0537皇太子聖徳奉讃

愚禿親鸞作

(1)

日本こくくゐみやうしやうとくたい

仏法ぶちぽふこうおんふかし

ヒロクヒロメタマフト

じやうさい慈悲じひひろし

タスケスクワセタマフト

奉讃ほうさん退たいならしめよ

ホメタテマツルコトオコタラザレトナリ

(2)

四天王*の院

造建ざうこんせむとて山城やましろ

ツクリハジメタマフ

おたぎのそまやにいりたまふ

そのときりやうにあらわせり

タイシノオホセゴトナリ

(3)

ゆくすゑかならずこのところ

わうたらむとしめしてぞ

ワウノミヤコナリ

らいじやうせむとて

かくのつちだんつきたまひ

タイシノミテニテツチダンヲツキタマフナリ
イマノロカクダウコレナリ

(4)

かくしやうじやつくりてぞ

えむ檀金だんごむじゆん

タイシシチシヤウマデモチタマヘルクワンオムナリ

救世くせくわんおむだいさち

あんせしめたまひけり

オキタテマツルナリ

(5)

数十しゆじふ年歳ねんさいへたまひて

摂州せふしうなんわうより

ワウノミヤコトイフ

ツノクニナニハノミヤコナリ

たちばなのみやこにうつりてぞ

ヤマトノクニニウツレリシ

法隆ほふりうをたてままふ

(6)

たちばなのみやこよりしてこそ

奈良ならのみやこにうつれりし

ヤマトノクニナリ

数大しゆだいてらを造隆ざうりう

ツクリタツトナリ

仏法ぶちぽふさかりにこうせり

ヒロクヒロメタマヘリ

(7)538

奈良ならに四ていをへてのちに

長岡ながおかにうつりたまひけり

ヤマシロノクニカツガワノニシノヲイフナリ

五十ねんをふるほどに

おたぎにみやこうつれりき

ヤマシロノクニイマノミヤコナリ

(8)

くわん天皇てんわう聖代せいだい

コノワウノミヨトイフコヽロナリ

えんりやくねんにこのみやこ

造興ざうこうのとき救世くせくわんおむ

ずい霊験れいげむあらたなり

ロカクダウノクワンオムフシギヲシメシタマヒキ

(9)

日本こくにはこのてら

仏法ぶちぽふ最初さいしよのところなり

ハジメナリトシルベシ

たいやくそのゝちに

所所しよしよたうコン反リフ反せり

テラ

ハジメタテタマフ

トコロドコロ

(10)

たいちよくめいくゐきやうして

オホセゴトヲイフ

かくてらを信受しんじゆ

わうじやうもろともに

ぎやう尊重そんじうせしむべし

ウヤマヒタウトクオモクスベシト

(11)

しやうとくたいいんにては

テンヂクナリ

しようまんにんとむられしむ

ちう震旦しんたんにあらわれて

ヨノナナリ

クニノナナリ

慧思ゑしぜんとまふしけり

(12)

震旦しんたん華漢くゑかんにおはしては

ヨノナナリ

クニノナヽリ

じやうやくせむとして

男女なむによしんとむまれしめ

オトコオムナノミ

百生ひやくしやうをぞへたまひし

ムマレタマフトナリ

(13)539

仏法ぶちぽふ興隆こうりうのためにとて

オコシタツルナリ

衡州かうしう衡山かうざんにましまして

数十しゆじふしんをへたまひて

如来によらい遺教ゆいけうこうしき

シヤカニヨライノノコリノミノリヒロメタマフトナリ

(14)

じやうさいせむために

タスケワタシタマフトナリ

慧思ゑしぜんとおはします

衡山かうざん般若はんにやだいにては

南岳なむがくだいとまふしけり

(15)

たい手印しゆいん御記ごきにいはく

 ミテニシルシタマフ

じやうやくのためにとて

荒陵くわうりようがうひむがし

てら建立こむりふしたまへり

ハジメタテタマフト

(16)

四天わう法号ほふがう

荒陵くわうりようとぞがうしける

荒陵くわうりようがうにたつるゆへ

みてらの御なになづけたり

(17)

みづのとうしのとし

荒陵くわうりようひんがしにうつしては

天王てんわうとなづけてぞ

ぽふこうしたまへる

ヒロクヒロメタマフトナリ

(18)

このところにはそのむかし

しや牟尼むに如来によらいましまして

てん法輪ぼふりんじよとしめしてぞ

ぽふ興隆こうりうしたまへる

(19)540

そのときたいちやうじやにて

如来をやうしたまひき

この因縁いんねんのゆへにより

たうりふしたまへり

タテタマフナリ

(20)

四大天王てんわうざうして

ツクリオケリ

仏法ぶちぽふこうしたまふに

きやう田院でんゐんをたてたまひ

コムダウヲマフスナリ

だいしようするところとす

(21)

こののうちに麗水れいしゐあり

イサギヨキミヅトイフ

荒陵くわうりようとぞなづけたる

しやうりうつねにすみてこそ

ぽふしゆせしめける

(22)

ひのとひつじのとしをもて

たまつくりのきしのうへに

しやうりう鎮祭ちむさいせしめつゝ

トコシナニマツリオケリ

ぽふじよしたまへり

マモリタマフトナリ

(23)

このに七ぽうをしくゆへに

しやうりうつねにぢゆせしむ

麗水れいしゐひむがしへながれいづ

イサギヨキミヅトイフナリ

百石はくせきぐゐよくしゆつしゐといふ

(24)

慈悲じひしむにてのむひとは

かならず法薬ほふやくとなるときく

りやうしんぜむひとはみな

タイシノオホセゴトナリ

ながれをくみてたのむべし

(25)541

宝塔ほうたう金堂こむだう極楽ごくらく

東門とうもん中心ちうしむにあひあたる

ひとたびけいするひとはみな

マイルナリ

往生極楽うたがはず

(26)

たうしむのはしらには

ぶちしやりふおさめしめ

だうじやうやくする

かたちとしめしたまひけり

(27)

きやう田院でんゐんあんせる

テンワウジノコムダウヲマフスナリ

金銅こむどう救世くせくわんおむ

百済はくさいこく聖明せいめいわう

シヤウミヤウ

たいめちのそのゝちに

ハクサイコクニテタイシノゴニフメチノノチトマフスナリ

(28)

れん渇仰かちがうせしめつゝ

コヒシタヒタテマツレリキ

つくりあらはす尊像そんざう

わあたいちよく使にて

きたりましますかたみなり

(29)

宝塔ほうたう第一だいゐちばん

こがねをてにちりばめて

タイシノミテニテロバンヲヌリタマフトナリ

わがてう遺教ゆいけう興滅こうめち

シヤクソンノミノリノヒロマリカクレタマハムコト

かたちをへうすとのたまへり

アラワスナリ

(30)

たい百済はくさいこくにましまして

仏像ぶちざうきやう律論りちろんざう

法服ほふぶく比丘尼びくにをこのてう

ソウノコロモナリ

わたしたまひしそのときは

(31)542

欽明きむめい天皇てんわうてん

ワウノミヨトイフナリ

みづのえさるのとしなりき

如来によらい教法けうぼふはじめてぞ

くゐみやうせしめたてまつる

(32)

りちぜん比丘びく比丘尼びくに

しゆぶちざう

ブチシタクミ

バンジヤウタクミ

敏達びんたち天皇てんわうてん

ワウノミヨトマフスナリ

ひのとのとりにわたされき

(33)

しやうわうにうけしめて

ワウノコトムマルトナリ

せう諸国しよこくにくだしてぞ

センジヲイフナリ

人民にんみんをすゝめましまして

たう仏像ぶちざう造写ざうしやせし

ツクリウツス

(34)

用明ようめい天皇てんわういんにて

聖徳太子とおはします

¬法華ほふくゑ¼・¬しようまん¼・¬ゆい¼ とう

だいじようしよせいせり

ツクリシルセリ

(35)

たい崩御ほうぎよのそのゝちに

ウセサセタマフヲホウギヨトマフスナリ

如来によらい教法けうぼふ興隆こうりう

じやうさいせむひとは

スクヒタスクルナリ

たいしんらいすべし

(36)

しゆ教法けうぼふ崇立しゆりふして

アガメタテタマフトナリ

じやうやくたえざりき

つねにかいをうけしめて

御名みなおばしようまんとまふしけり

(37)543

わうじやくにんありしとき

 ムカシトイフ

しや牟尼むに如来によらいねむごろに

¬しようまんぎやう¼ をときたまふ

その因縁いんねんのゆへなれば

(38)

このきやうてん講説かうせち

ナラヒトキタマフ

しよせいしたまひて

ツクリシルス

仏法ぶちぽふ興隆こうりうのはじめとし

じやうやくのもととせり

(39)

ぶちしようまんのたまはく

百済はくさい高麗かうらいにんしん

クニノナヽリ

クニノナヽリ

クニノナヽリ

クニノナヽリ

じやうのありさまことごとく

貪狼とむらうのこゝろさかりなり

トムヨクノコヽロミダリガワシキトナリ

(40)

かれらのくにを摂伏せふぶく

オサメシタガヘムトナリ

帰伏くゐぶくせしめむためにとて

護世ごせてんをつくりてぞ

西はうにむかへてあんせる

オケルトナリ

(41)

わあたいちよく使にて

センジノツカイナリ

ハクサイコクノワウノコナリ

わがてうにわたしたまひし

金銅こむどう救世くせくわんおむ

きやう田院でんゐんあんせり

テンワウジノコムダウニオキタテマツルトナリ

(42)

このざうつねにくゐみやうせよ

しやうとくたいしんなり

オムミトマフスナリ

このざうことにぎやうせよ

弥陀如来の化身くゑしんなり

(43)544

ぶちしようまんうやまひて

十方じふぱう諸仏しよぶちほうしやう

シヤウジタテマツレリ

ぼむしやくわう竜神りうじんとう

ボムテンタイシヤク

さいほふまもるべし

ホトケノミノリヲマモルカミナリ

(44)

しんにちまふしけり

ヒジリナリ

きやうらい救世くせくわんおむ

伝灯でんとう東方とうばう粟散ぞくさんわう

はちわうらいせしむ

(45)

百済はくさいわあたいらいせしむ

きやうらい救世くせだいくわんおむさち

妙教めうけう流通るづ東方とうばう日本にちぽんこく

じふさい伝灯でんとう演説えんぜちとまふしけり

(46)

震旦しむたんにしては慧思えしぜん

もんぜんおむなり

タイシノオムシナリ

しようまん比丘びく御時おむとき

恵慈えじほふおむなり

(47)

像法ざうぼふだい十三ねん

かん明帝めいていだいにぞ

ミヤウテイ

天竺てんじくとうぢく法蘭ほふらん

ヒジリ テンヂクノヒジリフタリナリ

仏教ぶちけうはくにのせきたる

(48)

四百八十ねんへて

かんにわたしきたりては

みやこの西にしにてらをたて

はく馬寺ばじとぞなづけたる

(49)545

大日本こく三十しゆ

ワウナリ

欽明きむめい天皇てんわうおむときに

仏像ぶちざうきやうてんこのてう

奉献ほうけんせしむときこえたり

ワタシタテマツルトナリ

(50)

像法ざうぼふ五百さいにぞ

しやうとくたいおむよにして

仏法ぶちぽふはんじやうせしめつゝ

いまは念仏さかりなり

コノヨハマチポフノヨナリ

(51)

手印しゆいんえんにのたまはく

タイシノオムニチキナリ

ソウ反しゆん天皇てんわうぐわんねん

シユ

百済はくさいこくよりぶちしや

たてまつるとぞしたまふ

シルシタマフトナリ

(52)

たいことにのたまはく

われ入滅にふめちのそのゝちに

国王こくわう后妃こひとむまれしめ

クニノワウキサキトムマレシムトナリ

くにぐに所所しよしよをすゝめては

トコロドコロ

(53)

だいjiたう建立こんりふ

ハジメタツ

だい仏像びちざうざうせむ

カズオホクオホキナルホトケヲツクリオカムト

数多すたきやうろん書写しよしやせしめ

カキウツシオカムトナリ

ざい田園でんおんにふせむ

タスケノタカラタソノヲテラニオカムトナリ

(54)

ちやうじやせんのみとなりて

 イヤシキモノトナリ

きやうろん仏像ぶちざう興隆こうりう

比丘びく比丘尼びくにとむまれても

えんじやうさいせむ

タスケスクワントナリ

(55)546

これはしんにあらずして

わがしんこれならくのみ

タイシノワガミナリトシルベシトオホセゴトナリ

奉讃ほうさんの一ゐち

ホメタテマツルコトバヽミナタイシノミコトナリトシルベシ

みなこれたい金言きむげんなり

(56)

儲君ちよくんのくわゐをさづけしに

トウグノクワヰヲマフスコトバナリ

仏法ぶちぽふ興隆こうりうのためにとて

再三さいさん固辞こじせしめたまひしに

ミタビカタクジセシメマシマスヲモチヰラレズ

天皇てんわうこれをゆるされず

(57)

*たいおむとし三十三

なつ四月にはじめてぞ

憲法けむぽふせいして十七でう

ツクリタマフ

てにて書してそうせしむ

カヽセタマフ

(58)

十七のけむしやうつくりては

皇法わうぼふ規模きぼとしたまへり

てう安穏あんおんのりなり

こくねうのたからなり

クニ

ユタカニユタカナラセムトナリ

(59)

てんねんきのえむま

忠禅ちうぜん宝塔ほうたうたてむとて

ホフリウジノヂウソウニテアリケルヒトノタウヲタテムトテ

てづからだいをけづりしに

金銅こむどうはこをほりいだす

(60)

はこのふためいにいはく

今年こむねんかのとのみのとしに

かうちのくにいしかわに

しながのさとにしようあり

スグレタルトコロアリ

(61)547

しよてんじおわりにき

 タイシノミサヽギヲサダメオカセタマヒケリトナリ

われ入滅にふめちのそのゝちに

タイシノオムシルシブミヲトヾメオカセタマヒタリケルナリ

四百三十さい

このもんしゆつげんせむ

オムシルシブミノマヽニホリイダサレタリケルナリ

(62)

仏法ぶちぽふ興隆こうりうせしめつゝ

じやうやくのためにとて

かの衡山かんざんよりいでゝ

この日域じちゐきにいりたまふ

コノクニナリ

(63)

もり邪見じやけん降伏がうぶくして

仏法ぶちぽふとくをあらわせり

いまに教法けうぼふひろまりて

安養あんやうの往生さかりなり

(64)

如来の遺教ゆいけうはう

ウタガヒソシル

ホトケノノコリノミノリナリ

方便はうべん破壊はゑせむものは

ヤブリヤブル

弓削ゆげもりとおもふべし

したしみちかづくことなかれ

(65)

じやう教化けうくゑのためにとて

仏法ぶちぽふこうしたまふに

ヒロクヒロメタマフ

弓削ゆげもりぞくにて

ヤブリアダナリ

かげのごとく随従ずいじゆせり

シタガヒシタガヘリ
タイシノ御ミニソエリトナリ

(66)

物部ものゝべ弓削ゆげもりぎやくしん

ふかく邪心じやしむをおこしてぞ

たう焼亡せうまうせしめつゝ

ヤキホロボス

ぶちきやう滅亡めちまうこうぜしか

ウシナヒホロボサムトスルナリ

(67)548

このとき仏法ぶちぽふめちせしに

きふ懊悩あうなうしたまひて

カナシミナキナヤミタマフトナリ

へい奏聞そうもんせしめつゝ

コクワウヘマフシアゲタマヒキ

ぐんぴやうほちしたまひき

イクサ

オコシタマヒキトナリ

ツワモノ

(68)

ぢやうゆみとを

じゆんしてこそたちまちに

じやうやくのためにとて

もりぎやくしん討伐ちうばちせし

ウタレシナリ

(69)

たう仏法ぶちぽふめち

ホロボシヤブル

こくじやうしちせむ

コクワウヲウシナヒヨロヅノウジヤウヲヤブリウシナワムトセムハ

これまたもり変化へんぐゑなり

えむきやく降伏がうぶくせしむべし

イトヒシリゾケシタガヘムトスベシトナリ

(70)

物部ものゝべ弓削ゆげもりぎやくしん

生生しやうじやう世世せせにひつたへ

かげのごとくにみにそひて

仏法ぶちぽふめちをたしなめり

(71)

つねに仏ぽふ毀謗くゐはう

ソシリソシルナリ

じやう邪見じやけんをすゝめしめ

頓教とんげう破壊はゑせむものは

ヤブリヤブラム

もりしんとおもふべし

(72)549

しやうとくたい御名みなおば

わうとまふさしむ

八人して一どに奏することを一度にきこしめすゆへに八耳皇子とまふすなり

むま屋門やどわうとまふしけり

皇后御まやに御遊ありけるにそのところにしてむまれさせましますによりてむまやどの皇子とまふすなり

じやうたいとまふすなり

つのくにわたのべの東の楼のきしのうえに宮ありけりその御所にましますゆへに上宮太子とまふすなり

(73)

けむしやうだいにのたまはく

ぼうにあつくぎやうせよ

しやうのついのよりどころ

万国まんこくたすけのとうりやうなり

バンコク

ムネトストイフナリ

(74)

いづれのよいづれのひとかくゐせざらむ

ぼうよりまつらずは

いかでかこのよのひとびとの

まがれることをたゞさまし

(75)

とめるものゝうたえは

いしをみづにいるゝがごとくなり

ともしきものゝあらそひは

みづをいしにいるゝににたりけり

 

南无救世くせくわんおむだいさち

哀愍いみんふく護我ごが

南无わうたいしようまん比丘びく

ぐわんぶちじやう摂受せふじゆ

わうたいぶちしようまん

550このえん文、もんは 納↢おさめおけり金堂 こむだうの内監↡ないらんに可↢べから見↡けんす手跡しゆせき猥。  みだりがはしと

 

乙卯歳正月八日

 

拝見はいけん奉讃 ほうさんのひと
南无阿弥陀仏
 可唱可唱
*建長七歳乙卯十一月晦日書之

愚禿親鸞 八十三歳

 

底本は高田派専修寺蔵真仏上人書写本。
四箇の院 「一きやうでんゐん 二せやくゐん 三れうびやうゐん 四ひでんゐん」 と下註。