仏説大乗無量寿荘厳経 巻下

西天訳経三蔵朝散大夫試光禄卿明教大師臣法賢奉詔訳

 

【20】またつぎなん東方とうぼうごう沙数しゃしゅ仏刹ぶっせつ一々いちいちせつのなかに、 りょうしゅさつ摩訶まかさつおよびりょうしゅしょうもんしゅありて、 もろもろのこう幢幡どうばん宝蓋ほうがいをもつて、 ゆうして極楽ごくらくかいりょう寿仏じゅぶつようせり。

復次阿難、東方恒河沙数仏刹一一、有↢無量無数菩薩摩訶薩及無量無数声聞之衆↡、以↢諸香花・幢幡・宝蓋↡、持用供↢養極楽世界無量寿仏↡。

南方なんぽうごう沙数しゃしゅ仏刹ぶっせつ一々いちいちせつのなかにも、 またりょうしゅさつ摩訶まかさつおよびりょうしゅしょうもんしゅありて、 もろもろのこう幢幡どうばん宝蓋ほうがいをもつて、 ゆうして極楽ごくらくかいりょう寿仏じゅぶつようせり。

南方恒河沙数仏刹一一ニモ、亦有↢無量無数菩薩摩訶薩及無量無数声聞之衆↡、以↢諸香花・幢幡・宝蓋↡、持用供↢養極楽世界無量寿仏↡。

西方さいほうごう沙数しゃしゅかい一々いちいち仏刹ぶっせつにも、 またりょうしゅさつ摩訶まかさつおよびりょうしゅしょうもんしゅありて、 もろもろのこう幢幡どうばん宝蓋ほうがいをもつて、 ゆうして極楽ごくらくかいりょう寿仏じゅぶつようせり。

西方恒河沙数世界一一仏刹ニモ、亦有↢無量無数菩薩摩訶薩及無量無数声聞之衆↡、以↢諸香花・幢幡・宝蓋↡、持用供↢養極楽世界無量寿仏↡。

北方ほっぽうごう沙数しゃしゅ仏刹ぶっせつ一々いちいち仏刹ぶっせつにも、 またりょうしゅさつ摩訶まかさつおよびりょうしゅしょうもんしゅありて、 もろもろのこう幢幡どうばん宝蓋ほうがいをもつて、 ゆうして極楽ごくらくかいりょう寿仏じゅぶつようせり。

北方恒河沙数仏刹一一仏刹ニモ、亦有↢無量無数菩薩摩訶薩及無量無数声聞之衆↡、以↢諸香花・幢幡・宝蓋↡、持用供↢養極楽世界無量寿仏↡。

ゆいじょうもまたかくのごとし。 おのおの仏足ぶっそくらいし、 ぶつどくしょうごんしょうさんすと。

四維・上下亦復如↠是。各↢仏足↡、称↢讃スト仏土功徳荘厳↡。

【21】そのときそんすなはちじゅきてのたまはく、

時世尊即↠頌

 東方とうぼうかいごうしゃの 一々いちいちくにのなかのしゅりょう

東方世界恒河沙一一無数量

 さつしょうもんしょうしんおこし おのおのこう宝蓋ほうがいとうをもつて

菩薩・声聞発↢勝心↢香花・宝蓋等

 してしょうごん仏刹ぶっせつのなかにいたりて 如来にょらいりょう寿じゅようしたてまつる

↢荘厳仏刹供↢養マツル如来無量寿

 そなへをはりて礼足らいそくして さいじょう希有けうだい福田ふくでんしょうさん

礼足而称↢讃最上希有大福田

 かくのごとく西さいなんおよび北方ほっぽう・ ゆいじょう恒沙ごうじゃかい

↠是西・南及北方・四維・上下恒沙界

 しょうもんさつかずもまたしかなり みなこうをもつてよう

声聞・菩薩亦然ナリ皆以↢香花↡伸↢供養

 礼足らいそくせんにょうしてきょうあいいだく また如来にょらい宿しゅくがんふかくして

礼足旋繞↢敬愛復讃↧如来宿願深クシテ

 どく積集しゃくじゅうしてあまねく りょうへん極楽ごくらくこくしょうごんしたまふをさん

積↢功徳↡普荘↦厳タマフヲ無量無辺極楽国

 諸仏しょぶつ国界こっかい厳飾ごんじきなりといへども 如来にょらい宝刹ほうせつちゅうにはくらべがたし

諸仏国界雖↢厳飾ナリト↠比↢如来宝刹中ニハ

 またてんをもつてぶつようするに はなくうさんじて傘蓋さんがいとなる

 復以↢天花↡供↢養ルニ花散↢虚空↡為↢傘蓋

 じゅうこうりょうひとしくひゃくじゅんなり 色相しきそうしょうごんならびあることなし

 縦広量等百由旬ナリ色相荘厳無↠有コト↠比

 あまねく如来にょらい宝刹ほうせつちゅうおおひて たがひにあひきょうしてかんしょう

 徧↢如来宝刹中慶慰↢歓喜

 かつて過去かこひゃく千劫せんごうにおいて りょうのもろもろの善根ぜんごん積集しゃくじゅう

 曽↢過去百千劫積↢集無量善根

 かのりんさんて いまだつ清浄しょうじょうくにいたれり

 捨↢彼輪廻三有今至レリ↢解脱清浄

 そのときかのぶつりょう寿じゅ ほうさつこころどうして

時彼仏無量寿化↢導他方菩薩

 ひそかに神通じんずうもちいて大光だいこうす そのひかりかの面門めんもんよりづること

↢神通↡化↢大光光従↢彼面門↡出コト

 さんじゅう六億ろくおく那由なゆにして あまねくてい千仏せんぶつくにらす

三十六億那由他ニシテ↢倶胝千仏

 かくのごときの人天にんでんをあまねくらしをはりて すなはち如来にょらいちょうけいちゅう

キノ↠是人天↢如来頂髻中

 時会じえ一切いっさいのもろもろのしゅじょう 仏光ぶっこう未曽みぞなるをきょうたん

時会一切衆生敬↢歎仏光未曽有ナルヲ

 おのおのともだいしんおこす ねがはくは塵労じんろうでてがんのぼらんと

各各倶↢菩提心クハ↢塵労↡登ムト↢彼岸

【22】そのときそんこのきをはりたまふに、 ちゅうかんざいさつありて、 すなはちよりちてがっしょうし、 ぶつかひてこのごんをなせり。 そん、 なんの因縁いんねんをもつてかりょう寿仏じゅぶつその面門めんもんよりりょうこうはなちて諸仏しょぶつくにらしたまふや。 ややねがはくはそん方便ほうべんしてせつしたまへ。 もろもろのしゅじょうおよびほうさつをして、 このきをはりて、 希有けうしんしょうじ、 ぶつだいにおいてぎょうしゅして退たいくらいらしめんと。

時世尊説↢此↡已タマフニ、会中↢観自在菩薩↡、即↠座起合掌、向↠仏而作↢是↡。世尊、以テカ↢何因縁↡無量寿仏於↢其面門↡放↢無量光↡照タマフヤ↢諸仏↡。唯願クハ世尊、方便解説タマヘ。令ムト↧諸衆生及他方菩薩ヲシテ、聞↢是↡已、生↢希有↡、於↢仏菩提↡志楽趣求↦不退↥。

【23】そのときそんかんざいさつげてのたまはく、 なんぢいまあきらかにけ、 われなんぢがためにかん。 かのぶつ如来にょらい過去かこりょうへんそうこうまえにおいてさつたりしときだい誓言せいごんおこしたまへり。 われらいにおいてしょうがくじょうぜんとき、 もし十方じっぽうかいりょうしゅじょうありて、 わがみょうごうきて、 あるいはちょうらい憶念おくねんし、 あるいはしょうさん帰依きえし、 あるいはこうようとうをせん。 かくのごときのしゅじょう、 すみやかにわがくにしょうじて、 このこうみょうれば、 すなはちだつん。 もししょさつこのこうみょうれば、 すなはちじゅて、 退たいくらいしょうし、 づからこうおよびもろもろの供具くぐして、 十方じっぽうかいへんじょうせつき、 諸仏しょぶつようしてぶつをなしどく増益ぞうやくし、 しゅのあひだをて、 またほんかえり、 もろもろのらくく。 このゆゑにこうみょうしかうしてぶっちょうるなり。

時世尊告↢観自在菩薩↡言、汝今諦、吾為↠汝。彼仏如来於↢過去無量無辺阿僧祇劫↡為リシ↢菩薩↡時、発タマヘリ↢大誓言↡。我於↢未来↡成↢正覚↡時、若↢十方世界無量衆生↡、聞↢我名号↡、或頂礼憶念、或称讃帰依、或香花供養等ヲセム。如キノ↠是衆生、速↢我↡、見レバ↢此光明↡、即↢解脱↡。若諸菩薩見レバ↢此光明↡、即↢受記↡、証↢不退↡、手ヅカラ↢香花及供具↡、往↢十方界無辺浄刹↡、供↢養諸仏↡而作↢仏事↡増↢益功徳↡、経↢須臾↡、復還↢本土↡、受↢諸快楽↡。是光明而シテルナリ↢仏頂↡。

【24】またつぎなんりょう寿仏じゅぶつおうしょう等覚とうがくしょだいじゅは、 たか一千いっせんろっぴゃくじゅん、 よもにけるようはっぴゃくじゅんさいることひゃくじゅんにして、 花菓けかようしてりょうひゃくせん珍宝ちんぽういろをなせり。 そのじゅじょうにおいて、 また月光がっこう摩尼まにほうたいしゃく摩尼まにほうにょ摩尼まにほうかい摩尼まにほうだいろくほうしゃしつたいほう愛宝あいほう瓔珞ようらくだいろくほう瓔珞ようらく真珠しんじゅ瓔珞ようらくしょう真珠しんじゅ瓔珞ようらくおよび金銀こんごん宝網ほうもうとうをもつて、 種々しゅじゅしょうごんせり。

復次阿難、無量寿仏・応・正等覚所有菩提之樹、高一千六百由旬、ヨモ枝葉八百由旬、根入コト↢土際↡五百由旬ニシテ、花菓敷栄セリ↢無量百千珍宝之色↡。於↢其樹上↡、復以↢月光摩尼宝・帝釈摩尼宝・如意摩尼宝・持海摩尼宝・大緑宝・莎悉帝迦宝・愛宝瓔珞・大緑宝瓔珞・紅真珠瓔珞・青真珠瓔珞及金銀宝網等↡、種種荘厳

【25】またつぎなんしんごとに香風こうふうおのづからこりてこの宝樹ほうじゅく。 じゅあひ触とうそくしてみょうこえいだし、 そのこえあまねくりょうかいきこゆ。

復次阿難、毎↢於辰時↡香風自↢此宝樹↡。樹相触↢微妙↡、其声普↢無量世界↡。

しゅじょうけばそのみみやまいなく、 ないのく多羅たらさんみゃくさんだいじょうじゅす。 もししゅじょうありてこのじゅれば、 すなはちじょうぶついたるまでそのちゅうげんにおいてまなこやまいしょうぜず。 もししゅじょうありてじゅこうがば、 すなはちじょうぶついたるまでそのちゅうげんにおいてはなやまいしょうぜず。 もししゅじょうありてじゅこのみじきすれば、 すなはちじょうぶついたるまでそのちゅうげんにおいてしたまたやまいなし。 もししゅじょうありてじゅひかりらさるれば、 すなはちじょうぶついたるまでそのちゅうげんにおいてまたやまいなし。 もししゅじょうありてじゅ観想かんそうすれば、 すなはちじょうぶついたるまでそのちゅうげんにおいてこころ清浄しょうじょうなることをて、 とんとう煩悩ぼんのうやまいおんすと。

衆生聞ケバ者無↢其耳病↡、乃至成↢就阿耨多羅三藐三菩提↡。若↢衆生↡見レバ↢此↡者、乃マデ↢成仏↡於↢其中間↡不↠生↢眼病↡。若↢衆生↡聞ゲバ↢樹↡者、乃マデ↢成仏↡於↢其中間↡不↠生↢鼻病↡。若↢衆生↡食レバ↢樹↡者、乃マデ↢成仏↡於↢其中間↡舌亦無↠病。若↢衆生↡樹レバ者、乃マデ↢成仏↡於↢其中間↡身亦無↠病。若↢衆生↡観↢想レバ↡者、乃マデ↢成仏↡於↢其中間↡心得↢清浄ナルコトヲ↡、遠↢離スト貪等煩悩之病↡。

ぶつなんげたまはく、 かくのごとく仏刹ぶっせつ花菓けか樹木じゅもく、 もろもろのしゅじょうのためにしかうしてぶつをなすは、 みなこれかのぶつ過去かこ大願だいがんしょうじゅしたまふところなり。

仏告タマハク↢阿難↡、如↠是仏刹花菓樹木、与↢諸衆生↡而シテスハ↢仏事↡、皆是彼過去大願之所ナリ↢摂受タマフ↡。

【26】またつぎなん、 かの仏刹ぶっせつちゅうのあらゆる現在げんざいおよびらいしょうずる一切いっさいさつ摩訶まかさついっしょうのく多羅たらさんみゃくさんだいしむるに、 もしさつありて、 宿しゅくがんをもつてのゆゑに、 しょうかいりて師子ししをなしじょうやくせむとせば、 われこころしたがひてぶつをなさしむ。

復次阿難、彼仏刹中所有現在及未来一切菩薩摩訶薩ヲシテ、一生ルニ↠得↢阿耨多羅三藐三菩提↡、若↢菩薩↡、以↢宿願↡故、入↢生死界↡作↢師子吼↡利↢益ムトセバ有情↡、我令↣随↠意而作↢仏事↡。

【27】またつぎなん、 かの仏刹ぶっせつちゅう一切いっさいさつおよびしょしょうもんは、 身相しんそう端厳たんごんに、 円光えんこうじょうにして、 しゅうしょう耀ようすることひゃくせんじゅんなり。

復次阿難、彼仏刹中一切菩薩及諸声聞、身相端厳、円光熾盛ニシテ、周廻照耀コト百千由旬ナリ

ふたりのさつあり、 身光しんこうとお三千さんぜん大千だいせんかいらすと。

↢二菩薩↡、身光遠スト↢三千大千世界↡。

なんまうしてまうさく、 このさつだい身光しんこうあるは、 そのいかんと。

阿難白、此二菩薩ルハ↢大身光↡、其名云何

ぶつなんげたまはく、 さつとは、 ひとりをばかんざいづけ、 ふたりをばだいしょうじんづく。 げんにこのかいしてだいらくをなし、 命終みょうじゅうのちまさにかのくにしょうずべし。

仏告タマハク↢阿難↡、二菩薩者、一ヲバ↢観自在↡、二ヲバ↢大精進↡。↢此↡作↢大利楽↡、命終之後当↠生↢彼↡。

【28】またつぎなん、 かの仏刹ぶっせつちゅう一切いっさいさつようみょうにゅうにして、 相好そうごうそくせり。

復次阿難、彼仏刹中一切菩薩容貌柔和ニシテ、相好具足セリ

ぜんじょう智慧ちえ通達つうだつ無礙むげにして、 神通じんずうとく円満えんまんせざることなし。

禅定・智慧、通達無礙ニシテ、神通・威徳、無↠不コト↢円満↡。

ふか法門ほうもんりて、 しょうにん

↢法門↡、得↢無生忍↡。

諸仏しょぶつぞうきょう明了みょうりょう諸根しょこん調じょうぶくし、 身心しんしんにゅうなんにして、 寂静じゃくじょうだいじょうはんあんじゅうし、 ふかしょうりて、 またじゅうなし。

諸仏秘蔵究竟明了調↢伏諸根↡、身心柔軟ニシテ安↢住寂静大乗涅↡、↢正慧↡、無↢復余習↡。

ぶつしょぎょう七覚しちかくしょうどうによりてしゅぎょうして、 げんしんらしぞくたっす。

↢仏所行七覚聖道↡修行五眼照↠真↠俗

弁才べんざいそうざい無礙むげなり。 よくけんへん方便ほうべんし、 いふところじょうたいにしてふか義味ぎみり、 もろもろのじょうしてしょうぼう演説えんぜつし、 三界さんがいびょうどうにしてもろもろの分別ふんべつはなれ、 そう無為むいいん無果むかしゅしゃばくだつにして顛倒てんどうおんす。

弁才総持自在無礙ナリ。善↢世間無辺方便↡、所↠言誠諦ニシテ↢義味↡、度↢諸有情↡演↢説正法↡、三界平等ニシテ↢諸分別↡、無相・無為・無因・無果・無取・無捨・無縛・無脱ニシテ遠↢離顛倒↡。

けんにしてどうぜざることしゅせんのごとし。

堅固ニシテコト↠動↢須弥山↡。

智慧ちえ明了みょうりょうなること日月にちがつほがらかなるがごとし。

智慧明了ナルコト↢日月ナルガ↡。

広大こうだいなることうみのごとくにしてどくほういだす。

広大ナルコトニシテ↠海↢功徳↡。

じょうなることのごとくにして煩悩ぼんのうたきぎく。

熾盛ナルコトニシテ↠火↢煩悩↡。

忍辱にんにくなることのごとくにして一切いっさいびょうどうなり。

忍辱ナルコトニシテ↠地一切平等ナリ

清浄しょうじょうなることみずのごとくにしてもろもろのじんあらふ。

清浄ナルコトニシテ↠水↢諸塵垢↡。

くうへんなるがごとし、 一切いっさいへられざるがゆゑに。

↢虚空無辺ナルガ↡、不ルガ↠障ラレ↢一切↡故

れんみずよりづるがごとし、 一切いっさいぜんはなるるがゆゑに。

↢蓮花ルガ↟水ヨリ、離↢一切↡故

雷震らいしんひびくがごとし、 法音ほうおんいだすがゆゑに。

↢雷震クガ↡、出↢法音↡故

くも靉靆あいたいするがごとし、 ほうくだすがゆゑに。

↢雲靉靆ルガ↡、降↢法雨↡故

かぜじゅうごかすがごとし、 だいおこすがゆゑに。

↢風スガ↟樹、発↢菩提↡故

おうこえのごとし、 しゅぎゅうことなるがゆゑに。

↢牛王↡、異ナルガ↢衆牛↡故

りゅうぞうのごとし、 はかるべきことかたきがゆゑに。

↢竜象↡、難キガ↠可コト↠測

りょうくがごとし、 るにしつなきがゆゑに。

↢良馬クガ↡、乗ルニキガ↠失故

師子ししするがごとし、 怖畏ふいはなるるがゆゑに。

↢師子ルガ↡、離ルガ↢怖畏↡故

尼拘にくじゅのごとし、 おおかげだいなるがゆゑに。

↢尼拘樹↡、覆ナルガ

しゅせんのごとし、 八風はっぷうどうぜざるがゆゑに。

↢須弥山↡、八風ルガ↠動

金剛こんごうしょのごとし、 邪山じゃせんするがゆゑに。

↢金剛↡、破↢邪山↡故

梵王ぼんのうのごとし、 梵衆ぼんしゅしょうずるがゆゑに。

↢梵王↡、生ルガ↢梵衆↡故

こんちょうのごとし、 どくりゅうじきするがゆゑに。

↢金翅鳥↡、食↢毒竜↡故

くうちゅうとりのごとし、 じゅうしょなきがゆゑに。

↢空中↡、無キガ↢住処↡故

慈氏じしのごとし、 法界ほうかいかんずることひとしきがゆゑに。

↢慈氏↡、観コト↢法界↡等キガ

かくのごときのさつ仏刹ぶっせつ徧満へんまんしてほうき、 法幢ほうどうて、 ほうち、 法灯ほうとうともし、 とがはなれて清浄しょうじょうにして、 めいなくしつなし。 しゅちゅうよりまん瓔珞ようらくこう末香まっこう一切いっさい供具くぐすいしょうし、 してひゃくせんてい那由なゆ仏刹ぶっせつきて諸仏しょぶつようし、 またしゅちゅうよりべつほういだして、 くうちゅうさんずるに、 して宝蓋ほうがいとなること、 ひろじゅうじゅん、 あるいはじゅうじゅんないひゃくせんじゅんにして、 もろもろの仏刹ぶっせつへんす。 しゅのあひだをて、 本国ほんごく還来げんらいして、 あいじゃくしゅしゃにして、 身心しんしん寂静じゃくじょうなりと。

キノ↠是菩薩徧↢満仏刹↡吹↢法螺↡、竪↢法幢↡、撃↢法鼓↡、然↢法灯↡、離↠過清浄ニシテ、無↠迷無↠失。手中ヨリ出↢生花鬘・瓔珞・塗香・粖香、一切供具↡、持↢百千倶胝那由他仏刹↡供↢養諸仏↡、復於↢手中↡別↢宝花↡、散ルニ↢虚空中↡、化コト↢宝蓋↡、広十由旬、或二十由旬、乃至百千由旬ニシテ、徧↢諸仏刹↡。経↢須臾↡、還↢来本国↡、無愛・無著・無取・無捨ニシテ、身心寂静ナリト

【29】ぶつなんげたまはく、 このしょさつはわがじょくところにはあることなし。 ひゃくせんていこうくともくすことあたはずと。

仏告タマハク↢阿難↡、此諸菩薩土五濁之所ニハ↠有コト。経↢百千倶胝劫↡説トモ↠能↠尽コト

【30】ぶつなんげたまはく、 わがいまの此土しどのあらゆるさつ摩訶まかさつは、 すでにかつてりょう諸仏しょぶつようし、 もろもろの徳本とくほんえたり。 命終みょうじゅうのち、 みな極楽ごくらくかいしょうずることをん。 なん、 なんぢちてがっしょうし、 西にしめんしてちょうらいせよと。

仏告タマハク↢阿難↡、吾此土所有菩薩摩訶薩、已供↢養無量諸仏↡、植タリ↢衆徳本↡。命終之後、皆得↠生コトヲ↢於極楽世界↡。阿難、汝起合掌、面↠西頂礼ヨト

そのときなん、 すなはちよりちてがっしょうし、 西にしめんしてちょうらいするあひだに、 忽然こつねんとして極楽ごくらくかいりょう寿仏じゅぶつることをたり。 容顔ようげん広大こうだいにして色相しきそう端厳たんごんなること黄金おうごんぜんのごとし。 また十方じっぽうかい諸仏しょぶつ如来にょらいりょう寿仏じゅぶつ種々しゅじゅどくしょうよう讃歎さんだんしたまふをけり。

時阿難、即↠座起合掌、面↠西頂礼之間忽然トシテタリ↠見コトヲ↢極楽世界無量寿仏↡。容顔広大ニシテ色相端厳ナルコト↢黄金山↡。又聞↤十方世界諸仏如来称↢揚讃↣歎タマフヲ無量寿仏種種功徳↡。

なんまうしてまうさく、 かのぶつじょうせつ未曽有みぞうたり。 われまたかのしょうぜんとがんぎょうすと。 そんげてのたまはく、 そのなかにしょうずるもの、 さつ摩訶まかさつもすでにかつてりょう諸仏しょぶつ親近しんごんしてもろもろの徳本とくほんえたり。 なんぢかしこにしょうぜんとほっせば、 まさに一心いっしん帰依きえ瞻仰せんごうすべしと。

阿難白、彼浄刹得タリ↢未曽有↡。我亦願↣楽ストムト↢於彼↡。世尊告、其ルニ者、菩薩摩訶薩親↢近無量諸仏↡植タリ↢衆徳本↡。汝欲↠生ムト↠彼、応シト↢一心帰依瞻仰↡。

このをなすときりょう寿仏じゅぶつしゅしょうのなかよりりょうひかりはなちて、 東方とうぼうひゃくせんてい那由なゆ仏刹ぶっせつらしたまふ。 ここにおいてかいのあらゆる黒山こくせん雪山せっせん金山こんぜん宝山ほうせん目真もくしんりんせん摩訶まか目真もくしんりんせんしゅせんてっせんだいてっせん大海だいかいこう叢林そうりん樹木じゅもくおよび天人てんにん殿でん一切いっさいきょうがいしょうけんせざることなし。

↢是↡時、無量寿仏於↢手掌中↡放↢無量↡、照タマフ于東方百千倶胝那由他仏刹↡。於↠此世界所有黒山・雪山・金山・宝山・目真隣陀山・摩訶目真隣陀山・須弥山・鉄囲山・大鉄囲山・大海・江河・叢林・樹木及天人宮殿一切境界、無↠不コト↢照見↡。

たとへばでてあきらかにけんらすがごとく、 またかくのごとし。 そのときちゅう苾芻びっしゅ苾芻びっしゅ優婆うばそく優婆うばてんりゅう薬叉やくしゃ乾闥けんだつしゅ迦楼かるきん那羅なら摩睺まご羅伽らかにんにんとう、 みな極楽ごくらくかい種々しゅじゅしょうごん、 およびりょう寿じゅ如来にょらいたてまつるにしょうもんさつにょうぎょうすること、 たとへばしゅ山王せんのう大海だいかいづるがごとし。

↢日↢世間↡、亦復如↠是。爾時会中苾芻・苾芻尼・優婆塞・優婆夷・天・竜・薬叉・乾闥婆・阿修羅・迦楼羅・緊那羅・摩睺羅伽・人・非人等、皆見↢極楽世界種種荘厳↡、及マツルニ↢無量寿如来↡声聞・菩薩囲繞恭敬コト、譬↣須弥山王ルガ于大海↡。

そのとき極楽ごくらくかい西方さいほうひゃくせんてい那由なゆくにぎたれども、 ぶつりきをもつて目前もくぜんたいするがごとし。 またかのるに、 清浄しょうじょう平正びょうしょうなること、 たとへば海面かいめんのごとくりょう山嶮せんげん草木そうもくぞうあることなし。 ただこれ衆宝しゅほうもつてしょうごんし、 しょうげんじゅうせり。

時極楽世界タレドモ↢於西方百千倶胝那由他↡、以↢仏威力↡如↠対ルガ↢目前↡。又見ルニ↢彼↡、清浄平正ナルコト、譬↢海面↡無↠有コト↢丘陵・山嶮・草木・雑穢↡。唯是衆宝モテ荘厳、聖賢共住

【31】またつぎなん、 またかのりょう寿仏じゅぶつともろもろのさつしょうもんしゅと、 またみなわがおよびしゃかいさつしょうもんにんてんしゅることをたりと。

復次阿難、又彼無量寿仏与↢諸菩薩・声聞之衆↡、亦皆得リト↠見コトヲ↢我身及娑婆世界菩薩・声聞・人・天之衆↡。

【32】そのときそん慈氏じしさつげてのたまはく、 なんぢ極楽ごくらくかいどくしょうごん殿でん楼閣ろうかく園林おんりん台観だいかんせんよくれりやいなや。 慈氏じし、 なんぢ欲界よくかい諸天しょてんよりかみしききょうてんいたるまで、 種々しゅじゅこうあめふらし、 仏刹ぶっせつ徧満へんまんしてしょうごんをなすをれりやいなや。

時世尊告↢慈氏菩薩↡言、汝見レリヤ↢極楽世界功徳荘厳、宮殿・楼閣・園林・台観・流泉・浴池↡不。慈氏、汝見レリヤ↧欲界諸天ヨリ上至マデ↢色究竟天↡、雨ラシ↢種種香花↡、徧↢満仏刹↡作スヲ↦荘厳↥不

なんぢさつしょうもん浄行じょうぎょうしゅのしかうしてぶっしょうをなしみょうほう演説えんぜつして、 一切いっさい仏刹ぶっせつみなこえくことをて、 らくるをれりやいなや。

汝見レリヤ↧菩薩・声聞浄行之衆シテ↢仏声↡演↢説妙法↡、一切仏刹皆得↠聞コトヲ↠声、獲ルヲ↦利楽↥不

なんぢひゃくせんていしゅじょうくうしょして殿でんしたがふをれりやいなやと。

汝見レリヤ↧百千倶胝衆生游↢処虚空↡宮殿随フヲ↞身ヤト

慈氏じしさつぶつにまうしてまうさく、 そんぶつ所説しょせつのごとく一々いちいちにみなたりと。

慈氏菩薩、白↠仏、世尊、如↢仏所説↡一一皆見タリト

慈氏じしまうしてまうさく、 いかんぞこのかい一類いちるいしゅじょう、 またぜんしゅすといへどもしょうずることをもとめざるやと。 ぶつ慈氏じしげたまはく、 これらのしゅじょう智慧ちえせんにして、 西方さいほう天界てんかいおよばずと分別ふんべつせり。 これをもつてらくにあらずとしてかしこにしょうぜんことをもとめざるなりと。 慈氏じしまうしてまうさく、 これらのしゅじょうもう分別ふんべつして仏刹ぶっせつもとめず、 なんぞりんまぬかれんと。

慈氏白、云何一類衆生、雖↢亦修スト↟善而不ルヤト↠生コトヲ。仏告タマハク↢慈氏↡、此等衆生智慧微浅ニシテ、分↢別西方↟及↢天界↡。是ズトシテ↠楽ルナリト↠求↠生ムコトヲ↠彼。慈氏白、此等衆生虚妄分別不↠求↢仏刹↡、何ムト↢輪廻↡。

ぶつ慈氏じしにのたまはく、 極楽ごくらくこくちゅうたいしょうありやいなやと。

仏言↢慈氏↡、極楽国中リヤ↢胎生↡不ヤト

慈氏じしまうしてまうさく、 いななり。

慈氏白、不也。

そん、 そのなかにしょうずるものは、 たとへば欲界よくかい諸天しょてんひゃくじゅん殿でんしてざい遊戯ゆげするがごとし。 なんぞたいしょうあらん。

世尊、其、譬↧欲界諸天↢五百由旬宮殿↡自在遊戯ルガ↥。何↢胎生↡。

そん、 このかいしゅじょうはなんのいんなんのえんありてたいしょうしょするやと。

世尊、此衆生因何アリテ而処ルヤト↢胎生↡。

ぶつ慈氏じしにのたまはく、 これらのしゅじょううるところの善根ぜんごんは、 そうはなるることあたはず、 ぶっもとめず、 みだりに分別ふんべつしょうじて、 ふからく人間にんげん福報ふくほうじゃくす。 このゆゑにたいしょうなり。

仏言↢慈氏↡、此等衆生↠種善根、不↠能↠離コト↠相、不↠求↢仏慧↡、妄↢分別↡、深↢世楽人間福報↡。胎生ナリ

もししゅじょうありて、 そう智慧ちえをもつて、 もろもろの徳本とくほんえ、 身心しんしん清浄しょうじょうにして、 分別ふんべつおんし、 じょうせつしょうぜんことをもとめて、 ぶつだいおもむかば、 このひと命終みょうじゅうせつのあひだに、 ぶつじょうにおいてほうれん身相しんそうそくせむ。 なんぞたいしょうあらん。

↢衆生↡、以↢無相智慧↡、植↢衆徳本↡、身心清浄ニシテ、遠↢離分別↡、求↠生ムコトヲ↢浄刹↡、趣↢仏菩提↡、是人命終刹那之間、於↢仏浄土↡坐↢宝蓮花↡身相具足。何↢胎生↡。

慈氏じし、 なんぢ愚痴ぐちひとよ、 善根ぜんごんえず、 ただ世智せち聰弁そうべんをもつて、 みだりに分別ふんべつしょうじ、 邪心じゃしん増益ぞうやくす。 いかんぞしょう大難だいなんしゅつせん。 またしゅじょうありて、 善根ぜんごん三宝さんぼうようだい福田ふくでんとなるといへども、 取相しゅそう分別ふんべつし、 情執じょうしゅうじんじゅうにして、 りんづることをもとむとも、 つひにることあたはずと。

慈氏、汝見↢愚痴之人↡、不↠種↢善根↡、但以↢世智聰弁↡、妄↢分別↡、増↢益邪心↡。云何出↢離生死大難↡。復有↢衆生↡、雖↧種↢善根↡供↢養三宝↡作ルト↦大福田↥、取相分別、情執深重ニシテ、求トモ↠出コトヲ↢輪廻↡、終↠能↠得コト

ぶつ慈氏じしげたまはく、 たとへばかんじょうけたる刹帝せっていおうひとつの大獄だいごくきて、 その獄内ごくないにおいて、 殿堂でんどう楼閣ろうかくあんし、 こうらんそうじょうとう座具ざぐ、 みな珍宝ちんぽうをもつて厳飾ごんじきし、 もちゐるところのぶく飲食おんじきそくせずといふことなからんに、 そのときかんじょうおうたいちくしてごくちゅう禁閉きんぺいし、 また銭財ぜんざい珍宝ちんぽうかんひつはくあたへてこころほしいままにして受用じゅゆうせしめんがごとしと。

仏告タマハク↢慈氏↡、譬シト↧受タル↢潅頂位↡刹帝利王、置↢一大獄↡、於↢其獄内↡、安↢置殿堂・楼閣↡、鉤欄・窓牖・床榻・座具、皆以↢珍宝↡厳飾、所↠須衣服・飲食無ラムニ↠不トイフコト↢豊足↡、爾時潅頂王駆↢逐太子↡禁↢閉獄中↡、復与↢銭財・珍宝・羅紈・匹帛↡恣ニシテ↠意受用シメムガ↥。

【33】ぶつ慈氏じしげたまはく、 こころにおいていかん。 かのたいらくんやいなやと。

仏告タマハク↢慈氏↡、於↠意云何。彼太子得ムヤ↢快楽↡不ヤト

慈氏じしまうしてまうさく、 いななり。 そん、 かしこのなかに堂殿どうでん楼閣ろうかく飲食おんじきぶくぜんはく金宝こんぽうありてこころしたがひて受用じゅゆうすといへども、 牢獄ろうごくじられ、 こころざいならざれば、 ただしゅつせんことをもとめんと。

慈氏白、不也。世尊、彼↧有↢堂殿・楼閣・飲食・衣服・銭帛・金宝↡随↠意受用スト↥、身閉ラレ↢牢獄↡、心不レバ↢自在ナラ↡、唯求ムト↢出離ムコトヲ↡。

ぶつ慈氏じしげたまはく、 もしかんじょうおうそのとがゆるさざらんに、 かのもろもろの大臣だいじんちょうじゃ居士こじとうたいをして禁獄きんごくまぬかれしむべきやいなやと。 慈氏じしまうしてまうさく、 おうすでにゆるさざれば、 いかんぞづることをんと。

仏告タマハク↢慈氏↡、若潅頂王不ラムニユル↢其↡、彼大臣・長者・居士等、可キヤ↠令↣太子ヲシテ↢禁獄↡不ヤト。慈氏白、王既レバ↠捨、云何ムト↠出コトヲ

ぶつのたまはく、 かくのごとしかくのごとし。 かのもろもろのしゅじょうまたふくしゅして三宝さんぼうようすといへども、 もう分別ふんべつして、 人天にんでんもとめば、 ほうときしょかい殿でん楼閣ろうかくぶく臥具がぐ飲食おんじき湯薬とうやく一切いっさいもちゐるところことごとくみなそくすれども、 しかもいまだ三界さんがいごくちゅうづることあたはず、 つねにりんしょしてざいならず。

仏言、如↠是↠是。彼衆生雖↣復修↠福供↢養スト三宝↡、虚妄分別シテ、求↢人天↡、得↠報之時、所居器界宮殿・楼閣・衣服・臥具・飲食・湯薬、一切所↠須皆豊足ドモ、而↠能↠出コト↢三界獄中↡、常↢輪廻↡而不↢自在ナラ↡。

たとひ父母ぶもさい男女なんにょ眷属けんぞく、 あひすくまぬかれしめんとほっすとも、 つひにづることあたはず、 邪見じゃけん業王ごうおうよくしゃすることなからん。

仮使父母・妻子・男女・眷属、欲トモ↢相シメムト↡、終不↠能↠出コト、邪見業王ラム↢能捨離コト↡。

もしもろもろのしゅじょうもう分別ふんべつだんじて、 もろもろの善本ぜんぽんえ、 そうじゃくならば、 まさに仏刹ぶっせつしょうじてながだつべしと。

衆生断↢妄分別↡、植↢諸善本↡、無相無著ナラバ、当シト↧生↢仏刹↡永得↦解脱↥。

慈氏じしさつぶつにまうしてまうさく、 そん、 いまこのしゃかいおよびもろもろの仏刹ぶっせつに、 いくさつ摩訶まかさつありてか、 極楽ごくらくかいしょうずることをりょう寿仏じゅぶつたてまつり、 のく多羅たらさんみゃくさんだいじょうじゅすると。

慈氏菩薩、白↠仏、世尊、今此娑婆世界及仏刹、有テカ↢幾多菩薩摩訶薩↡、得↠生コトヲ↢極楽世界↡、見マツリ↢無量寿仏↡、成↢就ルト阿耨多羅三藐三菩提↡。

【34】ぶつ慈氏じしにのたまはく、 わがこのしゃかいに、 しちじゅうてい那由なゆさつ摩訶まかさつあり、 すでにかつてりょう諸仏しょぶつようして、 もろもろの徳本とくほんえ、 まさにかのくにしょうじてりょう寿仏じゅぶつ親近しんごんようしたてまつり、 のく多羅たらさんみゃくさんだいじょうじゅすべしと。

仏言↢慈氏↡、我娑婆世界、有↢七十二倶胝那由他菩薩摩訶薩↡、已供↢養無量諸仏↡、植↢衆徳本↡、当シト ↧生↢彼↡親↢近供↣養マツリ無量寿仏↡、成↦就阿耨多羅三藐三菩提↥。

【35】またつぎなん難忍なんにん仏刹ぶっせつに、 じゅうはちてい那由なゆさつ摩訶まかさつありて、 かのこくしょうぜん。

復次阿難、難忍仏刹、有↢十八倶胝那由他菩薩摩訶薩↡、生↢彼国土↡。

宝蔵ほうぞう仏刹ぶっせつに、 じゅうてい那由なゆさつ摩訶まかさつありて、 かのこくしょうぜん。

宝蔵仏刹、有↢九十倶胝那由他菩薩摩訶薩↡、生↢彼国土↡。

こう仏刹ぶっせつに、 じゅうてい那由なゆさつ摩訶まかさつありて、 かのこくしょうぜん。

火光仏刹、有↢二十二倶胝那由他菩薩摩訶薩↡、生↢彼国土↡。

りょうこう仏刹ぶっせつに、 じゅうてい那由なゆさつ摩訶まかさつありて、 かのこくしょうぜん。

無量光仏刹、有↢二十五倶胝那由他菩薩摩訶薩↡、生↢彼国土↡。

とう仏刹ぶっせつに、 ろくじゅうてい那由なゆさつ摩訶まかさつありて、 かのこくしょうぜん。

世灯仏刹、有↢六十倶胝那由他菩薩摩訶薩↡、生↢彼国土↡。

りゅうじゅ仏刹ぶっせつに、 一千いっせんひゃくさつ摩訶まかさつありて、 かのこくしょうぜん。

竜樹仏刹、有↢一千四百菩薩摩訶薩↡、生↢彼国土↡。

無垢むくこう仏刹ぶっせつに、 じゅうてい那由なゆさつ摩訶まかさつありて、 かのこくしょうぜん。

無垢光仏刹、有↢二十五倶胝那由他菩薩摩訶薩↡、生↢彼国土↡。

師子しし仏刹ぶっせつに、 一千いっせんはっぴゃくさつ摩訶まかさつありて、 かのこくしょうぜん。

師子仏刹、有↢一千八百菩薩摩訶薩↡、生↢彼国土↡。

きっしょう仏刹ぶっせつに、 せんいっぴゃくてい那由なゆさつ摩訶まかさつありて、 かのこくしょうぜん。

吉祥峰仏刹、有↢二千一百倶胝那由他菩薩摩訶薩↡、生↢彼国土↡。

仁王にんのう仏刹ぶっせつに、 一千いっせんてい那由なゆさつ摩訶まかさつありて、 かのこくしょうぜん。

仁王仏刹、有↢一千倶胝那由他菩薩摩訶薩↡、生↢彼国土↡。

どう仏刹ぶっせつに、 いちていさつ摩訶まかさつありて、 かのこくしょうぜん。

花幢仏刹、有↢一倶胝菩薩摩訶薩↡、生↢彼国土↡。

こうみょうおう仏刹ぶっせつに、 じゅうていさつ摩訶まかさつありて、 かのこくしょうぜん。

光明王仏刹、有↢十二倶胝菩薩摩訶薩↡、生↢彼国土↡。

とく無畏むい仏刹ぶっせつに、 ろくじゅうてい那由なゆさつ摩訶まかさつありて、 かのこくしょうぜん、 ことごとくみなりょう寿仏じゅぶつ親近しんごんようしたてまつり、 ひさしからずししてまさにのく多羅たらさんみゃくさんだいじょうずべしと。

得無畏仏刹、有↢六十九倶胝那由他菩薩摩訶薩↡、生↢彼国土↡、悉皆親↢近供↣養マツリ無量寿仏↡、不シテ↠久カラシト↠成↢阿耨多羅三藐三菩提↡。

ぶつ慈氏じしにのたまはく、 かくのごときのどくしょうごん極楽ごくらくこくは、 かの算数さんじゅりょうこうててくともくすことあたはず。

仏言↢慈氏↡、如キノ↠是功徳荘厳極楽国土、満↢彼算数無量之劫↡説トモ不↠能↠尽コト

【36】もし善男ぜんなん善女ぜんにょにんありて、 りょう寿仏じゅぶつみょうごうくことをて、 一念いちねん信心しんじんおこして、 帰依きえ瞻礼せんらいせん。 まさにるべし、 このひとはこれ小乗しょうじょうにあらず、 わがほうのなかにおいて第一だいいち弟子でしづくることをと。

↢善男子・善女人↡、得↠聞コトヲ↢無量寿仏名号↡、発↢一念信心↡、帰依瞻礼。当↠知、此↢是小乗↡、於↢我↡得↠名クルコトヲ↢第一弟子↡。

ぶつ慈氏じしげたまはく、 もし苾芻びっしゅ苾芻びっしゅ優婆うばそく優婆うばてんりゅう薬叉やくしゃ乾闥けんだつしゅ迦楼かるきん那羅なら摩睺まご羅伽らかにんにんとうありて、 このきょうてんにおいて書写しょしゃようし、 じゅ読誦どくじゅし、 のために演説えんぜつし、 ないいっちゅうにおいてかのくにおよび仏身ぶっしんどくゆいせん。 このひと命終みょうじゅうしてすみやかにかしこにしょうずることをて、 のく多羅たらさんみゃくさんだいじょうじゅせん。

仏告タマハク↢慈氏↡、若↢苾芻・苾芻尼・優婆塞・優婆夷・天・竜・薬叉・乾闥婆・阿修羅・迦楼羅・緊那羅・摩睺羅伽・人・非人等↡、於↢此経典↡書写供養、受持読誦、為↠他演説、乃至於↢一昼夜↡思↢惟刹及仏身功徳↡。此人命終↠生コトヲ↠彼、成↢就阿耨多羅三藐三菩提↡。

【37】またつぎ慈氏じし、 いまこのきょうてん甚深じんじんみょうにして、 ひろしゅじょうす。 もししゅじょうありて、 このしょうぼうにおいて、 じゅ読誦どくじゅし、 書写しょしゃようせん。

復次慈氏、今此経典甚深微妙ニシテ、広↢衆生↡。若↢衆生↡、於↢此正法↡、受持読誦、書写供養

かのひとりんじゅうに、 たとひ三千さんぜん大千だいせんかいのなかにてらんだいをも、 またよくちょうしてかのこくしょうぜん。

人臨終、仮使三千大千世界ラム↠中大火ヲモ、亦能超過↢彼国土↡。

このひとすでにかつて過去かこぶつひてだいけ、 一切いっさい如来にょらいおなじくしょうさんせられ、 じょうだいこころしたがひてじょうじゅせんと。

人已↢過去↢菩提↡、一切如来↢称讃↡、無上菩提随↠意成就ムト

ぶつ慈氏じしにのたまはく、 ぶっもうあひがたく、 しょうぼうきがたし。 如来にょらいしょぎょうまたしたがひてぎょうずべし。 このきょうてんにおいてだいしゅをなし、 もろもろのじょうのためにじょうやくして、 しゅじょうをしてしゅしょうごんごくちゅうざいせしむることなかれ。 もろもろのじょうをして福善ふくぜん種修しゅしゅせしめ、 じょうせつしょうぜんことをもとめしめよと。

仏言↢慈氏↡、仏世↠値、正法↠聞。如来所行亦応↢随↡。於↢此経典↡作↢大守護↡、為↢諸有情↡長夜利益、莫↠令コト↣衆生ヲシテ堕↢在五趣荘厳獄中↡。令ヨト↧諸有情ヲシテ種↢修シメ福善↡、求↞生ムコトヲ↢浄刹↡。

【38】そのときそんしかうしてじゅきてのたまはく、

時世尊而シテ↠頌

 もしおうじゃくふくしゅせざれば このしょうぼうにおいてくことあたはず

レバ↣往昔↢福慧↢此正法↡不↠能↠聞コト

 すでにかつてもろもろの如来にょらいようせり このゆゑになんぢらこのけり

供↢養如来汝等聞↢斯

 ききをはりてじゅしおよび書写しょしゃし 読誦どくじゅ讃演さんえんしてならびにようせよ

受持書写読誦讃演供養

 かくのごとく一心いっしんじょうほうもとむれば けつじょうして極楽ごくらくこくおうじょうせん

↠是一心レバ↢浄決定往↢生極楽国

 たとひだい三千さんぜんてらんも およびかのしょうごんせるもろもろの牢獄ろうごく

仮使大火満ラムモ↢三千荘厳牢獄

 かくのごときの諸難しょなんことごとくよくえん みなこれ如来にょらいとくりきなり

キノ↠是諸難悉皆是如来威徳力ナリ

 かのぶつらくのもろもろのどくは ただぶつぶつとのみすなはちよくりたまふ

利楽功徳唯仏ノミ↠仏乃タマフ

 しょうもん縁覚えんがくけんちて その神力じんりきくすともよくはかることなけん↡

声聞・縁覚満↢世間トモ↢其神力↡莫ケム↢能コト

 たとひちょう寿じゅのもろもろのじょう いのちしゅていこうじゅうして

仮使長寿有情命住↢無数倶胝劫

 如来にょらいどくしんしょうさんせんに そのぎょう寿じゅくしてさんずともくることなけん

称↢讃ムニ如来功徳身↢其形寿↡讃トモケム↠尽コト

 だいしょう法王ほうおう説法せっぽうしたまふところ 一切いっさいのもろもろのぐんじょうやくしたまふ

大聖法王所↢説法タマフ利↢益タマフ一切群生

 もしじゅぎょうするものあらば ぶつこのひとしんぜんなりときたまふと

↢受持恭敬者↡仏説タマフト↢此人真善友ナリト

【39】そのときそんこのほうきたまふときじゅうてい那由なゆひとありて、 じんとおざかりはなれて法眼ほうげんじょうはっぴゃく苾芻びっしゅじんしてこころだつ天人てんにんしゅのなかにじゅうてい那由なゆひとありて、 阿那あなごんしょうし、 またじゅうていひとありて、 法忍ほうにん退たい、 またじゅうていひゃくせん那由なゆひとありて、 のく多羅たらさんみゃくさんだいしんおこし、 もろもろの善根ぜんごんえみな極楽ごくらくかいおうじょうして、 りょう寿仏じゅぶつたてまつらんとがんず。

時世尊説タマフ↢此↡時、有↢十二倶胝那由他人↡、遠ザカリ↠塵↠垢得↢法眼浄↡、八百苾芻漏尽意解得↢解脱↡、天人衆↢二十二倶胝那由他人↡、証↢阿那含果↡、復有↢二十五倶胝人↡、得↢法忍不退↡、復有四十倶胝百千那由他人↡、発↢阿耨多羅三藐三菩提心↡、種↢諸善根↡皆願↧往↢生極楽世界↡、見マツラムト↦無量寿仏↥。

また十方じっぽう仏刹ぶっせつのもしは現在げんざいしょうじおよびらいしょうじてりょう寿仏じゅぶつたてまつらんものあり。 おのおの八万はちまんてい那由なゆひとありて、 然灯ねんとうぶつて、 みょうおん如来にょらいづけて、 まさにのく多羅たらさんみゃくさんだいべし。 かのもろもろのじょうはみなこれりょう寿仏じゅぶつ宿しゅくがん因縁いんねんをもつて、 とも極楽ごくらくかいおうじょうすることを

復有↧十方仏刹現在未来マツラム↢無量寿仏↡者↥。各↢八万倶胝那由他人↡、得↢然灯仏↡、名↢妙音如来↡、当↠得↢阿耨多羅三藐三菩提↡。彼有情皆是無量寿仏宿願因縁ヲモテ、倶得↣往↢生コトヲ極楽世界↡。

ぶつこのきたまふとき三千さんぜん大千だいせんかい六種ろくしゅ震動しんどうして、 もろもろのこうあめふらし、 もりてひざいたる。 また諸天しょてんありて、 くうのなかにおいてみょう音楽おんがくをなし、 ずいこえいだす。 ない色界しきかい諸天しょてんも、 ことごとくみなくことを未曽みぞなりとたんず。

仏説タマフ↢是↡時、三千大千世界六種震動、雨ラシ↢諸香花↡、積于膝↡。復有↢諸天↡、於↢虚空↡作↢妙音楽↡、出↢随喜↡。乃至色界諸天、悉皆得↠聞コトヲ↢未曽有ナリト↡。

そのとき尊者そんじゃなんおよび慈氏じしさつとう、 ならびにてんりゅうはち一切いっさい大衆だいしゅぶつ所説しょせつきてみなおおきにかんし、 信受しんじゅぎょうせり。

時尊者阿難及慈氏菩薩等、并天・竜・八部一切大衆、聞↢仏所説↡皆大歓喜、信受奉行

 

仏説大乗無量寿荘厳経 巻下

 

底本は◎高麗版(再雕本)¬大蔵経¼所収本、 Ⓐ金版¬大蔵経¼所収本、 Ⓑ宋版(思溪版)¬大蔵経¼所収本、 Ⓒ元版(善寧寺版)¬大蔵経¼所収本、 Ⓓ明版(万歴版)¬大蔵経¼所収本、 Ⓔ¬房山石経(遼金刻経)¼所収本 と対校。
西→Ⓓ[宋]西
訳経 Ⓓになし
 Ⓓになし
→Ⓓ
→Ⓓ
→Ⓑ→Ⓒ
→Ⓒ
→ⒷⒸⒹ
→ⒷⒸⒹ
→Ⓓ
→Ⓔ
→Ⓔ
→Ⓓ
→ⒸⒹ Ⓑになし
→Ⓒ
→Ⓒ
→Ⓒ
→Ⓔ
仏説 Ⓒになし