しゅうしょう

 

(1)

一 本願ほんがんしょうにん (*親鸞)おおせにのたまはく、

 *来迎らいこう*しょぎょうおうじょうにあり、 *りきぎょうじゃなるがゆゑに。 *りんじゅうまつこと来迎らいこうたのむことは、 しょぎょうおうじょうのひとにいふべし。 *真実しんじつ信心しんじんぎょうにんは、 *摂取せっしゅしゃのゆゑに*正定しょうじょうじゅじゅうす。 正定しょうじょうじゅじゅうするがゆゑに、 かならず*めついたる。 かるがゆゑにりんじゅうまつことなし、 来迎らいこうたのむことなし。 これすなはちだいじゅうはちがんのこころなり。 りんじゅうをまち来迎らいこうをたのむことは、 しょぎょうおうじょうちかひましますだいじゅうがんのこころなり。

(2)

一 またのたまはく、

 「是非ぜひしらずじゃしょう*わかぬ この*にて しょうしょうもなけれども *みょうにんをこのむなり」 (正像末和讃)おうじょう*じょうのためにはただ*信心しんじんをさきとす、 そのほかをばかへりみざるなり。 *おうじょうほどの一大いちだい*ぼんのはからふべきことにあらず、 ひとすぢに如来にょらいにまかせたてまつるべし。 すべてぼんにかぎらず、 *しょ*ろくさつをはじめとしてぶっ思議しぎをはからふべきにあらず、 ましてぼんせんをや。 *かへすがへす如来にょらいおんちかひにまかせたてまつるべきなり。 これを*りきしたる信心しんじん発得ほっとくぎょうじゃといふなり。 されば*われとしてじょうへまゐるべしとも、 またごくへゆくべしとも、 さだむべからず。

しょうにん *黒谷くろだに*源空げんくうしょうにんおんことばなり おおせに、 「*源空げんくうがあらんところへゆかんとおもはるべし」 と、 たしかにうけたまはりしうへは、 たとひごくなりとも、 しょうにん*わたらせたまふところへまゐるべしとおもふなり。

このたびもし*ぜんしきにあひたてまつらずは、 われらぼんかならずごくにおつべし。 しかるにいましょうにん (源空)どうにあづかりて、 弥陀みだ本願ほんがんをきき摂取せっしゅしゃのことわりをむねにをさめ、 *しょうのはなれがたきをはなれ、 じょううまれがたきを*いちじょうすること、 *さらにわたくしのちからにあらず。 たとひ弥陀みだぶっして念仏ねんぶつするがごくごうたるを、 いつはりて*おうじょうじょう業因ごういんぞとしょうにんさずけたまふに*すかされまゐらせて、 われごくにおつといふとも、 さらにくやしむおもひあるべからず。

そのゆゑは、 *めいにあひたてまつらで*やみなましかば、 *けつじょう悪道あくどうへゆくべかりつるなるがゆゑにとなり。 しかるにぜんしきにすかされたてまつりて悪道あくどうへゆかば、 ひとりゆくべからず、 とともにおつべし。 さればただごくなりといふとも、 しょうにんのわたらせたまふところへまゐらんとおもひかためたれば、 *善悪ぜんあくしょうじょ、 わたくしのさだむるところにあらずといふなりと。 これ*りきをすててりきするすがたなり。

わかぬ みわけがつかない。
にて 現行の ¬正像末和讃¼ には 「なり」 とある。
かへすがへす くれぐれも。 よくよく。
われとして 自分の方から。
源空があらんところへ… ¬恵信尼消息¼ (1)、 ¬歎異抄¼ (2) の内容に関連する。
わたらせたまふところ いらっしゃるところ。
一定と期すること (浄土に生まれることが) たしかであると心に待ちもうけること。
往生浄土の業因 浄土へ往き生れるための因。
明師 智慧ちえのすぐれた師。
やみなましかば 一生を終えてしまったなら。
決定 まちがいなく。 きっと。
善悪の生所 生まれるさきのよしあし。

(3)

一 またのたまはく、

 *こうみょうしょう *善導ぜんどうおんこと の ¬*だいりょう寿じゅきょう¼ のだいじゅうはち*念仏ねんぶつおうじょうがんのこころをしゃくしたまふに、 「*善悪ぜんあくぼんとくしょうしゃ まくかいじょう弥陀みだぶつ 大願だいがん業力ごうりき ぞうじょうえん(*玄義分) といへり。

このこころは、 善人ぜんにんなればとて、 おのれがなすところのぜんをもつて、 かの*弥陀みだぶつ*ほううまるること、 *かなふべからずとなり。 悪人あくにんまた*いふにやおよぶ。 おのれが悪業あくごうのちから、 *三悪さんまくしゅしょうをひくよりほか、 あにほうしょういんたらんや。しかれば、 善業ぜんごうようにたたず、 悪業あくごうもさまたげとならず。

しかれば、 善業ぜんごうようにたたず、 悪業あくごうもさまたげとならず。 善人ぜんにんおうじょうするも、 弥陀みだ如来にょらい*別願べつがんちょうだいだいにあらずはかなひがたし。 *悪人あくにんおうじょう、 またかけてもおもひよるべき報仏ほうぶつほうにあらざれども、 ぶっ不可ふか思議しぎなるどくをあらはさんがためなれば、 *こうがあひだこれをゆいし、 永劫ようごうがあひだこれをぎょうじて、 かかるあさましきものが、 *六趣ろくしゅ*しょうよりほかはすみかもなく、 *うかむべきなきがために、 *とりわきむねとおこされたれば、 悪業あくごう卑下ひげすべからずとすすめたまふむねなり。

さればおのれをわすれてあおぎてぶっするまことなくは、 おのれがもつところの悪業あくごう、 なんぞじょうしょういんたらん。 すみやかにかの*じゅうあく*ぎゃく*じゅう*謗法ほうぼう悪因あくいんにひかれて*さん*八難はちなんにこそしづむべけれ、 なにのようにかたたん。

しかれば、 ぜん極楽ごくらくうまるるたねにならざれば、 おうじょうのためにはそのようなし。 あくもまたさきのごとし。 しかれば、 ただ ˆのˇ *しょうとく善悪ぜんあくなり。 かのののぞみ、 りきせずは*おもひたえたり。 これによりて 「善悪ぜんあくぼんうまるるは*大願だいがん業力ごうりきぞ」 としゃくしたまふなり。 「*ぞうじょうえんとせざるはなし」 といふは、 弥陀みだのちかひのすぐれたまへるにまされるものなしとなり。

善悪凡夫得生者… 「善悪の凡夫、 生ずることを得るは、 みな阿弥陀仏の大願業力に乗じて増上縁とせざるはなし」 (行巻訓)
かなふべからず 思いどおりにならない。 不可能である。
いふにや及ぶ いうまでもない。
三悪四趣 三悪は地獄・ちくしょうの三悪趣、 四趣はこれにしゅを加えた四悪趣のこと。 →悪趣あくしゅ
別願 他力不思議をもってぼんほうに往生させようと誓った特別の誓願せいがん (第十八願)。 →本願ほんがん
悪人の…あらざれども また悪人のほう往生ということは、 いささかも思いよらないことがらではあるけれども。 「かけても」 はいささかも、 かりそめにもという意。
うかむべき期 (六趣・四生から) 離れ出る機会。
とりわきむねと… (悪人の成仏を) 特別に目当てとして (本願を) おこされたのであるから。
生得の善悪 持って生れた善悪。
おもひたえたり 念願はたたれてしまっている。 あきらめてしまうしかない。

(4)

一 またのたまはく、

 *こうみょうみょうごう因縁いんねんといふことあり。 弥陀みだ如来にょらい*じゅう八願はちがんのなかにだいじゅうがんは、 「わがひかりきはなからん」 とちかひたまへり。 これすなはち念仏ねんぶつしゅじょう摂取せっしゅのためなり。 かのがんすでにじょうじゅして、 あまねく無礙むげのひかりをもつて*十方じっぽうじんかいらしたまひて、 しゅじょう煩悩ぼんのう悪業あくごうじょうらしまします。 さればこのひかりのえんにあふしゅじょう*やうやく*みょう*昏闇こんあんうすくなりて宿しゅくぜんのたねきざすとき、 まさしくほううまるべきだいじゅうはち念仏ねんぶつおうじょう*願因がんいんみょうごうをきくなり。

しかれば、 みょうごうしゅうすること、 *さらにりきにあらず、 ひとへにこうみょうにもよほさるるによりてなり。 これによりて、 こうみょうえんにきざされてみょうごういんをうといふなり。 かるがゆゑにしゅう 善導ぜんどうだいおんことなり*こうみょうみょうごう *せっ十方じっぽう たん使信心しんじんねん(*礼讃) とのたまへり。

たん使信心しんじんねん」 といふは、 こうみょうみょうごうと、 父母ぶものごとくにて、 をそだてはぐくむべしといへども、 となりてでくべきたねなきには、 ちちははとなづくべきものなし。 のあるとき、 それがためにちちといひははといふあり。 それがごとくに、 こうみょうははにたとへ、 みょうごうちちにたとへて、 こうみょうははみょうごうちちといふことも、 ほうにまさしくうまるべき信心しんじんのたねなくはあるべからず。

しかれば、 信心しんじんをおこしおうじょうがんするとき、 みょうごうもとなへられ、 こうみょうもこれを摂取せっしゅするなり。 さればみょうごうにつきて信心しんじんをおこすぎょうじゃなくは、 弥陀みだ如来にょらい摂取せっしゅしゃのちかひじょうずべからず。 弥陀みだ如来にょらい摂取せっしゅしゃおんちかひなくは、 またぎょうじゃおうじょうじょうのねがひ、 なにによりてかじょうぜん。 されば*本願ほんがんみょうごうみょうごう本願ほんがん本願ほんがんぎょうじゃぎょうじゃ本願ほんがんといふ、 このいはれなり。

本願ほんがんしょうにん (親鸞)おんしゃく ¬教行きょうぎょうしんしょう¼ (行巻) にのたまはく、 「*徳号とくごう慈父じぶましまさずは*のうしょういんけなん。 こうみょう悲母ひもましまさずは*しょしょうえんそむきなん。 こうみょうみょうごう父母ぶも、 これすなはちえんとす。 真実しんじつしん*業識ごっしき、 これすなはち内因ないいんとす。 ない因縁いんねんごうしてほう*真身しんしんとくしょうす」 とみえたり。

これをたとふるに、 日輪にちりんしゅなかばにめぐりて*しゅうらすとき、 このさかひあんみょうたり。 しゅうよりこの*なんしゅうにちかづくとき、 すでにくるがごとし。 しかれば、 日輪にちりんづるによりてくるものなり。 のひとつねにおもへらく、 けて日輪にちりんづと。 いまいふところはしからざるなり。 弥陀みだ仏日ぶつにちしょうそくによりてみょう*じょうやみすでにはれて、 あんにょうおうじょう業因ごういんたるみょうごう宝珠ほうしゅをばうるなりとしるべし。

光明名号の因縁 阿弥陀仏が摂取せっしゅの光明を縁とし、 名号を因として、 一切しゅじょうを救うこと。 「行巻」の釈にもとづく。
やうやく 次第に。 段々。
昏闇 くらやみ。
願因の名号 本願によって往生の因と選び定められた名号。
以光明名… 「光明・名号をもって十方を摂化したまふ、 ただ信心をして求念せしむ」 (行巻訓)
摂化 摂取やく。 衆生を救いとって、 教化しやくを与えること。
本願や名号… ¬西方指南鈔¼ 中末の 「四箇条問答」 には 「本願や行者、 行者や本願、 本願や名号、 名号や本願」 とある。
能生の因・所生の縁 父母を能生と所生とに分けたのは、 父は生ませる側 (子種を下す下種)、 母は生ませられる側 (子種をたもち育てる持種) であるという俗説によっている。 また因と縁に分けたのは、 名号は正定しょうじょう業因ごういんとなり、 こうみょうせっしゅの外縁となるからである。 ただし光明と名号は別なものではなく、 しばらく因と縁に配当しただけである。
他州 しゅせんの四方にある四大州の中、 なんせんしゅう以外の他の三洲 (とうしょうしんしゅう西さい牛貨ごけしゅうほっ倶盧くるしゅう) をいう。
南州 しゅせんの南にあるなんせんしゅうのこと。 人間の住む世界をいう。

(5)

一 わたくしにいはく、

 *こん*つたなしとて卑下ひげすべからず。 ぶつ*こんをすくふだいあり。 *ぎょうごうおろそかなりとてうたがふべからず。 ¬きょう¼ (*大経・下) に 「ない一念いちねん」 のもんあり。 ぶつもうなし、 本願ほんがんあにあやまりあらんや。 みょうごう正定しょうじょうごうとなづくることは、 ぶつ思議しぎりきをたもてばおうじょうごうまさしくさだまるゆゑなり。 もし弥陀みだ*みょう願力がんりきしょうねんすとも、 おうじょうなほじょうならば正定しょうじょうごうとはなづくべからず。 われすでに本願ほんがんみょうごう*ねんす。 おうじょうごうすでに*じょうべんすることをよろこぶべし。

かるがゆゑにりんじゅうにふたたびみょうごうをとなへずとも、 おうじょうをとぐべきこと勿論もちろんなり。 一切いっさいしゅじょうのありさま、 過去かこ業因ごういんまちまちなり。 またえんりょうなり。 やまいにをかされてするものあり、 つるぎにあたりてするものあり、 みずにおぼれてするものあり、 けてするものあり、 ないじにするものあり、 しゅきょうしてするたぐひあり。 これみな*せん業因ごういんなり、 さらにのがるべきにあらず。 かくのごときの*死期しごにいたりて、 *一旦いったん妄心もうじんをおこさんほか、 いかでかぼんのならひ、 みょうごうしょうねんしょうねんもおこり、 おうじょうじょう願心がんしんもあらんや。 平生へいぜいのときするところの約束やくそく、 もしたがはば、 おうじょうののぞみむなしかるべし。

しかれば、 平生へいぜい一念いちねんによりておうじょうとくさだまれるものなり。 平生へいぜいのときじょうのおもひにじゅうせば、 かなふべからず。 平生へいぜいのとき*ぜんしきのことばのしたにみょう一念いちねん発得ほっとくせば、 そのときをもつてしゃのをはり、 *りんじゅうとおもふべし。

そもそも、 南無なもみょうみょうのこころはおうじょうのためなれば、 またこれ発願ほつがんなり。 このこころあまねくまんぎょう万善まんぜんをしてじょう業因ごういんとなせば、 またこうあり。 この*のうしん*しょぶっ相応そうおうするときかのぶつ*いんまんぎょう果地かじ万徳まんどく、 ことごとくにみょうごうのなかにしょうざいして十方じっぽうしゅじょう*おうじょうぎょうたいとなれば、 「弥陀みだぶつそくぎょう(玄義分)しゃくしたまへり。

またせっしょうざいをつくるとき、 ごくじょうごうむすぶも、 りんじゅうにかさねてつくらざれども、 平生へいぜいごうにひかれてごくにかならずおつべし。 念仏ねんぶつもまたかくのごとし。 本願ほんがんしんみょうごうをとなふれば、 そのぶんにあたりてかならずおうじょうさだまるなりとしるべし。

つたなし 劣っている。
持念 しゅうに同じ。 名号を信授して、 かたくとりたもつこと。
成弁 成就すること。 完成すること。
先世の業因 →補註5
死期 死にぎわ。 臨終。
臨終 心の命終のこと。 かくにょ上人は ¬最要さいようしょう¼ において、 身心の二に命終の道理があるとし、 信一念の時を心 (迷情の自力心) の命終とする。
能帰の心 仏智に帰順するしゅじょうの信心。
所帰の仏智 衆生に帰順される仏智。
往生の行体 すべての徳をそなえたみょうごうそのものが浄土に往き生まれるための行であるので、 このようにいう。

 *ほんにいはく

本にいはく 「本」 とは書写原本のこと。 原本にあった奥書をそのまま転写したことを示す。

*りゃく元歳がんさいひのえとらがついつ老眼ろうがんぬぐ禿筆とくひつむ。 これひとへにしゅじょうやくせんがためなり。

                            しゃく*そうしょうじゅうしち

嘉暦元歳 1326年。

 先年せんねん、 かくのごとく、 ふでめて飛騨ひだ*がんぼうあたへをはりぬ。 しかして、 今年こんねん*りゃくおう三歳さんさいかのえたつじゅうがつじゅうにち、 このしょ随身ずいしんしてじょうらく。 なかのひととうりゅうじゅう七日しちにちこく。 よつてとうにおいて老筆ろうひつせてこれをとどむ。 やくのためなり。

                            そうしょうしちじゅういち

暦応三歳 1340年。