(599)二十三、 上人と明遍との問答

しょうにんみょうへんとの問答もんどう だいじゅうさん

みょうへんといたてまつりてのたまはく、 末代まつだいあくのわれらがやうなるざいじょくぼん、 いかにしてかしょうをはなれそうろうべき。

しょうにんこたえてのたまはく、 南無なも弥陀みだぶつもうして極楽ごくらくするばかりこそ、 しえつべきことぞんじてそうらへ。

そうのいはく、 それはかたのやうに、 さそうろうべきかとぞんじてそうろう。 それにとりて、 けつじょうをせんりょうもうしつるにそうろう。 それに念仏ねんぶつもうしそうらへどもこころのちるをば、 いかゞしそうろうべき。

しょうにんこたえていはく、 それは源空げんくうもちからおよびそうらはず。

そうのいはく、 さてそれをばいかゞしそうろうべき。

しょうにんのいはく、 ちれどもしょうすれば、 ぶつ願力がんりきじょうじておうじょうすべしとこそこころえてそうらへ。 たゞせんずるところ、 おほらかに念仏ねんぶつもうしそうろう第一だいいちことにてそうろうなり

そう0600のいはく、 かうそうろう。 これうけたまはりにまいりつるそうろうと。 これよりぜんにはいさゝかもことばなくていでられにけり

しょうにんまたそう退たいしゅつのゝち、 とうのひじりたちにかたりてのたまはく、 欲界よくかいさんにむまれたるものは、 みな散心さんしんあり。 たとへば人界にんがいしょうをうけたるものの、 はなのあるがごとし。 散心さんしんをすてゝおうじょうせんといはんこと、 そのことはりしかるべからず。 散心さんしんながら念仏ねんぶつもうものおうじょうすればこそ、 めでたき本願ほんがんにてはあれ。 このそうの、 念仏ねんぶつもうせどもこころのちるをばいかゞすべきとしんせられつるこそ、 いはれずおぼゆれと 云云