0617拾遺黒谷語録巻中 上漢語 中下和語

厭欣沙門了慧集録

 

 登山状第一
 示或人詞第二
 津戸返状第三
 示或女房法語第四

一、 登山状

登山状 第一  源空

それ流浪三界のうち、 いづれの界におもむきてか、 釈尊の出世にあはざりし。 輪回四生のあひだ、 いづれの生をうけてか、 如来の説法をきかざりし。 花厳開講のむしろにもまじはらず、 般若演説の座にもつらならず、 鷲峯説法のにわにものぞまず、 鶴林涅槃のみぎりにもいたらず。

われ舎衛の三億の家にややどりけん、 しら0618ず地獄八熱のそこにやすみけん。 はづべしはづべし、 かなしむべしかなしむべし。

まさにいま多生曠劫をへて、 むまれがたき人界にむまれて、 無量劫をおくりて、 あひがたき仏教にあへり。 釈尊の在世にあはざる事は、 かなしみなりといへども、 教法流布の世にあふ事をえたるは、 これよろこび也。 たとへば目しゐたるかめの、 うき木のあなにあへるがごとし。

わが朝に仏法流布せし事も、 欽明天皇あめのしたをしろしめして、 十三年みづのえさるのとし、 ふゆ十月一日、 はじめて仏法わたり給ひし。 それよりさきには如来の教法も流布せざりしかば、 菩提の覚路いまだきかず。

こゝにわれら、 いかなる宿縁にこたへ、 いかなる善業によりてか、 仏法流布の時にむまれて、 生死解脱のみちをきく事をえたる。 しかるをいまあひがたくしてあふ事をえたり。 いたづらにあかしくらして、 やみなんこそかなしけれ。

あるいは金谷の花をもてあそびて、 遅々たる春をむなしくくらし、 あるいは南楼に月をあざけりて、 縵々たる秋の夜をいたづらにあかす。 あるいは千里の雲にはせて、 山のかせぎをとりてとしをおくり、 あるいは万里のなみにうかびて、 うみのいろくづをとりて日をかさね、 あるいは極寒にこほりをしのぎて、 世路をわたり、 あるいは炎天にあせをのごひて、 利養をもとめ、 あるいは妻子眷属0619に纏はれて、 恩愛のきづなきりがたし。 あるいは執敵怨類にあひて、 瞋恚のほむらやむ事なし。

総じてかくのごとくして、 昼夜朝暮・行住坐臥、 時としてやむ事なし。 たゞほしきまゝに、 あくまで三途八難の業をかさぬ。 しかれば、 ある文には 「一人一日中、 八億四千念、 念念中所作、 皆是三途業」 といへり。 かくのごとくして、 昨日もいたづらにくれぬ、 今日も又むなしくあけぬ。 いまいくたびかくらし、 いくたびかあかさんとする。

それあしたにひらくる栄花は、 ゆふべの風にちりやすく、 ゆふべにむすぶ命露は、 あしたの日にきへやすし。 これをしらずしてつねにさかへん事をおもひ、 これをさとらずしてつねにあらん事をおもふ。

しかるあひだ、 无常の風ひとたびふけば、 有為のつゆながくきへぬれば、 これを曠野にすて、 これをとをき山におくる。 かばねはつゐにこけのしたにうづもれ、 たましゐはひとりたびのそらにまよふ。 妻子眷属は家にあれどもともなはず、 七珍万宝はくらにみてれども益なし。 たゞ身にしたがふものは後悔のなみだ也。

つゐに閻魔の庁にいたるぬれば、 つみの浅深をさだめ、 業の軽重をかんがへらる。 法王罪人にとひていはく、 なんぢ仏法流布の世にむまれて、 なんぞ修行せずして、 いたづらに返りきたるや。

その時には、 われらいかゞこたへんとする。 すみやかに0620出要をもとめて、 むなしく返る事なかれ。

そもそも一代諸教のうち、 顕宗・密宗、 大乗・小乗、 権教・実教、 部八宗にわかれ、 義万差につらなりて、 あるいは万法皆空の宗をとき、 あるいは諸法実相の心をあかし、 あるいは五性各別の義をたて、 あるいは悉有仏性の理を談じ、 宗々に究竟至極の義をあらそひ、 各々に甚深正義に宗を論ず。

みなこれ経論の実語也。 そもそも又如来の金言也。 あるいは機をとゝのへてこれをとき、 あるいは時をかゞみてこれをおしへ給へり。 いづれかあさく、 いづれかふかき、 ともに是非をわきまへがたし。 かれも教これも教、 たがひに偏執をいだく事なかれ。

説のごとく修行せば、 みなことごとく生死を過度すべし。 法のごとく修行せば、 ともにおなじく菩提を証得すべし。 修せずしていたづらに是非を論ず、 たとへば目しゐたる人のいろの浅深を論じ、 みゝしゐたる人のこゑの好悪をいはんがごとし。 たゞすべからく修行すべし、 いづれも生死解脱のみち也。

しかるにいま、 かれを学する人はこれをそねみ、 これを誦する人はかれをそしる。 愚鈍のもの、 これがためにまどひやすく、 浅才の身、 これがためにわきまへがたし。 たまたま一法におもむきて功をつまんとすれば、 すなはち諸宗のあらそひたがひにきたる。 ひろく0621諸教にわたりて義を談ぜんとおもへば、 一期のいのちくれやすし。

かの蓬莱・方丈・瀛州といふなる三の山にこそ、 不死の薬はありときけ。 かれを服してまれ、 いのちをのべて漸々に習はゞやと思へども、 たづぬべきかたもおぼへず。 もろこしに、 秦皇・漢武ときこへし御門、 これをきゝてたづねにつかはしたりしかども、 童男・丱女、 ふねのうちにして、 とし月をおくりき。 彭祖が七百歳の法、 むかしがたりにて、 いまの時につたへがたし。

曇鸞法師と申せし人こそ、 仏法のそこをきわめたりし。 人のいのちはあしたを期しがたしとて、 仏法をならはんがために、 長生の仙の法をばつたへ候ひけれ。

時に菩提流支と申す三蔵ましましき。 曇鸞かの三蔵の御まへにまうでゝ申給ふやうは、 仏法の中に長生不死の法、 この土の仙経にすぎたるありやとゝひ給ひければ、 三蔵、 地につわきをはきての給はく、 この方にはいづくんぞところに長生の法あらん。 たとひ長年をえてしばらくしなずとも、 つゐに三有に輪廻すとの給ひて、 すなはち ¬観无量寿経¼ をさづけて、 大仙の法也、 これによりて修行すれば、 さらに生死を解脱すべしとの給ひき。

曇鸞これをつたへて、 仙法をたちまちに火にやきて、 これをすつ。 ¬観无量寿経¼ によりて、 浄土の行をしるし給ひき。 そのゝち曇鸞・道綽・善導・懐感・少康等にい0622たるまで、 このながれをつたへ給へり。

そのみちをおもひて、 いのちをのべて大仙の法をとらんとおもふに、 又道綽禅師の ¬安楽集¼ にも聖道・浄土の二門をたて給ふは、 この心なり。 その聖道門といふは、 穢土にして煩悩を断じて菩提にいたる也。 浄土門といふは、 浄土にむまれて、 かしこにして煩悩を断じて菩提にいたる也。

いまこの浄土宗についてこれをいへば、 又 ¬観経¼ にあかすところの業因一つにあらず、 三福九品・十三定善、 その行しなじなにわかれて、 その業まちまちにつらなれり。

まづ定善十三観といふは、 日想・水想・地想・宝樹・宝池・宝楼・花座・仏想・真身・観音・勢至・普観・雑観、 これ也。

つぎに散善九品といふは、 一には孝養父母、 奉事師長、 慈心不殺、 修十善業、 二には受持三帰、 具足衆戒、 不犯威儀、 三には発菩提心、 深信因果、 読誦大乗、 勧進行者也。

九品は、 かの三福の業を開してその業因にあつ。 つぶさには ¬観経¼ に見えたり。

総じてこれをいへば、 定散二善の中にもれたる往生の行はあるべからず。 これによりて、 あるいはいづれにもあれ、 たゞ有縁の行におもむきて功をかさねて、 心にひかん法によりて行をはげまば、 みなことごとく往生をとぐべし。 さらにうたばひをなす事なか0623れ。

いましばらく自法につきてこれをいはゞ、 まさにいま定善の観門は、 かすかにつらなりて十三あり。 散善の業因は、 まちまちにわかれて九品あり。 その定善の門にいらんとすれば、 すなはち意馬あれて六塵の境にはす。 かの散善の門にのぞまんとすれば、 又心猿あそんで十悪のえだにうつる。 かれをしづめんとすれどもえず、 これをとゞめんとすれどもあたはず。

いま下三品の業因を見れば、 十悪・五逆の衆生、 臨終に善知識にあひて、 一声・十声阿弥陀仏の名号をとなへて往生すとゝかれたり。 これなんぞわれらが分にあらざらんや。

かの釈の雄俊といひし人は、 七度還俗の悪人也。 いのちおはりてのち、 獄率、 閻魔の庁庭にゐてゆきて、 南閻浮提第一の悪人、 七度還俗の雄俊ゐてまいりてはんべりと申ければ、 雄俊申ていはく、 われ在生の時、 ¬観无量寿経¼ を見しかば、 五逆の罪人、 阿弥陀ほとけの名号をとなへて極楽に往生すと、 まさしくとかれたり。 われ七度還俗すといへども、 いまだ五逆をばつくらず、 善根すくなしといへども、 念仏十声にすぎたり。 雄俊もし地獄におちば、 三世諸仏、 妄語のつみにおち給ふべしと高声にさけびしかば、 法王は理におそれて、 たまのかぶりをかたぶけてこれをおがみ、 弥陀はちかひによりて金蓮にのせてむかへ給ひき。

いはんや、 七度還俗におよばざら0624んをや、 いはんや、 一形念仏せんをや。 「男女・貴賎、 行住坐臥をえらばず、 時処諸縁を論ぜず、 これを修するにかたからず、 乃至、 臨終に往生を願求するに、 そのたよりをえたり」(要集巻下) と、 楞厳の先徳のかきおき給へる、 ま事なるかなや。

又善導和尚、 この ¬観経¼ を釈しての給はく、 「娑婆の化主、 その請によるがゆへにひろく浄土の要門をひらき、 安楽の能人、 別意の弘願をあらはす。 その要門といはすなはちこの ¬観経¼ の定散二門これ也。 定はすなはちおもひをやめてもて心をこらし、 散はすなはち悪を廃して善を修す。 この二行をめぐらして往生をもとめねがふ也。

弘願といは ¬大経¼ にとくがごとし。 一切善悪の凡夫のむまるゝ事をうるもの、 みな阿弥陀仏の大願業力に乗じて増上縁とせずといふ事なし。 又ほとけの密意弘深にして、 教文さとりがたし。 三賢・十聖もはかりてうかゞふところにあらず。 いはんやわれ信外の軽毛也、 さらに旨趣をしらんや。 あふいでおもんみれば、 釈迦はこの方にして発遣し、 弥陀はかのくにより来迎し給ふ。 こゝにやりかしこによばふ。 あにさらざるべけんや」(玄義分) といへり。 しかれば、 定善・散善・弘願の三門をたて給へり。

その弘願といは、 ¬大経¼(巻上) に云、 「設我得仏、 十方衆生、 至心信楽、 欲生我国、 乃至十念、 若不生者、 不取正覚、 唯除五逆、 誹謗0625正法」 といへり。

善導釈していはく、 「若我成仏、 十方衆生、 称我名号下至十声、 若不生者不取正覚。 彼仏今現在世成仏。 当知、 本誓重願不虚、 衆生称念必得往生。」(礼讃) ¬観経¼ の定散両門をときおはりて、 「仏告阿難、 汝、 好持是語。 持是語者、 即是持无量寿仏名。」 これすなはちさきの弘願の心也。

又おなじき ¬経¼(礼讃) の真身観には、 「弥陀身色如金山、 相好光明照十方、 唯有念仏蒙光摂、 当知本願最為強。」 又これさきの弘願のゆへなり。

¬阿弥陀経¼ にいはく、 「不可以少善根福徳因縁得生彼国。 若善男子・善女人、 門説阿弥陀仏、 執持名号、 若一日、 若二日乃至七日、 一心不乱、 其人命終時、 心不顛倒、 即得往生。」 つぎの文に、 「六方におのおの恒河沙の仏ましまして、 広長舌相を出して、 あまねく三千大千世界におほひて、 誠実の事也、 信ぜよ」(意) と証誠し給へり。 これ又さきの弘願のゆへ也。

又 ¬般舟三昧経¼(一巻本聞事品意) にいはく、 「跋陀和菩薩、 阿弥陀にとひていはく、 いかなる法を行じてか、 かのくにゝむまるべきと。 阿弥陀ほとけの給はく、 わがくにゝ来生せんとおもはんものは、 つねに御名を念じてやすむ事なかれ。 かくのごとくして、 わがくにゝ来生する事をう」 との給へり。 これ又弘願のむねを、 かのほとけみづからの給へり。

又五台山の ¬大聖竹林寺の記¼ にいはく、 「法照禅師、 清0626涼山にのぼりて大聖竹林寺にいたる。 こゝに二人の童子あり、 一人をば善財といひ、 一人をば難陀といふ。 この二人の童子、 法照禅師をみちびきて、 寺のうちにいれて、 漸々に講堂にいたりて見れば、 普賢菩薩、 无数の眷属に囲繞せられて坐し給へり。 文殊師利は、 一万の菩薩に囲繞せられて坐し給へり。

法照礼してとひたてまつりていはく、 末法の凡夫はいづれの法をか修すべき。 文殊師利こたへての給はく、 なんぢすでに念仏せよ、 いままさしくこれ時也と。

法照又とひていはく、 まさにいづれをか念ずべきと。 文殊又の給はく、 この世界をすぎて西方に阿弥陀仏まします。 かのほとけに願ふかくまします、 なんぢまさに念ずべし」 と。

大聖文殊、 法照禅師にまのあたりの給ひし事也。 すべてひろくこれをいへば、 諸教にあまねく修せしめたる法門也。 つぶさにあぐるにいとまあらず。

しかるをこのごろ、 念仏のよにひろまりたるによりて仏法うせなんとすと、 諸宗の学者難破をいたすによりて、 人おほく念仏の行を廃すときこゆ、 いまだ心えずはんべり。

仏法はこれ万年也、 うしなはんとおもふとも、 仏法擁護の諸天善神まぼり給ふゆへに、 人のちからにてはかなふべからず。 かの守谷の大臣が、 仏法を破滅せんとせしかども、 法命いまだつきずして、 いまにつたはるがごとし。 いはん0627や、 无智の道俗・在家の男女のちからにて念仏を行ずるによりて、 法相・三論も隠没し、 天臺・華厳も廃する事、 なじかはあるべき。

念仏を行ぜずしてゐたらば、 このともがらは一宗をも興隆すべきかは。 たゞいたづらに念仏の業を廃したるばかりにて、 またくそれ諸宗のおぎろをもさぐるべからず。 しかれば、 これおほきなる損にあらずや。

諸宗のふかきながれをくむ南都・北京の学者、 両部の大法をつたへたる本寺・本山の禅徒、 百千万の念仏世にひろまりたりとも、 本宗をあらたむべきにあらず、 又仏法うせなんとすとて仏法を廃せば、 念仏はこれ仏法にあらずや。

たとへば虎狼の害をにげて、 師子にむかひてはしらんがごとし。 余行を謗じ念仏を謗ぜん、 おなじくこれ逆罪也。 とら・おほかみに害せられん、 師子に害せられん、 ともにかならず死すべし。 これをも謗ずべからず、 かれをもそねむべからず。 ともにみな仏法也、 たがひに偏執する事なかれ。

¬像法決疑経¼ にいはく、 「三学の行人たがひに毀謗して地獄にいる事、 ときやのごとし」 といへり。 又 ¬大経¼(大智度論巻一初品) にいはく、 「自法を愛染するゆへに、 他人を毀呰すれば、 持戒の行人も、 地獄の苦をまぬかれず」 といへり。

又善導和尚のの給はく、

「世尊説法時将了慇懃付属弥陀名
0628五濁増時多疑謗道俗相簡不用聞
見有修行起瞋毒方便破壊競生怨
如此生盲闡提輩毀滅頓教永沈淪
超過大地微塵劫未可得離三途身」(法事讃巻下)

といへり。

念仏を修せんものは、 余行をそしるべからず。 そしらばすなはち、 弥陀の悲願にそむくべきゆへなり。 余行を修せん物も、 念仏をそしるべからず。 又諸仏の本誓にたがふがゆへなり。

しかるをいま、 真言・止観の窓のまへには念仏の行をそしる、 一向専念の床のうゑには諸余の行をそしる、 ともに我々偏執の心をもて義理をたて、 たがひにおのおの是非のおもひに住して会釈をなす。 あにこれ正義にかなはんや、 みなともに仏意にそむけり。

つぎに又難者のいはく、 今来の念仏者、 わたくしの義をたてゝ悪業をおそるゝは、 弥陀の本願を信ぜざる也、 数遍をかさぬるは、 一念の往生をうたがふ也。 行業をいへば、 一念・十念にたりぬべし。 かるがゆへに数遍をつむべからず。 悪業をいへば、 四重・五逆なをむまるゝゆへに、 諸悪をはゞかるべからずといへり。

この義またくしかるべからず、 釈尊の説法にも見へず、 善導の釈にもあらず。 もしかく0629のごとく存ぜんものは、 総じては諸仏の御心にたがふべし、 別しては弥陀の本願にかなふべからず。

その五逆・十悪の衆生の、 一念・十念によりて、 かのくにに往生すといふは、 これ ¬観経¼ のあきらかなる文也。 たゞし五逆をつくりて十念をとなへよ、 十悪をおかして一念を申せとすゝむるにはあらず。 それ十重をたもちて十念をとなへよ、 四十八軽をまぼりて四十八願をたのむは、 心にふかくこひねがふところ也。

およそいづれの行をもはらにすとも、 心に戒行をたもちて浮囊をまぼるがごとくにし、 身の威儀に油鉢をかたぶけずは、 行として成就せずといふ事なし、 願として円満せずといふ事なし。 しかるをわれら、 あるいは四重をおかし、 あるいは十悪を行ず。 かれもおかしこれも行ず、 一人としてま事の戒行を具したる物はなし。

「諸悪莫作諸善奉行」 は、 三世の諸仏の通戒也。 善を修するものは善趣の報をえ、 悪を行ずる物は悪道の果を感ずといふ。 この因果の道理をきけども、 きかざるがごとし。 はじめていふにあたはず。

しかれども、 分にしたがひて悪業をとゞめよ。 縁にふれて念仏を行じ、 往生を期すべし。 悪人をすてられずは、 善人なんぞきらはん。 つみをおそるゝは本願をうたがふと、 この宗にまたく存ぜざるところ也。

0630ぎに一念・十念によりてかのくにゝ往生すといふは、 釈尊の金言也、 ¬観経¼ のあきらかなる文也。

善導和尚のいはく、 「下至十声等、 定得往生、 乃至一念无有疑心。 故名深心」(礼讃) といへり。 又いはく、 「行住坐臥不問時節久近念々不捨者、 是名正定之業、 順彼仏願故」(散善義) といへり。

しかれば、 信を一念にむまるとゝりて、 行をば一形はげむべしとすゝむる也。 弥陀の本願を信じて、 念仏の功をつもり、 運心としひさしくは、 なんぞ願力を信ぜずといふべきや。 すべて博地の凡夫、 弥陀の浄土にむまれん事、 他力にあらずはみな道たえたるべき事也。

およそ十方世界の諸仏善逝、 穢土の衆生を引導せんがために、 穢土にして正覚をとなへ、 浄土にして正覚をなりて、 しかも穢土の衆生を引導せんといふ願をたて給へり。

その穢土にして正覚をとなふれば、 随類応同の相をしめすがゆへに、 いのちながゝらずして、 とく涅槃にいりぬれば、 報仏・報土にして地上の大菩薩の所居也。 未断惑の凡夫は、 たゞちにむまるゝ事あたはず。 しかるをいま浄土を荘厳し、 仏道を修行するは、 凡位はもと造悪不善のともがら也。 輪転きはまりなからんを引導し、 破戒浅智のやからの出離の期なからんをあはれまんがため也。

もしその三賢を証し、 十地をきわめたる久行の聖人、 深位の菩薩の六度万行を具足し、 諸0631波羅蜜を修行してむまるゝといはば、 これ大悲の本意にあらず。 この修因感果のことわりを、 大慈大悲の御心のうちに思惟して、 年序をそらにつもりて、 星霜五劫におよべり。

しかるを善巧方便をめぐらして、 思惟し給へり。 しかもわれ別願をもて浄土に居して、 博地底下の衆生を引導すべし。 その衆生の業力によりて、 むまるゝといはゞかたかるべし。 我、 須は衆生のために永劫の修行をゝくり、 僧祗の苦行をめぐらして万行万善の果徳円満し、 自覚覚他の覚行窮満して、 その成就せんところの万徳无漏の一切の功徳をもてわが名号として、 衆生にとなへしめん。

衆生もしこれにおいて信をいたして称念せば、 わが願にこたへてむまるゝ事をうべし。 名号をとなへばむまるべき別願をおこして、 その願成就せば、 仏になるべきがゆへ也。 この願もし満足せずは、 永劫をふともわれ正覚をとらじ。 たゞし未来悪世の衆生、 憍慢懈怠にして、 これにおいて信をおこす事かたかるべし。 一仏二仏のとき給はんに、 おそらくはうたがふ心をなさん事を。

ねがはくは、 われ十方諸仏にことごとくこの願を称揚せられたてまつらんとちかひて、 第十七の願に、 「設我得仏、 十方无量諸仏、 不悉咨嗟、 称我名者、 不取正覚」(大経巻上) とたて給ひて、 つぎに第十八願の 「乃至十念、 若不生者、 不取正覚」(大経巻上) とたて給へり。

0632のむね、 无量の諸仏に称揚せられたてまつらんとたて給へり。 願成就するゆへに、 六方におのおの恒河沙のほとけましまして、 広長舌相を出して、 あまねく三千大千世界におほひて、 みなおなじくこの事をま事なりと証誠し給へり。

善導これを釈しての給はく、 「もしこの証によりてむまるゝ事をえずは、 六方の諸仏ののべ給へるした、 口よりいでおはりてのち、 つゐに口に返りいらずして、 自然にやぶれみだれん」(観念法門) との給へり。

これを信ぜざらん物は、 すなはち十方恒沙の諸仏の御したをやぶる也。 よくよく信ずべし。 一仏二仏の御したをやぶらんだにもあり、 いかにいはんや、 十方恒沙の諸仏をや。

「大地微塵劫を超過すとも、 いまだ三途の身をはなるべからず」(法事讃巻下) との給へり。

弥陀の四十八願といは、 无三悪趣、 不更悪趣、 乃至念仏往生等の願、 これ也。 すべて四十八願のなかに、 いづれの願か一つとして成就し給はぬ願あるべき、 願ごとに 「不取正覚」 とちかひて、 いますでに正覚をなり給へる故也。

然を无三悪趣の願を信ぜずして、 かの国に三悪道ありと云物はなし。 不更悪趣の願を信ぜずして、 かのくにゝ衆生いのちおはりてのち、 又悪道に返るといふ物はなし。

悉皆金色の願を信ぜずして、 かのくにの衆生は金色なるもあり、 白色なるもありといふ物はなし。 无有好醜の願を信ぜず0633して、 かのくにの衆生は、 かたちよきもあり、 わろきもありといふ物はなし。

乃至天眼・天耳、 光明・寿命および得三法忍の願にいたるまで、 これにおいてうたがひをなす物はいまだはんべらず。 たゞ第十八願において、 念仏往生の願一つを信ぜざる也。

この願をうたがはゞ、 余の願をも信ずべからず。 余の願を信ぜ­ば、½ この一願をうたがふべけんや。 法蔵比丘いまだほとけになり給はずといはゞ、 これ謗法になりなんかし。 もし又なり給へりといはゞ、 いかゞこの願をうたがふべきや。

四十八願の弥陀善逝は、 正覚を十劫にとなへ給へり。 六方恒沙の諸仏如来は、 舌相を三千世界にのべ給へり。 たれかこれを信ぜざるべきや。

善導この信を釈しての給はく、 「化仏・報仏、 若一、 若多、 乃至、 十方に遍して、 ひかりをかゞやかし、 したをはきてあまねく十方におほひて、 この事虚妄なりとの給はんにも、 畢竟じて、 一念疑退の心をおこさじ」(散善義意) との給へり。

しかるをいま行者たち、 異学・異見のために、 たやすくこれをやぶらる、 いかにいはんや、 報仏・化仏のゝ給はんをや。

そもそもこの行をすてば、 いづれのおこなひにかおもむき候べき。 智慧なければ、 聖教をひらくにまなこくらし。 財宝なければ、 布施を行ずるにちからなし。

むかし波羅奈国に太子ありき、 大施太子と申き。 貧人0634をあはれみて、 くらをひらきてもろもろのたからを出してあたへ給ふに、 たからはつくれども、 まづしき物はつくべからず。

こゝに太子、 うみのなかに如意宝珠ありときく。 海にゆきてもとめて、 まづしきたみにたからをあたへんとちかひて、 竜宮にゆき給ふに、 龍王おどろきあやしみて、 おぼろげの人にはあらずといひて、 みづからむかひて、 たからのゆかにすえたてまつり、 はるかにきたり給へる心ざし、 何事をもとめ給ふぞとゝへば、

太子の給はく、 閻浮提の人、 まづしくてくるしむ事おほし、 王のもとゞりのなかの宝珠をこはんがためにきたる也との給へば、 王のいはく、 しからば、 七日こゝにとゞまりて、 わが供養をうけ給へ、 そのゝちたからをたてまつらんといふ。

太子、 七日をへてたまをえ給ひぬ。 竜神そこよりおくりたてまつる、 すなはち本国のきしにいたりぬ。

こゝにもろもろの竜神なげきていはく、 このたまは海中のたから也、 なをとり返してぞよかるべきとさだむ。 海神、 人になりて太子の御まへにきたりていはく、 君よにまれなるたまをえ給へり。 とくわれに見せ給へといふ。 太子これを見せ給ふに、 うばひとりてうみへいりぬ。

太子なげきてちかひていはく、 なんぢもしたまを返さずんば、 うみをくみほさんといふ。 海神いでゝわらひていはく、 なんぢはもともおろかなる0635人かな。 そらの日をばおとしもしてん、 はやきせをばとゞめもしてん、 うみのみづをばつくすべからずといふ。

太子の給はく、 恩愛のたへがたきをもなをとゞめんとおもふ、 生死のつくしがたきをもなをつくさんとおもふ。 いはんや、 うみのみづおほしといふともかぎりあり。 もしこのよにくみつくさずは、 世々をへてもかならずくみつくさんとちかひて、 かいのからをとりてうみのみづをくむ。

ちかひの心まことなるがゆへに、 もろもろの天人ことごとくきたりて、 あまのはごろものそでにつゝみて、 鉄囲山のほかにくみをく。 太子、 一度二度かいのからをもてくみ給ふに、 海水十分が八分はうせぬ。

竜王、 さわぎあはてゝ、 わがすみかむなしくなりなんとすとわびて、 たまを返したてまつる。

太子、 これをとりてみやこに返りて、 もろもろのたからをふらして、 閻浮提のうちにたからをふらさゞるところなし。

くるしきをしのぎて退せざりしかば、 これを精進波羅蜜といふ。

むかしの太子は、 万里のなみをしのぎて、 竜王の如意宝珠をえ給へり。 いまのわれらは、 二河の水火をわけて、 弥陀本願の宝珠をえたり。

かれは竜神のくゐしがためにうばゝれ、 これは異学・異見のためにうばゝる。

かれはかいのからをもて大海をくみしかば、 六欲四禅の諸天きたりておなじくくみき、 これは信の手をもて0636疑謗の難をくまば、 六方恒沙の諸仏きたりてくみし給ふべし。

かれは大海のみづやうやくつきしかば、 竜宮のいらかあらはれて如意宝珠を返しとりき、 これは疑難のなみことごとくつきなば、 謗家のいらかあらはれて本願の宝珠を返しとるべし。

かれは返しとりて閻浮提にして貧窮のたみをあはれみき、 これは返しとりて極楽にむまれて博地のともがらをみちびくべし。

ねがはくは、 もろもろの行者、 弥陀本願の宝珠をいまだうばひとられざらん物は、 ふかく信心のそこにおさめよ。 もしすなはちとられたらんものは、 すみやかに深信の手をもて疑謗のなみをくめ。 たからをすてゝ手をむなしくして返る事なかれ。

いかなる弥陀か、 十念の悲願をおこして十方の衆生を摂取し給ふ。 いかなるわれらか、 六字の名号をとなへて三輩の往生をとげざらん。 永劫の修行はこれたれがためぞ、 功を未来の衆生にゆずり給ふ。 超世の悲願は又なんの料ぞ、 心ざしを末法のわれらにおくり給ふ。

われらもし往生をとぐべからずは、 ほとけあに正覚をなり給ふべしや、 われら又往生をとげましや。 われらが往生はほとけの正覚により、 ほとけの正覚はわれらが往生による。 「若不生者」 のちかひこれをもてしり、 「不取正覚」 のことばかぎりあるをや 云云

0637二、 示或人詞

示或人詞第二

一 しとは、 この時西にむかふべからず、 又西をうしろにすべからず、 きた・みなみにむかふべし。 おほかたうちうちゐたらんにも、 うちふさんにも、 かならず西にむかふべし。

もしゆゝしく便宜あしき事ありて、 西をうしろにする事あらば、 心のうちにわがうしろは西也、 阿弥陀ほとけのおはしますかた也。 たゞいまあしざまにてむかはねども、 心をだにも西方へやりつれば、 そゞろに西にむかはで、 極楽をおもはぬ人にくらぶれば、 それにまさる也。

一 孝養の心をもて、 ちゝ・はゝをおもくしおもはん人は、 まづ阿弥陀ほとけにあづけまいらすべし。 わが身の人となりて往生をねがひ念仏する事は、 ひ­と½へにわが父母のやしなひたてたればおそあれ。 わが念仏し候功をあはれみて、 わが父母を極楽へむかへさせおはしまして、 罪をも滅しましませとおもはば、 かならずかならずむかへとらせおはしまさんずる也。

されば唐土に妙雲といひし尼は、 おさなくして父母におくれたりけるが、 三十年ばかり念仏して父母をいのりしかば、 ともに地獄の苦をあらためて、 極楽へまいりたりける也。

0638 善導和尚の ¬往生礼讃¼ に、 本願をひきていはく、 「若我成仏、 十方衆生、 称我名号下至十声、 若不生者不取正覚。 彼仏今現在世成仏。 当知、 本誓重願不虚、 衆生称念必得往生。」

この文をつねに、 くちにもとなへ、 心にもうかべ、 眼にもあてゝ、 弥陀の本願を決定往生して、 極楽世界を荘厳したてゝ、 御目を見まはして、 わが名をとなふる人やあると御らんじ、 御みゝをかたぶけて、 わが名を称する物やあると、 よる・ひるきこしめさるゝ也。

されば一称も一念も、 阿弥陀にしられまいらせずといふ事なし。 されば摂取の光明はわが身をすて給ふ事なく、 臨終の来迎はむなしき事なき也。

この文は四十八願のまなこ也、 肝なり、 神也。 四十八字にむすびたる事は、 このゆへ也。

よくよく身をもきよめ、 手をもあらひて、 ずゞをもとり、 袈裟をもかくべし。 不浄の身にて持仏堂へいるべからず。

この世の王なんどをだにも、 うやまひおそるゝ事にてあるに、 まして无上世尊の、 もろもろの大菩薩にもうやまはれ給へるに、 われらが身にいかでかなめにもあたりまいらすべき。 三界の諸天もかふべをかたぶけ給ふ、 いかにいはんやわれらが身をや。

又つみをおそるゝは本願をかろしむる也、 身をつゝしみてよからんとするは自力をはげむ也といふ事0639は、 ものおぼへぬあさましきひが事也。 ゆめゆめみゝにもきゝいるべからず、 つゆちりばかりももちゐまじき事也。

はじめ 「浄土三部経」 より、 唐土・日本の人師の御作の中にも、 またくなき事どもを、 心にまかせてわがおもふさまに、 わろからんとていひいだしたる事也。 一定として三悪道におちんずる事也、 一代聖教の中にふつとなき事也。

五逆・十悪の罪人の、 臨終の一念・十念によりて来迎にあづかる事は、 そのつみをくゐかなしみて、 たすけおはしませとおもひて念仏すれば、 弥陀如来願力をおこして罪を滅し、 来迎しまします也。

本願のまゝにかきてまいらせ候、 このまゝに信じて御念仏候べし。 かまへてかまへて、 たうとき念仏者にておはしませ。 あなかしこ、 あなかしこ。

三、津戸返状 一

津戸三郎へつかはす御返事 第三

御文くはしくうけ給はり候ぬ。

念仏の事、 召問はれ候はんには、 なじかはくはしき事をば申させ給ふべき。 げにもいまだくはしくもならはせ給はぬ事にて候へば、 専修・雑修の間の事はくはしき沙汰候はずとも、 いかやうなる事ぞと召問はれ候は0640ゞ、 法門のくはしき事はしり候はず。

御京上の時うけ給はりわたり候て、 聖りのもとへまかり候て、 後世の事をばいかがし候べき、 在家のものなんどの後生たすかるべき事は、 なに事か候らんと問候しかば、 聖の申候し様は、 おほかた生死をはなるゝみち、 様々におほく候へども、 その中にこのごろの人の生死をいづる道は、 極楽に往生するよりほかには、 こと道はかなひがたき事也。

これほとけの衆生をすゝめて、 生死をいださせ給ふべき一つの道也。

しかるに極楽に往生する行、 又様々におほく候へども、 その中に念仏して往生するよりほかには、 こと行はかなひがたき事にてある也。

そのゆへは、 念仏はこれ弥陀の一切衆生のためにみづからちかひ給ひたりし本願の行なれば、 往生の業にとりては、 念仏にしく事はなし。 されば往生せんとおもはゞ、 念仏をこそはせめと申候き。

いかにいはんや、 又最下のものゝ、 法門をもしらず、 智慧もなからん物は、 念仏のほかには何事をしてか往生すべきといふ事なし。

われおさなくより法門をならひたるものにてあるだにも、 念仏よりほかに何事をして往生すべしともおぼへず、 たゞ念仏ばかりをして、 弥陀の本願をたのみて往生せんとはおもひてある也。

まして最下の物なんどは、 何事かあらんと申されしかば、 ふかくそのよしをたのみて、 念仏をば0641つかまつり候也と申させ給ふべし。 又この念仏を申す事は、 たゞわが心より弥陀の本願の行なりとさとりて申事にもあらず。

唐の世に善導和尚と申候し人、 往生の行業において専修・雑修と申す二つの行をわかちてすゝめ給へる事也。 専修といふは念仏也、 雑修といふは念仏のほかの行也。 専修のものは百人は百人ながら往生し、 雑修の物は千人が中にわづかに一、 二人ある也。

唐土に又信仲と申物こそ、 このむねをしるして ¬専修正業文¼ といふ文をつくりて、 唐土の諸人をすゝめたれ。 その文は、 じやうせう房なんどのもとには候らん。 それをもちてまいらせ候ふべし。

又専修につきて、 五種の専修正行といふ事あり。 この五種の正行につきて、 又正助二行をわかてり。 正業といふは、 五種の中に第四の念仏也。 助業といふは、 その中の四つの行也。

いま決定して浄土に往生せんとおもはゞ、 専雑二修の中には、 専修の教によりて一向に念仏をすべし。 正助二業の中には、 正業のすゝめによりて、 ふた心なくたゞ第四の称名念仏をすべしと申し候しかば、 くはしきむね、 ふかき心をばしり候はず。 さては念仏はめでたき事にこそあるなれと信じ候て申候ばかりに候。

件の人の善導和尚と申人は、 うちある人にも候はず、 阿弥陀ほとけの化身にておはしまし候なれば、 おしへすゝめさせ給はん事、 よもひ0642が事にては候はじとふかく信じて、 念仏はつかまつり候也。

そのつくらせ給て候なる文ども、 おほく候なれども、 文字もしり候はぬものにて候へば、 たゞ心ばかりをきゝ候て、 後生やたすかり候、 往生やし候とて申候程に、 ちかきものども見うらやみ候て、 少々申すものども候也と、 これほどに申させ給ふべし。

中々くはしく申させ候はゞ、 あやまちもありなんどして、 あしき事もこそ候へとおぼへ候は、 いかゞ候べき。 様々に難答をしるしてと候へども、 時にのぞみては、 いかなることばどもか候はんずらん、 書てまいらせて候はんも、 あしく候ぬべく候。 たゞよくよく御はからひ候て、 早晩よきやうにこそは、 はからはせ給ひ候はめ。

又念仏申すべからずとおほせられ候とも、 往生に心ざしあらん人は、 それにより候まじ。 念仏よくよく申せとおほせられ候とも、 道心なからん物は、 それにより候まじ。 とにかくにつけても、 このたび往生しなんと、 人をばしらず御身にかぎりてはおぼしめすべし。

わざとはるばると人あげさせ給ひて候こそ、 返々下人も不便に候へ。 なをなを召し問はれ候はん時には、 これより百千申て候はん事は、 時にもかなひ候まじければ、 无益の事にて候。 はからひてよきやうに、 早晩にしたがひて申させ給はんに、 よもひが事は候はじ。

真字・仮字にひろくかきてまいら0643せ候はんは、 もてのほかにひろく文をつくり候はんずる事にて候へば、 にはかにすべき事にても候はず。 それは又中々あしき事にても候ぬべし。 たゞいと子細はしり候はず、 これほどにきゝて申候也と申させ給ひ候はんに、 心候はん人は、 さりとも心え候ひなん。 又道心なからん人は、 いかに道理百千万わかつとも、 よも心はえ候はじ。

殿は道理ふかくして、 ひが事おはしまさぬ事にて候と申しあひて候へば、 これらほどにきこしめさんに、 念仏ひが事にてありけり。 いまはな申しそとおほせらるゝ事は、 よも候はじ。 さらざらん人は、 いかに申すとも思とも、 无益の事にてこそ候はんずれ。

何事も御文にはつくしがたく候。 あなかしこ、 あなかしこ。

十月十八日

三、 津戸返状 二

おぼつかなくおもひまいらせつる程に、 この御文返々よろこびうけ給はり候ひぬ。

さても専修念仏の人は、 よにありがたき事にて候に、 その一国に三十余人まで候らんこそ、 まめやかにあはれに候へ。 京辺なんどのつねにききならひ、 かたはらをも見ならひ候ひぬべきところにて候だにも、 おもひきりて専修念仏をする人は、 あ0644りがたき事にてこそ候に、 道綽禅師の、 平州と申候ところにこそ、 一向念仏の地にては候に、 専修念仏三十余人は、 よにありがたくおぼへ候。

ひとへに御ちから、 又くまがやの入道なんどのはからひにてこそ候なれ。 それも時のいたりて、 往生すべき人のおほく候べきゆへにこそ候なれ。

縁なき事は、 わざと人のすゝめ候だにも、 かなはぬ事にて候に、 子細もしらせ給はぬ人なんどの、 おほせられんによるべき事にても候はぬに、 もとより機縁純熟して、 時いたりたる事にて候へばこそ、 さ程に専修の人なんどは候らめと、 おしはかりあはれにおぼへ候。

たゞし无智の人にこそ、 機縁にしたがひて念仏をばすゝむる事にてはあれと申候なる事は、 もろもろの僻事にて候。 阿弥陀ほとけの御ちかひには、 有智・无智をもえらばず、 持戒・破戒をもきらはず、 仏前・仏後の衆生をもえらばず、 在家・出家の人をもき­ら½はず、 念仏往生の誓願は平等の慈悲に住しておこし給ひたる事にて候へば、 人をきらふ事はまたく候はぬ也。

されば ¬観无量寿経¼ には、 「仏心とは大慈悲是なり」 とときて候也。 善導和尚この文をうけては、 「この平等の慈悲をもて、 あまねく一切を摂す」(定善義) と釈し給へる也。 一切のことばひろくして、 もるゝ人候べからず。 釈迦のすゝめ給も、 悪人・善人・愚人もひとしく念仏すれば0645往生すとすゝめ給へる也。

されば念仏往生の願は、 これ弥陀如来の本地の誓願なり。 余の種々の行は、 本地のちかひにあらず。 釈迦如来の種々の機縁にしたがひて、 様々の行をとかせ給ひたる事にて候へば、 釈迦も世にいで給ふ心は、 弥陀の本願を­と½かんとおぼしめす御心にて候へども、 衆生の機縁、 人にしたがひてとき給ふ日は、 余の種々の行をもとき給ふは、 これ随機の法なり、 仏の自らの御心のそこには候はず。

されば念仏は弥陀にも利生の本願、 釈迦にも出世の本懐也。 余の種々の行には似ず候也。 これは无智のものなればといふべからず。

又要文の事、 書てまいらせ候べし。 又くまがやの入道の文は、 これへとりよせ候てなをすべき事の候へば、 そのゝちかきてまいらせ候べし。

なに事も御文に申つくすべくも候はず、 のちの便宜に又々申候べし。

九月廿八日

三、 津戸返状 三

まづきこしめすまゝに、 いそぎおほせられて候御心ざし、 申つくしがたく候。

この例ならぬ事は、 ことがらはむづかしき様に候へども、 当時大事にて、 今日あす左右すべき事にては、 さりながらも候はぬに、 としごろの風のつもり、 この正月に0646別時念仏を五十日申て候しに、 いよいよ風をひき候て、 二月の十日ごろより、 すこし口のかはく様におぼえ候しが、 二月の廿日は五十日になり候しかば、 それまでとおもひ候て、 なをしゐて候し程に、 その事がまさり候て、 水なんどのむ事になり、 又身のいたく候事なんどの候しが、 今日までやみもやり候はず、 ながびきて候へども、 又たゞいまいかなるべしともおぼへぬ程の事にて候也。

医師の大事と申候へば、 やいとうふたゝびし、 湯にてゆで候。 又様々の唐のくすりどもたべなんどして候気にや、 このほどはちりばかりよき様なる事の候也。

左右なくのぼるべきなんど仰られて候こそ、 よにあはれに候へ。 さ程とをく候程には、 たとひいかなる事にても、 のぼりなんとする御事はいかでか候べき。 いづくにても念仏して、 たがひに往生し候ひなんこそ、 めでたくながきはかり事にては候はめ。

何事も御文にはつくしがたく候。 又々申候べし。

四月廿六日

わたくしにいはく、 これは命をおしむ御療治にはあらず、 御身おだしくして、 念仏申させ給はんがためなり。 下巻の ¬用心抄¼ のおはりを見あはすべし。

0647四、 示或女房法語

示或女房法語第四

念仏行者のぞんじ候べきやうは、 後世おおそれ往生おねがひて念仏すれば、 おはるとき、 かならずいかうせさせ給よしをぞんじて、 念仏申よりほかのこと候はず。

三心と申候も、 ふさねて申ときは、 たゞ一の願心にて候なり。 そのねがふこゝろの、 いつはらずかざらぬかたをば至誠心と申候。 このこゝろのまことにて念仏すれば、 臨終にらいかうすといふことを、 一念もうたがはぬを深心とは申候。 このうへわが身もかの土へむまれむとおもひ、 行業おも往生のためとむくるを廻向心とは申候なり。

このゆへに、 ねがふこゝろいつはらずして、 げに往生せんとおもひ候へば、 おのづから三心はぐそくすることにて候なり。

そもそも中品下生にらいかうの候はぬことはあるまじければ、 とかれぬにては候はず。 九品往生におのおのみなあるべきことの、 りやくせられてなきことん候なり。

ぜんだうの御こゝろは、 三心も品々にわたりてあるべしと見えて候。 品々ごとにおほくのこと候へとん、 三心とらいかうとはかならずあるべきにて候なり。

往生おばねがはん行者は、 かならず三心をおこすべきにて候へば、 上品上生にこれをときて、 よの0648品々おもこれになづらへてしるべしと見えて候。

又われら戒品のふね・いかだもやぶれたれば、 生死の大海おわたるべき縁も候はず。 智恵のひかりもくもりて、 生死のやみをてらしがたければ、 聖道の得道にももれたるわれらがためにほどこし給他力と申候は、 第十九のらいかうの願にて候へば、 文に見へず候とん、 かならずらいかうはあるべきにて候なり。

ゆめゆめ御うたがひ候べからず。 あなかしこ、 あなかしこ。

          源空

拾遺黒谷語録巻中

 

底本は龍谷大学蔵元亨元年刊本。