0230黒谷上人漢語灯録巻第十

  厭欣沙門 了恵 集録

 

かん第一だいいちじゅう 当巻とうかんへんあり

 りゃく要文ようもんだいじゅう
 初学しょがくしょうだいじゅう
 しょしょうもんだいじゅうろく 三通さんつう
 北国ほっこくしょじょうだいじゅうしち
 諸方しょほう返報へんぽうだいじゅうはち つう

漢語第一之十 当巻有五篇

 略要文第十四
 初学抄第十五
 諸起請文第十六 三通
 北国書状第十七
 諸方返報第十八 二通

 

およそかんは、 ぜんしゅう十巻じっかんしゅう一巻いっかんなり。 いまぜんしゅう十巻じっかんしゅう一巻いっかんく、 もつともあはれなるところなr。 後学こうがくたずもとめてすべてをしてしゃせしめよ

凡漢語、前集十巻拾遺一巻也。今得前集十巻、闕拾遺一巻、尤所哀也。後学尋求而補写令全