0943選択註解鈔第四

  第九 四修章

一 かみしょう安心あんじんこのしょうごうなり。 安心あんじんのうへのごうなるがゆえに、 上下かみしもだいじょうずるなり。

といいわく、 安心あんじんぎょうごうふ、 つねのだいなり。 なんぞぎょうをあかさゞるや。

こたえいわく、 ぎょうといふは念門ねんもんなり。 念門ねんもんいう礼拝らいはい讃嘆さんだん観察かんざつごうこうなり。 しかるに深心じんしんじゅぎょう立信りっしんのなかにしゅぎょうをあげたり。 そのしゅぎょうとかの念門ねんもんといさゝかことなれども、 そのたいりゃくおなじ

またしゅのなかにもそのこころあり。 すなわちだい无余むよしゅに 「所謂いはゆるして↢彼仏名↡専念専想、 専礼↢讃して仏及一切聖衆等↡、 ↠雑↢余業」 とひ、 まただい三の間修けんしゅに 「所謂相続して恭敬礼拝、 称名讃嘆、 憶念観察、 廻向発願して、 心心相続して↧以↢余業きたへだ」 といふ、 これなり。 ゆえぜんもんにゆづりて、 べっしてぎょうしょうてざるなり。

一 ¬礼讃らいさん¼ のもんにつらぬるところしゅは、 一にはぎょうしゅ、 二には无余むよしゅ、 三にはけんしゅ、 四にはじょうしゅなり

じょうしゅいうは、 三修さんしゅのおはりに 「ちかひて↢中止↡、 即長時修0944なり」 といへる、 これなり。

三修さんしゅのおはり、 だい三のけんしゅしゅしゃくあり。 はじめのしゃくは 「↧以↢余業きたへだ」 といへり、 これ間断けんだんなきなり。 「ごう」 というぞうぎょうなり、 さればぞうぎょうをまじへずして専修せんじゅなるべしといふなり。 のちしゃく↧以↢貪嗔煩悩↡来まじ」 といへり、 これ間雑けんぞうなきなり。 これはさん念仏ねんぶつこころなり。

じゅうしゃくのなかには、 はじめのしゃくこんぎょうゆうなり、 のちのしゃくじょうこん用心ようじんなり。 ¬要訣ようけつ¼ のしゃくも、 はじめのしゃくのこゝろをのべたり。

一 ¬要訣ようけつ¼ のしゃくには、 一にはじょうしゅ、 二にはぎょうしゅ、 三にはけんしゅ、 四には无余むよしゅだいせり。 だいにさだめなし、 をのをのいちをあらわすなり。 一々いちいち義理ぎりことばにおいていさゝかげんあれども、 そのこころひとつなり

一 ぎょうしゅのなかに、 ぎょうたいにをいていつつをいだせり。

そのなかに 「えんしょうにん」 というは、 いま 「えん」 とさすは弥陀みだきょうなり。 「しょうにん」 というぎょうそくひとなり。 これはそうじてじょう法門ほうもんずうひとをさすなり。

しもに 「えんぜんしき」 といふははんなり。 これはべっしてそうじょうにあたれり。

同縁どうえんとも」 というどうぎょうなり。 しょうしょしゃくにも、 ¬ほうさん¼ (巻下) には 「同行相したしんでくは↠退くこと」 といひ、 ¬般舟はんじゅさん¼ には 「同行相したしんで↢相こと」 とへり。 あるい敬重きょうじゅうををしへ、 あるい親近しんごんをすゝむ。 をのを0945一端いったんをしめすなり。

三宝さんぼう」 といふは仏宝ぶっぽう法宝ほうぼう僧宝そうぼうなり。 これにをいてしゅあり、 同体どうたい別相べっそうじゅうなり。

同体どうたい」 といふは、 じんくうへん法界ほっかい一切いっさい三宝さんぼう三身さんしんどうしょうして一体いったい一身いっしんなるを、 同体どうたい三宝さんぼういうなり。

別相べっそう」 というは、 ないしょうおなじけれどもおのおの別体べったいをしめして弥陀みだしゃやくろくともしょうするを別相べっそう三宝さんぼういうなり。

この同体どうたい別相べっそうは、 ともにみょう三宝さんぼうなり。 ぼん眼見げんけんきょうがいあらざるがゆへに 「↢浅行はたことを」 というなり。

じゅう三宝さんぼう」 というけん三宝さんぼうなり、 ぎょうじゃのためにしたしく依怙えことなるたいなり。 「ため↢今浅識↡作↢大因縁」 というこのこころなり。

↠檀」 という木像もくぞうなり。 「」 というぞうなり。 「ちりば↠玉」 といふはまたぎょうぞうなり。 「かとり」 というはまたぞうなり。 「↠石」 という石仏せきぶつなり。 「けづ↠土」 というぶつなり。

三乗教旨」 といふは、 一代いちだいけっきょうしょしゅう聖教しょうぎょう経教きょうきょうまちまちなれども、 そうじていふにさんじょうどうあかすがゆへなり。 これ法相ほっそうしゅうこころなり。 「さんじょう」 というは、 かみきょうそうしょうするがごとし。

みょう所詮しょせん」 というは、 「みょう」 というきょうてんじゅとうなり。 きょうてんせんずるところはしゅじょう解悟げごえんしょうずとなり。

しょうそう」 という小乗しょうじょう学者がくしゃ、 これしょうもんそうなり。 「さつ」 といふはだいじょうぎょうにんなり。 「破戒ともがら」 とふは末代まつだい0946かい比丘びくなり。 三宝さんぼうをうやまふとき、 かいをえらびて敬重きょうじゅうすべきにあらずといへども、 まっにはかいひとまれなれば、 かい比丘びくまでも敬重きょうじゅうすべしというなり。

一 「つに无間修。 謂念仏して↢往生↡。 於↢一切ときしん といふは、 心々しんしん相続そうぞくして間断けんだんなきなり。 ¬礼讃らいさん¼ のしゃくに、 このしゅにをきてふたつしゃくあるなかに、 はじめのしゃくこころいましゃくおなじ。

一 「諸余業行不↠令↢雑↡。 所作之業、 日別すべから↧修して↢念仏誦経↡不↞留↢余課↡耳」 といふは、 「しょごうぎょう」 といひ、 「余課よか」 といふ、 みなぞうぎょうをあげて念仏ねんぶつのほかにこれをくわへざれというなり。

一 わたくししゃくしゅをつらぬるに、 二に 「慇重おんじゅうしゅ」 といへるはぎょうしゅなり。 ぎょう慇重おんじゅうと、 そのことばことなれども、 そのこころおなじきなり。

一 「せば↢彼精進ずるが↢於余五度」 といふは、 だんかいにんぜん五度ごどはそのたいさだまれり。 しょうじんいうべつほうなし、 五度ごど退転たいてんだいせずしてゆうみょうしょうじんしゅするは、 すなはちしょうじん波羅はらみつなり。 ゆえれいするなり。

  第十 化讃章

一 しょうより以下いげだんは、 また ¬かんぎょう¼ の心なり。 かみ三心さんしんしゅは、 念仏ねんぶつしんぎょう0947安心あんじんごうなり。 その念仏ねんぶつもんきょうたいして讃嘆さんだんするなり。 所引ひくところもんぼん上生じょうしょうもんなり。

一 「しゅ悪業あくごう」 といふ、 じゅうあくさすなり。 じゅうあくかみ三心さんしんしょうにのするがごとし。

といいわく、 「しゅ悪業あくごう」 といへる、 ひろく諸悪しょあくわたるべし、 したがい当所とうしょしゃくも 「ぞう衆悪しゅあく (散善義) しゃくせり。 経釈きょうしゃくともにじゅうあくといはず、 なんぞじゅうあくをさすといふべきや。

こたえいわく、 いまもんに 「しゅ悪業あくごう」 とへるは、 じゅうあくなりとこころることは、 当品とうほんのくらゐをべんじょうするに、 「れる↢十悪↡軽罪の凡夫なり (散善義) しゃくするがゆえなり。 さればはい三品さんぼん如↠次ついでのごとくじゅうあくかいぎゃくなるがゆへに、 きょうじゅう罪人ざいにんなり。 このゆえしもふたつじゅうざいたいするに、 いましゅ悪業あくごう」 とへるはじゅうあくなりとこころるなり。

これすなわちじゅうあく衆罪しゅざい根本こんぽんなるがゆへに、 じゅうあくをさして衆悪しゅあくといふにそうなきなり。

一 「方等ほうどうきょうてん」 というは、 べっしていっきょうをさすにあらず、 そうじてだいじょうきょうをさすなり。 「方等ほうどう」 は方広ほうこうなり、 方広ほうこうだいじょうなり。 すなはちじゅう二部にぶきょうのなかのそのひとつなり。

一 「じゅう二部にぶきょう」 というは、 一代いちだいしょきょうなり。 一切いっさいきょうのなかよりべっしてじゅう二部にぶきょうをえらぶにはあらず。 しょきょう説相せっそうりょうけんするにじゅう二部にぶいでざるなり。 さればじゅう二部にぶきょう0948いうは、 たゞ一切いっさいきょうをさすなり。

その 「じゅう二部にぶ」 といふは、 一にはしゅ多羅たら、 こゝには法本ほうほんといふ。 じょうごうなり。

二には祇夜ぎや、 こゝにはじゅうじゅといふ。 じょうごう所説しょせつ法門ほうもんをかさねてじゅをもて宣説せんぜつするなり。

三には伽陀かだ、 こゝにはじゅといふ。 二、 三、 四、 五のなり。

四にはきゃ、 こゝにはべつといふ。 じょうぶつとうをさづくる、 これなり。

五には陀那だな、 こゝにはもんせつといふ。 しょうによらずしてとくところ経教きょうきょうなり。

六には陀那だな、 こゝにはかいといふ。 かいぎょうをとける、 これなり。

七には曰陀わだ、 こゝにはほんふ。 弟子でし宿生しゅくしょうことをとくなり。

八には婆多ばた、 こゝには譬喩ひゆといふ。 たとへをもて法門ほうもんあらはすなり。

九にはしゃ陀伽だか、 こゝにはほんじょうといふ。 ぶついんぎょうをとける、 これなり。

十には毘仏びぶりゃ、 こゝには方広ほうこうといふ。 だいじょうなり。

十一には浮陀ぶだ、 こゝには希有けうといふ。 未曾みぞ法門ほうもんとくなり。

十二には優婆うば提舎だいしゃ、 こゝにはろんといふ。 問答もんどうをまうけて法門ほうもん論説ろんせつすることなり。

一代いちだい経教きょうきょうおおしとへども、 所説しょせつ義理ぎりこのじゅう二部にぶいでざるなり。 このなかだい小乗しょうじょう分別ふんべつするとき、 だいじょうにはじゅう二部にぶし、 小乗しょうじょうにはだい十の方広ほうこうけっしてじゅういちあるなり。

首題しゅだいみょう」 とふは題目だいもくなり、 みょうせんしょういいあるがゆへに、 首題しゅだいみょうをとなふれば、 部々ぶぶしょきょう読誦どくじゅしゅじゅうするどくにひとしきなり。

0949 「るにむれば↢仏↡者」 といふは、 だいじゅうはちがんをさすなり。 すなはち念仏ねんぶつなり。

一 「雑散之業」 といふはぞうぎょうなり。 雑善ぞうぜんなるがゆへに 「ぞう」 といひ、 餐受さんじゅしんさんするにつきて 「さん」 といふ。 かるがゆへに雑散ぞうさんごうといふなり。

一 「↢此↡及諸部なか、 処々じてすゝめてるを↠称みな、 将↢要益↡也いうは、 この ¬きょう¼ というは ¬かんぎょう¼ なり。 「しょ」 といふは、 べっしては ¬だいきょう¼ ・¬小経しょうきょう¼ をさす、 そうじてはぼうしょきょうをさすなり。

  第十一 讃嘆章

かみしょうにはじゅう二部にぶきょうたいして念仏ねんぶつ讃嘆さんだんす、 いましょうには雑善ぞうぜんたいして念仏ねんぶつ讃嘆さんだんす。 所嘆しょたん念仏ねんぶつおなじといへども、 相対そうたいほうそのことなり。 またかみはぶつ讃嘆さんだんなり、 いましゃくそん讃嘆さんだんなり。 ゆえふたつきょうもんによりてふたつしょうだんをたつるなり。

一 ひくところのきょうもんずうもんなり、 ¬しょ¼ のしゃくもすなはち当所とうしょしゃくなり。 ¬きょう¼ としゃくとをひきあわせてこころべし。

¬しょ¼ のもんに、 「には↣専↢念することを弥陀みだみな」 といふは、 「にゃく念仏ねんぶつしゃ」 のもんをさすなり。

には明↠讃ずることを↢能念ひと」 といふより 「にんちゅうさいしょうにん」 といふにいたるまでは、 「にんちゅうふん陀利だり」 のしゃくするなり。

には↧専↢念する弥陀みだみなもの、 即観音・勢至常随影護、 亦如くなることを↦親友知識↥也」 といふは、 「観世音菩薩0950・大勢至菩薩為↢其勝友」 のこころする。

には↧今生既ぬれば↢此↡、 捨命入↦諸仏之家」 といふより 「道場之座豈はるかならんや」 といふにいたるまでは、 「とうどうじょうしょう諸仏しょぶつ」 のもんしゃくするなり。

経釈きょうしゃくもんだんかくのごとし。

一 「ふん陀利だり」 といふはぼんなり、 こゝにはほんじてびゃくれんといふ。 はなのなかにはれんさいしょうなり、 でいぜんせられざるがゆへなり。 いろなかには白色びゃくしょくさいしょうなり、 へんいろにあらざるがゆへなり。

ゆえこのはなをもて念仏ねんぶつぎょうじゃにたとふることは、 びゃくれんしゅにすぐれたるがごとく、 念仏ねんぶつぎょうじゃの、 諸善しょぜんぎょうにんにすぐれたることをあらはすなり。

またほっ念仏ねんぶつたいひとつなること、 このしゃくをもてしるべし。 かの ¬きょう¼ (法華経) にはれんをもてみょうほうにたとへて 「みょうほうれんといひ、 この ¬きょう¼ にはれんをもてぎょうじゃにたとへて 「にんちゅうふん陀利だり」 といふ。 しょぎょうほう能念のうねんにんと、 たとふるところのせんひとつなるなり。

一 「捨命↢諸仏之家↡。 即浄土なり」 といふは、 弥陀みだじょうなり。 「しょう諸仏しょぶつ」 とゝきたるをしゃくしあらはすなり。

これすなはち真身しんしんかんには観仏かんぶつ三昧ざんまいやくをとくとして 「捨身しゃしん他世たせしょう諸仏しょぶつぜん (観経) ととき、 ずうもんには経名きょうみょうをあぐとして 「じょうじょごっしょうしょう諸仏しょぶつぜん (観経) いえり。 これみな弥陀みだじょうをさすことあきらかなり。 弥陀みだ諸仏しょぶつ0951ほん極楽ごくらく十方じっぽうほんなるがゆへに、 諸仏しょぶついえといふなり。

一 「りてかしこ↠法歴事供養」 といふは、 しょうどうじょうぶつを期し、 じょうおうじょうがんずるにつきて、 おうじょうののち聞法しゅぎょうしてじょうぶつすべきしゃくするなり。

しかれども、 長遠のしゅぎょうとをからず速に極果にいたるべきがゆへに、 「道場之座豈」 といふなり。 この、 上のしょうぞうぎょうしょうにこれを弁ぜしがごとし。

一 わたくししゃくなかに 「、 既↢念仏けば↢上々↡者、 何ゆへして↠説↢上々品↡至りて↢下々品↡而説↢念仏↡乎」 といふは、 このといこころは、 さきに能念のうねんぎょうじゃたんじて上々じょうじょうにんといへば、 所念しょねんほう上々じょうじょうほうなりときこへたり。 然者しからばもっと上々じょうじょうぼんなかとくべし、 なんぞ下々げげぼんなかとくやととうなり。

こたえこころは、 念仏ねんぶつぎょうぼんにわたるうえ下々げげぼんにかぎらず上々じょうじょうぼんにもこれあり、 自余じよ諸品しょほんにもこれあり。 いかにいわんや、 下々げげぼんぎゃくじゅうざいなるがゆへに、 かのじゅうざいめっすることは念仏ねんぶつちからなれば、 のうしょ相応そうおうするによりて、 下々げげぼんにこれをとくなりといふなり。

といていはく、 このといしんあり。 念仏ねんぶつ三品さんぼんにこれをとけり、 なんぞ下々げげぼんにこれをとくやといふや。

こたえていはく、 さいじょうぼんなるべきほうをなんぞさいぼんにとくやといはんがために、 かくのごとくもんするなり。 最極さいごくをあぐとこころぬれば、 そうなきなり。

0952 「↢極悪最下↡而説↢極善最上」 といふは、 「極悪ごくあくさいひと」 はぎゃくなり、 「極善ごくぜんさいじょうほう」 は念仏ねんぶつなり。 高山こうざんみず深谷けいこくにくだるのうあり、 さいじょうほうさいにかうぶらしむるこうあるなり。

一 「せば↧彼无明淵源、 非ざれば↢中道府蔵るが↞能↠治すること」 といふは、 天臺てんだいには三観さんがんをもて三惑さんわくするとき、 かんをもてけんわくし、 空観くうかんをもて塵沙じんじゃわくし、 ちゅうどうかんをもてみょうわくするがゆへに、 三観さんがんなかにはちゅうどうかんさいしょうなり。 三惑さんわくのなかにはみょうわくさいじゅうなれば、 深観じんかんをもてじゅうわくするゆへに、 かれをひきてこれをしょうするなり。 やまひをもてわくにたとへ、 くすりをもてかんするなり。

ぞう」 といふはろっぞうなり。 諸根しょこん成立じょうりゅうするはろっぞうなれば、 人身にんじんにとりてはぞう肝要かんようとす。 さればいまぞうといふは肝要かんようといふこころなり。

一 ¬ろっ波羅ぱらみつきょう¼ にはぞうをたてゝ、 そのなかに陀羅だらぞうのみじゅうざいしょうめつすといへるゆへに、 ¬きょうろん¼ にはこれをひきて、 真言しんごんしょきょうにすぐれたることをしょうせり。 しかるにいまはこれをひきて、 念仏ねんぶつをかの陀羅だらぞうにひとしめて、 念仏ねんぶつちからじゅうざいめっするれいしょうとするなり。

といていはく、 いま所引ひくところもんには、 じゅうざいしょうめつとくをば陀羅だらぞうにをきてとくがゆへに、 これをみょうだいにたとへてさい第一だいいちとせり。 念仏ねんぶつとくをば0953いまのもんのなかにこれをとくことなし。 なんぞこれをひきて自由じゆだいみょうやくじゅんじてぎゃくめっするじゅんとするや。

こたえいわく、 もとよりいまのもんれいしょうなり。 かの ¬きょう¼ にそうとくたんずるをひきて、 念仏ねんぶつにひとしむるなり。 そのゆへは、 かの ¬きょう¼ にはぞうをときて、 そのぞうにはぎゃくめっするとくをとかず、 陀羅だらぎゃくめっするこうをあかせり。 いまの ¬かんぎょう¼ にはじょうさん念仏ねんぶつをときて、 じょうさんにはぎゃくめっするちからをあかさずして、 念仏ねんぶつぎゃくめっすることをとけり。 またくいまの説相せっそうとおなじ。

されば陀羅だらぎゃくめっし、 念仏ねんぶつぎゃくめっす。 そのとくおなじきがゆへに、 ともにみょうだいなりとれいするなり。

滅罪めつざいりきにつきて、 陀羅だらみょうだいにたとふるは、 弘法こうぼうだいしゃくなり。 いままたそのゆうおなじきによりて、 これもみょうだいなりとするは、 しゃっしょうにんりょうけんなり。 かれこれともにもんのよんどころをえたるものなり。

所引ひくところもんにつきて、 「だいには法宝ほふぼうといふ」 といふより 「為↠非れが↢諸陀羅だら」 というにいたるまでは、 きょうもんなり。 「五蔵、 譬へば↢乳・酪・生蘇及妙醍醐」 といふより 「↢涅槃安楽法身」 といふにいたるまでは、 だいしゃくなり。

一 「素そたらん」・「毘尼びに」・「阿毘あびどん」 の三蔵さんぞうは、 かみのきょうそうしょうちゅうするがごとし。

般若はんにゃ」 といふは、 こゝには智恵ちえといふ、 これくうをあかせる教なり。

陀羅だら」 とい0954ふは、 こゝにはそうといふ、 これ真言しんごんなり。

一 「↢静慮」 といふはじょうなり。 すなはちかいきょうにとくところこれなり。

一 「↢威儀」 といふはりつなり。 これ律蔵りつぞうにあかすところなり。 「いちごう」 といふはそうあかすなり。 ¬しゃ¼ のしょうそうに、 「四人已上和合せるを↠僧」 といへる、 これなり。

一 「分↢別性相↡、 しうくわんけんきやくして究↢竟すべきには甚深」 といふはなり。 もろもろの論蔵ろんぞうにはしゅっ諸法しょほうをあかしてじん決判けっぱんす。 これを習学しゅがくして智解ちげをひらかしむるなり。

一 「↢於我法執著分別ふんべつ」 といふは般若はんにゃとくをあかすなり。 ひっきょう皆空かいくうたっしぬれば執著しゅうじゃくをはなるゝなり。

一 「ひは↢滅してきやう而不↟滅ぢう」 といふは、 あるひは 「小戒力微して↠消↢五逆之罪 (散善義) といひ、 あるいはじゅう二部にぶきょう首題しゅだいみょうをきけるゆう、 たゞ千劫せんこうごくじゅう悪業あくごうめっするがごとき、 これなり。

一 「ひはして↠一而不↟消↠二」 といふは、 布施ふせ慳貪けんどんし、 忍辱にんにくしんするとうこれなり。

0955 「九品の配当一往なりせば↠品即九々八十一品なり」 とふは、 ぎょうじゃこんじょうどうにして、 善悪ぜんあく二機にきあひわかれたることをしゃくするなり。

ぼん配当はいとう」 といふは、 上々じょうじょうどくじゅだいじょう上中じょうちゅう第一だいいちじょうほつだいしん中上ちゅうじょうしゅぎょう諸戒しょかい中々ちゅうちゅうはっ戒斎かいさいちゅうきょうよう父母ぶもじょうじゅうあくきょうざいちゅうかいざい下々げげぎゃくじゅうざいなり。 かくのごとく、 上中じょうちゅうはいにはかいぎょう三福さんぷくをあて、 はい三品さんぼんにはきょうじゅう罪業ざいごうをもたするは、 一往いちおうなりといふなり。

五逆廻心通↢於上々」 といふは、 ぎゃく下々げげぼん悪業あくごうなれどもちゅうにもじょうにもつうずべし、 ないじょうぼん読誦どくじゅだいじょうにもつうずべしとなり。

読誦妙行↢於下々」 といふは、 ぎゃくつうずべき、 さきにじゅんじてこゝろうべし。 いはゆる読誦どくじゅ上々じょうじょうぼん善業ぜんごうなれども、 上中じょうちゅうにもじょうにもつうずべし、 ない下々げげぼんぎゃくじゅうざいにもつうずべしとなり。

十悪軽罪破戒次罪をのをの↢上下」 といふは、 じゅうあくじょうぼんあくなれば、 じょうといふはちゅうじょう六品ろくぼんをさし、 といふはちゅう下々げげをさすなり。 かいちゅうあくなれば、 じょうといふはじょうぜん七品しちほんをさし、 といふは下々げげをさすなり。

解第一義、 発だいしん↢於上下」 といふは、 第一だいいち上中じょうちゅうぜんなれば、 じょうといふは上々じょうじょうをさし、 といふはしもの七品しちほんをさすなり。 ほつだいしんじょうぜんなれば、 じょうといふは0956上々じょうじょう上中じょうちゅうをさし、 といふはしもの六品ろくほんをさすなり。

かくのごとく一々いちいちにたがひにつうずれば、 ぼんにまたぼんあるなり。 かるがゆへに 「一法にをのをの↢九品↡。 若約せば↠品九々八十一品なり」 といふなり。

一 ざいしゃくをひくことは、 かみに善悪ぜんあく業因ごういんたがひにつうじて、 ぼんかぎらずはちじゅういちぼんなるべきことをしゃくしつれども、 いまのしゃくのごとくとくならば、 なをはちじゅういちぼんにもかぎらず千差せんしゃ万別まんべつなるをあらはすなり。

しゅじょうぎょう」 といふより 「まくふうしゅう」 といふにいたるまでは、 かのしゃくなり。 すなはちその所造しょぞう ¬じょうろん¼ のもんなり。 「念仏勝行なり」 といふ已下いげわたくししゃくなり。 これすなはち千殊せんしゅ万別まんべつぎょうのなかに、 念仏ねんぶつすぐれたることをあらはすなり。

一 「か へきて↢芬陀利↡、 以↢其」 といふは、 当しょうにひくところの 「念仏する、 当。 此人中芬陀利華なり」 のもんの心なり。

念仏行者には観音・勢至、 如くしてくもしやし給は」 といふは、 「観世音菩薩・大勢至菩薩、 りたまふ↢其」 のもんの心なり。

一 「なが↢五種嘉誉」 といふは、 ふん陀利だりしゅあいぬるところのしゅなり。 いはゆる好人こうにんみょう好人こうにん上々じょうじょうにん希有けうにんさいしょうにんなり。

ぶる↢二尊影護」 といふは、 「0957そん」 といふは、 いまは観音かんのんせいをさすなり。 かのさつしょうとなることをいふなり。

現益なり」 といふは、 いまのいふところの嘉誉かよようとらさすなり。

往生して↢浄土↡、 乃至成仏当益なり」 といふは、 「とうどうじょうしょう諸仏しょぶつ」 のこころしゃくするなり。

一 ¬安楽あんらくしゅう¼ のもんをひきてじゅうりょうやくをあげたるは、 これも雑善ぞうぜん約対やくたいして念仏ねんぶつたんずるもんなるがゆへにこれをひくなり。 もんこころみやすし。

このなかに ¬じゅきょう¼ のにゅうはんをひきのせたるは、 やくをあかさんがためなり。 いまはにゅうにゅうろんずるにはあらず。 そのをば ¬しょ¼ の 「げん」 に ¬大品だいぼんぎょう¼ をひきて報身ほうじん常住じょうじゅうをもやぶらず、 にゅうはんもんもさまたげなきじょうぜり。 おほよそいまのもんのごときんば、 にゅうはんあるべからず。

そのゆへは 「一向専↢念して阿弥陀仏↡往生せるものゝみ、 常↢弥陀現在して↟滅たまは」 といへば、 にゅうはんとみるはしょぎょうおうじょうけんなりときこへたり。 しかるにしょぎょう本願ほんがんにあらざるがゆへにおうじょうせずなりとこころれば、 けつじょうおうじょう念仏ねんぶつぎょうにんなり。 しかれば、 一切いっさいみな現在げんざいしてみたてまつるべきぶんみょうなり

  第十二 念仏付属章

0958 上のしょうには雑善ぞうぜん約対やくたいして念仏ねんぶつ讃嘆さんだんす。 かるがゆへに、 いまのしょうにはかの雑善ぞうぜんをばしゃくそんぞくせず、 たゞ念仏ねんぶつをもてなんぞくするりゅうするなり。

一 所引ひくところきょうもんはこれもずうもんなり。 ¬しょ¼ のもんもすなはち当所とうしょしゃくなり。

望仏もうぶつ本願ほんがん」 といふは、 だいじゅうはちがんをさすなり。 「一向いっこうせんしょう」 といふは、 ぞうぎょうをまじへざることばなり。 さればじゅうはちがんこころ一向いっこうほんとし、 せんしょうをさきとするなり。

一 わたくししゃくに、 じょうぜんじゅう三観さんがん三福さんぷくぼんとうぜんをあげて、 いずれしゅしょうやくあるべきことをしゃくせらるゝは、 もんに 「じょうさんりょうもんやくをとく」 といへるをしゃくするなり。 かのりょうもんやくのすぐれたることをあらわして、 如此かくのごとくじょうさんしゅしょうほうなれども、 それをばぞくせず、 「じつ雑善ぞうぜんるい (散善義) 念仏ねんぶついちぎょうをもてぞくすとあらわさんがためなり。

これすなはちしょぎょう本願ほんがんあらず、 念仏ねんぶつ本願ほんがんなるがゆへなり。 とうしょうのしたのしゃくに 「釈尊↣付↢属したまは諸行↡者、 即ざる↢弥陀本願↡之なり付↢属したまふ念仏、 即是弥陀本願なるがなり」 とへるは、 このこころなり。

かくのごとくこころぬれば、 もんあたりてしゃくするときは、 じょうぜんさんずるには 「ひて↢其所↟堪ふるして↢十三観↡可↢往生↡。 其旨見たり↠経。 敢へて↢疑慮すること」 といひ、 散善さんぜんたんずるには一々いちいちぜんのしたに 「ども↠无しと↢余行↡、 以↢孝養・奉事↢往生」 ともいひ、 「ども↠无しと↢余行↡、 以↢四无量0959↢往生」 ともいへるは、 をのをのそのぎょうしゃくするときの一往いちおうなり。

ぶつ本願ほんがんたずれば、 たゞ念仏ねんぶついちぎょうのみおうじょうごうなりとらるゝなり。 このこころをえて能々よくよくもんをみるべきなり。

一 「三福といふ、 経、 一つに孝↢養父母↡、 師長↡、 慈心にして↠殺、 修↢十善業↡。 二つに受↢持三帰↡、 具↢足衆戒↡、 ↠犯↢威儀↡。 三つにだいしん↡、 深↢信因果↡、 読↢誦大乗↡、 勧↢進行者」 といふはじょ散善さんぜんけんぎょうえんもんなり。

つに」 といへるは世福、 「つに」 といへるは戒福かいふく、 「つに」 といへるはぎょうふくなり。 その一々いちいちしもにしゃくするがごとし。 この三福さんぷくかいしてぼんごうとす。 そのまたしもに一々いちいちがっするがごとし。

一 「世間孝養とい↢孝経等」 といふは、 かのしょにはてん諸侯しょこう卿大けいたい庶人しょじんとうたてて、 おのおのその品秩ほんちつによりてふるまふべきさまあかせり。 さればいづれもぶんしたがひてちちぎょうをつぎ、 ことにをいておこなうはみな孝行こうこうなり。 そのなかに父母ぶもきょうするをもてその根本こんぽんとす。

こうにおほくのあり、 こうこうなり、 じゅんなり、 ちくなり、 なり。 こういうは 「かうひと高行かうかう」 といへるなり、 じゅんといふはずいじゅんなり、 ちくといふは財産ざいさんをたくはへてしん養育よういくするなり、 これすなはちいまの0960きょうようのことばにかなへり。 いうは、 かほをやわらかにして父母ぶもむかひてそのこころよろこばしむるなり。

一 「出世孝養↢律生縁奉事仕」 といふは、 ¬分律ぶんりつ¼ のなかこのことをあかせり。

孝順きょうじゅん養育よういくてんとおなじ。 たゞしそのほうをあかすに得脱とくだつやくをいだせり。 むかしの童女どうにょ因縁いんねんのごとき、 これなり。

かの因縁いんねんといふは、 過去かこ波羅はらこく童女どうにょといふものあり。 はやくちちにをくれてたゞははのみあり。 どう、 たきゞをうりてさん十銭じっせんをえてははにあたへたりしどくによりて、 ろくじゅう万歳まんざいらくをえたり。 またあやまりてははのかみをぬきたりしとがにおりて、 ごくにいりて鉄輪てつりんをいたゞきゝ。 どう、 そのとき罪業ざいごうのむなしからざることをゝそれて、 たちまち道念どうねんをおこし、 一切いっさいしゅじょう所受しょじゅわがにうけんと誓願せいがんせしかば、 すなはちほうをあらためてそつしょうずとみへたり。

このこと、 りつなかに ¬ぞう法蔵ほうぞうきょう¼ のせつをひきて、 父母ぶもにすこしきのぜんをなせばだいほうをうけ、 さきのようをなせばりょうふくをうることをあかせるに、 この因縁いんねんをのせたり。

一 「ふる↢仁・義・礼・智・信とう↡師なり」 といふは、 けんじょうををしふるなり。 このじょうじゅきょうにこれをあかせり。

じゅきょういうこうおしえなり。 このいつつひとのつねに0961おこなうべきみちなるがゆへにじょうといふなり。 「じん」 は仁恵じんけいこころにんとくなり。 「」 は厳律ごんりつしょうどうなり。 「れい」 はれいじょうぎょうぎょうなり。 「」 は照了しょうりょうとく才儇さいけんみょうなり。 「しん」 は誠信せいしんとくれんちょくこころなり。

一 「ふる↢聖道・浄土二門とう↡師なり」 といふは、 しょうどうといふは真言しんごん天臺てんだいとうはっしゅうしゅうなり。 じょうといふはじょうしゅうなりあるいりき信心しんじんそうじょうするはんあるいは経釈きょうしゃく義理ぎりじゅする、 ともにちょうなり。

一 「慈心不殺四无量心慈无量なり。 即↡摂↢後↡也」 といふは、 「りょうしん」 といふは、 一にはりょうしん、 二にはりょうしん、 三にはりょうしん、 四にはしゃりょうしんなり。 りょうしんといふはりょうしゅじょうあわれみてらくをあたふるこころなり。 りょうしんといふは一切いっさいしゅじょうかなしみをぬくこころなり。 りょうしんいうかみばっらくしゅしんじょうじゅするによりてかんするこころなり。 しゃりょうしんといふはりょうしゅじょうにをきてかのばっらくこころおこすことびょうどうにして怨親おんしん差別しゃべつなきなり。

されば 「はじめのひとつ」 といふはりょうしんなり、 「のちのみつ」 といふはりょうしんりょうしんしゃりょうしんなり。

一 「天臺には↢四教菩提心↡。 謂蔵・通・別・円なり」 といふは、 きょう各々おのおのその0962きょうぎょうしてじょうだいするしんなり。 そのなかに、 さきさんきょうだいしんはこのしゅうほんにあらず、 えんぎょうだいしんをもて真実しんじつとす。

そのしんにをきてえんえんしんあり。 このふたつしん、 ともに四弘しぐ誓願ぜいがんをもてそのたいとすれども事理じり差別しゃべつあるなり。 四弘しぐ誓願ぜいがんといふは、 かみ本願ほんがんしょうするがごとし。

えんしんといふは、 しばらしゅじょうぶつとをべつにし、 煩悩ぼんのうだいとをそくせずして、 しゅじょうして仏道ぶつどうをえしめんとおもい煩悩ぼんのうだんじてぶっをえんとねがふこゝろなり。

えんしんといふは、 一切いっさい諸法しょほう本来ほんらいじゃくめつなり、 有无うむにあらずだんじょうをはなれたり、 煩悩ぼんのうだいしょうそくはんなり。 さればしゅじょうとしてすべきところもなく、 だいとしてもとむべきところもなしとかんず。 しかれどもしゅじょうこのばくだつほうなかにをきてしかもばくをなし、 しかもみずかだつをもとむ。 これにをきてだい慈悲じひおこ四弘しぐおこしてじょう下化げけがんじょうじゅするなり。

↢止観」 というは、 このことくわしだい一巻いっかんみえたり。

一 「真言には↢三種菩提心↡。 謂行願・勝義・三摩地なり」 といふは、 真言しんごんぎょうじゃこのみつこころをおこしてだいうるなり。

ぎょうがん」 のだいしんといふは、 一切いっさいしゅじょうをみることしんのごとくしてびょうどうやくせんとおもうこころなり。

しょう」 のだいしんいうは、 一切いっさい諸法しょほうしょうなしとかんじてほんしょうざいたっするなり。

さん摩地まじ」 のだいしんいうは、 いっ0963さいしゅじょうげんしん含蔵がんぞうして、 そのこころのかたちは月輪がつりんのごとくして、 そのなかにさんじゅう七尊しちそん歴然れきねんとしてこのしんじょうじゅうせりとかんずるなり。 ¬だいしんろん¼ にこのだいしんたんじていはく、 「ひとめて↢仏恵↡通↢達すればだいしん↡、 父母所生をもて やか↢大覚」 といへり。

この三種さんしゅだいしんなかに、 ぎょうがんしょうとのしゅだいしん如↠次ついでのごとく天臺てんだいふところのえんえんしんにあたれり。 さん摩地まじだいしんみっきょう不共ふぐ所談しょだんさいじょう勝妙しょうみょうだいしんなり。

だいしん」 といふは、 かのろんを ¬だいしんろん¼ とへる、 ひとへにこの三種さんしゅだいしんをとけるがゆへなり。 龍猛りゅうみょうさつぞうなり、 龍猛りゅうみょうといふはりゅうじゅなり。

一 「↢善導所釈菩提心↡。 には↢疏るが」 といふは、 「序分じょぶん」に云く、 「↢発菩提心↡者、 しゅじょうごん心趣むきて↠大↠可から↣浅↢小因↡、 より↠非↣広すにぐう↡、 何んと云ことをだい↡相することを↥。 くは身、 身をな↢虚空しむひとしくして↢法界↡、 尽さんしゅじょう↡。 ↢身業↡恭敬供養礼拝、 迎送来去運度してめて↠尽↢口業↡讃嘆説法してしめて↢我↡言はく得道せんもの、 令めんつく↢意業↡入定観察して、 分↢身して法界↡応じて↠機而度して、 无らんひとりとしてもと云ことつく↢此↡。 運々増長して↢虚空↡、 无↢処としてること↟遍、 行流无尽にして徹↢窮して後際↡、 身无↢疲倦↡しんらん↢厭↡。 ↢菩提↡即仏果之名なり。 又言↠心0964衆生能求之心なり。 故がゆへに↢発菩提心↡也」 とへり。 このじゅうしゃくは、 はじめのしゃく下化げけしゅじょうのこゝろ、 しもしゃくじょうだいこころなり。

また散善さんぜん」 にいわく、 「たゞおこして↢一念↡厭苦楽生ずるは諸仏境界にして やかてゝ↢菩薩大悲願行↡、 還↢入生死↡、 普↢衆生↡。 ゆへ↢発菩提心↡也」 といへり。

これも三福さんぷくのなかのだいしんなれば、 まづはしょうどうだいしんなり。 しかれども、 「げんにゅうしょう普度ふどしゅじょう」 とへるはにゅうこうこうこころなれば、 じょうだいしんつうずるあるなり。

↢疏ぶるが」 といふは、 これらのしゃくをさすなり。

一 「意気いき博遠はくえんにして詮測せんしき沖邈ちうばくなり」 といふは、 広大こうだい甚深じんじんなりというこゝろなり。 こころしょしゅうつう一代いちだいにわたりて一切いっさいをかぬとなり。

一 「世間因果六道因果」 といふは、 「六道ろくどう」 といふはごく餓鬼がきちくしょうしゅにんてんなり。 「いんといふは善悪ぜんあくいんなり。 じょうちゅうぼんじゅうあくは、 如↠次ついでのごとくごく餓鬼がきちくしょういんなり。 このいんによりて所得うるところはすなはちかの三悪さんまくどうなり。 ちゅうじょうぼんじゅうぜんは、 如↠次ついでのごとくしゅにんてんいんなり。 このいんによりて得所うるところすなわちさん善道ぜんどうほうなり。

一 「出世因果といふ四聖因果なり」 というは、 「しょう」 といふはじょうなり、 きょうそうしょうにし0965るすがごとし。 「いん」 といふはしょう善因ぜんいんなり。 いわゆるしょうもん修因しゅいんたい縁覚えんがく修因しゅいんじゅう因縁いんねんさつぎょういんろくぶつじょう修因しゅいん三観さんがんなり。 三観さんがんといふはくうちゅう三諦さんたいなり。

一 「五種法師↢転読・読誦二師↡、 顕↢受持等三師」 といふは、 読誦どくじゅのことばのなかにしゅぎょうせっするしゃくするなり。

しゅ」 といふは、 一にはじゅ、 二には転読てんどく、 三にはじゅ、 四にはせつ、 五には書写しょしゃなり。 このなかに転読てんどくじゅといふは、 つねにいふところの読誦どくじゅぎょうなり。 もんをよむをどくといひ、 そらにじゅするをじゅといふなり。

一 「せば↢十種法行↡者、 即↢披読・諷誦二種法行↡、 顕はす↢余書写・供養とう八種法行↡也」 といふは、 これも読誦どくじゅのことばのなかに、 十種じっしゅほうぎょうせっするしゃくするなり。

十種じっしゅほうぎょう」 といふは、 一には書写しょしゃ、 二にはよう、 三にはじゅ、 四には開演かいえん、 五には施他せた、 六にはちょうもん、 七にはどく、 八にはじゅ、 九にはゆい、 十にはしゅじゅうなり。

一 「しか↢一代所説↡、 有↢已結集経↡、 有↢未結集経↡」 といふは、 ざいせっきょうはたゞぶつごんをのべたまひしばかりなり。 もんにあらはしてきょうかんをなすにをよばず、 ざい0966はたゞちにその言説ごんぜつをきゝて得約とくやくしき。 しかるに如来にょらいめつらいしゅじょうせんがためにしるしをきたるをきょうといふ。 かくのごとくしるしをくをけつじゅうといふなり。 けつじゅうひとなんなり。

一 「きて↢翻訳将来之経↡而ずに」 といふは、 「翻訳ほんやく」 といふは、 天竺てんじくのことばをとうのことばにやはらぐるをいふなり。 「しょうらい」 といふは、 天竺てんじくよりとうへわたるをいふなり。

そうじていはんときは、 このことばゝとうよりほんへわたるをもいふべきなり。 しかれども、 いまは西天さいてんより震旦しんたん到来とうらいするなり。

一 「貞元ていげんにゅう蔵録ぞうろく」 といふはしょなり。 「貞元ていげん」 はとう年号ねんごうなり。 貞元ていげんねんちゅう一切いっさいきょう首題しゅだい巻数かんしゅせられし目録もくろくなり。

一 「、 顕密むねなり、 何↠密」 といふは、 けんぎょうしゃ一代いちだい所説しょせつけん彰灼しょうしゃくきょうなり。 密教みっきょう大日だいにち覚王かくおうしょうみつ上乗じょうじょうほうなり。 そのむねはるかにことなり。 されば読誦どくじゅだいじょうといへるだいじょうのことばゝ、 けんぎょうだいじょうをさすならば、 密教みっきょうをばせっすべからずとなんずるなり。

これは顕密けんみつだいじょうきょうそうじてろっぴゃくさんじゅうしちなりとあぐるに、 すなはち 「ひは受↢持読↣誦して遮那・教王及以および諸尊法等↡以↢往生」 といひつるしんするなり。

これをこたふるに 「↠云には↠摂すと↢顕密↡。 貞元入蔵0967、 同じくみて↠之而たり↢大乗経か へ、 摂↢読誦大乗↡也」 といふは、 このこたえのこゝろ、 顕密けんみつきょうだんずるところのを、 ひとしめてせっするにはあらず、 たゞだいじょうきょうといふことばに顕密けんみつともにせっすべし。 これすなはち真言しんごんさんきょうをも ¬ろく¼ のなかに、 おなじくけんぎょうだいじょうきょうれつにいれたるゆへなりとこたふるなり。

一 「、 爾前する↢法花」 といふは、 「ぜん」 といふはほっぜんなり。 されば五時ごじのなかにぜん四味しみほっきょう各別かくべつなり。 なんぞひとつにこれをせっするやととうなり。

こたえこころは、 さきのごとくきょう浅深せんじんをばろんぜず、 たゞだいじょうのことばひろくつうずべきがゆへに、 そうじて読誦どくじゅだいじょうのことばにせっすといふなり。

↠論ずるには↢権・実・偏・円等」 といふは、 「ごん」 といふはぜんなり、 方便ほうべんたいするがゆへなり。 「じつ」 というほっなり、 方便ほうべんをすつるがゆへなり。 「へん」 というさきさんきょうなり、 へん偏空へんくうへんちゅうとどまるがゆへなり。 「えん」 というえんぎょうなり、 えんにゅう三諦さんたいあかすがゆえなり。 えんにゅう三諦さんたいといふは、 くうちゅう三諦さんたいたがひに相即そうそくして融通ゆうずうするなり。

一 「かいして↢前三福↢九品業」 といふ以下いげは、 かいぎょう三福さんぷくをわかちてぼんごうとするがゆへに、 序分じょぶんもん品々ほんぼんせつとをあわせて一々いちいち配当はいとうするなり。

この合福がっぷく0968は ¬しょ¼ のもんにいでたり。 かのしゃくをまもりてしゃくせらるゝなり。

上品上生↢慈心不殺↡者、 即当れり↢上世福だい三句」 といふは、 ふくもんには 「には者孝↢養父母↡、 奉↢事師長↡、 慈心にしてせつ、 修↢十善ごう (観経) ととくがゆへに、 「しんせつ」 はだいさんにあたりたるを、 いまの 「しんせつ」 とあひおなじとがっするなり。

具諸戒行者、 即↢上戒福だい之句具足衆戒」 というは、 戒福かいふくもんには 「には者受↢持三帰↡、 具↢足衆戒↡、 ぼん↢威儀 (観経) とゝくがゆへに、 「そく衆戒しゅかい」 はだいあたりたるに、 「しょかいぎょう」 をもてがっするなり。

読誦大乗者、 即行福第三読誦大乗」 といふは、 ぎょうふくもんには 「には者発↢菩提心↡、 深↢信因果↡、 読↢誦大乗↡、 勧↢進行者 (観経) といふがゆへに、 読誦どくじゅだいじょうだいさんにあたるに、 いまの読誦どくじゅがっするなり。

修行六念、 即第三福第三」 といふは、 三福さんぷくのなかにはしゅぎょう六念ろくねんもんなし。 しかれどもをもてこれをがっするに、 この 「六念ろくねん」 はだいじょうぎょうなるがゆへに 「読誦どくじゅだいじょう」 のがっす。 かるがゆへに 「第三福第三句こゝろなり」 というなり。 まさしきもんなきによりて 「こころなり」 といふなり。

上品中生↢善解義趣↡者、 即第三第二・第三」 といふは、 「ぜんしゅと」 といへる 「」 のには、 「第一だいいちしんきょうどう深信じんしんいんほうだいじょう (観経) せっするなり。 「ぜんしゅ0969だい第一だいいちしんきょうどう」 をひとつにして、 だい三福さんぷくのなかのだいさんの 「読誦どくじゅだいじょう」 のがっし、 「深信じんしんいんほうだいじょう」 をひとつにして、 おなじきふくのなかのだい二句にくの 「深信じんしんいん」 にがっするなり

上品下生深信じんしん因果・発道心等↡者、 即第三福第一・第二」 といふは、 「深信じんしんいん」 はおなじきふくのなかのだいとおなじ。 「ほつじょう道心どうしん」 はおなじき第一だいいちとおなじ。 かるがゆへにかくのごとくしゃくするなり。

中品上生受持五戒いふ、 即第二第二」 といふは、 「」 のには 「八戒はっかいさいしゅぎょう諸戒しょかい (観経) 等取とうしゅするなり。 しょうことなりといへども、 みなかいぎょうなるがゆへに、 だいふくのなかのだいところの 「そく衆戒しゅかい」 にあたるなり。

中品中生↢或一日一夜受持八戒斎等↡者、 じき第二」 といふは、 「」 のことば 「しゃかい足戒そくかい威儀いぎけつ (観経) せっするなり。 これもかみとおなじくだいふくこころなり。 いわゆる八戒はっかいしゃかいそくかいはみなだいの 「そく衆戒しゅかい」 にがっす。 「威儀いぎけつ」 はおなじきだいさんの 「ぼん威儀いぎ」 のこころなり。

中品下生のなかに↢孝養父母・行世仁慈等↡者、 即初福第一・第二」 といふは、 「きょうよう父母ぶもぎょうにん」 をもて、 そうじてかみのふくのなかの 「きょうよう父母ぶも奉事ぶじちょうがっするなり。 いまのもんには奉事ぶじちょうはなけれども、 父母ぶもちょうとそのおんおなじく、 きょうよう0970奉事ぶじとそのひとつなるがゆへに、 一双いっそうぜんなればもんりゃくせりといへども、 あひはなるべからざるなり。

されば ¬しょ¼ のしゃくにもきょうよう父母ぶも四字しじしゃくするとき、 「孝↢養父母↡、 奉↢順六親 (散善義) といへり。 これきょうよう父母ぶものことばのしたに、 しんにかぎらずそんじゅうにつかふるせっせりとなり。

ぎょうにん」 といふは、 仁恵じんけいとくなるがゆへに、 これもきょうよう父母ぶも奉事ぶじちょうとくぎょうをそなへんひとにんもあるべければ、 そうじて第一だいいちだいがっするなり。

¬しょ¼ にはこの合福がっぷくせざるは、 すなはちきょうよう父母ぶもいっをもて第一だいいちの 「きょうよう」、 だいの 「奉事ぶじ」 にがっすれば、 そのふたつのなかにしょうざいせることをあらはすなり。

つぎはい三品さんぼんをあげて、 けっするに 「三品、 尋常唯造↢悪業↡雖ども↠不↠求↢往生↡、 臨終めて↢善知識↡即↢往生↡。 若ぜば↢上三福↡者、 第三大乗」 といふは、 この三品さんぼんぎょう念仏ねんぶつなり。 しかるにこの念仏ねんぶつを、 もし三福さんぷくなかせっせば、 だいさんぎょうふくのなかのだいさん読誦どくじゅだいじょうにあたれりといふなり。 かの三福さんぷくのなかにそのもんなしといへども、 をもて配当はいとうするがゆへにだいじょうのこゝろなりとしゃくするなり。

三品さんぼんをば ¬しょ¼ には合福がっぷくせず。 これすなはちじゅう一門いちもんなかに、 だい六門ろくもんほうじょうちゅうはいぜんなり、 はい悪業あくごうなるがゆへにがっすべきにあらず。 念仏ねんぶつだい八門はちもんほうなるがゆへにじょうさんれつ0971あらざればがっせざるなり。

いまわたくししゃくがっするは、 じょうさん念仏ねんぶつことなれども、 一往いちおうぼんごう分別ふんべつして三福さんぷくぼん開合かいごうをしめさんがためなり。 されば ¬しょ¼ のしゃくといまのしゃくと、 をのをのいちあらわすなり。

念仏といふ、 専する↢弥陀仏みな」 といふは、 かみぎょうあり、 一にはじょうさん、 二には念仏ねんぶつ約束やくそくせしなかに、 じょうさんはすでにあかしをはりぬ、 このもんより念仏ねんぶつをあかすといふなり。 これすなはち 「望仏もうぶつ本願ほんがん (散善義) といへる本願ほんがんたいなり。

一 「せば↣法花たるが↡三説うへ↡。 若くは↢三説↡者、 何はさん↢法華第一なることを」 といふは、 天臺てんだいのこゝろ、 今当こんとう三説さんせつのなかにをきて ¬ほっ¼ 第一だいいちなりといふことなり。

かの ¬きょう¼ (法華経巻一〇) の 「ほっぼん」 のもんに、 「所説諸経しか↢此↡法花最第一」 といひ、 「已説・今説・当説、 しか↢其此法花経最↢難↠信しと↟解」 といへる、 これなり。

一 「定散諸善↠測」 といふ以下いげは、 かさねてじょうさんしょうたんじて、 しかもぞくせざることをあらはし、 念仏ねんぶつはかのぜんにすぐれたるがゆへにぞくほうたることを釈成しゃくじょうするなり。

まずじょうさんさんずるに種種しゅじゅやくをいだせり。 「依正之観懸↠鏡而照臨」 といふは、 じょには 「ること↠見こと↢彼清浄国土↡、 如くす↪執りて↢明鏡みづかるが↩面像 (観0972経) といひ、 正宗しょうしゅうには 「如↧於みづかるが↦面像 (観経) ととくがごとき、 これなり。

往生之願して↠掌而速疾なり」 というは、 かんには 「↢八十億劫生死之罪↡、 捨てゝ↠身他世必生↢彼 (観経) といひ、 花座けざかんには「滅↢除五万劫生死之罪↡、 必定して↠生↢極楽世界」 といひ、 真身しんしんかんには 「捨身他世↢諸仏まへ」 といへるがごとき、 これなり。 ひつじょうといふはたなごころをさすなり。 捨身しゃしんといひ、 命終みょうじゅうといふは速疾そくしつなり。 しょうをへざるがゆへなり。

ひは一観のぞ多劫之悪あやまり」 といふは、 すなはちひくところのかん宝楼ほうろう花座けざとうにとくところの滅罪めつざいやくなり。 そのほか像観ぞうかん観音かんのんせいとうかんにもこれをとけり。

ひは具憶こうたり↢三昧之勝利」 というは、 かんには 「つれば↢三昧↡、 見こと↢彼国地↡、 了々ぶんみょうなり」 といひ、 像観ぞうかんには 「↢現身↢念仏三昧」 とゝくがごとき、 これなり。

一 「るにひて↢観仏等↡不るは↠修念仏↡、 くは↠乖くのみに↢弥陀本願↡、 くは↢釈尊付属↡。 行者宜商量」 といふは、 かみに観仏かんぶつやくをときつれども、 つゐにいまけつじょうするに、 一向いっこう称名しょうみょうのほかをまじふべからざるをのぶるなり。 これまっ下機げきのためなり。

一 「散善の、 有↢大乗持戒行↡」 といふ已下いげは、 散善さんぜんのなかにをきて、 ことに0973ヶのぎょうたんじて、 しかもまたぞくぎょうにあらざることをあらはし、 念仏ねんぶついちぎょうの、 しゃくそんぞくほう弥陀みだせんじゃく本願ほんがんなることをしめして、 一向いっこうせんしょうとくさんずるなり。

ヶのぎょうをあげをはりてさんずるもんに、 「これら行殆をさ↢念仏↡。 つらつらぬれば↢経こゝろ者、 ↧以↢此諸行↡付属流通↥。 唯以↢念仏一行↡即使↤付↢属流↣通後世」 といへり。 これ散善さんぜんなかヶのぎょうみなしゅしょうぎょうなりとへども、 念仏ねんぶつにをよぶべからざるけっするなり。

一 「釈尊↣付↢属したまは諸行↡者、 即ざるが↢弥陀本願↡之ゆへ」 といふ已下いげは、 しゃくそんじょうさんはいして念仏ねんぶつぞくするゆへをしゃくし、 しょうしょぎょうはいして念仏ねんぶつりゅうするよしをあかして、 しょぎょうきょう相応そうおうせざるむねをあらはし、 念仏ねんぶつほう相応そうおうせることをあげ、 しょぎょう念仏ねんぶつとを相対そうたいして重々じゅうじゅうしょうれつあかすなり。

これすなはちかの 「是語ぜごしゃそくりょう寿じゅぶつみょう (観経) 釈成しゃくじょうし、 「一向いっこうせんしょう弥陀みだぶつみょう (散善義) けつりょうするなり。

 

底本は龍谷大学蔵室町時代初期書写本。 ただし訓(ルビ)は対校註を参考に有国が補完したものˆ表記は現代仮名遣いにしているˇ。