巻上

本願ほんがんしょうにん親鸞しんらんでん じょう

 

 出家学道

【1】 それしょうにん (*親鸞)ぞくしょう藤原ふじわらうじ*あまつ児屋こやねのみことじゅういっびょうえいたいしょっかん *かまこのない大臣だいじん 玄孫げんそんこのえのたいしょう大臣だいじん ぞう大臣だいじん じゅいち*内麿うちまろこう ながおかの大臣だいじんごうし、 あるいはかんいんの大臣だいじんごうす。 ぞうしょういちじょう大臣だいじん*房前ふさざきこうのまごだいごんしききょうたてのそくなり 六代ろくだい後胤こういんひつのさいしょうありくにのきょう*だいまご*こう太后たいごうぐうの大進だいしん*有範ありのりなり。

しかあればちょうていつかへて*霜雪そうせつをもいただき、 *さんにわしりてえいをもひらくべかりしひとなれども、 興法こうぼういんうちにきざし、 *しょうえんほかにもよおししによりて、 *さいはるのころ、 はくじゅさん*のりつなのきょう ときじゅ四位しいじょうさきの若狭わかさのかみしらかわのじょうこう近臣きんしんなり、 しょうにん (親鸞) のよう さきのだいそうじょう *えんちんしょうこれなり、 *ほうしょう殿どののそく*月輪つきのわ殿どののちょうけい ぼうへあひしたてまつりて、 鬢髪びんぱつ剃除ていじょしたまひき。 *範宴はんねんしょうごんのきみごうす。

それよりこのかた、 しばしば*南岳なんがく天台てんだい玄風げんぷうとぶらひて、 ひろく*三観さんがんぶつじょうたっし、 とこしなへに*りょうごんかわりゅうたたへて、 ふかく*きょうえんにゅうにあきらかなり。

 吉水入室

【2】 だいだん

 *建仁けんにん第一だいいちれきはるのころ しょうにん (親鸞) じゅうさい 隠遁いんとんこころざしにひかれて、 *源空げんくうしょうにん*吉水よしみず禅房ぜんぼうにたづねまゐりたまひき

これすなはちくだり、 ひとつたなくして、 *なんぎょうしょうまよひやすきによりて、 *ぎょうだいどうにおもむかんとなり。 *しんしゅう紹隆しょうりゅうたいしょうにん (源空)、 ことにしゅう淵源えんげんつくし、 きょう理致りちをきはめて、 これをのべたまふに、 たちどころに*りきせっしょう旨趣しいしゅ受得じゅとくし、 あくまで*ぼんじきにゅう*真心しんしんけつじょうしましましけり。

 六角夢想

【3】 だいさんだん

 建仁けんにん三年さんねん *みずのとのい がついつかのひ*とらのときしょうにん (親鸞) そうげましましき。

*かの ¬¼ にいはく、 *六角ろっかくどう*救世くせさつ顔容げんよう端厳たんごんしょうそうかたち*げんして、 *びゃくのう*袈裟けさちゃくぶくせしめ、 広大こうだいびゃくれんたんして、 善信ぜんしん (親鸞)ごうみょうしてのたまはく、 「*ぎょうじゃ宿しゅくほうせつ女犯にょぼん じょうぎょくにょしんぼん いっしょうけんのうしょうごん りんじゅう引導いんどうしょう極楽ごくらく」 といへり。 救世くせさつ善信ぜんしんにのたまはく、 「これはこれ、 わが誓願せいがんなり。 善信ぜんしんこの誓願せいがん旨趣しいしゅ宣説せんぜつして、 一切いっさい*ぐんじょうにきかしむべし」 と云々うんぬん

そのとき善信ぜんしんゆめのうちにありながら、 どうしょうめんにして東方とうぼうをみれば、 *峨々ががたる岳山がくざんあり。 その高山こうざん千万せんまんおく*じょうくんじゅうせりとみゆ。 そのときごうみょうのごとく、 このもんのこころを、 かのやまにあつまれるじょうたいしてききかしめをはるとおぼえて、 ゆめさめをはりぬと云々うんぬん

つらつらこのろくひらきてかのそうあんずるに、 ひとへにしんしゅうはんじょうずい*念仏ねんぶつこうひょうなり。 しかあればしょうにん (親鸞)のちときおおせられてのたまはく、 「ぶっきょうむかし西天さいてん (印度) よりおこりて、 きょうろんいまとう (日本)つたはる。 これひとへにじょうぐうたい (*聖徳太子)広徳こうとくやまよりもたかくうみよりもふかし。 わがちょう欽明きんめい天皇てんのう*ぎょに、 これをわたされしによりて、 すなはちじょう*しょうきょうろんとうこのときにらいす。 儲君ちょくん (聖徳太子) もし厚恩こうおんほどこしたまはずは、 *ぼんいかでか*ぜいにあふことをん。 救世くせさつはすなはち儲君ちょくん*ほんなれば、 *すいしゃく興法こうぼうがんをあらはさんがためにほん尊容そんようをしめすところなり。

そもそも、 まただいしょうにん 源空げんくう もしけいしょせられたまはずは、 われまた配所はいしょにおもむかんや。 もしわれ配所はいしょにおもむかずんば、 なにによりてかへん群類ぐんるいせん。 これなほきょうおんなり。

だいしょうにんすなはち*せいしんたいまた*観音かんのん*すいしゃくなり。 このゆゑにわれさつ*引導いんどうじゅんじて、 如来にょらい*本願ほんがんをひろむるにあり。 しんしゅうこれによりてこうじ、 念仏ねんぶつこれによりてさかんなり。

これ*しかしながら、 しょうじゃきょうによりて、 さらに*まい今案こんあんをかまへず、 かのだいじゅうがん、 ただ*いちぶつみょう専念せんねんするにたれり。 いまぎょうじゃあやまりて*きょうつかふることなかれ、 ただちに本仏ほんぶつ (*阿弥陀仏)あおぐべし」 と云々うんぬん。 かるがゆゑにしょうにん親鸞しんらんかたわらに皇太こうたい (聖徳太子)あがめたまふ。 けだしこれ仏法ぶっぽう*ずうのおほいなるおんしゃせんがためなり。

 蓮位夢想

【4】 だいだん

 *けんちょう八年はちねん ひのえたつ がつここぬかのひ*とらのときしゃくの*れんそうげにいはく、 しょうとくたい親鸞しんらんしょうにんらいしたてまつりてのたまはく、 「きょうらいだい弥陀みだぶつ 妙教みょうきょうずうらいしょうじゃ じょくあくあくかいちゅう けつじょう即得そくとくじょうかく」 。 しかれば、 祖師そししょうにん (親鸞) は、 弥陀みだ如来にょらいしんにてましますといふことあきらかなり。

 選択付属

【5】 だいだん

 *黒谷くろだに先徳せんどく 源空げんくう ざいのむかし、 矜哀こうあいのあまり、 あるとき恩許おんきょこうぶりて*製作せいさく見写けんしゃし、 あるとき真筆しんぴつくだしてみょうきたまはす。

すなはち ¬けんじょう方便ほうべんしん文類もんるい¼ のろくにのたまはく、 親鸞しんらんしょうにんせんじゅつしかるに*禿とくしゃくのらん*建仁けんにんかのとのとりれき*ぞうぎょうてて本願ほんがんし、 *げんきゅうきのとのうしとし恩恕おんじょこうぶりて ¬せんじゃく¼ (選択集)く。 おなじきとし*しょ中旬ちゅうしゅんだいにち、 ªせんじゃく本願ほんがん念仏ねんぶつしゅうº の内題ないだい、 ならびに ª南無なも弥陀みだぶつ おうじょうごう 念仏ねんぶつほんº と ªしゃくのしゃくくうº と、 くう (源空)真筆しんぴつをもつてこれをかしめたまひ、

おなじきくう*真影しんねいもうあずかり、 図画ずがしたてまつる。 おなじきねんうるう七月しちがつじゅんだいにち真影しんねいめいは、 真筆しんぴつをもつて ª南無なも弥陀みだぶつº と ªにゃくじょうぶつ 十方じっぽうしゅじょう しょうみょうごう 下至げしじっしょう にゃくしょうじゃ しゅしょうがく ぶつこん現在げんざいじょうぶつ とう本誓ほんぜいじゅうがん不虚ふこ しゅじょうしょうねん必得ひっとくおうじょうº (*礼賛)真文しんもんとをかしめたまひ、

またゆめげによりて、 *しゃくくうあらためて、 おなじきひつをもつてかしめたまひをはりぬ。 ほんしょうにん (源空) 今年こんねん*しちしゅんさん御歳おんとしなり。

¬*せんじゃく本願ほんがん念仏ねんぶつしゅう¼ は、 *ぜんじょう博陸はくりく 月輪つきのわ殿どの兼実かねざねほうみょうえんしょう 教命こうめいによりてせんじゅうせしめたまふところなり。 しんしゅう簡要かんよう念仏ねんぶつおう、 これにしょうざいせり。 るものさとりやすし。 まことにこれ希有けうさいしょうもんじょう甚深じんじん宝典ほうでんなり。

としわたわたり、 そのきょうこうぶるのひと千万せんまんなりといへども、 しんといひといひ、 この見写けんしゃるのともがら*はなはだもつてかたし。 しかるにすでに製作せいさく書写しょしゃし、 真影しんねいす。 これ専念せんねんしょうごうとくなり、 これけつじょうおうじょうちょうなり。

よつて悲喜ひきなみだおさへてらいえんしるす」 と云々うんぬん

 信行両座

【6】 だいろくだん

 おほよそ源空げんくうしょうにんざいしょうのいにしへ、 りきおうじょうむねをひろめたまひしに、 あまねくこれにこぞり、 ひとことごとくこれにしき。

*きんせいきゅうまつりごとおもくするみぎりにも、 まづ*黄金おうごん樹林じゅりんはなぶさにこころをかけ、 *三槐さんかい九棘きゅうきょくみちをただしくするいえにも、 ただちに*じゅう八願はちがんつきをもてあそぶ。 しかのみならず*戎狄じゅてきともがら*黎民れいみんたぐい、 これをあおぎ、 これをとうとびずといふことなし。 せん*ながえをめぐらし、 門前もんぜん*いちをなす。 じょうずい*昵近じっきん緇徒しとそのかずあり、 すべてさんびゃくはちじゅうにん云々うんぬん。 しかりといへども、 まのあたりその*をうけ、 ねんごろにそのおしえをまもるやから、 はなはだまれなり。 わづかにりくはいにだにもたらず。

善信ぜんしんしょうにん (親鸞)、 あるときもうしたまはく、 「*なんぎょうどうさしおきて*ぎょうどうにうつり、 *しょうどうもんのがれて*じょうもんりしよりこのかた、 *芳命ほうめいをかうぶるにあらずよりは、 あに*しゅつ*だつりょういんたくわへんや。 よろこびのなかのよろこび、 なにごとかこれにしかん。 しかるに同室どうしつよしみむすびて、 ともにいっおしえあおともがら、 これおほしといへども、 真実しんじつ*ほうとくしょう信心しんじんじょうじたらんこと、 自他じたおなじくしりがたし。 かるがゆゑに、 かつは*当来とうらいしんたるほどをもしり、 かつは*しょうおもいいでともしはんべらんがために、 おん弟子でしさんじゅうみぎりにして、 *しゅつごんつかうまつりて、 面々めんめんしゅをもこころみんとおもふ所望しょもうあり」 と云々うんぬん

だいしょうにん (源空) のたまはく、 「このじょうもつともしかるべし、 すなはちみょうにち人々ひとびと来臨らいりんのときおおせられいだすべし」 と。

しかるに翌日よくじつしゅうのところに、 しょうにん 親鸞しんらん のたまはく、 「今日こんにち*しん退たい*ぎょう退たい御座みざりょうほうにわかたるべきなり。 いづれのにつきたまふべしとも、 おのおのしめしたまへ」 と。

そのときさんびゃくにん門侶もんりょみなそのこころざるあり。 ときに法印ほういんだいしょう*聖覚せいかく、 ならびにしゃくの*信空しんくうしょうにん法蓮ほうれん、 「しん退たい御座みざくべし」 と云々うんぬん

つぎに*しゃ*法力ほうりき 熊谷くまがい直実なおざねにゅうどう さんしてもうしていはく、 「善信ぜんしんの御房おんぼう執筆しゅひつなにごとぞや」 と。 善信ぜんしんしょうにんのたまはく、 「しん退たいぎょう退たいをわけらるるなり」 と。 法力ほうりきぼうもうしていはく、 「しからば法力ほうりきもるべからず、 しん退たいにまゐるべし」 と云々うんぬん。 よつてこれをせたまふ。

ここにひゃくにんもんぐんすといへども、 さらに一言いちごんをのぶるひとなし。 これおそらくは*りき迷心めいしんかかはりて、 金剛こんごう真信しんしんくらきがいたすところか。 ひとみないんのあひだ、 執筆しゅひつしょうにん 親鸞しんらん みょうせたまふ。

ややしばらくありてだいしょうにんおおせられてのたまはく、 「源空げんくうしん退たいにつらなりはんべるべし」 と。 そのとき*門葉もんよう、 あるいは屈敬くっsけいをあらはし、 あるいは*うっいろをふくめり。

 信心諍論

【7】 だいしちだん

 しょうにん 親鸞しんらん のたまはく、 いにしへわがだいしょうにん 源空げんくう 御前おんまえに、 *しょうしんぼう*勢観せいかんぼう*念仏ねんぶつぼう以下いげのひとびとおほかりしとき、 *はかりなきじょうろんをしはんべることありき。

そのゆゑは、 「しょうにん信心しんじん善信ぜんしん (親鸞)信心しんじんと、 いささかもかはるところあるべからず、 ただひとつなり」 ともうしたりしに、 このひとびととがめていはく、 「善信ぜんしんぼうの、 しょうにん信心しんじんとわが信心しんじんとひとしともうさるることいはれなし。 いかでかひとしかるべき」 と。

善信ぜんしんもうしていはく、 「などかひとしともうさざるべきや。 そのゆゑはじん博覧はくらんにひとしからんとももうさばこそ、 まことに*おほけなくもあらめ、 おうじょう信心しんじんにいたりては、 ひとたびりき信心しんじんのことわりをうけたまはりしよりこのかた、 まつたくわたくしなし。 しかれば、 しょうにん信心しんじんりきよりたまはらせたまふ、 善信ぜんしん信心しんじんりきなり。 かるがゆゑにひとしくしてかはるところなしともうすなり」 ともうしはんべりしところに、

だいしょうにんまさしくおおせられてのたまはく、 「信心しんじんのかはるともうすは、 りきしんにとりてのことなり。 すなはち智慧ちえ各別かくべつなるゆゑにしんまた各別あくべつなり。 りき信心しんじんは、 善悪ぜんあくぼんともにぶつのかたよりたまはる信心しんじんなれば、 源空げんくう信心しんじん善信ぜんしんぼう信心しんじんも、 *さらにかはるべからず、 ただひとつなり。 わがかしこくてしんずるにあらず。 信心しんじんのかはりあうておはしまさんひとびとは、 わがまゐらんじょうへは*よもまゐりたまはじ。 よくよくこころえらるべきことなり」 と云々うんぬん

ここに面々めんめんしたをまき、 くちぢてやみにけり。

 入西鑑察

【8】 だいはちだん

 おん弟子でし*にゅう西さいぼうしょうにん 親鸞しんらん 真影しんねいうつしたてまつらんとおもふこころざしありて、 *ごろをふるところに、 しょうにんそのこころざしあることを*かがみておおせられてのたまはく、 「*じょうぜんほっきょう しちじょうへんきょじゅう うつさしむべし」 と。

にゅう西さいぼう鑑察かんさつむねずいして、 すなはちかのほっきょう召請ちょうしょうす。 じょうぜん*左右さうなくまゐりぬ。 すなはち尊顔そんげんかひたてまつりてもうしていはく、 「きょどくれいをなんかんずるところなり。 そのゆめのうちにはいしたてまつるところのしょうそう面像めんぞう、 いまかひたてまつる容貌ようぼうに、 すこしもたがふところなし」 といひて、 たちまちにずい感歎かんたんいろふかくして、 みづからそのゆめかたる。

そうにんらいじゅうす。 一人いちにんそうのたまはく、 「この*そう真影しんねいうつさしめんとおもふこころざしあり。 ねがはくは*ぜんふでをくだすべし」 と。 じょうぜんひていはく、 「かのそうたれびとぞや」 。 くだんそうのいはく、 「*善光ぜんこう本願ほんがん御房おんぼうこれなり」 と。 ここにじょうぜんたなごころあわひざまずきて、 ゆめのうちにおもふやう、 さてはしょうじん弥陀みだ如来にょらいにこそと、 よだちてぎょうそんじゅうをいたす。 また、 「*ぐしばかりをうつされんにりぬべし」 と云々うんぬん。 かくのごとく問答もんどう往復おうふくしてゆめさめをはりぬ。

しかるにいまこのぼうにまゐりてみたてまつる尊容そんようゆめのうちのしょうそうにすこしもたがはずとて、 ずいのあまりなみだながす。 しかれば、 「ゆめにまかすべし」 とて、 いまもぐしばかりをうつしたてまつりけり。 そう*にん三年さんねんがつ二十はつなり。

つらつらこのずいをおもふに、 しょうにん (親鸞)弥陀みだ如来にょらい来現らいげんといふこと*炳焉へいえんなり。 しかればすなはち、 ずうしたまふ教行きょうぎょう、 おそらくは弥陀みだ直説じきせつといひつべし。 あきらかに*無漏むろとうをかかげて、 とほく*じょく迷闇めいあんらしあまねくかん*ほうをそそぎて、 はるかにかつ凡惑ぼんわくうるおさんがためなりと。 あおぐべし、 しんずべし。

 

巻下

本願ほんがんしょうにん親鸞しんらんでん 

 師資遷謫

【9】 だいいちだん

 *じょうしゅうこうぎょうによりて、 しょうどうもん廃退はいたいす。 これくう (源空)しょなりとて、 たちまちにざいせらるべきよし、 *南北なんぼく碩才せきさいいきどおりまうしけり。

けんしん文類もんるい」 のろくにいはく、 「ひそかにおもんみれば、 しょうどうしょきょう*行証ぎょうしょうひさしくすたれ、 じょうしんしゅう*しょうどういまさかんなり。

しかるにしょ*しゃくもんきょうくらくして*しんもんらず、 *らく儒林じゅりんぎょうまどひてじゃしょうどうわきまふることなし。 ここをもつて、 *興福こうぶくがくじょう天皇てんのう いみな尊成たかひら*ばのいんごうす きんじょう いみな為仁ためひと*つちかどのいんごうす 聖暦せいれき*じょうげんひのとのうとし*仲春ちゅうしゅん上旬じょうじゅんこう奏達そうたつす。

しゅじょうしんほうそむし、 忿いかりをなしあだむすぶ。 これによりて、 しんしゅうこうりゅうたい源空げんくうほっならびにもんはいざいかんがへず、 *みだりがはしくざいつみす。 あるいはそうあらた姓名しょうみょうたまひておんしょす。 はそのひとつなり。 しかれば、 すでに*そうにあらずぞくにあらず。 このゆゑに*禿とくをもつてしょうとす。 くう (源空) ならびに弟子でしとう諸方しょほうへんしゅうつみしてねん*居諸きょしょたり」 と云々うんぬん

くうしょうにんざいみょう*ふじいの元彦もとひこ配所はいしょ*さのくに 幡多はた らんしょうにん (親鸞) ざいみょう*ふじいの善信よしざね配所はいしょえちごのくに *こく このほかもんざいざいみなこれをりゃくす。

皇帝こうてい いみな守成もりなり*どのいんごうす 聖代せいだい*けんりゃくかのとのひつじとし*げつ中旬ちゅうじゅんだい七日しちにち*おかざきのちゅうごんのりみつのきょうをもつてちょくめん。 このときしょうにんみぎのごとく禿とくきて*奏聞そうもんしたまふに、 へい*叡感えいかんをくだし、 しんおほきにほうす。 ちょくめんありといへども、 *かしこにほどこさんがために、 なほしばらく在国ざいこくしたまひけり。

 稲田興法

【10】だいだん

 しょうにん (親鸞) えちごのくにより*常陸ひたちのくにえて、 かさまのこおり*いなだのごうといふところに隠居いんきょしたまふ。 *幽棲ゆうせいむといへども道俗どうぞくあとをたづね、 *ほうづといへどもせんちまたにあふる。 仏法ぶっぽうずう本懐ほんがいここにじょうじゅし、 しゅじょうやく宿しゅくでんたちまちに満足まんぞくす。 このときしょうにんおおせられてのたまはく、 「*救世くせさつごうみょうけしいにしへのゆめ、 すでにいまごうせり」 と。

 弁円済度

【11】だいさんだん

 しょうにん (親鸞) 常陸ひたちのくににして*専修せんじゅ念仏ねんぶつをひろめたまふに、 おほよそほうともがらすくなく、 しんじゅんやからはおほし。

しかるに一人いちにんそう *山臥やまぶし云々うんぬん ありて、 ややもすれば仏法ぶっぽう*あだをなしつつ、 *けっ害心がいしんをさしはさみて、 しょうにん*よりよりうかがひたてまつる。 しょうにん*板敷いたじきやまといふ深山しんざんをつねに往反おうへんしたまひけるに、 かのやまにして度々どどあひまつといへども、 さらに*そのせつをとげず。 つらつらことの*しんあんずるに、 すこぶるどくのおもひあり。 よつてしょうにんえっせんとおもふこころつきて、 *禅室ぜんしつにゆきてたずねまうすに、 しょうにん左右さうなくであひたまひけり。

すなはち尊顔そんげんにむかひたてまつるに、 害心がいしんたちまちにしょうめつして、 あまつさへ後悔こうかいなみだきんじがたし。 ややしばらくありて、 ありのままにごろの*宿しゅくうつじゅつすといへども、 しょうにんまたおどろけるいろなし。 たちどころにきゅうせんをきり、 とうじょうをすて、 *きんをとり*かきころもをあらためて、 ぶっきょうしつつ、 つひにかいをとげき。 思議しぎなりしことなり。 すなはち*みょうほうぼうこれなり。 しょうにん (親鸞) これをつけたまひき。

 箱根霊告

【12】だいだん

 しょうにん (親鸞) 東関とうかんさかいでて、 *せいみちにおもむきましましけり。

ある*晩陰ばんいんにおよんではこけんにかかりつつ、 はるかに行客こうかくあとおくりて、 やうやく人屋じんおく*とぼそにちかづくに、 もすでに*ぎょうこうにおよんで、 つきもはやれいにかたぶきぬ。

ときにしょうにんあゆりつつ*案内あんないしたまふに、 まことに*よわいかたぶきたるおきなのうるはしくしょうぞくしたるが、 いと*こととなくであひたてまつりていふやう、 「*しゃびょうちかきところのならひ、 *かんなぎどもの終夜よもすがらあそびしはんべるに、 おきなもまじはりつるが、 いまなんいささかよりはんべるとおもふほどに、 ゆめにもあらず、 うつつにもあらで、 *権現ごんげんおおせられていはく、 ªただいまわれそんきょうをいたすべききゃくじん、 このみちぎたまふべきことあり、 かならず慇懃いんぎんちゅうせつぬきんで、 ことに丁寧ていねいきょうおうをまうくべしº と云々うんぬん

げんいまだめをはらざるに、 そう*こつとして*影向ようごうしたまへり。 なんぞただびとにましまさん。 しんちょくこれ炳焉へいえんなり。 感応かんのうもつともぎょうすべし」 といひて、 そんじゅう*くっしょうしたてまつりて、 さまざまに飯食ぼんじきよそひ、 いろいろにちん調ととのへけり。

 熊野霊告

【13】だいだん

 しょうにん (親鸞) きょうかえりておうをおもふに、 年々ねんねん歳々せいせいゆめのごとし、 まぼろしのごとし。

*ちょうあん洛陽らくようすみか*あとをとどむるにものうしとて、 *ふうよくところどころにじゅうしたまひき。 じょう西にしの洞院とういん*わたり、 これひとつのしょうなりとて、 しばらくきょめたまふ。 このごろ、 いにしへ*けつつたへ、 *面受めんじゅをとげし*もん、 おのおのよしみしたひ、 みちたずねてさんしゅうしたまひけり。

そのころ常陸ひたちのくにかの西さいのこおり*おおぶのごうに、 *へいろうなにがしといふ庶民しょみんありしょうにんおしえしんじて、 もつぱらふたごころなかりき。 しかるにあるときくだんへいろう*しょられて*くまけいすべしとて、 ことのよしをたずねまうさんがために、 しょうにんへまゐりたるに、 おおせられてのたまはく、

それ聖教しょうぎょう万差まんじゃなり、 いづれも相応そうおうすればやくあり。 ただし末法まっぽういまときしょうどうもんしゅぎょうにおいてはじょうずべからず。 すなはち ª末法まっぽうちゅう億々おくおくしゅじょう ぎょうしゅどう 未有みう一人いちにん得者とくしゃº (*安楽集・上) といひ、 ªゆいじょう一門いちもんつうにゅうº (同・上)云々うんぬん。 これみな経釈きょうしゃく明文めいもん如来にょらい金言きんげんなり。 しかるにいまゆいじょう真説しんせつについて、 かたじけなくかの*三国さんごく祖師そし、 おのおのこのいっしゅうこうぎょうす。 このゆゑに、 *禿とくすすむるところ、 さらにわたくしなし。

しかるに*一向いっこう専念せんねんおうじょう*かんしゅう*骨目こつぼくなり。 すなはち*さんぎょう*隠顕おんけんありといへども、 もんといひといひ、 ともにもつてあきらかなるをや。 ¬*だいきょう¼ の*三輩さんぱいにも一向いっこうとすすめて、 ずうにはこれを*ろく*ぞくし、 ¬*かんぎょう¼ の*ぼんにもしばらく*三心さんしんきて、 これまた*なんぞくす、 ¬*小経しょうきょう¼ の*一心いっしんつひに諸仏しょぶつこれを*証誠しょうじょうす。 これによりて論主ろんじゅ (*天親) *一心いっしんはんじ、 しょう (*善導) *一向いっこうしゃくす。 しかればすなはち、 いづれのもんによるとも、 一向いっこう専念せんねんりゅうすべからざるぞや。

*証誠しょうじょう殿でんほんすなはちいまのきょうしゅ (*阿弥陀仏) なり。 かるがゆゑに、 *とてもかくてもしゅじょう*結縁けちえんこころざしふかきによりて*こう*すいしゃくとどめたまふ。 すいしゃくとどむるほん、 ただ結縁けちえん群類ぐんるいをして願海がんかいいんにゅうせんとなり。 しかあればほん誓願せいがんしんじて一向いっこう念仏ねんぶつをこととせんともがら公務くむにもしたがひ、 りょうしゅにも駈仕くしして、 そのれいをふみ、 そのしゃびょうけいせんこと、 さらにしんほっするところにあらず。 しかれば、 すいしゃくにおいて*ない虚仮こけたりながら、 あながちに*賢善けんぜんしょうじん威儀いぎひょうすべからず。 ただほん誓約せいやくにまかすべし、 *あなかしこ、 あなかしこ。 じんをかろしむるにあらず、 ゆめゆめ*みょうをめぐらしたまふべからず」 と云々うんぬん

これによりてへいろうくま参詣さんけいす。 *みちほう*とりわきととのふるなし。 ただじょうもつぼんじょうにしたがひて、 さらに*じょうをもかいつくろふことなし。 *行住ぎょうじゅう坐臥ざが本願ほんがんあおぎ、 *ぞう顛沛てんぱいきょうをまもるに、 はたして*無為ぶいさんちゃくくだんおとこゆめげていはく、 証誠しょうじょう殿でんとびらおしひらきて、 かんただしき俗人ぞくじんおおせられていはく、 「なんぢなんぞわれを*忽緒こっしょして汚穢わえじょうにして参詣さんけいするや」 と。

そのときかの俗人ぞくじんたいして、 しょうにんこつとしてまみえたまふ。 そのことばにのたまはく、 「かれは善信ぜんしん (親鸞)おしえによりて念仏ねんぶつするものなり」 と云々うんぬん。 ここに俗人そくじん*しゃくをただしくして、 ことに敬屈けいくつれいあらわしつつ、 かさねてぶるところなしとみるほどに、 ゆめさめをはりぬ。 おほよそ奇異きいのおもひをなすこと、 いふべからず。

こうのちぼうにまゐりて、 くはしくこのむねもうすに、 しょうにん 「そのことなり」 とのたまふ。 これまた思議しぎのことなりかし。

 洛陽遷化

【14】だいろくだん

 しょうにん (親鸞) *こうちょうさい みずのえいぬ ちゅうとうじゅんこうより、 いささか*れいまします。

それよりこのかた、 くちせいをまじへず、 ただ*仏恩ぶっとんのふかきことをのぶ。 こえごんをあらはさず、 もつぱら*称名しょうみょうたゆることなし。 しかうしておなじきだい八日はちにち *うまのとき *ほく面西めんさいきょうしたまひて、 つひに念仏ねんぶついきたえをはりぬ。 ときに頽齢たいれい*九旬きゅうしゅんにみちたまふ。

*禅房ぜんぼうちょうあんよくほとり おしこうみなみ万里までのこうよりひんがし なれば、 はるかにとうみちて、 洛陽らくようひがしやま西にしふもと*とり部野べのみなみほとり*延仁えんにんそうしたてまつるこつひろひて、 おなじきやまふもととりきたほとり*大谷おおたににこれををさめをはりぬ。

しかるにしゅうえんにあふ門弟もんていかんをうけしろうにゃく、 おのおのざいのいにしへをおもひ、 めつのいまをかなしみて、 れんていきゅうせずといふことなし。

 廟堂創立

【15】だいしちだん

 *文永ぶんえいねんふゆのころ、 ひがしやま西にしふもととり部野べのきた大谷おおたにふんをあらためて、 おなじきふもとよりなほ西にし吉水よしみずきたほとりこつわたして仏閣ぶっかくて、 *影像えいぞうあんず。

このときあたりて、 しょうにん (親鸞) 相伝そうでんしゅういよいよこうじ、 遺訓ゆいくんますますさかりなること、 すこぶるざいのむかしにえたり。 すべて門葉もんよう国郡こくぐんじゅうまんし、 ばつりゅう処々しょしょへんして、 いく千万せんまんといふことをしらず。 その*ほんぎょうをおもくしてかの報謝ほうしゃぬきんづるともがら*緇素しそろうしょう面々めんめんあゆみをはこんで年々ねんねん*びょうどうけいす。 おほよそしょうにんざいしょうのあひだ、 どくこれおほしといへども、 *羅縷らるいとまあらず。 しかしながらこれをりゃくするところなり。

 奥書おくがきにいはく

 みぎえん図画ずえこころざし、 ひとへにおん報徳ほうとくのためにしてろんきょうげんのためにせず。 あまつさへまた*ごうめて*翰林かんりんひろふ。 そのていもつともつたなし、 そのことばこれいやし。 *みょう*けんけ、 いたみありはじあり。 しかりといへども、 ただ後見こうけん賢者けんじゃ取捨しゅしゃたのみて、 とうあん*びゅうかえりみることなしならくのみ。

とき*永仁えいにんだいさんれき*おうしょう中旬ちゅうじゅんだいてん*晡時ほじいたりて草書そうしょへんへをはりぬ。

                  こう 法眼ほうげん*じょう ごう*康楽こうらく

 *りゃくおうさいつちのとのうがつじゅうよっ、 あるほんをもつてにはかにこれを書写しょしゃしたてまつる。 先年せんねんひつのち一本いっぽんしょところじょう闘乱とうらんのあひだえんじょうきざみしょうしつ行方ゆくえれず。 しかるにいま*おもんぱからず荒本こうほんしるし、 これをとどむるものなり。

*康永こうえいさいみずのとのひつじじゅう一月いちがつふつふでめをはりぬ。

                *桑門そうもん しゃく*そうしょう

                 こう だいほうそうしゅん 康楽こうらく弟子でし

 

天児屋根尊 記紀神話に出る神。 中臣氏 (宮廷のさいをつかさどった氏族)・藤原氏の祖神。
鎌子 藤原鎌足かまたり (614-669) のこと。
内麿公 藤原鎌足の五代の孫、 藤原内麿のこと。
房前公 (671-737) 藤原氏北家の祖。
五代の孫 有範は有国の六代の孫にあたる。 ここでは有範の父経伊つねただを省いた系図によったと考えられる。
皇太后宮大進 皇太后宮職の第三等官。
霜雪をも戴き 頭髪が白くなるまで朝廷に仕えるという意。 また、 天皇の側近く仕えるという意。
射山にわしりて 射山は上皇の御所をいう。 上皇に仕えて。
九歳 養和元年 (1181)。
法性寺殿 藤原忠道ただみち (1097-1164) のこと。
南岳天台 中国天台宗の南岳大師慧思えし・天台大師智顗ちぎによって説き示された奥深い教え。
三観仏乗の理 天台宗の根本的な教え。 くうちゅうの三種の観法によって生きとし生けるものがさとりをひらくとする教え。
楞厳横川の余流 えいざんかわ (しゅりょうごんいんはその中堂の称) に伝えられているげんしんしょうの流れ。
四教円融の義 天台宗の根本的な教え。 蔵・通・別・円の四教を立てて釈尊一代の経説内容を判別し、 その究極である円教の内容をさんたい円融の理で解説する。
建仁第一の暦 建仁元年 (1201)。 「建仁第三」とする異本がある。
凡夫直入 凡夫のままで真実しんじつほうに往生せしめられること。
癸亥 「辛酉」 とする異本がある。 辛酉は建仁元年にあたる。
寅時 午前四時頃。
かの記 ¬親鸞しんらん夢記むき¼ を指すか。
白衲 白色の僧衣。
行者宿報…  「行者、 宿報にてたとひ女犯すとも、 われ玉女の身となりて犯せられん。 一生のあひだ、 よく荘厳して、 臨終に引導して極楽に生ぜしめん」
峨々 けわしくそびえ立っているさま。
御宇 御治世。 在位期間。
垂迹興法の願 人間の姿を現して仏法を興隆させようとする願い。
愚昧の今案 愚かで道理に暗い自分の考え。
一仏名 南無阿弥陀仏のみょうごうを指す。
建長八年 1256年。
製作 著作。 ¬せんじゃくしゅう¼ を指す。
建仁辛酉の暦 建仁元年 (1201)、 親鸞聖人二十九歳。 吉水よしみず入室の年。
元久乙丑の歳 元久二年 (1205)、 親鸞聖人三十三歳。
初夏中旬第四日 四月十四日 (初夏は陰暦四月の別称)。
綽空 親鸞聖人が吉水のほうねん上人の門下であった頃の名。 ¬しゅうとくでん¼ 巻六や ¬六要ろくようしょう¼ によると、 この時、 名を善信ぜんしんと改めたという。
七旬三 旬は十年の意。
はなはだもつてかたし 甚だ少ない。
紫禁青宮の政 紫禁は天皇の御所、 青宮は皇太子の御所のこと。 ここでは朝廷の行う政治の意。
黄金樹林の萼 浄土の七宝樹林の華。
三槐九棘の道 三槐は三公さんこう (大臣)、 九棘はきゅうけい (公家) のこと。 ここでは朝廷の大臣と高官の行う政道の意。
戎狄 辺国の人々。
黎民 人民。 庶民。
轅をめぐらし 訪れるという意。
市をなす 人がたくさん集まるという意。
昵近の緇徒 親しくしている僧侶。
 きょう
芳命をかうぶる 仰せをいただく。
当来 来世。 来生。
出言つかうまつりて 質問を申しあげて。
鬱悔 気分がふさいで、 はればれとしないこと。
正信 底本には 「聖信」 とある。 正信房湛空たんくうのこと。
はかりなき諍論 思いもよらない論争。
おほけなくもあらめ 身のほどをわきまえないということもあるだろうが。
さらにかはるべからず 少しも異なったところのあるはずがない。
よも まさか。
日ごろをふるところに 日頃を過していたところ。
定禅法橋 伝未詳。 せん阿弥あみぶつ (袴殿。 かがみのえいの作者) と同一人物であるともいわれるが不明。
左右なく ただちに。
化僧 教化僧。 あるいはごんの僧の意を含むか。
禅下 定禅法橋のこと。
善光寺の本願の御房 善光ぜんこうの勧進聖で、 阿弥陀仏のしんとみなされていた。
御ぐし 御首、 御頭などと書く。 頭部。
仁治三年 1242年。 親鸞聖人七十歳。
炳焉なり 明らかなさま。
南北の碩才 奈良の興福こうぶくえいざんえんりゃくのすぐれた学者。
洛都の儒林 洛都は京都。 儒林は儒学者。
興福寺… 元久二年 (1205) 十月、 興福こうぶくの宗徒が専修せんじゅ念仏のちょうを求めて九箇条からなる弾劾状 (「興福こうぶくそうじょう」 と呼ばれる) を朝廷に提出し、 建永二年 (承元元年・1207) 二月、 法然ほうねん上人とその門弟が処罰された。
承元丁卯の歳 1207年。
仲春 陰暦二月の別称。
みだりがはしく 無法にも。
居諸 月日。 歳月。
土佐国 現在の高知県。 ほうねん上人は実際には讃岐さぬき (現在の香川県) に留まった。
建暦辛未の歳 1211年。 親鸞聖人三十九歳。
子月 陰暦十一月の別称。
岡崎中納言範光卿 式部少輔従三位範兼のりかねの子息。 ただし、 承元元年 (1207) に出家しており、 当時のしゃめん官は藤原光親みつちかであった。
奏聞 天皇に奏上すること。
叡感 (天皇が) 感心してほめること。
かしこ 越後 (の人々)。
常陸国 現在の茨城県。
幽棲を占む ひっそりとかくれ住む。
蓬戸を閉づ 幽棲の庵の戸を閉ざす。 人との交際を断つ。
救世菩薩の告命 「行者宿報…」 の偈を指す。
山臥 山伏 (修験道の行者)。 当時は 「山臥」 と書くことが多かった。
 怨み。 敵意。
結句 あげくのはて。 ついには。 とうとう。
よりより おりおり。 その時々。
その節をとげず その目的を果たせない。
参差を案ずるに 行き違いを考えると。
禅室 ここでは親鸞聖人の住いのこと。
宿鬱 つもりつもった思い。
柿の衣 柿渋で染めた無紋の衣。 山伏などが着た。
華城 花の都。 京都のこと。
晩陰 夕方。
 扉。 戸。
暁更 明け方。
案内 取り次ぎを頼むこと。
齢傾きたる 年老いた。
こととなく すみやかに。
社廟 (箱根権現の) やしろ
 神に仕える人。
権現 箱根権現のこと。 箱根神社 (神奈川県足柄下郡箱根町) の祭神。 当時、 流布していたほんすいしゃくせつ (日本の神を仏・菩薩の仮*の現れとする説) によって、 権現 (仮の現れという意の称号) と呼ばれた。
忽爾 突然。
屈請 (尊い人を) 請い招くこと。
長安洛陽 いずれも中国の都。 ここでは転じて京都を指す。
跡をとどむるに懶し 跡を残すのは気が進まない。
扶風馮翊 中国の地名から転じて右京と左京をいう。
わたり あたり。
所務に駈られて… 領主の従者としての役務によって参詣するという意。 以下にも 「公務にもしたがひ、 領主にも駆使して」 とある。
熊野 本宮ほんぐう新宮しんぐう那智なちの熊野三山。 本宮の証誠しょうじょう殿でんはとくに尊崇された。
三国 インド・中国・日本。
肝腑・骨目 かなめとなるもの。
証誠殿 くま本宮ほんぐう主殿しゅでんの称。 ここではその祭神を指す。
とてもかくても どのようにしてでも。 どうあろうと。 どうあっても。
和光 こう同塵どうじんのこと。
内懐虚仮の身 内に虚仮 (うそいつわり) を懐く身。
冥眦 神が怒ってにらむこと。
道の作法 熊野詣の道中には独特の厳しい作法が定められていた。
とりわき 特別に。
不浄をも刷ふ 潔斎けっさい (心身をきよめること) する。
造次顛沛に ちょっとした間にも。 いつも。
無為に 何事もなく。
忽緒して 軽んじて。
笏をただしくして 威儀を正して。 笏は礼服や朝服を着用の際、 右手に持つ細長い板。
弘長二歳壬戌仲冬 弘長二歳壬戌は1262年、 仲冬は陰暦十一月の別称。
不例 病気。
午時 正午頃。 じゃくの時刻を未時 (午後二時頃) とする史料もある。
九旬 旬は十年の意。
禅房 親鸞聖人の弟、 じんそうの里房であった善法ぜんぽうぼう
文永九年 1272年。
稟教 教えを受け継ぐこと。
羅縷 詳しく記述すること。
紫毫 筆。
翰林 文章。
冥・顕 冥は目にみえないもの。 顕は目にみえるもの。
謬 誤り。
永仁第三の暦 1295年。
応鐘中旬第二天 応鐘は陰暦十月の別称。 中旬第二天は十二日。
晡時 午後四時頃。
暦応二歳 1339年。
慮らず 思いがけず。
康永二載 1343年。
桑門 僧侶のこと。