0974浄肉文

¬涅槃経¼ (北本巻一八梵行品 南本巻一六梵行品) 言、

ひとじやざうむま師子ししいぬゐのしゝきつね獼猴さるうさぎむま。」 十種不浄肉食

(北本巻四如来性品 南本巻四 四相品) 言、「三しゆのじやうにく。」

ミル・聞キク・疑。ウタガフ けんといふは、 わがめのまへにてころすにくを食。 じきするなりもんといふは、 わがれうにとりたるを食するをいふ。 といふは、 わがれうかとうたがひながら肉食するをいふなり。 この三つの肉食にくじきを不浄といふ。 この三つのやうをはなれたるを、 三しゆのきよき肉食にくじきといふなり。

 

底本は高田派専修寺蔵親鸞聖人真筆。