0649拾遺黒谷語録巻下 上漢語 中下和語

厭欣沙門了慧集録

 

 念仏往生義第一
 東大寺十問答第二
 御消息第三
 往生用心第四

五、 念仏往生義

念仏往生義 第一

念仏往生と申事は、 弥陀の本願に、 「わが名号をとなへんもの、 わがくにゝむまれずといはば、 正覚をとらじ」(大経巻上意) とちかひて、 すでに正覚をなり給へるがゆへに、 この名号をとなふるものは、 かならず往生する事をう。

このちかひをふかく信じて、 乃至一念もうたがはざるものは、 十人は十人ながらむまれ、 百人は百人0650ながらむまる。 念仏を修すといへども、 うたがふ心あるものはむまれざるなり。

世間の人のうたがひに、 種々のゆへを出だせり。 あるいはわが身罪おもければ、 たとひ念仏すとも往生すべからずとうたがひ、 あるいは念仏すとも世間のいとまにひまなければ、 往生すべからずとうたがひ、 あるいは念仏すれども心猛利ならざれば、 往生すべからずとうたがふなり。 これらは念仏の功能をしらずして、 これらのうたがひをおこせり。

罪障のおもければこそ、 罪障を滅せんがために念仏をばつとむれ、 罪障おもければ、 念仏すとも往生すべからずとはうたがふべからず。 たとへばやまひおもければ、 くすりをもちゐるがごとし。 やまひおもければとて、 くすりをもちゐずは、 そのやまひいつかいえむ。

十悪・五逆をつくれる物も、 知識のおしへによりて、 一念・十念するに往生すとゝけり。 善導は、 「一声称念するに、 すなはち多劫のつみをのぞく」(定善義) とのたまへり。 しかれば、 罪障のおもきは、 念仏すとも往生すべからずとはうたがふべからず。

又善根なければ、 この念仏を修して无上の功徳をえんとす、 余の善根おほくは、 たとひ念仏せずともたのむかたもあるべし。 しかれば善導は、 わが身をば善根薄少なりと信じて、 本願をたのみ念仏せよとすゝめ給へり。

¬経¼(大経巻上意) に 「一たび名号をとなふるに、 大0651利をうとす。 すなはち无上の功徳をう」 とゝけり。 いかにいはんや、 念々相続せんをや。 しかれば、 善根なければとて念仏往生をうたがふべからず。

又念仏すれども心の猛利ならざる事は、 末世の凡夫のなれるくせ也。 その心のうちに、 又弥陀をたのむ心のなきにしもあらず。

たとへば主君の恩をおもくする心はあれども、 宮仕する時いさゝかものうき事のあるがごとし。 物うしといへども、 恩をしる心のなきにはあらざるがごとし。

念仏にだにも猛利ならずは、 いづれの行にか猛利ならん。 いづれも猛利ならざればなれども、 一生むなしくすぎば、 そのおはりいかん。 たとひ猛利ならざるにゝたれども、 これを修せんとおもふ心のあるは、 心ざしのしるしなるべし。

このめばおのづから発心すといふ事あり、 功をつみ徳をかさぬれば時々猛利の心もいでくる也。 はじめよりその心なければとてむなしくすぎば生涯いたづらにくれなん事、 後悔さきにたつべからず。

なかんづくに善導の御義には、 散動の機をえらばざる也。 しかれば、 猛利の心なければとて往生をうたがふべからず。

又世間のいとなみひまなければこそ、 念仏の行をば修すべけれ。 そのゆへは、 「男女・貴賎、 行住坐臥をえらばず、 時処諸縁を論ぜず、 これを修するにかたしとせず。 乃至臨終にも、 その便宜をえたる事、 念仏にはしかず0652(要集巻下) といへり。

余の行は、 ま事に世間怱々の中にしては修しがたし。 念仏の行にかぎりては、 在家・出家をえらばず、 有智・无智をいはず、 称念するにたよりあり。 世間の事にさへられて、 念仏往生をとげざるべからず。

たゞし詮ずるところ、 无道心のいたすところ也。 さればとて世間をもすてざるものゆへ、 世間にはゞかりて念仏せずは、 我が身にたのむところなく、 心のうちにつのるところなし。

うけがたき人身をうけ、 あひがたき仏法にあへり。 无常念々にいたり、 老少きはめて不定なり。 やまひきたらん事かねてしらず、 生死のちかづく事たれかおぼへん。 もともいそぐべし、 はげむべし。

念仏に三心を具すといへるも、 これらのことはりをばいでず。 三心といは、 一には至誠心、 二には深心、 三には廻向発願心なり。

至誠心といは、 真実の心なり。 往生をねがひ念仏を修せんにも、 心のそこよりおもひたちて行ずるを、 至誠心といふ。 心におもはざる事を外相ばかりにあらはすを、 虚仮不実といふ也。 心のうちに又ふたゝび生死の三界に返らじとおもひ、 心のうちに浄土にむまれんとおもひて念仏すれば往生すべし。

このゆへには、 その相も見へざるが往生する事あり、 ほかにその相みゆれども往生せざるもあり。 たゞ心につらつら有為无為のありさまをおもひしりて、 この身をいとひ念0653仏を修すれば、 自然に至誠心をば具する也。

深心といは、 信心也。 わが身は罪悪生死の凡夫と信じ、 弥陀如来は本願をもて、 かならず衆生を引接し給ふと信じてうたがはず、 念仏せん物むまれずは正覚をとらじとちかひて、 すでに正覚をなり給へば、 称念のものかならず往生すと信ずれば、 自然に深心をば具する也。

廻向発願心といふは、 修するところの善根を極楽に廻向して、 かしこに生ぜんとねがふ心也。 別の義あるべからず。

三心といへるは、 名は各別なるにゝたれども、 詮ずるところは、 たゞ一向専念といへる事あり。 一すぢに弥陀をたのみ念仏を修して、 余の事をまじへざる也。

そのゆへは、 寿命の長短といひ、 果報の深浅といひ、 宿業にこたへたる事をしらずして、 いたづらに仏・神にいのらんよりも、 一すぢに弥陀をたのみてふた心なければ、 不定業をば弥陀も転じ給へり、 決定業をば来迎し給ふべし。

无益のこの世をいのらんとて大事の後世をわするゝ事は、 さらに本意にあらず。 後生のために念仏を正定の業とすれば、 これをさしをきて余の行を修すべきにあらざれば、 一向専念なれとはすゝむる也。

たゞし念仏して往生するに不足なしといひて、 悪業をもはゞからず、 行ずべき慈悲をも行ぜず、 念仏をもはげまざらん事は、 仏教のおきてに相違する也。

たとへば父母の慈悲は、 よ0654き子をも、 あしき子をもはぐゝめども、 よき子をばよろこび、 あしきをばなげくがごとし。

仏は一切衆生をあはれみて、 よきをも、 あしきをもわたし給へども、 善人を見てはよろこび、 悪人を見てはかなしみ給へる也。 よき地によき種をまかんがごとし。

かまへて善人にして、 しかも念仏をも修すべし。 これを真実に仏教にしたがふ物といふ也。

詮ずるところ、 つねに念仏して往生に心をかけて、 仏の引接を期して、 やまひにふし、 死におよぶべからんに、 おどろく心なく往生をのぞむべき也。

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏

六、 東大寺十問答

東大寺十問答 第二 俊乗房問

一 問。 釈迦一代の聖教を、 みな浄土宗におさめ候か、 又 「三部経」 にかぎり候か。

答。 八宗・九宗、 みないづれをもわが宗の中に一代をおさめて、 聖道・浄土の二門とはわかつ也。

聖道門に大小あり権実あり、 浄土門に十方あり西方あり、 西方門に難行あり正行あり、 正行に助行あり正定業あり。 かくして聖道はかたし、 浄土はやすしと釈しいるゝ也。 宗をたつるおもむきもしらぬものゝ、 「三部経」 にかぎ0655るとはいふなり。

二 問。 正雑二行ともに本願にて候か。

答。 念仏は本願也。 十方三世の仏・菩薩にすてられたるゑせ物をたすけんとて、 五劫まで思惟し、 六道の苦にゆづり、 これをたよりにてすくはんと支度し給へる本願の名号也。

ゆめゆめ雑行本願といふ物は、 仏の五智をうたがひて辺地にとゞまる也。 見仏聞法の利益にしばしばもるゝ也。 これは誑惑のものの道心もなきが、 山寺法師なんどにほめられんとて、 仏意をばかへりみ­ず½いひだせる事なり。

三 問。 三心具足の念仏者は、 決定往生歟。

答。 決定往生する也。 三心に智具の三心あり、 行具の三心あり。

智具の三心といふは、 諸宗修学の人、 本宗の智をもて信をとりがたきを、 経論の明文を出し、 解釈のおもむきを談じて、 念仏の信をとらしめんとてとき給へる也。

行具の三心といふは、 一向に帰すれば至誠心也、 疑心なきは深心也、 往生せんとおもふは回向心也。 かるがゆへに一向念仏して、 うたがふおもひなく往生せんとおもふは行具の三心也。 五念・四修も一向に信ずる物には自然に具する也。

四 念仏は、 かならず念珠をもたずとも、 くるしかるまじく候か。

答。 かなら0656ず念珠をもつべき也。 世間のうたをうたひ舞をまふそら、 その拍子にしたがふ也。 念珠をはかせにて、 舌と手をうごかす也。

たゞし无明を断ぜざらんものは妄念おこるべし。 世間の客と主とのごとし。 念珠を手にとる時は、 妄念のかずをとらんとは約束せず、 念仏のかずとらんとて、 念仏のあるじをすゑつるうゑは、 念仏は主、 妄念は客人也。

さればとて心の妄念をゆるされたるは、 過分の恩也。 それにあまさへ、 口に様々の雑言をして、 念珠をくりこしなんどする事、 ゆゝしきひが事なり。

五 問。 この大仏かくあふぎまいらせて候は、 この大仏の御はからひにて、 浄土にもおくりつけさせ給ふべく候か。

答。 この事沙汰のほかの事也。

三宝をたつるに三あり。 一に一体三宝といふは、 法身の理のうゑに三宝の名をたつる也。 万法みな法身より出生するがゆへ也。 二に別相三宝といふは、 十方の諸仏は仏宝也、 その智慧および所説の経教は法宝也、 三乗の弟子は僧宝也。

もし大仏むかへ給はゞ、 三宝の次第もみだるべし。 そのゆへは、 画像・木像は住持の仏宝也、 かきつけたる経巻は法宝也、 画像・木像の三乗は僧宝也。 住持と別相と、 もとも分別せらるべし。

なかんづくに、 本尊は娑婆にとゞまりて、 行者は西方にさらん事、 存0657のほかの事也。 たゞし浄土の仏のゆかしさに、 そのかたちをつくりて真仏の恩をなすは、 功徳をうる事也。

六 問。 有智の人のよのつねならんと、 无智の人のほかに道心ありとみへ候はんと、 いづれにてか候べき。

答。 小智のものゝ道心なからんは、 无智の人の道心あらんには、 千重・万重のおとり也。

かるがゆへに、 无智の人の念仏は、 本願なれば往生すべし。 小智のものゝ道心なからんは、 あるいは不浄説法、 あるいは虚説人師にあり、 決定地獄におつべし。

たゞし无智の人の道心は、 ひが事をま事とおもひて、 おそるまじき事を­ば½おそれ、 おそるべき事をばおそれぬ也。

大智の人の道心なからんは、 道をしりてやすくゆく人也。 盲目の人を明眼の人にたとへん事、 あさましき事也。

道心おなじ事ならば、 小智のものはなを无智の人に万億倍すぐべき也。 无智の人の道心は、 わびてがらの事也。

七 問。 念仏申人は、 かならず摂取の益にあづかり候か。

答。 しかなり。

八 問。 摂取の光明は、 一度てらしては、 いつも不退なると申人の候は、 一定にて候か。

答。 この事おほきなるひが事也。 念仏のゆへにこそてらすひかりの、 念仏退転してのちは、 なにものをたよりにてゝらすべきぞ。 さやうにあるならば、 念0658仏一遍申さぬものやはある。 されども往生するものはすくなく、 せざるものはおほき事、 現証たれかうたがはん。

九 問。 本願には 「十念」(大経巻上) 、 成就には 「一念」(大経巻下) と候は、 平生にて候か、 臨終にて候か。

答。 去年申候き。 聖道にはさやうに一行を平生にしつれば、 罪即時に滅して、 のちに又相続せざれども成仏すといふ事あり。 それはなを縁をむすばしめんとて、 仏の方便としてとき給へる事也、 順次の義にはあらず。 華厳・禅門・真言・止観なんどの至極甚深の法門こそ、 さる事はあれ。

これは衆生もとより懈怠のものなれば、 疑惑のもの一度申をきてのち申さずとも、 往生するおもひに住して、 数遍を退転せん事は、 くちおしかるべし。 十念は上尽一形に対する時の事也。 おそく念仏にあひたらん人はいのちづゞまりて、 百念にもおよばぬ十念、 十念にもおよばぬ一念也。

この源空がころもをやきすてゝこそ、 麻のゆかりを滅したるにてはあらめ。 これがあらんかぎりは、 麻の滅したるにてはなき事也。 過去无始よりこのかた、 罪業をもて成ぜず身ももとのごとし、 心ももとの心ならば、 なにをか業成し、 罪滅するしるしとすべき。

罪滅する物は无生をう、 无生をうる物は金色のはだへとなる。 弥陀の願に 「金色となさん」(大経巻上意) とちかはせ給へども、 念0659仏申人、 たれか臨終以前に金色となる。 たゞものさかしからで、 「一発心已後无有退転」(散善義意) の釈をあふひで、 臨終をまつべき也。

十 問。 臨終来迎は、 報仏にておはしまし候か。

答。 念仏往生の人は、 報仏の迎にあづかる。 雑行の人々の往生するは、 かならず化仏の来迎にて候也。 念仏もあるいは余行をまじへ、 あるいは疑心をいさゝかじふる物は、 化仏の来迎を見て、 仏をかくしたてまつるもの也。

建久二年三月十三日東大寺聖人奉問空上人御答也

七、 御消息

御消息 第三

七、 御消息 一

御文こまかにうけ給はり候ぬ。 かやうに申候事の、 一分の御さとりをもそへ、 往生の御心ざしもつよくなり候ひぬべからんには、 おそれをも、 はゞかりをも、 かへりみるべきにて候はず、 いくたびも申たくこそ候へ。

ま事にわが身のいやしく、 わが心のつたなきをばかへりみ候はず、 たれたれもみな人の、 弥陀のちかひをたのみて、 決定往生のみちに、 おもむけかしとこそおもひ候へども、 人の心さまざまにして、 たゞ一すぢにゆめまぼろしのうき世ばかりのたのしみ・さかへをもとめ0660て、 すべてのちの世をもしらぬ人も候。

又後世をおそるべきことはりをおもひしりて、 つとめおこなふ人につきても、 かれこれに心をうごかして、 一すぢに一行をたのまぬ人も候。 又いづれの行にても、 もとよりしはじめ、 おもひそめつる事をば、 いかなることはりきけども、 もとの執心をあらためぬ人も候。 又けふはいみじく信をおこして、 一す­ぢに½おもむきぬとみゆる程に、 うちすつる人も候。

かくのみ候て、 ま事しく浄土の一門にいりて、 念仏の一行をもはらにする人のありがたく候事は、 わが身ひとつのなげきとこそは人しれずおもひ候へども、 法によりて人によらぬことはりをうしなはぬ程の人も、 ありがたき世にて候。

おのずからすゝめ心み候にも、 われからのあなづらはしさに、 申いづることはりすてらるゝにこそなんど、 おもひしらるゝ事にてのみ候が、 心うくかなしく候て、 これゆへはいまひときは、 とくとく浄土にむまれてさとりをひらきてのち、 いそぎこの世界に返りきたりて、 神通方便をもて、 結縁の人をも无縁のものをも、 ほむるをもそしるをも、 みなことごとく浄土へむかへとらんとちかひをおこしてのみこそ、 当時の心をもなぐさむる事にて候に、 このおほせこそ、 わが心ざしもしるしある心ちして、 あまりにうれしく候へ。

その義にて候はゞ、 おなじくは、 まめやか0661にげにげにしく御沙汰候ひて、 ゆくすゑもあやうからず、 往生もたのもしき程に、 おぼしめしさだめおはしますべく候。 詮じては、 人のはからひ申すべき事にても候はず、 よくよく案じて御らん候へ。 この事にすぎたる御大事、 何事かは候べき。

この世の名聞・利養は、 中々に申ならぶるも、 いまいましく候。 やがて昨日・今日、 まなこにさへぎり、 みゝにみちたるはかなさにて候めれば、 事あたらしく申たつるにおよばず、 たゞ返々も御心をしづめて、 おぼしめしはからふべく候。

さきには聖道・浄土の二門を心えわきて、 浄土の一門にいらせおはしますべきよしを申候き。 いまは浄土門につきておこなふべき様を申候べし。

浄土に往生せんとおもはん人は、 安心・起行と申て、 心と行との相応すべき也。

その心といふは、 ¬観无量寿経¼ に釈していはく、 「もし衆生ありて、 かのくにゝむまれんとねがはんものは、 三種の心をおこしてすなはち往生すべし。 なにをか三つとする。 一には至誠心、 二には深心、 三には廻向発願心也。 三心を具せるもの、 かならずかのくにゝむまる」 といへり。

善導和尚この三心を釈していはく、 「一に至誠心といは、 至といは真也、 誠といは実也。 一切衆生の身口意業に修せんところの解行、 かならず真実心の中になすべき事をあらはさんとおもふ。 ほかに0662は賢善精進の相を現じて、 うちには虚仮をなす事なかれ。 内外明闇をえらばず、 かならず真実をもちゐよ。 かるがゆへに至誠心となづく」(散善義意) といへり。

この釈の心は、 至誠心といふは真実の心也。 その真実といふは、 身にふるまひ、 口にいひ、 心におもはん事、 みなま事の心を具すべき也。

すなはちうちはむなしくして、 ほかをかざる心のなきをいふ。 この心は、 うき世をそむきてま事のみちにおもむくとおぼしき人々の中に、 よくよく用意すべき心ばへにて候也。

われも人も、 いふばかりなきゆめの世を執する心のふかゝりしなごりにて、 ほどほどにつけて名聞・利養をわづかにふりすてたるばかりを、 ありがたくいみじき事にして、 やがてそれを、 返りて又名聞にしなして、 この世さまにも心のたけのうるせきにとりなして、 さとりあさき世間の人の心の中をばしらず、 貴がりいみじかるを、 これこそは本意なれ、 しえたる心ちして、 みやこのほとりをかきはなれて、 かすかなるすみかをたづぬるまでも、 心のしづまらんためをばつぎにして、 本尊・道場の荘厳や、 まがきのうちには、 木立なんどの心ぼそくも、 あはれならんことがらを、 人にみへきかれん事をのみ執する程につゆの事も、 人のそしりにならん事あらじと、 いとなむ心よりほかにおもひさす事もなきやうなる心ちして、 仏のちかひ0663をたのみ、 往生をねがはんなんどいふ事をばおもひいれず、 沙汰もせぬ事の、 やがて至誠心かけて往生もえせぬ心ばへにて候也。

又かく申候へば、 一づにこの世の人目をばいかにもありなんとて、 人のそしりをかへりみぬがよきぞと申べきにては候はず。 たゞし時にのぞみたる譏嫌のために、 世間の人目をかへりみる事は候とも、 それをのみおもひいれて、 往生のさわりになるか­た½をばかへりみぬ様にひきなされ候はん事の、 返々もおろかにくちおしく候へば、 御身にあたりても、 御心えさせまいらせ候はんために申候。

この心につきて、 四句の不同あるべし。 一には、 外相は貴げにて、 内心は貴からぬ人あり。 二には、 外相も内心もともに貴からぬ人あり。 三には、 外相は貴げもなくて、 内心貴き人あり。 四には、 外相も内心もともに貴き人あり。

四人が中には、 さきの二人はいまきらふところの至誠心かけたる人也、 これを虚仮の人となづくべし。 のちの二人は至誠心具したる人也、 これを真実の行者となづくべし。

されば詮ずるところは、 たゞ内心にま事の心をおこして、 外相はよくもあれあしくもあれ、 とてもかくてもあるべきにやとおぼへ候也。 おほかたこの世をいとはん事も、 極楽をねがはん事も、 人目ばかりをおもはで、 まことの心をおこすべきにて候也。 これを至誠心と申候也0664

「二に深心」 といふは、 善導釈し給ひていはく、 「これに二種あり。 一には決定して、 わが身はこれ煩悩を具せる罪悪生死の凡夫也、 善根うすくすくなくして、 曠劫よりこのかた、 つねに三界に流転して、 出離の縁なしと信ずべし。

二には、 かの阿弥陀仏、 四十八願をもて衆生を摂取し給ふ。 すなはち名号を称する事、 下十声・一声にいたるまで、 かの願力に乗じて、 さだめて往生する事をうと信じて、 乃至一念もうたがふ心なきゆ­へ½に深心となづく。

又深心といふは、 決定して心をたてゝ、 仏教にしたがひて修行して、 ながくうたがひをのぞき、 一切の別解・別行・異学・異見・異執のために、 退失傾動せられざる也」(散善義意) といへり。

この釈の心は、 はじめにはわが身の程を信じ、 のちにはほとけの願を信ずる也。 たゞし、 のちの信を決定せんがために、 はじめの信心をばあぐる也。

そのゆへは、 もしはじめの信心をあげずして、 のちの信心を出したらましかば、 もろもろの往生をねがはん人、 たとひ本願の名号をばとなふとも、 みづから心に貪欲・瞋恚等の煩悩をもおこし、 身に十悪・破戒等の罪悪をもつくりたる事あらば、 みだりに自ら身をひがめて、 返て本願をうたがひ候ひなまし。

いまこの本願に十声・一声まで0665に往生すといふは、 おぼろげの人にはあらじ。 妄念もおこらず、 罪もつくらず、 めでたき人にてぞあるらん。 わがごときのともがらの、 一念・十念にてはよもあらじとおぼへまし。

しかるを善導和尚、 未来の衆生の、 このうたがひをのこさん事をかゞみて、 この二種の信心をあげて、 われらごとき、 いまだ煩悩をも断ぜず、 罪をもつくれる凡夫なりとも、 ふかく弥陀の本願を信じて念仏すれば、 一声にいたるまで決定して往生するむねを釈し給へり。

この釈のことに心にそみて、 いみじくおぼへ候也。 ま事にかくだにも釈し給はざらましかば、 われらが往生は不定にぞおぼへましと、 あやしくおぼへ候て、 さればこの義を心えわかぬ人やらん、 わが心のわろければ往生はかなはじなんどこそは、 申あひて候めれ。

そのうたがひの、 やがて往生せぬ心にて候けるものを、 たゞ心のよく・わろきをも返りみず、 罪のかろき・おもきをも沙汰せず、 心に往生せんとおもひて、 口に南無阿弥陀仏ととなへば、 声につきて決定往生のおもひをなすべし。

その決定の心によりて、 すなはち往生の業はさだまる也。 かく心うればうたがひもなし。 不定とおもへばやがて不定也、 一定とおもへば一定する事にて候也。

されば詮じては、 ふかく信ずる心と申候は、 南無阿弥陀仏と申せば、 その仏のちかひにて、 いかなると0666がをもきらはず、 一定むかへ給ふぞと、 ふかくたのみて、 うたがふ心のすこしもなきを申候けるに候。

又別解・別行にやぶられざれと申候は、 さとりことに、 行ことならん人のいはん事について、 念仏をもすて、 往生をもうたがふ事なかれと申候也。

さとりことなる人と申は、 天臺・法相等の八宗の学生これ也。 行ことなる人と申すは、 真言・止観等の一切の行者これ也。 これらはみな僧同門の解行也。 浄土門の解行にことなるがゆへに、 別解・別行となづくる也。

あらぬさとりの人に、 いひやぶらるまじき事はりをば、 善導こまやかに釈し給ひて候へども、 その文ひろくして、 つぶさにひくにおよばず。

心をとりて申さば、 たとひ仏きたりてひかりをはなち、 したをいだして、 煩悩罪悪の凡夫の念仏して一定往生すといふ事は、 ひが事ぞ信ずべからずとの給とも、 それによりて一念もうたがふ心あるべからず。

そのゆへは、 一切の仏はみなおなじ心に衆生をばみちびき給ふ也。 すなはちまづ阿弥陀如来、 願をおこしていはく、 「もしわれ仏になりたらんに、 十方の衆生、 わがくにゝむまれんとねがひて、 名号をとなふる事、 下十声・一声にいたらんに、 わが願力に乗じて、 もしむまれずんば、 正覚をとらじ」(大経巻上意) とちかひ給ひて、 その願成就してすでに仏になり給へり。

しかるを釈迦ほとけ、 この世界0667にいでゝ、 衆生のためにかの仏の本願をとき給へり。

又六方におのおの恒河沙数の諸仏ましまして、 口々に舌をのべて三千世界におほふて、 无虚妄の相を現じて、 釈迦仏の弥陀の本願をほめて、 一切衆生をすゝめて、 かの仏の名号をとなふれば、 さだめて往生すととき給へるは、 決定してうたがひなき事也。 一切衆生みなこの事を信ずべしと証誠し給へり。

かくのごとき一切の諸仏、 一仏ものこらず同心に、 一切凡夫念仏して決定して往生すべきむねを、 あるいは願をたて、 あるいはその願をとき、 あるいはその説を証して、 すゝめ給へるうゑには、 いかなる仏の又きたりて、 往生すべからずとはの給べきぞといふことはりの候ぞかし。

このゆへに、 仏きたりての給ともおどろくべからずとは申候也。 仏なをしかり、 いはんや声聞・縁覚をや、 いかにいはんや凡夫をやと心えつれば、 一とたびもこの念仏往生の法門をきゝひらきて、 信をおこしてんのちは、 いかなる人とかく申とも、 ながくうたがふ心あるべからずとこそおぼへ候へ。 これを深心と申候也。

「三に廻向発願心」 といふは、 善導釈していはく、 「過去及今生の身口意業に修するところの世出世の善根、 および他の一切の凡聖の身口意業に修せんところの世出世の善根を随喜して、 この自他所修の善根をもて、 ことごとくみな真実深信の心0668の中に廻向して、 かのくにゝむまれんとねがふ也。

又廻向発願心といふは、 かならず決定真実の心の中に廻向してむまるゝ事をうるおもひをなせ。 この心ふかく信じて、 なをし金剛のごとくして、 一切の異見・異学・別解・別行の人のために動乱破壊せられざれ」(散善義意) といへり。

この釈の心は、 まづわが身につきて、 さきの世およびこの世に、 身にも口にも心にもつくりたらん功徳、 っみなことごとく極楽に廻向して往生をねがふ也。

つぎにはわが身の功徳のみならず、 こと人のなしたらん功徳をも、 仏・菩薩のつくらせ給ひたらん功徳をも随喜すれば、 みなわが功徳となるをもて、 ことごとく極楽に廻向して往生をねがふ也。

すべてわが身の事にても、 人の事にても、 この世の果報をもいのり、 おなじくのちの世の事なれども、 極楽ならぬ余の浄土にむまれんとも、 もしは都率にむまれんとも、 もしは人中天上にむまれんとも、 たとひかくのごとく、 かれにてもこれにても、 こと事に廻向する事なくして、 一向に極楽に往生せんと廻向すべき也。

もしこの事はりをもおもひさだめざらんさきに、 この世の事をもいのり、 あらぬかたへも廻向したらん功徳をもみなとり返して、 往生の業になさんと廻向すべき也。

一切の善根をみな極楽に廻向すべしと申せばとて、 念仏に帰して一向に念仏申さん人の、 こ0669とさらに余の功徳をつくりあつめて廻向せよとには候はず。 たゞすぎぬるかたにつくりおきたらん功徳をも、 もし又このゝちなりとも、 おのづから便宜にしたがひて、 念仏のほかの善を修する事のあらんをも、 しかしながら往生の業に廻向すべしと申す事にて候也。

「この心金剛のごとくにして、 別解・別行にやぶられざれ」 と申候は、 さきにも申候つる様に、 ことさとりの人におしへられて、 かれこれに廻向する事なかれと申候心也。 金剛はやぶれぬものにて候なれば、 たとへにとりて、 この心やぶられぬ事も金剛のごとくなれと申候にやとおぼへ候。 これを廻向発願心とは申候也。

三心のありさま、 おろおろ申ひらき候ぬ。 「この三心を具してかならず往生す。 一の心もかけぬれば、 むまるゝ事をえず」(礼讃) と善導は釈し給ひたれば、 往生をねがはん人は最もこの三心を具すべき也。

しかるにかやうに申したるには、 別々にて事々しきやうなれども、 心えとくには、 さすがにやすく具しぬべき心にて候也。

詮じては、 たゞま事の心ありて、 ふかく仏のちかひをたのみて、 往生をねがはんずるにて候ぞかし。 さればあさくふかくのかはりめこそ候へども、 さほどの心はなにかおこさゞらんとこそはおぼへ候へ。

かやうの事は、 うとくおもふおりに0670は、 大事におぼへ候。 とりよりて沙汰すれば、 さすがにやすき事にて候也。 よくよく心えとかせおはしますべく候。

たゞしこの三心­は、½ その名をだにもしらぬ人もそらに具して往生し、 又こまかにならひ沙汰する人も返りて闕る事も候也。

これにつきても四句の不同候べし。 さは候へども、 又これを心えて、 わが心には三心具したりとおぼへば、 心づよくもおぼへ、 又具せずとおぼへば、 心をもはげまして、 かまへて具せんとおもひしり候はんは、 よくこそは候ひぬべければ、 心のおよぶ程は申候に候。

このうゑ、 さのみはつくしがたく候へば、 とゞめ候ぬ。 又この中におぼつかなくおぼしめす事候はんをば、 おのづから見参にいり候はん時、 申ひらくべく候。 これぞ往生すべき心ばへの沙汰にて候。 これを安心とはなづけて候也。

わたくしにいはく、 浄土門に入べき御消息ありけりと見えたり。 いまだたづねえず。

七、 御消息 二

ある人のもとへつかはす御消息

念仏往生は、 いかにもしてさはりを出し、 難ぜんとすれども、 往生すまじき道理は0671おほかた候はぬ也。

善根すくなしといはんとすれば、 一念・十念もるゝ事なし。 罪障おもしといはんとすれば、 十悪・五逆も往生をとぐ。 人をきらはんといはんとすれば、 常没流転の凡夫をまさしきうつは物とせり。 時くだれるといはんとすれば、 末法万年のすゑ、 法滅已後さかりなるべし。

この法はいかにきらはんとすれども、 もるゝ事なし。 たゞちからおよばざる事は、 悪人をも時をもえらばず、 摂取し給ふ仏なりとふかくたのみて、 わが身をかへりみず、 ひとすぢに仏の大願業力によりて、 善悪の凡夫往生をうと信ぜずして本願をうたがふばかりこそ、 往生にはおほきなるさはりにて候へ。

一 いかさまにも候へ、 末代の衆生は今生のいのりにもなり、 まして後生の往生は念仏のほかにはかなふまじく候。 源空がわたくしに申す事にてはあらず、 聖教のおもてにかゞみをかけたる事にて候へば、 御らんあるべく候也。

七、 御消息 三

熊谷の入道へつかはす御返事

御文よろこびてうけ給はり候ぬ。 まことにそのゝちおぼつかなく候つるに、 うれしくおほせられて候。 たんねんぶつの文かきてまいらせ候、 御らん候べし。

念仏の0672行は、 かの仏の本願の行にて候。 持戒・誦経・誦呪・理観等の行は、 かの仏の本願にあらぬおこなひにて候へば、 極楽をねがはん人は、 まづかならず本願の念仏の行をつとめてのうゑに、 もしことおこなひをも念仏にしくわへ候はんとおもひ候はゞ、 さもつかまつり候。

又たゞ本願の念仏ばかりにても候べし。 念仏をつかまつり候はで、 たゞことおこなひばかりをして極楽をねがひ候人は、 極楽へもえむまれ候はぬ事にて候よし、 善導和尚のおほせられて候へば、 但念仏が決定往生の業にては候也。 善導和尚は阿弥陀の化身にておはしまし候へば、 それこそは一定にて候へと申候に候。

又女犯と候は不婬戒の事にこそ候なれ。 又御きうだちどものかんだうと候は、 不瞋戒のことにこそ候なれ。 されば持戒の行は、 仏の本願にあらぬ行なれば、 たへらんにしたがひて、 たもたせ給べく候。 けうやうの行も仏の本願にあらず、 たへんにしたがひて、 つとめさせおはしますべく候。 又あかゞねの阿字の事も、 おなじことに候。

又さくぢやうの事も、 仏の本願にあらぬととめにて候。 とてもかくても候なん。 又かうせうのまんだらは、 たいせちにおはしまし候。 それもつぎの事に候。 たゞ念仏を三万、 もしは五万、 もしは六万、 一心に申させおはしまし候はんぞ、 決定往生のおこなひにては候。 こと善根は0673、 念仏のいとまあらばの事に候。

六万遍をだに申させ給はゞ、 そのほかにはなに事をかはせさせおはしますべき。 まめやかに一心に、 三万・五万、 念仏をつとめさせ給はゞ、 せうせう戒行やぶれさせおはしまし候とも、 往生はそれにはより候まじきことに候。

たゞしこのなかにけうやうの行は、 仏の本願の行にては候はねども、 八十九にておはしまし候なり。 あひかまへてことしなんどをば、 まちまいらせさせおはしませかしとおぼへ候。 あなかしこ、 あなかしこ。

 五月二日  源空 御自筆也

七、 御消息 四

ある時の御返事

およそこの条こそ、 とかく申におよび候はず、 めでたく候へ。 往生をせさせ給ひたらんには、 すぐれておぼへ候。 死期しりて往生する人々は、 入道どのにかぎらずおほく候。

かやうに耳目おどろかす事は、 末代にはよも候はじ。 むかしも道綽禅師ばかりこそおはしまし候へ、 返々申ばかりなく候。

たゞしなに事につけても、 仏道には魔事と申す事の、 ゆゝしき大事にて候なり。 よくよく御用心候べきなり。 かやうに不思議をしめすにつけても、 たよりをうかゞふ事も候ひぬべきなり。 め0674でたく候にしたがひて、 いたはしくおぼえさせ候て、 かやうに申候なり。 よくよく御つゝしみ候て、 ほとけにもいのりまいらせさせ給ふべく候。

いつか御のぼり候べき、 かまえてかまえて、 のぼらせおはしませかし。 京の人々おほやうは、 みな信じて念仏をもいますこしいさみあひて候。 これにつけても、 いよいよすゝませ給ふべく候。 あしざまにおぼしめすべからず候。 なをなをめでたく候。 あなかしこ、 あなかしこ。

四月三日     源空

 熊谷入道殿へ

わたくしにいはく、 これは熊谷入道念仏して、 やうやうの現瑞を感じたりけるを、 上人へ申あげたりける時の御返事なり。

八、 往生用心

往生浄土用心 第四

八、 往生用心 一

一 毎日御所作六万遍、 めでたく候。 うたがいの心だにも候はねば、 十念・一念も往生はし候へども、 おほく申候へば、 上品にむまれ候。 釈にも 「上品花台見慈主、 到着皆因念仏多」(五会法事讃巻本) と候へば。

0675八、 往生用心 二

一 宿善によりて往生すべしと人の申候らん、 ひが事にては候はず。 かりそめのこの世の果報だにも、 さきの世の罪・功徳によりて、 よくもあしくもむまるゝ事にて候へば、 まして往生程の大事、 かならず宿善によるべしと聖教にも候やらん。

たゞし念仏往生は、 宿善のなきにもより候はぬやらん。 父母をころし、 仏心よりちをあやしたるほどの罪人も、 臨終に十念申て往生すと、 ¬観経¼ にも見えて候。

しかるに宿善あつき善人は、 おしへ候はねども、 悪におそれ仏道に心すゝむ事にて候へば、 五逆なんどは、 いかにもいかにもつくるまじき事にて候也。 それに五逆の罪人、 念仏十念にて往生をとげ候時に、 宿善のなきにもより候まじく候。

されば ¬経¼(観経意) に 「若人造多罪、 得聞六字名、 火車自然去、 花台即来迎。 極重悪人无他方便、 唯称念仏得生極楽。 若有重業障无生浄土因、 乗弥陀願力、 必生安楽国」。

この文の心、 もし五逆をつくれりとも、 弥陀の六字の名をきかば、 火の車自然にさりて、 蓮台きたりてむかふべし。 又きはめておもき罪人の他の方便なからんも、 弥陀をとなへたてまつらば極楽にむまるべし。 又もしおもきさはりありて浄土にむまるべき因なくとも、 弥陀の願力にのりなば、 安楽国にむまるべしと候へば、 たのもしく候。

又善導の釈には、 「曠劫よりこのかた六道に輪廻して、 出0676離の縁なからん常没の衆生をむかへんがために、 阿弥陀ほとけは仏になり給へり」(散善義意) と候。

その 「常没の衆生」 と申候は、 恒河のそこにしづみたるいき物の、 身おほきにながくして、 その河にはゞかりて、 えはたらかず、 つねにしづみたるに、 悪世の凡夫をばたとへられて候。

又凡夫と申二の文字をば、 「狂酔のごとし」(秘蔵宝鑰巻上意) と弘法大師釈し給へり。 げにも凡夫の心は、 物ぐるひ、 さけにゑいたるがごとくして、 善悪につけて、 おもひさだめたる事なし。 一時に煩悩百たびまじはりて、 善悪みだれやすければ、 いづれの行なりとも、 わがちからにては行じがたし。

しかるに生死をはなれ、 仏道にいるには、 菩提心をおこし、 煩悩をつくして、 三祇百劫、 難行苦行してこそ、 仏にはなるべきにて候に、 五濁の凡夫、 わがちからにては願行そなはる事かなひがたくて、 六道四生にめぐり候也。

弥陀如来、 この事をかなしみおぼして、 法蔵菩薩と申しゝいにしへ、 我等が行じがたき僧祗の苦行を、 兆載永劫があひだ功をつみ徳をかさねて、 阿弥陀ほとけになり給へり。

一仏にそなへ給へる四智・三身・十力・无畏等の一切の内証の功徳、 相好・光明・説法・利生等の外用の功徳、 さまざまなるを三字の名字のなかにおさめいれて、 「この名号を十声・一声までもとなへん物を、 かならずむかへん。 もしむかへ0677ずは、 われ仏にならじとちかひ給へるに、 かの仏いま現に世にましまして、 仏になり給へり。 名号をとなへん衆生往生うたがふべからず」(礼讃意) と、 善導もおほせされて候也。

この様をふかく信じて、 念仏おこたらず申て、 往生うたがはぬ人を、 他力信じたるとは申候也。

世間の事も他力は候ぞかし、 あしなえ、 こしゐたる物のゝ、 とをきみちをあゆまんとおもはんに、 かなはねば船・車にのりてやすくゆく事、 これわがちかららにあらず、 乗物のちからなれば他力也。

あさましき悪世の凡夫の諂曲の心にて、 かまへつくりたるのり物にだに、 かゝる他力あり。 まして五劫のあひだおぼしめしさだめたる本願他力のふね・いかだに乗なば、 生死の海をわたらん事、 うたがひおぼしめすべからず。

しかのみならず、 やまひをいやす草木、 くろがねをとる磁石、 不思議の用力也。 又麝香はかうばしき用あり、 さいの角はみづをよせぬちからあり。 これみな心なき草木、 ちかひをおこさぬけだ物なれども、 もとより不思議の用力はかくのみこそ候へ。 まして仏法不思議の用力ましまさゞらんや。

されば、 念仏は一声に八十億劫のつみを滅する用あり、 弥陀は悪業深重の物を来迎し給ふちからましますと、 おぼしめしとりて、 宿善のありなしも沙汰せず、 つみのふかきあさきも返りみず、 たゞ名号となふるものゝ、 往0678生するぞと信じおぼしめすべく候。

すべて破戒も持戒も、 貧窮も福人も、 上下の人をきらはず、 たゞわが名号をだに念ぜば、 いし・かわらを変じて金となさんがごとし、 来迎せんと御約束候也。

法照禅師の五会法事讃にも、

「彼仏因中立弘誓聞名念我総来迎
不簡貧窮将富貴不簡下智与高才
不簡多聞持浄戒不簡破戒罪根深
但使廻心多念仏能令瓦礫変成金」

たゞ御ずゞをくらせおはしまして、 御舌をだにもはたらかされず候はんは、 けだいにて候べし。

たゞし善導の、 三縁の中の親縁を釈し給ふに、 「衆生ほとけを礼すれば、 仏これを見給ふ。 衆生仏をとなふれば、 仏これをきゝ給ふ。 衆生仏を念ずれば、 仏も衆生を念じ給ふ。 かるがゆへに阿弥陀仏の三業と行者の三業と、 かれこれひとつになりて、 仏も衆生もおや子のごとくなるゆへに、 親縁となづく」(定善義意) と候めれば、 御手にずゞをもたせ給て候はゞ、 仏これを御らん候べし。 御心に念仏申すぞかしとおぼしめし候はゞ、 仏も衆生を念じ給ふべし。 されば仏にみえまいらせ、 念ぜられまいらする御身にてわたらせ給はんずる也。

さは候へども0679、 つねに御したのはたらくべきにて候也。 三業相応のためにて候べし。 三業とは身と口と意とを申候也。 しかも仏の本願の称名なるがゆへに、 声を本体とはおぼしめすべきにて候。

さてわがみゝにきこゆる程申候は、 高声の念仏のうちにて候なり。 高声は大仏をおがみ、 念ずるは仏のかずへもなど申げに候。 いづれも往生の業にて候べく候。

八、 往生用心 三

一 御无言めでたく候。 たゞし无言ならで申す念仏は、 功徳すくなしとおぼしめされんはあしく候。

念仏をば金にたとへたる事にて候。 金は火にやくにもいろまさり、 みづにいるゝにも損せず候。 かやうに念仏は妄念のおこる時申候へどもけがれず、 物を申しまずるにもまぎれ候はず。

そのよしを御心えながら、 御念仏の程はこと事まぜずして、 いますこし念仏のかずをそえんとおぼしめさんは、 さんて候。

もしおぼしめしわすれて、 ふと物なんどおほせ候て、 あなあさまし、 いまはこの念仏むなしくなりぬとおぼしめす御事は、 ゆめゆめ候まじく候。 いかやうにて申候とも、 往生の業にて候べく候。

八、 往生用心 四

一 百万遍の事、 仏の願にては候はねども、 ¬小阿弥陀経¼(意) に 「若一日、 若二日、 乃至七日、 念仏申人、 極楽に生ずる」 とはかゝれて候へば、 七日念仏申べきにて候0680

その七日の程のかずは、 百万遍にあたり候よし、 人師釈して候時に、 百万遍は七日申べきにて候へども、 たへ候はざらん人は、 八日・九日なんどにも申され候へかし。

さればとて、 百万遍中さゞらん人のむまるまじきにては候はず、 一念・十念にてもむまれ候也。 一念・十念にてもむまれ候ほどの念仏とおもひ候うれしさに、 百万遍の功徳をかさぬるにて候也。

八、 往生用心 五

一 七分全得の事、 仰のまゝに申げに候。 さてこそ逆修はする事にて候へ。

さ候へば、 のちの世をとぶらひぬべき人候はん人も、 それをたのまずして、 われとはげみて念仏申して、 いそぎ極楽へまいりて、 五通三明をさとりて、 六道四生の衆生を利益し、 父母師長の生所をたづねて、 心のまゝにむかへとらんとおもふべきにて候也。 又当時日ごとの御念仏をも、 かつがつ廻向しまいらせられ候べし。

なき人のために念仏を廻向し候へば、 阿弥陀ほとけひかりをはなちて、 地獄・餓鬼・畜生をてらし給ひ候へば、 この三悪道にしづみて苦をうくる物、 そのくるしみやすまりて、 いのちおはりてのち、 解脱すべきにて候。

大経 (巻上) にいはく、 「若在三塗勤苦之処、 見此光明、 皆得休息无復苦悩。 寿終之後、 皆蒙解脱」。

八、 往生用心 六

一 本願のうたがはしき事もなし、 極楽のねがはしからぬにてはなけれども、 往生0681一定とおもひやられて、 とくまいりたき心のあさゆふは、 しみじみともおぼえずとおほせ候事、 ま事によからぬ御事にて候。

浄土の法門をきけどもきかざるがごとくなるは、 このたび三悪道よりいでゝ、 つみいまだつきざるもの也。 又経にもとかれて候。 又この世をいとふ御心、 うすくわたらせ給ふにて候。

そのゆへは、 西国へくだらんともおもはぬ人に、 船をとらせて候はんに、 ふねのみづにうかぶ事なしとはうたがひ候はねども、 当時さしているまじければ、 いたくうれしくも候まじきぞかし。

さて­か½たきの城なんどにこれられて候はんが、 からくしてにげてまかり候はんみちに、 おほきなる河海なんどの候て、 わたるべきやうもなからんおり、 おやのもとよりふねをまうけてむかへにたびたらんは、 さしあたりていかばかりかうれしく候べき。

これがやうに、 貪瞋煩悩のかたきにしばられて、 三界の樊篭にこめられたるわれらを、 弥陀悲母の御心ざしふかくして、 名号の利剣をもちて生死のきづなをきり、 本願の要船を苦海のなみにうかべて、 かのきしにつけ給ふべしとおもひ候はんうれしさは、 歓喜のなみだたもとをしぼり、 渇仰のおもひきもにそむべきにて候。

せめては身の毛いよだつほどにおもふべきにて候を、 のさにおぼしめし候はんは、 ほいなく候へども、 それもことはりにて候。 つ0682みつくる事こそおしへ候はねども、 心にもそみておぼえ候へ。

そのゆへは、 无始よりこのかた六趣にめぐりし時も、 かたちはかはれども心はかはらずして、 いろいろさまざまにつくりならひて候へば、 いまもうゐうゐしからず、 やすくはつくられ候へ。

念仏申て往生せばやとおもふ事は、 このたびはじめてわづかにきゝえたる事にて候へば、 きとは信ぜられ候はぬ也。 そのうゑ、 人の心は頓機・漸機とて二しなに候也。 頓機はきゝてやがてさとる心にて候。漸機はやうやうさとる心にて候也。 id="l682-7"物まうでなんどをし候に、 あしはやき人は一時にまいりつくところへ、 あしおそき物は日ぐらしにもかなはぬ様には候へども、 まいり心だにも候へば、 つゐにはとげ候やうに、 ねがふ御心だにわたらせ給ひ候はゞ、 とし月をかさねても御信心もふかくならせおはしますべきにて候。

八、 往生用心 七

一 日ごろ念仏申せども、 臨終に善知識にあはずは往生しがたし。 又やまひ大事にして心みだれば、 往生しがたしと申候らんは、 さもいはれて候へども、 善導の御心にては、 極楽へまいらんと心ざして、 おほくもすくなくも念仏申さん人のいのちつきん時は、 阿弥陀ほとけ聖衆とゝもにきたりてむかへ給ふべしと候へば、 日ごろだにも御念仏候はゞ、 御臨終に善知識候はずとも、 ほとけはむかへさせ給ふべ0683きにて候。

又善知識のちからにて往生すと申候事は、 ¬観経¼ の下三品の事にて候。 下品下生の人なんどこそ、 日ごろ念仏も申候はず、 往生の心も候はぬ逆罪の人の、 臨終にはじめて善知識にあひて、 十念具足して往生するにてこそ候へ。 日ごろより他力の願力をたのみ、 思惟の名号をとなへて、 極楽へまいらんとおもひ候はん人は、 善知識のちから候はずとも、 仏は来迎し給ふべきにて候。

又かろきやまひをせんといのり候はん事も、 心かしこくは候へども、 やまひもせでしに候人も、 うるはしくおはる時には、 断末魔のくるしみとて、 八万の塵労門より无量のやまひ身をせめ候事、 百千のほこ・つるぎにて身をきりさくがごとし。

されば、 まなこなきがごとくして、 みんとおもふ物をも見ず、 舌のねすくみて、 いはんとおもふ事もいはれず候也。 これは人間の八苦のうちの死苦にて候へば、 本願信じて往生ねがひ候はん行者も、 この苦はのがれずして悶絶し候とも、 いきのたえん時は、 阿弥陀ほとけのちからにて、 正念になりて往生をし候べし。

臨終はかみすぢきるがほどの事にて候へば、 よそにて凡夫さだめがたく候。 たゞ仏と行者との心にてしるべく候也。 そのうゑ三種の愛心おこり候ひぬれば、 魔縁たよりをえて、 正念をうしなひ候也。

この愛心をば善知識のちからばかりにてはのぞきがたく候。 阿0684弥陀ほとけの御ちからにてのぞかせ給ひ候べく候。 「諸邪業繋无能礙者」(定善義) 、 たのもしくおぼしめすべく候。

又後世者とおぼしき人の申げに候は、 まづ正念に住して念仏申さん時に、 仏来迎し給ふべしと申げに候へども、 ¬小阿弥陀経¼ には、 「与諸聖衆現在其前。 是人終時、 心不顛倒、 即得往生阿弥陀仏極楽国土」 と候へば、 人のいのちおはらんとする時、 阿弥陀ほとけ聖衆とゝもに、 目のまへにきたり給ひたらんを、 まづみまいらせてのちに、 心は顛倒せずして、 極楽にむまるべしとこそ心えて候へ。

されば、 かろきやまひをせばや、 善知識にあはばやといのらせ給はんいとまにて、 いま一返もやまひなき時念仏を申して、 臨終には阿弥陀ほとけの来迎にあづかりて、 三種の愛をのぞき、 正念になされまいらせて、 極楽にむまれんとおぼしめすべく候。

さればとて、 いたづらに候ぬべからん善知識にもむかはでおはらんとおぼしめすべきにては候はず。 先徳たちのおしへにも、 臨終の時に阿弥陀仏を西のかべに安置しまいらせて、 病者そのまへに西むきにふして、 善知識に念仏をす­ゝ½められよとこそ候へ。 それこそあらまほしき事にて候へ。

たゞし人の死の縁は、 かねておもふにもかなひ候はず、 にはかにおほぢ・みちにておはる事も候。 又大小便利のところにてしぬる人も候。 前業のがれがたくて、 た0685ち・かたなにていのちをうしなひ、 火にやけ、 水におぼれて、 いのちをほろぼすたぐひおほく候へば、 さやうにしてしに候とも、 日ごろの念仏申て極楽へまいる心だにも候人ならば、 いきのたえん時に、 阿弥陀・観音・勢至きたりむかへ給べしと信じおぼしめすべきにて候也。

¬往生要集¼(巻下) にも、 「時所諸縁を論ぜず、 臨終に往生をもとめねがふにその便宜をえたる事、 念仏にはしかず」 と候へば、 たのもしく候。

このよしをよみ申させ給ふべく候。 八つの事しるしてまいらせ候。 これはのちに御たづね候し御返事にて候。

八、 往生用心 八

一 所作おほくあてがひてかゝんよりは、 すくなく申さん一念もむまるなればとおほせの候事、 ま事にさも候ぬべし。

ただし ¬礼讃¼ の中には、 「十声一声、 定得往生、 乃至一念无有疑心」 と釈せられて候へども、 ¬疏¼(散善義) の文には 「念々不捨者、 是名正定之業」 と候へば、 十声・一声にむまると信じて、 念々にわするゝ事なく、 となふべきにて候。 又 「弥陀名号相続念」(法事讃巻下) とも釈せられて候。 されば、 あひついで念ずべきにて候。

一食のあひだに三度ばかりおもひいでんは、 よき相続にて候。 つねにだにおぼしめしいでさせ給はゞ、 十万・六万申させ給ひ候はずと0686も、 相続にて候ぬべけれども、 人の心は当時みる事きく事にうつる物にて候へば、 なにとなく御まぎれの中には、 おぼしめしいでん事かたく候ぬべく候。

御所作おほくあてゝ、 つねにずゞをもたせ給ひ候はゞ、 おぼしめしいで候ぬとおぼえ候。 たとひ事のさはりありて、 かゝせおはしまして候とも、 あさましや、 かきつる事よとおぼしめし候はゞ、 御心にかけられ候はんずるぞかし。

とてもかくても御わすれ候はずは、 相続にて候べし。 又かけて候はん御所作を、 つぎの日申いれられ候はん事、 さも候なん。 それもあす申いれ候はんずればとて、 御ゆだん候はんはあしく候。 せめての事にてこそ候へ。 御心えあるべく候。

八、 往生用心 九

一 魚鳥に七箇日のいみの候なる事、 さもや候らん、 えみおよばず候。

地体はいきとしいける物は過去のちゝ・はゝにて候なれば、 くふべき事にては候はず。 又臨終には、 さけ・いを・とり・き・にら・ひるなんどはいまれたる事にて候へば、 やまひなんどかぎりになりては、 くふべき物にては候はねども、 当時きとしぬばかりは候はぬやまひの、 月日つもり苦痛もしのびがたく候はんには、 ゆるされ候なんとおぼえ候。

御身おだしくて念仏申さんとおぼしめして、 御療治候べし。 いのちおしむは往生のさはりにて候。 やまひばかりをば療治はゆるされ候なんとおぼ0687え候。

二の事の御たづね、 しるしてまいらせ候。 よくよくよみ申させ給ふべく候。

 

拾遺黒谷語録巻下

 

愚見のおよぶところ、 集編かくのごとし。

しかるに世の中に黒谷の御作といふ文おほし。 いはゆる ¬決定往生行相抄¼・¬本願相応抄¼・¬安心起行作業抄¼・¬九条の北の政所へ進ずる御返事¼ かの御返事に二通あり、 これは三心をのせたる本なり。 この文どもは、 余の和語の書に文章も似ず、 義勢もたがへり。 おほきにうたがひあるうゑに、 ふるき人の偽書と申つたへたり。 しかればこれをいれず。

又 ¬廿二問答¼ とて廿六、 七張の文あり。 又 ¬臨終行儀¼ とて五、 六張の文あり。 真偽しりがたし。 いさゝかおぼつかなきによりて、 これをのぞけり。

又 ¬念仏得失義¼ といふ文あり、 上人の御作といへり。 しかれども、 これはまさしくあらぬ人のつくれる文也。

このほかにま事しからぬ文二、 三本あり。 中々­に½いふにたらぬ物ども也。

およそ二十余年のあひだ、 あまねく花夷をたづね、 くはしく真偽をあ0688きらめて、 これを取捨すといへども、 あやまる事おほからん、 後賢かならずたゞすべし。 又おつるところの真書あらば、 この拾遺に続くべし。 心ざすところは、 衆生をして浄土の正路におもむかしめんがためなり。 あなかしこ、 あなかしこ。

望西楼沙門了慧謹疏

語灯録瑞夢事

語灯録瑞夢事

嵯峨に貴女おはしき。 後世をねがふ御心ふかくして、 往生院の善導堂に御参篭ありて、 往生をいのり申されけるに、 御ゆめに、 善導和尚一巻のまき物をもちて、 これは ¬ことばのともしび¼ といふふみ也、 これを見て念仏申さば決定往生すべしとて、 さずけさせ給へば、 よにうれしくおぼえて、 うけとらせ給へば、 ゆめさめぬ。

ありがたおくおぼしめして、 かゝる文やあると諸方を御たづねあるに、 すべてなし。 さては妄想にてやありつらんとて、 かさねて御参篭ありて祈請申されける時、 二尊院・往生院兼参する本心房といふ僧、 善導堂へまいりたりけるに、 この事を御たづねありければ、 本心房申ていはく、 ¬ことばのともしび¼ と申文は、 ¬語0689灯録¼ の事にてぞ候らん。 法然上人の御書をあつめたる文にて候とて、 かしまいらせたりければ、

よろこびてこれを御らんずるに、 往生うたがひなくおぼえさせ給ければ、 やがてうつさんとおぼしめしたちける夜の御ゆめに、 束帯なる上臘の二人、 両方にたゝせ給たりけるを、 いづくよりいらせ給て候ぞと申されければ、 われはこの ¬ことばのともしび¼ の守護のために、 北野・平野の辺よりまいりて候也とおほせられけるに、 又そばに貴げなる僧の、 あの上臘は、 北野天神・平野大明神にておはします也。 一切衆生の信をまさんずる聖教なるあひだ、 三十神の番々にまはりて、 守護せさせ候ぞと、 おほせらるゝとおもひて、 うちおどろかせ給ぬ。

ことに貴くおぼしめして、 これをうつして、 つねにみまいらすれば、 往生の事は、 いまは手にとりたるやうにおぼえ候ぞと、 まさしく御物がたり候きと、 本心房つたへ申しき。

さてそのゝり、 一心に御念仏ありて、 正和元年 八月に三日さきだちて時日をしろしめして、 われはこの月の四日の卯の時に往生すべしとおほせら­れ½けるが、 日も時もたがはず、 八月四日卯のはじめに、 高声念仏百三十遍となへて、 御こゑとゝもに、 御いきとゞまらせ給ひき。 御とし廿九とうけ給はりき。 くはしく ¬語録験記¼ のごとし 云云

善導の御さづけ、 神明の御守護、 か0690たがたたのもしくおぼえて、 はゞかりながらこれをしるすところ也。 およそこの ¬録¼ を見て、 安心をとりて往生をとげたっっる人おほし。 くはしくしるすにおよばず 云云

元亨元年辛酉のとし、 ひとへに上人の恩徳を報じたてまつらんがため、 又もろもろの衆生を往生の正路におもむかしめんがために、 この和語の印板をひらく。

一向専修沙門 南無阿弥陀仏 円智 謹疏

沙門了恵、 感歎にたへず、 随喜のあまり七十九歳の老眼をのごひて、 和語七巻の印本を書之。

元亨元年 七月八日終謹疏

法橋幸巌巻頭

 

底本は龍谷大学蔵元亨元年刊本。