憲法けんぽうじゅうしちじょう

 

 *なつ四月うづきひのえとらついたちつちのえたつのひに、 皇太ひつぎのみこ (*聖徳太子)、 みづからはじめて*いつくしきのり十七とおちあまりななおちつくりき。

夏四月の丙寅の朔戊辰 ¬日本書紀¼ すい天皇十二年 (604) の条にみられる。 ただし、 ¬じょうぐうしょうとくほうおう帝説ていせつ¼ は同十三年七月、 ¬一心いっしん戒文かいもん¼ は同十年十二月と伝える。
憲しき法 「いつくしき」 は厳然としているの意。 なお、 古代では法と道徳とは峻別されていなかった。

(1)

 一にいはく、 *やわらかなるをもつてとうとしとなし*さかふることなきを*むねとなす。 ひとみな*たむらあり。 また*さとれるひとすくなし。 ここをもつて*あるいはきみかぞしたがはず、 また*隣里さととなりたがへり。 しかれどもかみやわらぎしもむつびて、 *ことあげつらふにかなふときは、 すなはち事理ことおのづからにかよふ。 なにのことかならざらん。

和らかなる 「和らぐ」 とも読む。 うちとけて相互になごみあうこと。
忤ふること そむき逆らうこと。
 大事な事。
 自分の仲間。
達れるひと ものごとの道理をわきまえた者。
あるいは ある者は。
隣里 隣り近所。
事を論ふに諧ふときは (とらわれの心を離れて) 話し合うことができるなら。

(2)

 二にいはく、 あつ*三宝さんぽううやまふ。 三宝さんぽうほとけのりほうしなり。 すなはち*つのうまれのおわりのよりどころよろずくにきわめのむねなり。 いつのつき、 いづれのひとか、 この*みのりとうとばざらん。 ひとはなはだしきものすくなし。 よくおしふるときはこれにしたがふ。 それ三宝さんぽう*りまつらずは、 なにをもつてか*まがれるをたださん。

四つの生れ 生きとし生けるもの。 しょうのこと。
 仏法。
帰りまつらずは 依り申し上げなかったなら。
枉れるを しゅうにとらわれたよこしまな心を。

(3)

 三にいはく、 みことのりうけたまわりてはかならずつつしめ。 きみをばすなはちあめとす、 *やつこらまをばすなはちつちとす。 あめおおつちせて、 *つのときしたがおこなはれて、 *よろずしるしかよふことをつちあめおおはんとするときは、 すなはちやぶるることを*いたさまくのみ。 ここをもつてきみのたまふときはやつこらまうけたまわる。 かみおこなふときはしもなびく。 それみことのりうけたまわりてはかならずつつしめ。 つつしまずはおのづからにやぶれなん。

 天皇に仕える人たち。
四つの時 春夏秋冬の四季。
万の気 すべての生物の生気。
致さまくのみ 必ずまねくであろう。

(4)

 四にいはく、 *群卿まちきみたち百寮もものつかさ*いやびをもつてもととせよ。 それおおみたからおさむるのもと、 かならずいやびにあり。 かみいやびなきときはしもととのほらず、 しもいやびなきときはもつてかならずつみあり。 ここをもつて群臣まちきみたちいやびあるときはくらいついでみだれず、 *百姓おおみたからいやびあるときは国家あめのしたおのづからにおさまる。

群卿百寮 朝廷に仕える官僚の総称。
礼び うやまい。 礼儀。
百姓 民。 人民。

(5)

 五にいはく、 *あじわいのむさぼりたからほしみてて、 あきらかに訴訟うったえ*さだめよ。 それ百姓おおみたからうったへ、 ひとわざあり。 ひとすらもなほしかなり。 いはんやとしかさねてをや。 このごろうったへをおさむるひとども、 *くぼさつねとし、 *まかないては*ことわりもうすをく。 すなはちたからあるもののうったへは、 いしをもつてみずぐるがごとし。 ともしきもののうったへは、 みずをもつていしぐるにたり。 ここをもつてまずしきおおみたからはすなはちせんすべをらず。 やつこらまみち、 またここにけぬ。

 食をむさぼること。
弁めよ 判定せよ。 解決せよ。
利を得て常とし 私利私欲を図ることがあたり前になって。
 賄賂。
讞すを聴く 訴えを裁決する。

(6)

 六にいはく、 しきをらしほまれをすすむるは、 いにしえ*のりなり。 ここをもつひとほまれをかくすことなかれ。 しきをてはかならずただせ。 それ*へつらあざむくものは、 すなはち国家あめのしたくつがえすの*うつわものたり、 人民おおみたからつの*つるぎなり。 また*かだぶるものは、 かみむかひてはすなはちこのみてしもあやまりをき、 しもひてはすなはちかみあやまちを誹謗そしる。 それこれらのごときひと、 みな*きみいさおしさなく、 おおみたからめぐみなし。 これおおいなるみだれのもとなり。

 常に依るべき範、 手本。
諂ひ詐くもの 心にもないお上手をいって、 他人をだまし、 うそをつく者。
利き器 鋭利な武器。
鋒き 先の鋭い。
佞み媚ぶるもの 誠意がなく、 口先だけでこびへつらう者。
君に 主君に対しては。

(7)

 七にいはく、 ひとおのおの*よさしあり。 つかさどることよくみだれざるべし。 それ賢哲さかしひとつかさよさすときは、 *むるこえすなはちおこる。 *かだましきひとつかさたもつときは、 わざわみだ*すなはちしげし。 うまれながらひとすくなし。 よくおもふときに*ひじりとなる。 *ことおおいなりいささけきことなく、 ひとてかならずおさまる。 ときおそきことなく、 さかしひとふ、 おのづからにゆるるかなり。 これによりて国家あめのした永久とこめずらにして、 *社稷くにあやふからず。 かれいにしえひじりきみは、 つかさのためにもつてひともとめて、 ひとのためにつかさもとめたまはず。

任し 任務。
頌むる音 ほめたたえる声。
奸しきひと 邪悪な人。
すなはち たちまちに。
 徳のすぐれた人。 最高の人格者。
事大いなり少けきことなく 事の大小にかかわらず。
社稷 「くに] 社は土の神、 稷は穀の神。 ここでは国土人民を指す。

(8)

 八にいはく、 群卿まちきみたち百寮もものつかさ、 はやくまいりておそく退まかづ。 おおやけわざ*いとなし。 終日ひめもすつくしがたし。 ここをもつておそくまいるときは*すみやけきにおよばず、 はやく退まかづるときはかならずわざきず。

盬なし 間暇がない。 「盬」 を 「もろき」 とする読みもある。
急やけきに逮ばず 急ぎの用事に間に合わない。

(9)

 九にいはく、 まことはこれことわりもとなり。 わざごとにまことあるべし。 それしき、 らぬこと、 かならずまことにあり。 群臣まちきみたちともにまことあらば、 なにのわざかならざらん。 群臣まちきみたちまことなくは、 よろずわざことごとくにやぶれなん。

(10)

 十にいはく、 *忿こころのいかりおもえりのいかりてて、 ひとたがふをいからざれ。 ひとみなこころあり。 こころおのおの*ることあり。 かれんずればすなはちわれはあしんず、 われみすればすなはちかれはあしんず。 われかならずひじりなるにあらず、 かれかならずおろかなるにあらず。 ともにこれ*凡夫ただひとならくのみ。 しきの*ことわり、 たれかよくさだむべき。 あひともにかしこおろかかなること、 *みみがねはしなきがごとし。 ここをもつてかれのひといかるといへども、 かえりてわがあやまちをおそれよ。 われひとたりといへども、 もろもろしたがひておなじくおこなへ。

忿を絶ち瞋を棄てて いかり (忿ふんしん) の心を離れて。
執ること しゅう。 執着。
凡夫ならくのみ 凡夫にすぎないのである。
 道理。 条理。
 金属製の輪。 耳輪、 指輪、 腕輪など。

(11)

 十一にいはく、 あきらかにいさみ・あやまりをて、 *たまものつみなふることかならずてよ。 ごろ、 *たまものすればいさみにいてせず、 つみなへばつみいてせず。 わざれる群卿まちきみたち、 よくたまものつみなへをあきらかにすべし。

賞し罰ふること… 功績には賞し、 過失には罰することを必ず行え。
賞すれば功みに在いてせず 賞は功績に対してなされていない。

(12)

 十二にいはく、 *国司くにのみこともち*国造くにのみやつこ*百姓おおみたからおさめとらざれ。 くににふたりのきみあらず、 おおみたからにふたつのあるじなし。 *率土くにのうち*兆民おおみたからは、 きみをもつてあるじとす。 所任よさせるつかさみこともちは、 みなこれきみやつこらまなり。 いかにぞあへて*おおやけと、 百姓おおみたから賦斂おさめとらん。

国司 天皇の命令を持って地方におもむき、 統治する者。
国造 各国を世襲的に支配しながら朝廷に服従していた地方官。
百姓に斂らざれ 人民から財物や労力などを集め取ってはならない。
率土 地のはてまで全部。 天下。
兆民 億兆の人民。 万民。
公と 政府の仕事として。

(13)

 十三にいはく、 もろもろの官者つかさびとよさせるは、 おなじく職掌つかさごとれ。 あるいはやまいし、 あるいは使つかひありきとてわざおこたることあり。 しかれどもることんのには、 *あまなふことむかしよりるがごとくにせよ。 それあづかりくことなしといふをもつて、 おおやけまつりごと*ふせぎそ。

和ふ (仕事の上で) 協調する。
な防ぎそ 「防ぐ」 はとどめるの意。 決してとどめてはならない。

(14)

 十四にいはく、 群臣まちきみたち百寮もものつかさうらやねたむことあることなかれ。 われすでにひとうらやむときは、 ひとまたわれをうらやむ。 うらやねたうれへ、 そのきわまりをらず。 このゆゑにさとりおのれにまさるときはすなはち*よろこびず、 かどおのれにまされるときはすなはち嫉妬ねたむ。 ここをもつて五百いおとせにてのち*いましいまさかしひとふとも、 *千載ちとせにてももつてひとりのひじりつことかたし。 それさかしきひとひじりずは、 なにをもつてかくにおさめん。

悦びず よろこばない。
いまし今 ちょうど今。 たった今。
千載 千年。

(15)

 十五にいはく、 *わたくしそむきておおやけくは、 これやつこらまみちなり。 すべてひとわたくしあるときはかならずうらみあり。 うらみあるときはかならずととのほらず。 ととのほらざるときはすなはちわたくしをもつてもおおやけさまたぐ。 うらおこるときは、 すなはちことわりたがのりやぶる。 それはじめのくだりにいはく、 上下かみしもあまなととのほれといへるは、 それまたこのこころるかな。

私を背きて 私情をはなれて。

(16)

 十六にいはく、 たみ使つかふにときをもつてするは、 いにしえのりなり。 ゆえふゆつきいとまあり、 もつてたみ使つかふべし。 はるよりあきいたるまでにて*なりわいこかいときなり、 おおみたから使つかふべからず。 それなりわいせずはなにをからはん、 くわとらずはなにをかん。

農桑 農作業と養蚕。

(17)

 十七にいはく、 それことひとさだむべからず。 かならずもろもろとよくあげつらふべし。 いささけきすべはこれかるがるしく、 かならずしももろもろとすべからず。 ただおおいなることあげつらふにおよんでは、 *もしはあやまりあることうたがはしきときあり。 ゆえもろもろとあひわきまふるときは*ことすなはちことわり

もしは失りあること… 誤りがあるかどうかわからない場合がある。
 言葉。 事柄。