(392)、 御教書御請

きょうしょしょう第三だいさん

きょうしょむねつつしんでうけたまわそうらおわりぬ。 おおくだされそうろふところの一々いちいちしんこと、 あるいはひとたび信心しんじんおこしてさらにしんなきは、 一念いちねんじゅうねんをもつてけつじょうおうじょうとなす。 そののちしょうねんせずといへども、 じゅんおうじょうさらにもつてしんするべからず。 また信心しんじんけつじょうのちじゅうぎゃくとうじゅうざいおかすといへども、 おうじょうさわりとするべからずと

御教書之旨、謹承候畢。所↧被↢仰下↡候↥之一々御不審事、或シテ↢信心↡更無↢疑心↡者、以↢一念・十念↡為↢決定往生↡。其後雖↠不↢称念↡、順次往生更以不↠可↢不審↡。又信心決定之後、雖↠犯↢四重・五逆等重罪↡、不↠可↠為↢往生

この勿論もちろんことそうろふ。 たとひけつじょう信心しんじんおこそうろふといへども、 そののちねんぜずならびにしょうざいといへどもこれをおかしてさんぜざるは、 あへておうじょうげがたくそうろふか。 いかにいはんやじゅうぎゃくとうじゅうざいおかそうろものにおいては、 おうじょうおよばず、 かえりて悪趣あくしゅまぬかれがたくそうろふ。

此義勿論候。縦雖↧起↢決定信心↡候↥、其後不↠念雖↢小罪↡犯↠之不↠懺者、敢難↠遂↢往生↡候歟。何況於↧犯↢四重・五逆等之重罪↡候者↥、不↠及↢往生↡、還難↠免↢悪趣↡候。

ちかごろしょしゅうしゅ都鄙とひ道俗どうぞくけんたずそうろふは、 みなこのよりおこそうろふか。 あるいはたとひ深信じんしんおこしてせんしょうせらるといへども、 じゅうざいおかしてのちさらにさん念仏ねんぶつせずは、 じゅんおうじょうげがたし

近来諸宗之衆徒・都鄙之道俗喧嘩不↠断候、皆此義ヨリ候歟。或雖↧縦起シテ↢深信↡被↦専称↥、犯↢重罪↡後更不↢懺悔念仏↡者、難↠遂↢順次往生↡

このじんみょうそうろふ。 「ない一念いちねん無有むうしん (礼讃) しゃく、 「じょうじんいちぎょう下至げしじっしょういっしょうとう (礼讃)けつじょうおうじょうすべきしんずべきもんなり。 しかりといへども一念いちねんのちまたねんぜずならびにつみおかすは、 なほけつじょうおうじょうしんぜざるにあらずそうろふ。

此義神妙候。「乃至一念無有疑心」(礼讃) 之釈、「上尽一形下至十声・一声等」(礼讃) 、可↢決定往生↡可↠信文也0393。雖↠然一念之後又不↠念并犯罪者、猶非↠不↠信↢決定往生↡候。

かくのごとくしんそうろふは、 いちじゅう深心じんしんそうろふといへども、 かえりて邪見じゃけんになりそうろふか。 ちかごろこの邪見じゃけんじゅうするものともがらおおそうろふか。

如↠此信候者、一重雖↧似↢深心↡候↥、還成↢邪見↡候歟。近来住↢此邪見↡者輩多候歟。

またいっしょう退たい念仏ねんぶつりょじゅうざいおかしたのち、 いまださん念仏ねんぶつせず。 命終みょうじゅうさき念仏ねんぶつこうによりておうじょうすべきや、 はたまたのち犯罪ぼんざいとがによりておうじょうせずや。 このおんうたがいは、 りょざいしょうはそのとがすこぶるかるそうろふといへども、 おうじょうにおいてなほじょうそうろふ。 そのゆゑはすでにつくれるつみさんもちゐず、 善業ぜんごうさわらずいふことなくそうろふゆゑなり。

又一生不退念仏者不慮犯↢重罪↡後、未懺悔念仏↡。命終者依↢前念仏↡可キヤ↢往生↡哉、将又依↢後犯罪↡不↢往生↡哉。此御疑者、不慮之罪障雖↢其↡、於↢往生↡猶不定候。其故者已作之罪不↠用↢懺悔↡、無↠不ト云コト↠障↢善業↡候故也。

かつはさいおん使つかいごんじょうせしむべくそうろふ。 またされそうろふところの弟子でしぜんぼうもうそうろふもの、 こんみょうあいだしんじょうせしむべくそうろふ。 愚意ぐい所存しょぞんといささかもたがはずは、 このことばもうげしめたまふべくそうろふ。 きょうこう謹言きんげん

且者子細御使可↠令↢言上↡候。又所↢被↠召候↡弟子善恵房申候者、今明可↠令↢進上↡候。愚意所存聊不↠違者、此言可↧令↢申上↡給↥候。恐惶謹言。

がつじゅう一日いちにち  源空げんくう あるにいはく、 しょうほんそんいんにありと。 云々うんぬん これをたずぬべし

二月廿一日  源空 或云、正本在↢二尊院↡。云云 可尋之