仏説無量清浄平等覚経 巻第四

後漢月氏国三蔵支婁迦讖訳

 

【23】ぶついつさつらにげたまはく、 なんぢらこのにおいて、 よくみづからこころせいこころただしくして、 あくをなさざれば、 これを大徳だいとくぜんとなし、 すべて八方はっぽうじょうさいとなりてならびあることなし。 ゆゑはいかん。 八方はっぽうじょう央数おうしゅ仏国ぶっこくのなかの諸天しょてん人民にんみんは、 みなねんぜんをなしておおきにあくをなさざればきょうしやすければなり、

仏告タマハク↢阿逸菩薩等↡、若曹於↢是↡、能↠心クシテ↠意、身レバ↠作↠悪者、是↢大徳↡、都リテ↢八方上下↡無↠有コト↠比。所以者何。八方上下無央数仏国諸天・人民、皆自然↠善レバ↢大↟悪レバナリ↢教化↡、

いまわれこのけんにおいてぶつとなる。 あくつうしょうのなかにおいてぶつとなることもつともはげしとなす。 人民にんみんきょうして、 あくたしめて、 つうらしめ、 しょうらしめ、 そのこころごうして、 ぜんたもちその福徳ふくとく度世どせちょう寿じゅ泥洹ないおんどうしむ。

今我於↢是世間↡為↠仏。於↢五悪・五痛・五焼之中↡作コト↠仏↢最シト↡。教↢語人民↡、令↢五悪↡、令↠去↢五痛↡、令↠去↢五焼↡、降↢化↡、令メム↧持↢五善↡得↦其福徳・度世・長寿・泥洹之道↥。

ぶつのたまはく、 なんらをかあくとなし、 なんらをかつうとなし、 なんらをかしょうのなかのものとなす。 なんらをかあくしょうしてぜんたもたしむものとなす。 なんらをかぜんたもちてその福徳ふくとくちょう寿じゅ度世どせ泥洹ないおんどうとなすと。

仏言、何等ヲカ↢五悪↡、何等ヲカ↢五痛↡、何等ヲカ↢五焼者↡。何等ヲカ↧消↢化五悪↡令メム↠持↢五善↡者↥。何等ヲカスト↧持↢五善↡得↦其福徳・長寿・度世・泥洹之道↥。

【24】ぶつのたまはく、 その一悪いちあくとは、 諸天しょてん人民にんみんよりしもきんじゅうけん蠕動ねんどうたぐいいたるまで、 衆悪しゅあくをなさんとほっしてつよきものはよわきをぶくし、 うたたあひ剋賊こくぞくし、 おのづからあひせっしょうしてたがひに食噉じきだんす。

仏言、其一悪者、諸天・人民ヨリ下至マデ↢禽獣・蜎飛蠕動之類↡、欲↠為サムト↢衆悪↡強↠弱キヲ、転剋賊、自殺傷更相食噉

ぜんをなすことをらず、 あくぎゃくどうにしてその殃罰おうばつく。 どうねんにしてまさにきて趣向しゅこうすべし。

不↠知↠為コトヲ↠善、悪逆不道ニシテ↢其殃罰↡。道之自然ニシテ↢往趣向↡。

じんみょう記識きししてこれをおかさばゆるさず、 うたたあひつづく。 ゆゑにびんせん乞丐こつがいどくなるものあり。 ひとろうもうおん愚痴ぐち弊悪へいあくなるものありて、 しもおうきょうにして及逮およばざるたぐいあり。 そのそんごう高才こうざいみょうだつ智慧ちえゆうみょうなるものあるは、 みなそのぜん宿命しゅくみょうぜんをなしきょうにしておんとくほどこせるがゆゑなり。

神明記識↠之不↠貰、転。故↢貧窮・下賎・乞丐・孤独ナルモノ↡。人↢聾・盲・瘖瘂・愚痴・弊悪ナルモノ↡、下↧尫ニシテ↢及逮↡之属↥。其ルハ↢尊貴・豪富・高才明達・智慧勇猛ナルモノ↡、皆其前世宿命↠善慈孝ニシテ↠恩セルガ↠徳ナリ

かん王法おうぼう牢獄ろうごくあれども、 おそつつしむことをがえんぜずしてあくをなせばほうりてそのちゃくく。 じゅうばついたりてはげしくして、 だつもうすれどもしゅつすることをがたし。 こんにこれありて目前もくぜん現在げんざいし、

ドモ↢官事王法牢獄↡、不シテ↠肯↢畏ムコトヲ↡作↠悪↠法↢其過讁↡。重罰致クシテ、求↢望ドモ解脱↡難↠得↢度出コトヲ↡。今世↠是目前現在

寿いのちおわりてもつともはげし。 そのようみょうり、 けてまたしょうず。 たとへば王法おうぼうぎゃくごくぎょうのごとし。

寿終。入↢其窈冥↡、受↠身。譬↢王法劇苦極↡。

ゆゑにねんないきんじゅう薜荔へいれいけん蠕動ねんどう類属るいぞくあり。 しんぎょう貿へ、 あくあらためてどうへ、 寿じゅみょうたんじょうあり。 魂神こんじん命精みょうしょうねんしゅりてかたちたいりて、

↢自然犁・禽獣・薜荔・蜎飛蠕動之類属↡。貿↢身形↡、改↠悪↠道、寿命短長アリ。魂神命精、自然↠趣↠形↠胎

まさにひとかふも、 あひしたがひともにしょうずべく、 うたたあひほうしょうしてまさにあひ還復げんぶくすべし。 殃悪おうばつちゃくばつしゅいまだきざれば、 つひにはなるることをずして、 そのなかに展転てんでんして、 世々せせ累劫るいこうにもづるあることなく、 だつがたし。 いたみいふべからず。

↢独フモ、相↡、転報償↢相還復↡。殃悪・讁罰、衆事未レバ ↠尽、終シテ↠得↠離コトヲ、展↢転↡、世世累劫ニモ↠有コト↢出期↡、難↠得↢解脱↡。痛不↠可↠言

てんのあひだにねんにこれあり。 ときのぞみてにはかにいたときおうぜずといへども、 つねにねんどうりて、 みなまさに善悪ぜんあくこれにすべし。

天地之間自然↠是。雖↠不↢臨↠時卒暴↟時↢自然之道↡、皆当↢善悪帰↟之

これをひとつの大悪だいあくとなし、 ひとつのつうとなし、 ひとつのしょうとなす。 ごんかくのごとくして、 しゅうどくしゃすべし。 たとへばぎゃくおこりて人身にんじんくがごとし。

↢一大悪↡、為↢一↡、為↢一↡。勤苦如クシテ↠是、愁毒呼嗟スベシ。比↣劇火↢人身↡。

ひとよくみづからそのなかにおいて、 一心いっしんこころせいただしくしおこなひをただしくして、 ひと諸善しょぜんをなし衆悪しゅあくをなさざれば、 ひとだつして、 その福徳ふくとくちょう寿じゅ度世どせじょうてん泥洹ないおんどうべし。 これをひとつの大善だいぜんとなすと。

人能↢其↡、一心↠意シクシ↠身クシテ↠行、独↢諸善↡不レバ↠為↢衆悪↡者、身独度脱、得↢其福徳↡、可↠得↢長寿・度世・上天・泥洹之道↡。是スト↢一大善↡。

【25】ぶつのたまはく、 そのあくとは、 けん帝王たいおうちょう人民にんみん父子ぶしきょうだいしっふう、 ほぼ義理ぎりなくして政令しょうりょうしたがはず、 うたたいんじゃくきょうまんにしておのおのこころこころよくせんとほっし、 しんざいにして、 たがひに調じょうし、 ことおそれず。 しんおのおのことにして言念ごんねんまことなく、 にょうてんにしてちゅうならず、 諛媚ゆみぎょうにしておこなたんじょうならず。 たがひにねたにくみ、 うたたあひざんして悪枉あくおうかんにゅうす。

仏言、其二悪者、世間帝王・長吏・人民・父子・兄弟・室家・夫婦、略クシテ↢義理↡不↠従↢政令↡、転淫奢憍慢ニシテ↠快クセムト↠意、恣心自在ニシテ、更相欺調、殊不↠懼↠死。心口各ニシテ言念無↠実、佞諂ニシテ不↠忠ナラ諛媚巧辞ニシテ不↢端正ナラ↡。更相、転讒悪陥↢↡。

しゅじょうあきらかならずこころあきらかにらさずしてしん任用にんようす、 しん存在ぞんざいしてみてよくおこなひそのぎょうせいりて、 くらいにありてただしからざれば、 その調じょうするところとなりてみだりに忠良ちゅうりょうえんじ、 天心てんしんあたらずしてはなはだどうす。

主上不↠明カナラ心不シテ↢察↡任↢用臣下↡、臣下存在↠度↢其形勢↡、在↠位レバ↠正カラ、為リテ↢其↟調↢忠良↡、不シテ↠当↢天心↡甚↢道理↡。

しんはそのくんあざむき、 はそのちちあざむき、 おとうとはそのあにあざむき、 つまはそのおっとあざむき、 しっちゅうしきはあひぎておのおの貪淫とんいんしんいだき、 ひとしん蒙聾もうろう愚痴ぐちにして、 ますますおおくあらんことをほっす。 そんじょうおとことなくおんなとなく、 だいとなくしょうとなく、 こころともにおなじくしかなり。

↢其↡、子↢其↡、弟↢其↡、婦↢其↡、室家・中外・知識↢貪淫↡、独恚怒・蒙聾・愚痴ニシテ↢益ムコトヲ↡。尊卑・上下無↠男↠女、無↠大↠小、心倶ナリ

みづからおのれをあつくせんとほっし、 いえやぶほろぼして、 ぜんしつ親属しんぞくねんせず、 これによりてやからやぶる。

↢自セムト↟己、破↠家↠身、不↣顧↢念前後・家室・親属↡、坐↠之↠族

あるときちゅうないしきほうごうとう市里じりみん、 うたたともにじゅうし、 たがひにがいして銭財ぜんざいあらそたたかひ、 忿ふんしてあだをなして、 うたたしょうあらそふ。

或時家中・内外・知識・朋友・郷党・市里・愚民、転従事、更相利害↢銭財↡闘、忿怒、転↢勝負↡。

とみおしこころこがして施与せよすることをがえんぜず、 専々せんせんしゅしゃくし、 たからあいしてむさぼおもんず。 これによりてねんこころろうくるしむ。

↠富↠心不↠肯↢施与コトヲ↡、専専守惜、愛↠宝。坐↠之思念心労身苦

かくのごとくにしておわるにいたり、 恃怙じこするところなし。 ひときたひとりてひとりとしてしたがふものなし。 善悪ぜんあくふくおうちゃくばつみょうひてしょうずるところなり。 あるいは楽処らくしょにありあるいはどくる。 しかうしてのちにすなはちゆともまさにまたなんぞおよぶべし。

ニシテ↠是↠竟ルニ、無↠所↢恃怙↡。独↢一トシテ者↡。善悪禍福・殃咎・讁罰追ナリ↠生。或↢楽処↡或↢毒苦↡。然シテトモ↢復何↡。

あるときにんしんしょうにして、 ぜんてはほうしてこれをいかり、 したしたがふことをがえんぜず。 ただあくをなさんとほっしてみだりにほうをなし、 ただ盗窃とうせつほっしてつねに毒心どくしんいだき、 にん財物ざいもつんとほっしてもちゐてみづからにきゅうし、 しょうさんじんつくしてまたしゃくす。 邪心じゃしんにしてただしからず、 つねにひと恐怖くふしてひとることあらんことをおそる。 ときのぞみてはからず、 いたりてすなはちゆ。

或時世人、愚心少智ニシテ、見↠善誹謗↠之、不↠肯↢慕コトヲ↡。但欲↠為ムト↠悪↢非法↡、但欲↢盗窃↡常毒心↡、欲↠得ムト↢他人財物↡用ヰテラニ供給、消散摩尽ツクシ復求索。邪心ニシテ不↠正カラ、常恐怖↢人ムコトヲシルコト。臨↠時不↠計、事至

こんげんちょう牢獄ろうごくありて、 ねん趣向しゅこうしてそのおうく。 けんびん乞丐こつがいどく、 ただぜん宿命しゅくみょう道徳どうとくしんぜずしてぜんをなすことをがえんぜざるによりて、 こんあくをなす。 天神てんじんじゃくわかち、

今世↢長吏・牢獄↡、自然趣向↢其殃咎↡。世間貧窮・乞丐・孤独、但坐↧前世宿命シテ↠信↢道徳↡不ルニ↞肯↠為コトヲ↠善、今世↠悪。天神別↠籍

寿いのちおわりて悪道あくどうる。 ゆゑにねんないきんじゅう薜荔へいれいけん蠕動ねんどうたぐいあり。 そのなかに展転てんでんして世々せせ累劫るいこうにもづるあることなく、 だつがたし。 いたみいふべからず。

寿終↢悪道↡。↢自然犁・禽獣・薜荔・蜎飛蠕動之類↡。展↢転↡世世累劫ニモ↠有コト↢出期↡、難↠得↢解脱↡。痛不↠可↠言

これをふたつの大悪だいあくふたつのつうふたつのしょうとなす。 ごんかくのごとくにして、 たとへばおこりて人身にんじんくがごとし。

↢二大悪・二痛・二↡。勤苦如ニシテ↠是、比↣火↢人身↡。

ひとよくみづからそのなかにおいて一心いっしんこころせいただしくしおこなひをただしくして、 ひと衆善しゅぜんをなし衆悪しゅあくをなさざれば、 ひとだつして、 その福徳ふくとくて、 ちょう寿じゅ度世どせじょうてん泥洹ないおんどうべし。 これをふたつの大善だいぜんとなすと。

人能↢其↡一心↠意クシ↠身クシテ↠行、独衆善↡不レバ↠為↢衆悪↡者、身独度脱、得↢其福徳↡、可↠得↢長寿・度世・上天・泥洹之道↡。是スト↢二大善↡。

【26】ぶつのたまはく、 その三悪さんあくとは、 けん人民にんみんしょうしあひよりともによりて、 てんのあひだにす。 処年しょねん寿じゅみょう、 よくいくばくのとしもなし。 いたりてはごうなるもの・げんみょう善人ぜんにんあり、 しも貧賎びんせん尫羸おうるいしゃあり。 なかにりょうひとありて、 ただ毒悪どくあくねんして身心しんしんただしからず、

仏言、其三悪者、世間人民、寄生、居↢天地之間↡。処年寿命、无↢能↡。至テハ↢豪ナル者・賢明・善人↡、下↢貧賎・尫羸・愚者↡。中↢不良之人↡、但懐↢念毒悪↡身心不↠正カラ

つねに婬泆いんいつねんじてわずら胸中きょうちゅうつ、 愛欲あいよく交錯きょうしゃくして坐起ざきやすからず、 とんけんじゃくにしてただいたづらにんことをほっす。 細色さいしき眄睞めんらいして悪態あくたい婬泆いんいつし、 つまあれどもいとにくみてひそかにみだりに出入しゅつにゅうし、 いえしょちてあひけっしてをなし、 じゅ飲食おんじきしてみづからともにあくをなす。

↢婬泆↡煩↢胸中↡、愛欲交錯坐起不↠安カラ、貪意慳惜ニシテ但欲↢唐ムコトヲ↡。眄↢睞細色↡悪態婬泆、有ドモ↠婦出入、持↢家所有↡相↠非、聚会飲食↠悪

ひょうおこぞくをなしてしろ格闘かくとうし、 劫殺ごうせつ截断ぜつだんして強奪ごうだつどうなり。 ひと財物ざいもつちゅうせつしてにはかにれどもしょうすることをがえんぜず、 まさにもとむべきところのものこれをなすことをがえんぜず、 悪心あくしんほかにありては、 もつぱらなすことあたはず、 よくしてをなしせいはくきょうし、 かえりてはいえきゅうしてともにあひしょうかつす。 こころをほしいままにしこころこころよくしてきわらくをなす。 にんにょぎょうらんし、 あるいはその親属しんぞくにおいてそんちょうろうけず。 しゅともにぞうし、 しつちゅううれひてこれにくるしむ。

↠兵↠賊↠城格闘、劫殺截断強奪不道ナリ。取↢人財物↡偸窃ドモ不↠肯↢治生コトヲ↡、所↠当↠求者不↠肯↠為コトヲ↠之、悪心在テハ↠外、不↠能↢専コト↡、欲↠事恐勢迫脅、持テハ↠家生活。恣ニシ↠心クシテ↠意↠身↠楽行↢乱他人婦女↡、或↢其親属↡不↠避↢尊卑・長老↡。衆共憎悪、家室・中外患ヒテ而苦↠之

また県官けんかんほうりょうおそれず、 ろくくるところなし。 かくのごときあくねん牢獄ろうごくあり、 日月にちがつしょうじんみょうしゅして諸神しょじん摂録せつろくす。

亦復不↠↢県官法令↡、無↠所↠避↠録。如↠是之悪、自然牢獄アリ、日月照識神明記取諸神摂録

ゆゑにねんないきんじゅう薜荔へいれいけん蠕動ねんどうたぐいあり。 そのなかに展転てんでんして世々せせ累劫るいこうにもづるあることなく、 だつがたし。 いたみいふべからず。

↢自然犁・禽獣・薜荔・蜎飛蠕動之類↡。展↢転↡世世累劫ニモ↠有コト↢出期↡、難↠得↢度脱↡。痛不↠可↠言

これをつの大悪だいあくつのつうつのしょうとなす。 ごんかくのごとくにして、 たとへばおこりて人身にんじんくがごとし。

↢三大悪・三痛・三↡。勤苦如ニシテ↠是↣火↢人身↡。

ひとよくみづからそのなかにおいて一心いっしんこころせいただしくしおこなひをただしくして、 ひと衆善しゅぜんをなし衆悪しゅあくをなさざれば、 ひとだつして、 その福徳ふくとくちょう寿じゅ度世どせじょうてん泥洹ないおんどうべし。 これをつの大善だいぜんとなすと。

人能↢其↡一心↠意クシ↠身クシテ↠行、独衆善↡不レバ↠為↢衆悪↡者、身独度脱、得↢其福徳↡、可↠得↢長寿・度世・上天・泥洹之道↡。是スト↢三大善↡。

【27】ぶつのたまはく、 そのあくとは、 もろもろの悪人あくにんぜんをなすことあたはずしてみづからあひはいし、 うたたあひ教令きょうりょうしてともに衆悪しゅあくつくり、 しゅとして伝言でんごんをなすに、 ただりょうぜつあっごんもうほっし、 あひねたみてたがひに闘乱とうらんす。

仏言、其四悪者、悪人不シテ↠能↠作コト↠善壊敗、転教令↢衆悪↡、主トシテスニ↢伝言↡、但欲↢両舌・悪口・罵詈・妄語↡、相更相闘乱

善人ぜんにん憎嫉ぞうしつ賢善げんぜんはいしてかたわらにおいてあくよろこぶ。 また父母ぶも孝順きょうじゅんようせず、 師父しぶしききょうしてしんなくじょうじつがたし。 みづからそんにしてどうありといひて、 よこさま威武いぶぎょうじて捲力けんりきいきおひをくわへ、 侵剋しんこくしてひとあなどりみづからあくをなすとることあたはず、 みづからしゅうざんすることなく、 ようごんにしてひとをしてじょうきょうせしむ。

憎↢嫉善人↡敗↢壊賢善↡於↠傍↠悪。復不↤孝↢順供↣養父母↡、軽↢易師父・知識↡無↠信難↠得↢誠実↡。自↢尊貴ニシテリト↟道、横↢威武↡加捲力勢↡、侵剋アナド↠人不↠能↢自コト↟為スト↠悪↢自羞慚コト↡、自用頗健ニシテ↢人ヲシテ承事敬畏↡。

またてんじんみょう日月にちがつきょうせず、 またぜんをなすことを教令きょうりょうすべからず、 ごうすべからず。 よう偃蹇えんけんにして、 つねにまさにしかなりとおもへり。 またあいしんなく、 また恐懼くいらずして、 恣意しいきょうまんなることかくのごとし。

復不↣敬↢畏天地・神明・日月↡、亦不↠可↣教↢令コトヲ↟善、不↠可↢降化↡。自用偃蹇ニシテ、謂ヘリ↢常ナリト↡。亦復無↢憂哀心↡、亦不シテ↠知↢恐懼↡、恣意憍慢ナルコト↠是

天神てんじん記識きしす。 そのぜん宿命しゅくみょうにすこぶる福徳ふくとくをなすによりて、 しょうぜんしょうようしてこれをたすくるも、 こんあくをなして福徳ふくとくじんし、 もろもろのぜんじんおのおのりてこれをはなれ、 ひとりむなしくちてまたよるところなく、 おもおうちゃくけて、

天神記識。頼↣其前世宿命↢福徳↡、小善扶接営護ルモ↠之、今世↠悪福徳尽、諸善鬼神各↠之、身独↠所↢復依↡、受↢重↡、

寿じゅみょうおわるときあくめぐしてねん迫促はくそくす。 まさにきて追逐ついちくしてそくすることをざるべし。 ねん衆悪しゅあくともにおもむきこれにいたる。

寿命終トキ悪繞自然迫促。当↢往追逐↟得↢止息コトヲ↡。自然衆悪共イタ

それ名籍みょうじゃくじんみょうところにあることありて、 おう引牽いんけんしまさに相得そうとくすべし、 まさにきて趣向しゅこうすべし。 とがちゃくばつ身心しんしんざいさいし、 じんぎょうごくして、 きゃくすることをず。 ただすすみてきてかくることを。 このときあたりてゆともまたなんのやくかあらん。 まさにまたなんぞおよぶべき。 天道てんどうねんにしてでつすることをず。

↣名籍在コト↢神明↡、殃咎引牽↢値相得↡、当↢往趣向↡。受↢過讁罰↡身心摧砕、神形苦極、不↠得↢離却コトヲ↡。但得↣前コトヲ↢於火鑊↡。当↢是↡悔トモ復何カアラム。当↢復何↡。天道自然ニシテ不↠得↢蹉跌コトヲ↡。

ゆゑにないきんじゅう薜荔へいれいけん蠕動ねんどうたぐいあり。 そのなかに展転てんでんして世々せせ累劫るいこうにもづるあることなく、 だつがたし。 いたみいふべからず。

↢泥犁・禽獣・薜荔・蜎飛蠕動之属↡。展↢転↡世世累劫ニモ↠有コト↢出期↡、難↠得↢解脱↡。痛不↠可↠言

これをつの大悪だいあくつのつうつのしょうとなす。 ごんかくのごとくにして、 たとへばおこりて人身にんじんくがごとし。

↢四大悪・四痛・四↡。勤苦如ニシテ↠是、比↣火↢人身↡。

ひとよくそのなかにおいて一心いっしんこころせいただしくしおこなひをただしくして、 ひと衆善しゅぜんをなし衆悪しゅあくをなさざれば、 ひとだつして、 その福徳ふくとくちょう寿じゅ度世どせじょうてん泥洹ないおんどうべし。 これをつの大善だいぜんとなすと。

人能↢其↡一心↠意クシ↠身クシテ↠行、独衆善↡不レバ↠為↢衆悪↡者、身独度脱、得↢其福徳↡、可↠得↢長寿・度世・上天・泥洹之道↡。是スト↢四大善↡。

【28】ぶつのたまはく、 そのあくとは、 にん徙倚しいにして、 ぜんをなすことをがえんぜず、 しょうすることをおもはず、 さいかんし、 父母ぶももともにしかなり。 してそのおしへんとほっすれば、 その悪心あくしんをもつていからしてごんりょうおうしてせず、 らいほんぎゃくすることにんよりもはげし。 たとへばおんのごとし。 なきにしかず。

仏言、其五悪者、世人徙倚懈ニシテ、不↠肯↠作コトヲ↠善、不シテ↠念↢治生コトヲ↡、妻子飢寒、父母ナリ。欲レバ↣呵ムト↢其↡、其子悪心ヲモテシテ↠目譍↢怒言令↡不↠和、違戻反逆コト↢於野人ヨリモ↡。比↢怨家↡。不↠如↠無キニ↠子。

みだりにあまねくたいしてしゅともにうれいとふ。 もつとも反復ほんぶくすることなし、 ほうしょうしんあることなし。

仮貸衆共。尤コト↡、无↠有コト↢報償之心↡。

びん困乏こんぼうしてまたることあたはずして、 かくかいじょうしほしいままにさんし、 しばしばいたづらにるにならひて、 ようしんきゅうす。 防禁ぼうきんおそれず、 飲食おんじききわまりなくさけきっうまきをたしなみ、 出入しゅつにゅう期度ごどあることなし。 魯扈ろこ抵突たいとつしてにんじょうらず、 めん強制ごうせいして

窮貧困乏シテ↠能↢復得コト↡、辜較諧声放縦遊散ナラヒ↢数ルニ↡、自用賑給。不↠畏↢防禁↡、飲食无↠極↠酒↠美、出入↠有コト↢期度↡。魯扈抵突不↠知↢人情↡、睢眄強制

ひとよろこびあるをては憎嫉ぞうしつしてこれをいかり、 なくらいなく、 よう職当しきとうしてかんぎょうすべからず。 また父母ぶもさい有無うむねんせず。 またつひに父母ぶもとくむくゆることをおもはず、 また師父しぶおんおもはず。 こころにつねにあくねんじ、 くちにつねにあくをいひ、 じょうじゅすることあらず。

↢人憎嫉↠之、無↠義无↠礼、自用職当不↠可↢諌暁↡。亦復不↣憂↢念父母・妻子有無↡。又復不↠念コトヲ↢父母之徳↡、亦復不↠念↢師父之恩↡。心↠悪、口↠悪、日不↢成就コトアラ↡。

道徳どうとくしんぜず、 げんみょうせんしょうあることをしんぜず、 ぜんをなしどうをなせば度世どせべきことをしんぜず、 けんぶつあることをしんぜず。 かんころ比丘びくそうをしてあらそはしめんとほっし、 つねにひところさんとほっし、 父母ぶもきょうだいさいそうしんほうころさんとほっす。 父母ぶもきょうだいさいそうしんほうも、 ぞうしてこれをてはこれをしてせしめんとほっす。 ぶつきょうしんぜず、 ひと寿じゅみょうしゅうじんして後世ごせにまたしょうずることをしんぜず、 ぜんをなせばぜんることをしんぜず、 あくをなせばあくることをしんぜざるなり。

不↠信↢道徳↡、不↠信↠有コトヲ↢賢明・先聖↡、不↠信↢作↠善↠道コトヲ↟得↢度世↡、不↠信↢世間コトヲ↟仏。欲↧殺↢羅漢↡闘シメムト↦比丘僧ヲシテ↥、常↠殺ムト↠人、欲↠殺ムト↢父母・兄弟・妻子・宗親・朋友↡。父母・兄弟・妻子・宗親・朋友、憎悪テハ↠之↠使ムト↢之ヲシテ↡。不↠信↢仏経語↡、不↠信↢人寿命終尽後世復生コトヲ↡、不↠信↢作↠善コトヲ↟善、不ルナリ↠信↢作↠悪コトヲ↟悪

かくのごときらのひとなん女人にょにんしんともにしかなり。 らいほんぎゃくして愚痴ぐち濛澒もうこうなり。 しんよくにしてしきするところなく、 ようぜんにしてだい智慧ちえありとなして、 またじゅうらいするところのしょうして趣向しゅこうするところをらず。 あへてきょうならずしててんあくぎゃくす。 そのちゅうげんにおいてきょうぎょうもうし、 長生じょうしょうてみづから不死ふしんことをほっすれども、 かならずまさにしょうごん善悪ぜんあくどうじゅすべし。 つくるところのあくおうおおおもむき、 だつするをず。 またごうしてぜんをなさしむべからず。

↠是人、男子女人心意倶ナリ。違戻反逆愚痴濛澒ナリ。瞋怒嗜欲ニシテ↠所↢識知↡、自用快善ニシテ↢大智慧アリト↡、亦不↠知↧所↢従来↡生、死↦趣向↥。不シテ↢肯慈孝ナラ↡悪↢逆天地↡。於↢其中間↡求↢望僥倖↡、欲ドモ↧得↢長生ムコトヲ↦不死↥、会↣帰↢就生死勤苦善悪之道↡。身↠作殃咎衆、不↠得↢度脱ルヲ↡。亦不↠可↢降化↟作↠善

しんをもつてきょうし、 しょう善悪ぜんあくおもむくところこれあることを開導かいどうすれども、 またこれをしんぜず。 しかればしんしてともにかたりてだつせしめんとほっすれどもやくなし。 そのひとしんちゅう閉塞へいそくしてこころかいせず、

慈心ヲモテ教語、開↢導ドモ生死善悪所↠趣コトヲ↟是、復不↠信↠之。然レバ苦心ドモ↠令ムト↢度脱↡無↠益。其人心中閉塞意不↢開解↡、

だいみょうまさにいたらんとするに、 ときいたりてみなゆ。 そののちにすなはちゆれどもまさにまたなんぞおよぶべき。 あらかじめぜんせずしてきわまるにのぞみてなんのやくかあらん。

大命将ルニ↠至ムト、至↠時皆悔。其ドモ↢復何↡。不シテ↢予↟善↠窮ルニカアラム

てんのあひだにどうぶんみょうに、 恢廓かいかくようちょう浩々こうこう茫々もうもうたり。 うたたあひ善悪ぜんあく毒痛どくつうじょうじゅして、 みづからこれにあたりてかわるものあることなし。 どうねんなり、 そのしょぎょうしたがひてみょうひてしょうずるところ、 じゅうしゃすることをず。

天地之間五道分明、恢廓窈窕、浩浩茫茫タリ。転承↢受善悪毒痛↡、身自↠之↠有コト↢代者↡。道之自然ナリ、随↢其所行↠命所↠生、不↠得↢縦捨コトヲ↡。

善人ぜんにんぜんぎょうぜんしたがきょうなれば、 らくよりらくり、 みょうよりみょうる。 悪人あくにんあくぎょうじて、 よりり、 みょうよりみょうる。 たれかよくるものあらん。 ひとぶつけんしたまへるのみ。 人民にんみんきょうしたまへども信用しんようするものはすくなし。 しょうまず、 悪道あくどうえず。 かくのごときのにん、 ことごとくいふべからず。

善人↠善↠善慈孝ナレバ、従↠楽入↠楽、従↠明入↠明。悪人↠悪、従↠苦入↠苦、従↠冥入↠冥。誰アラム。独知見タマヘル耳。教↢語タマヘドモ人民↡信用。生死不↠休、悪道不↠絶。如キノ↠是世人、不↠可↢悉↡。

ゆゑにねんないきんじゅう薜茘へいれいけん蠕動ねんどうたぐいあり。 そのなかに展転てんでんして世々せせ累劫るいこうにもづるあることなく、 だつがたし。 いたみいふべからず。

↢自然泥犁・禽獣・薜茘・蜎飛蠕動之類↡。展↢転↡世世累劫ニモ↠有コト↢出期↡、難↠得↢解脱↡。痛不↠可↠言

これをいつつの大悪だいあくいつつのつういつつのしょうとなす。 ごんかくのごとし、 たとへばおこりて人身にんじんくがごとし。

↢五大悪・五痛・五焼↡。勤苦如↠是、比↣火↢人身↡。

ひとよくみづからそのなかにおいて一心いっしんこころせいただしくしおこなひをただしくして、 ごんぎょうあひかなひてなすところじょうかたるところことばのごとくして、 しんてんぜずしてひと衆善しゅぜんをなし衆悪しゅあくをなさざれば、 ひとだつして、 その福徳ふくとくちょう寿じゅ度世どせじょうてん泥洹ないおんどうべし。 これをいつつの大善だいぜんとなす。

人能↢其↡一心↠意クシ↠身クシテ↠行、言行相カナヒ所↠作至誠所↠語クシテ↠語、心口不シテ↠転衆善↡不レバ↠為↢衆悪↡者、身独度脱、得↢其福徳↡、可↠得↢長寿・度世・上天・泥洹之道↡。是スト↢五大善↡。

【29】ぶついつさつらにげたまはく、 われみななんぢらにかたる、 このあくごんかくのごとし。 つうおこさしめしょうおこさしめて展転てんでんしてあひしょうず、

仏告タマハク↢阿逸菩薩等↡、我皆語↢若曹↡、是五悪勤苦如↠是。令↠起↢五痛↡令メテ↠起↢五焼↡展転

けん人民にんみんぜんをなすことをがえんぜずして衆悪しゅあくをなさんとほっす。 あへてこのもろもろのあくおかすことあるものは、 みなことごとくねんにまさにかはるがはるともに悪道あくどうのなかにるべし。

世間人民不シテ↠肯↠為コトヲ↟善↠作ムト↢衆悪↡。敢↠犯コト↢此悪事↡者、皆悉自然↢悪道↡。

あるいはそれこんにはまづびょうおうこうむりてしょうず。 しゅしめしてこれをしむ。 寿いのちおわりてはごくだいしゅにゅうし、 しゅうつう酷毒こくどくし、 みづからあひしょうねんしてうたたあひしょうめつするなり。

今世ニハ↢病殃↡死不↠得。示↠衆シム↠之。寿終テハ趣↢入至極大苦↡、愁痛酷毒、自燋然焼滅ルナリ

そののちいたりてともにおんとなりてたがひにしょうせつす。 しょうよりおこりてだいこんぎゃくいたる。 みな財色ざいしき貪淫とんいんしあへて忍辱にんにくして施与せよせざるによりてなり。 おのおのみづからこころよくせんことをほっして、 またこくちょくあることなく、 ごんみょうんことをほっすれども、 よくせまるところとなり、 こころしたがひてそうし、 ることあたはず。 いきどおりを胸中きょうちゅうむす財色ざいしき縛束そくばくせられ、 だつすることあることなし。

↢其↡共↢怨家↡更相傷殺。従↢小微↡起↢大困劇↡。皆従テナリ↧貪↢淫財色↡不ルニ↦肯忍辱施与↥。各↢自クセムコトヲ↡、無↣復有コト↢曲直↡、欲ドモ↠得ムコトヲ↢健名↡、為↢痴欲↟迫、随↠心思想、不↠能↠得コト也。結↢憤胸中↡財色縛束ラレテ、无↠有コト↢解脱コト↡。

厭足えんそくらずして、 おのれをあつくしよくあらそひてしょうろくするところなし。 すべて義理ぎりなくしょうどうしたがはず。 ようなれどもときあたりてこころこころよくし、 忍辱にんにくすることあたはず、 ぜんほどこすことをらず。 せいいくばくもなくしてあくみょうしたがひてこがし、 ろうしてひさしくしてのちおおきにはげし。

シテ↠知↢厭足↡、厚クシ↠己↠欲↠所↢省録↡。都↢義理↡不↠随↢正道↡。富貴栄華ナレドモ↠時クシ↠意、不↠能↢忍辱コト↡、不↠知↠施コトヲ↠善。威勢无シテ↠幾↢悪名↠身、坐↢労苦↡久クシテ

ねん随逐ずいちくしてけやむことあることなし。 王法おうぼうちょうしてねんきゅうし、 じょう相応そうおうしてもうこう々げいげい忪々しゅじゅとしてまさにそのなかにるべし。 こんにこれあり。 いたましきかな、 いたむべし。

自然随逐↠有コト↢解コト↡。王法施張自然糺挙、上下相応羅網綱紀、忪忪トシテ↠入↢其↡。古今↠是。痛シキ哉、可↠傷

ぶついつさつらにかたりたまはく、 もしにこれあらんに、 ぶつみなねんしてこれをあわれみ、 じんをもつて衆悪しゅあくしょ摧動さいどうし、 みなこれをしょうしたまふ。 あくりてぜんしょえんしてきょうかい奉持ぶじすることをしめ、 きょうぼうじょうぎょうせざるはなく、 あへて度世どせ無為むい泥洹ないおんどうぜん極楽ごくらくにしてじんみょうごくなるをしつせずと。

仏語タマハク↢阿逸菩薩等↡、若ムニ↠是、仏皆慈愍↠之、威神ヲモテ摧↢動衆悪諸事↡、皆消↢化タマフ↡。令↠得↧去↠悪↠善棄↢捐所思↡奉↦持コトヲ経戒↥、莫↠不ルハ↤承↢施↣行経法↡、不↣敢違↢失度世・無為・泥洹之道快善極楽ニシテ甚明无極ナルヲ↡。

ぶつのたまはく、 なんぢら諸天しょてん帝王たいおう人民にんみんおよび後世ごせひとぶつきょうてつらつらこれをゆいして、 よくみづからそのなかにおいてこころただしくしおこなひをただしくすべし。

仏言、若曹諸天・帝王・人民及後世人、得↢仏経語↡熟思↢惟↡、能↢其↡端クシ↠心クスベシ↠行

そのしゅじょうぜんをなしそのしもそっけんして、 人民にんみんきょうしうたたあひ敕令ちょくりょうし、 うたたともにぜんをなしうたたあひだつせよ。 おのおのみづからただしくまもにん愍哀みんあいして、 しゅうしんおこたらざれ。 しょうとうときょううやま通洞つうどう博愛はくあいにして、 ぶつ教令きょうりょうはあへて虧負きぶすることなく、 まさにうれへて度世どせ泥洹ないおんどうたるべし。 まさにうれへてしょう痛痒つうよう断截だんぜつあく根本こんぽんくべし。 まさにうれへてないきんじゅう薜茘へいれいけん蠕動ねんどうたぐいあっどう断絶だんぜつすべし。 まさにぶっつとめてかたきょうどうたもちてあへてしっすることなかるべしと。

上為↠善率↢化撿↣御↡、教↢語人民↡転敕令、転↠善度脱。各慈仁愍哀、終身不オコタ。尊↠聖↠孝通洞博愛ニシテ、仏語教令↢敢虧負コト↡、当↢憂度世・泥洹之道タル↡。当↧憂断↢截生死痛痒↡抜↦悪根本↥。当↣憂断↢絶泥犁・禽獣・薜茘・蜎飛蠕動之類悪苦之道↡。当シト↢仏世↡堅↢経道↡無カル↦敢コト↥也。

ぶつのたまはく、 なんぢらまさにぜんをなすべきものはいかん、 第一だいいちきゅうにまさにみづからただしくすべし、 まさにみづからこころただしくすべし、 まさにみづからただしくすべし、 まさにみづからみみただしくすべし、 まさにみづからはなただしくすべし、 まさにみづからくちただしくすべし、 まさにみづからただしくすべし、 まさにみづからあしただしくすべし。 よくみづから撿斂けんれんしてみだりにどうすることなく、 身心しんしんじょうけつにしてともによく相応そうおうし、 ちゅう約束やくそくしてよくしたがふことなく、 諸悪しょあくおかさざれ。

仏言、若曹当↠作↠善云何、第一急↢自クス↟身、当↢自クス↟心、当↢自クス↟目、当↢自クス↟耳、当↢自クス↟鼻、当↢自クス↟口、当↢自クス↟手、当↢自クス↟足。能↢妄動作コト↡、身心浄潔ニシテ相応、中外約束↠随コト↢嗜欲↡、不↠犯↢諸悪↡。

言色ごんしきつねにす。 しんぎょうまさにせんなるべし。 ぎょう坐起ざきどうぜず、 をなさばなすところまさにまづつらつらりょしてこれをはかるべし。 才能ざいのうたくし、 えんせんし、 あんじょうにしておもむろにこれを作為さいすべし。 をなすこと倉卒そうそつにして、 あらかじめじゅくせずしてこれをなしてあきらかならざればその功夫くふうしなふ。 はいのちにあればいたづらにくるしみてほろぼす。 じょうちゅうしんにしてどうぜっすべしと。

言色。身行当↠専ナル。行歩坐起不↠動、作↠事所↠為↢先思慮↟之。揆↢度才能↡、視↢瞻円規↡、安定ニシテ作↢為ベシ↡。作コト↠事倉卒ニシテ、不シテ↢予熟計↡為↠之レバ↠諦ナラ↢其功夫↡。敗悔在↠身。至誠忠信ニシテ↠道絶去ベシト

ぶつのたまはく、 なんぢらここにおいてますます諸善しょぜんをなして、 おんとくほどこしてよく道禁どうきんたず、 忍辱にんにくしょうじん一心いっしん智慧ちえをもつて、 展転てんでんしてまたあひきょうしてぜんをなしとくをなせ。 かくのごときのきょうぼうしん専一せんいつにして、 斎戒さいかい清浄しょうじょうなること一日いちにちいちなれば、 りょう清浄しょうじょうぶつくにぜんをなすことひゃくさいなるにすぐれり。

仏言、若曹於↠是↢諸善↡、布↠恩↠徳不↠↢道禁↡、忍辱・精進・一心・智慧ヲモテ、展転復相教化↠善↠徳。如キノ↠是経法、慈心専一ニシテ、斎戒清浄ナルコト一日一夜ナレバ者、勝レリ↢无量清浄仏↡作コト↠善百歳ナルニ↥。

ゆゑはいかん。 りょう清浄しょうじょうぶつくにはみなとく衆善しゅぜんむこと無為むいねんにしてしゃくするところのごとくありて、 諸悪しょあくおおきさ毛髪もうはつのごとくなるものもあることなければなりと。

所以者何。無量清浄仏皆積コト↢徳衆善↡无為自然ニシテ↠所ノゴトク↢求索↡、無レバナリト↠有コト↣諸悪クナルモノモ↢毛髪↡。

ぶつのたまはく、 ここにおいてぜんをなすことじゅうにちじゅうなれば、 そのふくることほう仏国ぶっこくのなかの人民にんみんぜんをなすこと千歳せんざいなるにすぐれり。

仏言、於↠是コト↠善十日十夜ナレバ者、其コト↠福レリ↢於他方仏国人民コト↠善千歳ナルニ↡。

ゆゑはいかん。 ほう仏国ぶっこくはみなことごとくぜんをなすに、 ぜんをなすものはおおあくをなすものはすくなし、 みなねんのものありて、 求作ぐさぎょうぜずしてすなはちおのづからこれをればなり。

所以者何。他方仏国皆悉スニ↠善、作↠善↠悪、皆有↢自然之物↡、不シテ↠行↢求作↡便バナリ↠之

このけんあくをなすものはおおぜんをなすものはすくなし、 求作ぐさぎょうぜざればることあたはず。 ひとよくみづからただしくせいしてぜんをなし、 しんどうもとむ、 ゆゑによくしかるのみ。 このけんねんなることあることなく、 きゅうすることあたはず、 まさにしゃくぎょうじてごんしてしょうすべし。 うたたあひだい調じょうしてあくこのみ、 その財物ざいもつさいきゅうす。 どくくらこころろうくるしむ。 かくのごとくにしていたおわるに、 しんせんならずしゅうせんとしてやすからず。

↠悪↠善、不レバ↠行↢求作↡不↠能↠得コト也。人能↠善、至心↠道、故耳。是↠有コト↢自然ナルコト↡、不↠能↢自給コト↡、当↧行↢求索↡勤苦治生↥。転調作↠悪、得↢其財物↡帰↢給妻子↡。飲↠苦↠毒↠心↠身。如ニシテ↠是ルニ、心意不↠専ナラ周旋トシテ不↠安カラ

ひとよくみづからあんじょうにしてぜんをなししょうじんしてとくをなす、 ゆゑによくしかるのみと。

人能安静ニシテ↠善精進↠徳、故

ぶつのたまはく、 われみななんぢらおよび諸天しょてん帝王たいおう人民にんみんあわれみて、 みなおしへて諸善しょぜんをなし衆悪しゅあくをなさざらしむ。 その所能しょのうしたがひてすなはちどうきょうかいじゅ開導かいどうして、 ことごとくこれをぎょうせしむ。

仏言、我皆哀↢若曹及諸天・帝王・人民↡、皆教↧作↢諸善↡不↞為↢衆悪↡。随↢其所能↡輒授↢与教戒↡開導、悉奉↢行シム↡。

すなはちくんそっしてぜんをなしてしん教令きょうりょうし、 ちちはそのおしへ、 あにはそのおとうとおしへ、 おっとはそのつまおしへ、 しっない親属しんぞくほう、 うたたあひきょうして、 ぜんをなしどうをなしきょうほうかいたもち、 おのおのみづからただしくまもりてじょうあひいましめ、 そんとなくとなく、 おとことなくおんなとなく、 斎戒さいかい清浄しょうじょうにしてかんせざるはなし。 義理ぎりじゅんしてかんらくきょうし、 みづからあひ約撿やくけんす。

率化↠善教↢令臣下↡、父↢其↡、兄↢其↡、夫↢其↡、室家・内外・親属・朋友、転教語、作↠善↠道↠経↠戒上下相イマシ、無↠尊↠卑、無↠男↠女、斎戒清浄ニシテ↠不ルハ↢歓喜↡。和↢順義理歓楽慈孝、自約撿

それぶつきょうることあらば、 ことごとくたもちてこれをおもへ。 まさにしょすべからざるをおかすがごとくにこれをなさば、 すなはちみづから悔過けかせよ。 あくりてぜんき、 じゃててしょうをなし、 あしたきてゆうべあらためて、 きょうかい奉持ぶじすればはげしきこと貧人ひんにんたからるがごとし。

↠得コト↢仏経語↡、悉↠之。不ルヲ↠当カラ↢所作↡如↠犯↠之、則悔過。去↠悪↠善、棄↠邪↠正、朝、奉↢持レバ経戒↡劇キコト↢貧人↟宝

ぶつしょぎょうところ所在しょざい郡国ぐんこくにはすなはちきょうかいじゅす。 諸天しょてんにちがつしょうしん諸神しょじん国王こくおう傍臣ぼうしんちょう人民にんみんしょりゅうじんないきんじゅうも、 けてこれをぎょうす。

所行処、所在郡国ニハ授↢与経戒↡。諸天・日・月・星辰・諸神・国王・傍臣・長吏・人民・諸竜・鬼神・泥犁・禽獣、承奉↢行↡。

すなはちくんがいしてぜんをなし、 斎戒さいかいしょうしてきよくみづからすすあらひ、 こころただしくしおこなひをただしくせん。 くらいしてごんひょうにして、 教敕きょうちょくしゅひきゐてぜんをなし、 道禁どうきんぎょうしてごんりょうをしてましむ。 しんはそのくんつかへて、 ちゅうじきりょうけてあへて違負いぶせず。 父子ぶしごんりょう孝順きょうじゅんじょうじゅし、 きょうだいふうそうしんほうじょうあひりょうして、 ことばしたがす。 そんだいしょう、 うたたあひきょうするに、 らいをもつてしかなひあひ違負いぶせず。

君改化↠善、斎戒精思シテ、端クシ↠心クセム↠行。居↠位厳慓ニシテ、教敕↠衆↠善、奉↢行道禁↡令↢言令ヲシテ↡。臣↢其↡、忠直↠令不↢敢違負↡。父子言令孝順承受、兄弟・夫婦・宗親・朋友上下相、順↠言↠理。尊卑・大小、転敬事ルニ、以テシ↠礼カナ↠義不↢相違負↡。

おうあらたらいしゅこころそそおこなひをおさめずといふことなく、 中表ちゅうひょうたんじょうにしてねんぜんをなし、 ねがふところすなはちかんて、 よくごうすることねんどうなり。 不死ふしよくすればすなはちちょう寿じゅべし。 度世どせよくすればすなはち泥洹ないおんどうべしと。

↠不トイフコト↢改↠往↠来↠心ヲサ↟行、端↢正ニシテ中表↡自然↠善、所↠願↠感、善降化コト自然之道ナリ。求↢欲レバ不死↡則↠得↢長寿↡。求↢欲レバ度世↡則シト↠得↢泥洹之道↡。

ぶつのたまはく、 ぶつじんそんじゅうにして、 あくしてぜんして、 だつせざるはなし。 いまわれてんでて、 このあくのなかにありて、 においてぶつとなり、 みんあいしょうきょう開道かいどうす。 諸天しょてん帝王たいおう傍臣ぼうしん左右さうちょう人民にんみん、 そのこころほっがんぎょうするところにしたがひて、 みなどうしむ。

仏言、仏威神尊重ニシテ、消↠悪↠善、莫↠不ルハ↢度脱↡。今我出↢於天下↡、在↢是↡、於↢苦↡作↠仏、慈愍哀傷教語開道。諸天・帝王・傍臣・左右・長吏・人民、随↣其↢欲願楽↡、皆令↠得↠道

ぶつのもろもろのしょぎょうところ、 さらにるところの郡国ぐんこく県邑けんおうじゅ市里じりじゅくせざるはなし。 てんたいびょうにして、 日月にちがつうんしょうますますみょうこうに、 ふうせつありて人民にんみん安寧あんねいならん。 つよきはよわきをしのがず、 おのおのそのところて、 悪歳あくさい疾疫しっぺいなく、 びょうしゅするものなく、 ひょうかくおこらず、 くに盗賊とうぞくなく、 怨抂おんおうあることなく、 へいせらるるものあることなからん。

所行処、所↢更↡郡国・県邑・丘聚・市里、莫↠不ルハ↢豊熟↡。天下太平ニシテ、日月運照倍益マスマス明好、風雨時節アリテ人民安寧ナラム。強キハ不↠↠弱キヲ、各↢其↡、無↢悪歳・疾疫↡、無↢病痩者↡、兵革不↠起、国↢盗賊↡、無↠有コト↢怨抂↡、无ラム↠有コト↢拘閉ラルル者↡。

君臣くんしん人民にんみんかんせざることなく、 ちゅうじょうにして、 おのおのみづからただしくまもり、 みなねんくにまもり、 よう孝順きょうじゅんにして、 かんせざるはなからん。 有無うむあひともにおんとくほどこして、 こころかんらくしともにみなあひきょうあいして、 ざいゆずりまづぜんけんじょうして、 らいをもつてきょうすることちちのごとくのごとく、 あにのごとくおとうとのごとくにして、 仁賢にんげんじゅん礼節らいせつならざることなく、 すべてじょうなくぜんきわまりなからんと。

君臣人民莫↠不コト↢歓喜↡、忠慈至誠ニシテ、各、皆自然↠国、雍和孝順ニシテ、莫ラム↠不ルハ↢歓楽↡。有无相↠恩↠徳、心歓楽皆相敬愛、推↠財↠義謙↢譲於先前後↡、以↠礼敬事コト↠父↠子、如↠兄クニシテ↠弟、莫↠不コト↢仁賢・和順・礼節ナラ↡、都↢違諍↡快善無ラムト↠極

ぶつのたまはく、 われなんぢらをあわれみて、 これをだつせんとほっすること父母ふぼおもふよりもはげし。 いま八方はっぽうじょう諸天しょてん帝王たいおう人民にんみんおよびけん蠕動ねんどうたぐいぶつきょうかい仏道ぶつどうぎょうし、 みなみょうこころことごとくかいして、 憂苦うく過度かどだっすることをざるものなし。 いまわれぶつとなり、 あくつうしょうのなかにありて、 あくごうし、 つうしょうじんし、 しょう絶滅めつじんして、 ぜんをもつてあくどっりて、 ぜんしめてあきらかにこのましく、 しょうあくおこらざらしむ。

仏言、我哀子曹ナンヂラ↡、欲コト↣度↢脱ムト↡劇↢父母ヨリモ↟子。今八方上下諸天・帝王・人民及蜎飛蠕動之類、得↢仏経戒↡奉↢行仏道↡、皆得↢明慧↡心悉開解、莫↧不得↤過↢度コトヲ↣憂苦↡者↥。今我作↠仏、在↢於五悪・五痛・五焼之中↡、降↢化五悪↡、消↢尽五痛↡、絶↢滅五焼↡、以↠善↠悪↢去毒苦↡、令↠得↢五善↡明シク、焼・悪不ラシム↠起

われはつ泥洹ないおんりてのちきょうどうやや断絶だんぜつし、 人民にんみんてんにしてあつ衆悪しゅあくをなしまたぜんをなさざれば、 しょうまたおこり、 つうぎゃく、 またさきほうのごとく、 ねん還復げんぶくひさしくしてのちうたたはげしからん。 ことごとくくべからず。 われただなんぢらがためにすこしくこれをいふのみと。

我般泥洹後、経道稍稍断絶、人民諛諂ニシテ↢衆悪↡不レバ↢復作↟善、五焼復起、五痛劇苦、復如↢前↡、自然還復クシテ後転シカラム。不↠可↢悉↡。我但為↢若曹↡小シク↠之

ぶついつさつらにげたまはく、 なんぢらおのおのおもひてこれをたもて。 展転てんでんしてあひきょうかいし、 ぶつきょうぼうのごとくにしてあへておかすことなかれと。

仏告タマハク↢阿逸菩薩等↡、若曹各↠之。展転教戒、如ニシテ↢仏経法↡無レト↢敢コト↡也。

いつさつじょう叉手しゃしゅしてまうさく、 ぶつきたまふところはなはだつうなり。 にんあくをなすことはなはだはげしきことかくのごとくかくのごとし。 ぶつみなあいしてことごとくこれをだつしたまふと。 みなまうさく、 ぶつ重教じゅうきょうけたまへり、 ねがはくは展転てんでんしてそうじょうしあへておかさずと。

阿逸菩薩長跪叉手、仏所↠説タマフ苦痛ナリ。世人為コト↠悪キコト↠是↠是。仏皆慈哀度↢脱タマフト↡。皆言、受タマヘリ↢仏重教↡、請展転↢敢↡也。

【30】ぶつなんげたまはく、 われなんぢらをあわれみて、 ことごとくりょう清浄しょうじょうぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんしょこくしめん。 なんぢこれをることをほっするやいなやと。

仏告タマハク↢阿難↡、我哀↢若曹↡、メム↣悉見↢无量清浄仏及菩薩・阿羅漢所居国土↡。若欲ルヤ↠見コトヲ↠之ヤト

なんすなはちおおきによろこび、 じょう叉手しゃしゅしてまうさく、 ねがはくはみなこれをることをほっすと。

阿難則、長跪叉手、願クハ皆欲スト↠見コトヲ↠之

ぶつのたまはく、 なんぢちてあらためて袈裟けさ西にしかひてはいし、 もっするところあたりてりょう清浄しょうじょうぶつのためにらいをなし、 めんをもつてけ、 南無なもりょう清浄しょうじょうびょうどうがくといへと。

仏言、若起↢袈裟↡西、当↢日↡為↢无量清浄仏↡作↠礼、以↢頭面↡著↠地、言ヘト↢南無無量清浄平等覚↡。

なんまうさく、 だくきょうけてすなはちち、 あらためて袈裟けさ西にしかひてはいし、 所没しょもつところあたりて、 りょう清浄しょうじょうぶつのためにらいをなし、 のうをもつてけて、 南無なもりょう清浄しょうじょうびょうどうがくといふ。

阿難言、諾、受↠教、更↢袈裟↡西、当↢日所没↡、為↢无量清浄仏↡作↟礼、以↢頭脳↡著↠地、言↢南無無量清浄平等覚↡。

なんいまだたざるに、 りょう清浄しょうじょうぶつすなはちおおきにこうみょうじんはなちて、 すなはち八方はっぽうじょうのもろもろの央数おうしゅ仏国ぶっこくへんす。 てんすなはちみなためにおおきに震動しんどうし、 諸天しょてん央数おうしゅてんしゅせんほう摩訶まかしゅ大山だいせんほう、 もろもろのてん大界だいかいしょうかい、 そのなかのしょだいないしょうない、 もろもろの山林せんりん渓谷けいこくゆうみょうところ、 みなすなはちだいみょうにして、 ことごとくみなおおきにかいびゃくす。

阿難未ルニ↠起、无量清浄仏便↢光明威神↡、則↢八方上下無央数仏国↡。天地則皆為震動、諸天无央数天地、須弥山羅宝・摩訶須弥大山羅宝、諸天地、大界・小界、其諸有大泥犁・小泥犁、諸山林・渓谷・幽冥之処、皆則大明ニシテ、悉皆大開闢

すなはちなん、 もろもろのさつ阿羅あらかんとう諸天しょてん帝王たいおう人民にんみん、 ことごとくみなりょう清浄しょうじょうぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんこく七宝しっぽうをはりて、 こころみなおおきにかんやくして、 ことごとくちてりょう清浄しょうじょうぶつのためにらいをなし、 のうをもつてけて、 みな南無なもりょう清浄しょうじょうさんみゃくさんぶっといふ。

阿難、諸菩薩・阿羅漢等、諸天・帝王・人民、悉皆見↢无量清浄仏及菩薩・阿羅漢国土七宝↡已、心皆大歓喜踊躍、悉↢无量清浄仏↡作↠礼、以↢頭脳↡著↠地、皆言↢南無無量清浄三藐三仏陀↡。

りょう清浄しょうじょうぶつはなてるこうみょうじんありて、 すでにもろもろの央数おうしゅてん人民にんみんおよびけん蠕動ねんどうたぐい、 みなことごとくりょう清浄しょうじょうぶつこうみょうたてまつるに、 しんをもつてかんしてぜんをなさざるものなし。 しょないきんじゅう薜茘へいれいしょこうごんところ、 すなはちみな休止くししてまたせず、 憂苦うくだつせざるものなし。

无量清浄仏テル光明威神アリテ、已無央数天・人民及蜎飛蠕動之類、皆悉マツルニ↢无量清浄仏光明↡、莫↧不↢慈心ヲモテ歓喜↟善者↥。諸有泥犁・禽獣・薜茘、諸有考治勤苦之処、則皆休止不↢復治↡、莫↧不↣解↢脱憂苦↡者↥。

しょ盲者もうじゃはすなはちみなることを、 もろもろのびゃく蹇者けんじゃは、 すなはちみなはしくことを、 もろもろのびょうしゃはすなはちみなえてち、 もろもろの尫者おうしゃはすなはちみな強健ごうごんに、 愚痴ぐちしゃはすなはちみなさらにがちに、 しょ婬泆いんいつしんしゃは、 みなことごとくしんをもつてぜんをなし、 しょどくこうむるものはどくみなめぐらず、 しゅ琴瑟きんしつ箜篌くごがっしょせざるにみなおのづからおんじょうをなし、 にょ珠環しゅかんはみなおのづからこえをなし、 百鳥ひゃくちょうちくじゅうみなおのづからみょうす。

諸有盲者皆得↠視コトヲ、諸跛躄蹇者、則皆得↢走コトヲ↡、諸病者皆愈、諸尫者皆強健、愚痴者皆更黠慧、諸有泆・瞋怒者、皆悉慈心ヲモテ↠善、諸有↠毒毒皆不↠メグ、鍾鼓・琴瑟・箜篌楽器諸伎ルニ↠鼓皆自↢音声↡、婦女珠環皆自↠声、百鳥畜獣皆自悲鳴

このときあたりて、 かんして過度かどざるものなし。 すなはちときにちしょ仏国ぶっこくちゅう諸天しょてんにんてんじょうこうちてきたくだり、 くうのなかにおいてことごとくみな諸仏しょぶつおよびりょう清浄しょうじょうぶつうえようさんぜざるはなし。 諸天しょてんおのおのともにおおきに万種まんじゅねんがくをなして、 諸仏しょぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんたのしましむ。 このときあたりて、 はなはだらくすることいふべからず。

↢是之時↡、莫↧不↣歓喜得↢過度↡者↥。則爾日、諸仏国中諸天・人莫↠不ルハ↫持↢天上華香↡来、於↢虚空↡悉皆供↩養↪諸仏及无量清浄仏↨。諸天各↢万種自然伎楽↡、楽マシム↢諸仏及菩薩・阿羅漢↡。当↢是之時↡、甚快楽コト不↠可↠言

ぶつなんいつさつらにげたまはく、 われりょう清浄しょうじょうぶつおよびもろもろのさつ阿羅あらかんこくねん七宝しっぽうくに、 まさにことなることなきやと。

仏告タマハク↢阿難・阿逸菩薩等↡、我説クニ↢无量清浄仏及菩薩・阿羅漢国土自然七宝↡、当↠有コト↠異乎

なんじょう叉手しゃしゅしてまうさく、 ぶつりょう清浄しょうじょうぶつこくぜんなることをきたまふ。 ぶつくところのごとくひとつもことなることあることなしと。

阿難長跪叉手、仏説タマフ↢無量清浄仏国土快善ナルコトヲ↡。如↢仏↟説シト↠有コト↢一ツモコト↡。

ぶつのたまはく、 われりょう清浄しょうじょうぶつどくこくぜんかんに、 ちゅう一劫いっこうすともなほまたいまだへず。 われただなんぢらがためにすこしくこれをくのみと。

仏言、我説ムニ↢無量清浄仏功徳、国土快善↡、昼夜一劫ストモ尚復未↠竟。我但為↢若曹↡小シク↠之

いつさつすなはちじょう叉手しゃしゅして、 ぶつひたてまつりてまうさく、 今仏こんぶつくにはこのけんよりまさにいくばくのゆいおっさつありてかりょう清浄しょうじょうぶつくにおうじょうすべき。 ねがはくはこれをかんと。

阿逸菩薩則長跪叉手、問マツリテ↠仏、今仏↢是間↡当↧有テカ↢幾阿惟越致菩薩↡往↦生无量清浄仏↥。願クハムト↠之

ぶつのたまはく、 なんぢらんとほっせば、 あきらかにきてしんちゅうけよと。 いつさつまうさく、 きょうけんと。

仏言、若欲↠知ムト者、明ヨト↢心中↡。阿逸菩薩言、受ムト↠教

ぶつのたまはく、 わがくによりまさにしちひゃくじゅうおくゆいおっさつありて、 みなりょう清浄しょうじょうぶつくにおうじょうすべし。 ひとりのゆいおっさつは、 ぜん央数おうしゅ諸仏しょぶつようし、 もつていでろくのごとし。 みなまさにぶつすべし。 およびそののもろもろのしょうさつともがらは、 央数おうしゅにしてまたかぞふべからず、 みなまさにりょう清浄しょうじょうぶつくにおうじょうすべし。

仏言、従↢我国↡当↧有↢七百二十億阿惟越致菩薩↡、皆往↦生無量清浄仏↥。一阿惟越致菩薩者、前後供↢養无央数諸仏↡、以イデ↢弥勒↡。皆当↢作仏↡。及小菩薩輩者、無央数ニシテ不↠可↢復計↡、皆当↣往↢生無量清浄仏↡。

ぶついつさつげたまはく、 ただわがこくちゅうのもろもろのさつのみまさにりょう清浄しょうじょうぶつくにおうじょうすべきにあらず。 ほうこくにまたぶつましましてまたかくのごとし。

仏告タマハク↢阿逸菩薩↡、不↤但我国中菩薩ノミキニ↣往↢生無量清浄仏↡。他方異国復有シテ↠仏亦復如↠是

第一だいいちぶつ光遠こうおんしょうづく。 そのくにひゃくはちじゅうおくさつあり、 みなまさにりょう清浄しょうじょうぶつくにおうじょうすべし。

第一↢光遠↡。其↢百八十億菩薩↡、皆当↣往↢生無量清浄仏↡。

ほうこくだいぶつあり、 ぶつほうしゃくづく。 そのくにじゅうおくさつあり、 みなまさにりょう清浄しょうじょうぶつくにおうじょうすべし。

他方異国第二アリ、仏↢宝積↡。其↢九十億菩薩↡、皆当↣往↢生無量清浄仏↡。

ほうこく第三だいさんぶつじゅ無垢むくづく。 ひゃくじゅうおくさつあり、 みなまさに弥陀みだぶつくにおうじょうすべし。

他方異国第三↢儒無垢↡。有↢二百二十億菩薩↡、皆当↣往↢生阿弥陀仏↡。

ほうこくだいぶつごくこうみょうづく。 そのくにひゃくじゅうおくさつあり、 みなまさにりょう清浄しょうじょうぶつくにおうじょうすべし。

他方異国第四↢無極光明↡。其↢二百五十億菩薩↡、皆当↣往↢生無量清浄仏↡。

ほうこくだいぶつ於世おせじょうづく。 そのくにろっぴゃくおくさつあり、 みなまさにりょう清浄しょうじょうぶつくにおうじょうすべし。

他方異国第五↢於世无上↡。其↢六百億菩薩↡、皆当↣往↢生無量清浄仏↡。

ほうこく第六だいろくぶつ勇光ゆうこうづく。 そのくにまんせんさつあり、 みなまさにりょう清浄しょうじょうぶつくにおうじょうすべし。

他方異国第六↢勇光↡。其↢万四千菩薩↡、皆当↣往↢生無量清浄仏↡。

ほうこく第七だいしちぶつそくきょうらくづく。 そのくにじゅうおくさつあり、 みなまさにりょう清浄しょうじょうぶつくにおうじょうすべし。

他方異国第七↢具足交絡↡。其↢十四億菩薩↡、皆当↣往↢生無量清浄仏↡。

ほうこく第八だいはちぶつおうおうづく。 そのくにはちさつあり、 みなまさにりょう清浄しょうじょうぶつくにおうじょうすべし。

他方異国第八↢雄慧王↡。其菩薩↡、皆当↣往↢生无量清浄仏↡。

ほうこくだいぶつりき無過むかしゃづく。 そのくにはっぴゃくいちじゅうおくさつあり、 みなまさにりょう清浄しょうじょうぶつくにおうじょうすべし。

他方異国第九↢多力無過者↡。其↢八百一十億菩薩↡、皆当↣往↢生無量清浄仏↡。

ほうこくだいじゅうぶつきちりょうづく。 そのくに万億まんおくさつあり、 みなまさにりょう清浄しょうじょうぶつくにおうじょうすべし。

他方異国第十↢吉良↡。其↢万億菩薩↡、皆当↣往↢生无量清浄仏↡。

ほうこくだいじゅういちぶつべんづく。 そのくにまんせんさつあり、 みなまさにりょう清浄しょうじょうぶつくにおうじょうすべし。

他方異国第十一↢慧弁↡。其↢万二千菩薩↡、皆当↣往↢生無量清浄仏↡。

ほうこくだいじゅうぶつじょうづく。 そのくににもろもろのさつあり、 央数おうしゅにしてまたかぞふべからず。 みなゆいおっなり。 みな智慧ちえゆうみょうにして、 おのおの央数おうしゅ諸仏しょぶつようしをはりて、 いちにともにこころがんじておうじょうせんとほっして、 みなまさにりょう清浄しょうじょうぶつくにしょうずべし。

他方異国第十二無上華↡。其↢諸菩薩↡、无央数ニシテ不↠可復計↡。皆阿惟越致ナリ。皆智慧勇猛ニシテ、各供↢養無央数諸仏、一時↢往ムト↡、皆当↠生↢无量清浄仏↡。

ほうこくだいじゅうさんぶつらくだいみょうおんづく。 そのくにしちひゃくじゅうおくさつあり、 みなまさにりょう清浄しょうじょうぶつくにおうじょうすべし。

他方異国第十三↢楽大妙音↡。其↢七百九十億菩薩↡、皆当↣往↢生無量清浄仏↡。

ぶつのたまはく、 このもろもろのさつはみなゆいおっなり。 もろもろの比丘びくそうちゅうしょうさつともがらおよぶまで央数おうしゅなり。 みなまさにりょう清浄しょうじょうぶつくにおうじょうすべし。 ひとりこのじゅう仏国ぶっこくのなかのもろもろのさつのみまさにおうじょうすべきにあらず。 すべて八方はっぽうじょう央数おうしゅ仏国ぶっこくのもろもろのさつともがら、 おのおのかくのごとし、 みなまさにりょう清浄しょうじょうぶつくにおうじょうすべし、 それ央数おうしゅなり。 すべてともにきてりょう清浄しょうじょうぶつくにす、 おおきにしゅにしてまたかぞふべからず↡。

仏言、是菩薩皆阿惟越致ナリ。諸比丘僧中マデ↢小菩薩↡无央数ナリ。皆当↣往↢生無量清浄仏↡。不↣独十四仏国菩薩ノミキニ↢往生↡也。都八方上下無央数仏国菩薩輩、各各如↠是、皆当↣往↢生无量清浄仏↡、其無央数ナリ。都↢無量清浄仏↡、大衆多ニシテ不↠可↢復計↡。

われただ八方はっぽうじょう央数おうしゅぶつみょうかんに、 ちゅう一劫いっこうすともなほいまだへず。 われただまた仏国ぶっこくのもろもろの比丘びくそうのもろもろのさつのまさにりょう清浄しょうじょうぶつくにおうじょうすべし人数にんじゅかんに、 これをくこと一劫いっこうにして休止くしせざるもなほいまだへず。 われただなんぢらがために総攬そうらんしてすべてすこしくこれをくのみと。

我但説ムニ↢八方上下無央数名字↡、昼夜一劫ストモ尚未↠竟。我但復説ムニ↧仏国比丘僧菩薩↣往↢生无量清浄仏↡人数↥、説コト↠之一劫ニシテルモ↢休止↡尚未↠竟。我但為↢若曹↡総攬シク↠之

【31】ぶつなんいつさつらにかたりたまはく、 それけん帝王たいおう人民にんみん善男ぜんなんぜん女人にょにんぜん宿命しゅくみょうぜんぎょうじていたすところの相禄そうろく、 すなはちまさにりょう清浄しょうじょうぶつみなきて、 しんをもつてかんすべし。 われこれにかわりてよろこばんと。 ぶつのたまはく、 それ善男ぜんなんぜん女人にょにんありて、 りょう清浄しょうじょうぶつみなき、 しんをもつてかんしていちやくし、 しん清浄しょうじょうに、 もうためにちて、 なみだづるものは、 みなぜん宿命しゅくみょう仏道ぶつどうをなせることほうぶつのごとく、 もとさつにして凡人ぼんにんにあらず。

仏語タマハク↢阿難・阿逸菩薩等↡、其世間帝王・人民・善男子・善女人、前世宿命↠善↠致相禄、↧聞↢无量清浄仏↡、慈心ヲモテ歓喜↥。我代↠之ムト。仏言、其↢善男子・善女人↡、聞↢無量清浄仏↡、慈心ヲモテ歓喜一時踊躍、心意清浄、衣毛為涙出、皆前世宿命コト↢仏道↡若↢他方仏↡、モト菩薩ニシテ↢凡人↡。

それ人民にんみんなん女人にょにんありて、 りょう清浄しょうじょうぶつみなきてぶつありとしんぜざるものは、 ぶつきょうしんぜず、 比丘びくそうあることをしんぜず、 しんちゅう狐疑こぎしてすべてしんずるところなきものは、 みなもと悪道あくどうのなかよりきたしょうじて、 もうにしてさとらず、 宿命しゅくみょう殃悪おうあくいまだきず、 いまだまさにだつべからず。 ゆゑにしんちゅう狐疑こぎして、 信向しんこうせざるのみと。

↢人民、男子・女人↡、聞↢無量清浄仏↡不↠信↠有↠仏者、不↠信↢仏経語↡、不↠信↠有コトヲ↢比丘僧↡、心中狐疑↠所↠信、皆モト↢悪道中↡来、愚ニシテ不↠解、宿命殃悪未↠尽、未↠当カラ↠得↢度脱↡。故心中狐疑、不↢信向↡耳

ぶつのたまはく、 われなんぢらにかたらん。 なんぢらまさになすべきところの善法ぜんぽうは、 みなまさにぎょうしてこれをしんずべし、 われはつ泥洹ないおんしてりてのちといふゆゑをもつてすることをることなかれ。 なんぢらおよび後世ごせひと、 またわれりょう清浄しょうじょうぶつくにあることをしんぜずといふことをることなかれ。 われことさらになんぢらをしてことごとくりょう清浄しょうじょうぶつこくしむ。 まさになすべきところのものは、 なんぢみづからこれをもとめよ。

仏言、我語↢若曹↡。若曹所↠当↠作善法、皆当↢奉行↟之、無↠得コト↠以テスルコトヲ↢我般泥洹トイフ↡。若曹及後世人、無↠得コト↣復言コトヲ↢我不↟信↠有コトヲ↢无量清浄仏国↡。我故ラニ↣若曹ヲシテ見↢無量清浄仏国土↡。所↠当↠為、若自↠之

われつぶさになんぢらがためにきょうかいじゅんぽう道説どうせつす。 なんぢらをしてまさにぶっほうのごとくこれをたもつべし、 しつることなかれ。 われこのきょうたもちもつてなんぢらにるいす。 なんぢらまさにかたくこれをたもつべし、 みだりにこのきょうぼう増減ぞうげんするをなすことをることなかれ。

我具↢汝曹↡道↢説経戒順法↡。若曹ヲシテ↧如↢仏↡持↞之、无↠得コト↢毀失↡。我持↢是↡以↢汝曹↡。汝曹当↢堅↟之、無コト↠為コトヲ↣妄増↢減ルヲ経法↡。

われはつ泥洹ないおんりてのちきょうどう留止るしすること千歳せんざいせん。 千歳せんざいのちきょうどう断絶だんぜつせん。 こころ所願しょがんのごとくありてみなどうべしと。

我般泥洹後、経道留コト千歳セム。千歳後、経道断。在↢心所願ノゴトク↡皆可シト↠得↠道

ぶつのたまはく、 ひと開導かいどうするに、 もく智慧ちえみょうだつにして、 ひとだつしてよく泥洹ないおんどうがっすることをしむ。 つねにまさにぶつきょうすること父母ぶものごとくすべし。 つねにおんねんじてまさにねんじて断絶だんぜつせざれば、 すなはちどうることはやからんと。

仏言、師開↢導ルニ↡、耳目・智慧明達ニシテ、度↢脱↡令↠得↣善コトヲ↢泥洹之道↡。常↧慈↢孝コト於仏↡如クス↦父母↥。常↢師↡当レバ↢断絶↡、則コト↠道カラムト

ぶつのたまはく、 てんぶつましますははなはだふことをがたし。 ひとほうきょうふかきことを信受しんじゅすることあるは、 またふことをがたし。 もしは沙門しゃもんありてのごとくひとのためにぶっきょうくもの、 はなはだふことをがたし。

仏言、天下↠仏者甚↠得↠値コトヲ。人有↣信↢受コト師法経語キコトヲ↡者、亦難↠得↠値コトヲ。若↢沙門↡若↠師↠人↢仏経↡者、甚↠得↠値コトヲ

ぶつこのきょうきたまふとき、 すなはちまん千億せんおく諸天しょてん人民にんみんみな天眼てんげんてっし、 ことごとく一心いっしんにみなさつどうをなす。 すなはちひゃくじゅうおく諸天しょてん人民にんみんみな阿那あな含道ごんどう、 すなはちはっぴゃく沙門しゃもんみな阿羅あら漢道かんどう、 すなはちじゅうおくさつ、 みなゆいおったりと。

仏説タマフ↢是↡時、則万二千億諸天・人民皆得↢天眼↡徹視、悉一心皆為↢菩薩道↡。則二百二十億諸天・人民皆得↢阿那含道↡、則八百沙門皆得↢阿羅漢道↡、則四十億菩薩、皆得タリト↢阿惟越致↡。

ぶつきょうきをはりたまふに、 もろもろのさつ阿羅あらかん諸天しょてん帝王たいおう人民にんみん、 みなおおきにかんし、 すすおもむきてぶつのためにらいをなし、 ぶつめぐること三帀さんぞうして、 めんをもつて仏足ぶっそくけてりにき。

仏説↠経タマフニ、諸菩薩・阿羅漢・諸天・帝王・人民、皆大歓喜、前↠仏↠礼、遶コト↠仏三帀、以↢頭面↡著↢仏足↡而去ニキ

 

仏説無量清浄平等覚経 巻第四

 

13字 ⒷⒸⒹになし
12字 ⒷⒸⒹになし
仏国→Ⓓ国界
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→Ⓐ
→Ⓑ
類属→ⒷⒸⒹ属転
→ⒷⒸⒹ
→Ⓑ
→Ⓑ
→ⒷⒸⒹ
→Ⓑ
→◎ⒶⒷ
→Ⓒ
→ⒷⒹ→Ⓒ
蒙聾→ⒷⒸⒹ朦朧
欲益多→ⒸⒹ殺盜無
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→ⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→ⒸⒹ
→ⒸⒹ
→Ⓓ
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ相[仮]
→ⒸⒹ貴[長]
→ⒷⒸⒹ
→Ⓐ
→◎ⒷⒸⒹ
→Ⓑ
→ⒸⒹ
→Ⓑ
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ比[如]
→ⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→ⒶⒷⒸ
→Ⓐ→Ⓑ
→◎ⒶⒸⒹ
其有→ⒷⒸⒹ有其
→Ⓐ
→ⒷⒸ
→ⒷⒸⒹ
→Ⓑ
→Ⓓ
→Ⓐ
→ⒶⒷ→ⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→Ⓒ
→ⒷⒸⒹ
濛澒→ⒷⒸⒹ蒙冥
為大→ⒷⒸⒹ大為
→Ⓐ
→ⒷⒸⒹ
→Ⓑ退
知見→ⒷⒸⒹ見知
→ⒶⒷⒸ
更具→ⒶⒹ具更
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→Ⓐ
→ⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→Ⓒ
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→Ⓑ
→ⒷⒸⒹ
→ⒶⒷⒸⒹ於[在]
→Ⓓ
→ⒷⒸⒹ
→ⒸⒹ[世]人
→ⒸⒹ
室家→ⒷⒸⒹ家室
→Ⓐ
→◎
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→Ⓐ→ⒷⒸⒹ
→ⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ得[度]
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
令悉→Ⓓ悉令
→◎Ⓐ
→ⒸⒹ
→ⒸⒹ泆[者皆修梵行]
爾日→ⒷⒸⒹ念曰
→ⒷⒸⒹ皆[当]
→ⒷⒸⒹ
→Ⓓ八[十億]
無上華→ⒷⒸⒹ
→Ⓐ
→◎ⒶⒷ
 ⒷⒸⒹになし
→Ⓐ
→Ⓓ
→◎ⒶⒷ
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→ⒸⒹ
→Ⓐ
→ⒸⒹ絶[我皆慈哀特留是経法止住百歳百歳中竟乃休止絶]
→◎Ⓐ
仏説 ⒷⒸになし
第四→ⒷⒸⒹ