0921選択註解鈔第三

  第八 三心章

一 上のしょうには、 念仏ねんぶつぎょうじゃ摂取せっしゅやくにあづかることあかし、 またとうしょうには、 ぎょうじゃ三心さんしんするゆへに、 摂取せっしゅにもあづかりおうじょうをもうべしとあらわすなり。 「ひつ」 のは、 三心さんしんせずはおうじょうすべからざるしめすなり

一 所引ひくところきょうもんじょうぼん上生じょうしょうもんなりもんじょうぼん上生じょうしょうあれどもぼんつうず。 その ¬しょ¼ のじゅう一門いちもんるべし。

にゃくしゅじょう」 というは、 念仏ねんぶつえんなり。 さればしゃくには 「↢有縁之類」 としゃくせり。

がんしょうこくしゃ」 というは、 がんおうじょうことあかすなり。

ほつ三種さんしゅしん」 というは、 信心しんじんおい三種さんしゅ差別しゃべつあることあらわすなり。

一にはじょうしん、 二には深心じんしん、 三にはこう発願ほつがんしん」 というは、 まさしく三心さんしんぐるなり。

する↢三心↡者必↢彼」 というは、 三心さんしんよりおうじょうことけり。 この三心さんしんは ¬だいきょう¼ のじゅうはちがんとくところ三信さんしんなり。 すなわちじょうしんしん深心じんしんしんぎょうこう発願ほつがんしんよくしょうなり。

↢南無↡者即是帰命、 亦是発願廻向之義。 言↢阿弥陀仏↡者即是其0922なり。 以ての↢斯↡故得↢往生」 というごときは、 みょうじょうしん深心じんしんなり、 発願ほつがんこうすなわちこう発願ほつがんしんなり。 されば南無なも弥陀みだぶつみょうごうとなうなかがんぎょうそくせり。

がんぎょうそくたいすなわち三心さんしんなり。 この三心さんしんはたゞ南无なも一心いっしんなり。 然者しかれば能信のうしんしんおいしょちゅうしんわかとき三種さんしゅしんたつへども、 ついには一心いっしんなり。 所謂いわゆる真実しんじつみょうして虚仮こけしんなきじょうしんなり。 をばじょうもつぼんり、 ほうこのぼんせっする真実しんじつほうなりしんずるは深心じんしんなり。 この信心しんじんおうじょうためなるはこう発願ほつがんしんなり。

三心さんしんことなるにたれども、 ただ一種いっしゅ信心しんじんなり。

一 「経云一者至誠心」 というは、 念仏ねんぶつぎょうじゃには三心さんしんもっとも肝要かんようなるがゆえに、 たしかに 「きょういわひきせらるゝなり。

一 「↠明さんと↣一切衆生の身口意業の所修の解行、 必もちゐんことを↢真実心なかし給ふを」 というは、 ぼんには真実しんじつしんなし、 弥陀みだいんちゅう真実しんじつしんちゅうなしたまいりきぎょうしんぜよとなり。 そのりきのぞむれば、 信心しんじんまた真実しんじつるなり。

一 「貪瞋・邪偽・奸詐百端にして悪性難↠↢蛇蝎↡。 雖↠起すと↢三業↡名↢雑毒之善↡。 亦名↢虚仮↡。 なづ↢真実↡也」 というは、 貪瞋とんじんそくしゅじょうあくしょうやめがたければ、 ぼんには真実しんじつしんあるべからず。 されば三業さんごうおいぜんしゅすといへども、 0923貪嗔とんじんじゃしんしゅすれば、 三毒さんどくをまじふるがゆえ雑毒ぞうどくぜんいうはれて、 ぎょうじゃしんには真実しんじつしんなしいうなり。

↢如↠此安心・起行↡者縦使たとひ苦↢励して身心↡、 日夜十二時急走急作して、 如するはらふが↢頭燃↡者すべ↢雑毒之善↡。 ほつする↧廻して↢此雑毒之行↡、 求↦生せんと浄土↥者、 此不可也」 というは、 所↠云いうところ三毒さんどくぞうりきぜんをもて、 おうじょうることはかなふべからざることしゃくするなり。

。 正しくて也と↧彼阿弥陀仏因中たまひし↢菩薩行↡時、 乃至一念一刹那、 三業所修、 皆是真実心中し給ひしに↥」いうは、 三毒さんどくをまじへざる弥陀みだいんぎょうひきて、 ぼんはそのまゝにじょうじがたきことあらわなり。 さればかみいいつるがごとく、 弥陀みだ真実しんじつしんちゅうなしたまいしをもちいて、 真実しんじつこれすれば、 りきとくとしてそのこころるなり。 これじょうしんなり

といていわ 弥陀みだいんぎょう三毒さんどくをまじへたまはざりしことそのせつありや。

こたえいわく、 ¬だいきょう¼ のじょうえたり。 「↠生↢欲覚・瞋覚↡、 ↠起↢欲想・瞋想・害想↡、 ↠著↢色・声・香・味・触・法↡、 忍力成就して↠計↢衆苦↡、 小欲知足にして↢染・恚・痴↡。 三昧寂静にして智恵無なり↠有こと↢虚偽・諂曲心。 和顔愛語にしてさきにして↠意承問勇猛精進にして志願無むことめて↢清白之法↡、 以恵↢利群生↡。 恭↢敬三宝↡、 奉↢事師長↡。 以↢大荘厳↡具↢足衆行↡、 ↢諸衆生をして功徳成就 へるもんこれなり

0924 「凡所↢施為・趣求する↡、 亦皆真実也」 というは、 これ如来にょらいいんぎょう利他りたとくあることをあらわすなり。 しゅじょうほどこたまところほうしかしながらだいしゅせしめんがためなりというなり。

一 「又真実↢二種↡。 一には者自利真実、 二には者利他真実」 とひょうして、 しか自利じり真実しんじつばかりをしゃくして利他りた真実しんじつしゃくせず。 これ利他りた真実しんじつしゃく次上つぎかみの 「所↢施為・趣求する↡、 亦皆真実也」 とへるしゃくあたるがゆえべっしてしゃくせず。

これすなわち利他りたとくぶつどくなるべし。 ぼんりきにはこのとくあるべからざることしめなり

一 自利じり真実しんじつしゃくするなか総別そうべつしゃくあり。 そうおいじゅうしゃくあり、 べつおいろくじゅうしゃくあり。 そうじゅうしゃくいうは、 一には廃悪はいあくしゃくし、 二には修善しゅぜんしゃくす。 べつろくじゅうしゃくいうは、 三業さんごうおいおのおの修善しゅぜん廃悪はいあくしゃくするなり

には真実心中、 制↢捨して自他諸悪及穢国等↡、 行住坐臥をもうなり↧同↣一切菩薩制↢捨するに諸悪↡、 我亦如↞是也」 というは、 そうしゃくしょじゅうしゃくなり廃悪はいあくしゃくす。

には真実心中、 勤↢修自他凡聖等」 というは、 だいじゅうしゃくなり、 修善しゅぜんしゃくす。

真実心中口業讃↢嘆彼阿弥陀仏及依正二報」 というは、 べっしゃくしょじゅうしゃくなり、 修善しゅぜんしゃくす、 またごんなり。

又真実心中口業毀↢厭三界・六道等自他依正二報苦悪之事」 というは、 おなじだいじゅうしゃくなり、 廃悪はいあくしゃくす、 またえんなり

亦讃↢嘆一切衆生三業所為↡。 非0925ずは↢善業↡者つゝしんでとをざか↠之、 亦不↢随喜」 というは、 いま廃悪はいあく修善しゅぜんかさねてのぶなり所謂いわゆるかみにはしんおいこれしゃくし、 いまにんおいこれしゃくするなり。

又真実心中身業合掌礼敬、 四事等もて供↢養阿弥陀仏及依正二報」 というは、 だいさんじゅうしゃくなり、 修善しゅぜんしゃくす、 またごんなり

又真実心中身業軽↢慢厭↣捨此生死三界等自他依正二報」 というは、 だいじゅうしゃくなり、 廃悪はいあくしゃくす、 またえんなり。

又真実心中意業思↢想観↣察憶↤念して彼阿弥陀仏及依正二報↡、 如くにす↠現ずるが↢目」 というは、 第五重のしゃくなり、 修善しゅぜんしゃくす、 またごんなり

又真実心中意業軽↢賎厭↣捨生死三界等自他の依正二報」 というは、 第六重のしゃくなり、 廃悪はいあくしゃくす、 またえんなり

不善三業をばもちゐ↢真実心中てたまひしを。 若さば↢善三業↡者、 必もちゐ↢真実心中したまひしを↡、 不↠簡↢内外明闇↡、 皆須↢真実↡。 故名↢至誠心↡」 というは、 そうじて三業さんごうわたりて廃悪はいあく修善しゅぜんしゃくし、 じょうしんそうけっするなり。

一 「二者深心。 言深心者則深信之心也」 というは、 けつじょう信心しんじんそうあらわすなりゆえこのこころしゃくする重々じゅうじゅうしゃくに、 みなけつじょう」 のことばおくなり

これよりしもしゃくにも 「又深心深信、 決定建↢立して自心↡、 順↠教修行、 永きて↢疑錯↡、 ↧為↢一切別解・別行・異学・異見・異執↡之、 ↦退失傾動」 とへり。

亦有↢二種↡」 というは、 ほうしゅ信心しんじんなり0926

すなわち一者決定深↢信自身罪悪生死凡夫、 曠劫より流転して、 無しと↟有こと↢出離之縁↡」 というは、 しんぶんしんずるこころなり。 「じょうもつ」 というは、 つねさん沈没ちんもつするなり。 「じょうてん」 というは、 つね六道ろくどうりんするなりごくちくおもむくと、 人天にんでんしょうずると、 すこしのしょうれつにしてれども、 ただてんほうなるがゆえに、 しゅつえんなき深信じんしんするなり

決定して深↧信彼阿弥陀仏、 じゅうはちがんをもて摂↢受して衆生↡、 無↠疑↠慮ぱかりじて↢彼願力↡定得↦往生」 というは、 如来にょらい願力がんりきしんずるこころなり。 如此かくのごとくしゅつえんなきしゅじょうさいたまうこのぶつがんのみなりと、 一分いちぶんりょしんずるなり。

一 「又決定して深↣信釈迦仏説↢此 ¬かんぎょう¼ 三福・九品・定散二善↡、 証↢讃して依正二報↡、 使めたまふと↦人欣慕」 というは、 かみは ¬だいきょう¼ におい弥陀みだがんしんじ、 いまは ¬かんぎょう¼ につきしゃ所説しょせつしんずる心なり。

一 「又決定して深↣信弥陀経、 十方恒沙諸仏証↢勧したまへりと一切ぼん、 決定して↟生ずることを」 というは、 ¬弥陀みだきょう¼ により諸仏しょぶつ証誠しょうじょうむなしからざることしんずるなり。

といいわ いまいうところ深心じんしんいうは、 弥陀みだ一法いっぽうおい深信じんしんするしんなり。 しかるしゃおよび諸仏しょぶつわたり深信じんしんすというは、 弥陀みだみょうする専心せんしん信心しんじんにあらず、 如何いかん

こたえていわ 弥陀みだしんずるはまさし所信しょしん法体ほったいなり。 無有むうしゅつえん願力がんりきにあらずはおうじょうすべ0927からずとしんずるこころなり

いましゃくそん能説のうせつきょうしゅとして使にんごんやくほどこしたまうことしんじ、 諸仏しょぶつ舌相ぜっそうをのべて証誠しょうじょうたまふことをしんずるは、 みな弥陀みだしんずるこころす。

これすなわちしゃくそん所説しょせつに、 弥陀みだ讃嘆さんだんたまうことを慇懃おんごんなるをききても、 いよいよ弥陀みだしんずるこころふかく、 諸仏しょぶつ同心どうしんおうじょうまことなること証誠しょうじょうするをおもうにも、 ますます弥陀みだするこころふかきゆえに、 しゃ諸仏しょぶつしんずるは弥陀みだする一心いっしんほんとするなり

一 「又深心者、 仰はくは一切行者とう、 一心たゞじて↢仏語↠顧↢身命↡決定依行してめたまふ↠捨ものをばたまふ↠行ものをばたまふ。 是随↢順仏教随↦順すと仏意↥、 是随↢順仏願↡。 是↢真仏弟子」 というは、 かみ弥陀みだ本願ほんがんしゃ所説しょせつ諸仏しょぶつ証誠しょうじょうおい深信じんしんすべきことしゃくして、 いまかさねその深信じんしんそうこうするなり。

唯信ゆいしんぶつ」 というは、 しゃせつしんぜよというなり。 このぶつつき総別そうべつあり。

そういうは、 しゅせつなかぶつを信ぜよとなりしゅせついうは、 一には仏説ぶっせつ、 二にはしょう弟子でしせつ、 三には天仙てんせんせつ、 四にはじんせつ、 五にはへんせつなり

べついうみょうごうなり。 なにてかしるとならば、 ¬かんぎょう¼ のずうに、 「てと↢是↡者、 即てと也↢無量寿仏」 ととくゆえなり。

たまふ↠捨ものをば」 というぶつしゃくそんなり遣捨者すてしめたまうものはじょうさんなりてゝぞくせざるがゆえなり。

たまふをば↠行者即ぜよ」 という念仏ねんぶつなりしゃくそんぼんほんぎょうなるがゆえ0928なり。 ¬弥陀みだきょう¼ に 「じて↢此難事↡、 ↢阿耨多羅三藐三菩提」 とへるそのもんなり

仏遣去処には即去」 というは、 これ撥遣はっけんこころなり。 撥遣はっけんいうは、 しゃ西方さいほうこうせしめたまうなり。

ずいじゅんぶっきょう」 というは、 しゃきょうしたがへとなり。 「ずいじゅんぶつ」 というは、 ぶっきょうじゅんずればぶつにもじゅんずとなり。 これまさしくはしゃぶつじゅんずるなり、 かねては弥陀みだぶつにもつうずべし。 「ずいじゅん仏願ぶつがん」 というは、 弥陀みだ本願ほんがんしたがへとなり。

↢真仏弟子」 というは、 しゃくそんしん弟子でしなり。 「しゃの真弟子ならば、 誓ひてじて↢仏語↡生ぜよ↢安楽 (般舟讃) へるこのこころなり。

一 「一切行者但能↢此↡深信する行者、 必あやま↢衆生↡也」 というは、 かみに 「唯信ゆいしんぶつ」 といいつるはしゅせつきらい 仏説ぶっせつとれいうにては、 この ¬きょう¼ はぶつせつなれば深信じんしんせよというなり。

またかみぶつべっしてろんずれば、 りょう寿じゅぶつみょう一法いっぽうなりとこころつれば、 そのにては 「たゞ能依↢此」 というは、 念仏ねんぶつ深信じんしんせよというなり。 念仏ねんぶつ深信じんしんするものは、 しゅじょうをあやまたずというなり

一 「ての。 仏満足大悲なるが」 というより 「↠可から↧信↢用して菩薩等不相応↡、 以抱惑自迷、 廃↦失往生之大益」 といういたるまでは、 まさし仏説ぶっせつ了経りょうきょうよりて、 さつとう了教りょうきょうるべからざるゆへをはんず。

そのなかに 「是満足大悲人故」 というは、 だい0929ぶつ不共ふぐとくなるがゆえに、 真実しんじつだいをばぶつのみたまへるなり。 不共ふぐとくいうは、 さつ慈悲じひすれども、 ぶつだいには不及およばざるなり

じつ」 というは、 これさつじょうも、 しょうじゃはいづれももうならずとへども、 なおぶつ真実しんじつとするがゆえ如此かくのごとくいうなり。 「序分じょぶん」 のしゃくに 「↢仏語↡者、 此↧如来曠劫↢口過↡、 随れば↢言説↡一切聞者自然ことを↞信」 とへるこのこころなり。

きて↠仏已還智行未↠満」 というは、 さつじょうにも、 分々ぶんぶんじょうくらいおいぎょうまんまんあるべけれども、 きょうまんいうときは、 ぶつのみみたたまへりというなり

↢其学地」 というは、 これじょうどうみながくがくくらいあれども、 円満えんまんごくがくくらいぶつなり、 さつしょうもんとうみながくくらいなりというなり。 「がく」 というがくくらいなり

↧有↢正習二障↡未のぞこ」 というは、 煩悩ぼんのうなり。 「しょう」 というしょう使なり、 「じゅう」 というじっなり。 これさんじょうたいするに、 しょうもん縁覚えんがくすれば、 しょうもんしょう使だんじ、 縁覚えんがくじっだんず。 じょうさつたいすれば、 しょうもん縁覚えんがくはともにしょう使だんじ、 さつじっだんず。 さればおのおの分々ぶんぶん正習しょうじゅうだんずれども、 ぶつたいするときは、 さんじょうみな正習しょうじゅうしょうつくさずというなり。

果願未↠円かなら」 というは、 さんじょうしょうじゃいまごっいたらず、 がんいままどかならざるなり。 四弘しぐ誓願ぜいがんいまだまんせざれば、 がんいまだまどかならざるなり。

已下いげ文言もんごん、 そのこころやすし。

0930 「又深心深信、 決定して建↢立して自心↡、 順じて↠教修行、 永きて↢疑錯↧為↢一切別解・別行・異学・異見・異執↡之、 ↦退失傾動↥也」 というは、 かみぶつしんじてさつとうせつもちいるべからざるしゃくして、 いまかさね深信じんしん釈成しゃくじょうす。

所謂いわゆる建↢立自心」 というは、 ぶつしたがいしんなきをいうなりすなわちじて↠教修行↢疑錯」 とへるこれなり如此かくのごとくしんこんりゅうしぬれば、 べつべつぎょうため退動たいどうせられずとなり。 これすなわち深信じんしんなり。

一 「」 というよりしもれをくと↢就きて↠人↟信」 といういたるまでに、 じゅう問答もんどうこころあり。 そのなかいましょじゅうなり。 すなわちぎょうどうひとありてなんくわへしとき、 こたうべきさまはんぜり。 これぼんなんたいするなり。 ぼんなかにんありて、 おおきょうろんひきなんせば、 如何いかんかのなんふせがんなり

こたえこころしゅべつもてこたへよとなりいまのしゃくに 「仏説たまふ↢彼↡時、 処別、 時別、 対機別、 利益別なり」 というこれなり

処別しょべつ」 という しょうどうしょきょうおおしゃ崛山くっせんおんしょうじゃろうてらにしてこれときたまういまの ¬かんぎょう¼ はおうにしてこれたまふ。 ざいしゅっ各別かくべつなるがゆえに、 処別しょべついうなり

べつ」 というは、 しょきょうぜんときたまうこの ¬きょう¼ はぎゃくときたまうぎゃくいうは、 ぎゃくおこときなり。 善悪ぜんあくとき各別かくべつなるがゆえに、 べついうなり。

たいべつ」 というは、 しょきょうさんじょうたいしてたまふ。 ¬かんぎょう0931¼ はだいおよびらいぼんためときたまふ。 ぼんしょう各別かくべつなるがゆえに、 たいべついうなり

やくべつ」 というは、 しょきょうじきじょうぶつもんときたまうこの ¬きょう¼ はおうじょうじょうどうときたまうしょうしょ各別かくべつなるがゆえやくべついうなりこれしゅべつなづく。 如此かくのごとき条々じょうじょう各別かくべつどうあるうえは、 かれこれなんずべからず。 おのおのえんきょうよりしゅぎょうせば、 たがいやくあるべしとなり

又行者更ひて仁汝なんぢ。 我今為↠汝かん↢決定信↡。 縦使たとひ地前さつ・羅漢・辟支等」 という已下いげは、 だいじゅう問答もんどうなり。 さんじょうしょうじゃ難者なんじゃとしてそのなんをももちいざれとなり。

かん」 はしょうもんなり、 「びゃく」 は縁覚えんがくなり、 「さつ」 はぜんさつなり。 これさんじょうなり。

又行者善縦使たとひ初地已上十地已来」 という已下いげは、 第三だいさんじゅう問答もんどうなり。 これじょうさつ難者なんじゃとして、 それにもさまたげらるべからずというなり。

又置↢此をば↡。 行者当↠知縦使たとひ化仏・報仏」 という已下いげは、 だいじゅう問答もんどうなり。 これほう諸仏しょぶつ難者なんじゃとして、 それにもきょうどうすべからざるじょうずるなり。

このじゅうなかに、 はじめさんじゅうはみないんなれば、 仏説ぶっせつせばしんずべからざることいいあり。 だいじゅうぶつ難者なんじゃとするがゆえに、 りょうほうかれ用捨ようしゃあるべからずとへども、 諸仏しょぶつがんぎょうおなじければ、 じつぶつならばわが所信しんずるところ仏説ぶっせつすべからざるどうよりて、 これしんずべからずというなり

さればじゅう問答もんどうなかに、 はじめさんじゅうにはなんうけざるに0932つきて、 だいふか信心しんじんぞうじょうするしゃくし、 だいじゅうには諸仏しょぶつ所説しょせつそうすべからざるおいて、 妨難ぼうなんぶつをばじつひ、 所説しょせつ仏説ぶっせつおいうたがいしょうぜざるがゆえに 「畢竟じて↠起↢一念疑退之心」 というなり

。 一仏一切仏なれば」 というは、 諸仏しょぶつすなわち一仏いちぶつなることは ¬ごんぎょう¼ (晋訳巻五明難品意唐訳巻一三問明品意) みえたり。 「一切諸仏しん、 即一仏しん、 一心・一智恵・力・無畏亦然なり」 とへるこれなり

きは↢前仏制断↡、 殺生・十悪等つみ、 畢竟じて↠犯↠行者、 即↢十善・十行↡。 随↢順六度之義↡。 若りて↢後仏↡出世して、 豈可けんや↧改めて↢前十善↡令↞行↢十悪↡也」 というは、 遮悪しゃあくぜん七仏しちぶつ通戒つうかいなるがゆえに、 前仏ぜんぶつぶつ所制しょせいすべからずというなり。 これすなわち念仏ねんぶつおうじょうとくにも諸仏しょぶつことばおなじかるべし、 れいせんがためなり

¬弥陀みだきょう¼ をひくとりもんわかちだんとせり。 はじめにはしゃ所説しょせつ弥陀みだねんじておうじょうすとのたまえるをひきて、 のち諸仏しょぶつこのこと証誠しょうじょうたまうことひくは、 彼此ひし諸仏しょぶつせつしつせざることあらわして、 このほかいかなるぶつありてしゃせつもうなりとときたまうべきぞというはんがためなり

↢就↠人立↟信」 というは、 かみより以来このかた弥陀みだ本願ほんがんし、 しゃ所説しょせつしんじ、 諸仏しょぶつ証誠しょうじょうあおぎつるは、 みな仏説ぶっせつしんずるなりこれさまたげつるぼんしょうせつをば、 さらにしんぜずしてしんこんりゅうし、 いよいよ信心しんじんぞうじょうするは、 就人じゅにん立信りっしんなりしんずるなり。 「にん」 というは、 説人せつにんしんずるこころなり。

0933 「↠行↠信、 然しゅ↡。 一には正行しょうぎょう、 二にはぞうぎょうなり」 というは、 深信じんしんつき就人じゅにん立信りっしんじゅぎょう立信りっしんふたつのこゝろあり。 就人じゅにん立信りっしんかみいうがごとし。

じゅぎょう立信りっしんいうは、 おうじょうぎょうつき正行しょうぎょうぞうぎょう分別ふんべつして、 なかぞうぎょうてゝ正行しょうぎょうし、 助業じょごうかたわらにしてしょうごうもっぱらにする、 じゅぎょう立信りっしんいうなり

一 ちゅうに 「↠前ぎょう之中所↠引」 というは、 だいしょうぞうぎょうしょうひきしをさすなり

一 「三者こう発願ほつがんしん」 と云より 「↢廻向↡也」 といういたるまでは、 こう発願ほつがんしんしゃくなり。 このなかに三種さんしゅしゃくあり。

↢廻向発願心↡者、 過去及以および今生の身口意業↠修する世・出世善根、 及随↢喜して一切凡聖身口意業所修世・出世善根↡、 以↢此自他所修善根↡、 悉真実深信しむちう廻向して、 願↠生ぜんと↢彼。 故名↢廻向発願心也」 といふは、 しょじゅうしゃくなり。 これいんこうこうなり。 所謂いわゆる自他じたぼんしょう一切いっさい善根ぜんごんじょうこうして、 かのしょうぜんとがんずるなり。

又廻向発願してずといふ、 必ゐて↢決定して真実心中廻向したまへる↡、 作↢得生さう」 といふより 「↢此↡常↢此 もひ。 故↢廻向発願心」 といういたるまでしちじゅうぎょうは、 だいじゅうしゃくなり。 これは廻思えし向道こうどうこうなり。 これはしょぎょうして願力がんりきどうむかうなり。

又言↢廻向↡者、 生↢彼↡已はりて、 還して↢大悲↡、 廻↢入して正使↡教↢化するを衆生↢廻向↡也」 というは、 にゅうこうこうなり。

0934 「心深信せることなをして↢金剛」 といふは、 念仏ねんぶつ信心しんじんをさして金剛こんごうにたとふるなり。

金剛こんごうふたつとくあり。 一にはたいけんなり。 二にはゆうなり。 体けんなるがゆへに、 一切いっさいのためにせられず。 ゆうなるがゆへに、 一切いっさいをくだくなり。

されば一切いっさいけんがくのために破壊はえせられざるは、 信心しんじんたいけんなるがゆへなり。 この信心しんじんによりておうちょうだん四流しるやくをうるは、 ゆうなるがゆへなり。

ゆえ金剛こんごうをたとへとするなり。

一 「、 若りて↢解行不同邪雑りて惑乱、 或↢種々疑難↡。 噵↠不↠得↢往生 いうは、 しゅじょうあく曠劫こうごうより已来このかたひさし積重しゃくじゅうしてきわめおもし。 念仏ねんぶつしゅぎょうはわづかにいっしょうなり。 のうしょ相応そうおうせず。 いかでか滅罪めつざいしてたやすくおうじょうえんやととうなり。

じゅうあく」 というは、 一にはせっしょう、 二にはちゅうとう、 三には邪淫じゃいんこのみつ身業しんごうあくなり。 四にはもう、 五には綺語きご、 六にはあっ、 七にはりょうぜつこのよつごうあくなり。 八には貪欲とんよく、 九にはしん、 十には愚痴ぐちこのみつごうあくなり。

ぎゃく」 というは、 一にはせっ、 二にはせつ、 三にはせつかん、 四には合僧ごうそう、 五にはしゅつ仏身ぶっしんけつなり。

じゅう」 というは、 じゅうあくなかのはじめよつとるなり。 所謂いわゆるせっしょうちゅうとう邪淫じゃいんもうなり。 じゅうなかよつことにおもきがゆへに、 じゅういうなり。

謗法ほうぼう」 というは、 仏法ぶっぽうほうするなり。 「せん0935だい」 というは、 断善だんぜんたぐいなり。

かい」 というは、 じゅしてのちすなり。 「けん」 というは、 しょうけんするなり。 これ邪見じゃけんなり。

これつみは、 三界さんがい悪道あくどうするごうなり。 いっしょう修福しゅふく念仏ねんぶつかれじゅうざいめっすべからずとなんずるなり。

これこたうるにすいとうたとえいだし、 待対たいたいほうなほし如此かくのごとくたいして、 「仏法不思議力豈らんや↢種々益↡也」 というは、 滅罪めつざい有无うむにはこころかくべからず、 たゞ仏法ぶっぽう思議しぎりきにておうじょうすとしんずべきあらわすなり。

これすなわち不断煩悩ぼんのうとくはんぶんなるがゆえに、 罪悪ざいあくしょうぼんながらほうしょうやくをうるうえは、 滅罪めつざいしておうじょうせんとおもうなおこれりきなり。 ざいざい軽重きょうじゅうざいろんぜず、 即得そくとくおうじょうやくことは、 ひとえりきひくところなり。 ぎょうじゃはからいにあらざることしめすなり

一 「ひてづれば↢一門↡者、 則↢一煩悩なり。 随れば↢一門↡者、 則↢一解脱智恵↡也」 というは、 八万はちまんせん法門ほうもんは、 八万はちまんせん塵労じんろうもんせんがためなれば、 いち煩悩ぼんのうもんいづるは、 いちだつ智恵ちえもんいるなりというこころなり。 いずれもしたがて、 そのやくあるべきことあらわすなり。

一 「はゞ↠学せんと↠解、 従↠凡至↠聖、 乃至仏果まで、 一切無礙↠学することなり。 若はゞ↠学せんと↠行者必↢有縁之法」 というは、 智解ちげえんおもはゞ、 ひろ一切いっさい仏法ぶっぽうがくせよ。 ぎょうごう0936しゅせんとおもわば、 しょぎょうしたがいえんぎょうしゅせよというなり。

しょうようろう得益とくやく」 というは、 念仏ねんぶつやくあぐなりこれすなわち ¬礼讃らいさん¼ に 「↢一形↡似↢如れども少苦↡、 前念命終後念↢彼国↡。 長時永劫受↢無為法楽↡。 乃至成仏まで↢生死↡。 豈非↠たのしみ」 というこころなり

一 「↢一切往生にんとう↢行者↡切かん↢一譬喩」 というよりは、 二河にが譬喩ひゆなり。 またしゅしんしゃくいう、 「守↢護↡、 以ふせがん↢外邪異見之難」 というゆえなり。 たとえこころるべし。

一 ごうなかに、 「六根ろっこん」 というは、 げんぜつしんなり。

六識ろくしき」 というは、 すなわち六根ろっこんするところしきなり。 所謂いわゆる眼識げんしきしきしき舌識ぜっしき身識しんしきしきなり。 六根ろっこん六塵ろくじんたいするとき六根ろっこんしたがいきょう分別ふんべつするしきなり。

六塵ろくじん」 というは、 しきしょうこうそくほうなり。 かみ六根ろっこん六識ろくしきえんずるところきょうなり。 ゆえまたろっきょういうなり

おん」 というは、 しきじゅそうぎょうしきなり。 しきいうは、 かみ六根ろっこんろっきょうとうなり。 じゅいうは、 らくしゃ三受さんじゅなり。 そういうは、 男女なんにょじょうたんとうそう分別ふんべつするそうなり。 ぎょういうは、 おんのぞきほか一切いっさいえん諸法しょほうなり。 しきいうは、 心王しんのうなり。 このおんをばまたうんいうじゅじゅうなり

だい」 というは、 すい0937ふうなり。 これ諸法しょほうみなわれぎょうたいぞうりゅうし、 愛憎あいぞう妄念もうねんをおこしてしょう使てんせしむれば、 群賊ぐんぞくあくじゅうたとうるなり。

一 「↢中間白道四五寸↡者、 則↣衆生貪瞋煩悩ずる↢清浄願往生心↡也」 というは、 びゃくどう信心しんじんたとうるなりこの信心しんじんは、 ぎょうじゃりきしんあらず、 如来にょらいりきよりところ信心しんじんなり。 ゆえ清浄しょうじょう信心しんじんひ、 またしもにもぶつ願力がんりきたとうるなり

一 「↢或こと一分二分するに群賊等喚かへすと↡者、 則喩↧別解・別行・悪見にんみだり↢見解↡送ひに惑乱、 及りて↠罪退失するに↥也」 というは、 かみには群賊ぐんぞくあくじゅうをば六根ろっこん六識ろくしき六塵ろくじんおんだいたとへつるを、 いまべつべつぎょうにんたとうるはいかなることぞというに、 かみいまじょうきょうにあはざるぶんときしたがふところ六根ろっこんろっきょうとう悪因あくいんあっきょうとう群賊ぐんぞくのあひしたがふに、 いまじょうきょうもんたるのちなり。

このときそのぎょうしょうせんがために、 よばいかえすはべつべつぎょうひとならびまたしんにも造罪ぞうざいよりおのれこうにゃくするこころなり。 みずから造罪ぞうざいより退たいするこころは、 すなわちかのろっきょうとう所為なすところなり。 さればしんなれどもにんなりとも、 仏法ぶっぽうしゅぎょうぼうするもてたとえとすれば、 そうにあらざるなり。

一 とうかみ譬喩ひゆちゅうげんには、 ひがしきしすすむるこえ西にしきしよばうこえとをききて、 のちひがし0938きき群賊ぐんぞくよばいかえすいういまごうなかには、 ひがしきしすすむるこえをきゝて、 いま西にしきしのよばふこえをきかざるちゅうげんに、 群賊ぐんぞくよばひかえすとへり。 ほうそうせること如何いかん

こたうほうぜんしてじんあることあらわなり

所謂いわゆるかみはたゞたとえこころいだすゆへに、 ひがしすす西にしよばうききて、 そのこころけつじょうしてすすむべし。 すすむてよばひかへすべきゆへに、 そのだいしかなり。

ごうなかには、 ひがしきしこえしゃきょう西にしきしこえ弥陀みだきょうなり。 ゆえべつひとしゃきょうぶんにて一旦いったんしょうすべし。 弥陀みだきょうまえには悪見あくけんにんしょうおよぶべからざるあらわして、 きしこえよりさきに群賊ぐんぞくよばひかえすというなり。

一 「又一切行者、 行住坐臥三業所修、 無↠問こと↢昼夜時節↡、 常↢此観解↡常↢此↡。 故がゆへに名↢廻向発願心」 という 廻思えし向道こうどうこうけっするなり

こころは、 いま二河にが譬喩ひゆこころにかけて、 六根ろっこんろっきょうふれ仏法ぶっぽうすすまざらんこころをも、 われざんして怯退こうたいこころなく、 べつべつぎょうひと、 たとひぼういたすとも、 かのひとことばせられずして、 ひとえ願力がんりきどうじょうじておうじょう大益だいやくべしというなり

一 「又言↢廻向↡者、 生↢彼↡已りて、 還りて↢大悲↡、 廻↢入生死↡教↢化するを衆生↡亦名↢廻向↡也」 というは、 にゅうこうこうあかなり

じょうぼんだいしんしゃくには 「唯発して↢一念↡厭0939苦、 楽↢生するは諸仏境界↡、 速てゝ↢菩薩大悲願行↡、 還↢入生死↡、 普↢衆生 (散善義) ひ、 ¬ほうさん¼ (巻下) しゃくには 「ちかりて↢弥陀安養界↡、 還↢来穢国↡度せん↢人天」 とはんずる、 みなこころなり。

これすなわちじょうだいだいしんなり。 しょうどうもんしゅぎょうは、 しゅじょうことごとしてのちわれじょうぶつせんとがんず。 しかるにしゃかいには退縁たいえん退たいきょうおおきゆえそのぎょうたやすくじょうぜず。 なんぎょうなるがゆえなりこれよりじょうしゅうは、 穢土えどにして自利じり利他りたぎょうじょうじがたければ、 まずじょうしょうじょうぶつしてのち穢土えど還来げんらいしてしゅじょうせんとがんずるこころなり。

曇鸞どんらんの ¬ちゅうろん¼ にはしゅこうてゝ往相おうそう還相げんそうへり。 所謂いわゆる念仏ねんぶつしてじょうしょうずるは、 往相おうそうこうなり。 こくにかへりてしゅじょうするは、 還相げんそうこうなり。 いましゃくもそのこころあり。 いんこう廻思えし向道こうどう往相おうそうなり、 にゅうこう還相げんそうなり

一 「三心既すれば、 無↢行としてと云こと↟成。 願行既じていう↠生者、 ↠有ことことはり」 というは、 いま三心さんしん念仏ねんぶつしんずるこころなることをあらわす。 これすなわちがんぎょうそくあかして、 ひっしょうこくやくしめなり

一 「又此三心じて↢定散之義」 というは、 いずれのほうぎょうずるとも、 そのほうおい真実しんじつしんとうおこおなじかるべければ、 そうじていうはゞ、 じょうとうしん念仏ねんぶつかぎらず、 じょうぜんにもつうずべしというなり。 しかれども、 べっしていうはゞ、 念仏ねんぶつ信心しんじんなりと0940いうこころなり。

一 ¬おうじょう礼讃らいさん¼ のもんは、 かみの ¬しょ¼ のもんこころれおなじなり

安心あんじん」 という三心さんしんなり、 そのそうくはしくは ¬しょ¼ のしゃくならびにいまもんえたり。

ぎょう」 という念門ねんもんなり、 そのみょうおなじいまもんのするごとし。

ごう」 というしゅなり、 次下つぎしもしょうあかすがごとし。

一 「信↧知自身具足煩悩凡夫、 善根薄少して流↢転三界↡不↞出↢火宅」 というは、 深心じんしんほうしゅ信心しんじんのなかに、 しんずるそうなり。

しかるに ¬しょ¼ のもんにはただ罪悪ざいあくしょうぼん」 とへり。 いまもんには 「善根ぜんごんはくしょう」 のことばくわえたり。 いかなるぞというに、 そうにはあらず。 ただ ¬しょ¼ にいうところなおくはしく釈成しゃくじょうするなり

煩悩ぼんのうそくせる罪悪ざいあくぼんなれば、 たとい善根ぜんごんしゅするとも、 りきはくしょう善根ぜんごんは、 煩悩ぼんのうぞくためうばはれて進道しんどうりょうらず。 ゆえ三界さんがいてんすというなり

一 わたくししゃくの中、 「しょう之家しけ以疑いぎしょ」 というは、 「しょういえ」 という六道ろくどうなり。 六道ろくどうてんすることは煩悩ぼんのうよりてなり。 およしょうどうきょうもんに、 欲界よくかい煩悩ぼんのうたつときおおく煩悩ぼんのういだせり。 これ根本こんぽん煩悩ぼんのうとしてしょう業因ごういんなるがゆへなり。 こと念仏ねんぶつぎょうじゃは、 煩悩ぼんのうのぞくべき。 うたがいのなきうらしんなり、 しんのなきはうたがいなるがゆへ0941なり。

されば ¬だいきょう¼ にぶっわくしつあげてはたいしょうひ、 ¬かんぎょう¼ にはかんやくとくとしては 「ずること↢浄国↡、 しむ↠無こと がひ」 とへり。

涅槃之城には↠信↢能入」 というは、 「はんみやこ」 とは極楽ごくらくなり。 「極楽ごくらく無為むいはんがい (法事讃巻下) へるこれなりこの極楽ごくらくこくしょうずることは、 ただひとつ信心しんじんよるなり

¬だいきょう¼ (巻下意) にはみょうしんぶっやくあげては 「化生」 といいせんじゃく本願ほんがん信心しんじんとくとしては 「しんしんぎょうよくしょう (大経巻上) いい、 ¬かんぎょう¼ には 「する↢三心↢彼国」 ととき、 ¬小経しょうきょう¼ には 「しむして↠乱、 執↢持名号」 とのべたり。

しょう所判しょはん (散善義) には、 あるいは無疑むぎりょ」 といいあるいは 「唯信ゆいしんぶつ」 とへる。 これみな信心しんじんおうじょうしょういんとするなり。

じょうきょうもんかぎらず、 しょきょうろんなかにもこのあり。 ¬はんぎょう¼ (北本巻三五迦葉品南本巻三二迦葉品) には 「阿耨菩提信心↠因」 ととき、 ¬大論だいろん¼ には 「仏法大海には↢能入」 とへるとうこれなり。

一 「明知、 善導之意亦↠出↢此二門↡也」 というは、 はじめにどうしゃくこころにより ¬安楽あんらくしゅう¼ をひきて、 しょうどうじょうもん分別ふんべつし、 しんしゅういっきょうそうとすることをあかしおはりぬ。

またしかるじょうしゅうひょうとするところは、 ことしょうしゃくなるがゆえに、 こんしゃくもんこころみえずはきょうそうなおよわきがゆえに、 このしゃくなかもんこころあることあかすなり。 上来じょうらいしゃくもんこころうることは、 かみしゅべつによりてしゃくせしをしるべきなり。

0942 「三心者総じて而言へば↠之、 通↢諸行法↡。 別して而言へば↠之、 在↢往生」 というは、 「そう」 といふは、 真実しんじつしんとうそういずれのほうぎょうずともこのこころあるべし。 もろもろ聖教しょうぎょうこのこころなきあらず。 しかれども、 べっしてこれへば、 念仏ねんぶつ信心しんじんなり。 いまの ¬きょう¼ にあかところこれなりというこころなり

↠通↠別」 というは、 「つう」 というもろもろぎょうほうなり、 「べつ」 というおうじょうぎょうなり。

一 「行者能用心して、 敢↠令こと↢忽諸」 というは、 念仏ねんぶつぎょうじゃおい三心さんしんようとす。 かならずこれをそくすべきしめすなり。

 

底本は龍谷大学蔵室町時代初期書写本。 ただし訓(ルビ)は対校註を参考に有国が大幅に補完しているˆ表記は現代仮名遣いにしたˇ。