弥陀みだ如来にょらいみょうごうとく

【1】 ^*りょうこうといふは、 ¬きょう¼ (*観経) にのたまはく、 「りょう寿じゅぶつ八万はちまんせんそうまします。 一々いちいちそうにおのおの八万はちまんせん*ずいぎょうこうまします。 一々いちいちこうにまた八万はちまんせん*こうみょうまします。 一々いちいちこうみょうあまねく*十方じっぽうかいらしたまふ。 念仏ねんぶつしゅじょうをば*摂取せっしゅしててたまはず」 といへり。

^*しんいんそう (*源信)、 このひかりをかんがへてのたまはく (*往生要集・中)、 「一々いちいちそうにおのおのしちひゃく*ていろっぴゃくまんこうみょうあり、 *ねん赫奕かくやくたり」 (意) といへり。

一相いっそうよりづるところのこうみょうかくのごとし。 いはんや八万はちまんせんそうよりでんひかりのおほきことをおしはかりたまふべし。 このこうみょうかずのおほきによりて、 りょうこうもうすなり。

【2】 ^つぎに*へんこうといふは、 かくのごとくりょうのひかり十方じっぽうらすこと、 きはほとりなきによりて、 *へんこうもうすなり。

【3】 ^つぎに*無礙むげこうといふは、 この日月にちがつのひかりは、 ものをへだてつれば、 そのひかりかよはず。 この*弥陀みだおんひかりは、 ものに*さへられずしてよろづの*じょうらしたまふゆゑに、 無礙むげこうぶつもうすなり。 じょう*煩悩ぼんのう*悪業あくごうのこころにさへられずましますによりて、 無礙むげこうぶつもうすなり。

無礙むげこうとくましまさざらましかば、 いかがしそうらはまし。 かの*極楽ごくらくかいとこの*しゃかいとのあひだに、 じゅう万億まんおく*三千さんぜん大千だいせんかいをへだてたりとけり。 その一々いちいち三千さんぜん大千だいせんかいにおのおの*じゅう*てっせんあり。 たか*しゅせんとひとし。 つぎにしょう千界せんかいをめぐれるてっせんあり、 たか*第六だいろくてん*いたる。 つぎにちゅう千界せんかいをめぐれるてっせんあり、 たか*色界しきかい初禅しょぜんにいたる。 つぎにだい千界せんかいをめぐれるてっせんあり、 たかだいぜんにいたれり。

しかればすなはち、 もし無礙むげこうぶつにてましまさずはいちかいをすらとほるべからず。 いかにいはんやじゅう万億まんおくかいをや。 かの無礙むげこうぶつこうみょう、 かかる不可ふか思議しぎやまてっしょうして、 この念仏ねんぶつしゅじょう摂取せっしゅしたまふにさはることましまさぬゆゑに、 無礙むげこうもうすなり。

【4】 ^つぎに*清浄しょうじょうこうもうすは、 *法蔵ほうぞうさつ*貪欲とんよくのこころなくしてたまへるひかりなり。 貪欲とんよくといふにふたつあり。 ひとつには婬貪いんとんふたつには財貪ざいとんなり。 このふたつの貪欲とんよくのこころなくしてたまへるひかりなり。 よろづのじょう汚穢わえじょうのぞかんためのおんひかりなり。 婬欲いんよく財欲ざいよくつみのぞきはらはんがためなり。 このゆゑに清浄しょうじょうこうもうすなり。

【5】 ^つぎに*かんこうといふは、 *しん善根ぜんごんをもつてたまへるひかりなり。 しんといふは、 おもてにいかりはらだつかたちもなく、 こころのうちにそねみねたむこころもなきをしんといふなり。 このこころをもつてたまへるひかりにて、 よろづのじょう*しん憎嫉ぞうしつつみのぞきはらはんためにたまへるひかりなるがゆゑに、 *かんこうもうすなり。

【6】 ^つぎに*智慧ちえこうもうすは、 これは*無痴むち善根ぜんごんをもつてたまへるひかりなり。 *無痴むち善根ぜんごんといふは、 一切いっさいじょう智慧ちえをならひまなびて*じょうだいにいたらんとおもふこころをおこさしめんがためにたまへるなり。 念仏ねんぶつしんずるこころをしむるなり。 念仏ねんぶつしんずるは、 すなはちすでに智慧ちえぶつるべきとなるは、 これを*愚痴ぐちをはなるることとしるべきなり。 このゆゑに智慧ちえこうぶつもうすなり。

【7】 ^つぎに*たいこうといふは、 弥陀みだのひかりにひとしきひかりましまさぬゆゑに、 たいもうすなり。

【8】 ^つぎに*炎王えんのうこうもうすは、 ひかりのさかりにして、 のさかりにもえたるにたとへまゐらするなり。 ほのおけむりなきがさかりなるがごとしとなり。

【9】 ^つぎに*だんこうもうすは、 このひかりのときとしてたえずやまず*し……

【10】^……ちにておはしますひかりなり。 ちょうといふは、 この弥陀みだこうみょうは、 日月にちがつひかりにすぐれたまふゆゑに、 ちょうもうすなり。 ちょうのひかりにすぐれこえたまへりとしらせんとて、 *ちょう日月にちがつこうもうすなり。

^*じゅうこうのやう、 *おろおろきしるしてそうろふなり。 くはしくもうつくしがたく、 きあらはしがたし。

【11】^*弥陀みだぶつ智慧ちえのひかりにておはしますなり。 このひかりを無礙むげこうぶつもうすなり。 無礙むげこうもうすゆゑは、 十方じっぽう一切いっさいじょう悪業あくごう煩悩ぼんのうのこころにさへられずへだてなきゆゑに、 無礙むげとはもうすなり。 弥陀みだひかり不可ふか思議しぎにましますことをあらはししらせんとて、 *みょうじん十方じっぽう無礙むげこう如来にょらいとはもうすなり。

^無礙むげこうぶつをつねにこころにかけ、 となへたてまつれば、 十方じっぽう一切いっさい諸仏しょぶつとくをひとつにしたまふによりて、 弥陀みだしょうすればどく*善根ぜんごんきはまりましまさぬゆゑに、 *りゅうじゅさつは、 「せつそんどく 衆善しゅぜんへんにょ海水かいすい(*十二礼) とをしへたまへり。 かるがゆゑに*不可ふか思議しぎこうぶつもうすとみえたり。 不可ふか思議しぎこうぶつのゆゑに 「じん十方じっぽう無礙むげこうぶつもうす」 と、 しんさつ (*天親) は ¬おうじょうろん¼ (*浄土論) にあらはせり。 弥陀みだぶつじゅうのひかりの*し……

【12】^…… ¬じょうろん¼ にあらはしたまへり。 いふ、 諸仏しょぶつしゃがん (第十七願)*だいぎょうあり。 だいぎょうといふは、 無礙むげこうぶつ御名みなしょうするなり。 このぎょうあまねく一切いっさいぎょうせっす。 *極速ごくそく円満えんまんせり。 かるがゆゑにだいぎょうとなづく。 このゆゑによくしゅじょう一切いっさい*みょうす。 また煩悩ぼんのうそくせるわれら、 無礙むげこうぶつおんちかひをふたごころなくしんずるゆゑに、 *りょうこうみょうにいたるなり。 こうみょうにいたれば、 ねんりょうとくしめ、 広大こうだいのひかりをそくす。 広大こうだいひかりるゆゑに、 さまざまのさとりをひらくなり。

【13】^*なんこうぶつもうすは、 この弥陀みだ如来にょらいのひかりのとくをば、 *しゃ如来にょらいおんこころおよばずときたまへり。 こころのおよばぬゆゑになんこうぶつといふなり。

【14】^つぎに*しょうこうもうすは、 これも 「この不可ふか思議しぎこうぶつどくつくしがたし」 と*しゃくそんのたまへり。 ことばもおよばずとなり。 このゆゑにしょうこうもうすとのたまへり。 しかれば、*曇鸞どんらんしょうの ¬*さん弥陀みだぶつ¼ には、 なんこうぶつしょうこうぶつとをがっして、 「*南無なも不可ふか思議しぎこうぶつ」 とのたまへり。 この不可ふか思議しぎこうぶつのあらはれたまふべきところを、 かねてしんさつ (天親) *の……

【15】^……としとみえたり。 *りきぎょうじゃをば、 *如来にょらいとひとしといふことはあるべからず。 おのおのりきしんにては、 不可ふか思議しぎこうぶつにいたることあたはずとなり。 ただ*りき*信心しんじんによりて、 不可ふか思議しぎこうぶつにはいたるとみえたり。

かのうまれんとねがふ信者しんじゃには、 *不可ふかしょう不可ふかせつ不可ふか思議しぎとくそくす。 こころもおよばれず、 ことばもたえたり。 かるがゆゑに不可ふか思議しぎこうぶつもうすとみえたりとなり。

  *南無なも不可ふか思議しぎこうぶつ

 

*草本そうほんにいはく

*文応ぶんおう元年がんねんかのえさるじゅうがつふつこれを書写しょしゃす。

*禿とく*親鸞しんらんはちじゅう八歳はちさいきをはりぬ。

 

恵心院 えいざんかわにある源信げんしんしょうの住坊。 慧心院とも書く。
熾然赫奕 「火のさかりにもゆるがごとしとなり」 (左訓)
無辺光 「ひかりのきはほとりなきなり」 (左訓)
四重の鉄囲山あり 以下の本文には小千界・中千界・大千界の各々をめぐる三重の鉄囲山しか示されていない。 この一段は元来、 「法然上人御説法事」 (¬西方指南鈔¼ 上本) の文に依拠したものであるが、 同書では 「四重の鉄囲山あり」 の後に 「いはゆるまず一四天下をめぐれる鉄囲山あり」 の一文がある。
鉄囲山 「くろがねのめぐれる山」 (左訓) →てっせん
いたる 底本に 「くたる」 とあるのを改めた。
色界の初禅・第二禅 色界は三界さんがいの一で、 浄妙な物質よりなる境界。 初禅しょぜんてん・第二禅天・第三禅天・第四禅天の四禅天に大別される。
貪欲 「むさぶるこころなり」 (左訓) 「むさぶる」 は 「むさぼる」 の転。 →貪欲とんよく
歓喜 「身によろこび、 こころによろこぶなり」 (左訓) →かん
無瞋 「怒り腹立つこころなきなり」 (左訓)
瞋恚憎嫉 「おもてに怒り、 こころに怒り、 そねねたむなり」 (左訓)
無痴 「愚痴のこころなきなり」 (左訓)
無上菩提 「うへなきほとけになることなり」 (左訓) →じょうだい
無対 「たくらぶることなきなり」 (左訓) →たいこう
炎王 「火を千ならべたらんよりもすぐれたりとなり」 (左訓) →炎王えんのうこう
し…… 以下原本一葉欠落。
おろおろ 不十分ながら。 ざっと。
し…… 以下原本一葉欠落。
極促円満せり 「ことばもおよばず、 こころもたえたりとなり」 (左訓) きわめて速やかに往生の因が満足する。
の…… 以下原本十行欠落。
南無不可思議光仏 「南無は智慧ちえなり。 不可思議はなり。 光仏はきやう、、、なりと知るべし」 (左訓)
草本にいはく 「草本」 とは書写原本のこと。 原本にあった奥書をそのまま転写したことを示す。
文応元年 1260年。