じょうさんぎょうおうじょう文類もんるい

 

大経往生
  略明義
   

【1】 ^*だいきょうおうじょうといふは、

一 Ⅰ
      明往生体
       

^如来にょらい*せんじゃく*本願ほんがん*不可ふか思議しぎ願海がんかい、 これを*りきもうすなり。

一 Ⅰ ⅱ a

^これすなはち*念仏ねんぶつおうじょう願因がんいんによりて、 *ひっめつがんをうるなり。

一 Ⅰ ⅱ 明往生相
        約即往生

^*げんしょう*正定しょうじょうじゅくらいじゅうして、 かならず*真実しんじつほうにいたる。

一 Ⅰ ⅱ b 約証大涅槃

^これは弥陀みだ如来にょらい*往相おうそうこう*真因しんいんなるがゆゑに、 *じょうはんのさとりをひらく。

一 Ⅰ

^これを ¬*だいきょう¼ の*しゅうとす。 このゆゑにだいきょうおうじょうもうす、 また*なんおうじょうもうすなり。

広引文
    正約往相回向
      正引
        経文
          (一)列引
            (Ⅰ)顕真実行文
              (ⅰ)標挙

【2】 ^この如来にょらい往相おうそうこうにつきて、 真実しんじつ*ぎょうごうあり。 すなはち*諸仏しょぶつ称名しょうみょうがん (第十七願) にあらはれたり。

一 Ⅱ ⅰ a イ (一)(Ⅰ)(ⅱ)引文
                (a)称名悲願文

^称名しょうみょうがんは ¬*だいりょう寿じゅきょう¼ (上) にのたまはく、

^たとひわれぶつんに、 *十方じっぽうかいりょう諸仏しょぶつ、 ことごとく*しゃし、 わが*しょうせずは、 *しょうがくらじ」 と。

「設我得むに↠仏、十方世界無量諸仏、不↣悉咨嗟、称↢我ヨロヅノホトケニホメラルヽナリ↠取↢正覚↡。」

一 Ⅱ ⅰ a イ (一)(Ⅰ)(ⅱ)(b)行信成就文

 ^称名しょうみょうしんぎょうがん (第十七・十八願) じょうじゅもん、 ¬きょう¼ (大経・下) にのたまはく、

^十方じっぽう恒沙ごうじゃ諸仏しょぶつ如来にょらい、 みなともに*りょう寿じゅぶつ*じんどく*不可ふか思議しぎなる*讃嘆さんだんしたまふ。 ^あらゆる*しゅじょう、 その*みょうごうきて*信心しんじんかんして、 ない*一念いちねんせん。 *しんこうしたまへり。 かのくにうまれんとがんずれば、 すなはち*おうじょう*退転たいてんじゅうせん。 ただ*ぎゃく*しょうぼうほうするをのぞ」 と。

「十方恒沙諸仏如来、皆共讃↢嘆たまふ无量寿仏威神功徳不可思議なるを↡。諸有あらゆる衆生、聞↢其名号↡信心歓喜して、乃至一念せむ。至心廻向たまへり。願れば↠生むと↢彼↡、即得↢往生↡、住せむ↢不退転↡。唯除くと↣五逆誹↢謗するをソシリソシル  正法↡。」

一 Ⅱ ⅰ a イ (一)(Ⅱ)顕真実信文
              (ⅰ)標挙

【3】 ^また*真実しんじつ信心しんじんあり。 すなはち*念仏ねんぶつおうじょうがん (第十八願) にあらはれたり。

一 Ⅱ ⅰ a イ (一)(Ⅱ)(ⅱ)引文
                (a)大経

^しんぎょうがんは ¬だいきょう¼ (上) にのたまはく、

^たとひわれぶつたらんに、 十方じっぽうしゅじょうしんしんぎょうして、 わがくにうまれんとおもうて、 *ない*じゅうねんせん。 もしうまれずは、 しょうがくらじと。 ただぎゃくしょうぼうほうせんをのぞかん」 と。

「設我得たらむに↠仏、十方衆生、至心信楽してふて↠生むと↢我↡、乃至十念せむ。若不↠生↠取↢正覚↡。唯除むと↣五逆誹↢謗せむを正法↡。」

一 Ⅱ ⅰ a イ (一)(Ⅱ)(ⅱ)(b)寿会

 ^同本どうほんやくの ¬*りょう寿じゅ如来にょらい¼ (上) にのたまはく、

^もしわれ*じょうかくしょうとくせんとき、 ぶっ*せつのうちのもろもろの*じょうるい、 わがきをはりて、 しょ*善根ぜんごん心々しんしんこうして、 わがくにうまれんとがんじて、 ないじゅうねんせん。 もしうまれずは、 *だいらじと。 ただ*けん悪業あくごうつくり、 しょうぼうおよびもろもろのしょうにんほうせんをのぞかん」 と。

「若我証↢得せむ无上覚↡時、余仏刹クニトイフうち有情類、聞↢我↡已、所有善根、心心廻向、願じて↠生むと↢我↡、乃至十念せむ。若不↠生↠取↢菩提↡。唯除むと↧造↢无間悪業↡、誹↦謗せむを正法及聖人↥。」

一 Ⅱ ⅰ a イ (一)(Ⅲ)顕真実証文
              (ⅰ)標挙

【4】 ^また*真実しんじつしょうあり。 すなはち*ひっめつがん (第十一願) にあらはれたり。

一 Ⅱ ⅰ a イ (一)(Ⅲ)(ⅱ)引文
                (a)因願
                  (イ)大経

^*しょうがん、 ¬だいきょう¼ (上) にのたまはく、

^たとひわれぶつたらんに、 くにのうちの*人天にんでん*じょうじゅじゅうし、 かならず*めついたらずは、 しょうがくらじ」 と。

「設我得たらむに↠仏、国人天、不↧住↢定聚↡、必↦滅度↠取↢正覚↡。」

一 Ⅱ ⅰ a イ (一)(Ⅲ)(ⅱ)(a)(ロ)寿会

 ^同本どうほんやくの ¬りょう寿じゅ如来にょらい¼ (上) にのたまはく、

^もしわれじょうぶつせんに、 くにのうちのじょう、 もしけつじょうして*とうしょうがくだいはんしょうせずは、 だいらじ」 と。

「若我成仏せむに、国有情、若不↧決定↢等正覚↡証↦大涅槃↠取↢菩提↡。」

一 Ⅱ ⅰ a イ (一)(Ⅲ)(ⅱ)(b)成就
                  (イ)寿会本願成就

 ^¬りょう寿じゅ如来にょらい¼ (下) にのたまはく、

^ほう仏国ぶっこくしょしゅじょうりょう寿じゅ如来にょらいみょうごうきてよく一念いちねん*じょうしんおこして*かんあいぎょうせん。 あらゆる善根ぜんごんこうしてりょう寿じゅこくうまれんとがんぜば、 がんしたごうてみなうまれて、 退転たいてんない*じょうしょうとうだいんと。 *けんしょうぼうほうし、 およびしょうじゃほうぜんをばのぞかん」 と。

「他方仏国諸有衆生、聞↢无量寿如来名号↡能して↢一念浄信↡歓喜愛楽せむ。所↠有善根廻向して↠生むと↢无量寿国、随ふて↠願皆生、得むと↢不退転乃至无上正等菩提↡。除むと↧五无間誹↢謗正法↡、及ぜむをば↦聖者↥。」

一 Ⅱ ⅰ a イ (一)(Ⅲ)(ⅱ)(b)(ロ)大経証願成就

 ^ひっめつしょうだいはんがん (第十一願) じょうじゅもん、 ¬だいきょう¼ (下) にのたまはく、

^それしゅじょうあつて、 かのくにうまれんもの、 みなことごとく*正定しょうじょうじゅじゅうせん。 ゆゑはいかんとなれば、 かの仏国ぶっこくのうちにはもろもろの*邪聚じゃじゅおよび*じょうじゅはなければなり」。

「其↢衆生↡、生れむ↢彼↡者、皆悉せむ↢正定之聚↡。所以者何んとなれば、彼仏国にはければなり↢諸邪聚及ジリキノモロモロノゼンニンナリ不定聚ジリキノネムブチシヤナリ↡。」

一 Ⅱ ⅰ a イ (一)(Ⅲ)(ⅱ)(b)(ハ)寿会証願成就

 ^また ¬如来にょらい¼ (下) にのたまはく、

^かのくにしゅじょうと、 もしまさにうまれんものは、 みなことごとく*じょうだいきょうし、 はんところいたらん。 なにをもつてのゆゑに。 もしじゃじょうじゅおよびじょうじゅは、 *かのいんこんりゅうせることを*りょうすることあたはざるがゆゑなり」 と。 以上抄要

「彼衆生、若たうマサれむ、皆悉究↢竟无上菩提↡、到↢涅槃↡。何。若邪定聚及不定聚、不るが↠能↤了↢知ること建↢立せることを↡故なりと。」 已上抄要

一 Ⅱ ⅰ a イ (二)釈成
            (Ⅰ)直就大経釈

【5】 ^この真実しんじつ称名しょうみょう真実しんじつしんぎょうをえたるひと、 すなはち正定しょうじょうじゅくらいじゅうせしめんとちかひたまへるなり。

一 Ⅱ ⅰ a イ (二)(Ⅱ)転就寿会釈
              (ⅰ)正釈

^この正定しょうじょうじゅじゅうするを、 とうしょうるとものたまへるなり。 とうしょうがくもうすは、 すなはち*しょ*ろくさつとおなじくらいとなるきたまへり。

一 Ⅱ ⅰ a イ (二)(Ⅱ)(ⅱ)引証

^しかれば、 ¬だいきょう¼ (下) には 「*にょろく」 とのたまへり。

一 Ⅱ ⅰ a 論文
          (一)妙声眷属功徳

 ^¬じょうろん¼ (*論註・下) にいはく

^ªしょうごん*妙声みょうしょうどくじょうじゅは、 に «*ぼんしょう深遠じんのん みょうもん十方じっぽう» とのたまへるがゆゑにº と。

「荘厳妙声功徳成就、偈へるが↢梵声悟深遠微妙聞十方↡故にと

^これいかんぞ思議しぎなるや。 ¬きょう¼ にのたまはく、 ªもしひと、 ただかのこく清浄しょうじょう安楽あんらくなるをきて、 *剋念こくねんしてうまれんとがんずると、 またおうじょうると、 すなはち正定しょうじょうじゅるº。 これはこれ、 こくみょう*ぶつをなす。 いづくんぞ思議しぎすべきや。

此云何んぞ不思議なるや。経、若人但聞↢彼国土清浄安楽なるを↡、剋念ずると↠生むと、亦得ると↢往生↡、即↢正定聚↡。此是国土名字為↢仏事↡。安んぞきや↢思議↡。

^ªしょうごん*眷属けんぞくどくじょうじゅは、 に «*如来にょらいじょうしゅ しょうがくしょう》とのたまへるがゆゑにº と。

荘厳眷属功徳成就、偈へるが↢如来浄華衆正覚華化生↡故にと

^これいかんぞ思議しぎなるや。 おほよそこれ*ざっしょうかいは、 もしはたいもしはらんもしは湿しつもしは*眷属けんぞく*そこばくなり。 らく万品まんぼんなり。 *雑業ぞうごうをもつてのゆゑに。 かの*安楽あんらくこくは、 これ弥陀みだ如来にょらいしょうがくじょうしょうするところにあらざることなし。 *同一どういつ念仏ねんぶつしてべつどうなきがゆゑに。 とおつうずるにそれ*かいのうちみなきょうだいとするなり。 *眷属けんぞくりょうなり。 いづくんぞ思議しぎすべきや」。

此云何んぞ不思議なるや。凡雑生世界、若胎若卵若湿若化、眷属若干そこばくなり。苦楽万品なり。以↢雑業↡故。彼安楽国土、莫↠非ること↣是阿弥陀如来正覚浄華之所↢化生する↡。同一念仏してきが↢別道↡故。遠ずるに四海之内皆為↢兄アニオトヽ↡也。眷属无量なり。焉んぞきや↢思議↡。」

一 Ⅱ ⅰ a ロ (二)大義門功徳

 ^またのたまはく (論註・下)

^おうじょうがんずるもの、 *もとはすなはち三三さんざんほんなれども、 いまはいちことなることなし。 また*じょういちなるがごとし。 いづくんぞ思議しぎすべきや」。

「願ずる↢往生↡者、本三三之品なれども、今↢一二之殊ること↡。亦如↢ 淄ミヅナリミヅナリ 食陵かへし 一味なるが↡。焉んぞきや↢思議↡。」

一 Ⅱ ⅰ a ロ (三)清浄功徳

 ^また ¬ろん¼ (論註・下) にいはく、

^ªしょうごん*清浄しょうじょうどくじょうじゅは、 に «*かんかいそう しょう三界さんがいどう» とのたまへるがゆゑにº と。

「荘厳清浄功徳成就、偈へるが↢観彼世界相勝過三界道↡故にと

^これいかんぞ思議しぎなるや。 *ぼんにん煩悩ぼんのう*じょうじゅせるあつて、 またかのじょうしょうるに、 三界さんがい*ごうひっきょうじてかず。 すなはちこれ煩悩ぼんのうだんぜずして*はんぶん いづくんぞ思議しぎすべきや」。 以上抄要

此云何んぞ不思議なるや。有↢凡夫人煩悩成就せる↡、亦得るに↠生↢彼浄土↡、三界繋業畢竟不↠牽。則是不して↠断↢煩悩↡得↢涅槃↡。焉んぞきや↢思議↡。」 已上抄要

一 Ⅱ ⅰ 結示

【6】 ^この弥陀みだ如来にょらい往相おうそうこう*せんじゃく本願ほんがんをみたてまつるなり。 これをなんおうじょうもうす。 これをこころえて、 *りきには*なきをとすとしるべし。

一 Ⅱ 因約還相回向
      論文
       

【7】 ^ふたつに*還相げんそうこうといふは、

一 Ⅱ ⅱ a

¬*じょうろん¼ にいはく、

^本願ほんがんりきこうをもつてのゆゑに、 これを*しゅつだいもんづく」 といへり。

「以↢本願力廻向↡故、是くといへり↢出第五門↡。」

一 Ⅱ ⅱ a

^これは還相げんそうこうなり。

一 Ⅱ ⅱ 経文
       

*いっしょうしょがん (第二十二願) にあらはれたり。

一 Ⅱ ⅱ b

 ^だいだいがん (第二十二願) 、 ¬だいきょう¼ (上) にのたまはく、

^たとひわれぶつたらんに、 ほうぶつのもろもろのさつしゅ、 わがくにらいしょうすれば、 きょうしてかならずいっしょうしょいたる。 その本願ほんがんざいしょしゅじょうのためのゆゑに、 *ぜいがいて、 *徳本とくほんしゃくるいし、 一切いっさい*だつし、 諸仏しょぶつくにあそびて、 さつぎょうしゅし、 十方じっぽう諸仏しょぶつ如来にょらいようし、 恒沙ごうじゃりょうしゅじょうかいしてじょうしょうしんどうりゅうせしめんをばのぞかんと。 *じょうりん超出ちょうしゅつし、 *しょぎょう現前げんぜんし、 *げんとくしゅじゅうせん。 もししからずは、 しょうがくらじ」 と。

「設我得たらむに↠仏、他方仏土菩薩衆、来↢生ればキタリムマル ↡、究竟↢一生補処↡。除むと↧其本願自在所化、為↢衆生↡故↢弘誓がいヨロイ↡、積↢累徳本↡、度↢脱一切↡、遊びて↢諸仏↡、修↢菩薩↡、供↢養十方諸仏如来↡、開↢化恒沙无量衆生↡使めむをば↞立↢无上正真之道↡。超↢出常倫↡、諸地之行現前、修↢習せむ普賢之徳↡。若不↠爾↠取↢正覚↡。」

一 Ⅱ ⅱ b

 ^このがんは、 如来にょらい還相げんそうこうおんちかひなり。

一 Ⅱ 通結他力回向
      正明

【8】 ^如来にょらいしゅこうによりて、 真実しんじつ*しんぎょうをうるひとは、 かならず正定しょうじょうじゅくらいじゅうするがゆゑにりきもうすなり。

一 Ⅱ ⅲ 引証

^しかれば、 ¬*りょう寿じゅきょう優婆うば提舎だいしゃがんしょう¼ にいはく、

^いかんが*こうしたまへる。 一切いっさいのうしゅじょうてずして、 しんにつねに*がんすらく、 こう*しゅとしてだいしんじょうじゅすることを*たまへるがゆゑに」 とのたまへり。

「云何んが廻向たまへる。不して↠捨↢一切苦悩衆生↡、心作願すらく、廻向↠首たまへるが↠成↢就ことを大悲心↡故にとのたまへり。」

総結

 ^これは ¬だいりょう寿じゅきょう¼ のしゅうとしたまへり。 これをなんおうじょうもうすなり。

観経往生
  略明義
   

【9】 ^*かんぎょうおうじょうといふは、

二 Ⅰ
      約発願

^しゅしょどくがん (第十九願) により、 しん発願ほつがんのちかひにいりて、 *万善まんぜんしょぎょうぜん*こうしてじょう*ごんせしむるなり。

二 Ⅰ ⅱ 約開説

^しかれば、 ¬*りょう寿じゅぶつかんぎょう¼ には、 *じょうぜん*散善さんぜん*三福さんぷく*ぼん諸善しょぜん あるいは*りき称名しょうみょう念仏ねんぶつきて、 ぼんおうじょうをすすめたまへり。

二 Ⅰ ⅱ 示宗致

^これはりきのなかにりきしゅうとしたまへり。

二 Ⅰ

^このゆゑにかんぎょうおうじょうもうすは、 これみな*方便ほうべん化土けどおうじょうなり。 これを*双樹そうじゅりんおうじょうもうすなり。

広引文
    経文
      至心発願之願
        因願
          (一)大経

【10】^*しん発願ほつがんがん (第十九願)、 ¬だいきょう¼ (上) にのたまはく、

^たとひわれぶつんに、 十方じっぽうしゅじょう*だいしんおこし、 *もろもろのどくしゅして、 しん発願ほつがんしてわがくにうまれんとおもはん。 寿いのちおわらんときのぞまんに、 たとひ大衆だいしゅ*にょうしてそのひとまえげんぜずは、 しょうがくらじ」 と。

「設我得むに↠仏、十方衆生、発↢菩提心↡、修↢諸功徳↡、至心発願してはむ↠生むと↢我↡。臨まむに↢寿終↡、仮令不↧与↢大衆↡囲繞してカコミメグル↦其↠取↢正覚↡。」

二 Ⅱ ⅰ a イ (二)悲華経

 ^また ¬*悲華ひけきょう¼ 「*だいぼん」 にのたまはく、

^ねがはくは、 われ*のく多羅たらさんみゃくさんだいりをはらんに、 そのりょうへん*そう諸仏しょぶつかいしょしゅじょう、 もし*のく多羅たらさんみゃくさんだいしんおこし、 もろもろの*善根ぜんごんしゅして、 わがかいうまれんとおもはば、 *りんじゅうとき、 われまさに大衆だいしゅにょうしてそのひとまえげんずべし。 そのひと、 われをて、 すなはちわがまえにしてしんかんて、 われをるをもつてのゆゑに、 もろもろのしょうはなれてすなはちててわがかいらいしょうしめん」 と。

「願くは我成↢阿耨多羅三藐三菩提↡已むに、其无量无辺阿僧祇諸仏世界所有衆生、若↢阿耨多羅三藐三菩提心↡、修↢諸善根↡、欲↠生むと↢我、臨終之時、我当↧与↢大衆↡囲繞↦其↥。其人見↠我、即↢我↡得↢心歓喜↡、以↠見るを↠我、離↢諸障閡↡即便てゝ↠身来↢生しめむと↡。」

二 Ⅱ ⅰ a 成就

 ^しん発願ほつがんがん (第十九願) じょうじゅもん、 ¬だいきょう¼ (下) にのたまはく、

^ぶつなんげたまはく、 ª十方じっぽうかい諸天しょてん人民にんみん、 それしんいたしてかのくにうまれんとがんずることあらん。 おほよそ*三輩さんぱいあり。 その*じょうはいは、 いえよくてて*沙門しゃもんとなり、 だいしんおこして*一向いっこうにもつぱらりょう寿じゅぶつねんじ、 もろもろの*どくしゅしてかのくにうまれんとがんぜん。 これらのしゅじょう寿いのちおわらんときのぞみて、 りょう寿じゅぶつ、 もろもろの大衆だいしゅとそのひとまえげんぜん。 なん、 それしゅじょうあつて、 こんにおいてりょう寿じゅぶつたてまつらんとおもうて、 じょうだいしんおこどくしゅぎょうしてかのくにうまれんとがんずべし。º

「仏告たまはく↢阿難↡、十方世界諸天・人民、其↢至して↠心ずること↟生むと↢彼↡。凡↢三輩↡。其上輩トモガラ 、捨↠家↠欲↢沙門↡、発↢菩提心↡一向↢无量寿仏↡、修↢諸功徳↡願ぜむ↠生むと↢彼↡。此等衆生、臨↢寿終↡、无量寿仏、与↢諸大衆↡現ぜむ↢其↡。 阿難、其↢衆生↡、欲ふて↧於↢今世↡見まつらむと↦无量寿仏↥、応↧発↢无上菩提之心↡、修↢行功徳↡願↠生むと↢彼↡。

^ぶつなんかたりたまはく、 ªそれ*ちゅうはいは、 十方じっぽうかい諸天しょてん人民にんみん、 それしんいたしてかのくにうまれんとがんずることあらん。 ぎょうじて沙門しゃもんとなり、 おおきにどくしゅすることあたはずといへども、 まさにじょうだいしんおこして一向いっこうにもつぱらりょう寿じゅぶつねんじ、 しょうぜんしゅし、 *斎戒さいかい奉持ぶじし、 *塔像とうぞうりゅうし、 沙門しゃもん飯食ぼんじきせしめ、 *ぞうとうともし、 はなさんこうくべし。 これをもつてこうしてかのくにうまれんとがんぜん。 そのひとおわりにのぞみて、 つぶさに*真仏しんぶつのごとく、 もろもろの大衆だいしゅとそのひとまえげんぜん。º

仏語たまはく↢阿難↡、其中輩、十方世界諸天・人民、其↢至して↠心ずること↟生むと↢彼↡。雖↠不↠能↧行じて↢沙門↡、大きにること↦功徳↥、当↧発して↢无上菩提之心↡、一向↢无量寿仏↡、多少修↠善、奉↢持斎戒↡、起↢立塔像↡、飯↢食せしめ沙門↡、懸↠繒↠灯、散↠華↞香。以↠此廻向ぜむ↠生むと↢彼↡。其人臨↠終↢真仏↡、与↢諸大衆↡現ぜむ↢其↡。

^ぶつなんげたまはく、 ªそれ*はいは、 十方じっぽうかい諸天しょてん人民にんみん、 それしんいたしてかのくにうまれんとおもふことあらん。 たとひもろもろのどくをなすことあたはずとも、 まさにじょうだいしんおこして一向いっこうこころをもつぱらにして、 ないじゅうねんりょう寿じゅぶつねんじて、 そのくにうまれんとがんずべし。 もし深法じんぽうきてかんしんぎょうしてわくしょうぜず、 ない一念いちねん、 かのほとけねんじて、 じょうしんをもつてそのくにうまれんとがんぜん。 このひとおわりにのぞみて、 *ゆめにかのぶつたてまつり、 またおうじょうん。 どく智慧ちえいでちゅうはいのもののごとくならんとなりº」 と。 以上略抄

仏告たまはく↢阿難↡、其下輩、十方世界諸天・人民、其↢至して↠心ふこと↟生むと↢彼↡。仮使とも↠能↠作こと↢諸功徳↡、当↧発して↢无上菩提之心↡、一向らにして↠意、乃至十念、念じて↢无量寿仏↡、願↞生むと↢其↡。若↢深法フカキミノリ↡歓喜信楽して不↠生↢疑ウタガフマドフ↡、乃至一念、念↢彼ほとけ↡、以↢至誠心↡願ぜむ↠生むと↢其↡。此人臨↠終、夢まつり↢彼↡、亦得↢往生↡。功徳・智慧、次いでくならむと↢中輩↡也。」 已上略抄

二 Ⅱ ⅰ 道場樹願
        因願

 ^¬だいきょう¼ (上) にのたまはく、

^たとひわれぶつたらんに、 くにのうちのさつないしょうどくのもの、 その*どうじょうじゅりょう光色こうしきあつて、 たかひゃくまんなるをけんすることあたはずは、 しょうがくらじ」 と。

「設我得たらむに↠仏、国菩薩、乃至少功徳者、不↠能↣知↢見こと道場樹无量光色あて、高四百万里なるを↠取↢正覚↡。」

二 Ⅱ ⅰ b 成就

 ^どうじょうじゅがん (第二十八願) じょうじゅもん、 ¬きょう¼ (大経・上) にのたまはく、

^またりょう寿じゅぶつ、 そのどうじょうじゅたかひゃくまんならん。 そのもとしゅうじゅう*じゅんならん。 ようよもきてじゅうまんならん。 一切いっさい衆宝しゅぼうねんごうじょうせり。 *月光がっこう摩尼まに*かい輪宝りんぼう衆宝しゅぼうおうたるをもつてして、 これをしょうごんせり。 えだのあひだに*しゅうそうして、 ほう*瓔珞ようらくれたり。 ひゃく千万せんまんじきにして種々しゅじゅへんす。 りょうこうえんしょう耀ようきわまりなし。 ちんみょう宝網ほうもうそのうえ*羅覆らふせり。 一切いっさいみな*甚深じんじん法忍ほうにん*退転たいてんじゅうせん。 仏道ぶつどうるにいたるまで、 *六根ろっこんしょうてつにしてもろもろの悩患のうげんなけん」 と。 以上略出

「又无量寿仏、其道場樹四百万里ならむ。其本周囲五十由旬ならむ。枝エダ よも二十万里ならむ。一切衆宝自然合成せり。以↢月光摩尼・持海輪宝衆宝之王たるをして荘↢厳せり↡。周↢帀↡、垂たり↢宝瓔珞↡。百千万色にして種種異変。无量光炎、照耀无↠極。珍妙宝網羅コメせりオホエリ↡。 一切皆得↢甚深法忍↡住せむ↢不退転↡。至まで↠成るに↢仏道↡、六根清キヨクにしてトホリテけむと↢諸悩患↡。」 已上略出

二 Ⅱ 釈文

 ^しゅりょうごんいん (*源信) の ¬*ようしゅう¼ (下) に、 かんぜん (*懐感)しゃく (*群疑論)きていはく、

^ふ。 ¬*さつ処胎しょたいきょう¼ の*だいきたまへり。 ª西方さいほうこの*えんだいることじゅうおく*那由なゆ*まんがいありと。 こころおこしゅじょう弥陀みだ仏国ぶっこくうまれんとおもふもの、 ふかまんこくじゃくして、 前進すすみて弥陀みだ仏国ぶっこくうまるることあたはず。 おく千万せんまんしゅうとき一人いちにんあつて、 よく弥陀みだ仏国ぶっこくしょうずº といへり。 このきょうをもつて*じゅんなんするに、 しょうべしや。

「問。¬菩薩処胎経¼第二たまへり。西方去こと↢此閻浮提↡十二億那由他りと↢懈慢界↡。 ↠意衆生欲↠生むと阿弥陀仏国↡者、深して↢懈慢国土↡、不↠能前進 すゝみ るゝこと↢阿弥陀仏国↡。億千万衆、時↢一人↡、能ずと↢阿弥陀仏国云云 いへ 。以↢此↡ 准難るにナズラヘナンズトイフ、可しや↠得↠生

^こたふ。 ¬ぐんろん¼ に*善導ぜんどうしょう*さきもんきて、 このなんしゃくせり。 またみづから*じょじょうしていはく、 ªこのきょうもんにのたまはく、 «なにをもつてのゆゑに、 みなまんして*しゅうしんろうならざるによつてなり»。 ここにりぬ、 *雑修ざっしゅのものはしゅうしんかたからざるのひととす。 かるがゆゑにまんこくしょうずるなり。 もし雑修ざっしゅせずして、 もつぱらこのごうぎょうずるは、 これすなはちしゅうしんろうにして、 さだめて極楽ごくらくこくしょうず。 また*ほうじょうしょうはきはめてすくなし。 *じょうのなかにしょうずるものはすくなからず。 かるがゆゑにきょう別説べつせつ、 まことにそうせざるなり」 と。 以上略出

。¬群疑論¼引↢善導和尚せり↢此↡。又助成、此、何。皆由てなり↣懈慢執心不るに↢牢固ならカタクカタシ ↡。是、雑修之者為↢執心不↠牢から之人↡。かるがゆゑずる↢懈慢国↡也。若して↢雑修↡、専ずるは↢此↡、此即執心牢固にして、定↢極楽国↡。 又報浄土なし。化浄土ずる不↠少からかるがゆゑ別説、実↢相違↡也。」 已上略出

結示

【11】^これらのもんのこころにて、 *双樹そうじゅりんおうじょうもうすことを、 よくよくこころえたまふべし。

小経往生
  略明義
   

【12】^*弥陀みだきょうおうじょうといふは、

三 Ⅰ
      修因
        挙法体

^じきしょ徳本とくほん誓願せいがん (第二十願) によりて*すいしゃ*真門しんもんにいり、 *善本ぜんぽん徳本とくほんみょうごうえらびて万善まんぜんしょぎょうしょうぜんをさしおく。

三 Ⅰ ⅱ a 明機失

^しかりといへども、 じょうさんりきぎょうにんは、 不可ふか思議しぎぶっわくして信受しんじゅせず。 如来にょらい尊号そんごうをおのれが善根ぜんごんとして、 みづからじょうこうして*すいのちかひをたのむ。

三 Ⅰ ⅱ 感果

^不可ふか思議しぎみょうごうしょうねんしながら、 *不可ふかしょう不可ふかせつ不可ふか思議しぎだい誓願せいがんうたがふ。 そのつみふかくおもくして、 *七宝しっぽう牢獄ろうごくにいましめられて、 いのちひゃくさいのあひだ、 ざいなることあたはず、 *三宝さんぼうをみたてまつらず、 つかへたてまつることなしと、 如来にょらいきたまへり。

三 Ⅰ 結釈名義

^しかれども、 如来にょらい*尊号そんごうしょうねんするゆゑに、 *たいにとどまる。 *徳号とくごうによるがゆゑに**なんおうじょうもうすなり。 不可ふか思議しぎ誓願せいがんわくするつみによりて**なんおうじょうとはもうさずとるべきなり。

広引文
    経文
      因願
        大経

【13】^じきしょ徳本とくほん願文がんもん、 ¬だいきょう¼ (上) にのたまはく、

^たとひわれぶつんに、 十方じっぽうしゅじょう、 わがみょうごうきて、 おもいをわがくにけて、 *もろもろの*徳本とくほんゑて、 しんいたこうしてわがくにうまれんとおもはん。 *すいせずは、 しょうがくらじ」 と。

「設我得むに↠仏、十方衆生、聞↢我名号↡、係↢念↡、植↢諸徳本↡、至↠心廻向はむ↠生むと↢我↡。不↢果遂↠取↢正覚ハタシトゲズハトイフハツイニハタサムトナリ↡。」

三 Ⅱ ⅰ a 寿会

 ^同本どうほんやくの ¬りょう寿じゅ如来にょらい¼ (上) にのたまはく、

^もしわれじょうぶつせんに、 りょうこくのうちのしょしゅじょう、 わがかんをきて、 おのれが善根ぜんごんをもつて極楽ごくらくこうせん。 もしうまれずは、 だいらじ」 と。

「若我成仏せむに、无量国所有衆生、聞↠説かむを↢我↡、以↢己善根↡廻↢向せむ極楽↡。若不↠生↠取↢菩提↡。」

三 Ⅱ ⅰ 成就
        大経

 ^がん (第二十願) じょうじゅもん、 ¬きょう¼ (大経・下) にのたまはく、

^それ*たいしょうのもののしょするところの殿でん、 あるいはひゃくじゅん、 あるいはひゃくじゅんなり。 おのおのそのなかにして、 もろもろのらくくること、 *とうてんじょうのごとし。 またみなねんなり。

「其胎生↠処ヰルする宮殿、或百由旬、或五百由旬なり。各↢其↡、受くること↢諸快楽↡如↢忉利天上↡。亦皆自然なり

^そのときに、 慈氏じしさつ (*弥勒)ぶつにまうしてまうさく、 ª*そん、 なんのいんなんのえんにか、 かのくに人民にんみん*たいしょうしょうなるº と。

慈氏菩薩白↠仏、世尊、何因何にか、彼人民、胎生・化生なると

^ぶつ慈氏じしげたまはく、 ªもししゅじょうあつて、 わくしんをもつてもろもろのどくしゅし、 かのくにうまれんとがんじて、 *ぶっ思議しぎ不可ふかしょうだいじょうこうとうりんさいじょうしょうさとらずして、 このしょにおいてわくしてしんぜず。 しかるになほ*罪福ざいふくしんじて、 *善本ぜんぽんしゅじゅうして、 そのくにうまれんとがんぜん。

仏告たまはく↢慈氏↡、若↢衆生↡、以↢疑惑↡修↢諸功徳↡、願じて↠生むと↢彼↡、不して↠了↢仏智・不思議智・不可称智・大乗広智・无等无倫最上勝智↡、於↢此諸智↡疑 ウタガフしてマドフ 不↠信。然猶信↢罪福↡、修↢習善本ミダノミヤウガウ、願ぜむ↠生むと↢其↡。

^このもろもろのしゅじょう、 かの殿でんうまれて、 寿いのちひゃくさいならん。 つねにぶつたてまつらず、 きょうぼうかず、 さつしょうもんしょうじゅず。 このゆゑにかのこく、 これをたいしょうといふ。

衆生、生↢彼宮殿↡、寿五百歳ならむ。常不↠見まつら↠仏、不↠聞↢経法↡、不↠見↢菩薩・声聞聖衆↡。是国土、謂↢之胎生↡。

^ろくまさにるべし、 かのしょうのものは智慧ちえすぐれたるがゆゑに。 そのたいしょうのものはみな智慧ちえなしº。

弥勒当↠知、彼化生智慧勝れたるが。其胎生皆无↢智慧↡。

^ぶつろくげたまはく、 ªたとへば*転輪てんりんじょうおう七宝しっぽう牢獄ろうごくあり。 種々しゅじゅしょうごん*床帳じょうちょうちょうせつし、 もろもろの*繒幡ぞうばんけたらん。 もしもろもろのしょうおうつみおうたらん、 すなはちかのごくのうちにれて、 つなぐにこがねくさりをもつてせんがごとしº。

仏告たまはく↢弥勒↡、譬↧転輪聖王↢七宝牢獄↡。種種荘厳張↢設床帳↡、懸たらむ↢諸繒幡↡。若小王子、得たらむ↢罪↟王、輒いれ↢彼↡、繋ぐにてせむが↦金↥。

^ぶつろくげたまはく、 ªこのもろもろのしゅじょう、 またまたかくのごとし。 ぶっわくするをもつてのゆゑに、 かのたいしょうず。

仏告たまはく↢弥勒↡、此衆生、亦復如↠是。以疑↢惑るを仏智↡故↢彼胎宮↡。

^もしこのしゅじょう、 その*もとつみりて、 ふかくみづから*しゃくしてかのところはなれんともとめよ。

衆生、しり↢其↡、深クヰしてセメテ ↠離むと↢彼↡。

^ろくまさにるべし、 それさつあつてわくしょうずるは、 *だいうしなふとすº」 と。

弥勒当↠知、其↢菩薩↡生ずれ↢疑惑、為↠失ふと大利↡。ネチハンノサトリ

三 Ⅱ ⅰ b 寿会

 ^また ¬りょう寿じゅ如来にょらい¼ (下) にのたまはく、

^ぶつろくげたまはく、 ªもししゅじょうあつて、 *疑悔ぎけしたごうて善根ぜんごん積集しゃくじゅうして、 ぶっ*へん思議しぎ*とう*とく*広大こうだい希求けぐせんに、 みづからの善根ぜんごんにおいてしんしょうずることあたはず。 この因縁いんねんをもつて、 ひゃくさいにおいて殿でんのうちにじゅうすと。

「仏告たまはく↢弥勒↡、若↢衆生↡、随ふて↢疑悔↡ウタガフコヽロ積↢集ツミアツムして善根↡、希↢求むに仏智・普徧智・不思議智・无等智・威徳智・広大智↡、於善根↡不↠能↠生こと↠信。以↢此因縁↡、於↢五百歳↡住すと↢宮殿↡。

^いっ (弥勒)、 なんぢ*しゅしょうのものをそなはすに、 かのこうちからによるがゆゑに、 *かのしょうく。 れんのなかにおいて*けっ趺坐ふざす。 なんぢ*れつともがらそなはすに、 もろもろのどくしゅじゅうすることあたはざるがゆゑに、 *いんなくしてりょう寿じゅぶつ奉事ぶじせん。 このもろもろのひと、 みなむかし疑悔ぎけせんによつていたすところとするなりº と。

阿逸多、ミロクボサチナリ汝観すに↢殊勝智↡、彼るが↢広慧↡故、受↢彼化生↢蓮華↡結跏趺坐。汝観すに↢下劣之輩↡、 るが↠能↣修↢習こと功徳↡故、无くして↠因奉↢事せむ无量寿仏↡。是人等、皆為るなりと↧昔縁↢疑 ウタガフせしに↡所↞致

^ぶつろくげたまはく、 ªかくのごとし、 かくのごとし。 もし疑悔ぎけしたごうて、 もろもろの善根ぜんごんゑて、 ぶっない広大こうだい希求けぐすることあらん。 みづからの善根ぜんごんにおいてしんしょうずることあたはず。 ぶつみなきて*信心しんじんおこすによるがゆゑに、 かのくにうまるといへども、 れんのうちにおいてしゅつげんすることをず。 かれらのしゅじょう*たいのうちにしょすること、 *園苑おんえん殿でんおもいのごとしº」。 乃至略出

仏告たまはく↢弥勒↡、如↠是↠是。若↧随ふて↢疑悔↡、種↢諸善根↡、希↦求こと仏智乃至広大智↥。於善根↡不↥能↥生こと↥信。由るが↧聞↢仏↡起すに↦信心↥故、雖↠生ると↢彼↡、於↢蓮華↡不↠得↢出現ことを↡。彼等衆生処こと↢華胎↡、猶↢如  ごと   園 ウシロノソノ 苑 マヘノソノ宮殿之想↡。」 乃至略出

三 Ⅱ 釈文
      光明

 ^こうみょう (善導)しゃく (*定善義) にいはく、

^はなふくんでいまだでず。 あるいは*辺界へんかいしょうじ、 あるいは*たい」 と。

「含んで↠華↠出。或↢辺界↡、或すと↢宮胎↡。」

三 Ⅱ ⅱ 憬興

 ^*きょうごう (*述文賛) のいはく、

^ぶっうたがふによつて、 かのくにうまるといへども、 *へんにあつて*しょうかぶらず。 もしたいしょうせば、 よろしくこれをおもつべし」 と。

「由↠疑ふに↢仏智↡、雖↠生ると↢彼↡、而在↢辺地↡不↠被↢聖化↡。若胎生せば、宜しと↢之↡。」

結示

【14】^これらの真文しんもんにて、 *なんおうじょうもうすことを、 よくよくこころえさせたまふべし。

  南無なも弥陀みだぶつ 南無なも弥陀みだぶつ 南無なも弥陀みだぶつ

 

*康元こうげんねん三月さんがつふつこれを書写しょしゃす。

*禿とく*親鸞しんらんはちじゅうさい

 

不可思議の願海 本願がしゅじょうの思慮を超えたものであることを広大な海に喩えていう。
念仏往生の願因 念仏往生の願 (第十八願) に誓われている往生の因。 すなわち真実のぎょうしんをいう。
必至滅度の願果 必至滅度の願 (第十一願) に誓われている証果。 すなわち大はんのさとりをいう。
真因 「まことのいんなり」 (左訓)
宗致 「むねとすとなり」 (左訓) 教典に説かれた法義の最も肝要なことがら。
咨嗟 「よろづのほとけにほめらるるなり」 (左訓) 讃嘆の意で、 ほめたたえること。
 称揚の意で、 みょうごうをほめたたえること。
至心回向したまへり 通常は 「至心に回向して」 と読む。 親鸞聖人は如来回向の義をあらわすために、 このように読みかえた。
 「くにといふ」 (左訓) 梵語クシェートラ (kṣetra) の音写。国土・世界の意。
無間悪業 無間地獄 (阿鼻地獄) にちる悪しき業で、 ぎゃくざいをいう。
真実証果 「まことのさとりをいふなり」 (左訓) →補註2
証果 「まことのほとけとなるなり」 (左訓)
等正覚 →とうしょうがく
歓喜…回向して 「信巻」 では如来回向の義をあらわして 「歓喜せしめ、 諸有の善根回向したまへるを愛楽して」 と読んでいる。
邪聚 「自力のもろもろの善人なり」 (左訓) →じゃじょうじゅ
不定聚 「自力の念仏者なり」 (左訓) →じょうじゅ
かの因を… 阿弥陀仏が浄土往生の因をたてたこと。
次如弥勒 「いで弥勒のごとしとなり」 (左訓) →補註6
梵声悟深遠… 「梵声のさとり深遠にして微妙なり。 十方に聞ゆ」 梵声は清浄しょうじょうな仏の声のこと。
剋念して…入る ¬論註¼ の当分では 「剋念して生ぜんと願ずれば、 また往生を得て、 すなはち正定聚に入る」 と読む。 剋念願生する者が浄土に往生して正定聚に入る義であるが、 親鸞聖人は原文を読みかえて、 剋念願生する者 (此土) と浄土に往生した者 (彼土) との二種の正定聚があることを示した。 剋念は心を専注して一心になること。 ここでは信心の異名。
如来浄華衆… 「如来浄華の衆は、 正覚の華より化生す」
そこばく 相当の数量。
観彼世界相… 「かの世界の相を観ずるに、 三界の道に勝過せり」 (真仏土巻訓)
弘誓の鎧 衆生さい誓願せいがんが堅固なことをよろいに喩える。
常倫…現前し 通常は 「常倫諸地の行を超出し、 現前に」 と読む。 常倫はつねなみ、 普通一般の意。
諸地の行 じゅうの菩薩が行う自利利他の修行。 →菩薩
回向したまへる 通常は 「回向する」 と読む。
作願 しゅじょう救済を願うこと。
首として 第一にして。 中心にして。
得たまへるがゆゑに 通常は 「得んとするがゆゑに」 と読む。
欣慕 ねがいしたうこと。
もろもろの功徳 定散の諸善のこと。 →じょうぜん散善さんぜん
大施品 引用の文は 「大施品」 になく 「しょさつほんじゅぼん」 にある。
塔像 堂塔と仏像。
 仏殿にかける絹の天蓋てんがい (かさ)。
真仏 上輩の臨終に現れる仏を指す。
夢に ¬三経往生文類¼ (略本) では 「夢のごとくに」 と読んでいる。
持海輪宝 極楽を飾る摩尼宝珠の別名。 海のように広大な徳を有する宝珠。 一説には、 しゅせんの頂上にある威華という名の如意宝珠のことで、 大海の水をよくたもつからこの名があるという。
周帀 めぐりまわること。 あまねくゆきわたること。
羅覆 「こめおほへり」 (左訓) 上から覆いめぐらすこと。
甚深の法忍 しょうぼうにんのこと。
乃至 略本では省略せず全文引用
第二 「西方…生ず」 の文は現行の ¬さつ処胎しょたいきょう¼ では第三 (巻三) にある。
准難 「なずらへなんずといふ」 (左訓) なぞらえて論難する。
前の文 ¬ぐんろん¼ 巻四の 「雑修ざっしゅのものは万に一も生ぜず、 専修せんじゅの人は千に一も失することなし」 という ¬礼讃らいさん¼ 取意の文を指す。
助成 補足して義を成立させること。
執心牢固 本願をとりたもつ心 (信心) がひとすじで堅固であること。
化の浄土 方便化土けどのこと。
弥陀経往生 ¬小経¼ に説かれる自力念仏の往生。 →さんおうじょう補註15
不果遂者 「はたしとげずはというなり」 (左訓)
善本徳本 自力の念仏のこと。 みょうごうにはいん法蔵ほうぞう菩薩の万善をおさめるから善本といい、 果位の阿弥陀仏の万徳を具するから徳本という。 自力念仏の人は名号の善根ぜんごん性にとらわれ、 多く称えて善根を積み、 救われようとするからとくにこの名を立てる。
果遂 「つひにはたすべしとなり」 (左訓)
難思往生 「自力の念仏者なり」 (左訓)
難思議往生 「本願他力の往生とまうす」 (左訓)
もろもろの徳本を植えて みょうごうを称えるという意
胎生化生 →たいしょうしょう
仏智不思議智… 阿弥陀仏の五智。 →しょ
床帳を張設し 坐臥する床を設け、 その上に幕 (帳) を張りめぐらして。
繒幡 うす絹でつくられたはたぼこ。
本の罪 仏智を疑惑した罪。
悔責 くいせめること。
大利 「涅槃のさとり」 (左訓)
普遍智 一切にあまねく満ちわたる智慧ちえ
無等智 並びなくすぐれた智慧。
威徳智 人間の思いをはるかに超えた、 すぐれた徳をそなえた智慧。
広大智 広く一切を知る智慧。
殊勝智のもの 化生の人は仏の諸智を得るから殊勝智 (ことにすぐれた智慧) の者という。 →しょう
かの化生…結跏趺坐す 「化身土巻」 では 「かの蓮華のなかに化生することを受けて結跏趺坐せん」 と読んでいる。 結跏趺坐は足の甲を左右のももの上に置く作法。
下劣の輩 胎生の人を指す。 →たいしょう
因なくして…奉事せん 明信仏智 (明らかに仏智の不思議を信じて疑いのないこと) の正因のないまま無量寿仏にお仕えすることになろう。 通常は 「って無量寿仏に奉事したてまつることなし」 と読む。
信心 ここでは自力の信のこと。
園苑 「うしろのその、 まへのその」 (左訓)
辺界 へんのこと。
宮胎 胎宮のこと。 →じょうたい
聖化の事を被らず 阿弥陀仏の教化、 導きを受けることがない。
康元二年 1257年。