(495)、 鎌倉の二位の禅尼へ進ずる御返事

鎌倉かまくら二位にいぜんしんずるへん だいじゅう

御文おんふみくはしくうけたまはりそうらいぬ。 さては、 念仏ねんぶつどくぶつもときつくしがたしとのたまへり。 また智恵ちえ第一だいいちしゃほつもん第一だいいちなんも、 念仏ねんぶつどくはしりがたしとのたまひし広大こうだい善根ぜんごんにてそうらへば、 まして源空げんくうなんどはもうしつくすべくもそうらはず。

源空げんくう、 このちょうにわたりてそうろう聖教しょうぎょう随分ずいぶんにひらきそうらへども、 じょうきょうもんは、 このちょうにわたらずとかんがへそうらいて、 わづかに震旦しんたんよりとりわたしてそうろう聖教しょうぎょうこころをだにも、 一年いちねん0496ねんなんどにはもうしつくすべくもおぼへそうらはず。 さりながらも、 おほせかぶりてそうらへば、 もうしのべそうろうべし。

まづ念仏ねんぶつしんぜざる人々ひとびとそうらひてもうしそうろうなることは、 くまがやのにゅうどう・つのとの三郎さぶろう无智むちのものなればこそぎょうをばせさせずして、 念仏ねんぶつばかりをば法然ほうねんぼうはすゝめたれともうしそうろうなること、 きわまりなきひがごとにてそうろう

そのゆへは、 念仏ねんぶつぎょうは、 もとより有智うち无智むちをえらばず。 弥陀みだのむかしちかひたまひし本願ほんがんは、 あまねく一切いっさいのためなり。 无智むちのためには念仏ねんぶつがんとし、 有智うちのためにはぎょうがんとしたまことなし。

十方じっぽうかいしゅじょうのためなり有智うち无智むち善人ぜんにん悪人あくにんかいかいたっときいやしきも、 おとこおんなもへだてず。 もしはぶつざいしゅじょう、 もしはぶつめつしゅじょう、 もしはしゃ末法まっぽう万年まんねんのゝち三宝さんぼうみなうせてのちのしゅじょうまで、 たゞ念仏ねんぶつばかりこそ現当げんとうとうとはなりそうらはめ。

善導ぜんどうしょう弥陀みだしんにて、 ことに一切いっさいしゅじょうをあはれみたまひて、 一切いっさい聖教しょうぎょうをかんがへて専修せんじゅ念仏ねんぶつをすゝめたまへるも、 ひろく一切いっさいしゅじょうのためなり方便ほうべんせつ末法まっぽうにあたりて、 いまのおしえこれなり

されば无智むちひとのみにかぎらず、 ひろく弥陀みだ本願ほんがんをたのみて、 あまねく善導ぜんどうこころにしたがひて、 念仏ねんぶつ一門いちもんをすゝめそうらはんに、 いかでか无智むちひとのみにかぎりて、 有智うちひとをへだてゝおうじょうさせじとはしそうらはんや。

もししからば、 弥陀みだ本願ほんがんにも0497そむき、 善導ぜんどうこころにもかなふべからず。 しかれば、 このへんにまうできておうじょうのみちをたづねそうろうには、 有智うち无智むちろんぜず、 ひとへに専修せんじゅ念仏ねんぶつをすゝめそうろうなり。

さやうに専修せんじゅ念仏ねんぶつもうしとゞめんとつかまつるひとは、 さきの念仏ねんぶつ三昧ざんまい得道とくどう法門ほうもんをきかずして、 のちのまたさだめてさん悪道まくどうにかえるべきものゝ、 しかるべくてさやうにもうしそうろうなり。 そのゆへは、 聖教しょうぎょうにひろくえてそうろうなり

これはすなはち、 「しゅぎょうすることあるをみては毒心どくしんをおこして、 方便ほうべんしてきおひてあだをなす。 かくのごときのしょうもう闡提せんだいのともがらは、 とんぎょうめつしてながく沈淪ちんりんす。 だいじんごうちょうすとも、 いまださんをはなれんことべからず」 (法事讃巻下) とゝきたまへり。

このもんこころは、 じょうをねがひ念仏ねんぶつぎょうずるひとては、 毒心どくしんをおこし、 ひがごとをたくみめぐらして、 様々さまざま方便ほうべんをなして専修せんじゅ念仏ねんぶつぎょうをやぶり、 あだをなしてもうしとゞむるにそうろうなり。 かくのごとくのひとは、 むまれてより仏法ぶっぽうのまなこしゐて、 善根ぜんごんのたねをうしなへる闡提せんだいにんのともがらなり。 この弥陀みだみょうごうをとなへて、 ながきしょうをはなれて常住じょうじゅう極楽ごくらくおうじょうすべけれども、 このきょうぼうをそしりほろぼして、 このつみによりてながくさん悪道まくどうにしづむ。 かくのごとくのひとは、 だいじんごうをすぐれども、 ながくさんをはなれんことあるべからずというなり

しかればすなはち0498、 さやうにひがごともうさんひとをば、 かへりてあはれみたまふべきなり。 さほど罪人ざいにんもうさんによりて、 専修せんじゅ念仏ねんぶつだいをなし、 念仏ねんぶつおうじょうにうたがひをなししんをいたさんひとは、 いふにかひなきことにこそそうらはめ。

およそ弥陀みだえんあさくおうじょうときいたらぬものは、 きけどもしんぜず、 念仏ねんぶつのものをてははらだち、 こゑをきゝてはいかりをなして、 あしきことなりなんどもうすは、 きょうろんにもへざることもうなりこころをえさせたまひて、 いかにもうすともこころばかりは変改かいへんそうろうべからず。

あながちにしんぜざらんひとをばすゝめそうろうべからず。 ほとけ、 なをちからおよびたまはず。 いかにいはんや、 ぼんのちからはおよぶまじくそうろう

かゝるしんしゅじょうをおもへば、 過去かこ父母ぶもきょうだい親類しんるいなりとおぼしめしそうらいて、 慈悲じひをおこして、 念仏ねんぶつもうし極楽ごくらくじょうぼん上生じょうしょうにまいりてさとりをひらきて、 しょうかえりいりてほうしんひとをもむかえんと、 おぼしめすべきことにてそうろうなり。 このよしをこころそうろうべきなり。

一 ぞうぎょう人々ひとびとどくしゅせんには、 財宝ざいほうをあひじょじょうしておぼしめすべきやうは、 これはこれ一向いっこう専修せんじゅにてけつじょうしておうじょうすべきなりにんのとをきみちをわがちかちに結縁けちえんせさせんとおぼしめすべきなり。 そのうゑに専修せんじゅをさまたげそうらはざらんは、 結縁けちえんせんにとがなし。

0499 人々ひとびとどうをつくり、 ぶつをつくり、 きょうをかき、 そうようせんをば、 よくよくこころをこたらずしてしんをおこして、 かくのごとくのぞう善根ぜんごんをもしゅせしめたまへとすゝめそうろうべし。

一 こののいのりに、 念仏ねんぶつこころをしらずして仏神ぶつじんにももうし、 きょうをもじゅき、 どうをもつくらば、 それもさきのごとくそうろうべし。 せめてはまた後世ごせのためにせばこそそうらはめ。 そのようなしとおほせそうろうべからず。 専修せんじゅをさふるぎょうにもあらざりけりと、 おぼしめしそうろうべし。

一 念仏ねんぶつもうこと様々さまざまそうらへども、 たゞろくをとなふるばかりに一切いっさいはおさまりてそうろうなりこころにはがんをたのみ、 くちにはみょうごうをとなへて、 にはかずをとり、 つねにこころにかくるが、 きわめたるけつじょうごうにてそうろうなり念仏ねんぶつぎょうは、 もとより行住ぎょうじゅう坐臥ざがしょ諸縁しょえんをえらばず、 しんじょうをもきらはぬぎょうにてそうらへば、 楽行ぎょうぎょうおうじょうとはもうしつたへてそうろうなり

たゞしそのなかにもこころをきよくしてもうすをば、 第一だいいちぎょうもうしそうろうなり。 たゞじょうこころにかくれば、 しんじょうぎょうほうにてそうろうなり。 かやうにすゝめそうろうべし。 さやうにつねにもうさせたまはんをば、 とかくもうすべきようそうらはず。 わがもしかるべくて、 おうじょうこのたびすべしとおぼしめしそうろうべし。 ゆめゆめこのこころよくよくつよくならせたまう0500べし。

一 念仏ねんぶつぎょうしんぜぬひとにあひてろんじ、 またあらぬぎょう人々ひとびとにむかひてしゅうろんそうろうべか­ら½ず。 あながちにべつがく人々ひとびとては、 あなづりそしることそうろうまじ。 いよいよじゅうざいひとにもなさんこと便びんそうろう

おなじこころ極楽ごくらくをねがひ念仏ねんぶつもうさんひとをば、 たとひせんひとなりとも父母ぶもしょうにもおとらずおぼしめすべし。 こんじょう財宝ざいほうのともしからんにも、 ちからをくわへたまふべし。

さりながらも、 すこしも念仏ねんぶつこころをかけそうははんをば、 よくよくすゝめたまふべくそうろう。 これも弥陀みだ如来にょらいおんみやづかへとおぼしめしそうろうべし。

しゃ如来にょらいめつよりこのかた、 だいしょう小行しょうぎょうにまかりなりてそうろう。 われもわれもと智恵ちえありがほにもう人々ひとびとは、 とがにてそうろうべし。 せめては録内ろくない経教きょうきょうをだにもきかずず、 いかにいはんや、 ろくのほかの経教きょうきょうざるひと知恵ちえありがほにもうすは、 のうちのかへるにゝたり。

随分ずいぶん震旦しんたん日本にっぽん聖教しょうぎょうをとりあつめて、 ひらきかんがへてそうろうに、 念仏ねんぶつしんぜぬひとは、 さきのじゅうざいをつくりてごくにひさしくありて、 またごくへはやくかえるべきひとなり。 たとひ千仏せんぶつにいでゝ、 念仏ねんぶつはまたくおうじょうごうにあらずとおしへたまふともしんずべからず。

これはしゃ如来にょらいよりはじめて、 ごうしゃぶつ証誠しょうじょうたまへることなればとおぼしめして、 こころ0501金剛こんごうよりもかたくして、 一向いっこう専修せんじゅ変改かいへんそうろうべからず。

もしろんもうさんひとをば、 これへつかはして、 たてもうさんやうをきけとおほせそうろうべし。 様々さまざま要文ようもんをかきしるしてまいらすべくそうらへども、 たゞこれにすぎそうろうまじ。

またしゃかいひとは、 じょうをねがはんことは、 ゆみなくしててんとりをとり、 あしなくしてたかきずゑのはなをゝらんとせんがごとし。

かならず専修せんじゅ念仏ねんぶつ現当げんとうのいのりとなりそうろうなり。 これもきょうせつにてそうろうなりまたうちの人々ひとびとにはぼんごうを、 ひとにしたがひて、 はじめおわりたへそうらひぬべきやうにすゝめそうろうべし。 あなかしこ、 あなかしこ。