0522十二、 大胡太郎へつかはす御返事

だいろう実秀じつひでへつかはすへん だいじゅう

さきの便びんにはさしあふことそうらいて、 へんこまかにもうさずそうらいき、 さだめてしんのおぼしめしそうろうらんとおもいたまいそうろう

さてはたづねおほせられそうらいことども、 御文おんふみなんどにて、 たやすくもうしひらきがたきことにてそうろう。 あはれきょうにひ[さ]しくとうりゅうそうらいとき、 こまかに沙汰さたそうらいましかばよくそうらひなまし。

大方おおかた念仏ねんぶつしておうじょうすともうすことばかり、 わづかにうけたまはりてそうろう。 わがこころひとつにふかくしんじたるばかりにてこそそうらへども、 ひとまでつばひらかにもうしきかせなんどするほどにてそうらはねば、 ましてたちいりたることどものしんなんど、 御文おんふみにてもうしひらくべしともおぼへそうらはねども、 わづかにおよびそうらはんほどことを、 はゞかりまいらせて、 ともかくもへんもうしそうらはざらんことのおそれにてそうらへば、 こころのおよぶほどは、 かたのごとくもうしそうらはんとぞんそうろうなり

まづ三心さんしんそくしておうじょうすともうしそうろうことは、 まことにそのみょうもくばかりをうちきくときには、 いかなるこころもうすやらんと、 事々ことごとしくおぼへそうらひぬべけれども、 善導ぜんどうこころにては、 こころえや[す]きことにてそうろうなり。 かならずしもならひ沙汰さたせざらん无智むちひとや、 さとりなからん女人にょにんなんどの、 えせぬほどこころばへにてはそうらはぬなり。 たゞまめやかにおうじょう0523せんとおもひて念仏ねんぶつもうさんひとは、 ねんそくしぬべきこころにてそうろうものを。

そのゆへは、 三心さんしんもうすは、 ¬かんりょう寿じゅきょう¼ にとかれてそうろうやうは、 「もししゅじょうありて、 かのくにゝむまれんとねがはんものは、 三種さんしゅこころをおこしてすなはちおうじょうすべし。 なんをかさんとする。 いちにはじょうしんには深心じんしんさんにはこう発願ほつがんしんなり。 この三心さんしんするものは、 かならずかのくにゝむまる」 とゝかれたり。

しかるに善導ぜんどうしょうこころによらば、 はじめに 「じょうしん」 といふは真実しんじつこころなり真実しんじつといふは、 いはくうちはむなしくして、 ほかをかざるこころのなきをもうすなり。 すなはち ¬かんぎょうしょ¼ (散善義) しゃくしていはく、 「ほかには賢善けんぜんしょうじんそうげんじ、 うちには虚仮こけをいだくことをえざれ」 といへり。

このしゃくこころは、 うちはおろかにして、 ほかにはかしこきひととおもはれんとふるまひ、 うちにはあくをつくり、 ほかには善人ぜんにんのよしをしめし、 うちにはだいこころいだきて、 ほかにはしょうじんそうげんずるを、 真実しんじつならぬこころとはもうすなりほかうちもありのまゝにてかざるこころのなきを、 じょうしんとなづくるにこそそうろうめれ。

に 「深心じんしん」 といふは、 すなはちこれふかしんずるこころなり何事なにごとをふかくしんずるぞといふに、 まづもろもろの煩悩ぼんのうそくし、 おほくのつみをつくりて、 善根ぜんごんなんどなからんぼん、 あみだほとけのだい本願ほんがんをあふぎて、 そのほとけのだいみょうごうをと0524なへて、 もしはひゃくねんにても、 もしはじゅうねんにても、 もしはじゅうじゅうねんにても、 ないいちねんにてもあれ、 すべておうじょうせんとおもひはじめたらんときよりして、 さいりんじゅうときにいたるまでだいせず。 もしは七日しちにち一日いちにちじっしょういっしょうにても、 おほくもすくなくも、 称名しょうみょう念仏ねんぶつひとけつじょうしておうじょうすべしとしんじて、 ない一念いちねんもうたがふこころなきを、 深心じんしんとはもうすなり

しかるのもろもろのおうじょうをねがふひと本願ほんがんみょうごうをたもちながら、 なをうち妄念もうねんのおこるをおそれ、 ほかぜんのすくなきによりても、 ひとへにわがをかろしめておうじょうじょうにおもはゞ、 すでに本願ほんがんをうたがふなり

されば善導ぜんどうは、 はるかにらいぎょうじゃのこのうたがひをのこさんことをかゞみて、 そのしんをのぞきてけつじょうこころをすゝめんがために、 煩悩ぼんのうそくして罪業ざいごうをつくり、 善根ぜんごんすくなく智解ちげなからんぼんじっしょういっしょうまでの念仏ねんぶつによりて、 けつじょうしておうじょうすべきことはりを、 くはしくしゃくしおしへたまへるなり

たとひおほくのほとけ、 そらのなかにみちちて、 ひかりをはなちしたをのべて、 造罪ぞうざいぼん念仏ねんぶつしておうじょうすといふことはひがごとなり、 しんずべからずとのたまふとも、 それによりて一念いちねんもおどろきうたがふこころあるべからず。

そのゆへは、 弥陀みだほとけいまだぶつになりたまはざりしむかし、 もしわれぶつになりたらんとき十方じっぽうしゅじょうわがみょうごうたびとなへ、 ひとこゑもとな0525へむ。 となふること、 かみひゃくねんよりしもじっしょういっしょうまでにせんに、 もしわがくにゝむまれずといはゞ、 われほとけにならじとちかひたまひたりしに、 そのがんむなしからずして、 ほとけになりてすでにひさしくなりたまへり。 るべし、 そのみょうごうをとなへむひとは、 かならずおうじょうすべしといふことを。

またしゃほとけ、 このしゃかいにいでたまひて、 一切いっさいしゅじょうのために、 かの弥陀みだ本願ほんがんをときて、 念仏ねんぶつおうじょうをすゝめたまへり。

また六方ろっぽう恒沙ごうじゃ諸仏しょぶつ、 おのおのこうじょうしたをいだして、 しゃ念仏ねんぶつしておうじょうすとゝきたまふはけつじょうなり。 もろもろのしゅじょう、 ふかくしんじてすこしもうたがふこころあるべからずと、 しかばかりのほとけたちの一仏いちぶつものこらずいち同心どうしん証誠しょうじょうたまへり。

すで[に]弥陀みだほとけは、 そのがんたてたまふ。 しゃほとけは、 そのがんのむなしからざることをときすゝめたまふ。 六方ろっぽう恒沙ごうじゃ諸仏しょぶつは、 そのせつ真実しんじつなること証誠しょうじょうたまへり。

このほかいづれのほとけの、 またこれらの諸仏しょぶつにたがひて、 ぼん念仏ねんぶつしておうじょうせずとはのたまふべきぞといふことはりをもて、 おほくのほとけげんじてのたまふとも、 それにおどろきて、 さては念仏ねんぶつおうじょうかなふまじきかと、 信心しんじんをやぶりしんをおこすべからず。 いはんや、 さつたちののたまはんをや。 いはんや、 かんびゃくぶつとうをやと、 しゃくたまひてそうろうなり

いかにいはんや、 近来このごろぼんのいひさまたげんをや。 いか0526にめでたきひともうすとも、 善導ぜんどうしょうにまさりたてまつりておうじょうみちをしりたらんこともありがたくそうろう

善導ぜんどうまたたゞのぼんにはあらず、 すなはち弥陀みだぶつしんなり。 かのほとけ、 わが本願ほんがんをひろめて、 あまねく一切いっさいしゅじょうにしらしめて、 けつじょうしておうじょうせさせんりょうに、 かりそめにぼんひととむまれて善導ぜんどうしょうといはれたまなり。 いはばそのおしえ仏説ぶっせつにてこそそうらへ。

いかにいはんや、 すいじゃくのかたにても現身げんしん念仏ねんぶつ三昧ざんまいをえて、 まのあたりじょうしょうごんぶつにむかひたてまつりて、 たゞちにほとけのおしへをうけたまはりてのたまへることばどもなりほんをおもふにもすいじゃくをたづぬるにも、 かたがたあふいでしんずべし。

されば、 たれもたれも煩悩ぼんのうのこきうすきをかへりみず、 ざいしょうのかろきおもきをも沙汰さたせず、 たゞくち南無なも弥陀みだぶつととなへむ[こ]ゑにつきて、 けつじょうおうじょうのおもひをなすべし。 そのけつじょうこころを、 やがて深心じんしんとはなづくるなり。 その深心じんしんしぬれば、 けつじょうしておうじょうするなり

せんずるところは、 とにもかくにも深心じんしん念仏ねんぶつしておうじょうすといふことをふかくしんじてうたがはぬを、 深心じんしんとはなづけてそうろうなり。

さんに 「こう発願ほつがんしん」 といふは、 これまた別のこころにはそうらはず、 わが所修しょしゅぎょうごうを、 一向いっこう極楽ごくらくこうしておうじょうをねがふこころなり

「かくのごときの三心さんしんしてかならずおうじょう0527すべし。 このこころひとつもかけぬれば、 おうじょうせず」 (礼讃意) と、 善導ぜんどうしゃくたまへるなり

たとひ真実しんじつこころありて、 うゑをかざらずとも、 ほとけの本願ほんがんをうたがはゞ、 すでに深心じんしんかけたる念仏ねんぶつなり。 たとひしんなくともほかをかざりて、 うちにまことこころなくは、 じょうしんかけたる[こころ]なるべし。 たとひこのしんして、 かざるこころしんもなくとも、 極楽ごくらくにむまれんとおもふこころなくは、 こう発願ほつがんしんかけぬべし。

三心さんしんこころえわかつときには、 かくのごとく別々べつべつなるようなれども、 せんずるところは、 真実しんじつこころをおこして、 ふかく本願ほんがんしんじておうじょうをねがふこころを、 三心さんしんそくこころとはもうすなり。 まことにこれほどのこころだにもそくせずしては、 いかゞおうじょうほどのだいをばとげたまふべきや。

このこころもうせば、 またやすきことにてそうろうなり。 これをかやうにこころえしらねばとて、 またそくせぬこころにてはそうらはぬなり。 そのをだにもしらぬものも、 このこころをばそなへつべくそうろうまたよくよくしりたらんひとのなかにも、 そのまゝにせぬもそうらひぬべき心ばへにてそうろうなり

さればこそ、 いふに甲斐かいなきひとならぬものどものなかよりも、 たゞひらに念仏ねんぶつもうすばかりにておうじょうしたりといふことは、 むかしよりもうしつたへたることにてそうらへ。 それらはみなしらねども、 三心さんしんしたるひとにてありけりと、 こころえらるゝことにてそうろうなり

また0528としごろ念仏ねんぶつもうしたるひとの、 りんじゅうのわろきことそうろうは、 さきにもうしつるやうに、 うゑばかりをかざりて、 たうとき念仏ねんぶつしゃひとにいはれんとのみおもひて、 したにはふかく本願ほんがんをもしんぜず、 まめやかにおうじょうをもねがはぬひとにてこそはそうろうらめと、 こころえられそうろうなり

さればこの三心さんしんせざるゆへに、 りんじゅうもわろく、 おうじょうもせぬこと[に]てそうろうなりとしろしめすべきなり。 かくもうしそうらへば、 さてはおうじょうだいことにこそとおぼしめすこと、 ゆめゆめそうろうまじきなりいちじょうおうじょうすべしとおもひとらぬこころを、 やがて深心じんしんかけておうじょうせぬこころとはもうしそうらへば、 いよいよいちじょうおうじょうとこそおぼしめすべきことにてそうらへ。

まめやかにおうじょうこころざしありて、 弥陀みだ本願ほんがんをうたがはずして、 念仏ねんぶつもうさんひとは、 りんじゅうのわろきこと大方おおかたそうろうまじきなり。 そのゆへは、 ほとけの来迎らいこうたまことは、 もとよりぎょうじゃりんじゅうしょうねんのためにてそうろうなり。 それをこころえぬひとは、 みなわがりんじゅうしょうねんにして念仏ねんぶつもうしたらんときに、 ほとけはむかへたまふべきなりとのみこころえてそうろうは、 ぶつがんをもしんぜず、 きょうもんをもこころえぬひとにてそうろうなり

そのゆへは、 ¬しょうさんじょう経¼ にいはく、 「ほとけ慈悲じひをもてくわたすけて、 こころをしてみだらしめたまはず」 とゝかれてそうらへば、 たゞのときによくよくもうしをきたる念仏ねんぶつによりて、 りんじゅうにかならずほとけは来迎らいこうたまふべし。 ほとけの来迎らいこうたまふをたてまつりて、 ぎょうじゃしょうねんじゅうすともう0529にてそうろうなり

しかるにさきの念仏ねんぶつを、 むなしくおもひなして、 よしなくりんじゅうしょうねんをのみいのるひとなんどのそうろうは、 ゆゝしき僻胤ひがいんにいりたることにてそうろうなり。 さればほとけの本願ほんがんしんぜんひとは、 かねてりんじゅうをうたがふこころあるべからずとこそおぼへそうらへ。

たゞとうもうさん念仏ねんぶつをば、 いよいよもこころいたしてもうすべきにてそうろう。 いつかはほとけの本願ほんがんにも、 りんじゅうとき念仏ねんぶつもうしたらんひとをのみむかへんとはたてたまひてそうろう

りんじゅう念仏ねんぶつにておうじょうすともうすことは、 ごろおうじょうをもねがはず、 念仏ねんぶつをももうさずして、 ひとえにつみをのみつくりたる悪人あくにんの、 すでになんとするとき、 はじめてぜんしきのすゝめにあひて、 念仏ねんぶつしておうじょうすとこそ、 ¬かんぎょう¼ にもとかれてそうらへ。

もとよりのぎょうじゃは、 りんじゅう沙汰さたをばあながちにすべきようそうらはぬなりぶつ来迎らいこういちじょうならば、 りんじゅうしょうねんまたいちじょうとおぼしめすべきなり。 このたいをもて、 よくよくこころをとゞめて、 こころえさせたまふべくそうろう

またつみをつくりたるひとだにも念仏ねんぶつしておうじょうす、 まして ¬法華ほけきょう¼ なんどうちよみて、 念仏ねんぶつもうさんは、 なにかはくるしかるべきと人々ひとびともうしそうろうらんことは、 きょうあたりにもさやうにもうしそうろう人々ひとびとおほくそうらへば、 まことにさぞそうろうらん。 それはしゅうこころにてこそそうろうらめ。 よしあしをさだめもうすべきにそうらはず、 僻事ひがごともうさば、 おそれあるかたおほくそうろう

0530ゞしじょうしゅうこころ善導ぜんどうおんしゃくには、 おうじょうぎょうおおきにわかちてふたつとす。 いちには正行しょうぎょうにはぞうぎょうなり

はじめに正行しょうぎょうといふは、 これにあまたのぎょうあり。 はじめに読誦どくじゅ正行しょうぎょうといふは、 これは ¬りょう寿じゅきょう¼・¬かんぎょう¼・¬弥陀みだきょう¼ とうの 「さんきょう」 を読誦どくじゅするなり。 つぎに観察かんざつ正行しょうぎょうといふは、 これはかのくにのしょうほうのありさまをかんずるなり。 つぎに礼拝らいはい正行しょうぎょうといふは、 これは弥陀みだほとけを礼拝らいはいするなり。 つぎに称名しょうみょう正行しょうぎょうといふは、 南無なも弥陀みだぶつとゝなふるなり。 つぎに讃嘆さんだんよう正行しょうぎょうといふは、 これは弥陀みだぶつ讃嘆さんだんしたてまつるなり。 これをさしてしゅ正行しょうぎょうとなづく。 讃嘆さんだんようとをふたつのぎょうとするときは、 六種ろくしゅ正行しょうぎょうとももうすなり

「この正行しょうぎょうつきてふさねてふたつとす。 いちには一心いっしんにもはら弥陀みだみょうごうをとなへたてまつりて、 たち起伏おきふしちゅうにわするゝことなく、 念々ねんねんにすてざるものを、 これを正定しょうじょうごうとなづく、 かのほとけの本願ほんがんじゅんずるがゆへに」 (散善義意) もうして、 念仏ねんぶつをもてまさしくさだめたるおうじょうごうてゝ、 「もし礼誦らいじゅとうにおるをばなづけて助業じょごうとす」 (散善義) もうして、 念仏ねんぶつのほかの礼拝らいはい読誦どくじゅ讃嘆さんだんようなんどをば、 かの念仏ねんぶつをたすくるごうもうしそうろうなり

さてこの正定しょうじょうごう助業じょごうとをのぞきて、 そのほかのもろもろのごうをば、 みなぞうぎょうとなづく。 布施ふせかい忍辱にんにくしょうじんとうろくまんぎょうも、 ¬法華ほけきょう¼ をもよみ、 真言しんごんをもおこ0531なひ、 かくのごとくのもろもろのぎょうをば、 みなことごとくぞうぎょうとなづく。 さきの正行しょうぎょうしゅするをば、 専修せんじゅぎょうじゃといひ、 のちのぞうぎょうしゅするをば、 雑修ざっしゅぎょうじゃもうしそうろうなり

このぎょう得失とくしつはんずるに、 「さきの正行しょうぎょうしゅするには、 こころつねにかのくにゝ親近しんごんして憶念おくねんひまなし。 のちのぞうぎょうぎょうずるには、 こころつねに間断けんだんす、 こうしてむまるゝことをうべしといへども、 すべてぞうぎょうとなづく」 (散善義意) といひて、 極楽ごくらくにうときぎょうといへり。

また専修せんじゅのものは、 じゅうにんじゅうにんながらむまれ、 ひゃくにんひゃくにんながらむまる。 なにをもてのゆへに。 雑縁ぞうえんなくして、 しょうねんをうるがゆへに、 弥陀みだ本願ほんがんとあひかなふるゆへに、 しゃのおしへにたがはざるがゆへに。

ぞうぎょうのものは、 ひゃくにんがなかにいちにんむまれ、 千人せんにんがなかににんむまる。 なにをもてのゆへに。 雑縁ぞうえん乱動らんどうして、 しょうねんをうしなふがゆへに、 弥陀みだ本願ほんがん相応そうおうせざるがゆへに、 しゃのおしへにしたがはざるがゆへに、 ねん相続そうぞくせざるがゆへに、 憶念おくねん間断けんだんするがゆへに、 みづからもおうじょうごうをさへ、 ぶつおうじょうをもさふるがゆへに」 (礼讃意) なんどしゃくせられてそうろうめれば、 善導ぜんどうしょうをふかくしんじて、 じょうしゅうにいらんひとは、 一向いっこう正行しょうぎょうしゅすべしともうことにてこそそうらへ。

そのうゑは善導ぜんどうのおしへをそむきて、 ぎょうをくわへんとおもはんひとは、 おのおのならひたるようどもこそそうろうらめ。 そ0532れをよしあしとはいかゞもうしそうろうべき。 善導ぜんどうこころにて、 すゝめたまへるぎょうどもをおきながら、 すゝめたまはぬぎょうをすこしにてもくはふべきようなしともうすことにてこそそうらへ。 すゝめたまへる正行しょうぎょうばかりだにもなをものうきにて、 いまだすゝめたまはぬぞうぎょうくわえんことは、 まことしからぬかたもそうろうぞかし。

またつみをつくるひとだにも念仏ねんぶつしておうじょうす。 ましてぜんなれば、 ¬法華ほけきょう¼ なんどをよまんは、 なにかくるしからんなんどもうしそうろうらんこそ、 无下むげにけぎたなくおぼへそうらへ。 おうじょうをたすけばこそ、 いみじくもそうらはめ。 さまたげにならぬばかりを、 いみじきこととてくわへおこなはんことは、 なにかはせんにてそうろうべき。

さればあくをば、 ぶつこころに、 つくれとやすゝめさせたまふ。 かまへてとゞめよとこそいましめたまへども、 ぼんのならひ、 とうのまよひにひかれて、 つみをつくるはちからおよばぬことにてこそそうらへ。 まことあくをつくるひとように、 しかるべくきょうもよみたく、 ぎょうもくわへたからんことは、 ちからおよばず。

たゞし ¬法華ほけきょう¼ なんどをよまんことを、 ことばなりともあくをつくらんことにいひならべて、 それもくるしからねば、 ましてこれはなんどもうすらんことこそ、 便びんことにてそうらへ。 ふかきのりもあしくこころうるひとにあひぬれば、 かえりてものならずきこへそうろうことこそ、 あさましくおぼへそうらへ。

これをかやうにもうしそうらへば、 ぎょう人々ひとびとはらたつことにてそうろう0533こころひとつにこころえて、 ひろくちらさせたまうまじくそうろう。 あらぬさとりのひとのともかくももうしそうらはんことをば、 みみにきゝいれさせたまはで、 たゞ一筋ひとすじ善導ぜんどうおんすゝめにしたがひて、 いますこしもいちじょうおうじょうする念仏ねんぶつ数遍しゅへんもうしそえんとおぼしめすべきことにてそうろうなり

たとひおうじょうのさわりとこそならずとも、 じょうおうじょうとはきこへてそうろうめれば、 いちじょうおうじょう正行しょうぎょうしゅすべき。 ぎょうのいとまをいれて、 じょうおうじょうごうをくわへんことは、 かつうはそんにてはそうらはずや。 よくよくこころえさせたまふべきことにてそうろうなり

たゞし、 かくもうしそうらへば、 ぞうぎょうをくわへんひとは、 ながくおうじょうすまじなんどもうすことにてはそうらはず。 いかさまにもぎょうひとなりとも、 すべてひとをくだしひとをそしることは、 ゆゝしきとがおもきことにてそうろうなり。 よくよくおんつゝしみそうらいて、 ぞうぎょうひとなればとて、 あなづるこころそうろうまじくそうろうなり。 よかれあしかれ、 ひとのうゑのよしあしをおもひいれぬが吉きことにてそうろうなり

またこころざしもとよりこのもんにありて、 すすみぬべからんをば、 こしらへ、 すゝめさせたまふべくそうろう。 さとりたがひて、 あらぬさまならんひと々なんどにろんじあはせたまことは、 あるまじきことにてそうろう

よくよくならひしりたまひたるひじりたちだにも、 さやうのことをばつゝしみておはしましあひてそうろうぞ。 まして殿原とのばらなんどのおんにては、 いちじょう僻事ひがごとにてそうらはんずるにそうろう

たゞおんひとつに、 まづよくよくおう0534じょうをねがひて、 念仏ねんぶつをはげませたまひて、 くらいたかきおうじょうをとげて、 いそぎしゃかえりて、 ひとをばみちびかせたまへ。 かやうにくはしくかきつけてもうしそうろうことも、 返々かえすがえすはゞかりおもふことにてそうろうなり。 あなかしこ、 あなかしこ。

ろうそうろうまじくそうろう。 あなかしこ、 あなかしこ。

三月さんがつじゅうにち  源空げんくう