十二礼

 

【1】 ^浄土の聖衆たちに恭敬せられたもう

阿弥陀仏を礼拝したてまつる

^かの清浄にして妙なる安楽国におわしまして

多くの菩薩たちにかこまれたもう

【2】 ^金色の御身は浄らかで須弥山のようであり

*しゃ摩他またの行は象の歩みのごとく

^御目の浄らかなことは青蓮華のようである

それ故わたしは阿弥陀仏を頂礼したてまつる

【3】 ^浄くうるわしきかんばせは満月のごとく

けだかき光は なお千の日月のようであり

^み声は天鼓や*倶翅くしのようである

それ故わたしは阿弥陀仏を頂礼したてまつる

【4】 ^観音のいただく冠の中にとどまりたまい

種々のたえなる宝でかざられている

^よく外道や悪魔の憍慢を降伏させる

それ故わたしは阿弥陀仏を頂礼したてまつる

【5】 ^けがれなく広大清浄なることはたぐいなく

おおくの徳があきらかでいさぎよいことは虚空のようである

^すべてのものを利益されるはたらきは自在を得たもう

それ故わたしは阿弥陀仏を頂礼したてまつる

【6】 ^十方の世界の名のきこえた菩薩たちや

数知れぬ魔王もつねにほめたたえる

^衆生済度のために弥陀は願力をもってとどまりたもう

それ故わたしは阿弥陀仏を頂礼したてまつる

【7】 ^金沙を底とし宝をまじえた池に生じた蓮華は

きよき善根によって成る妙なる台座である

^その座上に須弥山のように坐したもう

それ故わたしは阿弥陀仏を頂礼したてまつる

【8】 ^十方より集まる菩薩たちは

神通をもって安楽国に到り

^尊顔を仰ぎみて常に恭敬する

それ故わたしは阿弥陀仏を頂礼したてまつる

【9】 ^「あらゆるものの常なく我の体がないことは

水にうつる月影や露・いなずまのようである」 と

^衆のために諸法の*くうなることをときたもう

それ故わたしは阿弥陀仏を頂礼したてまつる

【10】^かの仏の浄土には悪の名さえもなく

また女人・悪道の怖れもない

^すべての人は心からかの仏を敬いたてまつる

それ故わたしは阿弥陀仏を頂礼したてまつる

【11】^かの阿弥陀仏のはかりなき自利利他成就の浄土には

もろもろの迷いの境界や悪知識はない

^往生して不退に入り仏のさとりに至る

それ故わたしは阿弥陀仏を頂礼したてまつる

【12】^わたしはいま阿弥陀仏の功徳を説きたてまつる

多くの善根の無辺にましますことは海水のようである

^みずから得たこの清浄の善根を

衆生にも知らせて共にかの国に往生しよう