0695法然上人伝記

 

附一期物語  見聞出勢観房

 

 一、一期物語
 二、善勝房との十一箇条問答
 三、三心料簡および御法語
 四、別伝記
 五、御臨終日記
 六、三昧発得記

 

一、一期物語 一

あるとき物語ものがたりていはく、ようしょうにして登山とうざんす。じゅうしちとしろく十巻じっかんわたる、じゅうはちとしいとまひて遁世とんせいす。これひとへにみょうのぞみち、一向いっこう仏法ぶっぽうがくせんためなり。それよりこのかたじゅうねん天台てんだいいっしゅうしゅうがくして、ほぼいっしゅうたいたり。わがしょうは、大巻だいかんしょといへども、三反さんべんこれをれば、もんくらからず、ぶんあきらかなり。しかるといへどもじゅうねんじゅうねんこうをもつていっしゅう大綱たいこうることあたはず。しかるにしょしゅうきょうそううかがひて、いささか顕密けんみつしょきょうる。はっしゅうほか仏心ぶっしんしゅうくわしゅうわたる。そのなかにたまたま先達せんだつあらばきてこれをけっす、面々めんめんいんこうむる。当初とうしょだい三論さんろん先達せんだつあり、かれにきて所存しょぞんぶ。先達せんだつそうじてものいはず。すでにしかうしてうちりて、文櫃ふみひつじゅうごうだしていはく、わが法門ほうもんぞくすべきひとなし、すでにこの法門ほうもんたっしたまへり。ことごとくこれをぞくしたてまつらん、しょう讃嘆さんだんかたはらいたほどなり。しんにゅうどうしょうぼう同道どうどうしてこれをくと

或時物語云、幼少ニシテ登山。十七年亘↢六十巻↡、十八年乞↠暇遁世。是偏絶↢名利↡、一向為↠学↢仏法↡也。自爾以四十余年、習↢学天臺一宗↡、粗得タリ↢一宗大意↡。我性者、雖↢大巻↡、三反見之者、不闇于文、疑分明也。雖然以↢十年・廿年↡不↠能↠知↢一宗大綱↡。然↢諸宗教相↡、聊知↢顕密諸教↡。八宗之外加↢仏心宗↡亘↢九宗↡。其中適有先達者住而決↠之、面々蒙↢印可↡。当初醍醐有三論先達、住↠彼述↢所存↡。先達総不言。既而↠内、取↢出文櫃十余合↡云、於我法門無↧可↢付属↡之人↥、已↢此法門↡給ヘリ。悉奉ラム↣付↢属之↡、称美讃嘆傍痛程也。進士入道阿性房、同道聞↠之

またぞうしゅんそうもとじゅうして法相ほっそうしゅう法門ほうもんだんぜんときぞうしゅんいはく、直人ただびとにあらず、おそらくは大権だいごんげんか。むかし論主ろんじゅひたてまつるといへども、これをぐべからずとおぼゆるほどなり。智恵ちえ深遠じんのんなることごん道断どうだんせり。わがいちようむかへんとおもこころざしありと 。そののち毎年まいとしもつおくりて、すでに願望がんもうたす。およそ先達せんだつふごとにみなしょうたんせらる。そうじてわれ来到らいとうするところの聖教しょうぎょうないでん目録もくろく一見いっけんせじといふことなし。

又住↢蔵俊僧都↡談ゼン↢法相宗法門↡之時、蔵俊云、非直人、恐大権0696化現歟。雖↠奉ルト↠値↢昔論主↡、不可過之覚程也。智恵深遠ナル事、言語道断セリ。我一期有↧思↠迎ヘムト↢供養↡志↥ 。其後毎年↢供物↡、已↢願望↡。凡毎↠値↢先達↡皆被↢称嘆↡。総吾所↢来到スル↡聖教乃至伝記・目録、無↠コト↢一見↡。

ここにしゅつみちわずらひて身心しんしんやすからず。そもそもしん先徳せんどく ¬おうじょうようしゅう¼ をつくりて、じょく末代まつだい道俗どうぞくすすむ。これにつきてしゅつおもむきたずねんとほっして、まづじょ (巻上) にいはく、「おうじょう極楽ごくらく教行きょうぎょうは、じょく末代まつだい目足もくそくなり。道俗どうぞくせん、たれかせざるものあらん。ただ顕密けんみつきょうほう、そのもんいちにあらず。事理じり業因ごういん、そのぎょうおおし。利智りちしょうじんひと、いまだかたからず。がごときがんのもの、あにへんや。このゆゑに念仏ねんぶつ一門いちもんによりて、そもそもきょうろん要文ようもんあつむ。これをこうむりこれをしゅするに、おぼえやすくぎょうじやすし」 と。

↢出離道↡身心不安。抑恵心先徳造↢¬往生要集¼↡、勧濁世末代道俗。就之欲↠尋↢出離之趣↡、先序云、「往生極楽之教行、濁世末代之目足也。道俗貴賎、誰不帰者。但顕密教法、其文非一。事理業因、其行多。利智精進之人、未難。如豫頑魯之者、豈敢矣。是故依念仏一門、聊集経論要文。被↠之修ルニ↠之、易覚易行。」

じょりゃくいちおうごんじゅつす、この ¬しゅう¼ すでに念仏ねんぶつによるといふこと顕然けんねんなり。ただし念仏ねんぶつそうみょういまだくわしからざればもんりてこれをさぐるに、この ¬しゅう¼ じゅうもんつ。第一だいいちだい第三だいさんもんはこれぎょうたいにあらざればしばらくこれをく。そのもんはこれ念仏ねんぶつにつきてこれをつ。だいしょぎょうおうじょうもん、これはぎょうじゃぎょうまかせて一旦いったんこれをあかすといへども、さらに慇懃おんごん丁寧ていねい勧進かんじんにあらず。だいじゅうもんはこれ問答もんどうりょうけんなれば、またぎょうたいにあらず。念仏ねんぶつもんにつきてこれをりょうけんす。だいはこれしょうしゅ念仏ねんぶつなり、これをもつて念仏ねんぶつたいとす。だいはこれ助念じょねん方法ほうほうなり、念仏ねんぶつをもつて所助じょねんとす、このもんをもつて能助のうじょとす、ゆゑに念仏ねんぶつほんとするなり。第六だいろくべつ念仏ねんぶつなり、じょうごんぎょう勇進ゆうしんするにあたはざれば、日数にっしゅかぎりてかみ念仏ねんぶつつとむるなり。さらに別体べったいにあらず。第七だいしちはこれ念仏ねんぶつやくなり、かみ念仏ねんぶつすすめんがためにやくもんかんがへてこれをぐ。第八だいはちはこれ念仏ねんぶつしょうなり、ほん念仏ねんぶつにありといふことまた顕然けんねんなり。ただししょうしゅ念仏ねんぶつにつきて種々しゅじゅ念仏ねんぶつあり。初心しょしんかんぎょう深奥じんおうへざれば、色想しきそうかんおしふ。色想しきそうかんなかべつ相観そうかんあり、総相そうそうかんあり、ぞうりゃくかんあり、ごくりゃくかんあり、また称名しょうみょうあり。そのなか慇懃おんごんしょうじんことば、ただ称名しょうみょうだんにあり。念門ねんもんにおいてしょうしゅ念仏ねんぶつづくといへども、がんこうはこれぎょうたいにあらず、礼拝らいはい讃嘆さんだんまた観察かんざつにしかず。観察かんざつなか称名しょうみょうにおいて丁寧ていねいにこれをすすめてほんとなすといふこと顕然けんねんなり。ただしひゃくそく百生ひゃくしょうぎょうそうにおいては、どうしゃく善導ぜんどうしゃくゆずりてくわしくこれをべず。このゆゑに ¬おうじょうようしゅう¼ を先達せんだつとなしてじょうもんりて、このしゅうおううかがふに、善導ぜんどうはんこれをるに、おうじょうかたしとおもへり。第三だいさんはんたび乱想らんそうぼん称名しょうみょうぎょうによりておうじょうすべきどうたり。ただししんしゅつにおいて、すでにおもさだおわりぬ。にんのためにこれをひろめんとほっすといへども、時機じきかなひがたきがゆゑ、わずらひてねむゆめなかに、うんおほいにそびえて日本にっぽんこくおおへり。うんちゅうりょうひかりづ、ひかりなかよりひゃっぽうじきとりじゅうまんせり。とき高山こうざんのぼりてたちまちにしょうしん善導ぜんどうひたてまつる。こしよりした金色こんじきなり、こしよりうえじょうにんのごとし。高僧こうそういはく、なんじしょうなりといへども、専修せんじゅ念仏ねんぶつひろむるゆゑ、なんじまえきたれり。われはこれ善導ぜんどうなりと 。それよりのちこのほうひろむ、年々ねんねんはんじょうして、流布るふせざるさかいなきなりと

序者略言↢述一部奥旨↡、此¬集¼已依ルト↢念仏↡云事顕然也。但念仏相貌未委者入↠文探ルニ↠之、此¬集¼立↢十門↡。第一・第二・第三門是非↢行体↡者暫↠之。其余五門是就↢念仏↡立↠之。第九諸行往生門、是↢行者意楽↡一旦雖↠明↠之、更↢慇懃丁寧勧進↡。第十門是問答料簡ナレバ、又非↢行体↡。就↢念仏五門↡料↢簡↡。第四是正修念仏也、以此為↢念仏体↡。第五是助念方法也、以↢念仏↡為↢所助↡、以↢此門↡為↢能助↡、故念仏為↢本意↡也。第六別時念仏也、長時勤行0697↠能↢勇進ルニ↡者、限↢日数↡勤↢上念仏↡也。更非↢別体↡。第七是念仏利益也、為↠勧↢上念仏↡勘↢利益↡挙↠之。第八念仏証拠也、本意在リト↢念仏↡云事又顕然也。但付↢正修念仏↡有↢種々念仏↡。初心観行不↠甚↢深奥↡者、教↢色想観↡。色想観中有↢別相観↡、有↢総相観↡、有↢雑略観↡、有↢極略観↡、又有↢称名↡。其中慇懃精進之言、唯在↢称名之段↡。於五念門雖↠名↢正修念仏↡、作願・廻向是非↢行体↡、礼拝・讃嘆又不↠如↢観察↡。観察中於↢称名↡丁寧↠之為↢本意↡云事顕然也。但於↢百即百生行相↡者、譲↢道綽・善導↡委不述之。是故¬往生要集¼為↢先達↡而入ルニ↢浄土門↡、窺↢此宗奥旨↡、於善導二反見ルニ↠之、思↢往生難↡。第三反タリ↧乱想凡夫依↢称名↡可↢往生↡之道理↥。但於↢自身出離↡、已思定畢。為↢他人↡雖↠欲↠弘↠之、時機難↠叶故、煩而眠、紫雲大ヘリ↢日本国↡。従雲中出↢无量光↡、従↢光中↡百宝色鳥飛散充満セリ。于時昇高山忽↠値↢生身善導↡。従腰下者金色也、従腰上者如↢常人↡。高僧云、汝雖↢不肖ナリト↡、弘専修念仏故、来レリ↢汝前↡。我是善導也 。従其後弘此法、年々繁昌シテ、无↧不↢流布↡之境↥也

0698一、一期物語 二

あるとき物語ものがたりていはく、顕真けんしん座主ざす御許おんもとより使しゃつかはせていはく、登山とうざんついでにかならず見参けんざんぐことあるべしともううけたまわこと、かならず音信いんしんせしめたまへと。よりて坂本さかもといたりてこのよしもうす。座主ざすくだりて対面たいめんせしめひていはく、今度このたびいかんがしょうだつすべきと。こたへていはく、いかようにもおんはからいにはぐべからずと。またいはく、まことにしかなり。ただし先達せんだつなれば、もしおもさだめたるむねあらばしめしたまへと。そのときしんのためにはいささかおもさだめたるむねあり、ただはやおうじょう極楽ごくらくげんとなりと。またいはく、じゅんおうじょうげがたきによりてこのたずねいたす、いかんがたやすくおうじょうげんやと。こたふ。じょうぶつかたしといへども、おうじょうやすきなり。どうしゃく善導ぜんどうこころによらば、ぶつ願力がんりきあおぎて強縁ごうえんとするがゆゑに、ぼんじょうしょうずと 。そののちさらに言説ごんぜつなくしてかえりてのちに、座主ざすおんことばにいはく、法然ほうねんぼう智恵ちえ深遠じんのんなりといへども、いささかへんしゅうしつありと ひときたてこのことかたる。わが不知ふちことをいふには、かならずしんおこすなり。座主ざすこのこときてまことにしかりといひて、われ顕密けんみつきょうにおいてけいむといへども、しかしながらみょうのためぞ、じょうこころざさざるがゆゑにどうしゃく善導ぜんどうしゃくうかがはず。法然ほうねんぼうにあらずはたれひとかかくのごとくはんと。このことばじて大原おおはら隠居いんきょして、ひゃくにちじょうしょうしょたまへり。しかしてのちわれすでに法門ほうもんてたり、来臨らいりんせしめたまへ、これをふと 。このとき東大とうだいしょうにん南無なも弥陀みだぶつは、いまだしゅつみちおもさだめず、ゆゑにこのよしぐ、すなはち弟子でしさんじゅうにんしてきたる。このしゅうして大原おおはらまいる。源空げんくうかたには東大とうだいしょうにんながれ、座主ざす御方おんかたには大原おおはらしょうにんながれて、じょう法門ほうもんぶ。座主ざす一々いちいちりょうして、だんおわりて座主ざすひとつの大願だいがんおこしたまへり。このてらぼうてて一向いっこう専念せんねんぎょう相続そうぞくす、称名しょうみょうほかにさらにぎょうまじへず。そのぎょうひとたびはじまりてすでにこのかたいま退転たいてんせず。たずねてこのもんりてのちいもうとあまぜんすすめんがために、念仏ねんぶつ勧進かんじんしょうそくかる。けん流布るふする ¬顕真けんしんしょうそく¼ といふこれなり。大仏だいぶつしょうにんひとつのぎょうおこしていはく、わがくに道俗どうぞくえんぐうひざまずかんとき校名きょうみょうはるれば、そのとき仏号ぶつごうとなへしめんがために、弥陀みだぶつをつく。わがはすなはち南无なも弥陀みだぶつなりといふ。わがちょう弥陀みだぶつ流布るふすること、このときよりはじまるなりと

或時物語云、従顕真座主御許遣↢使者↡云、登山次遂↢見参↡有可申承之事、必令音信給ヘト。仍↢坂本↡申↢此由↡。座主下令↢対面↡問云、今度何可↣解↢脱生死↡。答云、如何様ニモ不↠可↠過↢御計ニハ↡。又云、実然也。但先達者レバ、若有↢思定旨↡者示。其時為ニハ↢自身↡者聊有↢思定タル旨↡、只早遂↢往生極楽↡也。又云、依↢順次往生キニ↟遂致↢此尋↡、如何遂往生耶。答。成仏雖難、往生易得也。依↢道綽・善導意↡者、仰↢仏願力ルガ↢強縁↡故、凡夫生↢浄土。其後更无↢言説↡而還、座主御言云、法然房雖智恵深遠、聊有↢偏執失↡ 。人来語↢此事↡。ニハ↢於不知之事↡者、必起↢疑心↡也。座主聞↢此事↡誠然、我於↢顕密教↡雖↠積↢稽古↡、併↢名利↡、不↠志↢浄土↡故不↠窺↢道綽・善導↡。非↢法然房誰人如此言。恥↢此言↡隠↢居大原↡、百日見↢浄土章疏↡給ヘリ。然シテ見↢立タリ法門↡、令↢来臨↡給、請↠之 。此時東大寺上人南无阿弥陀仏、未↣思↢定出離↡、故↢此由↡、即具シテ↢弟子三十余人↡而来。具↢此衆↡参↢大原↡。源空之方ニハ東大寺上人居流、座主御方ニハ大原上人居流、述↢浄土法門↡。座主一々領解シテ、談義畢座主発↢一0699大願↡給ヘリ。此寺↢五坊↡相↢続一向専念行↡、称名之外更不↠交↢余行↡。其行一于今不退転。尋入↢此門↡後、為↠勧↢妹尼御前↡、↠書↢念仏勧進之消息↡。流↢布スル世間↡¬顕真消息¼云是也。大仏上人発シテ↢一意楽↡云、我国道俗、跪ヅカン↢閻魔宮↡之時、被↠問↢校名↡、其時為↠令↠唱↢仏号↡、付↢阿弥陀仏名↡。我名即南无阿弥陀仏也云。我朝流↢布コト阿弥陀仏名↡事、自此時始也

一、一期物語 三

あるとき物語ものがたりていはく、当世とうせいひと法門ほうもん分斉ぶんざいまよひて、たやすくしょうだつすべしといふなり。わが肥後ひごじゃといふひとあり、智恵ちえ深遠じんのんひとなり。つらつらしん分斉ぶんざいかえりみるに、このたびしょうだつすべからず。もしこのたびしょうあらたむれば、かくしょう即忘そくもうのゆゑにさだめて仏法ぶっぽうわすれんか。しかれば長命じょうみょうほうけて、そんしゅっつべし。大蛇だいじゃこれじょう寿じゅのものなり、われまさに大蛇だいじゃとなるべし。ただしもし大海だいかいじゅうせば、ちゅうようおそれあるべし。これによりて遠江とおとうみくに笠原かさはらしょううちさくらいけりょう放文はなちぶみりてこのいけじゅうせんとがんず、死期しごみず掌中しょうちゅうれておわりぬ。かのいけにおいてかぜかざるに、にはかに大浪おおなみおのづからおこり、いけなかちりはらぐ。諸人しょにんどくしるして、このよしりょうもうす。そのごろかんがふにかのじゃ逝去せいきょにちたる。智恵ちえあるがゆゑにしょうでがたきをり、道心どうしんあるがゆゑにぶっはんとねがふ。しかれどもじょう法門ほうもんらざるがゆゑにかくのごときぎょうおこす。われそのときこのほうたたらましかば、しんしんかえりみずこの法門ほうもんじゅせまし。当世とうせい仏法ぶっぽうにおいては、道心どうしんあるものおんしょうえんし、道心どうしんなきものはしかしながらみょうもんおもいじゅうす。しんをもつてたやすくしょうづべしといふは、これえん分斉ぶんざいるがゆゑなり。

或時物語云、当世人↢法門分斉↡、云↤輒可↣解↢脱生死↡也。我師有↢肥後阿闍梨云人↡、智恵深遠人也。倩ルニ↢自身分斉↡、此不可解脱生死。若此度改生者、隔生即マウ忘仏法歟。然↢長命報↡、待ベシ↢慈尊出世↡。大蛇長寿者也、吾当↢大蛇↡。但若住↢大海↡、可↠有↢中夭恐↡。依↠此遠江国笠原庄桜陀之池、取↢領家放文↡願↠住↢此池↡、死期乞水入↢掌中↡死畢。於↢彼池↡不↢風吹↡、率大浪自起、払↡。諸人作↢奇特↡注、此由申↢領家↡。勘↢其日比↡当↢彼阿闍梨逝去日時↡。有智恵故知↢生死難出↡、有↢道心↡故↠値↢仏世↡。然而不↠知↢浄土法門↡故発↢如此意楽0700↡。我其時為↠得↢此法↡者、不↠顧↢信不信↡指↢授マシ此法門↡。於↢当世仏法↡者、有↢道心↡者期↢遠生↡、無↢道心↡者併住↢名聞思↡。以↢自身↡輒言↠可↠出↢生死↡者、是知↢機縁分斉↡故也。

一、一期物語 四

あるときいはく、われじょうしゅうつるしゅは、ぼんおうじょうしめさんがためになり。もし天台てんだいきょうそうによらば、ぼんおうじょうゆるすにたりといへども、じょうはんずることいたりて浅薄せんぱくなり。もし法相ほっそうきょうそうによらば、じょうはんずること甚深じんじんなりといへども、まつたくぼんおうじょうゆるさざるなり。しょしゅう所談しょだんことなりといへども、そうじてぼんじょうしょうずるといふことゆるさず。善導ぜんどうしゃくによりてじょうしゅうおことき、すなはちぼんほうしょうずるといふことあらわるるなり。ここにひとおおほうしていはく、しゅうてずといへども、念仏ねんぶつおうじょうすすむべし。いましゅうつること、ただしょうのためなりと 。もしべっしゅうてずは、なんぞぼんほうしょうずるあらわさん。もしひときたりていひて念仏ねんぶつおうじょうとは、これいづれのきょう・いづれのしゅう・いづれのこころぞとはば、天台てんだいにもあらず、法相ほっそうにもあらず、三論さんろんにもあらず、ごんにもあらず、いづれのしゅう・いづれのこころとかこたえんや。このゆゑにどうしゃく善導ぜんどうこころによりてじょうしゅうつ、これまつたくしょうにあらざるなりと

或時云、我立↢浄土宗↡意趣者、為ムガ↢凡夫往生↡也。若依↢天臺教相↡者、雖↠似↠許↢凡夫往生↡、判コト↢浄土↡至浅薄也。若依↢法相教相↡者、判コト↢浄土↡雖甚深、全不↠許↢凡夫往生↡也。諸宗所談雖↠異、総不↠許↧凡夫生↢浄土↡云事↥。依↢善導釈義↡興↢浄土宗↡時、即凡夫生↢報土↡云事顕也。爰人多誹謗シテ云、雖↠不↠立↢宗義↡、可↠勧↢念仏往生↡。今立↢宗義↡事、唯為勝他也 。若不立別宗者、何顕↧凡夫生ズル↢報土↡之義↥。若人来言念仏往生者、是問↢何教・何宗・何師意ゾト↡者、非↢天臺ニモ↡、非↢法相↡、非↢三論↡、非↢花厳↡、答↢何宗・何師トカ↡乎。是故↢道綽・善導↡立↢浄土宗↡、是全非↢勝他↡也 云

一、一期物語 五

あるときしょうにんおこりやみすることありて、種々しゅじゅりょう一切いっさいかなはず。とき月輪つきのわぜんじょう殿でん、おほいにこれをなげきていはく、われ善導ぜんどうえい図絵ずえし、しょうにんまえにおいてこれをようせんと。このよしおおせられあんそうもとつかはし、へんにいはく、聖覚せいかく同日どうにちどうおこりやみつかまつることそうろふ。しかりといへどもしょう報恩ほうおんのためつとめつかまつりまいるべしと。ただ早旦そうたんおんぶつはじめらるべしと たつときより説法せっぽうはじめ、ひつじとき説法せっぽうおわりぬ。どうならびにしょうにんともおこりやみおわりぬ。またその説法せっぽうたいは、だいしゃくそんしゅじょうどうずるときの、つねびょうのうけてたまひき、いはんやぼん血肉けつにく、いかんぞそのうれいなからん。しかりといへどもせんどんしゅじょうは、このどうかえりみず、さだめてしんおもいいだかんか。しょうにんどうすでにぶつかなひて、まのあたりおうじょうげたまふは千万せんばん千万せんばん。しかれば諸仏しょぶつさつ諸天しょてんりゅうじん、いかでかしゅじょうしんなげかざらん。てん大王だいおう仏法ぶっぽうまもるべくは、かならずわがだいしょうにんびょうのういやしたまふべきなり。善導ぜんどうえいまえきょうくんずと そうゆゑに法印ほういんあめくだして聖覚せいかくはこのこともつともどくなりといふと けんひとおほいにおどろきて思議しぎおもいしょうずと

或時上人有↢瘧病コト↡、種々療治一切不叶。于時月輪禅定殿下、大歎↠之云、我図↢絵善導御影↡、於↢上人↡供↢養之↡。此由被仰遣↢安居僧都許↡、御返事云、聖覚同日同時瘧病仕事候。雖然為↢御師匠報恩↡可↠参0701↢勤仕↡。但早旦可↠被↠始↢御仏事。自辰時始↢説法↡、未時説法畢。導師并上人、共瘧病落畢。又其説法大旨、大師・釈尊↢衆生↡時者、恒↢病悩↡給、況ヤ凡夫血肉身、云何无↢其憂↡。雖然浅智愚鈍衆生者、不↠顧↢此道理↡、定懐↢不信之思↡歟。上人化導已↢仏意↡、面遂↢往生↡者千万千万。然者諸仏・菩薩、諸天・竜神、争不↠歎↢衆生不信↡。四天大王可↠守↢仏法↡者、必可↧癒↢我大師上人病悩↡給↥也。善導御影前、異香薫 。僧都云↢故法印下雨挙名聖覚此事尤奇特↡ 。世間人大驚生↢不思議思

一、一期物語 六

●あるときいはく、われ一向いっこう専念せんねんつ、ひとおおそしりていはく、たとひしょぎょうおうじょうゆるすといへども、まつたく念仏ねんぶつおうじょうさわりとなるべからず。なにゆゑぞあながちに一向いっこう専念せんねんつるや、これおほいにへんしゅうなりと。こたふ。このなんはこれこのしゅうらざるかぎりのゆゑなり。¬きょう¼ (大経巻下) にすでに 「一向いっこう専念せんねんりょう寿仏じゅぶつ」 といふがゆゑに、しゃく (散善義) に 「一向いっこうせんしょう弥陀みだぶつみょう」 といふ。経釈きょうしゃくはなれてわたくしにこのてては、まことに所責しょせきりがたし。このなんいたさんとほっするものは、まづしゃくそんほうずべく、つぎ善導ぜんどうほうずべし。そのとがまつたくわがうえにあらず。当初そのかみ弟子でしとがによりて讃岐さぬきくにながさるることあり、そのとき一人いちにん弟子でしたいして一向いっこう専念せんねんぶ。西さい弥陀みだぶつといふ弟子でし推参すいさんしていはく、かくのごときおん、ゆめゆめあるべからざることそうろふ、おのおのへんもうせしめたまふべからずと 。々いはく、なんじ経釈きょうしゃくもんずやと。西さい弥陀みだぶついはく、経釈きょうしゃくもんはしかりといへども、けんげんぞんずるばかりなりと。しょうにんいはく、われくびらるるといへども、このことをいはずはあるべからずと おんしきもつともじょうなり、まてまつる人々ひとびとなみだながしてずいすと

或時云、我立↢一向専念義↡、人多謗云、縦雖↠許↢諸行往生↡、全不↠可↠成↢念仏往生↡。何故↢一向専念義↡耶、此大偏執義也。答。此是不↠知↢此宗↡限故也。¬経¼已云↢「一向専念无量寿仏」故、釈云↢「一向専称弥陀仏名」↡。離↢経釈↡私↢此義↡者、誠所責難↠去。欲↠致↢此難↡者、先可↠謗↢釈尊↡、次可↠謗↢善導↡。其過全非↢我身上↡。当初依↢弟子↡有↧被↠流↢讃岐国↡事↥、其時対↢一人弟子↡述↢一向専念義↡。西阿弥陀仏0702云弟子推参シテ云、如此御義、努々不↠可↠有事候、各不↠可↧令↠申↢御返事↡給↥ 。上人云、汝不↠見↢経釈↡哉。西阿弥陀仏云、経釈文雖然、存ズル↢世間譏嫌↡計也。上人云、我雖↠被↠截↠頚、不↠可↠不↠云↢此事。御気色尤至誠也、奉見人々流涙随喜

一、一期物語 七

●あるとき鎮西ちんぜいよりきたれるしゅぎょうしゃしょうにんひたてまつりていはく、称名しょうみょうときこころぶつ相好そうごうくることは、いかようにかそうろふべしと。しょうにんいまだ言説ごんぜつせざるさきに、かたはらの弟子でししかるべしと しょうにんいはく、源空げんくうはしからず、ただ 「にゃくじょうぶつ十方じっぽうしゅじょうしょうみょうごう下至げしじっしょうにゃくしょうじゃしゅしょうがくぶつこん現在げんざいじょうぶつとう本誓ほんぜいじゅうがん不虚ふこしゅじょうしょうねん必得ひっとくおうじょう (礼讃) おもふばかりなり。わが分斉ぶんざいをもつてぶつ相好そうごうかんずとも、さらにせつのごとくかんずるにあらず。ふか本願ほんがんたのみてくちみょうごうとなふる、ただこのいちのみりょうぎょうにあらざるなりと。しゅぎょうしゃよろこびて退たいしゅつおわりぬと。

或時自↢鎮西↡来レル修行者、奉問上人云、称名之時、係↢心於仏相好↡事、如何様ニカ可候。上人未↢言説↡前、傍弟子可然 。上人云、源空不然、唯思↢「若我成仏、十方衆生、称我名号下至十声、若不生者不取正覚。彼仏今現在世成仏。当知、本誓重願不虚、衆生称念必得往生」↡ (礼讃) 計也。以↢我分斉↡観トモ↢仏相好↡、更非↢如↠説観↡。深↢本願↡口↢名号↡、唯是一事ノミ不↢仮令行↡也。修行者悦退出畢

一、一期物語 八

●あるときひとひていはく、本願ほんがんしゃくするに安心あんじんりゃくする、なんこころかあらんや。しょうにんこたへていはく、「しゅじょうしょうねん必得ひっとくおうじょう (散善義礼讃) るに、ねん三心さんしんそくするなり。このあらわさんがために、かくのごとくしゃくするなりと

或時人問云、釈↢本願↡略スル↢安心↡、有↢何意↡耶。上人答云、知ルニ↢「衆生称念必得往生」↡(散善義礼讃) 、自然具↢足スル三心↡也。為顕此理、如此釈也

一、一期物語 九

●あるひとひていはく、毎日まいにちしょ六万ろくまんじゅうまんとう数返しゅへんててほうなるとまん三万さんまんてて如法にょほうならんと、いづれをかしょうとなすべきやと。こたへていはく、ぼんならいまん三万さんまん数遍しゅへんつといへども、如法にょほうあるべからず。ただ数返しゅへんおおきにはしかず、所詮しょせんこころをして相続そうぞくせしめんがためなり。ただしかならずかずさだむをようとするにはあらず、ただじょうねんのためなり。数返しゅへんさだめざるはだい因縁いんねんなれば、数返しゅへんすすむるなりと

或人問云、毎日所作配↢六万・十万等数返↡而不法ナル与配テヽ↢二万・三万↡如法ムト、何ヲカ可↠為↠正耶。答云、凡夫雖↠配↢二万・三万数遍↡、不可有如法0703。唯不↠如↢数返多ニハ↡、所詮為↠令↢心ヲシテ相続↡也。但必↠数非↠為ニハ↠要、只為↢常念↡也。不↠定↢数返↡者懈怠因縁ナレバ、勧↢数返↡也

一、一期物語 十

●あるときひていはく、智恵ちえもしおうじょうかなめことたるべくは、しょうじきおおせこうむりて修学しゅがくいとなむべし。またもつてたん称名しょうみょうらざるにあるべからずは、そのむねぞんずべし。ただいまおおせをもつて、如来にょらい金言きんげんぞんずべくそうろふと。こたへていはく、おうじょうしょうごうはこれ称名しょうみょうといふことしゃくもんぶんみょうなり。有智うち無智むちえらばずといふことまた顕然けんねんなり。しかればおうじょうのためには称名しょうみょうれりとす。もし学問がくもんこのまんとほっせば、しからず、ただ一向いっこう念仏ねんぶつしておうじょうぐべし。弥陀みだ観音かんのんせいひたてまつるときなん法門ほうもんたっせざる。かのくにしょうごんちゅうちょう甚深じんじんほうく、そのとき見仏けんぶつ聞法もんぼうすべきなり。念仏ねんぶつおうじょうむねらざるほどはこれをがくせ。もしこれをらばいくばくの智恵ちえもとむ、称名しょうみょういとまきらはざれと

或時問云、智恵若可↠為↢往生要事↡、正直蒙↠仰可↠営↢修学↡。又以但称名、不可有不足者、可↠存↢其旨↡。以只今仰、可↠存↢如来金言↡候。答云、往生正業是称名云事、釈文分明也。不↠簡↢有智・無智↡云事又顕然也。然者為往生者称名為足。若欲好学問、不、只一向念仏シテ可↠遂↢往生↡。奉↠値↢弥陀・観音・勢至↡之時、何法門不達。彼国荘厳、昼夜朝暮説↢甚深法↡、可↠期↢其時之見仏・聞法↡也。不↠知↢念仏往生↡之程可↠学↠之。若知↠之者求↢不幾之智恵↡、不↠嫌↢称名↡也

一、一期物語 十一

●あるときいはく、じょうにんおおしといへども、みなだいしんすすめて、観察かんざつしょうとなす。ただ善導ぜんどういっのみだいしんなくしてのおうじょうゆるす、観察かんざつをもつては称名しょうみょう助業じょごうはんずと。当世とうせいひと善導ぜんどうこころによらず、たやすくおうじょうず。曇鸞どんらんどうしゃくかんとう、みなそうじょうにんなりといへども、においてはいまだかならずしもいちじゅんならず、よくよくこれを分別ふんべつすべし。このむねわきまへずは、おうじょうなんにおいてぞんしがたきものなりと

或時云、浄土人師雖↠多、皆勧↢菩提心↡、観察為↠正。唯善導一師ノミ許↧无シテ↢菩提心↡之往生↥、以テハ↢観察↡判↢称名助業↡。当世之人、↠依↢善導↡、輒不↠得↢往生↡。曇鸞・道綽・懐感等、皆雖↠為↢相承人師↡、於↠義者未↢必一准ナラ↡、能々可分別之。不辨此旨者、於↢往生難易↡難存知者也

一、一期物語 十二

●あるときひていはく、ひとおおさいすすむ、このじょういかんと。こたふ。そうじきほうはもつともしかるべきなり。しかりといへども当世とうせいすでにおとろへ、じきすでにめっす。この分斉ぶんざいをもつて、一食いちじきこころひとへにじきおもひ、念仏ねんぶつこころしずかならず。¬だいしんぎょう¼ にいはく、「じきだいしんさまたげず、こころよくだいさまたぐ」 と。そのうへはしんをあひはからふべきなりと

或時問云、人多勧↢持斉↡、此条如何。答。僧尼食作法尤可然也。雖然当0704機已衰、食已滅。以↢此分斉↡、一食心偏思↢食事↡、念仏心不静。¬菩提心経¼云、「食不↠妨↢菩提心↡、心能妨↢菩提↡。」其上自身可↢相計↡也

一、一期物語 十三

●あるときひていはく、だいごうにおいてすでにおもさだおわりぬ。ただいち有様ありよう、いかんがぞんずべくそうろふと。こたへていはく、そうほうだいしょう戒律かいりつにあり。しかりといへども末法まっぽうそうはこれにしたがはず。源空げんくうこれをきんずるに、たれひとかこれにしたがはん。ただ所詮しょせん念仏ねんぶつ相続そうぞくするようにあひはからふべきなり。おうじょうのためには、念仏ねんぶつをすでにしょうごうとなす。ゆゑにこのむねまもりてあひつとむべきなり。さいまつたくしょうごうにあらざるなりと。

或時問云、於↢菩提業↡已思定畢。但一期身之有様、云何可存候。答云、僧作法在↢大小戒律↡。雖然末法僧不↠随↠之。源空禁↠之、誰人随↠之。只所詮念仏相続スル可↢相計↡也。為↢往生↡者、念仏已為↢正業↡。故↢此旨↡可↢相励↡也。持斎全非↢正業↡也。

一、一期物語 十四

●あるとききょうくると発心ほっしんとはおのおのべつなるべきなり。中比なかごろひとりのじゅう山者ざんしゃあり。内々ないないじょう法門ほうもんがくしていはく、われすでにこのきょうたい。しかりといへどもいまだ信心しんじんおこさず、いかなる方法ほうほうをもつてか信心しんじんこんりゅうすべしと おしへていはく、三宝さんぼうしょうせしめたまふべしと。それよりこのかた、慇懃おんごんにこれにしょうす。あるとき東大とうだいまいりて念誦ねんじゅす。たまたまむなぐるたりて、つらつらこれをるに、たちまちに信心しんじん開発かいほつす。たくみなるけいりゃくにあらざるよりは、かのおほいなるものいかんがとうじょうす。いかにいはんや如来にょらいぜんぎょう思議しぎりきをや。われがんしょうこころざしあり、ぶついんじょうがんまします、もつともおうじょうすべし。ひとたびこのどうのちに、ふたたびしんなし。かのひときたりてこのよしかたる、三年さんねんのちおうじょうぐ。かたはらに霊瑞れいずいげんず、不可ふか思議しぎなり。学問がくもんによりて発心ほっしんせずといへども、きょうがいえんによりてしんおこす。ただ慇懃おんごんこころけてつねにゆいすべし、また三宝さんぼういのるべきなりと

或時受ルト↠教↢発心↡可↢各別↡也。中比ナカゴロ有一住山者。内々学↢浄土法門↡云、我已得↢此大旨↡。雖然未↠発↢信心↡、以↢何ナル方法↡建↢立信心↡ 。豫教云、可↧令↣祈↢精三宝↡給↥。自爾以降、慇懃祈↢精之↡。或時参↢東大寺↡念誦。適当↧上↢棟木↡之日↥、倩見↠之、忽信心開発。自↠非↢匠計略↡、彼大物云何居↢棟上↡。何況如来善巧不思議力哉。我有↢願生志↡、仏↢引接願↡、尤可↢往生↡。一↢此道理↡之後、再無↢疑心↡。彼人来語↢此由↡、経↢三年↡之後↢往生↡。旁現↢霊瑞↡、不可思議也。依↢学問↡雖↠不↢発心↡、依↧見↢境界↡之縁↥起↠信。唯慇懃↠心思惟スベシ、又可↠祈↢三宝↡也

一、一期物語 十五

●あるひとひていはく、真言しんごん弥陀みだようほう、これ正行しょうぎょうなるべきやいかんと。こたふ。しかるべからざるなり。いちたりといへども、きょうしたがはばそのこころどうなり。真言しんごんきょう弥陀みだは、これしん如来にょらいなり、ほかたずぬべからず。このきょう弥陀みだは、法蔵ほうぞう比丘びくじょうぶつなり、西方さいほうす。そのこころおほいにことなり。かれはじょうぶつきょうなり、これおうじょうきょうなり。さらにもつてどうずべからずと

0705或人問云、真言阿弥陀供養法、是可↢正行ナル↡哉云何。答。不可然也。雖似一、随↠教其意不同也。真言教阿弥陀、是己心如来ナリ、不↠可↠尋↠外。此教弥陀、法蔵比丘之成仏也、居↢西方↡。其意大ナリ。彼成仏教也、此往生教也。更以不↠可↠同

一、一期物語 十六

●あるときいはく、法門ほうもん善悪ぜんあくしゅうにあるなり、学者がくしゃおおしといへども、しゅう分別ふんべつするものきはめてまれなり。わがちょう真言しんごんふたつのながれあり、いはゆるとう天台てんだいこれなり。そのなか天台てんだい真言しんごんは、そのしゅうとうのごとくにあらず。ゆゑは、一山いちざんうち顕密けんみつきょう兼学けんがくす、そのなかほっしゅうほんとなす。ゆゑに天台てんだいおうはこれすなはち真言しんごんなりといへり。このゆゑにけんしゅうぶんでざる真言しんごんなり。とう真言しんごんは、けんしゅうにおいてあへてかたならぶることなきなり。われしょしゅうきょうそううかがふに、真言しんごん仏心ぶっしん両宗りょうしゅうは、しょしゅうりてしゅうきょうそうとしてしょしゅうはいしてじょうつ。しょしゅうなかしゅういたりては、この両宗りょうしゅうひとしきなきなりと

或時云、法門善悪在↢宗義↡也、学者雖多、分↢別宗義↡者極希也。吾朝真言有↢二流↡、所謂東寺・天臺是也。其中天臺真言、其宗義非↠如↢東寺↡。所以者、一山兼↢学顕密二教↡、其中法花宗為↢本意↡。故天臺奥旨是即真言也ヘリ。是故↠出↢顕宗↡之真言也。東寺真言、於↢顕宗↡敢无↠双コト↠肩也。我闚↢諸宗教相↡、真言・仏心両宗、取↢諸宗↡為↢自宗教相↡而廃シテ↢諸宗↡立↢自定↡。諸宗↢宗義↡者、无↠等↢此両宗↡也

わたくしにいはく、このことばしたにいささか所存しょぞんあるか。¬せんじゃくしゅう¼ にすでに真言しんごん仏心ぶっしんをもつてしょうどうもんるを、じょうしゅうきょうそうとす。しょうどうもんをもつてじょうもんたいしこれをはいしたまふ。その智恵ちえ深遠じんのんなることごん道断どうだんか。

私云、此言聊有↢所存↡歟。¬選択集¼已以↢真言・仏心↡入↢聖道門↡、為↢浄土宗教相↡。以↢聖道門↡対↢浄土門↡而廃之給。其智恵深遠ナル事、言語道断歟。

一、一期物語 十七

●あるがいはく、しょうにんざいしょうとき三井みいでら貫首かんしゅだいそうじょう公胤こういん三巻さんかんしょつくりて ¬せんじゃくしゅう¼ をす、¬じょうけつしょう¼ とづく。そのしょにいはく、「¬ほっ¼ に即往そくおう安楽あんらくもんあり、¬かんぎょう¼ に読誦どくじゅだいじょうあり。¬ほっ¼ を転読てんどくして極楽ごくらくしょうずるになんのさまたげかあらん。しかるに読誦どくじゅだいじょうはいし、ただ念仏ねんぶつぞく。これおほいなるあやまりなり」 と。

或云、上人在生時、三井寺貫首大貳僧正公胤、作↢三巻書↡破↢¬選択集0706¼↡、名↢¬浄土決疑抄¼↡。其書、「¬法花¼有↢即往安楽文↡、¬観経¼有↢読誦大乗句↡。転↢読シテ¬法花¼↡生↢極楽↡有↢何妨↡。然廃↢読誦大乗↡、唯付↢属念仏。是大ナル錯也。」

しょうにんこれをて、おわらずにきていはく、このそうじょうはこれほどひととはおもはず、無下むげ分斉ぶんざいかな。じょうしゅうをいふとかばおもふべし。きょう権実ごんじつじょうはんせんとは、ごんはいじつたつらんとおもふべし。しゅうつときながら、まがりて ¬ほっ¼ をもつて ¬かんぎょう¼ のおうじょうぎょうなかれんとのぞことしゅうはいりゅうわするるにたり。もしのうあり学道がくどうしゃをば、おもふべし、¬かんぎょう¼ はこれぜんきょうなり、かのきょうなかに ¬ほっ¼ をせっすべからずと。いまじょうしゅうこころは、¬かんぎょう¼ ぜんしょだいじょうきょうりて、みなことごとくおうじょうぎょううちせっす、なんぞ ¬ほっ¼ ひとりこれをのこさんや。ことあたらしく ¬かんぎょう¼ のうちるることをのぞむべからず。あまねくせっするこころは、きょう念仏ねんぶつたいしてこれをはいさんがためなりと 使しゃ学仏がくぶつぼうかえりてこのよしかたる、そうじょうくちじて言説ごんぜつせず。かのそうじょうきたりて説法せっぽうついで、さきの ¬じょうけつしょう¼ のらいかたらる。われ今日こんにちこのみぎりのぞこと、ひとへにこのことさんせんがためなりと ちょうもん道俗どうぞくせんずいせざるなし。そののちそうじょうおなじくおうじょうかいおわりぬ、瑞相ずいそうどくにあらずかたはらおおしと

上人見之、不↢見終↡指置云、此僧正此程之人トハ不↠思、無下分斉哉。聞カバ↠言↢浄土宗義↡者可↠思。定↢判ムト権実↡者、可↠思↧廃↠権立↢実義↡覧↥。乍↠聞↠立↢宗義↡、枉↠理以↢¬法花¼↡望↠入↢¬観経¼往生↡事、似タリ↠忘ルニ↢宗義廃立↡。若アリ学道者ヲバ、可↠謂、¬観経¼是爾前教也、彼経中不可摂¬法華¼。今浄土宗意者、取↢¬観経¼前後之諸大乗経↡、皆悉摂↢往生行内↡、何¬法華¼独残之哉。事新不↠可↠望↠入↢¬観経¼内↡。普摂意者、教為↧対↢念仏↡廃↞之。使者学仏房、還語↢此由↡、僧正閉口不言説。彼僧正来説法之次、被↠語↢於前¬浄土決疑抄¼之由来↡。我今日臨↢此砌↡事、偏為懺悔此事也 。聴聞道俗貴賎、無↠不↢随喜↡。其後僧正同遂↢往生素懐↡畢、瑞相非奇特旁多

一、一期物語 十八

あるときいはく、源空げんくう月輪つきのわぜんじょう殿でん まいりしときじゅう山者ざんしゃ一人いちにんまいへり。いささかはばかりあるがゆゑにそのせず ひていはく、まことなるや、じょうしゅうてたまふと。こたへていはく、しかなりと。

或時云、源空参↢月輪禅定殿下↡之時、住山者一人参会ヘリ聊有憚故不載其名 問云0707、誠耶、立浄土宗給。答云、然也。

またひていはく、いづれのもんにつきてこれをてたまふやと。こたへていはく、善導ぜんどうの ¬かんぎょうしょ¼ ぞくしゃくにつきてこれをつるなりと。

又問云、何文立↠之給耶。答云、就↢善導¬観経疏¼付属↡立↠之也。

またいはく、しゅうつるほどこと、なんぞただ一文いちもんによりてこれをてたまふやと。しょうしてものいはず。

又云、立宗義之程事、何タヾ依↢一文↡立↠之給耶。微笑シテ不↢物言↡。

やまかえりてほうぼう法印ほういんまえにおいてこのことかたり、そうじて返答へんとうおよばずといふ。法印ほういんいはく、かのしょうにんものはざるは、そくごんのところのゆゑなり。かのしょうにんはわがしゅうにおいてすでに達者たっしゃたり、あまつさへしょしゅうわたりあまねくしゅうがくせり、智恵ちえ深厚じんこうなることじょうにんにちょうせり。ゆゑに返答へんとうおよばずとおもひ、ものはざるなり。ゆめゆめ僻見へきけんじゅうすべからずと。しょうにんこのこときていはく、かの法印ほういんこと親近しんごんして法問ほうもんだんじたてまつる、ゆゑに智恵ちえ分涯ぶんがいりてかくのごとくいふなり。ことにわが法門ほうもんにおいては、源空げんくうそうじょうこと顕然けんねんなりと。

還↠山於法地房法印前語↢此事↡、総不↠及↢返答↡云。法印云、彼上人不↢物言↡者、処↢不足言↡故也。彼上人於↢我宗↡已為達者、剰亘↢諸宗↡普宗学セリ、智恵深厚ナルコト超↢過セリ常人↡。故思↠不↠及↢返答↡、不↢物言↡也。努力努力不↠可↠住↢僻見↡。上人聞此事云、彼法印殊親近シテ↠談↢法問↡、故↢智恵分涯↡如此云也。殊於↢我法門↡者、相↢承于源空↡之事顕然也。

一、一期物語 一九

あるひとひていはく、つねに廃悪はいあく修善しゅぜんむねぞんじて念仏ねんぶつせんとつねに本願ほんがんむねおも念仏ねんぶつすると、いづれがまさりたるやと。こたふ。廃悪はいあく修善しゅぜんはこれ諸仏しょぶつ通誡つうかいといへども、当世とうせいわれはことごとくくはいせり。もしべっがんじょうぜずは、しょうでがたきものかと

或人問云、常↢廃悪修善↡念仏ムト与↧常思↢本願旨↡念仏スル↥、何タル哉。答。廃悪修善是雖↢諸仏通誡↡、当世我等違背セリ。若不↠乗↢別意弘願↡者、難↠出↢生死↡者歟

一、一期物語 二〇

あるときいはく、なんじ ¬せんじゃくしゅう¼ といふもんありとりたりやいなや。らざるよし、このもんわれつくれるもんなり、なんじこれをるべし。われざいしょうあいだ流布るふすべからざるよしこれをいましむゆゑに人々ひとびとにこれをかくす。これによりてじょうかくぼうほんをもつてこれをうつす。当初そのかみしょうにんれいたまへり。いささかへいとき月輪つきのわぜんじょう殿でんより、おんかたのために要文ようもんあつめこれをたまふべきよしおおせらる。これによりてこの ¬しょ¼ をつくりて進覧しんらんせしめたまふ、この ¬しょ¼ のなかにあるいはじょうもんしょぎょうやくしてろんするところなりといふなり。

或時云、汝有↢¬選択集¼云文↡知リヤ。不知之由、此文我作レル文也、汝可↠見↠之。我存生之間不可流布之由禁↠之故人々秘之。依↠之以↢成覚房↡写之。当初上人、御不例気出来給ヘリ。聊御平癒之時、従↢月輪禅定殿0708下↡、為↢御形見↡集↢要文↡可給之由被↠仰。依↠之造↢此¬書¼↡令進覧給、此¬書¼中或云↧約シテ↢浄土門諸行↡所リト↦比論↥也。

あるいはいはく、じょうしゅうの ¬かんりょう寿じゅきょう¼ のこころなりと。 しょうにんこのこころべていはく、この ¬かんりょう寿じゅきょう¼ は、もし天台てんだいしゅうこころによらばぜんきょうなり。ゆゑに ¬ほっ¼ の方便ほうべんとなる。もし法相ほっそうしゅうこころによらば、べつ時意じいぶるになる。しかるにじょうしゅうこころによらば、一切いっさい教行きょうぎょうはことごとく念仏ねんぶつ方便ほうべんとなる。ゆゑにじょうしゅうの ¬かんりょう寿じゅきょう¼ のこころといふなり。またいはく、しょうどうもんしょぎょうは、みなじょういんしゅしてじょう。ゆゑに念仏ねんぶつきょうするにおよばず。じょうもんしょぎょうは、これ念仏ねんぶつきょうするとき弥陀みだ本願ほんがんにあらず、こうみょうこれを摂取せっしゅせず、しゃくそんぞくしたまはず。ゆゑに (定善義) ぜん非比ひひきょう」 といふなり。しかればどうしゃく善導ぜんどうしゅうはおほいにことなるなり。よくよく一々いちいち分別ふんべつすべし。これをるに、しょうどうじょうもんことなりといへども、ぎょうたいこれいちなり。義意ぎいるべしと

或云、浄土宗¬観無量寿経¼意也。 上人述↢此意↡云、此¬観无量寿経¼、若依↢天臺宗↡爾前教也。故成↢¬法華¼方便↡。若依↢法相宗意↡者、成↠演↢別時意↡。然依↢浄土宗意↡者、一切教行悉成↢念仏方便↡。故浄土宗¬観無量寿経¼意云也。又云、聖道門諸行、皆修↢四乗↡得↢四乗果↡。故不↠及↣比↢挍念仏↡。浄土門諸行者、是比↢挍念仏↡之時、非↢弥陀本願↡、光明不↢摂取↡之、釈尊不↢付属↡。故云↢「全非比挍」也。然道綽・善導宗義大異也。能々一々分別ベシ。知↠之、聖道・浄土二門雖異、行体是一也。義意可知

二、禅勝房との十一箇条問答

あるとき遠江とおとうみくにれんじゅうそうぜんしょうぼうさんじょうしてしょうにん種々しゅじゅことひたてまつるに、しょうにん一々いちいちこたふるなり。

或時、遠江国蓮花寺住僧禅勝房、参上上人奉問種種事、上人一々答也。

一にひていはく、けん難者なんじゃありていはく、はっしゅうしゅうほかじょうしゅうつるこれゆうなり、いかんがこのなんたいすべくそうろふと。

一問曰、世間有難者云、八宗・九宗立↢浄土宗↡是自由也、如何可↣対0709↢治此難↡候。

こたへていはく、りっしゅうことはさらに仏説ぶっせつにあらず、みづからがくするところのきょうろんにつきて、そのさときわむるなり。しょしゅうならいみなもつてかくのごとし。いまじょうしゅうつることじょうしょうきょうにつきて、おうじょう極楽ごくらくさとたる先達せんだつしゅうつるなり。しゅうおこりらずは、かくのごときなんいたすなり、なんずることにあらざるなりと。

答云、立宗事者更非仏説、付自所学経論、覚↢極其義↡也。諸宗習皆以如此。今立↢浄土宗↡事、付↢浄土正依経↡、解得往生極楽義之先達、立宗名也。不知宗起者、致↢如此之難↡也、非難事也。

二にひていはく、ほっ真言しんごんにおいてはぞうぎょうなかるべからずといふ、いかんがこのなんなんすべくそうろふと。

二問云、於法花・真言者不↠可↠入↢雑行中↡云、如何可↣難↢治此難↡候。

こたへていはく、しん先徳せんどく一代いちだい聖教しょうぎょうあつめて ¬おうじょうようしゅう¼ をつくじゅうもんつ。そのなかだいもんは、これおうじょう諸業しょごうなり。すでにほっ真言しんごんとうしょだいじょうきょうしょぎょうれらる。しょぎょうぞうぎょうと、ことばことにしてそのこころおなじ。いま難者なんじゃしん先徳せんどくまさるべからざるかと。

答云、恵心先徳、集一代聖教造↢¬往生要集¼↡立↢十門↡。其中第九門、是往生諸業也。已法花・真言等諸大乗経被↠入↢諸行↡。諸行与雑行、言異ニシテ其意同。今難者、不可勝恵心先徳歟。

三にひていはく、ぶつきょうにつきて結縁けちえんじょじょうせんことは、ぞうになるべくそうろふかと。

三問云、付↢余仏・余経↡結縁助成セム、可成雑候歟。

こたふ。わがぶつ本願ほんがんじょうじてのちけつじょうおうじょうしんおこらんうへは、ぜん結縁けちえんすること、まつたくぞうぎょうとなすべからず、おうじょう助業じょごうとはなるべきなり。善導ぜんどうしゃくなか、すでに 「善根ぜんごんしたがひてもつて自他じた善根ぜんごんじょうこうす」 と。 このしゃくをもつてるべきなりと。

答。我身乗↢仏本願↡之後、決定往生信起ラム之上、結↢縁他善↡事、全不可為雑行、可↠成↢往生助業トハ↡也。善導釈中、已「随↢他善根↡以自他善根廻↢向浄土↡。」 以此釈可知也。

四にひていはく、極楽ごくらくぼん差別しゃべつあること弥陀みだ本願ほんがんかなひとすべきかと。

四問云、極楽有↢九品差別↡事、可↠為↢弥陀本願称↡歟。

こたへていはく、極楽ごくらくぼんは、弥陀みだ本願ほんがんにあらず、さらにじゅうはちがんなかになし、これしゃくそんぎょうごんなり。もし善人ぜんにん悪人あくにん一所いっしょしょうずとかば、悪業あくごうものひとしく慢心まんしんおこすべきゆゑに、ほん差別しゃべつをあらしめ、善人ぜんにんじょうぼんすすみ、悪人あくにんちゅうぼんくだるとくなり。いそぎてまいりてるべしと

答云、極楽九品、非↢弥陀本願↡、更无↢四十八願↡、是釈尊巧言也。若説カバ↣善人・悪人生↢一所↡者、悪業者可起等慢心故、令↠有↢品位之差別↡、説↧善人進↢上品0710↡、悪人ルト↦々品↥也。急可↠見

五にひていはく、かいもの念仏ねんぶつ数遍しゅへんすくなきとかいもの念仏ねんぶつ数遍しゅへんおおきと、おうじょうのち浅深せんじんいかんと。

五問云、持戒念仏数遍与↢破戒念仏数遍多↡、往生浅深如何。

しょうにんたまへるたたみしてこたへていはく、たたみのあるにつきてこそやぶれたるとやぶれたらずとはろんずれ、まつたくたたみのなきにおいてはいかんぞやぶれたるやぶれたらずをろんぜんや。

上人指↢所居ヘル↡答云、就テコソ↠有↠畳ズレ↣破↢不破↡、全於↠无↠畳者云何論↢破不破↡哉。

そのように 「末法まっぽうなかにはかいなくかいなし、ただみょう比丘びくのみあり」 と。でんぎょうだいの ¬末法まっぽうとうみょう¼ にくわしくこのむねあかせり。そのうへはかいかい沙汰さたあるべからず。かくのごときぼんのために、おしふるところの本願ほんがんなれば、急々きゅうきゅうみょうとなふべきなりと。

其様「末法ニハ無↢持戒↡无↢破戒↡、但有↢名字比丘ノミ↡。」伝教大師¬末法灯明記¼委明↢此旨↡。其上不↠可↢持戒・破戒沙汰↡。為↢如此之凡夫↡、所↠教本願ナレバ者、急々可↠称↢名字↡也。

六にひていはく、念仏ねんぶつぎょうじゃ毎日まいにちしょに、こえやさざるひとあり、またこころねんじてかずひとあり、いづれをかほんとしそうろふと。

六問云、念仏行者、毎日所作、有↢不↠絶↠声之人↡、又有↢心取↠数之人↡、何ヲカ為↠本候。

こたへていはく、くちとなふるもこころねんずるもことごとくみょうごうなれば、いづれもみなおうじょうごうとなるべし。ただぶつ本願ほんがん称名しょうみょうなるがゆゑに、こえだすべしと。

答云、口唱名号ナレバ、何皆可↠成↢往生↡。唯仏本願為↢称名↡故、可↠出↠声

ゆゑに ¬きょう¼ (観経) には 「令声りょうしょうぜつそくじゅうねん」 とき、 しゃく (礼讃) にはいはく、「しょうみょうごう下至げしじっしょう」 となり。わがみみもんずるほどなるを、こうしょう念仏ねんぶつとす。ただしげんらずしてこうしょうなるべきにはあらず、たいこえだすとおもふべきなりと。

故¬経ニハ¼説↢「令声不絶具足十念」↡、釈ニハ云、「称我名号下至十声」也。聞ズル↢我耳↡程ナルヲ、為↢高声念仏↡。但不↠知↢譏嫌↡而非↠可↢高声ナル↡、地体可↠思↠出↠声也。

七にひていはく、日別にちべつ念仏ねんぶつ数遍しゅへん相続そうぞくほどことは、いくばくとさだむべくそうろふと。

七問云、日別念仏数遍入相続之程、可定幾候。

こたへていはく、善導ぜんどうしゃくによらば、まんじょう相続そうぞくぶんとなすべし。観念かんねん法門ぼうもん¼ のなかづ) ただし一万いちまんべんといへども、いそもうしてむなしせつすごすべからず。たとひ一万いちまんべんといへども、一日いちにちいちしょとなすべし。そうじて一食いちじきあいださんばかりこれをとなふれば、よく相続そうぞくするものなり。ただししゅじょうこんじょうどうなれば、いちじゅんにこれをさだむべからず。もしこころざしふかくば、ねん相続そうぞくことなりと。

答云、依↢善導者、万已上可↠為↢相続分↡。 (出¬観念法門¼中) 但雖↢一万反↡、急申虚不↠可↠過↢時節↡。設雖↢一万反↡、可↠為↢一日一夜之所作↡。総ジテ一食之間三度許唱之者、能0711相続者也。但衆生根性不同ナレ者、一准不↠可↠定↠之。若志深者、自然相続事也。

八にひていはく、¬礼讃らいさん¼ の深心じんしんなかに 「じっしょういっしょう、さだめておうじょうない一念いちねんうたがいあることなし」 と。 また ¬しょ¼ (散善義) なか深心じんしんには 「念々ねんねんてざれば、これを正定しょうじょうごうづく」 と。 いかんが分別ふんべつすべくそうろふと。

八問云、¬礼讃¼深心「十声一声、定往生、乃至一念无有疑。」 又¬疏¼中深心ニハ「念々不捨者、是名正定之業。」 云何可分別候。

こたへていはく、じっしょういっしょうしゃく念仏ねんぶつしんさまなり。しんをば一念いちねんおうじょうすとりて、ぎょうをばいちぎょうはげむべきなり。また (散善義) いち発心ほっしん以後いご」 のしゃくほんとなすべきなりと。

答云、十声一声信↢念仏↡之様也。信ヲバ↢一念往生スト↡、行ヲバ一形可励也。又「一発心已後」釈可為本意也。

九にひていはく、本願ほんがん一念いちねんは、じんじょうりんじゅうつうずべきか。

九問云、本願一念者、可↠通↢尋常機・臨終機↡歟。

こたへていはく、一念いちねんがんねんおよばざるのためなり。じんじょうつうずべくは、「じょうじんいちぎょう」 のしゃくあるべからず。このしゃくこころべし。かならず一念いちねん本願ほんがんとなすにはあらずといふこと顕然けんねんなり。

答云、一念為↧不↠及↢二念↡之機↥也。可↠通↢尋常機↡者、不↠可↠有↢「上尽一形」之釈↡。此釈可↠得↠意。必一念非↠為↢本願↡云事顕然也。

すでに (散善義) 念々ねんねんてざれば、 これを正定しょうじょうごうづく、 かの仏願ぶつがんじゅんずるがゆゑに」 としゃくして、ただこのしゃくこころは、念々ねんねんてざればすなはち本願ほんがんじゅんず、ただ本願ほんがんそくどうなれば、「じょうじんいちぎょう下至げし一念いちねん (散善義意) おこしたまへるなり。ゆゑに善導ぜんどう念仏ねんぶつおうじょうがんるなりと

↢「念々不捨者、是名正定之業、順彼仏願故」↡、唯此釈、可↠云↣念々不捨者即順↢本願↡、但値↢本願↡遅速不同者、発↢「上尽一形下至一念」↡給也。故善導得↢念仏往生願↡也

十にひていはく、りきりきもうこと、いかやうにこころべくそうろふやと。

十問云、自力・他力申事、何様可↠得↠心候乎。

こたへていはく、源空げんくう殿でんじょうまいるべきりょうにあらずといへども、かみよりせば二度にどまで殿でんじょうまいる。これわれまいるべきしきにあらず、かみおんちからなり。いかにいはんや弥陀みだぶつおんちから称名しょうみょうがんむくひて来迎らいこうしたまふことなんしんかあらんや。

答云、源空雖↠非↧可↠参↢殿上↡機量↥、自上召者二度マデ参↢殿上↡。此非↢我可↠参之式↡、上御力也。何況阿0712弥陀仏御力、酬↢称名願↡来迎事、有↢何不審↡。

しんつみおもく、無智むちもの、いかんしてかおうじょうげんとうたがふべからず。もしかくのごとくうたがふは、一切いっさい仏願ぶつがんらざるものなり。かくのごとき罪人ざいにんせんがために、おこしたまふところの本願ほんがんなり。このみょうごうとなへながら、ゆめゆめしんあるべからず 十方じっぽうしゅじょうがんなかに、有智うち無智むちざいざい善人ぜんにん悪人あくにんかいかいなん女人にょにんない三宝さんぼう滅尽めつじんのち十歳じっさいしゅじょうまでもるることなし。

自身罪、无智者、云何シテカ不↠可↠疑↠遂↢往生↡。若如此疑者、一切不↠知↢仏願↡者也。為↠度↢如此之罪人↡、所↠発之本願也。乍↠唱↢此名号↡、努力努力不↠可↠有↢疑心↡ 。十方衆生、有智・无智、有罪・无罪、善人・悪人、持戒・破戒、男子・女人、乃至三宝滅尽之後十歳衆生マデモ无↠漏コト

かの三宝さんぼう滅尽めつじんとき念仏ねんぶつしゅじょうとうぎょうじゃとこれをくらぶるに、当世とうせいひとぶつのごときなり。かのとき人寿にんじゅ十歳じっさいなり。かいじょう三学さんがくだにもかず 。これらのしゅじょう来迎らいこうあずかるべきことをりながら、わがてらるべしといふこと、いかんぞこころだすべけんや。

彼三宝滅尽之時念仏衆生与↢当時行者↡比↠之、当世如↠仏也。彼時者人寿十歳也。戒定慧三学不↠聞↠名ダニモ 。此等衆生乍↠知↠可↠預↢来迎↡、我身可↠被↠捨云事、云何可得心出哉。

ただし極楽ごくらくねがはれず、念仏ねんぶつしんぜられざることぎょうじゃおうじょうさわりとなるべし。ゆゑにりきがんといひ、ちょうがんといふなりと。

但極楽不↠被↠欣、念仏不↠被↠信事、行者可↠成↢往生↡。故云↢他力↡、云↢超世願↡也。

十一にひていはく、「じょうとう三心さんしんすべし」 と。 三体さんたいいかやうにこころべくそうろふやと。

十一問云、「可具至誠等三心。」 三体如何様可得意候歟。

こたへていはく、三心さんしんすることべつのやうなし。弥陀みだぶつ本願ほんがんに、わがみょうごうしょうねんすれば、かならず来迎らいこうせんとちかひたまへるゆゑに、けつじょうしてふかしんじ、いんじょうせらるべきなり。心念しんねんしょうおこたらず、すでにおうじょうたるここしてさい一念いちねんいたりて退転たいてんせずば、ねん三心さんしんそくするなり。

答云、具↢三心↡事无↢別様↡。阿弥陀仏本願、称↢念我名号↡者、必来迎セムト誓給故、決定シテ深信、可↠被↢引接↡也。心念・口称不↠倦、已タル↢往生↡之心地シテ而至↢最後一念↡不↢退転↡者、自然具↢足三心↡也。

ざいものともなかに、かくのごとき分別ふんべつなしといへども、ただ念仏ねんぶつすれば極楽ごくらくしょうずとりて、つねに念仏ねんぶつするやからねん三心さんしんし、おおおうじょうぐるなり。このゆゑに一文いちもんつうものなかにもじんみょうなるおうじょうなり。 じょうじゅういち問答もんどうおわりぬ

在家、雖↠无↢如此分別↡、只念仏者知↠生↢極楽に↡、常念仏スル之輩、自然具↢三心↡、多遂↢往生↡也。此故一文0713不通者中ニモ神妙往生也。 已上十一問答了

三、三心料簡および御法語 一

一 三心さんしんりょうけんこと

¬しょ¼ のだいく。あおぎていはく、まづじょうにはあくまじわぜんながくもつてしょうずべからずとるべし。これをもつて 「ぶん (玄義分) には、「じょうそく息慮そくりょしん散即さんそく廃悪はいあく修善しゅぜんぎょうがんおうじょう」 と。 また 「散善さんぜん」 にいはく、「じょうはい上行じょうぎょうじょう根人こんにんしょうじょうだん貪瞋とんじん」 と。 しかればすなはちいまこのじょうしんなかきらふところの虚仮こけぎょうとは、ぜんしょぎょうなり。三業さんごうしょうじんねんごろなりといへども、うち貪瞋とんじんじゃとう血毒けつどくまじわるゆゑに、雑毒ぞうどくぜんづけ雑毒ぞうどくぎょうづけて、おうじょう不可ふかといふなり。これをもつて ¬礼讃らいさん¼ の専雑せんぞうふたつのぎょう得失とくしつなか雑修ざっしゅしつをいはく、「貪瞋とんじん諸見しょけん煩悩ぼんのうきたりて間断けんだんす」 と。ゆゑにこれらのぞうぎょうして、ただちに報仏ほうぶつじょううまれんとおもふは、もつとも不可ふかなりときらどうなり。しかるにしんごうをもつてほかとなし、ごうをもつてひとつをうちとせんとは僻事ひがごとなり。すでに (散善義) すい三業さんごう」 といふ、あにごうのぞかんや。また虚仮こけとはきょうおうものといふこと僻事ひがごとなり。すでに (散善義) れい身心しんしん」 といひ、また (散善義) にちじゅう二時にじきゅうそうきゅうにょしゃく然者ねんしゃ」 といふ。 いかんぞ仮名かなぎょうにんかくのごとからんや、まさしくこれぞうぎょうものなり。つぎえらるところの真実しんじつとは、本願ほんがんどくすなはち正行しょうぎょう念仏ねんぶつなり。これをもつて 「ぶん (玄義分) にありていはく、「がんといふは ¬だいきょう¼ にくがごとし。一切いっさい善悪ぜんあくぼんしょうずることをもの、みな弥陀みだぶつ大願だいがん業力ごうりきじょうじてぞうじょうえんとせざるはなきなり」 と。 これをもつていまもん (散善義) に 「まさしくかの弥陀みだぶついんちゅうさつぎょうぎょうじたまひしときに、ない一念いちねんいっせつも、三業さんごう所修しょしゅ、みなこれ真実しんじつしんなかすによるべし」 と。 弥陀みだぶついんちゅう真実しんじつしんちゅうによるべしぎょうこそ、あくまじはらざるぜんなるがゆゑに、真実しんじつといふなり。そのなにをもつてることをつぎしゃく (散善義) に 「およそ施為せいしゅするところ、またみな真実しんじつなり」 と。 この真実しんじつをもつてほどこすとは、何者なにものほどこすやといへば、深心じんしんしゅしゃく (散善義) 第一だいいちの 「罪悪ざいあくしょうぼん」 といへる、このしゅじょうほどこすなり。造悪ぞうあくぼんすなはちこの真実しんじつによるべきなり。いかんがることをだいしゃく (散善義) に 「弥陀みだぶつじゅうはちがんしょうじゅしゅじょうとう。かくのごとくこころべきなり 深心じんしん (散善義意) なかに 「反修はんしゅぜん」 といふことぜんをもつていふことぎょうをもつておうじょうすべしとこたへんとするにあらず。なんことばなればなんとするべからざるなり。

↢¬疏¼第四↡。仰云、先浄土ニハマジワ以不可生知ルベシ。是以者「義分ニハ」、「定即息慮以凝心。散即廃悪以修善。廻之二行求願往生。」 又「散善義」云、「上輩上行上根人。求生浄土断貪瞋。」 然則今此至誠心中所↠嫌之虚仮者、余善・諸行也。三業精進雖↠懃、内貪瞋・邪偽等血毒マジワ、名↢雑毒之善↡名↢雑毒之行↡、云往生不可也。是以¬礼讃¼専雑二行得失中雑修失云、「貪瞋・諸見煩悩来間断。」故シテ↢此等雑行↡、直↠生↢報仏浄土↡者、尤不可道理也。然↢身口二業↡為↠外、以↢意業↡一ムト↠内者僻事也。既云↢「雖起三業」↡、豈除↢意業↡乎。又虚仮者狂惑云事僻事。既云↢「苦励身心」↡、又云↢「日夜十二時急走急作、如炙頭然者」↡。 云何仮名之行人如ラム↠此哉、正是雑行者也。次所選取之真実者、本願功徳即正行念仏也。是以在「義分」云、「言0714弘願者如↢¬大経¼説↡。一切善悪凡夫得↠生者、莫不皆乗阿弥陀仏大願業力為増上縁也。」 是以今「正ベシ↧彼阿弥陀仏因中行↢菩薩行↡時、乃至一念一刹那、三業所修、皆真実心スニ↥。」ベシ↢阿弥陀仏因中真実心中作↡行コソ、悪不↠雑ハラ之善ナルガ故、云↢真実↡也。其義以何得↠知。次「凡所施為趣求、亦皆真実。」以↢真実↡施者、施↢何↡云ヘバ、深心二種第一「罪悪生死凡夫」云ヘル、施↢此衆生↡也。造悪之凡夫即可↠由↢此真実↡之機也。云何得↠知。第二「阿弥陀仏四十八願摂受衆生」等 。如此可↠得↠心也 。深心「反修余善」云事、以余善云事以↢余行↡可↢往生為↡非↠為↠答ヘムト。難破ナレバ不↠可↢指南↡也。

しゅ正行しょうぎょうなか観察かんざつもんことは、じゅうさんじょうぜんにはあらず。散心さんしん念仏ねんぶつぎょうじゃ極楽ごくらく有様ありさまをあひかたどりごんなるこころなり。

五種正行中観察門事、非↢十三定善ニハ↡。散心念仏行者極楽有様相像欣慕ナル心也。

こう発願ほつがんしん (散善義) はじめに、「真実しんじつ深信じんしんしんちゅうこう」 といふこと、これは三心さんしんなかこうといふこころなり。過去かここんじょうのもろもろのぜんは、三心さんしんぜんどくかえして極楽ごくらくこうせよといふなり。まつたく三心さんしんのち諸善しょぜんぎょうずるといふにはあらざるなり

廻向発願心、「真実深信心中廻向」云事、此三心回向云心也。過去・今生諸善者、三心已前功徳取返シテ極楽廻向セヨト云也。全三心非↠云↢行諸善↡也

びゃくどうことぞうぎょうなかがんおうじょうこころびゃくどうなれども、貪瞋とんじんすいのためにそんぜらる。なにをもつてることをしゃく (散善義) にいはく、「もろもろのぎょうごうしてただちに西方さいほうむかへとなり」 と。 しょぎょうおうじょうがんしょうこころびゃくどうこえたり。つぎ専修せんじゅ正行しょうぎょうがんしょうこころをば、願力がんりきどうづく。なにをもつてることをとなれば、「仰蒙ごうもうしゃ発遣はっけんなん西方さいほうしゃく弥陀みだしんしょうかんこんしんじゅんそん之意しい不顧ふこすい二河にが念々ねんねんけんじょう願力がんりきどうしゃみょう以後いごとくしょうこく (散善義) と。 以下いげもんこれなり。正行しょうぎょうもの願力がんりきどうじょうずるがゆゑに、まつたく貪瞋とんじんすい損害そんがいせず。これをもつて譬喩ひゆなか (散善義) にいはく、「西岸せいがんうえひとりてよばひていはく、なんじ一心いっしんしょうねんにただちにきたれ。われよくなんじまもらん。すべてすいなんすことをおそれざれ」 と。 ごうなか (散善義) にいはく、「西岸せいがんうえひとありてよばふといふは、すなはち弥陀みだがんたとふるなり」 と。 専修せんじゅ正行しょうぎょうひと貪瞋とんじん煩悩ぼんのうおそるべからざるなり、本願ほんがんりきびゃくどうじょうぜり、あにえんすいそんぜらるべけんや

0715道事、雑行願往生白道ナレドモ、為↢貪瞋水火↡被↠損。以何得↠知。釈云、「廻↢諸行業↡直向↢西方↡也。」 諸行往生願生白道タリ。次専修正行願生ヲバ、名↢願力↡。以何得レバ↠知、「仰蒙釈迦発遣指南西方、又藉弥陀悲心招喚、今信順二尊之意、不顧水火二河、念々无遺、乗願力道、捨命已後得生彼国。」 已下文是也。正行者、乗↢願力↡故、全不↢貪瞋水火損害↡。是以譬喩云、「西岸有人喚言、汝一心正念直。我能護ラム↠汝。衆不↠畏↠堕↢於水火難↡。」 合喩云、「言↢西岸上有人喚↡者、即喩↢弥陀願意↡也。」 専修正行不可恐貪瞋煩悩也、乗ゼリ↢本願力白道↡、豈ケン↠被↠損↢火焔・水波↡哉

三、三心料簡および御法語 二

一 「じょうぜん」 のなかに、「自余じよしゅぎょうすいみょうぜんにゃく念仏ねんぶつしゃぜんきょう」 といふことしょぎょう念仏ねんぶつきょうするときに、念仏ねんぶつすぐぎょうれつなりといへば、いよいよじょうろんえざることなり。ただ念仏ねんぶつ本願ほんがんぎょうなり、諸善しょぜん本願ほんがんぎょうにあらざるなりといふとき真言しんごんほっとう甚深じんじんみょうぎょうも、まつたくきょうにあらざるなり。このむねぞんずること、きょうをばいふべきなり。

一 「定善」中、「自余衆行雖名是善、若比念仏者全非比挍也」云事。諸行与念仏比挍スル之時、云ヘバ↢念仏勝余行劣ナリト↡、弥諍論不絶事也。只念仏本願之行也、諸善非本願行也云時、真言・法花等甚深微妙、全非↢比挍↡也。存コト↢此旨↡、可↠云↢比挍義ヲバ↡也。

三、三心料簡および御法語 三

一 無智むちしゃ三心さんしんすといふこと

一 无智者三心具云事。

一向いっこうしんにて念仏ねんぶつもうして、うたがいなくおうじょうせんとおもへば、すなはち三心さんしんそくなり

0716ニテ念仏申シテ、無疑往生セントヘバ、即三心具足也

わたくしにいはく、一向いっこうしんとはじょうしんなり。うたがいなくとは深心じんしんなり。おうじょうしてんとおもしんこう発願ほつがんしんなり。

私云、一向者至誠心也。无疑者深心也。往生シテムト廻向発願心也。

三、三心料簡および御法語 四

一 ぎょうはしつべけれども、せずとおもふは専修せんじゅこころなり。ぎょうめでたけれども、にかなはねばえせずとおもふは、しゅせねどもぞうぎょうこころなり 云々

一 余行シツベケレドモ、セズト思専修心也。余行自出ケレドモ、身カナハネバエセズト思、修セネドモ雑行心也 云云

三、三心料簡および御法語 五

一 造悪ぞうあく念仏ねんぶつこと

一 造悪念仏事。

あくつくなるがゆゑに、念仏ねんぶつもうすなり。あくつくらんりょう念仏ねんぶつもうすにあらずとこころべきなり

造↠悪ナルガ之故、念仏申也。造ラム↠悪非↢念仏申↡可↠得↠心也

三、三心料簡および御法語 六

一 善悪ぜんあくこと

一 善悪機事。

念仏ねんぶつもうさんものは、ただうまれつきのままにてもうすべし。善人ぜんにん善人ぜんにんながら、悪人あくにん悪人あくにんながら、もとのままにてもうすべし。この念仏ねんぶつるがゆゑに、はじめてかいかいなにくれといふべからず、ただ本体ほんたいありのままにてもうすべしと 云々。これにつきてひていはく、もとしょうどうもんひとかいなるがじょうもんするときかいさいてて専修せんじゅ念仏ねんぶつしゅする、すなはちかいじょうずるとがいかん。こたふ。念仏ねんぶつぎょうじゃあくおかさんとほっするときおもふ。念仏ねんぶつもうすはこのつみめっすべしとぞんじてつみおかすは、まことに悪義あくごうなり。ただ真言しんごん調じょうぶくほうといふことあるに、ねて調じょうほうたのむゆゑなりといふことあり。そのやうにつみおかさんとして、ねて本願ほんがん滅罪めつざいちからたのむ、まつたくくるしからざることなり

念仏申サム、只生マヽニテ申ベシ。善人乍↢善人、悪人乍↢悪人↡、本マヽニテ申スベシ。此入↢念仏↡之故、始持戒・破戒ナニクレト云ベカラズ、只本体アリノマヽニテ申ベシト 云云。付之問云、本聖道門持戒ナルガスル↢浄土門↡之時、捨テヽ↢持戒・持斎↡修スル↢専修念仏↡、即成ズル↢破戒トガ如何。答。念仏行者、欲スル↠犯↠悪之時。念仏此罪滅スベシト存ジテ↠罪、誠悪義也。但真言ルニ↢調伏之法云事↡、兼↢後調之法↡故也云事アリ。其様ムトシテ↠罪、兼↢本願之滅罪↡、全不苦事也

三、三心料簡および御法語 七

一 あく一人いちにんきてこのおうじょうしたるは、いはれたるどうなりけりとほどならひたるを、じょうしゅうがくしたるとはいふなり。このしゅう悪人あくにんほんとして善人ぜんにんまでもせっするなり、しょうどうもん善人ぜんにんほんとして悪人あくにんをもせっするなり

0717 悪機一人置往生シタルハ、謂ハレタル道理ナリケリト知習タルヲ、浄土宗タルトハ云也。此宗悪人為↢手本↡善人マデモ也、聖道門善人為↢手本↡悪人ヲモ摂也

三、三心料簡および御法語 八

一 ぎょうじゃしょうずるところはしんぎょうとによること

一 行者生所↢心トニ↡事。

たん念仏ねんぶつ極楽ごくらくこくしょうじ、たんぎょうまんごくしょうずるなり。しかるに念仏ねんぶつぜんけんぎょうものにまたあり。念仏ねんぶつかたこころおもくはぎょうまじふとも極楽ごくらくしょうじ、ぎょうかたこころおもきは念仏ねんぶつたすくともまんしょうずべし

但念仏生↢極楽国↡、但余行生↢懈慢国↡也。然念仏・余善兼行亦有↠二。念仏心重トモ↢余行↡生↢極楽↡、余行心重キハトモ↢念仏↡生ベシ↢懈慢

三、三心料簡および御法語 九

一 わが三心さんしんすることをこと

一 知↣我身コトヲ↢三心↡事。

¬だいきょう¼ のせつのごとく、かんやくこころすでにおこしたらば、三心さんしんせりとるべきしるしなり。かんとは、おうじょうけつじょうおもふゆゑによろここころなり。おうじょうじょうなげくらいは、いまだ三心さんしんおこさざるものなり。三心さんしんおこさざるゆゑかんこころなし、これすなはちうたがいいたすゆゑになげなり

如↢¬大経¼説↡、歓喜踊躍タラバ、可↠知↢三心具セリトシルシ也。歓喜者、往生決定思故心也。往生不定、未↠発↢三心↡也之者也。不↠発↢三心↡故无↢歓喜心↡、是則致疑故歎也

三、三心料簡および御法語 十

一 一法いっぽうばんせっすること

一 一法摂万機事。

だいじゅうはちがん (大経巻上) に 「十方じっぽうしゅじょう」 といふ、十方じっぽうれたるしゅじょうなし、わががんうち十方じっぽうめんとなり。ほっしょうぜん (五会法事讃巻本) いはく、「かのぶついんちゅうぜいつ、きてわれねんぜばべて来迎らいこうす、びんふうとをえらばず、下智げち高才こうざいとをえらばず、もんじょうかいたもつをえらばず、かい罪根ざいごんふかきをえらばず、ただしんしておお念仏ねんぶつせしれば、よくりゃくをしてへんじてこがねとならしむ」 と。 このもんこころは、わがびんにてどくつくらぬも、下知げちにて法門ほうもんらぬも、かいにてざいしょうおかすといへども、すなはちしんしておお念仏ねんぶつすればとおもふべしと

第十八願云↢「十方衆生」↡、无↧漏タル↢十方↡之衆生↥、我願メムト↢十方↡也。法照禅師云、「彼仏因中立↢弘誓↡、聞名念我総来迎、不簡貧窮将富貴、不簡下智与高才、不簡多聞持浄戒、不簡破戒罪根深、但使廻心多念仏、能令瓦礫変成金。」 此文、我身貧窮ニテ↠造↢功徳↡、下0718ニテ↠知↢法門↡、破戒ニテ雖↠犯↢罪障↡、便廻心多念仏スレバトベシト

三、三心料簡および御法語 十一

一 無智むちほんとなすこと

一 无智為本事。

いふこころは、しょうどうもん智恵ちえきわめてしょうはなれ、じょうもん愚痴ぐちかえりて極楽ごくらくうまる。ゆゑにしょうどうもんおもむときには、智恵ちえみが禁戒きんかいまもり、しんしょうきよむるをもつてしゅうとなす。しかるをじょうもんりて智恵ちえをもたのまずかいぎょうをもまもらず、しんをも調ととのへず、ただ甲斐かいなく無智むちしゃになりていふに、本願ほんがんたのみておうじょうねがふなり 。このじょうおんひつきて、ぜんしょうぼう田舎いなかするきょうつとにらせむとてたまひたりと 云々。またいはく、源空げんくう念仏ねんぶつもうすも、一文いちもんつう男女なんにょさいしてもうすぞ。まつたく年来としごろ修学しゅがくしたる智恵ちえをば、一分いちぶんたのまざるなり。しかれどもかくりたればまたくるしからぬぞと 云々

、聖道門↢智恵↡離↢生死↡、浄土門還↢愚痴↡生↢極楽↡。所以趣↢聖道門↡之時ニハ、瑩↢智恵↡守↢禁戒↡、浄ムルヲ↢心性↡以↠宗。然ルヲ↢浄土門↡之日、不↠憑↢智恵ヲモ↠護↢戒行ヲモ↡、不↠調↢心器ヲモ↡、只云フニ↢無甲斐成無智者↡、憑↢本願↡願↢往生↡也 。書↢此御自筆↡、禅勝房田舎下スル京ツトニ取ラセムトテ給タリト 云々。又云、源空念仏申、一文不通男女シテスゾ。全年来修学シタル智恵ヲバ、一分不↠憑也。然ドモカク知タレバ又クルシカラヌゾト 云々

三、三心料簡および御法語 十二

一 ¬弥陀みだきょう¼ の 「一心いっしんらん」 のこと

一 ¬阿弥陀経¼「一心不乱」事。

一心いっしんとは、何事なにごとこころひとつにするぞといふに、一向いっこう念仏ねんぶつもうすは、弥陀みだぶつこころとわがこころひとつになるなり。天台てんだいの ¬じゅうろん¼ にいふがごとし。「けんこいするひとこいするものをよくけてねんあひ投おもむくかならずそのことじょうずるがごとし」 と。こいするひととは弥陀みだぶつなり、はらるヽものとはわれらなり。すでにこころ一向いっこう弥陀みだおこせば、はやぶつこころひとつにじょうずるなり。ゆゑに 「一心いっしんらん」 といふ。かみの 「しょう善根ぜんごん福徳ふくとく因縁いんねん」 にねんをうつさぬなり

一心者、何事スルゾト云、一向念仏申スハ、阿弥陀仏我心成也。如↢天臺¬十疑論¼云↡。「如↣世間コヒスルスル機念相 投ヲモムク必成ズルガ↢其事↡。」慕スル者阿弥陀仏也、恋ラルヽ者トハ我等也。既セバ↢一向阿弥陀↡、早ズル也。故云↢「一心不乱」↡。上「少善根福徳因縁」念ウツサヌ也

三、三心料簡および御法語 十三

¬弥陀みだきょう¼ の 「ぜんなんぜん女人にょにん」 のこと

¬阿弥陀経¼「善男子・善女人」事。

これはみょうごうしゅうするなるゆゑ、「善男ぜんなんぜん女人にょにんいふなり。ぼん上生じょうしょう一生いっしょうじゅうあくぼんさいいっしょうときぜんなんたたへらる。まことにほんじょくあくあくしゅじょうなり。これをもつて ¬観念かんねん法門ぼうもん¼ に ¬弥陀みだきょう¼ のいまもんしゃくして 「にゃくぶつざいにゃくぶつめつ一切いっさい造罪ぞうあくぼん」 といふ。 おもはすべし。

執↢持スル名号↡成故、云↢「善男子・善女人」↡也。如↢下品上生一生十悪0719凡夫最後一称時、被↟讃↢善男子↡。実本機五濁悪世悪事衆生也。是以¬観念法門¼釈¬阿弥陀経¼今文云↢「若仏在世、若仏滅後一切造罪凡夫」↡。 可思合。

三、三心料簡および御法語 十四

一 じょうこと

一 定機事。

じょうしゅうし、大原おおはらにおいて談論だんろんせんときに、法門ほうもんくらべかくろんにてことれず、こんくらべたらんには源空げんくうすぐれたりしなり。しょうどうもん法門ほうもんふかしといへどもいまにはかなはず、じょうもんあさきにるともいまこんかなひやすしといひしときに、ひとみなしょうぶくしきと 云々

浄土宗、於↢大原↡談論セン、法門クラベ互角ニテ、機根クラベタラムニハ源空勝タリシ也。聖道門法門難↠深ニハ不↠叶、浄土門トモ↠浅今易↠叶云シ時、人皆承伏シキト 云々

三、三心料簡および御法語 十五

一 前念ぜんねん命終みょうじゅうねんそくしょうこと

一 前念命終後念即生事。

前念ぜんねんねんとは、これにいのちきてのちしょうくはぶんなり、ぎょうねんにはあらず。おうじょう称名しょうみょうなり、称名しょうみょう正定しょうじょうごうなり。しかればすなはち称名しょうみょうして命終みょうじゅうするは、正定しょうじょうなかにしてはるものなり

前念・後念者、此↠生時分也、非↢行ニハ↡。往生称名ナリ、称名正定業ナリ。然則称名シテ命終スルハ、正定ニシテハル者也

三、三心料簡および御法語 十六

一 ¬弥陀みだきょう¼ の 「難信なんしんほう」 のこと

一 ¬阿弥陀経¼「難信之法」事。

これは罪悪ざいあくぼん、ただ称名しょうみょうによりておうじょうといふことを、しゅじょうしんぜざるなり。これによりてしゃ諸仏しょぶつせつ証成しょうじょうしていふなり

罪悪凡夫、依↢但称名↡得↢往生↡云事、衆生不信也。依之釈迦・諸仏、切証成云也

三、三心料簡および御法語 十七

一 かいじょう念仏ねんぶつすべしといふこと

一 无戒定恵者可念仏云事。

これは無下むげなり。っとひかいじょう三学さんがくまつたくしたりといへども、本願ほんがん念仏ねんぶつしゅせずは、おうじょうべからず。かいじょうなしといへども、一向いっこう称名しょうみょうせば、かならずおうじょうべきなり

無下義也。縦雖↢戒定恵三学全具タリト↡、不↠修↢本願念仏↡者、不↠可↠得↢往生↡。雖0720无戒定恵、一向称名セバ、必可得往生也

三、三心料簡および御法語 十八

一 ない一念いちねん即得そくとくおうじょうこと

一 乃至一念即得往生事。

われらは一念いちねんにあらず、ないなり 。また 「ない十念じゅうねん」 もかくのごとし。われらは十念じゅうねんにあらず、ないなり しゃく (礼讃意) に 「じょうじんぎょうじっしょういっしょうとうじょうとくおうじょう」 もまたかくのごとし。われらは下至げしじっしょうにあらず、じょうじんぎょうなり

我等非↢一念↡、乃至機也 。又「乃至十念」如↠此。吾等非↢十念↡、乃至機也 。釈「上尽形至十声一声等、定得往生」又如↠此。吾等非↢下至十声↡、上尽形機也

三、三心料簡および御法語 十九

一 けつじょうをもつておうじょうすといふこと

一 以↢五決定↡往生スト云事。

いち弥陀みだ本願ほんがんけつじょうなり、しゃ所説しょせつけつじょうなり、さん諸仏しょぶつ証誠しょうじょうけつじょうなり、善導ぜんどう経釈きょうしゃくけつじょうなり、はわれらが信心しんじんけつじょうなり。このをもつてのゆゑにおうじょうけつじょうなり

一弥陀本願決定也、二釈迦所説決定也、三諸仏証誠決定也、四善導経釈決定也、五我等信心決定。以此義故往生決定也

三、三心料簡および御法語 二〇

一 にゃくぞんにゃくもうこと

一 若存若亡事。

本願ほんがんじょうずるをぞんといひ、本願ほんがんよりるるをもうといふなり。じょうずるに二義にぎあり、るるに二義にぎあり。いはく悪業あくごうつくときと、道心どうしんおこときなり。造罪ぞうざいときるるとは、かくのごとくあくつくなればさだめてぶつそむくべしとおもふはすなはちるるなり、これをもうといふなり。道心どうしんおこときるるとは、かくのごとく道心どうしんおこして念仏ねんぶつもうすこそぶつかなふらめとおもふをばすなはちるるにてあるなり、これをもうといふなり。つみつくときにもじょうじたりとは、つみのつくらるるにつきても、この本願ほんがんなからましかばいかがせん。この本願ほんがんじょうずるがゆゑに、あくつくるといへども決定けつじょうしておうじょうすべしとおもふはじょうじたるなり、これをぞんといふ。また道心どうしんおこらんときにもじょうじたりとは、かくのごとき道心どうしんいまはじまらず、われ過去かこ生々しょうしょうにもおこしけん。しかれどもいまだしょうはなれざるゆゑりぬ、道心どうしんわれすくはざりけりと。ただぶつ願力がんりきのみしてわれをばたすそうろふべき。されば道心どうしんはありもせよなくもあれ、それをばかえりみず、ただすべからくみょうごうとなふればじょうしょうずとおもふはすなはちじょうじたるなり、これをぞんといふ

↢本願↡云↠存、下↢本願ヨリ↡云↠亡也。乗ズル有↢二義↡、ルヽニ有↢二義↡。謂↢悪業↡之時、発↢道心↡之時也。造罪ヲルヽトハ者、如↠此造↠悪ナレバ定可シト↠背↢仏意↡思即オルヽ也、此云↠亡也。道心廃ヲルヽトハ者、如↠此発↢道心↡申念仏コソラメト↢仏意↡思ヲバ即ヲルヽニテ有也、此云↠亡也。造↠罪ニモタリト者、罪ツクラルヽニ付モ、此本願ナカラマシカバ何カヾ。乗↢此本願↡之故、難↠造↠悪決定往生ベシト思フハタル也、此云↠存。又道心ラムニモタリト0721、如↠此道心不↠始↢于今↡、我過去生々ニモシケム。然ドモ未↠離↢生死↡之故知、道心リケリト↠救↠我。唯仏願力ノミシテヲバ候ベキ。サレバ道心リモセヨクモアレ、其ヲバ不顧、唯須称↢名号↡生↢浄土↡思即乗タル也、此云↠存

三、三心料簡および御法語 二一

一 平生へいぜいりんじゅうこと

一 平生臨終事。

平生へいぜい念仏ねんぶつにおいておうじょうじょうおもへば、りんじゅう念仏ねんぶつもまたもつてじょうなり。平生へいぜい念仏ねんぶつをもつてけつじょうおもへば、りんじゅうまたもつてけつじょうなり

於↢平生念仏↡往生不定ヘバ、臨終念仏又以不定也。以↢平生念仏↡決定ヘバ、臨終又以決定也

三、三心料簡および御法語 二二

一 一念いちねん信心しんじんこと

一 一念信心事。

しん一念いちねんりて、ぎょういちぎょうつくすべし。一念いちねんおうじょううたがはば、すなはちねんみなねん念仏ねんぶつなり

取↢信於一念↡、尽スベシ↢行於一形↡。疑↢一念往生↡者、即多念皆疑念之念仏也

またいはく、いちおわり一念いちねん一人いちにんおうじょうす、いはんやいっしょうあいだねんこうむ、あに一度ひとたびおうじょうげざるや。一念いちねんごとに一人いちにんおうじょうとくあり、いかにいはんやねんいちおうじょうなからんや

又云、一期一念一人往生、況一生間積↢多念↡、豈不↠遂↢一度往生↡乎。毎一念有↢一人往生徳↡、何況多念無↢一往生↡哉

三、三心料簡および御法語 二三

一 本願ほんがんじょうじゅこと

一 本願成就事。

念仏ねんぶつわれしょなり、おうじょうぶつしょなり。おうじょうぶつおんちからにてせしめたまふものを、わがこころにとかくせんとおもふはりきなり。ただすべからく称名しょうみょうにつきたる来迎らいこうつべし。

念仏我所作也、往生所作也。往生御力ニテセシメ給物、我心トカクセムト思自力也。唯須↠待↧付タル↢称名↡之来迎↥。

三、三心料簡および御法語 二四

一 ¬礼讃らいさん¼ の 「にゃくのうにょじょう念々ねんねん相続そうぞく」 のこと

0722 ¬礼讃¼「若能如上念々相続」事。

¬おうじょうようしゅう¼ (巻下) には三心さんしんねんしゅして、「じょう」 といふなり。これによりてこれをいはば、三心さんしんねんしゅなかにはしょうじょぎょうあかし、これをして念々ねんねん相続そうぞくといふなり

¬往生要集ニハ¼指↢三心・五念・四修↡、云↢「如上」↡也。依之云ハヾ↠之、三心・五念・四修ニハ明↢正助二行↡、指↠之云↢念々相続↡也

三、三心料簡および御法語 二五

一 雑縁ぞうえんなししょうねんるがゆゑにのこと

一 无↢外雑縁↡得↢正念↡故事。

これは大善だいぜんなるをて、わがこころこうにゃくなきをいふなり。たとひほうしょうじゅうとうるとも、われ一寸いっすんとうをもてずといふしんもなし。また東大とうだい大仏だいぶつはいすともわれ半寸はんすんぶつをもはいせずといふ卑下ひげこころなく、称名しょうみょう一念いちねんじょうどくけつじょうしておうじょうすべしとおもさだめたるを、雑縁ぞうえんとくしょうねんといふなり。かくのごとくしんずるもの念仏ねんぶつは、弥陀みだ本願ほんがん相応そうおうし、しゃきょうそうなく、諸仏しょぶつ証誠しょうじょうずいじゅんするにてあるなり。ぞうぎょうじゅうさんしつはこのをもつてこころべきなり。

見↢他大善ナルヲ↡、我心无怯弱云也。仮令トモ↢法勝寺九重塔↡、我↠立↢一寸ヲモ↡云无↢疑心↡。又拝トモ↢東大寺大仏↡我不↠拝↢半寸ヲモ↡云無↢卑下心↡、称名一念得↢无上功得↡決定可シト↢往生す↡思定タルヲ、云↢外雑縁得正念故↡也。如此信ズル念仏、与↢弥陀本願↡相応、与↢釈迦教↡无↢相違↡、随↢順スル諸仏証誠↡ニテアル也。雑行十三以↢此義↡可得心也。

三、三心料簡および御法語 二六

一 請用念仏事。

一 しょうゆう念仏ねんぶつこと

しょうおもむきて念仏ねんぶつしゅするは、三種さんしゅやくあり。いちにはぎょうゆうみょうなり、だん願念がんねんたすく、さん能衆のうしゅのためにやくをなすなり。どくには体用たいゆうあり、たいみずからとどまゆうほどこす。みょうらくだい (輔行巻七) のいはく、「善法ぜんぽうたいをもつてひとあたふべからず」 と。 これは 「がん以此にしどく」 のもんしゃくするところなり

趣↢他↡修↢念仏↡者、有↢三種利益↡。一ニハ自行勇猛也、二↢旦那願念↡、三↢能衆↡成↢利益↡也。功徳ニハ有↢体用二↡、体↠自↠他。妙楽大師云、「以↢善法体↡不↠可↠与↠人。」スル↢「願以此功徳」文↡之所也

三、三心料簡および御法語 二七

一 善人ぜんにんなほもつておうじょうすいはんや悪人あくにんをやのことでんにこれあり

一 善人尚以往生況悪人乎事。口伝有之

わたくしにいはく弥陀みだ本願ほんがんりきをもつてしょうはなるべく方便ほうべんあり、善人ぜんにんのためにをこしたまはず、ごくじゅう悪人あくにん方便ほうべんやからあわれみてをこしたまへり。しかるをさつげんじょうもこれにつきておうじょうもとむ、ぼん善人ぜんにんもこのがんかえりておうじょう。いわんや在悪ざいあくぼん、もつともこのりきたのむべしといふなり。しくりょうして邪見じゃけんじゅうすべからず。たとへば (選択集) ぼんけんしょうにん」 といふがごとし。よくよくこころべしこころべし。はじめ三日さんにちさんむにこれあまり、のち一日いちにちこれをむ、のち二夜にや一日いちにちこれをむ。

0723云弥陀本願以↢自力↡可↠離↢生死↡有↢方便↡、善人ノ為ヲコシ給ハズ、衰↢極重悪人・無他方便輩↡ヲコシ給ヘリ。然ルヲ菩薩・賢聖↠之求↢往生↡、凡夫善人↢此願↡得↢往生↡。況在悪凡夫、尤可シト↠憑↢此他力↡云也。悪シク領解シテ不↠可↠住↢邪見↡。譬如↠云↢「為凡夫兼為聖人」↡。能々可得心可得心。初三日三夜読余之、後一日読之、後二夜一日読之。

四、別伝記

 別伝記云

法然ほうねんしょうにん美作みまさかくにひとなり、せいうるなり。本国ほんごくほんきょうぼう もと山僧さんそうしょうにんじゅうさい直人ただびとにあらずといひやまのぼらとほっす。しょうにん慈父じふいはく、われかたきあり、登山とうざんのちかたきたるとかば、後世ごせたずぬべしと 。すなはちじゅうさいにして登山とうざんす。黒谷くろだにげんぼうとをなしてしゅっ受戒じゅかい。しかるあひだ慈父じふかたきたれておわりぬ しょうにんこのよしき、いとまひて遁世とんせいせんといふ。遁世とんせいひと無智むちなるはしくそうろふなり。これによりて三所さんしょだんはじむ。いはく ¬げん¼ 一所いっしょ、¬もん¼ 一所いっしょ、¬かん¼ 一所いっしょなり。毎日まいにち三所さんしょひ、これによりてさんねんろく十巻じっかんわたおわりぬ。そののち黒谷くろだにきょうぞう篭居ろうきょして一切いっさいきょうけんす。問答もんどうす、よりより閉口へいこうす。すなはち二字にじささげていはく、れるものとなす、いましょうにんかえりてとすと

法然上人美作州人也、姓漆間氏也。本国之本師智鏡房 本ハ山僧。上人十五歳師云↠非↢直人↡欲↠登↠山。上人慈父云、我有敵、登山之後カバ↠被↠打↠敵、可↠訪↢後世。即十五歳ニシテ登山。黒谷慈眼房シテ↠師出家受戒。然間慈父被↠打↠敵。上人聞↢此由↡、師乞暇遁世セムト云。遁世之人无智ナルハ候也。依之始↣談↢義於三所↡。謂¬玄義¼一所、¬文句¼一所、¬止観¼一所也。毎日遇↢三所↡、依↠之三箇年亘↢六十巻↡畢。其後篭↢居シテ黒谷経藏↡披↢見一切経↡。与師問答、師ヨリヨリ閉口。師即捧↢二字↡云、知レル↠師、今上0724為↠師

またごんしゅうしょうしょてて、だいごんしゅう先達せんだつありきてこれをけっす。かのをばきょうほっきょうといふ。ほっきょうのいはく、われこのしゅうそうじょうすといへどもこれほどぶんみょうならず、しょうにんによりて処々しょしょしんひらくと 。これによりてきょう二字にじをすなはち ¬梵網ぼんもう¼ のしん戒品かいぼんく。あるときむろよりきょうもとへ、ごん真言しんごんしょうれつはんじてすすむべしと 。これによりてきょうねんすらく、ぶっしょうらんはばかりあり、真言しんごんすぐれたりとす。ここにしょうにんきょうもとたまへり。房主ぼうしゅよろこびていはく、むろよりかくのごときおおせありと しょうにんふ。いかやうにはんぜんとかおもひはべると。房主ぼうしゅいはく、かみのごとくもうす、このしょうにん存外ぞんがいだいなり。源空げんくう所存しょぞん一端いったんもうさんとて、ごんしゅう真言しんごんすぐれたること一々いちいちあらわさる。これによりて房主ぼうしゅしょうぶくしてむろ返答へんとうに、ごんすぐれたるよしもうおわりぬ。そののちきょうぼう美作みまさかくによりじょうらくして、しょうにん二字にじたてまつる。ただし真言しんごんしゅうをば中河なかがわ少将しょうしょうじゃこれをく。法相ほっそう法門ほうもん見立みたててぞうしゅんにこれをけっす、ぞうしゅんかえりて二字にじす。じょうにんしょう、みな二字にじじょうしんず。

又花厳宗章疏見立テヽ、醍醐有↢花厳宗先達↡行決↠之。彼師ヲバ云↢鏡賀法橋↡。法橋云、我雖↣相↢承此宗↡此程不↢文明↡、依↢上人↡開↢処々不審。依↠之鏡賀二字即受↢¬梵網¼心地戒品↡。或時自御室鏡賀、花厳・真言勝劣判ジテ可↠進 。依↠之鏡賀思念スラク、仏智照覧有↠憚、真言為↠勝。爰上人鏡賀出来給ヘリ。房主悦云、自御室有如此之仰 。上人問。何様トカ思食。房主云、如上申、此上人存外次第也。源空所存一端申サムトテ、華厳宗タル↢真言↡事一々被↠顕。依↠之房主承伏シテ御室返答、花厳勝タル之由申畢。其後智鏡房、自美作州上洛シテ、上人奉↢二字↡。但真言宗ヲバ中河少将阿闍梨受↠之。法相法門見立蔵俊決↠之、蔵俊返二字。已上四人師匠、皆進↢二字状↡。

竹林ちくりんぼう法印ほういんじょうけんしょうにんひたてまつりて念仏ねんぶつしんそのもんしんなり三井みい後胤こういん殿でんじょうにおいてしししんしょうにんひらく。しょうにん老耄ろうもうのち聖教しょうぎょうざることさんじゅうねん、そののち山僧さんそう筑前ちくぜん弟子でししゅげしめんがためにしょうにんまいり、内々ないない法門ほうもんだんず。竪者しゅしゃいはく、さんじゅうねん聖教しょうぎょうずとおおせらるとも、文々もんもんぶんみょうなることとう勧学かんがくにもえたまへり、ただひとにはあらずとぎょしけり

竹林房法印静賢奉値上人取↢念仏其文者心義也。三井後胤於↢殿上七箇不審開↢上人↡。上人老耄之後不↠見↢聖教↡三十年、其後山僧筑前弟子、為↠令↠遂↢竪義↡参↢上人↡、内々談↢法門↡。竪者云、年↠見↢聖教↡被トモ↠仰、文々分明事、当時勧学ニモタマヘリ、非↢直之人ニハ↡御シケリ

公胤こういんゆめていはく、源空げんくうほんだいせいさつなり、しゅじょうきょうのゆゑにこのかいきたること度々たびたびなり

公胤夢見云、源空本地身大勢至菩薩、衆0725生教化故来此界度々

五、御臨終日記

りんじゅうにっ

けんりゃく元年がんねんじゅう一月いちがつじゅう七日しちにちにゅうらくすべきよしせんたまわる、とうちゅうごん光親みつちかほうなり。

建暦元年十一月十七日、可入洛之由賜↢宣旨↡、藤中納言光親奉也。

おなじきつき二十日はつかにゅうらくしてひがしやま大谷おおたにじゅうす。

同月廿日、入洛シテ↢東山大谷↡。

おなじきねんしょうがつ二日ふつかろうびょうのうへ、日来にちらいじきことして、およそこの三年さんねんみみをぼろにこころ蒙昧もうまいなり。しかれども死期しごすでにちかづきてむかしのごとくもくぶんみょうなり。余事よじかたらずといへども、つねにおうじょうことだんず。こうしょう念仏ねんぶつゆることなし、よる睡眠すいめんときぜっしずかうごく。ひとどくおもいをなす。

同二年正月二日、老病之上、日来不食殊シテ、凡此二三年耳ヲボロニ心蒙昧也。然而死期已如↠昔耳目分明也。雖↠不↠語↢余事↡、常談↢往生事↡。高声念仏无↠絶ルコト、夜睡眠時舌口鎮。見↠人為↢奇特之思↡。

おなじき三日みっかいぬときしょうにん弟子でしかたりていはく、われもと天竺てんじくにありてしょうもんそうまじわりつねに頭陀ずだぎょうじき。そののち本国ほんごくきたりて天台てんだいしゅうる、また念仏ねんぶつすすむと。弟子でしひていはく、おうじょう極楽ごくらくせしむべきやと。こたへていはく、われもと極楽ごくらくにあれるなればしかるべしと。

同三日戌時、上人語↢弟子↡云、我本在↢天竺↡交↢声聞僧↡常ジキ↢頭陀↡。其後来↢本国↡入↢天臺宗↡、又勧↢念仏↡。弟子問云、可↠令↢往生極楽↡哉。答云、我本在↢極楽↡之身ナレバ可然。

おなじきじゅう一日いちにちたつときしょうにんきょしてこうしょう念仏ねんぶつす、ひとなみだながす。弟子でしげていはく、こうしょう念仏ねんぶつすべし、弥陀みだぶつたまへるなり。このぶつみょうとなへるものむなしからずといひて、念仏ねんぶつどくたんずることむかしのごとし。

同十一日辰時、上人起居高声念仏、聞人流↠涙。告↢弟子↡云、可↢高声念仏↡、阿弥陀仏来給也。唱↢此仏名↡者不↠虚、歎↢念仏功徳↡事如↠昔

また観音かんのんせいさつしょうじゅまえにあり、これをはいするやいなやと。弟子でしいはく、はいしたてまつらずと。これをきていよいよ念仏ねんぶつすすめたまふ。そのとき本尊ほんぞんはいすべきよしすすめたてまつる。しょうにんゆびをもつてくうしこのほかにまたぶつありやと。

又観音・勢至、菩薩・聖衆在↠前、拝之。弟子云、不奉拝。聞↠之弥勧↢念仏↡給。其時可↠拝↢本尊↡之由奉勧。上人以指々↠空此外又有↠仏。

すなはちかたりていはく、このじゅうねん極楽ごくらくしょうごんぶつさつはいしたてまつることこれつねなりと。また御手みてしきいとをつけてこれをりたまふべきよしすすむれば、かくのごときこと大様おおようことなりといひてつひにりたまはず。

即語、此十余年0726奉↠拝↢極楽荘厳・化仏・菩薩↡事是常也。又御手↢五色↡可令執之給之由勧者、如此事者大様事也不取。

おなじき二十日はつかときぼううえたりてうんたなびく。そのなか円戒えんかいくもあり、そのいろせんにしてぞうぶつのごとし。みち人々ひとびと処々しょしょにおいてこれをる。

同廿日巳時、当↢坊↡紫雲聳。其中有円戒雲、其色鮮シテ如↢画像↡。行↠道人々、於処々見↠之。

弟子でしいはく、このそらうんすでにたなびく、おうじょうちかづきたまふやと。しょうにんいはく、あわれなることかな、一切いっさいしゅじょう念仏ねんぶつしんぜしめんためなりと

弟子云、此空紫雲已聳、御往生近給歟。上人云、哀ナル事哉、為↠令↣一切衆生信↢念仏↡也

おなじきひつじときことひらくうあおぐ、西方さいほうより東方とうほうおくこと六返ろっぺんす。ひとみなこれをあやしみてぶつのましますやとひたてまつる、しかるなりとこたへたまひて、

同日未時、殊開↠眼仰↠空、自↢西方↡于東方見送事五六返。人皆奇↠之奉↠問↢仏↡、然也答タマヒテ

おなじきじゅう三日さんにちうんよし風聞ふうぶんせしむ。

同廿三日、紫雲立之由令↢風聞↡。

おなじきじゅうにちうまときに、うんおほいにたなびく。西山にしやまにある炭焼ゆみやきじゅうにんこれをきたりてかたる。またこうりゅうよりこうするあまとうにおいてきたりてかたる。

同廿四日午時、紫雲大。在↢西山↡炭焼十余人見↠之来而語。又従↢広隆寺↡下向スル尼、於↢路頭↡来而語

ここにしょうにん念仏ねんぶつ退たいのうへ、じゅう三日さんにちよりじゅうにちいたりて、ことごうじょうこうしょう念仏ねんぶつこと、あるいは一時ひととき、あるいは二時ふたときなり。

爰上人念仏不退之上、自↢廿三日↡至↢廿五日↡、殊強盛高声念仏事、或一時、或二時也。

じゅうにちとりときよりじゅうにちいたりて、こうしょう念仏ねんぶつゆることなし、弟子でし六人ろくにん番々ばんばん助音じょいんす。じゅうにちうまときいたりて、こえやうやくほそこうしょう時々ときどきあひまじる。にわあつまるそこばくの人々ひとびとみなこれをく、まさしくりんじゅうときかくだいじょう袈裟けさけ、ほく面西めんさいにして、「こうみょうへんじょう十方じっぽうかい念仏ねんぶつしゅじょう摂取せっしゅしゃ (観経) じゅして、ねむるがごとく命終みょうじゅうす。そのときうま正中しょうちゅうなり。諸人しょにんきそきたりてこれをはいす、ともさかりなるいちのごとし。

自↢廿四日酉時↡至↢廿五日↡、高声念仏无↠絶、弟子五六人番々助音。至↢廿五日午時↡、声漸高声時々相交。集マル↠庭若干人々皆聞↠之、正臨終懸↢慈覚大師九条袈裟↡、頭北面西ニシテ、誦↢「光明遍照、十方世界、念仏衆生、摂取不捨」↡、如眠命終。其時午正中也。諸人競来拝↠之、供如盛市。

あるひと七八しちはちねんさきゆめかんずることあり。ひとありてがいだいなるそう、いかなるふみぞとおもひてこれをるに、諸人しょにんおうじょうしるせるもんなり。もし法然ほうねんしょうにんおうじょうしるせるところあるとはるかおくいたりてしるせるなり。「こうみょうへんじょう (観経) 四句しくもんあり、上人しょうにんはこのもんじゅしておうじょうせらるべし。ゆめさめしょうにんかたらず弟子でしにもかたらず、このゆめをしてごうせしめて、どくおもいす。しょうにんおうじょうのちしょうそくをもつてしるおくらる。しげきをおそれてせず。

或人七八年之前有↠感↠夢↡。有↠人見↢以外ナル双紙↡、思↢何文↡而見↠之0727、注↢諸人往生↡文也。若有ルト↢法然上人往生注セル↡遥↠奥注也。有↢「光明遍照」四句文↡、上人誦↢此文↡可↠被↢往生↡。夢覚不↠語↢上人↡不↠語↢弟子↡、令↣府↢合此夢ヲシテ↡、作↢奇特↡。上人往生之後、以↢消息↡被↢注送↡。恐繁不載。

かたがた思議しぎそうとうあり、これるべきがゆゑにりゃくしてさず。にゅうめつまんはちじゅうなり。

旁有不思議夢想等、可↠足↠之故不↠記。御入滅者満八十也。

如来にょらいめついっぴゃくねんに、育王いくおうあり。仏法ぶっぽうしんぜず、くになか人民にんみんぶつ遺典ゆいてんうたふ。大王だいおういはく、ぶつにいかなるとくありてしゅじょうゆ。もしぶつへるものあらば、きてたずぬべしと 大臣だいじんいはく、波斯はし匿王のくおういもうと比丘びくぶつへるひとなりと。

如来滅後一百年、有阿育王。不↠信↢仏法↡、国人民歌↢仏遺典↡。大王云、仏有↢何徳↡超↢衆生↡。若有値仏者、往而可尋 。大臣云、波斯匿王比丘尼、値仏之人也。

そのとき大王だいおうしょうじてふ。ぶつにいかなるしゅありやと。比丘びくのいはく、ぶつどくつくしがたければ、ほぼ一相いっそうくと。おうこのどくきて、すなはちかんしてこころかいす。

其時大王請ジテ問、仏有↢何殊異↡。比丘尼云、仏功徳難レバ↠尽、粗説↢一相↡。王聞↢此功徳↡、即歓喜シテ心開悟

しょうにんにゅうめつ以後いごさんじゅうねんおよ ぶ。当世とうせいしょうにんひたてまつるひと、そのかずおおしといへども、だいもしうつらば、おうじょう有様ありさまにおいてさだめて蒙昧もうまいいだかんか。これがためにいまいささか見聞けんもんことしょうす。

上人入滅以後及↢三十年↡。当世奉↠値↢上人↡之人、其数雖↠多、時代若移者、於↢在生之有様↡定懐蒙昧歟。為之今聊抄↢記見聞事↡。

六、三昧発得記

またしょうにんおうじょうときしょう三昧ざんまい発得ほっとくし、つねにじょうしょうる、みづからこれをひっするをもつて勢観せいかんぼうこれをつたふ。しょうにんおうじょうのちみょうへんそうこれをたずね、一見いっけんくわずいなみだながす、すなはち本処ほんしょおくらる。とういささかこのよしおよぶといへども、いまだほんざればそのむねさず。のちかのてこれをうつす。御生年おんとしろくじゅうろくたる 長承ちょうしょうねんみずのとうしたんじょう

又上人在生之時、発得口称三昧、常見浄土依正、以自筆之勢観房伝之。上人往生之後、明遍僧都尋之、加一見流随喜涙、即被送本処。当時聊雖聞及此由、未見本者不記其旨。後得彼記写之。御生0728年当六十六 長承二年癸丑誕生

けんきゅうねんしょうがつ一日ついたち山挑やまももほっきょうきょうけいもとよりかえりてのちひつじとき恒例こうれい毎月まいつき七日しちにち念仏ねんぶつこれをぎょうす。一日ついたちみょうそうすこしきこれをげんず、ねんにはなはだあきらかなり。

建久九年正月一日、従山挑法橋教慶之許帰後、未時恒例毎月七日念仏始↢行之↡。一日、明相少シキ現↠之、自然甚明也。

二日ふつか水想すいそうかんねんにこれをじょうじゅす。そうじて念仏ねんぶつしちにちうちに、想観そうかんなか瑠璃るりそうしょうぶんこれをる。

二日、水想観自然成↢就之↡。総ジテ念仏七箇日之内、地想観之中瑠璃相少分見之。

がつ四日よっかあした瑠璃るりいまあきらかにこれをげん

二月四日朝、瑠璃地今明現↠之

六日むいか後夜ごやに、瑠璃るり殿でんそうこれをげん

六日むいか後夜ごやに、瑠璃るり殿でんそうこれをげん

六日後夜、瑠璃宮殿相現↠之

七日なのかあしたかさねてまたこれをげんず。すなはち殿でんたぐいてそのそうこれをげんず。

七日朝、重又現↠之。即似↢宮殿↡其相現↠之。

そうじて水想すいそうそう宝樹ほうじゅほう殿でんかんはじしょうがつ一日ついたちよりがつ七日なのかいたる、さんじゅうしちにちあいだなり毎日まいにち七万しちまんべん念仏ねんぶつ退たいにこれをつとむ。これによりてこれそうげんずるなり

ジテ水想・地相・宝樹・宝池・宮殿之五観、始自正月一日至于二月七日、三十七箇日之間也。毎日七万反念仏、不退勤↠之。依之此等相現也

はじがつじゅうにちより、みょうしょにして開目かいもく眼根げんこんよりぶつ出生しゅっしょうす、あかふくろ瑠璃るりつぼをこれる。そのまえには閉目へいもくにこれをる、くればこれをしっす。

始自二月廿五日、明処ニシテ開目。自眼根仏出生、赤袋瑠璃ツボ見之。其前ニハ閉目見之、開↠目失↠之。

がつじゅう八日はちにち念仏ねんぶつするによりてこれをぶ。一万いちまんあるいはまんべんひだりにそののちこうみょうはなつことあり、またひかりはしあかし。また瑠璃るりあり、その瑠璃るりつぼのごとし。瑠璃るりつぼあかはなあり、ほうびょうのごとし。またりてのちでてほうるにあり、またあお宝樹ほうじゅあり。そのたかさだまらず、こうこのみしたがふ、あるいは四五しごじょう、あるいはさんじょう

二月廿八日、依為念仏延↠之。一万或二万反、左眼其後有↢光明放コト↡、又光。又眼有↢瑠璃↡、其眼如↢瑠璃壺↡。瑠璃壺有赤花、如↢宝瓶↡。又日入後出見↢四方↡有、亦有↢青宝樹↡。其高无定、高下随↠喜、或四五丈、或二三丈

八月はちがつ一日ついたちもとのごとく七万しちまんべんこれをはじむ。がつじゅうにちあしたおよびて、そうぶんあきらかにげんず、しゅう七八しちはちだんばかりなり。そののちじゅう三日さんにち後夜ごやならびにあした、またぶんみょうにこれをげん

八月一日、如↠本七万返始之。及九月廿二日朝、地想分明、周囲七八段計也。其後廿三日後夜并朝、又分明現↠之

しょうねんがつころそうとうかん行住ぎょうじゅう坐臥ざがこころしたがこころまかせ、任運にんうんにこれをげんず。

正治二年二月之比、地想等五観、行住坐0729随↠意任↠意、任運現↠之。

建仁けんにんねんがつ八日ようか後夜ごやに、とりこえく、ことおとく、ふえおとらをく。そののちしたがざいおとく。

建仁九年二月八日後夜、聞↢鳥舌↡、琴聞、笛音等↡聞。其後随↠日自在聴↠音

しょうがつ五日いつかたびせいさつおんうしろに、じょうろくばかりのめんげん西にし仏堂ぶつどうせいさつかたちたり、じょうろくめんげんぜり。これすなはちこのさつすでに念仏ねんぶつ法門ほうもんをもつてしょしょう法門ほうもんとするがゆゑに、いま念仏ねんぶつしゃのためにそのそうげんしたまふことこれをうたがふべからず。

正月五日、三度勢至菩薩御後、丈六計御面現 。西持仏堂勢至菩薩タリ、丈六面現。是則此菩薩既以↢念仏法門↡為所証法門故、今為↢念仏者↡示現其相不↠可↠疑↠之。

おなじきじゅう六日ろくにち、はじめてしょよりくだりてほう一段いちだんばかり、あお瑠璃るりなり いまにおいては、きょうならびにしゃくによりておうじょううたがいなし。かん文々もんもんこころるに、うたがいなきゆゑに 。これをおもふべし。

同廿六日、始座処ヨリ四方一段許、青瑠璃地也 。於今者、依経并釈往生無疑。地観文々心得、無疑故 。可↠思↠之。

建仁けんにんねんがつじゅう一日いちにち高畠たかはた少将しょうしょう殿どの仏堂ぶつどうにおいてこれにえっす。そのあいだれいのごとく念仏ねんぶつしゅす。弥陀みだぶつのちしょうよりとおりて仏面ぶつめんげんず。おおきさたけじょうろくぶつおもてのごとし、すなはちたちまちにかくれたまひぬ。じゅう八日はちにちうまときなり。

建仁二年二月廿一日、高畠少将殿於↢持仏堂↡謁↠之。其間如例修↢念仏↡。見阿弥陀仏之後、障子ヨリ徹通仏面而現。大如↢長丈六↡、即忽隠給。廿八日午時也。

げんきゅう三年さんねんしょうがつ四日よっか念仏ねんぶつあいだ三尊さんぞん大身だいしんげんじたまふ。また五日いつかさきのごとし

元久三年正月四日、念仏之間三尊現↢大身↡。又五日如前

この三昧さんまい発得ほっとく年来ねんらいあいだ勢観せいかんぼうぞうしてろうせず。もつにおいてまのあたりならずにこれをつたおわりぬ。

此三昧発得之記、年来之間勢観房秘蔵不披露。於没後不面伝得之書畢。

 

法然ほうねんしょうにんでんおよぶらんようたりといへどもこれを

えん

法然上人伝記依及覧雖為枝葉書之

義演

 

延書は底本の訓点に従って有国が行った。
底本は京都府醍醐寺蔵室町時代末期書写本。