0853じやう見聞けんもんしふ

 

つたへきく、 えんわうはかゞみをちり小罪せうざいにかけてしり、 しやうじんふでをつゆのきやうざいにそめてしるす。 しかるにわれらたうやいばなし、 なんぞ煩悩ぼむなうのつなをきらん。 戒珠かいじゆきずあり、 いかでかしやうのやみをてらさん。 こゝにわれらさいのいきひとたびたえ、 人間にんげんほうすでにつきて臨終りんじゆにまなこさらにとぢ、 よみぢにむかはんとするとき、 三人さむにんせちめいよりたちまちにきたりて三魂さむこんをめしてしんくわうわうちやうにつく。 はじめて罪門ざいもんくわんじゆのもとにありて、 かなしみのなんだをちうのちまたにながす。 たのみをかけし親族しんぞくは、 きやうにないてわれをしらず、 こゝろにたくみし罪業ざいごふは、 ぜんにまつはりてをはなれず。 をくれたるものはかなしみのなみだのんどにむせび、 さきだてるものはなやみのうれへたいへんず。 しかうしてのち、 暴風ぼふふききたりてくわんじゆをふきをとすに、 ことごとくつるぎとなりてをつらぬく。 そのこかしはのごとし。 つるぎのにたつせうによりてごふ浅深せんじむをしる。 そののちてん嶮山けんざむをこえてない幽岸ゆうがんにいたる。

0854七日しちにちのとまり初江しよかうわうちやうにつく。 すなはちだちくゐをめして罪人ざいにんのころもをぬがしめてりやうじゆにかく。 えだのていしようにしたがひてつみのきやうぢうをさだむ。 もし慚愧ざむぐゐのころもをきざれば、 かはをはがる。 くるしみしのぶべからず。

さむ七日しちにちには宋帝そうていわう罪人ざいにんをしるし、 亡者まうじやのところをろくして、 くわうせんのきしよりゐていでゝ、 ないをおとしさうがはをわたす。 いん牛頭ごづ鉄棒てちばうをもてみちををしへ、 さいぎやう馬頭めづ鉄叉てちしやをもてながれをしめす。

七日しちにちにはくわんわう、 そらにはごふりやうのはかりをかけてつみのきやうぢうをたゞし、 には双童さうどうのふだにまかせてごふせうをしるす。

七日しちにちのあしたより、 えんわうのせめをかうぶる。 かしらをつかみておもてを頗梨はりごふきやうにむかふ。 つらつらむかしのわざをみるに、 しかしながらつみにとがす。 ばうせちのいきほひをみれば、 れう鹿しゝにあへるがごとし、 牛頭ごづ馬頭めづのこゑをきけば、 らいでんのほとばしるににたり。

ろく七日しちにちにはへんじやうわうどくをまちて罪福ざいふくをことはる。

しち七日しちにちには太山たいさむわう福業ふくごふのさだまらざることをかなしみて男女なむによ追善ついぜんをもとむ。

ひやくにちにはびやうどうわうをそへてさらになうをます。

ゐち0855しうには都市としわう罪人ざいにん群集くんじふしてさかんなるいちのごとし。

だい三年さむねんにはだう転輪てんりんわう、 つみを千日せんにちのうちにあがうて、 ふく三界さむがいのほかにもとむ。 せいしやうじんをもて罪人ざいにんをひきゐて、 しばらく魂宿こんしふくゑのもとにして、 しばしばきやうをみせしむ。 ちぎりをむすびし男女なむによは、 とつぎをあらためてわれをわすれ、 たのみをかけしそんは、 つみをつくりてとぶらはず、 しやさいをうらみしん罪報ざいほうをくゐて、 なるなみだをたれのあせをながす。 このとき罪業ざいごふめちせざれば、 つゐにないにおつ。 熱鉄ねつてちをこがし、 寒氷かんぺうくびをとぢ、 どうはらをわかし、 しやうかくかしらにまつふ、 銅柱どうちうこれをいだき、 ねちこれをふす。

しかればすなはち、 寒氷かんぺう熱火ねちくわのそこにおちずして、 くゑ宝閣ほうかくのうてなにのぼらんこと、 このときにあらずは、 またいづれのしやうをかせん。 ひとたび人身にんじんをうしなひつれば、 万劫まんごふにもかへらず。 てんじやうらくにほこりていとはず、 ごくをかなしみてねがはず、 くゐだうこんにせめられてもとめず、 ちくしやうだう愚痴ぐちにほだされてしらず、 しゆだうはまたとうじやうひまなくしてだいをもとむるによしなし。 これらのしやうじよにはかつてぜんしきなし、 なにゝよりてかしゆちをわきまへん。 人中にんちうにも東州とうしう西州さいしう北州ほくしう仏法ぶちぽふみやうをしらず、 これぜんしきのゆへなり。 たまたましき0856ありといふとも、 仏法ぶちぽふしんずる宿善しふぜんなし。 いまこの南州なむしう日域じちゐきは、 しやうとくたい仏法ぶちぽふこうしたまひしよりこのかた、 ほかには教法けうぼふ流布るふし、 うちにはぜんくわんくゑして、 しゆちしやう要法えうぼふをもとめんことこのときにあたれり。

仏法ぶちぽふ万差まんじやなりといへども、 じやう真宗しんしゆはこれ時機じき相応さうおうほふなり。 りきをすてりきじようじてしゆぎやうせば、 「もんそくしやう法忍ぼふにん (観経) ととき、 「即得そくとくわうじやうじゆ退転たいてん (大経巻下) とのたまへり、 平生へいぜいごふじやうなにをかうたがはん。 このほふしんぜずはこれ宿善しふぜんのひとなり。 「宿しふけん諸仏しよぶち即能そくのうしん此事しじ (礼讃) ともしやくし、 「憍慢けうまんへいだいは、 もてこのほふしんずることかたし」 (大経巻下) とときたまへり。 まことにこれ、 希有けうさいしよう要法えうぼふ決成くゑちぢやうわうじやう業因ごふいんなり。 おぼろげのえんにしては、 たやすくきゝうべからず。 もしきゝえてよろこぶこゝろあらば、 これ宿善しふぜんのひとなり。 ぜんしきにあひてほんぐわん相応さうおうのことはりをきくとき、 一念ゐちねむもうたがふこゝろのなきは、 これすなはち摂取せふしゆしむくわうぎやうじや心中しむちうせうしてすてたまはざるゆへなり。 光明くわうみやう智慧ちえなり、 この光明くわうみやうさうより信心しんじむ開発かいほちしたまふゆへに信心しんじむぶちなり、 ぶちよりすゝめられたてまつりてくちにみやうがうはとなへらるゝなり。 これさらにぎやうじやしむよりをこりてまふす念仏ねむぶちにはあらず。 ぶちより信心しんじむはをこり、 信心しんじむよりみやうがうをとなふるなり。

0857るがゆへに、 ¬けう行証ぎやうしよう¼ (信巻意) には 「ぐわんりき信心しんじむみやうがうす」 とのたまへり。 光明くわうみやうくわしやうは、 「ぎやうじやしんにあらず、 ぎやうじやぎやうにあらず、 ぎやうじやぜんにあらず」 としやくしたまへり。 无むげぶちぎやうじやしむにいり、 ぎやうじやしむぶち光明くわうみやうにおさめとられたてまつりて、 ぎやうじやのはからいはちりばかりもあるべからず。 これを ¬観経くわんぎやう¼ には、 「諸仏しよぶち如来によらいは、 これ法界ほふかいしんなり。 一切ゐちさいしゆじやう心想しむさうのうちにいりたまふ」 とはときたまへり。 「諸仏しよぶち如来によらい」 といふは弥陀みだ如来によらいなり、 諸仏しよぶち弥陀みだ分身ぶんしんなるがゆへに、 諸仏しよぶちをば弥陀みだとこゝろうべしとおほせごとありき。

りき信心しんじむぎやくとくするとき、 よこさまに悪趣あくしゆにおつべき業因ごふいんを、 きりとゞめられたてまつり、 悪道あくだうのかどながくとぢて、 ねんにすなはちのとき正定しやうぢやうじゆにさだまる。 正定しやうぢやうじゆといふは退たいのくらゐなり、 退たいといふはながくじふ五有ごうにかへらざるなり。 さればぜんしきにあひたてまつり、 ほふをきゝてりやうするとき、 わうじやうはさだまるなり。 そのゝちみやうがうのとなへらるゝは、 だいぜいおんほうじたてまつるなり。 それもぎやうじやのかたよりとなへて仏恩ぶちおんほうずるにはあらず。 りきしんよりもよほされたてまつりてとなふれば、 をのづから仏恩ぶちおん報謝ほうしやとなるなり。 しんぎやうもかつてぎやうじやしよならず、 たゞりきといへり。 すでに摂取せふしゆしむくわうにおさめとられた0858てまつり、 ながくすてられたてまつらぬおんちかひにあひたてまつること、 これぜんしき恩徳おんどくなり。 まことにほうじてもつきがたし。 もしこのえんなくは、 つゐにさむにかへり、 ひゃく千劫せんごふをふるとも仏法ぶちぽふみやうをきかざらまし。

またしきたらんひとはしんしんをわかず、 このだうをひとにしめすべし。 そのゆへは、 しんずるひとはすなはちわうじやうさだまりてゐやうごふ楽果らくくわしようし、 しんぜざれども、 ひとたびもきゝぬればおんしやうえんとなりて、 つゐにこのひとにむまれあひて、 かさねてこのほふをきゝてしやうすべし。 このりき法門ほふもんまんぎやう諸善しよぜん肝心かんじむ真如しんによほふしやうごくなるがゆへに、 ひとたびもみゝにふれぬれば、 かつてむなしからざるなり。 われはよくこゝろえたりとおもふとも、 なをもしきにちかづきて、 たづねとひたてまつるべし。 きけばいよいよかたく、 あふげばいよいよたかし。 よくよくたづねまふさるべし。 よくよくわきまへて、 こたへをしへたまふべし。 きくことのかたきにはあらず、 よくきくことのかたきなり。 しんずることのかたきにはあらず、 をしふることのかたきなり。 「わうにん (大経巻下) とときたまへるは、 ゆきやすくしてひとなしといふこゝろなり。 ひとなしといふは、 よくをしふるひともなく、 よくきくひともなきなり。 りきぶちごくはいかばかりとしりてか、 これまで0859とおもひて、 ぜんしきにもちかづかざるべきや。 りようごむの ¬要集えうしふ¼ (巻上) には 「これをみぎにをきて、 廃忘はいまうにそなへよ」 といひ、 龍樹りうじゆしやくには、 「ぜんのをしへなければ、 愚痴ぐちのやみいでがたし」 とのたまへり。 もんにあきらかならんひとは、 つねにしやうげうにむかひて義理ぎりあんじ、 もんにくらからんものは、 ぜんしきにあひたてまつりて、 わがしれるところをたづぬべし。 ごろしるところなりといへども、 きけばまた得分とくぶんのあるなり。

¬きやう¼ (大経巻下) に 「もんみやうよくわうじやう」 ととき、 「もんみやうがう」 とものたまへるは、 「もん」 といふは、 きくとよむ、 きくといふは、 たゞなをざりにみやうがうをきくにはあらず、 「ほんぐわんしやう本末ほんまちをきゝてしむあることなし、 かるがゆへにもんといふ」 (信巻意) とのたまへり。 きゝてうたがはざるをもんといふ。 たとひ八万はちまん法蔵ほふざうじふ二部にぶきやうをきくとも、 しむあらばもんにあらず。 もんよりをこる信心しんじむよりをこる信心しんじむといふは、 きゝてうたがはず、 たもちてうしなはざるをいふ。 といふはしんなり、 きくもりきよりきゝ、 おもひさだむるもぐわんりきによりてさだまるあひだ、 ともにりきのはからひのちりばかりもよりつかざるなり。 これをねんといふ、 はおのづからといふ、 ねんはしからしむといふ。 ほふ法然ほふねんとして、 りきおんはからひによりてわうじやうさだまるを0860いふなり。 わうじやうのさだまるしるしにはきやうしむをこるなり、 きやうしむのをこるしるしには報恩ほうおん謝徳しやとくのおもひあり。 こゝをもて、 龍樹りうじゆにいはく、 「おんをしるはこれだいほんなり、 おんをしらざるをばちくしやうとなづく」 (大智度論巻四九釈発趣品意) とのたまへり。 もしおんほうずるこゝろなくは、 ちくしやうるいするあきらかなり。 ちくしやうるいせばなんぞりきしんをうるひとならんや。 よくよくこゝろのうちをかへりみて、 きやう報恩ほうおんのこゝろあらば、 わうじやうすでにさだまりぬとしるべし。 しからずはわうじやうぢやうなり。 これぎやうじや用心ようじむなり、 よくよくわきまふべし。

おほよすこのふみ、 はじめは ¬十輪じふりんぎやう¼・¬十王じふわうきやう¼ とうのこゝろをとりてこれをせうす、 おはりは ¬けう行証ぎやうしよう¼ とう文類もんるい見聞けんもんするゆへに、 じやう見聞けんもんしふだいす。 さらにわたくしなしといへども、 しやのみやすからんことをえうす。 そもそもりようごむ先徳せんどくの ¬要集えうしふ¼・禅林ぜんりん永観ゐやうくわんの ¬十因じふいん¼ とうは、 「えん穢土ゑど」 「ごむじやう」 とかゝれたり。 らんしやうにん相伝さうでんには、 ごむをさきにし、 えんをのちにせよとのたまへり。 そのゆへは、 まづ穢土ゑどをいとへとすゝむとも、 ぼむはいとふこゝろあるべからず。 これをいとはせんとすゝめんいとまに、 まづごむじやうのゆへをきかせぬれば0861、 をしへざれども信心しんじむぎやくとくしぬれば、 穢土ゑどはいとはるゝとおほせありけり。 されば ¬けう行証ぎやうしよう¼・¬じやう文類もんるい聚鈔じゆせう¼・¬禿鈔とくせう¼ とうさくにも、 また ¬じやうさん¼・¬しやう像末ざうまちさん¼ とうにも、 かつて穢土ゑどをいとへとも、 じやうくわんぜよとも、 あそばされたる一文ゐちもんなし。 つらつらこのことをあんずるに、 まことに信心しんじむひとたびほちせしめたまひぬれば、 をしへざれども穢土ゑどはいとひぬべし。 またたとひいとふこゝろかつてなくとも、 しんをえばわうじやううたがひなし。 一言ゐちごんなりとも、 りきほち法門ほふもんもとも大切たいせちなり。 はじめの十王じふわう讃嘆さんだんなんどはすでにえんをさきにするなり。 当流たうりうにはしかるべからざることなれども、 せんあむのものを誘引ゆういんのためにとて、 ぐわんしゆ所望しよまうもだがたきによりて、 わたくしの見聞けんもんをしるしわたすなり。 ゆめゆめぐわいけんあるべからず。 あなかしこ、 あなかしこ。

 

底本は◎大阪府慈願寺蔵室町時代末期書写本。