如来にょらいしゅこうもん

 

【1】 ^¬*りょう寿じゅきょう優婆うば提舎だいしゃがんしょう¼ にいはく、

*云何いかんが回向えこうする 不↠捨↢一切苦悩衆生↡いっさいくのうのしゅじょうをすてずして しんにつねに作願さがんすらく *回向えこうを為↠首しゅとして得↣成↢就大悲心↡だいひしんをじょうじゅすることをえたまえるがゆえにと

 ^この*本願ほんがんりきこうをもつて、 如来にょらいこうしゅあり。 ひとつには*往相おうそうこうふたつには*還相げんそうこうなり。

【2】 ^往相おうそうこうにつきて、 *真実しんじつぎょうごうあり、 *真実しんじつ信心しんじんあり、 *真実しんじつしょうあり。

【3】 ^真実しんじつぎょうごうといふは、 *諸仏しょぶつ称名しょうみょうがん (第十七願) にあらはれたり。 称名しょうみょうがん、 ¬*だいりょう寿じゅ¼ (上) にのたまはく、

*せつ得仏とくぶつ 十方じっぽうかい りょう諸仏しょぶつ しつ*しゃ *しょうみょうしゃ しゅしょうがく

【4】 ^*真実しんじつ信心しんじんといふは、 *念仏ねんぶつおうじょうがん (第十八願) にあらはれたり。 しんぎょうがん、 ¬*だいきょう¼ (上) にのたまはく、

*せつ得仏とくぶつ 十方じっぽうしゅじょう しんしんぎょう よくしょうこく ないじゅうねん にゃくしょうじゃ しゅしょうがく 唯除ゆいじょぎゃく ほうしょうぼう

【5】 ^真実しんじつしょうといふは、 *ひっめつがん (第十一願) にあらはれたり。 しょうがん、 ¬だいきょう¼ (上) にのたまはく、

*せつ得仏とくぶつ こくちゅう人天にんでん じゅじょうじゅ ひっめつしゃ しゅしょうがく

 ^これらの本誓ほんぜいがん*せんじゃく本願ほんがんもうすなり。

【6】 ^このひっめつ大願だいがんをおこしたまひて、 この真実しんじつ*しんぎょうをえたらんひとは、 すなはち*正定しょうじょうじゅくらいじゅうせしめんとちかひたまへり。

 ^同本どうほんやくの ¬*りょう寿じゅ如来にょらい¼ (上) にのたまはく、

*にゃくじょうぶつ こくちゅうじょう にゃくけつじょう じょうとうしょうがく しょうだいはんしゃ しゅだい

 ^このがんは、 すなはち真実しんじつしんぎょうをえたるひとけつじょうして*とうしょうがくにならしめんとちかひたまへりとなり。 とうしょうがくはすなはち正定しょうじょうじゅくらいなり。 とうしょうがくもうすは、 *しょ*ろくさつとおなじからしめんとちかひたまへるなり。 これらのせんじゃく本願ほんがんは、 *法蔵ほうぞうさつ思議しぎ*ぜいなり。

しかれば、 真実しんじつ信心しんじん念仏ねんぶつしゃは、 ¬だいきょう¼ (下) には 「*にょろく」 とのたまへり。 これらのだい誓願せいがん往相おうそうこうもうすとみえたり。 ろくさつとおなじといへりと、 ¬*りゅうじょじょうもん¼ にはあらはせり。

【7】 ^ふたつに、 還相げんそうこうといふは、 ¬*じょうろん¼ にいはく、

*以↢本願力廻向↡ほんがんりきのえこうをもってのゆえにと これを名↢しゅつ*出第五門↡だいごもんとなづく」 と。 これはこれ還相げんそうこうなり。

【8】 ^このこころは、 *いっしょうしょ大願だいがん (第二十二願) にあらはれたり。 だいだい誓願せいがんは、 ¬だいきょう¼ (上) にのたまはく、

*設我得↠仏たといわれぶつをえたらんに ほうぶつどのもろもろのさつしゅ 来↢生我国↡わがくににらいしょうして 究竟くきょうしてかならず至↢一生補処↡いっしょうふしょにいたらしめん 除↧その本願ほんがんの自在じざいのしょ 為↢衆生↡しゅじょうのためのゆえに 被↢ぐぜい*弘誓鎧↡のがいをきて積↢累徳本↡とくほんをしゃくるいし度↢脱一切↡いっさいをどだつして 遊↢諸仏国↡しょぶつのくににあそびて 修↢菩薩行↡ぼさつのぎょうをしゅし 供↢養十方諸仏如来↡じっぽうのしょぶつにょらいをくようし 開↢化恒沙無量衆生↡ごうじゃむりょうのしゅじょうをかいけし 使↞立↢*无上正真之道↡むじょうしょうしんのどうを りゅう せしめん をば のぞかんと 超↢出常倫↡じょうりんにちょうしゅつし *しょぎょう現前げんぜんし 修↢習普賢之徳↡ふげんのとくをしゅじゅうせん もし不↠爾しからず 不↠取↢正覚↡しょうがくをとらじと

 ^これは如来にょらい還相げんそうこうおんちかひなり。 これは*りき還相げんそうこうなれば、 *自利じり利他りたともにぎょうじゃ*がんぎょうにあらず、 法蔵ほうぞうさつ*誓願せいがんなり。 「りきには*なきをもつてとす」 と、 だいしょうにん (*源空)おおせごとありき。 よくよくこのせんじゃくがんをこころえたまふべし。

 

^*しょう元年がんねんひのとのみうるう三月さんがつじゅう一日いちにちこれを書写しょしゃす。

 

云何回向… 本文に付してある訓点にしたがって、 その書き下しを振り仮名の体裁で示した。
回向為首 回向を第一にして。 回向を中心にして。
本願力の回向 →補註12
真実の行業 往生の因となる真実のおこない。 →補註10
真実の信心 →補註11
真実の証果 行信の因に報いて得られた果としての真実のさとり。 →補註2
設我得仏十方世界… 「たとひわれ仏を得たらんに、 十方世界の無量の諸仏、 ことごとく咨嗟してわが名を称せずは、 正覚を取らじ」 (行巻訓)
咨嗟 讃嘆の意で、 ほめたたえること。
 称揚の意で、 みょうごうをほめたたえること。
設我得仏十方衆生… 「たとひわれ仏を得たらんに、 十方の衆生、 心を至し信楽してわが国に生れんとおもひて、 乃至十念せん。 もし生れざれば、 正覚を取らじと。 ただ五逆と誹謗正法を除く」 (信巻訓)
設我得仏国中人天… 「たとひわれ仏を得たらんに、 国のうちの人天、 定聚に住し、 かならず滅度に至らずは、 正覚を取らじ」 (証巻訓)
若我成仏… 「もしわれ成仏せんに、 国のうちの有情、 もし決定して等正覚を成り大涅槃を証せずは、 菩提を取らじ」 (証巻訓)
次如弥勒 「いで弥勒のごとし」 (左訓) →にょろく
出第五門 「これはこれ五念門のうちにこうもんなり、 これは弥陀如来の利他の回向なり」 (左訓) 出は利他教化に出ること。 第五門は五功徳門の中の園林おんりん遊戯ゆげもんのこと。 さとりの世界より迷いの世界にたちかえって、 自由自在にしゅじょうを救済するのを楽しみとすることを出第五門という。 →しゅどく
弘誓鎧 衆生さい誓願せいがんが堅固なことをよろいに喩える。
無上正真之道 →のく多羅たらさんみゃくさんだい
諸地之行 じゅうの菩薩が行う自利利他の修行。
願楽 ねがい。
義なきをもって義とす →なきをとす
正嘉元年 1257年。 親鸞聖人八十五歳。