がいじゃしょう

 

(1)

一 *今案こんあん自義じぎをもつて*名帳みょうちょうしょうして、 祖師そしいちりゅうをみだること

今案の自義 自分勝手な説。

 そう祖師そし*黒谷くろだにしょうにん製作せいさく ¬*せんじゃくしゅう¼ (意) にのべらるるがごとく、 「*だいしょうじょう*顕密けんみつしょしゅうにおのおの*師資ししそうじょう*けちみゃくあるがごとく、 いままたじょういっしゅうにおいて、 おなじく師資ししそうじょうけちみゃくあるべし」 と 云々うんぬん。 しかれば、 けちみゃくをたつる肝要かんようは、 おうじょう*じょう*りき*しんぎょう*ぎゃくとくするせつじょうせしめて、 かつは師資ししれいをしらしめ、 かつは*仏恩ぶっとん報尽ほうじんせんがためなり。

かのしんぎょうぎゃくとくせんこと、 *念仏ねんぶつおうじょうがん (第十八願) じょうじゅの 「信心しんじんかんない一念いちねん(*大経・下)もんをもつて*ひょうとす。 このほかいまだきかず。 「そう祖師そし *源空げんくう 祖師そし *親鸞しんらん りょう相伝そうでん*とうきょうにおいて、 名帳みょうちょうごうしてその人数にんじゅをしるすをもつておうじょうじょうなんとし、 仏法ぶっぽうでんしょうとす」 といふことは、 これおそらくは祖師そしいちりゅうしょうたるをや。 ゆめゆめかの*じゃをもつてほうりゅうしょうとすべからざるものなり。

もし 「即得そくとくおうじょうじゅ退転たいてん(大経・下) とうきょうもんをもつて*平生へいぜいごうじょうりきしんぎょうぎゃくとくこくをききたがへて、 「名帳みょうちょう*勘録かんろくぶんにあたりておうじょうじょうしょうごうじょうする」 なんど*ばし、 ききあやまれるにやあらん。 ただべつようありて人数にんじゅをしるさば*そのかぎりあり。 しからずして、 念仏ねんぶつしゅぎょうするぎょうじゃみょう*しるさんからに、 このときおうじょうじょうくらい、 あにじょうすべけんや。 このじょうごうするところ、 「黒谷くろだに (源空)本願ほんがん (親鸞) りょうそうじょういちりゅうなり」 と 云々うんぬん

*展転てんでんせつなれば、 もしひとのききあやまれるをや。 ほぼ信用しんようするにたらずといへども、 ことじつならば*仏法ぶっぽうどうか。 祖師そし*あくみょうといひつべし。 もつともおどろきおもひたまふところなり。

いかにぎょうじゃみょうをしるしつけたりといふとも、 *願力がんりき思議しぎぶっさずくる*ぜんしきじつりょうせずんばおうじょう不可ふかなり。 たとひみょうをしるさずといふとも、 *宿しゅくぜん開発かいほつとしてりきおうじょうせつりょうのうせば、 平生へいぜいをいはずりんじゅうろんぜず、 *じょうじゅくらいじゅう*めついたるべきじょう*経釈きょうしゃくぶんみょうなり。 このうへになにによりてか経釈きょうしゃくをはなれて*自由じゆ妄説もうせつをさきとして*わたくしの自義じぎ*こっちょうせんや。

おほよそ本願ほんがんしょうにん門弟もんていのうちにおいて*じゅうはい流々りゅうりゅう学者がくしゃたち祖師そしでんにあらざるところを禁制きんぜいし、 *自由じゆもうちょうはいあるべきものをや。 なかんづくに、 かの名帳みょうちょうごうするしょにおいて序題じょだいき、 *あまつさへ意解いげをのぶと 云々うんぬん。 かの作者さくしゃにおいてたれのともがらぞや。 おほよそでんにあらざるびゅうせつをもつて祖師そしいちりゅうせつしょうするじょう*みょうしゅしょうらんし、 しゃ謗難ぼうなんまねくものか。 おそるべし、 あやぶむべし。

大小乗 だいじょう小乗しょうじょうのこと。
師資相承の血脈 師から弟子 (資) へ教えが代々伝えられることを、 身体の血管が切れ目なく続いていることに喩えたもの。
依憑 よりどころ。
当教 *浄土真宗を指す。
勘録 (名前を) 記入すること。
ばし …でも。
そのかぎりあり (浄土真宗の信心にかかわるほどの) 大きな問題ではない。
しるさんからに 記すからといって。
展転の説 人伝えに聞いた説。
付仏法の外道 仏法を自称しながら、 実はどうであるような邪説。
悪名 名をけがすこと。
自由の妄説 勝手気ままな誤った説。
わたくしの自義 自分勝手な考え。
自由の妄義 勝手気ままな誤った説。
あまつさへ その上に。 そればかりか。
冥衆 諸仏菩薩や諸天善神。

(2)

一 *けいごうして、 おなじく自義じぎをたつるじょういいなきこと

 それ*しょうどうじょうもんについて*しょうしゅっようをたくはふること、 きょうろんしょうしょ明証みょうしょうありといへども、 けんすればかならずあやまるところあるによりて、 *でんごうをもつてさいとす。 これによりて*ごうにをさめて*しゅつようをあきらむること、 しょしゅうのならひ勿論もちろんなり。

いまの*しんしゅうにおいては、 もつぱら*りきをすてて*りきするをもつてしゅうごくとするうへに、 *三業さんごうのなかにはごうをもつてりきのむねをのぶるとき、 ごう*憶念おくねん*みょう*一念いちねんおこれば、 身業しんごう*礼拝らいはいのために、 *渇仰かつごうのあまり*瞻仰さんごうのために、 ぞう木像もくぞう*本尊ほんぞんをあるいはちょうこくしあるいは画図がとす。 しかのみならず、 仏法ぶっぽう*示誨じけ恩徳おんどくれんぎょうそうせんがために、 *三国さんごく伝来でんらい祖師そし先徳せんどく尊像そんぞう図絵ずえあんすること、 これまたつねのことなり。

そのほかは祖師そししょうにん (親鸞)遺訓ゆいくんとして、 たとひ念仏ねんぶつしゅぎょうごうありといふとも、 「道俗どうぞく男女なんにょぎょうたい面々めんめん各々かくかく図絵ずえしてしょせよ」 といふおんおきて、 いまだきかざるところなり。 しかるにいま祖師そし先徳せんどくのをしへにあらざる自義じぎをもつて諸人しょにんぎょうたいあんじょう、 これ渇仰かつごうのためか、 これれんのためか、 しんなきにあらざるものなり。

本尊ほんぞんなほもつて ¬*かんぎょう¼ 所説しょせつじゅうさん*じょうぜん第八だいはち*像観ぞうかんよりでたる*じょうろくはっしゃくずいげんぎょうぞうをば、 祖師そしあながち*しょようにあらず。 *天親てんじん論主ろんじゅ*礼拝らいはいもん論文ろんもん、 すなはち 「*みょうじん十方じっぽう無礙むげこう如来にょらい」 をもつてしんしゅう本尊ほんぞんとあがめましましき。 いはんやその*にんぎょうにおいて、 あにかきあがめましますべしや。 末学まつがく自己じこすみやかにこれをちょうすべし。

師伝口業 師の口から直接教えを伝授されること。
意業にをさめて (教えを) 心に受け入れて。
出要 しょうしゅつすること。 また、 生死を出離するためのかなめの道。 さとりへの道。
示誨 教え示すこと。
三国 インド・中国・日本。
丈六八尺 丈六は一丈六尺。 八尺はその半分。
庶幾 こいねがうこと。
礼拝門の論文 ¬じょうろん¼ の 「帰命尽十方無碍光如来」 の語を、 ¬ろんちゅう¼ では帰命は礼拝門、 尽十方無碍光如来は讃嘆さんだんもんと解釈する。
人形 人の姿を絵にかいたもの。

(3)

一 遁世とんせいのかたちをこととし、 ぎょうをこのみ、 *なしごろもちゃくし、 *くろ袈裟げさをもちゐる、 しかるべからざること

 それ*しゅっほうにおいては*かいしょうし、 ほうにありては*じょうとなづくるじんれいしんをまもりて、 内心ないしんにはりき思議しぎをたもつべきよし、 *師資ししそうじょうしたてまつるところなり。

しかるにいま風聞ふうぶんするところの*ようにおいては、 けんほうをばわすれて仏法ぶっぽうばかりをさきとすべし」 と 云々うんぬん。 これによりて*ほうほうするすがたとおぼしくて、 なしごろもちゃくくろ袈裟げさをもちゐるか、 はなはだしかるべからず。

¬*末法まっぽうとうみょう¼ (意) でんぎょうだいいみな*さいちょう製作せいさく には、 「末法まっぽうには袈裟けさへんじてしろくなるべし」 とみえたり。

しかれば、 *まつ相応そうおう袈裟けさびゃくしきなるべし、 くろ袈裟げさにおいてはおほきにこれにそむけり。 当世とうせい*都鄙とひ流布るふして遁世とんせいしゃごうするは、 ぶん*一遍いっぺんぼう*弥陀みだぶつとう門人もんにんをいふか。 かのともがらは、 *むねと*後世ごせしゃしょくをさきとし、 仏法ぶっぽうしゃとみえて威儀いぎ*ひとすがたあらはさんとさだめ、 ふるふか。 わがだいしょうにん (親鸞)ぎょは、 かれに*うしろあはせなり。

つねのごんには、 「われはこれ賀古かこ*きょうしんしゃ このしゃのやう、 禅林ぜんりん*永観ようかんの ¬*じゅういん¼ にみえたり じょうなり」 と 云々うんぬん。 しかれば、 ことを*専修せんじゅ念仏ねんぶつちょうはいのときの*せんちょくせんによせましまして、 *しょには*禿とくをのせらる。 これすなはち*そうにあらずぞくにあらざるひょうして、 きょうしんしゃのごとくなるべしと 云々うんぬん

これによりて、 「たとひ*うし盗人ぬすびととはいはるとも、 もしは善人ぜんにん、 もしは後世ごせしゃ、 もしは仏法ぶっぽうしゃとみゆるやうにふるふべからず」 とおおせあり。 このじょう、 かのなしごろもくろ袈裟げさをまなぶともがらの*ぎょう*雲泥うんでい懸隔けんかくなるものをや。 顕密けんみつしょしゅうだいしょうじょうきょうぼうになほちょうせる弥陀みだりきしゅう心底しんていにたくはへて、 そうにはそのとくをかくしまします。

だいしょうごん*救世くせ観音かんのん再誕さいたん本願ほんがん 親鸞しんらん門弟もんていごうしながら、 うしろあはせにふるひかへたる後世ごせしゃしょく威儀いぎをまなぶじょう、 いかでか祖師そし (親鸞)*みょうりょにあひかなはんや。 かへすがへすちょうすべきものなり。

異様の儀 変ったみなり。 異様な風体。
世法を放呵する 世間の法 (五常) を放棄して守らない。
末世相応の袈裟は… ¬まっぽうとうみょう¼ の文は、 末法時の僧侶が出家者本来の染衣を着用せず、 在俗者と同じ白衣を着るようになると述べたもの。 覚如かくにょ上人は、 末法時にふさわしい袈裟は白色であるという意に解している。
都鄙 都会と田舎。 または国中。
他阿弥陀仏 (1237-1319) 時宗の一遍の門弟、 しんきょうのこと。 時宗の第二祖。
むねと もっぱら。
ひとすがた 外見。 見た目。
うしろあはせ 相反すること。 正反対であること。
専修念仏停廃 じょうげんの法難 (1207) を指す。
左遷 えち (現在の新潟県) へ流罪になったことをいう。
位署 官位、 姓名を公文書に記すこと。 また、 その書式。
雲泥懸隔 非常にかけ離れていること。
冥慮 おぼしめし。

(4)

一 弟子でししょうして、 どうぎょう等侶とうりょ*せんのあまり、 放言ほうげん悪口あくこうすること、 いはれなきこと

自専のあまり 自分のほしいままに扱ったあげく。

 *こうみょうだい (*善導)おんしゃく (*散善義・意) には、 「もし念仏ねんぶつするひとは、 にんちゅう好人こうにんなり、 *みょう好人こうにんなり、 *さいしょうにんなり、 じょうにんなり、 *上上じょうじょうにんなり」 とのたまへり。

しかれば、 そのむねにまかせて、 祖師そし (親鸞)おおせにも、 「*それがしはまつたく弟子でし一人いちにんももたず。 そのゆゑは、 弥陀みだ本願ほんがんをたもたしむるほかはなにごとををしへてか弟子でしごうせん。 弥陀みだ本願ほんがんぶっりきさずけたまふところなり。 しかれば、 みなともの*どうぎょうなり。 わたくしの弟子でしにあらず」 と 云々うんぬん

これによりてたがひに*ぎょうそうれいをただしくし、 *昵近じっきん芳好ほうこうをなすべしとなり。 そのなくして、 あまつさへ悪口あくこうをはくじょう、 ことごとく祖師そし先徳せんどく遺訓ゆいくんをそむくにあらずや、 しるべし。

最勝人 この上なくすぐれたどくをそなえた人。
それがしは… ¬歎異抄¼ (6) の内容に関連する。
昵近の芳好をなす 親しく交際する。

(5)

一 どうぎょう*勘発かんぽつのとき、 あるいは寒天かんてん冷水れいすいみかけ、 あるいは*炎旱えんかん*がいきゅうをくはふるらのいはれなきこと

勘発 落度を責めとがめること。
炎旱 炎天。 炎暑。
艾灸をくはふる 灸をすえる

 むかし*えん優婆うばそく*修験しゅげんみちをもつぱらにせし*山林さんりんそうぎょうじゅせきじょう坐臥ざが、 これみな*いち一縁いちえん方便ほうべん*権者ごんじゃ権門ごんもんなんぎょうなり。 をこのもんるるともがらこそ、 かくのごときのぎょうをばもちゐげにはんべれ。 *さらに*しゅつようにあらず、 ひとへにかいえん*びゃくけんなり。

じょうしんしゅうにおいては、 ちょう希有けうしょうぼう諸仏しょぶつ*証誠しょうじょうかいりき即得そくとく直道じきどうぼんおうにゅうぎょうなり。 しかるにまつ相応そうおうなんぎょうをまじへて、 当今とうこん相応そうおうりきしゅうぎょうをけがさんこと、 *そうじてはさん諸仏しょぶつみょうおうにそむき、 *べっしてはしゃ弥陀みだそん*矜哀こうあいをわすれたるにたり。 おそるべし、 づべしならくのみ。

役の優婆塞 えんのづぬ (生没年不詳)。 修験道の祖とされる。
山林斗薮 斗薮は梵語ドゥータ (dhūta) の音写。 山などにこもって修行すること。
一機一縁の方便 特定の限られた人のための、 特定の限られた手段、 方法。
権者権門 権者は仏・菩薩がしゅじょうを救うためにこの世に仮に現した姿、 権門は仮に説かれた法門。
出離の要路 迷いの世界を離れ出るためのかなめの道。
僻見 偏見。 かたよった見解。
総じては 広くは。 全体的には。
別しては ことに。
矜哀 深くあわれむこと。

(6)

一 *だんかくるとなづけて、 どうぎょうしきじゅんのとき、 あがむるところの*本尊ほんぞん聖教しょうぎょううばりたてまつる、 いはれなきこと

談議かくる 師弟間で起請文のようなものなどを書いて、 話し合って決めたこと (談議奏約) に背くこと。 また、 意見にそむくこととも解される。
本尊聖教を… 門弟を破門する時、 与えていた本尊や聖教を取り上げること (「悔い返し」 という) は、 当時のひじりたちの社会では普通に行われていた。

 みぎ祖師そし 親鸞しんらん しょうにんざいのむかし、 *ある直弟じきてい示誨じけのむねをりょうしたてまつらざるあまり、 *忿結ふんけつしてぜんをしりぞきてすなはち*東関とうかんこくのとき、 *あるじょうずい一人いちにん門弟もんてい、 「このじんさずけらるるところの*聖教しょうぎょう*だいしょうにんみょうをのせられたるあり、 すみやかにめしかへさるべきをや」 と 云々うんぬん

ときに祖師そしおおせにいはく、 「本尊ほんぞん聖教しょうぎょうしゅじょうやく方便ほうべんなり、 わたくしにぼんせんすべきにあらず。 いかでかたやすくけん財宝ざいほうなんどのやうにせめかへしたてまつるべきや。 しゃく親鸞しんらんといふみょうのりたるを、 ªほうにくければ袈裟けささへº のぜいに、 いかなるさんにも*すぐさぬ聖教しょうぎょうをすてたてまつるべきにや。 たとひしかりといふとも親鸞しんらんまつたくいたむところにあらず、 すべからくよろこぶべきにたれり。 そのゆゑはかの聖教しょうぎょうをすてたてまつるところの*じょう蠢蠢しゅんしゅんたぐいにいたるまで、 かれにすくはれたてまつりてかい沈没ちんもつをまぬかるべし。 ゆめゆめこのあるべからざることなり」 とおおせごとありけり。

そのうへは、 末学まつがくとしていかでかしん*こっちょうせんや。 よろしくちょうすべし。

ある御直弟 ¬口伝鈔¼ (6) に出るしんぎょうぼうを指すか。
忿結 腹を立てること。
東関 関東地方。
ある常随の一人の御門弟  ¬口伝鈔¼ (6) に出るれんぼうを指すか。
すぐさぬ 「すぐさず」 か。 すぐさまの意。
有情蠢蠢の類… 地にはう虫けらのたぐいに至るまで。

(7)

一 本尊ほんぞんならびに聖教しょうぎょうだいのしたに、 *願主がんしゅみょうをさしおきて、 しきごうするやからのみょうをのせおく、 しかるべからざること

 このじょう、 おなじく前段ぜんだん*篇目さんもくにあひおなじきものか。 だいしょうにん (親鸞)ひつをもつて諸人しょにんあたへわたしまします聖教しょうぎょうをみたてまつるに、 みな願主がんしゅ*あそばされたり。 いまのしんのごとくならば、 *もつともしょうにんみょうをのせらるべきか。 しかるにそのなきうへは、 これまた非義ひぎたるべし。

これをあんずるに、 しき所存しょぞんどうぎょうあひそむかんとき、 「わがみょうをのせたれば」 とて、 せめかへさん*りょうのはかりごとか。 けん財宝ざいほう沙汰さたするにたり。 もつともちょうすべし。

篇目 一つ一つの箇条。 項目。 題目。
あそばされたり ここではお書きになっているという意。
もつとも 本当に。 全く。
 ため。

(8)

一 わがどうぎょうひとのどうぎょう*簡別けんべつして、 これを*相論そうろんする、 いはれなきこと

簡別 えらびわけること。 区別すること。
相論 言い争うこと。

 そう祖師そし 源空げんくう しょうにんの 「*しちじょうしょうもん」 にいはく、 「*じょうろんのところにはもろもろの煩悩ぼんのうおこる。 しゃこれをおんすることひゃく*じゅん、 いはんや一向いっこう念仏ねんぶつぎょうにんにおいてをや」 と 云々うんぬん。 しかれば、 ただ是非ぜひきゅうめいじゃしょう問答もんどうする、 なほもつてかくのごとく厳制げんせいにおよぶ。 いはんや*人倫じんりんをもつて、 もし*ざいるいする所存しょぞんありて相論そうろんせしむるか。 いまだそのこころをえず。

祖師そししょうにん (親鸞) ざいに、 ある直弟じきていのなかにつねにこの沙汰さたありけり。 そのときおおせにいはく、 「けんさい眷属けんぞくもあひしたがふべき*宿しゅくえんあるほどは、 べつせんとすれどもしゃするにあたはず。 宿しゅくえんきぬるときは*したひむつれんとすれどもかなはず。 いはんやしゅっどうぎょう等侶とうりょにおいては、 ぼんちからをもつてしたしむべきにもあらず、 はなるべきにもあらず。 あひともなへといふとも、 えんきぬればえんになる。 したしまじとすれども、 えんきざるほどはあひともなふにたれり。

これみな過去かこ因縁いんねんによることなれば、 こんじょういっのことにあらず。 かつはまた*宿しゅくぜんのあるしょうぼうをのぶる*ぜんしきしたしむべきによりて、 まねかざれどもひとをまよはすまじき*法灯ほうとうにはかならずむつぶべきいはれなり。 宿しゅくぜんなきは、 まねかざれどもおのづから*あくしきにちかづきてぜんしきにはとほざかるべきいはれなれば、 むつびらるるもとほざかるも、 かつはしき*きんもあらはれしられぬべし。 *しょうん宿しゅくぜん有無うむも、 もつとも*のうしょともにづべきものをや」 。

しかるにこのことわりにくらきがいたすゆゑか、 *一旦いったんしゅうをさきとして宿しゅくえん有無うむをわすれ、 わがどうぎょうひとのどうぎょう相論そうろんすること、 どんのいたり、 ぶっしょうらんをはばからざるじょうごくつたなきものか、 いかん、 しるべし。

諍論 論争すること。
人倫 人々。 人間。
世財 世間の財産。
したひむつれん 慕い睦まじくしよう。
法灯 仏法を世の闇を照らす灯明に喩えていう。
瑕瑾 欠点。 恥。
所化の運否 教えを授ける弟子の運、 不運。
能所 能は能化で、 教え導く師、 所は所化で、 教えを受ける弟子。

(9)

一 念仏ねんぶつするどうぎょうしきにあひしたがはずんば、 そのばつをかうぶるべきよしのしょうもんかしめて、 数箇すかじょう篇目へんもくをたてて連署れんしょごうする、 いはれなきこと

 まづ数箇すかじょうのうち、 しきをはなるべからざるよしのこと

祖師そししょうにん (親鸞) ざいのむかし、 *よりよりかくのごときのをいたすひとありけり。 せいのかぎりにあらざるじょう過去かこ宿しゅくえんにまかせられてその沙汰さたなきよし、 先段せんだんにのせをはりぬ。 またさい、 かのだんすべからず。

よりより おりおり。 その時々。

 つぎに、 本尊ほんぞん聖教しょうぎょううばりたてまつらんとき、 しみたてまつるべからざるよしのこと

またもつて同前どうぜん、 さきにすべからず。

 つぎに、 どうつくらんとき、 をいふべからざるよしのこと

おほよそ*造像ぞうぞうとうとうは、 弥陀みだ本願ほんがんにあらざるしょぎょうなり。 これによりて*一向いっこう専修せんじゅぎょうにん、 これをくわだつべきにあらず。

されば祖師そししょうにんざいのむかし、 ねんごろに*いちりゅう*面授めんじゅけつしたてまつる門弟もんていたち堂舎どうしゃ営作えいさくするひとなかりき。 ただ*どうじょうをばすこし*人屋にんおく差別しゃべつあらせてむねをあげてつくるべきよしまで*諷諫ふうかんありけり。 ちゅうよりこのかた、 遺訓ゆいくんにとほざかるひとびとのとなりてぞうぼくくわだてにおよぶじょうおおせにするいたり、 なげきおもふところなり。

しかれば、 ぞうのとき、 をいふべからざるよしの*たいじょう、 もとよりあるべからざる題目だいもくたるうへは、 これにちなんだる誓文せいもん、 ともにもつてしかるべからず。

造像起塔 仏像を造り、 塔を建てること。
面授口決 (親鸞聖人から) 直接教えを授けられること。
人屋に差別あらせて 一般の民家と区別をつけて。
諷諫 それとなく遠まわしにさとすこと。
怠状 異議を言い立てないという取り決めの書き付けのこと。 または謝罪状。

 すべてこと数箇すかじょうにおよぶといへども、 へんすべからざるにおいてげんちょうしょうもんどうぎょうかしむること、 かつは祖師そし (親鸞)遺訓ゆいくんにそむき、 かつは宿しゅくえん有無うむをしらず、 ほう沙汰さたたり。 せんずるところ、 しょうにん (親鸞) 相伝そうでんほうぞんぜんともがら、 これらの今案こんあんこんじてみだりにじゃまよふべからず。 つつしむべし、 おそるべし。

(10)

一 *優婆うばそく*優婆うばぎょうたいたりながらしゅっのごとく、 しひて*ほうみょうをもちゐる、 いはれなきこと

 本願ほんがんもんに、 すでに 「十方じっぽうしゅじょう」 のことばあり。 *しゅう (善導)おんしゃく (*玄義分) に、 また 「道俗どうぞくしゅ」 とあり。 しゃくそん*四部しぶ遺弟ゆいていに、 どうしゅ比丘びく比丘びくぞくしゅ優婆うばそく優婆うばなれば、 ぞくしゅぶつ弟子でしのがはにれるじょう勿論もちろんなり。

*なかんづくに、 思議しぎぶっをたもつ道俗どうぞくしゅ*つう凡体ぼんたいにおいては、 しばらくさしおく。 ぶつ願力がんりき思議しぎをもつてぜん造悪ぞうあくぼん*摂取せっしゅしゃしたまふときは、 どうしゅはいみじく、 ぞくしゅおうじょうくらいそくなるべきにあらず。 その*進道しんどうかいをいふとき、 ただおなじせきなり。

しかるうへは、 かならずしもぞくしゅをしりぞけて、 どうしゅをすすましむべきにあらざるところに、 にょぎょうぞくぎょうたりながらほうみょうをもちゐるじょう*ほんぎょうとしては*おうじょうじょううつわものにきらはれたるにたり。 ただ男女なんにょ善悪ぜんあくぼん*はたらかさぬほんぎょうにて、 本願ほんがん思議しぎをもつてうまるべからざるものをうまれさせたればこそ、 ちょうがんともなづけ、 *おうちょう直道じきどうともきこえはんべれ。

この一段いちだん、 ことにそう祖師そし 源空げんくう ならびに祖師そし 親鸞しんらん らい伝授でんじゅそうじょう眼目げんもくたり。 あへて*りょうしょすべからざるものなり。

四部 しゅのこと。
なかんづくに とくに。
通途の凡体 普通一般の愚かな人。
進道の階次 ここでは浄土に生れる階位次第。
本形 底本に 「本経」 とあるのを改めた。 本形は本来の姿という意。
往生浄土の器ものに… 浄土に生れる器ではないと嫌われているかのようであるという意。
はたらかさぬ本形 本来の姿のまま。
横超の直道 よこさまに迷いを超えて、 ただちにさとりに至る本願他力の道。

(11)

一 *二季にきがんをもつて念仏ねんぶつしゅぎょうせつさだむる、 いはれなきこと

二季の彼岸 春秋のがんのこと。 彼岸中日の前後七日間に行われる仏事。

 それじょう一門いちもんについて、 こうみょうしょう (善導)おんしゃく (*礼讃) をうかがふに、 *安心あんじん*ぎょう*ごうつありとみえたり。 そのうちぎょうごうへんをば、 なほ方便ほうべんかたとさしおいて、 おうじょうじょうしょういん安心あんじんをもつてじょうとくすべきよしを釈成しゃくじょうせらるるじょう顕然けんぜんなり。

しかるにわがだいしょうにん (親鸞)、 このゆゑをもつてりき*安心あんじんをさきとしまします。 それについてさんぎょう安心あんじんあり。 そのなかに ¬だいきょう¼ をもつて真実しんじつとせらる。 ¬だいきょう¼ のなかにはだいじゅうはちがんをもつてほんとす。 じゅうはちがんにとりては、 またがんじょうじゅをもつてごくとす。 「信心しんじんかんない一念いちねん」 をもつてりき安心あんじんとおぼしめさるるゆゑなり。 この一念いちねんりきより発得ほっとくしぬるのちは、 しょうかいをうしろになして*はんがんいたりぬるじょう勿論もちろんなり。

こののうへは、 りき安心あんじんよりもよほされて*仏恩ぶっとん報謝ほうしゃぎょうごうはせらるべきによりて、 *行住ぎょうじゅう坐臥ざがろんぜず、 じょう退たいとうがんいいあり。 このうへは、 あながち*ちゅうよういんしゅしょうしゅじょう善悪ぜんあく決断けつだんするとうがんせつをかぎりて、 安心あんじんぎょうとうしょうごうをはげますべきにあらざるか。

かのちゅうよういん断悪だんあく修善しゅぜん決断けつだんは、 仏法ぶっぽうえんしゅじょう*さいせしめんがためのしゅうなり。 いまのりきぎょうじゃにおいては、 あとを*しゃにとほざかり、 しんじょういきにすましむるうへは、 なにによりてかこの*決判けっぱんにおよぶべきや。

しかるに*二季にきしょうをえりすぐりてその念仏ねんぶつおうじょうぶんさだめてぎょうをはげますともがら、 祖師そし (親鸞)いちりゅうにそむけり。 いかでかとうきょう*門葉もんようごうせんや、 しるべし。

中陽院の衆聖… そつてんの側に中陽院という所があり、 春秋の彼岸会の時、 神々が集まって善人・悪人の名を記録するという。
決判 「定むる」 (左訓)
二季の時正 春秋の彼岸会七日間のこと。
門葉 門弟。 門下の人々。

(12)

一 どうじょうごうして*のきをならべ*かきをへだてたるところにて、 各別かくべつ各別かくべつじょうをしむること

 ひさし。
 かきね。

 おほよそしんしゅう本尊ほんぞんは、 *じん十方じっぽう無礙むげこう如来にょらいなり。 かの本尊ほんぞんしょじょうは、 *きょうにょくうなり。 ここをもつて祖師そし (親鸞) の ¬*教行きょうぎょうしょう¼ には、 「ぶつはこれ*不可ふか思議しぎ光仏こうぶつはまた*りょうこうみょうなり」 (真仏土巻) とのたまへる、 これなり。 されば天親てんじん論主ろんじゅは、 「しょう三界さんがいどう(浄土論)はんじたまへり。

しかれどもしょうどうもん此土しど得道とくどうといふきょうそう*かはらんために、 他土たどおうじょうといふ*はいりゅうをしばらくさだむるばかりなり。 和会わえするときは、 *此土しど他土たどいち*ぼんしょう不二ふになるべし。 これによりて念仏ねんぶつしゅぎょうどうじょうとて、 あながち*きょくぶんすべきにあらざるか。

しかれども、 はいりゅう初門しょもんにかへりて、 いくたびも*ぼんをさきとして、 どうじょうとなづけてこれをかまへ、 本尊ほんぞんあんしたてまつるにてこそあれ、 これはぎょうじゃしゅうのためなり。 いちどうじょうらいじゅうせんたぐひ、 遠近えんきんことなれば、 *来臨らいりん便びんどうならんとき、 一所いっしょをしめてもことのわづらひありぬべからんには、 あまたところにもどうじょうをかまふべし。 しからざらんにおいては、 ちょうのうち、 さかひのあひだに、 面々めんめん各々かくかくにこれをかまへてなんのようかあらん。 あやまつてことしげくなりなば、 そのしつありぬべきものか。

そのゆゑは、 「同一どういつ念仏ねんぶつ別道べつどう(*論註・下) なれば、 どうぎょうはたがひに*かいのうちみなきょうだいのむつびをなすべきに、 かくのごとく*簡別けんべつ隔略きゃくりゃくせば、 おのおのかくしゅうのもとゐ、 *まん先相せんそうたるべきをや。 このだん祖師そし門弟もんていごうするともがらのなかに、 *とうさかんなりと 云々うんぬん

祖師そししょうにんざいのむかし、 かつてかくのごとくはなはだしき沙汰さたなしと、 まのあたりうけたまわりしことなり。 ただ、 ことにより便びんにしたがひてわづらひなきを、 ほんとすべし。 いま*おうせつにおいては、 もつともちょうすべし。

究竟如虚空 「究竟して虚空のごとし」 (真仏土巻訓)
教行証 ¬教行信証¼ のこと。
かはらんために 異なることを示すために。
廃立 二者の難易、 勝劣などを判別して、 一方を廃し、 一方を真実として立てること。 ここではしょうどうもんを廃して、 浄土門を立てること。
此土他土一異 仏の絶対的なさとりからすれば、 この世界とかの浄土の区別はなく一如いちにょ平等であるが、 ぼんの相対的な認識からすれば異である。
凡聖不二 ぼんしょうじゃが一つであること。
局分 分をかぎる。 分別・区別して一方にとらわれること。
為凡 ぼんを救いのめあてとする旨。
来臨の便宜不同 集会に便、 不便があること。
簡別隔略 別々に分け隔てること。
謳歌の説 世間で噂されていること。

(13)

一 祖師そししょうにん (親鸞)門弟もんていごうするともがらのなかに、 しゅっほうについて 「*得分とくぶんせよ」 といふみょうもく行住ぎょうじゅう坐臥ざがにつかふ、 こころえがたきこと

得分 本来は 「もうけ」 「利益」 の意であるが、 特殊な用い方をする門徒集団があったのであろう。

 それ 「得分とくぶん」 といふ*じょうは、 ぞくよりおこれり。 しゅっほうのなかにきょうろんしょうしょをみるに、 いまだこれなし。 しかれども、 をりによりときにしたがひてものをいはんときは、 このことばしゅつらいせざるべきにあらず。 おうのごとくんば、 「*ぞう顛沛てんぱい、 このことばをもつて*規模きぼとす」 と 云々うんぬん

しちじょうしょうもん (意) には、 「*念仏ねんぶつしゅぎょう道俗どうぞく男女なんにょれつのことばをもつて*なまじひに法門ほうもんをのべば、 しゃにわらはれ、 にんまよはすべし」 と 云々うんぬん

かの先言せんげんをもつていまをあんずるに、 すこぶるこのたぐひか。 もつともしゃにわらはれぬべし。 かくのごときのことば、 もつとも*がんなり。 *こうりょうにもあたらぬじょうをつかふべからず。 すべからくこれをちょうすべし。

畳字 熟語。
造次顛沛 ちょっとした間にも。 いつも。
規模 かなめとなるもの。 規範。
念仏修行の… 「しちじょうしょうもん」 の第五条にあたるか。
頑魯 かたくなで愚かなこと。

(14)

一 なまらざるおんじょうをもつて、 わざと*片国へんごくのなまれるこえをまなんで念仏ねんぶつする、 いはれなきこと

片国 辺国。 都から遠く離れた地。

 それ*いん七声しちせいは、 人々にんにんしょうとくのひびきなり。 弥陀みだじょうこくすいちょう樹林じゅりんのさへずるおと、 みなきゅうしょうかくにかたどれり。 これによりてそう祖師そししょうにん (源空) のわがちょう*おうれましまして、 *しんしゅうこうのはじめ、 こえ*ぶつをなすいはれあればとて、 かのじょう*ほうのしらべをまなんで、 *りょうびんのごとくなる*のうしょうをえらんで念仏ねんぶつしゅせしめて、 万人ばんじん*ききをよろこばしめ、 ずいせしめたまひけり。

それよりこのかた、 わがちょう一念いちねんねん*声明しょうみょうあひわかれて、 いまにかたのごとく*じんをのこさる。

祖師そししょうにん (親鸞)御時おんときは、 さかりにねん声明しょうみょう法灯ほうとう*弥陀みだぶつりゅうじゅうまんのころにてぼうちゅう*禅襟ぜんきんだち少々しょうしょうこれをもてあそばれけり。 祖師そしぎょうとしては、 まつたく*念仏ねんぶつのこわびき、 いかやうに*ふしはかせをさだむべしといふおおせなし。 ただ弥陀みだ願力がんりき思議しぎぼんおうじょうりきいちばかりを、 *ぎょう化他けたおんつとめとしましましき。 おんじょう沙汰さたさらにこれなし。

しかれども、 *ときふうねん声明しょうみょうをもつて、 ひとおほくこれをもてあそぶについて、 ぼうちゅうのひとびと、 おんどう宿しゅくたちもかの声明しょうみょうにこころをするについて、 いささかこれをけいせらるるひとびとありけり。 そのとき東国とうごくよりじょうらく道俗どうぞくとうぼうちゅうとうりゅうのほど、 みみにふれけるか。 まつたくしょうにんおおせとして、 おんぎょくさだめて称名しょうみょうせよといふおん沙汰さたなし。

さればふしはかせの沙汰さたなきうへは、 なまれるをまねび、 なまらざるをもまなぶべきおん沙汰さたにおよばざるものなり。 しかるにいましょうとくになまらざるこえをもつて、 しょうとくになまれる*坂東ばんどうごえをわざとまねびてしょうをゆがむるじょうおんぎょくをもつておうじょうとくさだめられたるにたり。

せんずるところ、 ただおのれがこえしょうとくなるにまかせて、 田舎でんしゃこえちからなくなまりて念仏ねんぶつし、 *おうじょうこえはなまらざるおのれなりのこえをもつて念仏ねんぶつすべきなり。 こえぶつをなすいはれもかくのごとくの*結縁けちえんぶんなり。 おんぎょくさらにほうおうじょう真因しんいんにあらず。 ただりき一心いっしんをもつておうじょうせつさだめましますじょうでんといひおんしゃくといひ顕然けんぜんなり、 しるべし。

五音七声 ここでは人の声調・声色の意。 →いん七声しちせい
応を垂れ 仏が人間の姿をあらわすことをいう。
依報 しょうほうのこと。
能声 声のいい者。
きき 聞いた感じ。
余塵 先人の遺風、 ならわし。
倶阿弥陀仏 くう (1156-1228) のことか。
禅襟 禅僧の自称であるが、 ここでは親鸞聖人の門弟のこと。
念仏のこわびき 念仏するときの声ののばし方。
節はかせ 声の長短や高低の定め。
とき世 時代の風潮。 時勢。
坂東声 関東方言の音声、 アクセント。
王城 都。 京都。
結縁分 仏縁を結ぶ程度。 仏道に縁を結ぶ程度。

(15)

一 一向いっこう専修せんじゅみょうごんをさきとして、 ぶっ思議しぎをもつてほうおうじょうぐるいはれをば、 その沙汰さたにおよばざる、 いはれなきこと

 それ本願ほんがんさん信心しんじんといふは、 *しん*しんぎょう*よくしょうこれなり。 まさしくがんじょうじゅしたまふには、 「もんみょうごう 信心しんじんかん ない一念いちねん(大経・下)けり。 このもんについて、 ぼんおうじょうとくない*一念いちねんぽっぶんなり。 このとき願力がんりきをもつておうじょう決得けっとくすといふは、 すなはち*摂取せっしゅしゃのときなり。 もし ¬かんぎょう¼ (散善義・意) によらば 「安心あんじんじょうとく」 といへるおんしゃく、 これなり。 また ¬*小経しょうきょう¼ によらば 「一心いっしんらん」 とける、 これなり。

しかれば、 祖師そししょうにん (親鸞) そうじょう*ずういちりゅう肝要かんよう、 これにあり。 ここをしらざるをもつてもんとし、 これをしれるをもつて門弟もんていのしるしとす。 そのほか、 かならずしもそうにおいて、 一向いっこう専修せんじゅぎょうじゃのしるしをあらはすべきゆゑなし。

しかるをいま風聞ふうぶんせつのごとくんば、 「*さんぎょう一論いちろんについてもんしょうをたづねあきらむるにおよばず、 ただ自由じゆもうをたてて*信心しんじん沙汰さたをさしおきて、 ぎょうへんをもつて、 ªまづ*ぞうぎょうをさしおきて*正行しょうぎょうしゅすべしº とすすむ」 と 云々うんぬん。 これをもつていちりゅうようとするにや。

このじょうそうじてはしんしゅうはいりゅうにそむき、 べっしては祖師そし遺訓ゆいくんせり。 正行しょうぎょうしゅのうちに、 だい称名しょうみょうをもつて*正定しょうじょうごうとすぐりとり、 じゅをば*助業じょごうといへり。 正定しょうじょうごうたる*称名しょうみょう念仏ねんぶつをもつておうじょうじょうしょういん*はからひつのるすら、 なほもつてぼんりきくわだてなれば、 ほうおうじょうかなふべからずと 云々うんぬん

そのゆゑは願力がんりき思議しぎをしらざるによりてなり。 とうきょう肝要かんようぼんのはからひをやめて、 ただ摂取せっしゅしゃ大益だいやくあおぐものなり。 ぎょうをもつて一向いっこう専修せんじゅみょうごんをたつといふとも、 りき安心あんじん決得けっとくせずんば、 祖師そし*しょう相続そうぞくするにあらざるべし。 宿しゅくぜんもし開発かいほつならば、 いかなるれつのともがらも願力がんりき信心しんじんをたくはへつべし、 しるべし。

はからひつのるすら わがはからひをもって思いこむことさえ。

(16)

一 *とうりゅう門人もんにんごうするともがら、 祖師そし (親鸞)*先徳せんどく ˆのˇ 報恩ほうおん謝徳しゃとく*しゅうのみぎりにありておうじょうじょう信心しんじんにおいてはその沙汰さたにおよばず、 もつ葬礼そうれいをもつてほんとすべきやうにしゅう評定ひょうじょうする、 いはれなきこと

 みぎ*しょうどうもんについて*みっきょう所談しょだんの 「*父母ぶもしょしょうしんそくしょうだいかく(*菩提心論)いへるほかは、 *じょうせつ往詣おうげいするもいきざいするも、 しん一法いっぽうなり。 まつたく*うんしょじょう肉身にくしんをもつて、 ぼん速疾そくしつじょうせつうてなにのぼるとはだんぜず。 しゅう*しょうぞうするしゅうはいりゅう、 これをもつて*とす。

しかるにおうじょう信心しんじん沙汰さたをばがけもせずして、 もつ葬礼そうれいじょじょう扶持ふじ一段いちだんとうりゅう肝要かんようとするやうに談合だんごうするによりて、 祖師そししょうもあらはれず、 道俗どうぞく男女なんにょおうじょうじょうのみちをもしらず、 ただけん浅近せんごん*じょうこうとかやのやうに諸人しょにんおもひなすこと、 こころうきことなり。

かつはほんしょうにんおおせにいはく、 「それがし 親鸞しんらん 閉眼へいがんせば、 賀茂かもがわにいれてうおにあたふべし」 と 云々うんぬん。 これすなはちこの肉身にくしんかろんじて仏法ぶっぽう信心しんじんほんとすべきよしをあらはしましますゆゑなり。

これをもつておもふに、 いよいよ*喪葬そうそういちだいとすべきにあらず。 もつともちょうすべし。

父母所生… 「父母所生の身にすみやかに大覚位を証す」
 規範。 のり。 おきて。
無常講 平安時代以降営まれた講会の一種。 人の死など人生の無常を縁として浄土往生を願って行う仏事のこと。
喪葬 死者を葬りとむらうこと。 葬儀。

(17)

一 おなじく祖師そし (親鸞)もんりゅうごうするやから、 *いんはつといふことをごんとすること、 いはれなきこと

因果撥無 因果の道理を否定すること。

 それさんぎょうのなかにこのみょうごんをもとむるに、 ¬かんぎょう¼ に 「深信じんしんいん」 のもんあり、 もしこれをおもへるか。

おほよそ祖師そししょうにんそうじょういちは、 さんぎょうともに差別しゃべつなしといへども、 ¬かんりょう寿じゅきょう¼ は*真実しんじつをあらはして、 所説しょせつほう*じょうさんをおもてとせり真実しんじつといふは、 *しょう女人にょにん悪人あくにんほんとして、 *だい*たいとしたまへり。 ¬*だいりょう寿じゅきょう¼ はじん*ごんをもつて*同聞どうもんしゅとして、 所説しょせつほうぼんしゅつよう思議しぎをあらはせり。 だいしょうにんそうじょうはもつぱら ¬だいきょう¼ にあり。 ¬かんぎょう¼ 所説しょせつの 「深信じんしんいん」 のことばをとらんこと、 あながち*甘心かんしんすべからず。

たとひかの ¬きょう¼ (観経)みょうもくをとるといふとも、 義理ぎり*しんせばいよいよいはれなかるべし。 そのゆゑは、 かの ¬きょう¼ (同)深信じんしんいんは、 *三福さんぷくごう*随一ずいいちなり。 かの三福さんぷくごうはまた*人天にんでん有漏うろごうなり。 なかんづくに、 深信じんしんいんどうによらば、 あにぼんおうじょうのぞみをとげんや。

まづ*じゅうあくにおいて、 「*じょうぼんぼんするものは*ごくどうし、 ちゅうぼんぼんするものは*餓鬼がきどうし、 ぼんぼんするものは*ちくしょうどうにおもむく」 といへり。 これ*だいじょうしょうぞうさだむるところなり。 もしいまのぼん所犯しょぼん現因げんいんによりて*当来とうらいかんずべくんば、 *さん悪道まくどうざいすべし。 にんちゅうてんじょうほうなほもつて*かい*じゅうぜん*まつたからずは、 いかでかのぞみをかけんや。 いかにいはんや、 しゅっ三界さんがい無漏むろしょう報国ほうこくほううまるるどうあるべからず。

しかりといへども、 弥陀みだちょう大願だいがんじゅうあくぎゃく*じゅう*謗法ほうぼうのためなれば、 かの願力がんりきごうじょうなるに、 よこさまにちょうぜつせられたてまつりて、 *さんいんをながくたちてみょう洞燃どうねんごうをとどめられたてまつること、 おほきに*いんどうにそむけり。 もし深信じんしんいんたるべくんば、 うるところの悪因あくいんのひかんところはあくなるべければ、 たとひ弥陀みだ本願ほんがんしんずといふとも、 その願力がんりき*いたづらごとにて、 念仏ねんぶつしゅじょうさんざいすべきをや。

もししかりといはば、 弥陀みだ*こうゆい本願ほんがんも、 しゃくそんもう*金言きんげんも、 諸仏しょぶつじょうたい証誠しょうじょうも、 いたづらごとなるべきにや。 おほよそりき一門いちもんにおいては、 しゃくそん一代いちだいせっきょうにいまだそのれいなき*つうしょうぞうをはなれたる*ごんどうだん思議しぎなりといふは、 ぼんほううまるるといふをもつてなり。 もしいんそうじゅんにまかせば、 しゃ弥陀みだ諸仏しょぶつおんほねをりたるりき*べつむなしくなりぬべし。

そのゆゑは、 たすけましまさんとする十方じっぽうしゅじょうたるぼんいんそうじゅんふうぜられて、 *別願べつがんしょじょうほうぼんうまるべからざるゆゑなり。 いまほうとくしょうにあたへましますぶっ一念いちねんは、 すなはち仏因ぶついんなり。 かの仏因ぶついんにひかれてうるところのじょうじゅくらいめついたるといふは、 すなはちぶっなり。 この仏因ぶついん*ぶっにおいては、 りきよりじょうずれば、 さらにぼんのちからにてみだすべきにあらず、 またはつすべきにあらず。 しかれば、 なにによりてか 「いんはつあるべし」 といふことをいはんや。

もつともこのみょうごんりきしゅうをもつぱらにせらるるとうりゅうにそむけり。 かつてうかがひしらざるゆゑか。 はやくちょうすべし。

機の真実 しゅじょうの本来のすがた。
五障の女人 →補註14
同聞衆 説法の会座えざに連なる聴衆。
甘心 納得すること。
参差 入りまじっていること。 くいちがっていること。 矛盾していること。
随一 複数ある中の一つ。
人天有漏の業 人間界や天上界に生まれる煩悩ぼんのうに束縛された行い。
上品に犯する… ¬だいじょうだつぞうしゅうろん¼ 等の説。
当来 来世。 来生。
まつたからずは 完全でなかったなら。
いたづらごと 無意味・無力なこと。
五劫思惟の本願 阿弥陀仏がいん法蔵ほうぞう菩薩の時、 一切しゅじょうを平等に救うために、 五劫という長い間思惟をめぐらして立てた誓願せいがん
別願 他力不思議をもってぼんほうに往生させようと誓った特別誓願 (第十八願)。 →本願ほんがん

(18)

一 本願ほんがんしょうにん (親鸞)門弟もんていごうするひとびとのなかに、 *しきをあがむるをもつて弥陀みだ如来にょらいし、 *しきしょ当体とうたいをもつて別願べつがん真実しんじつほうとすといふ、 いはれなきこと

知識所居の当体 ぜんしきの住むところ。

 それしゅう*しょうきょうたるさんぎょう所説しょせつ*はいりゅうにおいては、 *ことしげきによりてしばらくさしおく。

*はっしゅうこうとあがめたてまつる*りゅうじゅさつ所造しょぞう ¬*十住じゅうじゅう毘婆びばしゃろん¼ のごときんば、 「さつ*阿毘あびばっもとむるに、 しゅどうあり。 ひとつには*なんぎょうどうふたつには*ぎょうどうそのなんぎょうといふは多途たずあり。 ほぼ*さんをあげてのこころをしめさん」 といへり。 「ぎょうどうといふは、 ただ*信仏しんぶつ因縁いんねんをもつてじょううまれんとがんずれば、 仏力ぶつりき*じゅうしてすなはちだいじょう*正定しょうじょうじゅれたまふ」 といへり。

そう祖師そし黒谷くろだに先徳せんどく (源空)、 これをうけて 「なんぎょうどうといふは*しょうどうもんなり、 ぎょうどうといふは*じょうもんなり」 (選択集) とのたまへり。 これすなはちしょうどうじょうもん混乱こんらんせずして、 じょう一門いちもんりゅうせんがためなり。 しかるにしょうどうもんのなかにだい小乗しょうじょう*権実ごんじつどうありといへども、 だいじょう所談しょだんごくとおぼしきには*しん弥陀みだ唯心ゆいしんじょうだんずるか。

この所談しょだんにおいては、 *しょうのためにして*ぼんのためにあらず。 かるがゆゑにじょうきょうもんはもつぱらぼんいんにゅうのためなるがゆゑに、 しん観法かんぽうもおよばず唯心ゆいしんせつもかなはず、 ただとなりたからをかぞふるにたり。 これによりて、 すでにべっしてじょう一門いちもんてて、 ぼんいんにゅうのみちをりゅうせり。 りゅうじゅさつ所判しょはんあにあやまりあるべけんや。

しんしゅうもんにおいてはいくたびもはいりゅうをさきとせり。 「はい」 といふは、 しゃなりとしゃくす。 しょうどうもん此土しど*にっしょうとくしん弥陀みだ唯心ゆいしんじょうとうぼん*かんりき修道しゅどうてよとなり。 「りゅう」 といふは、 すなはち、 弥陀みだりきしんをもつてぼんしんとし、 弥陀みだりきぎょうをもつてぼんぎょうとし、 弥陀みだりきごうをもつてぼんほうおうじょうするしょうごうとして、 このかいててかのじょうせつおうじょうせよと*しつらひたまふをもつてしんしゅうとす。

しかるに風聞ふうぶんじゃのごとくんば、 はいりゅういちをすてて、 此土しど他土たどをわけずじょう分別ふんべつせず、 此土しどをもつてじょうしょうし、 ぼんぎょうしきをもつてかたじけなく*さんじゅうそう仏体ぶったいさだむらんこと、 じょう一門いちもんにおいてかかる所談しょだんあるべしともおぼえず。 *こんどん短慮たんりょおほよそ迷惑めいわくするところなり。 しん弥陀みだ唯心ゆいしんじょうだんずるしょうどうしゅう差別しゃべつせるところいづくぞや、 もつともこうりょうといひつべし。

ほのかにきく、 かくのごとくの所談しょだんごんをまじふるを*なか法門ほうもんごうすと 云々うんぬん。 またきく、 祖師そし (親鸞)しゃく ¬教行きょうぎょうしょう¼ にのせらるるところの*けんしょう隠密おんみつといふも、 隠密おんみつみょうごんはすなはちこのいちけんにすべからざるを隠密おんみつしゃくしたまへりと 云々うんぬん。 これもつてのほかの*僻韻へきいんか。

かのけんしょう隠密おんみつみょうごんは、 わたくしなきおんしゃくなり。 それはかくのごとく*こばみたるじゃにあらず。 さいじゅうあり。 ことしげきによりて、 いまの*ようにあらざるあひだ、これをりゃくす。

ぜんしきにおいて、 本尊ほんぞんのおもひをなすべきじょう渇仰かつごうのいたりにおいてはそのしかるべしといへども、 それはぶっだいそうじょうしまします願力がんりき信心しんじんぶっよりもよほされてぶっぞくするところのいちなるをぎょうそうぶんにてこそあれ、 仏身ぶっしんぶっ本体ほんたいとおかずして、 ただちにぼんぎょうしきをおさへて、 如来にょらい色相しきそう眼見げんけんせよとすすむらんこと、 聖教しょうぎょう*せつをはなれ祖師そしでんにそむけり。 本尊ほんぞんをはなれていづくのほどよりしきしゅつげんせるぞや。 *こうりょうなりほうなり。

ただじつつたへてじゅし、 ぶっをあらはして決得けっとくせしむる恩徳おんどくは、 しょうしん如来にょらいにもあひかはらず。 木像もくぞうものいはずきょうてんくちなければ、 つたへきかしむるところの恩徳おんどくみみにたくはへんぎょうじゃは、 謝徳しゃとくのおもひをもつぱらにして、 *如来にょらい代官だいかんあおいであがむべきにてこそあれ、 そのしきのほかはべつぶつなしといふこと、 しゃにわらはれしゃまよはすべきいいこれにあり。 あさまし、 あさまし。

正依経たる三経 まさしきよりどころとなる三部の教典。 じょうさんきょうのこと。
ことしげき 煩雑である。
八宗の高祖 りゅうじゅ菩薩の教学は広く諸宗の基盤となっているので、 このようにいう。
十住毘婆沙論の… 引用は ¬論註¼ (上) 所引の ¬十住毘婆娑論¼ 取意の文。
五三 少しばかりの意
信仏の因縁 仏を信じるという因縁、 あるいは仏の因縁を信じること。
聖・凡 しょうじゃぼんのこと。
不堪 (修することが) できない。
しつらひ ここでの 「しつらふ」 は定めるというほどの意。
夜中の法門 夜中に密かに奥義を授けるという教え。 後に盛んになった秘事ひじ法門ほうもんの先駆とみられる。
僻韻 僻案と同意か。 かたよった考え。 誤った考え。
こばみたる 背いた。 たがえた。
要須 最も重要なことがら。
施設 教えの立て方。 論じ方。
荒涼なり髣髴なり 荒涼はいいかげんなこと、 でたらめなこと。 髣髴はまぎらわしいこと。
如来の代官 如来に代わって教えを伝える者。

(19)

一 ぼんりきしんぎょうをおさへてぶっしょうとくぎょうたいといふ、 いはれなきこと

 さんぎょうのなかに、 ¬かんぎょう¼ のじょう深心じんしんとう*三心さんしんをば、 ぼんのおこすところのりき三心さんしんぞとさだめ、 ¬だいきょう¼ 所説しょせつしんしんぎょうよくしょうとう*三信さんしんをば、 りきよりさづけらるるところのぶっとわけられたり。

しかるに、 「方便ほうべんより真実しんじつつたひ、 ぼんほっ三心さんしんより如来にょらい利他りた信心しんじんつうにゅうするぞ」 とをしへおきまします祖師そし 親鸞しんらん しょうにんおんしゃく拝見はいけんせざるにや。 ちかごろこのむねをそむいて自由じゆ妄説もうせつをなして、 しかも祖師そし末弟まっていしょうする、 このじょうことにもつておどろきおぼゆるところなり。

まづ*のう*しょをたて、 りきりき対判たいはんして、 りきをすててりきし、 のうせつをうけてしょ信心しんじんじょうとくするこそ、 こん (親鸞) そうじょうでんにはあひかなひはんべれ

いまきこゆるじゃのごとくは、 「煩悩ぼんのうじょうじゅぼん妄心もうしんをおさへて金剛こんごうしんといひ、 ぎょうじゃ三業さんごう所修しょしゅ念仏ねんぶつをもつて一向いっこう一心いっしんぎょうじゃとす」 と 云々うんぬん。 このじょう*つやつやりきりきのさかひをしらずして、 ひとをもまよはし、 われもまよふものか。

そのゆゑはまづ、 「金剛こんごうしんじょうじゅ」 といふ、 金剛こんごうはこれたとへなり、 ぼん迷心めいしんにおいて金剛こんごう類同るいどうすべきいいなし。 ぼんじょうはきはめてじょうなり。 さればだい (善導)おんしゃく (*序分義) には、 「たとひしょうしんおこすといへども、 みずせるがごとし」 と 云々うんぬんじょう、 これをもつてしるべし。

しかれば、 ぼんじょうめいじょう*りょうしょしゅじょうぶっまんにゅうしてじょう迷心めいしんりきよりじょうじゅして、 *がんにゅう弥陀みだかいおうじょうしょうごうじょうずるときを、 「能発のうほつ*一念いちねんあいしん(正信偈) とも、 「だん煩悩ぼんのうとくはん(同) とも、 「*にゅうしょうじょうじゅじゅ」 とも、 「*じゅ退転たいてん」 とも、 しょうにんしゃくしましませり。 これすなはち 「即得そくとくおうじょう」 のぶんなり。

このしゃしょううんしょじょう肉身にくしんいまだやぶれずといへども、 しょうてん本源ほんげんをつなぐりきめいじょう*ほつ金剛こんごうしん一念いちねんにやぶれて、 しきでんぶつぞくするをこそ、 「りきをすててりきする」 ともなづけ、 また 「即得そくとくおうじょう」 ともならひはんべれ。 まつたくわがしゅうをもつて*随分ずいぶん是非ぜひをおもひかたむるをりきすとはならはず。 これを金剛こんごうしんともいはざるところなり。 さんぎょう一論いちろん*しゃく以下いげとうりゅう 親鸞しんらん しょうにんしょうをあらはしまします製作せいさく ¬教行きょうぎょうしんしょう¼ とうにみえざるところなり。

しかれば、 なにをもつてかほしいままに自由じゆ妄説もうせつをのべて、 みだりに祖師そしいちりゅうでんしょうするや。 しつ誤他ごたのとが、 ぶっけんにそむくものか。 おそるべし、 あやぶむべし。

能化所化 能化は教え導く師、 所化は教えを受ける弟子。
つやつや 少しも。
令諸衆生の仏智 衆生にどくを成就させようという仏の智慧ちえ
願入弥陀界 阿弥陀仏の浄土に往生したいと願うこと。
入正定聚… 「正定聚の数に入る」
住不退転 「不退転に住す」
共発金剛心 ともに金剛心を発すこと。
随分に 大いに。 よく。 分相応に。 あるいは、 気ままにという意か。
五祖 曇鸞どんらんだいどうしゃくぜん善導ぜんどう大師・源信げんしんしょう法然ほうねん上人を指す。

(20)

一 ごく末弟まっていこんりゅう草堂そうどうしょうして本所ほんじょとし、 諸国しょこくこぞりてそうきょうしょうにん (親鸞)ほんびょう*本願ほんがんをば参詣さんけいすべからずと諸人しょにんしょうせしむる、 *みょうなきくわだてのこと

冥加なき企て 仏祖の加護を無視したたくらみ。

 それ*慢心まんしんしょうどうしょきょうにきらはれ、 「仏道ぶつどうをさまたぐる*」 と、 これをのべたり。

わがしんしゅうこうこうみょうだい (善導) しゃくしてのたまはく (礼讃)、 「きょうまんへいだいなんしんほう」 とて、 「*きょうまん*へい*だいとは、 もつてこのほうしんずることかたし」 とみえたれば、 きょうまんしんをもつてぶっ*はからんとするかくどんとしては、 さらにぶっじょうりき*ききべからざれば、 祖師そし (親鸞)本所ほんじょをば*蔑如べつじょし、 こんりゅうのわたくしの在所ざいしょをば本所ほんじょしょうするほどのみょうぞんぜず、 やくをおもはざるやから、 だいきょうまん*もうじょうをもつては、 まことにいかでかぶっじょうりきじゅせんや。

なんしんほう」 のおんしゃく、 いよいよおもひあはせられてげんじゅうなるものか、 しるべし。

はからんと はかり知ろうと。
きき得べからざれば 聞き信じることができないので。
蔑如 軽んじること。 あなどること。
妄情 誤った心のもち方。

 *ほんにいはく

本にいはく 「本」 とは書写原本のこと。 原本にあった奥書をそのまま転写したことを示す。

 みぎこのしょうは、 祖師そし本願ほんがんしょうにん 親鸞しんらん、 せん*大網おおあみ如信にょしんほっ面授めんじゅけつせるのしょうほうとくしょう最要さいようなり。 壮年そうねん往日おうじつ、 かたじけなくも三代さんだい *黒谷くろだに本願ほんがん*大網おおあみ でん*けちみゃくしたがけてこう、 とこしなへにたくわふるところのそん興説こうせつ*目足もくそくなり。 とお*宿しゅくじょうぐうはかり、 つらつら当来とうらいかいおもふに、 仏恩ぶっとん高大こうだいなることあたかも*めい八万はちまんいただきとく深広じんこうなることほとんど*蒼瞑そうめい三千さんぜんそこぎたり。

ここにちかくかつて祖師そし門葉もんようともがらごうするなかに、 でんにあらざるの今案こんあん自義じぎかまへ、 あやまりてごんせいりゅうけがし、 ほしいままにとうきょうしょうしてみづからしっあやまらすと云々うんぬん。 はなはだしかるべからず。 *禁遏きんあつせざるべからず。 ここによりて、 かの*邪幢じゃどうくだきてそのしょうとうかかげんがためにこれをろくす。 名づけて ¬改邪がいじゃしょう¼ といふのみ。

目足 大切なもの、 肝要なものの意。
宿生 前の世。 過去世。
蒼瞑三千の底 蒼瞑はあお黒い大海のこと。 三千里ある大海の底。
禁遏 おしとどめること。 禁止すること。
邪幢 よこしまな説をはたぼこに喩えていう。

 *けんひのとのうしだいれき*しょうじゅんじゅうにち*かんめをはりぬ。 はからざるにそうしょうにん (源空) せん聖日せいじつにあひあたれり。 ここにりぬ、 師資ししそうじょうじきたがはざることを。 とうとむべし、 よろこぶべし。

建武丁丑第四の暦 1337年。
季商 陰暦九月の別称。
 筆。

                       しゃく*そうしょうろくじゅうはち