さいだんのしょ

 

【1】 祖師そししょうにん (*親鸞) *相伝そうでんいちりゅう肝要かんようは、 ただ*りき*信心しんじんをもつて*ほんとすすめたまふ。

その信心しんじんといふは、 ¬経¼ (*大経・下) には 「もんみょうごう 信心しんじんかん ない一念いちねん」 と説き、 ¬ろん¼ (*浄土論) には 「一心いっしんみょう」 と*はんず。

ゆゑにしょうにん論主ろんじゅ (*天親) の 「一心いっしん」 をしゃくして、 「一心いっしんといふは、 きょうしゅそんのみことをふたごころなくうたがいなしとなり。 これすなはち真実まこと信心しんじんなり」 (*銘文・本) とのたまへり。

されば祖師そしよりこのかた代々だいだいそうじょうし、 べっしてしんしょういん (*蓮如)じょういちしょうそく (*御文章) に、 *このいちをねんごろにおしへたまふ。

その信心しんじんのすがたといふは、 なにのやうもなく、 もろもろの*ぞうぎょう*雑修ざっしゅ*りきのこころをふりすてて、 *一心いっしん一向いっこう弥陀みだ如来にょらいこんのわれらがいちだい*しょう*おんたすけそうらへとたのみたてまつる一念いちねんしんまことなれば、 弥陀みだはかならず*へんじょうこうみょうはなちてそのひと*摂取せっしゅしたまふべし。

これすなはち*とうりゅうつるところ*一念いちねんぽっ*平生へいぜいごうじょう、 これなり。

このしんけつじょうのうへには、 ちゅうちょうにとなふるところの*称名しょうみょうは、 *仏恩ぶっとん報謝ほうしゃ念仏ねんぶつとこころうべし。

かやうにこころえたるひとをこそ、 まことにとうりゅう信心しんじんをよくとりたる*しょうとはいふべきものなれ。

御相伝一流 親鸞聖人より受け伝えられた教え。 浄土真宗を指す。
 根本。 肝要。
判ず 定める。
この一途をねんごろに この信心のいわれ一つを懇切丁寧に。 底本には 「ねもころ」 (「ねんごろ」 の古形) とある。
おんたすけ候へとたのみ 「おんたすけ候へ」 は 「たすけたまへ」 に同じ。 →たすけたまへたのむ
正義 正しい法義 (の人)。

【2】 しかるに近頃ちかごろは、 とうりゅう*沙汰さたせざる*三業さんごうそく穿鑿せんさくし、 またはこの三業さんごうにつきて*ねんをたて、 *年月ねんがつにちかくかくろんじ、 あるいは*みょう一念いちねん妄心もうじんはこび、 または*三業さんごうをいめるまま、 たのむのことばをきらひ、 このにもまどへるものこれあるよし、 まことにもつてなげかしきだいなり。

ことにしょうにん (親鸞) のみことにも、 「しん口意くいのみだれごころをつくろひて、 めでたうしなしてじょうおうじょうせんとおもふをりきもうすなり」 (御消息・六)いましめたまへり。

所詮しょせんぜんはいかやうのしんちゅうなりとも、 いまよりのちは、 わがわろき迷心めいしんをひるがへして、 本願ほんがん真実しんじつりき信心しんじんにもとづかんひとは、 真実しんじつしょうにんぎょにもあひかなふべし。

さてそのうへには*王法おうぼう国法こくほう大切たいせつにまもり、 けん*じんをもつてさきとし、 *うつくしくほう相続そうぞくあるべきものなり。

沙汰せざる とりあげない。 論じない。
三業の規則を穿鑿し しん口意くいの三業についてのきまりをとかくいいたてて。 三業さんごう安心あんじんの異義を指す。 身口意の三業に願生帰命の相をあらわして、 救いをがんしょうしなければならないというもの。
自然の名をたて 自然三業というみょうもくを立て。 自然三業とは、 信心ぎゃくとくの時、 おのずと身口意の三業に帰命の相がととのうという異義。
年月日時の覚不覚を論じ 信心獲得の日時の記憶があるかないかを論じ。 その記憶の有無によって信心の有無を論じようとする異義。
帰命の一念に妄心を運び 運想三業の異義を指す。 身口の二業に救いをしょうする相をあらわさなくても、 意業において三業帰命の想いを運べというもの。
三業をいめるまま… 三業帰命をはばかるあまり、 無帰命安心あんじんに堕すことをいう。
うつくしく 見事に。 立派に。 申し分なく。

 みぎとお裁断さいだんせしめそうろじょうながほんうしなふべからざるものなり。

   *ぶんさんひのえとらのとしじゅう一月いちがつむゆ

                         しゃく*本如ほんにょ (花押)

文化三 1806年。