黒谷上人御法語

 

道俗等おもふべし、我身にはかしこき事は一もなし。仏の願によらずは、かゝるあさましきものゝ往生の大事をとぐべしやと思て、阿弥陀仏の悲願をあふぎ、他力をたのみて名号を憚なく唱べき也。是を本願を憑とはいふなり。すべて仏たすけ給へと思て、名号をとなふるに過たる事はなき也。此外によしと思も憍慢の心なり。

凡、仏をたのむといふは、心の中の観念にもあらず、たゞ名号をとなふるを、すなはち本願憑とは云也。念仏之行者、観念にとゞまる事なかれ、思はゞやがて声をいだしてとなふべきなり。

称名の外には決定往生の正因なし。称名の外には決定往生の正行なし。称名の外には決定往生の正業なし。称名の外には決定往生の観念なし。称名の外には決定往生の智恵なし。称名の外には三心なし。称名の外には決定往生の四修なし。五念も称名の外にはなし。仏の本願も称名を本願とす。厭離穢土の心も称名の中にあり。法蔵菩薩の昔の他力本願の故に、弥陀如来の自在神力と信じ奉るべし。

若是よりおくふかき事を存候はゞ、今生には日本国六十余州の神罰を蒙り、来世には弥陀の四十八願にもれ候て、無間地獄におつべし。