0637二、 示或人詞

しめ 或人あるひと ことばだい

一 しとは、 このとき西にしにむかふべからず、 また西にしをうしろにすべからず、 きた・みなみにむかふべし。 おほかたうちうちゐたらんにも、 うちふさんにも、 かならず西にしにむかふべし。

もしゆゝしく便びんあしきことありて、 西にしをうしろにすることあらば、 こころのうちにわがうしろは西にしなり弥陀みだほとけのおはしますかたなり。 たゞいまあしざまにてむかはねども、 こころをだにも西方さいほうへやりつれば、 そゞろに西にしにむかはで、 極楽ごくらくをおもはぬひとにくらぶれば、 それにまさるなり

一 きょうようこころをもて、 ちゝ・はゝをおもくしおもはんひとは、 まづ弥陀みだほとけにあづけまいらすべし。 わがひととなりておうじょうをねがひ念仏ねんぶつすることは、 ひ­と½へにわが父母ぶものやしなひたてたればおそあれ。 わが念仏ねんぶつそうろうこうをあはれみて、 わが父母ぶも極楽ごくらくへむかへさせおはしまして、 つみをもめっしましませとおもはば、 かならずかならずむかへとらせおはしまさんずるなり

さればとうみょううんといひしあまは、 おさなくして父母ぶもにおくれたりけるが、 さんじゅうねんばかり念仏ねんぶつして父母ぶもをいのりしかば、 ともにごくをあらためて、 極楽ごくらくへまいりたりけるなり

0638 善導ぜんどうしょうの ¬おうじょう礼讃らいさん¼ に、 本願ほんがんをひきていはく、 「にゃくじょうぶつ十方じっぽうしゅじょうしょうみょうごう下至げしじっしょうにゃくしょうじゃしゅしょうがくぶつこん現在げんざいじょうぶつとう本誓ほんぜいじゅうがん不虚ふこしゅじょうしょうねん必得ひっとくおうじょう。」

このもんをつねに、 くちにもとなへ、 こころにもうかべ、 にもあてゝ、 弥陀みだ本願ほんがんけつじょうおうじょうして、 極楽ごくらくかいしょうごんしたてゝ、 御目おめまはして、 わがをとなふるひとやあるとらんじ、 みゝをかたぶけて、 わがしょうするものやあると、 よる・ひるきこしめさるゝなり

さればいっしょう一念いちねんも、 弥陀みだにしられまいらせずといふことなし。 されば摂取せっしゅこうみょうはわがをすてたまことなく、 りんじゅう来迎らいこうはむなしきことなきなり

このもんじゅう八願はちがんのまなこなりきもなり、 じんなりじゅうはちにむすびたることは、 このゆへなり

よくよくをもきよめ、 をもあらひて、 ずゞをもとり、 袈裟けさをもかくべし。 じょうにてぶつどうへいるべからず。

このおうなんどをだにも、 うやまひおそるゝことにてあるに、 ましてじょうそんの、 もろもろのだいさつにもうやまはれたまへるに、 われらがにいかでかなめにもあたりまいらすべき。 三界さんがい諸天しょてんもかふべをかたぶけたまふ、 いかにいはんやわれらがをや。

またつみをおそるゝは本願ほんがんをかろしむるなりをつゝしみてよからんとするはりきをはげむなりといふこと0639は、 ものおぼへぬあさましきひがごとなり。 ゆめゆめみゝにもきゝいるべからず、 つゆちりばかりももちゐまじきことなり

はじめ 「じょうさんきょう」 より、 とう日本にっぽんにんさくなかにも、 またくなきことどもを、 こころにまかせてわがおもふさまに、 わろからんとていひいだしたることなりいちじょうとしてさん悪道まくどうにおちんずることなり一代いちだい聖教しょうぎょうなかにふつとなきことなり

ぎゃくじゅうあく罪人ざいにんの、 りんじゅう一念いちねんじゅうねんによりて来迎らいこうにあづかることは、 そのつみをくゐかなしみて、 たすけおはしませとおもひて念仏ねんぶつすれば、 弥陀みだ如来にょらい願力がんりきをおこしてつみめっし、 来迎らいこうしましますなり

本願ほんがんのまゝにかきてまいらせそうろう、 このまゝにしんじて念仏ねんぶつそうろうべし。 かまへてかまへて、 たうとき念仏ねんぶつしゃにておはしませ。 あなかしこ、 あなかしこ。