仏説無量清浄平等覚経 巻第二

後漢月支国三蔵支婁迦讖訳

 

【9】 ぶつなんげたまはく、 なんぢがことばなり。 帝王たいおうのごときはにんちゅうにおいてこのましくならびなしといへども、 まさに*しゃ越王おつおうほとりにありてじゅうせしめば、 その面目めんもく形貌ぎょうみょうはなはだしゅうあくにして、 そのかたちこのましからざること、 たとへば乞人こつにん帝王たいおうほとりにありてじゅうするがごとくなるのみ。 帝王たいおうおもてみにくくして、 なほまたしゃ越王おつおう面色めんじき姝好しゅこうなるにしかざることひゃく千億せんおく万倍まんばいなり。

仏告タマハク↢阿難↡、若言是也。如キハ↢帝王↡雖↧於↢人↡好シクシト↞比、当↪令↧在↢遮迦越王↡住↥者、其面目・形貌甚醜悪ニシテ、其状不コト↠好カラ、比クナル↩乞人↢帝王↡住ルガ↨耳。帝王面醜クシテ、尚復不コト↠如↢遮迦越王面色姝好ナルニ↡百千億万倍也。

しゃえつおうのごときはてんにおいてえてこのましきことならびなきも、 まさにだいとうてんたいしゃくほとりにありてじゅうせしめば、 そのおもてはなはだみにくくしてこのましからざること、 なほまたてんたいしゃくめんみょうたんじょうにして姝好しゅこうなるにしかざることひゃく千億せんおく万倍まんばいなるべし。

キハ↢遮迦越王↡於↢天下↡絶キコトキモ↠比、当↩令↧在↢第二忉利天帝釈↡住↥者、其面甚シテコト↠好カラ、尚復不コト↠如↢天帝釈面貌端正ニシテ姝好ナルニ↡百千億万倍ナル↨也。

てんたいしゃくのごときも第六だいろく天王てんのうほとりにありてじゅうせしめば、 そのめんみょうはなはだみにくくしてこのましからざること、 なほまた第六だいろく天王てんのうめんみょうたんじょうにして姝好しゅこうなるにしかざることひゃく千億せんおくばいなり。

キモ↢天帝釈↡令↧在↢第六天王↡住↥者、其面貌甚シテコト↠好カラ、尚復不コト↠如↢第六天王面貌端正ニシテ姝好ナルニ↡百千億倍也。

第六だいろく天王てんのうのごときもりょう清浄しょうじょう仏国ぶっこくちゅうのもろもろのさつ阿羅あらかんほとりにありてじゅうせしめば、 そのおもてはなはだみにくくして、 なほまたりょう清浄しょうじょう仏国ぶっこくちゅうのもろもろのさつ阿羅あらかんめんみょうたんじょうにして姝好しゅこうなるにしかざることひゃく千億せんおく万倍まんばいなりと。

キモ↢第六天王↡令↧在↢無量清浄仏国中菩薩・阿羅漢↡住↥者、其面甚シテ、尚復不コト↠如↢無量清浄仏国中菩薩・阿羅漢面貌端正ニシテ姝好ナルニ↡百千億万倍也

【10】ぶつのたまはく、 りょう清浄しょうじょうぶつのもろもろのさつ阿羅あらかんめんみょうはことごとくみなたんじょうにしてえてこのましきことならびなし。 泥洹ないおんどうちかしと。

仏言、无量清浄仏菩薩・阿羅漢面貌皆端正ニシテキコト↠比。シト↢於泥洹之道↡也。

ぶつなんげたまはく、 りょう清浄しょうじょうぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかん講堂こうどうしょうじゃしょところ舎宅しゃたくないよくほとりにみな七宝しっぽうじゅあり。 なかにじゅんごんあり、 なかにじゅんこんあり、 なかにじゅんすいしょうじゅあり、 なかにじゅん琉璃るりあり、 なかにじゅんびゃくごくあり、 なかにじゅんさんあり、 なかにじゅんはくあり、 なかにじゅんしゃあり、 種々しゅじゅにおのおのおのづからごうするなり。

仏告タマハク↢阿難↡、无量清浄仏及菩薩・阿羅漢講堂・精舎・所居舎宅中外浴池皆有↢七宝樹↡。中↢純銀樹↡、中↢純金樹↡、中↢純水精樹↡、中↢純琉璃樹↡、中↢純白玉樹↡、中↢純珊瑚樹↡、中↢純虎珀樹↡、中↢純車樹↡、種種異行ルナリ

なかにまたりょうほうのともにいちじゅとなるものあり。

復有↧両宝↢一樹ト」↡者↥。

銀樹ごんじゅにはごんこんこんきょうごんこんようごんこんじつあり。 こんじゅにはこんこんごんきょうこんごんようこんごんじつあり。 このりょうほうじゅうたたともにあひじょうじておのおのおのづからごうするなり。

銀樹ニハ銀根・金茎・銀枝・金葉・銀華・金実アリ。金樹者金根・銀茎・金枝・銀葉・金華・銀実アリ。是両宝樹転異行ルナリ

なかにまた三宝さんぽうのともにいちじゅとなるものあり。 ごんじゅにはごんこんこんきょうすいしょうごんようこんすいしょうじつあり。 こんじゅにはこんこんごんきょうすいしょうこんようごんすいしょうじつあり。 すいしょうじゅにはすいしょうこんごんきょうこんすいしょうようごんこんじつあり。 この三宝さんぽうじゅうたたともにあひじょうじておのおのおのづからごうするなり。

復有↧三宝共↢一樹↡者↥。銀樹ニハ銀根・金茎・水精枝・銀葉・金華・水精実アリ。金樹者金根・銀茎・水精枝・金葉・銀華・水精実アリ。水精樹者水精根・銀茎・金枝・水精葉・銀華・金実アリ。是三宝樹転異行ルナリ

なかにまたほうのともにいちじゅとなるものあり。 ごんじゅにはごんこんこんきょうすいしょう琉璃るりようごんこんじつあり。 こんじゅにはこんこんごんきょうすいしょう琉璃るりようこんごんじつあり。 すいしょうじゅにはすいしょうこん琉璃るりきょうごんこんようすいしょう琉璃るりじつあり。 琉璃るりじゅには琉璃るりこんすいしょうきょうこんごんよう琉璃るりすいしょうじつあり。 このほうじゅうたたともにあひじょうじておのおのおのづからごうするなり。

復有↧四宝共↢一樹↡者↥。銀樹ニハ銀根・金茎・水精枝・琉璃葉・銀華・金実アリ。金樹者金根・銀茎・水精枝・琉璃葉・金華・銀実アリ。水精樹者水精根・琉璃茎・銀枝・金葉・水精華・琉璃実アリ。琉璃樹者琉璃根・水精茎・金枝・銀葉・琉璃華・水精実アリ。是四宝樹転異行ルナリ

なかにまたほうのともにいちじゅとなるものあり。 ごんじゅにはごんこんこんきょうすいしょう琉璃るりようさんこんじつあり。 こんじゅにはこんこんごんきょうすいしょう琉璃るりようさんごんじつあり。 すいしょうじゅにはすいしょうこん琉璃るりきょうさんごんようこん琉璃るりじつあり。 琉璃るりじゅには琉璃るりこんさんきょうすいしょうこんようごんさんじつあり。 さんじゅにはさんこん琉璃るりきょうすいしょうこんようごん琉璃るりじつあり。 このほうじゅうたたともにあひじょうじておのおのおのづからごうするなり。

復有↧五宝↢一樹↡者↥。銀樹ニハ銀根・金茎・水精枝・琉璃葉・珊瑚華・金実アリ。金樹者金根・銀茎・水精枝・琉璃葉・珊瑚華・銀実アリ。水精樹者水精根・琉璃茎・珊瑚枝・銀葉・金華・琉璃実アリ。琉璃樹者琉璃根・珊瑚茎・水精枝・金葉・銀華・珊瑚実アリ。珊瑚樹者珊瑚根・琉璃茎・水精枝・金葉・銀華・琉璃実アリ。是五宝樹転異行ルナリ

なかにまた六宝ろっぽうのともにいちじゅとなるものあり。 ごんじゅにはごんこんこんきょうすいしょう琉璃るりようさんはくじつあり。 こんじゅにはこんこんごんきょうすいしょう琉璃るりようはくさんじつあり。 すいしょうじゅにはすいしょうこん琉璃るりきょうさんごんようはくこんじつあり。 琉璃るりじゅには琉璃るりこんさんきょうはくすいしょうようこんごんじつあり。 さんじゅにはさんこんはくきょうごんこんようすいしょう琉璃るりじつあり。 はくじゅにははくこんさんきょうこんごんよう琉璃るりすいしょうじつあり。 この六宝ろっぽうじゅうたたともにあひじょうじておのおのおのづからごうするなり。

復有↧六宝↢一樹↡者↥。銀樹ニハ銀根・金茎・水精枝・琉璃葉・珊瑚華・虎珀実アリ。金樹者金根・銀茎・水精枝・琉璃葉・虎珀華・珊瑚実アリ。水精樹者水精根・琉璃茎・珊瑚枝・銀葉・虎珀華・金実アリ。琉璃樹者琉璃根・珊瑚茎・虎珀枝・水精葉・金華・銀実アリ。珊瑚樹者珊瑚根・虎珀茎・銀枝・金葉・水精華・琉璃実アリ。虎珀樹者虎珀根・珊瑚茎・金枝・銀葉・琉璃華・水精実アリ。是六宝樹転異行ルナリ

なかにまた七宝しっぽうのともにいちじゅとなるものあり。

復有↧七宝↢一樹↡者↥。

ごんじゅにはごんこんこんきょうすいしょうせつ琉璃るりさんようはくしゃじつあり。

銀樹ニハ銀根・金茎・水精節・琉璃枝・珊瑚葉・虎珀華・車実アリ

こんじゅにはこんこんすいしょうきょう琉璃るりせつさんはくようしゃごんじつあり。

金樹者金根・水精茎・琉璃節・珊瑚枝・虎珀葉・車華・銀実アリ

すいしょうじゅにはすいしょうこん琉璃るりきょうさんせつはくしゃようびゃくごくこんじつあり。

水精樹者水精根・琉璃茎・珊瑚節・虎珀枝・車葉・白玉華・金実アリ

琉璃るりじゅには琉璃るりこんさんきょうはくせつびゃくごくしゃようすいしょうごんじつあり。

琉璃樹者琉璃根・珊瑚茎・虎珀節・白玉枝・車葉・水精華・銀実アリ

さんじゅにはさんこんはくきょうびゃくごくせつごんみょうがつしゅようこんすいしょうじつあり。

珊瑚樹者珊瑚根・虎珀茎・白玉節・銀枝・明月珠葉・金華・水精実アリ

はくじゅにははくこんびゃくごくきょうさんせつ琉璃るりしゃようすいしょうこんじつ

虎珀樹者虎珀根・白玉茎・珊瑚節・琉璃枝・車葉・水精華・金実アリ

びゃくごくじゅにはびゃくごくこんしゃきょう琉璃るりせつさんはくようこん摩尼まにしゅじつあり。

白玉樹者白玉根・車茎・琉璃節・珊瑚枝・虎珀葉・金華・摩尼珠実アリ

この七宝しっぽうじゅうたたともにあひじょうじて種々しゅじゅおのおのおのづからごうするなり。 行々ごうごうおのづからあひひ、 茎々きょうきょうおのづからあひじゅんじ、 枝々ししおのづからあいひ、 葉々ようようおのづからあひかひ、 華々けけおのづからあひのぞみ、 きわめておのづから軟好なんこうにして、 実々じつじつおのづからあひあたれりと。

七宝樹転種種各異行ルナリ。行行自、茎茎自、枝枝自、葉葉自、華華自、極軟好ニシテ、実実自レリト

ぶつのたまはく、 りょう清浄しょうじょうぶつ講堂こうどうしょうじゃのなかのない七宝しっぽうよくへんじょうめぐれるもろもろの七宝しっぽうじゅ、 およびもろもろのさつ阿羅あらかん七宝しっぽう舎宅しゃたくちゅう七宝しっぽうよくへんめぐれる七宝しっぽうじゅしゅせん百重ひゃくじゅうならぶ。 みなおのおのかくのごとし。

仏言、无量清浄仏講堂・精舎外内七宝浴池レル↢辺上↡諸七宝樹、及菩薩・阿羅漢七宝舎宅中外七宝浴池レル↢池辺↡七宝樹、数千百重。皆各各如↠是

行々ごうごうみづからいつつのおんじょうをなす。 はなはだこのましきことならびなし。

行行自↢五音声↡。甚キコト↠比。

【11】ぶつなんかたりたまはく、 けん帝王たいおう万種まんじゅがくおんじょうのごときは、 しゃ越王おつおうのもろもろのがくひとつのおんじょうこのましきにしかざることひゃく千億せんおく万倍まんばいなり。 しゃ越王おつおう万種まんじゅがくおんじょうのごときも、 なほまただいとうてんじょうのもろもろのがくひとつのおんじょうこのましきにしかざることひゃく千億せんおく万倍まんばいなり。 とうてんじょう万種まんじゅがくこえのごときも、 なほまた第六だいろくてんじょうのもろもろのがくひとつのおんじょうこのましきにしかざることひゃく千億せんおく万倍まんばいなり。 第六だいろくてんじょう万種まんじゅおんがくこえのごときも、 なほまたりょう清浄しょうじょう仏国ぶっこくちゅう七宝しっぽうじゅひとつのおんじょうこのましきにしかざることひゃく千億せんおく万倍まんばいなり。

仏語タマハク↢阿難↡、如キハ↢世間帝王万種伎楽音声↡、不コト↠如↢遮迦越王伎楽音声キニ↡百千億万倍也。如キモ↢遮迦越王万種伎楽音声↡、尚復不コト↠如↢第二忉利天上伎楽音声キニ↡百千億万倍也。如キモ↢忉利天上万種伎楽之声↡、尚復不コト↠如↢第六天上伎楽音声キニ↡百千億万倍也。如キモ↢第六天上万種音楽之声↡、尚復不コト↠如↢無量清浄仏国中七宝樹音声キニ↡百千億万倍也。

りょう清浄しょうじょう仏国ぶっこくにまた万種まんじゅねんがくありてきわまりなし。

無量清浄仏国亦有↢万種自然之伎楽↡無↠極也。

りょう清浄しょうじょうぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんよくせんとほっするときには、 すなはちおのおのみづからその七宝しっぽうのなかにりてよくす。 もろもろのさつ阿羅あらかんこころみずをしてあしもっさしめんとほっせば、 みずすなはちあしもっす。 こころみずをしてひざいたらしめんとほっせば、 みずすなはちひざいたる。 こころみずをしてこしいたらしめんとほっせば、 みずすなはちこしいたる。 こころみずをしてわきいたらしめんとほっせば、 みずすなはちわきいたる。 こころみずをしてくびいたらしめんとほっせば、 みずすなはちくびいたる。 こころみずをしてみづからうえそそがしめんとほっせば、 みずすなはちうえそそぐ。 こころみずをしてうたたまたかえりてもとのごとくならしめんとほっせば、 みずすなはちうたたかえりてまたもとのごとし。 ほしいままにこころ所欲しょよくこうしたがふと。

无量清浄仏及菩薩・阿羅漢、欲↠浴ムトニハ、便↢其七宝↡浴。諸菩薩・阿羅漢、意↠令ムト↢水ヲシテ↟足、水則↠足。意↠令ムト↢水ヲシテ↟膝、水則↟膝。意↠令ムト↢水ヲシテ↟腰、水則↠腰。意↠令ムト↢水ヲシテ↟腋、水則↠腋。意↠令ムト↢水ヲシテ↟頚、水則↠頚。意↠令ムト↣水ヲシテ↢身↡、水則↢身↡。意↠令ムト↢水ヲシテ復還クナラ↟故、水則復如↠故。恣若フト↢意所欲好憙↡。

ぶつのたまはく、 りょう清浄しょうじょうぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかん、 みなよくしをはりて、 ことごとくみづからいちれんうえにおいてすればすなはちほうよりねん乱風らんぷうおこる。 その乱風らんぷうはまたけんかぜにあらず。 またてんじょうかぜにもあらず。 この乱風らんぷうは、 すべて八方はぽうじょう衆風しゅふうのなかのねんなり、 すべてあひごうしてともにしょうするのみ。 その乱風らんぷうまた大寒だいかんならず、 また大温だいおんならず、 つねに調じょう中適ちゅうちゃくなり。 そのりょうこうなることならびなし。 乱風らんぷうおもむろにおこりて、 またおそからずまたからず、 まさにちゅうたり。

仏言、無量清浄仏及菩薩・阿羅漢、皆浴、悉↢一蓮華↡坐レバ四方ヨリ自然乱風起。其乱風者亦非↢世間之風↡也。亦復非↢天上之風ニモ↡也。是乱風者、都↢八方上下衆風中之自然↡、都合会化生耳。其乱風亦不↢大寒ナラ↡、亦不↢大温ナラ↡、常和調中適ナリ。其涼好ナルコト↠比。乱風徐、亦不↠遅カラ亦不↠疾カラ、適↢中宜↡。

こくちゅう七宝しっぽうじゅくに、 七宝しっぽうじゅみなまたおのづからいつつのおんじょうをなす。

↢国中七宝樹↡、七宝樹皆復自↢五音声↡。

乱風らんぷうはなきてことごとくそのこくちゅうがいす。 はなみなおのづからりょう清浄しょうじょうぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんうえさんず。 はなまさにつるにはなみなあつすんなり。 きわめておのづから軟好なんこうなることならびなし。

乱風吹↠華覆↢蓋国中↡。華皆自↢无量清浄仏及菩薩・阿羅漢↡。華適ツルニ華皆厚四寸ナリ。極軟好ナルコト↠比。

はなすこしくしぼめばすなはちねん乱風らんぷうきて、 しぼめるはなことごとくねんる。 すなはちまたほうよりまたねん乱風らんぷうおこりて七宝しっぽうじゅけば、 七宝しっぽうじゅみなまたおのづからいつつのおんじょうをなす。 乱風らんぷうはなきてことごとくまたねんりょう清浄しょうじょうぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんうえさんず。 はなつればすなはちねん乱風らんぷうまたきてしぼめるはなことごとくねんる。 すなはちまたほうよりねん乱風らんぷうおこりて七宝しっぽうじゅはなきかくのごとくするものへんなり。

華小シク自然乱風吹、萎華悉自然。則復四方ヨリ復自然乱風起↢七宝樹↡、七宝樹皆復自↢五音声↡。乱風吹↠華復自然↢無量清浄仏及菩薩・阿羅漢↡。華堕ツレバ↠地自然乱風復吹華悉自然。則復四方ヨリ自然乱風起↢七宝樹↡如クスル↠是者四ナリ

もろもろのさつ阿羅あらかんのなかに、 ただきょうかんとほっするものあり、 なかにただおんがくこえかんとほっするものあり、 なかにただこうがんとほっするものあり、 なかにきょうくことをほっせざるものあり、 なかにおんくことをほっせざるものあり、 なかにこうぐことをほっせざるものあり。 そのかんとほっするものはすなはちひとりこれをき、 そのくことをほっせざるものはつひにひとかず。 すなはちみなねんこころしたがほっぎょうするところのごとくにありて、 そのしんちゅう欲願よくがんするところにたがはず。

菩薩・阿羅漢、有↢但欲↠聞ムト↠経者↡、中↧但欲↠聞ムト↢音楽↡者↥、中↧但欲↠聞ムト↢華香↡者↥、中↢不↠欲↠聞コトヲ↠経者↡、中↧不↠欲↠聞コトヲ↢五音↡者↥、中↧不↠欲↠聞コトヲ↢華香↡者↥。其↠欲↠聞ムト輒則↠之、其↠不↠欲↠聞コトヲ不↠聞也。則皆自然↠意↠所ノゴトクニ↢欲憙楽↡、不↠違↣其心中↢欲願↡也。

りょう清浄しょうじょうぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかん、 みなよくしをはればおのおのみづからる。

無量清浄仏及菩薩・阿羅漢、皆浴訖已 オハレ

そのもろもろのさつ阿羅あらかん、 おのおのみづからぎょうどうするなかににありてきょうこうずるものあり、 なかににありてきょうじゅするものあり、 なかににありてきょうくものあり、 なかににありてきょうじゅするものあり、 なかににありてきょうくものあり、 なかににありてきょうねんずるものあり、 なかににありてどうおもふものあり、 なかににありてぜん一心いっしんなるものあり、 なかににありて経行きょうぎょうするものあり。

菩薩・阿羅漢、各行道↢在↠地↠経者↡、中↢在↠地↠経者↡、中↢在↠地↠経者↡、中↧在↠地口↢受↡者↥、中↢在↠地↠経者↡、中↢在↠地↠経者↡、中↢在↠地↠道者↡、中↢在↠地坐禅一心ナル者↡、中↢在↠地経行者↡。

なかにくうのなかにありてきょうこうずるものあり、 なかにくうのなかにありてきょうじゅするものあり、 なかにくうのなかにありてきょうくものあり、 なかにくうのなかにありてきょうじゅするものあり、 なかにくうのなかにありてきょうくものあり、 なかにくうのなかにありてきょうねんずるものあり、 なかにくうのなかにありてどうねんするものあり。 なかにくうのなかにありてぜん一心いっしんなるものあり、 なかにくうのなかにありて経行きょうぎょうするものあり。

↧在↢虚空↡講↠経者↥、中↧在↢虚空↡誦↠経者↥、中↧在↢虚空↡説↠経者↥、中↧在↢虚空↡口↢受↡者↥、中↧在↢虚空↡聴↠経者↥、中↧在↢虚空↡念↠経者↥、中↧在↢虚空↡思↢念↡者↥。中↧在↢虚空↡坐禅一心ナル者↥、中↧在↢虚空↡経行者↥。

なかにいまだしゅおんどうざるものあらばすなはちしゅおんどう、 なかにいまだ斯陀しだごんどうざるものあらばすなはち斯陀しだごんどう、 なかにいまだ阿那あなごんどうざるものあらばすなはち阿那あなごんどう、 なかにいまだ阿羅あらかんどうざるものあらばすなはち阿羅あらかんどう、 なかにいまだゆいおっさつざるものあらばすなはちゆいおっさつるなり。

↧未↠得↢須陀洹道↡者↥則得↢須陀洹道↡、中↧未↠得↢斯陀含道↡者↥則得↢斯陀含道↡、中↧未↠得↢阿那含道↡者↥則得↢阿那含道↡、中↧未↠得↢阿羅漢道↡者↥則得↢阿羅漢道↡、中↧未↠得↢阿惟越致菩薩↡者↥則ルナリ↢阿惟越致菩薩↡。

さつ阿羅あらかん、 おのおのみづからきょうどうぎょうじて、 みなことごとくどうて、 かんやくせざるものなし。

菩薩・阿羅漢、各↠経↠道、皆悉↠道、莫↧不↢歓喜踊躍↡者。

もろもろのさつのなかに、 こころ八方はっぽうじょう央数おうしゅ諸仏しょぶつようせんとほっするものあらば、 すなはちともにすすみてりょう清浄しょうじょうぶつのためにらいをなし、 しりぞじょう叉手しゃしゅしてぶつにまうさく、 きて八方はっぽうじょうのもろもろの央数おうしゅぶつようしたまはんとほっすと。 りょう清浄しょうじょうぶつすなはちこれをねんして、 すなはちそれをしてきてようせしめたまふ。 もろもろのさつらのみなおおきにかんするもの、 しゅ千億せんおく万人まんにん央数おうしゅにしてまたかぞふべからず。 みな智慧ちえゆうみょうにして、 おのおのみづからひるがえび、 等輩とうはいあひひてともにびてすなはちく。 すなはち八方はっぽうじょう央数おうしゅ諸仏しょぶつみもといたり、 みなすすみてぶつのためにらいをなして、 すなはち諸仏しょぶつようす。

菩薩、有↤意ルモノ↣供↢養ムト八方上下無央数諸仏↡、即皆倶↢无量清浄仏↡作↠礼、却長跪叉手↠仏、辞スト↣供↢養マツラムト八方上下無央数↡。无量清浄仏則然↢可↡、則使タマフ↢其ヲシテ供養↡。諸菩薩等皆大歓喜ルモノ、数千億万人無央数ニシテ不↠可↢復計↡。皆智慧勇猛ニシテ、各、等輩相倶共。即↢八方上下无央数諸仏↡、皆前↠仏↠礼、便則供↢養諸仏↡。

そのもろもろのさつこころ万種まんじゅねんのもののまえにあるをんとほっせば、 すなはちねんひゃく雑色ざっしきはなひゃくしゅねん雑繒ざつぞう幡綵ばんさいひゃく種物しゅもつねん*こういくねん七宝しっぽうねんとうねん万種まんじゅがく、 ことごとくみなまえにあり。

菩薩、意↠得ムト↢万種自然之物ルヲ↟前、則自然百雑色華・百種自然雑繒幡綵・百種物自然劫波育衣・自然七宝・自然灯火・自然万種伎楽、悉皆在↠前

そのこう万種まんじゅねんのものは、 またけんのものにあらず。 またてんじょうのものにあらず。 この万種まんじゅのものはすべてために八方はっぽうじょう衆物しゅもつねんにともにごうしてしょうするのみ。 こころんとほっせばすなはちねんしょうしてまえにあり、 こころもちゐざらんとせばすなはちおのづから化去けこす。 もろもろのさつすなはちともにして諸仏しょぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんうえようす。 辺傍へんぼうぜんにょうしゅうそうすることざいこころんとほっするところのごとくすなはちみないたる。 そのときあたりてらくいふべからず。

華香万種自然之物者、亦非↢世間之物↡也。亦復非↢天上之物ニモ↡也。是万種之物八方上下衆物、自然合会化生耳。意↠得ムト者則自然化生↠前、意ムトセバ↠用者便則化去。諸菩薩便供↢養諸仏及菩薩・阿羅漢↡。辺傍・前後徊繞周帀コト自在ノゴトク↠欲↠得ムト則輒皆至。当↢爾之時↡快楽不↠可↠言也。

もろもろのさつこころにおのおのじゅうはなんとほっせば、 すなはちねんじゅうはなまえにあり。 もろもろのさつみなくうのなかにおいてともにはなして、 すなはち諸仏しょぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんうえさんず。 はなみなくうのなかにありてくだかふ。 はなはなはだかぐわしくこのまし。 はなまさにすこしくしぼみてすなはちおのづからつれば、 すなはちねん乱風らんぷうきてしぼめるはなことごとくねんる。

菩薩意↠得ムト↢四十里↡、則自然四十里華在↠前。諸菩薩皆於↢虚空↡共↠華、則↢諸仏及菩薩・阿羅漢↡。華皆在↢虚空↡下。華甚。華適シク便レバ↠地自然乱風吹華悉自然

もろもろのさつこころにおのおのまたはちじゅうはなんとほっせば、 すなはちねんはちじゅうはなまえにあり。 もろもろのさつみなまたくうのなかにおいてともにはなして、 もろもろのさつ阿羅あらかんうえさんず。 はなみなまたくうのなかにありてくだかふ。 はなすこしくしぼみてすなはちおのづからつれば、 すなはちねん乱風らんぷうきてしぼめるはなる。

菩薩意復欲↠得ムト↢八十里↡、則自然八十里華在↠前。諸菩薩皆復於↢虚空↡共↠華、散↢諸菩薩・阿羅漢↡。華皆復在↢虚空↡下。華小シク便レバ↠地、則自然乱風吹華去

もろもろのさつこころにおのおのまたひゃくろくじゅうはなんとほっせば、 すなはちねんひゃくろくじゅうはなまえにあり。 もろもろのさつみなまたくうのなかにおいてともにはなして、 すなはち諸仏しょぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんうえさんず。 はなみなまたくうのなかにおいてくだかふ。 はなまさにすこしくしぼみてすなはちおのづからち、 すなはちねん乱風らんぷうきてはなことごとくねんる。

菩薩意復欲↠得ムト↢百六十里↡、則自然百六十里華在↠前。諸菩薩皆復於↢虚空↡共↠華、則↢諸仏及菩薩・阿羅漢↡。華皆復於↢虚空↡下。華適シク便レバ↠地、則自然乱風吹華悉自然

もろもろのさつこころにおのおのまたさんびゃくじゅうはなんとほっせば、 すなはちねんさんびゃくじゅうはなまえにあり。 もろもろのさつみなまたくうにおいてともにはなして、 すなはち諸仏しょぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんうえさんず。 はなみなまたくうのなかにありてくだかふ。 はなまさにすこしくしぼみてすなはちおのづからち、 すなはちねん乱風らんぷうきてはなことごとくねんる。

菩薩意復欲↠得ムト↢三百二十里↡、則自然三百二十里華在↠前。諸菩薩皆復於↢虚↡共↠華、則↢諸仏及菩薩・阿羅漢↡、華皆復在↢虚空↡下。華適シク便レバ↠地、則自然乱風吹華悉自然

もろもろのさつこころにおのおのまたろっぴゃくじゅうはなんとほっせば、 すなはちねんろっぴゃくじゅうはなまえにあり。 もろもろのさつみなまたくうのなかにおいてともにはなして、 諸仏しょぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんうえさんず。 はなみなまたくうのなかにありてくだかふ。 はなまさにすこしくしぼみてすなはちおのづからち、 すなはちねん乱風らんぷうきてはなことごとくねんる。

菩薩意復欲↠得ムト↢六百四十里↡、則自然六百四十里華在↠前。諸菩薩皆復於↢虚空↡共↠華、散↢諸仏及菩薩・阿羅漢↡。華皆復在↢虚空↡下。華適シク便レバ↠地、則自然乱風吹華悉自然

もろもろのさつこころにおのおのまたせんひゃくはちじゅうはなんとほっせば、 すなはちねんせんひゃくはちじゅうはなまえにあり。 もろもろのさつみなまたくうのなかにおいてともにはなして、 諸仏しょぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんうえさんず。 はなみなまたくうのなかにありてくだかふ。 はなまさにすこしくしぼみてすなはちおのづからち、 すなはちねん乱風らんぷうきてはなことごとくねんる。

菩薩意復欲↠得ムト↢千二百八十里↡、則自然千二百八十里華在↠前。諸菩薩皆復於↢虚空↡共↠華、散↢諸仏及菩薩・阿羅漢↡。華皆復在↢虚空↡下。華適シク便レバ↠地、則自然乱風吹華悉自然

もろもろのさつこころにおのおのまたせんひゃくろくじゅうはなんとほっせば、 すなはちねんせんひゃくろくじゅうはなまえにあり。 もろもろのさつみなまたくうのなかにおいてともにはなして、 諸仏しょぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんうえさんず。 はなみなまたくうのなかにありてくだかふ。 はなまさにすこしくしぼみてすなはちおのづからち、 すなはちねん乱風らんぷうきてはなことごとくねんる。

菩薩意復欲↠得ムト↢二千五百六十里↡、則自然二千五百六十里華在↠前。諸菩薩皆復於↢虚空↡共↠華、散↢諸仏及菩薩・阿羅漢↡。華皆復在↢虚空↡下。華適シク便レバ↠地、則自然乱風吹華悉自然

もろもろのさつこころにおのおのまたせんいっぴゃくじゅうはなんとほっせば、 すなはちねんせんいっぴゃくじゅうはなまえにあり。 もろもろのさつみなまたくうのなかにおいてともにはなして、 すなはち諸仏しょぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんうえさんず。 はなみなまたくうのなかにありてくだかふ。 はなまさにすこしくしぼみてすなはちおのづからち、 すなはちねん乱風らんぷうきてはなことごとくねんる。

菩薩意復欲↠得ムト↢五千一百二十里↡、則自然五千一百二十里華在↠前。諸菩薩皆復於↢虚空↡共↠華、則↢諸仏及菩薩・阿羅漢↡。華皆復在↢虚空↡下。華適シク便レバ↠地、則自然乱風吹華悉自然

もろもろのさつこころにおのおのまたまんひゃくじゅうはなんとほっせば、 すなはちねんまんひゃくじゅうはなまえにあり。 もろもろのさつみなまたくうのなかにおいてともにはなして、 諸仏しょぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんうえさんず。 はなみなまたくうのなかにありてくだかふ。 はなまさにすこしくしぼみてすなはちおのづからち、 すなはちねん乱風らんぷうきてはなすなはちねんる。

菩薩意復欲↠得ムト↢万二百四十里↡、則自然万二百四十里華在↠前。諸菩薩皆復於↢虚空↡共↠華、散↢諸仏及菩薩・阿羅漢↡。華皆復在↢虚空↡下。華適シク便レバ↠地、則自然乱風吹華則自然去。

もろもろのさつこころにおのおのまたまんひゃくはちじゅうはなんとほっせば、 すなはちねんまんひゃくはちじゅうはなまえにあり。 もろもろのさつみなまたくうのなかにおいてはなして、 諸仏しょぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんうえさんず。 はなみなまたくうのなかにありてくだかふ。 はなまさにすこしくしぼみてすなはちおのづからつれば、 ねん乱風らんぷうきてはなことごとくねんる。

菩薩意復欲↠得ムト↢二万四百八十里↡、則自然二万四百八十里華在↠前。諸菩薩皆復於↢虚空↡持↠華、散↢諸仏及菩薩・阿羅漢↡。華皆復在↢虚空↡下。華適シク便レバ↠地、自然乱風吹自然

もろもろのさつこころにおのおのまたまんはなんとほっせば、 すなはちねんまんはなまえにあり。 もろもろのさつみなまたくうのなかにおいてともにはなして、 諸仏しょぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんうえさんず。 はなみなくうのなかにありてくだかふ。 はなまさにすこしくしぼみてすなはちおのづからち、 すなはちねん乱風らんぷうきてはなことごとくねんる。

菩薩意復欲↠得ムト↢五万里↡、則自然五万里華在↠前。諸菩薩皆復於↢虚空↡共↠華、散↢諸仏及菩薩・阿羅漢↡。華皆在↢虚空↡下。華適シク便レバ↠地、則自然乱風吹華悉自然

もろもろのさつこころにおのおのまたじゅうまんはなんとほっせば、 すなはちねんじゅうまんはなまえにあり。 もろもろのさつみなまたくうのなかにおいてともにはなして、 すなはち諸仏しょぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんうえさんず。 はなみなくうのなかにありてくだかふ。 はなまさにすこしくしぼみてすなはちおのづからち、 すなはちねん乱風らんぷうきてはなことごとくねんる。

菩薩意復欲↠得ムト↢十万里↡、則自然十万里華在↠前。諸菩薩皆復於↢虚空↡共↠華、則↢諸仏及菩薩・阿羅漢↡。華皆在↢虚空↡下。華適シク便レバ↠地、則自然乱風吹華悉自然

もろもろのさつこころにおのおのまたじゅうまんはなんとほっせば、 すなはちねんじゅうまんはなまえにあり。 もろもろのさつみなまたくうのなかにおいてともにはなして、 すなはち諸仏しょぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんうえさんず。 はなみなくうのなかにありてくだかふ。 はなまさにすこしくしぼみてすなはちおのづからち、 すなはちねん乱風らんぷうきてはなことごとくねんる。

菩薩意復欲↠得ムト↢二十万里↡、則自然二十万里華在↠前。諸菩薩皆復於↢虚空↡共↠華、則↢諸仏及菩薩・阿羅漢↡。華皆在↢虚空↡下。華適シク便レバ↠地、則自然乱風吹華悉自然

もろもろのさつこころにおのおのまたじゅうまんはなんとほっせば、 すなはちねんじゅうまんはなまえにあり。 もろもろのさつみなまたくうのなかにおいてともにはなして、 すなはち諸仏しょぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんうえさんず。 はなみなくうのなかにありてくだかふ。 はなまさにすこしくしぼみてすなはちおのづからち、 すなはちねん乱風らんぷうきてはなことごとくねんる。

菩薩意復欲↠得ムト↢四十万里↡、則自然四十万里華在↠前。諸菩薩皆復於↢虚空↡共↠華、則↢諸仏及菩薩・阿羅漢↡。華皆在↢虚空↡下。華適シク便レバ↠地、則自然乱風吹華悉自然

もろもろのさつこころにおのおのまたはちじゅうまんはなんとほっせば、 すなはちねんはちじゅうまんはなまえにあり。 もろもろのさつみなまたくうのなかにおいてともにはなして、 すなはち諸仏しょぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんうえさんず。 はなみなくうのなかにありてくだかふ。 はなまさにすこしくしぼみてすなはちおのづからつれば、 すなはちねん乱風らんぷうきてはなすなはちねんる。

菩薩意復欲↠得ムト↢八十万里↡、則自然八十万里華在↠前。諸菩薩皆復於↢虚空↡共↠華、則↢諸仏及菩薩・阿羅漢↡。華皆在↢虚空↡下。華適シク便レバ↠地、則自然乱風吹華則自然

もろもろのさつこころにおのおのまたひゃくろくじゅうまんはなんとほっせば、 すなはちねんひゃくろくじゅうまんはなまえにあり。 もろもろのさつみなまたくうのなかにおいてともにはなして、 すなはち諸仏しょぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんうえさんず。 はなみなくうのなかにありてくだかふ。 はなまさにすこしくしぼみてすなはちおのづからち、 すなはちねん乱風らんぷうきてはなことごとくねんる。

菩薩意復欲↠得ムト↢百六十万里↡、則自然百六十万里華在↠前。諸菩薩皆復於↢虚空↡共↠華、則↢諸仏及菩薩・阿羅漢↡。華皆在↢虚空↡下。華適シク便レバ↠地、則自然乱風吹華悉自然

もろもろのさつこころにおのおのまたさんびゃくまんはなんとほっせば、 すなはちねんさんびゃくまんはなまえにあり。 もろもろのさつみなまたくうのなかにおいてともにはなして、 すなはち諸仏しょぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんうえさんず。 はなみなくうのなかにありてくだかふ。 はなまさにすこしくしぼみてすなはちおのづからち、 すなはちねん乱風らんぷうきてはなことごとくねんる。

菩薩意復欲↠得ムト↢三百万里↡、則自然三百万里華在↠前。諸菩薩皆復於↢虚空↡共↠華、則↢諸仏及菩薩・阿羅漢↡。華皆在↢虚空↡下。華適シク便レバ↠地、則自然乱風吹華悉自然

もろもろのさつこころにおのおのまたひゃくまんはなんとほっせば、 すなはちねんひゃくまんはなまえにあり。 もろもろのさつしんこころともにおおきにかんやくして、 みなくうのなかにありてともにはなして、 すなはち諸仏しょぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんうえさんず。

菩薩意復欲↠得ムト↢四百万里↡、則自然四百万里華在↠前。諸菩薩心意倶歓喜踊躍、皆在↢虚空↡共↠華、則↢諸仏及菩薩・阿羅漢↡。

はなすべてねんがっしていっとなる。 はなしょうだんにしてまどかにしゅうそうし、 おのおのまさにひとし。 はなうたたさきばいして、 きわめておのづから軟好なんこうにして、 うたたさきはなこのましきにすぐるることしゅひゃく千色せんじきなり。 色々しきじきこう、 はなはだかぐわしきこといふべからず。

華都自然↢一華↡。華正団ニシテ周帀、各。華転↠前、極軟好ニシテ、転コト↢於前キニ↡数百千色ナリ。色色異香、甚キコト不↠可↠言

もろもろのさつみなおおきにかんして、 ともにくうのなかにおいておおきにともに衆音しゅおんねんがくをなして、 ぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんたのしましむ。 このときあたりてらくいふべからず。 もろもろのさつみなことごとくしりぞしてきょうく。 きょうきをはりてすなはちことごとくみなじゅつうしてかさねてきょうどうり、 ますます智慧ちえあきらかなり。

菩薩皆大歓喜、倶↢虚空↡大↢衆音自然伎楽↡、楽シマシム↢仏及菩薩・阿羅漢↡。当↢是之時↡快楽不↠可↠言。諸菩薩皆悉↠経。聴↠経皆諷誦通利↢経道↡、益ナリ↢智慧↡。

そのもろもろのこうすこしくしぼみてすなはちおのづからつれば、 すなはちねん乱風らんぷうきてはなことごとくみなねんる。

華香、小シク便レバ↠地、則自然乱風吹華悉皆自然

すなはちしょ仏国ぶっこくのなかに第一だいいち天王てんのうじょうよりさんじゅう六天ろくてんじょういたるまでのもろもろのさつ阿羅あらかん天人てんにん、 みなまたくうのなかにおいておおきにともに衆音しゅおんがくをなせり。

諸仏国↢第一四天王上↡至マデ↢三十六天上↡諸菩薩・阿羅漢・天人、皆復於↢虚空↡大↢衆音伎楽↡。

もろもろの天人てんにんさききたれるもの、 うたたりてのちきたれるものをく。 のちきたれるものうたたまたようすることさきのごとくして、 たがひにかいす。

天人レル者、転↢後↡。後レル者転復供養コトクシテ↠前、更相開避

もろもろの天人てんにんかんきょうきてみなおおきにともに音楽おんがくをなす。 このときあたりてらくきわまりなし。

天人歓喜↠経皆大↢音楽↡。当↢是之時↡快楽無↠極

もろもろのさつようきょうきをはりて、 すなはちみなちて諸仏しょぶつのためにらいをなしてる。 すなはちまた八方はっぽうじょう央数おうしゅ諸仏しょぶつみもといたりて、 すなはちまたようしてきょうくこと、 みなおのおのさきときのごとし。

菩薩供養↠経訖竟、便皆起↢諸仏↡作↠礼而去。則復飛↢到八方上下无央数諸仏↡、則復供養コト↠経、皆各↢前↡。

ことごとくへんして以後いごのいまだちゅうならざるとき、 もろもろのさつすなはちみなびてりすなはちそのくにかえり、 ことごとくすすみてりょう清浄しょうじょうぶつのためにらいをなして、 みなしりぞ一面いちめんしてきょうく。 きょうきをはりてみなおおきにかんすと。

以後、日↠中ナラ時、諸菩薩則皆飛而去↢其↡、悉↢無量清浄仏↡作↠礼、皆却↢一面↡聴↠経。聴↠経皆大歓喜スト

ぶつのたまはく、 りょう清浄しょうじょうぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんじきせんとほっするときはすなはちねん七宝しっぽうつくえねんこういくねんけいちょう、 もつてとなる。 りょう清浄しょうじょうぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんみなしをはれば、 まえにことごとくねん七宝しっぽうはちあり。 なかにみなねんひゃく飲食おんじきあり。 飲食おんじきはまたけん飲食おんじきあじはひにるいせず。 またてんじょう飲食おんじきあじはひにもあらず。 このひゃく飲食おんじきはすべて八方はっぽうじょうのもろもろのねん飲食おんじきのなかのしょうたり、 はなはだこうにしてならびあることなし。 すべてねんしょうするのみ。 その飲食おんじきざい所欲しょよくのごとくあじはひの甜酢てんさくて、 はちざい所欲しょよくのごとく

仏言、无量清浄仏及菩薩・阿羅漢、欲↠食ムト自然七宝机・自然劫波育・自然罽氎、以↠座。無量清浄仏及菩薩・阿羅漢皆坐、前↢自然七宝鉢↡。中皆有↢自然百味飲食↡。飲食者亦不↠類↢世間飲食之味↡也。亦復非↢天上飲食之味ニモ↡也。此百味飲食者都↢八方上下自然之飲食精味↡、甚香美ニシテ↠有コト↠比。都自然化生耳。其飲食自在所欲ノゴトク得↢味甜酢↡、鉢自在所欲ノゴトク得。

もろもろのさつ阿羅あらかんのなかに、 銀鉢ごんはちんとほっするものあり、 なかに金鉢こんはちんとほっするものあり、 なかにすいしょうはちんとほっするものあり、 なかに琉璃るりはちんとほっするものあり、 なかにさんはちんとほっするものあり、 なかにはくはちんとほっするものあり、 なかにびゃくごくはちんとほっするものあり、 なかにしゃはちんとほっするものあり、 なかにのうはちんとほっするものあり、 なかにみょうがつしゅはちんとほっするものあり、 なかに摩尼まにしゅはちんとほっするものあり、 なかに紫磨しまごんはちんとほっするものあり、 みなそのなかにひゃく飲食おんじきたせり。 おのづからほしいままにこころしたがひてすなはちいたる。 またじゅうらいするところもなく、 またするものもあることなし。 ねんしょうするのみ。

菩薩・阿羅漢、有↧欲↠得ムト↢銀鉢↡者↥、中↧欲↠得ムト↢金鉢↡↡者↥、中↧欲↠得ムト↢水精鉢↡↡者↥、中↧欲↠得ムト↢琉璃鉢↡↡者↥、中↧欲↠得ムト↢珊瑚鉢↡↡者↥、中↧欲↠得ムト↢虎珀鉢↡↡者↥、中↧欲↠得ムト↢白玉鉢↡↡者↥、中↧欲↠得ムト車鉢↡↡者↥、中↧欲↠得ムト瑪瑙鉢↡↡者↥、中↧欲↠得ムト↢明月珠鉢↡↡者↥、中↧欲↠得ムト↢摩尼珠鉢↡↡者↥、中↧欲↠得ムト↢紫磨金鉢↡↡者↥、皆満セリ↢其百味飲食↡。自恣若↠意。亦無↠所↢従来↡、亦無↠有コト↢供作↡。自然化生耳。

もろもろのさつ阿羅あらかんみなじきするに、 じきまたおおからずまたすくなからずことごとくねんびょうどうなり。 もろもろのさつ阿羅あらかんじきするに、 またあくをいはず、 またうまきをもつてのゆゑによろこばず。 じきしをはればもろもろのぼんはちつくえ、 みなねん化去けこし、 じきせんとほっするときはすなはちまたしょうするのみ。 もろもろのさつ阿羅あらかんみなこころしょうけつにして、 飯食ぼんじきしたはずただもちゐてりきをなすのみ。 みなねんしょうさんじんして化去けこすと。

菩薩・阿羅漢皆食ルニ、食亦不↠多カラ亦不↠少カラ自然平等ナリ。諸菩薩・阿羅漢食ルニ、亦不↠言↢美悪↡、亦不↢以↠美↡。食飯具・鉢・机・坐、皆自然、欲↠食ムト復化生耳。諸菩薩・阿羅漢皆心清潔ニシテ、不↠慕↢飯食↡但用↢気力↡耳。皆自然消散糜尽化去スト

【12】ぶつなんげたまはく、 弥陀みだぶつもろもろのさつ阿羅あらかんのためにほうきたまふとき、 すべてことごとくおおきに講堂こうどううえす。 そのくにのもろもろのさつ阿羅あらかんおよび諸天しょてん人民にんみん央数おうしゅにして、 すべてまたかぞふべからず。 みなりょう清浄しょうじょうぶつみもといたりて、 ことごとくすすみてりょう清浄しょうじょうぶつのためにらいをなし、 しりぞしてきょうく。 りょう清浄しょうじょうぶつすなはちもろもろの比丘びくそう、 もろもろのさつ阿羅あらかん諸天しょてん人民にんみんのために、 ひろどうだいきょうきたまふ。 みなことごとくきょうどうもんして、 かんやくしてこころかいせざるものなし。

仏告タマハク↢阿難↡、阿弥陀仏為↢諸菩薩・阿羅漢↡説タマフ↠法時、都↢講堂↡。其菩薩・阿羅漢及諸天・人民無央数ニシテ、都不↠可↢復計↡。皆飛↢到無量清浄仏↡、悉↢无量清浄仏↡作↠礼、却↠経。无量清浄仏便則↢諸比丘僧、諸菩薩・阿羅漢、諸天・人民↡、広タマフ↢道智大経↡。皆悉聞↢知経道↡、莫↧不↢歓喜踊躍心開解↡者↥。

すなはちほうよりねん乱風らんぷうおこりてこくちゅう七宝しっぽうじゅくに、 七宝しっぽうじゅみなまたいつつのおんじょうをなせり。 乱風らんぷう七宝しっぽうはなくに、 はなそのくにがいし、 みなくうのなかにありてくだかふ。 はなはなはだかぐわしくしてきわめておのづから軟好なんこうなり。 かおりこくちゅうへんして、 はなみなおのづからりょう清浄しょうじょうぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんうえさんず。 はなちてみなあつすんなり。 はなまさにすこしくしぼめばすなはちねん乱風らんぷうきてしぼめるはなねんる。 すなはちほうよりともにまたねん乱風らんぷうおこりて七宝しっぽうじゅくに、 七宝しっぽうじゅみなまたおのづからいつつのおんじょうをなせり。 乱風らんぷう七宝しっぽうじゅはなくに、 はなまたさきのごとくみなねんりょう清浄しょうじょうぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんうえさんず。 はなちてまたあつすんなり。 はなすこしくしぼめばすなはちねん乱風らんぷうきてしぼめるはなことごとくねんる。 乱風らんぷうはなくことかくのごとくへんす。

四方ヨリ自然乱風起↢国中七宝樹↡、七宝樹皆復作セリ↢五音声↡。乱風吹↢七宝↡、華覆↢蓋↡、皆在↢虚空↡下。華甚クシテ軟好ナリ。香遍↢国中↡、華皆自↢無量清浄仏及菩薩・阿羅漢↡。華堕↠地皆厚四寸ナリ。華適シク自然乱風吹華自然。則四方ヨリ復自然乱風起↢七宝樹↡、七宝樹皆復セリ↢五音声↡。乱風吹↢七宝樹↡、華復如↠前皆自然↢无量清浄仏及菩薩・阿羅漢↡。華堕↠地復厚四寸ナリ。華小シク自然乱風吹華悉自然。乱風吹コト↠華↠是四反

すなはち第一だいいち天王てんのうしょ天人てんにんだいとうてんじょうしょ天人てんにん第三だいさんてんじょうしょ天人てんにんだいてんじょうしょ天人てんにんだいてんじょうしょ天人てんにん第六だいろくてんじょうしょ天人てんにん第七だいしち梵天ぼんてんじょうしょ天人てんにんかみだいじゅうろくてんじょうしょ天人てんにんいたり、 かみさんじゅうろくてんじょうしょ天人てんにんいたるまで、 みなてんじょう万種まんじゅねんものひゃくしゅ雑色ざっしきひゃくしゅ雑香ざっこうひゃくしゅざつ繒綵ぞうさいひゃくしゅこういくじょう万種まんじゅがくのうたたばいしてこのましくあひすぐるるをち、 おのおのちてきたくだり、 りょう清浄しょうじょうぶつのためにらいをなして、 すなはちりょう清浄しょうじょうぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんようす。 もろもろの天人てんにんみなまたおおきにがくをなして、 りょう清浄しょうじょうぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんたのしましむ。 このときあたりてらくいふべからず。 もろもろの天人てんにんさききたれるものうたたりてのちきたれるものをく、 のちきたれるものうたたまたようすることさきのごとくして、 たがひにかいす。

第一四天王諸天人・第二忉利天上諸天人・第三天上諸天人・第四天上諸天人・第五天上諸天人・第六天上諸天人・第七梵天上諸天人、上至↢第十六天上諸天人↡、上至マデ↢三十六天上諸天人↡、皆持↢天上万種自然之物・百種雑色華・百種雑香・百種雑繒綵・百種劫波育畳衣・万種伎楽ルヲ↡、各、為↢无量清浄仏↡作↠礼、則供↢養无量清浄仏及菩薩・阿羅漢↡。諸天人皆復↢伎楽↡、楽シマシム↢無量清浄仏及菩薩・阿羅漢↡。当↢是之時↡快楽不↠可。諸天人、前レル者転↢後↡、後者転復供養コトクシテ↠前、更相開避

すなはち東方とうぼう央数おうしゅ仏国ぶっこく、 またかぞふべからず、 恒水ごうすいほとりしゃ一沙いっしゃ一仏いちぶつとするがごとし。 そのかずかくのごとき諸仏しょぶつ、 おのおのもろもろのさつ央数おうしゅにしてまたかぞふべからざるをつかはすに、 みなりょう清浄しょうじょうぶつみもといたり、 すなはちりょう清浄しょうじょうぶつのためにらいをなし、 めんをもつて仏足ぶっそくけて、 ことごとくしりぞ一面いちめんしてきょうく。 きょうきをはりてもろもろのさつみなおおきにかんし、 ことごとくちてりょう清浄しょうじょうぶつのためにらいをなしてる。

東方无央数仏国、不↠可↢復計↡、如↢恒水流沙一沙一仏トスルガ↡。其数如↠是諸仏、各スニ↢諸菩薩无央数ニシテルヲ↟可↢復計↡、皆飛↢到無量清浄仏↡、則↢无量清浄仏↡作↠礼、以↢頭面↡著↢仏足↡、悉↢一面↡聴↠経。聴↠経菩薩皆大歓喜、悉↢無量清浄仏↡作↠礼而去

すなはち西方さいほう央数おうしゅ諸仏しょぶつくに、 また恒水ごうすいほとりしゃ一沙いっしゃ一仏いちぶつとするがごとし。 そのかずかくのごとき諸仏しょぶつ、 おのおのまたもろもろのさつ央数おうしゅにしてすべてまたかぞふべからざるをつかはすに、 みなりょう清浄しょうじょうぶつみもといたり、 すなはちすすみてりょう清浄しょうじょうぶつのためにらいをなし、 めんをもつて仏足ぶっそくけて、 ことごとくしりぞ一面いちめんしてきょうく。 きょうきをはりてもろもろのさつみなおおきにかんし、 ちてりょう清浄しょうじょうぶつのためにらいをなしてる。

西方无央数諸仏国、復如↢恒水流沙一沙一仏トスルガ↡。其数如↠是諸仏、各復遣スニ↢諸菩薩无央数ニシテルヲ↟可↢復計↡、皆飛↢到無量清浄仏↡、則↢无量清浄仏↡作↠礼、以↢頭面↡著↢仏足↡、悉↢一面↡聴↠経。聴↠経菩薩皆大歓喜、起↢無量清浄仏↡作↠礼而去

すなはち北方ほっぽう央数おうしゅ諸仏しょぶつくに、 また恒水ごうすいほとりしゃ一沙いっしゃ一仏いちぶつとするがごとし。 そのかずかくのごとき諸仏しょぶつ、 おのおのまたもろもろのさつ央数おうしゅにしてすべてまたかぞふべからざるをつかはすに、 みなりょう清浄しょうじょうぶつみもといたり、 すなはちすすみてりょう清浄しょうじょうぶつのためにらいをなし、 めんをもつて仏足ぶっそくけて、 ことごとくしりぞ一面いちめんしてきょうく。 きょうきをはりてもろもろのさつみなおおきにかんし、 ちてりょう清浄しょうじょうぶつのためにらいをなしてる。

則北方无央数諸仏国、復如↢恒水流沙一沙一仏トスルガ↡。其数如↠是諸仏、各復遣スニ↢諸菩薩无央数ニシテルヲ↟可↢復計↡、皆飛↢到无量清浄仏↡、則↢無量清浄仏↡作↠礼、以↢頭面↡著↢仏足↡、悉↢一面↡聴↠経。聴↠経菩薩皆大歓喜、起↢无量清浄仏↡作↠礼而去

南方なんぽう央数おうしゅ諸仏しょぶつくに、 また恒水ごうすいほとりしゃ一沙いっしゃ一仏いちぶつとするがごとし。 そのかずかくのごとき諸仏しょぶつ、 おのおのまたもろもろのさつ央数おうしゅにしてすべてまたかぞふべからざるをつかはすに、 みなりょう清浄しょうじょうぶつみもといたり、 すなはちすすみてりょう清浄しょうじょうぶつのためにらいをなしてる。

南方無央数諸仏国、復如↢恒水流沙一沙一仏トスルガ↡。其数如↠是諸仏、各復遣スニ↢諸菩薩无央数ニシテルヲ↟可↢復計↡、皆飛↢到無量清浄仏↡、則↢無量清浄仏↡作而去

すなはちまたかく央数おうしゅ諸仏しょぶっこく、 おのおのまた恒水ごうすいほとりしゃ一沙いっしゃ一仏いちぶつとするがごとし。 そのかずおのおのかくのごとき諸仏しょぶつ、 おのおのまたもろもろのさつ央数おうしゅにしてすべてまたかぞふべからざるをつかはすに、 みなりょう清浄しょうじょうぶつみもといたり、 すすみてりょう清浄しょうじょうぶつのためにらいをなしをはりて、 めん仏足ぶっそくけて、 ことごとくしりぞ一面いちめんしてきょうく。 きょうきをはりてもろもろのさつみなおおきにかんし、 ちてりょう清浄しょうじょうぶつのためにらいをなしてる。

復四角无央数諸仏国、各復如↢恒水流沙一沙一仏トスルガ↡。其数各↠是諸仏、各復遣スニ↢諸菩薩无央数ニシテルヲ↟可↢復計↡、皆飛↢到无量清浄仏↡、前↢無量清浄仏↡作↠礼、頭面↢仏足↡、悉↢一面↡聴↠経。聴↠経菩薩皆大歓喜、起↢无量清浄仏↡作↠礼而去

ぶつのたまはく、 八方はっぽうじょうのもろもろの央数おうしゅぶつ、 さらにもろもろのさつつかはすに、 りょう清浄しょうじょうぶつみもといたり、 きょうきてようし、 うたたたがひにかいすることかくのごとし。 すなはちめんのもろもろの八方はっぽう央数おうしゅ仏国ぶっこくも、 一方いっぽうはおのおのまた恒水ごうすいほとりしゃ一沙いっしゃ一仏いちぶつとするがごとし。 そのかずまたかくのごとき諸仏しょぶつ、 おのおのもろもろのさつ央数おうしゅにしてすべてまたかぞふべからざるをつかはすに、 みなりょう清浄しょうじょうぶつみもといたり、 すすみて弥陀みだぶつのためにらいをなし、 めんをもつて仏足ぶっそくけて、 ことごとくしりぞしてきょうく。 きょうきをはりてもろもろのさつみなおおきにかんし、 ちてりょう清浄しょうじょうぶつのためにらいをなしてる。 じょうほう諸仏しょぶつさらにもろもろのさつつかはして、 りょう清浄しょうじょうぶつみもといたりて、 きょうきてようしあひかいす。 さききたれるものはすなはちりてのちきたれるものをく、 のちきたれるものようすることまたかくのごとくして、 つひにぜつきわまるときなし。

仏言、八方上下無央数仏、更スニ↢諸菩薩↡、飛↢到无量清浄仏↡、聴↠経供養、転更相開避コト↠是。則下面八方無央数仏国、一方者各復如↢恒水流沙一沙一仏トスルガ↡。其数復如↠是諸仏、各スニ↢諸菩薩无央数ニシテルヲ↟可↢復計↡、皆飛↢到無量清浄仏↡、前↢阿弥陀仏↡作↠礼、以↢頭面↡著↢仏足↡、悉↠経。聴↠経菩薩皆大歓喜、起↢無量清浄仏↡作↠礼而去。上方諸仏更シテ↢諸菩薩↡、飛↢到无量清浄仏↡、聴↠経開避。前レル↢後↡、後者供養コト亦復如クシテ↠是、終↢休絶時↡。

 たとへば恒沙ごうじゃのごときくに 東方とうぼう仏国ぶっこくかくのごとし

譬若↢恒沙↡刹東方仏国如↠是

 おのおのもろもろのさつつかはして りょうかく稽首けいしゅらいしたてまつる

 各各遣シテ↢諸菩薩稽↢首マツル↣无量覚

 西せいなん北面ほくめんもみなしかなり かくのごとき恒沙ごうじゃしゅ

西・南・北面皆爾ナリ↠是恒沙数

 この諸仏しょぶつさつつかはして りょうかく稽首けいしゅらいしたてまつる

 是諸仏遣シテ↢菩薩稽↢首マツル↣無量覚

 この十方じっぽうさつびて みなこく・もろもろのはな

十方菩薩飛皆以↢衣裓・諸華・

 てんさん種々しゅじゅをもつて きてりょうかくようしたてまつる

 天拘蚕種種供↢養マツル无量覚

 もろもろのさつみなおおきにつどひて さいこう稽首けいしゅらいしたてまつる

菩薩皆大ヒテ稽↢首マツル↣無際光

 めぐること三帀さんぞうして叉手しゃしゅしてじゅうし 国尊こくそんりょうかくたんじたてまつる

 遶コト三帀叉手マツル↢国尊无量覚

 みなはなしてぶつうえさんじ こころ清浄しょうじょうにしてりょうしょうしたてまつる

皆持↠華↢仏心清浄ニシテマツル↢無量

 仏前ぶつぜんにおいてじゅうしてみづからく ねがはくはわがくにをしてかくのごとくならしめんと

 於↢仏前↡住クハ使ムト↢我ヲシテクナラ↟此

 さんずるところのはなくうとどまりて ごうじょうしてひゃくじゅんおお

↠散ズル華止↢虚空合成↢百由旬

 そのみょうごん飾好じきこうにして ことごとくあまねくしゅうえおお

 其柄妙厳飾好ニシテ↢衆会

 もろもろのさつすべて 諸尊しょそんくにいたるもふことをがたし

菩薩都↢至諸尊↡難↠得↠値コトヲ

かくのごときのひとぶつみなかば ここよろ安隠あんのんにしてだい

 如キノ↠是人聞↢仏安隠ニシテ↢大利

 わが等類とうるいこのとくん もろもろのこのくにこのましきところを

等類得↢是↠所↠好シキ

 本国ほんごくはかるにゆめのごとし 数劫しゅこうにもきよきはこのなり

 計↢本国若↢如 ゴト 無数劫ニモキハナリ

 さつそんめぐるをるに じんみょうにして寿いのちきわまりなし

↣菩薩ルヲ↢世尊威神猛ニシテ寿无↠極

 くに覚衆かくしゅはなはだ清浄しょうじょうなることは 数劫しゅこうにも思議しぎしがたし

 国覚衆清浄ナルコトハ無数劫ニモ↢思議

 ときりょうそんみたまふ さんじゅう六億ろくおくじゅつ

無量世尊笑タマフ三十六億那術

 このかずひかりくちよりでて あまねくもろもろのしゅせつらす

 此光従↠口出↢諸无数

 すなはちこうかえりてぶつめぐること 三帀さんぞうしをはりていただきより

廻光還コト↠仏三帀↠頂入

 しき霍然かくねんとしてまたげんぜず てんまたにんもみなかん

 色霍然トシテ不↢復現天亦人皆歓喜

 *あうこうよりちて ぶくただして稽首けいしゅひて

楼亘従↠坐起シテ↢衣服↡稽首

 ぶつにまうしてまうさく、 なんによりてかみたまふ ただそんこのこころきたまへ

 白↠仏リテカタマフ唯世尊説タマヘ↢是

 ねがはくはわれに本空ほんくうへつさずけ 慈護じごしてひゃくふくそうじょうぜしめよと

クハ↢我本空慈護シメヨト↢百福

 このもろもろのおんじょうくもの 一切いっさいひとやくしてよろこ

 聞↢是音声↡者一切人踊躍

 ぼんこえ雷霆らいていおよび 八種はっしゅこえじんじゅうこえなり

梵之音↢雷霆八種深重ナリ

 ぶつあうこうけつさずけたまふ いまわれかん、 なんぢあきらかに

 仏授タマフ↢楼亘今吾説ナンヂ

 もろもろのかいしょさつ しゅだいいたりてぶつらい

世界諸菩薩↢須阿提↡礼↠仏

 きてかんひろぎょうして じょうしょるにいたることを

 聞歓喜奉行得↠至コトヲルニ↢浄処

 すでにこのごんじょうくにいたりぬれば すなはちすみやかに神足じんそくそなはるを

ヌレバ↢此厳浄便↢神足ハルヲ

 まなこあきらかにみみあきらかにき またかえりて宿命しゅくみょうることを

 眼洞視耳徹亦還↠知コトヲ↢宿命

りょうかくそのけつさずけん われぜん本願ほんがんあり

無量覚授↢其我前世↢本願↡

 一切いっさいひとほうくをかば みなくわがくにらいしょうせん

 一切人聞↠説クヲ↠法皆疾来↢生

 わが所願しょがんみなそくせん もろもろのくによりらいしょうせんもの

所願皆具足↢衆国↡来生

 みなことごとくこのけん来到らいとうして いっしょう退転たいてん

 皆悉来↢到一生↢不退転

 もしさつさらにがんおこして くにをしてわがくにのごとくならしめんとほっ

菩薩更↠願↠使ムト↣国ヲシテクナラ↢我

 またおもへらく一切いっさいにんし おのおのがんじて十方じっぽうたっせしめんとせば

 亦念ヘラク↢一切人ムトセバジテ↢十方

すみやかにえてすなはち 安楽あんらくこくかいいたるべし

便↠到安楽国之世界

りょうこうみょういたりて 数仏しゅぶつよう

 至↢無量光明土供↢養於无数仏

 それ億万おくまんぶつ奉事ぶじし へんして諸国しょこくあまね

奉↢事億万変化↢諸国

 ぎょうしをはりてかんしてり すなはちしゅだいかえ

 恭敬歓喜便↢於須摩提

このどくあるひとにあらずは このきょうくことを

ズハ↧有↢是功徳↡人不↠得↠聞コトヲ↢是

 ただ清浄しょうじょうかいたもてるもののみ すなはちこのしょうぼうくにおよべり

 唯タモテ↢清浄戒↡者ノミベリ↠聞クニ↢此正法

 かつて尊雄そんおうたてまつりて すなはちこのしんずることを

曽更マツリテ↢世尊雄↠信コトヲ↢於是

 へりくだりてぎょうきてぎょうして すなはちやくしておおきにかん

 謙恭敬奉行便踊躍歓喜

あくきょうまんへいだいのものは   もつてこのほうしんずることかたし

憍慢懈怠ノモノハ↣以コト↢於此

 宿しゅくときぶつたてまつるもの このみてそんきょうちょうもんせん

 宿世時見マツル↠仏コノミ聴↢聞世尊

 たとへばうまれてよりもうみょうなるもの きてひと開導かいどうすることをんとほっするがごとし

↠生レテ盲冥ナルルガゴトシ↠得ムト↣行開↢導コトヲ

 しょうもんすらことごとくだいじょうまどふ いかにいはんや俗凡ぞくぼんのもろもろにおいてをや

 声聞スラ↢大乗テヲヤ↢俗凡

 てんちゅうてんこころをあひる しょうもんぶつぎょうさとらず

天中↢知声聞不↠了↢仏

 びゃくぶつもまたかくのごとし ひとしょうがくのみすなはちこれを

 辟支仏亦如↠是正覚ノミ↠此

 一切いっさいをしてことごとくぶつせしめ そのじょう本空ほんくう

使↢一切ヲシテ作仏浄慧↢本空

 またこの億万おくまんこうぎて ぶっはかるともよくおよぶことなく

 復過↢此億万劫トモ↢仏智↡無↢能コト

 こうしてくこと数劫しゅこうにして 寿じゅみょうくすともなほらず

講議コト無数劫ニシテトモ↢寿命↡猶不↠知

 ぶつ辺幅へんぷくなし かくのごとく清浄しょうじょうぎょう

 仏之慧↢辺幅↡↠是↢清浄

 わがきょうほうじてすなはちこれをしんずること ただこのひとのみよくりょう

↢我↡乃コト↠是唯此ノミ解了

 ぶつきたまふところみなよくく これをすなはち第一だいいちしょうとなす

 仏所↠説タマフ皆能↢第一

ひといのちまれにべし ぶつにましますははなはだひがたし

人之命希↠得仏在スハ↠世↠値

 しんありていたるべからず もし聞見もんけんせばしょうじんしてもとめよ

 有↢信慧↡不↠可↠致聞見精進

 このほうきてわすれず すなはちうやまおおきによろこばば

↢是↡而不↠忘便ババ

 すなはちわが親厚しんこうなり これをもつてのゆゑにどうおこせよ

 則之善ナリ↠是↢道意

 たとひかいてらんをも このなかをぎてほうくことを

設令ラム↢世界↡火ヲモ↢此↡得↠聞コトヲ↠法

かならずまさにそんしょうとなりて 一切いっさいしょうろうすべし

 会↧作↢世尊将↦一切生・老・死

【13】ぶつなんかたりたまはく、 りょう清浄しょうじょうぶつもろもろのさつ阿羅あらかんのためにきょうきをはるに、 諸天しょてん人民にんみんのなかに、 いまだしゅ洹道おんどうざるものあればすなはちしゅ洹道おんどう、 なかにいまだ斯陀しだ含道ごんどうざるものあればすなはち斯陀しだ含道ごんどう、 なかにいまだ阿那あな含道ごんどうざるものあればすなはち阿那あな含道ごんどう、 なかにいまだ阿羅あら漢道かんどうざるものあればすなはち阿羅あら漢道かんどう、 なかにいまだゆいおっさつざるものあればすなはちゆいおっさつ

仏語タマハク↢阿難↡、無量清浄仏為菩薩・阿羅漢↡説↠経、諸天・人民、有↧未↠得↢須陀洹道↡者↥則得↢須陀洹道↡、中↧未↠得↢斯陀含道↡者↥則得↢斯陀含道↡、中↧未↠得↢阿那含道↡者↥則得↢阿那含道↡、中↧未↠得↢阿羅漢道↡者↥則得↢阿羅漢道↡、中↧未↠得↢阿惟越致菩薩↡者↥則得↢阿惟越致菩薩↡。

弥陀みだぶつすなはちそのもとの宿命しゅくみょうどうもとむるときこころがんするところのだいしょうしたがひ、 ずいにためにきょうきてすなはちこれをさずけて、 それをしてかい得道とくどうしみなことごとくみょうならしむ。 おのおのみづからねがふところのきょうどうこうし、 らくせざるはなし。 じゅじゅうするものは、 すなはちおのおのみづからきょうどうじゅつうして、 えんごくなり。

阿弥陀仏輒↧其宿命↠道時心↢喜願↡大小↥、随意↠経↠之、令↢其ヲシテ開解得道皆悉明慧ナラ↡。各好↢喜↠願経道↡、莫↠不ルハ↢喜楽↡。誦習、則諷↢誦経道↡通利、无厭無極也。

もろもろのさつ阿羅あらかんのなかにきょうじゅするものあり、 そのこえらいしょうのごとし。 なかにきょうくものあり、 疾風しっぷう暴雨ぼうときのごとし。 もろもろのさつ阿羅あらかんきょうどうぎょうずることみなおのおのかくのごとし。 一劫いっこうくすともつひにおこたときなし。 みなことごとく智慧ちえゆうみょうに、 身体しんたいみなきょう便べんにして、 つひに痛痒つうようきわまるときあることなし。 ぎょう坐起ざき、 みなことごとく才健ざいごんゆうみょうなり。

菩薩・阿羅漢↢誦↠経者↡、其音如↢雷声↡。中↢説↠経者↡、如↢疾風暴雨↡。諸菩薩・阿羅漢説↠経コト↠道皆各↠是。尽トモ↢一劫↡竟終↢懈時↡也。皆悉智慧勇猛、身体皆軽便ニシテ、終↠有コト↢痛痒極時↡。行歩坐起、皆悉才健勇猛ナリ

師子ししちゅうおうのごときは深林じんりんのなかにありてまさに趣向しゅこうするところあるべきとき、 あへてあたるものあることなし。 りょう清浄しょうじょう仏国ぶっこくのもろもろのさつ阿羅あらかんきょうどうぎょうずること、 みなゆうみょうにしてなんこころあることなし。 すなはちこころ作為さいするところのごとくにありてあらかじめはからざることひゃく千億せんおく万倍まんばいなり。 これみょう師子ししちゅうおうなり。 かくのごときのみょう師子ししちゅうおうひゃく千億せんおく万倍まんばいすとも、 なほまたわがだい弟子でし摩訶まかもく揵連けんれんゆうみょうなるにしかざることひゃく千億せんおく万倍まんばいなり。 りょう清浄しょうじょうこくのもろもろのさつ阿羅あらかん、 みなわがだい弟子でし摩訶まかもく揵連けんれんすぐるるなり。

キハ↢師子中↡在↢深林↡当↠有↠所↢趣向↡時、無↠有コト↢敢者↡。無量清浄仏国菩薩・阿羅漢、説↠経コト↠道、皆勇猛ニシテ↠有コト↢疑難之意↡。則↣心ノゴトクニ↢作為↡不コト↢予↡百千億万倍ナリ。是猛師子中王也。如キノ↠是猛師子中王、百千億万倍ストモ尚復不コト↠如↢我第二弟子摩訶目揵連勇猛ナルニ↡百千億万倍也。无量清浄国菩薩・阿羅漢、皆勝ルル↢我第二弟子摩訶目揵連↡也。

ぶつのたまはく、 摩訶まかもく揵連けんれんゆうみょうなるがごときはしょ仏国ぶっこくのもろもろの阿羅あらかんのなかにおいてもつともならびなしとなす。 摩訶まかもく揵連けんれんのごとき、 ぎょうしん智慧ちえゆうみょうに、 あきらかにあきらかにき、 八方はっぽうじょうらい現在げんざいることひゃく千億せんおく万倍まんばいなるを、 すべてがっしていち智慧ちえゆうみょうとなして、 まさにりょう清浄しょうじょう仏国ぶっこくのもろもろの阿羅あらかんのなかにあれば、 そのとくなほまたりょう清浄しょうじょう仏国ぶっこくひとりの阿羅あらかん智慧ちえゆうみょうにしかざるは千億せんおく万倍まんばいなるべしと。

仏言、如キハ↢摩訶目揵連勇猛ナルガ↡於↢諸仏国阿羅漢↡最↠無シト↠比。如↢摩訶目揵連↡、飛行進止智慧勇猛、洞視徹、知コト↢八方上下、去・来・現在之事↡百千億万倍ナルヲ、都シテ↢一智慧勇猛↡、当シト↧在↢無量清浄仏国阿羅漢↡者、其徳尚復不↠如↢無量清浄仏国阿羅漢智慧勇猛↡者千億万倍ナル↥也。

このときちゅうひとりのさつあり、 いつさつづく。 いつさつすなはちちてすすみてじょう叉手しゃしゅし、 ぶつひたてまつりてまうさく、 弥陀みだ仏国ぶっこくのなかのもろもろの阿羅あらかん、 むしろすこぶるはつ泥洹ないおんしてるものありやいなや。 ねがはくはこれをかんとほっすと。 ぶついつさつげたまはく、 なんぢらんとほっせば、 かくのごときてんほし、 なんぢこれをるやいなやと。 いつさつまうさく、 ややしかなり。 みなこれをると。 ぶつのたまはく、 なんぢわがだい弟子でし摩訶まかもく揵連けんれんてんぎょう一日いちにちいちあまねくほしかぞへて幾枚いくまいかあるをらんとする。 かくのごときてんほしはなはだしゅにして、 かぞふることをべからざるもの、 なほひゃく千億せんおく万倍まんばいするはこのてんほしなりと。

時坐中↢一菩薩↡、ナヅ↢阿逸菩薩↡。阿逸菩薩則ミテ長跪叉手、問マツリテ↠仏、阿弥陀仏国阿羅漢、寧リヤ↢般泥洹者↡不。願クハスト↠聞ムト↠之。仏告タマハク↢阿逸菩薩↡、若欲↠知ムト者、如↠是四天下星、若見ルヤ↠之ヤト。阿逸菩薩言、唯然ナリ。皆見ルト↠之。仏言ナンヂ第二弟子摩訶目揵連、飛↢行四天下↡一日一夜遍↠星ムトスル↠有↢幾枚↡也。如↠是四天下星甚衆多ニシテ、不ルモノ↠可↠得↠計コトヲ、尚為ルハ↢百千億万倍↡是四天下星也

ぶつのたまはく、 てん大海だいかいみずのごときは一渧いったいすいげんらば、 むしろよく海水かいすいをしてためにげんぜしむるやいなやと。 いつさつのたまはく、 だい海水かいすいひゃく千億せんおくまんこくみずげんずともなほまたうみをしてげんじてしょうならしむることあたはずと。

仏言、如キハ↢天下大海↡減↢去一渧水↡、寧ルヤ↢海水ヲシテ↡不ヤト。阿逸菩薩言、減トモ↢大海水百千億万斗石↡尚復不↠能↠令コト↢海ヲシテナラ↡也。

ぶつのたまはく、 弥陀みだ仏国ぶっこくのもろもろの阿羅あらかんのなかに、 はつ泥洹ないおんしてるものありといへども、 この大海だいかいいちしょうすいげんずるがごときのみ。 諸在しょざい阿羅あらかんためにげんじてしょうなりとらしむることあたはざると。

仏言、阿弥陀仏国阿羅漢、雖↠有↢般泥洹者↡、如↣是大海ルガ↢一小水↡耳。不ルト↠能↠令コト↢諸在阿羅漢為↟少ナリト也。

ぶつのたまはく、 だい海水かいすいいち渓水けいすいげんぜば、 むしろよく海水かいすいげんぜんやいなやと。 いつさつまうさく、 大海だいかいひゃく千万せんまんおく渓水けいすいげんずとも、 なほまた海水かいすいげんじてげんじてしょうなりとらしむることあたはずと。

仏言、減↢大海水一渓水↡、寧ムヤ↢海水↡不ヤト。阿逸菩薩言、減トモ↢大海百千万億渓水↡、尚復不↠能↧減↢海水↡令コト↞知↢減ナリト↡也。

ぶつのたまはく、 弥陀みだ仏国ぶっこくのもろもろの阿羅あらかんのなかに、 はつ泥曰ないわつしてるものあらんも、 この大海だいかいいち渓水けいすいげんずるがごときのみ。 諸在しょざい阿羅あらかんげんじてためにげんじてしょうなりとることあたはず。

仏言、阿弥陀仏国阿羅漢、有ムモ↢般泥者↡、如↣是大海ルガ↢一渓水↡耳。不↠能↧減↢諸在阿羅漢↡為コト↞少ナリト也。

ぶつのたまはく、 もし大海だいかいいち恒水ごうすいげんぜば、 むしろよく海水かいすいげんぜんやいなやと。 いつさつまうさく、 だい海水かいすいひゃく千万せんまんおく恒水ごうすいげんずとも、 なほまたげんじてだい海水かいすいしょうなりとらしむることあたはずと。

仏言大海減↢一恒水↡、寧ムヤ↢海水↡不ヤト。阿逸菩薩言、減トモ↢大海水百千万億恒水↡、尚復不↠能↧減↢大海水↡令コト↦減↞少ナリト也。

ぶつのたまはく、 弥陀みだ仏国ぶっこくのもろもろの阿羅あらかんはつ泥曰ないわつしてるものも央数おうしゅなり。 そのあるもののあらたに阿羅あらかんるものもまた央数おうしゅなり。 すべて増減ぞうげんをなさずと。

仏言、阿弥陀仏国阿羅漢、般泥无央数ナリ。其↢阿羅漢↡者亦無央数ナリ。都↠為↢増減↡也。

ぶつのたまはく、 てん諸水しょすいをしてすべてぎょうして大海だいかいのなかにらしめんに、 むしろよく海水かいすいをしてぞうならしむるやいなやと。 いつさつまうさく、 海水かいすいをしてぞうならしむることあたはず。 ゆゑはいかん。 この大海だいかいてん諸水しょすい衆善しゅぜんのなかのおうたるなり。 ゆゑによくしかるのみと。

仏言、令メムニ↣天下諸水ヲシテ流行↢大海↡、寧ルヤ↣海水ヲシテ↢増多↡不ヤト。阿逸菩薩言、不↠能↠令コト↢海水ヲシテ増多ナラ↡也。所以者何。是大海↢天下諸水衆善王↡也。故

ぶつのたまはく、 りょう清浄しょうじょう仏国ぶっこくもまたかくのごとし。 ことごとく八方はっぽうじょう央数おうしゅ仏国ぶっこく央数おうしゅ諸天しょてん人民にんみんけん蠕動ねんどうたぐいをしてすべてりょう清浄しょうじょう仏国ぶっこくおうじょうせしめんは、 そのともがら甚大じんだいしゅにしてまたかぞふべからざれども、 りょう清浄しょうじょう仏国ぶっこくのもろもろのさつ阿羅あらかん、 もろもろの比丘びくそう、 すべてつねのごとく一法いっぽうにしてことぞうをなさず。

仏言、無量清浄仏国亦如↠是。悉メム↣八方上下无央数仏国無央数諸天・人民・蜎飛蠕動之類ヲシテ往↢生無量清浄仏国↡者、其輩甚大衆多ニシテドモ↠可↢復計↡、無量清浄仏国菩薩・阿羅漢、衆比丘僧、都↠常一法ニシテ不↣異↢増多↡也。

ゆゑはいかん。 りょう清浄しょうじょう仏国ぶっこくさいにして八方はっぽうじょう央数おうしゅしょ仏国ぶっこくのなかのもろもろのさつのなかのおうなればなり。 りょう清浄しょうじょう仏国ぶっこくはもろもろの央数おうしゅ仏国ぶっこくのなかの雄国おうこくなればなり。 りょう清浄しょうじょう仏国ぶっこくはもろもろの央数おうしゅ仏国ぶっこくのなかの珍宝ちんぽうなればなり。 りょう清浄しょうじょう仏国ぶっこくはもろもろの央数おうしゅ仏国ぶっこくのなかのごくじょうなればなり。 りょう清浄しょうじょう仏国ぶっこくはもろもろの央数おうしゅ仏国ぶっこく衆傑しゅけつなればなり。 りょう清浄しょうじょう仏国ぶっこくはもろもろの央数おうしゅ仏国ぶっこくのなかの広大こうだいなればなり。 りょう清浄しょうじょう仏国ぶっこくはもろもろの央数おうしゅ仏国ぶっこくのなかのみやこねん無為むいなればなり。 りょう清浄しょうじょう仏国ぶっこくさいみょうこうにして、 甚楽じんらくごくなればなり。

所以者何。無量清浄仏国レバ↢最快ニシテ八方上下無央数諸仏国菩薩王↡也。無量清浄仏国レバ↢諸无央数仏国中之雄国↡也。無量清浄仏国レバ↢諸无央数仏国中之珍宝↡也。無量清浄仏国レバ↢諸無央数仏国中之極長久↡也。無量清浄仏国レバ↢諸无央数仏国之衆傑↡也。無量清浄仏国レバ↢諸無央数仏国中之広大↡也。無量清浄仏国レバ↢諸無央数仏国都、自然之无為↡也。無量清浄仏国レバ↢最快明好ニシテ、甚楽之无極↡也。

りょう清浄しょうじょう仏国ぶっこくどくしょうたるはいかん。 もとさつとなりてどうもとめたまひしとき所願しょがんゆうみょうしょうじんにしておこたらずとくかさねていたすところなるがゆゑにすなはちしかるのみと。

無量清浄仏国独勝ナル者何。本為リテ↢菩薩↡求タマヒシ↠道時、所願勇猛精進ニシテ不↠懈↠徳ナルガ↠致

いつさつすなはちおおきにかんじょう叉手しゃしゅしてまうさく、 ぶつりょう清浄しょうじょう仏国ぶっこくのもろもろの阿羅あらかんはつ泥洹ないおんるものはなはだしゅにして、 央数おうしゅこくぜんごくみょうこう最姝さいしゅ無比むひなるをきたまふこと、 すなはちひとりしかるやと。

阿逸菩薩則歓喜長跪叉手、仏説タマフコト↢无量清浄仏国阿羅漢、般泥洹者甚衆多ニシテ、无央数国土快善之極明好最姝無比ナルヲ↡、乃

ぶつのたまはく、 りょう清浄しょうじょう仏国ぶっこくのもろもろのさつ阿羅あらかんしょ七宝しっぽう舎宅しゃたくのなかに、 くうのなかにありてるものあり、 なかににありてるものあり。 なかにこころ舎宅しゃたくをしてもつともたかからしめんとほっするものあらば、 舎宅しゃたくすなはちたかし。 なかにこころ舎宅しゃたくをしてもつともだいならしめんとほっするものあらば、 舎宅しゃたくすなはちだいなり。 なかにこころ舎宅しゃたくをしてくうのなかにあらしめんとほっするものあらば、 舎宅しゃたくすなはちくうのなかにあり。 みなねんこころしたが作為さいするところのごとくあり。

仏言、无量清浄仏国菩薩・阿羅漢所居七宝舎宅、有↧在↢虚空↡居者↥、中↢在↠地者↡。中↧意↠令ムト↢舎宅ヲシテカラ↡者↥、舎宅則。中↧意↠令ムト↢舎宅ヲシテナラ↡者↥、舎宅則ナリ。中↧意↠令ムト↣舎宅ヲシテ↢虚空↡者↥、舎宅則↢虚空↡。皆自然↠意↠所ノゴトク↢作為↡。

なかにことにその舎宅しゃたくをしてこころしたが作為さいするところのごとくせしむることあたはざるものあり。 ゆゑはいかん。 なかによくするものあるは、 みなこれぜん宿命しゅくみょうどうもとむるときしんをもつてしょうじんしますます諸善しょぜんをなしてとくおもきがよくいたすところなり。 なかにいたすことあたはざるものあるは、 みなこれぜん宿命しゅくみょうどうもとむるときしんをもつてしょうじんせずぜんをなすことすくなくとくしょうなればなり。 ことごとくおのおのねんにこれを

↧殊↠能↠令コト↣其舎宅ヲシテ↠意ノゴトクセ↢作為↡者↥。所以者何。中ルハ↢能クスル者↡、皆是前世宿命↠道時、慈心ヲモテ精進↢諸善↡徳重キガ所↢能↡也。中ルハ↢不↠能↠致コト者↡、皆是前世宿命↠道時、不↢慈心ヲモテ精進↡作コト↠善徳小ナレバナリ自然得↠之

ぶく飲食おんじきするところはともにねんびょうどうなるのみ。 このゆゑにおなじからざるは、 とくだいしょうあれば、 ゆうみょうなるものをべっし、 しゅをしてしむるのみと。

↢衣被服飲食↡倶自然平等ナル耳。是ルハ↠同カラ、徳↢大小↡、別↢知勇猛ナルモノヲ↡、令↢衆ヲシテ見↡耳

ぶついつさつげたまはく、 なんぢこの第六だいろくてんじょう天王てんのうしょところるやいなやと。 いつさつまうさく、 ややしかなり、 みなこれをると。

仏告タマハク↢阿逸菩薩↡、若見ルヤ↢是第六天上天王所居↡不耶。阿逸菩薩言、唯然ナリ、皆見ルト↠之

ぶつのたまはく、 りょう清浄しょうじょう仏国ぶっこく講堂こうどう舎宅しゃたく、 ますますまた第六だいろく天王てんのうしょところすぐるることひゃく千億せんおく万倍まんばいなり。

仏言、無量清浄仏国土講堂・舎宅、倍復勝コト↢第六天王所居↡百千億万倍也。

りょう清浄しょうじょう仏国ぶっこくは、 そのもろもろのさつ阿羅あらかん、 ことごとくみなあきらかにあきらかにき、 ことごとくまた八方はっぽうじょうらい現在げんざいけんす、 またもろもろの央数おうしゅてんじょうてん人民にんみんおよびけん蠕動ねんどうたぐいり、 みなことごとくしんねんずるところの善悪ぜんあくくちにいはんとほっするところをる。 みないづれのとしいづれのこうのなかにだつ人道にんどう、 まさにりょう清浄しょうじょう仏国ぶっこくおうじょうすべきことをり、 さつどうをなし阿羅あら漢道かんどうべきことをり、 みなあらかじめこれをれり。

无量清浄仏国、其菩薩・阿羅漢、悉皆洞視徹、悉復見↢知八方上下、去・来・現在之事↡、復知↢諸無央数天上・天下人民及蜎飛蠕動之類↡、皆悉↢心意↠念善悪、口↟欲↠言ムト。皆知↠当キコトヲ↧何歳何得↢度脱↡得↢人道↡、当往↦生無量清浄仏国↥、知↠当キコトヲ↧作↢菩薩道↡得↦阿羅漢道↥、皆予レリ↠之

りょう清浄しょうじょう仏国ぶっこくのもろもろのさつ阿羅あらかんのそのこうちゅうこうみょう、 みなことごとくおのづからこうみょうありてらすところだいしょうあり。

无量清浄仏国菩薩・阿羅漢項中光明、皆悉↢光明↡所↠照大小アリ

そのもろもろのさつのなかに、 最尊さいそんりょうさつありて、 つねにりょう清浄しょうじょうぶつ左右さうへんにありて坐侍ざじしてしょうろんし、 りょう清浄しょうじょうぶつつねにこのりょうさつとともにたいして、 八方はっぽうじょうらい現在げんざいしたまふ。 りょう清浄しょうじょうぶつ、 もしこのりょうさつをして八方はっぽうじょう央数おうしゅ諸仏しょぶつみもといたらしめんとほっせば、 このりょうさつすなはちぎょうして、 すなはち八方はっぽうじょう央数おうしゅ諸仏しょぶつみもといたる。 こころ所欲しょよくしたがひてほう仏所ぶっしょにも至到いたる。 このりょうさつ、 すなはちともにぎょうしてすなはちいたる。 ぎょうはやきことぶつのごとく、 ゆうみょうなることならびなし。

菩薩、有↢最尊両菩薩↡、↢无量清浄仏左右座辺↡坐侍政論、無量清浄仏常与↢是両菩薩↡共対坐、議シタマフ↢八方上下、去・来・現在之事↡。无量清浄仏、若↠使↣令ムト両菩薩ヲシテ↢八方上下無央数諸仏↡、是両菩薩便飛行、則↢八方上下无央数諸仏↡。随↢心所欲至↢到 イタ 何方仏所ニモ↡。是両菩薩、則飛行。飛行キコト↠仏、勇猛ナルコト↠比。

そのひとりのさつをはあうこうづけ、 そのひとりのさつをば摩訶まかづく。 こうみょう智慧ちえもつとも第一だいいちなり。 そのりょうさつこうちゅうこうみょうはおのおのほうせんしゅせん仏国ぶっこくえんしょうして、 つねにだいみょうなり。 そのもろもろのさつこうちゅうこうみょうはおのおの千億せんおくまんらし、 もろもろの阿羅あらかんこうちゅうこうみょうはおのおのしちじょうらすと。

菩薩ヲバ↢楼亘↡、其菩薩ヲバ↢摩訶↡。光明・智慧最第一ナリ。其両菩薩項中光明焔↢照他方千須弥山仏国↡、常大明ナリ。其菩薩項中光明↢千億万里↡、諸阿羅漢項中光明スト↢七丈↡。

ぶつのたまはく、 それけん人民にんみん善男ぜんなんぜん女人にょにん、 もしもつぱらきゅう県官けんかんふことを恐怖くふするものあらば、 ただみづからこのあうこうさつみょうせよ。 だつざるところのものなからんと。

仏言、其世間人民、善男子・善女人、若恐↧怖↢県官↡事↥者↨、但自帰↢命楼亘菩薩↡。無ラムト↧所↠不↠得↢解脱↡者↥也。

 

仏説無量清浄平等覚経 巻第二

 

13字 ⒷⒸⒹになし
12字 ⒷⒸⒹになし
→ⒷⒸⒹ中[獲]
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ億[万]
車→ⒷⒸⒹ硨磲
→Ⓐ
→Ⓓ
 Ⓐになし
 ⒷⒸⒹになし
 ⒷⒸⒹになし
→Ⓑ
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ百[種]
→Ⓐ種[種]
→Ⓐ
→Ⓓ
→ⒷⒸⒹ空[中]
 ⒷⒸⒹになし
前為→ⒷⒸⒹ為前
Ⓓここで巻上終り、 次行に 仏説無量清浄平等覚経巻上 の尾題あり
Ⓓ前に 仏説無量清浄平等覚経巻中/後漢月支三蔵支婁迦讖訳 の主題訳者名あり
瑪瑙→ⒷⒸⒹ碼碯
→Ⓐ
 ⒷⒸⒹになし
→Ⓐ
→Ⓐ
→ⒷⒸⒹ
 ⒷⒸⒹになし
→ⒷⒸⒹ自[然]
 ⒷⒸⒹになし
→Ⓐ
→ⒷⒸⒹ言[也]
→Ⓓ礼[以頭面著仏足悉却坐一面聴経聴経竟諸菩薩皆大歓喜起為無量清浄仏作礼]
→Ⓓ
→ⒷⒸⒹ養[更]
→Ⓐ
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→Ⓒ
 ⒷⒸⒹになし
→Ⓐ
→Ⓓ
→Ⓐ
→Ⓓ
→ⒶⒷⒸⒹ皆[不]
 ⒶⒷⒸになし
 ⒷⒸになし
→ⒷⒸⒹ
之…国17字 Ⓐになし
→Ⓑ
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ那[鉢]
→ⒸⒹ
 ⒷⒸⒹになし
13字 Ⓓになし(巻を分けず)
仏説 ⒷⒸになし
第二→ⒷⒸ