大宝積経 巻第十八

大唐三蔵菩提流志奉詔訳

無量寿会第五之

 

【11】またつぎなん、 かの極楽ごくらくかいにはもろもろの黒山こくせんてっせんだいてっせんみょう高山こうせんとうなしと。

復次阿難、彼極楽界ニハシト↢諸黒山・鉄囲山・大鉄囲山・妙高山等↡。

なんぶつにまうしてまうさく、 そん、 そのだい王天てんのうさんじゅう三天さんてん、 すでに諸山しょせんなくはなにによりてかじゅうするやと。

阿難白↠仏、世尊、其四天王天・三十三天、既クハ↢諸山↡依テカ↠何而住ルヤト

ぶつなんげたまはく、 なんぢがこころにおいていかん。 みょうこうじょう夜摩やまてんない他化たけざいてんおよび色界しきかい諸天しょてんとうあり、 なにによりてかじゅうするやと。

仏告タマハク↢阿難↡、於↢汝↡云何。妙高已上↢夜摩天乃至他化自在天及色界諸天等↡、依テカ↠何而住ルヤト

なんぶつにまうしてまうさく、 そん不可ふか思議しぎなる業力ごうりきいたすところなりと。

阿難白↠仏、世尊、不可思議ナル業力ナリト↠致

ぶつなんかたりたまはく、 思議しぎなるごう、 なんぢるべけんやと。 こたへてまうさく、 いななりと。 ぶつなんげたまはく、 諸仏しょぶつおよびしゅじょう善根ぜんごん業力ごうりき、 なんぢるべけんやと。 こたへてまうさく、 いななり。

仏語タマハク↢阿難↡、不思議ナル業、汝可ケム↠知。答、不也。仏告タマハク↢阿難↡、諸仏及衆生善根業力、汝可ケム↠知。答、不也。

そん、 われいまこのほうのなかにおいてじつまどふところなし。 らいもうせんがためのゆゑにこのといおこせりと。

世尊、我今於↢此↡実↠所↠惑。為↠破ムガ↢未来疑網↡故リト↢斯↡。

ぶつなんげたまはく、 かの極楽ごくらくかいのそのには、 うみなくしてしょあり。 かわせまきものもじゅうじゅんち、 みずあさきものもじゅうじゅんなり。 かくのごときのしょ深広じんこうりょう、 あるいはじゅうさんじゅうないひゃくしゅなり。 あるいはきわめて深広じんこうなるものありて、 せんじゅんいたれり。

仏告タマハク↢阿難↡、彼極楽界ニハ、無シテ↠海而有↢諸河↡。河之狭↢十由旬↡、水之浅十二由旬ナリ。如キノ↠是諸河深広之量、或二十・三十乃至百数ナリ。或↢極深広ナル者↡、至レリ↢千由旬↡。

そのみず清冷しょうりょうにしてはっどくせり。

水清冷ニシテ↢八功徳↡。

しゅんつねにはげましてみょうこえいだすこと、 たとへば諸天しょてんひゃくせんがくのごとくにして、 安楽あんらくかいにそのこえあまねくきこゆ。 もろもろのみょうありて、 ながれ沿ひてくだり、 ふうどうすれば種々しゅじゅこういだす。

濬流恒シテコト↢微妙↡、譬ニシテ↢諸天百千伎楽↡、安楽世界声普。有↢諸名花↡、沿↠流而下、和風微動レバ↢種種↡。

りょうがんほとりおおくの栴檀せんだんじゅりて、 しゅじょう密葉みつようかわまじわおおひ、 むすはなひらきてほうもてあそぶべし。

リテ↢両岸クノ栴檀樹↡、修条・密葉交↢覆於河↡、結↠実↠花芳輝可↠玩

ぐんじょうらくし、 こころしたがひて往来おうらいす。 あるいはかわわたながれそそぎて嬉戯きけするものあり。 もろもろの天水てんすいのよくもののよろしきにしたがひ、 深浅じんせん寒温かんおんつぶさにひとこのみにしたがふことをかんず。

群生遊楽、随↠意往来。或↢渉↠河↠流嬉戯ルモノ↡。感↧諸天水↢物キニ↡、深浅・寒温ツブサコトヲ↦人↥。

なんだい下地げじにはこんきて、 もろもろの天香てんこうありてによくたとふるものなし。 かぜしたがひてかおりさんみずまざりてかおりながす。

阿難、大河之下地ニハ↢金砂↡、有↢諸天香↡世↢能ルモノ↡。随↠風↠馥↠水

てんまん陀羅だら優鉢うは羅花らけ波頭はず摩花まけ拘物くも頭華ずけふん陀利だり、 そのうえ弥覆みふせり。

曼陀羅花・優鉢羅花・波頭摩花・拘物頭華・芬陀利花、弥↢覆

またつぎなん、 かのくに人衆にんしゅ、 あるいはときらんしておなじくひんあつまり、 げきひびきくことをねがはざるものあれば、 てんといへどもつひにかず。 あるいはくことをねがふものあれば、 そくひゃく千万せんまんしゅあいこえりょうす。

復次阿難、彼人衆、或遊覧アツマ↢河浜↡、有↠不ルモノ↠願↠聞コトヲ↢激流之響↡、雖↠獲↢天耳↡終竟不↠聞。或↠願フモノ↠聞コトヲ、即時領↢悟百千万種喜愛之声↡。

いはゆる仏法ぶっぽうそうこえそくこえしょうこえ波羅はらみつこえじゅうりき四無しむしょこえ神通じんずうこえ無作むさこえしょうめつこえ寂静じゃくじょうこえへん寂静じゃくじょうこえごく寂静じゃくじょうこえだいだいこえしょう法忍ぼうにんこえかんじょうじゅこえなり。 かくのごとき種々しゅじゅこえくことををはれば、 広大こうだいなる愛楽あいらく歓悦かんえつぎゃくとくす。

所謂仏法僧声・止息之声・無性声・波羅蜜声・十力四無所畏声・神通声・无作声・無生無滅声・寂静声・辺寂静声・極寂静声・大慈大悲声・無生法忍声・潅頂受位ナリ。得↠聞コトヲ↢如↠是種種↡已獲↢得広大ナル愛楽歓悦↡。

しかうして観察かんざつ相応そうおうし、 えん相応そうおうし、 めつ相応そうおうし、 寂静じゃくじょう相応そうおうし、 へん寂静じゃくじょう相応そうおうし、 ごく寂静じゃくじょう相応そうおうし、 義味ぎみ相応そうおうし、 仏法ぶっぽうそう相応そうおうし、 りき無畏むい相応そうおうし、 神通じんずう相応そうおうし、 そく相応そうおうし、 だい相応そうおうし、 しょうもん相応そうおうし、 はん相応そうおうす。

シテ与↢観察↡相応、厭離相応、滅壊相応、寂静相応、辺寂静相応、極寂静相応、義味相応、仏法僧相応、力無畏相応、神通相応、止息相応、菩提相応、声聞相応、涅槃相応

【12】またつぎなん、 かの極楽ごくらくかいにはもろもろの悪趣あくしゅかず、 ほとりにもしょう煩悩ぼんのうへいなし。 ごくえんちくしょうあることなく、 ほとりにも八難はちなんなく、 またじゅ不苦ふく楽受らくじゅもなくして、 なほせつもなし。 いかにいはんやじつをや。 このゆゑにかのくにづけて極楽ごくらくとなす。 なん、 われいまりゃくして極楽ごくらく因縁いんねんかん。 もしひろかば、 こうきわむともきず。

復次阿難、彼極楽世界ニハ不↠聞↢諸悪趣↡、辺ニモ↢障・煩悩・覆蔽名↡。无↠有コト↢地獄・琰摩・畜生名↡、辺ニモ↢八難名↡、亦无シテ↢苦受・不苦不楽受↡、尚無↢仮設↡。何ヲヤ。是↢極楽↡。阿難、我今略↢極楽因縁↡。若者、窮トモ↠劫不↠尽

またつぎなん、 かの極楽ごくらくかいのあらゆるしゅじょう、 あるいはすでにしょうじ、 あるいはげんしょうじ、 あるいはまさにしょうぜんもの、 みなかくのごときのもろもろのたえなる色身しきしん形貌ぎょうみょうたんじょうにして、 神通じんずうざいに、 福力ふくりきそくして、 種々しゅじゅ殿でん園林おんりんぶく飲食おんじきこう瓔珞ようらく受用じゅゆうす。 こころもちゐるところにしたがひてことごとくみなおもいのごときこと、 たとへば他化たけざい諸天しょてんのごとし。

復次阿難、彼極楽世界所有衆生、或、或、或ムモノ、皆得↢如キノ↠是ナル色身↡、形貌端正ニシテ、神通自在、福力具足、受↢用種種宮殿・園林・衣服・飲食・香華・瓔珞↡。随↢意↟須皆如キコト↠念、譬↢他化自在諸天↡。

【13】またつぎなん、 かの仏国ぶっこくちゅうには、 さいじきあり。

復次阿難、彼仏国中ニハ、有↢微細食↡。

もろもろのじょうたぐい、 かつてくらふものなく、 だい六天ろくてんねんするところにしたがふがごとし。 かくのごときの飲食おんじき、 すなはちじきしをはれるにどうじて、 色力しきりきぞうじょうして便べんなし。

有情類、嘗↢噉者↡、如↢第六天↟所↢思念↡。如キノ↠是飲食、即↢食↡、色力増長而無↢便穢↡。

またりょうにょみょうこうこう末香まっこうありて、 そのこうあまねくかの仏国ぶっこくかいくんじ、 およびさん幢幡どうばんもまたみな遍満へんまんせり。 それこうかんとほっするものあれば、 ねがひにしたがひてすなはちき、 あるいはねがはざるもの、 つひにくるところなし。

復有↢無量如意妙香・塗香・末香↡、其香普↢彼仏国界↡、及散花・幢幡亦皆遍満。其↢欲↠聞ムト↠香者↡、随↠願、或↠楽者、終↠所↠受

またりょう上妙じょうみょうぶく宝冠ほうかん環釧かんせんとう瓔珞ようらくまんたいあり、 諸宝しょほうをもつてしょうごんせり。 りょうこうみょうひゃくせんみょうしき、 ことごとくみなそくしてねんにあり。 またこんごん真珠しんじゅみょうほうあみあり、 もろもろのほうりょうけてあまねく厳飾ごんじきせり。 もしもろもろのじょうありてもちゐるところの殿でん楼閣ろうかくとうあれば、 あいぎょうするところにしたがひてこうじょうたんこうきょう方円ほうえんにして、 およびもろもろのじょうみょううえき、 種々しゅじゅたからをもつてこれを厳飾ごんじきせり。 しゅじょうまえにおいてねんしゅつげんす。 ひとみなみづからおのおのそのしょすとおもふ。

復有↢无量上妙衣服・宝冠・環釧・耳璫・瓔珞・花鬘・帯鎖↡、諸宝ヲモテ荘厳。無量光明・百千妙色、悉皆具足自然↠身。復有↢金・銀・真珠・妙宝之網↡、懸↢諸宝鈴↡周遍厳飾。若有情アリテ↠須宮殿・楼閣等アレバ、随↠所↢楽欲↡高下・長短・広狭・方円ニシテ、及床座妙衣↠上、以↢種種↡而厳↢飾↡。於↢衆生↡自然出現。人皆自↣各↢其↡。

またつぎなん極楽ごくらくこくのあらゆるしゅじょうには差別しゃべつそうなく、 ほうぞくじゅんじててんにんあり。

復次阿難、極楽国土所有衆生ニハ↢差別相↡、順↢余方↡有↢天・人名↡。

なん、 たとへばせん*はんちゃにんの、 輪王りんのうたいせばすなはちたとふべきなく、 こう徳望とくもうことごとくみなあることなきがごとし。

阿難、譬↧下賎半挓迦人、対↢於輪王↡則↠可↠諭、威光・徳望悉皆無キガ↞有コト

またたいしゃく第六だいろくてんくらぶるに、 こうとうたぐいみなおよばざるところのごとく、 園苑おんおん殿でんぶく雑飾ぞうじきそんざいかい神通じんずうおよびへんとなすべからず。 ただ法楽ほうらくけてすなはち差別しゃべつなし。

又如↧帝釈クラブルニ↢第六天↡、威光等類皆所↞不↠及園苑・宮殿・衣服・雑飾・尊貴・自在・階位・神通及以変化不↠可↠為↠比。唯受↢法楽↡則↢差別↡。

なんるべし、 かのくにじょう、 なほ他化たけざい天王てんのうのごとし。

阿難、応↠知、彼有情、猶如↢他化自在天王↡。

なん、 かの極楽ごくらくかいにはじんじょうときにおいて、 あまねくほうふうどうせり。 たがはずみだれず、 もろもろのざっくに、 種々しゅじゅこうあり。 そのこうあまねくかおり、 国界こくかいしゅうへんせり。

阿難、彼極楽界ニハ↢晨朝↡、周遍四方和風微動。不↠逆不↠乱、吹↢諸雑花↡、種種香気アリ。其香普、周↢遍国界↡。

一切いっさいじょうかぜるるがために、 あん調じょうちゃくなること、 なほ比丘びく滅尽めつじんじょうたるがごとし。

一切有情為↢風ルガ↟身、安和調適ナルコト、猶如↣比丘タルガ↢滅尽定↡。

そのかぜ七宝しっぽう樹林じゅりんうごかすに、 はなひるがえりてじゅすことたか七人しちにんりょうにして、 種々しゅじゅ色光しきこうぶつしょうようせり。

風吹↢動スニ七宝樹林↡、華ヒルガヘリコト↠聚七人量ニシテ、種種色光照↢曜仏土↡。

たとへばひとありて、 はなをもつてき、 をもつてあんじてたいらならしめ、 雑色ざっしきはなしたがひて、 けんざくぶんするがごとし。 かのもろもろのじゅもまたかくのごとし。 そのはなみょうにして広大こうだいにゅうなんなること兜羅とら綿めんのごとし。 もしもろもろのじょうあしをもつてかのはなめば、 しずむことふか四指しし、 そのあしぐるにしたがひて、 還復げんぶくすることはじめのごとし。

↧有↠人、以↠花↠地、手ヲモテ↠平ナラ、随↢雑色↡、間錯分布ルガ↥。彼花聚亦復如↠是。其花微妙ニシテ広大柔軟ナルコト↢兜羅綿↡。若有情、足ヲモテ↢彼↡、没コト四指、随↢其ルニ↟足、還復コト↠初

じんじょうぎをはれば、 そのはなねんもつにゅうす。 ふるはなすでにもっしてだい清浄しょうじょうなり。 さらにあたらしきはなあめふらして、 還復げんぶくしゅうへんせり。 かくのごとくちゅう晡時ほじしょちゅう後夜ごやに、 はなひるがえじゅすことまたかくのごとし。

↢晨朝↡已、其花自然没↢入於地↡。旧花既大地清浄ナリ。更ラシテ↢新↡、還復周遍。如↠是中時・晡時、初・中・後夜、飄↠花コト↠聚復如↠是

なん一切いっさい広大こうだいちんたから極楽ごくらくかいしょうぜざるものあることなし。

阿難、一切広大珍奇之宝、无↠有コト↧不↠生↢極楽界↡者↥。

なん、 かの仏国ぶっこくちゅう七宝しっぽうれんありて、 一々いちいちれんりょうひゃく千億せんおくはなびらあり。 そのはなびらりょうひゃくせんちんじきあり、 ひゃくせん摩尼まにみょうほうをもつてしょうごんし、 おおふに宝網ほうもうをもつてしてうたたあひ映飾ようじきせり。

阿難、彼仏国中↢七宝蓮花↡、一一蓮花↢无量百千億葉↡。其↢無量百千珍奇異色↡、以↢百千摩尼妙宝↡荘厳、覆テシテ↢宝網↡転映飾

なん、 かのれんりょう、 あるいははんじゅん、 あるいはいちさんないひゃくせんじゅんのものあり。

阿難、彼蓮花量、或半由旬、或一・二・三・四乃至百千由旬アリ

この一々いちいちはなよりさんじゅう六億ろくおく那由なゆひゃくせんこうみょういだし、 一々いちいちひかりのなかよりさんじゅう六億ろくおく那由なゆひゃくせん諸仏しょぶついだす。 金色こんじきのごとく、 さんじゅうだいじょうそうはちじゅう随好ずいこうしゅしょうしょうごんして、 ひゃくせんひかりはなちてあまねくかいらせり。 この諸仏しょぶつとうげん東方とうぼうきてしゅのために説法せっぽうしたまふは、 みなりょうじょう仏法ぶっぽうのなかにあんりゅうせしめんがためなり。 南西なんざい北方ほっぽうゆいじょうも、 またかくのごとし。

一一ヨリ↢三十六億那由他百千光明↡、一一ヨリ↢三十六億那由他百千諸仏↡。身如↢金色↡、↢三十二大丈夫相、八十随好殊勝荘厳↡、放↢百千↡普↢世界↡。是諸仏等、現↢東方↡為↠衆説法タマフハ、皆為ナリ↣安↢立シメムガ無量有情於仏法↡。南西北方・四維・上下、亦復如↠是

またつぎなん極楽ごくらくかいには昏闇こんあんあることなく、 またこうなし。 せん陂湖はこ、 かれみなにあらず。 また住著じゅうじゃくするしつ林苑りんおんおよびひょうぞう幼童ようどう色類しきるいなく、 また日月にちがつちゅうぞうなし。 一切いっさいところにおいて、 ひょうしきすでになく、 またみょうごうなし。 ただ如来にょらいくわへられたるものをばのぞく。

復次阿難、極楽世界ニハ↠有コト↢昏闇↡、亦無↢火光↡。湧泉・陂湖、彼皆非↠有。亦無↢住著家室・林苑之名及表示之像、幼童色類↡、亦無↢日月・昼夜之像↡。於↢一切↡、標式既、亦无↢名号↡。唯除↢如来レタル↠加↠威ヲバ↡。

なんかのくにしゅじょう、 もしまさにしょうずればみなことごとくじょうだいきょうはんしょいたるべし。 なにをもつてのゆゑに。 じゃじょうじゅおよびじょうじゅのごときは、 こんりゅうせられたるかのいんりょうすることあたはざるがゆゑなり。

阿難、彼衆生、若↧生レバ者皆悉究↢竟無上菩提↡到↦涅槃処↥。何。若キハ↢邪定聚及不定聚↡、不ルガ↠能↣了↢知コト建立ラレタル↡故ナリ

なん東方とうぼう恒沙ごうじゃのごときかいあり。 一々いちいちかいちゅう恒沙ごうじゃのごときぶつあり。 かの諸仏しょぶつとう、 おのおの弥陀みだぶつりょうどくしょうたんしたまへり。 南西なんざい北方ほっぽうゆいじょう諸仏しょぶつしょうさんしたまふもまたかくのごとし。 なにをもつてのゆゑに。

阿難、東方↢恒沙↡界アリ。一一界中↢恒沙↡仏アリ。彼諸仏等、各各称↢歎タマヘリ阿弥陀仏無量功徳↡。南西北方・四維・上下諸仏称讃タマフモ亦復如↠是。何

ほう仏国ぶっこくのあらゆるしゅじょうりょう寿じゅ如来にょらいみょうごうきてないよく一念いちねんじょうしんおこし、 かんあいぎょうして、 あらゆる善根ぜんごんこうし、 りょう寿じゅこくしょうぜんとがんぜば、 がんしたがひてみなうまれて退転たいてんないじょうしょうとうだいればなり。 けん誹毀ひきしょうぼうおよびほうしょうのものとをばのぞく。

他方仏国所有衆生、聞↢无量寿如来名号↡乃至能↢一念浄信↡、歓喜愛楽、所有善根廻向、願↠生ムト↢無量寿国↡者、随↠願皆生レバナリ↢不退転乃至無上正等菩提↡。除↢五無間毀正法及謗聖トヲバ↡。

なん、 もししゅじょうありて仏刹ぶっせつにおいてだいしんおこして、 もつぱらりょう寿じゅぶつねんじ、 およびつねにしゅ善根ぜんごん種殖しゅじきし、 発心ほっしんこうしてかのくにうまれんとがんずれば、 このひと命終みょうじゅうときのぞみて、 りょう寿じゅぶつ比丘びくしゅのためにぜんにょうせられ、 そのひとまえげんじたまふ。

阿難、若↢衆生↡於↢他仏刹↡発↢菩提心↡、専↢無量寿仏↡、及種↢衆多善根↡、発心廻向レバ↠生ムト↢彼↡、是人臨↢命終↡、無量寿仏与↢比丘衆↡前後囲繞ラレ、現タマフ↢其↡。

すなはち如来にょらいしたがひてかのくにおうじょうし、 退転たいてんてまさにじょうしょうとうだいしょうすべし。

↢如来↡往↢生↡、得↢不退転↡当↠証↢無上正等菩提↡。

このゆゑになん、 もし善男ぜんなんぜん女人にょにんありて、 極楽ごくらくかいうまれんとがんじ、 りょう寿じゅぶつたてまつらんとほっせば、 じょうだいしんおこすべし。 またまさにもつぱら極楽ごくらくこくねんじ、 善根ぜんごん積集しゃくじゅうして、 たもちてこうすべし。 これによりてぶつたてまつり、 かのこくちゅうしょうじて、 退転たいてんないじょうだいん。

阿難、若↢善男子・善女人↡、願↠生ムト↢極楽世界↡、欲↠見マツラムト↢無量寿仏↡者、応↠発↢无上菩提↡。復当↢極楽国土↡、積↢集善根↡、応↢持廻向↡。由↠此マツリ↠仏、生↢彼国中↡、得↢不退転乃至無上菩提↡。

なん、 もしこくしゅじょうだいしんおこして、 もつぱらりょう寿じゅぶつねんぜずまたつねにしゅ善根ぜんごんうるにあらずといへども、

阿難、若他国衆生発↢菩提心↡、雖↫不↣専↢無量寿仏↡亦非ズト↪恒ルニ↩衆多善根↨、

おのがしゅぎょうせる諸善しょぜんどくしたがひて、 かのぶつこうして、 がんじておうじょうせんとほっせば、

↢己修行諸善功徳↡、廻↢向↡、願↢往生ムト↡、

このひと命終みょうじゅうときのぞみて、 りょう寿じゅぶつ、 すなはちしん比丘びくしゅのためにぜんにょうされたるをつかはさん。 そのしょぶつこうみょう相好そうごうとは、 しんことなることなし。 そのひとまえげんじてしょうじゅ導引どういんして、 すなはちぶつしたがひてそのくにおうじょうし、 じょうだいより退転たいてんせざることをん。

人臨↢命終↡、無量寿仏、即↧化身↢比丘衆↡前後囲繞ラレタルヲ↥。其所化光明相好トハ、与↠真無↠異コト。現↢其↡摂受導引、即↢化仏↡往↢生↡、得↠不コトヲ↣退↢転無上菩提ヨリ↡。

なん、 もししゅじょうありてだいじょうじゅうするもの、 清浄しょうじょうしんをもつてりょう寿じゅ如来にょらいかひ、 ないじゅうねんりょう寿じゅぶつねんじ、 そのくにうまれんとがんじて、 甚深じんじんほうきて、 すなはちしんしょうじ、 こころわくなく、 ない一念いちねんじょうしんぎゃくとくせん。

阿難、若↢衆生↡住↢大乗↡者、↢清浄心↡向↢無量寿如来↡、乃至十念、念↢無量寿仏↡、願↠生ムト↢其↡、聞↢甚深↡、即↢信解↡、心↢疑惑↡、乃至獲↢得一念浄心↡。

一念いちねんしんおこしてりょう寿じゅぶつねんずれば、 このひと命終みょうじゅうときのぞみて、 ちゅうにあるがごとくりょう寿じゅぶつたてまつりて、 さだめてかのくにうまれ、 じょうだいより退転たいてんせざることをん。

↢一念↡念レバ↢无量寿仏↡、此人臨↢命終↡、如↠在↢夢中↡見マツリテ↢無量寿仏↡、定↢彼↡、得↠不コトヲ↣退↢転無上菩提ヨリ↡。

なん、 この義利ぎりをもつてのゆゑに、 りょうしゅ不可ふか思議しぎ無有むう等等とうどうへんかい諸仏しょぶつ如来にょらい、 みなともにりょう寿じゅぶつのあらゆるどくしょうさんしたまふと。

阿難、以↢此義利↡故、無量无数不可思議無有等等无辺世界諸仏如来、皆共称↢讃タマフト无量寿仏所有功徳↡。

ぶつなんげたまはく、 東方とうぼうごうしゃのごときかいあり。 一々いちいちかいちゅう恒沙ごうじゃのごときさつありて、 りょう寿じゅぶつおよびもろもろのしょうじゅ瞻礼せんらいようせんとほっするがために、 ぶつみもと来詣らいげいす。 南西なんざい北方ほっぽうゆいじょうもまたかくのごとしと。

仏告タマハク↢阿難↡、東方↢恒河沙↡界アリ。一一界中↧如↢恒沙↡菩薩↥、為↠欲ルガ↤瞻↢礼供↣養ムト无量寿仏及聖衆↡、来↢詣↡。南西北方・四維・上下亦復如シト↠是

【14】そのときそん、 しかうしてじゅきてのたまはく、

時世尊、而シテ↠頌

東方とうぼうのもろもろの仏刹ぶっせつ かずごうしゃのごとし

かくのごときのぶつちゅうの 恒沙ごうじゃさつしゅ

東方仏刹数如↢恒河沙
 如キノ↠是仏土中恒沙菩薩衆

みな神通じんずうげんきたりて りょう寿じゅぶつらいしたてまつる

三方さんぽうのもろもろの聖衆しょうじゅも 礼覲らいごんしてまたおなじくしたてまつる

 皆現↢神通↡来マツル↢无量寿仏
三方聖衆礼覲亦同マツル

かれ沙界しゃかいのなかにおいて 道光どうこうをもつてもろもろに弁論べんろん

じんぜんじょうらく しょしんじゅう

 彼於↢沙界道光ヲモテ弁論
 住↢深禅定四無所畏

おのおのもろもろのみょうと みょうこうのみなよろこぶべきをもたら

ならびにもろもろの天楽てんがく ひゃくせん和雅わげおとそうして

モタラ↢衆妙花名香皆可キヲ↟悦
↢諸天楽百千和雅

もつて天人てんにんの みな十方じっぽうきこゆるものにけんじたてまつる

じんりききょうして よくもろもろの法門ほうもんまな

 以マツル↧天人師名聞ユル↢十方↡者
究↢竟威神力↢諸法門

種々しゅじゅようするなかに 勤修ごんしゅしてけんなく

どく智慧ちえひかり よくもろもろのゆうみょう

 種種供養勤修倦↡
功徳智慧ヒカリ↢諸幽冥

ことごとくそんじゅうしんをもつて もろもろのちんみょうたてまつ

かれしゅしょうせつの さつしゅへんなるをかんじて

 咸↢尊重↢諸珍妙
彼観↢殊勝菩薩衆无辺ナルヲ

すみやかにだいじょうじ じょうかい安楽あんらくのごとくならしめんとがん

そんよくぎょうの 広大こうだい思議しぎなるをろしめして

 願↧速↢菩提浄界如クナラシメムト↦安楽
世尊知シテ↢欲楽広大不思議ナルヲ

しょう金容こんようげんじ じょうぜんこと所願しょがんのごとくならんとげたまふ

諸法しょほうまぼろしのごとく 仏国ぶっこくはなほこうのごとしとさとるも

 微笑↢金容タマフ↣成ムコトクナラムト↢所願
サトル↣諸法↠幻仏国シト↢夢響

つねにちかいおこしょうごんして まさにみょうじょうずべし

さつ願力がんりきをもつて しょうだいぎょうしゅ

 恒↠誓荘厳↠成↢微妙
菩薩以↢願力↢勝菩提

影像ようぞうのごとしとるも もろもろのぜいしんおこ

もしあまねく清浄しょうじょうにして しゅしょうへんせつもとめば

 知↣土↢影像↢諸弘誓
↢遍清浄ニシテ殊勝无辺

ぶつしょうとくみな 安楽あんらくこくしょうぜんとがんぜよ

もししょさつありて 清浄しょうじょう志求しぐせば

 聞↢仏聖徳↠生ムト↢安楽国
↢諸菩薩↡志↢求清浄

ほう無我むがりょうして 安楽あんらくこくしょうぜんとがんぜよと

 了↢知无我ヨト↠生ムト↢安楽国

【15】またつぎなん極楽ごくらくかいのあらゆるさつじょうだいにおいてみなことごとくいっしょうしょあんじゅうす。 ただ大願だいがんありてよく師子ししし、 だいなる甲冑よろいけたる摩訶まか薩衆さつしゅの、 ぐんじょうせんがためにだいはんしゅするものをばのぞく。

復次阿難、極楽世界所有菩薩、於↢无上菩提↡皆悉安↢住一生補処↡。唯除↧大願アリテ師子吼ツケタル↢大ナル甲冑 ヨロヒ ↡摩訶薩衆、為↠度ムガ↢群生↡修↢大涅槃↡者ヲバ↥。

またつぎなん、 かの仏刹ぶっせつちゅうのもろもろのしょうもんしゅ、 みな身光しんこうありてよく一尋いちじんらす。 さつこうしょうひゃく千尋せんじんきわむ。

復次阿難、彼仏刹中声聞衆、皆有↢身光↡能↢一尋↡。菩薩光照極↢百千尋↡。

さつこうみょうのつねに三千さんぜん大千だいせんかいらすをばのぞくと。

クト↣二菩薩光明ヲバ↢三千大千世界↡。

なんぶつにまうしてまうさく、 そん、 かのさつをなんらとすると。

阿難白↠仏、世尊、彼二菩薩ルト↢何等↡。

ぶつなんげたまはく、 なんぢいまあきらかにけ、 かのさつひとりをかんざいづけ、 ふたりを大勢だいせいづく。 なん、 このさつしゃかいより寿じゅりょうてをはりてかのくにおうじょうせりと。

仏告タマハク↢阿難↡、汝今諦、彼二菩薩、一↢観自在↡、二↢大勢至↡。阿難、此二菩薩従↢娑婆世界↡捨↢寿量↡已往↢生リト↡。

なん、 かの極楽ごくらくかいしょうずるところのさつ、 みなさんじゅうそうせり。 たいにゅうなんにして、 諸根しょこんそうなり。

阿難、彼極楽界↠生ズル菩薩、皆具↢三十二相↡。膚体柔軟ニシテ、諸根聰利ナリ

智慧ちえぜんぎょうにして、 差別しゃべつほうにおいてりょうせざることなし。 ぜんじょう神通じんずうありて、 よく遊戯ゆげす。 みな薄徳はくとく鈍根どんごんたぐいにあらず。

智慧善巧ニシテ、於↢差別↡無↠不コト↢了知↡。禅定・神通アリテ、善能遊戯。皆非↢薄徳・鈍根之流↡。

かのさつのなかに初忍しょにんあるいはだいにんることあるもの、 りょうへんにして、 あるいはしょう法忍ぼうにんしょうとくするものあり。

菩薩↠得コト↢初忍或第二忍↡者、無量無辺ニシテ、或↣証↢得ルモノ無生法忍↡。

なん、 かのくにさつないだいまで悪趣あくしゅせず、 生々しょうしょうところによく宿命しゅくみょうさとる。 ただじょくせつちゅうしゅつげんするをばのぞく。

阿難、彼菩薩、乃至菩提マデ不↠堕↢悪趣↡、生生之処↢宿命↡。唯除↣五濁刹中出↢現ルヲバ於世↡。

なん、 かのくにさつみなじんじょうにおいてほうりょうひゃくせん諸仏しょぶつようす。

阿難、彼菩薩皆於↢晨朝↡供↢養他方無量百千諸仏↡。

希求けぐするところにしたがひて、 種々しゅじゅまんこう末香まっこう幢幡どうばん繒蓋ぞうがいおよびもろもろの音楽おんがくぶつ神力じんりきをもつてみなしゅちゅうげんじて諸仏しょぶつようす。

↠所↢希求↡、種種花鬘・塗香・末香・幢幡・繒蓋及音楽、以↢仏神力↡皆↢手中↡供↢養諸仏↡。

かくのごときの供具くぐ広大こうだいにしてはなはだおおく、 しゅへん不可ふか思議しぎなり。 もしまた種々しゅじゅみょうもとめんとねがへば、 はなりょうひゃくせん光色こうしきありて、 みなしゅちゅうげんじて諸仏しょぶつさんす。

キノ↠是供具、広大ニシテ、無数无辺不可思議ナリ。若復楽↠求ムト↢種種名花↡、花↢無量百千光色↡、皆現↢手中↡奉↢散諸仏↡。

なん、 そのさんずるところのはな、 すなはちくうちゅうにおいてへんじてがいる。 がいしょうなるものもじゅうじゅんてり。 もしさらにしんをもつてかさねてさんぜずは、 さきさんずるところのはなつひにらくせず。 なん、 あるいはがいあり、 じゅうじゅんてり。 かくのごとくさんじゅうじゅうないせんじゅん、 あるいはしゅうひとしく、 あるいはしょうせんちゅうせんない三千さんぜん大千だいせんかいへんす。

阿難、其↠散花、即↢空中↡変↢花蓋↡。蓋之小ナル↢十由旬↡。若↧更↢新花↡重↥、前↠散花終不↢堕落↡。阿難、或↢花蓋↡、満↢二十由旬↡。如↠是三十・四十乃至千由旬、或↢四洲↡、或↢小千・中千乃至三千大千世界↡。

このしょさつ希有けうしんしょうじてだいあいじんじょうときにおいてりょうひゃく千億せんおく那由なゆぶつ奉事ぶじようそんじゅう讃歎さんだんし、 およびもろもろの善根ぜんごんえをはりて、

諸菩薩生↢希有↡得↢大喜愛↡、於↢晨朝↡奉↢事供↣養尊↤重讃↯歎無量百千億那由他↡、及↢諸善根↡已

すなはちじんじょうにおいてかえりて本国ほんごくいたる。 これみなりょう寿じゅぶつ本願ほんがん加威かいとおよびかつて如来にょらいせるによれり。 善根ぜんごん相続そうぞくして欠減けつげんなきがゆゑに、 よくしゅじゅうするがゆゑに、 よく摂取せっしゅするがゆゑに、 よくじょうじゅするがゆゑなり。

↢晨朝↡還↢本国↡。此皆由レリ↣無量寿仏本願加威ルニ↢如来↡。善根相続キガ↢欠減↡故、善修習ルガ、善摂取ルガ、善成就ルガナリ

【16】またつぎなん、 かの極楽ごくらくかいのもろもろのさつしゅくところのごん一切いっさい相応そうおうせり。 受用じゅゆうするところよりもみな摂取せっしゅすることなし。

復次阿難、彼極楽界菩薩衆↠説語言、与↢一切智↡相応。於リモ↠所↢受用↡皆無↢摂取コト↡。

あまねく仏刹ぶっせつあそびて、 あいすることなくいとふことなし。 また希求けぐ希求けぐそうなく、 そうなく、 煩悩ぼんのうそうなく、 そうなく、 とうじょうそうおんしんそうなし。

↢仏刹↡、无↠愛コト↠厭コト。亦無↢希求・不希求想↡、無↢自想↡、無↢煩悩想↡、无↢我想↡、無↢闘諍相・違怨瞋之想↡。

なにをもつてのゆゑに。 かのしょさつ一切いっさいしゅじょうにおいてだい慈悲じひをもつてやくするしんあるがゆゑなり。 にゅうなんしょうしんじょくしん忿恨ふんごんしんあり、 びょうどう調じょうぶく寂静じゃくじょうしん忍心にんしんにん調じょうぶくしんあり、 等引とういん澄浄ちょうじょう散乱さんらんしんへいしんじょうしんごくじょうしんしょうようしんじんしんだいとくしん善心ぜんしん広大こうだいしん無比むひしん甚深じんじんしん愛法あいほうしんほうしんぜんしん一切いっさい執著しゅうじゃくしゃするしん一切いっさいしゅじょう煩悩ぼんのうだんずるしん一切いっさい悪趣あくしゅづるしんあるがゆゑなり。

。彼諸菩薩於↢一切衆生↡有↢大慈悲ヲモテ利益心↡故ナリ。有↢柔軟無障心・不濁心・無忿恨心↡、有↢平等調伏寂静之心・忍心・忍調伏心↡、有↧等引澄浄無散乱心・无覆蔽心・浄心・極浄心・照曜心・無塵心・大威徳心・善心・広大心・無比心・甚深心・愛法心・喜法心・善意心、捨↢離一切執著↡心、断↢一切衆生煩悩↡心、閉↢一切悪趣↡心↥故ナリ

智慧ちえぎょうぎょうじをはりてりょうどくじょうじゅし、 ぜんじょう覚分かくぶんにおいてよく演説えんぜつし、 しかもつねにじょうだい遊戯ゆげし、 勤修ごんしゅえんす。

↢智慧↡已成↢就無量功徳↡、↢禅定覚分↡善能演説遊↢戯無上菩提↡、勤修敷演

肉眼にくげんはっしょうしてよくけんちゃくあり、 天眼てんげんしゅつげんしてもろもろのぶつかんがみ、 法眼ほうげん清浄しょうじょうにしてよくしょじゃくはなれ、 げん通達つうだつしてがんいたり、 仏眼ぶつげんじょうじゅしてかくかいして、

肉眼発生↢簡択↡、天眼出現↢諸仏土↡、法眼清浄ニシテ↢諸著↡、慧眼通達↢於彼岸↡、仏眼成就覚悟開示

無礙むげしょうのためにひろきて、 三界さんがいのなかにおいてびょうどう勤修ごんしゅす。 すでにみづから調じょうぶくし、 またよく一切いっさいじょう調じょうぶくして、 よくしょうしゃ摩他またぎゃくとくせしむ。 一切いっさいほうにおいて所得しょとくしょうし、 よく説法せっぽうしてごんきょうみょうなり。 勤修ごんしゅして一切いっさい諸仏しょぶつようし、 じょう一切いっさい煩悩ぼんのう摧伏さいぶくして、 もろもろの如来にょらいえつするところとなり、 しかうしてよくにょにょゆいす。 このゆいをなすとき、 よくあつめよくるに、 一切いっさい諸法しょほうみな所得しょとくなく、 方便ほうべんをもつて滅法めっぽうしゅぎょうし、 よく非理ひりしゅ取捨しゅしゃすることをりて、 しゅ非理ひりしゅのなかにおいてみなぜんぎょうたり。 ごんにおいてこころあいぎょうせず、 しゅっきょうてんをもつてじょうしん勤修ごんしゅす。

↢無慧↡為↠他、於↢三界↡平等勤修。既調伏、亦能調↢伏一切有情↡、能↣獲↢得勝奢摩他↡。於↢一切↡証↢無所得↡、善能説法言辞巧妙ナリ。勤修供↢養一切諸仏↡、摧↢伏有情一切煩悩↡、為↣諸如来之所↢悦可↡、而シテ如是如是思惟。作↢是思惟↡時、能、一切諸法皆無↢所得↡、以↢方便智↡修↢行滅法↡、善↣取↢捨コトヲ理・非理↡、於↢理趣・非理趣↡皆得タリ↢善巧↡。於↢世語言↡心不↢愛楽↡、出世経典ヲモテ誠信勤修

ぜんぎょうをもつて一切いっさい諸法しょほうじんし、 一切いっさいほうもとめてぞうじょうしてりょうす。 ほうはもとじつなくして不可ふかとくなりとりて、 しょぎょうところにおいてもまた取捨しゅしゃなく、 ろうびょうだつしてもろもろのどくじゅうす。

善巧ヲモテ尋↢求一切諸法↡、求↢一切↡増長了知。知↢法本無シテ↠実不可得ナリト↡、於テモ↢所行↡亦無↢取捨↡、解↢脱老病↡住↢諸功徳↡。

もとよりこのかた、 神通じんずうあんじゅうして深法じんぼう勤修ごんしゅし、 甚深じんじんほうにおいて退転たいてんなく、 なんほうにおいてことごとくよく通達つうだつし、 いちじょうどうわくあることなし。 ぶつきょうぼうにおいてによらず、

↠本已来、安↢住神通↡勤↢修深法↡、於↢甚深↡而無↢退転↡、於↢難解↡悉通達、得↢一乗↡无↠有コト↢疑惑↡。於↢仏教法↡不↠由↢他↡、

その宏深こうじんなることこれをかいたとふ。

智宏深ナルコト↢之巨海↡。

だい高広こうこうなることたとへばしゅのごとし。

菩提高広ナルコト↢須弥↡。

しんこう日月にちがつえたり。

自身威光超タリ↢於日月↡。

およそちゃくするところ相応そうおうし、 なほ雪山せっせんのごとくそのこころ潔白けっぱくなり。

所↢思択↡与↠慧相応、猶如↢雪山↡其心潔白ナリ

こうみょうあまねくへんどくらして、 煩悩ぼんのうたきぎくことこれをくらぶ。

光明普無辺功徳、焼コト↢煩悩クラ↢之於火↡。

善悪ぜんあく動揺どうようするところとならず、 こころしずかにつねにやすきことなほだいのごとし。

不↠為↣善悪之所↢動揺↡、心静キコト猶如↢大地↡。

煩惑ぼんわくせんじょうすること清浄しょうじょうなるみずのごとし。

洗↢滌コト煩惑↡如↢清浄ナル↡。

こころ所主しょしゅなきことなほのごとし。

コト↢所主↡猶如↠火

けんじゃくせざることなほかぜのごとし。

コト↠著↢世間↡猶如↠風

もろもろのじょうやしなふことなほのごとし。

コト↢諸有情↡猶如↠地

もろもろのかいかんずることくうのごとし。

コト↢諸世界↡如↢虚空↡。

しゅじょうさいすることなほりょうじょうのごとし。

荷↢載コト衆生↡猶如↢良乗↡。

ほうまらざることこれをれんたとふ。

コト↠染↢世法↡譬↢之蓮花↡。

とお法音ほうおんぶることなほ雷震らいしんのごとし。

コト↢法音↡猶如↢雷震↡。

一切いっさいほうあめふらすことこれをだいくらぶ。

コト↢一切↡方↢之大雨↡。

ひかりげんじょうおおふことなほかの大仙だいせんのごとし。

光蔽コト↢賢聖↡猶↢彼大仙↡。

よく調じょうぶくすることだいりゅうぞうのごとし。

善能調伏コト↢大竜象↡。

ゆうみょうにしておそれなきこと師子ししおうのごとし。

勇猛ニシテコト↠畏如↢師子王↡。

しゅじょう覆護ふごすること尼拘にく陀樹だじゅのごとし。

覆↢護コト衆生↡如↢尼拘陀樹↡。

ろんどうぜざることてっせんのごとし。

他論コト↠動↢鉄囲山↡。

りょうしゅすることかのごうのごとし。

コト↢慈無量↡如↢彼恒河↡。

もろもろの善法ぜんぼうおうとしてよく前導ぜんどうをなすことだい梵天ぼんてんのごとし。

善法トシテコト↢前導↡如↢大梵天↡。

じゅしゃくするところなきことなほちょうのごとし。

コト↠所↢聚積↡猶如↢飛鳥↡。

ろん摧伏ざいぶくすることこんおうのごとし。

摧↢伏コト他論↡如↢金翅王↡。

ひがたく希有けうなることどんのごとし。

↠遇希有ナルコト↢優曇花↡。

さいしょうじょう、 そのこころしょうじきにしてだいあることなく、 よくしゅぎょうす。 諸見しょけんのなかにおいてぜんぎょうけつじょうし、 にゅう忍辱にんにくにしてしっしんなし。 ほうろんじていとふことなく、 ほうもとめてまず、 つねにつとめて演説えんぜつし、 しゅじょうやくす。

最勝丈夫、其心正直ニシテ↠有コト↢懈怠↡、能善修行。於↢諸見↡善巧決定、柔和忍辱ニシテ↢嫉妬心↡。論↠法↠厭コト、求↠法不↠倦、常演説、利↢益衆生↡。

かい琉璃るりのごとくないみょうけつにして、 よく諸法しょほうきてしょうほうとなす。 そのくところのことばしゅをして悦伏えつぶくせしむ。

↢琉璃↡内外明潔ニシテ、善↢諸法↡而為↢勝宝↡。其↠説言、令↢衆ヲシテ悦伏↡。

智慧ちえりきをもつて、 だい法幢ほうどうて、 だいほうき、 だいほうち、 つねに勤修ごんしゅしてもろもろのほうしるしてんことをねがひ、 智慧ちえこうによりてこころ迷惑めいわくなく、 しゅしつとおざけてまた損害そんがいなし。 淳浄じゅんじょうしんをもつて、 もろもろのぜんはなれ、 つねに恵施えせぎょうじて、 ながく慳貪けんどんつ。 しょうくることおんにしてつねにざんいだき、 そのこころ寂定じゃくじょうにして智慧ちえみょうざつなり。

↢智慧力↡、建↢大法幢↡、吹↢大法↡、撃↢大法鼓↡、常↣勤修ムコトヲ↢諸シルシ↡、由↢智慧光↡心迷惑↡、遠ザケテ↢衆過失↡亦無↢損害↡。以↢淳浄↡、離↢諸穢染↡、常恵施↡、永↢慳貪↡。稟コト↠性温和ニシテ↢慚恥↡、其心寂定ニシテ智慧明察ナリ

けんともしびとなりてしゅじょうやみし、 ようくるにへたるしゅしょう福田ふくでんなり。 だいどうとなりてあまねく群物ぐんもつすくひ、 憎愛ぞうあいおんこころきよくしてうれひなし。 勇進ゆうしんしておそれなく、 だいほうしょうとなり、 ごくりょうして自他じた調じょうぶくす。 じょうやくしてもろもろの毒箭どくせんき、 けんとなりてけんとなり、 ぐんじょう引導いんどうして、 もろもろのあいじゃくてしめ、

↢世間↡破↢衆生↡、堪タル↠受ルニ利養↡殊勝福田ナリ。為↢大導師↡周↢群物↡、遠↢離憎愛↡心浄クシテ↠憂。勇進↠怖、為↢大法将↡、了↢知地獄↡調↢伏自他↡。利↢益有情↡抜↢諸毒箭↡、為↢世間解↡為↢世間↡、引↢導群生↡、捨シメ↢諸愛著↡、

ながくさんはなれ、 神通じんずう遊戯ゆげす。 因力いんりき縁力えんりき願力がんりきほっりきぞくりき出生しゅっしょうりき善根ぜんごんりきさん摩地まじりき聞力もんりき捨力しゃりき戒力かいりき忍力にんりきしょうじんりきじょうりきりきしゃ摩他またりき毘鉢びばしゃりき神通じんずうりき念力ねんりき覚力かくりき摧伏ざいぶく一切いっさいだいぐんりき、 ならびにろん法力ほうりきのう一切いっさい煩悩ぼんのう怨力おんりき、 およびしゅしょう大力だいりきあり。

↢三垢↡、遊↢戯神通↡。因力・縁力・願力・発起力・世俗力・出生力・善根力・三摩地力・聞力・捨力・戒力・忍力・精進力・定力・慧力・奢摩他力・毘鉢舎那力・神通力・念力・覚力・摧伏一切大魔軍力、并他論法力・能破一切煩悩怨力、及殊勝大力アリ

ふくそくし、 相好そうごう端厳たんごんにして、 智慧ちえ弁才べんざい善根ぜんごん円満えんまんす。 きよ修広しゅこうにしてひとあいぎょうせられ、 そのしょうけつにしてこうおんし、 そんじゅうしんをもつて諸仏しょぶつ奉事ぶじし、 諸仏しょぶつみもとにおいてもろもろの善本ぜんぽんえ、 きょうまん抜除ばつじょし、 貪瞋とんじんはなれ、 しゅしょうきっしょうにして、 おうのなかのさいなり。 しょうきょうじゅうし、 赫奕かくやくたるこうをもつてこころかんしょうじ、 ゆうみょう無畏むいにしてふくそくし、 滞限たいげんあることなし。 ただくところをきて群物ぐんもつかいし、 くところのほうしたがひてみなよくりょうす。 だいぶんほうにおいて、 ゆうみょうくうそうがん勤修ごんしゅしてつねにあんじゅうし、 およびしょうめつのもろもろのさん摩地まじぎょうどうじょうへんしてじょうきょうとおざかる。

威福具足、相好端厳ニシテ、智慧弁才善根円満。目浄修広ニシテ↢愛楽↡、其身清潔ニシテ遠↢離貢高↡、以↢尊重↡奉↢事諸仏↡、於↢諸仏↡植↢衆善本↡、抜↢除憍慢↡、離↢貪瞋痴↡、殊勝吉祥ニシテ、応供ナリ。住↢勝智境↡、赫奕タル慧光ヲモテ↢歓喜↡、雄猛無畏ニシテ福智具足、無↠有コト↢滞限↡。但説↠所↠聞開↢示群物↡、随↢所↠聞↡皆能解了。於↢菩提分↡、勇猛勤↢修空無相願↡而常安住、及不生不滅三摩地行、遍↢道場↡遠ザカル↢二乗↡。

なん、 われいまりゃくしてかの極楽ごくらくかいしょうずるところのさつ摩訶まかさつしゅ真実しんじつどくくこと、 ことごとくみなかくのごとし。 なん、 たとひわが寿いのちひゃく千億せんおく那由なゆこうじゅうし、 無礙むげべんをもつてつぶさにかのもろもろのさつ摩訶まかさつとう真実しんじつどくしょうようせんとほっすとも、 じんすべからず。 なん、 かのさつ摩訶まかさつとう、 その寿じゅりょうくすともまたることあたはずと。

阿難、我今略コト↢彼極楽界↠生菩薩摩訶薩衆真実功徳↡、悉皆如↠是。阿難、仮令身住↢寿百千億那由他劫↡、以↢無↡欲トモ↣具称↢揚ムト菩薩摩訶薩等真実功徳↡、不↠可↢窮尽↡。阿難、彼菩薩摩訶薩等、尽トモ↢其寿量↡亦不↠能↠知コト

【17】そのときそんなんげてのたまはく、 これはこれりょう寿じゅぶつ極楽ごくらくかいなり。 なんぢよりち、 がっしょうぎょうして、 たいげ、 ぶつのためにらいをなすべし。 かのぶつ名称みょうしょう十方じっぽう遍満へんまんす。 かの一々いちいちほう恒沙ごうじゃ諸仏しょぶつ、 みなともにしょうさんしたまふことさわりなくゆることなしと。

時世尊告↢阿難↡言、此是無量寿仏極楽世界ナリ。汝応↢従↠坐而起、合掌恭敬、五体↠地、為↠仏↟礼。彼名称遍↢満十方↡。彼一一恒沙諸仏、皆共称讃タマフコト↠無シト↠断コト

このときなん、 すなはちよりち、 ひとへにみぎかたかたぬぎ、 西にしかひがっしょうし、 たいげ、 ぶつにまうしてまうさく、 そん、 われいま極楽ごくらくかいりょう寿じゅ如来にょらいたてまつり、 ならびにりょうひゃく千億せんおく那由なゆぶつおよびさつしゅよう奉事ぶじしもろもろの善根ぜんごんえんとほっすと。

時阿難、即↠坐起、偏↢右↡、西ムカ合掌、五体↠地、白↠仏、世尊、我今欲スト↧見マツリ↢極楽世界無量寿如来↡、并供↢養奉↣事无量百千億那由他仏及菩薩衆↡種ムト↦諸善根↥。

ときりょう寿じゅぶつ、 すなはち掌中しょうちゅうよりだいこうみょうはなち、 あまねくひゃくせんてい那由なゆせつらしたまふ。 かのもろもろの仏刹ぶっせつのあらゆるだいしょう諸山しょせん黒山こくせん宝山ほうせんしゅ弥盧みるせんめいせん大迷だいめいせん目真もくしんりんせん摩訶まか目真もくしんりんせんてっせんだいてっせん叢薄そうはく園林おんりんおよびもろもろの殿でん天人てんにんとうものぶつこうみょうをもつてみなことごとくしょうけんせり。

無量寿仏、即↢掌中↡放↢大光明↡、遍タマフ↢百千倶胝那由他↡。彼仏刹所有大小諸山、黒山・宝山・須弥盧山・迷盧山・大迷盧山・目真隣陀山・摩訶目真隣陀山・鉄囲山・大鉄囲山・叢薄園林及宮殿・天人等物、以↢仏光明↡皆悉照見

たとへばひとありてじょう天眼てんげんをもつて一尋いちじんかんずるにもろもろのしょるがごとく、 また日光にっこうでて万物まんもつあらわるるがごとく、 ここにかのもろもろのこくちゅうるに、 比丘びく比丘びく優婆うばそく優婆うば、 ことごとくりょう寿じゅ如来にょらいしゅ山王せんのうのごとくなるをたてまつる。 もろもろの仏刹ぶっせつらすとき、 もろもろの仏国ぶっこくみなことごとくあきらかにげんずること一尋いちじんるがごとし。 りょう寿じゅ如来にょらいしゅしょうこうみょうきわめて清浄しょうじょうなるをもつてのゆゑに、 かのこうおよびもろもろのしょうもんさつとうしゅれり。 たとへばだい洪水こうすい盈満ようまんして、 樹林じゅりんせんみなもっしてげんぜず、 ただ大水だいすいのみあるがごとし。

↧有↠人以↢浄天眼↡観ルニ↢一尋↡見↦諸所有↥、又如↣日光出ルガ↢万物↡、斯↢彼国中↡、比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷、悉マツル↣無量寿如来クナルヲ↢須弥山王↡。照↢諸仏刹↡時、諸仏国皆悉コト↠処↢一尋↡。以↢无量寿如来殊勝光明極清浄ナルヲ↡故、見レリ↢彼高座及声聞・菩薩等↡。譬↣大地洪水盈満、樹林・山河皆没不↠現、唯有↢大水ノミ↡。

かくのごとくなん、 かの仏刹ぶっせつちゅうにはろんおよびぎょうるいあることなし。 ただ一切いっさいだいしょうもんしゅ一尋いちじんこうみょうあると、 およびかのさつ摩訶まかさつぜんとうひゃくせん尋光じんこうあるとをばのぞく。 かのりょう寿じゅ如来にょらいおうしょう等覚とうがくこうみょう一切いっさいしょうもんおよびしょさつ映蔽ようへいし、 もろもろのじょうをしてことごとくみなることをしむ。

↠是阿難、彼仏刹中ニハ↠有コト↢他論及形類↡。唯除↢一切大声聞衆一尋光明アルト、及菩薩摩訶薩踰繕那等百千尋アルトヲバ↡。彼無量寿如来・応・正等覚光明、映↢蔽一切声聞及諸菩薩↡、令↢諸有情ヲシテ皆得↟見コトヲ

かの極楽ごくらくかいさつしょうもん人天にんでん衆等しゅとうも、 一切いっさいみなしゃかいしゃ如来にょらいおよび比丘びくしゅにょうせられ説法せっぽうするをたてまつれり。

極楽界菩薩・声聞・人天衆等、一切皆覩マツレリ↢娑婆世界釈迦如来及比丘衆囲繞ラレ説法ルヲ↡。

【18】そのときぶつろくさつげてのたまはく、 なんぢすこぶる清浄しょうじょうとくしょうごんそくせる仏刹ぶっせつ、 およびくうちゅう樹林じゅりん園苑おんおんせんしょうたるやいなや。 なんぢだいないしききょうてんくうちゅうにおいて樹林じゅりんさんしてもつてしょうごんとなし、 また衆鳥しゅちょうありてくうかいじゅうし、 種々しゅじゅこえいだすことなほぶつこえのごとくにしてあまねくかいきこゆ。 このもろもろの衆鳥しゅちょう、 みなこれ化作けさにしてじつちくしょうにあらず。 なんぢこれをたるやと。

時仏告↢弥勒菩薩↡言、汝頗見↧具↢足清浄威徳荘厳↡仏刹↥、及ルヤ↢空中樹林・園苑・湧泉・池沼↡不耶。汝見↢大地乃至色究竟天↡、於↢虚空中↡散↢花樹林↡以↢荘厳↡、復有↢衆鳥↡住↢虚空界↡、出コト↢種種↡猶如ニシテ↢仏↡普↢世界↡。是衆鳥、皆是化作ニシテ↢実畜生↡。汝見タル↠是

ろくぶつにまうしてまうさく、 ややしかなり、 すでにたりと。

弥勒白↠仏、唯然ナリ、已タリト

ぶつまたろくさつげてのたまはく、 なんぢこのもろもろのしゅじょうぜんひゃくせん殿でんりをはりて、 くうぎょうすることじゃく無礙むげにして、 もろもろのせつへんして諸仏しょぶつようするを、 およびかのじょうちゅうぶんにおいて、 ぶつねん相続そうぞくするをたるやいなやと。

仏復告↢弥勒菩薩↡言、汝見↧此衆生入↢踰繕那百千宮殿↡已、遊↢行コト虚空↡無著无ニシテ、遍↢諸刹土↡供↦養ルヲ諸仏↥、及タルヤ↧彼有情於↢昼夜分↡、念↠仏相続ルヲ↥不耶

ろくまうしてまうさく、 ややしかなり、 ことごとくたりと。

弥勒白、唯然ナリ、尽タリト

ぶつまたげてのたまはく、 なんぢ他化たけざいてん極楽ごくらく諸人っしょにんと、 受用じゅゆうする資具しぐ差別しゃべつあるをるやいなやと。

仏復告、汝見タルヤ↧他化自在天与↢極楽諸人↡、受用資具↦差別↥不ヤト

ろくまうしてまうさく、 われかしこにすこしも差別しゃべつあるをずと。

弥勒白、我不↠見↣彼↢少シモ差別↡。

ぶつろくげたまはく、 なんぢ極楽ごくらくかいひとたいじゅうするをたるやいなやと。

仏告タマハク↢弥勒↡、汝見タルヤ↢極楽世界人住ルヲ↟胎ヤト

ろくまうしてまうさく、 そん、 たとへばさんじゅう三天さんてん夜摩やまてんとうひゃくじゅんもしはひゃくじゅん殿でんうちりて遊戯ゆげ歓楽かんらくするがごとし。

弥勒白、世尊、譬↧三十三天・夜摩天等↡入↢百由旬若五百由旬宮殿之内↡遊戯歓楽ルガ↥。

われ極楽ごくらくかいひとたいじゅうするものをるに、 夜摩やまてん殿でんるがごとし。 またしゅじょうれんうちにおいて、 けっ趺坐ふざしてねんしょうするをたると。

我見↢極楽世界↠胎↡、如↣夜摩天↢於宮殿↡。又見タルト↧衆生↢蓮華↡、結加趺坐自然化生ルヲ↥。

ときろくさつ、 またぶつにまうしてまうさく、 そん、 なんの因縁いんねんのゆゑに、 かのくにしゅじょうたいしょうのものとしょうのものとあるやと。

弥勒菩薩、復白↠仏、世尊、何因縁、彼衆生ヤト↢胎生化生↡。

ぶつろくげたまはく、 もししゅじょうありて疑悔ぎけして、 善根ぜんごん積集しゃくじゅうし、 ぶっへん不思ふし議智ぎちとうとく広大こうだい希求けぐするも、 みづからの善根ぜんごんにおいてしんしょうずることあたはず。

仏告タマハク↢弥勒↡、若↢衆生↡堕↢於疑悔↡、積↢集善根↡、希↢求ルモ仏智・普遍智・不思議智・无等智・威徳智・広大智↡、於↢自ラノ善根↡不↠能↠生コト↠信

この因縁いんねんをもつて、 ひゃくさいにおいて殿でんのなかにじゅうぶつたてまつらず、 ほうかず、 さつおよびしょうもんしゅず。

↢此因縁↡、於↢五百歳↡住↢宮殿↡、不↠見マツラ↠仏、不↠聞↠法、不↠見↢菩薩及声聞衆↡。

もししゅじょうありて疑悔ぎけ断除だんじょして、 善根ぜんごん積集しゃくじゅうし、 ぶっない広大こうだい希求けぐするに、 おのが善根ぜんごんしんず。 このひとれんうちにおいて、 けつ趺坐ふざし、 忽然こつねんとしてしょうし、 しゅんそくづること、 たとへばこくよりひとありてらいするがごとし。 すなはちこのさつもまたかくのごとし。

↢衆生↡断↢除疑悔↡、積↢集善根↡、希↢求ルニ仏智乃至広大智↡、信↢已善根↡。此人於↢蓮華↡、結加趺坐、忽然トシテ化生、瞬息而出コト、譬↢他国ヨリ↠人来至ルガ↡。而菩薩亦復如↠是

こくにて発心ほっしん極楽ごくらくらいしょうして、 りょう寿じゅぶつたてまつり、 奉事ぶじようしたてまつりて、 もろもろのさつしょうもんしゅおよぶ。

余国ニテ発心来↢生極楽↡、見マツリ↢无量寿仏↡、奉事供養マツリテ、及↢諸菩薩・声聞之衆↡。

いっ、 なんぢしゅしょうしゃかんぜよ。 かれこうりきによるがゆゑにかしこにしょうするをけ、 れんのうちにおいてけっ趺坐ふざす。 なんぢれつともがらかんぜよ。 ひゃくさいのうちにおいて、 ぶつたてまつらず、 ほうかず、 さつおよびしょうもんしゅず、 さつ威儀いぎ法則ほうそくらず、 もろもろのどくしゅじゅうすることあたはず、 ゆゑにりょう寿じゅぶつ奉事ぶじせるいんなし。 このもろもろのひとらみなしゃくえん疑悔ぎけをなしていたすところなればなり。

阿逸多、汝観ゼヨ↢殊勝智者↡。彼因↢広慧力↡故↢彼化生ルヲ↡、於↢蓮花↡結加趺坐。汝観ゼヨ↢下劣之輩↡。於↢五百歳↡、不↠見マツラ↠仏、不↠聞↠法、不↠見↢菩薩及声聞衆↡、不↠知↢菩薩威儀法則↡、不↠能↣修↢習コト功徳↡、故↠因↣奉↢事无量寿仏↡。是人等皆為シテ↢昔縁疑悔↡所ナレバナリ↠致

たとへば刹帝せっていおう、 そのほうおかさばこれをないゆうし、 しょするにかん層楼そうろう殿でんみょうじきちんほうちょうこんじょうをもつてし、 茵褥いんのくじゅうし、 みょうき、 だい宝香ほうこうき、 ぶくしょことごとくみな豊備ぶびして、 えんこんくさりをもつてそのりょうあしつながんがごとしと。

シト↧刹帝利王、其子犯↠法↢之内宮↡、処ルニテシ↢花観・層楼・綺殿・妙飾・奇珍・宝帳・金床↡、重↢敷茵褥↡、名花↠地、焼↢大宝香↡、服御所資悉皆豊備、而以↢閻浮金↡繋ムガ↦其両足↥。

ぶつろくげたまはく、 こころにおいていかん。 かのおうこころやすくこれをたのしむやいなやと。

仏告タマハク↢弥勒↡、於↠意云何。彼王子、心寧ムヤ↠此ヤト

こたへてまうさく、 いななり。 そん、 かれゆうちゅうとき、 つねにだつおもひ、 もろもろの親識しんしき居士こじ宰官さいかんちょうじゃ近臣ごんしんもとむ。 おうたいしゅつねがふといへどもつひにこころしたがはず。 すなはち刹帝せっていおうこころかんしょうずるにいたらばまさにだつんと。

、不也。世尊、彼幽縶時、常↢解脱↡、求↢諸親識・居士・宰官・長者・近臣↡。王之太子雖↠希フト↢出離↡終不↠従↠心。乃↣刹帝利ルニ↢歓喜↡方ムト↢解脱↡。

ぶつろくげたまはく、 かくのごとしかくのごとし。 もし疑悔ぎけして、 もろもろの善根ぜんごんえてぶっない広大こうだい希求けぐすることあるも、 みづからの善根ぜんごんにおいてしんしょうずることあたはず。 ぶつみなくによりて信心しんじんおこすがゆゑに、 かのくにしょうずといへどもれんのなかにおいてしゅつげんすることをず。 かれらしゅじょうたいのなかにしょすること、 なほ園苑おんおん殿でんおもいのごとし。

仏告タマハク↢弥勒↡、如↠是↠是。若↧堕↢於疑悔↡、種↢諸善根↡希↦求コト仏智乃至広大智↥、於↢自ラノ善根↡不↠能↠生コト↠信。由↠聞↢仏↡起↢信心↡故、雖↠生↢彼↡於↢蓮花↡不↠得↢出現コトヲ↡。彼等衆生処コト↢花胎↡、猶如↢園苑・宮殿之想↡。

なにをもつてのゆゑに。 かしこのなかは清浄しょうじょうにしてもろもろのあくなく、 一切いっさいたのしむべからざるものあることなければなり。 しかれどもかのしゅじょうひゃくさいにおいて、 ぶつたてまつらず、 ほうかず、 さつおよびしょうもんしゅず、 諸仏しょぶつよう奉事ぶじすることをず、 さつ法蔵ほうぞうふことをず、 一切いっさいしゅしょうなる善根ぜんごんおんす。 かれらはなかにおいてごんらくしょうぜず、 しゅつげんして善法ぜんぼうしゅじゅうすることあたはず。

。彼清浄ニシテ↢諸穢悪↡、一切無レバナリ↠有コト↢不↠可↠楽者↡。然ドモ衆生於↢五百歳↡、不↠見マツラ↠仏、不↠聞↠法、不↠見↢菩薩及声聞衆↡、不↠得↤供↢養奉↣事コトヲ諸仏↡、不↠得↠問コトヲ↢於菩薩法蔵↡、遠↢離一切殊勝ナル善根↡。彼等↠中不↠生↢欣楽↡、不↠能↣出現修↢習コト善法↡。

おうじゃくのなかのしつきをはりて、 しかるのちにすなはちづれども、 かれづるときにおいて、 こころじょうほうところまよふ。

往昔世過失尽、然ドモ、彼於↢出↡、心迷↢上下四方之所↡。

もしひゃくさいわくなきもの、 すなはちまさにりょうひゃくせんてい那由なゆぶつようし、 ならびにりょうへん善根ぜんごんう。

五百歳↢疑惑↡者、即↧供↢養無量百千倶胝那由他↡、并↦无量無辺善根↥。

なんぢいっ、 まさにるべし、 わくしょさつのためにだい損害そんがいたることをと。

汝阿逸多、当↠知、疑惑与↢諸菩薩↡為コトヲト↢大損害↡。

【19】そのときろくさつぶつにまうしてまうさく、 そん、 この国界こくかいにおいて退たいさつのまさに極楽ごくらくこくしょうべきもの、 そのかずいくばくぞやと。

時弥勒菩薩白↠仏、世尊、於↢此国界↡不退菩薩↠生↢極楽国↡者、其数幾何ゾヤト

ぶつろくげたまはく、 このぶつちゅうしちじゅうおくさつありて、 かれりょうおく那由なゆひゃくせんぶつみもとにおいて、 もろもろの善根ぜんごん退転たいてんじょうじ、 まさにかのくにしょうずべし。 いはんやさつしょう善根ぜんごんによりてかのくにしょうずるもの、 しょうするべからず。

仏告タマハク↢弥勒↡、此仏土中↢七十二億菩薩↡、彼於↢無量億那由他百千↡、種↢諸善根↡成↢不退転↡、当↠生↢彼↡。菩薩、由↢少善根↡生↢彼↡者、不↠可↢称計↡。

いっ難忍なんにん如来にょらい仏国ぶっこくより、 じゅう八億はちおく退たいさつありて、 まさに極楽ごくらくかいしょうずべし。

阿逸多、従↢難忍如来仏国↡、有↢十八億不退菩薩↡、当↠生↢極楽世界↡。

とう北方ほっぽう宝蔵ほうぞうぶつこくちゅうに、 じゅうおく退たいさつありて、 まさにかのしょうずべし。

東北方宝蔵仏、有↢九十億不退菩薩↡、当↠生↢彼↡。

りょうしょう如来にょらいこくちゅうより、 じゅうおく退たいさつありて、 まさにかのしょうずべし。

↢無量声如来国中↡、有↢二十二億不退菩薩↡、当↠生↢彼↡。

こうみょう如来にょらいこくちゅうより、 さんじゅうおく退たいさつありて、 まさにかのしょうずべし。

↢光明如来国中↡、有↢三十二億不退菩薩↡、当↠生↢彼↡。

りゅうてん如来にょらいこくちゅうより、 じゅうおく退たいさつありて、 まさにかのしょうずべし。

↢竜天如来国中↡、有↢十四億不退菩薩↡、当↠生↢彼↡。

しょう天力てんりき如来にょらいこくちゅうより、 じゅうせん退たいさつありて、 まさにかのしょうずべし。

↢勝天力如来国中↡、有↢十二千不退菩薩↡、当↠生↢彼↡。

師子しし如来にょらいこくちゅうより、 ひゃく退たいさつありて、 まさにかのしょうずべし。

↢師子如来国中↡、有↢五百不退菩薩↡、当↠生↢彼↡。

じん如来にょらいこくちゅうより、 はちじゅう一億いちおく退たいさつありて、 まさにかのしょうずべし。

↢離塵如来国中↡、有↢八十一億不退菩薩↡、当↠生↢彼↡。

てん如来にょらいこくちゅうより、 ろくじゅうおく退たいさつありて、 まさにかのしょうずべし。

↢世天如来国中↡、有↢六十億不退菩薩↡、当↠生↢彼↡。

勝積しょうしゃく如来にょらいこくちゅうより、 ろくじゅうおく退たいさつありて、 まさにかのしょうずべし。

↢勝積如来国中↡、有↢六十億不退菩薩↡、当↠生↢彼↡。

人王にんのう如来にょらいこくちゅうより、 じゅうてい退たいさつありて、 まさにかのしょうずべし。

↢人王如来国中↡、有↢十倶胝不退菩薩↡、当↠生↢彼↡。

しょう如来にょらいこくちゅうより、 ひゃくさつありて、 だいしょうじんいちじょう発趣ほっしゅして、 七日しちにちのうちにおいて、 よくしゅじょうをしてひゃく千億せんおく那由なゆこうしょうてんはなれしめ、 かれらもまたまさに極楽ごくらくかいしょうずべし。

↢勝花如来国中↡、有↢五百菩薩↡、具↢大精進↡発↢趣一乗↡、於↢七日↡、能↣衆生ヲシテ↢百千億那由他劫生死流転↡、彼等亦当↠生↢極楽界↡。

ほっしょうじん如来にょらいこくちゅうより、 ろくじゅうおく退たいさつありて、 まさにかのしょうずべし。

↢発起精進如来国中↡、有↢六十九億不退菩薩↡、当↠生↢彼↡。

かのくにいたりをはりて、 りょう寿じゅ如来にょらいおよびさつしゅよう礼拝らいはいしたてまつる。

↢彼↡已、供↢養礼↣拝マツル无量寿如来及菩薩衆↡。

いっ、 われもしつぶさに諸方しょほうさつ極楽ごくらくかいしょうじ、 もしはすでにいたり、 いまいたり、 まさにいたりて、 ためにりょう寿じゅぶつとうよう礼拝らいはい瞻仰せんごうしたてまつるものをかんに、 ただそののみをくも、 こうきわむともきず。

阿逸多、我若ムニ↧諸方菩薩↢極楽界↡、若、今到、当、為供↢養礼↣拝瞻↤仰マツル无量寿仏等↡者↥、但説クモ↢其ノミヲ↡、窮トモ↠劫不↠尽

【20】いっ、 なんぢかのもろもろのさつ摩訶まかさつのよくやくるをかんぜよ。 もしかのぶつみなくことありて、 よく一念いちねんあいしんしょうぜば、 まさにかみのごとき所説しょせつどくこころれつなくまたこうならず、 善根ぜんごんじょうじゅしてことごとくみなぞうじょうすべし。

阿逸多、汝観↣彼菩薩摩訶薩ルヲ↢利益↡。若↠聞コト↢彼↡、能↢一念喜愛之心↡、当↧獲↢如↠上所説功徳↡、心↢下劣↡亦不↢貢高ナラ↡、成↢就善根↡悉皆増上↥。

いっ、 このゆゑになんぢおよび天人てんにんけんしゅとうげて、 いまこの法門ほうもんをなんぢにぞくす。 まさにあいぎょうしゅじゅうし、 すなはちいっちゅうるにいたれどもじゅ読誦どくじゅしてもうしんしょうじ、 大衆だいしゅのなかにおいてのためにかいすべし。 まさにきょうかん書写しょしゃしゅうして、 この経中きょうちゅうにおいてどうそうしょうぜしむべし。

阿逸多、是↢汝及天人・世間・阿修羅等↡、今此法門付↢嘱於汝↡。応↧愛楽修習、乃ドモ↠経ルニ↢一昼夜↡受持読誦↢希望↡、於↢大衆↡為↠他開示↥。当↠令↧書↢写執↣経巻↡、於↢此経中↡生↦導師↥。

いっ、 このゆゑにさつ摩訶まかさつりょうのもろもろのしゅじょうらをして、 すみやかにのく多羅たらさんみゃくさんだいより退転たいてんせざることにあんじゅうせしめんとほっし、 およびかの広大こうだいなるしょうごんしゅしょうなる仏刹ぶっせつ円満えんまんせるどくしょうじゅせんとほっせんもの、 まさにしょうじんりきおこすべし。

阿逸多、是菩薩摩訶薩、欲↠令メムト↰无量衆生等ヲシテ、速安↯住コトニ↤退↣転↢阿耨多羅三藐三菩提↡、及↧見↢彼広大ナル荘厳↡、摂↦受ムト殊勝ナル仏刹円満功徳↥者、応↣起↢精進力↡。

この法門ほうもんくに、 たとひ大千だいせんかいのなかにてらんみょうきょうすとも、 ほうもとめんがためのゆゑに退屈たいくつてんしんしょうぜず。 きょうかん読誦どくじゅじゅ書写しょしゃして、 ないしゅのあひだにおいてなりとも、 のためにかいし、 つとめてちょうもんしてのうしょうぜざらしめよ。 たとひだいるも疑悔ぎけすべからず。

↢此法門↡、仮使経↢過トモ大千世界ラム↠中猛火↡、為↠求ムガ↠法不↠生↢退屈・諂偽之心↡。読↢誦受↣持書↤写経巻↡、乃至於テナリトモ↢須臾↡、為↠他開示、勧↢聴聞↟生↢憂悩↡。設↢大火↡不↠応カラ↢疑悔↡。

なにをもつてのゆゑに。 かのりょうおくのもろもろのさつとう、 みなことごとくこのみょう法門ほうもんもとめ、 そんじゅうちょうもんしてはいしょうぜざればなり。 このゆゑになんぢらこのほうもとむべし。

。彼无量億菩薩等、皆悉↢此微妙法門↡、尊重聴聞レバナリ↠生↢違背↡。是汝等応↠求↢此↡。

いっ、 かのもろもろのしゅじょう大善だいぜんなるん。 もしらいないしょうぼうめっせんときにおいて、 まさにしゅじょうありてもろもろの善本ぜんぽんうれば、 すでにかつてりょう諸仏しょぶつようし、 かの如来にょらい加威かいりきによるがゆゑに、 よくかくのごときの広大こうだい法門ほうもん一切いっさい如来にょらいしょうさんえっべし。 もしかのほうにおいて摂取せっしゅじゅせば、 まさに広大こうだいなる一切いっさい智智ちちこころねがふところにしたがひてもろもろの善根ぜんごんうべし。 もし善男ぜんなんぜん女人にょにんとう、 かのほうのなかにおいて広大こうだいにこれをしょうすれば、 まさによくちょうもんしてだいかんじゅ読誦どくじゅしてひろのためにき、 つねにたのしみてしゅぎょうすべし。

阿逸多、彼衆生獲↢大善ナル↡。若↢来世乃至正法滅↡、当↧有↢衆生↡レバ↢諸善本↡、已供↢養無量諸仏↡、由↢彼如来加威力↡故、能得↦如キノ↠是広大法門、一切如来称讃・悦可↥。若↢彼↡摂取受持、当↧獲↢広大ナル一切智智↡、随↢意↟楽↦諸善根↥。若善男子・善女人等、於↢彼↡広大勝↢解レバ↡者、当↧能聴聞獲↢大歓喜↡、受持読誦↠他ミテ修行↥。

いっりょう億数おくしゅのもろもろのさつとう、 このほうしょうしてかつて厭背えんはいせず。 このゆゑになんぢらもろもろの善男ぜんなんおよびぜん女人にょにんこんらいにおいてよくこのほうにおいて、 もしはすでにもとめ、 げんもとめ、 まさにもとめんもの、 みなぜんいっ如来にょらいなすべきところは、 みなすでにこれをなしたまへり。 なんぢらまさに無疑むぎあんじゅうしてもろもろの善本ぜんぽんうべし。 つねに修学しゅがくしてたいすることなからしむべし。 一切いっさい種類しゅるい珍宝ちんぽうをもつてじょうじゅせる牢獄ろうごくらざれ。 いっかくのごときらのだいとくるいするもの、 よく広大こうだいなる仏法ぶっぽうもんしょうず。 このほうによりてちょうもんせざるがゆゑに、 一億いちおくさつありて、 のく多羅たらさんみゃくさんだいより退転たいてんす。

阿逸多、無量億数菩薩等、求↢請↡不↢曽厭背↡。是汝等諸善男子及善女人、於↢今・来世↡能↢是↡、若、現、当メム者、皆獲↢善利↡。阿逸多、如来所↠応↠作者、皆已タマヘリ↠之。汝等応↧安↢住無疑↡種↦諸善本↥。応↢常修学使↟无↢疑滞コト↡。不↠入↢一切種類珍宝ヲモテ成就牢獄↡。阿逸多、如↠是スル↢大威徳↡者、能↢広大ナル仏法異門↡。由↢於此↡不ルガ↢聴聞↡故、有↢一億菩薩↡、退↢転阿耨多羅三藐三菩提ヨリ↡。

いっぶつづることかたし。 八難はちなんはなるることもまたがたしとなす。 諸仏しょぶつ如来にょらいじょうほうじゅうりき無畏むい無礙むげじゃく甚深じんじんほう、 および波羅はら蜜等みつとうさつほう、 よくほうけるひともまたかいしがたし。 いっ、 よくほうひとにはふべきことやすきにあらず、 けんなる深信じんしんときにもまたひがたし。

阿逸多、仏出コト↠世。離コトモ↢八難↡亦為↠難シト↠得。諸仏如来无上之法、十力・無畏・无・無著甚深之法、及波羅蜜等菩薩之法、能ケル↠法亦難↢開示↡。阿逸多、善↠法ニハ↠易キニ↠可コト↠遇堅固ナル深信ニモ亦難↠遭

このゆゑにわれいまのごとく宣説せんぜつす。 なんぢらしゅじゅうしておしへのごとくじゅうすべし。

我今如↠理宣説。汝等修習↢如↠教↡。

なんぢいっ、 われこの法門ほうもんおよび諸仏しょぶつほうをもつてなんぢに嘱累そくるいす。 なんぢまさにしゅぎょうして滅没めつもつせしむることなかるべし。 かくのごときの広大こうだいみょう法門ほうもん一切いっさい諸仏しょぶつしょうさんしたまふところなり。 ぶっきょうしてこれをしゃし、 まさになんぢらぜんて、 じょう淪没りんもつし、 もろもろの危苦きくそなはらしむることなかれ。 このゆゑにわれいまためにおおきに嘱累そくるいす。 まさにこのほうをしてひさしくじゅうめっせざらしむべし。 つとめてしゅぎょうしわがきょうずいじゅんすべしと。

汝阿逸多、我以↢此法門及諸仏↡嘱↢累於汝↡。汝当↢修行カル↟令コト↢滅没↡。如キノ↠是広大微妙法門、一切諸仏之所ナリ↢称讃タマフ↡。勿↫違↢仏教↡而棄↢捨↡、当コト↪汝等獲↢不善↡、淪↢没長夜↡、備↩衆危苦↨。是我今為嘱累。当↠令↢是ヲシテ↟滅。応シト↣勤修行随↢順↡。

【21】そのときそん、 すなはちじゅきてのたまはく、

時世尊、而↠頌

 もし福徳ふくとくにおいてはじめよりしゅせざるは つひにこのみょうほうかず

↢福徳↡初ヨリルハ↠修不↠聞↢斯微妙

 ゆうみょうによくもろもろのぜんじょうぜるは まさにかくのごときの甚深じんじんきょうくべし

 勇猛ゼルハ↢諸善利↠聞↢如キノ↠是甚深

 かのひとかつてもろもろのそんの よく大光だいこうをなしてじょくすくひたまふにまみ

人曽マミ↧諸世尊↢大光タマフニ↦濁世

 もんそうすることかいのごとくして かれしょうげんあいしん

 多聞総持コトクシテ↢巨海彼獲↢聖賢喜愛

 だい邪見じゃけんれつひと 如来にょらいのこのしょうぼうしんぜず

懈怠・邪見・下劣不↠信↢如来正法

 もしかつてぶつにおいて衆善しゅぜんうるは 救世くせぎょうかれよくしゅせり

 若↠仏ルハ↢衆善救世之行彼能

 たとへば盲人もうじんのつねにやみしょして 他路たろ開導かいどうすることあたはざるがごとし

↤盲人↠闇ルガ↣能開↢導コト於他路

 しょうもんぶっにおけるもまたしかなり いはんやじょうにして悟解ごげせんや

 声聞ケルモ↢仏智↡亦然ナリ有情ニシテ而悟解セムヤ

如来にょらいどくぶつのみみづからろしめせり ただそんのみましましてよくかいしたまふ

如来功徳ノミセリ唯有シテ↢世尊ノミ↡能開示タマフ

 てんりゅうしゃおよばざるところなり じょうおのづからみょうごん

 天・竜・夜叉ナリ↠不↠及二乗自↢於名言

 もしもろもろのじょうまさにぶつして ぎょうげんがんのぼりて

有情当作仏行超↢普賢↡登↢彼岸

 一仏いちぶつどくえんせんに ときこう思議しぎえん

 敷↢演ムニ一仏之功徳時逾↢多劫不思議

 このちゅうげんにおいてめつすとも ぶつしょうはよくはかることなけん

 於↢是中間↡身滅度トモ仏之勝慧ケム↢能コト

 このゆゑに信聞しんもん およびもろもろのぜんしょうじゅそくして

 是具↢足於信聞善友之摂受

 かくのごときのじんみょうほうくことをば まさにもろもろのしょうそんあいじゅうすることをべし

 得↠聞コトヲ↢如キノ↠是深妙↠獲↣愛↢重コトヲ聖尊

如来にょらいしょうくうあまねし くところのごんはただぶつのみさとりたまへり

如来勝智遍↢虚空↠説義言唯仏ノミタマヘリ

 このゆゑにひろもろもろのきて わがきょう如実にょじつごんしんずべし

 是↢諸智士↠信↢我如実

人趣にんしゅしんることはなはだかたし 如来にょらいしゅっふこともまたかた

人趣之身得コト如来出世コトモ亦難

 しんおおときまさにすなはちん このゆゑにしゅせんものしょうじんすべし

 信慧多時方者応↢精進

 かくのごときのみょうほうすでにちょうもんし つねに諸仏しょぶつねんじたてまつりてよろこびをしょうぜん

キノ↠是妙法已聴聞マツリテ↢諸仏↡而生↠喜

 かのひと往昔むかしまことにわがともにして よくぶつだいぎょうよくせりと

 彼往昔 ムカシ ニシテ善能楽↢欲セリト菩提

【22】そのときそん、 このきょうきをはりたまふに、 天人てんにんけんまんせん那由なゆおくしゅじょうありて、 じんとおざかりはなれて法眼ほうげんじょうじゅうおくしゅじょう阿那あなごん六千そくせんはっぴゃく比丘びくしょすでにきてこころだつじゅうおくさつじょうだいより退転たいてんせざるにじゅうし、 だいなる甲冑よろいかぶりてまさにしょうがくじょうずべし。

時世尊、説↢是↡已タマフニ、天人・世間有↢万二千那由他億衆生↡、遠ザカリ↠垢得↢法眼浄↡、二十億衆生得↢阿那含果↡、六千八百比丘、諸漏已得↢解脱↡、四十億菩薩、於↢無上菩提↡住↠不ルニ↢退転↡、被リテ↢大ナル甲冑 ヨロヒ ↡当↠成↢正覚↡。

じゅうおくしゅじょうありて退忍たいにん万億まんおく那由なゆひゃくせんしゅじょうありて、 じょうだいにおいていまだかつてこころおこさず、 いまはじめておこしてもろもろの善根ぜんごんえ、 極楽ごくらくかいしょうじて弥陀みだまみえんとがんじて、 みなまさにかの如来にょらいおうじょうすべし。 おのおのほうにおいてだいじょうぶつして、 おなじくみょうおんづけん。 八万はちまんおく那由なゆしゅじょうありて、 法忍ほうにんじゅせらるることをじょうだいじょうず。 かのりょう寿じゅぶつむかしさつどうぎょうぜるによりて、 ときじょう成熟じょうじゅくしたまふ。 ことごとくみなまさに極楽ごくらくかいしょうじ、 もろもろのむかしおこすところのがん憶念おくねんし、 みなじょうまんすることをたり。

↢二十五億衆生↡得↢不退忍↡、有↢四万億那由他百千衆生↡、於↢無上菩提↡未↢曽↟意、今始初 ハジメ ↢諸善根↡、願↧生↢極楽世界マミエムト↦阿弥陀仏↥、皆当↣往↢生如来↡。各↢異方↡次第成仏、同ケム↢妙音↡。有↢八万億那由他衆生↡、得↣授↢記ラルルコトヲ法忍↡、成↢无上菩提↡。彼無量寿仏昔行ゼルニヨリテ↢菩薩↡、時成↢熟タマフ有情↡。悉皆当↢極楽世界↡、憶↢念モロモロ昔所↠発思願↡、皆得↢成満コトヲ↡。

【23】そのとき三千さんぜん大千だいせんかい六種ろくしゅ震動しんどうし、 ならびに種々しゅじゅ希有けうなる神変じんぺんげんぜり。 だいこうみょうはなちてあまねくかいらし、 りょうおく那由なゆひゃくせんてんにんどう音楽おんがくするに、 せざるにおのづからり、 てんまん陀羅だらあめふらし、 もっしてひざいたる。 すなはち阿迦あか膩吒にだてんいたるまで、 みな種々しゅじゅしゅみょうなるようをなす。

時三千大千世界、六種震動、并ゼリ↢種種希有ナル神変↡。放↢大光明↡普↢世界↡、無量億那由他百千天・人、同時音楽スルニ、不ルニ↠鼓、雨ラシ↢天曼陀羅花↡、没↢于膝↡。乃マデ↢阿迦膩吒天↡、皆作↢種種殊妙ナル供養↡。

ぶつきょうきをはりたまふに、 ろくさつとうおよび尊者そんじゃなん一切いっさい大衆だいしゅぶつ所説しょせつきてみなおおきにかんしき。

仏説↠経タマフニ、弥勒菩薩等及尊者阿難、一切大衆、聞↢仏所説↡皆大歓喜シキ

 

大宝積経 巻第十八

 

底本は◎高麗版(再雕本)¬大蔵経¼所収本。 Ⓐ宋版(思溪版)¬大蔵経¼所収本、 Ⓑ元版(善寧寺版)¬大蔵経¼所収本、 Ⓒ明版(万歴版)¬大蔵経¼所収本、 Ⓓ正倉院聖語蔵本 と対校。
27字→Ⓓ大宝積経無量寿会第五之二[大唐三蔵菩提流志奉詔訳巻十八]
 Ⓒになし
→Ⓒ蔵[法師]
→Ⓑ
→ⒶⒷⒸⒹ
→ⒶⒷⒸⒹ
→Ⓒ
→ⒶⒹ
→Ⓐ
→Ⓒ
→Ⓓ故[也]
→ⒶⒷⒸ
→ⒶⒷⒸ
→Ⓑ
→Ⓓ
→Ⓒ
→ⒶⒷⒸⒹ
→Ⓓ
→ⒶⒷⒸ供[養]
法心→ⒶⒷⒸⒹ心法
→ⒶⒹ
→Ⓒ
→Ⓓ
→ⒷⒸ
→ⒶⒷⒸ→Ⓓ
→Ⓓ
→ⒶⒹ
→Ⓓ
 Ⓓになし
→Ⓒ
→ⒶⒷⒸ
→Ⓑ
→Ⓓ
→ⒶⒷⒸ
塵離→Ⓒ離塵
→ⒶⒷⒸⒹ