安心あんじんけつじょうしょう ほん

 

・総標

【1】 *じょうしんしゅうぎょうじゃは、 まづ*本願ほんがんのおこりをぞんすべきなり。

・十八願肝要

*せいじゅうはちなれども、 *だいじゅうはちがんほんとす。 じゅうしちは、 このがんしんぜしめんがためなり。

・¬礼讃¼

・願文を引く

【2】 このがんを ¬*礼讃らいさん¼ に釈したまふに、 「にゃくじょうぶつ 十方じっぽうしゅじょう しょうみょうごう 下至げしじっしょう にゃくしょうじゃ しゅしょうがく」 といへり。

・釈文和解

このもんのこころは、 「*十方じっぽう*しゅじょう*がんぎょうじょうじゅして*おうじょうせば、 われもぶつらん。 しゅじょうおうじょうせずは、 われ*しょうがくらじ」 となり。 かるがゆゑに、 ぶつしょうがくは、 われらがおうじょうするとせざるとによるべきなり。

・詰問

しかるに十方じっぽうしゅじょういまだおうじょうせざるさきに、 しょうがくじょうずることは、 こころえがたきことなり。

・一念同時

しかれども、 ぶつしゅじょうにかはりて*がんぎょうとを円満えんまんして、 われらがおうじょうをすでに*したためたまふなり。

十方じっぽうしゅじょうがんぎょう円満えんまんして、 おうじょうじょうじゅせしとき、 *ほう一体いったい南無なも弥陀みだぶつしょうがくじょうじたまひしなり。 かるがゆゑにぶつしょうがくのほかは*ぼんおうじょうはなきなり。

十方じっぽうしゅじょうおうじょうじょうじゅせしとき、 ぶつしょうがくるゆゑに、 ぶつしょうがくりしとわれらがおうじょうじょうじゅせしとはどうなり。

・ただちに法義を明かす

ぶつかたよりはおうじょうじょうぜしかども、 しゅじょうがこのことわりをしることどうなれば、 すでにおうじょうするひともあり、 いまおうじょうするひともあり、 *とうおうじょうすべきひともあり。 *によりて*さんどうなれども、 弥陀みだのかはりてじょうじゅせし*しょうがく一念いちねんのほかは、 さらによりいささかもふることはなきなり。

・譬喩を示す

たとへばづれば*せつ十方じっぽうやみことごとくれ、 つきづれば法界ほうかいみずどうかげをうつすがごとし。 つきでてかげみずにやどす、 でてやみれぬことあるべからず。 かるがゆゑに、 でたるかでざるかをおもふべし、 やみれざるかれたるかをうたがふべからず。 ぶつしょうがくりたまへるかいまだりたまはざるかを分別ふんべつすべし、 ぼんおうじょうべきかべからざるかをうたがふべからず。

・衆生に親疎あること

しゅじょうおうじょうせずはぶつらじ」 (*大経・上意)ちかひたまひし*法蔵ほうぞう比丘びくの、 *十劫じっこうにすでにじょうぶつしたまへり。 *仏体ぶったいよりはすでにじょうじたまひたりけるおうじょうを、 *つたなく今日こんにちまでしらずしてむなしく*てんしけるなり。

・¬般舟讃¼ を引く

かるがゆゑに ¬*般舟はんじゅさん¼ には、 「おほきにすべからく*ざんすべし。 しゃ如来にょらいはまことにこれ慈悲じひ父母ぶもなり」 といへり。

・慚愧の二字を釈す

ざん」 の二字にじをば、 てんにはぢひとにはづともしゃくし、 にはぢにはづともしゃくせり。

・総じて二尊に約す

なにごとをおほきにはづべしといふぞといふに、 弥陀みだ*ちょうさい永劫ようごうのあひだぜんぼんにかはりてがんぎょうをはげまし、 *しゃくそん*ひゃく塵点じんでんごうのむかしより*八千はっせんべんまででて、 かかる思議しぎ誓願せいがんをわれらにしらせんとしたまふを、 いままできかざることをはづべし。

・別して弥陀に約す

よりじょうずる*だい小乗しょうじょうぎょうならば、 ほうたえなれども、 がおよばねばちからなしといふこともありぬべし。 いまの*りきがんぎょうは、 ぎょう仏体ぶったいにはげみてこうぜんのわれらにゆづりて、 *謗法ほうぼう*闡提せんだい*法滅ほうめつひゃくさいまでじょうぜずといふことなきどくなり。 このことわりを*慇懃おんごんげたまふことをしんぜず、 しらざることをおほきにはづべしといふなり。

・別して釈迦に約す

三千さんぜん大千だいせんかいに、 芥子けしばかりもしゃくそんしんみょうをすてたまはぬところはなし」 (*法華経・意)。 みなこれりきしんぜざるわれらに信心しんじんをおこさしめんと、 かはりてなんぎょうぎょうしてえんをむすび、 *こうをかさねたまひしなり。 この広大こうだいおんこころざしをしらざることを、 おほきにはぢはづべしといふなり。

・方便を明かす

このこころをあらはさんとて、 「種々しゅじゅ方便ほうべんをもつて、 われらがじょう信心しんじんほっす」 (般舟讃)しゃくり。

・凡夫左右なきを明かす

じょう信心しんじんといふは、 りき*三信さんしんなり。 つぎに 「種々しゅじゅ方便ほうべんく、 *きょうもんひとつにあらず」 (般舟讃) といふは、 *しょきょうずい得益とくやくなり。 ぼん*左右さうなくりき信心しんじん*ぎゃくとくすることかたし。 しかるに*りきじょうじがたきことをきくとき、 りきぎょうしんぜられ、 しょうどう信心しんじんをきくにじょうしゅしやすきこともしんぜらるるなり。

・行信法体にかえること

おほよそぶつかたよりなにのわづらひもなくじょうじゅしたまへるおうじょうを、 われら煩悩ぼんのうにくるはされて、 ひさしくてんして思議しぎぶっ信受しんじゅせず。 かるがゆゑにさんしゅじょう*みょうねん*しょうがく一念いちねんにかへり、 十方じっぽう*じょうしょうねんこころしょうがく一念いちねんにかへる。 さらににおいていっしょう一念いちねんもとどまることなし。

・名体不二の行体

【3】 *みょうたい不二ふにがんぎょうなるがゆゑに、 みょうごうすなはちしょうがく全体ぜんたいなり。 しょうがくたいなるがゆゑに、 十方じっぽうしゅじょうおうじょうたいなり。 おうじょうたいなるがゆゑに、 われらががんぎょうことごとくそくせずといふことなし。

・¬玄義分¼ を引きたもうこと

かるがゆゑに 「げん(*玄義分) にいはく、 「いまこの ¬かんぎょう¼ のなかのじっしょうしょうぶつには、 すなはちじゅうがんありて十行じゅうぎょうそくせり。 いかんがそくせる。 ª南無なもº といふはすなはちこれみょう、 またこれ*発願ほつがんこうなり。 ª弥陀みだぶつº といふはすなはちこれそのぎょうなり。 このをもつてのゆゑにかならずおうじょう」 といへり。

*ぼんしょう*失念しつねんしょうねん*がんぎょうそくすることは、 さらにがんぎょうにあらずとしるべし。 法蔵ほうぞうさつこうちょうさいがんぎょうの、 ぼんがんぎょうじょうずるゆゑなり。 弥陀みだぶつぼんがんぎょうじょうぜしいはれをりょうするを、 三心さんしんともいひ、 三信さんしんともき、 信心しんじんともいふなり。 弥陀みだぶつぼんがんぎょうじょうぜしゆゑをごうにあらはすを、 *南無なも弥陀みだぶつといふ。

・領解のこと

かるがゆゑにりょうにはとどまらず、 りょうすれば仏願ぶつがんたいにかへる。 みょうごうにはとどまらず、 となふれば*やがてがんにかへる。

・第十八願をもって上を結ぶ

かるがゆゑにじょう法門ほうもんは、 だいじゅうはちがんをよくよくこころうるほかにはなきなり。

・¬定善義¼ を引いて、 名号本願、 一なるを示す

【4】 「にょりょう寿じゅきょう じゅうはちがんちゅう ゆいみょう専念せんねん 弥陀みだみょうごうとくしょう(*定善義) ともしゃくし、 「*きょう じょうさんもんちゅう ゆいひょう専念せんねん 弥陀みだみょうごうとくしょう(定善義) ともしゃくして、 *さんぎょうともにただこの本願ほんがんをあらはすなり。 だいじゅうはちがんをこころうるといふは、 みょうごうをこころうるなり。 みょうごうをこころうるといふは、 弥陀みだぶつしゅじょうにかはりてがんぎょうじょうじゅして、 ぼんおうじょうにさきだちてじょうじゅせしきざみ、 十方じっぽうしゅじょうおうじょうしょうがくたいとせしことをりょうするなり。

・信念相続のこと

かるがゆゑに念仏ねんぶつぎょうじゃみょうごうをきかば、 「あは、 はやわがおうじょうじょうじゅしにけり。 十方じっぽうしゅじょうおうじょうじょうじゅせずはしょうがくらじとちかひたまひし法蔵ほうぞうさつしょうがく*みょうなるがゆゑに」 とおもふべし。

また弥陀みだぶつぎょうぞうををがみたてまつらば、 「あは、 はやわがおうじょうじょうじゅしにけり。 十方じっぽうしゅじょうおうじょうじょうじゅせずはしょうがくらじとちかひたまひし法蔵ほうぞう*さっじょうしょうがくおんすがたなるゆゑに」 とおもふべし。

また*極楽ごくらくといふをきかば、 「あは、 わがおうじょうすべきところをじょうじゅしたまひにけり。 しゅじょうおうじょうせずはしょうがくらじとちかひたまひし法蔵ほうぞう比丘びくじょうじゅしたまへる極楽ごくらくよ」 とおもふべし。

をいへば、 仏法ぶっぽうぞくとのしゅ善根ぜんごんなき*ゆいあくに、 仏体ぶったいより*恒沙ごうじゃ*塵数じんじゅどくじょうじゅするゆゑに、 われらがごとくなる*愚痴ぐち*悪見あくけんしゅじょうのためのらくのきはまりなるゆゑに極楽ごくらくといふなり。

・自力の機執を捨つること

本願ほんがんしんみょうごうをとなふとも、 *よそなるぶつどくとおもうて*みょうごうこうをいれなば、 などかおうじょうをとげざらんなんどおもはんは、 かなしかるべきことなり。 *ひしとわれらがおうじょうじょうじゅせしすがたを南無なも弥陀みだぶつとはいひけるといふ信心しんじんおこりぬれば、 *仏体ぶったいすなはちわれらがおうじょうぎょうなるがゆゑに、 いっしょうのところにおうじょうけつじょうするなり。

弥陀みだぶつといふみょうごうをきかば、 やがてわがおうじょうとこころえ、 わがおうじょうはすなはちぶつしょうがくなりとこころうべし。 弥陀みだぶつしょうがくじょうじたまへるかいまだじょうじたまはざるかをばうたがふとも、 わがおうじょうじょうずるかじょうぜざるかをばうたがべからず。 いちしゅじょうのうへにもおうじょうせぬことあらば、 ゆめゆめぶつしょうがくりたまふべからず。 ここをこころうるをだいじゅうはちがん*おもひわくとはいふなり。

・超世不共

【5】 まことにおうじょうせんとおもはば、 しゅじょうこそがんをもおこしぎょうをもはげむべきに、 がんぎょうさつのところにはげみて、 *かんはわれらがところにじょうず。 けんしゅっいんのことわりにちょうせり。 しょう (善導) はこれを 「*べつがん(玄義分) とほめたまへり。

・本願名号不二のこと

しゅじょうにかはりてがんぎょうじょうずること、 *じょうもつしゅじょう*さきとして善人ぜんにんにおよぶまで、 いちしゅじょうのうへにもおよばざるところあらば、 だいがん満足まんぞくすべからず。

面々めんめんしゅじょうごとに、 がんぎょうじょうじゅせしとき、 ぶつしょうがくじょうじ、 ぼんおうじょうせしなり。

かかる思議しぎみょうごう、 もしきこえざるところあらばしょうがくらじとちかひたまへり。

われらすでに弥陀みだといふみょうごうをきく。 しるべし、 われらがおうじょうすでにじょうぜりといふことを。 きくといふは、 ただ*おほやうにみょうごうをきくにあらず、 本願ほんがんりき思議しぎをききてうたがはざるをきくとはいふなり。 御名みなをきくも本願ほんがんよりじょうじてきく。 一向いっこうりきなり。 たとひぼんおうじょうじょうじたまひたりとも、 そのがんじょうじゅしたまへる御名みなをきかずは、 いかでかそのがんじょうぜりとしるべき。

かるがゆゑにみょうごうをききてもぎょうぞうはいても、 わがおうじょうじょうじたまへる御名みなときき、 「われらを*わたさずはぶつらじとちかひたまひし法蔵ほうぞう誓願せいがんむなしからずして、 しょうがくじょうじたまへるおんすがたよ」 とおもはざらんは、 きくともきかざるがごとし、 みるともみざるがごとし。

・信後相続のこと

¬*びょうどうがくきょう¼ (四) にのたまはく、 「じょう法門ほうもんくをきて*かんやくし、 *いよたつ」 といふは、 *そぞろによろこぶにあらず。 わが*しゅつぎょうをはげまんとすれば、 *道心どうしんもなく智慧ちえもなし。 *もくぎょうそくかけたるなれば、 ただ三悪さんまく*きょうにしづむべきなるを、 がんぎょう仏体ぶったいよりじょうじて、 ほう一体いったいしょうがくじょうじたまひけることのうれしさよとおもふとき、 *かんのあまりをどりあがるほどにうれしきなり。

¬*だいきょう¼ に 「爾時にじもん一念いちねん」 とも、 「もんみょうかんさん」 ともいふは、 このこころなり。

*よそにさしのけてはなくして、 やがてわがおうじょうすでにじょうじたるみょうごう、 わがおうじょうしたるおんすがたとみるを、 みょうごうをきくともぎょうぞうをみるともいふなり。 このことわりをこころうるを本願ほんがんしんすとはいふなり。

・任運の法徳

【6】 *念仏ねんぶつ三昧ざんまいにおいて信心しんじんけつじょうせんひとは、 南無なも弥陀みだぶつ、 こころも南無なも弥陀みだぶつなりとおもふべきなり。

ひとのをばすいふう*だいよりあひてじょうず。 小乗しょうじょうには*ごくしょじょうといへり。 ごくにくだきてみるとも*報仏ほうぶつどくまぬところはあるべからず。 さればほう一体いったい南無なも弥陀みだぶつなり。 こころは煩悩ぼんのう*ずい煩悩ぼんのうとうそくせり。 せつせつしょうめつす。 こころをせつ*ちわりてみるとも、 弥陀みだがんぎょうへんせぬところなければ、 ほう一体いったいにしてこころも南無なも弥陀みだぶつなり。

弥陀みだだいのむねのうちに、 かのじょうもつしゅじょうみちみちたるゆゑに、 ほう一体いったいにして南無なも弥陀みだぶつなり。

われらが*迷倒めいとうのこころのそこには*法界ほうかいしんぶつどくみちみちたまへるゆゑに、 またほう一体いったいにして南無なも弥陀みだぶつなり。 じょう*しょうほうもしかなり。 ほうは、 宝樹ほうじゅひとつも極悪ごくあくのわれらがためならぬことなければ、 ほう一体いったいにして南無なも弥陀みだぶつなり。 しょうぼうは、 けん*びゃくごうそうより*せん輻輪ぷくりんのあなうらにいたるまで、 じょうもつしゅじょうがんぎょう円満えんまんせるおんかたちなるゆゑに、 またほう一体いったいにして南無なも弥陀みだぶつなり。

われらが*道心どうしんほう*三業さんごう*威儀いぎ、 すべて報仏ほうぶつどくのいたらぬところなければ、 南無なも弥陀みだぶつへんもはなるることなければ、 念々ねんねんみな南無なも弥陀みだぶつなり。 さればづるいきいきも、 ぶつどくをはなるるぶんなければ、 みな南無なも弥陀みだぶつたいなり。

*曰羅ぎら冒地ぼじといひしひとは、 じょう水観すいかんをなししかば、 こころにひかれてもひとつのいけとなりき。 そのほう*みぬれば、 *色心しきしんしょうぼうそれに*なりかへることなり。

【7】 念仏ねんぶつ三昧ざんまいりょうひらけなば、 もこころも南無なも弥陀みだぶつ ˆにˇ なりかへりて、 そのりょうことばにあらはるるとき、 南無なも弥陀みだぶつもうすがうるはしきがん念仏ねんぶつにてあるなり。

念仏ねんぶつといふは、 かならずしもくち南無なも弥陀みだぶつととなふるのみにあらず。 弥陀みだぶつどく、 われらが南無なもにおいて*十劫じっこうしょうがくせつより*じょうじいりたまひけるものを、 といふ信心しんじんのおこるを念仏ねんぶつといふなり。

さてこのりょう*ことわりあらはせば、 南無なも弥陀みだぶつといふにてあるなり。 このぶつしんだい慈悲じひほんとするゆゑに、 どんしゅじょうをわたしたまふをさきとするゆゑに、 みょうたい不二ふにしょうがくをとなへましますゆゑに、 仏体ぶったいにおもむき、 たいどくそくするゆゑに、 なにと*はかばかしくしらねども、 *平信へいしんのひともとなふればおうじょうするなり。 されども*こんぼんなるゆゑに、 そぞろに*ひらしんじもかなふべからず。 そのことわりをききひらくとき、 信心しんじんはおこるなり。

念仏ねんぶつもうすともおうじょうせぬをば、 「みょう相応そうおうせざるゆゑ」 (*論註・下) とこそ、 *曇鸞どんらんしゃくしたまへ。 「*みょう相応そうおうす」 といふは、 弥陀みだぶつどくりきにてわれらはおうじょうすべしとおもうてとなふるなり。 りょう信心しんじんをことばにあらはすゆゑに、 南無なも弥陀みだぶつろくをよくこころうるを三心さんしんといふなり。 かるがゆゑにぶつどく、 ひしとわがじょうじたりとおもひて、 くち南無なも弥陀みだぶつととなふるが、 三心さんしんそく念仏ねんぶつにてあるなり。

りきのひとの念仏ねんぶつは、 ぶつをばさしのけて西方さいほうにおき、 わがをば*しらじらとあるぼんにて、 ときどきこころにぶつりきをおもひみょうごうをとなふるゆゑに、 ぶつしゅじょう*うとうとしくして、 いささか道心どうしんおこりたるときは、 おうじょうもちかくおぼえ、 念仏ねんぶつ*ものうく道心どうしんもさめたるときは、 おうじょうもきはめてじょうなり。 ぼんのこころとしては、 道心どうしんをおこすこともまれなれば、 つねにはおうじょうじょうなり。 もしやもしやとまてども、 おうじょうりんじゅうまでおもひさだむることなきゆゑに、 くちにときどきみょうごうをとなふれども、 *たのみがたきおうじょうなり。 たとへばときどきひとに*見参けんざん*みやづかひするにたり。

そのゆゑは、 いかにしてぶつおんこころにかなはんずるとおもひ、 ぶつ*ついしょうしておうじょうおんをも*かぶらんずるやうにおもふほどに、 *安心あんじんぶつだいとがはなればなれにて、 つねにぶつにうときなり。 このくらいにてはまことにきはめておうじょうじょうなり。

念仏ねんぶつ三昧ざんまいといふは、 報仏ほうぶつ弥陀みだだいがんぎょうは、 もとよりまよひのしゅじょう心想しんそうのうちにりたまへり、 しらずして仏体ぶったいよりほう一体いったい南無なも弥陀みだぶつしょうがくじょうじたまふことなりとしんするなり。 がんぎょうみな仏体ぶったいよりじょうずることなるがゆゑに、 をがむ、 となふるくちしんずるこころ、 みなりきなりといふなり。

衆生の心と仏の心と一なるのこと

【8】 かるがゆゑにほう一体いったい念仏ねんぶつ三昧ざんまいをあらはして、 *第八だいはちかんには、 「諸仏しょぶつ如来にょらい 法界ほうかいしん にゅう一切いっさいしゅじょう 心想しんそうちゅう(*観経)く。

これをしゃくするに、 「ª法界ほうかいº といふは*しょきょう、 すなはちしゅじょうかいなり」 (定善義) といへり。 じょうぜんしゅじょうともいはず、 道心どうしんしゅじょうともかず、 *法界ほうかいしゅじょうしょとす。 「ª法界ほうかいº といふは、 しょきょうしゅじょうかいなり」 としゃくする、 これなり。 まさしくは、 こころいたるがゆゑにもいたるといへり。 弥陀みだ身心しんしんどく法界ほうかいしゅじょうのうち、 こころのそこにつゆゑに、 「にゅう一切いっさいしゅじょう心想しんそうちゅう」 とくなり。 ここをしんずるを念仏ねんぶつしゅじょうといふなり。

三業の仏身と一なること

また*真身しんしんかんには、 「念仏ねんぶつしゅじょう三業さんごうと、 弥陀みだ如来にょらい三業さんごうと、 あひはなれず」 (定善義・意)しゃくせり。

ぶつしょうがくしゅじょうおうじょうよりじょうじ、 しゅじょうおうじょうぶつしょうがくよりじょうずるゆゑに、 しゅじょう三業さんごうぶつ三業さんごうとまつたく一体いったいなり。 ぶつしょうがくのほかにしゅじょうおうじょうもなく、 がんぎょうもみな仏体ぶったいよりじょうじたまへりとしりきくを念仏ねんぶつしゅじょうといひ、 このしんじんのことばにあらはるるを南無なも弥陀みだぶつといふ。

かるがゆゑに念仏ねんぶつぎょうじゃになりぬれば、 いかにぶつをはなれんとおもふとも、 じんのへだてもなきことなり。

ぶつかたよりほう一体いったい南無なも弥陀みだぶつしょうがくじょうじたまひたりけるゆゑに、 なにと*はかばかしからぬ*下下げげぼん失念しつねんくらい称名しょうみょうおうじょうするは、 となふるときはじめておうじょうするにはあらず、 極悪ごくあくのためにもとよりじょうじたまへるおうじょうをとなへあらはすなり。

また ¬だいきょう¼ の三宝さんぼう滅尽めつじんしゅじょうの、 三宝さんぼうみょうをだにもはかばかしくきかぬほどのが、 一念いちねんとなへておうじょうするも、 となふるときはじめておうじょうじょうずるにあらず。 仏体ぶったいよりじょうぜしがんぎょう*くんじゅが、 いっしょうしょうぶつのところにあらはれておうじょういちだいじょうずるなり。

【9】 かくこころうれば、 われらは今日こんにちこんおうじょうすとも、 わがこころのかしこくて念仏ねんぶつをももうし、 りきをもしんずるこころのこうにあらず。 ゆうみょうせんしょうにはげみたまひしぶつどく十劫じっこうしょうがくせつにわれらにおいてじょうじたまひたりけるが、 *あらはれもてゆくなり。

*覚体かくたいどくどう十方じっぽうしゅじょうのうへにじょうぜしかども、 昨日きのうあらはすひともあり、 今日こんにちあらはすひともあり。 *今当こんとうさんおうじょうどうなれども、 がんしょういんのあらはれもてゆくゆゑに、 ぶつがんぎょうのほかには、 べつ信心しんじんひとつもぎょうひとつもくはふることはなきなり。

念仏ねんぶつといふはこのことわりをねんじ、 ぎょうといふはこのうれしさを礼拝らいはいぎょうするゆゑに、 ぶつしょうがくしゅじょうぎょうとが一体いったいにしてはなれぬなり。 したしといふもなほ*おろかなり、 ちかしといふもなほとほし。 一体いったいのうちにおいて*能念のうねん所念しょねんたいのうちにろんずるなりとしるべし。

安心あんじんけつじょうしょう ほん

 

安心あんじんけつじょうしょう まつ

・¬浄土論¼

・標示

【10】 ¬おうじょう論¼ (*浄土論) に 「如来にょらいじょうしゅ しょうがくしょう」 といへり。

・浄華衆を釈す

りきだい信心しんじんをえたるひとをじょうしゅとはいふなり。 これはおなじくしょうがくはなよりしょうずるなり。

・正釈

しょうがくといふは、 しゅじょうおうじょう*かけものにして、 「もししょうぜずは、 しょうがくらじ」 とちかひたまひし法蔵ほうぞうさつ十方じっぽうしゅじょうがんぎょうじょうじゅせしとき、 *ほう一体いったいしょうがくじょうじたまへる慈悲じひおんこころのあらはれたまへる*しんれんを、 しょうがくとはいふなり。

・類文を引く

これを*第七だいしちかんには 「じょのうほう(観経)き、 下下げげぼんには 「ぎゃくしゅじょう来迎らいこうするれん(観経・意)くなり。

・喩意を解す

*仏心ぶっしんれんとたとふることは、 ぼん煩悩ぼんのうでいじょくまざるさとりなるゆゑなり。

・生の字を釈す

なにとして仏心ぶっしんれんよりはしょうずるぞといふに、 曇鸞どんらんこのもんを、 「同一どういつ念仏ねんぶつしてべつどうなきがゆゑに」 (論註・下)しゃくしたまへり。 「とほくつうずるに、 *かいみなきょうだいなり」 (論註・下)善悪ぜんあく*ことに、 *ぼんくらいかはれども、 ともにりきがんぎょうをたのみ、 おなじくしょうがくたいすることはかはらざるゆゑに、 「同一どういつ念仏ねんぶつしてべつどうなきがゆゑに」 といへり。

またさきにおうじょうするひともりきがんぎょうしておうじょうし、 のちにおうじょうするひともしょうがく一念いちねんしておうじょうす。 しんれんのうちにいたるゆゑに、 「かいみなきょうだいなり」 といふなり。

・仏心顛倒を明かす

【11】 「仏身ぶっしんるものは仏心ぶっしんたてまつる。 仏心ぶっしんといふはだい慈悲じひこれなり」 (観経)仏心ぶっしんはわれらを愍念みんねんしたまふこと、 骨髄こつずいにとほりてみつきたまへり。 たとへば*すみにおこりつきたるがごとし。 はなたんとするともはなるべからず。 *摂取せっしゅ*心光しんこうわれらをらして、 よりずいにとほる。 しん三毒さんどく煩悩ぼんのうしんまでもぶつどくみつかぬところはなし。 ほうもとより一体いったいなるところを南無なも弥陀みだぶつといふなり。

・まさしく能所一体を明かす

この信心しんじんおこりぬるうへは、 ごうには、 たとひときどき念仏ねんぶつすともじょう念仏ねんぶつしゅじょうにてあるべきなり。

*三縁さんえんのなかに、 「くちにつねに、 につねに」 (定善義)しゃくする、 このこころなり。 ぶつ三業さんごうどくしんずるゆゑに、 しゅじょう三業さんごう如来にょらいぶっ一体いったいにして、 ぶつ*じょうしゅどくしゅじょうしん口意くいにあらはるるところなり。

・聖言

またとうちょう (中国)*だいとて、 ゆゆしくだいじょうをもさとり、 *てんにもたっしてたふときひとおはしき。 そのことばにいはく、 「あさあさぶつとともにき、 ゆうゆうぶつをいだきてす」 (傅大士録・意) といへり。

・合説

これは*しょうどうつう法門ほうもん*真如しんにょぶつをさしてぶつといふといへども、 *修得しゅとくかたよりおもへばすこしもたがふまじきなり。 摂取せっしゅ心光しんこうしょうせられたてまつらば、 ぎょうじゃもまたかくのごとし。 あさあさ報仏ほうぶつどくちながらき、 ゆうゆう弥陀みだぶっとともにす。

・自力執心を誡む

*うとからんぶつどくは、 にとほければいかがはせん。 *真如しんにょ*ほっしょうちかけれども、 さとりなきにはちからおよばず。 わがちからもさとりもいらぬりきがんぎょうをひさしくにたもちながら、 *よしなきりきしゅうしん*ほだされて、 むなしくてんきょうにかへらんこと、 かへすがへすもかなしかるべきことなり。

・二尊の悲歎を明かす

しゃくそんもいかばかりか*往来おうらいしゃ八千はっせんべん甲斐かいなきことをあはれみ弥陀みだもいかばかりか*なんのうのしるしなきことをかなしみたまふらん。 もし一人いちにんなりともかかる思議しぎがんぎょうしんずることあらば、 まことに仏恩ぶっとんほうずるなるべし。

・文を引いて勧誡す

かるがゆゑに ¬*安楽あんらくしゅう¼ (上・意) には、 「すでにりきじょうずべきみちあり。 *つたなくりきにかかはりて、 いたづらに*たくにあらんことをおもはざれ」 といへり。 このことまことなるかな。

りき*ひがおもひをあらためて、 りきしんずるところを、 「ゆめゆめまよひをひるがへしてほんかえれ」 (礼讃) ともいひ、 「*帰去来いざいなん*きょうにはとどまるべからず」 (定善義) ともしゃくするなり。

¬法事讃¼

標挙

【12】また ¬*ほうさん¼ (下) に、 「極楽ごくらく無為むいはんがい 随縁ずいえん雑善ぞうぜんなんしょう 故使こし如来にょらいせん要法ようぼう きょうねん弥陀みだせんせん」 といへり。

総釈

 このもんのこころは、 「極楽ごくらく*無為むい*無漏むろのさかひなれば、 *有為うい*有漏うろ*雑善ぞうぜんにては、 おそらくはうまれがたし。 無為むい無漏むろ念仏ねんぶつ三昧ざんまいしてぞ、 無為むい*常住じょうじゅう*ほうにはしょうずべき」 といふなり。

随縁雑善を釈す

まづ 「*随縁ずいえん雑善ぞうぜん」 といふは、 りきぎょうをさすなり。 真実しんじつ仏法ぶっぽうにつきて、 りょうもあり、 信心しんじんもおこることはなくして、 わがしたしきものの*律僧りっそうにてあれば、 かいにたふときことなりといひ、 あるいは、 こんじょうのいのりのためにも、 *真言しんごんをせさすれば*結縁けちえんもむなしからず、 真言しんごんたふとしなどいふていに、 便びんにひかれてえんにしたがひてしゅするぜんなるがゆゑに、 随縁ずいえん雑善ぞうぜんときらはるるなり。 このくらいならば、 たとひ念仏ねんぶつぎょうなりとも、 りき念仏ねんぶつ随縁ずいえん雑善ぞうぜんにひとしかるべきか。

自力念仏に簡ぶ

【13】*うちまかせてひとのおもへる念仏ねんぶつは、 こころにはじょうしょうをも観念かんねんし、 くちにはみょうごうをもとなふるときばかり念仏ねんぶつはあり、 ねんぜずとなへざるとき念仏ねんぶつもなしとおもへり。 このくらい念仏ねんぶつならば、 無為むい常住じょうじゅう念仏ねんぶつとはいひがたし。 となふるときは、 となへざるときはせば、 またことにじょう転変てんぺん念仏ねんぶつなり。

無為の名義を釈す

無為むいとはなすことなしとかけり。 小乗しょうじょうには*さん無為むいといへり。 そのなかにくう無為むいといふは、 くうすることもなく、 はじめてることもなし。 天然てんねんなることわりなり。 だいじょうには真如しんにょほっしょうとう常住じょうじゅうへん無為むいだんずるなり。 *序題じょだいもんに、 「法身ほっしん常住じょうじゅうにゃくくう」 としゃくせらるるも、 かのくにの常住じょうじゅうやくをあらはすなり。 かるがゆゑに極楽ごくらく*無為むいじゅうのくにといふは、 ぼんのなすによりて、 せもし、 もすることのなきなり。

無為に准例して念仏を示す

念仏ねんぶつ三昧ざんまいもまたかくのごとし。 しゅじょうねんずればとて、 はじめて、 わするればとてするほうにあらず。 よくよくこのことわりをこころうべきなり。

念仏の名義を釈す

【14】おほよそ念仏ねんぶつといふはぶつねんずとなり。 ぶつねんずといふは、 ぶつ*大願だいがん業力ごうりきをもつてしゅじょう*しょうのきづなをきりて、 *退たいほうしょうずべきいはれをじょうじゅしたまへるどく念仏ねんぶつして、 みょう本願ほんがんじょうじぬれば、 しゅじょう三業さんごう仏体ぶったいにもたれてぶっしょうがくにのぼる。 かるがゆゑにいまいふところの念仏ねんぶつ三昧ざんまいといふは、 われらが*しょうらいねんすれどもぎょうにはあらず、 ただこれ弥陀みだぶつぎょうぎょうずるなりとこころうべし。

まさしく念仏の法体を明かす

【15】本願ほんがんといふは*こうゆい本願ほんがん業力ごうりきといふは*ちょうさい永劫ようごうぎょうごうない*十劫じっこうしょうがくののちのぶっ万徳まんどくなり。 このがんぎょうどくは、 ひとへにらいあく無智むちのわれらがために、 かはりてはげみおこなひたまひて、 十方じっぽうしゅじょうのうへごとに、 しょうのきづなきれはてて、 退たいほうがんぎょう円満えんまんせしとき、 *ほう一体いったいしょうがくじょうじたまひき。

機の法に帰することを明かす

このしょうがくたいねんずるを念仏ねんぶつ三昧ざんまいといふゆゑに、 さらに三業さんごうにはとどむべからず。

信受の相を明かす

【16】うちまかせてはよりしてこそしょうのきづなをきるべきぎょうをもはげみ、 ほうるべきがんぎょうをもいとなむべきに、 *修因しゅいんかんどうにこえたる*べつがんなるゆゑに、 ぶつ大願だいがん業力ごうりきをもつてぼんおうじょうはしたためじょうじたまひけることのかたじけなさよとみょうすれば、

よく所乗を明かす

しゅじょう三業さんごう*能業のうごうとなりてうへにのせられ、 弥陀みだ願力がんりき*所業しょごうとなりてわれらが報仏ほうぶつほうしょうずべき乗物のりものとなりたまふなり。 かるがゆゑにみょうしん本願ほんがんじょうじぬれば、 三業さんごうみな仏体ぶったい*もたるといふなり。

他力を成ずることを釈す

ぶつがんぎょうはさらにのことにあらず。 一向いっこうにわれらがおうじょうがんぎょうたいなるがゆゑに、 ぶっしょうがくのほかにおうじょうぎょうろんぜざるなり。

自力執心を誡む

このいはれをききながら、 ぶつしょうがくをば、 *おほやけものなるやうにてさておいて、 いかがして*道心どうしんをもおこしぎょうをも*いさぎよくしておうじょうせんずるとおもはんは、 かなしかるべきしゅうしんなり。

仏体即行を明かす

ぶつしょうがくすなはちしゅじょうおうじょうじょうぜるたいなれば、 仏体ぶったいすなはちおうじょうがんなり、 ぎょうなり。 このぎょうは、 しゅじょうねんねんによるべきぎょうにあらず。 かるがゆゑにぶっしょうがくのほかにおうじょうぎょうろんぜずといふなり。

他力信心を明かす

このしょうがくしんりょうするを三心さんしんとも信心しんじんともいふ。 このほう一体いったいしょうがく*みょうたい不二ふになるゆゑに、 これをくちにとなふるを南無なも弥陀みだぶつといふ。

無為行体を明かす

かるがゆゑにしんしんずるもしょうがく一念いちねんにかへり、 くちにとなふるもしょうがく一念いちねんにかへる。 たとひせんしょうとなふとも、 しょうがく一念いちねんをばづべからず。

また*ものぐさく*だいならんときは、 となへずねんぜずしてをあかしをくらすとも、 りき信心しんじん本願ほんがんりゐなば、 仏体ぶったいすなはちじょうぎょうなれば、 さらに*ゆるむことなく間断けんだんなきぎょうたいなるゆゑに、 みょうごうすなはち無為むい常住じょうじゅうなりとこころうるなり。 「弥陀みだぶつすなはちこれそのぎょう(玄義分) といへる、 このこころなり。

無為を成じ三業を約す

【17】またいまいふところの念仏ねんぶつ三昧ざんまいは、 われらがしょうらいねんすれどもぎょうにはあらず、 ただこれ弥陀みだぶつぎょうぎょうずるなりといふは、 みょうしん本願ほんがんりて、 三業さんごうみな仏体ぶったいのうへにじょうじぬれば、 ぶつをはなれたるにあらず、 こころもぶつをはなれたるこころにあらず、 くちねんずるもほう一体いったいしょうがくのかたじけなさをしょうし、 らいするもりき恩徳おんどくにあまるうれしさをらいするゆゑに、 われらはしょうすれどもねんずれどもこう*つのるにあらず、 ただこれ弥陀みだぶつぼんぎょうじょうぜしところをぎょうずるなりといふなり。

【18】仏体ぶったい無為むい無漏むろなり。 *しょう無為むい無漏むろなり。 さればみょうたい不二ふにのゆゑに、 みょうごうもまた無為むい無漏むろなり。

重ねて専復専を釈す

かるがゆゑに念仏ねんぶつ三昧ざんまいになりかへりて、 もつぱらにしてまたもつぱらなれといふなり。 せんじゅうなり。 まづ*ぞうぎょうをすてて*正行しょうぎょうをとる、 これいちじゅうせんなり。 そのうへに*助業じょごうをさしおきて*正定しょうじょうごうになりかへる、 またいちじゅうせんなり。 またはじめのせんいちぎょうなり、 のちのせん一心いっしんなり。 いちぎょう一心いっしんなるを 「せんせん」 といふなり。

この正定しょうじょうごうたいは、 三業さんごうくらい念仏ねんぶつにあらず、 せつごんはず、 *行住ぎょうじゅう坐臥ざがをえらばず、 *摂取せっしゅしゃ仏体ぶったいすなはちぼんおうじょう正定しょうじょうごうなるゆゑに、 みょうごうみょうたい不二ふにのゆゑに正定しょうじょうごうなり。 このほう一体いったい南無なも弥陀みだぶつ*なりかへるを念仏ねんぶつ三昧ざんまいといふ。

かるがゆゑにねんねんによらず、 ぶつ*無礙むげよりほう一体いったいじょうずるゆゑに、 みょうごうすなはち無為むい無漏むろなり。 このこころをあらはして極楽ごくらく無為むいといふなり。

念仏三昧を総結す

【19】念仏ねんぶつ三昧ざんまいといふは、 ねんほんとするにあらず、 ぶつだいしゅじょう摂取せっしゅしたまへることをねんずるなり。 ぶつどくももとよりしゅじょうのところにほう一体いったいじょうぜるゆゑに、 みょうしんのおこるといふもはじめてするにあらず。 ほう一体いったいじょうぜしどくが、 しゅじょうごううかづるなり。 南無なも弥陀みだぶつしょうするも、 しょうして仏体ぶったいちかづくにあらず、 ほう一体いったいしょうがくどくしゅじょうごうにあらはるるなり。 しんずれば仏体ぶったいにかへり、 しょうすれば仏体ぶったいにかへるなり。

四事

・自力他力

【20】一 りきりき日輪にちりんこと

 りきにておうじょうせんとおもふは、 あんにわがまなこのちからにてものをみんとおもはんがごとし。 さらにかなふべからず。 日輪にちりんのひかりをまなこにうけとりて*所縁しょえんきょうらしみる、 これ*しかしながら日輪にちりんのちからなり。 ただし、 らすいんありとも*しょうもうのものはみるべからず、 またまなこひらきたるえんありともあんにはみるべからず。 とまなこと因縁いんねんごうしてものをみるがごとし。

みょうねん本願ほんがんどくをうけとりておうじょうだいをとぐべきものなり。 みょうしんはまなこのごとし、 摂取せっしゅのひかりはのごとし。 南無なもはすなはちみょう、 これまなこなり。 弥陀みだぶつはすなはちりきがん法体ほったい、 これ日輪にちりんなり。

よつて本願ほんがんどくをうけとることは、 宿しゅくぜん南無なもみょうして弥陀みだぶつととなふるろくのうちに、 まんぎょう万善まんぜん恒沙ごうじゃどく、 ただいっしょうじょうじゅするなり。 かるがゆゑにほかにどく善根ぜんごんもとむべからず。

・四種往生

【21】一 *しゅおうじょうこと

 しゅおうじょうといふは、 ひとつにはしょうねんおうじょう、 ¬*弥陀みだきょう¼ に、 「しん顛倒てんどう即得そくとくおうじょう」 とく、 これなり。

ふたつにはきょうらんおうじょう、 ¬かんぎょう¼ (意)ぼんきていはく、 「じゅうあくかいぎゃく、 はじめはりんじゅうきょうらんしてくうをにぎり、 よりしろあせをながし、 ごくみょうげんぜしかども、 ぜんしきにあうて、 もしはいっしょう、 もしは一念いちねん、 もしはじっしょうにておうじょうす」。

つには*無記むきおうじょう、 これは *¬ぐんろん¼ にみえたり。 このひと、 いまだ無記むきならざりしとき、 摂取せっしゅこうみょうらされ、 みょう信心しんじんおこりたりしかども、 しょうをうけしより、 しかるべき業因ごういんにて無記むきになりたれども、 おうじょうりきぶっにひかれてうたがいなし。 たとへ睡眠すいめんしたれども、 つきのひかりはらすがごとし。 無記むきしんのなかにも摂取せっしゅのひかりたえざれば、 ひかりのちからにて無記むきしんながらおうじょうするなり。 いんをしらざるものは、 *なじにぶつおんちからにて、 すこしきほどの無記むきにもなしたまふぞとなんじ、 また無記むきならんほどにてはよもおうじょうせじなんどおもふは、 それはくはしく聖教しょうぎょうをしらず、 いんどうにまどひ、 ぶっ思議しぎうたがふゆゑなり。

つにはねんおうじょう、 これは *¬ほっきょう¼ にみえたり。 こえいだしてとなへずとも、 こころにねんじておうじょうするなり。

このしゅおうじょうは、 *黒谷くろだにしょうにん (*法然)*りょうけんなり。 つねにはくはしくこのことをしらずして、 りんじゅう念仏ねんぶつもうさず、 また無記むきならんはおうじょうせずといひ、 みょうごうをとなへたらばおうじょうとおもふは、 さることもあらんずれども、 それはなほ*おほやうなり。

ひゃくちょうじゃは、 りんじゅうぶつみょうをとなへたりしかどもおうじょうせざりしやうに、 りんじゅうこえすともみょう信心しんじんおこらざらんものはにんでんしょうずべしと、 *¬しゅ国界こっかいきょう¼ にみえたり。 されば、 たださきのにんながらみょうしんおこりたらば、 みなおうじょうしけるにてあるべし。

天親てんじんさつの ¬おうじょうろん¼ (浄土論) に、 「みょうじん十方じっぽう無礙むげこう如来にょらい」 といへり。

ふかきほうもあさきたとへにてこころえらるべし。 たとへば観音かんのんなり。 その観音かんのんのひかりをば、 *みどりよりまなこにたれども、 *いとけなきときはしらず。 すこしこざかしくなりて、 りきにてわがのひかりにてこそあれとおもひたらんに、 よく日輪にちりんのこころをしりたらんひと、 「おのがのひかりならば、 よるこそものをみるべけれ、 すみやかにもとの日光にっこうすべし」 といはんをしんじて、 日天にってんのひかりにしつるものならば、 わがまなこのひかり*やがて観音かんのんのひかりなるがごとし。

みょうもまたかくのごとし。 しらざるときのいのちも弥陀みだおんいのちなりけれども、 いとけなきときはしらず。 すこしこざかしくりきになりて、 わがいのちとおもひたらんをり、 ぜんしき、 もとの弥陀みだのいのちへせよとおしふるをききて、 みょうりょう寿じゅかくしつれば、 わがいのちすなはちりょう寿じゅなりとしんずるなり。 かくのごとくみょうするを 「しょうねん(礼賛) とはしゃくするなり。

すでにみょうして*しょうねんたらんものは、 たとひ*かせおもくして、 このみょうののち無記むきになるともおうじょうすべし。 すでに ¬ぐんろん¼ に、 「無記むきしんながらおうじょうす」 といふは、 「摂取せっしゅこうみょうらされぬれば、 その無記むきしんはやみてきょうしんにておうじょうす」 といへり。 また ¬かんぎょう¼ の*三品さんぼんは、 いまだみょうせざりしときはごくそうげんじてきょうらんせしかども、 しきすすめられてみょうせしかばおうじょうしき。 また平生へいぜいみょうしつるひとは、 きながら摂取せっしゅやくにあづかるゆゑに、 りんじゅうにもしん顛倒てんどうせずしておうじょうす。 これをしょうねんおうじょうとなづくるなり。

またみょう信心しんじんおこりぬるうへは、 「たとひこえいださずしてをはるともなほおうじょうすべし」 と ¬ほっきょう¼ にみえたり。 これをねんおうじょうといふなり。

さればとにもかくにもりき思議しぎ信心しんじんけつじょうしぬれば、 おうじょううたがふべからざるものなり。

時機相応

【22】一 *¬観仏かんぶつ三昧ざんまいきょう¼ にのたまはく、 「ちょうじゃあり。 一人いちにんのむすめあり。 さい*処分しょぶん*えん檀金だんごんをあたふ。 もつにつつみてでいちゅうにうづみておく。 国王こくおう群臣ぐんしんをつかはしてうばらんとす。 このでいをばけどもしらずしてかへる。 そののちこの女人にょにんりいだしてあきなふに、 さきよりもなほ富貴ふきになる」。

これはこれ、 たとへなり。 「国王こくおう」 といふはわが*心王しんのうにたとふ。 「たから」 といふは諸善しょぜんにたとふ。 「群臣ぐんしん」 といふは*六賊ろくぞくにたとふ。 かの六賊ろくぞく諸善しょぜんうばられて、 *たつかたもなきをばしゅつえんなきにたとふ。 「でいちゅうよりこがねをりいだして富貴ふきざいになる」 といふは、 念仏ねんぶつ三昧ざんまいによりて信心しんじんけつじょうしぬれば、 *しゅ安楽あんらくおうじょうるにたとふ。 「もつにつつみてでいちゅうにおく」 といふは、 じょくぼん*あく女人にょにんしょうとするにたとふるなり。

薪火の喩

【23】一 たきぎはをつけつれば、 はなるることなし。 「たきぎ」 はぎょうじゃしんにたとふ。 「」 は弥陀みだ摂取せっしゅしゃこうみょうにたとふるなり。 心光しんこうしょうせられたてまつりぬれば、 わがしんをはなれて仏心ぶっしんもなく、 仏心ぶっしんをはなれてわがしんもなきものなり。 これを南無なも弥陀みだぶつとはなづけたり。

安心あんじんけつじょうしょう まつ

 

願と行とを円満して 浄土往生のための願とぎょうごうとを完全に成就して。
したためたまふ 整えてくださっている。
当に 将来において。
正覚の一念 阿弥陀仏が正覚を成就した最初の時をいう。
十劫に… →十劫正覚
仏体よりは 仏の側では。 仏の立場からは。
つたなく 愚かにも。
五百塵点劫 釈尊が成仏してからすでにおんの時を経ていることを示す言葉。 ¬法華ほけきょう¼ 「如来寿量品」 の説。
八千遍まで… 釈尊はしゅじょう教化のために、 この世にすでに八千遍も来生しているという意。 ¬梵網ぼんもうきょう¼ の説。
大小乗 だいじょう小乗しょうじょうのこと。
法滅百歳の機 仏法が滅んだ後の百年間、 浄土の経典のみがこの世にとどまる時の衆生。
 「劫」 とする異本がある。
教文 ¬しんしゅう法要ほうよう¼ 所収本、 および ¬般舟はんじゅさん¼ の原文には 「教門」 とある。 教門は教えの意。
諸経随機の得益 教化の対象に適応して説かれた方便のさまざまな経典のやく
左右なく ためらいなく。
正覚の一念にかへり しゅじょうの信心も称名も、 正覚の一念に成就された南無阿弥陀仏のほかにないとりょうすることをいう。 ただし、 この表現は、 浄土真宗そうじょうの他の聖教には見られない。
失念 苦しみのために、 仏を憶念おくねんする力を失うこと。
又此経… 原文には 「弥陀」 の二字はない。
薩埵 ここでは菩提薩埵の略。 菩薩に同じ。
唯知作悪の機 ただ悪を作ることをのみ知るしゅじょう
よそなる仏の功徳… 衆生の往生とは無関係に阿弥陀仏の功徳があるように思って。
名号に功をいれなば 称名のどくを積んだならば。
ひしと しっかりと。
仏体すなはち… 南無阿弥陀仏という仏体 (みょうごう) には、 衆生を往生させるはたらきがあるということ。
おもひわく 分別し判断する。 ここでは本願のいわれを正しくりょうすること。
感果 ほうを感得すること。
別異の弘願 「玄義分」 の原文は 「別意の弘願」 となっている。 一般の因果の道理に超えすぐれた他力救済の本願をいう。
常没 つねに迷いの世界に沈んでいること。
さきとして 第一として。
おほやうに 大まかに。
わたさずは 救済しなければ。
身の毛いよたつ 体中の毛が逆立つ。
そぞろに なんとなく。 漫然と。
智目行足 さとりをひらくために必要な智慧ちえの目と修行の足。
大経に… 以下の二句は、 ¬礼讃らいさん¼ に ¬大経¼ 要文として引く文。
よそにさしのけてはなくして よそ事とするのではなく、 わが身のことと受けとめてという意。
随煩悩 根本煩悩に附随する第二義的な煩悩。
ちわりて 千々ちぢに割って。
迷倒 真理に暗く、 顛倒した思いをいだくこと。
道心二法 ¬真宗法要¼ 所収本には 「色心二法」 とある。
縛曰羅冒地 金剛こんごうのこと。
染みぬれば なじんだなら。
色心正法 身体とこころ。 正法はしょうぼうのことか。
なりかへる 転じる。 そのものになりきる。
成じいりたまひけるものを すっかり成就されたのであるなあ。
ことわりあらはせば すじ道をたてていいあらわすと。
はかばかしく はっきりと。
平信のひと 深い道理も知らないまま、 教えられた通りにただ信じている普通の信者。
ひら信じ ひたすら信じること。
名義に相応す みょうごうのいわれにかなう。
しらじら はっきりしているさまを表す語。 「しれじれ」 の転とすれば、 きわめて愚かな、 いたって無知なという意。
うとうとしくして いかにも関係がうすいような感じで。 いかにも疎遠で。
ものうく 大儀で気がすすまず。
たのみがたき あてにならない。
見参 高貴な人に対面すること。
みやづかひ 宮中や貴人などに仕えること。
追従して おもねって。 へつらって。
かぶらんずるやうに 受けることができるように。
機の安心 しゅじょうの信心。
第八の観 ¬観経¼ に説くじょうぜん十三観の第八観。 像観のこと。
所化の境 教化をほどこす対象。
法界の衆生 全世界の生きとし生けるもの。
はかばかしからぬ はっきりしない。 たよりにならない。
下下品 ぼんのうちの最下。
薫修 くんじゅうに同じ。 ものに香りが移りしみこむように、 仏の成就された修行の徳が行者の身心に移りついていること。
あらはれもてゆくなり だんだんとあらわれていくのである。
覚体の功徳 正覚を成就した仏体にそなわっている功徳。
能念所念 能念は信ずる心。 所念は信の対象である法。
かけもの 賭物。
機法一体の正覚 機はしゅじょうの往生、 法は阿弥陀仏の正覚を指し、 阿弥陀仏の正覚成就のままが衆生の往生成就であるように、 一体不二に成就された仏徳のことをいう。
心蓮華 如来の慈悲心を蓮華に喩えていう。
第七の観 ¬観経¼ に説くじょうぜん十三観の第七観。 華座けざかんのこと。
ことに 「ことに」 であろう。
火の炭におこりつきたる 火が炭からおこって、 炭と一体化している様子。
長時修 しゅの一。
傅大士 名はきゅう (497-569)。 傅大士とも双林大士とも呼ばれる。 しょう (現在の浙江せっこう省烏傷) の人。 在俗の仏教信者で、 民衆教化につとめ、 ろくしょうと称された。 転輪藏 (回転式の書架) を発明したという。
聖道の通法門 しょうどうもんにおいて共通して語られる教え。
真如の理仏 永遠の理法としての法身ほっしんぶつ
修得の方 永劫ようごうの修行によって真如しんにょの理を体得し、 その徳を実現した報身ほうじんとしての阿弥陀仏の側。
うとからん仏 縁遠い仏、 すなわち諸仏のこと。
よしなき 役に立たない。
ほだされて 束縛されて。
難化能化 教化し難いものを導いて教化すること。
つたなく 愚かにも。
ひがおもひ 誤った考え。 間違った思い。
帰去来 さあ帰ろう。 とう淵明えんめいの 「去来きらいのじ」 の中の言葉。 故郷に帰る決意を述べたものであるが、 ここでは浄土に生れたいという意をあらわす。
律僧 戒律を厳守する僧。
真言 口に真言 (密教における呪句) を唱えるぎょうごう
うちまかせて 普通一般の考えに従って。
序題門 「法身…」 の文は実際には 「玄義分」 釈名門にある。
無為住 ¬真宗法要¼ 所収本には 「無為常住」 とある。
生死のきづな 生死てんの迷いの世界につなぎとめる綱。
不退の報土 往生すれば、 証果を得ることに定まり、 再び下位に退転しない報身ほうじんぶつの浄土。
称礼念 口業の称名、 身業の礼敬、 意業の憶念おくねん
別異の弘願 一般の因果の道理にこえすぐれた他力救済の本願をいう。
能業 ¬真宗法要¼ 所収本には 「能乗」 とある。
所業 ¬真宗法要¼ 所収本には 「所乗」 とある。
もたる 保持される。 抱かれる。
おほやけもの 公物。 自分のものでないもの。
いさぎよくして しょうじんして。 つとめはげんで清浄しょうじょうになして。
ものぐさく 気がすすまず。 大儀で。
弛む 途中でおこたる。
つのる たよりとする。
なりかへる 転じる。 そのものになりきる。
無礙智 すべてのものにしょうされることのない仏の智慧。
所縁の境 認識される対象。
生盲 →補註14
四種往生の事 ¬西方さいほうなんしょう¼ 下末の冒頭にも 「四種往生の事」 と題する文書があるが、 同書所収のものは四種の項目を掲げるのみである。 →しゅおうじょう
無記往生 無記は本来は善でも悪でもない行為をいうが、 ここでは善悪のけじめもつかないような心の状態のままで往生することをいう。
群疑論に… 「無記往生」 は ¬ぐんろん¼ 巻七の意によるものであろう。
なじに どうして。 なぜ。
法鼓経に… ¬安楽集¼ 所引の ¬ほっきょう¼ の文によるものであろう。
料簡 ここでは教義的解釈のことをいう。
おほやうなり 大まかなこと。 細かさがないこと。
守護国界経に… ¬往生要集¼ (下) 所引の ¬観仏かんぶつ三昧ざんまいきょう¼ 取意の文および ¬しゅ国界こっかいきょう¼ 巻十の文によるものであろう。
みどり子 生れたばかりの子。 赤子。
いとけなき 幼い。
 人の自由を束縛するもの。 転じて往生のさまたげとなる罪のこと。
下三品 ぼんのうちの下品上生、 下品中生、 下品下生。
観仏三昧経に… ¬往生要集¼ (下) 所引の ¬観仏三昧経¼ 取意の文によっていう。
処分 財産を分け与えること。
心王 心のこと。 本来は心所を統括している心識のことをいう。
たつ方もなき 生活していくことができない。
穢悪の女人 →補註14