仏説無量清浄平等覚経 巻第一

後漢月支国三蔵支婁迦讖訳

 

【1】 ぶつ王舎おうしゃこくりょう鷲山じゅせんのうちにましまして、 だい弟子でししゅせんひゃくじゅうにんとともなりき。 さつしちじゅうじゅつ比丘びくひゃくにん清信しょうじょう七千しちせんにん清信しょうじょうにょひゃくにんよくてんはちじゅうまん色天しきてんしちじゅうまんへんじょうてんろくじゅうじゅつ梵天ぼんてん一億いちおく、 みなぶつしたがひてじゅうせり。

仏在シテ↢王舎国霊鷲山↡、ナリキ↢大弟子衆千二百五十人↡。菩薩七十二那術、比丘尼五百人、清信士七千人、清信女五百人、欲天子八十万、色天子七十万、遍浄天子六十那術、梵天一億、皆随↠仏セリ

神通じんずう飛化ひけ弟子でしあり、 づけて*本際ほんざい賢者けんじゃ*馬師めし賢者けんじゃ大力だいりき賢者けんじゃあんじょう賢者けんじゃ能讃のうさん賢者けんじゃ*満願まんがん賢者けんじゃ*じん賢者けんじゃじゅしょう賢者けんじゃ牛呞ごし賢者けんじゃじょうしょう賢者けんじゃごうしょう賢者けんじゃこん杵坦しょたんしょう賢者けんじゃ*しゃほつ賢者けんじゃ*だいもく揵連けんれん賢者けんじゃ*だいしょう賢者けんじゃ*だい旃延せんえん賢者けんじゃすい賢者けんじゃだい賈師こし賢者けんじゃだい痩短しゅたん賢者けんじゃようべんりょう賢者けんじゃしょう有無うむ賢者けんじゃ宿命しゅくみょう賢者けんじゃりょうじんじょう賢者けんじゃ*善来ぜんらい賢者けんじゃおつ賢者けんじゃおう賢者けんじゃ戒聚かいじゅ賢者けんじゃ類親るいしん賢者けんじゃぼんきょう賢者けんじゃよく賢者けんじゃおうしょう賢者けんじゃ告来ごうらい賢者けんじゃ黒山こくせん賢者けんじゃきょうせつ賢者けんじゃ博聞はくもん賢者けんじゃといふ。

神通飛化弟子アリ↢知本際賢者・馬師賢者・大力賢者・安詳賢者・能讃賢者・満願臂賢者・無塵賢者・氏聚迦葉賢者・牛呞賢者・上時迦葉賢者・治恒迦葉賢者・金杵坦迦葉賢者・舎利弗賢者・大目揵連賢者・大迦葉賢者・大迦旃延賢者・多睡賢者・大賈師賢者・大痩短賢者・盈弁了賢者・不争有無賢者・知宿命賢者・了深定賢者・善来賢者・離越賢者・痴王賢者・氏戒聚賢者・類親賢者・氏梵経賢者・多欲賢者・王宮生賢者・告来賢者・氏黒山賢者・経刹利賢者・博聞賢↡。

そのおんな弟子でしあり、 づけてだいきんじょう比丘びく幻者げんしゃ比丘びくれんしき比丘びくしょうどう比丘びくしょうたん比丘びくしょうそくしゃつう比丘びくあんじき比丘びくたいにゅうなん比丘びくゆう生行しょうぎょう比丘びくじょう比丘びくといふ。

弟子アリ、名↢大欽姓比丘尼・幻者比丘尼・蓮華色比丘尼・生地動比丘尼・生地担比丘尼・生則侍者頭痛比丘尼・安豊殖比丘尼・体柔軟比丘尼・勇生行比丘尼・自浄比丘尼↡。

しょうしんあり、 づけて給飯きっぱんどくちょうじゃ安念あんねんしゅちょうじゃちょうじゃようちょうじゃ善容ぜんようちょうじゃそくほうちょうじゃみょう遠聞おんもんちょうじゃびゃくやくちょうじゃ安吉あんきつちょうじゃ宝盈ほうようちょうじゃ欣讃ごんさんちょうじゃたいおんちょうじゃ供異くいどうちょうじゃゆう降怨ごうおんちょうじゃほうちょうじゃ宝結ほうけつちょうじゃといふ。

清信士アリ、名↢給飯孤独長者・安念衆長者・快臂長者・火英長者・善容長者・具足宝長者・名遠聞長者・香辟疫長者・安吉長者・施宝盈長者・欣讃長者・胎施殷長者・供異道長者・勇降怨長者・宝珥長者・宝結長者↡。

しょう信女しんにょあり、 づけてしょうといひ、 づけて黒哲こくてつといひ、 づけて信法しんぼうといひ、 づけて軟善なんぜんといひ、 づけて楽涼ぎょうりょうといひ、 づけてにんらくといひ、 づけてぎょうあい優婆うばといふ。

清信女アリ、名↢生僂↡、名↢黒哲↡、名↢信法↡、名↢軟善↡、名↢楽涼↡、名↢忍苦楽↡、名↢楽愛優婆夷↡。

かくのごときのにん、 みないち種類しゅるいにして、 しょしょうじんするゆうじょうのものなり。 しゅしゅ、 ことごとくともにだいす。

↠此之人、皆一種類ニシテ、消↢尽諸垢↡勇浄者也。無数之衆、悉大会

ときにおいてぶつしてしょうどうねんしたまふに、 おもてしきひかりありてしゅせんひゃっぺんす。 ひかりはなはだだいみょうなり。

↠時仏坐思↢念タマフニ正道↡、面↢九色光↡数千百変。光甚大明ナリ

賢者けんじゃなんすなはちよりちて、 あらためてぶくただしくし、 仏足ぶっそく稽首けいしゅして、 じょう叉手しゃしゅし、 すすみてぶつにまうしてまうさく、

賢者阿難即↠座起、更クシ↢衣服↡、稽↢首仏足↡、長跪叉手、前↠仏

いまぶつ面目めんもく光色こうしき、 なにをもつてか時々じじ更変こうへんしてあきらかなることすなはちしかるや。 いまぶつ面目めんもくこうしょうしゅひゃく千色せんじきにしてじょうみょうてつしてこのましきことすなはちかくのごとくなる。 われぶつつかへたてまつりてよりこのかた、 いまだかつてぶつ身体しんたい光曜こうよう巍々ぎぎとして重明じゅうみょうなることすなはちしかるをたてまつらず。 われいまだかつてしんとうしょうがくこうみょうじん今日こんにちのごとくみょうこうにしてみだらならざることあるを見たてまつらず。

今仏面目光色、何時時更変ナルコト乎。今仏面目光精、数百千色ニシテ上下明徹シキコトクナル↠是。我侍マツリテヨリ↠仏已来、未↣曽マツラ↢仏身体光曜巍巍トシテ重明ナルコトルヲ↡。我未↫曽マツラ↪至真等正覚光明威神↩如↢今日↡明好ニシテコト↝妄ナラ

かならずまさにもろもろの過去かこ当来とうらい、 もしはほう仏国ぶっこくのいま現在げんざいぶつねんじたまふべしと。

シト↠念タマフ↢諸過去・当来、若他方仏国今現在↡。

ぶつなんげたまはく、 諸天しょてんありてきたりてなんぢにおしふるや、 諸仏しょぶつのなんぢにおしへてわれにはしむるや。 なんぢみづからよりづるやと。

仏告タマハクハ↢阿難↡、有↢諸天↡来ルヤ↠汝、諸仏↠汝↠問↠我耶。若自↠智出

なんぶつにまうしてまうさく、 また諸天しょてんにてもなく諸仏しょぶつおしへにてもなし。 われいまぶつひたてまつるは、 みづからこころよりきたりてぶつにまうしたてまつるのみ。

阿難白↠仏、亦無↢諸天ニテモ↡無↢諸仏ニテモ↡。我今問マツル↠仏者、自↠意出マツル↠仏耳。

ぶつ坐起ざき、 もしはぎょう出入しゅつにゅうとうするところ、 まさに作為さいすべきところ、 まさに教勅きょうちょくすべきところあるごとに、 われすなはちぶつる。 いまぶつひとりまさに展転てんでんしてあひおもひたまふべし。 ゆゑに面色めんしきこうみょうすなはちかくのごとくならしむるのみと。

↧仏坐起、若行出入、有↦所↢至到↡、所↠当↢作為↡、所↞当↢教勅↡、我輒↢仏意↡。今仏独↢展転タマフ↡。故使↢面色光明乃クナラ↟此

ぶつのたまはく、 善哉ぜんざいなん、 なんぢがへるところのものは、 甚深じんじんにしてぜんなり、 だつするところおおし。 なんぢがぶつへるものは、 いちてん阿羅あらかんびゃくぶつよう諸天しょてん人民にんみんおよびけん蠕動ねんどうたぐい布施ふせしてこうかさぬるにすぐるることひゃく千万せんまん億倍おくばいなりと。

仏言、善哉阿難、若↠問、甚深ニシテ快善ナリ、多↠所↢度脱↡。若↠仏、勝コト↧於供↢養一天下阿羅漢・辟支仏↡布↢施諸天・人民及蜎飛蠕動之類↡累ルニ↞劫百千万億倍ナリト矣。

ぶつのたまはく、 なん、 いま諸天しょてん帝王たいおう人民にんみんおよびけん蠕動ねんどうたぐい、 なんぢみなこれをだつすと。

仏言、阿難、今諸天・帝王・人民及蜎飛蠕動之類、汝皆度↢脱スト↡。

ぶつのたまはく、 ぶつじんはなはだおもくしてあたりがたし。 なんぢがへるところのものはおおきにふかし。 なんぢすなはち仏所ぶっしょしんありて、 諸天しょてん人民にんみんもしは比丘びく比丘びく優婆うばそく優婆うばあわれむことおおきにし。 まさに爾々ににみなこれを過度かどすべしと。

仏言、仏威神甚シテ↠当。若↠問。汝乃慈↢心アリテ於仏所↡、哀コト↢諸天・人民若比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷↡大。当シト↣爾爾皆過↢度↡。

ぶつなんかたりたまはく、 けんどんじゅあり、 ただありてはなあることなし、 てんぶつましますは、 すなはちはなありてづるがごときのみ。 けんぶつましますははなはだもうあふことをがたし。 いまわれぶつとなりててんでたり。

仏語タマハク↢阿難、如↧世間↢優曇鉢樹↡、但有↠実無↠有コト↠華、天下スハ↠仏、乃↠華出ルガ↥耳。世間スハ↠仏甚↠得↠値コトヲ。今我作↠仏タリ↢於天下↡。

なんぢ大徳だいとくありてそうみょう善心ぜんしんにしてあらかじめぶつるに、 なんぢみだりに仏辺ぶっぺんにありてぶつつかへずと。 なんぢいまへるところ、 よくきあきらかにけと。

若有↢大徳↡聡明善心ニシテ↢仏意↡、若不↧妄↢仏辺↡侍↞仏也。若今所↠問、善ケト

【2】 ぶつなんかたりたまはく、 さき過去かここう大衆だいしゅにしてかぞふべからず、 辺幅へんぷくなくはかるべからず、 すなはちそのとき過去かこぶつましましき、 じょうこう如来にょらいづく。

仏語タマハク↢阿難↡、前已過去劫、大衆多ニシテ不↠可↠計、無↢辺幅↡不↠可↢議時有シキ↢過去仏↡、名定光如来↡。

またつぎぶつまします、 づけて曜光ようこうといふ。 またつぎぶつまします、 日月にちがつこうづく。 またつぎぶつまします、 あんみょうせんづく。 またつぎぶつまします、 日月にちがつめんづく。 またつぎぶつまします、 じんづく。

復次↠仏、名↢曜光↡。復次↠仏、名↢日月香↡。復次↠仏、名↢安明山↡。復次↠仏、名↢日月面↡。復次↠仏、名↢無塵垢↡。

またつぎぶつまします、 てんづく。 またつぎぶつまします、 づけてにょりゅうしょぶくといふ。 またつぎぶつまします、 づけて日光にっこうといふ。 またつぎぶつまします、 だい音王おんおうづく。 またつぎぶつまします、 宝潔ほうけつみょうづく。

復次↠仏、名↢無沾汚↡。復次↠仏、名↢如竜無所不伏↡。復次↠仏、名↢日光↡。復次↠仏、名↢大音王↡。復次↠仏、名↢宝潔明↡。

またつぎぶつまします、 づけて金蔵こんぞうといふ。 またつぎぶつまします、 えん宝光ほうこうづく。 またつぎぶつまします、 づけて有挙うこといふ。 またつぎぶつまします、 づけて琉璃るりこうといふ。 またつぎぶつまします、 日月にちがつこうづく。

復次↠仏、名↢金蔵↡。復次↠仏、名↢焔宝光↡。復次↠仏、名↢有挙地↡。復次↠仏、名↢琉璃光↡。復次↠仏、名日月光↡。

またつぎぶつまします、 づけて日音にっとんじょうといふ。 またつぎぶつまします、 こうみょうづく。 またつぎぶつまします、 神通じんずう遊持ゆじ如海にょかいづく。 またつぎぶつまします、 嗟歎しゃたんこうづく。 またつぎぶつまします、 そく宝潔ほうけつづく。

復次↠仏、名↢日音声↡。復次↠仏、名↢光明華↡。復次↠仏、名↢神通遊持意如海↡。復次↠仏、名↢嗟歎光↡。復次↠仏、名↢具足宝潔↡。

またつぎぶつまします、 光開こうかいづく。 またつぎぶつまします、 づけてだい香聞こうもんといふ。 またつぎぶつまします、 づけてごうしつといふ。 またつぎぶつまします、 みょう琉璃るり紫磨しま金焔こんえんづく。 またつぎぶつまします、 しんどうのうしゃづく。

復次↠仏、↢光開化↡。復次↠仏、名↢大香聞↡。復次↠仏、名↢降棄恚嫉↡。復次↠仏、名↢妙琉璃紫磨金焔↡。復次↠仏、名↢心持道華无能過者↡。

またつぎぶつまします、 しゃくじゅづく。 またつぎぶつまします、 すい月光がつこうづく。 またつぎぶつまします、 除衆じょしゅみょうづく。 またつぎぶつまします、 日光にっこうがいづく。 またつぎぶつまします、 おん如来にょらいづく。

復次↠仏、↢積衆華↡。復次↠仏、名↢水月光↡。復次↠仏、↢除衆冥↡。復次↠仏、名↢日光蓋↡。復次↠仏、↢温和如来↡。

またつぎぶつまします、 づけてほうといふ。 またつぎぶつまします、 師子ししぞうおうづく。 またつぎぶつまします、 づけてごうといふ。 またつぎぶつまします、 づけてじょうおんといふ。 またつぎぶつまします、 不可ふかしょうづく。

復次↠仏、名↢法意↡。復次↠仏、↢師子威象王歩↡。復次↠仏、名↢世豪↡。復次↠仏、名↢浄音↡。復次↠仏、↢不可勝↡。

またつぎぶつまします、 楼夷るいこうづく。 うちにましましてきょうじゅしたまふことじゅうこうなり。 みなすでにりたまひき。

復次↠仏、↢楼夷亘羅↡。↠中教授タマフコト四十二劫ナリ皆已タマヒキ

すなはちそのこうときぶつとなれり。 てんじょうてんにんちゅうおうきょうどうほうちゅうゆうみょうしょうなり。 ぶつ諸天しょてんおよび人民にんみんのために、 きょうどうこうず、 よくにょうおうぎたるものなし。

時作レリ↠仏。天上天下人中之雄、経道法中勇猛之将ナリ。仏為↢諸天及人民↡、説↠経↠道、莫↣能タル↢者世饒王↡。

きょうどうかんかいして、 すなはちこくて、 ぎょうじて比丘びくとなり、 どん摩迦まかづく。 さつおこひととなり高才こうざい智慧ちえゆうみょうにして、 よくゆるものなし。 ぜつせり。

↢経道↡歓喜開解、便↢国位↡、行↢比丘↡、名↢曇摩迦留↡。発↢菩薩意↡為↠人高才、智慧勇猛ニシテ、无↢能者↡。与↠世絶異セリ

にょう王仏おうぶつみもといたりて、 稽首けいしゅしてらいをなし、 じょう叉手しゃしゅし、 ぶつしょうさんしてまうさく、

↢世饒王仏↡、稽首↠礼、長跪叉手、称↢讃↡言

りょう光曜こうよう じんきわまりあることなし

無量之光曜威神无↠有コト↠極

かくのごときのえんみょう よくともにひとしきものなし

↠是之焔明↢能者↡

もしは摩尼まにつきみずかたちをもつてするも

テスルモ↢日・摩尼・火・月・水之形

そのひかりおよぶべからず そのいろもまたくらべがたく

景不↠可↠及亦難↠比

顔色げんしき称量しょうりょうしがたし 一切いっさいさいなり

顔色難↢称量一切世之最ナリ

かくのごときのだいおんじょう もろもろのしゅせつへん

キノ↠是大音声↢諸无数刹

あるいは三昧さんまいじょうしょうじんおよび智慧ちえをもつて

↢三昧定・精進及智慧

とくともがらあることなし しゅしょうにしてまた希有けうなり

威徳无↠有コト↠輩殊勝ニシテ亦希有ナリ

じんにあきらかに善念ぜんねんし これより仏法ぶっぽう

深微善念↠是得↢仏法

かくうみのごとく そのかぎそこあることなし

持覚若↢如 ゴト 限無↠有コト↠底

しんおよび愚痴ぐちは そんのなきところなり

瞋恚及愚痴世尊之所ナリ↠無

ぶつおうなるを嗟歎しゃたんするに しゅう厭足えんそくなし

嗟↢歎ルニ世雄ナルヲ終始無↢厭足↡

ぶつこうじゅのごとく あいぎょうせざるものなし

↢好花樹↧不↢愛楽↡者↥

処々しょしょ人民にんみんて 一切いっさいみなかん

処処人民見一切皆歓喜

われぶつせしめんとき ねがはくは法王ほうおうのごとく

メム↢我作仏↡時クハ使メム↧如↢法王

しょう過度かどし だつせざるものなからしめん

過↢度於生死↦不↢解脱↡者↥

だん調じょうぶくかいにんおよびしょうじん

檀施・調伏意・戒・忍及精進

かくのごときの三昧さんまいじょう智慧ちえじょうさいとならん

キノ↠是三昧定・智慧為↢上最

われちかぶつば あまねくこの逮得たいとくして

吾誓↠仏逮↢得

一切いっさいもろもろの恐懼くく われために大安だいあんしめん

一切諸恐懼我為シメム↢大安

たとひひゃく千億せんおくまんじゅつぶつあらんに

仮令ムニ↢百千億万那術仏↡

かくのごときのぶつかず 恒水ごうすいいさごのごとくならしめ

キノ↠是仏之数使↠如クナラ↢恒水

かぞふるに沙等すなとうぶつをもつてす 一切いっさいみなようせんよりは

ルニテス↢沙等一切皆供養セムヨリハ

しょうどうもとめて 堅勇けんゆうにしておそれざるにはしかず

不↠如↧求↢正堅勇ニシテ而不ルニハ

たとへば恒水ごうすいのなかの しゃのごときかい

↢恒水流沙↡之世界

またばいしてかぞふべからざる しゅせつ

復倍↠可↠計無数之刹土

光焔こうえん一切いっさいあきらかに この諸数しょしゅくにへん

光焔一切アキラカ↢此諸数

かくのごときのしょうじんりき じんはかるべきことかたし

キノ↠是精進力威神難↠可コト↠量

われおうとならんに こくさい第一だいいちならしめん

メム↧我為ムニ↢世雄国土ヲシテ最第一ナラ

そのしゅはことにみょうこうにして どうじょう諸刹しょせつ

妙好ニシテ道場↢諸刹

くに泥洹ないおんかいのごとく しかも等双とうそうあることなからん

↢泥洹界ラム↠有コト↢等双↡

われまさにつねに愍哀あいみんして 一切いっさいにんだつせん

我当愍哀度↢脱一切

十方じっぽうよりおうじょうせんもの その心悦しんえつ清浄しょうじょう

十方ヨリ往生心悦清浄

すでにわがくに来到らいとうせば らくにしてよろこ安隠あんのんならん

来↢到快楽ニシテ安隠ナラム

ねがはくはぶつしんみょうあらわしたまへ これわが等一だいいちしょうなり

アラハシタマヘ↢信明是我等一ナリ

発願ほつがんかしこにあり しょうじんしてほっするところをつとめん

発願在↢於彼精進ツトメ↠所↠欲

十方じっぽうのもろもろのそん みな無礙むげまします

十方世尊皆有↢無慧↡

つねにこの尊雄そんおうねんじ わがこころしょぎょうりたまへ

↢此尊雄タマヘ↢我所行

わがをして もろもろのどくのなかにじゅうせしむとも

トモ↣我ヲシテ止↢住於諸苦毒

わがぎょうしょうじんにつとめて これをしのびてつひにいじと

行精進↠之↠悔

【3】 ほう宝蔵ほうぞう比丘びくこれをき、 にょうおう如来にょらいしんとうしょうがくしょうさんしをはり、 こころおこしてじょうしょう真道しんどうさいしょうがくもとめんとほっす。 われこのがんつること、 多陀ただかつぶつのごとく、 あらゆるもののがんことごとくこれをて、 ひとごんしょう根本こんぽんきて、 ことごとくぶつのごとくならしめん。

法宝蔵比丘説↠此、唱↢讃世饒王如来・至真・等正覚↡已、発↠意↠求ムト↢無上正真道最正覚↡。我立コト↢是↡、如↢多陀竭仏↡、所有者願悉↠之、抜↢人勤苦生死根本↡、悉メム↠如クナラ↠仏

ねがはくはためにきょうきたまへ。 ほどこすべきところをぎょうじて、 けつしめん。 われぶつとならんときおよぶものなからしめん。 ねがはくはぶつわがために諸仏しょぶっこくどくきたまへ、 われまさに奉持ぶじすべし。 まさにこのなかにじゅうして、 がんりてぶつとなり、 くにもまたかくのごとくなるべしと。

タマヘ↠経。所↠可↠施、令↢疾得↟決。我作↠仏時、令↠無↢及者↡。願クハ仏為↠我タマヘ↢諸仏国功徳↡、我当↢奉持↡。当シト、取↠願↠仏、国亦如クナル↟是

ぶつなんかたりたまはく、 そのにょう王仏おうぶつそのこうみょう所願しょがんぜんなるをりて、 すなはちほう宝蔵ほうぞうさつのためにきょうきてのたまはく、

仏語タマハク↢阿難↡、其世饒王仏知↢其高明所願快善ナルヲ↡、即↢法宝蔵菩薩↡説↠経

たとへば大海だいかいみず一人いちにんにしてこれを升量しょうりょうせんに、 一劫いっこうにしてまずは、 なほじんしてうみをして空竭くうかつならしめその底泥たいでいべきがごとし。 ひとしんどうもとめんに、 いかにしてかまさにべからざらんや。 しゃくしょうじんして休止くしせざれば、 かならずしんちゅう所欲しょよくがんべきのみと。

↫大海水、一人ニシテ升↢量ムニ↡、一劫ニシテ↠止、尚可↪枯尽↢海ヲシテ空竭ナラ↡得↩其底泥↨。人至心メムニ↠道何而イカニシテカラム↠可↠得乎。求索レバ↢休止↡者、会ベキ↢心中所欲↡耳

【4】 ほう宝蔵ほうぞうさつにょう王仏おうぶつきょうきたまふことかくのごとくなるをきて、 すなはちおおきにかんやくす。

法宝蔵菩薩聞↢世饒王仏タマフコト↠経クナルヲ↟是、則歓喜踊躍

そのぶつすなはちためにひゃくいちじゅうおく仏国ぶっこくのなかの諸天しょてん人民にんみん善悪ぜんあくこく好醜こうしゅせんじゃくして、 ためにしんちゅう所願しょがんえらばしめ、 もちゐてこれをあたふ。

仏則選↢択二百一十億仏国諸天・人民善悪、国土之好醜↡、為シメ↢心中所願↡、用↠之

にょう王仏おうぶつきょうきたまふことをはりて、 ほう宝蔵ほうぞうさつすなはちそのこころいつにして、 すなはち天眼てんげんてっしてことごとくみづからひゃくいちじゅうおく諸仏しょぶっこくのなかの諸天しょてん人民にんみん善悪ぜんあくこく好醜こうしゅて、 すなはちしん所欲しょよくがんえらびて、

世饒王仏説タマフコト↠経、法宝蔵菩薩便ニシテ↢其↡、則↢天眼↡徹視↢二百一十億諸仏国諸天・人民之善悪、国土之好醜↡、則↢心所欲↡、

すなはちこのじゅうがんきょう結得けっとくし、

便結↢得二十四願経↡、

すなはちこれをぎょうすることしょうじんゆうみょうに、 ごんしゃくす。

奉↢行コト↡精進勇猛、勤苦求索

かくのごとくなること央数おうしゅこうなり。

クナルコト↠是無央数劫ナリ

師事しじようするところの諸仏しょぶつ過去かこぶつもまた央数おうしゅなり。

↢師事供養諸仏・已過去亦无央数ナリ

そのほう宝蔵ほうぞうさつそのしかうしてのちいたりてみづからいたしてぶつするをて、 りょう清浄しょうじょうかくづく。 最尊さいそん智慧ちえゆうみょうにしてこうみょうならびなし。 いま現在げんざいしょくにはなはだぜんなり。 ほう仏国ぶっこくにありて、 八方はっぽうじょう央数おうしゅ諸天しょてん人民にんみんおよびけん蠕動ねんどうたぐいきょうじゅするに、 憂苦うく過度かどだつするをざるはなしと。

法宝蔵菩薩至シテ↡自シテ↢作仏ルヲ↡、名↢無量清浄覚↡。最尊智慧勇猛ニシテ光明無↠比。今現在所居国甚快善ナリ。在↢他方異仏国↡、教↢授ルニ八方上下無央数諸天・人民及蜎飛蠕動之類↡、莫シト↠不ルハ↠得↤過↢度解↣脱ルヲ憂苦↡者。

りょう清浄しょうじょうぶつさつたりしとき、 つねにこのじゅうがんぎょうして、 珍宝ちんぽうのごとくあいじゅう保持ほじじゅんし、 しょうじんにしてもっぱらこれをぎょうず。 しゅちょうぜつ卓然たくねんとしてあり。 みなよくおよぶものあることなしと。

无量清浄仏為リシ↢菩薩↡時、常奉↢行二十四願↡、珍宝ノゴトク愛重保持恭順、精進ニシテモハ↠之。与↠衆超絶卓然トシテ↠異。皆無シト↠有コト↢能者↡。

ぶつのたまはく、 なんらをかじゅうがんとなす。

仏言、何等ヲカ↢二十四願↡者。

いちに、 われぶつせんとき、 わがこくちゅうごくきんじゅう餓鬼がきけん蠕動ねんどうたぐいあることなからしめん。 このがんばすなはちぶつせん。 このがんしたがふことをずはつひにぶつせじと。

、我作仏セム時、令メム↢我国中↟有コト↢地獄・禽獣・餓鬼・蜎飛蠕動之類↡。得↢是↡乃作仏。不↠得↠従コトヲ↢是↡終↢作仏↡。

に、 われぶつせんとき、 わがこくちゅう人民にんみんわがくにらいしょうするものあらんに、 わがくによりりて、 またごく餓鬼がききんじゅう蠕動ねんどうかえらざらしめん。 そのなかにしょうずることあらば、 われぶつせじと。

、我作仏セム時、令メム↫我国中人民有ムニ↧来↢生↡者↥、従↢我国↡去、不↪復更↩地獄・餓鬼・禽獣・蠕動↨。有↠生コト↢其↡者、我不↢作仏↡。

さんに、 われぶつせんとき人民にんみんわがくにらいしょうするものあらんに、 いち色類しきるい金色こんじきならずは、 われぶつせじと。

、我作仏セム時、人民有ムニ↧来↢生↡者↥、不↢一色類金色ナラ↡者、我不↢作仏↡。

に、 われぶつせんとき人民にんみんわがくにらいしょうするものあらんに、 天人てんにん間人けんにんあらば、 われぶつせじと。

、我作仏セム時、人民有ムニ↧来↢生↡者↥、天人・世間人↠異者、我不↢作仏↡。

に、 われぶつせんとき人民にんみんわがくにらいしょうするものあらんに、 みなみづからじゅうらいするところのしょう本末ほんまつじゅうらいするところのじゅう億劫おくこう宿命しゅくみょうして、 ことごとくじゅうらいするところのしょうねんせずは、 われぶつせじと。

、我作仏セム時、人民有ムニ↧来↢生↡者↥、皆自↧所↢従来↡生本末、所↢従来↡十億劫宿命↥、不↧悉知↦念↢従来↡生↥、我不↢作仏↡。

ろくに、 われぶつせんとき人民にんみんわがくにらいしょうするものあらんに、 ことごとくてっせずは、 われぶつせじと。

、我作仏セム時、人民有ムニ↧来↢生↡者↥、不↢悉徹視↡、我不↢作仏↡。

しちに、 われぶつせんとき人民にんみんわがくにらいしょうするものあらんに、 ことごとくにんしんちゅう所念しょねんらずは、 われぶつせじと。

、我作仏セム時、人民有ムニ↧来↢生↡者↥、不↣悉↢他人心中所念↡者、我不↢作仏↡。

はちに、 われぶつせんとき、 わがこくちゅう人民にんみん、 ことごとくせずは、 われぶつせじと。

、我作仏セム時、我国中人民、不↢悉↡者、我不↢作仏↡。

に、 われぶつせんとき、 わがこくちゅう人民にんみん、 ことごとくてっちょうせずは、 われぶつせじと。

、我作仏セム時、我国中人民、不↢悉徹聴↡者、我不↢作仏↡。

じゅうに、 われぶつせんとき、 わがこくちゅう人民にんみん愛欲あいよくあらば、 われぶつせじと。

、我作仏セム時、我国中人民、有↢愛欲↡者、我不↢作仏↡。

じゅういちに、 われぶつせんとき、 わがこくちゅう人民にんみん尽般じんはつ泥洹ないおんじゅうせん。 しからずはわれぶつせじと。

十一、我作仏セム時、我国中人民、住↢止尽般泥洹↡。不↠爾者我不↢作仏↡。

じゅうに、 われぶつせんとき、 わがくにのもろもろの弟子でし八方はっぽうじょうのおのおの千億せんおく仏国ぶっこくちゅう諸天しょてん人民にんみん蠕動ねんどうたぐいをして*えん一覚いちかくだい弟子でしとならしめ、 みなぜん一心いっしんにともにわがこくちゅうのもろもろの弟子でしかぞへて、 ひゃく億劫おくこうじゅうすとも、 よくかぞふものなからん。 しからずはわれぶつせじと。

十二、我作仏セム時、我弟子、令↢八方上下千億仏国中諸天・人民・蠕動之類ヲシテ↢縁一覚・大弟子↡、皆禅一心↢我国中弟子↡、住↢至トモ百億劫↡、無ラム↢能者↡。不↠爾者我不↢作仏↡。

じゅうさんに、 われぶつせんとき、 わがこうみょうをして日月にちがつ諸仏しょぶつみょうすぐるることひゃく億万おくまんばいならしめ、 しゅてんようみょうところらして、 みなつねにだいみょうなるべし。 諸天しょてん人民にんみん蠕動ねんどうたぐいわがこうみょうて、 しんをもつてぜんをなしわがくにらいしょうせざるはなけん。 しからずはわれぶつせじと。

十三、我作仏セム時、令↧我光明ヲシテコト↢於日月・諸仏之明↡百億万倍ナラ↥、テラシ↢無数天下窈冥之処↡、皆常大明ナルベシ。諸天・人民・蠕動之類、見↢我光明↡、莫ケム↠不ルハ↣慈心ヲモテ↠善来↢生↡。不↠爾者我不↢作仏↡。

じゅうに、 われぶつせんとき八方はっぽうじょうしゅ仏国ぶっこく諸天しょてん人民にんみん蠕動ねんどうたぐいをしてえん一覚いちかくしょう弟子でししめ、 ぜん一心いっしんにともにわが年寿ねんじゅ幾千いくせん万億まんおくこうなるをかぞらんとほっするに、 よく寿いのち涯底がいたいるものなからしめん。 しからずはわれぶつせじと。

十四、我作仏セム時、令↢八方上下無数仏国諸天・人民・蠕動之類↡令↠得↢縁一覚・果証弟子↡、坐禅一心ルニ↣共↢知ムト年寿幾千万億劫ナルヲ↡、令メム↠無↧能↢寿涯底↡者↥。不↠爾者我不↢作仏↡。

じゅうに、 われぶつせんとき人民にんみんわがくにらいしょうするものあらんに、 わがこくちゅう人民にんみん所願しょがんをばのぞき、 人民にんみん寿じゅみょうよくかぞふるものあることなけん。 しからずはわれぶつせじと。

十五、我作仏セム時、人民有ムニ↧来↢生↡者↥、除↢我国中人民所願ヲバ↡、余人民寿命无ケム↠有コト↢能フル者↡。不↠爾者我不↢作仏↡。

じゅうろくに、 われぶつせんときこくちゅう人民にんみんみな悪心あくしんあることなからしめん。 しからずはわれぶつせじと。

十六、我作仏セム時、国中人民皆使メム↠莫↠有コト↢悪心↡。不↠爾者我不↢作仏↡。

じゅうしちに、 われぶつせんとき、 わがをして八方はっぽうじょうしゅ仏国ぶっこくかしめん。 諸仏しょぶつおのおの弟子でししゅのなかにおいて、 わがどくこくぜんたんぜん。 諸天しょてん人民にんみん蠕動ねんどうたぐいわがみょうきて、 みなことごとくやくして、 わがくにらいしょうせん。 しからずはわれぶつせじと。

十七、我作仏セム時、令メム↣我ヲシテ↢八方上下無数仏国↡。諸仏各↢弟子衆↡、歎ゼム↢我功徳・国土之善↡。諸天・人民・蠕動之類聞↢我名字↡、皆悉踊躍、来↢生↡。不↠爾者我不↢作仏↡。

じゅうはちに、 われぶつせんときしょ仏国ぶっこく人民にんみんさつどうをなすものあり、 つねにわれをねんじてじょうけつしんならんに、 寿いのちおわときわれ不可ふか比丘びくしゅとともにぎょうしてこれをむかへ、 ともにまえにありてち、 すなはちかえりてわがくにしょうじて、 ゆいおっとならん。 しからずはわれぶつせじと。

十八、我作仏セム時、諸仏国人民、有↧作↢菩薩道↡者↥、常↠我浄潔心ナラムニ、寿終時、我与↢不可計比丘衆↡飛行↠之、共↠前、即ジテ↢我↡、作ラム↢阿惟越致↡。不↠爾者我不↢作仏↡。

じゅうに、 われぶつせんときほう仏国ぶっこく人民にんみんぜんあくをなすに、 わがみょうき、 およびまさしくどうをなし、 わがくにらいしょうせんとほっせん。 寿いのちへてみなまたさん悪道まくどうかえらず、 すなはちわがくにうまれてこころ所願しょがんのごとくあらしめん。 しからずはわれぶつせじと。

十九、我作仏セム時、他方仏国人民、前世↠悪、聞↢我名字↡、及↠道、欲セム↣来↢生ムト↡。寿終皆令メム↧不↣復更↢三悪道↡、則レテ↢我↡在↦心所願ノゴトク↥。不↠爾者我不↢作仏↡。

じゅうに、 われぶつせんとき、 わがくにのもろもろのさついっしょうひとしくしてこのがんどくかざらん。 しからずはわれぶつせじと。

二十、我作仏セム時、我菩薩、不ラム↣一生クシテ↢是余願功徳↡。不↠爾者我不↢作仏↡。

じゅういちに、 われぶつせんとき、 わがくにのもろもろのさつ、 ことごとくさんじゅうそうならずは、 われぶつせじと。

二十一、我作仏セム時、我菩薩、不↢悉三十二相ナラ↡者、我不↢作仏↡。

じゅうに、 われぶつせんとき、 わがくにのもろもろのさつ、 ともに八方はっぽうじょうしゅ諸仏しょぶつようせんとほっせんに、 みなぎょうせしめ、 万種まんじゅねんのものをんとほっせば、 すなはちみなまえにあり、 ようして諸仏しょぶつようし、 ことごとくへんしをはりてのちいまだちゅうならざるに、 すなはちわがくにかえらん。 しからずはわれぶつせじと。

二十二、我作仏セム時、我菩薩、欲ムニ↢共供↢養ムト八方上下無数諸仏↡、皆令↢飛行↡、欲↠得ムト↢万種自然之物↡、則皆在↠前、持用供↢養諸仏↡、悉後、日未ルニ↠中ナラ、則↢我↡。不↠爾者我不↢作仏↡。

じゅうさんに、 われぶつせんとき、 わがくにのもろもろのさつぼんせんとほっするとき、 すなはち七宝しっぽうはちのなかにねんひゃく飲食おんじきしょうじてまえにあり、 じきしをはらばはちみなねんらん。 しからずはわれぶつせじと。

二十三、我作仏セム時、我菩薩、欲↠飯ムト、則七宝↢自然百味飲食↡在↠前、食鉢皆自然。不↠爾者我不↢作仏↡。

じゅうに、 われぶつせんとき、 わがくにのもろもろのさつきょうどうぎょうずることぶつのごとくならずは、 われぶつせじと。

二十四、我作仏セム時、我菩薩、説↠経コト↠道↠如クナラ↠仏者、我不↢作仏↡。

【5】 ぶつなんげたまはく、 りょう清浄しょうじょうぶつさつたりしとき、 つねにこのじゅうがんぎょうし、

仏告タマハク↢阿難↡、無量清浄仏為リシ↢菩薩↡時、常奉↢行二十四願↡、

分檀ぶんだん布施ふせして道禁どうきんおかさず、 忍辱にんにくしょうじん一心いっしん智慧ちえをもつてがんつねにゆうみょうに、 きょうぼうそしらずしゃくしておこたらず、

分檀布施不↠犯↢道禁↡、忍辱・精進・一心・智慧ヲモテ志願常勇猛、不↠毀↢経法↡求索不↠懈

つねにひとりにしてくにおうてて、 財色ざいしきぜっし、 精明しょうみょうがんしてちゃくまくするところなく、

リニシテ↠国テテ↠王、絶↢去財色↡、精明求願↠所↢適莫↡、

こうとくかさぬること央数おうしゅこうにして、 みづからぶついたし、 ことごとくみなこれをてそのこうわすれずと。

↠功コト↠徳无央数劫ニシテ、自↢作仏↡、悉皆得↠之忘↢其↡也。

ぶつのたまはく、 りょう清浄しょうじょうぶつこうみょう最尊さいそん第一だいいちにしてならびなし。 諸仏しょぶつこうみょうのみなおよばざるところなり。

仏言、無量清浄仏光明最尊第一ニシテ↠比。諸仏光明皆所↠不↠及也。

八方はっぽうじょう央数おうしゅ諸仏しょぶつのなかに、 ぶつ項中ちょうちゅうこうみょうしちじょうらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうひかりいちらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょう五里ごりらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうじゅうらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうじゅうらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうはちじゅうらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうひゃくろくじゅうらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうさんびゃくじゅうらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうろっぴゃくじゅうらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうせんさんびゃくらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうせんろっぴゃくらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうせんひゃくらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうまんひゃくらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうまん一千いっせんらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうまんせんらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょう八万はちまんせんらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうじゅう七万しちまんらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうさんじゅうまんらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうしちじゅうまんらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうひゃくじゅうまんらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうさんびゃくまんらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうろっぴゃくまんらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうせんひゃくまんらすあり、

八方上下無央数諸仏、有↣仏項中光明照↢七丈↡、中↣仏項中光照↢一里↡、中、有↣仏項中光明照↢五里↡、中有↣仏項中光明照↢二十里↡、中、有↣仏項中光明照↢四十里↡、中、有↣仏項中光明照↢八十里↡、中、有↣仏項中光明照↢百六十里↡、中、有↣仏項中光明照↢三百二十里↡、中、有↣仏項中光明照↢六百四十里↡、中、有↣仏項中光明照↢千三百里↡、中、有↣仏項中光明照↢二千六百里↡、中、有↣仏項中光明照↢五千二百里↡、中、有↣仏項中光明照↢万四百里↡、中、有↣仏項中光明照↢二万一千里↡、中、有↣仏項中光明照↢四万二千里↡、中、有↣仏項中光明照↢八万四千里↡、中、有↣仏項中光明照↢十七万里↡、中、有↣仏項中光明照↢三十五万里↡、中、有↣仏項中光明照↢七十万里↡、中、有↣仏項中光明照↢百五十万里↡、中、有↣仏項中光明照↢三百万里↡、中、有↣仏項中光明照↢六百万里↡、中、有↣仏項中光明照↢千二百万里↡、

なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょういち仏国ぶっこくらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうりょう仏国ぶっこくらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょう仏国ぶっこくらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうはち仏国ぶっこくらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうじゅう仏国ぶっこくらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうさんじゅう仏国ぶっこくらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうろくじゅう仏国ぶっこくらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうひゃくじゅう仏国ぶっこくらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうひゃく仏国ぶっこくらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうせん仏国ぶっこくらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうせん仏国ぶっこくらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうせん仏国ぶっこくらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょう八千はっせん仏国ぶっこくらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうまん六千ろくせん仏国ぶっこくらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょう三万さんまんせん仏国ぶっこくらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょう六万ろくまんせん仏国ぶっこくらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうじゅう三万さんまん仏国ぶっこくらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうじゅう六万ろくまん仏国ぶっこくらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうじゅうまん仏国ぶっこくらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうひゃくまん仏国ぶっこくらすあり、 なかにぶつ項中ちょうちゅうこうみょうひゃくまん仏国ぶっこくらすあり。

、有↣仏項中光明照↢一仏国↡、中、有↣仏項中光明照↢両仏国↡、中、有↣仏項中光明照↢四仏国↡、中、有↣仏項中光明照↢八仏国↡、中、有↣仏項中光明照↢十五仏国↡、中、有↣仏項中光明照↢三十仏国↡、中、有↣仏項中光明照↢六十仏国↡、中、有↣仏項中光明照↢百二十仏国↡、中、有↣仏項中光明照↢五百仏国↡、中、有↣仏項中光明照↢千仏国↡、中、有↣仏項中光明照↢二千仏国↡、中、有↣仏項中光明照↢四千仏国↡、中、有↣仏項中光明照↢八千仏国↡、中、有↣仏項中光明照↢万六千仏国↡、中、有↣仏項中光明照↢三万二千仏国↡、中、有↣仏項中光明照↢六万四千仏国↡、中、有↣仏項中光明照↢十三万仏国↡、中、有↣仏項中光明照↢二十六万仏国↡、中、有↣仏項中光明照↢五十万仏国↡、中、有↣仏項中光明照↢百万仏国↡、中、有↣仏項中光明照↢二百万仏国↡。

ぶつのたまはく、 八方はっぽうじょう央数おうしゅ諸仏しょぶつ、 その項中ちょうちゅうこうみょうらすところみなかくのごとし。 りょう清浄しょうじょうぶつ項中ちょうちゅうこうみょう千万せんまん仏国ぶっこくえんしょうす。

仏言、八方上下無央数諸仏、其項中光明所↠照皆如↠是也。無量清浄仏項中光明焔↢照千万仏国↡。

諸仏しょぶつこうみょうらすところに遠近おんごんあるはいかんとなれば、 もとぜん宿命しゅくみょうに、 どうもとめてさつたりしとき所願しょがんどく、 おのおのみづからだいしょうあり、 それしかうしてのちいたりてぶつせんとき、 ことごとくおのおのみづからこれをたり。

所↣以諸仏光明↠照↢遠近↡者何ントナレバ、本前世宿命、求↠道リシ↢菩薩↡時、所願功徳、各↢大小↡、至シテ↡作仏時、悉↠之

このゆゑにこうみょうをしてうたた同等どうとうならざらしむ。 諸仏しょぶつじん同等どうとうなるのみ。 ざいこころ所欲しょよくのごとく作為さいして、 あらかじめはからず。 りょう清浄しょうじょうぶつこうみょうらすところ最大さいだいなり。 諸仏しょぶつこうみょうみなおよぶことあたはざるところなりと。

↣光明ヲシテ↢同等ナラ↡。諸仏威神同等ナル耳。自在所欲ノゴトク作為、不↢予↡。無量清浄仏光明所↠照最大ナリ。諸仏光明皆所↠不↠能↠及コト

【6】 ぶつりょう清浄しょうじょうぶつこうみょうしょうしたまふ。 りょう清浄しょうじょうぶつこうみょう極善ごくぜんにしてぜんのなかのみょうこうなり。 はなはだこころよきことならびなく絶殊ぜっしゅごくなり。 りょう清浄しょうじょうぶつこうみょう殊好しゅこうにして、 日月にちがつみょうすぐるることひゃく億万おくまんばいなり。 りょう清浄しょうじょうぶつこうみょう諸仏しょぶつこうみょうのなかのごくみょうなり。 りょう清浄しょうじょうぶつこうみょう諸仏しょぶつこうみょうのなかの極好ごくこうなり。 りょう清浄しょうじょうぶつこうみょう諸仏しょぶつこうみょうのなかのごく雄傑おうけつなり。 りょう清浄しょうじょうぶつこうみょう諸仏しょぶつこうみょうのなかのぜんなり。 りょう清浄しょうじょうぶつこうみょう諸仏しょぶつこうみょうのなかのおうなり。 りょう清浄しょうじょうぶつこうみょう諸仏しょぶつこうみょうのなかのさい極尊ごくそんなり。 りょう清浄しょうじょうぶつこうみょう諸仏しょぶつこうみょうのなかの寿じゅみょうごくなり。

仏称↢誉タマフ无量清浄仏光明↡。无量清浄仏光明極善ニシテ明好ナリ。甚キコト↠比絶殊無極也。无量清浄仏光明殊好ニシテ、勝コト↢於日月之明↡百億万倍也。無量清浄仏光明諸仏光明中之極明也。無量清浄仏光明諸仏光明中之極好也。無量清浄仏光明諸仏光明中之極雄傑也。無量清浄仏光明諸仏光明中之快善也。無量清浄仏光明諸仏光明中之王也。無量清浄仏光明諸仏光明中之最極尊也。无量清浄仏光明諸仏光明中之寿明無極。

りょう清浄しょうじょうぶつこうみょうはもろもろの央数おうしゅてんゆうみょうところえんしょうするに、 みなつねにあきらかなり。 しょ人民にんみんけん蠕動ねんどうたぐいりょう清浄しょうじょうぶつこうみょうざることなし。 りょう清浄しょうじょうぶつこうみょうたてまつれば、 しんをもつてかんせざるものなからん。

无量清浄仏光明焔↢照ルニ无央数天下幽冥之処↡、皆常カナリ。諸有人民・蜎飛蠕動之類、莫↠不コト↠見↢無量清浄仏光明↡。見マツレバ↢無量清浄仏光明↡、莫ラム↧不↢慈心ヲモテ歓喜↡者↥。

けんしょ淫姪いんいつしん愚痴ぐちのもの、 りょう清浄しょうじょうぶつこうみょうたてまつりてぜんをなさざるものなし。 もろもろのないきんじゅう薛茘へいれいこうりゃくごんところにありて、 りょう清浄しょうじょうぶつこうみょういたれるをたてまつれば、 みな休止くししまたすることをずして、 してのち憂苦うくだつすることをざるものなし。

世間諸有淫姪・瞋怒・愚痴ノモノ、見マツリテ↢无量清浄仏光明↡莫↢不↠作↠善者。諸犁・禽獣・薛茘、考掠勤苦之処ニアリテ、見マツレバ↢无量清浄仏光明レルヲ↡、皆休止シテ↠得↢復治コトヲ↡、死↧不↠得↣解↢脱コトヲ憂苦↡者↥也。

りょう清浄しょうじょうぶつこうみょうみな八方はっぽうじょうぐうごく央数おうしゅ仏国ぶっこくかしめたまふ。 諸天しょてん人民にんみんもんせざることなし。 もんせんもの過度かどざるものなしと。

無量清浄仏光明シメタマフ↢八方上下無窮无極無央数仏国↡。諸天・人民莫↠不コト↢聞知↡。聞知者莫シト↧不↠得↢過度↡者↥。

ぶつのたまはく、 われひとりょう清浄しょうじょうぶつこうみょうしょうするにあらず。 八方はっぽうじょう央数おうしゅ諸仏しょぶつびゃくぶつさつ阿羅あらかんしょうするところ、 みなかくのごとしと。

仏言、我不↣独称↢誉ルニ无量清浄仏光明↡也。八方上下無央数諸仏・辟支仏・菩薩・阿羅漢所↢称誉↡、皆如シト↠是

ぶつのたまはく、 それ人民にんみん善男ぜんなん善女ぜんにょにんありてりょう清浄しょうじょうぶつみなきて、 こうみょうしょうしてかくのごとくちょうにつねにそのこうみょうみょうこうしょうして、 しんにして断絶だんぜつせざれば、 こころ欲願よくがんするところのごとくにありて、 りょう清浄しょうじょうぶっこくおうじょうして、 もろもろのさつ阿羅あらかんのためにそんぎょうせられ、 智慧ちえゆうみょうなることをべし。

仏言、其↢人民、善男子・善女人↡聞↢無量清浄仏↡、称↢誉光明↡如↠是朝暮称↢誉光明明好↡、至心ニシテレバ↢断絶↡、在↣心ノゴトクニ↢欲願↡、往↢生無量清浄仏国↡、可↠得↧為↢諸菩薩・阿羅漢↡所↢尊敬↡、智慧勇猛ナルコトヲ↥。

もしそれしかうしてのちぶつせば、 またまさにまた八方はっぽうじょう央数おうしゅびゃくぶつさつ阿羅あらかんのためにこうみょうしょうせらるることまたまさにまたかくのごとくなるべし。 すなはちもろもろの比丘びくそうもろもろのさつ阿羅あらかん、 もろもろのてん帝王たいおう人民にんみん、 これをきてみなかんやくして、 讃歎さんだんせざるものなからんと。

シテ後作仏者、亦当復為↢八方上下無央数辟支仏・菩薩・阿羅漢↡所コト↣称↢誉光明↡亦当↢復如クナル↟是。則比丘僧諸菩薩・阿羅漢、諸天・帝王・人民、聞↠之皆歓喜踊躍、莫ラムト↧不↢讃歎↡者↥。

ぶつのたまはく、 われりょう清浄しょうじょうぶつこうみょう姝好しゅこう巍々ぎぎなるをいひ、 ぜんなることをしょうすることちゅう一劫いっこうすれどもなほいまだおわらず。 われただなんぢらがためにすこしくこれをくのみと。

仏言、我道↢无量清浄仏光明姝好巍巍ナルヲ↡、称↢誉コト快善ナルコトヲ↡昼夜一劫スレドモ尚未↠竟也。我但為↢若曹↡小シク↠之

【7】 ぶつりょう清浄しょうじょうぶつさつたりしときしゃくしてこのじゅうがんたまふことをきたまふ。 ときじゃおうたいひゃくだいちょうじゃ迦羅からおつとおのおのひとつのこんがいちて、 すすみてぶつにたてまつりをはりて、 ことごとくしりぞ一面いちめんしてきょうけり。

仏説タマフ↧無量清浄仏為リシトキ↢菩薩↡求索タマフコトヲ↦是二十四願↥。時阿闍世王太子与↢五百大長者迦羅越子↡各↢一金華蓋↡、前タテマツ↠仏、悉↢一面↡聴↠経

じゃおうたいおよびひゃくちょうじゃりょう清浄しょうじょうぶつじゅうがんきて、 みなおおきにかんやくして、 しんちゅうにともにがんじていはく、 われらのちぶつせんとき、 みなりょう清浄しょうじょうぶつのごとくならしめんと。

阿闍世王太子及五百長者子、聞↢無量清浄仏二十四願↡、皆大歓喜踊躍、心中、令ムト↣我等後作仏時、皆如クナラ↢无量清浄仏↡。

ぶつすなはちこれをろしめして、 もろもろの比丘びくそうげたまはく、 このじゃおうたいおよびひゃくちょうじゃは、 あと央数おうしゅこうりて、 みなまさにぶつしてりょう清浄しょうじょうぶつのごとくなるべし。

仏則シテ↠之、告タマハク↢諸比丘僧↡、是阿闍世王太子及五百長者子、却↢後無央数劫↡、皆当シト↣作仏クナル↢無量清浄仏↡。

ぶつのたまはく、 このじゃおうたいひゃくちょうじゃさつどうをなしてよりこのかた、 央数おうしゅこうにみなおのおのひゃく億仏おくぶつようしをはりて、 いままたきたりてわれをようせり。 このじゃおうたいおよびひゃくにんとう、 みなぜんしょうぶつとき、 わがために弟子でしとなれり。 いまみなまたこれにしてともにあひへるなりと。 すなはちもろもろの比丘びくそうぶつことばきて、 みなこころやくしてかんせざるものなからんと。

仏言、是阿闍世王太子・五百長者子、作テヨリ↢菩薩道↡已来、無央数劫皆各供↢養四百億仏↡已、今復来供↢養↡。是阿闍世王太子及五百人等、皆前世迦葉仏時、為↠我レリ↢弟子↡。今皆復会↠是。則比丘僧聞↢仏↡、皆心踊躍ラムト↧不↢歓喜↡者↥。

【8】 ぶつなんげたまはく、 りょう清浄しょうじょうぶつぶつしてよりこのかた、 およそじゅう八劫はちこうなり。

仏告タマハク↢阿難↡、無量清浄仏作仏テヨリ已来、凡八劫ナリ

しょくに*しゅだいづく。 まさしく西方さいほうにあり。 このえんかいること千億せんおくまんしゅせん仏国ぶっこくなり。

所居↢須摩提↡。正↢西方↡。去コト↢是閻浮利地界↡千億万須弥山仏国ナリ

そのくにはみなねん七宝しっぽうなり。 その一宝いっぽうびゃくごんづく、 ほう黄金おうごんづく、 三宝さんぽうすいしょうほう琉璃るりほうさん六宝ろっぽうはく七宝しっぽうしゃなり。 この七宝しっぽう、 みなもつておのづからともにとなり、 曠蕩こうとうにして甚大じんだいごくなり。 みなおのづからあひまじわりてうたたあひ入中にゅうちゅうす。 おのおのおのづから焜煌こんこうとしてひかりまじへ、 ごくみょうねんなり。 やわらかにしてはなはだ姝好しゅこうなることならびなし。 その七宝しっぽうのごときはもろもろの八方はっぽうじょう衆宝しゅほうのなかのしょう、 すべてねんごうにしてともにしょうなるのみ。 そのたからはたとへば第六だいろくてんじょう七宝しっぽうのごとし。

皆自然七宝ナリ。其一宝者名↢白銀↡、二宝者名↢黄金↡、三宝者水精、四宝者琉璃、五宝者珊瑚、六宝者虎珀、七宝者ナリ。是七宝、皆以↠地、曠蕩ニシテ甚大無極ナリ。皆自入中。各焜煌トシテ↠光、極明自然ナリ。軟ニシテ姝好ナルコト↠比。如キハ↢其七宝地↡諸八方上下衆宝精、都自然之合会ニシテ化生ナル耳。其↢第六天上之七宝↡也。

そのこくちゅうにはしゅせんあることなく、 その日月にちがつしょうしん第一だいいち天王てんのうだいとうてんみなくうのなかにあり。 そのこくにはだい海水かいすいあることなく、 またしょう海水かいすいもなく、 こう洹水ごうすいもなし。 また山林せんりん渓谷けいこくもなく、 ゆうみょうところもあることなし。 そのくに七宝しっぽうはみな平正しょうびょうなり。

国中ニハ↠有コト↢須弥山↡、其日月・星辰・第一四天王・第二忉利天皆在↢虚空↡。其国土ニハ↠有コト↢大海水↡、亦無↢小海水↡、無↢江河・洹水↡也。亦無↢山林・渓谷↡、無↠有コト↢幽冥之処↡。其七宝皆平正ナリ

ないきんじゅう餓鬼がきけん蠕動ねんどうたぐいあることなし。 *須倫しゅりん・もろもろのりゅうじんもなし。

↠有コト↢泥犁・禽獣・餓鬼・蜎飛蠕動之類↡也。無↢阿須倫・諸竜・鬼神↡也。

つひにだいときあることなく、 またしゅんしゅうとうもなし。 また大寒だいかんもあることなくまた大熱だいねつならず。 つねに調じょう中適ちゅうちゃくにしてはなはだぜんなることならびなし。

↠有コト↢大雨時↡、亦無↢春夏秋冬↡也。亦無↠有コト↢大寒↡亦不↢大熱ナラ↡。常和調中適ニシテ快善ナルコト↠比。

みな万種まんじゅねんのもの、 ひゃく飲食おんじきあり、 こころるところあらんとほっせば、 すなはちねんまえにあり。 こころもちゐざるものはすなはちねん化去けこす。 たとへば第六だいろくてんじょうねんのもののごとし。 ほしいままにねんにすなはちみなこころしたがふ。

皆有↢万種自然之物、百味飲食↡、意↠有ムト↠所↠得、則自然↠前。意↠用自然化去。比↢第六天上自然之物↡。恣若ホシイママ自然皆随↠意

そのくにのなかにはことごとくもろもろのさつ阿羅あらかんのみにしてにょあることなし。 寿じゅみょう極寿ごくじゅに、 寿いのちもまた央数おうしゅこうなり。 女人にょにんおうじょうすればすなはちしょうしてみななんとなる。

ニハ菩薩・阿羅漢ノミニシテ↠有コト↢婦女↡。寿命極寿、寿亦无央数劫ナリ。女人往生レバ者則化生皆作↢男子↡。

たださつ阿羅あらかんのみありて央数おうしゅなり。 ことごとくみなあきらかにあきらかにき、 ことごとくはるかにあひ、 はるかにあひ瞻望せんもうし、 はるかにあひしょうく。 ことごとくみなどうぜんなるものをもとむ。

但有↢菩薩・阿羅漢ノミ↡無央数ナリ。悉皆洞視徹、悉見、遥瞻望、遥↢語声↡。悉皆求↢道ナル↡。

同一どういつ種類しゅるいにして、 にんあることなし。 そのもろもろのさつ阿羅あらかん面目めんもくはみなたんじょうにしてしょうけつ絶好ぜっこうなり。 ことごとく同一どういつしきにして、 ひとへにしゅうあくなるものあることなし。

同一種類ニシテ、無↠有コト↢異人↡也。其菩薩・阿羅漢面目皆端正ニシテ清潔絶好ナリ。悉同一ニシテ、無↠有コト↢偏醜悪ナル者↡。

もろもろのさつ阿羅あらかんはみなざいみょう*がちなり。 そのぶくするところ、 みなねんころもる。 すべてしんちゅうねんずるところはつねに道徳どうとくねんず。 その語言かたらんとほっするところはすなはちみなあらかじめあひる。 こころにそのねんずるところも、 ことばにいふもつねにしょうく。 そのこくちゅうのもろもろのさつ阿羅あらかん、 みづからともにあひともに語言かたるに、 すなはちきょうどうきてつひに他余たよあくかず。 そのごん音響おんこうさんびゃくかねこえのごとし。

菩薩・阿羅漢皆才猛黠慧ナリ。其所↢衣服↡、皆↢自然之衣↡。都心中↠念↢道徳↡。其↠欲語言 カタラ ムト↡便皆予。意↠念、言フモ↢正事↡。其国中菩薩・阿羅漢、自語言 カタル 、輒↢経道↡終不↠説↢他余之悪↡。其語言音響如↢三百↡。

みなあひきょうあいしてあひにくむものあることなし。 みなみづからちょうようじょうせんをもつてこれをいふ。 すべてともにおうするに、 をもつてしてらいし、 うたたあひきょうすることあにのごとくおとうとのごとし。 にんをもつてしみみだりにどうせず。 言語かたりてまことに、 うたたあひ教令きょうりょうしてあひらいせず、 うたたあひじょうじゅして、 みなこころけつじょうにしてとんするところなく、 つひに淫妷いんいつしんしん愚痴ぐちたいあることなし。 邪心じゃしんにしてにょねんずるこころあることなし。

皆相敬愛↠有コト↢相者↡。皆自↢長幼・上下・先後↡言↠之。都往会ルニ、以テシテ↠義而礼、転敬事コト↠兄↠弟。以テシ↠仁↠義不↢妄動作↡。言語 カタリ 而誠、転教令不↢相違戻↡、転承受、皆心潔浄ニシテ↠所↢貪慕↡、終↠有コト↢淫妷・瞋怒之心、愚痴之態↡也。無↠有コト↧邪心ニシテ↢婦女↡意↥也。

ことごとく智慧ちえゆうみょうしんかんらくしてきょうどう好喜このみ、 みなみづからそのぜんよりじゅうらいするところのしょう億万おくまんこうとき宿命しゅくみょう善悪ぜんあく存亡ぞんもうり、 現在げんざいかえりてることきわまりなし。

智慧勇猛和心歓楽好↢喜 コノ 経道↡、皆自↧其前世ヨリ↢従来↡生、億万劫世宿命善悪・存亡↥、現在コト↠極

りょう清浄しょうじょうぶつきょうじゅしたまふべきところの講堂こうどうしょうじゃは、 みなまたねん七宝しっぽうなり。 こんごんすいしょう琉璃るりびゃくごくはくしゃおのづからともにうたたあひじょうず。 はなはだ姝明しゅみょう好絶こうぜつにしてこのましきことならびなし。 またつくるものあることなく、 またじゅうらいするところをらず、 またきたるものあることなく、 またじゅうするところなし。 りょう清浄しょうじょうぶつがんじたまふところのとくおもければなり。 そのひとぜんをなすゆゑにきょうろんかたきょうどうぎょうずるに、 こうそのなかにねんしょうするのみ。 その講堂こうどうしょうじゃにはみなまた七宝しっぽう楼観ろうかんらんじゅんあり。 またこんごんすいしょう琉璃るりびゃくごくはくしゃをもつて瓔珞ようらくとなし、 またびゃくじゅみょう月珠がつしゅ摩尼まにしゅをもつてきょうらくとなしてそのうえがいす。 みなおのづからいつつのおんじょうをなす。 おんじょうはなはだこのましきことならびなし。

無量清浄仏↠可↢教授タマフ↡講堂・精舎、皆復自然七宝ナリ。金・銀・水精・琉璃・白玉・虎珀・自也。甚姝明好絶ニシテキコト↠比。亦无↠有コト↢作者↡、亦不↠知↠所↢従来↡、亦無↠有コト↢持者↡、亦無↠所↢従去↡。無量清浄仏↠願タマフ徳重ケレバナリ。其人作↠善↠経↠義↠経ルニ↠道、講会其自然化生耳。其講堂・精舎ニハ皆復有↢七宝楼観・欄楯↡。復以↢金・銀・水精・琉璃・白玉・虎珀・車↡為瓔珞↡、復以↢白珠・明月珠・摩尼珠↡為↢交絡↡覆↢蓋↡。皆自↢五音声↡。音声甚キコト↠比。

りょう清浄しょうじょう仏国ぶっこくのもろもろのさつ阿羅あらかんしょ舎宅しゃたくみなまた七宝しっぽうをもつてす。 こんごんすいしょう琉璃るりさんはくしゃのうしょうしうたたともにあひじょうず。 その舎宅しゃたくにみなことごとくおのおの七宝しっぽう楼観ろうかんらんじゅんあり。 またこんごんすいしょう琉璃るりびゃくごくはくしゃをもつて瓔珞ようらくとなし、 またびゃくじゅみょう月珠がつしゅ摩尼まにしゅをもつてきょうらくとなしてそのうえがいす。 みなおのおのまたおのづからいつつのおんじょうをなせり。

无量清浄仏国菩薩・阿羅漢所居舎宅皆復以テス↢七宝↡。金・銀・水精・琉璃・珊瑚・虎珀・車・馬瑙化生也。其舎宅皆悉↢七宝楼観・欄楯↡。復以↢金・銀・水精・琉璃・白玉・虎珀・車↡為瓔珞↡、復以↢白珠・明月珠・摩尼珠↡為↢交絡↡覆↢蓋↡。皆各復自↢五音声↡。

りょう清浄しょうじょうぶつ講堂こうどうしょうじゃおよびもろもろのさつ阿羅あらかんしょ七宝しっぽう舎宅しゃたくのなか、 ない処々しょしょに、 みなまたねんせん水浴すいよくあり。

無量清浄仏講堂・精舎及菩薩・阿羅漢所居七宝舎宅中、外内処処、皆復自然流泉水浴池アリ

そのよくは、 みなまたもつてねん七宝しっぽうなり。 七宝しっぽうともにしょうじてこんごんすいしょう琉璃るりさんはくしゃうたたともにあひじょうず。 水底すいたいいさごはまた七宝しっぽうをもつてす、 こんごんすいしょう琉璃るりさんはくしゃなり。 じゅんびゃくごんいけあれば、 そのそこいさごはみな黄金おうごんなり。 なかにじゅん黄金おうごんいけあれば、 その水底すいたいいさごはみなびゃくごんなり。 なかにじゅんすいしょういけあれば、 その水底すいたいいさごはみな琉璃るりなり。 なかにじゅん琉璃るりいけあれば、 その水底すいたいいさごはみなすいしょうなり。 なかにじゅんさんいけあれば、 その水底すいたいいさごはみなはくなり。 なかにじゅんはくいけあれば、 その水底すいたいいさごはみなさんなり。 なかにじゅんしゃいけあれば、 その水底すいたいいさごはみなのうなり。 なかにじゅんのういけあれば、 その水底すいたいいさごはみなしゃなり。 なかにじゅんびゃくごくいけあれば、 その水底すいたいいさごはみな紫磨しまこんなり。 なかにじゅん紫磨しまこんいけあれば、 その水底すいたいいさごはみな白玉びゃくぎょくなり。

浴池者、皆復以自然七宝ナリ。七宝倶金・銀・水精・琉璃・珊瑚・虎珀・車也。水底皆復以テス↢七宝↡、金・銀・水精・琉璃・珊瑚・虎珀・車也。有↢純白銀池↡者、其皆黄金也。中↢純黄金池↡者、其水底皆白銀也。中↢純水精池↡者、其水底皆琉璃也。中↢純琉璃池↡者、其水底皆水精也。中↢純珊瑚池↡者、其水底皆虎珀也。中↢純虎珀池↡者、其水底皆珊瑚也。中↢純車池↡者、其水底馬瑙也。中↢純馬瑙池↡者、其水底者皆車也。中↢純白玉池↡者、其水底者皆紫磨金也。中↢純紫磨金池↡者、其水底者皆白玉也。

なかにまたほうのともにいっをなすものあり。 その水底すいたいいさごはみなこんごんなり。

復有↧二宝↢一池↡者↥。其水底者皆金・銀也。

なかにまた三宝さんぽうのともにいっをなすものあり。 その水底すいたいいさごはみなこんごんすいしょうなり。

復有↧三宝↢一池↡者↥。其水底者皆金・銀・水精也。

なかにまたほうのともにいっをなすものあり。 その水底すいたいいさごこんごんすいしょう琉璃るりなり。

復有↧四宝↢一池↡者↥。其水底金・銀・水精・琉璃也。

なかにまたほうのともにいっをなすものあり。 その水底すいたいいさごはみなこんごんすいしょう琉璃るりさんはくなり。

復有↧五宝↢一池↡者↥。其水底皆金・銀・水精・琉璃・珊瑚・虎珀也。

なかにまた六宝ろっぽうのともにいっをなすものあり。 その水底すいたいいさごはみなこんごんすいしょう琉璃るりさんはくしゃなり。

復有↧六宝↢一池↡者↥。其水底皆金・銀・水精・琉璃・珊瑚・虎珀・車也。

なかにまた七宝しっぽうのともにいっをなすものあり。 その水底すいたいいさごはみなこんごんすいしょう琉璃るりさんはくしゃのうなり。

復有↧七宝↢一池↡者↥。其水底皆金・銀・水精・琉璃・珊瑚・虎珀・車・馬碯也。

そのよくのなかにながじゅうなるものあり、 なかにいけながはちじゅうなるものあり、 なかにいけながひゃくろくじゅうなるものあり、 なかにいけながさんびゃくじゅうなるものあり、 なかにいけながろっぴゃくじゅうなるものあり、 なかにいけながせんひゃくはちじゅうなるものあり、 なかによくながせんひゃくろくじゅうなるものあり、 なかによくながせんいっぴゃくじゅうなるものあり、 なかによくながまんひゃくじゅうなるものあり、 なかによくながまんひゃくはちじゅうなるものあり。

浴池↢長四十里ナル者↡、中↢池八十里ナル者↡、中↢池百六十里ナル者↡、中↢池三百二十里ナル者↡、中↢池六百四十里ナル者↡、中↢池千二百八十里ナル者↡、中↢浴池二千五百六十里ナル者↡、中↢浴池五千一百二十里ナル者↡、中↢浴池万二百四十里ナル者↡、中↢浴池二万四百八十里ナル者↡。

そのじゅうこうおのおのまさしくひとし。 このよくはみなもろもろのさつ阿羅あらかんのつねによくすべきところのいけなりと。

縦広各浴池者皆諸菩薩・阿羅漢↠可↠浴池。

ぶつのたまはく、 りょう清浄しょうじょうぶつよくながさはまん八千はっせんひろさもまたまん八千はっせんなり。 そのよくはみな七宝しっぽうをもつてうたたみづからともにあひじょうず。 そのすいそこいさごはみなまた七宝しっぽうびゃくじゅみょう月珠がつしゅ摩尼まにしゅをもつてす。

仏言、無量清浄仏浴池サハ四万八千里、広サモ亦四万八千里ナリ。其浴池皆七宝ヲモテ。其池水皆復以テス↢七宝・白珠・明月珠・摩尼珠↡也。

りょう清浄しょうじょうぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんよくのなかのみずはみな清浄しょうじょうにして香潔こうけつなり。

無量清浄仏及菩薩・阿羅漢浴池皆清浄ニシテ香潔ナリ

なかにみなこうありてことごとくねんしょうず。 ひゃくしゅはな種々しゅじゅいろことにしかおりことにす。 はなみな千葉せんようなり。 もろもろのはなはなはだかぐわしきことならびなし。 かおりいふべからず。 そのこうは、 またけんはなにあらず、 またてんじょうはなすぐれたり。 このこう八方はっぽうじょうのもろもろのこうのなかのしょうなり。 ねんしょうずるのみ。 ちゅうみずぎょうしてうたたあひかんちゅうす。 ちゅうすいもまたおそからずまたはやからず、 みなまたおのづからいつつのおんじょうをなせりと。

皆有↢香華↡悉自然。百種華種種異ニシテ↠色ニス↠香。華皆千葉ナリ。諸華甚キコト↠比。香不↠可↠言也。其華香者、亦復非↢世間之華↡、復勝レタリ↢天上之華↡。是華香者八方上下華香ナリ。自然耳。池中水流行潅注。池中水流亦不↠遅カラ亦不↠駃カラ、皆復自リト↢五音声↡。

ぶつのたまはく、 八方はっぽうじょう央数おうしゅ仏国ぶっこく諸天しょてん人民にんみんおよびけん蠕動ねんどうたぐいにして、 もろもろのりょう清浄しょうじょう仏国ぶっこくしょうずるものは、 すべてみなこの七宝しっぽうすいれんのうちよりしょうし、 すなはちねんちょうだいして、 またにゅうようのものなくみなねん飲食おんじきじきす。

仏言、八方上下無央数仏国諸天・人民及蜎飛蠕動之類ニシテ、諸↢無量清浄仏国↡者、都皆於↢是七宝水池蓮華中↡化生、便則自然長大、亦無↢乳養之者↡皆食↢自然之飲食↡。

その身体しんたいはまたけんにん身体しんたいにあらず。 またてんじょうにん身体しんたいにもあらず。 みな衆善しゅぜんとくみてことごとくねん虚無こむ身体しんたいけ、 はなはだ姝好しゅこうにしてならびなしと。

身体者亦非↢世間人之身体↡也。亦非↢天上人之身体ニモ↡也。皆積↢衆善之徳↡悉↢自然虚無之身体↡、甚姝好ニシテシト↠比。

ぶつなんかたりたまはく、 けんびん乞丐こつがいにんのごときは、 帝王たいおうほとりにありてじゅせしめば、 そのひと面目めんもく形貌ぎょうみょう、 なんらにるいせんや。 なんぞ帝王たいおう面目めんもく形貌ぎょうみょう顔色げんしきるいするやいなやと。

仏語タマハク↢阿難↡、如キハ↢世間貧窮・乞丐人↡、令↧在↢帝王↡住↥者、其面目・形貌、何等乎。寧ルヤ↢帝王面目・形貌・顔色↡不ヤト

なんまうさく、 たとひをして帝王たいおうほとりにありてじゅうせしめば、 その面目めんもく形状ぎょうじょうはなはだしゅうあくにしてこのましからず、 帝王たいおう面目めんもくぎょうるい姝好しゅこうなるにしかざることひゃく千億せんおく万倍まんばいなり。

阿難言、仮令使↧子ヲシテ↢帝王↡住↥者、其面目・形状甚醜悪ニシテ不↠好シカラ、不コト↠如↢帝王面目・形類姝好ナルニ↡百千億万倍也。

ゆゑはいかん。 乞人こつにんびん困極こんごくなるをるに飲食おんじきいまだかつてじきときあらず。 すでに悪食あくじきすら飽食ほうじきることあたはず。 じきわづかにみょうささへ、 骨節こっせつあひとうちゅうしてもちいてみづからきゅうするところなし。 つねにとぼしくしてたくわえあることなし。 飢餓きが寒凍かんとうしょうじゅしゅうせり。

所以者何。見↢乞人貧窮困極ナルヲ↡飲食未↣曽↢美食時↡也。既悪食スラ不↠能↠得コト↢飽食↡。食ワヅカ↠命、骨節相撐拄↠所↢用ヰテ↡。常クシテ↠有コト儲。飢餓寒凍、怔忪愁苦セリ

ただそのぜん宿命しゅくみょうひととなりしとき愚痴ぐち無智むちなるにより、 みてますますおしざいあるも仁賢にんげんあいし、 ぜんをなしひろくあいして施与せよすることをがえんぜず、 ただいたづらにんことをほっして、 飲食おんじきとんじゃくひと嗜美しみじきし、 たいしてのちしょうほうることをしんぜず。 またぜんをなして後世ごせにそのふくることをしんぜず。 蒙篭もうろう項佷こうごうにしてますます衆悪しゅあくをなす。

但坐↢其前世宿命リシ↠人時愚痴・無智ナルニ↡、富↠財不↠肯↧慈↢哀仁賢↡、為↠善施与コトヲ↥、但欲↢唐ムコトヲ↡、貪↢惜飲食↡独↢嗜美↡、不↠信↣施貸コトヲ↢償報↡也。復不↠信↣作↠善後世コトヲ↢其↡。蒙篭項佷ニシテ↢衆悪↡。

かくのごとくして寿いのちおわ財物ざいもつじんしゃくす。 もとより恩徳おんどくなく恃怙じこするところなし。 悪道あくどうのなかにりてこれによりてかなふ。 しかうしてのちでてだつすることをて、 こんじょうひととなり、 せんとなりて、 びんとなり、 しひてひとかたちたれども状貌じょうみょうはなはだみにくく、 衣被えびへいして、 ひとりむなしくどくりゅうしてぎょうたいおおはず、 乞匃こつがいしてしょうかつするのみ。 かんこんし、 面目めんもく羸劣るいれつにしてひとしきるいせず。 そのぜんのなすところによりてその殃罸おうばつけ、 しゅしめしてこれをしむるに、 たれもあわれむものなし。 どうえんせらればくしょうしゅし、 黒醜こくしゅ悪極あくごくにしてにんおよばざるのみ。

クシテ↠是寿終財物尽索。素ヨリ↢恩徳↡無↠所↢恃怙↡。入↢悪道↡坐↠之↠苦。然シテ↢出解脱コトヲ↡、今生↠人、作↢於下賎↡、貧家↠子、強タレドモ↢人↡状貌甚、衣被弊壊、単独立不↠蔽↢形体↡、乞匃生活耳。飢寒困苦、面目羸劣ニシテ不↠類↢人↡。坐↢其前世身之所↟作↢其殃罸↡、示↠衆シムルニ↠之、莫↢誰者↡。棄↢捐ラレ市道↡暴露痟痩、黒醜悪極ニシテ↠及↠人耳。

帝王たいおうにんちゅう独尊どくそんにして最好さいこうなるゆゑはいかん。 みなそのぜん宿命しゅくみょうひととなりしときぜんをなしきょうどう信愛しんあい恩徳おんどく布施ふせし、 ひろくあいしてしたがにんにしてよろこびてあたへ、 飲食おんじきむさぼらず、 しゅとこれをともにして、 ゆいしゃくするところなくすべてじょうなし。

所↢以帝王人中独尊ニシテ最好ナル↡者何。皆其前世宿命リシ↠人時、作↠善信↢経道↡布↢施恩徳↡、博↠義慈仁ニシテ、不↠貪↢飲食↡、与↠衆共ニシテ↠之、無↠所↢遺惜↡都↢違諍↡。

その福徳ふくとく寿いのちおわりてとくしたがひて悪道あくどうかえらず、 こんじょうひととなりおうしょうずることをねんそんにしてひとおうとなり、 人民にんみん典主てんしゅ攬制らんせいひと雄傑おうけつとなる。

↢其福徳↡寿終徳随不↠更↢悪道↡、今生↠人得↠生コトヲ↢王家↡。自然尊貴ニシテトナリ、典↢主攬↣制人民↡為↢人↡。

面目めんもく潔白けっぱくげん好色こうじきにして身体しんたいたんじょうなり。 しゅにともにきょうせられ、 じきこうこころしたがこころにほしいままにして、 ねがひの所欲しょよくのごとくありて、 ねんまえにありてすべてじょうなし。 にんちゅうにおいて姝好しゅこうにしてうれひなく、 らくにして面色めんじき光沢こうたくなり。 ゆゑにすなはちしかるのみと。

面目潔白和顔好色ニシテ身体端正ナリ。衆敬事ラレ、美食・好衣随↠心ニシテ↠意、在↢楽ヒノ所欲ノゴトク↡、自然↠前↢違諍↡。於↢人中姝好ニシテ↠憂、快楽ニシテ面色光沢ナリ。故

 

仏説無量清浄平等覚経 巻第一

 

第一→ⒷⒸⒹ
 ⒷⒸⒹになし
底本は◎高麗版(再雕本)¬大蔵経¼所収本。 Ⓐ高麗版(初雕本)¬大蔵経¼所収本、 Ⓑ宋版(思溪版)¬大蔵経¼所収本、 Ⓒ元版(善寧寺版)¬大蔵経¼所収本、 Ⓓ明版(万歴版)¬大蔵経¼所収本 と対校。 ª全部対校º 琉→ⒷⒸⒹ瑠、 項→ⒷⒸⒹ頂、 虎→ⒷⒸⒹ琥
→ⒷⒸⒹ
→Ⓓ
→ⒷⒸⒹ𣏓
→Ⓓ
弁了→ⒷⒸⒹ辨子
→ⒷⒸⒹ
[仁吉]氏
者[仁吉]
→ⒷⒸⒹ
→ⒶⒷⒸⒹ
→Ⓓ
→◎Ⓐ
→ⒷⒸⒹ
→Ⓓ
→ⒷⒸⒹ名[曰]
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→Ⓐ
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ進[進]
諸仏→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸ
→ⒷⒸⒹ
→ⒸⒹ
 ⒷⒸⒹになし
→ⒷⒸⒹ
→ⒶⒷ
→ⒸⒹ
→ⒷⒸ
→ⒸⒹ
 ◎Ⓐになし
→ⒸⒹ
→ⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
車→ⒷⒸⒹ硨磲
→ⒸⒹ
→ⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
車→ⒷⒸⒹ硨磲
瓔珞→Ⓑ纓絡
→Ⓒ
→ⒸⒹ
→ⒸⒹ
馬瑙→ⒷⒸⒹ碼碯
瓔珞→ⒷⒸ纓絡
→ⒷⒸⒹ
→Ⓐ→Ⓑ
→ⒷⒸⒹ儲[積]
→Ⓑ
→ⒷⒸⒹ慳[貪]
項佷→Ⓓ頑狠
→ⒶⒷ
→ⒷⒸⒹ愛[楽]
→Ⓐ
→ⒷⒸⒹ
13字 ⒷⒸⒹになし(巻を分けず)