすいかいりてひとつあじはひとなるがごとしとたとへたるなり。 これを 「にょ衆水しゅすいにゅうかいいち」 といふなり。

^摂取せっしゅ心光しんこうじょうしょう」 といふは、 信心しんじんをえたるひとをば、 *無礙むげこうぶつ*心光しんこうつねにらしまもりたまふゆゑに、 *みょうやみはれ、 *しょうのながきすでにあかつきになりぬとしるべしとなり。 「のうすいみょうあん」 といふは、 このこころなり。 信心しんじんをうれば暁になるがごとしとしるべし。

^貪愛とんない瞋憎しんぞううんじょう真実しんじつ信心しんじんてん」 といふは、 われらが*貪愛とんない*瞋憎しんぞうくもきりにたとへて、 つねに信心しんじんてんおおへるなりとしるべし。

^にょ*日月にちがつうんうんみょうあん」 といふは、 日月にちがつくもきりおおはるれども、 やみはれてくもきりしたあきらかなるがごとく、 貪愛とんない瞋憎しんぞうくもきり信心しんじんおおはるれども、 おうじょうにさはりあるべからずとしるべしとなり。

^ぎゃくしんけんきょうとくだいきょう」 といふは、 この信心しんじんをえておほきによろこびうやまふひとといふなり。 *だいきょう」 はおほきにうべきことをえてのちによろこぶといふなり。

^そくおうちょうぜつ悪趣あくしゅ」 といふは、 信心しんじんをえつればすなはち*おう*悪趣あくしゅをきるなりとしるべしとなり。 ^そくおうちょう」 は、 「そく」 はすなはちといふ、 しんをうるひとはときをへずをへだてずして*正定しょうじょうじゅくらいさだまるをそくといふなり。 おう」 はよこさまといふ、 如来にょらい願力がんりきなり、 *りきもうすなり。 「ちょう」 はこえてといふ、 しょう大海だいかいをやすくよこさまにえてじょうだいはんのさとりをひらくなり。

信心しんじんじょうしゅうしょうとしるべきなり。 このこころをえつれば、 「りきには*のなきをもつてとす」 と、 ほんしょうにん (源空)おおせごとなり。 「」 といふはぎょうじゃのおのおののはからふこころなり。 このゆゑにおのおののはからふこころをもたるほどをば*りきといふなり。 よくよくこのりきのやうをこころうべしとなり。

 

^*しょうさいつちのえうま六月ろくがつじゅう八日はちにちこれをく。

禿とく親鸞しんらんはちじゅう六歳ろくさい

 

設我得仏… 「たとひわれ仏を得たらんに、 十方の衆生、 心を至し信楽してわが国に生れんとおもひて、 乃至十念せん。 もし生れざれば、 正覚を取らじと。 ただ五逆と誹謗正法を除く」 (信巻訓)
濁悪邪見 悪に汚れたよこしまな見方、 考え方。
ふたごころなく 一心に。 疑いなく。
尋常の時節 平生の時。
臨終の称念 命が終る時に称える念仏。
やう 子細。
其仏本願力… 「その仏の本願力、 名を聞きて往生せんとおもへば、 みなことごとくかの国に到りて、 おのづから不退転に致る」 (行巻訓)
必得超絶去… 「かならず超絶してつることを得て、 あんにょう国に往生して、 おうに五悪趣をり、 悪趣自然に閉ぢん。 道に昇るに窮極なし。 往き易くして人なし。 その国逆違せず、 自然のくところなり」 (信巻訓)
流転生死 三界さんがい六道ろくどうの迷いの世界を生れかわり死にかわりして流転すること。 →りん
みえたり 「安養といふは…」 の意は ¬讃弥陀偈¼ 冒頭の 「讃めたてまつりてまた安養といふ」 という文にもとづいているので 「みえたり」 という。
 とんぎょうのこと。
たたさま たて。
五悪趣のきづな 五種の迷いの世界につなぎとめる網。 →悪趣あくしゅ
勢至獲念仏円通… 「勢至念仏円通を獲たり。 大勢至法王子、 その同倫の五十二菩薩と、 すなはち座より起ち、 仏足を頂礼して仏にまうしてまうさく、 われ往昔の恒河沙劫を憶ふに、 仏ありて世に出でます。 無量光と名づく。 十二の如来、 一劫にあひ継ぎ、 その最後の仏を超日月光と名づく。 かの仏、 われに念仏三昧を教へたまふ。 (乃至) もし衆生、 心に仏を憶ひ仏を念ずれば、 現前・当来にかならずさだめて仏を見たてまつらん。 仏を去ること遠からず、 方便をらず、 おのづから心開かるることを得ん。 染香人の身に香気あるがごとし。 これすなはち名づけて香光荘厳といふ。 われもと因地にして、 念仏の心をもつて無生忍に入る。 いまこの界において、 念仏の人を摂して浄土に帰せしむ」
獲といふは… 親鸞聖人は獲得の二字を釈して 「獲の字は、 いんのときうるを獲といふ。 得の字は、 果位のときにいたりてうることを得といふなり」 (¬正像末和讃¼ 末尾の 「自然法爾章」) という。
五十二菩薩 勢至菩薩とともに ¬しゅりょうごんぎょう¼ の会座えざに列なった菩薩たち。
香光荘厳 「念仏は智慧ちえなり」 (左訓) 阿弥陀仏よりたまわった智慧の香りと光によって、 念仏者の人生が美しく飾られること。
染香人 「かうばしき、 身に染めるがごとしといふ」 (左訓) 仏の智慧の香りに染まった人。 念仏の行者をいう。
因地 ここでは勢至菩薩がまだ無生法忍の果を得ていない時の意。
無生忍 「不退の位なり」 (左訓)
人能念是仏… 「易行品」 の原文では 「是故我帰命」 の後に 「彼仏本願力」 の句が続く。 「人よくこの仏の無量力功徳を念ずれば、 即の時に必定に入る。 このゆゑにわれつねに念じたてまつる。 もし人仏にならんと願じて、 心に阿弥陀を念じたてまつれば、 時に応じてために身を現じたまはん。 このゆゑにわれ、 かの仏の本願力に帰命す」 (行巻訓)
すなはちのとき ただちにそのとき。
世尊我一心… 「世尊、 われ一心に尽十方の無礙光如来に帰命したてまつりて、 安楽国に生ぜんと願ず。 われ修多羅真実功徳相によりて、 願偈総持を説きて仏教と相応せり。 かの世界の相を観ずるに、 三界の道に勝過せり。 究竟して虚空のごとし、 広大にして辺際なし」 (真仏土巻・行巻訓)
観仏本願力… 「仏の本願力を観ずるに、 もうおうて空しく過ぐるものなし。 よくすみやかに功徳の大宝海を満足せしむ」 (行巻訓)
帰命尽十方無碍光如来… →補註1
さはる 障害となる。
光如来 「無礙光如来」 を通常ならば 「無礙光」 「如来」 と分節するのを親鸞聖人はあえて 「無礙」 「光如来」 と分節している。 「この如来は光明なり」 という旨を強調するためであろう。
微塵刹土 数限りない国土。
三部の経典 ¬大経¼ ¬観経¼ ¬小経¼ の浄土三部経のこと。
みそなはす (天親てんじん菩薩が) 御覧になる。
斉朝曇鸞和尚真像銘文 ざい (七世紀中頃) の ¬浄土論¼ (下) の一節を抄出して、 少々文字を添削したもの。 本山蔵宗祖加点本『論註¼ 奥書にも同文のものが記されているが、 訓点はやや異なる。
釈曇鸞… 本文に付してある訓点にしたがって、 その書き下しを振り仮名の体裁で示した。
 事跡。
汶水 通常は 「ぶんすい」 と読む。
 (386-534) 鮮卑族のたく跋珪ばつけい (道武帝) がへいじょう (現在の山西さんせい大同だいどう) を都にして建てた国。 494年、 洛陽らくように遷都し、 534年、 内紛によって東魏、 西魏に分裂した。
 (550-577) 中国南北朝時代の北朝の一。 550年、 高洋こうよう (文宣帝) が東魏の孝静こうせいていから帝位を奪って建てた。 577年、 ほくしゅうの武帝に滅ぼされた。 南朝の斉と区別して北斉といい、 また王室が高姓であるため高斉とも呼ばれる。
 (502-557) 南朝の一でしょうえん (武帝) が南斉なんせいの禅譲をうけて健康けんこう (現在の南京) を都にして建てた国。 557年、 ちんに滅ぼされた。
唐朝 (618-907) 唐国公のえん (高祖) がずいの三世恭帝の禅譲を受けて建てた中国の統一王朝。 都は長安。
智栄讃… 本文に付してある訓点にしたがって、 その書き下しを振り仮名の体裁で示した。
智栄 伝未詳。 ¬ちょう西さいろく¼ (下) に 「専修浄業記一巻」 の著者として智栄の名が出るが、 同異不明。 法然ほうねん上人の 「無量寿経釈」 (¬かんとうろく¼ 巻一所収) に善導ぜんどうだいの義を補助するものとして七人を挙げる中の一人。
別徳 特別の勝れた徳。
仏をほめたてまつるになる 本願を信じて念仏すれば仏を讃嘆していることになる。 念仏は讃嘆の徳をもつぎょうごうとして私たちに与えられているので、 「…になる」 という。 以下、 さん等について 「…になる」 というのも同様の意。
言南無者… 「南無といふは、 すなはちこれ帰命なり、 またこれ発願回向の義なり。 阿弥陀仏といふは、 すなはちこれその行なり。 この義をもつてのゆゑにかならず往生を得」 (行巻訓)
釈迦弥陀の二尊の勅命 釈迦がしゅじょうに浄土往生をすすめ (発遣はっけん)、 阿弥陀仏が衆生を浄土へ来れと招きよぶこと (しょうかん)。
言摂生… 「摂生増上縁といふは、 無量寿経の四十八願のなかに説くがごとし。 仏ののたまはく、 もしわれ成仏せんに、 十方の衆生、 わが国に生ぜんと願じて、 わが名字を称すること、 下十声に至るまで、 わが願力に乗じて、 もし生れずは、 正覚を取らじと。 これすなはちこれ往生を願ずる行人、 命終らんとする時、 願力摂して往生を得しむ。 ゆゑに摂生増上縁と名づく」 (行巻訓)
尋常 「つねのときなり」 (左訓)
言護念増上縁者… 「護念増上縁といふは、 (乃至) ただ阿弥陀仏を専念する衆生のみありて、 かの仏心の光、 つねにこの人を照らして摂護して捨てたまはず。 すべて余の雑業の行者を照らし摂むと論ぜず。 これまたこれ現生護念増上縁なり」 (信巻訓)
わかず 区別せず。
悪鬼悪神 仏法修行をさまたげ、 しゅじょうを悩害するしゃせつなどの鬼神。
御縁起 阿佐あさ太子の礼讃らいさんの文は ¬しょうとくたいでんりゃく¼ および ¬じょうぐうたいぎょ¼ (¬三宝さんぼうことば¼ よりの抜書) にほぼ同文のものがある。 にちの礼讃の文は ¬聖徳太子伝暦¼ に同文のもの、 ¬上宮太子御記¼ にほぼ同文のものがある。 なお、 聖徳太子の作と伝えられるものに ¬天王てんのう手印しゅいんえん¼ があるが、 これには該当する文は見当らない。
百済国 (4世紀中頃-660) クダラ国。 朝鮮半島の西南部に拠った国。
聖明王 (在位523-554) 百済くだら第二十六代の国王。 538年 (一説には552年)、 日本に仏教を伝えた。 後に新羅しらぎと戦って敗死した。
わたらせたまひ 「わたらせたまふ」 は、 おありになる、 いらっしゃるの意。
和国 日本。
阿佐太子 ¬日本書紀¼ すい天皇五年 (597) 四月条にその名がみえる。
天王寺 四天王寺 (大阪市天王寺区) のこと。 6世紀末、 聖徳太子の創建と伝えられる。
新羅国 (4世紀-935) シラギ国。 朝鮮半島の古王国。 4世紀に辰韓しんかん諸国を統合して成立。 668年、 朝鮮全土を統一した。 935年、 五十六代で高麗こうらいに滅ぼされた。
日羅 (6世紀) ¬日本書紀¼ の記述では、 だつ天皇の要請で来朝した百済くだらの日系官人。
救世観音 観世音菩薩は世の人々の苦を救うのでこの名がある。 親鸞聖人在世当時は聖徳太子信仰が盛んで、 太子のほんは観世音菩薩であると一般に信じられていた。
我亦在彼… 「われまたかの摂取のなかにあれども、 煩悩、 まなこを障へて見たてまつるにあたはずといへども、 大悲、 ものうきことなくして、 つねにわが身を照らしたまふ」 (信巻訓)
さへらる さえぎられる。
ものうきことましまさず 飽きることがない。 ここでは見捨てたもうことなくの意。
念仏衆生摂取不捨 「念仏の衆生を摂取して捨てたまはず」
四明山 えいざんの別名。
権律師 律師とはそうじょうそうの下に位置し、 僧尼を統領する官職。 五位の殿てんじょうびとに相当する僧官。 権は副官という意。
普勧道俗… 「あまねく道俗を勧めて弥陀仏を念ぜしめたまふ。 よく念ずればみな化仏菩薩を見たてまつる。 あきらかに知りぬ、 称名は往生の要術なることを。 きかな源空げんくう、 道を慕ひ、 物を化したまふ。 信珠心にあれば、 心迷境を照らし、 疑雲永く晴れ、 仏光いただきまどかなり。 建歴壬申三月一日」
建暦壬申… 建暦壬申は建歴二年 (1212)。 同年三月一日は法然ほうねん上人じゃく後五七日 (三十五日) にあたるので、 「普勧…」 の文はその法要の表白文とみられる。
宝幢院 ここでは西塔 (えいざん三塔の一) の総称。
往生之業… 「往生の業は念仏を本とす」 (行巻訓)
夫速欲離生死… 「それすみやかに生死を離れんとおもはば、 二種の勝法のなかに、 しばらく聖道門をさしおきて、 選んで淨土門に入れ。 淨土門に入らんと欲はば、 正雑二行のなかに、 しばらくもろもろの雑行をなげうちて、 選んで正定に帰すべし。 正行を修せんと欲はば、 正助二業のなかに、 なほ助業をかたわらにして、 選んで正定をもつぱらにすべし。 正定の業とはすなわちこれ仏のみなを称するなり。 称名はかならず生ずることを得。 仏の本願によるがゆゑに」 (行巻訓) この文は ¬せんじゃくしゅう¼ 十六章の内容を要約したもので、 「三選の文」 また 「略選択¼ などと呼ばれる。 なお、 三選とは、 浄土門を選びとる第一選、 正行を選びとる第二選、 正定業を選びとる第三選を指していう。
 底本には 「たん」 とある。 ¬真宗法要¼ 所収本 (建長本) によって 「しゃ」 と読み改めた。 以下の 「且」 も同じ。
当知生死之家… 「まさに知るべし、 生死の家には疑をもつて所止となし、 涅槃の城には信をもつて能入となす」
夫根有利鈍者… 「それ根に利鈍あれば、 教に漸頓あり。 機に奢促あれば、 行に難易あり。 まさに知るべし、 聖道の諸門は漸教なり、 また雑行なり。 浄土の一宗は頓教なり、 また易行なり。 いはゆる真言・止観の行、 獼猴の情学びがたく、 三論・法相の教、 牛・羊の眼迷ひやすし。 しかるにわが宗に至りては、 弥陀の本願、 行因を十念に定め、 善導の料簡、 器量を三心に決す。 利智精進にあらずといへども、 専念まことに勤めやすし、 多聞広学にあらずといへども、 信力なんぞ備はらざらん。 (乃至) しかるにわが大師聖人、 釈尊の使者として念仏の一門を弘め、 善導の再誕として称名の一行を勧めたまへり。 専修専念の行、 これよりやうやく弘まり、 無間無余の勤め、 いまにありてはじめて知りぬ。 しかればすなはち、 破戒罪根の輩、 肩をきしりて往生の道に入り、 下智浅才の類、 臂を振うて淨土の門に赴く。 まことに知りぬ、 無明長夜の大いなる灯炬なり、 なんぞ智眼の闇きことを悲しまん。 生死大海の大いなる船筏なり、 あに業障の重きことを煩はんや」 (高田派専修寺蔵宗祖真蹟 「聖覚せいかく法院ほういん表白ひょうびゃくもん」 訓)
三祇百大劫 菩薩が成仏するまでに経過する長い時間。 三>そうこうにわたって六度の行を修め、 さらに百劫の間、 相好そうごうを感得するための福業を修めて成仏するという。 →そうこう
獼猴 大きな猿。
善導和尚の御身 善導ぜんどうだいの後身。 生まれかわり。
倩思教授恩徳… 本文に付してある訓点にしたがって、 その書き下しを振り仮名の体裁で示した。
和朝 日本。
本願名号… 「本願の名号は正定の業なり。 至心信楽の願を因とす。 等覚を成り大涅槃を証することは、 必死滅度の願成就なり。 如来、 世に興出したまふゆゑは、 ただ弥陀の本願海を説かんとなり。 五濁悪時の群生海、 如来如実のみことを信ずべし。 よく一念喜愛の心を発すれば、 煩悩を断ぜずして涅槃を得るなり。 凡聖・逆謗ひとしく回入すれば、 衆水海に入りて一味なるがごとし。 摂取の心光、 つねに照護したまふ。 すでによく無明の闇を破すといへども、 貪愛・瞋憎の雲霧、 つねに真実信心の天に覆へり。 たとへば日光の雲霧に覆はるれども、 雲霧の下あきらかにして闇なきがごとし。 信を獲て見て敬ひ大慶を得れば、 すなはちおうに五悪趣を超截す」 底本には 「ふく」 とある。 ¬真宗法要¼ 所収本 (建長本) によって 「」 と読み改めた。 以下の 「覆」 も同じ。
獲信見敬得大慶 この句は本山蔵および専修せんじゅ蔵の ¬教行信証¼ では 「獲信見敬大慶喜」 となっている。 また大谷派本願寺蔵本 (坂東本) では 「見敬得大慶喜人」 を抹消して 「獲信見敬大慶人」 と改めている。
本懐 本来の意図、 目的。
如来所以… 「如来、 世に興出したまふゆゑは群萌をすくひ、 恵むに真実の利をもつてせんとおぼしてなり」 ¬大経¼ の原文は 「如来、 がいの大悲をもって三界さんがいを矜哀したまふ。 世に出興するゆゑは、 道教を光闡こうせんして、 群萌を拯ひ恵むに真実の利をもつてせんと欲してなり」 となっている。 「道教を光闡して」 の語を省略したのは、 道教を出世の本意ではない聖道教とみたためであろう。
如来と申すは… 阿弥陀仏の本願の救いを説くのは、 釈尊だけでなく、 すべての仏の出世の本意であるということを示す。
一念 時剋の一念を指すとする説と信相の一念を指すとする説とがある。 →一念いちねん
小聖 仏を大聖というのに対して、 小乗のさとりを得たしょうじゃおよび大乗のじっしょうの菩薩をいう。
日月 前掲の文では 「日光」 となっている。
大慶は… 親鸞聖人は慶 (慶喜・慶楽) をすでにわが身の上に実現していることがら (現生で正定しょうじょうじゅの位に入ること) をよろこぶ意とし、 歓喜を必ず実現すると定まっていることがら (往生成仏の果) を待望してよろこぶ意とする。
義のなきをもつて義とす →なきをとす
正嘉二歳 1258年。