0536十三、 大胡の太郎実秀が妻室のもとへつかはす御返事

だいろう実秀じつひで妻室さいしつのもとへつかはすへん だいじゅうさん

御文おんふみこまかにうけたまはりそうらいぬ。 まづはるかなるほどに、 念仏ねんぶつこときこしめさんがために、 わざとおんつかひあげさせたまひてそうろう念仏ねんぶつこころざしのほど返々かえすがえすあはれにそうろう

さてたづねおほせられてそうろう念仏ねんぶつことは、 おうじょう極楽ごくらくのためには、 いづれのぎょうなりといへども、 念仏ねんぶつにすぎたることそうらはぬなり。 そのゆへは、 念仏ねんぶつはこれ弥陀みだ本願ほんがんぎょうなるがゆへなり

本願ほんがんといふは、 弥陀みだほとけ、 いまだほとけになりたまはざりしむかし、 法蔵ほうぞうさつもうしゝいにしへ、 ほとけのこくをきよめ、 しゅじょうじょうじゅせんがために、 ざいおう如来にょらいもうしゝほとけのまえにして、 じゅうはち大願だいがんをおこしたまひしそのなかに、 一切いっさいしゅじょうおうじょうのために、 ひとつのがんをおこしたまへる。 これを念仏ねんぶつおうじょう本願ほんがんもうなり

すなはち ¬りょう寿じゅきょう¼ のじょうかんにいはく、 「せつ得仏とくぶつ十方じっぽうしゅじょうしんしんぎょうよくしょうこくないじゅうねんにゃくしょうじゃしゅしょうがく。」

善導ぜんどうしょうこのがんしゃくしてのたまはく、 「にゃくじょうぶつ十方じっぽうしゅじょうしょうみょうごう下至げしじっしょうにゃくしょうじゃしゅしょうがくぶつこん現在げんざいじょうぶつとう本誓ほんぜいじゅうがん不虚ふこしゅじょうしょうねん必得ひっとくおうじょう。」 (礼讃)

念仏ねんぶつといふは、 ぶつ法身ほっしん憶念おくねんするにもあらず、 ぶつ相好そうごう観念かんねんするにもあらず、 たゞこころ0537をいたして、 もはら弥陀みだほとけのみょうごうしょうねんする、 これを念仏ねんぶつとはもうすなり。 かるがゆへに 「しょうみょうごう」 とはいふなり

念仏ねんぶつのほかの一切いっさいぎょうは、 これ弥陀みだ本願ほんがんにあらざるがゆへに、 たとひめでたきぎょうなりといへども、 念仏ねんぶつにはおよばざるなり。 おほかたそのくにゝむまれんとおもはんものは、 そのほとけのちかひにしたがふべきなり。 されば弥陀みだじょうにむまれんとおもはんものは、 弥陀みだ誓願せいがんにしたがふべきなり本願ほんがん念仏ねんぶつと、 本願ほんがんにあらざるぎょうと、 さらにたくらぶべからず。 かるがゆへにおうじょう極楽ごくらくのためには、 念仏ねんぶつぎょうにすぎたることそうらはぬなりもうなり

おうじょうにあらざるみちには、 ぎょうまたおのおのつかさどれるかたあり。 しかるにしゅじょうしょうをはなるゝみち、 ほとけのおしへさまざまにおほくそうらへども、 このごろのひと三界さんがいをいでしょうをはなるゝみちは、 たゞ極楽ごくらくおうじょうそうろうばかりなり。 このむね聖教しょうぎょうのおほきなることわりなり

つぎ極楽ごくらくおうじょうするに、 そのぎょうさまざまにおほくそうらへども、 われらがおうじょうせんこと念仏ねんぶつにあらずはかなひがたくそうろうなり。 そのゆへは、 念仏ねんぶつはこれほとけの本願ほんがんなるがゆへに、 願力がんりきにすがりておうじょうすることはやすし。

さればせんずるところは、 極楽ごくらくにあらずはしょうをはなるべからず、 念仏ねんぶつにあらずは極楽ごくらくへむまるべからざるものなり。 ふかくこのむねをしんぜさせたまひて、 ひとすぢに極楽ごくらくをねがひ、 ひと0538すぢに念仏ねんぶつして、 このたびかならずしょうをはなれんとおぼしめすべきなり

また一一いちいちがんのおはりに、 「にゃくしょうじゃしゅしょうがく」 とちかひたまへり。 しかるに弥陀みだほとけ、 ぶつになりたまひてよりこのかた、 すでに十劫じっこうをへたまへり。 まさにしるべし、 誓願せいがんむなしからず、 みなことごとくじょうじゅたまへるなり。 そのなかに念仏ねんぶつおうじょうがん、 ひとりむなしかるべからず。 しかれば、 しゅじょうしょうねんするもの一人いちにんもむなしからず、 みなかならずおうじょうすることをう。 もししからずは、 たれかほとけになりたまへることしんずべきや。

三宝さんぼう滅尽めつじんときなりといへども、 一念いちねんすればなをおうじょうす。 ぎゃくじゅうざいひとなりといえども、 じゅうねんすればまたおうじょうす。 いかにいはんや、 三宝さんぼうにむまれてぎゃくをつくらざるわれら、 弥陀みだみょうごうをとなえんに、 おうじょううたがふべからず。

いまこのがんにあへることは、 まことにこれおぼろげのえんにあらず。 よくよくよろこびおぼしめすべし。 たとひまたあふといふとも、 もししんぜずはあはざるがごとし。 いまふかくこのがんしんぜさせたまへり、 おうじょううたがひおぼしめすべからず。 かならずかならずふたごころなくよくよく念仏ねんぶつそうらひて、 このたびしょうをはなれ極楽ごくらくにむまれさせたまふべし。

また ¬かんりょう寿じゅきょう¼ にいはく、 「一一いちいちこうみょうへんじょう十方じっぽうかい念仏ねんぶつしゅじょう摂取せっしゅしゃ。」 これは弥陀みだこうみょうたゞ念仏ねんぶつしゅじょうをてらして、 一切いっさいぎょうにんをばてらさずといふなり0539。 たゞし、 ぎょうをしても極楽ごくらくをねがはば、 ほとけのひかりてらして摂取せっしゅたまふべし。 なんぞたゞ念仏ねんぶつのものばかりをえらびて、 てらしたまふや。

善導ぜんどうしょうしゃくしてのたまはく、 「弥陀みだ身色しんじきにょ金山こんぜん相好そうごうこうみょうしょう十方じっぽうゆい念仏ねんぶつもうこうしょうとう本願ほんがんさいごう。」 (礼讃)

念仏ねんぶつはこれ弥陀みだ本願ほんがんぎょうなるがゆへに、 じょうぶつこうみょうかえりてほん誓願せいがんをてらしたまなりぎょうはこれ本願ほんがんにあらざるがゆへに、 弥陀みだこうみょうきらひててらしたまはざるなり

いま極楽ごくらくをもとめんひと本願ほんがん念仏ねんぶつぎょうじて、 摂取せっしゅのひかりにて[ら]されんとおぼしめすべし。 これにつけても念仏ねんぶつ大切たいせつそうろう、 よくよくもうさせたまふべし。

またしゃ如来にょらい、 この ¬きょう¼ のなかにじょうさんのもろもろのぎょうをときおはりてのちに、 まさしくなんぞくたまうときに、 かみにとくところのじょうさん三福さんぷくごうじょうぜんじゅう三観さんがんをばぞくせずして、 たゞ念仏ねんぶついちぎょうぞくたまへり。 ¬きょう¼ (観経) にいはく、 「仏告ぶつごうなん汝好にょこう是語ぜご是語ぜごしゃそくりょう寿仏じゅぶつみょう。」

善導ぜんどうしょうこのもんしゃくしてのたまはく、 「じゅう仏告ぶつごうなんにょ是語ぜご已下いげ正明しょうみょうぞく弥陀みだみょうごうずうだいじょうらい雖説すいせつじょうさんりょうもんやくもうぶつ本願ほんがんざいしゅじょう一向いっこうせんしょう弥陀みだぶつみょう。」

これはじょうさんのもろもろのぎょうは、 弥陀みだ本願ほんがんにあらず。 かるがゆへにしゃ如来にょらいの、 おうじょうぎょうぞくたまふに、 じょうぜん散善さんぜんをばぞくせずして、 念仏ねんぶつはこれ弥陀みだ本願ほんがん0540なるがゆへに、 まさしくえらびて本願ほんがんぎょうぞくたまへるなり

いましゃのおしへにしたがひておうじょうをもとめんものぞく念仏ねんぶつしゅして、 しゃくそんこころにかなふべし。 これにつきてもまたよくよく念仏ねんぶつそうらいて、 ほとけのぞくにかなはせたまふべし。

また六方ろっぽう恒沙ごうじゃ諸仏しょぶつしたをのべて、 三千さんぜん大千だいせんかいにおほひて、 もはらたゞ弥陀みだみょうごうをとなへておうじょうすといふは、 これ真実しんじつなりと証誠しょうじょうたまなり。 これまた念仏ねんぶつ弥陀みだ本願ほんがんなるゆへに、 六方ろっぽう恒沙ごうじゃ諸仏しょぶつ、 これを証誠しょうじょうたまなりぎょう本願ほんがんにあらざるがゆへに、 諸仏しょぶつ証誠しょうじょうたまはざるなり。 これにつけてもまたよくよく念仏ねんぶつせさせたまひて、 六方ろっぽう諸仏しょぶつねんをかぶらせたまふべし。

弥陀みだ本願ほんがんしゃくそんぞく六方ろっぽうねん一一いちいちにむなしからず。 このゆへに、 ぶつぎょうしょぎょうにはすぐれたるなり

また善導ぜんどうしょうはこれ弥陀みだしんなりじょう祖師そしおほしといへども、 たゞひとへに善導ぜんどうによる。 おうじょうぎょうおほしといへどもおほきにわかちてとしたまへり。 いちには専修せんじゅ、 いはゆる念仏ねんぶつなりには雑修ざっしゅ、 いはゆる一切いっさいのもろもろのぎょうなりかみにいふところのじょうさんとうこれなり

¬おうじょう礼讃らいさん¼ にいはく、 「若能にゃくのうにょじょう念念ねんねん相続そうぞくひつみょう為期いごしゃ十即じっそくじっしょうひゃくそく百生ひゃくしょう何以がい雑縁ぞうえんとくしょうねんぶつ本願ほんがん相応そうおう不違ふいきょうずいじゅんぶつにゃく欲捨よくしゃ専修せんじゅ雑業ぞうごうしゃひゃくとくいちせんとくさん何以がい雑縁ぞうえんらん0541どうしつしょうねんぶつ本願ほんがん相応そうおうきょうそうじゅんぶつねん相応そうおう憶想おくそう間断けんだん。」 これは専修せんじゅぞうぎょうとの得失とくしつなり。

とくといふは、 おうじょうすることをう。 いはく念仏ねんぶつするものは、 じゅうにんはすなはちじゅうにんながらおうじょうし、 ひゃくにんはすなはちひゃくにんながらおうじょうすといふ、 これなりしつといふは、 いはくおうじょうやくをうしなへるなり雑修ざっしゅのものは、 ひゃくにんがなかにまれにいちにんおうじょうすることをえてそのはむまれず。 千人せんにんがなかにまれに三人さんにんむまれてそのまたむまれず。

専修せんじゅのものゝみみなむまるゝことをうるは、 なんのゆへぞ。 弥陀みだほとけの本願ほんがん相応そうおうせるがゆへなりしゃ如来にょらいのおしへにずいじゅんせるがゆへなり雑業ぞうごうのものゝむまるゝことすくなきは、 なんのゆへぞ。 弥陀みだ本願ほんがんにたがへるがゆへなりしゃのおしへにしたがはざるがゆへなり念仏ねんぶつしてじょうをもとむるものは、 そんこころにふかくかなへり。 ぞうしゅしてじょうをもとむるものは、 ぶつこころにそむけり。

善導ぜんどうしょうぎょう得失とくしつはんぜること、 これのみにあらず。 ¬かんぎょうしょ¼ ともうすふみのなかに、 おほくの得失とくしつをあげたり。 しげきがゆへにいださず。 これをもてしりぬべし。

およそこの念仏ねんぶつは、 そしるものごくにおちてこうをうくることきわまりなし、 しんずるものじょうにむまれて永劫ようごうらくをうくることきわまりまし。 なをなをいよいよ信心しんじんをふかくして、 ふたごころなく念仏ねんぶつ0542させたまふべし。

くはしきことは、 御文おんふみにはつくしがたくそうろう。 このおんつかひもうしそうろうべし。

しょうがつ廿にじゅう八日はちにち  源空げんくう

わたくしにいはく、 この御文おんふみしょう元年がんねんつちのとのひつじおんつかひはれんじょうぼう尊覚そんかくなり。