(723)四、別伝記

 別伝記云

法然ほうねんしょうにん美作みまさかくにひとなり、せいうるなり。本国ほんごくほんきょうぼう もと山僧さんそうしょうにんじゅうさい直人ただびとにあらずといひやまのぼらとほっす。しょうにん慈父じふいはく、われかたきあり、登山とうざんのちかたきたるとかば、後世ごせたずぬべしと 。すなはちじゅうさいにして登山とうざんす。黒谷くろだにげんぼうとをなしてしゅっ受戒じゅかい。しかるあひだ慈父じふかたきたれておわりぬ しょうにんこのよしき、いとまひて遁世とんせいせんといふ。遁世とんせいひと無智むちなるはしくそうろふなり。これによりて三所さんしょだんはじむ。いはく ¬げん¼ 一所いっしょ、¬もん¼ 一所いっしょ、¬かん¼ 一所いっしょなり。毎日まいにち三所さんしょひ、これによりてさんねんろく十巻じっかんわたおわりぬ。そののち黒谷くろだにきょうぞう篭居ろうきょして一切いっさいきょうけんす。問答もんどうす、よりより閉口へいこうす。すなはち二字にじささげていはく、れるものとなす、いましょうにんかえりてとすと

法然上人美作州人也、姓漆間氏也。本国之本師智鏡房 本ハ山僧。上人十五歳師云↠非↢直人↡欲↠登↠山。上人慈父云、我有敵、登山之後カバ↠被↠打↠敵、可↠訪↢後世。即十五歳ニシテ登山。黒谷慈眼房シテ↠師出家受戒。然間慈父被↠打↠敵。上人聞↢此由↡、師乞暇遁世セムト云。遁世之人无智ナルハ候也。依之始↣談↢義於三所↡。謂¬玄義¼一所、¬文句¼一所、¬止観¼一所也。毎日遇↢三所↡、依↠之三箇年亘↢六十巻↡畢。其後篭↢居シテ黒谷経藏↡披↢見一切経↡。与師問答、師ヨリヨリ閉口。師即捧↢二字↡云、知レル↠師、今上0724為↠師

またごんしゅうしょうしょてて、だいごんしゅう先達せんだつありきてこれをけっす。かのをばきょうほっきょうといふ。ほっきょうのいはく、われこのしゅうそうじょうすといへどもこれほどぶんみょうならず、しょうにんによりて処々しょしょしんひらくと 。これによりてきょう二字にじをすなはち ¬梵網ぼんもう¼ のしん戒品かいぼんく。あるときむろよりきょうもとへ、ごん真言しんごんしょうれつはんじてすすむべしと 。これによりてきょうねんすらく、ぶっしょうらんはばかりあり、真言しんごんすぐれたりとす。ここにしょうにんきょうもとたまへり。房主ぼうしゅよろこびていはく、むろよりかくのごときおおせありと しょうにんふ。いかやうにはんぜんとかおもひはべると。房主ぼうしゅいはく、かみのごとくもうす、このしょうにん存外ぞんがいだいなり。源空げんくう所存しょぞん一端いったんもうさんとて、ごんしゅう真言しんごんすぐれたること一々いちいちあらわさる。これによりて房主ぼうしゅしょうぶくしてむろ返答へんとうに、ごんすぐれたるよしもうおわりぬ。そののちきょうぼう美作みまさかくによりじょうらくして、しょうにん二字にじたてまつる。ただし真言しんごんしゅうをば中河なかがわ少将しょうしょうじゃこれをく。法相ほっそう法門ほうもん見立みたててぞうしゅんにこれをけっす、ぞうしゅんかえりて二字にじす。じょうにんしょう、みな二字にじじょうしんず。

又花厳宗章疏見立テヽ、醍醐有↢花厳宗先達↡行決↠之。彼師ヲバ云↢鏡賀法橋↡。法橋云、我雖↣相↢承此宗↡此程不↢文明↡、依↢上人↡開↢処々不審。依↠之鏡賀二字即受↢¬梵網¼心地戒品↡。或時自御室鏡賀、花厳・真言勝劣判ジテ可↠進 。依↠之鏡賀思念スラク、仏智照覧有↠憚、真言為↠勝。爰上人鏡賀出来給ヘリ。房主悦云、自御室有如此之仰 。上人問。何様トカ思食。房主云、如上申、此上人存外次第也。源空所存一端申サムトテ、華厳宗タル↢真言↡事一々被↠顕。依↠之房主承伏シテ御室返答、花厳勝タル之由申畢。其後智鏡房、自美作州上洛シテ、上人奉↢二字↡。但真言宗ヲバ中河少将阿闍梨受↠之。法相法門見立蔵俊決↠之、蔵俊返二字。已上四人師匠、皆進↢二字状↡。

竹林ちくりんぼう法印ほういんじょうけんしょうにんひたてまつりて念仏ねんぶつしんそのもんしんなり三井みい後胤こういん殿でんじょうにおいてしししんしょうにんひらく。しょうにん老耄ろうもうのち聖教しょうぎょうざることさんじゅうねん、そののち山僧さんそう筑前ちくぜん弟子でししゅげしめんがためにしょうにんまいり、内々ないない法門ほうもんだんず。竪者しゅしゃいはく、さんじゅうねん聖教しょうぎょうずとおおせらるとも、文々もんもんぶんみょうなることとう勧学かんがくにもえたまへり、ただひとにはあらずとぎょしけり

竹林房法印静賢奉値上人取↢念仏其文者心義也。三井後胤於↢殿上七箇不審開↢上人↡。上人老耄之後不↠見↢聖教↡三十年、其後山僧筑前弟子、為↠令↠遂↢竪義↡参↢上人↡、内々談↢法門↡。竪者云、年↠見↢聖教↡被トモ↠仰、文々分明事、当時勧学ニモタマヘリ、非↢直之人ニハ↡御シケリ

公胤こういんゆめていはく、源空げんくうほんだいせいさつなり、しゅじょうきょうのゆゑにこのかいきたること度々たびたびなり

公胤夢見云、源空本地身大勢至菩薩、衆0725生教化故来此界度々